基礎知識

No tags for this post.

【BINANCE上場!】NEMとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるネム基礎知識!

NEM(ネム)とは、元はNew Economy Movementの略称で、送金速度や採掘アルゴリズム、汎用性などに優れた仮想通貨です。

[box class="red_box" title="価格急騰中!"] NEM(XEM)が2018年3月20日に海外の超大手取引所「BINANCE」(バイナンス)へ上場しました!

それに伴い価格が高騰しいます!
関連記事 : 【速報】NEM(XEM)がBinanceに上場!価格が高騰中!! [/box]

NEMの特徴

2014年1月にBitcoin Talkへ持ち込まれた企画から始まり、2015年3月にローンチされました。

ブロック生成時間(送金、承認時間)が非常にスピーディーで、手数料も比較的安価なことが特徴です。

NEMの優れている点として他に挙げられるのが「PoI」によるハーベスティングです。

またNEMはXEMの上限数を発行済みであり今後新規発行はありません。

NEMの概要

[table id=1101-001 /]

NEMのPoI(Proof of Importance、プルーフ・オブ・インポータンス)とは、NEMコミュニティへの貢献度(PoIスコア)によって報酬がもらえるシステムです。

既存の PoW や PoS と違い、高性能マシンや財力などにより一部のマイナーに報酬が偏らないというところに、「誰にでも平等に機会を与える」というNEMの思想が反映されています。

またBitcoin 2.0と呼ばれる第2世代の仮想通貨の代表格でもあり、Ethereum(イーサリアム)よりも簡単にスマートコントラクトを実装できるなど優秀な点を兼ね備えています。

NEMの価格推移

  • 2015年4月1日
    0.0004 USD
    約 0.05 円
  • 2016年6月1日
    0.010738 USD
    約 1.22 円
  • 2017年2月23日
    0.006826 USD
    約 0.77 円
  • 2017年5月8日
    0.111080 USD
    約 12.57 円
  • 2017年5月22日
    0.262118 USD
    約 29.66 円
  • 2017年6月17日
    0.09895 USD
    約 11.20 円
  • 2017年9月1日
    0.32737 USD
    約 37.04 円
  • 2017年11月2日
    0.169422 USD
    約 19.17 円
  • 2017年12月25日
    1.03 USD
    約 116.55 円
スタート直後の0.05円台から約2年ほどで116円にまで達するなど、驚異的な価格の上昇を見せています。

コアなファンやコミュニティに支持されて高い人気を誇る「NEM」

NEMはPoIという仕組みからもコミュニティなどが非常に活発なことが特徴です。

また国内取引所の「Zaif」(ザイフ)の朝山社長がNEM財団の理事を務めていることも有名です。

また送金時間の速さと人気の高さから、NEMでの支払いに対応する実店舗が増えてきています。

[external-explan-air_drop]

NEMが買える海外取引所

[ex-ovse-Binance] [ex-ovse-yobit] [kanren postid="2146"] [ex-ja-XEM] [kanren postid="1989"]No tags for this post.

Zaifトークンとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるザイフトークンの基礎知識!

Zaifトークンとは、Zaifを運営しているテックビューロー社がCounterpartyを使って発行している独自トークンです。

Zaifトークンの特徴

Zaifトークン(Zaifトークン,ZAIF)とは、国内の仮想通貨取引所のZaifを運営しているテックビューロ―社により発行されている独自トークンです。
ネットユーザーなどからは「ザフト」とも呼ばれています。

Zaifトークンというだけあり、Zaifでしか購入することはできません。
また、Zaifトークンはペペキャッシュなどと同じくカウンターパーティのブロックチェーンを使って発行されているトークンです。

[box class="green_box" title="関連記事"] 関連記事 : Counterpartyとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるカウンターパーティの基礎知識! [/box]

取引方法としてはカウンターパーティの流れをくむトークンですのでビットコインでの取引、または日本円になります。

残念ながらペペキャッシュのような明確な使い道はZaifトークンにはいまのところありません。

ただし、Zaifトークンを発行しているテックビューロ―社は、Zaifの運営はもちろん、国内初のICO(Initial Coin Offering の略で仮想通貨発行による資金調達手法のこと)であるCOMSAを運営していること、また、代表の朝山貴生氏は日本の仮想通貨市場において影響力をもつ一人であること、

Zaifトークンはよくも悪くもテックビューロー社と代表の朝山氏の意志がかなり反映される値動きをする可能性が高いことからZaifトークンは今後成長の可能性が高く、今が買い時であるととらえている投資家も多いようです。

更に、2017年10月20日には、現在テックビューロー社で発行済で未配布となっているトークンの配布を凍結すると発表しています。
(2018年12月までの予定)

これは全発行数の25%にあたり、テックビューロー社で何らかの戦略があってのことと思われます。

こうした点からも今後の成長性が期待されています。

Zaifトークンの概要

[table id=2040-01 /]

Zaifトークンの価格推移

Twitterまとめ

Zaifトークンが買える国内取引所

[ex-jp-Zaif]
[aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら! 国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]
No tags for this post.

Moneroとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるモネロの基礎知識!

Moneroとは、リング署名による匿名性が特徴のアルトコインです。

モネロの特徴

Monero(モネロ,XMR)は、エスペラント語で、「コイン」「硬貨」という意味を持つアルトコインです。

ビットコインではわざと透明性を重視し、取引台帳を参加者全員が見ることによって不正を参加者で監視しています。

一方モネロでは匿名性に特化したCryptoNightというアルゴリズムを採用することで匿名性を担保しています。

モネロは、CryptoNightを採用している「Bytecoin」というコインから派生したアルトコインです。

ビットコインは透明性が売りなだけにハッキングのリスクが常に付きまといます。

このリスクを匿名性によって解消しているのがモネロとも言えます。

モネロの概要

[table id=1641-01 /]

モネロも匿名性が特徴

先にも触れた通り、CryptoNightは匿名性に特化したアルゴリズムです。

CryptoNightの特徴はリング署名を実装している点にあります。

リング署名とは、公開鍵を複数人のグループで生成、さらに署名はグループの誰かであることを証明する技術です。

リング署名で署名されたメッセージは、特定のグループの誰かによって承認されるので、そのグループはわかるものの署名者個人を特定することはかなり難しくなります。

また、モネロではさらにセキュリティを高めるためアドレスが閲覧用と送金用の2つに分かれています。

さらに取引の際に、送金用アドレスに加えて取引ごとにワンタイムパスワードが発行されます。

このパスワードは一回切りのアドレスになるため、外部から追跡することはできません。

このように、モネロではシステム上一般的な仮想通貨と比較して匿名性・セキュリティが大きく向上していることが特徴です。

モネロの歴史(抜粋)

[table id=1641-02 /]

モネロの価格推移

Twitterまとめ

モネロが買える国内取引所


[aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら! 国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]

モネロが買えるおすすめ海外取引所

Binance(バイナンス)

[aside type="boader"]
  • 取引ボリュームが世界第一位モンスター取引所だから流動性が高い!
  • LiskやVergeにETHLend、TRONやAppCoinsなど人気通貨の取り扱いも豊富!
  • Bitcoinからフォークしたコインが必ずもらえる取引所としても有名!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

Cryptopia(クリプトピア)

[aside type="boader"]
  • 取り扱い通貨数が世界トップクラスの500種以上!
  • 取引手数料が安く、アルトコイントレーダー御用達の取引所!
  • 新規上場通貨の取り扱いが早いので有望通貨を早く保有しておける!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

Pepe Cashとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるペペキャッシュの基礎知識!

Pepe Cashとは、英語圏の巨大掲示板4chanから生まれた「レアペペ」を買うための仮想通貨です。

ペペキャッシュの特徴

Pepe Cash(ペペキャッシュ,PEPECASH)は、NY発の英語圏版2ちゃんねるともいわれる4cahnから誕生した仮想通貨です。

その経緯から「海外版モナコイン」とも呼ばれます。

[box class="green_box" title="関連記事"] 関連記事 : Monacoinとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるモナコイン基礎知識! [/box]

ペペキャッシュの最大の特徴は通常の決済などに使用するためにつくられたのではなく、レアペペ(Rare Pepe)と呼ばれるカードを購入したり交換したりするために使用されることです。

いわゆる、デジタルトークンと呼ばれる仮想通貨と言えます。

ペペキャッシュは上限発行数をすべて発行が終わっており、総発行数が現在流通している数量と同数です。

ペペキャッシュの成り立ちとしては、カウンターパーティから作られた仮想通貨という点がポイントです。

カウンターパーティ(counter party)とは、ビットコインので展開されているオープンソースの金融プラットフォームのことで、ここでの基軸通貨はXCPという単位です。

既に260万XCPが発行済で今後増えることはないため、その価値は保証されています。

このXCPを使って独自に発行したトークンがペペキャッシュということです。

こうした成り立ちから、ペペキャッシュはビットコインのブロックチェーンを利用しているため、ぺぺキャッシュを利用する際にはビットコインも必要となりますので注意しましょう。

レアペペとは、このようなカードのことです。

いわゆる「ポ◯モンカード」などのようなコレクションカードをイメージ頂ければいいと思います。

いまでは様々なキャラクターのカードがリリースされていますが、

レアペペはもともとMatt Furie氏が生み出したカエルのキャラクターが4chan内で人気となったことが発端です。

それがこちら。

かなりインパクトのあるキャラクターですね。

ペペキャッシュの概要

[table id=1799-01 /]

アプリでレアペペを楽しむ!

ではどうやってペペキャッシュを使ってレアペペをゲットするのかというと、アプリを使用します。

特に使いやすいと言われているのが、Book of Orbsというアプリです。

こちらのアプリをインストールし、登録することで「Rare Pepe」のゲームが楽しめます。

カードをゲットするには、もちろんペペキャッシュの準備とビットコインの準備も必要ですので、事前に取引所で購入しておきましょう。

ペペキャッシュの歴史(抜粋)

[table id=1799-02 /]

ペペキャッシュの価格推移

Twitterまとめ

ペペキャッシュが買える国内取引所

Zaif(ザイフ)

[aside type="boader"]
  • 現物取引はマイナス手数料だから取引すればボーナスがもらえる!
  • ユーザー同士で指値・成行の板注文ができる!
  • 毎月自動引き落としでお手軽長期投資できるコイン積立あり!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]
[aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら! 国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]

ペペキャッシュが買えるおすすめ海外取引所

Factomとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるファクトムの基礎知識!

Factomとは、ブロックチェーン技術を使った「公証管理系」プラットフォームから生まれた仮想通貨です。

ファクトムの特徴

Factom(ファクトム、FCT)とは、ビットコイン2.0とよばれる、ビットコインのブロックチェーン技術を応用して作られたシステムです。

リスク(Lisk)と同様、FACTOMはプラットフォーム名です。通貨名はFactoid(FCT)となります。
ファクトムでは、データの管理・記録を正確にこなしたサーバーに対して、報酬として通貨(=Factoid)を付与するという仕組みになっています。

ファクトムはアメリカ合衆国のFACTOM社が運営しており、「FACT」(真実)がその語源です。

ファクトムでは、ブロックチェーンの「データの改ざんができない」というメリットに注目し、
「保険」や「証券」など公証関係書類を安全に、かつ確実・安価(これまでよりもコストがかからず)に保存できるというシステムがあることが最大の特徴です。

一つデメリットをあげるとすれば、「FACTOMという企業による中央集権管理」だということ。
逆にいえば管理者が有能であれば分野のなかでどんどん存在感を高められるでしょう。


ファクトムの概要

[table id=1462-1 /]

ファクトムは これまでの証書等の重要書類・契約書の保存を一変させる可能性も!

先にも触れましたが、ファクトムは保険、証書、登記簿や契約書等々、様々な記録・重要書類をブロックチェーン上で保存・管理することが可能です。

ブロックチェーンの特徴である、「改ざんができない」という点は、重要書類を扱う上でのリスクである情報漏洩、不正コピー、不正利用などのリスクを低減することができます。

また、重要書類の保存・管理には膨大なコストがつきものですが、その点においてもブロックチェーン上ですべて管理できるのでクリアされ、かなりのコスト減の効果があります。


そこから、ファクトムでは現在「ファクトムハーモニー」と呼ばれるプロジェクトを進めています。
このプロジェクトでは、「住宅ローン」の手続きをファクトムのシステムを使って行います。

銀行や売主、買主など様々な利害関係者があり、手続きも複雑かつ個人情報を多く抱える住宅ローンの手続きが、より安全に、簡単に、低コストで行うことができるというもの。

今後、こうしたサービスがブロックチェーンの仕組みを使って増えていくのかもしれません。


このように、ファクトムの提供するサービスは、
アメリカだけではなく、世界中の重要書類や証書、記録方法の概念を大きく変える可能性があると期待されています。

Twitterまとめ

ファクトムが買える国内取引所

[aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]

ファクトムが買えるおすすめ海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)

  • 取り扱い通貨数が世界トップクラスの500種以上!
  • 取引手数料が安く、アルトコイントレーダー御用達の取引所!
  • 新規上場通貨の取り扱いが早いので有望通貨を早く保有しておける!
[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

【bitFlyerに新規上場!】Liskとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリスクの基礎知識!

[box class="green_box" title="2018年1月31日追記"] bitFlyerに「LISK」(リスク)の新規上場が決定、公式にアナウンスされました!

関連記事 : bitFlyerに「LISK」が上場!! [/box]

Liskとは、本部をスイスに置き、ドイツ・ベルリンを開発拠点にしているLisk社が提供している仮想通貨です。

リスクの特徴

Lisk(リスク、LSK)とは、ドイツ・ベルリンに開発拠点を置き、Cryptiに従事していたMax KordekとOliver Beddowsによって開発された分散型アプリケーションプラットフォームです。

プラットフォーム名を「Lisk」、プラットフォーム内の通貨名を「LISK」と言います。

分散型アプリケーションとは、Ethereumと似たアプリケーションの形で、1つ以上のローカルまたはリモートのクライアントが、ネットワークで接続された複数のマシン上の1つ以上のサーバと通信するアプリケーションです。

このアプリケーションの最大の特徴がどの場所からも処理が可能になるという点です。

また、新規参入をしやすくより開かれた通貨になるよう、JavaScriptという言語を使用しています。

リスクの概要

[table id=1278-01 /]

リスクは 新規参入・公平性に配慮

先にも述べた通り、新規参入しやすいようLiskではWebではメジャーな言語であるJavaScriptを使用しています。
また、これまでビットコインなどではマイニングはすでに大規模事業者の寡占状態になっていますが、
Liskでは承認アルゴリズムにDPoSというコンセンサスアルゴリズムを採用することでこれを回避しようとしています。

DPoSのシステムイメージはよく「間接民主制」にたとえられます。
保有割合による、仮想通貨保有者による投票によって取引承認者は選出されるためです。
Liskの承認者には取引手数料に加え、新規に発行される仮想通貨(LISK)が報酬として与えられます。
取引を承認することをマイニング(採掘)といいますが、Liskではフォージング(鋳造)と呼びます。
1年目は5LISK/ブロック、2年目は4LISK/ブロック、・・・と1年に1LISK/ブロックずつ減少し、
5年目以降は1LISK/ブロックが報酬となります。

リスクの歴史(抜粋)

まだ歴史の浅いリスクですが、簡単にご紹介します。

[table id=1278-02 /]

Twitterまとめ

[ex-ja-LSK]

リスクが買える海外取引所

Binance(バイナンス)

  • 取引ボリュームが世界第一位モンスター取引所だから流動性が高い!
  • LiskやVergeにETHLend、TRONやAppCoinsなど人気通貨の取り扱いも豊富!
  • Bitcoinからフォークしたコインが必ずもらえる取引所としても有名!
[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本!

Rippleとは、米Ripple社が提供している海外送金に優れた仮想通貨です。

リップルの特徴

Ripple(リップル、XRP)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州に拠点を置くリップル社(Ripple, Inc.)によって開発が行われている分散型台帳技術(ブロックチェーン)を活用した外国為替・送金ネットワークと即時グロス決済システムです。

RippleはBitcoin(ビットコイン)などの非中央集権型の仮想通貨(暗号通貨)とは違い「中央集権型」です。

取り引きの承認も、Bitcoinのような「PoW」(Proof of Work、一番仕事をした人 = 計算マシンパワーが優れている人)ではなくXRP Ledger、Ripple社が指定する承認者による「投票」により行われるため信頼性が担保されています。

リップルの概要

[table id=239-001 /]

[box class="red_box" title="Rippleの価格が上昇して話題に!"]

Rippleは2017年12月15日に80円台に突入し、時価総額ランキングも149,819,313,000円(1,498億円)となっています。

また12月19日現在も 1XRP = 90円 を超えています。

[/box]

Rippleが目指すもの - 安くて速い海外送金

Rippleは各国の金融機関と提携して海外送金の円滑化を目指しています。

現在の海外送金は「コルレス銀行」と呼ばれていて、現地に直接窓口を置いていない銀行・金融機関の場合他の銀行数社を経由して送金されます。

この場合、他行を経由するごとに手数料が発生し、送金完了までに2日以上かかり、紛失なども起こり大変効率が悪い状況となっています。

また国際送金の市場はJPモルガンやシティなどの6つの巨大金融機関が独占しているという状況です。

それらにリップルを媒介すれば、取引が5秒が終わり、24時間受付可能となります。
参考 : 全通貨が対象、2日かかる決済も5秒で:日本経済新聞

このことからRippleはローンチ当初から注目が集まり続けています。

Rippleの歴史(抜粋)

[table id=239-002 /]

Twitterまとめ

[external-explan-air_drop] [ex-ja-XRP]
[aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]
No tags for this post.