快傑Zの仮想通貨を投資以外で消耗してます!

No tags for this post.

【応援してます!】NEM猫プロジェクト発足!

今回は、義賊とは名ばかりの稀代の偽善者を目指す私にうってつけのテーマです。

偽善とは、善良であると偽ることをいう。 また、これを行う者は偽善者とよばれる。 精神的な偽善は、外面では善い行為に見えても、それが本心や良心からではない心理状態を指し、行為としての偽善は、隠れて悪事を行う為に善行を装う事である。 引用:wikipedia

 

f:id:Zbaron:20180128192817j:plainNEMは私が仮想通貨を始めた時から注目していた銘柄です!
かなりお世話になりました!
正直、ここまでコミュニティが盛んになってくるとは思いもしてませんでした(汗)

 

ただ、そんなf:id:Zbaron:20180128192817j:plainNEMを仲介して出合った素晴らしい仲間の一人、
ひなた(@hina_nem) さんが発起人となって、とても素晴らしいプロジェクトを始めようとしているそうです!

 


その名は

NEM猫プロジェクト!!

 

 

 NEM猫プロジェクト公式サイト ↓

f:id:Zbaron:20180128204619j:plain

 このプロジェクトのきっかけは、以下のツイートだそうです。

 

手作りのNEMキーホールダーを ひなたさんが引き取った保護ニャンコに
付けてアップしたところ、NEMキーホールダーを買ってくれた人が 自分の
ニャンコにも付けて写真をアップしてくれたそうです!

 

 そのあたりのエピソードは NEM猫プロジェクトの「ひなたのNEM猫プロローグ」に書かれているのでじっくり読んでください。
↓こちらをクリック

f:id:Zbaron:20180128194248j:plain

 

プロジェクトとは、NEMグッズなどの売り上げの一部を保護施設や自治体などに
XEMで寄付するなど活動していくことだそうです。


今現在も、猫や犬が保健所で命の危険にさらされています。
いろんな保護団体も、里親募集などをしていますが、イタチごっこです。
どうにかそのようなニャンコやワンコを減らせないものでしょうかね?

 

コミュニティが活発なNEMであれば、

何か運動を起こせるのかもしれないですね!

 

実は11月の九州のNEM-meetUpに参加されたひなたさんがお土産として購入していただいた素晴らしい品物があるのですが
 今回 ひなたさんが素晴らしいプロジェクトを発足させたということで、何かの企画などに利用してもらうように寄付をさせていただきました!

 (※寄付といっても、ひなたさんからいただいたものなんですけど・・・)

 

その品物とは、イケメンNEMホルダーの  さん 制作の
NEM couture badge(2個セット)です!!
※完全受注生産で、これはいいものです 

f:id:Zbaron:20180128191714j:plain  f:id:Zbaron:20180128191740j:plain

 

 

ただ、私はどちらかというと

ネコ派ではなく、ワンコ派です(汗)

そのうちワンコの救済もお願いしたいですね(w)

 

実は、昨年末に私も保護ワンコの里親になっておりました!!

(でたあっ 偽善者らしい演出!)
動くのでペットの写真を撮るのは難しい・・・・(w)

f:id:Zbaron:20180128192413j:plain

首に燦然と輝くNEMロゴマーク!!
これは、ひなたさん手作りのNEMキーホールダーです!

 

公式のf:id:Zbaron:20180128192817j:plain三色とは異なりますが、昨年に凸凹4人組で始めた
NEMのマルチシグを利用した共同ハーベストチームの友情の印として特別配色の
キーホールダーをひなたさんからプレゼントされたものです!

f:id:Zbaron:20180128193130j:plain

 

 メンバーは 私と 以下 3人です!!

さん

さん

さん

 

この怪しい四人組の活動については、また別の機会に・・・・(やるかな?)

No tags for this post.

【BITBEEで遊ぶ】POSコインで養蜂場を経営しましょう(w)

2017年末に悪友のふかつさんふかつ@ (@youbunfukatu250) | Twitter
とそろそろ仮想通貨が次のステージに行くねえ・・・という話になり、
また 買い煽りが盛んになっていた雰囲気嫌気が出ていたので
儲け度外視で遊んべる銘柄を探そうという話をしていました。

 

ふかつさんのブログはこちら。

fukatsu250.hatenablog.com

 

それでは、考えている 計略を 手の平に漢字一文字を書いて

 

お互いに 見せ合おうということになりました。 

 

その結果

 

f:id:Zbaron:20180127232932j:plain

あの赤壁の戦いで味方なのにライバルとして頭脳戦を繰り広げた
蜀の軍師:諸葛亮と呉の軍師:周瑜 のあの名場面の再現の如しでした!

f:id:Zbaron:20180127130938p:plain
横山光輝版 三国志 より 
実際は、手の平の文字は「蜂」ではなく「火」です。

 

そうです。POSコインのBitBeeでミツバチさんの養蜂をしてみようという話です!
しかも ふかつさんが、BitBeeには、「MultiSend」という機能があって、
POS報酬の一部を寄付したい相手に自動で送信できるということも見つけてくれました!
 それは試して見ねばということでやってみました!

www.zbaron-newworld.com

 

それでは、BITBEEで養蜂場を経営してみましょう!

POSコインなのでコインのステーキングです(w)

 目次

 

1.BitBEEのQTウォレットをインストールする。

1.公式サイトの 下にあるDOWNLOAD WALLETSから 自分のPCに合ったものを
選択しダウンロードします。

Bitbee公式サイト

f:id:Zbaron:20180127204848j:plain

2.Zipファイルでダウンロードされますので、解凍すると Bitbee.exeファイル
がありますので、PCの任意の場所に置いておきます。

f:id:Zbaron:20180127201844j:plain

3.Bitbee.exeファイルをクリックすると ミツバチマークがPCの画面いっぱいに
表示されますので、ビックリしないでください(w)

f:id:Zbaron:20180127201856j:plain

 

4.ウォレットが立ち上がります。

ブロックチェーンと同期させるまでしばらく待ちます。

f:id:Zbaron:20180128081704j:plain
※下の緑のグラフが同期の進捗状況です。これが消えると同期完了

 

補足:バックアップを取りましょう。


PCを変えたりする場合はウォレットのバックアップファイルが必要です。
※実際に私はPC入れ替えしたことないので、その後の処理がいまいち不明ですが
念のためやっておくことをお勧めします

1.「ファイル」の「ウォレットのバックアップ」を押す

f:id:Zbaron:20180128091841j:plain

2.以下のbik.datファイルを任意の場所に保管しておいてください。

f:id:Zbaron:20180128091856j:plain

 

 

 

2.ステークの準備

1.ウォレットの右下にマウスポイントを当てると「ウォレットをロックされたため、賭けていません」と表示されます。

f:id:Zbaron:20180127205946j:plain

2.「設定」「ウォレットをアンロック」を押します。

f:id:Zbaron:20180127224720j:plain

3.アンロックするためのパスフレーズ入力画面になります。

※最初にアンロックする際は、自分でパスフレーズを考えて記入します。
これをなくすと解除できなくなるため、必ずメモしてください。

f:id:Zbaron:20180127205903j:plain

4.アンロックすると「コインはまだ成長できていないため、賭けていません」
に表示が変わります。

f:id:Zbaron:20180127202407j:plain

 これで、あとは女王蜂が蜂を繁殖してくれるのも待ちます!
48時間熟成することで、コインが成長してくれるみたいです。

※私はPCを24時間稼働していません。
ウォレットを稼働していない状態で48時間経過してもコインは成長してくれるみたいです。

 

 

3.MultiSendの準備

 

1.「設定」の「MultiSend」を選択します。

f:id:Zbaron:20180127224543j:plain

 

2.MultiSendする相手のアドレスを登録する。

 Percentage欄に 発掘したコインの何%を送信するか1~100%記入
 Addres欄に 送金するアドレスを記入
 2つを記入したら 
「ADD」を押して、「Active」を押します。

※私は、ふかつさん宛のアドレスを登録し、パーセンテージを10%に設定しました。
POS報酬が発生したら、報酬の10%がふかつさんに行き渡ります。


これでMultiSendの設定は完了で

f:id:Zbaron:20180127225152j:plain

 

4.ミツバチさんの繁殖


では気になるミツバチさんの繁殖(POS報酬)はどの程度でしょうか?


よくわからなかったのでアドレス1つに100万BEEを保管しステーキングする時を待っていました。

1.コインをウォレットに入れて3日間経過して成長すると 
以下のようにステーキングが始まります!
※8時間というのは、リアルタイムではなく、カウントダウンなのでだんだん時間が減ってきます。

f:id:Zbaron:20180127230224j:plain

2.あっ 5Bitbeeがステークされました!!
 ※でも、少なっ(笑) これではPOS報酬美味しくない(汗)

f:id:Zbaron:20180127230659j:plain

3 しばらくすると MultiSendが作動し、1.5Bitbeeが ふかつさんのアドレスに
送金されましたと表示されています!
※5BitBeeの10%なので0.5BitBeeが送信されます。1Bitbeeは送金手数料です。

f:id:Zbaron:20180127230252j:plain

4.処理画面を開くと 履歴が記載されていますので、確認してみてください。

f:id:Zbaron:20180127202611j:plain

 

5.BitBeeの注意点

 

BitBeeは、常に1satoshiの格安コインで、値上がりは期待できません!

しかもC-CEXでしか取り扱いされておらず、上場廃止になった場合は、投資が無駄になるという危険性があります。
※BitBee公式サイトも リンクがところどころ切れていたりするので開発者も放置しているのでは?

 

しかし 最近のこれを買えば絶対も儲かるなどの煽りを信じてババ抜きゲームをしたり
取引所GOXで全財産を失くすなどで心労をかけるぐらいなら仲間同士で

 お互いにMultiSendして同盟関係を強化していく遊びをしていくのもよいのではないでしょうか?

 

直近では、ふかつさんから 0.5BEEが2回MultiSendされました!

なんでも、チャンクといって、ウォレット内のアドレスを複数作成し、100万Beeを均等に分けることによって それぞれのアドレスがミツバチさんを繁殖してくれるらしいのです!

f:id:Zbaron:20180127203351j:plain

 

現在、私はウォレットの1つのアドレスに100万Beeでミツバチさんの
繁殖をしていましたが、例えば、アドレスを10個作成し10万Beeづつで
コインの成長をさせていくことで 5Bitbee x10=50Bitbeeが POS報酬貰えるのではないかと期待しています。

はたまた1万Beeつづにして5Bitbee x  100= 500Bitbee になるのかな?

 

Bitbeeについては、あまりにも情報が少なすぎて実験をしてみるしかなさそうです!

※いろいろ試して この記事に追記していく予定です。


(しばらくはミツバチさんで遊ぶつもりなので、物好きな方は、たまに覗いてみてください(w))

 

No tags for this post.

IOSToken(インターネットオブサービストークン)

f:id:Zbaron:20180120233534j:plain
IOSToken(インターネットオブサービストークン)
通貨表記:IOSK
発行量上限:
承認方式:PoB(Proof-of-Believability)

 

IOSTokenとは?

Internet Of Servies(サービスのインターネット)のToken(トークン)という意味で
あらゆるオンラインサービスプロバイダのために次世代の堅固なインフラを提供するためのプロジェクトです。

f:id:Zbaron:20180121002541j:plain

IOSTで開発された革新的な効率的分散シャーディング(EDS)技術が
安全でバイアスフリーな確率過程を介してIOSネットワークを部分空間に動的に分割することにより、ネットワークのスケーラビリティを大幅に向上させます。
 
直訳の意味がいまいちわかりませんが、要するに、臨機応変にネットワークにかかる負荷を軽減するように出来る技術を開発したのでスケーラビリティ問題を解決したということを主張したいのだと思います。

f:id:Zbaron:20180120234531j:plain

IOSTネットワークが考えるエコシステムは以下の3つの構造により成り立ちます。

①HUDS
データストレージでこれがエコシステムのバックボーンです。

②dApps&SmartContracts
IOSネットワークの中心です。
 IOSネットワークが提供する仮想マシンは、あらゆるコンピューター言語に対応し、ブロックチェーンやスマートコントラクトで作成されたサービスを提供可能です。

③FTFS(公正で透明なフィードバックシステム)
 IOSネットワークを利用したユーザが、サービス利用後(契約後)に評価をして
フィードバックするシステムです。

f:id:Zbaron:20180120234438j:plain

①を利用して、②で作成されたサービスがいわゆる「ノード」のような意味合いになるのではないでしょうか?

そして③のフィードバックシステムが従来の承認アルゴリズムと異なる画期的なものだということのようです。

PoB(Proof-of-Believability)という承認方法で、PoWのようなエネルギーを消費するものではなく、POSのような保有数よるものだけではなく、サービスを利用した人からの評価ポイントも貢献度に付与されるという寸法のように読み解きました。
(ホワイトペーパーがPDFでGoogle翻訳できないため、違ったらごめんなさい)

プロジェクトメンバーが中華系の名前が多いです。メンバーの出身大学た活動拠点はアメリカっぽいので、中華系アメリカ人か留学経験のある技術者なのでしょうか・・・。

 

Twitterではすでに多数の方がツイートしまくっていますが(笑)
IOSTは2018/1/21現在 絶賛AirDrop中です!
簡単に 68枚のコインが貰えますので貰っておきましょう!

 

AirDrop(エアドロップ)の参加方法

参加条件は以下2つがある人です。
Twitterアカウントを持っている  
イーサリアムウォレットを持っている(取引所のアドレスではダメですよ。)

1.以下のリンクをクリックしてください

https://t.iost.io/?c=mLyuVKQt

※これは私のアフィリエイトリンクです。気になる人は

https://t.iost.io/ と直接のリンクで入ってみてください。
(※結局https://t.iost.io/?c=spbX4MJr のリンク(おそらくIOST公式のアフェリエイトリンク)に入ります。

 

2.以下の画面が表示されますので、イーサリアムウォレットのアドレスを記載し、
「私はロボットではありません」にチェックをし「Submit」ボタンを押してください。
注意:取引所のイーサリアムアドレスではダメですよ。必ずMyEtherWalletなど自分のウォレットのアドレスを記載ください。せっかく登録してもIOSTが受け取れないですよ(w)

f:id:Zbaron:20180120224411j:plain

 

3.以下の画面が表示されます。
 2つの赤枠を押してください
  ①エアドロップ参加したことのツイートをしてください
  ②IOSTwitterアカウントのフォローをしてください

f:id:Zbaron:20180120224432j:plain

これだけで 68IOSTが貰えます!

あとは、画面に自分のアフェリエイトリンクが表示されますのでSNSで紹介すれば
リンク踏んでくれた数だけボーナスが入ります!

※他の銘柄のAirDropは、参加条件として、tergumやBitcoinTalkやredditアカウントなども必要だったりすのですが、今回はTwitterアカウントとイーサリアムウォレットだけと簡単なので、練習のために参加しておくのもありかと思います。AirDrop枚数は決まっているので、お早めに)

 

IOSTokenを扱っている取引所


Huobi、OKEx、CEXに上場されています(私は口座開設してない取引所です(汗)

 

IOSToken公式サイト

f:id:Zbaron:20180120233730j:plain

 

 

 

No tags for this post.

EtherZero(イーサゼロ)

f:id:Zbaron:20180114214029j:plain
EtherZeroイーサゼロ
通貨表記:ETZ
発行量上限:1160万
承認方式:PoW

突然現れました f:id:Zbaron:20171110001300p:plainイーサリアムがハードフォークされ新たなイーサリアムが増える?
その名も f:id:Zbaron:20180114214029j:plainイーサゼロ !

ハードフォークは4936270ブロックで発生、時間は2019/1/19 19:00~21:00(グリニッジ標準時刻)とのこと。

※日本時間から9時間遅いので日本時間だと1/20 4:00~6:00頃

f:id:Zbaron:20180114214423j:plain

イーサゼロは、DAPP開発者が必要とするすべての機能を有したプラットフォームであると謳っています。
 0TX(低いトランザクション)、高速送金、高いスケーラビリティ、マスターノード、自律的コミュニティ/ガバナンスなど・・・・。

f:id:Zbaron:20180114220638j:plain

 

他のプロジェクトと似たり寄ったりでハードフォークする意味があるのでしょうか?

唐突し過ぎて、意味が分かりませんでした・・・(誰か情報教えてください)


有名なイーサリアムの分裂騒動といえば The DAO事件で分裂した
イーサリアムクラシックがあります!
 当時としては、最大のICOで集めた資金がThe DAOの脆弱性を付かれイーサリアムがハッキングされたことに対し無かったことにするとしてハードフォークを実施しました。 
しかしハードフォークに反対するコアメンバーによりハードフォーク前からのブロックチェーンを継続を正統としたイーサリアムクラシックが誕生しました。
 これにより当時の取引所では、イーサリアム保有数に応じて1対1でイーサリアムクラシックを付与するということが実施されました。
似たような話が2017年にビットコインの分裂騒動で発生したビットコインキャッシュでも起こりました。

 

今回のイーサゼロのハードフォークにはどのような意味があるのでしょうか?

f:id:Zbaron:20180114214340j:plain

昨年もイーサリアムのハードフォーク銘柄としてイーサリアムベガというものが登場していました。

www.zbaron-newworld.comイーサリアムベガはイーサリアムがPOSに移行する計画があるが、PoWも必要であるために、その役割を担うという目的のプロジェクトして発足したと公式にありました。
当時はAIrDropもされていたようです(私は気付くの遅くて未参加)
 しかし、今現在、公式サイトのリンク先はページがありませんでした!?

 

イーサゼロを手に入れるには、対応しているイーサリアムウォレットから秘密鍵、キーストアまたはニーモニックフレーズをエクスポートし、これからリリースされる公式のEtherZeroウォレットにインポートすることでETZを取得するそうです!
※注意:これって非常に怖いことで、イーサリアムが格納されているウォレットなので、秘密鍵、キーストアまたはニーモニックフレーズを抜き取られてしまうのではないかと疑ってしまうレベルです!
もし悪意のあるプロジェクトだったら、危ないですね・・・

互換性のあるイーサリアムウォレットは以下です。
勇気があればやってみてください!

f:id:Zbaron:20180114222814j:plain

 

また公式には イーサゼロを1対1で配布してくれるように取引所に調整をしている
として以下が列挙されていました。

日本のBitFlyer、CoinCheckもありますね・・・・。
最近流行りのBainanceもあります。(中華系多いなあ・・・。)
海外大手のBITTREXなんてのもありました。

f:id:Zbaron:20180114214357j:plain

イーサリアム保有者に対し、1対1でイーサゼロが配布されるとのことです!
(本当だったら儲けものです!!)

 

ちなみに、イーサゼロのホワイトペーパーはまだアップロードされていません!

 

2017/1/19 イーサリアムを対象の取引所に保有されている人は宝くじだと思って待っておくのもありかと思います。(あとでガッカリしないために(笑))


EtherZero公式サイト

f:id:Zbaron:20180114214306j:plain

 

 

【LOMOCOINで遊ぶ】位置測位アプリLomoStarでLMCをゲットしよう!

久々に遊べそうな仮想通貨を見つけました!

目次

 

LOMOCOINとは?

以前も紹介していた中国発のf:id:Zbaron:20170918010731j:plainLOMOCOIN。

www.zbaron-newworld.com
当時は中国本土でしか利用できなさそうなアプリでしたが、デザインも一新し
LomoStarとアプリの名称も変えて日本でも使えるようになったみたいです!!

LomoStarアプリのインストールはこちらから

f:id:Zbaron:20180112002120j:plain

 

 

LomoStarの登録方法

 

1.アプリをインストールしたら、電話番号を登録し 次へ を押します。

f:id:Zbaron:20180112002418j:plain

2.登録した電話番号にSMS(ショートメッセージ)で認証コードの数字が送信されますので、記入します。

f:id:Zbaron:20180112002435j:plain

3.アカウント作成します。
3つ記入する内容がありますので記入し「アカウント作成」を押します。

ニックネーム とパスワード は必須です。
招待コードは、任意です。

※ちなみに 私の招待コードは15G0Qd です。

f:id:Zbaron:20180112002628j:plain

4.登録を実行がしばらくかかります。

f:id:Zbaron:20180112002859j:plain

5.チュートリアルが始まりますので、説明に従って クリックしていきます。

f:id:Zbaron:20180112002939j:plain  f:id:Zbaron:20180112003022j:plain

  

f:id:Zbaron:20180112003119j:plain f:id:Zbaron:20180112003129j:plain

f:id:Zbaron:20180112003153j:plain

6.認証の画面になります。
※本名を登録しなくてはいけないのか?ID番号は何のことだろう?とか不明だったので
この画面は無視しました。無視しても、先に進めます!
登録すると「ダイヤモンド」というポイントが貰えるので欲しければ登録してください。

f:id:Zbaron:20180112003244j:plain

7.プロフィールの保存

本人画面の上の自分のネームをクリックするとプロフィール画面になります。
性別を選択し 保存を押しておきましょう。
そこに 招待コードも表示されています。
※招待した友人がレッド・エンデローブを開くと10%のボーナス獲得できるとのことです! 
後ほど説明・・・。

f:id:Zbaron:20180112004527j:plain

 

これで、ひとまず 登録完了です。

 

LMCを獲得する。

 

1.画面下の左にある「レッド・エンデローブ」を押すと 自分の位置情報が表示される地図になります。

f:id:Zbaron:20180112004757j:plain

※画面上の 右にある数字は ダイヤモンドとVITというポイントです。

f:id:Zbaron:20180112005101j:plain

 

2.自分の位置の周りにある 赤い袋(レッド・エンベロープ)をクリックします。
※LMCだけでなく、ビットコインイーサリアムが落ちていればそれも獲得できるみたいですね(w)

f:id:Zbaron:20180112012057j:plain


以下の画面になりますので、 開きます。

f:id:Zbaron:20180112005416j:plain

3.この場所に置いてあったレッド・エンベロープは10LMC入っており、そのうち私が獲得できたのが0.555LMCみたいです!

f:id:Zbaron:20180112005436j:plain

しかしただでLMCを貰えているわけではありません。

VITというポイント1つを使うことでレッド・エンデローブを開くことが出来るのです。

そのうちVITが0になってしまいます・・・・。

f:id:Zbaron:20180112010342j:plain
その状態でレッド・エンベロープを開こうとするとVIT不足と言われてしまいます!

f:id:Zbaron:20180112005817j:plain

そうなると VITを購入しなければなりません・・・・。
VITを購入するには、ダイヤモンドが必要です。

f:id:Zbaron:20180112012323j:plain

でも、ご安心ください!!

VITは2時間ごとに1VIT増えていきます。(1日の上限10VITまで)
貯めてからまたレッドエンベロープを探しに行けばよいのです!!

 

自分の周りに レッド・エンベローブがない場合


1.「ワールド」の画面を開いてください。
このような画面になります。世界中の優しい誰かさんがLMCを配布してくれていますのでお好きな画像をクリックします。

f:id:Zbaron:20180112010232j:plain

2.あとは同じく レッド・エンベローブを開けばLMCを貰うことが出来るという寸法です。

f:id:Zbaron:20180112005416j:plain

 ※ただし、こちらでLMCを貰うと 配布してくれた方のアカウントをフォローするのが条件になっている場合もあるので、自動でフォローされてしまうようです。

レッド・エンベローブを配布する。

 

あなたが、LMCを地図上に落としてあげることもできるようです。

1.レッド・エンベローブ画面の地図の下にある「+」マークを押してください。

f:id:Zbaron:20180112011204j:plain

 

2.以下の画面が表示されます。

f:id:Zbaron:20180112011216j:plain

 

まだ試していないのでおそらくですが、
「ローカル」で実施する際は、落としたい場所に行って
必要事項を記入し送信することで、その場所にLMCを落とすことが出来る。

「ワールド」で実施する際は、場所関係なしで、LMCを配布することが出来る
のだと思われます。

※LMC溜まったら やってみよう(w)

 

ウォレットはどんな感じ?

こんな感じです!
本日だけで3.4LMCほど貯まりました!!
ビットコインイーサリアムライトコインビットコインキャッシュ
管理できますので、レッド・エンベローブで誰かがビットコインなどを配布してくれたらお宝ゲット出来そうですね!!

f:id:Zbaron:20180112012929j:plain

 

 

 

本日、アプリインストールしたばかりの見切り発車の記事ですが、
面白そうなのでぜひお試しください!!

 

 追記:アプリのバージョンアップしたらログインできなくなった!?

1.LomoStarアプリを操作していると 更新 の文字がありました。
早速、最新バージョンに更新をしたところ・・・

 

再ログインが出来ない!!

 

アプリのレビューにもコメントが書かれていました。
かなり焦りましたが、電話番号認証の画面で 
「+81 日本」 と表示されているところを、選び直して「+81 日本」にしてから
電話番号を記入して 以前のパスワードを入れると再ログインできました!

f:id:Zbaron:20180112002418j:plain

 

 

【Electroneumで遊ぶ】モバイルアプリで抽選で5000ETN当たるそうです。

以前紹介したf:id:Zbaron:20171102005507j:plainElectroneum(エレクトロニウム)ですが、
これは、モバイルでもマイニングが出来るという画期的なプロジェクトです!

www.zbaron-newworld.com

目次

 

Electroneumの重大ニュース発表?

 

2018/1/5に 公式ブログにこんなニュースが発表されました。

題名を翻訳すると
「エレクトロニウムは、通信および決済事業大手XIUSとの協定に署名をしました!」

↓ブログはこちら

f:id:Zbaron:20180106182926j:plain

 

 XIUSとは25年の実績を持つ企業で、120以上の特許を持つとのこと。
Electroneumとの提携でラテンアメリカ諸国のモバイル決済ソリューション
を統合しようという計画をしているというように読み取れました。

 XIUS公式サイト

f:id:Zbaron:20180106182512j:plain

 

これがどういうことなのか?
Electroneumの売りの一つとしてモバイル端末でも簡単にマイニングが出来るというものがあります。
(実際に、どのような条件で実行することでどの程度マイニングされるのかは確認中・・・・)

もし提携が実現したら、モバイル決済用のアプリをElectroneumで実施し、且つ、
モバイルでマイニングが出来るので、マイニングしたETNで支払いも出来てしまうということになるのでしょうか!!
 ※現在はPointを貯めて支払うことも出来ますが、仮想通貨で似たようなことが出来るのであれば楽しそうですね!!

このニュースが出た日本時間:2017/1/5 夜頃から価格が急上昇してました!

f:id:Zbaron:20180106222605j:plain


アプリインストールで5000ETNが貰えるチャンスあり!

アプリをインストールしてみました!そしてなんと!
抽選で毎週5000ETN当たるチャンスがあるようです。


抽選に参加方法を説明します!

1.アプリの設定画面(画面下にある「さらに」押した画面)
の「無料コインを獲得」を押します。

f:id:Zbaron:20180106223859j:plain

2.「無料コインを獲得」の画面が開きますので、紹介コードを登録して
送信してください。

f:id:Zbaron:20180106224003j:plain

 

私の紹介コードはこちら「E2DE75」です。
よろしければご利用ください。

f:id:Zbaron:20180106214952j:plain

 

実はこんな情報がありました。
どうやら、アプリを広めたいためのアフェリエイトのようなものでしょうか?
※コード発行者は最低5人を紹介しないと獲得チャンスがないようです。
で、コード発行者が抽選で当たると 紹介された人にも5000ETNが当たるというように読み取れましたが・・・・。
どういうことでしょうか?

f:id:Zbaron:20180106214935j:plain

 まあ、宝くじだと思って、果報は寝て待ってみます・・・。

 

 

 Electroneumアプリを使ってみる。

 1.アプリのインストールと登録

 Electroneum公式サイトのトップページに アプリのダウンロードサイト
掲載されています。
※リンクが押せたのは、GooglePlayだけでしたので、まだAndroid版アプリしかないみたいです。
iphone版はComing Soonみたいです!

Electroneum公式サイトはこちら↓

f:id:Zbaron:20180106214016j:plain

1.新規アカウントを登録する

 アプリをインストールして起動すると以下の画面になります。
新規登録の場合は、一番下の「ウェブサイトから登録」を押します。

f:id:Zbaron:20180106214506p:plain

 

 2.以下の登録画面になりますので必要事項を記入します。

FaceBookアカウントあるのであれば、そちらで登録も可能なようです。

必要事項は、メールアドレスとパスワードです。
※パスワードは 大文字、小文字の英文字混在と数字を含めた方が良いです。
記入したら、緑の「Create Acount」ボタンを押します。

f:id:Zbaron:20180106225621j:plain

 

 ※なお、この登録画面はWEBページなので、PCからでも登録可能です。
このリンク先 https://my.electroneum.com/の アカウントを作成する を押すと
上記の メールアドレス/パスワード登録画面に辿り着けます。

f:id:Zbaron:20180106230059j:plain

3.以下の画面「アカウントが作成された宣言」が表示されます。

f:id:Zbaron:20180106230431j:plain

以降 4つの作業を実施して アカウント作成完了になります。
 ①登録メールアドレスでのアクティベーション
 ②携帯番号の登録(2FA)
 ③PINコードが携帯電話のSMS(ショートメッセージ)で送信されます。
 ④PIN設定 (自分の好きな5つの数字をPINコードとして登録)

 

①登録したメールアドレスにメールが届きますので、メール内のリンクを押します。

f:id:Zbaron:20180106230710j:plain

 

②携帯電話番号を登録します。
国番号(日本は+81)を選択し、自分の電話番号を記入します。
緑のボタン「Send SMS」を押します。

f:id:Zbaron:20180106231825j:plain


携帯電話の「Your Code is:xxxxxx Thank you.」というSMSが届きます。
※XXXXXXがコードで数字6文字です。

このコードを 表示されている画面に記入し、送信を押します。

④PINコードの登録

アプリにログインする際に、登録したメールアドレスとパスワードともう一つPINコードを登録する必要があるため、PINコードを設定します。
 表示されている画面に、もう一つ別のメールアドレスを記入して、そこに送られたメールのリンク先を開いてください。

 
以下のような画面が表示されるため、自分の好きな数字を5つ登録します。

f:id:Zbaron:20180106232200j:plain

 

 これで、アカウント作成が完了です。


※途中の処理が画面キャプチャ取れてないものがあるため、説明不足があるかもしれません。

 覚えている限りでサポートしますので、必要であればコメントください。

 

2.ETNを受信する。

 ①アプリのウォレット画面を開きます。

f:id:Zbaron:20180106233239j:plain

 

②「受け取る」を押すと 自分のウォレットアドレスが表示されます。

f:id:Zbaron:20180106233335j:plain

 

③取引所アドレスから②で表示されたアドレスに対してWithDraw(送信)してください。

Cryptopiaから送金の際には、まず自分のメールアドレスにCodeを送るために以下の赤枠「Send Email Code」を押します。
メールアドレスに届いた Code(数字)を記入したうえで、
送金先アドレスと、送信したいコインの数を登録して「Next」を押し送金します。
※ひと手間必要なので、面倒・・・。

f:id:Zbaron:20180106234530j:plain



※海外取引所から送金した際には、自分の登録したメールアドレスに、本当に送金しますか?の確認メールが届き、そこのリンクを押す必要がある場合があります。その処理を忘れがちです。
いつまで経っても送金されないと焦らないように(w)

 

④約2分程度でウォレットに送金されました!!(早い)

f:id:Zbaron:20180106233309j:plain

 

 

 マイニングをする

アプリのマイナー画面を開きます。
※現時点では、モバイルマイニングはオフラインだそうです(残念)
iphoneアプリがリリースされてからマイニング出来るようになるのでしょうか?
楽しみですね・

f:id:Zbaron:20180106234847j:plain

 

 

f:id:Zbaron:20171102225640j:plain

Electroneum(エレクトロニウム)・・・・
これは結構面白い銘柄かもしれません!

名前とロゴマークが好きなため、価格が上下しようが、応援していく銘柄に決めました!!

 

No tags for this post.

philosopherstones(フィロソフィーストーンズ)

f:id:Zbaron:20180103235331j:plain

philosopherstones(フィロソフィーストーンズ)
通貨表記:PHS
発行量上限:
承認方式:PoW+PoS
アルゴリズム:Scrypt

賢者の石 と名付けられた仮想通貨。

f:id:Zbaron:20180104000339j:plain
2013年にジェネシスブロックが生成されているので、古株銘柄です。

金融アプリケーションや分散ストレージプラットフォームのプロジェクトとサイトでは説明がありますが、具体的なサービスが紹介されておりません。

モバイルウォレットも開発予定の記述がありますが、まだダウンロード出来ていないため、開発途中で終わっているか、まだ継続中なのでしょうか?

 

Qtウォレットはダウンロード出来ました! これがとても格好いいデザインでした!

f:id:Zbaron:20180103231945j:plain
デフォルトで日本語表示でした(日本人が開発したのか?)
ところどころにリンクがあるのですが、リンク先がなかったりしていました・・・。
またブロックチェーンとの同期を示す表示が見当たらず・・・・何か手順が必要なのかもしれない・・・

またサイト上には なぞのメッセージが記述されております。

「Make of a man and woman a circle; then a quadrangle; out of this a triangle; make again a circle, and you will have the Stone of the Wise. Thus is made the stone, which thou canst not discover, unless you, through diligence, learn to understand this geometrical teaching.」

直訳すると
「男と女の円(太陰対極図)を作る。次に四角形。この三角形の中から、再びサークルを作ると、あなたは賢者の石を持っています。あなたが勤勉でこの幾何学的な教えを理解することを学ばなければ、あなたが発見できない石が作られます」

うーん 東洋の思想にも見えて神秘的ですね。どういうことでしょうか(w)

 

非常に面白そうな銘柄なのですが、ウォレットが同期しないため、購入は控えております。使えそうならPoSってみるかも(w)
10日ごとのステーク。年間64%の収益率とのことです(効率良いのか不明ですけど・・)

 

philosopherstones公式サイト

f:id:Zbaron:20180103233228j:plain

 

 philosopherstonesCoinはCryptopiaで取り扱われています。

口座開設はここから↓

f:id:Zbaron:20170801235630j:plain

 

 

 

 

 

No tags for this post.

GUIDE COIN(ガイドコイン)

f:id:Zbaron:20180103125145j:plain
GUIDE COIN(ガイドコイン)
通貨表記:GUIDE
発行量上限:30億


海外旅行をする人口は年々増加しています。
日本への外国人旅行者も、電化製品やブランド物購入目的の「モノ消費」から日本の暮らしや体験をする「コト消費」へシフトしているようです。
 特に日本の暮らし体験などをするために、現地ガイドの存在が不可欠になっています。

しかしながら日本だけではなく、世界中で現地の暮らし体験を案内できるガイドの人材不足が囁かれています。

また有名な観光スポットだけでなく地域住民でしか知り得ない神秘的な場所・伝統など、まだ知られていないスポットをどうにかして発信して地元を盛り上げたいという人も存在しています。

このように現地の情報を入手したいゲストと現地の情報発信したいガイドをマッチングするサービスGUIDECOINプロジェクトです。
これを利用することで世界中の労働人口を GUIDE APP を通じて 10 万人創出を目指します。

f:id:Zbaron:20180103125503j:plain

 

Airbnb (民泊サービス)は、旅行者増加に対して一般の宿泊施設が不足していることに
ヒントを得て開始したサービスですが、今では世界を席巻し、未上場で時価総額1000 億円を超える事業が成功を収めています。

f:id:Zbaron:20180103131609j:plain 

またスマホアプリで簡単にフリーマ―ケットのようなことが出来てしまう、売買マッチングサービスのメリカリも手軽さから一気に人気サービスになっております。

 f:id:Zbaron:20180103131621j:plain

 

GUIDECOINもそれらの先進的なサービスに追随して伸びしろのあるサービスではないかと思われます。

初期の段階では ガイドとゲストをマッチングし、アプリによる決済に活用することから開始を目指しています

f:id:Zbaron:20180103125543j:plain

 

その後の展開としては、観光名所の実店舗にQRコードを配備することで決済設備を導入することなく簡易に支払いが利用できるよう順次進めていくことも計画しています。

f:id:Zbaron:20180103125558j:plain


ロードマップとしては

プレセールは2018/2/1に開始。2/28終了。
  ※1ETH=10000GUIDE (+ボーナス)

2018/3/19 GUIDE inc設立
2018/3/20 Andoridアプリ、iOSアプリを提供開始
2018/3/30 英語圏、中国語圏、欧州圏、アジア圏にアプリの展開
20185/1  アプリの利用開始
更に 計画中・・・・
※今後、取引所への上場も計画されているとのことです。

 

一点だけ気になっていることとしては、やはり個人間でのゲストとホストのやり取りとなるため、犯罪に巻き込まれるケースも出てくる可能性もあるので、その対策はどうするのか?
その対策としては、パスポートや免許証、FaceBookなどのSNSの情報を本人確認できる情報を登録することにより、評価が上がるシステムを採用。
 また実際にマッチングされるゲストとホストの間でお互いを吟味できる方法を採用されるとのことです。

 本当にGUIDECOINを利用して生計を立てたい人や、ゲストとしてサービスを受けたい人が利用できるサービスとしての展開を考えているとのことで、登録の際にある程度のフィルターはされているものと思われます。
 このマッチングサービスが一般的になり、観光地の店舗でGUIDECOINでの決済ができる世界が来れば面白いですね。

 

GUIDECOINは東京に拠点を置く、IT関連企業が設立予定のプロジェクトのようです。

 

 GUIDE COIN公式サイト

f:id:Zbaron:20180103210455j:plain

 

 

 

No tags for this post.

Neuromation(ニューロメーション)

f:id:Zbaron:20180102232042j:plain
Neuromation(ニューロメーション)
通貨表記:NTK
発行量上限:1億
承認方式:

 

 

概要

f:id:Zbaron:20180102232042j:plainNeuromationは、2016年に立ち上がったAI(人工知能)のエコシステム構築のプロジェクトです。
 現在AI分野は、研究段階から実用化への道を歩み出している成長分野です。
AIの実用化には、①膨大なデータの蓄積②データの分析と分類傾向を決める正解ラベルの作成、①②をまとめて学習アルゴリズムを構築した③AIエンジンの作成が重要になってきます。
 しかしそれらの過程は、膨大な時間と高額な費用が必要であり、AIを導入したい企業にとっては費用負担となっています。


Neuromationは、そのような問題を解決するために、膨大なデータ蓄積できる分散型サーバ設備と各種データのサンプル群や学習アルゴリズムのモデルケースなどフレームワークを提供し、安価でAIを導入できるプラットフォームを構築し、AIのプロバイダとなることを目指しています。

 つまり、AIを導入したいクライアントはBTCやETHでNTKトークンを購入し、AI技術を簡単に利用できるというサービスです。
 まさにAI技術の革命的サービスの誕生です!

f:id:Zbaron:20180102234136j:plain

ただしモデルケースだけを準備していたとしても、企業が利用したいAIは、業種ごと、企業ごとにカスタマイズしないと利用できません!

Neuromationのマイニングとは、ビットコインのようなただ単純にコインの取引情報の確認作業ではなく、知識のマイニングと呼ばれています。

すなわち、クライアントから依頼されたデータを利用して「データ解析」、「正解ラベル作成」、「データの学習(ディープラーニング)」を実行しモデルケースをNeuromationプラットフォームに提供することです。
 その中で優秀なモデルケースを提供できたノードが報酬を受け取れると理解しました。(間違っていたらご指摘ください)

f:id:Zbaron:20180102234149j:plain

 

 

 Neuromationチームは、物体認識 (SSD, YoLo, Fast(er) R-CNN)及び物体分割用(SegNet, 分割用のFCN)など異なるモデルを利用して検証し、インスタンス分割用の Mask R-CNNの実装に取り組み、ほぼ95%の確率で優れた認証結果を得たとホワイトペーパーに書かれています。

 これらの学習モデルは、スーパーマーケットの陳列棚の売り上げなどの解析に利用できるだろうとのことです。

f:id:Zbaron:20180102234202j:plain

 

今後は薬学、医学、バイオテクノロジー分野で利用できるAIの学習モデルや、リアルタイム動画解析が必要な分野(工場製造ライン、交通道路監視など)、はたまた金融サービスなどに展開できるモデルを開発して行こうとしている模様です。

 
ICOについて

プレセールは2017/12/31で終了。
2018/1/7から2/15までメインセールのICOが開催されます。

 1ETH=1000NTKトークン 
(早期に購入するほど購入額に比例した〇%のボーナスが付与されるみたいです。)

※ちなみに、私は参加していません(w)

 

Neuromation公式サイト (日本語版)

f:id:Zbaron:20180103101323j:plain

 

ホワイトペーパーを読んだ感想・・・。

AI(人工知能)に関連した仮想通貨として思い浮かべたのはf:id:Zbaron:20171117002648j:plainNumerai(NMR)と

f:id:Zbaron:20180103104108j:plainCindecator(CND)でしたが、この2つはAIを利用した金融ヘッジファンドのプロジェクトという印象でしたが、Neuromationはこの2つとは全く異なるAIプロジェクトだと感じました。。

参考:Numerai

www.zbaron-newworld.com

 

f:id:Zbaron:20180102232042j:plainNeuromationは、本当の意味でAI技術を分散プラットフォームを利用したエコシステムを構築して行こうというプロジェクトですので実現したら面白そうですね。

 ただ、企業の観点で見るとデータを安易に分散されたノードに提供し、実際に会ったことのないデータサイエンティストに学習モデルを制作してもらうことには抵抗があるのではないかな?という印象も持ちました。(情報漏洩とか気にしますからね・・。)
企業秘密が含まれないデータでAIを使いたい大企業や個人やベンチャー企業が安易にAIを使いたいということであれば需要はあるのかもしれません。

 

 

MAZACOIN(マザコイン)

f:id:Zbaron:20171231101448j:plain
MAZACOIN(マザコイン)
通貨表記:MZC
発行量上限:24億1920万
承認方式:PoW
アルゴリズム:SHA256

2014年から存在しているアルトコイン。

ネイティブアメリカンを支援するための仮想通貨プロジェクトです!!

 

f:id:Zbaron:20171231103217j:plain

 

以前のロゴマークはこちらだったようです。
ネイティブアメリカンを象徴するようなバッファローのドクロがカッコイイ!!

f:id:Zbaron:20171231103422j:plain

MAZACOINが鳥だったら、何の鳥だろうか?という内容をTelegramで議論した結果
現在のロゴマークになったようです!!
※どこからそんな議論になったのか興味ありますね(笑)

f:id:Zbaron:20171231103646j:plain

 

取り扱われている取引所はCryptopiaだけのようです。
 

 

MAZACOIN公式サイト

f:id:Zbaron:20171231102207j:plain

 

 

No tags for this post.

TRON[波场](トロン)

f:id:Zbaron:20171229120850j:plain

TRON[波场](トロン)
通貨表記:TRX
発行量上限:1兆
承認方式:PoW
アルゴリズム

2017年に始まった中国発の仮想通貨です。
TRON分散型ストレージを利用して世界中のコンテンツエンターテイメントシステムを構築を目指すプロジェクトです。
 例えば個人で制作したコンテンツ(音楽、動画、ゲームなど)がTRONプラットフォームを通じで配信されると、それに共感した人が投資をしてくれるというような世界を目指しているように見えました。

 

TRONの公式通貨はTRONIXと呼ばれています。

f:id:Zbaron:20171229200939j:plain

 

 TRONのプラットフォームは6つのフェーズを経て完成を予定しています。

フェーズ1:Exodus

分散型ストレージをデータの発行、格納、配布のためのプラットフォームの構築。
f:id:Zbaron:20171229102516j:plain

 

フェーズ2:Odyssey
TRONプラットフォームで流通されたコンテンツ制作者などにインセンティブが入るような仕組みの構築。

f:id:Zbaron:20171229102552j:plain

 

フェーズ3:Great Voyage
個人のICOが実現できるように収入と配当、サポート体制の3つをブロックチェーンを利用して解決することを目指します。

f:id:Zbaron:20171229102606j:plain

フェーズ4:Apollo
コンテンツ制作者が独自トークンを発行できるようプラットフォームの構築をします。

f:id:Zbaron:20171229102644j:plain

フェーズ5:Star Trex
TRONプラットフォームを利用した分散型オンラインゲーム市場への参入を目指します。

f:id:Zbaron:20171229102656j:plain

フェーズ6:Eternity

TRONのオンラインゲームプラットフォームを構築し、ゲーム開発者が開発のために資金を集めたり、投資家がゲームに投資をするなどを可能にします。

f:id:Zbaron:20171229102706j:plain

 

2017/12/24に シンガポール発の自転車シェアリングサービス「OBIKE」TRONの提携が発表されました。

f:id:Zbaron:20171229113126j:plain

台湾では、「UBIKE」という類似の自転車シェアリングサービスが実用化されているのですが、レンタル駐輪場で借りて、行先の所定の駐輪場に返却する必要があります。。
しかしこの「OBIKE」は、専用アプリを導入し、GPS機能で路上のレンタルスペースにある自転車を探し、アプリで解錠・支払いが出来るという点で一線を画しています。
 2017/6に台湾で「OBIKE」の導入も進んでいるとのこと。
※ただし専用レンタルスペースに返却しないで違法に乗り捨てする人もいるので、モラルの問題ではありますが、少し課題はありそう・・・。

 OBIKE公式サイト

f:id:Zbaron:20171229114520j:plain

TRONとOBIKEの連携が、具体的にどのような構想なのか詳しく知りませんが、
いろいろなサービスと連携をすることによりTRONが身近な存在になってくるという期待も抱いてしまいます。

 

そしてなにより、中国の仮想通貨界のドンともいうべきジハン・ウー氏が投資している銘柄ということで一気に知名度が上がりました。 

 

 

 

TRON公式サイト

f:id:Zbaron:20171229093944j:plain

 

 

TRONは BINANCEで取引可能です。
(口座開設はこちら↓)

f:id:Zbaron:20171229120427j:plain

 

 

 

 

 

 

 

No tags for this post.

NyanCoin(にゃんコイン)

f:id:Zbaron:20171222001707j:plain
NyanCoin(にゃんコイン)
通貨表記:NYAN
発行量上限:3億3700万
ブロック生成時間:60秒
承認方式:PoW

2011年にYoyTubeで流された「Nyan Cat」という猫が宇宙を飛ぶアニメーションです。
インターネット上のミーム的存在になり一大ブームを起こしたとか?(全く知らん・・・)
アメリカで生まれたようですが、楽曲などは日本人が作ったものを無断で利用されているという話も・・・。

これがその動画です!

www.youtube.com

 

レアペぺのカエルさんや、MONAの先駆けともいえる存在なのでしょうか?

f:id:Zbaron:20171015172323j:plain  f:id:Zbaron:20171004004243p:plain

 
NyanCatの製品も 売っていたみたいです(この財布はSoldOutみたいです)

f:id:Zbaron:20171222004037j:plain

 

NyanCat Lost in Spaceという Gameもあるようです。

www.youtube.com

 

ここまではNyanCatの説明ですが、前置きが長すぎた・・・

仮想通貨としてのNyanCoinは2014年に誕生しました。
現在はコア開発者が不在で、コインの40%は2015年からコア開発者に関わったある一人が所有しているとRedditの記事に最近(2017/12/20)に本人から投稿がありました。
 開発者不足に悩んでいるような投稿でしたが、議論はされているようなので、ひょっとしたらBitZenyのように古参や次なるミームコインを求める新規により、また盛り上がりを見せたら面白い銘柄になるのかもしれません(w)

 

NyanCoin公式サイト
※いろんな言語で表示できます。サイトの左上から言語を指定できます。

f:id:Zbaron:20171222002541j:plain

 

公式サイトの 真ん中にある「味を選ぶ」をクリックすると
右端に いろんな猫ちゃんが登場します。
それぞれの猫を選ぶと サイトを飛ぶ猫ちゃんが変わります!

お気に入りのにゃんこで 楽しむのも一興です(w)

f:id:Zbaron:20171222003020j:plain

 

 NyanCoinはCryptopiaで取り扱われています。

口座開設はここから↓

f:id:Zbaron:20170801235630j:plain

 

 

No tags for this post.

Rebellious(レベリアス)

f:id:Zbaron:20171216092400j:plain

Rebellious(レベリアス)
通貨表記:RBEL
発行量上限:3億9600万
承認方式:POS

リベリオン・・・反逆者の名を冠する仮想通貨です!カッコイイ!
黒豹のロゴマークとキャラクターも素敵です。
これだけでファンになりそうです!

f:id:Zbaron:20171216093750j:plain
過激な名前と裏腹に、品行公明な思想のプロジェクトです。
ホワイトペーパー冒頭には、最近の加熱し過ぎている仮想通貨のICOプロジェクトに対しする
警鐘を鳴らす内容が書かれており
ICOで資金調達をするのではなく、トークンをAirDropすることによりコミュニティメンバーを増やし、みんなの力でプロジェクトを成功させようというものです。
 そして政府によりお金の命運を左右される現代の世の中をテクノロジーとコミュニティの力で打破しようという まさに「反逆者」精神です!

 

AirDropは2017/11/21から開始されており、公式サイトから必要事項を記入すると
登録者にREBLトークンが配布されます!(開始から40日間までが期間)

このトークンを保有していることがRebelliousの革命戦士の証を受け取ったようで
テンション上がります!

 f:id:Zbaron:20171216094545p:plain

※様々な条件をクリアするごとに多くのトークンが貰えます。
最低500REBL~2000REBL貰えます。更に貢献すると5000REBLぐらい貰えそう
※自分のイーサリアムウォレットを持っていないと受け取れません。(取引所のアドレスではダメです)

 

またREBLはERC2.0準拠のトークンとしては初のPOSコインとのこと。
ウォレットに保有しているコインの10%を年利で受取ることが出来る模様。

現在、取引所への上場は、ある1つに絞って検討中とのこと。

 

最終目標としては、REBELLOUSプラットフォームのEコマースを構築し、
すべての支払いをREBLで実行させることのようです。

ロードマップは出来上がっており、2018年でREBLウォレットとEコマースサイトの立ち上げ、2019年目途で他のコインや日本円、ドルも利用できるEコマースにすることのようです。

f:id:Zbaron:20171216092507j:plain

 

2018年1月から バウンティ制度も開始され、50,000,000分のトークンが充当されます。これは、我ら革命戦士がRebelliousのマーケティングやホワイトペーパーの翻訳、プログラム開発など貢献することで、トークンが支払われるということです。
 ぜひ革命戦士の一員としてコミュニティに積極参加するのも面白いかもしれません。

 

こういうコミュニティで育てていく仮想通貨が成長しているので、面白いプロジェクトになるかもしれません。

 

追記:2017/12/20
REBLウォレットを開くために、MyEtherWalletの秘密鍵かKeystoreJsonファイルを要求されるから危険だ!!というコメントを見かけました。
 ただ新規にMyEtherWalletを作成して、そこで発行される秘密鍵JsonファイルをREBL専用として利用すれば、問題ないような気がします。
 ※既存のMyEtherWalletにたくさんETHなど保有している場合は、少し怖いので、
そのウォレットの秘密鍵などは使わないようにしてください(念のため・・・)
 REBLサイドももう少しその説明をしたほうが良い気がしますね・・・勘違いされる・・・。
 

Rebellious公式サイト

f:id:Zbaron:20171216095828j:plain

 

No tags for this post.

GameFLIPのメインセールはまだ開催中でした!!

昨晩、f:id:Zbaron:20171103232124p:plainGameFLIPのメインセールの紹介記事にて、すでにハードキャップが目標額に達してしまったため購入できない!と紹介してしまいましたが・・・・。
※昨日のブログ記事はこちら↓

www.zbaron-newworld.com

 

訂正いたします!
ソフトキャップが目標額の100%達しただけで、ハードキャップまではまだでした。

まだ 買えます!! 
(よかった・・・昨晩は泣きながら記事書いていましたが、どうにかなりそうです。私はこれから買います・・・またトランザクション混んでて機会損失にならないようにしたい)

★そして当ブログ見てFLIPトークン購入した人に購入比率による特別ボーナス出ます!詳細は後半で


目次

 

◆GameFLIPのメインセール終了と勘違い後の経緯


f:id:Zbaron:20171103232124p:plainGameFLIPのボスlan氏や関係者(通訳の方)にブログ記事を読んでいただき、少し指摘をいただきました。
当初はハードキャプを30000ETHと設定していたが、FLIPのコアメンバーや開発、協力のゲーム会社などと協議の結果、資金調達目標額より低い設定が算出されたため、
目標額を6000ETHに変更し100%達成とした、ハードキャップは12000ETHまでに変更とし、到達してから72時間でメインセールを終了、あるいは2018/1/29期限で終了とする。メインセール終了後、売れ残ったFLIPトークンはBurnするとのこと!!

資金集められるだけ、集めようだとではなく、必要費用の補正もするなどもするので
信頼できるプロジェクトなのかなと思いました。


2017/12/10現在 6100ETH(101%程度)なので、まだ買えます。

f:id:Zbaron:20171210145239j:plain

◆FLIPのICOへの参加方法


f:id:Zbaron:20171103232124p:plainGameFLIPのサイトに方法が掲載されていますので、リンク致します。

※他のイーサリアムを利用したICOへの参加方法もだいたい似た感じなので勉強のために読んでおくことをお勧めします。
※そのうち記事にしておこうかな・・・・。

gameflip.zendesk.com

 

 

◆メインセール中のボーナスについて


メインセール中の購入によるボーナスは購入額の%割増のf:id:Zbaron:20171103232124p:plainFLIPトークンです。
※12/4~12/17までは25%割増。
 1ETH分のFLIPは200FLPですが、メインセール期間だと250FLP貰えます。
1/28以降は%が減って行きます。

f:id:Zbaron:20171210134014j:plain


◆当ブログに与えられた特別ボーナスについて

前回私の勘違いでお蔵入りしていた当ブログに特別に提供いただいた
特別ボーナスについて紹介します! こちらです!!

FLIP購入した後に当ブログからリンクされているフォームに必要事項を記入すると
以下の割合でボーナス付与になります。

f:id:Zbaron:20171210134249j:plain

※例えば、100ETH未満購入で、200FLPの40%割増の80FLP=280FLP。
なお、このボーナス付与期間はメインセール期間中適用です!
ボーナスの付与はICO完了後になりますので、お待ちください。

 

f:id:Zbaron:20171103232124p:plainFLIPを購入された後に、このリンクに FLIP: crypto user whitelist
入ってください。以下が表示されます。

f:id:Zbaron:20171210140210j:plain
4つの記入欄がありますので記入して「送信」してください。
※1と2は任意、3と4は必須項目です。
1.名前  (任意)
2.メールアドレス またはTelegramのアカウントID (任意)
3.イーサリアムウォレットの自分のアドレス (★必須)
(今回FLIPへ送金したETHアドレスです。Coincheckなどの取引所のアドレスから送金してはダメですよ。自分のイーサリアムウォレットから送金しないとトークンは受取れません。セルフGOXします!)
4.f:id:Zbaron:20171103232124p:plainFLIPに送信したイーサリアムの数(★必須)

※これは、他の仮想通貨のAirDropでも似たような登録をすることが多いため、覚えておいて損はないかと思います。(そのうちブログに書こうかな・・)

 

これは、私自身がFLIP購入して登録しても適用されるのかな? 
質問するの忘れていた・・・。確認してみよう(笑)

 

 

◆まとめ

私があまりICOに参加していなかったことにより、情報が錯綜してしまいブログ記事としても誤った情報の提供になったことを非常に反省しております。

会食に参加された仮想通貨三銃士の面々に連絡したら、そんなの承知してますよ・・・
とクールに返されてしまいました(汗)
f:id:Zbaron:20171207222128j:plain
やはりのこの3名を北斗の拳・修羅の国の人物に例えると3人の羅将で。。。

f:id:Zbaron:20171210000513j:plain

 

私は、修羅を喰らう 羅刹のシャチ・・ではなくて 

f:id:Zbaron:20171210000605j:plain

「名もなき修羅」が相応しかったのかもしれない・・・。

f:id:Zbaron:20171210142157j:plain
1000人の修羅を倒さないと Zの名前すら名乗れないので出直します・・

まだまだ勉強ですね・・・・。
※この例えを理解できない人は北斗の拳・修羅の国編をお読みください(笑)

 

f:id:Zbaron:20171103232124p:plainFLIPへの参加方法(再度まとめ)

1.以下のf:id:Zbaron:20171103232124p:plainFLIPの公式サイトで FLIP送金アドレスを確認する。

f:id:Zbaron:20171210143120p:plain

 

2.公式サイトの FLIPのICO参加方法に添って実施します。
※以下リンクします。

gameflip.zendesk.com

 

3.2でFLIPを購入したら、こちらのフォームから必要事項4つを記入して送信。
※当ブログで特別に付与されるボーナスのFLIPトークンが貰えます。

f:id:Zbaron:20171210140210j:plain

 

私としてICO初参加の銘柄になりそうなので、購入しておきたいと思います。
(※大量に買いたいけど、分相応の数量になりますけど・・・)

 

ただしICOは投資家としては上場後の値上がりを期待する投機目的の側面もあるかもしれませんが、本来は、プロジェクトを応援するために投資するものです。
 FLIPが絶対に値上がりをすることを約束するものではありません。
※今回会食に招待していただいたLan氏も、プロジェクトの成功は確信しているが、FLIPの値上がりについては保証出来かねると説明してくれました。
 よくこの仮想通貨を今のうちの購入すれば絶対に儲かるという話を聞きますが、
”絶対”はありえないですよね・・・。

f:id:Zbaron:20171210195124p:plainFLIPは、その部分も踏まえても透明性があり、応援したいプロジェクトです。

 

◆ 仮想通貨f:id:Zbaron:20171103232124p:plainFLIPとは?

www.zbaron-newworld.com




 最後に・・・。

 

この記事を書くにあたり、GameFLIPから報酬は頂いておりません。
これは、同じく食事会に参加されたその他3名のブロガーさんも同様。
中立・公平性を保つために4名共に辞退をさせていただきました!
※やせ我慢をして、ちょっと後悔しているかも・・・・(苦笑)

 

 

No tags for this post.

GameFLIP(フリップ)のボス、そしてあの有名ブロガーとサプライズ。そして・・・。

先日Game系プラットフォームf:id:Zbaron:20171103232124p:plainGameFLIPの記事を書きましたが、
この記事が関係者の目に止まったようで、つい先日サプライズがありました!!

目次

 


ゲーム系仮想通貨 GameFLIPとは?

www.zbaron-newworld.com

 

私が体験したサプライズとは・・・


な、な、な、なんと! 

f:id:Zbaron:20171103232124p:plainGameFLIPプロジェクトのボスの一人:投資家lan氏の自宅(都内某所の豪邸)に招かれるという光栄な出来事です!
Lan Hoang氏とは、PlayNext社のCEOで、日本、韓国、ドイツなどで様々なスタートアップ事業に投資してきた実績がある人物です。
※非常に気さくなお方でエネルギッシュな人物でした。
ベトナム系アメリカ人で日本に20年在住し今は世界を股にかけている。

f:id:Zbaron:20171207222611j:plain

ちなみに豪邸とはこんなイメージのマンションです。

f:id:Zbaron:20171207223620j:plain
セキュリティが高くマンションのエントランスから部屋に行くまでに2つの関門があり、辿り着くまでに迷ってしまいました(マジな話です・・・)

そして、更に驚く出来事が・・・・。
 
な、な、なんと!

仮想通貨界隈の新三銃士との言うべき あの有名ブロガーさんもお招きされての会食だったのです!!

 

この3名!!  Twitterのアイコンだけで誰かお分かりですね!

f:id:Zbaron:20171207222128j:plain

 

f:id:Zbaron:20171207221840j:plainedindinさん edindin@仮想通貨ブログ (@edindin_crypto) | Twitter

 

f:id:Zbaron:20171207221806j:plainseiyaさん  seiya(仮想通貨ブログ) (@crypto_seiya) | Twitter

 

f:id:Zbaron:20171207221820j:plainアラタさん アラタ@仮想通貨な渋谷系ITリーマン (@cry_curr_ar) | Twitter

 

 

さて前置きが長くなりましたが・・・・
(有名ブロガーを出して完全に売名行為ですが・・・(許可済です))

今回の会食は遊びではなく、ブログで仮想通貨f:id:Zbaron:20171103232124p:plainGameFLIPのメインセールの説明。
日本の仮想通貨投資家の動向や、投資方法、ブロックチェーン事業へのアイデア提供など という意見交換会だったのです。


つい数日前の話です。

で、本日、満を持して f:id:Zbaron:20171103232124p:plainGameFLIPをメインセールで購入して、紹介記事をアップしようと思っていた矢先・・・・悲劇が起こりました。

 

f:id:Zbaron:20171207221840j:plainedindinさんのツイートからこんな文言が流れてきました・・・。

 

f:id:Zbaron:20171103232124p:plainFLIP公式サイトにも、メインセール GOAL の表示が・・・・

f:id:Zbaron:20171210003207j:plain

数日前にFLIPのサイト見た時はまだ販売数あったような気がしたのですが・・
ここ最近のBitZeny、pepecash、XEMの値上がりを利確してETHに換金して
メインセールでFLIP購入をする矢先だったのに・・・完全に油断しました。

もう後悔しかありません・・・・・。

 

しかし、せっかくf:id:Zbaron:20171103232124p:plainFLIPのボスに会い、本当に有望なプロジェクトであると
実感したため、気を取り直してFLIPが有望なプロジェクトであると思った理由を説明します。

なぜFLIPが有望だと思うのか?

理由①:

f:id:Zbaron:20171103232124p:plainFLIPは、アメリカでシェアNo.1のゲーム販売プラットフォームを目指していると
lan氏から話を聞きました。
その話を聞いた数日後(12/6)に、そのSteamがビットコイン決済を取りやめたとのニュースがありました!!(話が出来すぎだろうと思った笑)

japanese.engadget.com

FLIPは、現在ビットコインでのゲーム決済導入していますが、トランザクション問題や、価格変動などの問題のあるビットコインから専用通貨FLIPに転換させる計画が着々と進んでいるのです。
仮想通貨が主流になってくる世の中において、Steamからゲーム系プラットフォームのシェアを奪ってしまう可能性が高まっているように感じます。


理由②:
前回のFLIPの記事にも書きましたが、ゲーム系仮想通貨のf:id:Zbaron:20171210002506j:plainMobilGOやf:id:Zbaron:20171210002446j:plainFirstBloodは、ICOでの資金調達には成功をしましたが、その後、プロジェクトの実態が進んでいないようです。
 しかしFLIPは既に GAMEFLIPというゲーム系プラットフォームでのべ4000万人規模にゲームを提供している実績があります。
 この土台があるので、おそらくプロジェクトは成功する可能性が高いと感じます。

理由③:
上場する取引所が3つ決定、その他も調整中。
すでにEtherDelta、HITBTC、LIVECOINは 決定しています。
BITTREX、Binance、Liqui とは現在調整中とのこと。

 

以上の3点から、他の仮想通貨のゲーム系プロジェクトと比較しても、
GameFLIPが着々と進んでいるのは一目瞭然です。 

実は、会食に参加した4名には、自分達のブログでメインセールの紹介をし、そこからf:id:Zbaron:20171103232124p:plainGameFLIPを購入してくれた人には、ボーナスが付く権利を頂いたのですが。
GameFLIP自体が、人気があり過ぎて今となっては、その権利を行使することが出来ませんでした・・・・。(他のブロガーさんも何も出来ずに終わっている模様です)

※もう数日早く記事書いていたら、当ブログを読んでくれている人が有利にFLIPトークンをゲット出来たのに本当に申し訳ない・・・。私の油断と怠慢のせいです・・・

 

個人的なまとめ

◆まとめ①

私は以前も絶対に買いたいICO銘柄を逃すという失態をしています。
これで2回目・・・・。

(個人的に)買いたい時が 買い時!!! ということですね。

1回目はCosmos。

www.zbaron-newworld.com

 

もし、このFLIPプロジェクトが大成功を収めたら、
私の目に狂いはなかったと褒めてください(笑)


※私は悔しい想いが募るだけですけど・・・・。

 

2017/12/10追記
※12/9時点でメインセール終了は勘違いでした(汗)
こちらの記事で訂正していますのでご覧ください。

www.zbaron-newworld.com

 

 

◆まとめ②
今回の件で、私にとっては、実に有意義な体験をすることが出来ました! 


この私が遂に、あのレベルのブロガーの仲間入りとは感慨深いです・・・。


と言いたいところですが、
今回の会食で彼ら3人の投資方法、優良銘柄の判別方法、その他仮想通貨の知識は、半端ないものでした!
まだ私の仮想通貨の知識レベルは足りないことを痛感させられました。

北斗球拳の使い手のレベルで例えるのならば、
修羅の国の3人の羅将(カイオウ、ヒョウ、ハン) と

f:id:Zbaron:20171210000513j:plain

羅刹ことシャチぐらいのレベルの差と言えば理解し易いと思います(笑)

f:id:Zbaron:20171210000605j:plain

※このレベルの差が分からない人は 北斗の拳・修羅の国編をお読みください(w)

 

 

FLIP公式サイト

f:id:Zbaron:20171103234331p:plain

 

 

 

WithCoin(ウィズコイン)

f:id:Zbaron:20171209012529j:plain

WithCoin(ウィズコイン)
通貨表記:?
承認方式:?
発行量上限:?

 

オンラインカジノやリアルカジノでスマートコントラクト機能を使った支払いと
契約が出来る仮想通貨です。

f:id:Zbaron:20171209010439j:plain


手数料も無料で 送金も高速です。
そしてなぜか 送金の一例として 日本からフィリピンへの送金が示されています。

f:id:Zbaron:20171209010416j:plain

 

ん???  カジノプラットフォームと フィリピンへの送金・・・。

これは、あの仮想通貨の夢の競演のようです・・・・。

 

そしれ極めつけは、ICOについての説明。
赤字の部分を要約すると

クラウドセールが始まってすぐ購入すると安くコインが手に入ります。
そして早く売り抜ければ儲かるんじゃないかな?
でもリスクあるから自己責任ね?
あ、上場するのは、BitFlyerやCoincheckなど日本の取引所ではなくて、海外のpolonexやBittrexが基本だよ。
情弱な君らは 海外取引所で投資しないだろうから知らないと思うけど
ICOってそういうものなんだよ」
って感じでしょうか?

f:id:Zbaron:20171209010550j:plain

ICOって、プロジェクトを成功させたいために資金を集めるのであって、購入者がICOに参加して儲ける可能性を餌に販売するものではない気がするのですが・・・・。

 

WithCoinを購入するには、10万円、30万円、50万円、100万円でしか買えないみたいです。
10万円・・・・1000コイン
30万円・・・・3300コイン
50万円・・・・6000コイン
100万円・・・13000コイン
多く買うほど 優遇されます。

ICOってこんな感じでしたっけ?

 

ある情報筋から仕入れたのですが・・・。
案件を紹介するようなグループでは、今なら縁故価格で5円以下にならないので
今のうちに買っておけなどと紹介しているという噂を聞きます。
そしてWithcoinはNEMの技術を利用した仮想通貨だとか???で紹介されているみたいです😵 

最近のNEMの知名度を利用しているのではないか?

リアルなNEMberが知ったら 
激おこプンプンじゃないかな・・・・・。

 

2016年旋風を起こしたHYPE案件同様にICO案件が 胡散臭いグループの
金の成る木になっています。

お気をつけて・・・・・。

 ※たぶん、買わない方がいいコインだと思う・・・・。

あ、でも 上場して 勝てば官軍になるので、興味があれば買うがいいさ・・・。

 

 

WithCoin公式サイト

f:id:Zbaron:20171209010904j:plain

 

 

No tags for this post.

【仮想通貨を人物に例えて歴史を学ぼう】幕末・戊辰戦争編

2017年は仮想通貨元年 と呼ばれておりこの一年で目まぐるしい動きがありましたが
日本の夜明けと言われた幕末維新の動乱に時代にも似ていると感じています。
前回は 幕末・黒船来航編として「仮想通貨歴史シリーズ」を書きましたが・・・。

幕末の尊王攘夷公武合体の思想の対立を
JBA(日本ブロックチェーン協会)BCCC(ブロックチェーン推進協会)の対立構図に例えてみましたが、まだ仮想通貨自体がそこまで成熟していないため、そのような対立は激化しておらず消化不良なネタになってしまったと反省しています。

↓前回の記事

www.zbaron-newworld.com

 

仮想通貨界隈の思想の対立といえば、SCAMコイン論争がしっくりくるということを忘れておりました!

仮想通貨を人物に例えて歴史を学ぼうシリーズ・幕末編は、一部を焼き直しして構成変更しました。

 

幕末の日本に黒船来航という西洋諸国の先進的な技術や武力に衝撃を受けた先鋭的な志士たちの一部が、将来の危機を感じて西洋諸国に対抗するため手段を択ばずに武力で撃退しようという過激な思想攘夷論が猛威を振るっていました。

ところで、2016年末頃は私が仮想通貨の存在を知り、いろいろと情報収集をしていた時機でした。
この頃はMLM(いわゆるねずみ講商法)で成功してきたグループが仮想通貨という新たな金の成る木を見つけてビットコインを利用した新たな案件を見つけては、自分が儲かるなら多少のリスクは目をつむってMLM生態系の下位にいるメンバーに甘い罠を誘っていました。
HYPEと呼ばれるビットコインを預けることで、日利30%などの高い配当を回収できると謳って案件の紹介コードが、Twitter上を飛び交っていました。

HYPEで代表的な案件はHYPEではビットリージョン、X-Binary、AABT、D9、RightRise・・・・など。 すべて先行者だけ利益を得ては一抜けして、後から情報を知った人は、ババを引いて大損をしています。挙句にHYPEのサイトが無くなってしまうという繰り返し・・・・。

 

攘夷論とは異なり、中央集権的な江戸幕府による統治ではなく天皇を拠り所とした政治体制を論じる尊皇論も存在しました。

 HYPEとは一線を画して違う手段で利益追求のグループも存在しました。
どこの取引所にも上場していない仮想通貨のプレセール期間に安く仕入れ「絶対に儲かる仮想通貨」であると謳ってセミナーを開催し、自身が販売代理店となるようなグループです。
 プレセール期間が終わってもいつまで経っても仮想通貨取引所に上場せずに、いるといういわゆる詐欺コインとして批判の対象にもなっていたものです。

 ※プレセール系コインとしてはADAcoin、c0ban、FusionCoin、Eternal Coin、TAOCOIN 、XID Coin、True Life Coin、Ocean Coin、NAGEZENIなど。

 

朝廷の許可を得ずに外国との不平等条約を結んだ老中:井伊直弼の独裁政治への不満と外国嫌いで知られる孝明天皇の存在も「攘夷論」「尊皇論」の盛り上がりに拍車をかけていた。
危機感を持った井伊直弼は、危険思想の持ち主を安政の大獄により弾圧を実施した。
 猛威を振るったHYPEが、次々にボロを出して潰れていき「ビットコインを使った高配当な商材」の相談が消費者センターに相次ぎ問題になったことと重なります。

 

プレセール系コインも、HYPEと同様に怪しい存在として毛嫌いされる対象になってきます。
特に仮想通貨界隈の古参の人々からもSCAMコインの注意喚起を促すメッセージが相次ぎました。


とりわけNoahCoinは、エース級に怪しいと噂のあった仮想通貨でした。

www.zbaron-newworld.com

 

 攘夷論尊皇論が合体し尊皇攘夷論という思想が誕生します。
とりわけ、「安政の大獄」で処刑された吉田松陰を輩出した長州藩の志士たちが、過激な運動を始めます。

 江戸幕府に雇われた元々ならず者集団新選組が、京都で倒幕の計画をしていた長州藩士を襲撃した池田屋事件に端を発し、八月十八日の政変禁門の変
長州藩は、江戸幕府会津藩薩摩藩の連合軍に敗北し、絶体絶命の危機に瀕します。

 

f:id:Zbaron:20171204001521j:plainNoahCoinは、フィリピン政府公認のNoahプロジェクトという計画が背景にあるため、必ず値上がりをするということで某グループがセミナーを開催しては、プレセールと称して販売をしてきた仮想通貨でした。
 しかしフィリピン大使館がNoahプロジェクトを全否定!!

 日本経済新聞でも、このような記事が掲載されました。

f:id:Zbaron:20171204224425j:plain

 

f:id:Zbaron:20171204001521j:plainNoahCoinを販売していた某グループは、HYPE案件のD9クラブの運営や仮想通貨f:id:Zbaron:20171204225104j:plainADACoin のプレセールも手掛けていたため、SCAMと噂が一気に高まりました。
まさに存亡の危機!!

 

仮想通貨界隈の古参メンバーも、ここぞとばかりに攻め立てます!!
ADACoinの開発者天才数学者:チャールズ・ホスキソン博士が詐欺師であると主張!!
XIDcoinを販売した某団体が、団体自体を解散したことで詐欺師であると主張!!
・・・などなど

仮想通貨黎明期からの古参コイナー VS 儲けがすべての投機家 のSCAM合戦の始まりです。
そこに、プロのアフェ業者初心者を装ったネカマブロガー疑惑の論争も介在して、
仮想通貨界隈が動乱の時代を迎えます。

 

それらの仮想通貨を紹介していた人々は自分の資産が崩れることを恐れて、ADACoinは詐欺ではないとの声援で反論します!

 

禁門の変 で会津藩と同盟して長州藩を崩壊に追い込んだ薩摩藩でしたが、徳川家による江戸幕府の体制には実は反対でした。
 薩摩藩士 西郷隆盛は、過去の因縁を捨てて 長州藩と手を組み 倒幕のための同盟を結びたいと考えます。
 実現は難航をしましたが、土佐藩士・坂本龍馬の仲介により 薩摩・長州の2大雄藩が秘密裏に同盟薩長同盟を結び、倒幕の機運が高まります。
危機に瀕していた長州藩でしたが、西郷隆盛の調整によって、幕府軍による第一次長州征伐は一旦停止し、その間に、長州藩高杉晋作などによる奇兵隊の育成、軍備強化などを成し遂げます。

改革派貴族の岩倉具視による徳川家を政権から外す王政復古の大号令などのクーデターを敢行。政局が変わるかに思われましたが、そのクーデターは徳川慶喜による大政奉還で未然に防がれました。

 

それではと、薩摩藩西郷隆盛が江戸の町を乱暴狼藉を行うテロ行為による江戸幕府への挑発行為・・・・。

 挑発に乗ってしまった幕府軍は、薩摩討つべしとの機運が高まり、京都に進軍。
鳥羽伏見の戦いが勃発します。

 

そこで、幕府軍が信じられない光景を目のあたりにします!!
薩摩・長州軍の旗印の中に錦の御旗 が掲げられたのです。 f:id:Zbaron:20171203235234j:plain
天皇家の旗が掲げられたことで 薩摩・長州は官軍。。。
徳川家の江戸幕府は、天皇に逆らう賊軍 ということになってしまうのです。
これで、形勢は逆転!!

将軍・徳川慶喜は戦場から離脱し江戸に帰ってしまい、戦意を喪失した江戸幕府軍が撤退するという事態になりました・・・・。
これにより、戊辰戦争という 会津藩を中心として東北の雄藩の悲劇が始まるのです・・・・。

 

SCAMコインへの攻勢を高めていた仮想通貨界隈の住人達は、ADACoinは、いつまでも上場しないとバカにしていた矢先に、寝耳に水の情報を入手します。

ADAコイン・・2017/9/29 BITTREXに上場・・・。


日本円にして 10円代まで価値が上昇・・・。2017/11

 

まるで錦の御旗のように・・・・・

f:id:Zbaron:20171204210236j:plain

セミナーで先生方に説明を受けて、ADAコインをプレセール期間中に大量に購入していた人は、先生の予言通りに、儲かったのです!!


やはり、ADACoinはSCAMじゃなかったんだ!?

 

2016年末に 仮想通貨界隈の先人たちのブログを元に情報収集していた私は、
SCAMコインの存在もそれらから手に入れていました。
その中にADAコインも燦然と輝くSCAMコインとして刻印されていました。

しかし・・・・。あの錦の御旗 が掲げられらた時に、何かが弾け飛んでしまったかもしれません・・・・。
 たしかに技術的に裏付けを説明されていないにも関わらず、販売方法が怪しいというだけでADACoinをSCAMと断定する根拠はないのかもしれない・・・・・。

この情勢に、

SCAMコインハンターとして名のある人々が、投げやりなコメントを残していました。

 

 ひらめきビットダービーなるテレビ番組が2017年放映されていたそうです。
(※2017/12/5時点で 第4回目の放送)
なんと、この第4回目に ADAcoinやNoahCoinをプレセール販売していたあの先生が登壇されるそうです!!
 まさに、勝てば官軍!!

テレビ番組「ひらめきビットダービー」公式サイト

f:id:Zbaron:20171204231715j:plain

 

 

 

明治新政府で貢献した人物は、昭和になって日本円のお札にもなっています。
岩倉具視卿は、「錦の御旗」を制作した人物だという噂があります。
 実は「錦の御旗」なるものは存在しないにも関わらず、幕府軍の戦意を喪失させるための芝居を打ったというのです・・・・。(あくまで噂です)

f:id:Zbaron:20171205000853j:plain

ADACoin・・・・SCAMコインだとの疑いを晴らすために、大型取引所BITTREXに上場させて、本物にしたのではないか?とも推測されています。(あくまで噂です)

 

そういえば、リップルもその昔SCAMだと言われていたそうです。
イーサリアムビットコインも同様です・・・・。

仮想通貨界隈に古くからいる方は、当然、ビットコインイーサリアムなどを安く仕入れているので、せっかく含み益があるそれらの推しコインの価値が無くなることを良しとしないでしょう。
結局、仮想通貨界隈の住人は、推しコインを褒め称えるので、同じことなのかもしれません・・・。


もう誰の言う事を信じることは出来ないですね・・・・。だってみんな自分がカワイイですから(笑)

投資は自己責任・・・・・と 逃げの文言をブログにみんな掲載しています。
(私だってそう(w))

 

 

仮想通貨界隈は、儲かればなんでもOK的な風潮がこれからも続くことでしょう・・・・。


私もやはり儲かりたいのが本心です・・・(あっ 言っちゃった。。)

今後は疑惑のコインでも儲かるトレンドであるのであれば買ってしまうかもしれません・・・。

ただあの人がこう言っているから 大丈夫だと妄信的に信用しては危険です。
ちょっとこの記事を読んでください。詐欺に騙されないように知識を付けることも重要です。

www.zbaron-newworld.com

 

戊辰戦争で、薩摩長州中心の新政府軍により蹂躙された会津藩は、最後まで武士としての誇りを胸に秘め、徹底抗戦をしました。
その不器用で崇高な生き様は、日本人として感動を覚えます。

 

会津藩の 什の掟 という 少年藩士たちへの教えがあります。

1.年長者の言う事に背いてはなりませぬ。
2.年長者にお辞儀をしなければなりませぬ。
3.虚言を言う事はなりませぬ。
4.卑怯な振舞いをしてはなりませぬ。
5.弱いものをいじめてはなりませぬ。
6.戸外で物を食べてはなりませぬ。
7.戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ。

ならぬことはならぬものです!!

 

これは、今の日本人に当てはめるのは酷(とりわけ7項は・・・)ですが、
例え儲けることが全てでも、ならぬことはならぬものがあるのです! 

 

繰り返しになりますが、ADACoinの一件で、本当のSCAMコインも、大手を振って
絶対儲かると言って販売されるケースが増えてくると思います。
 

もうSCAMコインだと注意喚起してくれる人は仮想通貨界隈にはいません。
自己防衛力を高めないと、せっかくの楽しい仮想通貨トレードが魑魅魍魎の養分にされるだけに参加することになってしまいます。

最後に、これから仮想通貨に入ろうと思っている人達に伝えたいことがあります。

 

仮想通貨 什の掟 というものを 残して 締めたいと思います。

1.セミナーで有名人を出演させているような仮想通貨を買ってはなりませぬ。
2.MLMやバイナリーというキーワードの案件で仮想通貨を買ってはなりませぬ。
3.怪しいと思われるかもしれませんが全く怪しくないと謳う仮想通貨を買ってはなりませぬ。
4.インサイダー情報なので今買えば絶対儲かるという仮想通貨を買ってはなりませぬ。
5.販売代理店制度で販売している仮想通貨を買ってはなりませぬ。

6.コアメンバーでも技術に詳しくもないのにこのコインはscamだと言ってはなりませぬ。
7.男子たるものミートアップやオフ会で(エッチ目的で)仮想通貨女子と言葉を交わしてはなりませぬ。

ならぬことはならぬものです!!!

 

 

PenguinCoin(ペンギンコイン)

f:id:Zbaron:20171201000002j:plain
PenguinCoin(ペンギンコイン)
通貨表記:PENG
発行量上限:920億
暗号アルゴリズム:Scrypymax
承認方式:PoW
ブロック生成時間:2.5分

 2014年には既に存在していた古株のコインです。
ビットコインのようにPeer To Peer取引が出来て、手軽にマイニングが出来る
だけの仮想通貨です。

ごめんなさい、情報がそれぐらいしか見つけられませんでした。
仮想通貨cryptopiaでは、f:id:Zbaron:20171201001425j:plainDOGECOIN建てで取り扱われており、ビットコイン建てでは買うことができません!
f:id:Zbaron:20171201001425j:plainDOGECOINを保有している人はチャンスです!!

f:id:Zbaron:20171201000002j:plainロゴマークがカワイイので保有するのもありかもしれません。 

 

PenguinCoin公式サイト

f:id:Zbaron:20171201000043j:plain

 

 

 

 

 

VaderCorpCoin(ベーダ―コープコイン)

f:id:Zbaron:20171129225101j:plain
VaderCorpCoin(ベーダーコープコイン)
通貨表記:VCC
発行量上限:100億
アルゴリズム:Scrypt
ブロック生成時間:64秒
承認方式:Pow/Pos

 

2016年に誕生したと思われるVaderCorpCoinは、PoSコインとして保有数に対して年利10%の報酬を受けられる他に、コミュニティステークスというプラットフォームのプロジェクトのように見受けられました。

 

以下 16種類のPOSコイン銘柄を VaderCorpCoinのプールに預けることで
参加者のコインを共同でステークさせてみんなで力を合わせてPOS報酬を効率よく貰おうみたいな感じでしょうか?
※維持管理費として預けた総額の1%が徴収されるそうです。

f:id:Zbaron:20171129231659j:plain

TwitterアカウントやFacebookアカウントも2016年で投稿の更新が止まっているので
動いているのか不明なプロジェクトです。


ロゴマークダースベーダー卿・・・・

関係なくない???

 

 

VaderCorpCoin公式サイト

f:id:Zbaron:20171129225118j:plain

 

Cryptopiaで取引可能な銘柄です。

 

 

 

No tags for this post.

MoneroGOLD(モネロゴールド)

f:id:Zbaron:20171127230434j:plain

MoneroGOLD(モネロゴールド)
通貨表記:XMRG
発行量上限:2100万

f:id:Zbaron:20171127230434j:plainMoneroGOLDは、テレビと音楽業界で利用するプラットフォームプロジェクトとして始動する予定です!!
将来的には、映画やゲーム業界、その他の分野でf:id:Zbaron:20171127230434j:plainMoneroGOLDトークンを利用することにより長期的な戦略を見据えています!!
 2017/11/24~11/26でプレセールを開催していた? 
公式サイトではカウントダウン8日(2017/11/27現在)が表示されています。

 

そして f:id:Zbaron:20171127230434j:plainMoneroGOLDはイーサリアムトークということです??

ん?? 

リング署名を利用した匿名通貨f:id:Zbaron:20171127231655p:plainMoneroのハードフォークコインじゃないのか?

 

こんなのf:id:Zbaron:20171127231655p:plainモネロじゃない・・・(泣)

 

 

MoneroGOLD公式サイト

f:id:Zbaron:20171127230512j:plain

 

 

 

 

 

 

No tags for this post.