情報サービス

モーニングスター、米仮想通貨メディア「CoinDesk」と戦略的パートナーとして業務提携

 モーニングスター株式会社(本社:東京都港区、代表者:朝倉智也)は、米国で仮想通貨およびブロックチェーン関連のニュースやコラムの配信を手掛ける CoinDesk,Inc(本社:米国ニューヨーク、代表者: Kevin Worth)と、日本での仮想通貨に関するニュースや価格情報の配信に加え、Consensus(コンセンサス)の名称で世界的に展開する仮想通貨コンファレンスの日本およびアジアでの共同開催など、仮想通貨およびブロックチェーンに関する情報を様々な形態で提供する戦略的パートナーとして業務提携に合意。



米国最大手の仮想通貨メディアの CoinDesk のユニークユーザー数は既に月間 1,000 万人を超え、Facebook や Twitter、リンクトインなどの SNS のフォロワー数は 60 万人、メールマガジンの登録者数は15 万人と数多くのユーザーから高い支持を得ており、また CoinDesk が提供するビットコインの価格情報「Bitcoin Price Index」(BPI)は、ウォールストリート・ジャーナルやフィナンシャル・タイムズなど欧米主要メディアで掲載されており、非常に高い知名度を誇っております。

CoinDesk が主催する Consensus は世界最大の仮想通貨・ブロックチェーンコミュニティで、2018年5月14日-5月16日に米国ニューヨークで開催されるコンファレンスには、4,000 人超の来場者が見込まれています。

当社は、2017年12月に仮想通貨関連情報のポータルサイトを立ち上げ、仮想通貨の価格情報や当社独自で作成したコラムやニュースを積極的に配信してきた他、国内初となる ICO(イニシャル・コイン・オファリング、新規仮想通貨公開)の格付けを開始するなど、日本の投資家向けに中立的かつ客観的な立場から仮想通貨に関する的確な情報提供を行ってきました。

このたびの CoinDesk との戦略的業務提携により、CoinDesk が米国で提供するニュースやコラム等を日本語に翻訳し、当社の仮想通貨ポータルサイトやスマートフォンアプリを通じて提供していくことで、これまで提供してきた仮想通貨関連情報が大幅に拡充することになります。当社は、今後も幅広い金融情報の提供を通じ、投資家一人一人の的確な資産形成に貢献してまいります。

▼モーニングスター、米国最大手の仮想通貨メディア CoinDesk との戦略的業務提携について(PDF)
▼Coindesk公式サイト
▼モーニングスター公式サイト

マネックスG、子会社トークンズで仮想通貨情報を提供する「マネックス仮想通貨研究所」を創設

 マネックスグループは、子会社である株式会社トークンズにて仮想通貨に関する情報を提供する「マネックス仮想通貨研究所」を2018年1月31日付で創設。マネックス証券株式会社の執行役員でチーフ・アナリスト兼マネックス・ユニバーシティ長を務める大槻奈那氏を研究所長とし、ボラティリティとボリュームを伴った新しいトレーディング対象・資産クラスである仮想通貨を研究し、最新でわかりやすい情報を提供していく、とのこと。

【マネックス仮想通貨研究所 研究所長:大槻奈那】
マネックス証券 執行役員 チーフ・アナリスト兼マネックス・ユニバーシティ長
東京大学文学部卒、ロンドン・ビジネス・スクールでMBA取得。スタンダード&プアーズ、UBS、メリルリンチ等の金融機関でリサーチ業務に従事、各種メディアのアナリスト・ランキングで高い評価を得てきた。2016年1月より、マネックス証券のチーフ・アナリストとして国内外の金融市場や海外の株式市場等を分析し、最近は仮想通貨やICOなどについての分析・解説にも積極的に取り組んでいる。現在、名古屋商科大学 経済学部教授を兼務。東京都公金管理運用アドバイザリーボード委員、貯金保険機構運営委員、財政制度審議会分科会委員等。テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」等、メディアへの出演も多数。

▼マネックスグループ、「マネックス仮想通貨研究所」創設のお知らせ (PDF)
▼マネックスグループ公式サイト

No tags for this post.