株式投資のレベルアップ講座

ビットフライヤーで日本円を入金・出金する方法と必要な手数料

この記事では日本円の入金・出金について解説しています。仮想通貨の入出金(送金)については、「仮想通貨の送金を解説!手数料や送金方法、送金ミスを防ぐ方法とは」で詳しく紹介しています。

ビットフライヤー(bitFlyer)で口座を開設したら、仮想通貨を購入するために日本円を入金しましょう。

ビットフライヤーには「ウォレットクラス」と「トレードクラス」という2種類のランクがあり、実際に取引するには「トレードクラス」にアップグレードしておく必要があります。

アカウントの登録や「トレードクラス」へのアップグレードが完了していない場合は、先に「ビットフライヤーの口座開設方法!取引所と販売所の違いを解説」をチェックしてみてくださいね。

この記事では、ビットフライヤーの入出金方法と手数料、反映時間について紹介していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法と反映時間

まずは入金方法を見ていきましょう。ビットフライヤーに入金する場合、「銀行振込」とクイック入金」の2種類の方法があります。

ビットフライヤーへの入金方法
銀行振込 ・銀行ATM
・コンビニATM
クイック入金 ・インターネットバンキング
・Pay-easy(ペイジー)
・コンビニ決済(店頭)
・コンビニ決済(店頭設置端末)
「銀行振込」と「クイック入金」の違いは入金方法だけ?
いや、手数料や反映時間にも違いがあるぞ。

大まかに言えば、手数料をかけずに安く入金したいなら銀行振込、早く入金したいならクイック入金がオススメだ。

これだけでは「銀行振込」と「クイック入金」のどちらが自分にとって利用しやすいのか、まだわかりませんよね。

次の項目から「銀行振込」と「クイック入金」のメリット・デメリット、手数料や反映時間について、それぞれ詳しく紹介していきます。

安く入金したいなら「銀行振込」がオススメ

まずは銀行振込を利用した場合のメリットとデメリットを見てみましょう。

銀行振込のメリット・デメリット
メリット ・利用する口座によっては手数料無料
・住信SBIネット銀行の口座を持っていれば反映が早い
デメリット ・アカウントへの反映に時間がかかる

のちほど説明しますが、クイック入金は1件につき324円(税込)の手数料がかります。

銀行振込なら利用する口座によっては、振込手数料が無料です。余分な費用をかけず入金したいなら「銀行振込」がオススメなんですよ。

振込先の口座番号は人により異なります。自分のアカウントで公式HPもしくはアプリにログインして確認しましょう。

次の項目から「銀行振込」を利用した場合の手数料と反映時間、注意点について、それぞれ説明していきますね。

振込手数料0円で入金するなら住信SBIネット銀行がオススメ

ビットフライヤーへ入金する場合の振込先は、次の2行です。

ビットフライヤー入金時の振込先口座
  • 住信SBIネット銀行
  • 三井住友銀行

住信SBIネット銀行は、同じ銀行同士なら振込手数料0円で利用できます。

三井住友銀行は、次の場合に振込手数料が無料です。

三井住友銀行の振込手数料が無料になる条件
  • 振込先である東京第一支店のATMを利用して振り込む
  • 同支店の口座からSMBCダイレクトを利用して振り込む

住信SBIネット銀行に比べ、三井住友銀行の振込手数料が無料になる条件はかなり限られています。

振込先として指定されているのは住信SBIネット銀行・三井住友銀行ですが、それ以外の銀行口座からでも振込は可能です。

銀行によっては他行宛の振込手数料が無料になる場合もあります。そういった銀行口座を利用すれば、お得に入金することもできますよ。

ビットフライヤーへの振込入金の反映時間は銀行によって異なる

銀行振込は、基本的にクイック入金よりも反映に時間がかかってしまいます。

それぞれの銀行に振込した場合、入金が反映される曜日や日時は次のとおりです。

ビットフライヤーへの入金反映
振込先 入金反映
住信SBIネット銀行 ・原則として土日も反映される
・入金処理に時間がかかる場合あり(※1)
三井住友銀行 ・銀行の営業時間内は随時反映される
・15時以降の入金は翌営業日に反映される(※2)
※1:毎月5日・10日、週始め、祝日明け、月末など
※2:午前9時以降

基本的に待てば反映されますが、「振込先自体を間違えている」など、ビットフライヤーの処理以外が原因で入金が反映されない可能性もあります。

反映があまりにも遅いときは、ビットフライヤーに問い合わせてみましょう。

住信SBIネット銀行のお客様口座に入金する際の注意点

住信SBIネット銀行のお客様用口座に入金する際、振込人名義に「5桁の数字」を入力する必要があります。

振込人名義に必要な5桁の数字は、ビットフライヤー公式サイトの入出金ページにある「日本円ご入金」のタブから確認することが可能です。

5桁の数字を入力せずに振り込んでしまうと、処理が遅れ、反映に時間がかかってしまいます。

それだけでなく、入金処理がされない可能性も。

5桁の数字を入力し忘れた場合は、bitFlyerの入出金お問い合わせフォームに次の4つの内容を入力して早急に知らせてください。

  • アカウントID
  • 5桁の数字 振込名義
  • 振込日時
  • 振込金額

三井住友銀行宛の振込の場合は振込人名義だけでも問題なく振り込むことができますが、住信SBIネット銀行宛に振込を行なう場合は、数字の入力を忘れないようにしましょう。

早く入金したいなら「クイック入金」がオススメ

クイック入金を利用した場合のメリットとデメリットを見てみましょう。

クイック入金のメリット・デメリット
メリット ・アカウントへの反映が早い
デメリット ・1回につき324円(税込)の手数料がかかる
・資産の移転に7日間の制限がかかる※
※本人確認の書留郵便を受け取っていない場合は書類を受け取るまで制限がかかる

クイック入金は、「今入金してすぐ仮想通貨を買いたい!」という人にオススメです。

しかし「1回につき324円(税込)の手数料がかかる」など、入金が早いがゆえのデメリットもあります。

なかには、「クイック入金を利用した場合、資産には7日間の制限がかかる」ということを知らない人もいるのではないでしょうか。

売買取引には制限がかかりませんが、クイック入金額に相当する資産に関して次のサービスの制限がかかってしまうんです。

  • 日本円の出金
  • 仮想通貨の送付
  • ビットコインをつかう
  • bitWire
  • Pay

入金後、仮想通貨を購入してすぐにこれら5つの機能を使いたい人は、上の項目で紹介している「銀行振込」にする必要があります。

クイック入金はこれらのデメリットを踏まえて利用してくださいね。

クイック入金の方法と利用可能な銀行・コンビニ

ビットフライヤーのクイック入金は、「PC版Webサイト」を利用した場合と「スマホアプリ」を利用した場合で入金方法が若干異なります。

ここではPC版Webサイトでの入金方法について解説していきます。

ビットフライヤー公式Webサイトの入出金ページ内にある「クイック入金」を開くと、次の3つの入金方法が表示されています。

  • インターネットバンキングで入金する
  • 銀行ATMから入金する
  • コンビニから入金する

ビットフライヤーのクイック入金画面

インターネットバンキングを利用して直接入金できる銀行は、次のとおりです。

インターネットバンキングでの入金が利用できる銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • じぶん銀行
  • イオン銀行
上記以外の銀行でインターネットバンキングを利用したい場合は、「Pay-easy(ペイジー)」を介して入金することが可能。またATMを利用して入金したい場合も同様です。

次にクイック入金が可能なコンビニエンスストアを見てみましょう。

クイック入金を利用できるコンビニエンスストア
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • スリーエフ
  • セイコーマート

コンビニ決済は店頭で直接、もしくは店頭設置端末を利用して、入金を行います。

コンビニエンスストアを利用して入金を行なう場合のみ、「1回30万円まで」という上限があるので、30万円を超えて入金したい人は分割して行なうか、コンビニ決済以外の入金方法を利用しましょう。

クイック入金は入金額を入力して、入金方法を選択すれば、あとは表示される手順通りに入金を行なうだけなので簡単です。

クイック入金を利用した場合、ビットフライヤーで承認作業行われ、基本的に数分でアカウントの日本円残高へ反映されます。

しばらくしても反映されない場合は、bitFlyerに問い合わせてくださいね。

クレジットカードでの入金はできないんですか?
クレジットカードを利用する場合、入金はできないが、仮想通貨を直接購入することは可能だ。

ただし、クレジットカードで購入した仮想通貨も1週間、売却・送金などができないということを念頭に置いておけよ!

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金手数料と反映時間

仮想通貨を買うためにビットフライヤーへ日本円を入金しますが、反対に、仮想通貨を売ったあと日本円をビットフライヤーから出金することも可能です。

ビットフライヤー上で出金の手続きを行なうと、自分の銀行口座に反映され、日本円を引き出すことができます。

次の項目から、ビットフライヤーから日本円を出金する場合の手数料や反映時間、出金の流れについて、それぞれ解説していきますね。

ビットフライヤーから日本円を出金する時の手数料

ビットフライヤーから日本円を出金するには、銀行口座の登録を済ませておく必要があります。

日本円の出金手数料は、出金先の銀行と出金額によって異なりますので、まずは手数料から見てみましょう。

ビットフライヤーの出金手数料
出金先の銀行 手数料
(出金額3万円未満)
手数料
(出金額3万円以上)
三井住友銀行 216円 432円
三井住友銀行以外 540円 756円
※すべて税込価格

このように出金先によって、300円以上も出金手数料が高くなってしまいます。

もし三井住友銀行の口座を持っているなら、入金方法に関わらず、三井住友銀行の口座を出金先として登録するのがオススメです。

ビットフライヤーから日本円を出金する時の反映時間

次に出金時の反映時間を見てみましょう。

銀行口座への反映は、出金の手続きを完了させた時間によって異なります。反映時間の違いは次のとおりです。

ビットフライヤーの出金反映時間
・銀行営業日の午前11時30分まで 原則として当日中
・銀行営業日の午前11時30分以降
・銀行休業日
翌銀行営業日
※毎月5日・10日、週始め、祝日明け、月末など、入金処理に時間がかかる場合もある

なるべく早く出金したい場合は、銀行営業日の午前11時30分までに出金手続きを済ませましょう。

ビットフライヤーから日本円を出金するときの流れ

ビットフライヤーのPC版Webサイトで入出金ページ内にある「日本円ご出金」を開くと、「日本円残高」と「お客様口座情報」、「ご出金額」入力画面が表示されます。

まず出金先の銀行口座を選択しましょう。

さきほども言ったとおり、出金前に銀行口座を登録しておく必要がありますが、それとは別の口座を追加登録することも可能です。

出金先の口座を追加したい場合は、「銀行口座情報を追加する」から口座情報を登録してくださいね。

出金先の銀行口座を選択したら、出金額を入力します。

ビットフライヤーで出金額を入力する

入力した金額に間違いがないかを確認して、「日本円を出金する」を選択したら出金手続きは完了。

出金の流れは、スマホアプリでも同様です。

bitFlyer(ビットフライヤー)に早く入金するならクイック入金!

この記事ではビットフライヤーへの入金方法と、日本円の出金方法について紹介しました。

ビットフライヤーに入金する場合、早く入金するなら「クイック入金」、安く入金するなら手数料無料になる銀行を利用した「銀行振込」がオススメです。

銀行振込は住信SBIネット銀行を利用すれば、振込手数料が無料。クイック入金には劣りますが反映もスムーズなので、安さと早さのバランスを重視した入金が可能です。

しかし出金先の口座は、三井住友銀行がオススメ。

なぜなら三井住友銀行とそれ以外の銀行で、出金手数料が300円以上も違ってくるから。

銀行口座は出金画面で追加登録もできるので、三井住友銀行の口座を持っているならぜひ利用してくださいね。

仮想通貨の送金を解説!手数料や送金方法、送金ミスを防ぐ方法とは

仮想通貨のメリットは「送金するときの手数料が安いこと」ですよね!
一概にそうとは言えないぞ!以前よりも仮想通貨ユーザーが増えたことで、送金手数料を上乗せしないといけなくなったんだ!

たとえば代表的な仮想通貨である「ビットコイン」の手数料も、以前に比べて値上がりしています。承認作業を行なうマイナーたちが、手数料の大きな案件から作業するのがその理由。

送金手数料をケチるといつまでたってもマイニングがされず、アドレスに反映されないトラブルも発生するかもしれません。

この記事では仮想通貨の送金について、取引所ごとの手数料、かかる時間、方法、ミスを防ぐための対処法を解説します。

仮想通貨(ビットコイン・アルトコイン)の送金手数料を一覧で比較!

仮想通貨の送金手数料は、取引所ごとに異なります。

送金手数料は送金を「する側」にかかる手数料なので、できることなら送金手数料が安い取引所から送金したいですよね。

ここでは仮想通貨の送金手数料を、ビットコインとそのほかのアルトコインに分けて比較します。

ビットコインの送金手数料一覧!手数料がもっとも安い取引所はGMO

仮想通貨の大手取引所である、ビットフライヤー、コインチェック、Zaif、GMOコインの4社でビットコインの送金手数料は次のとおり。

ビットコイン送金手数料4社の一覧

取引所名 送金手数料
ビットフライヤー 0.0004BTC
Zaif 0.0001BTC以上
(0.0010BTC以上推奨)
コインチェック 0.001BTC
GMOコイン 無料

注意事項として、コインチェックからの送金はネム流出事件以来できない状態です。

しかし再び送金可能な状態になれば、コインチェックからほかの取引所のウォレットに送金したい人もいることでしょう。そのためコインチェックの送金手数料も掲載しています。

4つの代表的な取引所を比較すると、もっとも送金手数料が安いのは「GMOコイン」です。

ただし上表の手数料は、いずれも基本となる送金手数料。送金の反映を早めるためには、手数料の上乗せが必要です。

ブロックチェーン上に取引記録を載せる際、マイナーによるマイニング(承認作業)が行われます。

マイナーは報酬が大きい取引ほど早く作業してくれます。マイニングを迅速に行ってもらうために、マイナーへの報酬(送金手数料)を上乗せすることがオススメなんです。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の送金手数料一覧

次は、ビットフライヤー、コインチェック、Zaif、GMOコインの4社でアルトコインの送金手数料を比較し、一覧表にしました。

アルトコイン送金手数料一覧
取引所名 送金手数料
ビットフライヤー ETH:0.005ETH
ETC:0.005ETC
LTC:0.001LTC
BCH:0.0002BCH
MONA:無料
LSK:0.1LSK
Zaif XEM:2XEM
MONA:0.001MONA
BCH:0.001BCH
ETH:0.01ETH
コインチェック XEM:0.5XEM
BCH:0.001 BCH
ETH:0.01ETH
ETC:0.01 ETC
LSK:0.1 LSK
FCT:0.1 FCT
XMR:0.05 XMR
REP:0.01 REP
XRP:0.15 XRP
ZEC:0.001 ZEC
LTC:0.001 LTC
DASH:0.003 DASH
GMOコイン 無料

アルトコインの送金手数料を比較すると、安いのはGMOコインです。

Zaifとコインチェックは、アルトコインごとに送金手数料が異なります。

またアルトコインの場合も、早く着金したければ、マイナーに支払う手数料は別途必要になることを覚えておいてくださいね。

ビットコインもアルトコインも送金手数料で比較すると、GMOコインが一番安いわね!
そうだな。取引所を選ぶ基準は手数料だけではないが、送金する機会が多い人はGMOコインがオトクだ!

仮想通貨の送金には時間がかかる?反映までのスピードが遅い理由

トランザクション(取引の処理)の混雑状況やコインの種類にもよりますが、仮想通貨の送金には時間がかかることがあります。

時間がかかるってどれくらい?
速ければ数分、遅ければ数日かかるぞ!
ずいぶん差があるんですね。仮想通貨によって速度に違いはあるんですか?
あるぞ!イーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュは送金速度が比較的速いといわれている。だが混雑状況によっては、遅くなってしまうときもあるぞ。

送金が完了するまで何日もかかってしまうと、無事に着金するかどうか心配になってしまいますね。

はじめ仮想通貨は「安く・速く・確実に」送金できる新しい手段としてデビューしました。

しかし仮想通貨ユーザーの増加によって、送金にかかる時間が長くなってしまったのです。

たとえばビットコインの場合、一つひとつの取引が記録されているブロックをマイニングによってチェーンで繋げていくことで、取引の正しさを証明しています。

ビットコインを利用する人が激増したにもかかわらず、ひとつのブロックに入る取引履歴の容量も決まっており、マイニング速度もこれまで以上に速くなるわけでもありません。

そのため処理しきれない取引が積み上がり、「送金詰まり」を起こしてしまうのです。

この送金詰まりが、仮想通貨のスケーラビリティ※問題といわれているもの。

スケーラビリティとは

データ量や利用規模に応じて、柔軟に処理できる程度のこと。スケーラビリティが高いほど、処理スピードが速い。

そのようなスケーラビリティ問題を解消するために生まれたのが、仮想通貨「ビットコインキャッシュ」です。

ビットコインからハードフォーク(分裂)によって誕生したビットコインキャッシュについては、こちらで詳しく解説しています。

 

ビットフライヤーで仮想通貨を送金・受け取る方法

次に仮想通貨の送金・受領(預入れ)に関するさまざまな方法を、ビットフライヤーの口座を例にとって解説します。

ここで説明する方法は、次の3つです。

  1. ビットコインを送金(出金)する方法
  2. ビットコインを受け取る(入金)する方法
  3. イーサリアムなど仮想通貨を送着金する方法

この3つの方法について解説します。

ビットフライヤーの口座からビットコインを送金(送付)する方法

ビットフライヤーの口座から送金する方法はカンタン。送金の手順は、次のとおりです。

1出金したいコインを選ぶ

まずビットフライヤーにログインし、サイドバーの「入出金」を選択します。

ビットフライヤーの入出金

次に自分が送金したい仮想通貨をクリックしてください。

今回はビットコインで図説しますが、ほかのアルトコインでも要領は同じです。

ビットフライヤーで送金したい仮想通貨を選ぶ

2ラベルとアドレス(送付先)を入力する

ビットフライヤーのアカウントでビットコインアドレスを選択する

「ラベル」と「ビットコインアドレス」を入力し、「追加する」を押します。

ラベルは覚書なので、自分がわかりやすい名前を入力してください。(今回は筆者のZaifのビットコインアドレスを指定しているため、「Zaif」と入力しています。)

そしてビットコインアドレスの欄には、送付先アドレスを入力してください。

このアドレスが間違えていると、送金したいアドレスには届きません。万が一誤ったアドレスに送金してしまった場合、ほぼ100%お金が戻ることはありませんので、くれぐれも慎重に行なってください。
3送付数量と優先度を入力する

ビットフライヤーの送金方法。送りたいビットコインの数量を入力する

まず、いくら送金したいか「送付数量」を入力。

「日本円参考総額」は数量を入力すると同時に自動で計算される仕組みになっているため、入力は不要です。

次に「優先度」に応じて、手数料を上乗せしましょう。

「普通」「やや高い」「高い」「最高」からプルダウンメニューで選べるようになっていますが、速く送金したい人は「やや高い」以上に設定することがオススメです。

4暗証番号を入力し「送付」をクリック

送金には4ケタの暗証番号の設定が必要です。同じ画面上に「暗証番号を設定する」という表示がありますので、設定はそこから行なってください。

最後に4ケタの暗証番号を入力し、「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリックすれば完了です。

もし「送付」ボタンを押しちゃった後に、やっぱりキャンセルしたくなったとき、止めることってできるの?
ううむ、場合によってはできるときもあるぞ。まだ承認されていない状態にあたる、「お手続き中の送付申請」欄に表示されているときならキャンセル可能だ。
そうなのね!安心したわ。
間違えたことに気付いたら、できるだけ早く「キャンセル」リンクから手続きするんだ。

ビットフライヤーの口座にビットコインを受け取る(預入)方法

次は、ビットフライヤーの口座に仮想通貨を「受け取る」手順を解説します。

1受領したいコインを選ぶ

まずビットフライヤーにログインし、先ほどと同じようにサイドバーの「入出金」を選択しましょう。

次に自分が受け取りたい仮想通貨をクリックしてください。(今回筆者は、ビットコインを選びました。)

預入れる仮想通貨を選択する

2アドレスをコピーするかQRコードを読み取る

預け入れるコインを選択すると、画面中央あたりにアドレスとQRコード(二次元バーコード)が出てきます。

預入れ先のビットコインアドレスを表示する

ビットコインを送って欲しい相手にこのアドレスを知らせ、このアドレス宛にコインを送付してもらいましょう。

QRコードならスマホアプリから読み取るだけなので、よりカンタンですよ。

あなたのブログやウェブサイト上にこのQRコードを貼り付けておけば、ファンや読者から気軽な投げ銭を受け取ることもできます。

ぜひこの便利な機能を、さまざまな場面で活用してみてはいかがでしょうか。

イーサリアムなどBTC以外のアルトコインの出金・入金方法も同じ!

この記事ではビットコインで送金や受け取りの方法を解説しましたが、イーサリアムやライトコイン、リップルなどのアルトコインであっても方法や手順に違いはありません。

ビットフライヤーの「入出金」のページから、送金または受け取りたいアルトコインを選ぶだけ。

ただし「ビットコインをビットコインキャッシュのアドレスに送る」など、種類の異なる仮想通貨のアドレスには送受金できないので注意してくださいね。

仮想通貨の送金ミス?反映されないときの対処法と予防策

「仮想通貨を送金したものの、相手先のアドレスになかなか着金しない」というトラブルが多く起きています。

仮想通貨が着金しないときに考えられる原因は、基本的に次の2つ。

仮想通貨が着金しないおもな原因
  • 送付先アドレスを間違えた
  • 送金詰まりが起きている

これらの原因について、対処法を解説します。

送付先アドレスを間違えた!送付時に確認を怠らない

送付先アドレスを間違えていた場合、正常に着金するわけがありません。

もし着金が遅れているという人は、まず送った先のアドレスが間違えていなかったか確認してみましょう。

万が一アドレスを間違えて送金していたとしたら、相手が好意で送り返してくれない限り送った仮想通貨はまず戻ってきません。

このようなケアレスミスをなくすためには、どうしたらいいでしょうか。

アドレス間違いをなくすための対処法
  • 手入力を避け、正確にコピー&ペーストする
  • まず少額から試し、正常に送れたら本送金する
  • わかりやすいラベルをつける

アドレスの手入力は、入力ミスのリスクを高めるので避けましょう。また「アドレスを正確にコピー&ペーストする」のは、基本中の基本。

また大金を送る場合はまず少額から試し、全額送金するのはその着金を確認してからにした方が確実です。

またビットフライヤーは、送金アドレスに「ラベル」をつける機能があります。

送金先アドレスを間違えない方法

※上のアドレスに誤って送金しないようにしてください。

アドレスだけではわかりにくくても、自分で識別しやすいラベルを付けておけば、間違えにくくなりますよ。

送金詰まりの対処法!送金の追跡・連絡も有効

送金が遅い場合は、先ほど説明したとおり取引が処理されない「送金詰まり」が起きている可能性があります。

送付先アドレスを間違えているわけでなければ、送金が遅延する原因は、ほぼ「取引が大量すぎて処理しきれないから」だといえるでしょう。

数時間ならまだしも、2日も3日も届かないとさすがに「仮想通貨が消えちゃったかも!」と不安になりますよね。

送金が著しく遅延している場合の対処法は、次のとおりです。

送金の遅延に対する対処法
  • 取引を追跡してみる
  • 取引所に連絡する
  • 待つ

まずは送金した仮想通貨が現在どういう状態なのか確認してみましょう。

ビットフライヤーには「ビットコインの送金を追跡するchainFlyer」機能があります。

chainFlyer(チェーンフライヤー)

chainFlyerにアドレスを入力し検索すると、現在取引がどういう状態なのか知ることができます。

送付の状態が「未承認」だった場合は、単に送金詰まりが原因なのでもうしばらく待ちましょう。

しかし数日待ってもまだ送金が完了しない場合はさすがに遅すぎるので、経由した取引所に連絡してみてくださいね。

基本的に「待つ」しか方法はないんですね。
ま、そうだな。特別なトラブルがない限り仮想通貨がどこかで消えてしまうということは、ほぼありえない。遅延が怖いなら手数料をケチらず上乗せすることだ。

また「処理速度が速い仮想通貨(ライトコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュなど)」に換えて送金する、という手段も有効です。

仮想通貨の送金は慎重に!アドレス確認をすることが鉄則

この記事では、仮想通貨の送金について解説しました。

仮想通貨が有名になり取引する人が増えたため、送金の手数料をやや多めに設定しないと、反映するまでに時間がかかるようになったのです。

少しでも早く着金するためには、やはり「手数料を多めに設定すること」が唯一確実な方法だといえます。

しかし口座に着金したことが確認できないにもかかわらず、chainFlyerで「承認」されていたらアドレス間違いの可能性が高いです。

そういった場合は、誰か知らない人の口座に入金されたということ。十中八九、お金は戻りません。アドレス間違いが起きないよう、くれぐれも注意してくださいね。

ビットフライヤーの評判を紹介!口座開設する前に知りたいメリット

仮想通貨を売買した経験がないという人でも、テレビCMなどでビットフライヤー(bitFlyer)の名前を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

でもさ~テレビCMでよく見るっていっても本当のところはどうなのか、よくわからないわよね!
そのとおりだ!テレビCMだけではビットフライヤーの全てを知ることはできない!

まずはビットフライヤーがどんな取引所なのかよく知らないままでは、自分の資産を安心して預けることはできませんね。

この記事ではビットコインなど仮想通貨の売買をする仮想通貨取引所(販売所)「ビットフライヤー」の特徴を解説し、評判を紹介します。

ビットコインとは!人気の仮想通貨についてわかりやすく解説
ビットコインとは!人気の仮想通貨についてわかりやすく解説

ビットフライヤーの評判と口コミはどうなの?多くのメリットで安心

ビットフライヤーはユーザー数日本一を誇り、仮想通貨取引所(販売所)のなかでも最大手。

仮想通貨交換業者としても、いち早く金融庁への登録を完了させています。

つまりコンプライアンス(法令遵守)やシステム、利用者保護など、さまざまな方面から政府のお墨付きをもらっているということ。安心して取引できる取引所なんですよ。

そのほかにも、ビットフライヤーには利用者に嬉しいサービスがたくさんあります。

ビットフライヤーを利用するメリットは、次の7つです。

ビットフライヤーの7つのメリット
  • セキュリティ・ファースト主義
  • 「もしも」のときの資産保護
  • 多数の大手株主がいるため安心
  • 提携店が多く、ビットコイン決済に有利
  • 初心者でもツールが扱いやすく取引がカンタン
  • bitFlyer Ligheningでプロ顔負けのトレードも可能
  • 取り扱い仮想通貨の種類も増加中

このようにビットフライヤーはメリットがたくさん揃っており、ユーザーの評判が非常にいいんですよ。

どんなメリットなのか、詳しく見てみましょう。

「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義で安心・安全

ビットフライヤーは、セキュリティ対策において信頼できる取引所として定評があります

実は最新のテクノロジー技術である「マルチシグ※」の導入を、いち早く開始したのもビットフライヤーが最初なんです。

マルチシグとは

仮想通貨送付時のセキュリティレベルを上げるため、単体ではなく、いくつかの署名(パスワード)を組み合わせたアドレスが使用されることです。

またそれだけでなく、個人情報の流出を防ぐため、大手金融機関よりも強度の高い暗号化技術を採用しています。

コインチェックが不正アクセスで仮想通貨を流出させたっていう事件あったよね?仮想通貨ってそういうのがあるから信用できないわ!
仮想通貨ネム(XEM)が500億円以上も盗まれた事件だな。だがビットフライヤーはそういったことが起こらない対策を取っているぞ!

コインチェックでおきたコインの流出事件は、不正アクセスの危険のある「ホットウォレット」で保管していたことに大きな原因があります。

しかしビットフライヤーは80%以上の仮想通貨が、インターネットから隔離された「コールドウォレット」で管理。

24時間監視システムで強固に守られているため安心なんですよ。

さらにビットフライヤーは、自社でプログラム開発を行っています。

一般的に利用されているソースコード(ビットコインデーモンと呼ばれています)なら、攻撃されると弱いポイントなどもすでに広く知られていますよね。

しかしビットフライヤーは自社開発のビットコインデーモンを併用し、相互チェックを行なっているため、非常に複雑なセキュリティ構造になっていると言えるのです。

ビットフライヤーは「もしも」のときの資産保護対策がある

ビットフライヤーはセキュリティ対策が万全なうえ、万が一、不正送金の被害にあったときなどの補償もあり安心なんです。

「もしも」ビットフライヤーにサイバー攻撃され、ビットコインが盗難にあった場合は、サイバー保険で補償を受けることができます。

また「もしも」ユーザーがアカウントを乗っ取られ、不正に日本円を出金されたとしても、二段階認証さえしていれば、補償を受けることができるんですよ。

これはビットフライヤーが国内の大手損害保険会社と契約し、顧客資産の安全を担保しているから。

せっかく仮想通貨で資産を増やしても、不正アクセスで資産を盗まれては元も子もないですよね。ビットフライヤーの最高レベルのセキュリティと、安心の補償制度を利用しない手はありません!

ビットフライヤーは資本金NO.1!大手企業が多数出資

ビットフライヤーは仮想通貨取引所のなかでも、大手株主が多数ついていることで有名なんです。

SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルの3大メガバンクのほか、SBIインベストメントやGMOベンチャーパートナーズなどの金融のスペシャリスト、電通やリクルートなどの日本を代表する大手企業まで。

ビットフライヤーの株主一覧

このように多種多様な株主のサポートを受けているので、資本金は日本の仮想通貨取引所の中でナンバーワンです。

潤沢な資本金があるおかげで、最重要課題であるセキュリティ対策に十分に資金を割くことができるという背景があります。

もちろん株主が多く、資本金がたくさんあるからといって「スゴイ会社」というわけではありません。

しかし潤沢な資本金は、ビットフライヤーの安心と安全の裏付けだと言えるでしょう。

ビットフライヤーはビットコイン決済がラク!提携店多数

ビットコインの使い道は、価格変動を利用した資産運用だけではありません。

ビットコインは街で実際に使うことができる、いわゆるひとつの通貨として、普及が進んでいます。

通販サイトだけでなく、大手家電量販店のビックカメラやYAMADA電機、海外・国内旅行のHIS、など、実店舗でもビットコイン決済ができる店が増えてきました。

ビットフライヤーは提携先が豊富なため、ビットコイン決済が非常にスムーズにできるんですよ。

ビットフライヤー(bitFlyer)は初心者でも売買がカンタン

ビットフライヤーの取引ツールは、初心者でも簡単に使うことができます。

下の写真をご覧ください。

ビットフライヤーの仮想通貨の簡単な売買の方法

これは販売所でビットコインを売買するときに使う画面。

2つの値段があるのは、1ビットコインの「購入価格」と「売却価格」が違うからです。

ビットコインを買いたい人はIBTCの値段が912,899円で買うことができ、売りたい人は1BTCの値段が886,172円で売れるということ。

自分の欲しいビットコインの数量が0.1BTCだとすると、購入金額に0.1をかければ購入に必要な日本円の金額がわかるんですよ。

ビットフライヤーに日本円(投資資金)を入金したら、希望するビットコインの数量を入力し、「コインを買う」をクリックするだけ。

この基本的な操作はビットコインだけでなく、ほかの仮想通貨を購入するときも変わりません。特別な知識も必要なく、とても手軽ですよね。

ビットフライヤーはスマホアプリもあり、スマホアプリからも同様の手順で仮想通貨を簡単に売買することができるんですよ。

bitFlyer Ligheningでプロ顔負けのトレードも可能

ビットフライヤーには、bitFlyer Lighening(ビットフライヤーライトニング)という取引ツールがあります。

ビットフライヤーライトニングとは

ログイン後、ビットフライヤーのページからbitFlyer Ligheningに移行することができます。

ビットフライヤーライトニングで取引の幅が広がる

bitFlyer Ligheningではテクニカル指標を見ながら、ビットコインの現物取引やFX、先物取引、イーサリアムの現物取引ができます。

ビットコインの取引に慣れてきたら、bitFlyer Ligheningのチャート分析機能や特殊注文を駆使し、プロ顔負けの本格的なトレードを楽しんでみてはいかがでしょうか。

bitFlyer Ligheningの詳しい使い方の解説は、次の記事をお読みください。

 

ビットフライヤーは取り扱い仮想通貨の種類も増加中

ビットフライヤーの取り扱い仮想通貨は、次のとおりです。

ビットフライヤーの取り扱い仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LISK)

ビットフライヤーは初め、ビットコインとイーサリアムしか取り扱いがなく、「種類が少ない」と不評でした。

しかし次第に取り扱う仮想通貨が増え、現在ではこれだけ多くの仮想通貨を売買することができるんですよ。

さらに仮想通貨リスク(LISK)の上場が決定し、2018年1月より取引できるようになりました。

え?でもリスクって大丈夫なんですか?仮想通貨の名前がリスク(危険)なんて、なんか不安です。
ビットフライヤーは金融庁の登録が完了している仮想通貨交換業者だから、詐欺まがいの仮想通貨は上場できない!安心しろ!

仮想通貨リスクは、ビットフライヤーに上場が決定するやいなや価格が急騰しました。

ビットフライヤーにリスク(LISK)が上場

ユーザー登録数日本一のビットフライヤーに上場が決定したため、今後の流動性の増加を見込んだユーザーの買いが殺到したことが原因です。

また金融庁に登録済みのビットフライヤーがリスクの上場を決定したことで、リスクの信頼性が担保され、買いが集中したとも考えられます。

いずれにしてもビットフライヤーの影響力は生半可ではありませんね。

ビットフライヤーの口コミを紹介!良い評判が大半を占める

当サイトはビットフライヤーの利用者男女90名にインターネット上で、ビットフライヤーを実際に使ってみた感想について、独自にアンケート調査を行ないました。

その結果、下のような好意的な口コミが多数寄せられました!

・ビットフライヤーはとても便利で使いやすい。セキュリティーがしっかりしているのはもちろんのこと、仮想通貨の売買もしやすさも魅力の一つです。(30代/女性)

・ビットフライヤーを選んだ理由は、サービスの充実度でした。値段の確認のしやすさと安心して利用できる所が良いと思います。(20代/男性)

・ビットフライヤーは国内最大手の取引所であり、日本円の盗難補償もあることから初心者でも安心して使える取引所だと思います。(20代/女性)

ビットコインとは!人気の仮想通貨についてわかりやすく解説
ビットコインとは!人気の仮想通貨についてわかりやすく解説
スゴいわ!良い口コミばっかりね!
玉石混交の仮想通貨取引所のなかでも、ビットフライヤーは優秀だ。しかし一部悪い評判もあったぞ!

高い・難しい・繋がらない?ビットフライヤーの悪い評判とは

ビットフライヤーは評判が良いですが、なかには悪い評判もあります。

ビットフライヤーの悪い評判とは、次のとおりです。

ビットフライヤーの悪い評判
  • 手数料が高い
  • 操作方法が難しくてよくわからない
  • いざというときに使えない

ここではビットフライヤーの悪い評判について、詳しく解説します。

ビットフライヤーは手数料が高い?手数料を抑える方法とは

「ビットフライヤーは手数料が高くつく」という口コミがよく見られます。

その理由は、仮想通貨を売買するときのスプレッド(売値と買値の価格差)が広いことです。

スプレッドは一般的に「売買手数料」ではありませんが、スプレッドは取引所の収入になりますので、実質は手数料と同じだと考えられています。

仮想通貨を頻繁に売買して利益を得たい人には、スプレッドの存在は絶対に無視できません。

ビットフライヤーのスプレッド

これは、あるときのビットコインの価格です。

購入価格と売却価格の差はけっこう大きいですよね。

ビットフライヤーの販売所で仮想通貨を取引すると、(価格変動が激しい局面ではとくに)スプレッドが広くなる傾向に。

ビットフライヤーを実際に使って見た人の口コミにも、手数料(スプレッド)についての記述がたくさんあります。

・ビットフライヤーには取引所と販売所があり、同じコインでも取引所と販売所でそれぞれ価格が違います。販売所では売りと買いの価格がかなり乖離しているため注意が必要だと感じました。(30代/男性)

・ビットフライヤーは通貨のBUY、ASKの開きが大きいので短期取引には全然向いてない気がするけどみんなどうしているのかな?(30代/男性)

しかし狭いスプレッドでお得に取引する方法もあるんですよ。

それは「ビットコイン取引所」か「bitFlyer Lightning」で取引すること。

ビットコインの手数料を安くするには?

取引所は手数料が安く済みます。ビットフライヤーが仲介することなく、仮想通貨をトレードしたい人が直接売買できる場所だからです。

ただ「ビットコイン取引所」や「bitFlyer Lightning」で売買できるコインは、ビットコインかイーサリアムのみ。

ほかのアルトコインを売買したい人は、スプレッドの幅が広い「販売所」を利用せざるをえないのが現状です。

そのほか入金手数料や出金手数料、送金手数料など、ビットフライヤーの各種手数料についてのすべてと、手数料節約の裏技を知りたい方は、次の記事をお読みください。

 

ビットフライヤーの操作方法が難しくてよくわからない

これは仮想通貨のトレードをやったことがない人が感じることのようです。

たしかに刻々と変わる数字や、価格を表すチャートなど、トレードをしたことがない人が見れば意味がわからないというのも頷けます。

しかしビットフライヤーのツールはシンプルで使いやすいため、実際にトレードしてみるとそれほど難しさは感じないんですよ。

・仮想通貨というと最初は難しいものかと思いましたが、取引を実際に行ってみると思ったよりスムーズ。とにかく初めての方は「やってみる」のがいいのではないでしょうか。(40代/男性)

・bitFlyerが一番わかりやすく、初心者の自分としては入りやすい取引所だと感じました。実際使い始めても、ワンクリックで売り買いができますし、難しい英語などもなく、ボタンを押すだけなのでとても簡単に取引できています。(30代/女性)

このようにまずは取引を「始めてみる」のがいいのではないでしょうか。

ビットコインのもっともシンプルな購入方法については、次の記事でわかりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ビットフライヤーは使えない・繋がらない?サーバーダウンでピンチに

ビットフライヤーの口コミで多いのが、短時間に注文が集中するとサーバーがダウンし、注文できなくなるというものです。

・とにかく障害が多く、さらに復旧するまでに時間がかかります。カスタマーサポートも対応が追いつかないため、結局は復旧するまでじっと待つしかないです。(20代/男性)

・システムのメンテナンスが突然発生したりするので使いたい時に使えないことも多く、あまり使い勝手は良くないかと思います。(30代/女性)

え~!これは困るわ!暴落しているときには早く売りたいのに注文ができないなんて。
確かにそうだな。しかしこれはビットフライヤーに限ったことではない。株やFXのツールでも相場の急変時には、ままあることだぞ。

一方で、このような口コミもありました。

・スマホ用のアプリがスムーズですし、暴騰、暴落の時にもサーバが落ちたり止まったりする事がないのが安心出来て良いです。(40代/男性)

・ほかの取引所のチャットサイトなどを見ていると、「サーバーがダウンした」というコメントをよく見かけます。しかしビットフライヤーはあまりそういったことが起こっていません。(30代/女性)

このように「ビットフライヤーはサーバーダウンしにくい」と感じている人も多く、その人により感じ方は違うようですね。

サーキットブレーカーが発動すると強制的に売買が中断!

また「サーバーが落ちる」のとは別の話ですが、売買不能になる別のケースもあります。

それはサーキットブレーカー※が発動したとき。

サーキットブレーカーとは

相場価格が急変すると、売りが売りを呼ぶように相場が過熱し、下落が止まらなくなることがあります。それ以上の急落を食い止めるために、一定の範囲に値幅制限をかける仕組みのことです。

つまり値幅制限を超えるほどの下落相場になると、強制的にトレードをストップし約定できなくなるということ。

ビットフライヤーのサーキットブレーカーには、次のような決まりがあります。

ビットフライヤーのサーキットブレーカーの概要
発動条件 制限値幅を超えることが見込まれる発注があった場合
適用サービス 「販売所」以外のサービス
基準価格 10分前の約定価格
制限値幅 基準価格の上下20%
中断時間 約5分間
再開方法 中断時間経過後、板寄せ方式※で再開。板寄せ方式で決められた一本値が制限値幅の範囲外ならさらに中断を継続
板寄せ方式とは

株価の決まり方のひとつ。注文が交錯している状態では約定できないため、その時点で入っているの注文を「板」に並べ、まず成行注文から約定し、そのあと指値注文のバランスをみてそれぞれの注文を約定させます。

サーキットブレーカーは販売所以外で適応されるって、どういうことですか?
つまり、取引所やbItFlyer Lightningではサーキットブレーカーの可能性が「あり」、販売所は「ない」ってことだ。
へー、販売所ってスプレッドが広くて不利かと思ったけど、突然売買ができなくなることがないのはメリットですね。
そうだ。イザというときは販売所を利用することだな。

ビットフライヤーのサーキットブレーカーが発動したときは、慌てず騒がず待つしかありません。

どのみちサーキットブレーカーがあるおかげで20%以上の下落は食い止められるので、まずは落ち着いて行動しましょう。

ビットフライヤーの評判はなかなか良い!選ばれるには理由があった

この記事ではビットフライヤーの評判について紹介してきました。

ビットフライヤーの評判は「手数料が高い(スプレッドの幅が広い)」という悪い評判もありましたが、「使いやすい」「安心できる」「安定性がある」といった良い評判の方が多い印象です。

「ビットフライヤーの口座開設は思っていたより簡単でスムーズだった」「迷っていたけど、やってみたら簡単だった」という仮想通貨ビギナーの声も多かったです。

今あなたが仮想通貨の取引所をどこにしようか迷っているなら、誰でも安心・簡単に取引できるビットフライヤーで口座開設をしておくことをオススメします。 

Zaifの評判は?ザイフに口座開設した方がいい7つの理由!

「手数料で選ぶならZaif」と言われるほど、Zaifは取引手数料が安いことが大きなメリットです。

日本円とビットコインのトレードでは、マイナス手数料でユーザーに手数料を還元しています。

マイナス手数料って、な~に?
取引をすればするほど、逆に利用者が手数料を「もらえる」という画期的な手数料サービスだ!
え~!?

しかし仮想通貨取引所(販売所)Zaifの人気の秘密は、手数料だけではありません。

この記事ではオリジナリティ溢れるサービスや活動で注目をあつめ、常に時代の最先端にいる仮想通貨取引所Zaifの特徴と概要、気になる評判など、Zaifのすべてを解説します。

Zaifとは?テックビューロが運営する仮想通貨取引所!

Zaifは、テックビューロという会社が運営する仮想通貨取引所です。Zaif(テックビューロ)の会社概要は、次のとおり。

Zaif(テックビューロ)の会社概要
社名 テックビューロ株式会社
Tech Bureau, Corp.
設立 2014年6月16日
資本金 8億3,013万円(資本準備金含)
所在地 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
役員 代表取締役:朝山貴生
株主構成 朝山貴生
朝山道央
日本テクノロジーベンチャーパートナーズCC投資事業組合

テックビューロは、2017年9月には近畿財務局(金融庁)により、仮想通貨交換業者として正式に登録されました。

金融庁に登録されると、何がどういいんですか?
登録業者は、より高いレベルでユーザーを保護する義務が課せられるぞ!

これまでビットコインなど仮想通貨は、「貨幣」なのか「モノ」なのかもはっきりとせず、取引所への法整備もごてごてになっていました。

しかしようやく2017年の改正資金決済法で、仮想通貨交換業者(いわゆる仮想通貨取引所)への法律が新しく付け加えられたのです。

改正資金決済法で定められた仮想通貨交換業者の義務とは、次のとおりです。

仮想通貨交換業者の義務 概要
利用者への適切な情報提供 取り扱う仮想通貨の種類や仕組みの説明、手数料の説明をすること
利用者財産の分別管理 利用者から預かった財産を区別して管理すること
取引時確認の実施 マネーロンダリング防止のため、利用者の公的証明書の確認をすること
まだ認可が下りていない取引所もあるなかで、テックビューロはいち早く登録を済ませました。公的機関から認可が下りたことで、Zaifはだれもが安心してトレードできる取引所だと認められたということなんですよ。

Zaifのメリット!Zaifに口座開設した方がいい7つの理由

仮想通貨のトレードをしたい人は、Zaifの口座開設するのがおすすめ。

なぜならZaifは、ほかの取引所にはない取り組みやサービスを積極的に導入しているからです。

Zaifで口座開設するメリットは、次のとおり。

Zaifで口座開設するメリット
  • 取引手数料が安い
  • 簡単売買は初心者でもトレードがカンタン
  • Zaifにしかないトークンが買える
  • 信用取引は最大7.7倍までOK
  • AirFXはレバレッジ最大25倍で追証ナシ
  • コイン積立で積立投資が可能
  • Zaifはセキュリティも安心

ここではZaifで口座開設するメリットは何かを解説します。

Zaifは取引手数料が安い!手数料で選ぶならZaifに決まり

先ほども説明したとおり、Zaifはビットコインと日本円のトレード(現物取引)の場合、取引手数料が「マイナス」なんです。

つまり取引すればするほど、手数料の分だけプラスになるということ。

Zaifはビットコインと日本円の通貨ペアだけでなく、ほかのアルトコインと日本円・BTCとのトレードも0~0.1%という割安な手数料で取引できるんですよ。

Zaifの取引手数料については、「Zaif(ザイフ)のマイナス手数料とおすすめ入金方法を解説!」で詳しく解説しています。

何度も取引を繰り返して利益を得たいという人にとって、取引手数料の存在は無視できません。取引所を手数料で選ぶなら、Zaifが断然オススメです。

Zaifの「簡単売買」は初心者でもトレードがカンタン

「仮想通貨の買い方がわからない」

このような人でもZaifなら大丈夫。

仮想通貨の初心者でも、Zaifの「簡単売買」ならチャートや気配値の見方が分からなくても、仮想通貨の売買が簡単にできるんですよ。

いわゆる仮想通貨販売所なので、提示された値段で「買い(売り)」ボタンを押すだけで、売買が成立。

Zaifの簡単売買では、現在ビットコインとモナコインの取り扱いがあります。

Zaifにしかないトークンが!トークンの将来性に期待できる

仮想通貨の魅力は、性質の違ういろいろな種類のコインを運用できることにあります。

できれば「将来的に価値が上がる可能性がある、まだ発展途上のコイン」も集めてみたいですね。

Zaifは、取り扱い仮想通貨の種類が豊富なのが特徴。Zaifでトレードできる仮想通貨は、次のとおりです。

Zaifで取引できる仮想通貨
ビットコイン(BTC)、ネム(XEM)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ザイフトークン(ZAIF)、カウンターパーティー(XCP)、ビットクリスタル(BCY)、ストレージコインエックス(SJCX)、フィスココイン(FSCC)、ペペキャッシュ(PEPECASH)、カイカコイン(CICC)、ネクスコイン(NCXC)、ゼン(JPYZ)、コムサ(CMS)
聞いたことない仮想通貨の名前がたくさんあるわ!
Zaifは主要通貨だけでなく、企業が独自に発行している「トークン※」と呼ばれる仮想通貨も取引できるんだ!
トークンとは

既存のブロックチェーンを利用して作られた仮想通貨のこと。

企業がプロジェクトを推進するために行なうICO(クラウドファンディングのような資金調達方法)により発行されるトークンもある。

Zaifでは、上場企業のフィスコ<3807>が発行するフィスココイン(FSCC)や、カイカ<2315>が発行するカイカコイン(CICC)、ネクスグループが発行するネクスコイン(NCXC)が取引できます。

それぞれ企業が発行する典型的なトークンであり、それぞれの企業活動が評価されると、のちのちトークンの価値も上がる可能性があるんですよ。

これはそれぞれのトークンのチャートです。

フィスココインのチャート

Zaif・フィスココインのチャート

カイカコインのチャート

Zaif・カイカコインのチャート

ネクスコインのチャート

Zaif・ネクスコインのチャート

どのトークンも2017年12月頃から急騰し、その後も活発に取引されていることがわかります。

そのほかにもZaifが独自に発行する「Zaifトークン」や、テックビューロが企業のICOプロジェクトの資金調達目的で発行する「COMSA(コムサ)トークン」など、興味深いトークンもあるんですよ。

Zaifトークンについて詳しい解説は、「Zaif(ザイフ)トークンの買い方と今後の将来性を予想します!」を参考にしてください。

仮想通貨はまだこれからが本番、価格変動の波に乗って差益を狙うのもよし、企業の将来性に期待して長期投資するのもよし、トークンの使い方と将来性は無限大。

トークンのなかには、Zaifでしか購入できないものもあります。ぜひまだ売り出したばかりの企業トークンに投資するなら、Zaifから購入してみてはいかがでしょうか。

Zaifの信用取引は最大7.7倍までOK!追証も不要

Zaifは信用取引※で、仮想通貨を売買することができます。

Zaifの信用取引とは

証拠金を預け、それを担保にZaifから仮想通貨を借り、借り入れたビットコインを運用することで利益を出す取引方法です。

Zaifの場合、ビットコインの取引はレバレッジ最大7.77倍まで可能。またビットコインのほかにもモナコインの信用取引(信用売り、レバレッジは1倍のみ)ができます。
最大7.77倍って、どういうことですか?
レバレッジを最大にした場合、13万円の元手で100万円の取引が可能だ!
でもさ、予想が外れたら追加証拠金が要るんでしょ?
それがZaifの信用取引には、追証は必要ない!口座残高の範囲内で取引できるから安心なんだ!

信用取引のメリットは、自分の持っている資金より大きな取引ができるため、大きく儲けるチャンスがあること。

しかし同時に大きな損害を被る可能性もあることがデメリットです。自分の持っている資金以上に損をしないために、追証不要のZaifの信用取引はオススメです。

ビットコインAirFXはレバレッジ最大25倍でも追証ナシ

Zaifは「ビットコインAirFX」とい取引もできます。

AirFXとは「典型的な先物に似たデリバティブ商品」とZaifのホームページ上では説明されていますが、つまりCFD取引※のことです。

CFD取引とは

差金決済取引のこと。「現物」を取引するわけではなく、売買の「差額」を決済する取引方法。

CFD取引について詳しい解説は、「CFD取引とは?高レバレッジで効率よく大儲けできる差金決済取引」を参考にしてください。

ちなみに外国為替証拠金取引(FX)は、為替のCFD取引のことです。

AirFXは信用取引よりも大きなレバレッジをかけることができ、最大で25倍まで可能。

しかしAirFXは先ほど説明した信用取引と同じように、追証の心配がありません。

それはEPS(Early Profit Settlement)といわれる仕組みによるものです。

つまりEPSとはポジションの含み損が証拠金を上回った瞬間に、強制決済される仕組み。

口座のお金を追加証拠金として差し入れる必要がないため、思った方向に相場が動かなかった場合でも、損失を限定的にできるんですよ。

コイン積立で積立投資が可能!安定運用を希望する人にオススメ

仮想通貨のデメリットは、ボラティリティ(価格の変動)があまりにも大きいこと。

しかしそのデメリットを回避する方法が、Zaifのコイン積立です。

Zaifのコイン積立は、指定した銀行口座から毎月固定額を自動で引き落としし、自動で希望の仮想通貨を買い付けるサービス。

コイン積立をすることで、ドル・コスト平均法※が活用でき、一度にたくさんの金額を購入するよりも安定的な運用ができます。

ドル・コスト平均法とは

相場価格にかかわらず、毎月一定額を購入する投資手法。値段が高いときには少なく買付け、値段が安いときには多く買付けることができるため、価格変動による損失を緩和し、長期的な資産形成に効果的です。

Zaifコイン積立はドル・コスト平均法で安定的

コイン積立のような積立運用ができる仮想通貨取引所は、今のところZaifだけ。

※クレジットカードを使った定期購入はビットフライヤーにもありますが、手数料が割高になるのであまりオススメではありません。

仮想通貨を安定運用したいという人は、Zaifで口座開設をおすすめします。

Zaifはセキュリティ体制も万全!安心な取引所でトレードしよう

仮想通貨の取引で、やはり心配なのはセキュリティ体制ですね。

たとえブロックチェーンの分散型ネットワークがハッキング行為に対して有効だったとしても、取引所自体のセキュリティが脆弱ではお話になりませんよね。

Zaifは、ユーザーから預かった現金や仮想通貨を安全に守るため、セキュリティ体制にも気を配っています。

Zaifのセキュリティ体制とは、次のとおり。

Zaifのセキュリティ
  1. 流動しない仮想通貨はオフライン保管
  2. ユーザー情報やバックアップデータ管理の強化
  3. 取引所システムを外部から遮断
  4. 経営資金と預かり金を分離して管理
  5. 国内外の不正検知対策やマネーロンダリング対策に対応

このようにZaifでは、さまざまなリスクを考慮し、ユーザーの資産がしっかりと守られるシステムを構築しています。

へー。でもまあセキュリティは取引所の基本ですよね!
そうだな。これまで日本では大規模なハッキングの被害は報告されていないが、マウント・ゴックス事件の前例もあるから、信頼できる取引所を利用することが大事だ!
マウント・ゴックス事件?
マウント・ゴックス社の社長がユーザーのお金を横領した※とされるビットコインの盗難事件のことだ!
※マウント・ゴックス社長のマルク・カルプレス氏は現在公判中で有罪は確定していません。

Zaifの悪い評判!本人確認から口座開設完了までが遅い

どんなものでも表と裏があるように、メリットがあればデメリットもあります。

Zaifは手数料や仮想通貨の種類で評判がよい取引所ですが、その一方で評判があまり良くないところもあるんですよ。

ここではZaifの評判が良くないところをシッカリ暴露していきたいと思います。

Zaifは本人確認が遅すぎ!口座開設まで時間がかる

Zaifでは本人確認書類を提出後、本人確認コードが記されたハガキが返送されます。そのハガキが届いてはじめて口座開設が完了し、日本円を入金することができます。

Zaifの本人確認コードが届くまでの流れ

ところがハガキがなかなか届きません。

筆者の場合、本人確認書類を送信してからハガキが届くまで、2週間以上待ちました。

ビットフライヤーやコインチェックがほんの数日でハガキを返送するにもかかわらず、Zaifは相当遅いのではないかと思います。

日本円の入金ができなければ、せっかく「いま」投資したいのに、機会損失につながってしまいますね。

「利用者が爆発的に増加し、処理が追いつかないため」とZaif側は説明していますが、この本人確認の遅さは、ぜひ今後改善してほしいものです。

Zaifの本人確認書類の送信から口座開設完了までの手順は「Zaifの本人確認は遅い!口座開設ができるまでのすべて」で解説しています。

Zaifは問い合わせに返信がないことも?顧客対応を改善してほしい

仮想通貨取引所は、証券会社と違いコールセンターなどはありません。どこの取引所も、基本的にメールでの問い合わせが主流です。

筆者は、「メールで問い合わせ」というだけでも、対応者の顔が見えずなんとなく不安になるタイプ。すぐに答えが欲しいのに、すぐに答えが返ってこなければもっと不安になります。

Zaifは問い合わせに対する返信が遅いという評判は前から聞いていました。

しかし実際に問い合わせてみると、本当に返信が遅かった・・・というか、結局のところ待てど暮らせど返信がありませんでした。

この人の問い合わせ内容が返信に値しないような、くだらない内容だったからじゃないんですか?
それはあり得る話だが・・・くだらないかどうかは、Zaif側が判断することじゃないだろ・・・

これまでのいい面を伸ばしつつ、未熟な面も少しずつ補正していってくれればいいな、と一ユーザーとしても今後のZaifに期待したいと思います。

Zaifの使い方おさらい!Zaifに登録するメリットは大きい

この記事では、仮想通貨取引所Zaifの特徴や評判について解説してきました。

Zaifは本人確認や問い合わせに対するレスポンスが遅いというデメリットはありますが、仮想通貨取引所のシステムとして優秀であり、使い勝手がよいためメリットが勝ると言えるでしょう。

Zaifは主要な仮想通貨を運用するだけでなく、豊富な種類のトークンを購入できたり、追証のない信用取引やAirFXが利用できたりと、どんなユーザー層のニーズにも対応しています。

安定的な運用を目指したい人には、コイン積立でコツコツ運用できるのも魅力ですね。高い技術と新時代のビジネスソリューションを詰め込んだZaifとテックビューロに、今後も大いに期待しましょう。

Zaifの本人確認は遅い!口座開設ができるまでのすべてを解説

マイナス手数料を導入しているZaif(ザイフ)は人気の高い取引所。Zaifで仮想通貨を取引したい人が増えています。

しかし手数料サービスで満足できるZaifですが、本人確認が終わるまで時間がかかることや、問い合わせの返信が遅いことについては評判がよくありません。

これを読んでいる方の中にも、本人確認コードがなかなか届かず、不安に思っている人がいるかもしれませんね。

この記事では本人確認にだいたいどれくらいの時間が必要なのか、また簡単な口座開設の方法を紹介します。

Zaif(ザイフ)の公式サイトへ
Zaif(ザイフ)の公式サイトへ

Zaifの本人確認は基本的に遅い!2週間~1カ月は必要

Zaifの本人確認は、基本的に時間がかかります。

筆者の場合、2018年の正月を跨いだせいもあるのでしょうが、本人確認書類を送信してから、ハガキが自宅に届くまで23日もかかりました。

ほんの数日で届くビットフライヤーとは雲泥の差です。

なぜZaifだけこんなにも時間がかかるかというと、「ユーザーの爆発的な増加に伴い本人確認のスピードが追いつかない」とのこと。

Zaifにとっては嬉しい悲鳴かもしれませんが、ユーザーにとっては機会損失を招く可能性があるため、できるだけ早く本人確認を完了させたいところですね。

殺到している本人確認の依頼を順次行なわれているならいいのですが、氏名や住所が間違っているなど記入内容の不備により、途中で差し止められている場合もあります。

あまりにも遅い場合は、「お問い合わせ」フォームから問い合わせてみましょう。

Zaifはお問い合わせのレスポンスも遅い!返信がないことも?

しかしせっかくお問い合わせフォームから内容を送信しても、Zaifは返信がかなり遅いことで評判。遅いならまだしも、返信自体がないこともあります。

え~!返信がないのはダメじゃない!?
たしかに、顧客対応力がZaifのこれからの課題だ。技術力の高いのエンジニア集団だからそこまで気が回らない、と言ってしまえばそれまでだがな。

返信をスルーされないためには、ことの深刻さがひと目でわかる工夫が必要。

あまりにもハガキが遅いときは、問い合わせフォームの「一行目」に「1カ月以上もハガキが届かない」など、結論を先に書きましょう。

住所が変更になったり、氏名が間違っていてもハガキは差し戻しされ、自宅に届きません。

そういった場合「住所が変更になったから、もう一度送信したい」など、具体的な用件を一番前に書きましょう。

それでも返信がなければ、最後の手段。

代表の朝山貴生(@TakaoAsayama)さんのツイッターアカウントに、直接、窮状を直訴するのもアリかもしれません(ただあまりオススメはしません)。

Zaifの口座開設のやり方は簡単!未成年でも開設できる

Zaifは手数料の安いことや、種類豊富な仮想通貨を売買できるなど、ほかの取引所にはない利点がたくさんあります。

本人確認や問い合わせのレスポンスが遅いという一部のデメリットを取り上げて、口座開設を止めるなんてもったいないことなんですよ。

ここでは本人確認を一番スムーズに済ませられる、口座開設方法を紹介します。

パソコンやスマホから簡単に開設できる!まずは本人確認書類を用意

Zaifの口座開設は、パソコンだけでなくスマホアプリからも簡単にできます。ただ口座を開設するには、本人確認書類をZaifに送信する必要があるんですよ。

まずはお手元に本人確認書類を準備しましょう。Zaifの本人確認書類として認められるのは、次のとおりです。

Zaifの本人確認書類の例
在留カード 現住所が表面に記載されているものと異なる場合は、裏面もアップロードする
運転免許証 現住所が表面に記載されているものと異なる場合は、裏面もアップロードする
マイナンバーカード 顔写真入りのもの。マイナンバー通知カードは不可
日本国パスポート・ビザ 住所が記載されている面もアップロードが必要

そのほか、顔写真のない「官公庁発行の公的証明書」も有効ですが、2点の証明書を組み合わせて提出しなければなりません。

組み合わせは、次のとおり。

有効な証明書2点の組み合わせ
・「公的証明書1点」+「公共料金の明細書1点」
・「公的証明書2点」

公的証明書とは、健康保険証や住民票などのことです。

また公共料金(電気・ガス・水道・携帯電話)の請求書は、氏名・住所・発行日が確認できるものを用意しましょう。

いずれの証明書も有効期限のないものは、発行から3カ月以内のできるだけ新しいものを用意してくださいね。

超重要!本人確認書類のアップロードの手順を解説

Zaifの口座開設には、身分証明書のアップロードが必要なので、写真の撮影と送信が手軽にできるスマートフォンを使ったほうがいいでしょう。

ここではスマホから口座開設をするまでの手順を、図でわかりやすく紹介します。

1Zaifのアカウント設定をする

ザイフの本人確認書類の送付の仕方

まずはZaifのアカウントにログインします。

次に右上にある三本の線をタップし、プルダウンメニューの中から「アカウント」の項目を選びましょう。

2本人確認に進む

ザイフ本人確認の仕方、登録情報から本人確認を選ぶ

「登録情報」タブの「本人確認」を選び、ここから本人確認書類をアップロードします。

本人確認書類として認められるものの例はコチラを参照してください。

3本人確認書類のアップロードをする

本人確認書類の写真をアップロードする

上の写真にあるように、「ファイル選択」を押し、アップロードしたい証明書の写真を撮影します(あらかじめ撮影しておいた写真をアップロードして使うこともできます)。

次に「アップロード」のボタンをタップし、写真を保存。「アップロードしたファイルで申請する」ボタンで送信できます。

ここで注意しなければならないのは、認められない証明書もあること。本人確認書類として認められないものは、次のとおりです。

Zaifの本人確認書類で認められないもの
  • 仮免や国際免許
  • 穴の空いた運転免許証
  • 白黒画像や加工された画像
  • 身分証明書のコピー
  • 文字や写真が不鮮明なもの
とくに光の加減で文字の一部が読み取りづらくなっている場合、また書類の一部が切れている場合などが、本人確認でNGが出されるケースとしてたいへん多いです。

少し気をつけていれば防げるミスですから、このようなケアレスミスで、本人確認コードの発行を遅らせることのないようにしたいですね。

未成年者の登録には3種類の本人確認書類が必要

20歳未満の未成年者でも、Zaifに口座を作ることができます。

しかしその場合、以下3点の本人確認書類のアップロードが必要です。

未成年者の本人確認書類
本人確認書類 コチラを参照してください
親権者同意書 Zaifの公式ホームページよりダウンロードできます
親権者との続柄がわかる証明書類 住民票、戸籍抄本、健康保険証、母子手帳のなかからいずれか1点

未成年者の場合も、本人確認書類に顔写真のない公的証明書を使う場合は、2点組み合わせてアップロードしてくださいね。

Zaifの入金は本人確認コード到着後!口座開設は余裕をもって

Zaifで仮想通貨の取引を行なうには、日本円を入金しなければなりませんが、本人確認コード(ハガキ)が自宅に届かないと、入金することすらできません。

Zaifから郵送される本人確認コードのハガキ

上の写真は、実際にZaifから届いた本人確認完了のハガキです。

青枠内に「本人確認コード」が印字されていますので、「本人確認ページ」から確認コード入力欄に入力すれば本人確認が完了。

とはいえこのハガキが届くまでに、みるみるうちに仮想通貨の値段は上がっていくので、早く参入したくてヤキモキしている人も多いことでしょう。

Zaif本人確認に時間がかかると入金が遅くなる

本人確認コードの郵送を待っていては、絶好の投資チャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

「今すぐ仮想通貨を買いたいのに、お金が入金できない!」なんてことにならないように、余裕を持って口座開設しましょうね。

Zaifの本人確認が遅いことの対処法!ほかの取引所で取引を始める

Zaifが本人確認に時間がかかることや、入金をするには本人確認コードを入力しなければならないことは、ルール上どうしようもありません。

しかし本人確認書類を不備のない状態で送り、いっときも早くコードが送ってもらえるよう祈ること以外にも、私たちにはできることがあります!

それはほかの取引所で、とりあえず口座開設してしまうこと。

おすすめの取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)です。

Zaifの本人確認書類の送付が一番早かったとしても、ビットフライヤーのほうが確実に「本人確認完了」が早いので、この対処法はぜひおすすめです。

セキュリティ面で安心のビットフライヤーは口座開設数ナンバーワン

セキュリティ面で安全性が高いため、ビットフライヤーはユーザー数が日本一。

スプレッド(売りと買いの価格差)が広いところはデメリットですが、取引手数料自体はさほど高くありませんし、中長期投資には最適な取引所だといえます。

最近はライトコインやモナコインなど、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取り扱いも充実しているんですよ。

各方面から適度にバランスの取れた取引所なので、あらゆる人にオススメできます。

ビットフライヤーについて詳しい解説は、「ビットフライヤーの手数料は高い?ビットコインを格安で売買する技!」をお読みください。

口座開設がまだの人は、ぜひコチラから開設をおすすめします!

ビットフライヤー「bitFlyer」の公式サイトへ
ビットフライヤー「bitFlyer」の公式サイトへ
Zaifで取引したいのに、ほかの取引所で口座開設するんですか?
そうだ!取引所はそれぞれ選ばれる理由がある。自分にどの取引所が合っているか、実際に使ってみないとわからないんだ。

本人確認に時間がかかる!それでもZaifで口座開設をするべき理由

この記事ではZaifの本人確認が遅いことについて解説しました。

本人確認書類を正しく送信したとしても、基本的にハガキが到着するまで時間がかかるので、「遅いな-」と思っても心配しないでひたすら待ちましょう。

しかし「そんなに遅いならZaifに口座開設するのはやめようかな」とは思わないでくださいね。Zaifはほかの取引所にはないメリットがたくさんあるからです。

  • マイナス手数料サービスで手数料が「もらえる」
  • Zaifしか買えない独自トークンがある
  • 「Zaifコイン積立」で積立投資ができる
  • Zaifの信用取引では追証がない

Zaifはテックビューロという会社が運営していますが、会社の社会的信頼度も厚く、近畿財務局(金融庁)への仮想通貨交換業者の登録もいち早く完了しています。

待たされるだけの価値はあるので、ぜひZaifでの口座開設と本人確認書類の送信はしておきましょうね。

コインチェックの売買手数料は高い?表示されないスプレッドに注意!

コインチェック(coincheck)は、取扱い仮想通貨の種類が国内ナンバーワンを誇る仮想通貨の取引所です。

仮想通貨で大きく儲けようと考えている人がどうしても気になるのは、売買手数料などのコストですね。

「コインチェックの手数料は高い!」という評判もあり、「どんな手数料がいくらくらいかかるんだろう?」と気になっている人も多いはず。

  • コインチェックで必要となる手数料は何か
  • どの手数料が高いといわれているか
  • 手数料を抑えるためにできることは何か

このような疑問に答えるべく、コインチェックの手数料に関する情報を分かりやすく解説します。

コインチェックのセキュリティ体制に疑問!安心できる取引所がおすすめ

コインチェックは人気の高い取引所でしたが、2018年1月、コインチェックの取引所が外部からの不正アクセスにより、仮想通貨ネム(XEM)を流出させる事件が起きました。

被害総額は約580億円と言われています。

犯人は誰なのか、流出したコインはどうなったのかについてもまだよく分かっておらず、いまも事件の真相解明が待たれる状態です。

えー!なにそれ怖い!
マウント・ゴックスを越える被害総額だ。この事件の原因の一つとして、コインチェックはセキュリティ面でツメの甘さが指摘されているんだ。

記者会見では、「(不正アクセスの可能性がある)ホットウォレットでネムを管理していた」ことが明かされており、杜撰なセキュリティ管理だったことが判明しています。

この事件からも不正アクセスの標的になりやすい取引所を避け、セキュリティ対策が万全な取引所を選ぶのが正解だということがわかりますね。

セキュリティ対策で万全なのは、ビットフライヤーです。

今後もこのような事件が起こらないとは限りません。安心して取引を行なうためにも、ビットフライヤーでの仮想通貨のトレードをオススメします。

ビットフライヤーへのボタン
ビットフライヤーへのボタン

このようにコインチェックは、セキュリティ面で不安があるためあまりおすすめはできませんが、コインチェックの手数料の説明を続けます。

コインチェックの手数料一覧

コインチェックの手数料には、売買だけに関わらずさまざまなものがあります。コインチェックの手数料は、以下のとおりです。

コインチェックの手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 取引手数料
  • 仮想通貨/入金手数料
  • 仮想通貨/送金手数料

ここではコインチェックの手数料について、説明します。

コインチェックの入金手数料を解説!「クレジットカード」払いに注意

コインチェックで仮想通貨を売買するには、まずコインチェックに日本円を入金しなければなりません。

コインチェックに入金する手段は「銀行振込(円/ドル)」か「コンビニ入金」、「クイック入金」の3種類。

具体的な入金手数料は次のとおりです。

コインチェックの入金手数料
振込手数料
(日本円)
各銀行ごとの振込手数料
振込手数料
(米ドル)
25米ドル
コンビニ入金
クイック入金
756円(3万円未満)
1,000円(3~50万円)
入金金額×0.108%+486円(50万円以上)

「ビットコインをすぐに買いたいから、すぐに入金したい!」という人は、24時間365日対応している「コンビニ入金」か「クイック入金」がおすすめ。

コンビニ入金は、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン、セイコーマートの店頭端末で対応しています。(3,000円~299,500円まで可能)

クイック入金はペイジー対応の銀行に直接行かなくても、パソコン・携帯電話・ATMで即入金ができるサービスです。(3,000円~1億円まで可能)

しかしこれらの入金方法は便利な反面、手数料がやや高いのが難点。

また「入金」手段ではありませんが、コインチェックではクレジットカードから直接仮想通貨を「購入」することができます。

ただし5,000円~100万円までで、ビットコインのみ対応しほかのアルトコインは購入できません。

クレジットカードでビットコインを購入するのは、振込や入金の手間が省けるため、土日・深夜問わずいつでも購入可能。ポイントも付くからという理由で、つい利用したくなってしまいますね。

しかし手数料を気にするなら、クレジットカードでビットコインを購入するのは避けたほうがいいでしょう。

クレジットカードで購入すると、ビットコイン販売所の販売金額にさらに手数料が上乗せされた金額で購入しなければなりません。

実際にいくらくらいの手数料がかかるのか、コインチェックのカスタマーサポートにメールで問い合わせてみました。

Q:クレジットカードの決済手数料は、ぶっちゃけ「いくら」なんですか?

コインチェックのカスタマーサポ―トから返信のメールが来ました。(2時間以内に返信メールが来たので、迅速な対応でした!)

A:クレジットカードの手数料は何%と決まった値があるのではなく、その時のレートと売り注文の量を基に算出されています。

カードにて購入する際は、通常の取引手数料に加え、カード決済システムの利用手数料が発生いたします。

クレジットカード決済のページには「クレジットカード決済の手数料が表示価格に含まれている」ことを明記されていますので、ご同意いただいたうえでご購入下さい。

とのことでした。

このようにクレジットカード決済を選ぶと、販売所のビットコインの販売金額にクレジットカードの手数料が上乗せされる形になります。

そのため手数料をできるだけ抑えた入金方法を選ぶなら、普通に「銀行振込」をするのがいいでしょう。

銀行振込は平日の営業時間内に限られるので、仮想通貨の購入に合わせ前もって入金しておきましょう。

コインチェックの入金についてさらに詳しい解説は「コインチェックの入金は反映に時間がかかる?入金手続きの疑問を解決」を参考にしてください。

コインチェックの出金手数料!出金はまとめて行うのがベスト

仮想通貨を売って日本円に換えたあと、コインチェックの口座から銀行口座に「出金」するときに手数料がかかります。

出金手数料は、次のとおりです。

コインチェックの出金手数料
出金手数料
(日本円)
400円
出金手数料
(米ドル)
2,500円

出金の上限額は1回あたり5,000万円。出金は米ドル(USドル)で出金することもできます。

出金するだけでも手数料がかかるので、頻繁に出金指示を行うとコストがかさみます。出金はまとめて行うのがベストです。

コインチェックの取引手数料!取引形態によって違いが

コインチェックでビットコインを売買すると、そのたびに手数料が必要になります。

しかし手数料の金額は、取引形態によって違いがあります。

取引手数料については、取引手数料と注意点の章で詳しく解説します。

コインチェックの仮想通貨/入金手数料!高速送金だと有料に

誰かほかの人から仮想通貨を送ってもらい、それをコインチェックで受け取る場合、手数料がかかる時とかからない時があります。

コインチェックでの仮想通貨の入金手数料は、次のとおりです。

コインチェックの仮想通貨/入金手数料
通常 無料
高速 0.02BTC

仮想通貨を受け取る場合、通常は手数料が無料です。

通常入金であれば、トラブルなど何もなければ約30分で完了します。

ただし短時間に大量の送金がされた場合などは、時間がかかってしまうことも。トランザクションが混雑し、送金がスムーズに行われないことがあるんです。

「どうしても早く送ってほしい」という時に便利なのが「高速入金」。手数料が少々高いので、本当に必要かどうかを考えて利用しましょう。

コインチェックの仮想通貨/送金手数料!アルトコインに幅広く対応

コインチェックのウォレットから、アドレスを指定して仮想通貨を送金するのに手数料がかかります。

コインチェックの送金手数料は、次のとおりです。

コインチェックの仮想通貨/送金手数料
仮想通貨の種類 送金に必要な手数料
BTC(ビットコイン) 0.0005 BTC
ETH(イーサリアム) 0.01 ETH
ETC(イーサリアムクラシック) 0.01 ETC
XMR(モネロ) 0.05 XMR
REP(オーガー) 0.01 REP
LSK(リスク) 0.1 LSK
FCT(ファクトム) 0.1 FCT
XRP(リップル) 0.15 XRP
ZEC(ジーキャッシュ) 0.001 ZEC
XEM(ネム) 0.5 XEM
LTC(ライトコイン) 0.001 LTC
DASH(ダッシュ) 0.01 DASH
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ) 0.001 BCH
すごくたくさんのコインがあるのね!聞いたこともない名前があるわ!
仮想通貨はよく知られていないものも含めると約1,000種類ほどあるといわれているぞ。コインチェックはほかの取引所より、たくさんの種類の取り扱いがあることが人気のヒミツなんだ。

通常、銀行を通じて海外に送金手続きを行うと、金額に応じて手数料が2,000円~5,000円かかりますす。しかも送金できるまでに数日かかることも。

それに比べコインチェックでビットコインを送金すると0.0005 BTCの手数料で済み、およそ30分で送金が完了します。

「早く」「安く」「確実な」仮想通貨での送金は、今後ますます重宝されそうですね。

コインチェックの取引手数料と注意すべきポイント

コインチェックには仮想通貨を売買する方法が3種類あります。その取引方法とは、次のとおりです。

コインチェックの3つの売買窓口
購入場所 特徴
販売所 ・コインチェックが提示する金額で売買する
・スプレッド(買いと売りの差額)が広い
・実質的に手数料は割高
取引所 ・コインチェックではビットコインのみ
・ビットコインユーザーと直接やりとりするので、手数料が安い
・2017年10月現在は手数料が無料
レバレッジ取引 ・証拠金を預けて取引する信用取引
・手数料は最も安い
・価格変動リスクが大きい

この章では、コインチェックで仮想通貨を売買するとき必要になる取引手数料と、注意すべきポイントについて解説します。

コインチェック販売所とは?リップル、ネムなどアルトコインも買える

コインチェックは、アルトコインの取り扱いが豊富なのが魅力。

コインチェックの販売所でビットコインやアルトコインを購入するには、コインチェックにログイン後、「ウォレット」というタブをクリックします。

そのあとメニュー欄にある「コインを買う」をクリックするだけです。

コインチェックの販売所

コインチェックの販売所は実質的な手数料であるスプレッドのせいで、コインを買うときの金額が「高く」、売るときの金額は「安く」なるので、ユーザーには不利になります。

取引所の手数料は具体的にいくらなのか、コインチェックは明らかにしていません。購入者はコインチェックが提示する金額でただ購入するだけ。

コインの種類によって、また価格変動の度合いによっても、手数料(スプレッド)が大きく変化します。

手数料込みの販売金額だけしかわからないのは、なんとなく不安がありますね。

しかし取引所はビットコインのみしか取引できないため、ほかのアルトコインがほしい人は、販売所を利用するしかありません。

コインチェック取引所のレートと販売所のレートを比較する

上の写真はコインチェックの「販売所のレート」です。一方で下の写真は、ほぼ同時刻に撮影したコインチェックのウォレットから購入する、「取引所のレート」です。

コインチェックウォレット(販売所)のレートと比較する

同じビットコインにもかかわらず、販売所の方が3,049円も割高になっています。

このとき、大体0.6%程度の手数料が上乗せされていることがわかります。この数字は一定していません。0.4%のときもあれば、0.7%のときもあります。

が~ん!アルトコインが買えるのは、手数料が高い「販売所」だけなんて!
そうなんだ。だが、できるだけ手数料を抑える方法を、後から紹介するぞ!
先ほど説明した「クレジットカードで購入」は販売所での取引になります。そのためスプレッドで割高になった価格に、高いクレジットカードの手数料がさらに上乗せされることに。

コストを削減するためにも、取引方法に最善のものを選び、切り詰められる手数料はできるだけ省く工夫をしましょう。

Taker・Makerとは?コインチェック取引所の売買手数料

コインチェックの取引手数料を最も割安にできるのは、ビットコイン取引所です。

コインチェックのビットコイン取引所の手数料は、Taker(テイカー)とMaker(メイカー)という手数料で分かれています。

コインチェックの取引所手数料Taker・Makerとは

これはコインチェックのビットコイン取引所の「板」です。

板を見て注文を入れる場合、取引されている値段より有利な値段で指値注文を入れると「Taker」になります。

反対にすでに出されている値段で売買すると「Maker」になります。

上の板情報では、例えば「452,490円」より安い値段に「買い」の指値注文を入れるとTakerになります。

一方で、「452,499円」より高い値段で「買い」注文を入れるとMakerになります。(それぞれ「売り」注文の場合はその逆を考えてください。)

ここまで丁寧に「TakerとMaker」の違いを説明してきましたが、コインチェックの取引手数料は、「TakerもMakerも無料」です。

2017年10月現在、手数料無料キャンペーンの終了日は未定です。

コインチェックのレバレッジ取引!スワップ手数料とは?

コインチェックではビットコインのレバレッジ取引※を行うことができます。

レバレッジ取引とは

預けた証拠金を担保にして、その何倍もの大きな取引を行うことができる証拠金取引のこと。

コインチェックは日本円を証拠金にし、最大5倍のレバレッジをかけたビットコインの取引ができます。

例えば30万円の証拠金を預けると、150万円までの取引ができるようになります。リスクは高いのですが、少ない資金で大きく儲けたいという人におすすめです。

レバレッジ取引に必要になる手数料が、スワップ手数料※です。

スワップ手数料とは

レバレッジ取引でポジション(建玉)を持つと必要になる手数料のこと。さらに24時間ごとに手数料は加算されます。

スワップ手数料の金額は、次のとおりです。

コインチェックのスワップ手数料
ポジション 手数料
ロング(買い) 約定金額(円)×0.04%/日
ショート(売り) 約定数量(BTC)×0.05%/日

コインチェックのスワップ手数料はさほど高いわけではなく、他社と比較して平均的な金額です。

とはいえ24時間ごとにかかる保有コストですから、できるだけ抑えたほうがいいに決まっています。

レバレッジ取引は、保有コストを抑えるためにも、できるだけ長期的な投資にならないように注意しましょう。

コインチェックで仮想通貨をできるだけ安く取引するコスト削減のコツ

「コインチェックは手数料が高い」といわれる所以は、販売所のスプレッドが大きいことです。

また入金や出金にかかる手数料が高いことも理由の一つです。

しかしビットコイン取引所の取引手数料は無料ですから、手数料がすべて高いとはいえません。

どうやったらコインチェックで手数料を節約できるのでしょうか。ビットコインにかかるコスト削減のコツを7つ紹介します。

コインチェックで手数料を削減する7つのコツ
  • クレジットカードでの購入を避ける
  • 充分に利益が出てから売却する
  • 販売所では頻繁な売買を避ける
  • 販売所では相場の急変時に取引を避ける
  • ビットコインの取引には取引所を利用する
  • レバレッジ取引は長期でポジションを取らない
  • 入金や出金はまとめて行う

先ほども説明したとおり、クレジットカードで仮想通貨を購入すると、購入代金にすでに高額なクレジットカード手数料が含まれています。

また販売所で売買するとき特に注意してほしいことは、頻繁な売買を避け、ある程度利益が出るまで売却を待つことです。

次々とアルトコインを買い替えたり、日本円に戻したりすれば、その都度手数料がかかり、利益はどんどん目減りします。

販売所のスプレッドは、相場が大きく振れる急変時に大きくなる傾向があります。できるだけ価格が安定しているときに売買するのがいいでしょう。

でも色んなコインがあるから目移りしちゃって、あれもこれも欲しくなるんですよね!
それは一番ダメなパターンだ!一度買ったらしばらく放置がオススメだ!
入金や出金をまとめて行うってどういうこと?
これも売買と同じだ。頻繁に入金や出金を行えば、そのつど手数料が発生するから損だぞ!入金や出金も計画的に行うのがベストだ!

アルトコインが欲しいならコインチェックを利用すべし!

コインチェックのメリットは、なんといってもビットコイン以外の仮想通貨も豊富に取り扱いがあり、手軽に手に入れられるところです。

コインチェックが取り扱う仮想通貨一覧

このようにコインチェックでは、まだ比較的有名ではない仮想通貨も買うことができるんですよ。

コインチェックについてさらに詳しい解説は、「コインチェックの使い方は簡単!特徴や注意点、利用者の評判を紹介」をお読みください。

仮想通貨のこれからの可能性に賭けたい人には、コインチェックはおすすめです。

ただしビットコイン以外のアルトコインは「取引所」ではなく、「販売所」で購入できます。

手数料に気を付けて、コインチェックであなたもアルトコインのコレクションをしてみてはいかがでしょうか?

取引タイプ別に手数料を攻略しよう!コインチェックの賢い利用法

この記事では、取扱い仮想通貨数がナンバーワンのコインチェック(coincheck)の手数料について、詳しく解説しました。

コインチェックの手数料を見ると、確かに高いと思うところもありますが、工夫次第で手数料は抑えられることが分かりました。

ビットコイン以外の仮想通貨が欲しいなら「販売所」を利用し、長期保有で利益を出しましょう。

投資対象をビットコインに限定するなら、手数料無料の「取引所」がおすすめ。レバレッジ取引でもっと大きく儲けたいなら短期決戦が基本です。

それぞれ自分のトレードスタイルに合わせ、仮想通貨の取引を楽しんでくださいね!

コインチェックの入金は反映に時間がかかる?入金手続きの疑問を解決

コインチェックは入金方法によって、アカウントに反映される時間に差が出ます。コインチェックの入金方法は大きく分けて3つあります。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

また「入金」ではありませんが、クレジットカードで直接「ビットコインを即購入」することも可能です。

これらの入金方法によって、必要になる手数料や、反映までの時間に大きな差が出ます。

この記事では「どの入金方法が一番コストがかからないか?」「スピーディーに入金できるか?」などコインチェックの入金手続きについてや、「入金が反映されない」などのトラブル対処法まで、入金に関するすべての疑問を解決します!

入金する前に読んで欲しい!コインチェックのセキュリティ

これからコインチェックに入金しようと思っているみなさん、ちょって待ってください!

なになに~?どうしたの~?
コインチェックのセキュリティ体制について、知っておいてほしいことがあるんだ!

2018年1月、不正アクセスによりコインチェックの取引所からネム(XEM)が流出するという事件が起きました。

被害総額は、なんと約580億円。コインチェックユーザーのネムがほぼ全て流出したと言われています。

ご、ご、580億~!
そうだ。過去の不正送金事件であるマウント・ゴックスを上回る巨額損失だ!
コインチェック側の記者会見では、ネムは「(不正アクセスの危険性のある)ホットウォレットで保管」されており、秘密鍵が奪われたことが明かされています。

流出したネムが今後どうなるのか、戻ってくるのか、犯人は誰なのか、被害者は損失を補填してもらえるのか、一切わからないのが現状。ユーザーは頭を抱えるしか、なすすべがありません。

ハッカーは、世界のどこかからあなたのコインを狙っているのです。

この事件を教訓にして、仮想通貨ユーザーはぜひセキュリティ体制のしっかりした取引所を選ぶことが大切。

セキュリティ面でどこよりもオススメできるのは、ビットフライヤーです。

ビットフライヤーのセキュリティは非常に強固。大手金融機関よりも強度の高い暗号化技術を採用しているんですよ。

確かに、コインチェックにはほかにオススメしたいサービスがたくさんありますが、仮想通貨取引にはセキュリティが第一条件。ぜひセキュリティ対策の万全なビットフライヤーで口座開設をしましょう。

ビットフライヤーへのボタン
ビットフライヤーへのボタン

このようにコインチェックはセキュリティ面で不安があるため、あまりオススメはできませんが、コインチェックの入金についての説明を続けます。

コインチェックの入金方法!銀行振込は最も無難でローコスト

コインチェックに銀行振込するときの振込先は、次の2つから選べます。

コインチェックの振込先
  • 住信SBIネット銀行
  • りそな銀行

そのため入金方法に「銀行振込」を選ぶなら、振込先と同じ住信SBIネット銀行か、りそな銀行から入金するのがおすすめです。

「住信SBIネット銀行」と「りそな銀行」の振込手数料は次のとおり。

住信SBIネット銀行の振込手数料(税込)
個人 法人
住信SBIネット銀行あて
(同行どうしの振込)
0円(無料) 51円
ほかの金融機関あて ランクに応じて月15回まで無料(回数超過分は1回154円) 振込金額3万円未満165円
、3万円以上258円
りそな銀行ATMの振込手数料(税込)
キャッシュカード 現金
りそな銀行
同一支店あて
0円(無料) 324円
りそな銀行
本支店あて
108円 324円

「住信SBIネット銀行」と「りそな銀行」以外からでも振込手続きはできますが、手数料が割高です。

主要な銀行の、他行あてのATM振込手数料は次のとおり。

三菱東京UFJ銀行ATMの振込手数料(税込)
キャッシュカード 現金
入金額3万円未満 270円 432円
入金額3万円以上 432円 648円
三井住友銀行・みずほ銀行ATMの振込手数料(税込)
キャッシュカード 現金
入金額3万円未満 216円 432円
入金額3万円以上 432円 648円
ゆうちょ銀行ATMの振込手数料(税込)
キャッシュカード 現金
入金額5万円未満 80円 ×
入金額5万円以上 290円 ×
※ゆうちょ銀行だと、現金で振込ができない。一旦通帳に入金し、通帳から振り込むというワンクッションが必要。

このように手数料を比較すると、コインチェックに入金するのに最もおすすめの銀行は「住信SBIネット銀行」。

住信SBIネット銀行から同行あての振込は、手数料が無料です。ほかの金融機関あての振込でも、他の銀行に比べて断然安いですね。

コインチェックに振り込むだけでなく、いろいろと使い勝手が良い住信SBIネット銀行。これを機会に口座を作っておくと便利です。

コインチェックには振込手数料のほかに、さまざまな手数料があります。

コインチェックの手数料について知りたい人は、「コインチェックの売買手数料は高い?表示されないスプレッドに注意!」を参考にしてください。

銀行振込のメリット!振込手数料が安い

コインチェックに入金する際、銀行振込を選ぶメリットは、入金手数料が節約できるところです。

銀行によっては手数料を無料にすることもできるので、余分なコストをかけたくない人は、銀行振込で入金するのがおすすめです。

銀行振込のデメリット!時間外に振り込むと反映までに時間がかかる

営業時間外や土日祝に銀行から振込手続きを行うと、反映までにかなり時間がかかってしまうというデメリットもあります。

一般的な銀行の営業時間は、次のとおり。

銀行の営業時間
月曜日~金曜日(平日)
9:00~15:00

営業時間外に振込手続きを行うと、反映されるのは次の平日の午前9時以降です。

じゃあ、土曜日の午前中に振込したらどうなるの?
反映するのは月曜日の午前9時以降だ。コインチェック側で確認する時間も必要だから、反映は午後。遅いと夕方になる可能性もある。
ええ~!かなり遅くなるんですね!
銀行に時間外振込手数料も取られる上に、反映自体も結局月曜になるんだから、土・日・祝日に入金するだけムダだぞ。「銀行振込」を利用するなら普通に平日に振り込むのがベストだ!

しかしこのデメリットもクリアできるのが、住信SBIネット銀行。

住信SBIネット銀行は同行あての振込であれば、原則24時間365日リアルタイムで振込が完了します。

ただし振込したお金を、コインチェック側で確認する作業が必要。そのため夜間の振込が反映するのは翌朝以降、また土・日・祝日の振込が反映するのは休み明けです。
・・・ってことはやっぱり、銀行振込だと基本的に反映は遅いと考えていいってことでしょうか?
まあ、そうだな。手数料が安いほうがいいなら「銀行振込」がおすすめだが、「早く入金したい」ならほかの入金方法を選んだほうがいいだろう。

コインチェック「銀行振込」の注意点!IDと名前を忘れず入力

ここでは銀行振込の注意点について解説します。

まず本人確認書類が提出されていないと振込先を見ることができず、振込できません。

本人確認認証って何ですか?
免許証やパスポートなど顔写真がある本人確認書類と、それと一緒に写っている顔写真をWEBにアップロードするんだ。スマホのカメラからなら簡単にできるぞ!

本人確認書類を提出したあとの振込手順は次のとおり。

1、本人確認書類を提出が済んだら、「日本円/USドルを入金する」をクリックし「銀行振込」を選ぶ。

2、振込先が表示されたら、銀行のATMなどでその振込先に入金する。

まずは住信SBIネット銀行への振込について紹介します。

住信SBIネット銀行の入金画面
項目 入力事項
銀行 住信SBIネット銀行
支店名 法人第一支店(支店番号106)
口座種別 普通
口座番号 〇〇〇〇〇〇〇
口座名義 コインチエツク(カ コキヤクグチ
振込人名義 ▲▲▲▲▲(アカウントID)××× ×××(氏名)

注意事項は次のとおりです。

  • 「振込名義人の欄」に登録した本人の名前を入力する
  • アカウントIDの入力を絶対に忘れないようにする

アカウントIDの入力を忘れると、振り込んだお金が口座に反映されません。

入金が反映されないときのトラブル対処方法は入金できない(されない)ときの対処方法の章を読んでください。

りそな銀行の入金画面
項目 入力事項
銀行 りそな銀行
支店名 平成第一支店(支店番号935)
口座種別 当座
口座番号 〇〇〇〇〇〇〇
口座名義 コインチエツク(カ コキヤクグチ
振込人名義 ××× ×××(氏名)

りそな銀行の場合も、振込名義人には必ず登録した本人の名前を入力しましょう。

りそな銀行の場合は、各ユーザーごとに口座番号が割り振られますので、「振込名義人」の欄にアカウントIDの入力は必要ありません。

コインチェックの入金方法!コンビニ入金は土日祝も入金できる

コインチェックは、コンビニから入金することもできます。

コンビニ入金であれば、土日祝や銀行の営業時間外に入金しても、すぐに反映されて便利です。

コンビニ入金に対応している店は、次のとおり。

コインチェックに対応しているコンビニ
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • ファミリーマート

コンビニ入金の入金方法について解説します。

コインチェックにコンビニから入金する方法

コンビニ入金をするには、SMS(電話番号)認証と、本人確認認証が必要です。

それが完了したあと、コインチェックのホーム画面の「日本円/USドルを入金する」をクリックして入金手続きをはじめます。

コインチェックにコンビニから入金する方法

入金額(3,000円~299,500円)・氏名・電話番号・登録のメールアドレスを入力し、「決済申請」を押します。

コインチェックの支払先のコンビニを選択する

このような画面に移行したら、自分が利用する予定のコンビニを選択。「次へ」ボタンを押すと、支払い金額の合計と、企業コード、注文番号が表示されます。

コインチェックの支払先のコンビニを選択する

この番号はコンビニで振込をする際必要になる番号です。

コピーやメモ、キャプチャーを取るなどして、手元に残しておきましょう。

ここからコンビニの情報端末で、入金の手続きをします。端末から申し込み券が発券されるので、コンビニのレジで清算してくださいね。

コンビニ入金のメリット!反映までのスピードが速い

コンビニ入金は入金が完了すると、コインチェックの残高にすぐに反映されることがメリットです。

「すぐにビットコインの取引を開始したい!」という人にはおすすめの入金方法。

しかし反映が早いだけあって、手数料がやや割高です。

コンビニ入金の手数料は、次のとおり。

コインチェックのコンビニ入金手数料
入金金額 手数料
3万円未満 756円
3万円~299,500円まで 1,000円
でも高いっていっても銀行振込の手数料より数百円高いだけですよね?反映が早いんだから、それくらいいいじゃないですか。
そうだな。しかしここにはちょっとした落とし穴があるんだ。次の「デメリットの章」で説明するぞ!

コンビニ入金のデメリットは多額の入金が一度にできないこと

コンビニ入金のデメリットは、1回に入金できる上限額が決まっていることです。

コンビニ入金のデメリット
  • 1回の振込上限額は299,500円まで
  • 数回に分けて振込すると手数料が割高に
  • コンビニがないと入金できない

ビットコインを1BTC購入しようとすると、とても299,500円まででは足りません。

例えばそのときの1BTCの金額が、50万円だとします。1BTC分のビットコインが欲しかったら、2回に分けて振り込む必要があります。(1日の振込回数の制限はなく、何度振り込んでもOKです)

その結果、手数料は合計で2,000円です。銀行振込の金額と比較すると、かなり割高な印象ですね。

コンビニ入金のデメリットである手数料のイメージ

ビットコインの値上がり益が大きいから、そんな手数料大したことないわ!それより「すぐに」入金、「いま」ビットコインを買うことの方が大事よ!
確かにそれも一理ある。コンビニ入金は「今すぐに入金が必要か?」を見極めて活用することだな!

コインチェックの入金方法!クイック入金はペイジー対応のある銀行で

コインチェックは、ペイジー対応の銀行からクイック入金(ペイジー決済)することもできます。

クイック入金も、振込手続きをするとすぐにコインチェックの日本円残高に反映されます。

反映スピードの面からコンビニ入金にメリットがよく似ていますね。

しかし銀行窓口やコンビニに出かける必要はなく、365日24時間、家にいながらにしてパソコンや携帯電話から入金が済ませられる点が、コンビニ入金より優れているといえるでしょう。

ペイジー対応の銀行では、クイック入金をATMから行うこともできます。

土日や営業時間外に振込手続きを行った場合でも、すぐに残高に反映させることができるので、早く入金したいときにはおすすめです。

コインチェックにクイック入金する方法

クイック入金する場合も、コンビニ入金同様、SMS認証と本人確認認証が必要です。

1、コインチェックのホーム画面の「日本円/USドルを入金する」のあと、「クイック入金」を選択。

コインチェックにクイック入金する方法

2、必要事項を入力し、「決済申請」を押す。

3、「収納機関番号」や「お客様番号」「確認番号」などが表示される。

コインチェックのクイック入金で決済番号を取得する

これらの番号は支払いの際に必要になる番号なので、コピーやメモ、キャプチャーを取って残しておきましょう。

4、利用したい金融機関のオンラインサービスやインターネットバンキングにページを移動する。

5、各金融機関のペイジー入金の手順に従って手続きを進める。

クイック入金のメリット!多額の資金を一括で入金できる

クイック入金の手数料は、コンビニ入金と基本的に同じ。

しかし一度に入金できる金額に限度がないため、コンビニ入金より使い勝手がよいです。

クイック入金の振込手数料は、次のとおり。

コインチェックのクイック入金手数料
入金金額 手数料
3万円未満 756円
3万円~50万円未満 1,000円
50万円以上 入金金額×0.108% +486 円
なんでクイック入金は、コンビニ入金より使い勝手がいいんですか?
さっきも説明したが、クイック入金は一度にたくさんの金額を入金できるから、コンビニ入金のように分けて入金する必要がない。手数料をまとめられるからお得なんだ!
な~んだ~!いい方法があるんじゃない!もっと早く言ってよ!!
・・・・・

クイック入金のデメリット!入金して7日間資産の移動が制限される

反映が速く、手数料もそれほど高くないクイック入金はおすすめですが、デメリットもあります。

クイック入金のデメリットは、次のとおりです。

クイック入金のデメリット
  • インターネットバンキングの利用が必須
  • 7日間は資金の移動ができない

クイック入金は、そもそもインターネットバンキングの契約をしておかなければ使えません。

コインチェックのクイック入金だけでなく、あらゆるところでインターネットバンキングはサービスを拡大しています。今後のためにもあらかじめインターネットバンキングを利用できるようにしておくのがおすすめです。

またクイック入金で入金すると、入金後7日間は、入金額相当の資産の移動ができません。

クイック入金で7日間制限を受けるサービス
  • コインを送る
  • 日本円を出金する
え?送金や出金の制限ってどういうことでしょうか?
極端な例だが、クイック入金で10万円入金し、その翌日にビットコインを売買して資金が13万円になったとする。すると送金や出金ができるのは差額の3万円だけだということだ。

入金して7日も経たないうちに、すぐに出金するような人は少ないかもしれません。しかしほかのウォレットに送金する場合などにも制限がかかるので、注意が必要です。

コインチェックのクレジットカード決済がおすすめできない理由

コインチェックに「入金」するという手間をかけず、ビットコインを即購入できる方法が「クレジットカード決済」。

クレジットカード決済だと、銀行やコンビニにで振込手続きをする必要がありません。24時間365日、深夜でもビットコインの購入がすぐにできるのが魅力です。

しかし便利な反面、デメリットは「手数料の高さ」にあります。

コインチェックはクレジットカード決済時の手数料がいくらなのか、「何%」と決められているわけではなく、そのときのレートと売り注文の量を基に算出しているとのこと。

つまり「販売所」の価格は、「取引所」の価格より手数料のせいで割高になっているにもかかわらず、さらにクレジットカードの手数料まで上乗せされることになり、ユーザーにとって非常に不利です。

少々手間はかかりますが、ちゃんとした入金手順を踏む方がおすすめ。

このほかコインチェックの手数料について詳しい解説は、「コインチェックの売買手数料は高い?表示されないスプレッドに注意!」を参考にしてください。

入金したのに反映されない?入金できない(されない)ときの対処方法

コンビニ入金やクイック入金の場合、コインチェックの口座に即反映されます。しかし銀行振込の場合は入金したのに反映されない、または反映が遅れることがあります。

その理由は、次のとおりです。

反映されない・反映が遅れる理由
  • 銀行の営業時間外に振り込んだ
  • 本人以外の名義で振り込んだ
  • アカウントIDを入力しないで振り込んだ

銀行振込の注意点をまとめました。

銀行振込時の注意点
  • 銀行の営業時間内に振り込む
  • 本人の名義で振り込む
  • 住信SBIネット銀行の口座に振り込む際は、アカウントIDを一緒に入力する

以上のことに注意すれば、反映が遅れることはないでしょう。

コインチェックに入金できない・口座に反映されないときの対処方法

せっかく振込手続きを行ったのに、コインチェックの口座になかなか反映されないと、不安になってしまいますね。

コインチェック側で確認している最中ならいいのですが、自分の資産がどこかで迷子になっているかもしれません。

入金が反映されないときは、コインチェックに問い合わせてみましょう。

入金が反映されないときコインチェックに問い合わせをする方法

「日本円入金のお問い合わせ」という問合せフォームから、必要事項を入力し問合せ内容を送信してください。

コインチェックについてさらに詳しい解説は、「コインチェックの使い方は簡単!特徴や注意点、利用者の評判を紹介」をお読みください。

コスト?スピード?コインチェックの入金は重視するポイントで選ぼう

この記事では、仮想通貨取引所「コインチェック」の入金に関する手続きや手数料、注意点などを解説してきました。

「入金の手数料(コスト)をできるだけ節約したい」という人は、銀行振込がおすすめです。

コストではなく、反映のスピードを重視したいなら「コンビニ入金」か「クイック入金」を選びましょう。

そのなかでも、一回の振込金額が3万円以上になる人は「クイック入金」にしたほうがオトクです。

「コスト重視」か「スピード重視」かを考え、賢く入金方法を選びましょう。

コインチェックの使い方は簡単!特徴や注意点、利用者の評判を紹介

仮想通貨はビットコインだけではありません。

どうせならまだよく知られていない、これから大きく成長が期待できそうな仮想通貨に投資してみたいと考えている人も多いのでないでしょうか。

そんな人におすすめしたいのが、コインチェック(coincheck)です。

コインチェックは、日本国内でアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取り扱い数ナンバーワンの取引所。

コインチェックならビットコインを経由することなく、日本円から直接アルトコインを購入することができます。そのため、とても簡単にアルトコインデビューができるんですよ。

この記事では、取り扱いアルトコイン数が日本一を誇る仮想通貨取引所「コインチェック」の特徴や使い方、取引所の基本的なル―ル、評判や口コミを解説します。

コインチェックのセキュリティに関する注意!安全に取引するには?

「取引所はセキュリティが最重要ポイント」とは以前から言われてきました。しかし恐れていたことが、とうとう現実に起きてしまいました。

2018年1月、コインチェックの取引所が外部からの不正アクセスを受け、仮想通貨ネム(XEM)を流出させる事件が起きたのです。

被害総額は約580億円規模。

犯人は誰なのか、流出したコインはどうなったのかについてもよく分かっておらず、事件はいまだ収束していません。

ご、580億!?ケタが違うわ!
そうだ。マウント・ゴックスを越える被害総額だといわれているぞ。

コインチェックの記者会見では、「(不正アクセスの可能性がある)ホットウォレットでネムを管理していた」ことが明かされており、杜撰なセキュリティ管理が判明しました。

この事件からも「不正アクセスの標的になりやすいため、セキュリティ対策が万全な取引所を選ぶ」のが正解だということがわかりますね。

セキュリティ対策で万全なのは、ビットフライヤーです。

せっかくトレードで利益が出ても、仮想通貨をウォレットから盗まれたのでは元も子もありあません。

安心して取引を行なうためにも、ビットフライヤーでの仮想通貨のトレードをオススメします。

ビットフライヤーへのボタン
ビットフライヤーへのボタン

このようにコインチェックは、セキュリティ面で不安があるためあまりおすすめはできませんが、コインチェックの特徴や注意点、評判について解説を続けます。

コインチェックの特徴!豊富な種類の仮想通貨を簡単に売買できる

コインチェック(coincheck)はビットコインだけでなく、たくさんの種類の仮想通貨を売買できる仮想通貨販売所(ビットコイン取引所)です。

さまざまな仮想通貨取引所があるなかで、コインチェックが特に優れている点は次のとおり。

コインチェックのメリット
  • 取扱い仮想通貨の種類が豊富
  • 日本円から直接アルトコインを購入できる
  • 注文方法がシンプルで分かりやすい
  • 取引所の取引手数料が安い

コインチェックのメリットについて、それぞれ解説します。

コインチェックは取扱い仮想通貨の種類が豊富

コインチェックの取扱っている仮想通貨は、現在ビットコインを含め13種類です。

具体的な銘柄は次のとおり。

コインチェックで取り扱いのある仮想通貨一覧

BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、ETC(イーサリアムクラシック)、XMR(モネロ)、REP(オーガー)、LSK(リスク)、FCT(ファクトム)、XRP(リップル)、ZEC(ジーキャッシュ)、XEM(ネム)、LTC(ライトコイン)、DASH(ダッシュ)、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

コインチェックの取り扱い銘柄の多さは、国内の取引所の中でもナンバーワンです。

コインチェックは日本円から直接アルトコインを購入できる

通常はアルトコインを購入する場合、いったん日本円でビットコインを購入し、そのビットコインでアルトコインを購入します。

つまり間にビットコインを挟まなければなりません。

しかしコインチェックの場合は、間にビットコインを挟むことなく直接日本円からアルトコインを購入できることが魅力なんです。

通常のアルトコイン購入の手順

通常のアルトコインの購入方法

コインチェックのアルトコイン購入の手順

コインチェックでのアルトコインの購入方法

なるほど、これだとビットコインを買う手間が省略できるから、アルトコインのハードルが低くなりますね!
間にビットコインを購入する手間も手数料も省略できるのは、大きなメリットだな!

コインチェックの注文方法はシンプルで分かりやすい

コインチェックの仮想通貨の購入方法は、シンプルで分かりやすいのが特徴。

購入までたった3ステップ。購入手順は次のとおりです。

1買いたい仮想通貨の種類を選ぶ

コインチェックの仮想通貨の買い方

2購入数量を入力する

コインチェックで仮想通貨を買う方法・購入数量を入力

3「購入」を押す

コインチェックで仮想通貨を買う方法

このようにわずか3ステップで、希望の仮想通貨を購入することができます。これなら仮想通貨初心者でも簡単ですね。

コインチェックはビットコイン取引所の取引手数料が無料

コインチェック取引所では、取引手数料が無料になるキャンペーン実施中です。(キャンペーンの終了日は未定)

そのためビットコインを売買するなら、「ビットコイン取引所」の利用がおすすめ。

コインチェックの手数料について詳しい解説は「コインチェックの売買手数料は高い?表示されないスプレッドに注意!」を参考にしてください。

コインチェックのビットコイン取引所は、ビットコインの売買をリアルタイムで行うことができます。

コインチェックの手数料は高い?コストを抑えた取引方法とは

コインチェックのみならず、仮想通貨販売所の手数料は割高な傾向にあります。

ビットコインなどの仮想通貨は空前のブームの真っただ中にあり、手数料が高くても誰もが「買いたい」と思うのがその理由。

誰もが買いたいからこそ価値が急上昇しているのであり、そこで「手数料が割高だから」という理由で買うのをためらっていては本末転倒です。

とはいえ、わざわざ手数料が高い方法を選んで仮想通貨を売買する必要はありません。

ここではコインチェックの手数料をできるだけ安く抑えるポイントを紹介します。

コインチェックの入金手数料!手数料が最安なのは「銀行振込」

コインチェックの入金手数料をもっとも安く抑えられるのは、銀行振込です。

振込先口座は「住信SBIネット銀行」か「りそな銀行」なので、どちらかの口座から入金すれば振込手数料は無料なんです。

とくに住信SBIネット銀行から同行への入金だと、着金も素早いのでおすすめ。

コインチェックへの入金は、銀行振込のほかにも「コンビニ入金」や「クイック入金」があります。

入金の反映が遅いと不便よ!
入金の反映が早いのは、コンビニ入金やクイック入金だぞ。手数料は割高になるが、24時間入金できて即時反映が可能だ!

入金方法に関するそれぞれのメリットや注意点などは「コインチェックの入金は反映に時間がかかる?入金手続きの疑問を解決」で解説しています。

コインチェックの売買手数料!最安はビットコイン取引所

コインチェックに入金が完了したら、いよいよ希望の仮想通貨を買うことができます。しかし売買するのにも手数料が必要です。

売買の方法によっても手数料が違います。コインチェックで仮想通貨を売買する方法と特徴は、次のとおりです。

コインチェックで仮想通貨を売買する方法と特徴
取引方法 特徴
仮想通貨販売所
(ウォレット)
・もっともシンプルな操作で仮想通貨を売買することができる
・ユーザー対コインチェックの間で売買する
・販売値段にすでに手数料が含まれた金額が提示される
・スプレッド※が広い
・手数料が何%なのかは明示されない
ビットコイン取引所 ・ビットコインの売買のみ
・ユーザー対ユーザー間の直接の取引
・スプレッドは狭く、売買手数料が無料
レバレッジ取引 ・ビットコインの売買のみ
・コインチェックに証拠金を預けると、証拠金の最大5倍までの取引ができる
・スプレッドは狭く、売買手数料が無料
・スワップ手数料がかかる
※売りと買いの金額の差

売買手数料が安い「ビットコイン取引所」や「レバレッジ取引」では、いずれもビットコイン以外の仮想通貨を売買することはできません。

そのためビットコイン以外の仮想通貨が欲しい人は、自動的に「販売所」で購入することになります。

販売所の仮想通貨の値段は手数料込みの値段です。仮想通貨の種類によっても上乗せされる手数料が違うんですよ。

販売所でできるだけ仮想通貨の手数料を抑えて売買するために、注意すべきポイントは次のとおりです。

販売所で手数料を抑えて取引するには
  • 何度も売買を繰り返さない
  • クレジットカードで購入しない

何度も売買を繰り返していると手数料ばかりがかさんでしまい、コスト倒れになる可能性もあるので注意しましょう。

またコインチェックには便利なクレジット購入サービスがありますが、クレジットカード利用手数料もさらに上乗せされます。もっともコストがかかる購入方法なのでやめましょう。

クレジットカードで仮想通貨を購入すると、どれくらい手数料がかかるんですか?
コインチェック側にメールで問い合わせたところ、「クレジットカード購入時の手数料が何%だと決まっているわけではなく、そのときのレートと売り注文の量をもとに算出している」と回答があったぞ。
何%だと決まっているわけじゃない、ってなんかすごい世界ですね。
そうだな。多少手数料が高くても買う人がゴロゴロいるということなんだろう。どっちにしろクレジットカードは便利だが使わない方が無難だ。

コインチェックの売買手数料と手数料を抑えるコツについて詳しい解説は、「コインチェックの売買手数料は高い?表示されないスプレッドに注意!」をお読みください。

まずはアカウント開設!本人確認と二段階認証は必須

仮想通貨に興味があっても、まずはアカウントを作らなければ取引ができません。コインチェックでアカウントを作る方法はカンタンです。

コインチェックでアカウントを作り、仮想通貨を売買できるまでの手順は次のとおり。

コインチェックで仮想通貨が売買できるまで
  1. メールアドレスとパスワードの設定
  2. 電話番号認証
  3. 本人確認書類の提出
  4. 二段階認証を設定する

コインチェックのアカウントはメールアドレスとパスワードを登録すればすぐにでも作ることができます。

しかしメールアドレスだけでは仮想通貨を売買することはできません。「電話番号認証」や「本人確認書類」の提出をしなければ、お金を入金できない仕組みです。

またアカウントをハッキング被害から守るために、必ず二段階認証もしておきましょう。

めんどくさーい。二段階認証なんてする必要あるの?
大アリだ!せっかくビットコインで大儲けしても、ハッカーに財布ごと持っていかれたらすべてがパアだぞ!

簡単すぐできる!コインチェックの二段階認証の仕方

仮想通貨取引所の重要なセキュリティ対策である二段階認証を面倒くさがってはいけません。

コインチェックで二段階認証を設定する方法はカンタンです。

1ログインし、コインチェックのメニュー画面を開きます

コインチェックで二段階認証をする方法と手順

2画面上部にある「二段階認証」タブをクリック

コインチェックで二段階認証をする方法と手順

3スマホ端末の種類を選択し「設定する」をクリック

二段階認証でスマホ端末を選択する

4「Google認証アプリ」を取得する

二段階認証必要なGoogle認証アプリをダウンロードする

二段階認証には認証コードを生成する「Google認証アプリ」が必要になります。

iPhone端末を持っている人は「Google Authenticator」を、Android端末を持っている人は「Google認証システム」というアプリを、スマートフォンにダウンロードしておいてください。
5認証アプリからバーコードを読み取る

認証アプリでバーコードを読み取る

Google認証アプリからバーコードを読み取ると、6桁の認証コードが生成されます。それを3番の空欄に入力してください。

認証コードはワンタイムパスワードのようなものなので、変化していきます。30秒ほどで別のコードに変わっていってしまうので、入力は素早く行いましょう。

2番にある16桁のキーは必ず印刷かメモで手元に残しておきましょう。

電話を紛失したときなど、アカウントに戻るために必要になるキーコードです。

これで、二段階認証の設定は完了しました。

6スマホアプリに二段階認証の設定をする

次にスマホアプリの二段階認証をします。コインチェックのウォレットのアプリにログインしてください。

コインチェックのウオレットを起動し認証コードを入力する

すると自動的に上のような画面に移行します。

次に「認証アプリを起動する」をタップし、Google認証アプリを立ち上げてください。

パスワードを「コード」の欄に入力すると、スマホ端末での二段階認証が完了します。

ええ・・・っと。数字がすぐに変わってしまうので、うまく番号が入力できません。
大丈夫だ!指で数字を入力しなくても、認証アプリのコードを指でタップすれば自動的にコピーされるぞ!

コインチェックの評判は?チャートが見やすいという口コミ多数

「いろんな仮想通貨を取引してみたいけど、ぶっちゃけコインチェックってどうなの?」

このように思っている人は多いと思います。ここではコインチェックの評判や口コミを紹介します。

コインチェック利用者に聞いた!コインチェックを使うメリット

メリットとデメリットがそれぞれ気になるコインチェックですが、コインチェックユーザーは実際に使ってみてどのように感じているのでしょうか。

・仮想通貨「リップル」が欲しかったが、日本語対応ができる販売所はたった2社。そのうちの1社、コインチェックに決めたのは、サイトのデザインがキレイで見やすかったから。
(31歳/女性/会社員)

・基本的にビットフライヤーを利用している。チャートが見やすいことや、いろいろな仮想通貨に対応しているのでコインチェックも使っている。
(36歳/男性/会社員)

コインチェックを利用するメリットとして、「チャートの見やすさ」を挙げる人が多くいました。

次にさまざまな仮想通貨を取り扱っていること。「できれば信頼できる日本の取引所で、珍しい仮想通貨をトレードしたい」というのは、共通認識のようです。

利用者の評判から明らかになる!コインチェックのデメリット

これからコインチェックの利用を検討する人にとって、もっとも気になるのがデメリットですね。

コインチェックを利用している人に、デメリットだと思われるところを聞いてみました。

・手数料が高く、短期での売買ではなかなか利益にならない。
(31歳/女性/会社員)

・やはり手数料が高い。それからスマホだけではできることが限られてしまう。パソコン版とおなじことが、全てできるようにしてほしい。
(28歳/男性/会社員)

上記の口コミにあるように、仮想通貨の売買にかかる手数料が割高になることに不満を感じている人が多かったです。

またコインチェックはスマホからレバレッジ取引などができないため、その点が使いにくいと感じている人もいるようですね。

こういうデメリットってなんとかならないの?
仮想通貨市場は、これからまだまだ発展が期待できる分野だ。さまざまな取引所が競争し、ユーザーにとってよりよいトレード環境が揃うまで、もう少し時間がかかるかもしれないな。
へー、じゃあそれまで待ってた方がいいんですかね?
いや、それでは遅い!仮想通貨市場が安定するということは、仮想通貨に対する過剰な需要もしぼむということだ。いいか、仮想通貨というまたとないゴールドラッシュは今しかないんだぞ!

シンプルで使いやすい!コインチェックは誰でも簡単取引が可能

この記事では話題の仮想通貨販売所(取引所)である「コインチェック(coincheck)」について解説してきました。

コインチェックはトレードの初心者でも直感的に取引ができるシンプル設計が自慢。だれでもすぐに仮想通貨のトレードを楽しむことができます。

手数料が高いところはやや玉にキズですが、将来性のある仮想通貨を手に入れたいと思ったら「ビットコインよりアルトコイン」ですね。

さらに「アルトコインならコインチェックに決まり!」ということではないでしょうか。

アルトコイン愛好家に広く支持されているコインチェックで、あなたもぜひアルトコインデビューしてみてはいかがですか?

Zaif(ザイフ)トークンとは?買い方と今後の将来性を予想します!

ZAIFトークンとは、人気の仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」が発行するトークンのことです。

トークン?・・・って何ですか?
トークンとは「代用貨幣」という意味だ。ブロックチェーン技術で作られた仮想通貨の一種で、企業が自社サービスの提供のため、独自に作っているものもあるんだ!

しかし現状では、何か特別な使いみちがあって価値が上昇しているコインというわけではないようです。

仮想通貨トレーダーの皆さんの中にも、「ZAIFトークンってどんな通貨なのかな?」「ZAIFトークンの将来性はどうなのかな?」と気になりますよね。

この記事ではZaifが発行する「ZAIFトークン」について、特徴やチャートの見方、買い方、気になる将来性などを解説します。

Zaif(ザイフ)の公式サイトへ
Zaif(ザイフ)の公式サイトへ

ZAIFトークンとは?テックビューロが発行する独自の仮想通貨

新しい仮想通貨が次々と誕生するなか、ひそかに注目を集めているのが「ZAIFトークン※」です。

ZAIFトークンとは

Zaif(仮想通貨取引所)を運営する「テックビューロ株式会社」によって発行されるトークンのこと。

ZAIFトークンは、ビットコインのブロックチェーン上に作られたカウンターパーティー(Counterparty)というトークン向けプロトコル(規格)を利用して作られました。

ビットコインのブロックチェーンについて詳しい解説は、次の記事を参考にして下さい。

ブロックチェーンは分かるけど、カウンターパーティーって何?
カウンターパーティーも仮想通貨の一種だ。中でも特徴的なのが、独自通貨を発行できる機能があるところだぞ。
つまりその独自通貨を発行できる機能で、テックビューロがZAIFトークンを作ったってことですね!
その通りだ!

発行したトークンは、多くの人に買ってもらうことで資金調達ができます。

株式のような仕組みを思い浮かべてみてください。

ご存知のとおり株の場合、株式を発行した企業は、業績やビジネスモデルが高く評価されれば株価が上がり、低く評価されれば株価は下がってしまいますね。

しかし株式で広く資金調達をしようと思うと、上場しなければなりません。実際の上場には厳しい審査基準が設けられており、審査を合格するにはある程度の期間が必要になります。

その一方で、トークンの発行にはどのような審査もいりません。

審査などの手間もかからず、簡単に、不特定多数のさまざまな人から広く資金調達ができるのがトークンのメリットなんです。

時価総額150億円「ZAIFトークン」の将来性!2018年はどうなる?

ZAIFトークンの発行元であるテックビューロでは、取引所は頭文字だけ大文字の「Zaif」、トークンはすべて大文字の「ZAIF」と表記のしかたを区別しています。

ところで「ZAIFトークンって興味あるけど、将来性はどうなの?」と気になりますね。

筆者はZAIFトークンの将来性について、非常に明るいのではないかと考えております。そう考える理由は次のとおりです。

ZAIFトークンの将来性
  • 企業トークンとして参入が早かった
  • ZAIFトークンを使ったイベントに意欲的
  • テックビューロの将来性に期待できる
  • カリスマ性のある代表者がいる

ここではZAIFトークンの将来性について、開示されている情報をもとに解説していきます。

ZAIFトークンは企業トークンとして一番槍をつけた

ZAIFトークンが誕生したのは2016年春のことです。

ビットコインや仮想通貨はいまでこそ有名になりましたが、そのころは存在すら知らないという人が多かったのではないでしょうか。

そんななかで仮想通貨の有用性に注目し、これからのデジタル資産革命を予言していたかのように誕生したのがZAIFトークン。

それが今では時価総額150億円規模に急成長しています。企業トークンとしても大きな成果を上げているだけでなく、ユーザーには「Zaft(ザフト)」などと呼ばれて愛されているんですよ。

多くの仮想通貨トレーダーが注目を集める未知数のトークンなので、ちょっとしたニュースが起爆剤となり一気に爆発する可能性がないとはいえません。

ZAIFトークンはイベントで高騰する可能性が!話題性は二重丸

ZAIFトークンの見逃せないポイントは、イベントによる話題性によって高騰する可能性があることです。

Zaifはイベント活動に前向き。2016年にはICOの普及を狙った「ビットガールズ」というテレビ番組を放送したり、人気タレントの電子トレーディングカードをトークン化するなど話題作りをしてきました。

そのほか上場企業のフィスコ<3807>やカイカ<2315>、ネクスグループ<6634>がそれぞれ作成したトークンを、Zaif取引所のみで取り扱いを始めるなど、独自性のある活動をしています。

また人気ブロガーがZAIFトークンを取り上げて買い増しを宣言したり、Twitter上でばらまいたりしたことでも注目されました。

そしてついに2017年の8月、ZAIFトークンの値段が急上昇しています。

Zaifトークンのチャート

このきっかけとなったのは、有名ブロガーによる煽り発言や、COMSA(コムサ)トークン※上場と連携するのではないか、というウワサが出回ったため。

COMSAトークンとは

企業が資金調達を行なうICOの国内の大型案件第一号。「企業がブロックチェーン技術を利用して事業を行なうためのサポートやサービスを提供するプロジェクト」を支援するトークンのこと。

またよくわからない言葉が出てきました。ICOってなんですか?
ICOとは、トークンというデジタル通貨を利用してクラウドファンディングのような資金調達方法のことだぞ。

ICOは、企業を応援するトークンをセールで購入できるというメリットがあります。つまりダイヤモンドの原石を掘り当てる可能性もあるということ。

「上場前のCOMSAトークンが、Zaifトークンで購入できるようになるのではないか?」というようなウワサが巷のZaifトークン熱に火をつけたのです。

結局これはウワサだけにとどまらず、「COMSAトークンの購入が、BTCやXEM等に加えてZaifトークン建てでできる(セールのみ)」という公式発表が正式に発表。

今後もCOMSAトークンの価格や、発行元のテックビューロの動向、仮想通貨取引所Zaifの人気によって、価格が大きく変動する可能性は十分考えられます。

ZAIFトークン=テックビューロの将来性に期待できる

ZAIFトークンの将来性を語るには、要するに発行元のテックビューロの動きに注目せざるをえません。発行元テックビューロに信頼性がなければ、ZAIFトークンも紙くず同然だからです。

テックビューロのプロフィールは、次のとおりです。

株式会社テックビューロの概要
会社名 テックビューロ株式会社
Tech Bureau, Corp.
所在地 大阪府大阪市西区西本町1-4-1 オリックス本町ビル4F
設立 2014年6月16日
資本金 8億3,013万円(資本準備金含)
役員 代表取締役:朝山 貴生
株主構成 朝山貴生
朝山道央
日本テクノロジーベンチャーパートナーズ

テックビューロを構成する大きな柱は3つあります。

株式会社テックビューロの主軸
  • 取引所Zaif
  • COMSA
  • mijin

取引所Zaifの存在や、COMSAという企業トークンを生み出すプロジェクトについては、すでに解説しましたね。

ZaifやCOMSAのほかに、テックビューロを語るうえで欠かすことができないのが「mijin(ミジン)」です。

み、ミジン・・・コ?
違う、ミジンだ!語源は忍者の武器「微塵」から来ているそうだ。mijinは強力な武器で敵をコッパミジンにする、頼もしい味方だな。
mijinは、ブロックチェーンの長所「消えない」「改ざんできない」「ゼロタウンタイム」を応用しつつ、セキュリティレベルとパフォーマンスを上げ、コスト削減も実現したプライベートブロックチェーンなんです。

mijinが注目されている理由は、仮想通貨NEMのブロックチェーンを作った同じエンジニアが、国境を超えたプロジェクトとして日本国外でも始動。

この実証実験が2年以上行なわれ、どうやらそれが実を結ぶのがいよいよ2018年ではないか、と言われているのです。

どうですか?テックビューロと一蓮托生のZAIFトークンに、おもしろい未来が待っている気がしませんか?

テックビューロの代表、朝山貴生氏の言動に注目!

もうひとつ重要なのが、テックビューロ代表取締役の朝山貴生さんの動向。朝山貴生さんは、Twitterやブログなどでさまざまな情報を発信しているんですよ。

NEM.io財団(ブロックチェーンNEMのコアチーム)の評議会員も努めていますので、社会的にもさらに影響力が高まっていく存在ではないでしょうか。

謎多き仮想通貨についても確かな情報を積極的に発言してくれる存在として、見逃すことができないキーパンソンです。

「mijinとNEMプロトコルは、超高速で処理できるブロックチェーン基盤となるべく努力している」「COMSAトークンセール参加者の期待に添えるよう尽力したい」など、今後の展開についても非常に意欲的に語っておられます。

2018年はCOMSAのホワイトペーパー(サービスの機能解説)にあるプランに「欠けている2つのピース」を発表する予定、とのこと。

欠けている2つのピースとは何なのかそれはまだ不明ですが、謎めいた発言の裏側に「わくわくするような発表」が隠されているに違いありませんね。

その発表が、ZAIFトークンの価格を揺るがす可能性は十分にあります。

タイミングを見過ごさないためにも、朝山さんの発言は注意深くチェックしたほうがよさそうですね!

ZAIFトークンのチャートの見方!スマホアプリから簡単チェック

ZAIFトークンのチャートは、Zaifの取引所から閲覧することができます。

Zaif(ザイフ)の公式サイトへ
Zaif(ザイフ)の公式サイトへ

もちろんパソコンから見ることもできますが、ここではスマートフォンのアプリから手軽に確認する方法を紹介しますね。

1アプリをダウンロードする

Zaifアプリならチャートのチェックだけでなく仮想通貨の取引もサクサク速いので、まだダウンロードしていない人は、これを機会にしておくことをオススメします。

2Zaif取引所の画面を表示する

「Exchange」をクリックすると取引所の画面に移動します。チャートを見るだけなら、ログインしなくても大丈夫です。

Zaifトークンのチャートの見方

下のような画面になったら、番号順にタップしましょう。

Zaifトークンのチャートを表示する

3ZAIFトークンのチャートが表示される

ZAIFトークンのリアルタイムチャートを表示することができました。

Zaifトークンのリアルタイムチャート

外出中でも仮想通貨の値動きは気になりますね。そんなときは、Zaifのアプリからチャートを確認するのがおすすめです。

スマートフォンのブラウザから同じチャートを見ることもできますが、読み込み速度はアプリのほうが早く、動作も軽いですよ。

ZAIFトークンの買い方!人気トークンの購入手順をわかりやすく解説

ZAIFトークンを購入できる取引所は、今のところZaifだけです。

ZAIFトークンが高騰するきざしが現れると、それまでは他の取引所を利用していた人もZaifにアカウントを作りたいという人が殺到するかもしれませんね。

ZAIFトークンを購入するまでの手順は、次のとおりです。

ZAIFトークン購入手順
  1. アカウントを作る
  2. 本人確認をする
  3. 口座に日本円を入金する
  4. ZAIFトークンを購入する

このようにまずはZaifにアカウントを作り、本人確認書類を送信します。

日本円の入金方法は、「銀行振込」「コンビニ入金」「ペイジー入金」の3種類。

おすすめは、住信SBIネット銀行からの振り込み。手数料も無料で、反映も早いためです。

入金が反映されたら、いよいよZAIFトークンを購入することができます。

ZAIFトークンをスマホアプリで簡単売買!買い方の操作方法を解説

ここでは「スマホアプリからZAIFトークンを購入する方法」を解説します。

先ほどZAIFトークンのチャートを表示する方法について解説しましたね。その画面を下にスクロールしていくと、取引画面になっているんですよ。

このときアカウントにログインした状態でなければ購入することができないので、注意してください。

Zaifトークンのチャートの買い方

ZAIFトークンを購入する場合は「買う」を、売却する場合は「売る」のタブを選びます。

1注文方法を選ぶ

「指値」か「成行」か、希望の注文方法を選びます。

値段を指定して購入するなら「指値注文」、値段を指定せず、いくらでもいいから買える値段で買いたいなら「成行注文」にしましょう。

21ZAIFの価格を入力する

指値注文を選択していた場合、希望の価格を入力する必要があります。(成行注文なら入力は不要)

できるだけ安く買いたいからといって、安すぎる値段で指値注文を入れても、約定しなければ(取引が成立しなければ)意味がありません。

枠内をタップして希望の価格を手入力することもできますが、「気配値」から希望の値段を選ぶこともできるんですよ。

気配値は、画面をさらに下にスクロールすると見ることができます。

Zaifトークンのチャートから気配値を見る

このように気配値では、ZAIFトークンを売買したいと思っている人の注文が「いくら」に「どれだけ」入っているのか、具体的な数値を見ることができるんですよ。

気配値から「約定しそうな値段」を選んで指でタップするだけで、指値を入力することが可能です。

3ほしい数量を入力する

希望の数量を入力します。

いくらZAIFトークンの将来性に期待ができるとしても、もしあなたがまだ初心者なら一度に大量に購入しないで、数回に分けて購入するほうがいいでしょう。

ボラティリティの高い仮想通貨の購入を数回に分けることで、時間による分散投資ができるためです。

4確認後、買い注文ボタンを押す

入力に間違いがないことを確認したら、最後に「買い注文」というボタンを押しましょう。

しかし指値注文なら、まだ購入したことにはならないので注意。あなたの注文金額で誰かが売り注文を出していなければ約定しません。

約定してはじめて、購入したことになるんですよ。

このへんは株とほぼ一緒ですね。
そうだな、株式投資をしている人ならすぐにマスターできるだろう。

ZAIFトークンにメリットはある?将来のテックビューロに期待!

この記事ではZAIFトークンとは何なのか、またZAIFトークンの将来性や、買い方などZAIFトークンについて解説してきました。

ZAIFトークンとは、仮想通貨交換所Zaifを作ったテックビューロという会社が提供するトークン(仮想通貨)です。

「今後、将来的に高騰するのではないか」という憶測が期待を込めてささやかれている理由は、テックビューロの持つ高い技術や、代表朝山貴生さんのしっかりした経営ビジョンを信頼し、共感している人が多いからでもあります。

テックビューロは非上場企業です。しかし取引所のなかでもいち早く金融庁(近畿財務局)に登録されており、取引所の信頼性として高いことは事実。

今後の動き次第では株式市場に上場する可能性も大いにあります。そうなったとき、ZAIFトークンの値段は青天井となるに違いありません。

いまZAIFトークンのホルダーは将来のお宝トークンを保持している、とも言えるかもしれませんね。