歴史

ビットコインが誕生したのはいつ??ビットコインの始まりを紐解きます!!

ビットコインは、現在多くの人に知られる仮想通貨になってきました。しかし、ビットコインが誕生した時を知っていられる方は、少ないのではないでしょうか。以下では、ビットコインが誕生した背景やビットコインの今後についてまとめていきます。ビットコインが誕生した背景はとても謎も多く興味深いものです。


ビットコインの誕生はいつ?

ビットコインは、2008年10月31日にサトシ・ナカモトと名乗る人物がインターネット上にビットコインに関する論文『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』を投稿しました。この論文によって、『P2P(ピア・トゥー・ピア)』や『ブロックチェーン』と呼ばれる新しい仕組みを使った、発行主体を持たない『分散型の処理』を行う新しい通貨を生み出す方法が記されていました。

このビットコインに関する論文の投稿によって多くの研究者やプログラマが触発され、その有志の集まりによって論文を証明する形で、研究と開発が始まりました。初期段階ではビットコイン考案者であるサトシ・ナカモトも開発に関わっていたようですが、正体を明かすことのないまま2010年にはプロジェクトを去ることになりました。しかし、サトシ・ナカモトがプロジェクトを去ったその後も「ビットコイン」の研究は、BitocoinCore(ビットコインコア)という場所で盛んに行われています。

そして、論文の発表から2ヶ月後の2009年1月始めに初めてのブロックが誕生しました。これが、ビットコインの誕生日となりました。このブロックが誕生した週は、2つのビットコインに関わることが起こりました。1つは、ビットコインがオープンソースで公開され誰でもビットコインのネットワークに参加できるようになったことです。2つ目は、ビットコインを使った初めての送金がサトシ・ナカモトとソフトウェア開発者のハル・フィンリー氏の間で行われました。ビットコインの誕生の背景です。

ブロックチェーンに関する参考記事

いまさら聞けないブロックチェーンとビットコイン

ビットコインを誕生させたサトシ・ナカモトとは?

サトシ・ナカモトがビットコインの論文を発表してから、9年が経ちましたが、いまだに正体がわかっていません。発表された論文のプロフィールには、37歳の日系人であるというプロフィールが公開されていましたが、それが正しい情報かもわかっていません。

わかっていることとしては、サトシ・ナカモトがビットコインを100万BTC保有しているということです。最近では、自分がサトシ・ナカモトであると名乗りでる人は多くいますが、特定できる情報が不十分で、彼らがサトシ・ナカモトである可能性は低いと言えます。
ここで一人、自分がサトシ・ナカモトであると名乗り出た人を紹介します。彼の名前は、オーストラリア人起業家の『クレイグ・スティーブン・ライト氏』です。

彼は、ビットコインをデビッド・クレイマン氏とともに110万BTC保有していたことや、サトシ・ナカモトしか知らないビットコインに関する情報を持っていたなどからです。彼が、2015年にこの発表をしてから多くのマスコミがクレイグ氏について調べました。すると、数多くの嘘をついていることがわかり、グレイグ氏も嘘であることを認めました。

最近のニュースでは、SBIホールディングスの北尾会長がサトシ・ナカモト氏と議論したことを公表しています。

また、ビットコインの最小単位「0.00000001BTC=1satoshi」の単位「satoshi」は、考案者「Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)」の名前にちなんでつけられたものです。

仮想通貨誕生のメリット

まずは、社会の面から仮想通貨がなぜ利用されてきているのかについて書いて行きます。これまで、人類の歴史を振り返ると、通貨は貝や金、銀といった自然にあるものを使ってきました。現在は、紙幣として紙を使っていますがこれも自然のものです。このように、自然にある商品を利用する場合そのモノは有限であり、特に金や銀に関しては、希少性が高く取れる国も限られてきます。そういった面で、偶然の要素が強いと言えます。

しかし、仮想通貨は、人間が自由に埋蔵量を調整でき、また新しい通貨を生み出すことが容易になりました。新しい通貨が作りやすくなるとその地域にあったコインを作ることができます。これにより、新しいコミュニティの形成などに使うことが可能となってきます。今後は、一つの国でも複数のコインが誕生する可能性があります。

次に、利用者の視点から考えて行きます。現在私たちは決済手段として紙幣を利用してます。この紙幣を利用する前は上記で書いた貝や金、銀などを利用してきました。なぜ、これらが紙幣に変わっていったのでしょうか。それは、利便性です。紙幣は、金や銀よりも持ち運びに優れています。そこで、金に変わって紙幣が発行されるようになりました。また、最近の紙幣は特殊な印刷技術が利用されており偽札を防止することができるようになりました。このように、人間は利便性を求めた通貨を作り続けています。

現在の社会に目を向けるとクレジットカードや携帯で決済を行う人が増えてきています。これは、現金での決済を手間であると考えている人が多いからであると言えます。そして、それと同時にインターネットの技術が発展し、現金を持ち歩かなくても良くなり手間を省くことができるよになったのです。そのため、現在のように仮想通貨が誕生し注目されるようになった点であると言えます。

つまり、仮想通貨は現在現金が持つ不便さを解消する可能性を秘めているのです。

お金の歴史に関しての参考記事

なぜ今、仮想通貨なのか?お金の歴史を踏まえて解説して行きます。

仮想通貨誕生による新しい社会

ICO

クラウドファンディングは、株式の発行による『直接金融』での資金調達に近いものです。株式投資には、『IPO(InitialbPublic Offering新規公開株)投資』という方法があります。株式市場に上場する会社の株式を『上場前に入手』し、上場時に人気になった時点で売却して、利益を得るというものです。

有望な会社であれば、いわゆる予約段階で投資したい人が多すぎて、抽選しなくてはならないほどです。これと同じ動きが、仮想通貨にもあります。それが、『ICO(Initial Coin offering)』と呼ばれる資金調達法です。ICOでは、株を発行することはありません。調達する資金も仮想通貨となっています。

つまり、仮想通貨で資金を調達し、株式ではなく、自分たちで作った「独自コイン」(トークン)を発行し、投資家にはトークンを配布します。その後、投資家は事業が始まった後に、トークンを売却することもできます。あるいは、そのビジネスに資金提供以外のかたちで参加し、ビジネスを大きく育てることで、トークンの価値を高めて、投資以上のリターンを得ることも可能となっています。

なぜICOなのか

株式を発行するには、まず金融当局の審査が必要となり、その後には企業の情報を投資家に『法で定められた形』で発表しなければなりません。また、投資家にとっても証券会社に口座を作るという手間だけではなく、一定以上の資金を投資しなくてはならないというハードルがあります。というのも、売買する際の最低の株数(単元株)が決まっているからです。

ICOでは、投資を全世界から呼び込むことができるうえ、出資できる金額も自由とされています。そのため、多様な資金形成が可能であり、事業をスピーディに形にできます。株式発行で『必要とされる手続き』を全てすっとばし、新しいアイディアをどこよりも早く実行することができるのが、『ICO』という手法になります。

最後に

この記事では、ビットコインが誕生した背景から、ビットコインの今後の展望についてまとめました。紹介したICO以外にも仮想通貨には多くの用途があります。そのため、ビットコインがどんな用途があるのかという点にも注目が必要です。

投稿 ビットコインが誕生したのはいつ??ビットコインの始まりを紐解きます!!COINNEWS に最初に表示されました。

なぜ今、仮想通貨なのか?お金の歴史を踏まえて解説して行きます。

仮想通貨は日本の大手のMUFGやゆうちょ銀行、みずほ銀行などが参入するほど注目を浴びています。また、それは民間の銀行だけではなく、円を発行する中央銀行までもが研究を進めているほどです。以下では、なぜ仮想通貨がこれほどまで注目されているのかお金の歴史を踏まえて考えて行きます。


物々交換

聞き馴染みのある物々交換は、貨幣がまだない時代に行われた始めての経済的取引だと言われています。この物々交換には2種類の交換方法があります。一つは、『自然貨幣』と呼ばれるものと『商品貨幣』と呼ばれるものです。以下では、この2つを詳しく解説していきます。

自然貨幣

貝殻や骨などは、当時とても希少なもので、誰もが受け取りやすいものでした。そして、そういった希少なものを使い食料などを交換していたと考えられています。しかし、こういった貝や骨は使う用途がなく、それ自体に『価値がない』のです。そこで次に現れたのが、商品貨幣となります。

商品貨幣

『加賀100万石』という言葉があるように、日本の歴史では『コメ』が1つの貨幣として利用されていました。コメは、自然貨幣と違いそのもの自体に用途があります。日本では、コメがそれに当たりますが、世界では牛といった家畜や布なども物々交換として用いられていました。こういった、商品貨幣流入できたのは農業や畜産業の生産性が発展し『余剰生産物』を生産することが出来るようになったからであると言えます。剰余生産物とは、生活に必要なもの以上に生産できたモノのことを言います。この、商品貨幣のデメリットは交換に手間がかかることです。毎回ものをお買う際にコメを使うと考えると、その不便さがイメージできるのではないでしょうか。この商品貨幣のデメリットを補ったのが金属貨幣と呼ばれるものです。

金属貨幣

秤量貨幣

金属貨幣は、主に金、銀、銅などがその例です。こういった金属は、それ自体に価値があります。また、コメや家畜よりも持ち運びの面で便利であり、腐ることがないので一度作れば長い間流通し続けることができるというメリットがあるため流通しました。この金属貨幣が、流通したときはその金属の重さでものを交換していました。これは、商品貨幣も、コメなどを重さで測っていたため、商品貨幣の一部を残していると言えると思います。このように、金属の重さを図って商品を交換していた方法を『秤量貨幣』とも言います。この秤量貨幣は、重さをはかるという手間がありました。そこで、次にできたのが鋳造貨幣です。

鋳造貨幣

鋳造貨幣は、金属を溶かし型に入れることできた金属のことを言います。ここから、生まれたのが、信用貨幣というものです。これまでは、金属の量、コメの量など量を重視して交換されていました。この信用貨幣は、誰かがその価値を担保する必要があります。そして、それを誰かが信用してその通貨を使います。日本では、和同開珎がこの信用貨幣のはじめだと言われています。他にも小判といったものもこれに当たります。1円玉も日本銀行がその価値を証明しているため1円という価値を持っているのです。ただこれも金属であるため一定の量になると持ち運びが面倒になってきます。ここで、使われたのが紙幣でした。

兌換紙幣

紙幣が使われる時代に、印刷屋製紙の技術が発達してきました。そうした、技術の発展により金属の代替物として紙幣という紙が使われるようになったのです。この紙幣の元々は、金属を商人に預けることで紙幣がもらえるというシステムでした。つまり、紙幣は金属と交換できる保証があるため貨幣として流通できたと言えます。これを『金本位制』とも言います。日本では、1882年に初めて発行されました。紙は、金属と違い持ち運びが便利であるメリットがあります。この金本位制が世界で使われるシステムとなることで、金の量が足りなくなりました。そこで、金と紙幣を交換する兌換紙幣というシステムはなくなりました。そこで、新しくできたのが不換紙幣です。

不換紙幣

不換紙幣は、金との交換を約束されていません。つまり、私たちは日本政府が1万円の価値を認めているだけであって、何が1万円と同等の価値なのかを認められていないです。これが現在の紙幣と言えます。

仮想通貨

これまで、貨幣というものの歴史をみてきました。交換されるものが変わってきたのは大きくわけて2つの点があります。

1つは、交換する手間です。商品貨幣が金属貨幣に交換された時がその一つの例です。
現在、キャッシュレス社会という言葉があります。これは、現金ではなくクレジットカードなどを利用してものを購入する方法です。これも、現金を利用して購入するの購入の手間があるためこういった考えが生まれてきたといえます。

2つ目は、技術です。兌換紙幣が生まれたのがその一つの例です。こういった技術が生まれることも貨幣が新たな形になる一つの例でした。現在は、インターネットという新たな技術があります。これを用いることで、現金を持つという手間を省く技術が生まれたのです。

しかし、このインターネットは安全性という面で信用が得れていません。それがこれまで、インターネットを使った貨幣が生まれてこなかった理由です。しかし、ビットコインといった仮想通貨には、ブロックチェーンと呼ばれる技術があります。このブロックチェーンがその信用度を保証するシステムとなる存在として現在注目されて多くの銀行が仮想通貨を研究しているのです

投稿 なぜ今、仮想通貨なのか?お金の歴史を踏まえて解説して行きます。COINNEWS に最初に表示されました。