昨今、多くの弁護士が離婚に伴う仮想通貨のオーナーシップへの対応に頭を悩ませています。仮想通貨の特徴である匿名性により、夫婦それぞれが相手の財産を自分のものにすることを期待しますが、それは結局難しいものです。
以下、離婚する際の財産として、仮想通貨がどのように扱われるのかを詳細に説明していきます。

弁護士は仮想通貨と離婚問題をどう解決するべきなのか?

さまざまな法律家が、仮想通貨のオーナーシップが離婚によって揺らいだ際の問題について議論をしています。仮想通貨の理念というのはオーナーの匿名性といったところにあり、それによって相手に知られることなく財産を貯めることが夫婦間によって可能になります。しかし、それが必ずしもお互いに幸せや成功をもたらすとは限らないのも確かなのです。

仮想通貨と離婚の複雑な関係

離婚問題を専門とする弁護士は、仮想通貨の利用から夫婦に起きる法的離別(いわゆる離婚)というものが増えていることを主張しています。その中で最も大きな問題の一つとしては、仮想通貨の特徴である匿名性を利用してしまうことで、夫婦の片方が相手の収入を隠せてしまうことが挙げられます。

イギリスのCollier Bristowにある、家族法の専門家のToby Yerburgh氏によると「元来の離婚において、夫婦はお互いにありもしないはずの相手の財産を受け取れることを期待します。しかし、仮想通貨では元来できなかったはずの財産を入手できてしまうのです。」と財産分担と仮想通貨の関連性を説いています。さらに彼は、仮想通貨が2017年から人気になるにつれて離婚に伴う上記の問題が発生したことを証明しています。

弁護士は仮想通貨をどう捉えるのか?

イギリス家族法の弁護士の一人であるVictoria Clarke氏は、「仮想通貨が物事を複雑にするのは、自分の配偶者がお金を管理しながらも、その収入を自分には悟られないよう隠してしまう時にあります。これまでは弁護士もビットコインについて必ずしも知識を入れておく必要性が低かったものの、今やこう言った問題を解決するには重要な情報となったのは事実なのです。」と、仮想通貨に対する知識の必要性と重要性について述べています。

アメリカ、大統領専属の離婚を専門に扱う弁護士であるPeter Walzer 氏は、さらに多くのアメリカ法律家が仮想通貨について学ぶことで、夫婦間の問題を解決する際の粘り強さが身につくことを主張しています。「私にアメリカ中の弁護士から仮想通貨を表す最適な言葉をどう当てはめればよいか、山のような連絡が来ていました。こう言ったところから、私たちは新しいものを学ばねばならんのです。」と話しております。

Jonathan Field氏は、仮想通貨というものはまさに私たちが模索しているものであることを話し、夫婦間における仮想通貨の開示をどの様に言い表して行くべきかを模索することを話しています。

仮想通貨のオーナーシップが証明されるまでの、不透明かつ長い道のりとは?

Jo Carr-West 氏 (UK-based law firm Hunters)は、仮想通貨によって以前にはない不信用性というものが作られ、それが人々の間における情報不足に伴い仮想通貨への不安をもたらしていると述べています。

彼がとりわけ警告しているのは、夫婦間で隠されている仮想通貨の収入が離婚の手続きを大幅に長引かせてしまうことであり、これを担う専門家は仮想通貨の貯蓄額を確かめることが必須となってくると述べています。しかしながら、仮想通貨がオフラインの状態でデジタルフットプリントを残すことは少ないため、隠れた貯蓄額をしっかり証明するができないと言われています。

法廷は絶望した、仮想通貨に関わる問題を解決する力を自分達が持っていないということに

Vandana Chitroda氏(a partner at Royds Withy King)は、バーチャル通貨市場の高騰に伴い、離婚手続き中の仮想通貨における価値を測ることの難しさを主張しています。

また、Chritroda氏はこの問題について「仮想通貨は普通の通貨のようにその投資や価値を推し量ることはできません。離婚手続きを踏むそれぞれの局面においてその都度仮想通貨の価値を確認し、最後にはそれを判断材料としなければなりません。」と実際の手続き中に伴う仮想通貨の価値変動と重要性を説いています。

上記のことにさらに彼女は意見を加えました。

「法廷はいままでになかった問題にぶち当たり、まだその問題を解決できるほどの十分な問題をもっていません。これを解決して行くためには、当事者たちが法廷に電子メールによって手紙を送れるように、法廷の人間が仮想通貨に対する策を練らなければならないのです。大きな挑戦にはなりますが、これは必ず、私たちが理解し立ち向かわねばならないものなのです。」と。

仮想通貨がまさか離婚の手続きのかせになるなんて、新しいものが導入されると変わった問題も浮上してくるものですね。

以下、参照先のサイトです。(原文英語)

【Bitcoin.com】Lawyers Discuss Challenges Posted by Cryptocurrencies During Divorce

投稿 離婚中における、仮想通貨の運用停止にたいして弁護士はどう思うのか?COINNEWS に最初に表示されました。