海外の仮想通貨ニュース速報

No tags for this post.

【8/19まで!】BitTrade(ビットトレード)が500円分のアマゾンギフト券がもらえるツイッターキャンペーンを実施中!

こじるりがかわいいと話題のBitTrade(ビットトレード)が、スマホアプリリリース記念としてツイッターキャンペーンを行っています!

アカウントのフォローとリツイートだけの2ステップで、1,000名に【Amazonギフト券500円分】が当たります!

[aside type="boader"][/aside]

お得なキャンペーンは8月19日12:59まで開催中とのことですので、お早めにご参加ください!

Twitter上ではすでに喜びのツイートが続々!

[ex-jp-BitTrade] [kanren postid="3377"]No tags for this post.

ビットポイントは取引&送金手数料が無料!XRPも取引できるBITPointの特徴を解説!

日本国内の仮想通貨取引所として、知る人ぞ知る取引所「BITPoint」(ビットポイント)

[aside type="boader"]

  • 上級者に最適な自動売買ツール「MT4」が使える。
  • 初心者でも取引を始めやすい安心の「損益計算ツール」が使える。
  • 取引&送金手数料が「0円」!さらに仮想通貨での「決済」専用アプリもリリース済み!
  • サーバー障害、アクセス障害の発生が無い
[/aside] などなど、優良なポイントが揃っていて、徐々に人気&知名度が高まってきています。

本記事では「BITPoint」(ビットポイント)の特徴やおすすめポイントをご紹介します。

[btn class="lightning big"]BITPoint 公式サイトはこちら [/btn]

BITPoint(ビットポイント)の特徴

取り扱い通貨

[table id=743-002 /]

BITPointでは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムの他に、国内で人気の通貨「Ripple」(リップル、XRP)も取り扱っています。

[aside]補足
リップルのロゴマークは、下記から上の図のものに変更になっています。

参考 : XRP | Ripple[/aside] BITPoint 公式サイトはこちら

取り扱い通貨ペア一覧

[table id=743-003 /]

ビットポイントでは上記の5銘柄を、多彩な8ペアから取引することが可能です。

通貨が全て日本円と取引できるところも魅力です。

BITPoint 公式サイトはこちら

各種手数料が無料!

BITPoint(ビットポイント)の魅力の一つが、「各種手数料が無料」という点です!

取引 & 送受金 手数料が完全無料!

現物&レバレッジ(FX)取引の手数料が無料なので、取引する度に逐一手数料を気にする必要がないので気兼ねなく取引することができます!

[aside]補足 : 「キャンペーン」ではなく、ビットポイントは「常時 無料」!
キャンペーン期間中は「無料」となる他社取引所は多いですが、ビットポイントの場合は「常に無料」となっています。[/aside]

さらにビットポイントへ仮想通貨を預け入れる(受金)場合の手数料はかかりませんし、ビットポイントから他の取引所やウォレットなどへ送金する場合の手数料は「完全無料」となっています。

[caption id="attachment_743_001" align="aligncenter" width="640"] BITPointと他社(取引所)、ウォレットの送金手数料の比較図
他社やウォレットから送金する場合は、「送金手数料」がかかりますが、BITPointから送金する場合には「手数料」はかかりません。
さらにビットポイントへ仮想通貨を入金(預入、受金)する場合の手数料も無料となっています。[/caption]

他社から送金、受金する場合や、ウォレットへ送受金する場合にも手数料を気にする心配がありません!
※ 他社取引所からBITPointへ送金する場合には、その取引所の規定の送金手数料やマイナーへの手数料、ウォレットからビットポイントへ送金する場合にもマイナーへの手数料は別途発生します。

[aside]補足 : マイナーへの手数料もビットポイントが負担している


「送金手数料無料だけどマイナーへ支払う手数料はユーザー負担」という取引所が多く、中には「送金する場合は取引所へ手数料を支払い、さらに別途マイナーへの手数料も自己負担」という取引所も存在します。

ですので、ビットポイントの「マイナーへの手数料の支払いも含めて、送金手数料も常に “無料” 」というのはどの取引所でも見かけない良心的なサービスとなっています。[/aside] BITPoint 公式サイトはこちら

口座管理料 & 入出金手数料も、もちろん無料!

ビットポイントで新しく口座を開設(アカウントを作成)しても、作成料金も年間維持費·管理費もかからず無料となっています!

さらに日本円の入出金も、振り込む際にかかる手数料のみで、別途手数料はかかりません。

あらゆる手数料が無料なので、ビットポイントで「仮想通貨を購入」、もしくは「取引」を行うユーザーは、細かい手数料計算など一切気にせず、取引に集中できます!

BITPoint 公式サイトはこちら

決済用のツールも充実している!

仮想通貨を使って買い物がしたい、というユーザーの為の仮想通貨店舗決済アプリ「BITPointPay」も用意されています。

仮想通貨で売買が可能なサービスも続々誕生していますし、仮想通貨のイベントも次々と開催されているので、仮想通貨を使って決済したいというユーザーにもビットポイントは魅力的な取引所となっています。

BITPoint 公式サイトはこちら

損益計算ツールが用意されている!

さらにおすすめしたいポイントが、BITPointの「損益計算ツール」です。

ビットポイント内で行った取引の損益計算を自動で行ってくれるので、仮想通貨取引に慣れていないユーザーでも安心して取引を行うことができます!

[aside]補足
仮想通貨を利益を出すと、損益を計算して納税する義務が発生します。(雑所得の扱いとなるので、20万円以上の利益の場合には申告のうえ納税する必要があります。)

仮想通貨の計算は、初心者はもちろん経験者でもとても困難で、さらに外部の損益計算用の専用ツールを使ってもズレがあったり、税理士に相談しても仮想通貨に疎くてよくわからなかったりします。

ですので、取引所が自ら「損益計算ツール」を用意してくれているのは大変嬉しいポイントといえます。[/aside]

レバレッジ - 4コースから選択できる!

レバレッジコースは、下記の4種類から選択できます。 [aside type="boader"]

  • 2倍
  • 5倍
  • 10倍
  • 25倍
[/aside] レバレッジ2倍も選択できるので、初心者でもレバレッジ取引を始めやすい設計となっています。

また最大25倍まで出来るのも特徴の一つです。

BITPoint 公式サイトはこちら

MT4(メタトレーダー4)

ビットポイントの一番の特徴としては自動売買が出来るMT4(メタトレーダー4)が使えることです。

MT4はFXなどで自動売買ができるチャートソフトです。
MT4の知識があれば自動で仮想通貨の売買を行ってくれるので非常に便利なツールとなっています。

取引ツールはMT4だけでなく通常タイプもあるのでMT4を使わない人にも安心して取引ができます。

BITPoint 公式サイトはこちら

BITPointの運営会社

[table id=743-001 /]

ビットポイントはビットポイントジャパンが運営しており設立は2016年3月になります。

東証上場企業(株式会社リミックスポイント)の子会社で資本金も潤沢なので安全性も高く安心です

BITPoint 公式サイトはこちら

BITPointはグローバルに展開中!

[table id=743-004 /]

意外と知られていないのですが、ビットポイントはすでに数カ国で仮想通貨取引所を運営しています。

精力的にグローバル展開している点も、企業として信頼・期待できるポイントです。

BITPoint 公式サイトはこちら

ユーザーの口コミまとめ!

BITPoint 公式サイトはこちら
BITPoint 公式サイトはこちら

取引&送金手数料が無料でユーザー満足度の高い国内取引所 - BITPoint(ビットポイント)!

[ex-jp-BITPoint] No tags for this post.

取引所の出来高をプッシュ通知にてお知らせ!価格変動を事前に察知できるcryptofolio社のCryptopush(クリプトプッシュ)をご紹介!

仮想通貨の取引で「ポートフォリオ」(資産管理)アプリや、実際に取引が出来るアプリやツールは数多くありますが、「出来高を監視して、変動があればプッシュ通知でお知らせ」してくれるアプリは非常に珍しいのではないでしょうか。

本記事では、仮想通貨界隈の超有名ポートフォリオアプリである「Cryptofolio」(クリプトフォリオ)をリリースしているcryptofolio社が新たにリリースした姉妹アプリ、「Cryptopush」(クリプトプッシュ)をご紹介します。

2018年7月25日にリリースされた直後とあって、まだこの「クリプトプッシュを知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで「海外の仮想通貨ニュース速報」ではいち早くご紹介させていただきます!

仮想通貨を保有、もしくは取引されている方は本記事をご覧いただき、ぜひクリプトプッシュをインストールしてみてください!

[btn class="lightning big"]Cruptopush(クリプトプッシュ)のインストールはこちらから[/btn]

Cryptopush(クリプトプッシュ)とは?

クリプトプッシュとは、人気のポートフォリオアプリ「Cryptofolio」(クリプトフォリオ)を提供しているcryptofolio社(クリプトフォリオ社)が新たにリリースした「仮想通貨取引支援」アプリです。

クリプトプッシュの主な特徴

[aside type="boader"]
  • 出来高が変動した通貨のプッシュ通知が来る
  • 通知を一覧で確認できる
  • 銘柄情報を即座にTwitterで検索できる
  • 出来高の急上昇ランキングが見れる(有料版のみ)
  • 仮想通貨に関係したニュースが見れる
[/aside]

2.開発経緯
仮想通貨トレードは株式市場等とは異なり、24時間取引が行われています。また他の金融商品には見られないような短時間における大きなボラティリティが時間を問わず発生しているため、最適なトレードタイミングでエントリーするためには常に相場を監視している必要があります。 そのため、トレードに充てられる時間が中々取れない方や、大量の仮想通貨からエントリーすべき通貨の選定が困難な方向けに、エントリータイミング探しの補助となるアプリケーション「Cryptopush(クリプトプッシュ)」をリリース致しました。

引用 : 価格変動を事前に察知できる仮想通貨トレード支援ツールCryptopush(クリプトプッシュ)リリースのお知らせ|株式会社クリプトフォリオのプレスリリース
上記はクリプトフォリオ社のプレスリリースから引用しましたが、クリプトプッシュの魅力は下記のポイントかと思います。 [aside type="boader"]
  • 中·上級者 : 常に相場を監視する必要がなくなる
  • 初心者 : エントリーするタイミングが分かる
[/aside] すでに多くの取引を経験している人であれば、トレードの為に相場を24時間監視し続ける必要がなくなりますし、「エントリーを入れるタイミングに迷っている」人にとっては、タイミング探しの補助アプリとして重宝するかと思います。

無料で使える!有料プランもあり!

クリプトプッシュは無料でインストール&利用ができます。

別途有料プランも用意されていて、有料プランではより自由度が高く、自分好みの設定にカスタマイズすることができます。

有料プランについては後ほど詳しくお話したいと思います。

Cruptopush(クリプトプッシュ)のインストールはこちらから

出来高が変動した通貨のプッシュ通知が来る

上の画像のように、出来高の変動情報をプッシュ通知ですぐに教えてくれます。

特に海外取引所を利用している人は、保有している通貨や注目している通貨の動きを察知できるので取引しやすくなるのではないでしょうか。

通知を一覧で確認できる

届いた通知は、アプリ内で一覧表示して確認することができます。

気になる通知も、後からちゃんと確認できるのが良いポイントだと思います。

銘柄情報を即座にTwitterで検索できる

通知一覧の気になる通知を押すと、その通知に関連したTweetを検索してくれる機能が付いています。

何が起こっているのか?をSNS検索する、国内&海外のすごい人がどんな考察をしているのか?などなど情報を検索するのがグッと楽になっています。

Cruptopush(クリプトプッシュ)のインストールはこちらから

出来高の急上昇ランキングが見れる(有料版のみ)

※ 有料機能の情報なので、上の画像では銘柄をぼかしてあります。

この出来高ランキングが見れる「ランキング」機能は有料だったのですが、弊メディア「海外の仮想通貨ニュース速報」では確認の為に購入してみました!(初回購入特典で、最初の一週間は無料でした。)
どんな通貨がどのくらい急上昇しているのかを、文字通りランキング形式で俯瞰して見れるのでものすごく便利な機能ですね…。

正直この機能だけでも有料プランに加入してもいいのではと思ってしまいます。

初回一週間は無料期間になっているので皆さまもぜひ有料プランを体感してみてください。

仮想通貨に関係したニュースが見れる

クリプトフォリオでもお馴染みのニュースが見れる画面も付いています。

おそらく配信されているニュースもクリプトフォリオとほぼ同じようなので、ニュースを見るのに複数アプリを行ったり来たりする手間が省けて助かります。

初回1週間の「無料期間」付き有料プランが魅力!

クリプトプッシュには、上で紹介した「ランキング」機能も見れる「有料プラン」が用意されています。 [aside type="boader"]

  • 注目銘柄ランキング
  • 通知する際のしきい値が変更可能
  • 選択できる取引所の数が無制限
  • プッシュ通知の時間指定(おやすみモード)
  • 広告の非表示
引用 : ‎「Cryptopush(クリプトプッシュ)仮想通貨取引支援」をApp Storeで[/aside]

有料プランの魅力 : 世界の取引所で起こっている出来事がわかる

と書くと少し大袈裟ですが、無料プランの取引所一つだけ選択状態だとそうでもなかったのですが、有料プランを購入して、試しに選択できる全ての取引所にチェックを入れて、出来高増加率を「100%」に設定したらプッシュ通知がとんでもなく届きました!

色々な取引所で、種々様々な通貨が時事刻々と価格変動していることを肌で感じることができます。(玄人はここからトレードに活かしていくのかと思います。)

さらに増加率の細かい設定変更や、おやすみモードに加えて、待望の「広告の非表示」が出来るのもポイントが高いと思います。

この有料プランが、一週間無料でお試しできるので、クリプトプッシュをインストールしたらぜひ体験してみてください!

[btn class="lightning big"]Cruptopush(クリプトプッシュ)のインストールはこちらから[/btn]

さいごに

クリプトフォリオさんの新しい姉妹アプリ「クリプトプッシュ」のリリース、改めておめでとうございます。

ここ最近の相場でいうとビットコインが急に価格を上げて約90万円台程まで回復してきて、先月先々月よりは少し活気も戻ってきたかなと感じます。

これからの仮想通貨取引の戦い方の一つとして、この「出来高の履歴を把握する」「急な出来高の増加をいち早く察知する」という手段を加えるのがいかがでしょうか。

ダウンロードは無料なので、興味のある方はぜひこのクリプトプッシュをインストールしてみましょう!

No tags for this post.

国内取引所各社が改善計画書の提出を報告

今年の6月22日に、国内の仮想通貨取引所大手数社に対して金融庁が行政処分を下した件で、各社が改善計画書を提出したことを報告しています。

おすすめの仮想通貨国内取引所

[ex-jp-bitbank.cc]No tags for this post.

ビットコインの価格が急騰中!二ヶ月ぶりに90万円台まで回復

2018年7月25日現在、ビットコインの価格が93万円を突破しています。

ここ最近のビットコインの値動きについて

5月22日頃から長らく低迷していたビットコインの価格が、7月18日の水曜日に75万円台から82万円台に大きく値上がりし、そこから82〜83万円台を行き来し一時また80万円台まで下げましたが、23日の83万円台から24日にかけてまた急激に価格が高騰し90万円台へ突入、25日現在までも価格は順調に上向きへ推移し93万円台となっています。

G20の声明、ETFへの期待が価格に影響か

2018年7月21、22日にかけてブエノスアイレス(アルゼンチン)で開催されたG20にて直ちに規制する流れにはならず、さらに仮想通貨に前向きな声明が出たことと、ビットコインETFを数社が申請しており承認への期待が高まっていることが価格に影響を与えているのではとみられています。

ビットコイン始めるならおすすめの国内取引所

[ex-jp-DMM_Bitcoin]No tags for this post.

TREZORで管理しよう!人気の仮想通貨ハードウェアウォレット「トレザー」を解説!

仮想通貨の現物の管理と保護について、普段あなたはどうしていますか?

取引所に預けておけばその取引所独自のセキュリティで管理してくれまし、すぐに取引が出来てとても便利です。

その反面、過去に幾度かあったように「取引所が攻撃されて仮想通貨が流出した」という物騒なケースも起こります。

そこで、仮想通貨を管理するツールとして2017年頃から注目されている「ハードウェアウォレット」をご存知でしょうか。

ハードウェアウォレットは個人で出来る「仮想通貨の保護」という面において、とても効果的な対策方法として話題になっています。

本記事では、そんな仮想通貨のハードウェアウォレットとして人気の機種である「TREZOR」(トレザー)の特徴について解説します。

仮想通貨の現物を保有していて、「脅威から守りたい」「一つの端末で一元管理したい」といった方はぜひご参考ください。

TREZOR(トレザー)
[btn class="lightning big"]TREZOR(トレザー) 公式代理店サイトはこちら[/btn]

対応通貨種類が500種類以上!

TREZORの魅力の一つは、その対応通貨の多さにあります。

2018年7月19日現在で、メーカーが公表している対応通貨数は 689種類 となっています!

ビットコインやイーサリアムといったメジャーな通貨から、日本国内で人気の高い「Ripple」(リップル、XRP)*1 や「NEM」(ネム、XEM)といった通貨までをカバーし、さらには日本の仮想通貨の「ホワイトリスト」(金融庁に認可された取引所が扱っている通貨)にある「Lisk」(リスク、LSK)や、海外取引所での取引所において重宝されるDogecoin(DOGE)などもカバーしています。

下記に、仮想通貨ハードウェアウォレット「TREZOR」(トレザー)が対応している通貨の一部を抜粋した表を作成しましたので、購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

[table id=3351-001 /] [aside]*1 Rippleは対応予定になっている
上記画像でも確認できますが、2018年7月19日現在でリップルはトレザーの「TREZOR Model T」で、Soon(すぐに、もうすぐ)ステータスになっています。[/aside] TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら

国内で取り扱われている仮想通貨「全種類」に対応!

[table id=3351-002 /]

TREZORはハードウェアウォレットの中でも、国内の取引所で取り引きされている仮想通貨全てに対応していることになります。

仮想通貨の現物を資産として保有している人は、仮想通貨の管理、保護をTREZOR一つで完結できるということになります。

TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら

TREZOR(トレザー)は2つのモデルあり!

トレザーには通常のタイプのTREZORと、新型であり上位モデルのTREZOR Model Tがあります。

どちらも簡単に使用できますし、セキュリティ面も安心できますが、今現在リップルを保有している、もしくはこれからリップルの現物を保有するつもりがあるという方は「TREZOR Model T」を選びましょう。

TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら

便利なのに小さいから持ち運びも楽々!

TREZORは縦 59 mm x 横 30 mm x 幅 6 mmと、非常に小さく、軽いので保管に全く困りません。

試しに、iqosのヒートスティックと並べて撮影してみましたが、TREZORの小ささと薄さがお分かりになるかと思います。

TREZORは15,800円から購入可能!

TREZORの通常モデルは 15,800円 から購入できます。

上位モデルでありリップルも管理できるTREZOR Model Tは 24,800円 となっています。

下記の表で、有名なハードウェアウォレットとの価格の比較をしてみました。

[table id=3351-003 /]

通常モデルではTREZORとLedger Nanoが同じ価格でしたが、上位モデルではTREZORが圧倒的にコスパが良いことがわかります!

2台目、3台目の方はもちろん、初めてのハードウェアウォレット購入という方はぜひ「TREZOR」をおすすめします!

TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら

TREZORは簡単操作でさくさく送金&受金確認ができる!

TREZORの操作画面はとても見やすい&シンプルでお洒落です。

不必要なボタンや機能が無いので、TREZORから送金する時も、もしくはTREZORへ送金したものを確認する時も迷うことなく操作することができます。

TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら

ハードウェアウォレットを購入する時の注意点 - 中古は危険!

https://platform.twitter.com/widgets.js

TREZOR(トレザー)に限らず、ハードウェアウォレットを購入する時は、必ず「正規店」もしくは「正規代理店」で購入するようにしてください。

ネットの個人ショップやオークションなどで出回っている中古のハードウェアウォレットは、悪意のあるユーザーにウイルスを仕込まれていたりする可能性があり、中古のハードウェアウォレットを購入して仮想通貨を盗難されたという被害がすでに発生しています。

ハードウェアウォレットを購入するときは、絶対に中古品は買わないようにしてください!

TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら

ハードウェアウォレットユーザーの声

仮想通貨を守る&管理するなら「TREZOR」(トレザー)がおすすめ!

TREZOR(トレザー)

TREZOR(トレザー)
[aside type="boader"]
  • TREZOR(トレザー)のおすすめポイント
  • 数多くのハードウェアウォレットの中でも「対応通貨種類」がトップクラス!
  • シンプルで見やすい管理画面で、初心者でも操作しやすい!
  • ハードウェアウォレットの中でも低価格&小さいから持ち運び、保管も便利!
[/aside] [btn class="lightning big"]TREZOR(トレザー) 日本国内正規代理店サイトはこちら[/btn]

さいごに

仮想通貨のハードウェアウォレット「TREZOR」(トレザー)はいかがでしたか?

使いやすく持ち運びも便利で、さらにコストパフォーマンスにも優れた人気のハードウェアウォレット「TREZOR」。

大事な資産である仮想通貨を守り、管理するならぜひ「TREZOR」(トレザー)を導入してみてください。

No tags for this post.

BitTradeが2分でわかる!XRPもMONAも扱う優良取引所ビットトレードの特徴まとめ!

本記事では、話題のアルトコインを含めた6通貨を取り扱う取引所、BitTrade(ビットトレード)についてご紹介します。

[btn class="rich_pink"] BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら[/btn]

BitTrade(ビットトレード)の特徴

BitTradeは、東京都港区に本社を構える金融庁登録済みの仮想通貨取引所です。
ご存知の方も多いかと思いますが、FX取引システムの老舗であるFXトレード・フィナンシャル(FXTF)の関連会社として、2016年に開設されました。
残念ながらビットトレードでは現在FX取引に対応していませんが、長年の経験を活かした安定した運営が期待されています。

POINT BitTradeは金融庁登録済みで安心なことはもちろん、昨今相次いでいる仮想通貨交換業者への行政指導を1度も受けていない優良取引所*です。 *2018年7月現在

BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら

豊富なアルトコインを含めた取り扱い通貨は計6種!

[aside type="boader"]

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. ビットコインキャッシュ
  4. リップル
  5. モナコイン
  6. ライトコイン
[/aside] 国内ではまだ取り扱いの少ないモナコインやリップルを取り扱っていることが大きな魅力です。
しかも全て板取引でトレード可能なので、お得にアルトコインを手に入れるチャンスが広がります。

XRP取り扱い国内取引所・販売所

[table id=3377-001 /]

MONA取り扱い国内取引所・販売所

[table id=3377-002 /]

BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら

取引ペア8種一覧

ビットトレードでは豊富な取引ペアにより、希望するアルトコインの取引もしやすいのがポイントです。

BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら

シンプルで直感的な取引ツールでストレスのないトレードが可能

初心者にわかりやすく配慮された取引ツールは、トレードに慣れた中級者以上のユーザーにもストレスの少ない取引を可能にしてくれます
また、取り扱いペア全てが板取引されています。
24時間365日開かれた活発なトレードに加わることで、最大限の利益が得られるタイミングを狙うことができます

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]使いやすい取引ツールは、パソコンとスマートフォンどちらからでもアクセスが可能です。 場所も時間も選ばずに取引に参加できます。[/box]

BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら

仮想通貨は全てコールドウォレットで管理するセキュリティ体制!

ビットトレードでは下記のようなセキュリティ対策を行っています。 [aside type="boader"]

  • 利便性と安全性を備えてコールドウォレット・ホットウォレットを採用
  • ウォレットには管理されたマルチシグを採用
  • 2段階認証とSMS認証のダブル設定が可能
[/aside] 金融庁からの行政指導など、取引所の安全管理は安定した運営に大きく関わってきます
ビットトレードでは、仮想通貨は全てコールドウォレットで管理されています。

[box class="green_box" title="おすすめポイント!"]

グーグルが提供するボット帽子認証システムを導入しています。
この「Invisible reCAPTCHA」を採用したことにより、取引時の面倒な文字認証から解放されました。
より安全でスピーディな取引が可能となっています。

[/box]

BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら

登録から取引までは簡単3ステップ!

口座開設から取引開始までたったの3ステップです。
まずはメールアドレスの登録から始めましょう。

取引所の複数登録はお済みですか? リスクヘッジとして、取引所は複数登録しておくことをおすすめします。
仮想通貨業界は状況が目まぐるしく変化するため、常に資産を動かせる体制を整えておきましょう。

ビットトレード関連のつぶやき

さいごに

BitTrade(ビットトレード)はXRPやMONAといった人気のアルトコインを取り扱う人気の取引所です。
金融庁にも登録済みで、仮想通貨は全てコールドウォレットで管理という高いセキュリティも注目されています。
アルトコイン同士のトレードをするなら、ビットトレードの板取引でより有利に取引しましょう

[btn class="rich_pink"] BitTrade(ビットトレード)公式サイトはこちら[/btn] No tags for this post.

ビットバンクがキャリアサイトを公開!

ビットバンクがキャリアサイトを公開したことをアナウンスしています。

参考 : ビットバンク株式会社 キャリアサイト開設のお知らせ|ビットバンク株式会社のプレスリリース

ビットバンクが幅広い職種で募集を開始!

bitbank(ビットバンク)が、事業に関連する様々な職種を募集するキャリアサイト(採用サイト)を公開しました。

MESSAGE

ビットバンクは仮想通貨を「買う」「持つ」「集める」「知る」ためのビジネスを展開しています。

"マネーのインターネット化"
それはお金を取り巻く様々な障害を解消し人類をさらに進歩させるでしょう。

もっと仮想通貨を広めたい。
もっとブロックチェーン技術を知ってほしい。
そんな想いで私たちは日々切磋琢磨しながら大きな目標に対してチャレンジしています。

仮想通貨が好きでたまらない。
これからの金融業界をテクノロジーで変えてやろう。
同じ夢を描き、チャレンジし続ける仲間を待っています。

住宅補助や軽食サポートなどの他に下記のような待遇となっています。 [aside type="boader"]

  • 休日・休暇
    • 完全週休2日制(土日)
    • 祝日・有給休暇、夏季・年末年始休暇、慶弔休暇 等
    • 年間休日数120日以上
  • 待遇・福利厚生
    • 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
    • 住宅補助
    • 交通費支給
    • デュアル・ディスプレイ希望者貸与
    • ビザ取得サポート
[/aside] ※ 上記はビットバンクのキャリアサイトから引用した一例です。

業務拡大 & 改善命令に対応か

他の大手仮想通貨と同時期に金融庁より改善命令が出されたビットバンクですが、キャリアサイトをオープンしたということは、改善を要求されている項目について前向きに一歩ずつ対応しているということかもしれません。

仮想通貨業界や、ビットバンク社に興味のある方はぜひこのタイミングでビットバンクの門戸を叩いてみてはいかがでしょうか。

リップル&ビットコインなら「bitbank」(ビットバンク)がおすすめ!

[ex-jp-bitbank.cc] [ex-jp-bitbank_Trade] [kanren postid="3301"] [kanren postid="3104"] [kanren postid="3191"] [kanren postid="3135"] [kanren postid="244"] [kanren postid="239"]No tags for this post.

「ASOBI COIN/ABX」がICOを実施!アソビコインとセルラン上位のゲームアプリ会社アソビモについて解説!

iPhoneアプリのセールスランキングが上位のゲームをリリースしている日本のゲーム会社「アソビモ株式会社」が新たにICOを実施すると発表して話題となっています。

本記事ではその話題の ASOBI COIN / ABX と、ICOを実施する アソビモ株式会社 について解説します。

ASOBI COIN

[btn class="lightning big"]ASOBI COIN 公式サイトはこちら[/btn]

ASOBI COINの特徴について

それではアソビモの「ASOBI COIN」について解説していきます。

ASOBI COIN 公式サイトはこちら

ASOBI COINの「コンセプト&ソリューション」

  • コンセプト
    デジタルコンテンツは、なぜ二次流通(中古)で売れないのでしょうか?
    私たちは、モノと同じようにデジタルコンテンツも二次流通させたいと考えています。
    流通コストゼロでやり取りできるデジタルコンテンツこそ、二次流通に最適だと考えています。
  • デジタルであるメリット、デメリット
    デジタルは無限にローコストで、完全同一なものをコピーすることができますがこれは便利な半面、デメリットもあります。
    例えば、音楽ファイルやゲームアイテム、お店のポイントなどは、無制限に複製されると問題が起きてしまいます。
  • ソリューション
    ブロックチェーンを活用したデジタルコンテンツの所有権を明確にするシステム「分散型セキュリティシステム(DSS)」DSSで保護されたデジタルコンテンツの二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

ASOBI COINはデジタルコンテンツの「保護」と「二次流通」を目指しています。

ASOBI COIN 公式サイトはこちら

デジタルコンテンツ保護 & 流通プラットフォーム

  • デジタルコンテンツの保護プラットフォーム
    ブロックチェーンを活用して、デジタルコンテンツの所有権を明確にするシステム「分散型セキュリティシステム(DSS)」をクラウド形式で提供します。
  • デジタルコンテンツの流通プラットフォーム
    このシステムを活用して、デジタルコンテンツのP2P型の二次流通プラットフォームを立ち上げます。
  • 具体的には?
    このプラットフォームでは、DSSを活用し、読み終わったデジタルマンガや遊び飽きたゲームのアイテムやデータ、聞き飽きた音楽ファイルなどを、個人間で売買することができます。

ASOBI COINは、デジタルコンテンツの保護&二次流通を円滑にするためのプラットフォームを構築し、その中でASOBI COINを利用できる枠組みを提供することが目的です。

ASOBI COIN 公式サイトはこちら

ASOBI MARKET(アソビ・マーケット)

ASOBI COINのプロジェクトで構築するプラットフォームは「ASOBI MARKET(アソビ・マーケット)」という名称で、ユーザーはこのアソビ・マーケットを介して下記のデジタルコンテンツの二次流通(中古売買)を行うことができます。 [aside type="boader"]

  1. ゲームアイテム
  2. ソフトウェア
  3. 電子書籍
  4. 音楽
  5. 動画
  6. 電子チケット
[/aside] 本や音楽、動画のみならず、スマホアプリゲーム(オンラインゲーム、ソーシャルゲーム)会社だけあって「ゲーム内のアイテムの売買」を行うことも視野に入れています。

ASOBI COIN 公式サイトはこちら

ロードマップ

[aside type="boader"]
  • 2018
    ASOBI MARKETでASOBI COINや仮想通貨をアソビモや他社ゲームで利用を可能にします
  • 2018
    ASOBI MARKETとゲームアイテムの二次流通プラットフォームSwitex Japanのサービス開始
  • 2019
    分散型セキュリティシステム(DSS)のクラウドサービスの提供
  • 2019
    電子書籍・音楽・映画・チケットなどのデジタルコンテンツの二次流通プラットフォームの提供
  • 2021
    中央サーバーの存在しないオンラインゲーム、DAPPS-MMORPGの提供を開始
[/aside]

最終的には2021年にDAppsでMMORPGをリリース予定です。

現在でも数多くのDAppsゲームが登場していますが、日本国内のゲーム会社で、さらにゲームアプリのセールスランキング上位の企業がDAsspゲーム開発に乗り出すことを表明しているのは現時点で世界初となっています。

ASOBI COIN

アソビモ株式会社について

次にアソビモについて解説していきます。

グローバルに展開しており社員数が約600人、数々のアワード受賞などといった経験·実績のあるオンラインゲーム会社です。

※ 画像引用 : ASOBI COINホワイトペーパー(日本語版)より

ASOBI COIN 公式サイトはこちら

アソビモのヒットタイトル「アヴァベルオンライン」は累計売り上げが200億円以上のビッグタイトルです。

※ 画像引用 : ASOBI COINホワイトペーパー(日本語版)より

アソビモのアプリは"App Store"のセールスランキング上位の人気ゲーム!

ゲームのヘビーユーザー達が新イベントの盛り上がりの指標に使ったりするもするのが、「セルラン」と略されるこの「セールスランキング」です。

上の画像は2018年7月12日のセルランですが、アソビモの「アヴァベルオンライン」は、「アイドルマスター」や「サカつく」、「にゃんこ大戦争」、「ソードアート・オンライン(SAO)」、「ナルコレ」、「閃乱カグラ」といった人気のビッグタイトルを押さえて119位にランクしています。

これだけ人気タイトルを抱えている国内のゲーム会社の仮想通貨業界参入といった面でも「ASOBI COIN」は話題となっています。

[btn class="lightning big"]ASOBI COIN 公式サイトはこちら[/btn]

ASOBI COIN

アドバイザーに「マックスむらい」氏や「イケダハヤト」氏が就任!

ASOBI COINのアドバイザーにはあのApp Bankの「マックスむらい」氏と、さらに超有名ブロガー·インフルエンサーで仮想通貨にも造詣の深いイケハヤこと「イケダハヤト」氏が就任しています!

マックスむらい氏レベルのメジャーな人物が参画しているのもASOBI COINの面白く、そして期待が持てる一因ではないでしょうか。

ASOBI COIN

[btn class="lightning big"]ASOBI COIN 公式サイトはこちら[/btn]

プレセールには期間、数量あり!

プレセールは各ステージに分けられ、それぞれ期間と販売数量が設定されています。

この期間を過ぎる、もしくは売り切れになる可能性もあるので、興味のある方はお早めのご参加を!

ゲーム会社らしい「AirDrop」企画もあり!

仮想通貨を無料でもらえることで人気の「AirDrop」ですが、ASOBI COINでも実施しています。

通常のAirDropでは登録やリツイート、フォローなどが条件ですが、ASOBI COINはゲーム会社というだけあり「ゲームの成績に応じて配布」されるスタイルという非常に珍しいAirDropとなっています。

こちらも興味のある方はぜひ「アヴァベルオンライン」をインストールして遊んでみましょう!

ASOBI COINまとめ

ASOBI COIN
[aside type="boader"]
  • デジタルコンテンツの保護&流通が目的!
  • 新たなプラットフォーム「アソビ・マーケット」を構築!
  • DAppsゲームへの参入予定!
[/aside] [btn class="lightning big"]ASOBI COIN 公式サイトはこちら[/btn]

ASOBI COIN

No tags for this post.

ビットバンクの「仮想通貨を貸して増やす」が7月期の預入受付を開始中!

ビットバンクのレンディングサービス「仮想通貨を貸して増やす」の7月期の受付が開始されています。

bitbank.cc

XRPの取引量で幾度も世界一になるなど、国内でも屈指の人気取引所「bitbank」(ビットバンク)の「仮想通貨を貸して増やす」サービスが、新たに2018年の7月期の受け入れを開始しています。

いつもビットバンクをご利用いただきありがとうございます。
「仮想通貨を貸して増やす」の7月期預入が開始されておりますのでお知らせ致します。
「仮想通貨を貸して増やす」とは、ビットバンクとお客様が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大5%の料率を乗じた仮想通貨を、利用料として1年後に受け取ることができるサービスです。

〜中略〜

2018年7月期の募集内容について

  • 募集開始 : 2018年07月01日
  • 募集終了 : 2018年07月31日
  • 満了期日 : 2019年07月31日
  • 対象仮想通貨 : 利用料率
  • ビットコイン : 3~5%
なお、お客様ご申請が弊社規定の上限数量に達した場合、募集期間が終了する前に締め切ることが御座います。

引用 : bitbank会員向けメールより一部抜粋。

海外では人気がありますが日本ではまだあまり馴染みのないこの「レンディングサービス」。

ビットバンクの「仮想通貨を貸して増やす」サービスは、仮想通貨を保有しているけどデイトレードはしていない、もしくは仮想通貨・ビットコインに興味はあるけど細かくトレードしている時間が無い、等といった方に大変人気のサービスとなっています。

6月期の申し込みに間に合わなかった方や、もしくはこれから仮想通貨の投資を始めようという方にもおすすめの「仮想通貨を貸して増やす。

興味のある方はお早めのお申し込みをおすすめします。

bitbank.cc

[kanren postid="3104"] [kanren postid="3191"] [kanren postid="3135"] [kanren postid="244"] [kanren postid="239"]No tags for this post.

コインエクスチェンジのスマホアプリの使い方を解説!QUOINEXのQASHがスマホで簡単に買える!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)にスマホアプリがあることはご存知ですか?
QUOINEXのQASHがスマホで簡単に買える!と話題です。
今回は、そんなQUOINEX(コインエクスチェンジ)のスマホアプリについて解説していきます。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

QUOINEX(コインエクスチェンジ)とは?

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、シンガポールでスタートした仮想通貨取引所で、
現在は日本に拠点を移している、アジア圏内の大手仮想通貨取引所です。

また、金融庁から認可も受けている取引所ですので、
セキュリティ等の面においても国からお墨付きを受けている取引所と言えます。
特徴としては、

    [aside type="boader"]
  • 日本円、米ドルなど10の通貨に対応している
  • 仮想通貨FXではレバレッジ最大25倍
  • 高性能な取引システム
  • [/aside]

という点が挙げられます。また、取り扱い仮想通貨は、


    [aside type="boader"]
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • [/aside]

の4種類に加え、QUOINEX(コインエクスチェンジ)のトークンであるQASHを取引できる国内唯一の取引所なのです。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

[aside type="boader"]
  • クイック入金24時間365日対応!スマホで取引も可能!
  • スプレッド幅が小さい!さらにレバレッジ最高25倍!
  • QUOINE社の国産ICO「QASH」が124億円の資金調達に成功して話題に!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のスマホアプリとは?

では、そんなQUOINEX(コインエクスチェンジ)のスマホアプリはどんな特徴があるのでしょうか?
QUOINEX(コインエクスチェンジ)のスマホアプリは、iOS版・Android版ともにリリースされています。
使用可能な機能は次の通りです。

[aside type="boader"]◎法定通貨から仮想通貨(BTCUSDやBTCJPY等)や仮想通貨同士(BTCETH、ETHBTC)の取引
→信用取引(最大25倍)
→リアルタイム損益/建玉管理機能

◎高機能チャートシステムを搭載
[/aside]

このように、チャートを見ながら売買ができるという点が非常に魅力的です。
また、取引できる仮想通貨はBTC, ETH, BCH, QASH, XRP

公式サイトはこちら

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のスマホアプリの使い方を解説!

では、実際にQUOINEX(コインエクスチェンジ)のスマホアプリの使い方を解説していきます。
まず、QUOINEX(コインエクスチェンジ)のユーザー登録を済ませていない場合、こちらで済ませましょう。

公式サイトはこちら

インストールから初期設定まで

ユーザー登録の終わっている方はアプリをインストールします。(今回はiOS版です)

インストールが終わると、次のように通知方法についてのメッセージが表示されます。

自分の良いほうを選択すると、次の画面になります。

ここで、赤枠で囲った「Sign In」を選択し、自分の登録情報(アドレスとパスワード)を入力していきます。

最後に上記のような2段階認証の画面が出てきます。2段階認証を済ませればログイン完了です。

画面右上、三本線のメニュー画面をタップすると、上記のような画面が出てきます。
メニュー画面ですね。こちらをスクロールすると、「Setting」というメニューがありますのでタップします。

Setting、つまり設定画面です。
この赤枠にあるLanguage(言語)をタップして、日本語に変えることが可能です。
ここまででログインから基本設定までが終了しました。

公式サイトはこちら

機能紹介と使い方

QUOINEX(コインエクスチェンジ)アプリのメニュー画面は次のようになっています。

スクロールしないとすべて入らないくらい細かく分かれています。

    [aside type="boader"]
  • マイページ:口座残高・資産状況・取引状況や入出金の管理
  • 取引画面:実際に取引所での取引が可能
  • 交換:「スピード注文」を行うメニュー
  • 入出金:法定通貨、仮想通貨の入手金ができる
  • 注文照会:現在の注文状況(執行中、約定済、取消済)が表示される
  • ポジション:現在保有している資産のポジション(決済・未決済等)が表示
  • 取引履歴:過去の取引履歴
  • 設定:表示言語、指紋認証などの設定
  • 歩み値:市場全体の約定履歴である「歩み値」が表示
  • 出金先口座:日本円の出金先口座の設定
  • [/aside]

今回は取引画面から、売買の方法をご紹介します。
メニュー画面から下記のように「取引画面」をタップします。
(サインインしてすぐの画面が取引画面なので、そのままでOKな場合もあります。)

タップすると出てくるのが、下記の画面です。赤枠の「+」をタップすると、取引詳細に遷移します。

遷移した画面が下記です。

赤枠の部分で、成行・指値・逆指値などの注文方法が選択できます。右にスクロールすると変更できます。
青枠の部分は、数量の指定です。
緑枠の部分は、現物取引か、レバレッジかという取引形態を選択できる部分になっています。
このように、自分の取引したい形態に合わせてその場で変更がきく仕様になっています。

自分の売買したい数量や注文方法を選択したら、
売る場合は青の塗りつぶしのボタン、買う場合は赤の塗りつぶしのボタンをタップし、取引します。

公式サイトはこちら

おわりに

QUOINEX(コインエクスチェンジ)アプリについてご紹介してきました。
日本語にも対応しており、今話題のQASHを取引できる国内唯一の取引所アプリです。
是非挑戦してみてください。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

[aside type="boader"]
  • クイック入金24時間365日対応!スマホで取引も可能!
  • スプレッド幅が小さい!さらにレバレッジ最高25倍!
  • QUOINE社の国産ICO「QASH」が124億円の資金調達に成功して話題に!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn] No tags for this post.

【DApps】Bitpet「ETHの稼ぎ方」ビットペットでイーサリアムを増やす方法を解説

以前ご紹介した育成型ゲームのDApps、「Bitpet」。
ウサギをモチーフにした可愛らしいキャラクターもあり、人気が出てきているようです。

その時ご紹介した記事はこちらです。

Bitpetは、イーサリアム(ETH)を稼ぐこともできるゲームという点でも注目されています。
どうやったらビットペットでイーサリアムを増やしていけるのか、解説していきます!

[btn class="rich_pink"]BitPet 公式サイト はこちら[/btn]

ビットペットで稼ぐ!方法を紹介

ビットペットはイーサリアムを使って
ペットを売買したり、ゲームに参加することが可能です。
また、忘れがちですが下記の通りゲームへの参加や売買、合成には手数料がかかります。

ペットの合成(1回につき) 0.008POP
ペットの強化(1回につき) 0.003POP
ペット販売手数料 0.001POP
合成時のカプセル時間カット(1回につき) 0.005POP

(1POP=1ETHです。)


その点も考慮して手数料込みの総額で見たら損していた!
ということにならないようにイーサリアムを稼いでいきましょう!

[btn class="rich_pink"]BitPet 公式サイト はこちら[/btn]

レアなペットで稼ぐ!

まずまっさきに浮かぶ稼ぎ方として、
「高額になりうるペットを合成またはゲットし、それを販売して稼ぐ!」という方法。

とはいえ、「高額になりうる」「レア」なペットとは、どんな要素なのでしょう?
ビットペットがスタートしたばかりのころは、
珍しい属性があったり、見た目重視!!なペットが高値で取引される傾向が高かったようです。

しかし今は「ゲームに勝てるペット」の市場価値が高まっているんだとか!
どうしたらゲームで勝てるペット、と言えるのでしょうか?

それは、この「体力」「敏捷」「筋力」のレベルが関わっているようです。
(多少、「幸運」の要素も必要なようですが、上記3つほどではないようです。)
レースゲームですから、なんだか納得です。
実際に合成をしてみる際には、これらのレベルの高いもの同志を組み合わせて合成させると、
比較的レースに有利なペットが合成される確率が上がるのではないかと思われます。

また、レア同志を合成させる場合、こんなツイートも見られます。

同様の報告を複数人していらっしゃるようなので、レア同志を合成したからと言ってレアが生まれるわけではないようです。
こうした「レア」については、twitterなどで今のトレンドになっているペットの傾向をつかみ、
ブームが去る前に売り抜ける!という感覚も重要です。
マーケットプレイスの高額ペットの状況などもまめにチェックしましょう。

BitPet 公式サイト はこちら

ゲームで稼ぐ!

次に、レースで稼ぐにはどうしたらいいのか解説していきます! まず、レースの基本的な決まりとして、

[aside type="boader"]
  • レベル別で約1分おきに5匹でレースが開始。
  • 参加費が必要。しかも参加費はレースのレベルでより異なる
  • 参加費は賞金となって3位以上に分配される。つまり4,5位はただのマイナス。
[/aside]

といった点があります。
絶対に3位以内に入らないとただのマイナス
利益を出したければおそらく最低でも2位以上の成績をコンスタントに残す必要があるでしょう。

では実際にレースで勝つためにはどんなペットを用意すべきなのか。
それは、先ほど紹介した通り、「体力」「敏捷」「筋力」のレベルが高いとどうやら勝つ確率が上がるらしいです…!
先ほどと同じ方ですが、こんなツイートも。

合成や売買で、レースに勝てるペットを育てていきましょう!!!

BitPet 公式サイト はこちら

紹介で稼ぐ!

最後にご紹介するのは、これまでとはちょっと異なり、「紹介で稼ぐ」という方法。
いわゆるアフィリエイトです。

BitPet 公式サイトでも、このように紹介されており、紹介した人の売買手数料の20%を自分が報酬としてもらえます。
ブロガーさんやアフィリエイターさんであればこの方法でかなりの金額を回収できるのではないでしょうか。


BitPet 公式サイト はこちら

まとめ

Bitpet(ビットペット)でイーサリアムを稼げる方法についてご紹介してきました。
レースに勝てるかレアなペットを合成して生み出せれば、場合によってはかなり稼ぐこともできそうです。
ぜひ挑戦してみてください!

[btn class="rich_pink"]BitPet 公式サイト はこちら[/btn] [kanren postid="2006"] [coin-explan-ETH] [ex-ja-ETH]No tags for this post.

マウントゴックスが民事再生を開始!破産手続きを中止し債権者に還元か

Mt.Goxの破産手続きが中止となり、民事再生手続きが決定されたとの報です。

本日付けで民事再生手続開始決定

MTGOXにつき、平成30年6月22日午後5時、東京地方裁判所より民事再生手続開始決定がなされ民事再生手続が開始されました。
これにより、従前行われていた本件破産手続は、中止されました。
また、民事再生手続開始決定と同時に東京地方裁判所より管理命令が発令され当職が再生管財人に選任されました(東京地方裁判所平成29(再)第35号再生手続開始申立事件)。

引用 : MtGox.com

本日(2018年6月22日)、Mt.Goxについて東京地方裁判所は再生手続の開始決定を発令しました。
このことは、Mt.Goxの破産管財人のウェブサイトにも掲載されています。https://www.mtgox.com/
これにより、破産手続ではMt.Goxの株主に分配されることになっていた多額の資産が、債権者の皆様に還元されることになります。

引用 : Mt.Gox Creditors

本日6月22日より、東京地方裁判所より民事再生手続きが開始、決定されたとの情報です。

これにより、これまでは管財人によって市場へ売りに出されていたBTCが、マウントゴックス事件で資産を失った債権者の元へ還元される見通しです。

「マウントゴックス」による「売り」がなくなるか

マウントゴックスに残っていたBTCは、破産管財人によって幾度かまとまった量が売りに出されており、BTC価格の下落にある程度の影響を与えているのではとの声が上がっていました。

ただ今回民事再生手続きが開始されたとあり、今後も続くと考えられていたマウントゴックスからの売りに対する影響がなくなるとみられています。

ビットコイン、仮想通貨は「ハードウェアウォレットで安全に管理しよう!

購入した仮想通貨は取引所に預けたままにせず、安心&安全な「ハードウェアウォレット」でしっかり、確実に管理して守ろう!

[hw-ledgernanos]

ビットコイン&仮想通貨はじめるならオススメの国内取引所!

ビットコインはもちろん、人気のリップル(Ripple、XRP)を「板」取引によって「安く」購入できるのは「ビットバンク」(bitbank)!!

[ex-jp-bitbank.cc]

価格が下がってきたら「仮想通貨FX」をはじめよう!

仮想通貨の価格が下がってきても「売り」から始められる「仮想通貨FX」がおすすめ!
「bitbank」ユーザーなら連携可能な「ビットバンクトレード」(bitbank Trade」をはじめよう!

[ex-jp-bitbank_Trade]

ウェルスナビで自動資産運用!WealthNaviの解説と評判について

最近話題になっているウェルスナビ(WealthNavi)はご存知ですか?
ウェスルナビは人工知能の技術を使って、自動で資産運用ができるサービスです。

資産運用を行うには、こまめに株価などの値動きを確認しなくてはならないなどの手間がかかるイメージからハードルが高いと感じている人も少なくないはず。
しかし、ウェルスナビを使えば本業が忙しい人でも簡単に資産運用ができると評判になっているそうです。

今回はそんなウェルスナビの解説と評判を紹介します。
忙しい人や投資初心者にも始めやすいウェルスナビ、ぜひ挑戦してみましょう!!

WealthNavi(ウェルスナビ)| ロボアドバイザーで全自動の資産運用

[btn class="lightning big"]

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

[/btn]

ウェルスナビとは?

ウェルスナビとは2016年にサービスを開始した、資産運用サービスです。
これまで資産運用というと、前述の通り高い知識と膨大な手間がかかり
一般にはハードルの高いものでした。

しかし、ウェルスナビの提供している資産運用サービスは、そのような手間や高度な知識は不要。
それは世界の富裕層が利用する金融アルゴリズムを用いて国際分散投資を完全自動で行えるサービスだからです。
この点がウェルスナビの評判を高めている一因でもあります。

[btn class="lightning big"]

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

[/btn]

ウェルスナビの特徴

ここからはウェルスナビの特徴について4つ紹介していきます!

自分にあった資産形成スタイルを提案してくれる自動管理システム

みなさんが投資をしたい理由はなんでしょうか?
資産を増やして将来の不安やリスクを軽減したいという人がほとんどなのでは?
そういうビジネスパーソンをターゲットにしている資産運用サービスがウェルスナビです。
口座開設前には、公式サイトの無料診断で自分に合った最適ポートフォリオを作成してくれます。

質問事項は以下の6つ。

[aside type="boader"]
  • 年代
  • 年収
  • 現在保有している金融資産額
  • 毎月の積立額
  • 資産形成の目的
  • もし、株価が1か月で20%下落したらどんな動きをとるか?
[/aside]

1分程度で答えられる、非常に簡単な質問項目です。
リスクに対してどのくらい許容度があるか、5つのランクに振り分けられ、ポートフォリオだけでなく、シュミレーションも含む運用プランが作成されます。

上記のように、シンプルで分かりやすい説明です。
その結果に納得すれば、口座開設後、その通りの自動運用が開始されます。

また、ウェルスナビではユーザーのポートフォリオを個別に、かつ継続的にモニタリングしてくれるので
バランスが一定以上崩れた場合、また前回のリバランスから半年経過した場合にリバランスを行い最適化をしてくれます。
また、自動運用の一番の利点として、人間が行うよりも論理的な運用をしてくれるという点があります。
例えば株が暴落しているときに、不用意な売買によって損失を招いてしまうこともありますが
ロボアドバイザーは最適化されたポートフォリオを基にプログラムを実行していくだけなので、心理的に誤った判断を下すことがなく安心です。

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

手数料は1%のみ!

ウェルスナビの特徴として、手数料の分かりやすさも挙げられます。

手数料は預かり資産の年率1%(税別)のみと非常にシンプル。
また、預かり資産が3,000万円を超えると、3,000万円を超えた部分については年率0.5%(税別)となります。 そのほかのサービスはすべて「無料」です。

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

スマホでも簡単に資産状況を確認できる!

ウェルスナビにはiOS・Androidどちらもアプリがあります。
いつでもどこでも運用状況を確認したり、入出金も可能です!

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

自動積立可能!長期的な資産形成をサポート

ウェルスナビのサービスは、「長期的な運用による資産形成」を推奨し、それをサポートするサービスとして提供されています。

「長期・積立・分散」は、資産形成の王道とされ、
・長期間(少なくとも10年以上)
・決まった間隔で(たとえば毎月)同じ金額を
・世界のさまざまな資産に分散して

資産運用をするスタイルのことだそうです。


そこで、長期的に資産を育てるため、自動積立機能のサービスがあります。
このサービスを使用すれば、毎月一定額を自動的にウェルスナビの口座に入金されるので煩わしい毎月の入金作業から解放されます。
また、この自動積立の手数料も無料、手続きもネットで完結するので、いつでもどこでも行うことができます。

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

ウェルスナビの評判を紹介!

では、ウェルスナビはどんな評判、評価になっているのでしょうか?

ウェルスナビの評判は?twitterまとめ

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

ウェルスナビの評判は?ウェルスナビはこんな人に向いている!

ウェスルナビの評判をまとめると、こんな人にウェルスナビは向いているようです。

[aside type="boader"]
  • 自分では忙しくまとまった時間が取れないが、資産運用を行いたい人
  • 長期的な視点で資産を増やしたい人
  • 資産運用初心者
[/aside]

また、手数料が他社のサービスに比べて高いという意見もあります。
ただ、すべてお任せできる資産運用サービスでもあるので、その点から考えると妥当とも言えるかもしれませんね。

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

さいごに

高度な金融アルゴリズムを搭載して、忙しい人や初心者にも資産運用を身近なものにしてくれる
ウェルスナビの評判や特徴についてご紹介してきました。
自分に合った資産運用のポートフォリオも提示してくれる非常に便利なサービスですので
ぜひ挑戦してみてください。

WealthNavi(ウェルスナビ)| ロボアドバイザーで全自動の資産運用

[btn class="lightning big"]

WealthNavi(ウェルスナビ) 公式サイトはこちら

[/btn]
No tags for this post.

ビットバンクの全ペア取引手数料無料キャンペーンが継続決定!

国内取引所「bitbank」(ビットバンク)が「全ペア取引手数料0円キャンペーン」の期間延長を発表しています。

ビットバンクがキャンペーンの延長を発表!

国内取引所の中でも、全ての通貨ペアでの取引手数料が「0円」という破格のキャンペーンにてユーザーに好評だったビットバンクの「全ペア取引手数料0円キャンペーン」の期間が延長されます。

ビットバンクは、 [aside type="boader"]

  • XRPやMONAといった人気のアルトコインの取り扱いがある
  • 板取引によってXRP(リップル)を安く買える
  • XRPの取引量が世界第1位 = XRPの取引が活発で取引成立しやすい
[/aside] といった理由で人気の仮想通貨取引所ですが、無料キャンペーンの延長によりさらに新規ユーザーも取引がしやすく参入しやすい状況が続きそうです。

[ex-jp-bitbank_XRP] [ex-jp-bitbank_Trade] [kanren postid="3135"] [kanren postid="3104"] [kanren postid="244"] [kanren postid="239"]No tags for this post.

GMOコインが仮想通貨のウォレットアプリをリリース!

セキュリティが高く、仮想通貨FXも可能な大手仮想通貨取引所のGMOコインが、2018年5月30日にAndroid版、翌日31日にiOS版の
ウォレットアプリ『GMOアプリ 仮想通貨ウォレット』をリリースしたと発表しました。



GMOコイン 仮想通貨ウォレットの特徴

GMOコインで取り扱っている5つの仮想通貨に対応

GMOコイン 仮想通貨ウォレットで取り扱っている通貨は下記の5種類。
    [aside type="boader"]
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • [/aside]

ブラウザのGMOコインで取り扱っている通貨と同じです。

リップル(XRP)が取引できるアプリはまだ少なく、セキュリティ面でも力を入れているGMOコインのアプリということで信頼性もあります。
これを機にリップルに挑戦してみるのもいいでしょう。

仮想通貨を始めるにあたって必要な機能をしっかり網羅

『GMOコイン 仮想通貨ウォレット』では、下記の機能が使用可能です。

    [aside type="boader"]
  • 口座開設の申込
  • 日本円の入出金
  • 仮想通貨の預入・送付
  • 仮想通貨の購入・売却
  • 登録情報の確認・変更
  • セキュリティ設定の確認・変更
  • [/aside]

このように、仮想通貨取引・資産管理に必要な機能をしっかりと網羅しています。


画面イメージは上記の通り、シンプルで見やすいものになっています。

また、GMOコイン 仮想通貨ウォレットでは、ウィジェット機能も利用可能。
もちろん対応通貨すべての情報がウィジェットで確認できます。
これでアプリを起動しなくても仮想通貨のリアルタイム価格、前日比騰落率を簡単にチェックできます。

[kanren postid="2899"] [kanren postid="1587"] [kanren postid="860"] [ex-jp-GMOコイン] No tags for this post.

bitbankがXRP取引量で再び世界No.1に!リップルを買うならビットバンクがおすすめ!

ビットバンクがリップルの取引量で世界一位になったことを報告しています。

[kanren postid="2667"]

ビットバンクが「リップル社公式の取引量ランキング」で堂々の世界一位に!

ビットバンクでは過去に何度かリップルの取引量で世界一位となっていますが、今回はリップル社公式の取引量ランキングにて世界No.1となっています。

過去の記録に関しては、下記のbitbankのTweetで確認することができます。

ビットバンクでリップルの取引が多い理由について

XRPの現物を指値で安く買うことができるから

ビットバンクでは板取引を導入しているため、販売所形式の取引所より安くリップルを購入することができます。

[aside]補足 : 販売所形式との違いについて
仮想通貨が購入できるサイト(企業)は「取引所」という名称なので違いがわかり辛いのですが、「販売所」形式の取引所も数多く存在しています。

販売所形式では、その取引所(企業)側が設定している金額で購入します。

対してビットバンクのような取引所形式(板取引)の場合には、自分の「言い値」(専門用語で「指値」)を提示するので、(取引が成立すれば)ほとんどの場合「販売所形式」で購入するよりも安く買うことができます。 [/aside]

取引量が多い = 流動性が高いから取引しやすい!

取引量が多いということは、それだけユーザーが多く取引が活発に行われているということになります。

取引量が低い取引所だと、「好きな通貨を扱っているけど、なかなか取引が成立しない」ということも起こり、結果として「利益を出し辛い」ことになります。
※ 例として、自分が買った時よりも高い価格になっているのに、ユーザーが少ないせいで中々売れずにまた価格が下がってしまう、等ということも起こり得ます。

その数2,000種類以上とも言われている仮想通貨の中でも、時価総額ランキング5位以内である「Ripple」の取引量が世界一位ということは、それだけ「bitbankはXRPの取引が活発で、売り買いがしやすい、取引が成立しやすい」ということになります。

リップルを買うなら、「ビットバンク」を選ぼう!

[ex-jp-bitbank_XRP]

仮想通貨FXなら「bitbank Trade」がおすすめ

bitbank.ccと連携可能!さらに「追証なし」のFXだから安心して取引できる!

[ex-jp-bitbank_Trade] [kanren postid="244"]No tags for this post.

bitbank(ビットバンク)の仮想通貨レンディングサービス「仮想通貨を貸して増やす」が提供開始!

bitbank.ccの新サービス「仮想通貨を貸して増やす」が2018年5月25日から提供されています。

本記事ではbitbankの「仮想通貨を貸して増やす」サービスの特徴について解説していきます。

bitbank.cc

[box class="yellow_box" title="レンディング・サービスとは?"]

「ソーシャル・レンディング」とは、インターネット上でお金を貸して欲しい個人もしくは企業と、お金を貸したい個人もしくは企業とを結びつけるサービスです。

[/box]

「仮想通貨を貸して増やす」の特徴

仮想通貨を貸して増やす
「仮想通貨を貸して増やす」とは、ビットバンクとお客様が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大年率5%の仮想通貨を1年後に受け取ることができるサービスです。
1年間の満了期日を迎えると、募集月にお客様が貸出した仮想通貨に、当社所定の利用料を加算してお返しするというサービスです。
引用 : bitbank
bitbankの「仮想通貨を貸して増やす」は、仮想通貨をbitbankに1年間貸しておくと、利用料がプラスされて返してもらえるサービスです。

加算される利用料は最大で年率5%となっています。

それではさらに詳しく見ていきましょう。

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

bitbankで取り扱う全ての仮想通貨に対応予定

現在はビットコインのみの貸仮想通貨ですが、順次その他の仮想通貨にも対応していく予定です。
ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュ等の通貨でも貸出しする事ができます。
開始直後は「ビットコイン」のみが対象ですが、ビットバンクで取り扱っている全ての仮想通貨に対して順次対応予定となっています。

ビットバンクではリップルやモナコインといった人気の通貨を取り扱っているので、それらも貸すことができるようになります!

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

利用料率最大5% 貸し出すだけで仮想通貨が増える!

貴方の口座に眠っているだけの仮想通貨はありませんか?
使っていない仮想通貨をビットバンクに貸出していただくことで最大年率5%で仮想通貨が増えていきます。
頻繁に取引しない方には特にうってつけなサービスとなっています。

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

ビットバンクのユーザーならすぐに開始できる

ビットバンクに口座をお持ちの方なら、面倒な手続き不要で申込むだけですぐに使えます。
使わずに眠っているだけの仮想通貨をお持ちなら、貸出していただくだけでお得に資産を増やすことができます。
すでにビットバンクに登録済みのユーザーであれば、すぐに利用開始することができます。

[aside]補足
取引所でアカウント登録を完了するには、郵送されてくる本人確認のハガキを受け取る必要があります。
そこまでに通常数日程度はかかるので、利用を考えている方は早めに登録しておくことを強くおすすめします。 [/aside]

bitbank(ビットバンク)公式サイトを見る

ビットバンクはリップルもモナコインも現物を「指値」で安く買える人気の国内取引所!

[ex-jp-bitbank.cc]

さいごに

ビットバンクの「仮想通貨を貸して増やす」はいかがだったでしょうか?

仮想通貨を貸しておくだけで増やすことのできるこの新サービス、仮想通貨投資の新しい一手としてぜひ加えてみてください。

bitbank.cc

No tags for this post.

タダでビットコイン・現金がもらえる国内取引所の特典内容まとめ!

ご存知ですか?
登録するだけで現金やビットコインがもらえるお得なキャンペーンが各社で開催されています。

本記事では、そんなお得なキャンペーンをまとめて紹介いたします。
それでは早速特典付きの取引所を見ていきましょう!

取引所のお得なキャンペーンまとめ

キャンペーンの多くは、取引所への口座開設登録の後、郵送などで本人確認を済ませるなどの条件を満たすだけでお得な特典がゲットできます。 また、取引所を通して楽天やじゃらんでお買い物をしたり、無料キャンペーンへの応募でビットコインがもらえる会員特典も出てきています。 普段のお買い物をするだけで、簡単にお小遣いがゲットできますよ!

新規口座開設&入金で3,000円もらえる! BITPoint(ビットポイント)!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2018年7月1日 〜 2018年7月31日

キャンペーン期間中に新規口座開設(口座開設後に入金)をした方を対象に、3,000円分のビットコインをプレゼント![/aside]

[aside type="boader"]
  • 仮想通貨取引所では珍しい、FX取引の定番ツール「MT4」が使える!レバレッジは25倍までOK!
  • 手数料が格安!さらに仮想通貨の取引&送金手数料が無料!
  • 仮想通貨の「税金計算ツール」が付いているので、初心者でも安心して取引できる!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="743"]

口座開設だけで1,000円がもらえるDMM Bitcoin!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2018年1月11日(木)~2018年6月30日(土)
キャンペーン期間延長中!!!新規登録するなら今がチャンス!


口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)した方を対象に、1,000円をプレゼント!
反映は口座開設完了月の翌月を予定しています。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 合計14ペアによる多彩なレバレッジ取引が魅力!
  • BTC・ETH・XEM・XRP・LTC・ETC・BCHの7種類のメジャー仮想通貨を取り扱い!
  • 今だけDMM Bitcoinリリース記念キャンペーン開催中!新規登録でもれなく1,000円もらえる!
[/aside]

口座開設の特典が、仮想通貨取引所の開設キャンペーン系では非常に珍しい「日本円」での支払いだから、もらった「1,000円」で「Bitcoin」や「Ethreum」が買える!
さらに仮想通貨の取引所で購入(取引)するには、仮想通貨の購入可能な最低数量が設定されている為、1,000円で仮想通貨を買うなら「仮想通貨の価格が安い」うちがチャンス!

[aside]価格が安いうちなら「1,000円」からでも仮想通貨が購入できる「理由」について
DMM Bitcoinは、BTC/JPYペア(日本円でビットコインを売り買いする)の最小発注数量が「0.001 BTC」、ETH/JPYペアなら「0.01 ETH」となっています。
※ 2018年7月2日現在。

なので、イーサリアムなら 1ETH = 100,000 円(10万円)、ビットコインなら 1,000,000 円(100万円)以内の価格であれば「1,000 円」(千円)からでも購入することができます。

2018年7月2日現在の価格なら 1ETH = 49,755 円(約4万9千円、0.01ETHなら497円)、1BTC = 697,199 円(約69万円、0.001BTCなら697円)なので、1,000円でもイーサリアムなら0.01ETH、ビットコインなら0.001BTC購入することができます!

登録するだけで貰える「千円」で仮想通貨を買うことができるので、今から仮想通貨を始める人には仮想通貨の「現物取引」を、実際のお金を使って経験することができます!

さらに、ここから価格が動いたら売り買いしてもOKですし、現在ほぼ70万円のビットコインが2017年のような価格上昇をして140万円になれば、無料でもらった千円が2倍の2千円になります!

仮想通貨の投資に興味があっても、まだ一歩を踏み出せていない人はぜひともこのDMM Bitcoinの新規登録キャンペーンを活用して、仮想通貨投資を体験してみましょう![/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn]

さらに今だけ!最大「5,000円」プレゼントキャンペーン開催中!

DMM Bitcoinでは、新規口座開設 + 取引額に応じて最大「5千円」がもらえるプレゼントキャンペーンを開催中!

今だけのWキャンペーンなので、まだの人はお急ぎを!

[btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="1389"]

口座開設するだけでビットコイン 20,000SatoshiがもらえるGMOコイン!

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:2017年8月9日以降

キャンペーン期間中に口座開設(=ログイン後に口座開設コードの入力および2段階認証設定を完了)をした方を対象ビットコイン 20,000Satoshiをプレゼント!
口座開設の翌日、登録口座に反映されます。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 手数料が無料で即時入金可能!セキュリティも国内取引所最高峰!
  • ビットコイン・イーサリアム・リップルなど合計5種類の通貨を豊富にラインナップ!
  • 追証なし・手数料無料の仮想通貨FXが魅力!レバレッジも国内最大の25倍対応!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn]

いつものお買い物をするだけでビットコインがもらえるbitFlyer(ビットフライヤー)

[aside type="boader"]キャンペーン内容

期間:指定なし

bitFlyer経由で提携先のサービスを利用すると、それぞれの内容に応じたビットコインがもらえます。
主には楽天ネットショッピングやじゃらん、U-NEXTのサービス無料お試し登録などがあります。[/aside]

[aside type="boader"]取引所の特徴
  • 大手メガバンクが株主で安心安全のセキュリティ!
  • ビットコインFXやビットコインをもらうなど初心者でも始められる!
  • ビットフライヤーに上場 = 信頼できる通貨の基準になりつつある!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn]

仮想通貨に関連した「お得」なおすすめキャンペーン!

新規口座開設で「2,000円」相当のポイントプレゼント!住信SBIネット銀行

国内の主な取引所への「入金手数料が無料」、そして振込が土日でもOK、24時間365日対応と優良ポイント盛り沢山で仮想通貨トレーダーご用達の「住信SBIネット銀行」でも、うれしいキャンペーンが開催されています。

新規口座を開設すれば、なんと「2,000円」分に相当するポイントがもらえるプレゼントキャンペーンが開催中!

まだSBIの口座を持っていない人はお急ぎを!

[aside type="boader"]
  • 国内の主要な仮想通貨取引所への入金手数料が「無料」!
  • 24時間365日いつでも振込可能!入金反映はリアルタイム!
  • PCはもちろん、スマホからでも振込可能!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="538"]

おすすめキャンペーン活用法 - プレゼントされた仮想通貨 or 現金を元手にして取引する!

取引所が行っている「プレゼントキャンペーン」は、今から仮想通貨を始める人に打って付けです!

仮想通貨に興味はあるけど、まだ取引をしたことがない人という人は、おそらく下記のような理由があるのではないでしょうか。 [aside type="boader"]

  • 仮想通貨の取引方法がわからない。
  • 興味はあるけど、自己資金が無い。
  • 資金はあるけど、仮想通貨に使うのが怖い。
  • etc...
[/aside] そんな方は、ぜひこの「仮想通貨取引所のプレゼントキャンペーン」を活用しましょう!

[aside type="boader"]
  • 仮想通貨プレゼントの場合
    例えば3,000円分のビットコインを受け取ったとします。
    取引の例としてですが、1BTC = 100万円として計算してみましょう。(余談ですが2018年7月31日15:00現在のレート901,320円で計算すると、3,000JPY = 0.00330764BTCです。)
    1BTC = 1,000,000JPY(100万円)の場合、1JPY(1円) = 0.000001BTC となります。
    プレゼントが3,000円分のビットコインだとしたら 0.003BTC となります。
    その後ビットコインが120万円に上がったタイミングで売却すれば 0.003BTC = 3,600JPYとなり、約 600円分の利益となります。
    その後、また「安い時に買って、高くなったら売る」を繰り返して「現物取引」で利益を狙ってみましょう!
  • 現金プレゼントの場合
    上の「仮想通貨プレゼントの場合」と同様で、「ビットコイン(仮想通貨)を買った時よりも、価格が上がったタイミングで売る」を繰り返して利益を狙ってみましょう!
    現金のプレゼントの場合は、「ビットコイン以外の仮想通貨を買うことができる」点なので、ビットコイン以外に「リップル」や「イーサリアム」などお気に入りの仮想通貨があれば、それらの仮想通貨を購入して売買益を狙う方法もあります。
  • とりあえず買って寝かせておく
    上記2つの方法は、もらったビットコイン(仮想通貨)もしくは現金で取引をする方法ですが、その他にも「長期保有してみる」という手もあります。
    プレゼントされるものは高くても「数千円」程度なので、少しの値動きでは大きな利益を得ることはできませんが、常に相場を監視して取引を繰り返す労力をあえて避け、忘れた頃に大きく利益になっていれば〜、という期待を込めて長期保有しておくことも一つの手段です。
    ※ 仮想通貨はいつどのくらいまで価格が上がるのかはわからないですが、持っていないよりは「少額でも持っている」方が、いつか利益を手にできるという期待があります。
    ※ 仮想通貨は雑所得扱いになるので、20万円を超える利益が出た場合には税金がかかりますが、仮に単純計算でビットコイン価格が100万円の時に「千円」を寝かしておいたとしても、ビットコイン価格が十倍の1000万円になっても千円が一万円 = 9千円の利益なので、小さい額でのみ投資を行っている場合にはそこまで心配はないといえます。
[/aside]

[btn class="rich_yellow"]もう一度↑上のキャンペーン情報↑を見る! [/btn]

キャンペーンでもらう数千円分の現金(仮想通貨)は、相場が安いうちが狙い目!

キャンペーンでもらえる数千円分のプレゼントで取引をしてみるなら、ビットコインの価格が安いうちが狙い目です。
なぜかというと、取引所には「最低取引単位」というものがあるからです。

単純に例えると、プレゼントキャンペーンで現金を千円もらったとして、その取引所の取引の最低単位が 0.001BTC の場合、ビットコインの価格が 1,000,000JPY(100万円) を超えると取引できなくなり、もらった千円はそのまま日本円で眠り続けることになってしまいます。
※ この例えはあくまでも「プレゼントのみで取引を経験してみる」場合であって、自分で資金を追加すればもちろん取引を行うことは可能です。
※ この他にも取引手数料がかかる場合には、1BTC = 100万円や90万円でも、プレゼント分の千円だけでは購入できない可能性もあります。

ですので、「プレゼントキャンペーン」でもらった分のみで取引を始めてみる、という場合には、ビットコイン価格が90万円を下回っている今が狙いどきです!

[btn class="rich_yellow"]もう一度↑上のキャンペーン情報↑を見る! [/btn]

おすすめの仮想通貨取引所!

ビットポイントなら 0.0001 BTC の超少額から取引できる!

[ex-jp-BITPoint]No tags for this post.

仮想通貨のICOとは?購入する前に知っておきたい5分でわかるICO基礎知識

ICOとは Initial Coin Offering の略で、企業が新規プロジェクトのための資金調達の手段として、新しい仮想通貨を発行することです。

ICOで資金調達する方法は「クラウドセール」とも呼ばれます。

[external-explan-air_drop]

ICOの特徴

ICO はその特性上、しばしば株式のIPO(Initial Public Offering、新規公開株のこと)に例えて解説されます。

ICOの目的は資金調達

企業が新しいプロジェクトを立ち上げるため、もしくは新規プロジェクトのために集まったチームがそのプロジェクトのための資金を調達する方法として ICO を行います。

これまでのICOの例だと、仮想通貨の「イーサリアム」が有名です。

その他にも仮想通貨の新規取引所の設立などでICOが行われています。

ICOの成功は取引所への上場

ICOでは企業が独自のトークン(独自トークン、仮想通貨)を発行します。

ユーザーはこのトークンをフィアット(Fiat、法定通貨、ドルなど)もしくはビットコイン、イーサリアムで購入します。

このトークンが取引所から認められて取り扱われると「上場」となり、ICOの成功となります。

ICOの魅力は価格上昇からの含み益

ICOの魅力はなんといっても「上場直後 = 価格が低い状態からの値上がり」を期待できる点です。

ビットコインのように 0円 から 1BTC = 60万円まで達し、仮想通貨で一財産を築いた例があります。

このように既に存在している通貨より、これから誕生して価格が上昇するものをいち早く保有しておけるという魅力があり、2017年にICOは世界的に流行しました。

ICOは上場 = 大儲けという単純な図式ではない

ICOを行った企業の信頼、信用や、プロジェクト自体の期待、将来性などによって需要の高さは異なります。

従って上場を達成したからといって、いつまでたっても価格が低いまま横ばいを続けるといった通貨が数多く存在します。

ICOに参加して大きな利益を得るためには、値上がりの期待が持てるICOを探さなければなりません。

トークンプレセールでトークンを購入する

トークンはICOのプレセール期間で購入します。

各通貨ごとに発行総数は異なりますが、このプレセール期間でのみ販売しその後は追加販売無しというものもあります。

またトークンプレセールでは購入額に応じてボーナスを付与する場合もあります。

ホワイトペーパーとは目論見書

IPO に例えて解説される理由にはこの「ホワイトペーパー」の存在もあります。

ホワイトペーパーは IPO で言うところの「目論見書」で、このホワイトペーパーにプロジェクトについての詳細が記述されています。

ホワイトペーパーで確認したいところは主に下記の項目です。

  • プロジェクトの概要
  • 運営企業(チームの詳細)
  • どこの国で運営されるのか
  • ロードマップ(プロジェクト各段階のローンチ予定)
  • プロジェクトの展望
例えば新規で取引所を創設するICOだった場合には、運営する企業が籍を置いている国も重要になります。

中国のようにICOを禁止している国に籍を置いているのに新規取引所を創設しようとしているならば注意が必要になります。

またプロジェクトがクリーンであるならばチームメンバーの氏名や顔写真を公表できるはずなので、チームメンバーが何人でどういった人物が何を行うのかが記載されていない場合には、注意が必要かもしれません。

ICOのトークンはイーサリアムベースが多い

ICOのトークンはビットコインもしくはイーサリアムで購入します。(稀に国内であればJPY(日本円)、海外であればUSD(米ドル)などでの参加が可能な場合もあります。)

購入する通貨にイーサリアムが選ばれている理由は、ICOの独自トークンはイーサリアムをプラットフォームとして作成されることが多いからです。

この理由から、ICOに参加するためにイーサリアムを保有するユーザーも数多く存在しています。

ICOのメリット

ユーザーはインセンティブを受けられる

ICOに参加したユーザーはプレセールでいち早くトークンを購入し保有することができます。

有名な企業や、そういった企業が関連しているICOならその後に価格の上昇が予想されるため、プレセールで購入した金額より価格が上がったタイミングで売却して利益を得ることができます。

ICO成功事例として語られるEthereumの価格推移を見てみると

  • 2015年8月7日 1ETH = 351円
  • 2016年6月17日 1ETH = 1,605円
  • 2017年3月30日 1ETH = 5,849円
  • 2017年6月13日 1ETH = 42,891円
となっており、1年10ヵ月程度で価格が122倍も上がっています。

もし351円の時にEthereumを100,000円(十万円)購入したとして単純に計算すると1年10ヵ月で 12,200,000円(一千二百二十万円) になっています。

このような価格の上昇を期待できるため、第二のビットコインを求めてICOに参加を希望する人々の需要は高まり続けています。

ICOのデメリット

ICOは詐欺の可能性も高い

全てのICOではありませんが、詐欺を目的としたICOも存在します。

ICO(広く言えば仮想通貨自体も)には、まだ各国が規制やルール整備を検討、実験、検証しているような段階です。

そのために、資金を集めたあとにプロジェクトを放棄しても(もしくは最初から詐欺目的で、偽プロジェクトで資金を集めても)罰則がありません。

そのためユーザーは、参加を検討しているICOが信頼できるか、将来価値の付くICOなのかどうかをきちんと調べてから投資する必要があります。

[box class="green_box" title="国ごとに規制などが整備されている"] 仮想通貨やICOに関しては各国が独自に法整備や規制をかけています。

具体的な例として、アメリカで2017年10月1日に「証券取引委員会」(SEC)が2件のICOを告発しています。

同じ実業家による「REcoin」、「DRC World」というICOで、実在しない仮想通貨を販売したとされています。

このように各国の対応も目に見えて変化してきています。 [/box]

ICOとネズミ講の違い

ICOの話題に関連して語られるものに「ネズミ講(無限連鎖講)」、「MLM(Multi Level Marketing、マルチレベルマーケティング)」、「ネットワークビジネス」といったものがあります。

ICOは本来、企業とユーザー間でトークン売買されますが、まれに「代理店形式」や「子会員に紹介すればインセンティブ報酬をもらえる」といった仕組みのものがあります。

こういった性質をもつICOは一般的に「詐欺ICO」と認識されていて、投資筋や有識者などから警鐘を鳴らされています。

実際中国では2017年に国内でのICOを禁止しましたが、その理由には仮想通貨という「目に見えない金融商品」がネズミ講詐欺の温床になる可能性が極めて高いところにあります。

ICOや仮想通貨に対する各国の動き

世界各国のICO、仮想通貨に対する動き、ICOの事例を抜粋しました。

  • 2013年12月19日
    レバノンのレバノン銀行はビットコイン(仮想通貨)についてのリスクについて警告を発しました。
    レバノン国内の金融機関、外貨交換機関は法令により電子貨幣の扱いを禁止されていることを指摘しています。
  • 2014年1月5日
    台湾の金融監督管理委員会(Financial Supervisory Commission、FSC)は、台湾国内におけるビットコインATMの設置を許可しないと表明しました。
  • 2014年1月27日
    ロシアのロシア連邦中央銀行は、ビットコインはロシアで禁止されている貨幣の代替に当たるとの声明を発表しました。
  • 2014年2月15日
    タイ政府は書面にて、タイ国内でバーツと交換されるのみという条件付きでビットコイン売買を許可しています。
  • 2014年2月24日
    マウントゴックス社が全取引を停止、サイトが消去される。
    その後744,408BTCを盗難により損失し破産に至る事件が発覚した。
    事件の詳細は不明のままで、マルク・カルプレスCEOがビットコインを横領していたという説から、盗難は実際にあり真犯人がいるという説など未だ全容が解明されていない。
    2013年4月には世界のビットコイン取引量の70%を占めるまでになっていた取引所での事件ということでマスコミも大々的に報道し、日本ではビットコインがネガティブなイメージで浸透する結果となった。
  • 2014年3月26日
    コロンビアの金融監督局はその監督下にある金融機関のビットコイン投資を許可しないとともに、ビットコインのリスクについての声明を発表しました。
  • 2014年9月2日
    仮想通貨Ethereum(イーサリアム)がICOで資金調達に成功。
    2014年7月23日から2014年9月2日の42日間行われたプレセールにて約15億円(BTC建てで当時の金額)の資金を調達しました。
  • 2015年1月14日
    ロシア政府がビットコインに関連した複数サイトへのアクセスを遮断しました。
  • 2015年8月8日
    アメリカのニューヨーク州では仮想通貨事業を行う事業者へ「BitLicense(ビットライセンス)」の取得を義務付けました。
    取得条件が非常に厳しいライセンスで、現在Circle Internet Financial、Ripple、Coinbase、Gemini、itBitの5社のみが付与されています。
  • 2016年6月17日
    投資ファンドICO「The DAO」がプログラムの脆弱性を突かれ大量のEthereumを盗難される事件が発生。
    Ethereumのハードフォークを実行すべきかどうかの議論が開始された。
    この議論はプログラムの制約につきおよそ28日(4週間、ブロック生成時間)という制限付きのものだった。
  • 2016年7月20日
    先のThe DAOの件によりEthereumがハードフォークを実行し、Ethereum Classic(イーサリアムクラシック、ETC)が誕生。
    Ethereumが二つに分岐した。
  • 2017年4月1日
    日本が「仮想通貨法」を施行。
    国内の取引所は金融庁へ申請が義務付けられ、登録制となりました。
  • 2017年4月14日
    インド政府は仮想通貨規制のための官民合同の諮問委員会を設置しました。
    今後は規制しつつ合法化に向けた動きが予想されています。
  • 2017年6月2日
    ウェブブラウザで有名なFirefoxを提供しているMozilla社の前CEO、Brendan Eich氏のスタートアップブラウザ開発企業Braveが、ICO開始から30秒以内で3500万ドルを調達しました。
  • 2017年7月1日
    日本は仮想通貨の消費税を非課税に変更しました。
  • 2017年7月23日
    アメリカのワシントン州では仮想通貨に関する規制(上院法案5031)を施行しました。
    その結果PoloniexやKraken、Bitfinexなど主要取引所を含む複数の仮想通貨取引所が同州から撤退しています。
  • 2017年8月1日
    ビットコインは取引速度の遅延解消方法としてSegwit2xとブロックサイズ増大派で意見が分かれハードフォークを実行。
    増大派の新仮想通貨Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ、BCH)が誕生し、ビットコインは分岐した。
  • 2017年8月7日
    ロシア政府が支援しているロシアのマイニングファームのICO、「Russian Mining Coin」がトークンプレセールを開始。
  • 2017年9月3日
    韓国の財政管理委員会(FSC)が仮想通貨の規制に関する合同会合を開催。
    FSCは、仮想通貨は法定通貨でもなくまた財政商品でもないと言及しました。
    また今後はICO規制も強化していく見通しであると語っています。
  • 2017年9月4日
    中国政府はICOを違法な金融事業活動とみなし、中国国内でのICOを禁止しました。
    以下は中国人民銀行HPの原文です。
    中国人民银行 中央网信办 工业和信息化部 工商总局 银监会 证监会 保监会关于防范代币发行融资风险的公告
  • 2017年9月5日
    香港では証券先物委員会(SFC)がICOのデジタルトークンは「有価証券」と定義し、注意喚起声明を公表しました。
    ※ 香港では1997年7月1日の香港返還後から50年間、一定の自治権の付与と本土(中国大陸)とは異なる行政・法律・経済制度の維持が認められています。(香港の法定通貨は人民元ではなく香港ドル(HKD)です。)
  • 2017年9月6日
    日本はビットコインを運用して生じた利益を所得税(課税対象)にすると発表しました。
  • 2017年9月17日
    中国政府からの規制を受けて中国3大仮想通貨取引所が取引停止を発表。
    BTCChinaは2017年9月30日まで、OK coinとHuobiは2017年10月31日までに仮想通貨の取り引きを停止すると発表しました。
  • 2017年10月2日
    仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社のICOプラットフォームCOMSAが自身のICOのプレセールを開始。
    前評判も高く、開始早々40億円超の資金を調達し話題になりました。
  • 2017年10月2日
    SEC(米証券取引委員会)がDiamond Reserve Club WorldとRECOin Group Foundationの2つのICOが架空と虚偽のプロジェクトだとして創業者のMaksim Zaslavskiy氏を告発しました。
    連邦証券法の不正防止および登録規定を違反したとして裁判所へ請求し、ニューヨークとブルックリンの連邦地方裁判所が緊急裁判所の命令により凍結しました。
    ICOを資金調達モデルに利用している企業に対しての、史上初の告発といわれています。
  • 2017年10月25日
    シンガポールでは、シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)メノン長官が、仮想通貨を規制する計画はないと表明しました。
    その上で、仮想通貨を利用したマネーロンダリングなどのリスクには警戒を続けると述べました。

[aside type="boader"]

ICOに参加するまでの流れを解説!!

[kanren postid="2863"][/aside] [external-explan-air_drop] [aside type="boader"]

ICOに参加するには「ETH」(イーサリアム、Ethereum)が必要!
ETH を買うなら安心、安全はもちろん人気の取引所を選ぼう!!

仮想通貨におすすめなのは仮想通貨を日本語で購入できる「国内の取引所」がおすすめ!

[/aside] [ex_list_ja] [ex_list_ovse]No tags for this post.