海外

No tags for this post.

マデュロ氏「銀行にPetroの採掘と使用をお願いしたい」

ベネズエラのニコラス・マデュロ大統領は国内のすべての銀行に対し、先日発行された政府が発行する仮想通貨「Petro」の採掘と使用を呼びかけました。銀行連合の代表はこの発言に憤慨し、「マデュロ氏は権力を乱用し、憲法に逆らった発言をしている」として避難しました。


銀行にPetroの採掘と使用を懇願

マデュロ氏は「ベネズエラ国内にある1400以上のすべての銀行にPetroの発行システムに参加してもらい、協力者には報酬としてPetroを支払いたい。この提案はPetroの第一人者であるカルロス・バーガスと会議を行った際に出てきたものだ」と発言しています。

「銀行は、600万人以上の利益を増進するために国の領土を利用してマイニングファームを運営できるだろう」として、銀行によるPetroのマイニングが可能であることを示唆しています。

連合の代表は憤慨

「銀行はマイニングファームを運営することができる、そしてマイナーへの報酬としてのPetroが必要だ」というマデュロ氏の発言について、銀行連合の代表は「銀行がPetroを扱うことはない」としてマデュロ氏の発言に反発しています。

アナ・ヤネズ氏は「連合の中で、銀行がPetroを扱うことに満場一致で反対である。これは権力の乱用であり全体主義的なものであるように伺える。それに加えて、ペトロは憲法に違反する仮想通貨である。我々にペトロの使用を押し付けるような動きには断固反対である」

サーバンド・カーボーン氏は「Petroは詐欺である。銀行でPetroを扱うことには強く反対する」として、ヤネズ氏と同様の立場を取っています。

さらにカーボーン氏は「Petroはマネーロンダリングを助長するために生まれたようなものだ。もし銀行に使用を強制されれば、我々は抗議活動を行う」として断固反対の姿勢を見せています。

さらに連合のある秘書は「石油の使用のためであれば、Petroは使用に値する」とする一方で、
「石油の採掘に関わる我々は石油1バレル(159リットル)を採掘するのがどれほどの価値に値するのか知っている。マデュロ氏の言動はまさに独裁者といえるもので、労働者の反感を買うものだ」としてマデュロ氏を批判しています。

銀行および石油関係者の反感を買ってしまったマデュロ氏の発言ですが、今後共存の道をたどることはできるのでしょうか。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。
https://news.bitcoin.com/maduro-asks-venezuelas-banks-to-mine-and-use-cryptocurrency-unions-outraged/

投稿 マデュロ氏「銀行にPetroの採掘と使用をお願いしたい」COINNEWS に最初に表示されました。

No tags for this post.

意外と知られてない!イギリス国内の仮想通貨事情を徹底考察

多くの仮想通貨のメディア記事を見ているとアメリカや中国、韓国などの国の情報はよく目にすることができます。しかし、イギリスの記事を見る機会は少ないのではないでしょうか??今回は、そんなイギリスの仮想通貨事情に関して徹底解説していきます。

イギリス政府の考え

現在(2018年2月23日)イギリスでは、仮想通貨に対して規制は行われていませんが政府は、ビットコインに対して厳しい考えを示しています。これまで、イギリスはビットコインを含む仮想通貨に寛容な姿勢を示していました。しかし、2017年12月にビットコインが急落したことを受け英国大臣は、仮想通貨のビットコインがマネーロンダリングや税金逃れのために使われているため、厳しい取締を計画していることを伝えています。

また、イギリスは『自国』だけが仮想通貨の規制を行うのではなく『世界全体』での規制が必要であるという姿勢を示しておりEUでの規制を促すほか、日本も属すG7でフランス、ドイツと一緒に仮想通貨の規制を呼びかけています。

イギリスのテリーザ・メイ首相、1月下旬に世界経済フォーラムのダボス会議に出席し、ビットコインをはじめ仮想通貨についてこのような見解を示しています。

「ビットコインのような仮想通貨について我々は非常に真剣に考えるべきです。仮想通貨の使われ方、特に犯罪者が仮想通貨を悪用しているからです」
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20180205-00081296/

ロイヤルミントの発表

英国王立造幣局(ロイヤルミント)が、当局が金庫にもつ金と対応した独自の仮想通貨を作ることを発表しました。英国王立造幣局とは、英国で流通する全ての貨幣を製造している、いわば日本の日本銀行に当たる銀行です。このロイヤルミントが発行する通貨は、『ロイヤルミントゴールド(RMG)』と命名されました。

こちらがその発表です。

『Royal Mint(英国王立造幣局)は、1000年以上も前に設立された、国外展開を行っている世界有数の造幣局です。現在は、金融派生商品取引で有名なシカゴ先物取引所(CME)グループと協力し、最先端技術であるブロックチェーンの電子取引メカニズムと金地金の特質を組み合わせた金投資商品、RMG(ロイヤルミントゴールド。以下RMG)を開発しています。』

https://site1.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_gold&cat1=gold&cat2=guide&dir=guide&file=gold_guide_01_170830_01.html

イギリスの仮想通貨取引所

この取引所は、Henyepグループの一つのサービスとしてできた取引所です。このグループは、金融系サービスや不動産などを中心に行なっています。HYCMは、2017年6月から取引を開始しました。当初は、ビットコインの取引を行っていました。最近では、リップルやビットコインキャッシュの取引を開始するこが一部メディアで取り上げられました。リップルは、アジアを中心に取引量が多い通貨です。今後この通貨が欧州でも取引されて行くのかに注目する必要があります。現在は、上記にあげた3つの仮想通貨とイーサリアムとライトコインの取り扱いを行っています。

HYCMがビットコインキャッシュとリップルを扱ったことに関する記事はこちらを参照ください。

リップルとビットコインキャッシュがイギリスの取引所HYCMに上場 CFD取引が可能に

Crypto UK

これは、イギリスの7社の仮想通貨企業が、政策立案者らを巻き込みながら仮想通貨産業の『自主規制の枠組みの開発』を行う、独立した取引団体です。Crypto UKに参加するのはCoinbase、Etoro、Cex.io、Blockex、Commerceblock、Coinshares、そしてCryptocompareの7社です。これらの企業は、取引プラットーホーム、取引所、資金管理、商業団体、比較サイト、そして仲介業など多種多様な事業を展開している企業です。

このCrypto UKに関して詳しい情報は、こちらを参照ください。

イギリスの7企業が合同で新たな取引団体『Crypto UK』を組織

 

最後に

イギリスは、あまり仮想通貨のメディアで取り上げられることは少ないですが、イギリス政府はG7、EUなどに世界全体での仮想通貨の規制を呼びかけている点や中央銀行が始めたロイヤルミントゴールドは今後注目する必要があるでしょう。

投稿 意外と知られてない!イギリス国内の仮想通貨事情を徹底考察COINNEWS に最初に表示されました。

バイナンスの偽サイトに注意!

Binance(バイナンス)の偽サイトにご注意ください。 中国の仮想通貨取引所バイナンス。 急速に銘柄を増やして成長した取引所であり、去年の12月には世界最大の取引所までになりました。 そんなバイナンスの偽サイトが現れました。 偽サイトにログインしてしまうと、ログイン情報などが盗まれ不正ログインをされてしまいます。 バイナンスの偽サイトはURLに「biṇaṇce」の文字を使っています。 この「n」の下に点が入っていますが、細かいので見逃しがちです。 グーグルで検索すると一番上に広告を出していることがあるため、うっかりそのページからログインするのを狙っています。 海外の取引所は偽サイトがよく出現するため、ログインする際は気をつけてください。 No tags for this post.

『Bankera(バンクエラ)』が大手取引所「Hitbtc」に上場決定!

リトアニアのICOプロジェクト『Bankera』が発行するICOトークンであるBNKトークンが、イギリスの大手取引所「HitBTC」での取り扱いが始まるということが、Bankeraの公式Twitterで発表されました。
Bankeraとは何なのか、そしてBNKトークン上場に関する詳細を以下で詳しく解説します。


Bankeraとは何か

Bankera(バンクエラ)は『ブロックチェーン時代の銀行』を標榜する、バルト三国の一つであるリトアニア発のサービスです。名称の由来は『Bank(銀行)+era(時代)』からきています。サービス内容は『銀行の業務をブロックチェーン技術を用いて行う』ことで、法定通貨も仮想通貨も扱っています。

Bankeraの創業チームは既にSPECTROCOIN(スペクトロコイン)という別のサービスを運営しており、仮想通貨取引を始め、デビットカードの発行や決済代行サービス、電子マネー口座「e-wallet」の運営を現在も行なっています。

多くのフィンテックスタートアップが金融事業を改革しようとしているものの、多くがニッチな市場(規模が小さい市場)に集中するため、技術的に発達していない伝統的な銀行業が未だに大きな経済権を握っているという実態があります。
Bankeraはそこに目をつけ、『ブロックチェーン時代に合わせた銀行の業務を行っていく』というビジョンを掲げ、金融サービスに必要なサービスを一箇所にまとめることを目指していくようです。

このビジョンを達成する名目でBankeraはすでにICO(イニシャル・コイン・オファリング)を実施し、バンカー(Banker、BNK)というトークンを発行しています。

BankeraのICOは「プレICO」「ICO」「SCO(セカンド・コイン・オファリング)」の3つの段階に分けて行われます。
プレICOは既に終了しており、上限である約30億円分のトークンが完売しています。2017年11月27日からICOが実施され、2018年2月末で終了します。

2018年2月22日現在、ホームページ上で調達額とトークン発行額、そしてICO終了までのカウントダウンが行われています。

Bankeraのホワイトペーパーはこちらからご覧いただけます。(日本語訳版)

HitBTCに上場

 

(訳:今日、嬉しいニュースが飛び込んできました。Bankeraは大手仮想通貨取引所の一つであるHitBTCと契約を締結しました。これはHitBTCにおいてBNKトークンの取り扱いが始まることを意味します。)

2018年2月21日、Bankeraは公式Twitterにて『BNKトークンが仮想通貨取引所HitBTCに上場すること』を発表しました。

HitBTCは取引高世界12位の海外取引所です。

(参考)https://coinmarketcap.com/exchanges/volume/24-hour/all/

ビットコインやイーサリアムを始め、国内取引所では取り扱いのない銘柄も扱っています。


メールアドレスとパスワードを登録するだけで利用開始することができます。ただし取り扱い通貨の購入はBTC建てもしくはUSDT(Tether、テザー)建てです。日本円で購入することはできませんので注意が必要です。
言語は英語および中国語に対応しています。
HitBTCへの登録はこちらからどうぞ

BankeraのHitBTC上場の具体的な時期は決まっていませんが、Bankeraのホームページの記載から推測すれば『2018年上半期』である可能性が高いです。
取引高が多い取引所での取り扱いが始まることから注目度は高く、新規顧客の参入も期待されます。

ただし現在(2018年2月22日)はICO期間中ですので、HitBTCではなくBankeraのホームページからトークンを購入することができます。

ICOクラウドセールの時点で取引所での上場が決定することは珍しいです。それだけポテンシャルの高いプロジェクトであることの表れだと言えます。これからも銀行の未来を創っていくBankeraの動向から目が離せません。

投稿 『Bankera(バンクエラ)』が大手取引所「Hitbtc」に上場決定!COINNEWS に最初に表示されました。

ベネズエラ政府、『Petro』で7億3500万ドル集めたことを発表

ベネズエラ政府は、石油資産で価値を保証する独自の仮想通貨『Petro』を販売初日に7億5000万ドル分売り上げたと発表しました。また政府は購入者向けにマニュアルを公開し、「購入者は仮想通貨として利用できるが、ボリバル(ベネズエラの通貨)としては利用できない」ことを確認しました。


『Petro』のプレセールがスタート

2月20日の朝8時30分(ベネズエラ現地時間)、石油資産で価値を保証するベネズエラ政府が発行する仮想通貨『Petro』のプレセールが開始される予定でした。しかし同日深夜、政府は「プレセールは始まっている」と発表し、それと同時に購入者向けのマニュアルを公開しました。

ホワイトペーパーには「プレセールの段階でPetroは総額8240万ものトークンが発行されている」と記載されています。アイサミ副大統領は「Petroはベネズエラ国民はもちろん、外国人も購入することができる」ことを確認しました。

Petroプロジェクトを引っ張るバーガル氏は次のように発言しています。

「プレセールとイニシャルオファーはボリバル(ベネズエラの通貨単位)ではなく仮想通貨で行われます。我々の責務はPetroを軌道に乗せることです。そうすれば市場に参入できるでしょう」

Petro購入希望者は「Etherdelta」というプラットフォームから注文を出すことができます。

しかしこの記事の執筆時には注文は一致しておらず、価格表に価格が表示されていません。これはJavascriptのエラーなどの購入プロセスにおける技術的な不具合である可能性があります。

ハグベル・ロア氏によると現地時間の深夜、ペトロのウェブサイトへのトラフィック数は発表前の5倍に増加したようです。

技術的な問題にも関わらず、ベネズエラのマデュロ大統領は「ベネズエラはPetroのプレセールの当日に7億3500億ドルを受け取った」と主張しました。

Petroの購入方法

Petroの公式サイトではPetroの送金機能について以下のように言及されています。

「Petroに必要なことはPetroのデジタルウォレットを持つことです。一旦ウォレットを開けば、ウォレットはPetroを送りたい相手に送るためのアドレスを作成してくれます。そのアドレスでPetroを受け取ったり、預けることができます。」

マニュアルには、購入予定者がZIP形式のインストールファイルをダウンロードするために必要な、ウォレットへの登録方法とアクセス方法の段階的な詳細が記載されています。

ウォレットの登録方法とインストールの手順に加えて、ユーザーの秘密鍵の保護についても言及されていますが、あらゆる仮想通貨に必要とされる公開鍵の生成に関する記述が不足しています。

さらに、不思議なことに仮想通貨『NEM』に使われているブロックチェーン技術に関する漠然とした発表がありました。

「ベネズエラが立ち上げたブロックチェーンにはNEMブロックチェーンと呼ばれる技術のプラットフォームが関連しているため、堅牢なセキュリティが備わっています」

政府による仮想通貨発行には賛否両論の声がありますが、今後もその動向に世界中からの注目が集まるでしょう。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。
https://news.bitcoin.com/venezuela-pre-sale-oil-backed-petro-cryptocurrency-raised-million/

投稿 ベネズエラ政府、『Petro』で7億3500万ドル集めたことを発表COINNEWS に最初に表示されました。

No tags for this post.

米国連邦当局が9.99 Bitcoinの販売をした男を逮捕

もし、みなさんがアメリカに住む知らない人へ、現金でビットコインを販売することを考えているならば注意が必要です。

みなさんを罠にかけようとしているかもしれない潜入捜査官のための注意喚起が、最近のカリフォルニアの事例で送達されました。


 アメリカでもう一つのビットコインを逮捕

あるアメリカ市民が今月初め、米国国土安全保障省の管轄下にある移民税関執行機関(ICE)の代理人にビットコインを売却したため逮捕されました。
カリフォルニア州南部裁判所の判例の記録によると、Morgan Rockcoon氏はマネーロンダリングと無許可の資金送金事業によって訴えられています。また政府は、この問題に関する全ての資産の没収とこの問題に関する記録の公開を求めています。

ハッシュパワーの悪用?

このマネーロンダリング事件に関していえば、被告人は「その取引が不法行為であると知りながら潜入捜査官との間で、故意に金銭の取引を行った」として訴えられています。申し立てによると、被告人はこの取引に関して「ハッシュオイルの製造と販売の代金である。」と潜入捜査官に言われ、9.998BTC($9,208相当)を法定通貨の $14,500と交換したと言っています。ハッシュオイルには、テトラヒドロカンナビノールが含まれています。このテトラヒドロカンナビノール(THC)は、大麻の主な精神活性成分であり、米国連邦法の下で規制物質として記載されています。

今後、アメリカ当局は個人で行われる大量の不認可によるビットコイン取引に関しても、取り締まっていきます。ミシガン州のLocalbitcoinsユーザーが請求された以前のケースでは、代理人は3,000ドル以上の取引はノウザ・カスタマー(KYC)規制に従わなければいけないと主張しました。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

https://news.bitcoin.com/us-federal-authorities-arrest-man-selling-9-99-bitcoin

投稿 米国連邦当局が9.99 Bitcoinの販売をした男を逮捕COINNEWS に最初に表示されました。

ナイジェリア人、当局警告するも週に400万ドルのBitcoinを取引

ナイジェリア人は、規制当局からの暗号通貨取引に対する複数回警告を受けたにもかかわらず、13の地域の取引所において週に400万ドル相当のビットコインの取引を行なっています。
これを受けて専門家は政府に対し、「イノベーションを促す姿勢」という立場を再考し、バランスのとれた適切な規制を採用するよう求めており、アナリストたちは当局は規制をする前に、暗号通貨の仕組みを理解しなければならないを述べています。


ナイジェリア人に警告するも効果なし

ナイジェリアの規制当局と議員は暗号通貨に対して懸念を抱いています。 最近では、上院が命じたビットコインに関する調査で明らかになったほか、他の機関からも複数の警告がありました。昨年ナイジェリア中央銀行は、暗号通貨は法定通貨とは異なるもので、暗号通貨の取引は自己責任であると述べ、ナイジェリアの預金保険公社も、ナイジェリア人に対し暗号通貨に関する取引は消費者保護法の対象にはならないと警告しています。

しかしながら、最新の取引データが示すようにこれらの警告では彼らの心は変わりませんでした。
ナイジェリア人は、12月末に週平均で12億9000万ドル(約360万米ドル)を計上した後、2月では1週間に最大3億9,800万ドル相当のビットコイン(> 380万ドル)を投資しており、ビットコインの価値は昨年から減少していますがナイジェリア人の仮想通貨に対する関心は衰えを知りません。

現在、ナイジェリアでは13箇所で暗号通貨の取引が行われていて、毎週12月中旬にビットコインの取引総額がナイジェリア通貨で約19億5000万ナイラ(現在の為替レートでは540万ドル)と過去最高を記録したとBitcoin.comが報じました。

イノベーションファースト、その後規制

Cymantiks Nigeriaのソフトウェア開発者およびチーフアーキテクトのEmeka Okoye氏によると、ナイジェリア人は他の暗号化通信にも投資しており、合計で470万ドルに達しているといいます。同氏は、政府機関に対して規制へのアプローチを再考し、「スマートな規制」を採択するように求めました。専門家は、批判はさらに投機を促し、犯罪者による暗号通貨の使用に拍車をかけるだろうと述べました。

当局が暗号通貨を規制すれば、彼らは技術的ツールを違法なものにするだろう、とアナリストは説明しました。Okoye氏は「無法者はこれらの違法なツールを使用するに対して当局は制御できなくなります。これまでの結果を活かさなければなりません」と警告し、規制当局は禁止を適用する前に状況を適切に理解する必要があると述べました。

「彼らは暗号通貨がどのような仕組みかを理解していますか?私はナイジェリアでない場所に暗号通貨取引所を構築することができますが、当局はそれを規制することはできません。外国人のカードを持っていれば、彼らは私が何をしていても規制できないでしょう?」と専門家は指摘しました。

Okeke Emekaは、暗号通貨が完全に法定通貨を置き換えるのではありませんが、暗号通貨によってより便利に、素早くお金を移動させるなど、現金のデメリットを補完することにつながります。彼の意見では、当局による見解の傾向は、暗号通貨の本来の価値から逸れた解釈になっているといいます。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。
https://news.bitcoin.com/nigerians-trade-4-million-in-bitcoin-weekly-despite-warnings/

投稿 ナイジェリア人、当局警告するも週に400万ドルのBitcoinを取引COINNEWS に最初に表示されました。