相場・価格

マウント・ゴックス(MtGox)の残資産、2000億の売りが重し?ビットコイン(BTC)週末戦略

MtGoxの残資産、2000億の売りが重し?ビットコイン(BTC)週末戦略

昨晩、コインチェックの記者会見を終えて盗難されたNEM(XEM)の補填が間もなく始まることが発表されました。

関連記事:NEM(XEM)流出のコインチェック記者会見:来週中にも補償金460億円の返金スタートか?

それをうけてNEM(XEM)は急進。売られ過ぎておりましたので価格を大きく回復させそうです。

今週末から来週にかけてはアルトコインの中で最も元気なコインの一つとなるのではないでしょうか。

コインチェック問題もこれで徐々に沈静化していきそうですが、また次のニュースが飛び込んできました。

マウント・ゴックスの管財人を務める小林弁護士はBloombergのインタビューにて、昨年9月以降430億円程度の仮想通貨を売却しており、今後も2000億円規模の仮想通貨を保有していることから随時売却していく意思を明らかにしました。

2000億円ですと、相当な規模です。ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)には上値を抑えることとなりそうです。(1BTC=120万円換算で2000億円とのこと)

それを受けてビットコイン(BTC)は再び反落しております。

ビットコイン(BTC)円 日足分析

ビットコイン(BTC)円 日足分析
出典:DMM Bitcoin

ビットコイン(BTC)日足(レバレッジ)です。

100万円のサポートラインを割り込みかけており、サポートライン付近で停滞をはじめているので嫌な形状になりつつあります。

割り込んだ後に値動きを確認する必要がありますが、すぐに反発できないとこれまた厳しいチャート形状に逆戻りとなりそうです。

週足では再び下落トレンドの形状になってしまっており、来週にかけても下値攻めのターンとなりそうです。

割り込んだ場合、また80万円ぐらいでしょうか?深くなるならば、週足でダブルボトムも頭に入れておかねばなりません。

そうなりますと、サポートラインの65万円まで目安となりやすいものがありませんから押しが深くなるでしょう。

持っているポジションを落とし始めました。

MACDも0.00ラインまで回復したのは良いのですが、ここを起点にトレンドが発生してしまいますと長引きやすいことが多いので注意が必要です。

さらに10日後にはG20の財務大臣・中央銀行総裁の会議も控えておりますので、さらにポジション調整の可能性がありますので、上がったところも売られそうです。

テクニカル的にもファンダメンタルズ的にも市場の上値が重くなりやすい時期がしばし続きそうです。

NEM(XEM)チャート分析


出典:DMM Bitcoin

続いてNEM(XEM)の4時間足分析をしたいと思います。

こちらは短期的には押し目買いの形状になりつつあります。大きなトレンド反転を狙ったトレードです。

下降トレンドラインを抜けてきており、目先35円近辺がサポートラインとなりそうです。

直近高値の46円近辺を抜けてきますと、あっという間に次の高値である62円付近までテクニカル的には上値を伸ばしやすい展開となりそうです。

ビットコイン(BTC)の上値が重いことが厄介ですが、今週末から来週にかけて仮想通貨市場全体的に下値を更新するならば、NEM(XEM)の踏ん張りどころには期待したいところです。

ビットコイン(BTC)現在の価格・チャートはこちら
ネム(NEM)現在の価格・チャートはこちら

今は売り?買い?仮想通貨の市場動向を探る方法【eToro(イートロ)の使い方】

eToro(イートロ)公式

今回は、キプロスのCFD専門取引業者「eToro(イートロ)」を紹介します。

eToroとは?

eToroはキプロスでライセンスを取り、現在はアメリカ、オーストラリア、イギリス、中国、ロシアに事務所がある世界最大級のソーシャルトレードをサポートする会社です。2018年3月4日現在、世界中でeToroに口座を持つ人は241,079,771人いるようです。

個人的には、かれこれ9年前からFXや株価CFDなどのトレードにeToroを活用しています。2017年からはeToroで仮想通貨の銘柄も取り扱うようになりました。

etoro出典:eToro

以前は日本人も取引が出来たのですが、金融庁による海外FX/CFD業者の取引規制により、今はソーシャルデータを参考にするのみ有効です。(スマホアプリもあります)

<日本人が使えるもの>
・eToroソーシャルプラットフォーム(だれでも参加できるSNSサイト。ただ、2年くらい前から日本語対応がなくなりました。)

<日本人が使えないもの>
・コピートレード(優秀なトレーダーの取引をそのままコピーして運用する)
・CFD直接取引

eToroの仮想通貨のマーケットアナリストの見解は意外とニュースにもなっているので、ぜひチェックしてみてください。

それでは誰でも使えるソーシャルプラットフォームを紹介します。登録にはFacebookやTwitterアカウントでも可能です。

eToroの使い方

ここからは「eToro(イートロ)」の使い方をご紹介します。

ログイン後の画面

出典:eToro

ログイン後、自分のアバターを作ることが出来ます。(作らないと図のような自分の国旗と、バッファローのような角が生えたアイコンになります。)

マイウォッチリスト

銘柄はFX、株価、コモディティなどありとあらゆる市場のものがそろっています。そこから自分の必要なものだけをジャンル関係なく、リストを作ることが出来ます。私の場合、為替や米株にも投資しているのでウォッチリスト銘柄が多種多様です。

<ポイント>

  • SELL(売り)
  • BUY(買い)
  • SENTIMENT(市場心理)

世界中のeToroユーザーのリアルタイム取引が見られます。特にSENTIMENTは「売りが多いか?買いが多いか?」がわかるので、かなり参考になると思います。

仮想通貨リスト


TradeMarketから仮想通貨の銘柄を見ると、現在9銘柄がリストアップされています。SENTIMENTを見ると他の市場よりも「買い」の割合が多いですね。

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リップル(XRP)・ダッシュ(DASH)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラッシック(ETC)・ステラ(XLM)

(ステラとダッシュがなぜリストに?海外では人気のある銘柄なのかもしれませんね。)

<ポイント>

  • 仮想通貨銘柄は土日も動いていますので、つねに取引されているのがわかります。
  • CFD銘柄(差金決済取引)なので「売り」からも取引可能。現物取引の動きとはやや異なります。
  • ドルベースで表示

ビットコイン(BTC)を選択

銘柄リストから「ビットコイン」を選択してみます。
手順:Market→crypto(=仮想通貨市場)→「BTC」→Feed

【Feed】
リアルタイムにビットコイン(BTC)に関する、ソーシャルな意見がアップされ、ビットコイン(BTC)の概要なども知ることが出来ます。

【Stats】
Stats(統計)ではビットコインに関するデータを開示。

  • 前回終値:11220.01ドル
  • 1日のレンジ幅:11204.29~11380.69ドル
  • 52週のレンジ幅:938.95~20155.52ドル
  • 年間リターン率:786.61%

他の市場の銘柄ではありえないリターン率を、仮想通貨銘柄が叩き出していることが分かります。

【Chart】
Chartを選択した後、右上の拡大を押すと、様々な分析が出来るプラットフォームが表示されます。ここにテクニカル分析のアイディアを書いて、そのままソーシャルサイトにツイートすることも可能。

現在のビットコイン価格に「フィボナッチリトレースメント」を引いてみたところ、現在価格がちょうど38.2%ラインに到達。ここをしっかり上抜けたら、次は半値(50%)ラインの13000ドルが重要ポイントです。

まとめ

仮想通貨の取引には、投資情報が少なく相場動向の要因もわかりにくいため、世界中のトレーダーが活用しているeToroの取引データを「リアルタイム」に見ることで、今が売りなのか、買いなのか?の参考指標になると思います。

参考:eToro

ビットコイン(BTC)買い場到来なるか!?NEM(XEM)が安い!【週末戦略】

週末はビットコイン(BTC)買い場到来なるか!?NEM(XEM)が安い!

Coinheck問題も落ち着きを取り戻し、米国のテザー問題も一段落し終え、小動きの展開となってきました。

BTCは130万円手前まで反騰を見せるものの、今週後半からはまた少し下落をしております。

ただし65万円近辺から2倍近くまで上昇したものですから、さすがに今度は短期的な上昇しすぎの調整ではないでしょうか。

100万円前後で土日は踏ん張れるかが焦点となりそうです。

100万円の攻防は見ものでしょう。このあたりは90万円台に入れば買われ、110万円台に入れば売られ、レンジ相場を形成しやすいポイントです。

直近のポジティブなニュースでは、米国最大手のコインベース取引所にてビットコイン(BTC)のセグウィット導入ではないでしょうか。

月末か3月初旬にはリリースが予定されており、手数料の減額、送金速度改善などが期待されております。

アルトコインと比較してビットコイン(BTC)の下落率が低く底堅いのはそのせいなのかもしれません。

さて、BTCの日足分析をしていきましょう。

ビットコイン(BTC)円日足チャート

ビットコイン(BTC)円日足チャート
出典:GMOコイン
【テクニカル】:SMA20±1〜3σ(シグマ)・SMA30(1ヶ月間移動平均線)
【オシレーター】MACD

ビットコイン(BTC)-FX日足チャートです。

130万円近辺から反落し、ボリンジャーバンドの中心線付近まで戻ってきました。

ちょうこ100万円付近に中心線が推移をしておりまして、サポートラインも引けることから、条件が2つ重なっているのでクラスターポイントとなります。

また直近の安値から高値でフィボナッチを引いて見たところ、38.2%押しもちょうど100万円付近でした。

ですので、ここのサポートラインはかなり重要な拠点となりそうです。

MACDももう3日ぐらい経過しますと、陽転しそうです。上昇は週明けぐらいからでしょうか?

土日は上昇はしなくても良いので100万円をバックに底堅い展開を演じてくれれば御の字だと考えております。

ここで反転できますと、次は130万円をトライする格好となるでしょう。

NEM(XEM)は絶好の買い場到来か!?

NEM(XEM)は絶好の買い場到来か!?
出典:DMM Bitcoin
【テクニカル】:SMA20±1〜3σ(シグマ)・SMA30(1ヶ月間移動平均線)
【オシレーター】MACD

お次に、NEM(XEM)のレバレッジ取引日足です。

かなり軟調な展開で推移をしております。

35円を割り込みますと、今年の最安値更新です。

盗難されたNEM(XEM)は着々と売られて他のコインに換金が終了しているようで、その売り圧力にさらされているのものと思われます。

そう考えますと、換金され終わるまで引き続き軟調な地合いが続くのではないでしょうか。

但し、安値をわずかながら更新した場合はMACD的にはダイバージェンスが発生しますので、買いやすいと考えております。

短期〜中期ポジションまでは明らかに資本が逃げていったと思われますから、絶好の買い場が到来するのではないでしょうか。

直近最高値から85%以上も下落していることになりますので、なかなかここまで売られることも稀です。

株価でも倒産する以外はここまで下落することはなかなかありません。絶好の買い場到来ではないでしょうか。

もし30円台前半に戻るならば強めに買ってみようと思います。

短期的にも65円ぐらいの直近高値付近までは戻ると考えておりますので、それを狙ったトレードをしてみたいと思います。