税金

No tags for this post.

政府税制調査会、仮想通貨に係る課税の簡素化について議論

政府税制調査会(首相の諮問機関)は17日開いた総会で、仮想通貨に関する納税作業の簡素化に向けた制度整備の検討を始めました。仮想通貨に関する所得は単なる売買益だけでなく、モノやサービスを購入した時の差益や仮想通貨同士の売買(いわゆる仮想通貨ペア)の差益、さらにはマイニング収益などもあり、煩雑です。この煩雑さから納税者が申告を怠る自体を懸念している模様。

ff2ad0ba.jpg


No tags for this post.

ZOZO前澤社長、個人での納税額がヤバすぎるwwwwwww

1: 2018/10/05(金) 14:49:50.59 _USER9
株式社ZOZOの前澤友作社長(42)が4日、自身のツイッターで16年度から今年度(予定)の個人での納税額を公開した。

前澤氏は「2016年度77億円、2017年度34億円、2018年度70億円(予定)。個人での国内における所得税や住民税などの納税額です。買い物もするけど、税金もしっかり納めております。これからももっと稼いでいっぱい買い物して、いっぱい納税します!」とツイートした。

するとすぐに「素晴らしい」「国民の鏡(原文ママ)」「経済を回す男」と絶賛する声がリプライで寄せられた。

また一般人の想像をはるかに超える額に「こりゃ大変だ」「うひょー」などと驚きの声も上がっていた。

10/4(木) 21:36
スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000128-sph-ent
no title


Yusaku Maezawa (MZ) 前澤友作?認証済みアカウント?
https://twitter.com/yousuck2020/status/1047816307335344128

関連スレ
【夢】ある朝起きたらZOZOTOWNの前澤氏のような大富豪になっていた!お前らなら何する? ★3
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538668840/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538718590/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨で1億円儲けたときの税金wwwwwwwww

609: 2018/09/23(日) 11:46:06.09
しかし1億円儲けたとしても5000万円は税金で持ってかれるとか割りに合ってないよなwwwwwwwww 
シンガポールに移民する気持ちが分かるわwwwwwwwwwwwwww

ff2ad0ba.jpg

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1537616897/


続きを読む No tags for this post.

【悲報】仮想通貨トレードをするためのpcもモニターも電気代も経費にならない模様・・・

ff2ad0ba.jpg


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

ポーランド政府「仮想通貨間取引は非課税」

■ツイッターより 続きを読む No tags for this post.

国税庁が仮想通貨所得の際の確定申告を簡略化へ!自民党は金商法移行への有志団体を設立

国税庁が仮想通貨所得の納税を促すために、確定申告の方法を簡略化することを検討しているそうです。

昨日の産経新聞で報道されています。

 

要点

・仮想通貨の税金にまつわる問題
日本国内では、仮想通貨が雑所得にあたり、税率が高すぎるという問題があります。

それにより、納税がきちんと行われていないという問題もあるようです。

・各国の仮想通貨規制

先週からお伝えしていますが、このところ各国の仮想通貨規制に変化がみられる報道が多いです。

今後、より仮想通貨が取引しやすくなるルール作りに期待されます。

国税庁が仮想通貨所得の確定申告を簡略化へ

産経新聞によると、国税庁は、金融庁や仮想通貨に関連する団体と協力して、確定申告(仮想通貨関連)を簡略化するとのことです。

今回は「検討」ということで、具体的な策は明らかになっていませんが、税計算ツールなどの利用も促すとのことです。

国税庁は14日、年内に仮想通貨所得の確定申告を促す環境整備を進める方針を明らかにした。金融庁や仮想通貨関連団体と協力し、仮想通貨の売却などで得た利益や納税額の自動計算、申告方法の簡略化を検討。民間企業が開発を進めている仮想通貨の損益自動計算ソフトの活用なども促し、煩雑な納税作業を改善することで適正に納税できるよう後押しする。

参照元:https://www.sankei.com/economy/news/180715/ecn1807150003-n1.html

 

今年の確定申告から実施される?

報道によると、年内には具体策を提示するとのこと。

今年の確定申告から簡略化が実施される模様です。

国税庁は民間サービスも周知するとのことで、今後サービスが予定されているマネーフォーワードの仮想通貨取引サービスも期待されます。

マネーフォーワードが仮想通貨業界へ参戦!手数料に頼らないビジネスモデルとは

 

仮想通貨の税率は変わらないのか?

確定申告の簡略化は嬉しいものの、仮想通貨所得の税率は変わらないのかとお思いの方もいるでしょう。

現在、仮想通貨取引で得た際の所得は雑所得に分類されるため、株やFXと比較すると税率が高すぎるという問題があります。

 

今後、税率が変わる可能性はある?

株やFXには金融商品取引法が適用されており、分離非課税といって一律20%の税率となっています。

大改革!?金融庁が金融商品取引法への移行を検討!仮想通貨が金融商品として認められるメリットとは!?

以前には、同じ産経新聞が仮想通貨にもこの法律を適用するのを検討しているとの報道がありました。

仮想通貨規制(仮想通貨に適用されるルール)は、ここ最近ポジティブな変化をみせている最中なので、この流れの中でもっと仮想通貨取引がしやくすくなればいいですね。

 

※追記 金商法の議論などで自民党が有志団体を設立か

この記事を書いている最中、読売新聞で、自民党が仮想通貨規制の有志団体を設立する報道が入ってきました。

上記にある通り、仮想通貨に金商法を適用するか議論が行われるようです。

また、国内でもアメリカで話題となっているビットコインETFの上場も可能になります。

 

世界的に変わりつつある仮想通貨規制

先週からお伝えしている通り、今週末にはG20が開催され、最近では仮想通貨規制に関するポジティブなニュースが増え始めています。

日本では、上に挙げた金商法への移行のみですが、今後国内での仮想通貨規制の動向も注目です

インド・韓国・アメリカ G20を前に各国が仮想通貨に対して好意的になっている?

 

まとめ

確定申告の簡略化に関しては、具体策は年内に発表されるとのことなので、まずは続報を待ちましょう。

マネーフォーワードの今後の動向にも注目です。

そして、現在、仮想通貨規制に関してはポジティブな流れの中にあるので、日本の規制に関しても良い動きがあるのかは注目ポイントでしょう!

 

現時点での仮想通貨の確定申告・計算ツールならCoin Toolで

ちなみに、現時点でおすすめする仮想通貨計算ツールはCoin Toolです。

対応している取引所はZaif、bitFlyer、bitbank、coincheckなどの国内取引所はおおよそ網羅しています。

税理士が監修・メールサポートしているというのもあるので、あとから困らないよう先に登録して計算しておくのがおすすめです。

メールサポートで安心して使えるのと、ファイルをダウンロードして記入するだけでOKという簡単さがポイントです。

知らなかったかたは、ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか

公式サイトはこちらから

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨の税制おかしすぎじゃね?

450: 2018/06/24(日) 14:34:56.51 ID:U24yszQ/
売ったら確定益になって資産が1/2になってしまう・・・ 
とガチホしてたら含み益が1/7になってしまったでござる。 

日本が・・日本の税制が悪い・・。


ff2ad0ba.jpg

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1526304853/


続きを読む No tags for this post.

住民税、30%以上は滞納の状態に・・・仮想通貨民は大丈夫?

1: 2018/06/06(水) 05:50:02.84 ID:z3wMnFQQ0 BE:837857943-PLT(16930)
sssp://img.5ch.net/ico/araebi.gif
■住民税を払わないとどうなる?給料の差し押さえも?

地方税の滞納額および徴収率というデータが総務省から発表されています。

平成28年度のデータでは、通常、私たちが住民税と言っているところの道府県民税の所得割が98.6%の徴収率、市町村民税の所得割が
98.8%の徴収率とともに高い徴収率を誇っている反面、滞納繰越分、つまり滞納と認定され全額回収できていない割合も
道府県民税の所得割が32.4%の徴収率、市町村民税の所得割が30.0%と高い数値となっています。

つまり、滞納になる確率は少ないが、いったん滞納するとそこからなかなか抜け出せないのが住民税の厄介なところとも言えます。

■住民税はなぜ支払えなくなるのか

では、なぜ、住民税は支払えなくなるのでしょうか。それは、住民税は前年の所得の状況に応じて、本年かかる前年課税という
ルールによって課されるからだといわれています。

たとえば
●前年は正社員として働いていたけど、今は非正規雇用になった
●年収アップを図って会社を辞めて転職活動していたけど、転職先が決まらない
●フルタイムで働いていたが、結婚を機に専業主婦になった
●プロスポーツ選手として活躍していたが引退を余儀なくされた

というようなケースが、「前年は相応の稼ぎがあったけれど、今年は大幅にダウンした」というケースであるといえるでしょう。

https://allabout.co.jp/gm/gc/475017/

ff2ad0ba.jpg

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1528231802/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨の分離課税化、麻生財務相「国民の理解得られるか疑問・・・」

1: 2018/06/25(月) 23:10:14.26 ID:CAP_USER
[東京 25日 ロイター] - 麻生太郎財務相は25日午後の参院予算委員会で、
仮想通貨の取引で得た利益を現在の「雑所得」から「申告分離課税」に変更すべきとの指摘について、
国民の理解を得られるか疑問だとし、慎重な見解を示した。藤巻健史委員(維新)の質問に答えた。

麻生財務相は、国際的にも仮想通貨の位置づけが不透明なことや、税の公平性などの観点から、
税率が一律20%程度となる分離課税とすることに「国民の理解が得られるのか」と疑問を呈した。

ブロックチェーン技術育成の必要性を指摘しながらも、
「ブロックチェーンは仮想通貨以外にも使える。技術を育成していくために、仮想通貨の購入、
利用を後押しする必要があるのか、などさまざまな問題がある」と語った。

no title


Reuter
https://reut.rs/2yHqf8Y

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1529935814/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨長者、海外移住で“税逃れ”目論むも通用せず・・・

1: 2018/06/22(金) 21:33:21.48 ID:CAP_USER
昨年、電子データ上で取引される「仮想通貨」は爆発的に上昇し、1億円以上の儲けを叩き出す「億り人」を次々と誕生させ、“仮想通貨バブル”の熱狂は経済ニュースを賑わせた。“濡れ手で粟”の大儲けをした人々は、さぞや恵比寿顔だろうと思いきや、税金のことで頭を抱えているという……。

 そもそも仮想通貨で年間20万円超の利益を確定させると、確定申告・納税の義務が生じる。その利益は「雑所得」となるが、株式投資などとは課税の仕組みが異なる。株の売却益は「申告分離課税」に区分され、税率が一律20%であるのに対し、仮想通貨は給与などと同じ「総合課税」が適用され、稼いだ分だけ税率が高くなる累進課税となる。4000万円以上利益が出た場合は、最大税率の55%(所得税45%、住民税10%)が課税される。

 仮想通貨は、一般のサラリーマンや主婦、大学生ら多くの“素人投資家”を誕生させた。そんな確定申告とは無縁だった人の中には、無申告を続けているケースも多いという。仮想通貨の税務に詳しいホワイトテック会計事務所代表の菊地貴加志氏が話す。

「確定申告の義務があるのにしなければ無申告加算税が、申告したが額が少ないなど過少申告とみなされた場合は過少申告加算税が課され、それに加えて正確な税金を納めるまで年利8.9%の延滞税も課されます。さらに、無申告や過少申告が故意によるもので悪質と判断されれば、重加算税(最大40%)が課されることもあります」

 税務当局側にとっても仮想通貨長者は“格好の徴税対象”と見られている。トラスティーズ・コンサルティングLLPのパートナーで公認会計士の寺田芳彦氏がいう。

「昨年、日本居住者が仮想通貨で得た収益は18兆円といわれ、単純計算で9兆円の税収増につながる。消費税4%分以上に相当するわけですから、政府が本腰を入れる可能性は十分にあります」

それでも仮想通貨トレーダーの中には、「日本で高い税金を払いたくないからと、昨年、税率が低い東南アジアに移住した仲間もいる」と、ある“億り人”が明かす。だが、そんな“税逃れ”も通用しなくなっているようだ。

「外国の金融機関などを利用した国際的な脱税や租税回避への対処を目的とした『共通報告基準(CRS)』があるため、海外に資金を逃がしたとしても容易に捕捉できる。また国税は2~3年は泳がせてから税務調査に入るので、忘れた頃に税金の督促や税務調査が来て、重い追徴課税対象になるかもしれない」(国税OBの税理士)

 税金の支払い義務は、たとえ自己破産したとしても免責されない。仮想の世界で荒稼ぎした投資家たちは、重い現実を突き付けられている。
https://www.moneypost.jp/287678


ff2ad0ba.jpg

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1529670801/


続きを読む No tags for this post.

【超絶悲報】日本さん、マジで仮想通貨で稼いだ額の半分持っていく・・・

■ツイッターより

続きを読む No tags for this post.

仮想通貨長者、国税がマーク・・・申告漏れ許さず

1: 2018/06/06(水) 15:14:53.28 ID:CAP_USER
国税当局が仮想通貨の取引で多額の利益を得た投資家らの情報収集を進めている。


 取引で得た利益は「雑所得」に区分され、年間20万円超の利益が出た場合、確定申告の必要がある。

 2017年に仮想通貨取引を含めた雑所得の収入が1億円以上だったと申告した人は331人。
国税当局は投資家らの取引記録などをデータベース化しており、申告漏れなどの疑いがあれば、
税務調査に乗り出す方針だ。

 「税理士に相談して申告したが、所得の計算にかなり手間取った」。
東京都内でソフトウェア会社を経営する男性(42)はそう語る。

no title


読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180606-OYT1T50044.html

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1528265693/


続きを読む No tags for this post.