規制

世界的に仮想通貨・ICOに関する広告が禁止になってしまう!?

先日、米Facebookが仮想通貨やICOなどの金融商品の広告を禁止したニュースありました。
そして中国でもまた仮想通貨に関する広告の自主規制が起こるなど、規制はどんどんと厳しくなってきている模様です。
今回は事例をもとに今後の考察をしていきたいと思います。

世界的に仮想通貨やICOに関する広告が禁止へ

仮想通貨に対する世界的認知は日に日に高まりを見せており、仮想通貨関連業者による仮想通貨やICOに関する宣伝・広告がCMやSNS及びサイトで目にすることが多くなってきています。

その広告の中には、過剰な宣伝で注意を引いたり、まるで仮想通貨投資がノーリスクであるかのような目に余る宣伝文句を謳っているものまで存在しておりました。
実際、仮想通貨やICOの広告には詐欺案件も多く存在しており、正しい情報を持ち合わせていない新規参入者などが被害にあうなど、問題点が浮き彫りになっております。

そんな中、米国や中国では 検索サイトやSNSによって仮想通貨やICOに関する広告を掲載及び配信することの禁止が決定 されました。

仮想通貨の広告が禁止された2つの事例

米Facebookが仮想通貨の広告を全面禁止へ

このたび広告ポリシーの禁止コンテンツとして、誤解を招く宣伝や詐欺的な宣伝と結びつけられることの多い金融商品および金融サービスを追加しました。

Facebook広告が新しい商品やサービスの情報をお届けするときに、嘘や詐欺ではないかと利用者を不安にさせてしまうことを防ぐためです。残念ながら、バイナリーオプション、ICO、仮想通貨について、誠実とはいえない宣伝をしている企業が多数あるのが現状です。

虚偽や詐欺の広告手口を発見しやすくするための対策が講じられるまでの措置として、今回追加したポリシーは意図的に対象を幅広く設定しています。ポリシーは、Facebook、Audience Network、Instagramをはじめ、弊社の全プラットフォームへ段階的に適用されることになります。今後は検出技術の向上に努め、それに合わせて本ポリシーや施行方法も見直していきます

引用:新しい広告ポリシー: 金融商品・サービス関連広告の健全性と安全のための取組https://www.facebook.com/business/news/new-ads-policy-improving-integrity-and-security-of-financial-product-and-services-ads

米Facebook社は、自社の広告ポリシーでバイナリーオプション・仮想通貨・ICOなど 誤解を招く虚偽的な宣伝関係としばしば関係している広告を禁止する とのことです。

大手SNSサイトに、悪質な広告が表示されていることは信用問題に大きく関わるため、早めに手を打ったのでしょう
Facebook社は、今後も広告ポリシーを見直していく模様です。

中国でも仮想通貨及びICO広告の配信が停止の動き

中国の検索サイトである「Baidu」やSNSである「Weibo」では、サイト上での 仮想通貨及びICO関連の広告の配信が停止 しているようです。
また両サイトとも仮想通貨やICOなどと検索すれば、関連ニュースは引っかかりはするものの、有料広告などは表示されないように設定されております。

「Weibo」は仮想通貨に関連する広告掲載を停止している事を明らかにしましたが、「Baidu」は未だ本件についてのコメントはありません。

本件が政府の検閲によるものか、運営側による自主規制かはわかりませんが、中国が仮想通貨に対しての風当たりが強くなっているのは間違い無いでしょう。
また中国では政府の規制ではICOの禁止だけに止まらず、国内の仮想通貨取引所も閉鎖に追い込まれる程に厳しく取り締まられており、今後も 規制が一層厳しくなる ことが予想できます。

仮想通貨・ICOの広告規制は強化されていく模様

仮想通貨やICOに関する広告が悪いのではなく、バイナリーオプション、ICO、仮想通貨などの金融商品について、誠実とはいえない宣伝をしている企業が一定数存在しており、情報量の少ない人が被害に合ってしまうことが問題です。

現在は広告を扱うサイト側が自主的に広告を禁止している段階ですが、今後は 政府による広告規制が強化される ことが予想できます。

他国の規制がどうなっているかが気なる方はこちら

 

ICOに関する最新ニュースが見たい方はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

投稿 世界的に仮想通貨・ICOに関する広告が禁止になってしまう!?COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

韓国政府も右往左往?仮想通貨規制のゆくえ

韓国でまた仮想通貨に対する新たな動きがありました。
韓国政府は1月31日仮想通貨禁止に対する意図を否定してましたが、2月5日にはまた一転規制に本腰の姿勢をとるニュースが流れてました。
しかし、またそれが一転しそうです。どっちつかずの政府の意見が続いています。
今後韓国の仮想通貨規制はどうなるのでしょうか。

韓国のこれまでの規制の流れ

韓国はどうやら未だに 仮想通貨の規制に対する動きは右往左往 しているようです。
それは政府の内部でも、意見の食い違いがあるからではないでしょうか。
まずは、これまでの流れをまとめました。

仮想通貨取引禁止計画の発表

まずは、2018年1月11日韓国のパク・サンギ法相が、 韓国が仮想通貨取引を禁止する 計画 を突如明らかにしました。

詳しい内容はこちらの記事をご覧下さい。
韓国が仮想通貨に対するマイナスの見解を発表、その真実とは:

韓国が仮想通貨に対するマイナスの見解を発表、その真実とは

このことは、世界の仮想通貨の相場にも大きな影響を与えました。
この時の韓国の仮想通貨禁止の報道は、仮想通貨の相場価格を下落へ誘うことになり、韓国でも反対の声が多数あったようです。

実名制度開始と仮想通貨禁止を否定

①1月30日に実名制度が開始
安全に仮想通貨を扱えるように、 1月30日に実名制度が開始 されたのです。しかしこの実名制度は、問題点も浮上しているようです。
それは、トレーダー達の取引所が預金を行う銀行と同じ銀行に実名でのアカウント開設をしなければいけないという問題です。
各銀行はそのシステムを導入しなければならず、日本の実名アカウントの開設より非常に厳しい内容だからです。

②仮想通貨取引の禁止計画なし
そしてこの実名制度に続く形で、今度はキム・ドンヨン長官が1月31日、 国内の仮想通貨取引を禁止、もしくは抑制することはない  と発表しました。

ここまでの詳しい内容はこちらの記事をご覧下さい。
韓国政府、仮想通貨禁止を否定!?仮想通貨熱再発か:

韓国政府、仮想通貨禁止を否定!?仮想通貨熱再発か


実名制度に始まり規制本腰か

韓国政府は「仮想通貨に対する追加的な規制として、取引所の認可制度の導入を前向きに検討している。厳格な審査を行っているニューヨーク州の制度をモデルとする可能性が高い」。

引用元:THE COINRELEGRAPH 韓国政府 仮想通貨取引所の認可制度導入検討(2018年2月14日)より

実名制度が始まり、規制へ本腰と捉えているメディアも多いようです。
そもそもこの実名制度が始まった背景は、韓国で仮想通貨の投資により巨額の損失を被った大学生が自殺したという事件が背景にあったからでした。

そしてその後、韓国では厳格な審査を行っているニューヨーク州の制度を取り入れようとする試みもあり、ついにルールの立てつけのため、規制の道をしっかり歩み始めたかのように見えました。

韓国政府また一転・意見対立

洪室長は「政府の基本的な方針は、ブロックチェーン技術をしっかりと育てながら、仮想通貨取引に関する違法行為や不透明性を無くすことにある」と断った上で、「しかし政府は未だ、仮想通貨取引を完全に禁止することから仮想通貨を取り扱う機関(編集部注:取引所等と思われる)を(政府)システム内に取り込むことまで、多くの意見に分かれている」と明かした。

引用元:THE COINRELEGRAPH 仮想通貨規制 韓国政府内で「未だ意見分かれる」(2018年2月15日)より

またしても一転政府から新たな意見が出たようです。今回はホン・ナムギ室長が、仮想通貨取引の厳しい規制や禁止に反対する先月の国民による請願に回答する為の発表でした。そこでは 政府内で意見が完全に食い違っている ことが明らかになりました。

過去の流れを見ても、パク・サンギ法相の禁止計画に始まり、キム・ドンヨン長官は禁止はしない表明をしていました。
確かに過去を辿ってもわかっていたことではありましたが、それを表明してしまっては、韓国ではさらに仮想通貨が宙に浮いたような存在になってしまいます。

韓国の仮想通貨規制の将来

声明の前日には別の政府筋が今年6月の選挙後に仮想通貨取引所の認可制度が制定される可能性を示唆していた。

引用元:THE COINRELEGRAPH 仮想通貨規制 韓国政府内で「未だ意見分かれる」(2018年2月15日)より

どっちつかずの状態では仮想通貨の投資も楽しめないですし、今しかないこの時間でせっかく素晴らしい価値がある仮想通貨に触れられないことは、宝の持ち腐れではないでしょうか。

今後の仮想通貨生命にも関わると思いますし、一刻も早く方針の決断をしてほしいです。
日本では2017年に始まった認可制度によって、仮想通貨取引所を管理するという同様の動きがすでに機能しています。

韓国もこれからを見据えているのであれば、 まずは政府内部の意見をまとめるべき でしょう。
政府があやふやでは、国民はもっとあやふやに動いてしまうからです。
それではまた仮想通貨の悪いニュースが流れてもおかしくありません。

今年6月の選挙後に仮想通貨取引所の認可制度が制定される可能性も示唆されているようです。
今後また韓国の仮想通貨規制に必ず動きがあると思います。引き続き注目しましょう。

韓国が魅了されているブロックチェーン技術についてもっと詳しく知りたい方はこちら

各国の規制、対応等について知りたい方はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

投稿 韓国政府も右往左往?仮想通貨規制のゆくえCOIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

ビットコインが92万円!上昇トレンドへ反転か

ビットコインが92万円になり上昇を続けています。 一時は200万円台のビットコインでしたが、1月中旬から徐々に落ち始め6日には65万円まで落ち込みました。 このままどこまで下がり続けるのか不安でしたが、7日より上昇し始め今では92万円まで回復しました。 コインチェック問題、テザー問題、韓国規制問題、クレジットカード規制問題など、たくさんの問題がこの数週間で巻き起こりました。 もしかすると今は一時的な回復かもしれませんが、このままビットコインが上昇し仮想通貨全体が回復するといいですね。 [ex_list_ja]

中国政府が規制を強化へ

中国人民銀行の傘下にある金融時報が伝えています。

昨年9月に仮想通貨の規制に乗り出した中国ですが、さらに規制を強化する動きを見せていると伝えています。

金融時報によると、「トークン発行のファイナンスリスクの防止に関する通知」の発表によって国内でのICO、仮想通貨取引を禁止していますが、国外のプラットフォームで仮想通貨の取引やICOに参加する中国人投資家の数は以前高く、今後はそれらに対しての規制も強化していく方針であると報じています。
参考 : 监管加码!中国将对虚拟货币境外交易平台网站采取监管措施_监管动态_中国金融新闻网

No tags for this post.