香港のBTCコミュニティによる促進キャンペーン



  


※日本語訳:車庫から今何が出てきているのか見てください! 街中でビットコイントラムを見かけたら、タグを付けしてください!


2020年9月11日(金曜)に、「ビットコインとそのテクノロジーの香港での育成と促進(原題:fostering and promoting Bitcoin and its technology in Hong Kong)」を目的とし、5,000以上のメンバーからの寄付によって資金を提供されている香港ビットコイン協会(Bitcoin Association of Hong Kong:香港比特幣協會)が、興味深い促進活動を始め、同促進キャンペーンは10月8日まで実施されるとのことです。

香港ビットコイン協会のブログの中で、このキャンペーンは9月11日から10月8日までの間に実施される予定と記載されています。
9月11日から10月8日まで市の2階建てトラムでのビットコイン広告と、9月11日から10月1日までの掲示板のビットコイン広告の2種類の促進キャンペーンが展開されます。

ビットコインと他の仮想通貨のための中国市場のOTCトレーディング会社であるジェネシスブロック(Genesis Block)は


 
※日本語訳:自分の銀行になる


Gemini Trust Company、LLC(Geminiデジタル資産取引所の所有者および運営者)の共同創設者兼CEOであるテイラー・ウィンクルボス(Tyler Winklevoss)氏からのツイートには


 
※日本語訳:ビットコインを香港が引き継ぐ時


テイラー・ウィンクルボス氏のツイートに掲載された画像には看板が写っており、看板には、「検証可能、改ざん防止。ビットコインは金よりも金である方が優れています。」と記載されています。

9月12日(土曜)に、テキサスウエストキャピタル(Texas West Capital)のクリプトトレーダーであるスコット・メルカー(Scott Melker)氏は、このキャンペーンは好きだが、「自分の銀行になる」というスローガンにそれほど興奮はしていないとコメントしています。
著名なビットコインアナリスト、ウィリー・ウー(Willy Woo)氏がメルカー氏へ返信し、香港の文脈でこのスローガンが理にかなっている理由を説明するよう働きかけました。


 
※日本語訳:ビットコイン広告は香港のHSBC本社の真正面にあります。これは挑戦であるか、それとも金融の包括性のための別の前進ですか?


OKExのジェイ・ハオ(Jay Hao) CEOが指摘したとおり、「be your own bank(自分の銀行になる)」のスローガンを掲げた看板の1つで最も面白く刺激的な場所は、香港上海銀行(HSBC)の本社ビルであるHSBCメインビルディングのすぐ外でした。

香港ビットコイントラムに込められた意味とは




香港の街中を行き交うトラム(#33、#110、#138)をみた人は仮想通貨もここまできたのか、と少し感慨深くなるのかもしれません。

香港ビットコイン協会がビットコインと®ムに込めた意味には、ビットコインのリスクとメリットについて、特に進行中の金融と経済の変化のコンテキストにおいて、事実について議論することだと、ブログにも記載されています。


ビットコインキャンペーンは先日、ロンドンの街中にあるバス停にビットコイン広告が登場し、大きな話題となりました。
ビットコイン谷でも『ロンドンのバス停にビットコイン広告が登場!広告主はBinance.UK』の特集記事を公開していますので、合わせてこちらもご覧ください。


今キャンペーンで、ビットコインが急速にデジタル化する世界経済にどのように適合するか、劇的な技術進歩の機会と危険性、およびデジタルで検証可能な希少性の影響について議論する機会を与えてくれることを願ってビットコイントラムを実施したと述べています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.