00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

仮想通貨市場急騰!原因となったUSDT(テザー)売却について解説!

本日14時頃より仮想通貨市場が急騰しています。

その原因は話題になっている「テザー」疑惑であり、USDTの価格は暴落しました。

今回は急騰の背景も解説します。

要点

・USDT(テザー)とは
米ドルと価格が1:1になるテザー社が発行する仮想通貨。テザー社はUSDT発行量と同量の米ドルを保有することで価値を担保(ペッグ)しています。

 ビットコイン急騰!USDTは暴落!

ビットコインドル 5分足

ビットコインドルは14時頃から急騰。

一時7800ドルの高値をつけており、短時間で値幅1000ドルの上昇となりました。

本稿執筆時点(18時過ぎ)で価格の上昇は一旦収まっています。

ただ、このあとNY時間(21時頃)に入って海外勢がどのように動くかわからず、ボラテリティーは高まっているので取引する方は注意が必要でしょう。

USDTドル 5分足

ビットコインが急騰した同時刻に、価格が暴落したのがUSDTです。

今回の急騰の背景は、先日から話題になっている「ビットフィネックス・テザー疑惑」があるとされています。

急騰の流れを説明すると下記のようになります。

テザー社の不信感が投資家で高まる→売ったUSDTを一時的にビットコインや主要なアルトコインに換金する

これにより、結果的にUSDT以外の仮想通貨の価格が急騰することとなりました。

なお、主要なアルトコインもUSDTを除いて全面高の展開となっています。

 

不安感が高まる「ビットフィネックス・テザー疑惑」

先日から不安感が高まっているのが「ビットフィネックス・テザー疑惑」です。

今回の急落の背景はビットフィネックスとテザー問題再燃か!?専門家が分析!

こちらも少しややこしいですが、簡単にまとめると下記のような流れになります。

①10月頭、ビットフィネックス提携銀行が債務超過に陥っているとブルームバーグ報道
②ビットフィネックスにも債務超過疑惑が上がるが公式に否定
③さらにビットフィネックスと関係の深いテザー社に飛び火。以前から指摘されていた「テザー疑惑再燃」。

一言で簡単にまとめてしまうと「投資家のビットフィネックスとテザー社への不信感が最高潮に高まっている」ということです。

テザー疑惑とは、USDTと同量の米ドルをテザー社が本当は保有していないというもの。

未だにテザー社は十分な米ドルを保有しているというデータを公表できていません。

これら一連の流れはあくまで憶測のものではありますが、騒動が収まるまでは市場のボラティリティーも高まるので、取引している方はチェックしておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

繰り返しにはなりますが、ビットフィネックスとテザー社は一連の報道を否定しています。

これらはいわゆるFUD(不安、恐怖、疑念)の可能性があり、メディアが過剰に不安感だけを煽っている可能性もあります。

公式の発表に従えば、何も問題はないはずですが、投資家の不安感がおさまらない限りはしばらくの間急騰・急落が繰り返される可能性があるので、その点は注意したいところです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト


;

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン(BTC)価格は爆発寸前wwwwww

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

仮想通貨取引所はマルチシグ&コールドウォレット対応が安心

仮想通貨取引所のマルチシグって何だろう? マルチシグに対応していれば安心なの? と疑問に思ったことはありませんか? マルチシグとはセキュリティ対策の一種ですので、対応しているに越したことはありません。 しかし、マルチシグ ... No tags for this post.

仮想通貨FXの手数料を徹底比較!おすすめの取引所5社を紹介

仮想通貨の取引には、現物取引の他に「仮想通貨FX」があります。 仮想通貨取引の初心者の中にも、仮想通貨FXに興味を持っている人は多いですが、取引所によって現物取引しか取り扱っていなかったり、取り扱い通貨や手数料もまちまち ... No tags for this post.

「平均的な」ビットコイン利用者は富裕層の若い男性であることが判明

1: 2018/10/09(火) 22:56:35.52 _USER9
https://www.cnn.co.jp/tech/35126721.html

「平均的な」ビットコイン利用者は富裕層の若い男性 米調査
2018.10.09 Tue posted at 19:21 JST

ニューヨーク(CNN Business) 仮想通貨「ビットコイン」を利用しているのは、郊外に住むミレニアル世代の男性で年収は7万5000ドル(約850万円)超――。ビットコイン利用者の平均的な姿について、仮想通貨にも使われる「ブロックチェーン」技術の普及に取り組む「Clovr」が1000人超の米国人を対象に行った調査で明らかにした。
ブロックチェーンの最大の利用層が若い男性というのは、それほど大きな驚きではないかもしれない。

しかし、今回の調査結果は、ブロックチェーン技術の普及に取り組んでいる人たちにとっては打撃ともなりそうだ。調査によれば、人々が仮想通貨に投資する一番の理由は、大きな利益が得られる可能性があるからだ。デジタル通貨が将来、通貨として使われると考えてのことではないという。言い換えれば、人々はビットコインについて高い収益を見込める投機とみなしているということだ。

ビットコインは今年に入り、大きく値を下げているが、最悪の時期が過ぎ去ったことを意味しているわけではない。1ビットコインは6400ドル前後の水準にあるが、過去5年でみると3000%の上昇を見せている。下落の余地が残されているともいえそうだ。

Clovrの共同創業者、マイク・クリバリ氏は、ビットコイン購入の一番の理由が手っ取り早い金もうけだという点について少し驚いたと指摘。投機のような大穴狙いをする人は、富裕層でないことが多いという。

カリバリ氏は「秘密鍵などの事柄を理解することは難しい。ランチを買うといったことにも使えるようになる必要がある」と語った。

実際にそうした動きも出ている。スターバックスとマイクロソフト、ニューヨーク証券取引所を傘下に持つインターコンチネンタル取引所は仮想通貨の新しいプラットホームの構築で提携すると発表している。

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539093395/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨FXといえば『GMOコイン』!GMOコインの特徴と注文方法

少額から始められる手軽さなどから人気が高まっている「仮想通貨(ビットコイン)FX」。 あなたは「仮想通貨FX」をするならどのような基準で取引所を選びますか? 「他の人たちが利用しているから?」 「ツールなどの使い勝手がい ... No tags for this post.

仮想通貨取引所のセキュリティ対策とおすすめ3社を徹底比較

「最近ハッキング事件が多いけど、仮想通貨って危ないのかな」 「仮想通貨取引所のセキュリティ対策って何を基準に選んだら良いのだろう?」 とお考えではありませんか? 確かに、近年では仮想通貨取引所のハッキング事件が相次いでお ... No tags for this post.

仮想通貨取引所のおすすめの選び方と取引所をやさしく解説!初心者でも安心できる仮想通貨の始め方とは

『仮想通貨取引をしてみたいけど、どの取引所で取引したらいいのかわからない…』 このように思う方も多いのではないでしょうか? そんな方のために今回の記事では、仮想通貨取引所のおすすめランキングや、仮想通貨取引所を選ぶ際のポ ... No tags for this post.

急落した仮想通貨市場の価格は今後どうなるか?ビットコイン・リップル(XRP)は? 10/12チャート分析

 

11日に急落した仮想通貨市場ですが、ビットコインに関してはサポートを維持しています。

週末もこのサポートを維持できるかが注目となりそうです。

要点

・一旦はサポートされた展開に
ビットコインは一旦下値でサポートを受けた形となるので、再び価格が上昇するのかに注目でしょう。

 ビットコイン・XRPチャート分析

ビットコイン円 4時間足

ビットコインは9月6日以来のサポートで一旦下げ止まる展開に。

ここから再び価格が上昇していけるかに注目でしょう。

急落はしたものの楽観的にみれば、上記のチャート赤線のように68万円から76万円でのレンジ推移と考えることができます。

まだ、完全に安心できるわけではないですが、このままサポート維持すれば再び価格が上昇していく可能性があるので、週末も65万円~68万円のサポートに注目です。

 

XRPUSD 4時間足

XRPはかなり重要な局面にいるといえるでしょう。

なぜなら、9月21日以来サポートしてきた0.4350のサポートを昨日の急落で割ってしまったからです。

しかし、12日夕方の段階で再び戻ってきています。

なので、このまま再びサポートよりも上の価格に復帰できるかが、最重要ポイントとなりそうです。

XRPは9月からの急騰のおかげで、価格は下落したものの、一か月前の値段よりかはまだ高い水準にいます。

 

ニューヨークダウは続落も価格の影響度はなし

11日のニューヨーク株式市場は続落、ダウは545ドル安で引けています。

10日は一部でダウの下落が仮想通貨にも影響を与えたとの報道がありましたが、11日はあまり影響がありませんでした。

米国株式市場に何が起こっている?仮想通貨にも影響する「長期金利」と「米中貿易摩擦」を解説!

ただ、株式市場は、仮想通貨市場と違い土日に市場が開いていないたいめ、金曜日に大きく動く可能性があります。

一旦、世界の株式市場が落ち着かないと、仮想通貨市場も完全に落ち着いたとはいえないので、引き続き注目でしょう。

 

海外取引所ビットフィネックスが原因とする見方も

急落の原因として、新しく海外取引所ビットフィネックスが本日になって報道されています。

これは、海外の取引所ビットフィネックスが、債務超過になっているのではないかという疑惑。

さらにビットフィネックスと関係の深いテザー社の問題もくすぶり返してきており、「テザー社が発行量と同量の米ドルを保有していない」疑惑が再燃しているようです。

テザー社の問題は、本当に充分な米ドルを保有していなければ、仮想通貨経済が崩壊するとも言われている重大なものです。

なので、しばらくの間はビットフィネックス、テザー社の動向に注目したほうが良いかもしれませんね。

 

まとめ

まだ予断は許さない状況ですが、仮想通貨市場は短期的に底をつけたかたちとなっています。

引き続き、ビットコインのサポートに注目しつつ、アルトコインの動向に注目でしょう。

また、下落要因として上がっているビットフィネックス、テザー社の動向にも注目です。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場が下落!数日間は米国株式の動向にも注目か!? 10/11チャート分析

11日午前から仮想通貨市場は大幅に下落しています。

しばらくレンジ相場が続いていた市場の今後の展開に注目です。

要点

・再びサポートを意識する展開
仮想通貨市場はしばらくの間レンジ相場が続いていたため、下落の動きが継続するのか注目です。

 ビットコインチャート分析

ビットコイン円 4時間足 9月6日~

ビットコインは11日9時頃から急落、午後を過ぎたあたりでおよそ70万円で取引されています。

ビットコインは9月6日から68万円~76万円(対ドルで6000ドル~6800ドル)のレンジ相場となっていました。

そのレンジの箇所が上記チャートの赤枠です。

仮にこのレンジを下抜けしてしまうと、チャート上では一段安も考えられるので、数日間は注意したほうが良いでしょう。

ビットコインに関しては、65万円~68万円付近をサポートにできるか注目で、アルトコインもビットコインの値動きにあわせ、直近の安値を維持できるか注目です。

 

ブレイクアウトが予測されていた仮想通貨市場

昨日、お伝えした通り「仮想通貨市場は近々大きな動きがあるのではないか」とあらかじめアナリストらから予測されていました。

仮想通貨市場が数日以内にブレイクアウトする!? 10/10チャート分析

なぜなら、上記のチャートのように、仮想通貨市場は長らくレンジが続いており、通常そのような動きが続くと相場が動くとされているからです。

仮に、本日の下落がトレンドの初動だった場合、価格は今後さらに下落する可能性もあります。

上記したサポートに注目しつつ数日間は相場の動向に注視したほうがよさそうです。

ただ、もちろんまだレンジの範囲内を保っており、ここから価格が反発して再び上昇する可能性も大いに考えられます。

 

米国株式市場にも注目?

今のところ主要メディアでは指摘されていませんが、10日の米国株式市場は831ドル安と歴史上3番目の暴落をしました。

ダウ 日足

仮想通貨市場は、今年2月にも米国株式が暴落するタイミングで価格が下落しています。

なので、数日間は米国株式市場の動向にも注意したほうが良いでしょう。

なお、ダウ暴落の要因は米中貿易摩擦への懸念と米国の金利上昇といわれています。

基本的に、米ドルの金利と株式は逆相関の関係になっており、米国の金利が上昇すると株式は下落します。

ちなみに、仮想通貨市場の主な下落要因は明らかになっていません。

 

まとめ

ひとまずは、ビットコインが5800ドルから6000ドルをサポートできるかに注目です。

久しぶりに価格は下落したものの、まだレンジの範囲内なので、ここから価格が反発する可能性はあります。

また、米国株式市場が大幅に動くと、仮想通貨市場にも影響を与える可能性があるので、しばらくはそちらの動きでも注目でしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所はいくつ作るのがオススメ!?【2018年最新版】

本格的に盛り上がりを見せている仮想通貨市場。 それに伴うハッキング事件なども増えており仮想通貨取引所自体の運営体制においても重要視されるようになりました。 ユーザーはひとつの取引所で運用するのではなく、複数取引所で運用す ... No tags for this post.

仮想通貨市場が数日以内にブレイクアウトする!? 10/10チャート分析

仮想通貨市場は長らくレンジの展開が続いていますが、重要な局面にさしかかっていると指摘する専門家もいます。

シニアアナリストの分析を紹介します。

要点

・レンジ相場からのブレイクアウト
株や為替などの相場でも、長らくレンジ相場が続いた後に、価格が大きく動き出すのは一般的な動きとして知られています。

ビットコインは重要な局面に

ブレイクアウトが差し迫っている!

仮想通貨プラットフォームを提供するeToro社シニア・アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏は上記のようにツイートしました。

グリーンスパン氏は、チャート分析をおこない、現在のビットコインが重要な局面にさしかかっていると分析しています。

現在の「順トライアングル(三角保ちあい)」は、実は今年で3回目だ。前の2つは紫色の箱でチャート上で示している。最初は上向きの休憩だったし、2番目のよりフラットだったが、最終的にブレイクアウトした。

グリーンスパン氏は日足のトレンドラインを用いており、現在の相場はトライアングル・フォーメンション(三角保ちあい)を描いていると分析。

トライアングルフォーメーションは、そのトレンドの終盤に現れるチャート形状で、徐々に値動きが細くなり、上下どちらかに価格がブレイクアウトする相場の一般的な動きのひとつです。

グリーンスパン氏が分析しているのは、あくまでビットコインだけですが、仮にビットコインが大きく動き出すなら、仮想通貨市場全体が動くとみてよいでしょう。

 

ブレイクアウトを期待する専門家も

チャート形状では、近々価格が大きく動きだす可能性があり、またそのためか期待の声をあげる専門家も直近で多くいます。

先日は、CNBCホストでチャート分析をおこなうラン・ノイアー氏がツイート。

同氏は「ビットコインは暴騰寸前」とレンジを上方にブレイクする可能性について述べました。

「ビットコインは暴騰寸前」!?CNBC司会・仮想通貨アナリストがツイッター上で発言!

また、昨日は別のアナリストも「ビットコインは底をつけた」とツイート。

同氏はイーサリアムの価格推移が相場に影響を与えていたという分析をおこなっています。

強気論者が止まらない!仮想通貨アナリストがビットコインは底をつけたと分析!

これらの専門家の発言の発端は、著名投資家ノボグラッツ氏が「仮想通貨市場は底をつけた」と9月中旬にツイートしたのが始まりでしたが、上記以外でも多くの専門家、アナリスト、投資家らが仮想通貨市場に対し強気の見解を述べています。

専門家は現在の仮想通貨市場をどうみている?3人の専門家の強気な見解まとめ!

 

まとめ

ただ、グリーンスパン氏のチャート分析は、大きく動き出す可能性があるだけで、必ずしも数日以内に動くわけではないので注意しましょう。

もちろん、このまましばらくレンジ相場が継続する場合もあります。

また、動き出すといっても、再び価格が下落する可能性もあるので、その点は注意したいですね。

数日間は相場に動きがあるのか注目となりそうです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト


;

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.