00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki

モルガンクリーク創業者、「2021年末に仮想通貨BTC10万ドル」の強気予想を変えず

【12/9】今週の仮想通貨市場はどうなる?上昇の兆しみせる相場動向に注目!

先週は反発局面からの短期的な調整となりましたが、週末再び価格上昇の兆しをみせています。

今週の注目・価格ポイントをまとめました。

要点

・新たな材料にも注目か
ここから年末にかけて、相場は次の四半期(20年1月~3月)の材料を織り込み始めます。価格動向とともに新たな材料が出てくるのかにも注目したいところです。

 ビットコインは86万円の突破に注目

先週は直近高値86万円からの短期的な調整となり、安値は77万円。

しかし、週末は安値からやや上昇しており、今週は上値を伸ばせるか注目となりそうです。

ビットコイン円 4時間足 11月25日~

ビットコインは11月25日に安値71万円をつけ、そこから反発し、直近の高値は30日につけた86万円。

今週、底堅く推移する場合はまず86万円をこえていけるか注目となりそうです。

ただ、上記チャートは4時間足であり、日足レベルでみるとまだ上昇トレンドにいるとは言いがたい形状に。

シナリオ的には上下どちらに動く可能性もあるので、その点は注意したいところです。

また、先週は1日で7~8万円上下する「ジェットスター相場」もありましたが、直近ではビットコイン大口資金の移動も確認されているので気をつけたいところ。

何かが起きる!?ビットコイン過去最高額の「クジラ」移動確認!

今週もボラティリティー(変動率)高く推移する可能性はあるので、取引する方は十分に注意したい場面です。

 

来年へ向けた新しい材料にも注目

このブログで繰り返しお伝えしていますが、年末の価格動向には引き続き注目。

それに加えて、来年へ向けた新しい材料・報道が出てくるかも注目したいところです。

直近ではブルームバーグの価格予想の他、ドイツやフランスで20年初頭に規制に関するポジティブな報道がはいってきています。

 

これから年末にかけて、相場は来年、特にメディアでは次の四半期の動向が報じられる可能性がおおいにあるので注目したいところ。

直近ではアメリカでSEC(ビットコインETF承認に関わる機関)が先物投信について承認した報道や、アルトコインではネムのカタパルトの動向が報じられています。

このように、今週以降も来年にあたる1月~3月の動向が出てくる可能性があるので、それを踏まえた価格動向を追っていきたいところです。

 

まとめ

先週、反発局面から短期的な調整となった仮想通貨市場ですが、週末になり再び上昇の兆しが。

ビットコインは底堅く推移する場合、直近高値である86万円を超えていけるかに注目したいところです。

また、今週以降は来年へ向けた新しい材料にも注目していきたいところ。

直近では、ドイツ、フランスに加え米SECでも新たな動向がはいってきているので、それを踏まえた価格動向を追っていきたいところです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

インドの中央銀行が民間の仮想通貨の禁止を示唆

インドの中央銀行が民間の仮想通貨の禁止を示唆 インド準備銀行(インドの中央銀行)のシャクティカンタ・ダス総裁は、インド政府が民間の仮想通貨に反対していることを改めて表明しました。 インド準備銀行が独自の仮想通貨(CBDC ... No tags for this post.

ビットコインは20年に再び150万円へ!ブルームバーグが研究レポートを発表!

それにより、いくつかの要因でビットコインは20年に再び150万円きんぺんまで上昇するとのことです。

要点

・ビットコイン再び150万円へ?
ブルームバーグによると、ビットコインは20年に今年の最高値である150万円近辺まで上昇するとのこと。調査レポートはPDFで発表されており、細かい分析がなされています。

 ビットコインは2020年に再び150万円近辺まで上昇

ブルームバーグの調査報告によると、ビットコインはいくつかの要因から20年に今年の最高値である150万円近辺まで上昇するとのこと。

その理由のひとつが直近でサポートされた6500ドルのサポートとのこと。

ビットコイン円 日足 今年4月~

ブルームバーグによると、直近で大きく反発した6500ドルは、今年6月以降のレンジで最も売買が活発化する価格帯と指摘。

今後も価格を支えるサポートとして重要な役割をはたしていくと述べました。

加えて、11月の下落でこの価格帯で反発したのはポジティブな要因であるとコメントしています。

 

その他の要因

また、ブルームバーグは上昇要因として複数指摘。

まず、現在の相場はフィボナッチ・リトレースメントで50パーセント安い価格帯にあるとして、反発ポイントであることを指摘。

加えて、ボリンジャーバンドでも反発のポイントを迎えており、直近の安値である70万円近辺(6500ドル)が底になった可能性があると指摘しています。

出典:https://data.bloomberglp.com/professional/sites/10/Bloomberg-Crypto-Outlook-Dec-2019.pdf

とても簡単にまとめると、現在の相場は複数のテクニカルで反発のシグナルが出ており、これから価格が反発していく可能性があるということです。

ファンダメンタルズ要因としては、ビットコイン半減期や世界経済の不透明感を指摘しており、特に半減期については他の仮想通貨にはない特徴で優位性があることを強調しています。

 

まとめ

ブルームバーグの研究チームは直近で20年相場に関する調査レポートを発表。

それによると、ビットコインは重要な価格帯で反発しており、その他いくつかのテクニカル・ファンダメンタルズ要因から来年の相場もポジティブとのこと。

直近の相場では、ブルームバーグが指摘するようにいったんの反発局面をむかえているので、今後の動向も引き続き注目となりそうです。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

💶次の金融危機後BTCは一旦下げて爆上げする💰ビットコイン最強伝説💷

1: ◆Jb0u1dychI 2019/10/29(火) 23:08:54.13 ID:Ii0kPkPx
💶次の金融危機後BTCは一旦下げて爆上げする💰ビットコイン最強伝説💷

サブプライム問題発覚~リーマンショック後の金地金チャート参照


https://i.imgur.com/ZUafi1h.jpg

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1572358134/c82180df9118fe2ab18a20c1c780761f_s

続きを読む No tags for this post.

南アフリカランドのスワップポイントを徹底比較!推移&収益計算も!売りスワップを使った必勝法とは?

南アフリカランドのスワップポイントって良いみたいだね。 買いと売りのスワップポイントを比べたいんだけど、どこのFX会社がいいのか知ってる? 見比べたことがないからわかんないなぁ。 でも、現在のスワップポイントだけじゃなく ... No tags for this post.

ビットコインは2020年に再び10000ドルへ:ブルームバーグ仮想通貨研究報告書

ブルームバーグが最新のビットコイン研究報告書を公開、2020年に向けて再び1万ドル水準に再び達するとの予想を展開した。 直近安値の6500ドル帯で強いサポートラインを形成したことを根拠に、「2020年は2019の最高値付近まで再び上昇していくだろう」とコメントした。cc617750d8bcba7e45d48b273ca05b37_s
No tags for this post.

CoinExpress(コインエクスプレス)の詳細・特徴とは?

CoinExpress(コインエクスプレス)の詳細・特徴とは? 仮想通貨のスタートアップが集まる先進地域アジアに拠点を置き、世界トップクラスの取引所出身チームが運営する仮想通貨取引所こそ、今注目されているCoinExpr ... No tags for this post.

何かが起きる!?ビットコイン過去最高額の「クジラ」移動確認!

5日から6日にかけて、ビットコイン「クジラ」の大移動が確認されたことがメディアの話題になっています。

分析企業Glassnode社によると、直近の大移動のうち一見は1時間で移動した額でいうと過去最高額に達したとのことです。

要点

・大変動に警戒?
過去にはこういったクジラ(大口資金)が移動された前後で相場が大きく動いた事例もあります。直近の乱高下に関与している可能性も指摘されていますが、短期的に相場の変動に注意が必要でしょう。

 過去最高額の「クジラ」移動を確認

89億ドル#Bitcoin午後1時間でチェーンに移動しました。 Bitcoinの歴史の中で最高の1時間ごとのUSD取引量🔥

仮想通貨分析企業、分析企業Glassnode社のラファエル氏は5日、上記のようにツイート。

直近でビットコインおよそ9680億円相当にあたる150万BTCが1時間のうちに移動したとツイートしました。

ちなみに、移動されたのは4日とのことで、直近では6日にも大口のビットコイン移動が確認されています。

ラファエル氏によれば、4日に起きた移動は、米ドルベースで1時間のうちに移動した額では過去最高額とのこと。

過去にはこういった大口のビットコインの移動が確認された前後で相場が急変動したこともあったので、しばらくの間注意が必要でしょう。

 

6日にも22件のクジラ移動が確認

すでに述べたように、過去最高額の移動があった2日後の6日にも22件の大口ビットコインの移動が確認されています。

これは、ビットコインの大口移動を検知しアラートする「Whale Alert」のデータです。

なお、4日から6日にかけてのクジラ移動の明確な要因や送金先は明らかになっていませんが、6日のものに関しては一部で取引所が送金した大口資金という指摘もなされています。

既報の通り、ビットコインはこの大口資金が確認された中間にあたる5日に乱高下をしています。

【12/6】ビットコインが暴騰後に全戻し・・・ジェットコースター相場は続くのか?

また、今回の乱高下にこれらの「クジラ」が関与していたという指摘も。

目的や送金元を完全に特定することは不可能ですが、過去クジラ移動の前後で相場が急変動したのはたびたびあったので、短期的に価格の変動に気をつけた方がよいかもしれません。

 

まとめ

直近4日から6日にかけて、ビットコイン「クジラ」の大移動が確認され、メディアで話題になっています。

特に、4日におきた送金はGlassnode社によると、1時間単位では過去最高額に達するとのこと。

過去、このようなクジラ移動が確認された前後では相場の急変動が起きており、5日には乱高下もあったので、引き続き価格動向は注目しておいた方がよさそうです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

トランプも降参?「仮想通貨ビットコインは”言論の自由”で守られる」とする論文が登場


2020年の年明けのビットコイン価格はどうなるだろうか? 著名な仮想通貨アナリストのアレッシオ・ラスターニ氏と、ザック・ミラー氏の2人が、コインテレグラフに対して、独自の予測を披露した。 年末年始は6000~9000ドルのレンジに テクニカルアナリストのラスターニ氏は、年明けまでに「1万ドルはいかないだろう」と指摘する。

d8d0b627c9daef47951ba49c8944b62f_s



No tags for this post.

ビットコインは年内に100万円まで爆上げ?【韓国の仮想通貨取引所アップビットが被害】バックトBTC先物と注目の移動平均線とは

No tags for this post.

米ファンドストラット、ビットコインSVの価値を認めるレポート配信 仮想通貨業界がざわつく

No tags for this post.