00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

去年の秋の仮想通貨市場wwwwwww

59: 2018/08/12(日) 00:30:01.66 ID:soaI09Tp0
去年の秋はおもしろかった 
落合ノビーの息子みたいに 
ビットコイン貶してたやつが急に転向したり 
高卒野球選手が年俸をビットコインで例えたり


eca1711170500002-p1

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533989555/


続きを読む No tags for this post.

ビットコインドミナンスが連日高値更新!アルトコインの取引は要注意?ドミナンスの意味についても解説

ビットコインドミナンスの上昇が止まりません。

それにつれ、アルトコイン全般は大幅な下落をしています。

本日は、あらためてドミナンスについても併せて紹介します。

要点

・ビットコインドミナンス

仮想市場全体の時価総額の中で、どれだけビットコインの取引が占めているかの割合です。

コインマーケットキャップというサイトで確認することができます。

ビットコインドミナンスが連日高騰・アルトコインの資金流出に懸念

7月からメディアで話題になっているのがビットコインドミナンスです。

コインマーケットキャップで確認できるビットコインドミナンスは、14日午前の時点で53%を占めています。

つまり、全体の時価総額にうち、半分以上はビットコインが占めているということです。

注目しなければいけないのは、ドミナンスが現在上昇傾向にあり、今後も上昇する可能性があるということ。

ビットコインドミナンスが上昇するということは、アルトコインの取引が減るという意味でもあります。

ビットコインドミナンス

参照元:https://coinmarketcap.com/ja/charts/#dominance-percentage

コインマーケットキャップというサイトでは上のように、ビットコイン(オレンジ色の線)と主要なアルトコインの比率を確認することができます。

ビットコインドミナンス昨年12月に、60%の高値をつけているので、もうしばらくはドミナンスの上昇が続くかもしれません。

アルトコインを取引をしている方は、参考にしてみてください。

 

アルトコインの価格は下落する?要因は何か

まず、現在の相場に起こっている現象として2つポイントがあります。

①仮想通貨市場全体の時価総額・価格の減少
②ビットコインドミナンスの上昇(アルトコインの時価総額・価格下落)

現在、仮想通貨市場全体の価格が下落していますが、その中でもアルトコインの価格下落が目立ちます。

なお、その要因は不明です。

一説には、世界の金融市場が悪化していることにより、仮想通貨や株といったリスク資産が売られているという指摘もあります。

【8/13~】今週の仮想通貨市場はどうなる?BTCドミナンスは50%超え!米国株式市場やトルコリラにも注目!?

通常は、理由のわからない激しい価格下落は、注意したほうが良いので、アルトコインの取引をしている方は要注意かもしれません。

 

まとめ

アルトコインを取引している方は、今後しばらくドミナンスにも注意したほうが良いかもしれません。

また、引き続きビットコイン年初来安値である6000ドルも注目ポイントとなっています。

今後、ビットコインドミナンスは60%の高値がレジスタンスになるので、もうしばらくアルトコインの資金流出が続く可能性はあります。

 

下半期大注目のBITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

BITPOINTの特徴は?ログインできないときはどうしたらいい?

仮想通貨のFX取引ができ、国内最大級のレバレッジ率を誇り玄人におすすめの仮想通貨取引所がBITPoint(ビットポイント)です。 ただ、いざ仮想通貨取引に慣れてきたから前に登録したBITPoint(ビットポイント)で取引 ... No tags for this post.

2018年に注目すべきアルトコインは?おすすめの取引所も紹介!

仮想通貨と言えばビットコインが有名ですが、そのほかにも1,600種類以上のアルトコインと呼ばれる仮想通貨が存在しています。 アルトコインの中には将来性があり急成長を遂げているものがあり、今後投資対象として注目される通貨が ... No tags for this post.

BITPOINT(ビットポイント)の入金と注意点を徹底解説!

「BITPOINT(ビットポイント)って聞いたことはあるけど、日本円で入金できるの?」 「手数料や反映時間は、他の取引所と比べてどうなんだろう?」 と思っている人のために、今回はBITPOINT(ビットポイント)の入金方 ... No tags for this post.

ビットコインは年初来安値が今後の命運を左右する!?XRPは40円突破が第一関門に!週末のポイント 8/10チャート分析

10日の仮想通貨市場は、一旦安値をつけて反発という局面になっています。

この週末も予断を許さない状況で、ビットコインに関しては年初来安値をキープできるかが注目ポイントになりそうです。

要点

・ビットコイン年初来安値の重要性

仮想通貨市場は、2018年に入り低迷が続くなか、ビットコインがなんとか64~66万円の安値をサポートしてきました。

万が一ここが割れれば、投資家のセンチメント(心理)も悪化する可能性があり、一段安の展開も考えられます。

ビットコインETFの復習

今週は、ビットコインETF可否判断延期で持ち切りの週でしたね

仮想通貨市場は、発表を受けた後、暴落。

それに対し、多くの専門家がコメントをし、メディアがある意味盛り上がった週でした。

【速報】ビットコインETFの可否判断が9月末に延長!期待感剝落で価格下落か

また、現在、情報が錯そうしている部分もありますが、ビットコインETFに関してのポイントをまとめると以下になります。

①今回、可否判断が延期されたのは、VanEck社、SolidX社の2社。この2社のETFはCBOE(シカゴオプション取引所)に上場される。
②可否判断は9月30日。
③判断延期は最長で2019年2月ごろまで可能。

SECは上記の2社以外にも9月末までに9つのETE承認が控えています。

また、可否判断延期は、今のところ下落材料にはならないという指摘が多いです。

ビットコインETFが延期されても相場が上昇する3つの理由!専門家の見解まとめ

この週末も、もしかしたらETFに関する報道で価格が上下する可能性があるので、引き続き注目でしょう。

 

ビットコインは年初来安値をキープできるか・XRPの第一関門は40円突破に

ビットコインは年初来安値で一旦はサポートされましたが、このまま価格を維持することが最重要課題となります。

万が一、年初来安値が割れれば、チャート上では一段安の展開になることや、投資家のセンチメント悪化も考えられます。

ビットコイン円・日足

64万円~66万円(対ドルで5800ドル~6000ドル)は今ままで相当強い買いが入っていたので、この土日で防衛できるかは注目でしょう。

XRPは直近で、40円(対ドルで0.36ドル付近)突破が第一関門になりそうです。

XRPドル・日足

アルトコインの価格も、ビットコインが年初来安値を防衛できなければ、さらに下落する可能性もあります。

 

まとめ

一旦は底をつけた仮想通貨市場ですが、まだ十分に反発したとは言えないレベルで推移しています。

土日で価格が激しく動く可能性もあるので、取引する際は十分気をつけたいですね。

しかし、市場はポジティブな材料で溢れています。

このまま、サポートされた価格で上昇していくのに期待したいところです。

 

下半期大注目のBITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインETFが延期されても相場が上昇する3つの理由!専門家の見解まとめ

8日、SEC(米証券取引委員会)がビットコインETFの可否判断延期を発表してから、相場が崩れました。

このことに対し、多くの専門家がコメントを寄せています。

要点

・専門家がみる3つの理由

8日にコメントした専門家に共通しているのは、Bakktの設立、相場が過剰反応していること、そしてSECが延期すればするほど好条件だということです。

Bakkt設立の方が強気材料・ファンドストラッド社、トム・リー氏

CNBCのコメンテーターでもあるファンドストラッド社CEOトム・リー氏は、9日、コインテレグラフ・ジャパンのインタビューに応じています

リー氏いわく、ビットコインETFよりも、先日発表されたBakktの設立のほうが、相場の上昇材料だとコメントしています。

ポイントは以下です。

①Bakktは規制されたビットコイン市場を提供できる
②カストデイサービス(資産保管サービス)や現物の引き渡し
③Bakktにより機関投資家達は、コカ・コーラを買うのと同じくらい参入が容易になる

リー氏のいうようにBakktはあまり注目されていませんが、11月に上場させる先物は、CME、CBOEの先物と違い、ビットコイン現物の引き渡しが行われるようです。

その他、規制されたマーケットの提供など、機関投資家が簡単に市場に参入できることを主張しています。

これらの理由から、リー氏は、Bakkt設立がすでにビットコインETF上場を超える材料とみているようです。

ビットコインが15万円暴騰する!?ICEがスタバ、マイクロソフトと共同でBakkt設立!ビットコインETFを超えるニュース?

 

相場が過剰反応している・ヘッジファンドマネージャー

パンテラ社のダン・モアヘッド:投資家たちはビットコインのニュースに過剰反応している

8日、CNBCのインタビューに答えた仮想通貨投資会社CEOダン・モアヘッド氏は、8日からの相場の下落に対し、投資家たちが過剰反応しているとして懸念を表しました。

また、同番組に出演したブライアン・ケリー氏も、「売るのは間違っている」とコメント。

さらに、モアヘッド氏は、Bakkt設立が5年~10年のスパンで重要視する要因だとも述べています。

リー氏も含め3者は、Bakktの設立を最重要材料とみているようです。

 

SECが延期をすればするほど、上場には好材料?

ここに、SECによるビットコインETF延期が期待されることであり、実際には良いという理由があります。

海外の仮想通貨メディアで有名な「Ethereum World News」では、ETF可否判断延期についての記事が投稿されています。

考察によると、延期したということは、SECが真剣に判断をおこなっている証拠とのこと。

先月寄せられた1300のコメントや、SEC委員ピアースの異議を考慮すれば、SECはそう簡単に上場を否決できないとの見解に至っています。

また、この記事でもBakktについて述べられており、今後Bakktの審査を優先し、ビットコインETFを後回しにする可能性もあるとのこと。

専門家の中には、2019年頭まで、Bakktやカストデイサービスなどの登場をSECが精査し見極める期間にあてるとの声もあります。

 

まとめ

これら、専門家の意見をまとめると、現在の下落は悲観することはないということです。

むしろ、今後の仮想通貨市場は、引き続きポジティブな材料に支えられているともいえるでしょう。

ビットコインに関しては、年初来安値付近で、一旦サポートされているので、ここから100万円を越えられるかにまずは注目したいところですね。

下半期大注目のBITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの暴落でハイエンドGPUの価格も下落・・・

1: 2018/07/15(日) 22:08:07.82 ID:CAP_USER
ゲーム用のハイエンドグラフィックボードは、その処理能力の高さから、仮想通貨のマイニングリグ(マイニング専用コンピューター)には欠かせない。2017年の終わりから2018年の初めにかけて、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨が空前の高値を付けたことで、こうしたグラフィックボードがかなりの品薄になった。

だが、ここへ来て流れが逆転しているらしい。仮想通貨相場の暴落を受けて、グラフィックボードも価格が下がり、供給が増えているようだ。

 米調査会社Jon Peddie Researchのデジタルメディア担当マネージャー、C. Robert Dow氏は次のように説明する。「仮想通貨の価格が下がる中で、特定用途向けチップも同様に下がると我々は予測している。マイニングリグの稼働には結構なコストがかかる。仮想通貨の価格が下がると、マイニングリグの運用者たちは、コストの一部を埋め合わせようと考えて、拡張ボードを中古市場で処分する」

 同社の調べによると、2017年に仮想通貨のマイナー向けに販売された拡張ボードは300万個以上、額にして7億7600万ドル相当だった。その中で最も大きな割合を占めたのは米AMDだ。

2017年末から2018年初頭にかけて、ハイエンドの拡張ボードの多くが品切れとなり、価格が全面的に高騰した。これはゲーマーやパソコン愛好者の怒りを買った。

 米NVIDIAは、同社のグラフィックボードの販売先について、仮想通貨のマイナーよりもゲーマーを優先するよう、小売業者に異例の要請をしたほどだ。

 だが、この半年の間に、ビットコイン相場は急落した。昨年12月の時点で1ビットコインは約1万9500ドルだったが、本記事執筆時点では6800ドル程度だ。イーサリアムも同様で、1月の1385ドルという高値から、現在は475ドルまで下がっている。

 そして、GPU市場にも同様の下落傾向が見られる。例えば、ネット通販サイトNewEggで見ると、AMDのハイエンドグラフィックボード「RADEON RX 580」(4GB、OEM品)の6個セットは、4月の時点で3600ドル、しかも品切れだったが、現在では2500ドルに下がり、在庫もある。NVIDIAの「GeForce GTX 1080 Founders Edition」(8GB、GDDR5X)は、当時は1050ドル、今は709ドルだ。

 マイニング向けの拡張ボードの出荷は、2017年第4四半期から今期までで55.5%減少し、ハイエンドのグラフィックボードの価格低下につながった。ミッドレンジの拡張ボードは、それより影響は小さく、5.6%の減少にとどまっているとDow氏は言う。

 グラフィックボードの価格低下には、そのほかの要素も関係している可能性がある。NVIDIAは、2016年にPascalアーキテクチャのGeForce 10シリーズを発売して以来、新シリーズのグラフィックボードを投入していない。新製品がないNVIDIAのグラフィックボードは、ライバルのメーカーがその後投入した製品との争いになっているとDow氏は言う。

「また、NVIDIAとAMDに多少の積み増し在庫があると我々は考えている。これは米国内販売価格にも影響する。仮想通貨マイニングに向けた拡張ボードの購入が急増する前は、拡張ボードの価格は横ばいから若干下降気味だった。少なくとも、新シリーズのグラフィックボードが登場するまでは、同じ傾向が続きそうだ」

 台湾DigiTimesの6月29日の記事によると、NVIDIAの次世代GPUは今年末まで登場しない可能性がある。在庫が安全量に戻るまでは出てこないだろうとのことだ。

 Dow氏は言う。「価格面や新製品不足により、ゲーマーが新しいグラフィックボードを購入していなかったことから、累積需要がある。今秋リリース予定の素晴らしいゲームがあることも市場に作用し、価格を安定させると思う」

 DigiTimesの記事によると、ASICベースのマイニングシステムも需要不振で売上が大打撃を受けている。また、7月はグラフィックボードの価格が約20%下がる見通しという。

 「現時点で、世界のグラフィックボード市場は、在庫が数百万個程度で、NVIDIAでは約100万個のGPU投入が控えている。仮想通貨のマイナーも中古のグラフィックボードを流通チャネルに流し始めることが想定される中、ベンダーが大幅な値引き合戦をすることが予想される」
https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/idg/14/481709/071200448/

gtx1080

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531660087/


続きを読む No tags for this post.