00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

今年最安値からの反発なるか 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

No tags for this post.

あなたはサトシ・ナカモトのビットコインにいくら払う?仮想通貨のファンジビリティ問題

No tags for this post.

「ビットコインは1000万円へ」!元ゴールドマン・サックスアナリストが見解を示す!

直近で上値が重い展開が続いているビットコインですが、元ゴールドマン・サックスアナリストは、長期的に上昇することを考えて底値で蓄積すべきとのべました。

同氏によると、ビットコインは長期的に1000万円に到達するとのことです。

要点

・現在のビットコインは「蓄積期」?
元ゴールドマン・サックスアナリストによれば、ビットコインは長期的に1000万円に到達するとして、現在は蓄積すべきと述べました。

 現在のビットコインは蓄積期?

https://twitter.com/MustStopMurad/status/1161037637798498304

一見すると、これは来週かそこらの弱いチョップのように見えますが、私の直感では、これらのレベルで着実な蓄積が起こっていると教えてくれます。短い時間枠で自分を裏切ったり、ズームアウトしたり、大きく考えたりしないでください。私の見解では、BTCはオレンジコインごとに10万ドルになります。

ゴールドマン・サックス出身であり、現在は仮想通貨ファンドのCIOであるムラッド・マーブドブ氏は13日、現在のビットコイン相場についてコメント。

直近では上値が重い相場が続いていることに対し、長期的にみれば現在はサポートで蓄積する期間と見解を述べました。

同氏によれば、200日移動平均線やRSI、週足の主要なサポートが1万800ドル近辺に位置していると指摘。

現在、ちょうどこの価格帯にさしかかっているため、今後の値動きは必要になるでしょう。

ただし、同氏は「投資のアドバイスではない」と述べているので、あくまで参考程度にすると良いでしょう。

 

100万円でサポートされたビットコインの今後は

マーブドブ氏の指摘や、また先日から当ブログでもお伝えしている通り、ビットコインの1万800ドル近辺、また100万円近辺というのはチャート上で簡単に確認できる重要な価格帯となっているため、投資家から注目を集めるポイントとなっています、

15日からビットコインはこの100万円の価格帯でサポートされており、引き続きこの価格帯は注目となるでしょう。

また、マーブドブ氏とは関係ありませんが、ゴールドマン・サックス関連では先日、同社が発表したレポートが話題に。

ゴールドマンサックスがビットコイン「買い」を推奨!短期的に140万円まで上昇の可能性

このレポートでも、短期的にビットコインは底値を形成した後に140万円程度まで上昇すると指摘されているので、100万円でサポートされたビットコインが上昇していくか注目です。

 

まとめ

元ゴールドマン・サックスに努めていたムラッド・マーブドブ氏は13日、直近の相場に関しコメント。

それによると、ビットコインは長期的に1万800ドルが重要なサポートとなっており、その価格帯にさしかかっている現在は「蓄積するとき」と独自の分析を発表しています。

同氏は「投資アドバイスではない」としていますが、確かにチャート上では重要な価格帯にさしかかっているので、短期的に100万円がサポートされるか引き続き注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

前回のビットコイン(BTC)下落時に大口クジラが「押し目買い」 Coinbaseの仮想通貨投資データから判明

No tags for this post.

金融不安が起これば、仮想通貨は上がるのか? ビットコイン支払いがますます加速中!

No tags for this post.

ビットコインは安全資産ではなかった?ダウ暴落に伴いメディアで議論続く

直近でビットコインの「安全資産性(価値保存の手段)」が話題になっていますが、メディアの報道に対し一部の専門家からは反対の声も。

先日のダウ暴落でビットコインも下落したことから指摘されたようです。

要点

・ビットコインの安全資産性
今年に入ってからのビットコインの上昇は、世界経済の不透明感が要因になると指摘されています。まだまだビットコインの「価値保存の手段」についての議論は続きそうです。

 ビットコインは安全資産ではない?

たぶん、BTCは今はプールで泳ぐのに十分なほど強く、海では泳げないようです。 BTCは、VIXが12〜17になると安全な避難場所になる可能性がありますが、17を超えるとリスクになります。

仮想通貨投資ファンドとして有名な「イキガイ」のトラビス・キング氏は上記のようにツイート。

ビットコインはVIX指数が17までは安全資産として機能するが、18を超えるとリスク資産として売却されると指摘しました。

VIX指数・・・恐通指数。この数値で市場のリスクを把握することができ、株式市場などが下落した際は上昇する。市場のリスクを把握する上での世界共

これは、14日にダウが800ドル安を記録した際、ビットコインもともに下落したことから指摘されているようです。

また、直近で金融市場が不安定にも関わらず、ビットコインの上値が重いことで専門家の間で議論されていることでもあります。

【8/15】ビットコイン何円まで下がる?100万円の重要局面迎える

 

ビットコインは安全資産か否か

直近で話題になったビットコインの「安全資産性」ですが、キング氏が指摘するように、完全な安全資産かと問われると議論の余地はあるでしょう。

「通貨危機の中ビットコインに可能性」!ゴールドマンサックス出身の専門家がツイート!

ただし、ビットコイン=「安全資産ではない」と判断するのも時期尚早で、その点についてはまだ誰も判断できません。

金の取引と比較すると、ビットコインの歴史はまだ浅く、新興資産であるのは間違いないこと。

そのため、ビットコインが安全資産として機能するかは、今後多くの金融市場の混乱の際、買われるのか・投資家の間で認知が広がっていくのかをみてみないとわからないことでもあります。

 

まとめ

仮想通貨投資ファンド「イキガイ」のキング氏は、15日にツイート。

それによれば、直近でビットコインは、VIX指数が17までならば安全資産として機能しますが、それを超えるとリスク資産としてみなされると興味深い指摘をしました。

ビットコインの安全資産性については、今後長い取引の時間も必要になるので、VIX指数などの相関性については今後長きに渡るテーマとなるかもしれません。

 

 

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン(BTC)が1万ドル割れから大幅反発した背景は?7月と違う点とは!?

ビットコイン、半月ぶりに1万ドル下回る 長期トレンドには強気な見方も

No tags for this post.

中国で2000億円相当のBTC詐欺!急落要因の指摘も?

15日、仮想通貨ファンド「プリミティブ·ベンチャーズ」創業メンバー、ドビー・ワン氏がツイート。

それによると、中国の詐欺グループ「プラストークン」が20万BTCを集めていたとのことです。

要点

・ビットコインの急落要因
プラストークンはこれまで、20万BTCを顧客から集めていたとのこと。これは現在の供給量の1%に値し、直近のビットコインの価格低迷につながっているとの指摘もあります。

 ビットコインの急落要因に?

https://twitter.com/DoveyWan/status/1161686134314848256

先生による
@loomdart
のリクエスト、このスレッドは、現在進行中の売りがプラスであることに注意してください。 $BTC +〜800K $ETH前回のCoindeskの操作で簡単に言及しましたが、さらなる販売を引き起こす可能性があるため、追加の注意が必要です

仮想通貨投資ファンドのワン氏によれば、中国の「プラストークン」というウォレットを提供する企業がこれまでに顧客から20万BTC(1ドル100円で2000万円)をだまし取っていたとのこと。

この企業は表向きはウォレット会社でしたが、顧客にランクがあるいわゆる「ネズミ講」で、メンバーはすでに逮捕されたとのことです。

さらに、だましとったBTCはまだ回収できておらず、6月から続くビットコインの価格低迷材料になっているという考察もおこなっています。

ワン氏の指摘はあくまで「観測」レベルにとどまりますが、20万BTCというのは、現在流通しているビットコインの1%に値するため、市場にも影響を及ぼしているのではないかということ。

簡単にいうと、現在逮捕されていないメンバーが、だましとったBTCを換金しているということです。

 

ビットコインは反発できるか

本日お伝えした通り、直近のビットコインは100万円という重要なレベルにさしかかっています。

【8/15】ビットコイン何円まで下がる?100万円の重要局面迎える

繰り返しになりますが、100万円は6月以降で何度もサポートされてきた価格帯なので、今後数日間は注目となります。

また直近で話題になったゴールドマンサックスのレポートによれば、ビットコインは底値を形成した後に価格が上昇するとのことなので、こちらも併せて注目したい指摘ではあります。

ゴールドマンサックスがビットコイン「買い」を推奨!短期的に140万円まで上昇の可能性

 

まとめ

仮想通貨ファンド「プリミティブ·ベンチャーズ」創業メンバー、ドビー・ワン氏が15日にツイート。

それによると、中国の詐欺グループ「プラストークン」がこれまで顧客から20万BTCをだましとり、6月からのビットコイン価格低迷材料になったのではないかとのこと。

今回の指摘はあくまで「観測」レベルにとどまりますが、直近のビットコインは上値が重い展開が続いているので引き続き注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【8/15】ビットコイン何円まで下がる?100万円の重要局面迎える

週明けから上値の重い展開が続くビットコインですが、15日も価格は続落。

6月以降のサポートに接近しており重要な局面を迎えています。

要点

・100万円の重要なサポート
ビットコインは6月以降、100万円をサポートにしており、本日重要な価格帯に接近しています。今後100万円をわりこめば一段安になる可能性があり、数日間は注目となりそうです。

 ビットコインは100万円を守り切れるか

週明けから上値の重い展開が続いているビットコインですが、本日も引き続き価格が下落。

本稿執筆時点では103万円近辺で推移しています。

ビットコイン円 日足 6月~

100万円は日足チャートで6月以降、2度に渡ってサポートされてきた価格帯です(チャート赤い線)。

そのため、一度は下げ止まる価格帯と予想されまずが、仮に割り込んだ場合、一段安となるため注意が必要でしょう。

今後数日間は100万円をめぐる攻防が注目となりそうです。

 

ゴールドマンサックスの予想

先日報道され、話題となったのがゴールドマンサックスのビットコインに関するレポート。

ゴールドマンサックスがビットコイン「買い」を推奨!短期的に140万円まで上昇の可能性

それによると、ビットコインは9000ドル近辺(対円で100万円近辺)まで下落する可能性があるものの、その後は140万円まで上昇する可能性があると指摘。

本日時点で、ゴールドマンサックスが指摘する100万円までちかづいてきているので、サポートとともに価格動向に注目です。

同社が指摘するように、仮に100万円がサポートされれば、チャート上では再び価格が上昇していく可能性はあるでしょう。

なお、金融市場の動向としては、先日のダウが今年一番の下落となる800ドル安を記録。

今まで米国株式市場と逆相関が指摘されていたビットコインですが、今回に限ってはダウとともに下落しました。

一部ではビットコインの安全資産性を疑う報道も出ていますが、長期的な動きをみないと判断できないため、引き続き金融市場との関係は注目となりそうです。

 

まとめ

15日のビットコインは前日に引き続き下落。

本稿執筆時点で、6月以降の重要なサポートとなる100万円近辺まで価格が下落してきており、今後数日間は注目となるかもしれません。

また、もうひとつ注目したいのが、先日報道されたゴールドマンサックスのレポート。

それによると、ビットコインは100万円近辺でサポートされ、ふたたび140万円方向に上昇する可能性があるとのことなので、併せて注目したいところ。

先日のダウ平均も800ドル安と大幅な下落となっているので、引き続き金融市場の動向も注目となります。

 

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

最大50倍レバレッジ仮想通貨取引所デリビットのBTCオプション取引高週間アップデート

No tags for this post.

ビットコイン が爆上げ必至に!?

ゴールドマンサックスがビットコイン「買い」を推奨!短期的に140万円まで上昇の可能性

ゴールドマンサックスが先日、クライアントへ向けたレポートの中で、ビットコインの買いを推奨しました。

11日、Twitterで拡散されたことで発覚したようです。

要点

・公式見解ではないものの買いを推奨?
ビットコインは後日、拡散されたレポートがチームのものであって、グループ全体の見解ではないとコメント。ただ、分析では底値での買いを推奨しているようです。

 ゴールドマンサックスがビットコインの買いを推奨?

https://twitter.com/zhusu/status/1160746557844492293

さらに驚くべきこと:ゴールドマン・サックスの強気な目標は$BTC 、彼らはまったくターゲットを持っている、またはエリオット波動理論を使用している?個人的には、週末の価格アクションを含むチャートを使用することに悩まされないことに最も驚いています。

11日、上記の人物のツイートでにより、ゴールドマンサックスがクライアントへ向け、ビットコインの買いを推奨していることが明らかになりました。

そのメモによると、ゴールドマンは「エリオット波動分析」を用いて、ビットコインはこれから底値を形成し、短期的に136万円から147万円の高値まで上昇する可能性があるとのことです。

ただし、13日にブルームバーグがこのメモがゴールドマンサックス公式の見解ではないと報道。

SNSで拡散されていることもあり、真相は定かではありませんが、同レポートの指摘通り、ビットコインは現在下落しているので、下げ止まったとき上昇していくのかは注目となりそうです。

エリオット波動に関しては下記の記事でまとめてあります。

ビットコインの上昇下降がまるわかり!?エリオット波動の基本の『き』から解説! 

 

下落中のビットコイン

本日お伝えした通り、14日時点でビットコインは上値の重い展開が継続。

110万円を割り込むと、いよいよ100万円の下値が意識される展開となっています。

【8/14】ビットコイン下落!金融市場はひと段落?

ただし、本格的な下落トレンドと判断するのは早急で、100万円を上回っている限りはレンジの範囲内となるので、今後底値を形成するのか注目となりそうです。

また、直近でビットコインと相関性が指摘されている株・為替市場の動向も引き続き注目です。

 

まとめ

11日、ゴールドマンサックスのクライアントと思われる人物が、ゴールドマンサックスのレポートを発表。

それによると、エリオット波動を用いてビットコインが底値を形成した後、140万円きんぺまで価格が上昇する可能性があるとのことです。

ゴールドマンサックスは後日このレポートを公式のものではないと否定していますが、現時点でビットコインはレンジ下限に接近しているので、下げ止まった際上昇していくか注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.