00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

暴落でもクジラは着実にビットコインを蓄積!長期的には上昇目線か

仮想通貨分析企業、Glassnodesは12日、最新のレポートを発表。

それによると、10億円そうとうを保有するいわゆる「クジラ」アドレスが直近で過去最高値に到達したことが明らかになりました。

要点

・クジラの蓄積
ビットコインは暴落して以降、まだ100万円を回復出来ておらず動向が危ぶまれていますが、クジラはこの暴落でも着実に蓄積しているようです。

 クジラアドレスが過去最高値到達

https://twitter.com/glassnode/status/1182674900496146432

1000BTC以上を保有するビットコインアドレス

仮想通貨分析企業、Glassnodesのデータによると、直近で1000BTCを保有する「クジラ」アドレスが過去最高値に到達したとのこと。

ビットコインは9月末に暴落し、一部では今後の見通しが危ぶまれていますが、ここからわかるのは価格が下落した中でもクジラたちは着実に安値を拾っているというこです。

クジラ・・・億や超といった大口投資家を金融用語で「クジラ」という。あまり動かず巨大な体なため、この例えが用いられる

先月もクジラアドレスが増加したが報告されていますが、今回はそれに引き続き増加し、過去最高値を更新した形に。

1000万円以上のBTCを保有する「クジラ」が過去最高値到達!現在の市場を象徴か

上記の記事でもお伝えしている通り、現在はビットコインドミナンスが高いことから、アルトコインからビットコインに資金が流入しているとも考えられます。

 

ビットコインに新たなルネッサンス?

ビットコインは上がるのか・下がるのかというのは最も気になるトピックではありますが、これらの動きからクジラたちは長期的には上昇するとみていることがわかります。

ビットコインは「上がるのか」・「下がるのか」?今後の展望を独自考察!

もちろん、上記でいったように、一時的にビットコインに換金したため、大口アドレスが増加している説もありますが、明確な理由はわからず。

ファンドストラッド社アナリスト、リー氏の説明によると、このよな動きはビットコイン初期の動きに似ており、同通貨が新たなルネッサンスを迎えている可能性があるとのこと。

初期は開発者が支えていましたが、現在は裕福層からの資金流入が起きていると指摘しています。

ただ、気をつけたいのは、上昇するといってもこれだけ体が大きいのは数年、あるいは数十年といったかなり長いスパンになるので、その点は頭に入れておきたいものです。

 

まとめ

仮想通貨分析企業、Glassnodesは12日、最新のレポートを発表。

それによると、直近でおよそ10億円そうとうに値する「クジラ」アドレスが過去最高値を更新したことが明らかになりました。

9月末に暴落した仮想通貨市場ですが、このことからわかるのはクジラたちがビットコインを安値で蓄積しているのが明らかに。

数年から数十年といったスパンになる可能性はありますが、クジラ動向は市場動向をおう上で重要なので引き続き注視したいトピックです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【10/12】台風19号上陸も仮想通貨市場は?今週の値動きまとめ

東海や関東に12日、台風が上陸することで話題になっていますが、仮想通貨市場はどうでしょうか?

今週の値動きをまとめつつ、直近の値動きをまとめました。

要点

・今週の値動きまとめ
今週は週明けに軟調な展開で始まる中、週半ばには大きな反騰も。ビットコインETF拒否などの話題になり、相場はボラティリティーが高く推移しました。

今週のビットコイン値動き・報道まとめ

ビットコインは今週、ボラティリティー(変動率)の高い1日でした。

週初めは直近の安値である83万円まで価格が下落、しかし、7日、9日と価格が高騰し、直近のレジスタンスである90万円まで価格が上昇。

ビットコイン円 過去5日

週を通してみれば堅調な推移をしたといっても良いでしょう。

12日時点では、高値からやや反落したものの、まだ90万円台をキープしており、高値圏でもみ合いとなっています。

また、今週話題になったのが、ビットワイズが申請していたビットコインETFが拒否されたニュース。

最後の希望絶つ・・・BitwiseビットコインETFをSECが拒否へ!

これで、申請されていたビットコインETFは全て拒否された形となり、年内の実現はなくなりました。

なので、早くて実現は来年ということになりましたが、現在の米国の規制状況を考えると、大きな変化がない限り、現時点で来年に実現するかも疑問符がつきます。

ただ、このニュースが流れた後も市場は急反発。

ここから言えることは、すでに市場はこのことを織り込んでいたか、材料視していなかったということがわかります。

 

今後も引き続き200日移動平均線に注目

当ブログで何度もお伝えしていますが、今後は200日移動平均線突破が最重要事項となります。

ビットコイン円 日足

4月以降、ビットコインは200日移動平均線を上回り、中長期的にも上昇トレンドといえるチャート形状でしたが、今月の暴落により下抜け。

そのため、現時点では弱気トレンドにいると判断できます。(パターンとしては200日移動平均線をはさんだもみ合い相場の可能性もありえます)

簡単にいうと、この200日移動平均線を上抜ければ再度上昇する可能性が高まるということです。

反対に、このまま上抜けに時間がかかると、徐々に上値の重さが意識され、直近安値である83万円がわれるシナリオもおおいに考えられるので、来週以降もブレイクに注目。

12日時点では94万円きんぺんで推移しています。

 

まとめ

12日、東海・関東地方に強力な台風19号が上陸することが話題になっていますが、今週の仮想通貨市場も値動きの荒い週でした。

週を通してみれば、安値83万円から10万円ちかく上昇することができましたが、重要な指標である200日移動平均線の突破には至らず。

200日移動平均は中長期的に非常に重要な指標となるので、来週以降も価格が上昇した場合は、200日移動平均線が位置する価格帯に注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

最後の希望絶つ・・・BitwiseビットコインETFをSECが拒否へ!

SEC(米証券取引委員会)は10日、ビットワイズが申請していたびETFを拒否したことを発表。

これで、ビットコインETFが全て拒否された形となりました。

要点

・最後の希望絶たれる
ビットコインETFはこれまで、有力候補にVanEck社と今回のビットワイズ社のものが。VanEck社のものはすでに拒否されているためビットコインETFは全て拒否されたこととなりました。

 ビットワイズの申請していたETFが拒否へ

SECは10日、上記の文書で公式にビットワイズが申請していたビットコインETFを拒否したことを発表。

これで申請されていたビットコインETFが全て拒否された形となり、早くても認可は来年ということになりました。

直近ではSECクリントン委員長がETFに関し前向きな発言をしていましたが、今回はそれに反して残念な結果に。

ビットコインETFが近い将来承認!?SEC委員長「進展はある」!

先日のリブラからPayPalが脱退した件もそうですが、現段階でETFが実現するには、規制上難しいことを改めて認識したこととなりました。

来年もビットワイズのらの企業は申請する可能性がありますが、SECの指摘する「価格操作の懸念」から現在のビットコイン市場(時価総額16兆円)を考えると、なかなか厳しいかもしれません。

 

拒否発表も市場は逆行高

既報の通り、SECの発表があったにも関わらず、10日の仮想通貨市場は逆行高の展開に。

【速報10/10】ビットコイン5万円上昇!200日移動平均線へトライ!

これを踏まえると、ビットコインETF拒否は、市場が材料視していなかったか、すでに織り込んでいたということがわかります。

織り込みに関しては、専門家からもETF早期実現は難しいとの指摘が多く出ていました。

それらを考慮すると、今回のSECの判断は事前にわかっていたともいうことができるでしょう。

VanEck版ビットコインETFの可否判断延期!相場への影響は限定的か!?

今回の発表で注意したいのは、これまでと違い延期ではない、ということ。

専門家の意見も考慮すると、ビットコインETF実現にはまだまだ時間がかかりそうなので、数年といった長期のスパンで動向を追うしかないかもしれません。

 

まとめ

SEC(米証券取引委員会)は10日、ビットコインETFを申請していたビットワイズを拒否したことを公式に発表。

その結果、現在申請されていたビットコインETFは全て拒否された形となりました。

しかし、専門家や投資家の間では当面先になるというのがコンセンサスに。

そのため、今のところ市場への影響も限定的であるため、ビットコインETF動向は長期的なスパンでみていく他ないのかもしれません。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

ビットコインETF申請企業、SECの否決理由に「仮想通貨テザー問題」を指摘

No tags for this post.

【速報10/10】ビットコイン5万円上昇!200日移動平均線へトライ!

上昇から一服をみせていたビットコインですが、9日の22時、ニューヨーク市場がオープンして価格が高騰しています。

直近の相場動向をまとめました。

要点

・200日移動平均線トライも
直近で専門家から弱気の指摘がある通り、現在ビットコインは200日移動平均線がレジスタンスに。これを突破できれば上昇トレンドの回帰も考えられるのでしばらくの間注目です。

 ビットコインおよそ5万円上昇

週が明けてビットコインは安値圏から反発。

【速報】仮想通貨市場全面高!ビットコインは5万円上昇!

しかし、その後は上値が重い展開が続いていましたが、9日の22時から価格が再び高騰しています。

ビットコイン円 過去24時間

価格はちょうど22時30分から上昇しており、これはニューヨーク市場がオープンするのと同時刻なので、注視したいところ。

価格は安値圏からおよそ5万円上昇し、本稿執筆時点で92万円で推移しています。

 

200日移動平均線の突破なるか

当ブログでも何度もお伝えはしていますが、ビットコインは今年4月に200日移動平均線を突破し上昇トレンドに突入、しかしこないだの暴落で再度そこを下抜けてしまいました。

ビットコイン円 日足

200日移動平均線・・・もっともポピュラーなテクニカル指標。中長期的なトレンドを知ることができ、移動平均より価格が上にあるか・下にあるかで強弱を知ることができる。

そして、本日の上昇で再び200日移動平均線にトライという形になっています。

10日時点の200日移動平均線はおよそ92万円で推移。

そのため、この上昇で93万円に乗せられるかが注目となりそうです。

200日移動平均線は日足ベースなので、1日の動きをみてみないとわかりませんが、仮に今日中に93万円にのせてそこをキープできれば、上昇トレンドへの回帰も期待できそう。

ボラティリティーも高まる可能性があるので急落などには気をつけたいですが、短期的に価格動向は大注目となりそうです。

 

まとめ

週明け、安値圏から反発し90万円を回復したビットコインですが、その後上値が重い展開に。

しかし、9日夜になり再度価格が高騰し、本稿執筆時点で再度90万円を回復という流れになりました。

それに伴い、現在93万円付近に推移している200日移動平均線トライが目前に。

仮に今後、この93万円にのせサポートされるようであれば、上昇トレンド回帰で再び100万円方向の上昇も期待できるので、短期的に価格動向は大注目となるでしょう。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

カナダ大手取引所がXRP台帳に基づく大型プロジェクト始動!SWELLへ期待高まる?

カナダ大手取引所CoinFieldがXRP台帳に基づく大型プロジェクトに着手したことが明らかになりました。

2日、同取引所の公式プレスで明らかになっています。

要点

・SWELL2019へ期待高まるか
11月にはリップル社の大型カンファレンス、SWLL2019が開催されることもあり、水面下では多くのプロジェクトが動いていることが予想されます。引き続きリップル動向は注目でしょう。

 カナダ大手取引所がXRPプロジェクトを始動

https://twitter.com/CoinFieldEX/status/1179436448237441024

CoinFieldのXRP ValidatorはRippleのUNLに含まれており、今後のXRPLプロジェクトに備えます

カナダの大手取引所、コインフィールドは3日、上記のようにツイート。

現在、XRP台帳をつかった大型プロジェクトに着手しており、来月同社のCEOが出席するブロックチェーン・サミットで発表するとのことです。

どのようなプロジェクトなのか明らかになっていませんが、仮想通貨業界にとっても、XRPブロックチェーンの普及の上でも需要とCEOはコメント。

CEOの発言を聞く限り、発表次第では価格が動く可能性があるので注目でしょう。

 

SWELL2019へ期待高まるか

リップルと言えば、先日はバイナンス版XRPがローンチされたことが話題に。

バイナンス版リップル「XRP-BF2」ローンチへ!CEOが公式にツイート!

国内でも人気通貨のため連日なんらかの情報はメディアで流れていますが、今月は特にリップル関連の報道が注目となりそうです。

その大きな理由が来月開催されるリップル社主催のカンファレンスSWELL2019。

昨年はクリントン大統領がスピーチしたことで話題になりましたが、実際に価格変動も起きた年に一度の大型イベントです。

今回のコインフィールドはSWELLで発表しないようですが、このように、来月の発表へ向け水面下では多くのプロジェクトが進行している可能性が高いので、今後も関連する報道に注目。

特に、今年の大きなテーマになったxRapid関連の発表はXRPの価格にも影響が大きいので注目です。

 

まとめ

カナダの大手取引所コインフィールドは3日、公式プレスでリップルに関する情報を投稿。

それによると、現在XRP台帳に基づく大型プロジェクトに着手しており、XRPブロックチェーン普及に大きく期待できるものだといいます。

詳細は来月に開催されるブロックチェーンカンファレンスで明らかになるとのですが、その他にも来月はSWELLも開催されることもありリップル関連で新たな情報が出てくる可能性が。

今月はリップル関連の報道も多く出る可能性があるので、引き続き注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「半減期はもう織り込まれる」仮想通貨投資ファンドが発言!

コインテレグラフ・ジャパンは8日、、仮想通貨投資ファンド、パンテラ・キャピタルパートナーのポール・ヴェラディッタキット氏へ取材。

同氏によると、現在のビットコイン価格に半減期は織り込まれているとのことです。

要点

・価格の「織り込み」
金融用語で、価格がある材料に反映されることを「織り込み」といいます。半減期で価格が上昇する場合、半減期を「織り込んだ」という風につかいます。

 半減期はもう織り込み済み

コインテレグラフ・ジャパンは8日、ヴィラディッタキット氏への独自インタビューを報道。

それによると、同氏は現在のビットコイン価格に半減期はもう織り込まれているとのことです。

それを踏まえた上で、同氏は、ビットコインが次の価格にいくにはインフラ整備や「実用性」が必要と説明。

結果的に、投資家が投資しやすくなるような環境整備やビットコインを使えるアプリの登場が不可欠と述べました。

ヴィラディッタキット氏は、現在の価格が投機だけで形成されていると説明、ビットコインが次の価格ステージに移行するのは、来年初旬~中旬と具体的な時期も述べました。

 

どうなる半減期!?

ビットコインの半減期は来年5月に控えており、これから価格が上昇するか・否かは専門家で議論が続いています。

先週はドイツの州営銀行が、半減期が現在の価格に反映されていないというレポートを発表。

来年ビットコインが1000万円に!?ドイツ州営銀行がレポートで指摘!

半減期を踏まえた適正価格は1000万円になるというレポートはメディアの話題にもなりました。

このように、半減期と価格については専門家の中で意見が別れており、そもそも半減期が価格に影響しないという意見も一部であります。

こうした状況を踏まえると、半減期の影響についてはまだ明確な答えを見つけるのは難しいでしょう。

いずれにしても、連日お伝えはしていますが、これから年末にかけて価格が大きく動く可能性も。

激熱の3カ月で市場は回復できる?仮想通貨投資会社レポート

ヴィラディッタキット氏がいうように、実用性やインフラ整備ついては今後も市場を巡る長期的なテーマになるので注目です。

 

まとめ

コインテレグラフ・ジャパンは8日、パンテラ・キャピタルパートナーのポール・ヴェラディッタキット氏への独自インタビューを報道。

それによると、同氏は現在のビットコイン価格に半減期はもう織り込まれているとし、次なる価格上昇には実用性やインフラ整備が必要と述べました。

同氏の指摘が必ずしも正しいとは限りませんが、半減期が近づくにつれ価格への影響が注目されるので、引き続き関連する報道に注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

現在の相場が17年バブル崩壊時と似ている!?仮想通貨アナリストが解説!

仮想通貨アナリスト、アレッシオ・ラスターニ氏は3日、Youtubeに最新の分析を発表。

それによると、今年の相場が17年の仮想通貨バブルに似ているとのことです。

要点

・今年が17年相場と似ている4つの理由
ラスターニ氏は今年が17年相場と似ている4つの要因を指摘。日本式のチャート分析である「ラインブレイクチャート」を使って解説しました。

 現在の相場が17年バブル崩壊時と似ている!?

ラスターニ氏は3日、Youtubeで最新の分析を投稿。

それによると、現在の相場が17年バブル崩壊時に似ているとのこと。

類似点として、同氏は4つの要因を指摘しています。

①放物線的上昇
②21日移動平均線までの調整
③強い反発
④21日移動平均線を下回る急落

同氏は「ラインブレイクチャート」という日本式のテクニカル分析をおこなっていますが、単純に17相場と現在のチャートを比較したのが下記になります。

2017年バブル崩壊時

2019年現在のチャート

確かに、これだけみると、チャート形状的には似ている部分もあるでしょう。

同氏はこれらを踏まえ、現在の相場に強気になれないと説明しています。

 

年末相場はどうなるのか

既報の通り、10月から12月の仮想通貨市場は過去価格が上昇しやすい傾向に。

激熱の3カ月で市場は回復できる?仮想通貨投資会社レポート

しかし、ラスターニ氏の分析が正しければ、今後相場は17年バブル崩壊時と同じように、価格が下落することとなります。

ただ、注意したいのは、似ているのはあくまでプライスアクションだけということ。

ファンダメンタルズを含めたその他の状況は、17年当時とは違うので気をつけたいです。

また、ビットコインは過去似たような価格推移を繰り返しており、一部を切り取れば似たような値動きの箇所は多く見つかります。

直近では価格が上昇している市場ですが、10月から12月は株・為替の市場も大きく動く可能性があるので、とにかく残り3カ月の相場動向に注目です。

 

まとめ

仮想通貨アナリスト、アレッシオ・ラスターニ氏は3日、Youtubeに最新の分析を発表。

同氏は「ラインブレイクチャート」という独自の分析方法を用い、現在の相場を分析したところ、17年のバブル崩壊時に似ているとのことです。

それを踏まえた上で、しばらくの間は相場に対し弱気の見解を述べました。

もちろん、必ずしも同氏の指摘が正しいかはさておき、10月から12月は金融市場ともに相場が動きやすい時期。

直近で仮想通貨市場も同意づいてきているので、引き続き注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.