00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

米ベンチャー投資家ドレイパー氏「5年後に現金を使っているのは犯罪者だけwwwwww」

1: 2019/02/19(火) 11:11:31.63 ID:J2PoxnO09
米国の著名なベンチャー投資家であるティム ・ドレイパー氏が18日、米FOXビジネスのインタビューに答え、仮想通貨の普及が進むとともに、5年後に現金を使っているのは犯罪者たちだけだろうと予測した。

ドレイパー氏は、仮想通貨を使う犯罪者はブロックチェーンによって追跡されてしまうため、現金を使い続けるだろうと指摘。また、「私の銀行は絶えずハッキング攻撃を受けている」とし、銀行に保管されているマネーよりビットコインの方が安全と述べた。

仮想通貨の監視能力は国からも高く評価されている。

米麻薬取締局(DEA)の捜査官は「ブロックチェーンは、実際には私たちに個人を識別するための多くのツールをもたらしてくれる。私は彼ら(犯罪者)が仮想通貨を使い続けて欲しいと思っている」と述べたと報じられた。

ドレーパ氏は、「かなり」の仮想通貨を保有しているという。

■ずれる評価ポイント

興味深いのは、ドレイパー氏が犯罪者の監視方法という観点から現金よりビットコインを高く評価した点だろう。なぜなら最近、ドレイパー氏の評価軸とは対照的に、仮想通貨の匿名性を高く評価する動きが出てきているからだ。

イギリスの著名歴史家ニアール・ファーガソン氏は、ビットコインのデジタルゴールドとしての選択肢に注目し、将来「没収されるのが困難な流動的な資産」や「一種の保険」として機能するだろうと予想。「分散型台帳モデルで実験をしている理由は、中央によって監視されない何かを構築することだ」と述べ、仮想通貨がもたらすプライバシーの保護を高く評価した。

実際、市場もその点を高く評価しているようだ。

今月9日、ライトコイン財団が7日、プライバシー保護に特化するプロトコロル「MimbleWimble(ミンブルウィンブル)」を実現すると発表。ライトコイン(LTC)は約30%急騰した。

スカイプやテスラに初期の頃から投資をしていたことでも知られるドレイパー氏。彼にとっての仮想通貨の投資妙味は「仮想通貨の監視力」にあるようだ。同じ仮想通貨支持派の間でも評価軸にズレがある点は、今後注目すべきかもしれない。

https://jp.cointelegraph.com/news/tim-draper-predicts-crypto-will-rule-only-criminals-will-use-cash-in-five-years


no title

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550542291/


続きを読む No tags for this post.

4月にETF上場!?最有力候補VanEck版ETFの審査が20日より開始!

SEC(米証券取引委員会)は20日、VanEck版ETFの審査を20日より開始すると発表しました。

上場最有力候補と言われるETFの動向に関して注目が集まりそうです。

要点

・VanEck版ETF
ビットコインの現物を担保することで、価格操作を防ぐことができるとされるVanEck版ETF。専門家からは「上場最有力」とされ、実現した場合、市場への影響度も高いとされています。

 VanEck版ETFが20日より審査開始!締め切りは4月5日に

(参照元:https://www.federalregister.gov/documents/2019/02/20/2019-02732/self-regulatory-organizations-proposed-rule-changes-cboe-bzx-exchange-inc)

SECは公式サイトにて、VanEck版ETFの審査を20日から開始することを発表。

今後の注目ポイントは下記になります。

①最初の可否判断締め切りは4月5日・それまでに結果が通知される可能性も
②3月から4月の間に思惑で相場が動くか注目
③審査はさらに45日延期される可能性アリ

まず、最初の可否判断締め切りは、4月5日(SECの45日ルール)となったので、それまでに相場がどう動くか注目となるでしょう。

関連する報道(例えば承認へ向けて前向きな報道など)によって相場が上下する可能性もあるので、しばらくの間は「ETF相場」となりそうです。

注意点として「4月5日」はあくまでSECのルール上の最終締め切りなので、その前に結果が通知されることもあります。

また、SECはさらに45日の審査期間を設けることができるので、4月5日までに必ず審査結果が出るわけではありません。

 

直近ではETFに関し前向きな報道多く

昨年秋から今まで、米政府機関閉鎖もありETF動向は注目を浴びていませんでしたが、水面下で状況が改善していることが伺えます。

先週は、CFTC(米先物取引委員会)とSECヘスター・ピアース氏が異例の対談。

「価格操作のリスク低い」CFTCとSEC役員が異例の対談!ETFは再審査開始へ!

CFTCブライアン氏は、SECが懸念する価格操作などは、技術的に解決できるとの見解を示しています。

また、11日には米投資顧問Edelman Financial EnginesのCEO、リック・エデルマン氏がCNBCに出演。

ビットコインETFは「ほぼ確実」!米投資顧問CEOが語る理由とは?

エデルマン氏もブライアン氏同様、ETFに関する問題は技術的に解決できるとコメント。

それにより、ETF実現は確実で、問題はすでに「いつ実現するか」のフェーズに移っていると述べています。

直近でこのような専門家の前向きな見解が報道されているため、次のVanEck社の可否判断はひとまず大きな注目を浴びそうです。

 

まとめ

SECは20日、公式にVanEck版ETFの審査を20日から始めることを発表。

これにより、最初の可否判断締め切りは4月5日となりました。

直近では専門家からも多く前向きな見解が聞かれるので、このままETFが実現し価格が上昇するのに期待したいところですね。

 

仮想通貨は今がチャンス!安心・安全のBITPointで「ガチホ」投資を始めよう!

BITPoint(ビットポイント)では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの購入が可能。

ビットコインでは最大で4倍のレバレッジ取引も行えます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S Rating」という調査期間から「A」ランクの格付けをもらっています。

また、国内取引所の中で最安値クラスの手数料の安さも大きな魅力。

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 取引手数料 即時入金手数料 送受金手数料 口座管理費
5種類 0円 0円 0円 0円

上記記事のように、これからETFが実現する可能性は高く、それに伴い価格上昇にも大いに期待できます。

まだ口座登録をしていない方は、この機会に登録してBITPointで仮想通貨投資を初めてみてはいかがでしょうか。

BITPoint公式サイトはこちらから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインハイブ事件で論告求刑公判があり、検察側は罰金10万円を求刑

■ツイッターより

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

続きを読む No tags for this post.

「ビットコインは50%割安・底が近い」!?アナリストのブライアン・ケリー氏が見解示す!

米著名アナリストであり、仮想通貨投資ファンドCEOでもあるブラアン・ケリー氏がビットコインに対しての見解を示しました。

コインテレグラフが独占インタビューとして伝えています。

要点

・ビットコインは50%割安?
ケリー氏は複数の要因からビットコインが50%割安と指摘。底が近いとの見方も示しました。

 ブライアン・ケリー氏「ビットコインは50%割安」 底が近いとの見方も

「何度正しかlったか、何度間違っていたかは問題ではありません。需要なのはあなたが正しいときにどれだけ稼ぐか、あなたが間違っているときにどれだけ失うかだけです。」

ケリー氏はコインテレグラフのインタビューに対し、現在のビットコイン相場の見解を示しました。

そこで、現在のビットコインは50%割安であると指摘し、強気な見方を示しました。

現在のビットコインの価格はおよそ40万円なので、ケリー氏の見解によれば80万円になってもおかしくはないということです。

同氏はその要因に4つの要因を指摘しています。

①サイクル
②地政学的リスク
③強制的売りの解消
④センチメント(心理)

この中でも特筆すべきは①サイクルでしょう。

ケリー氏以外にもサイクル分析に注目する専門家は多く、現在の相場は2015年の弱気相場に似ていると指摘は多くあります。

低迷が続く日数も似ているので、海外著名投資家の中には、今年仮想通貨市場が底をつけるとの見方を多く示しています。

ケリー氏も同じように「弱気相場の終わりは近い」とし、底をつけるとの見解を示しています。

 

短期的に堅調な推移をみせる仮想通貨市場

今週に入って堅調な推移をみせている仮想通貨市場ですが、ケリー氏の指摘するように、サイクル的にはトレンド転換しても良い時期にさしかかっているので、3月の相場から次の四半期(6月まで)の値動きは重要度が高いでしょう。

ビットコイン・イーサリアムに関しては一目雲を抜けてきており、その意味では短期的な強気トレンドに転換した可能性もあります。

【2/16】強気トレンド転換間近!?ビットコインは一目雲を超えられるか?

ただ、まだ長期的な強気トレンドに転換したとは言えないので、その点は注意が必要です。

海外の著名投資家の多くは、今年の中旬から後半にかけ、長期的な強気トレンドに転換する時期が訪れると指摘しているので、このまま価格が上昇していくのに期待したいところですね。

今年の6月から長期上昇トレンドに突入?共通する3名の専門家たちの見解!

 

まとめ

ブライアン・ケリー氏は、ビットコインが50%割安だと指摘し、同時に底が近いとの見解を示しました。

要因のひとつに挙げるサイクル分析に関しては、その他の専門家も指摘しているので注目したいところです。

短期的には強気トレンドに転換した可能性も出てきているので、このまま価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

仮想通貨は今がチャンス!安心・安全のBITPointで「ガチホ」投資を始めよう!

BITPoint(ビットポイント)では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの購入が可能。

ビットコインでは最大で4倍のレバレッジ取引も行えます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S Rating」という調査期間から「A」ランクの格付けをもらっています。

また、国内取引所の中で最安値クラスの手数料の安さも大きな魅力。

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 取引手数料 即時入金手数料 送受金手数料 口座管理費
5種類 0円 0円 0円 0円

仮想通貨市場は低迷を続けていますが、ファンドストラッド社トム・リー氏が「仮想通貨を買うなら今」と述べるように、現在は投資する上では大チャンスとなっています。

まだ口座登録をしていない方は、この機会に登録してBITPointで仮想通貨投資を初めてみてはいかがでしょうか。

BITPoint公式サイトはこちらから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【2/19】何円まで価格は上昇する?ビットコイン・イーサリアム・リップル

週明けの仮想通貨市場は堅調な推移でスタート、チャート形状も良好です。

ビットコイン、イーサリアム、リップルの上値メドをまとめました。

要点

・一目雲を上抜けする通貨も
ビットコイン、イーサリアムに関しては一目雲を久しぶりに抜けており、短期的な上昇トレンドに転じた可能性も出てきています。現在の相場はイーサリアムが牽引しているとの向きが多いので、引き続き注目でしょう。

 ビットコイン・イーサリアム・リップルの上値メドまとめ

堅調な推移をみせる仮想通貨市場ですが、現在はイーサリアムにもっとも注目が集まっています。

実際、上昇率はイーサリアムが強く、アナリストの中には同通貨が市場を牽引していると指摘しています。

今回はイーサリアムを筆頭に、ビットコインとリップルの上値メドをまとめました。

 

イーサリアム

イーサリアム円 日足 2018年11月~

直近では、主要通貨の中で一番強い動きをみせるイーサリアム。

すでに一目雲を突破しており、短期的にも強気トレンドに転換した可能性が高いです。

次の上値メドは、今年初めにつけた高値約17,500円付近、ここを超えると昨年11月の暴落前の水準である20,000円が視野に入ってきます。

昨日お伝えした通り、現在の仮想通貨市場はイーサリアムの強い値動きが牽引しているとの指摘もあるため、しばらくの間その動向は注目となりそうです。

「イーサリアムは今後数週間強気」!海外著名アナリストが見解示す!理由は?

イーサリアムは今月末に延期されていたアップデート「コンスタンチノープル」が実装予定であり、関連した報道も注目となるでしょう。

 

ビットコイン

ビットコイン円 日足 2018年11月~

ビットコインも昨日の上昇で第一関門で一目雲を突破しました。

しかし、イーサリアムと違って明確に上抜けていないので、40万円を保ちつつ価格が上昇していくかに注目でしょう。

その場合、イーサリアムと同じく、短期的な強気トレンド転換の可能性も濃厚になってきます。

上昇した場合の上値メドは44万円、そこを超えると昨年12月高値である48万円が視野に入ってきます。

 

リップル(XRP)

リップルドル 日足 2018年11月~

リップルに関しては少し難しい点があります。

というのも、上記のチャートは対ドルチャートですが、ビットコイン・イーサリアムと違い一目雲を突破していないからです(対円チャートだと微妙な水準に位置しています)。

対円でいうと、まず節目35円から75日移動平均線が位置する36円がレジスタンスになりそうです。

仮にそこを突破してくると、強気トレンドへの転換した可能性も濃厚となってきます。

 

まとめ

各通貨の上値メドまとめは以下です。

①イーサリアム:今年初めにつけた高値約17,500円付近、ここを超えると昨年11月の暴落前の水準である20,000円が視野
②ビットコイン:上昇した場合の上値メドは440,000円、そこを超えると昨年12月高値である480,000円が視野
③リップル:第一関門は節目35円から75日移動平均線が位置する36円

繰り返しにはなりますが、今後しばらくは市場を牽引するイーサリアムの価格上昇が注目ポイントに。

月末に予定される「コンスタンチノープル」の動向も注目となりそうです。

 

イーサリアムも購入できるBITPointで「ガチホ」投資を始めよう!

BITPoint(ビットポイント)では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの購入が可能。

ビットコインでは最大で4倍のレバレッジ取引も行えます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S Rating」という調査期間から「A」ランクの格付けをもらっています。

また、国内取引所の中で最安値クラスの手数料の安さも大きな魅力。

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 取引手数料 即時入金手数料 送受金手数料 口座管理費
5種類 0円 0円 0円 0円

上記の記事のように、仮想通貨市場は価格上昇が見込まれており、BITPointでは安心して「ガチホ」投資が可能となっています。

まだ口座登録をしていない方は、この機会に登録してBITPointで仮想通貨投資を初めてみてはいかがでしょうか。

BITPoint公式サイトはこちらから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの始め方|基礎知識や取引の流れをやさしく解説

ビットコインは初心者でも簡単に始められるものなの? 具体的なビットコインの始め方を事前に理解しておきたい! とお考えではありませんか? 仮想通貨初心者の場合、ビットコインを購入したいと思っていても、不安の方が大きくてなか ... No tags for this post.

【2/18】今週の仮想通貨市場はどうなる?前向きな兆しも見え始めた材料に注目!

8日の高騰以降、仮想通貨市場は横ばいの動きが継続しています。

今週の仮想通貨市場の注目ポイント・材料をまとめました。

要点

・米政府再閉鎖回避
先週、米政府再閉鎖回避が決定したことにより、ビットコインETFなどの動向に進展がありました。一旦は懸念が晴れたので、新しい材料が出るかにも注目でしょう。

 仮想通貨市場は「動かず」の展開!レンジブレイクに注目

ビットコイン円 1時間足 2月8日~ 

ビットコインは2月8日の急騰以降、下値は3920,00円、上値は400,000円と極めて狭いレンジ相場になっています。

なので、今週以降もこのレンジをどちらにブレイクするか注目となるでしょう。

先週お伝えしましたが、現在ビットコインの日脚チャートは一目均衡表の雲にさしかかっています。

【2/16】強気トレンド転換間近!?ビットコインは一目雲を超えられるか?

仮に40万円を越えて上昇していけば、短期的にでも強気トレンドに転換する可能性も浮上するので、価格が動いた際は注目です。

ただし、392,000円を割り込んで価格が下落するリスクもあるのでその点は注意です。

現状では、どちらのシナリオも考えられるので、動きが読みづらい相場ではあるでしょう。

アルトコインに関しても、ビットコインの方向感が出るまでは動きづらい展開が続きそうです。

 

米政府再閉鎖回避による材料動向にも注目

先週15日、メキシコの壁建設を巡る予算が議会に採決されたことにより、原則9月まで米政府再閉鎖は回避されました。

ついに米政府再閉鎖回避!?仮想通貨市場への影響はどうなる?

それにより、滞っていたビットコインETFの再審査も開始されています。

「価格操作のリスク低い」CFTCとSEC役員が異例の対談!ETFは再審査開始へ!

ビットコインETF以外にも、Bakktやナスダック先物ローンチ、Fidelityといったサービスが3月へ向けて焦点となってくるので、これらの材料に進展があるかは今週以降注目でしょう。

ただ、政府機関再閉鎖に関しては、完全に懸念が払拭されたわけではなく、トランプ大統領の「非常事態宣言」次第では再び閉鎖されるリスクもあるとのこと。

3月上旬とも言われる債務上限の引き上げで協力を得られない可能性が出てきており、場合によっては政府再閉鎖の可能性も浮上している。そうなればETFやBakktの開始は更に後ずれする可能性がある。また機関投資家の本格的な参入には法的性格の明確化など法規制の整備が前提となると申し上げて来たが、そうした作業が進む目途も見えなくなってしまう。

参照元:https://news.fxcoin.jp/detail.php?id=348

まだ不透明感は残るようなので、引き続き米政府動向も注目となりそうです。

 

まとめ

仮想通貨市場は先週8日に急騰して以降、値幅が極めて狭いレンジ相場が継続しています。

ビットコインは日足は現在、一目均衡表の雲に差し掛かっているので、価格が上昇した際は注目となるでしょう。

材料としては、米政府再閉鎖が回避されたことによるビットコインETF、Bakktの動向に注目です。

 

仮想通貨は今がチャンス!安心・安全のBITPointで「ガチホ」投資を始めよう!

BITPoint(ビットポイント)では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの購入が可能。

ビットコインでは最大で4倍のレバレッジ取引も行えます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S Rating」という調査期間から「A」ランクの格付けをもらっています。

また、国内取引所の中で最安値クラスの手数料の安さも大きな魅力。

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 取引手数料 即時入金手数料 送受金手数料 口座管理費
5種類 0円 0円 0円 0円

仮想通貨市場は低迷を続けていますが、ファンドストラッド社トム・リー氏が「仮想通貨を買うなら今」と述べるように、現在は投資する上では大チャンスとなっています。

まだ口座登録をしていない方は、この機会に登録してBITPointで仮想通貨投資を初めてみてはいかがでしょうか。

BITPoint公式サイトはこちらから

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.