ビットコイン

No tags for this post.

ビットコイン(BTC)は過去最高値を更新!今後更に値上がりを見せるのか?

ビットコイン0313

2021年2月に最高値を更新したビットコイン(BTC)は、その後一時100万円を超える下落の値動きを見せましたが、3月に入り再び上昇の値動きへ転じています。

3月13日には、過去最高値を更新する値動きとなったビットコイン(BTC)は今後更なる値上げを見せるのでしょうか?チャートを分析していきます。

 

ビットコイン(BTC)は2月中旬に大幅な下落の値動き、その理由は?

ビットコイン(BTC)価格チャート:対BTC/JPY4時間足

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。

2021年2月22日時点で高値が600万円台を超えたビットコイン(BTC)は、その後大幅な下落を起こしています。

下落のきっかけとなる要因の一つとしては、2月から形成された上昇トレンドラインの下方へのブレイクが一つの可能性として挙がります。

2月以降、上昇トレンドラインに接触しては、反発していたビットコイン(BTC)でしたが、2月22日には遂にトレンドラインをブレイクし大幅な下落を起こしています。

それまで大幅な下落を起こすことなく、上昇の値動きが続いていたビットコイン(BTC)にとって、

明確なトレンドラインブレイクの動きは、利確売り・手仕舞いの動きを誘発させやすく、下落幅が強まることで、更に多くの投資家が買い注文を手放したことで100万円幅を超える下落が起きたと考えることができます。

そして相場が弱気相場へ転じたもう一つの理由として考えられる点が、4時間足チャートでのMACDです。

2月以降もビットコイン(BTC)は上昇の値動きを続けていたものの、MACDの観点ではMACD線を十分に伸ばすことが出来ず、ダイバージェンスが発生しています。

ダイバージェンの発生は、形成されているトレンドが終了する可能性を示すサインでもあり、2月時点のビットコイン(BTC)は、一時強い反落が意識されやすい相場でもあったでしょう。

MACDにようダイバージェンスの発生に伴う、相場への警戒の強まりがトレンドラインブレイクと共に形となったと考えても良いでしょう。

 

ビットコイン(BTC)は反落後、押し目買いの動きを狙う

ビットコイン(BTC)は、2月22日の反落により、下値を一時460万円台近辺まで落としています。

100万円幅を超える下落により、ビットコイン(BTC)市場としては、これまでの強気相場が弱まる展開ではあるものの、長期的に見ると2020年11月から上昇の値動きは続いています。

そんなビットコイン(BTC)相場において、短期的な大幅な下落は押し目買いを狙うチャンスと、投資家は考えることになります。

そのため2月23日以降では、強い下落による不安感と、押し目買いを狙う投資家によってレンジ相場が形成されています。

レンジ相場が3月1日まで継続したことにより、チャート上では460万円台が明確なサポートラインとして意識される相場となり、押し目買いを狙うラインとしても意識されることになります。

現に3月1日には、マイクロストラテジー社が日本円にして約16億円のビットコイン(BTC)を買ったと発表がありました。

マイクロストラテジー社の買い足しの発表時の下値は、やはりサポートラインである460万円台近辺ということになります。

マイクロストラテジー社のBTC購入という、ファンダメンタル要素も加わり、チャート上では3月1日以降下値を切り上げる展開となっており、アセンディング・トライアングルパターンが形成。

3月8日には遂にレジスタンスラインを超え、短期的なレンジ相場を超えたということになります。

 

ビットコイン(BTC)は最高値を更新、今後も上昇の値動きは続く?

ビットコイン(BTC)3月13日日足チャート

BTC/JPYの日足チャートを分析していきます。

3月1日よりレンジ相場へ移行し、下値を切り上げながらアセンディング・トライアングルパターンから上放れの値動きを起こしたビットコイン(BTC)。

アセンディング・トライアングルパターン後の上昇チャートでは、本日3月13日までに最高値である615万円台近辺を超え、670万円台近辺までの上昇が確認されています。

直近上値を超え、ダウ理論的に考えると、長期的な上昇トレンドも継続となったビットコイン(BTC)ですが、今のところ高値更新後の上値は重く、短期的な揉み合いの値動きへ転じています。

高値を更新したにも関わらず、上値が伸ばしきれていない一つの要因としては、日足チャートでのMACDにてダイバージェンスが発生するかもしれないという点です。

ダイバージェンスの完成により、今度は長期的な上昇トレンドの終了の可能性も伴っているビットコイン(BTC)相場では、高値更新後も、投資家的にも容易に買い注文が入れにくい相場となっている可能性があります。

今後の相場観としては、前回の上値である615万円台がサポートラインとして形成するのか。

またMACD線が2月21日時点の高値を超えることが出来れば、相場での上昇トレンド終了の不安感は解消され、大幅な上昇へ転じる可能性があります。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインが上昇トレンドに乗り21,000ドル突破!どこまで伸びる?

要点

・ビットコインの価格が本日、史上最高値の21,000ドル、225万円を突破しました。
・急騰の背景には、機関投資家の流入が急増した可能性があると専門家は指摘しています。
・「仮想通貨バブル」に沸いた市場は、2017年後半よりもはるかに発展しています。

ビットコイン(Bitcoin)が225万円を突破


※画像引用元:CoinMarketCap 


ビットコインが現在、新しい記録を更新し続け、爆上り中です。
CoinMarketCapの調べによると、2,252,000円前後で取引されており、現在もまだまだ上昇するのではないかと市場が沸き立っています。

12月17日現時点のビットコインの価格は、21,000ドルを超え、現在、21,775ドル前後で急騰し、史上最高値を更新しています。
執筆時点の11時30分代には21,775ドル前後、225万円をわずかに上回って取引されており、前日同時刻比で12.34%、1週間の上昇率18.17%と好調です。

仮想通貨およびデジタル管理を手掛けるFirstDigitalTrust(ファースト・デジタル・トラスト)のガンナー・イェルヴ(Gunnar Jaerv)COO(最高執行責任者)によると、ビットコイン急騰は、主要機関投資家が仮想通貨市場へ参入したこと。
それによって強気の流れが生じる中、ビットコインの限られた供給の一部を購入した結果である可能性を指摘した上で次のように述べています。

ビットコイン信託に5億ドル~最大5億3000ドル、516億円前後を投資する可能性があると述べたGuggenheim Partners (グッゲンハイム・パートナーズ)のような期間投資家は、ビットコインが、砂漠の中の蜃気楼ではなくなったことの証拠で、オアシスになりつつあります。



Cross-chain data oracle Band Protocol(クロスチェーンデータオラクルバンドプロトコル)のソラビス・スリナワクーン(Soravis Srinawakoon) 最高経営責任者兼共同創設者は、ビットコインの価格が以前の記録を打ち立てた2017年後半よりも、暗号通貨に焦点を当てたインフラストラクチャーが今日はるかに開発されていることを指摘しています。

専門家による強気の見通し




大手メディアのCNBCは、今年、デジタル通貨は破綻し、現在180%以上上昇していることについて、Covid-19に起因する新しい制度的支援と低金利に一部起因していると述べています。

ビットコイン保有者らは、それがさらに急増していると考えており、GalaxyDigital(galaxy・デジタル)社のマイケル・ノヴォグラッツ(Michael Novogratz)CEO(最高経営責任者)は、ビットコインが来年末までに55,000ドルまたは60,000ドル、560万円~620万円に急騰すると見ています。

初期のビットコイン投資家であり、仮想通貨取引所であるGemini(ジェミニ)の共同創設者でもあるタイラー・ウィンクルボス(Tyler Winklevoss)氏とキャメロン・ウィンクルボス(Cameron Winklevoss)氏は、金の代わりのインフレヘッジとしてビットコインを選ぶ人が増えるにつれて、いつかビットコインが50万ドルに達する可能性があると考えています。

まだリスクに悩むビットコイン投資家




多くの投資家にとって、ファイナンシャルプランナーはポートフォリオの大部分をビットコインに入れることを躊躇しているとCNBCでは報じています。

ビットコインは有望な見出しにもかかわらず非常に投機的な資産であり、リスクを理解することは非常に重要です。それがどれほど不安定であるかを見るために、時間をさかのぼって振り返る必要はありません。

 

Bone FideWealthのダグラス・ボーンパルト(Douglas Boneparth)創設者兼社長兼認定ファイナンシャルプランナーは述べています。

上昇トレンドに巻き込まれてはいけない




多くのファイナンシャルアドバイザーは、仮想通貨についてあまり知識を有していないまま、投資家からビットコインについての質問を受けています。

CFPでニューヨークを拠点とするファイナンシャルプランニング会社lifelayoutの創設者であるロジャー・マー(Roger Ma)氏は、最新の投資トレンドについてFOMO(fear of missing out=見逃す・取り残されることへの恐れ)を得ることは簡単だと述べたうえで、次のように語っています。

ビットコインや金のような商品など、流行の投資に資産を投入する前に、目標を念頭に置くのが最善です。ビットコインは収益を生み出さず、配当も支払わず、利子も支払わないため、従来の意味での投資ではありません。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインは金の時価総額を超える可能性がある|複数の有識者が語る

仮想通貨取引所ジェミニの創設者であり、仮想通貨界で指折りの富豪であるウィンクルボス兄弟が、将来的にビットコインが金(ゴールド)の時価総額を超えるだろうと発言しました。

現在、金の時価総額は約900兆円である為、もしビットコインが金を超えるとなると、1BTC辺り約5000万円になる計算となります。

現実離れしているような話に聞こえるかもしれませんが、モルガン・クリーク・デジタルの創業者アンソニー・ポンプリアーノ氏も今年8月に同様の発言をしていることから、資産保存手段の世代交代が本格的に近づいてきているのかもしれません。

 

ビットコインが金の時価総額を超える可能性

2012年に大量のビットコインを購入し、ビリオネアを達成したことで有名なウィンクルボス兄弟が、シンガポールフィンテックフェスティバルにおいてビットコインは金の時価総額を超えるだろうと発言していたことが分かりました。

兄弟の一人であるキャメロン氏は、コロナウイルスによって膨大な紙幣が印刷されてインフレが引き起こっていることを指摘。

その結果、資産の保存手段となるビットコインや金が注目を浴びていると述べました。

特にビットコインは、送金が簡単なことや供給量の制限があり、金融資産として金より優れていることから、いずれビットコインが金を追い抜くだろうと考えているようです。

しかし、仮想通貨の取り扱いが国ごとに異なることや、規制が整っていないことが成長を阻害していると考えており、この点を改善する必要があるとも述べています。

もう一人の兄弟タイラー氏も、ビットコインは既存の金融システムを時代遅れにするのではなく、銀行に仮想通貨の価値の裏付けを担ってもらう必要があると発言。

人々がよりビットコインへの理解度を深めることが重要であると指摘しました。

2029年末までに金を超える予想も

ビットコインが金を超えると予想しているのはウィンクルボス兄弟だけではありません。

モルガン・クリーク・デジタルの創業者であるアンソニー・ポンプリアーノ氏も、2029年末までに金の時価総額を超えると発言しています。

ポンプ氏はさらに、様々な懸念を考慮した上での予想なので、2029年末というのは保守的な予想であると強気な姿勢を取っています。

 

機関投資家も金からビットコインに移行か

JPモルガンのアナリストは、これから機関投資家が金ではなく仮想通貨を選択するようになると指摘しています。

ここ最近のニュースでも、大企業がビットコインを大量購入し始めていることがよく挙げられていることもあり、企業がビットコインを採用しつつあるのは間違いありません。

実際に、わずか4週間の間にビットコインには14億ドルの流入があった一方で、金は92億ドルの流出があったというコインシェアーズのデータもあり、金からビットコインに富が移行しつつあることが伺えます。

このような背景から、数年で金融市場のシェアが変化していく可能性は十分考えられます。

もし本当に金を超えるのであれば、ビットコインは現時点から25倍近く成長し、約5000万円を超えることになる為、ホルダーにとっては嬉しい予想であることでしょう。

 

まとめ

今回は、ビットコインが金の時価総額を超える可能性があるテーマについて様々な意見をまとめてみました。

ビットコインがデジタルゴールドとして新たな資産保有の手段に選ばれつつあることは明確であり、大企業による採用も2020年以降増えてきています。

仮想通貨取引所ジェミニの創設者ウィンクルボス兄弟や、モルガン・クリーク・デジタルの創業者であるアンソニー・ポンプリアーノ氏も、金融資産としてビットコインが金を上回っていると考えており、時価総額が逆転するであろうと予想しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインが180万円突破!2021年末までに3000万超え予想の声も

ビットコインが2017年ぶりに180万円を突破しました!

[btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn]

ビットコインが180万円突破!

btcのチャート画像 参考:Coincheck

ビットコインの勢いが止まりません!

2021年の年末までに約3,300万円にまで上昇する可能性もあるとされています。

あのとき買っておけば…

と言うのはもう終わり!いますぐビットコインをゲットして、さらなる価格上昇を待ちましょう!!

Twitter上で盛り上がるみなさん

はじめての仮想通貨はCoincheck

[ex-jp-Coincheck] [kanren postid="5173"]

急騰情報をどこよりも早く受け取れるサービス

想像以上の急騰・利益確定の連続

今回のような仮想通貨市場の急騰情報をいち早く受け取れるサービスをご存知ですか?

クリプトマネージャーは業界No.1の急騰実績を誇る投資サポートサービスです。
次なる急騰情報をいち早くゲットしてください!

[aside type="boader"]
  • 業界NO.1の急騰実績
  • 的確な売買指示
  • 急騰通貨で大型利益!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="6142"] No tags for this post.

【¥1,300,000円突破!】PayPalが仮想通貨取り扱い開始!ビットコイン(BTC)が爆上げ!

ビットコインが130万円台まで急上昇!Twitterのトレンド入りで話題となっています。

[btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn]

ビットコインが130万円突破!

PayPalで仮想通貨の利用が可能になったことを受けて、ついにビットコインが130万円を突破しました。

Twitter上でもトレンド入り!

年末に向けてどこまで上がるか、さらに注目が集まりそうです。

Twitter上で盛り上がるみなさん

急騰情報をどこよりも早く受け取れるサービス

想像以上の急騰・利益確定の連続

今回のような仮想通貨市場の急騰情報をいち早く受け取れるサービスをご存知ですか?

クリプトマネージャーは業界No.1の急騰実績を誇る投資サポートサービスです。
次なる急騰情報をいち早くゲットしてください!

[aside type="boader"]
  • 業界NO.1の急騰実績
  • 的確な売買指示
  • 急騰通貨で大型利益!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="6142"] [kanren postid="6167"] No tags for this post.

【120万円突破】ビットコイン(BTC)が上昇トレンド!

ビットコインが120万円台まで上昇!

ビットコイン市場は6日連続で伸びを記録し、活性化しています。

大手企業の大量購入の噂やイーサリアム投信(ETHE)が証券取引委員会(SEC)に正式に登録されたなど、プラス要素のニュースが続いたことが要因と言われています。

年末に向けてさらなる上昇が期待されます!

暗号資産(仮想通貨)に関連した「お得」なおすすめキャンペーン!

想像以上の急騰・利益確定の連続

仮想通貨投資の成功のカギは情報です。
ノリで購入するのは失敗のもと!プロによる最新裏情報を調査したうえで投資をはじめましょう。

クリプトマネージャーは初心者向けの低予算投資情報や、短期急騰に特化した情報も限定公開中!
上昇率500%超えのコインを今すぐチェックしてください!

[aside type="boader"]
  • 業界NO.1の急騰実績
  • 的確な売買指示
  • 急騰通貨で大型利益!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="6142"] [kanren postid="6167"] No tags for this post.

約150万BTCが既に消失済み?供給量が減り更に価値が高まるビットコイン

ビットコインの最大供給量が2,100万BTCであるということをご存じの方は多いかと思います。

しかし、現在発行済みのビットコインのうち、既に消失してしまった”持ち主の居ないビットコイン”がいくつあるかを知っている人は少ないでしょう。

今回は、そんな持ち主の居ないビットコインについてお話していきたいと思います。

 

失われたビットコインは戻らない

仮想通貨ユーザーの中には、送金アドレスを間違えて仮想通貨を闇に葬ってしまった方も少なからずいるでしょう。

いわゆるゴックスと呼ばれている行為ですね。

このゴックスによって失ってしまった仮想通貨は、取引所の対応できる範囲を超えてしまうと2度と人の手に渡ることはありません。

特にビットコインに関しては、どんな凄腕のハッカーでも復元することが不可能でしょう。

理論上では、量子コンピューターが進化することによって復元できるのではないかとも言われていますが、少なくとも数十年以上の長い月日が掛かります。

既に1.65兆円ものビットコインが消失

では一体、現時点でどれほどのビットコインが復元できない状態にあるのでしょうか。

仮想通貨分析をしている Coin Metricsがその答えを調べてみたところ、およそ150万BTC(1.65兆円相当)であることが判明しました。

この150万BTCは、2010年7月以降に動いていないビットコインであり、恐らく既に所有者が居なくなったもしくはアドレスにアクセスできなくなったビットコインだと推測されたことから、既に消失しているビットコインと判断されたようです。

もちろん、2010年7月以前からひたすらホールドをしている可能性もある為、この150万BTC全てが完全に失われているとは言い切れません。

とは言え、2010年頃のビットコインはほぼ価値が付いていない状態だったので、大半のユーザーは適当にビットコインを保管していたことでしょうから、既にアドレスにアクセスできない可能性の方が高いでしょう。

また、2010年7月~現時点までの間に、送金ミスで闇の彼方に送られてしまったビットコインはカウントされていない為、もしかしたら150万BTCを遥かに上回る量のビットコインが失われている可能性だって十分あります。

 

失われるほど価値は上がる

ビットコインは、発行量の上限が設けられていることが特徴です。

日本円やドルのように、不足したから増やそう・多すぎるから焼却しようなんてことは出来ません。

一応、技術的にはハードフォークによってビットコインの発行上限を増やすことはできるのですが、コミュニティの大半の同意が得られないと実行ができない為、実現することはあり得ないでしょう。

万が一あり得るとするのであれば、世界中に人間がビットコインを当たり前に使うようになり、現状の発行数では補い切れないと大半のユーザーが判断した時でしょうから、ビットコインの価値自体は大幅に上昇しているはずです。

XRPやXEMのように中央集権的な通貨は、限りなく可能性は低いものの、発行上限が解放されて価値が減少する恐れがありますが、ビットコインはその心配がないのです。

その為、ビットコインが失われれば失われるほど、世界中に出回っているビットコインの総数は減少するわけですから、それに比例してビットコインの価値は上昇していきます。

ただ、現状ではどのビットコインが闇に葬られたかは送った本人やアドレスを忘れた本人にしか分からない為、正確な数値を出すことはできません。

つまり、消失したビットコインは市場には織り込まれていないのです。

これからビットコインの供給量が半減期などで減っていく一方で、ビットコインを集める層は増加していくでしょうから、必然的にビットコインの希少価値について人々は意識していくようになると考えられています。

その際に、失われていると判断されたビットコインも市場に織り込まれて、価格を上昇させる要因になるかもしれません。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

2500ドル以上下落したビットコイン、長期では楽観優勢。

大きな調整を迎えているビットコイン ビットコインはここ数日、大きな調整を行なっています。2020年9月4日から、ビットコインは1万ドル付近で取引されています。 Skew.comによると、Binanceだけで過去2日間で3 ... No tags for this post.

法定通貨を捨て、ビットコインを持たなければならない理由

富を守りたい人は法定通貨から手を引くべき ブロックチェーン投資会社のパンテラ・キャピタルは最近、月次レポートを発表し、その中で「富を守りたい人は法定通貨から手を引くべき」というメッセージを述べました。 米国がUSドルを金 ... No tags for this post.

2021年にビットコインは4500万円に到達する説が浮上

ビットコインが43万ドルに? 2020年7月下旬にビットコインは節目の1万ドルを超えて上昇しています。 暗号通貨アナリストのCryptoBullは、ビットコインが2016-2017年の上昇トレンドを同じレベルで繰り返した ... No tags for this post.

リップル(XRP)が復調、記録的上昇の予兆か。

XRPが復調、記録的上昇の予兆? ここ数日、ビットコインをはじめとした時価総額の高い仮想通貨の価格が高騰しています。その中でも、リップル(XRP)は時価総額トップ20のコインとして先週最大の上昇を記録しました。 2020 ... No tags for this post.

ビットコインとS&P500の値動きに相関がある理由は?

1万ドルに届かなかったビットコイン 2020年7月8日に9500ドルまで上昇したビットコインは、この週末に8900ドルまで下落しました。 多くの人はビットコインが1万ドルを大きく超えて上昇すると期待していました。実際に、 ... No tags for this post.