ビットコイン

No tags for this post.

ナイジェリア人、当局警告するも週に400万ドルのBitcoinを取引

ナイジェリア人は、規制当局からの暗号通貨取引に対する複数回警告を受けたにもかかわらず、13の地域の取引所において週に400万ドル相当のビットコインの取引を行なっています。
これを受けて専門家は政府に対し、「イノベーションを促す姿勢」という立場を再考し、バランスのとれた適切な規制を採用するよう求めており、アナリストたちは当局は規制をする前に、暗号通貨の仕組みを理解しなければならないを述べています。


ナイジェリア人に警告するも効果なし

ナイジェリアの規制当局と議員は暗号通貨に対して懸念を抱いています。 最近では、上院が命じたビットコインに関する調査で明らかになったほか、他の機関からも複数の警告がありました。昨年ナイジェリア中央銀行は、暗号通貨は法定通貨とは異なるもので、暗号通貨の取引は自己責任であると述べ、ナイジェリアの預金保険公社も、ナイジェリア人に対し暗号通貨に関する取引は消費者保護法の対象にはならないと警告しています。

しかしながら、最新の取引データが示すようにこれらの警告では彼らの心は変わりませんでした。
ナイジェリア人は、12月末に週平均で12億9000万ドル(約360万米ドル)を計上した後、2月では1週間に最大3億9,800万ドル相当のビットコイン(> 380万ドル)を投資しており、ビットコインの価値は昨年から減少していますがナイジェリア人の仮想通貨に対する関心は衰えを知りません。

現在、ナイジェリアでは13箇所で暗号通貨の取引が行われていて、毎週12月中旬にビットコインの取引総額がナイジェリア通貨で約19億5000万ナイラ(現在の為替レートでは540万ドル)と過去最高を記録したとBitcoin.comが報じました。

イノベーションファースト、その後規制

Cymantiks Nigeriaのソフトウェア開発者およびチーフアーキテクトのEmeka Okoye氏によると、ナイジェリア人は他の暗号化通信にも投資しており、合計で470万ドルに達しているといいます。同氏は、政府機関に対して規制へのアプローチを再考し、「スマートな規制」を採択するように求めました。専門家は、批判はさらに投機を促し、犯罪者による暗号通貨の使用に拍車をかけるだろうと述べました。

当局が暗号通貨を規制すれば、彼らは技術的ツールを違法なものにするだろう、とアナリストは説明しました。Okoye氏は「無法者はこれらの違法なツールを使用するに対して当局は制御できなくなります。これまでの結果を活かさなければなりません」と警告し、規制当局は禁止を適用する前に状況を適切に理解する必要があると述べました。

「彼らは暗号通貨がどのような仕組みかを理解していますか?私はナイジェリアでない場所に暗号通貨取引所を構築することができますが、当局はそれを規制することはできません。外国人のカードを持っていれば、彼らは私が何をしていても規制できないでしょう?」と専門家は指摘しました。

Okeke Emekaは、暗号通貨が完全に法定通貨を置き換えるのではありませんが、暗号通貨によってより便利に、素早くお金を移動させるなど、現金のデメリットを補完することにつながります。彼の意見では、当局による見解の傾向は、暗号通貨の本来の価値から逸れた解釈になっているといいます。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。
https://news.bitcoin.com/nigerians-trade-4-million-in-bitcoin-weekly-despite-warnings/

投稿 ナイジェリア人、当局警告するも週に400万ドルのBitcoinを取引COINNEWS に最初に表示されました。

コインチェックのレートが他社より安すぎるのはなぜ?ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の価格差まとめ

 コインチェック社からのNEM不正流出事件以降、コインチェックにある仮想通貨の売買、入出金が停止中。2月13日(火)に日本円の出金が再開され、1日だけで401億円ほど出金されたようです。コインチェックで出来る事・出来ない事コインチェックは日本最大級の仮想通貨取引所な...

韓国が方針転換!!仮想通貨の規制を正常化へ!!

2018年2月20日、韓国の仮想通貨業界団体はこれまで仮想通貨の規制を強化する方針でした。しかし、今回他国が仮想通貨の研究を進めているなどが理由で、仮想通貨の規制を正常化して行く方針をしましました。


韓国がなぜ、今になって規制緩和??

韓国の規制委員会はこれまで仮想通貨に対してマネーロンダリングなどの犯罪に利用される可能性があるため規制に厳しい姿勢を示していました。また、1月にはパク・サンギ法相が仮想通貨の取引所を禁止する法律を準備していることも明らかにしていました。

しかし、韓国の仮想通貨業界団体はこの厳しい姿勢からブロックチェーン技術を支援して行く方針を転換しました。金融監督院のチェ・フンシク院長は20日、記者団に対してこう答えています。

「全世界が(仮想通貨の)枠組みを構築中であり、従って(政府は)規制強化よりは正常化に向けて取り組んでいく」

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9576.php

この発言から、各国が『仮想通貨』の研究や『ブロックチェーン』の研究を進めていることに危機感を感じていると予測できます。

また、韓国のブロックチェーン協会のKim Haw-joon氏は、こう述べています。

政府と業界はまだ全面的な合意には達していないものの、監督当局者自身が政府の協力姿勢を明言したことは市場にとって明るい兆しだ

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9576.php

今後は韓国政府が仮想通貨事業に参入することで、より仮想通貨業界が加熱することが予想されます。

投稿 韓国が方針転換!!仮想通貨の規制を正常化へ!!COINNEWS に最初に表示されました。

金融庁による仮想通貨交換の『みなし業者』の選別の現状

金融庁からの登録が行われていない『みなし業者』と呼ばれる業者の選別に金融庁は、追われています。コインチェックで起きたネムの流出事件以降『みなし業者』の安全性に焦点が現在当てられているのです。

金融庁が、行う立入検査

2017年9月末に金融庁が登録業者を公表した際には、みなし業者が40者存在していました。その中で、現在(2018年2月22日)まで、新たに登録されたのは14社で、残りの10社はすでに廃業、16社が現在もみなし業者として営業を続けています。

2月16日に麻生総理は、記者会見で「みなし業者に立ち入り検査する」と表明し21日までに5社に立ち入り検査を行なっています。このように、みなし業者への立入検査に踏み切った理由は、コインチェックで起こったネムの流出事件があったためです。コインチェックは、みなし業者であったためこの事件を機に、金融庁の幹部は「コインチェックは、氷山の一角ではないか」という見解をしめし、立ち入り検査に踏み切りました。現在の改正資金決済法では、登録審査の期限は設けていないため立入検査を行い『みなし企業』の選別を行なっています。

金融庁は、『みなし業者』に対して、『立ち入り検査で何度もシステム障害を起きている』、『顧客と業者での資産の分別が行われていない』を選別し、今後体制を整えることが難しいと判断された場合は市場からの退出を言い渡す方針です。

現在も続く取引所の問題

しかし、Zaifが運営するテックビューロもトラブルを起こすなど金融庁に登録されている企業でも問題が起きています。今後、安全性をいかに保ちトラブルを未然に防ぐことができるかが仮想通貨業界全体での課題ではないでしょうか。

また、仮想通貨に投資家側も金融庁に登録されているかなどの情報を調べ、投資を行うことでこういったトラブルを未然に防ぐことが大切です。

投稿 金融庁による仮想通貨交換の『みなし業者』の選別の現状COINNEWS に最初に表示されました。

bitFlyer、ビットコイン・クラウドファンディング「fundFlyer」で READYFOR との共同企画展開

 株式会社 bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:加納裕三)は、ビットコイン・クラウドファンディングサービス「fundFlyer」において、国内最大級のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR 株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:米良はるか)との共同企画で、筑波大学・落合陽一准教授のクラウドファンディングプロジェクトを開始。 本案件では、fundFlyer を通じた...

【仮想通貨】タダで2000兆円を手に入れた男 仮想通貨取引所Zaifに苦言「一言の謝罪もない…呆れるだけ」

1: 2018/02/22(木) 11:54:15.20 ID:qdWSoW6N0 BE:323057825-PLT(12000) sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif 仮想通貨取引所「Zaif」は2月20日、0円でビットコインを購入できるシステムの不具合が16日に発生したと発表した。 このトラブルの際に、2千兆円以上に相当...

2月27日スタート‼ ICO→Eticket4

 スポーツや文化イベントのチケット販売のための国際的なプラットフォームEticket4は、このプラットホームが重要な成功を収めているほぼ70万ドルの800,000のET4トークンを販売して、近日に Pre-ICOを完了しました。Eticket4のブロックチェーンの提案がどのようなものかを見...No tags for this post.

イスラエル税務当局:「ビットコインは通貨ではなく、資産である。」

2018年2月19日イスラエル税務当局は暗号通貨、とりわけビットコインに関する税制政策を明らかにする正式な文書を発しました。

ビットコインとその形態は、暗号通貨、付加価値税(VAT)、キャピタルゲインに関してまとめた『最終回状(final circular)』の中で論じられています。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。


イスラエルの付加価値税、暗号通貨には良いニュース

「過去に表明された税務当局の見解は、ビットコインは通貨ではなく『資産』である」とイスラエル当局は明らかにしました。

南西アジアにおいてイスラエルの経済は大変重要であり、技術革新、生産高において何倍もの大きさを誇る国々に日常的に肩を並べています。イスラエルは暗号通貨の分野で予想以上の結果をおさめているだけでなく、少なくとも2013年からビットコインに何らかの形で携わっています。

分権化された通貨構想への開放的姿勢は、現在の総理大臣にまで及んでおり、この税制政策は局部的だけでなく、世界基準としての流行となるかもしれません。

回状には以下のように記してあり、イスラエル証券当局(ISA)の方針に向けたものであったと示唆されます。

「ビットコイン等の暗号通貨は資産であるため、暗号通貨を用いた活動が事業に達していない人には『キャピタルゲイン税のみ』が課せられ、その分野の活動において事業(暗号通貨を用いた貿易等)に達している人には、税金は事業活動と同様に税金が課される」

イスラエルにおける付加価値税は17%を占めるモノやサービスに適用されており、付加価値税の電子会計は国の法律によって規制されています。

「仮想通貨は無形資産であるため、活動が投資目的のみでビジネスには至っていない者は、付加価値税について責任を負わない」と回状にあるように、少なくともその点に関しては一般的なイスラエルの投資家は税金の影響を受けません。

当局は、以下のように説明しています。

「領収書がビットコイン等の仮想通貨での決済で発行された業者は、付加価値税をその事業活動に応じて支払う必要があるが、受領方法にかかわらず、仮想通貨を用いた活動が金融機関と分類されるべき事業に達した者は、付加価値税を支払う必要がない。そしてマイニングを事業として行う人々は、付加価値税対象の業者として分類される」

ビットコインは資産、財産であるため、イスラエルのキャピタルゲインの対象となり、税率は25%の水準にまで及びます。ビットコインマイナーは、キャピタルゲインだけでなく、付加価値税を支払う必要があるため、約42%もの税額にまで引き上がる可能性があり、最悪の状況に陥っていると言えるでしょう。

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Israel Tax Authority: Bitcoin is Property, Not Currency

投稿 イスラエル税務当局:「ビットコインは通貨ではなく、資産である。」COINNEWS に最初に表示されました。

知って得する!取引所・販売所で最も取引される仮想通貨ランキング!

現在、世界中で多くの仮想通貨が取引所を通じて取引されています。

そして、取引量の多い通貨を知っておくことは、取引をする上で重要となります。

以下では、取引所で多く取引されている通貨をランキンング形式で5つ紹介していきます。


1位ビットコイン(BTC)

ビットコインは、最もよく知られている仮想通貨です。現在(2018年2月20日)は、120万円代で取引されており、時価総額は20兆円です。ビットコインは、2008年にナカモトサトシ氏によって作られた仮想通貨で、このビットコインが生まれたのをきっかけに多くの仮想通貨が生まれました。また、このコインと同時に生まれた技術がブロックチェーンです。このブロックチェーンは、現在金融機関などで研究が進んでいます。

ブロックチェーンに関しては、以下のページ参照。

いまさら聞けないブロックチェーンとビットコイン

以下のURLでは、ビットコインに関して詳しくまとめてあります。

猿でもわかる仮想通貨~ビットコインについて~

2位イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、現在(2018年2月20日)10万円代で取引されており、時価総額は10兆円です。このイーサリアムは、ビットコインが持つ機能に加え、スマートコントラクトという機能を加えています。スマートコントラクトが行えるなどの点から『プラットフォーム型の仮想通貨』とイーサリアムは呼ばれています。

スマートコントラクトに関しては、以下のページ参照。

イーサリアムとスマートコントラクト~ニュースから読み解くイーサリアム~

イーサリアムが持つスマートコントラクトという技術は、他のコインにも多く導入されるようになりました。その中でも、イーサリアムは多くのユーザーに利用されています。

取引量では、ビットコインと大きな差がありますが、イーサリアムが持つ技術には大きな注目をする必要があります。

イーサリアムに関しては、以下のURL参照。

エセリウム?いいえ「イーサリアム」!~ビットコイン以外に知っておくべき仮想通貨~

3位リップル(XRP)

リップルは、現在(2018年2月20)119円で取引されており、約5兆円の時価総額を誇っています。リップルは、ブロックチェーンを利用していないのが大きな特徴です。この通貨が使われる用途として、主に通貨同士の両替を行う際です。円からドルを直接換金すれば、多くの手数料が必要となってきます。しかし、この換金時にリップルを間に入れます。

つまり、流れとして

円→ドル

円→リップル→ドル

というステップを踏むのです。

リップルは、手数料20円程度で換金を実現できます。この手数料の安さが、リップルに大きな注目を浴びている理由になります。

リップルに関しての詳しい記事は、こちらを参照ください。

猿でもわかるリップルと仮想通貨『XRP』

4位ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、現在(2018年2月20)16万円で取引されており、約3兆円の時価総額を誇っています。ビットコインキャッシュ は、名前にビットコインが入る特殊な仮想通貨です。本来、ビットコインとこの通貨は、同じものでした。しかし、ビットコインの取引量が増えることで、問題が起こりこの通貨は分裂しました。この通貨とビットコインの多いな特徴は、1回のブロックサイズがビットコインよりも大きい点です。それによって、取引がとてもスムーズに行われるようになりました。

ビットコインキャッシュについて、詳しい記事はこちらを参照ください。

『ビットコインキャッシュ(BCH)』とは 〜ビットコインの分裂により誕生した仮想通貨〜

5位ライトコイン

ライトコインは、現在(2018年2月20)3万円で取引されており、約1兆円の時価総額を誇っています。ライトコインとビットコインの大きな特徴は、ビットコインの欠点である送金スピードを短縮している点です。ビットコインの約4分の1の時間で決済が承認される計算となっています。コインの柄がビットコインが金なのに対して、銀色なのも特徴の一つです。ビットコインのハードフォーク問題時に避難投資先としてこのライトコインにスポットが当たりました。

ライトコインについて詳しい記事は、こちらを参照ください。

『ライトコイン(LTC)』とは何か?価格や特徴などについて詳しく解説

最後に

このように、仮想通貨にはそれぞれによって様々な特徴があります。各コインについて、さらに詳しく調べてみてください。

投稿 知って得する!取引所・販売所で最も取引される仮想通貨ランキング!COINNEWS に最初に表示されました。