BCC(ビットコインキャッシュ)

No tags for this post.

ビットコインキャッシュがハードフォーク完了で市場はわずかに回復!今後はどうなる?

懸念材料と指摘されていたビットコインキャッシュのハードフォークは無事に終了。

市場は完了後にわずかに回復し、今後の展開が注目されます。

要点

・2017年と同じ動きをするのか?
昨年も11月のビットコインキャッシュのハードフォーク完了後に価格が上昇したこともあり、今後の相場動向に注目でしょう。

 ビットコインキャッシュのハードフォークは完了!通貨は分裂へ

一部の専門家からは懸念材料として指摘されていたビットコインキャッシュのハードフォークですが、無事に終了。

結果はロジャー・バー氏率いるABC派とグレイグ氏率いるSV派の通貨に分裂することになりました。

Binanceはビットコインキャッシュ ABC (BCHABC)、ビットコインキャッシュ SV (BCHSV) を配布しており、取引を開始します。

バイナンスでは、さきほど分裂した通貨の配布と取引を開始することを発表。

基本的には、これまでビットコインキャッシュと呼んでいたものは、今後ビットコインキャッシュABCになります。

なので、国内で取引されるビットコインキャッシュも上記の「ビットコインキャッシュABC」になります。

ただ、取引所の対応については国内でも若干異なるので、利用している自身の取引所を調べた方が良いでしょう。

シンボルマークなども、今後2つのコインがどのように表示されるのか注目です。

 

最大の焦点は今後価格が上昇していくのか

前日までは暴落していた仮想通貨市場ですが、ビットコインに関しては小幅に価格が上昇。

このままどこまで回復できるかがしばらく市場の焦点となりそうです。

ビットコイン円 5分足

また、昨日もお伝えした通り、2017年は11月のビットコインキャッシュハードフォーク完了後に、相場は年末に向けて価格が上昇しました。

悲観するのはまだ早い?2017年も11月に同じ理由で相場は暴落していた!過去のチャートを分析

なので、今年もここから年末へ向けて価格が上昇していくのか注目になるでしょう。

昨年はCBOE、CMEのビットコイン先物上場の期待感で相場は上昇していきましたが、今年は似たような材料としてBakktの先物サービス開始と年末にはビットコインETFの可否判断が控えています。

ビットコインキャッシュのハードフォークを大きなイベントのひとつだったので、市場が再びポジティブな材料を消化していくのか今後の展開に注目です。

 

まとめ

大きな懸念材料であったビットコインキャッシュのハードフォークを消化した次は、いよいよ年末へ向けて価格が上昇していけるかが焦点となります。

また、6000ドルを割り込んでしまったビットコインの次のサポートは、4500ドルから5000ドルと指摘されているので、ここから価格が下落しないかに注目でしょう。

アルトコインに関しても、現在はビットコインとの相関性が強いので、仮想通貨市場全体の時価総額の回復と価格上昇に期待したいところです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

16日に迫る!ビットコインキャッシュがハードフォーク!注目ポイントは実施後の価格推移か!?

16日にビットコインキャッシュのハードフォークが実施されます。

ハードフォークのまとめと、相場に与える影響について簡単にまとめました。

※予定では16日正午頃とされていますが、詳細な日程はチェーンの進行状況にもよるので定かではありません。

要点

・ABC派とSV派の対立
ハードフォークは現在、ふたつの派閥に対立し、ネットなどの議論は混迷しています。どちらが勝つというよりも、ハードフォークが実施された後に仮想通貨市場がどう動くかに注目したほうがよいでしょう。

 ハードフォークはABC派とSV派で対立!議論は混沌を極める

BitcoinSVから分岐しBCHたり、新しいコイン/トークンを作成するつもりはありません。代わりに、元のビジョンをサポートする明確な実装の選択を提供するBitcoinにします。これは、中本コンセンサスの下に本来のチェーンを獲得するマイナー票を競う。

とても簡単に説明してしまうと、今回のハードフォークは「ABC」と「SV」というふたつの派閥で対立が起きており、場合によっては2017年のような新通貨が誕生する可能性もあるようです。

ただ、前日になっても詳細は不明のまま。

ネットやメディアの議論は過熱しており、どのようにハードフォークが実施されるか不明です。

「ABC」派はロジャー・バー氏や、ジハン・ウー氏が支持しており、「SV」派は自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏が支持しています。

技術的な対立ももちろんですが、今回の対立はマイナーの権利なども複雑に絡んでいるため、どちらが正しいかネットでも議論が分かれているようです。

ビットコインキャッシュを特別に支持する方を除いては、無事ハードフォークが終了するのを見守ったほうがよいでしょう。

 

その他の通貨や仮想通貨市場の影響も

さらに、今回のハードフォークの焦点は、その他の通貨や仮想通貨市場全体にどのような影響があるかでしょう。

BCHUSD 1時間足 11月~

11月に入ってからは、リップルやネムなどに動きが出始めていますが、それと同様に価格が上昇していたのがビットコインキャッシュでした。

ビットコインキャッシュが足元のアルトコイン相場を牽引していた部分もあり、ハードフォークが終了した後に価格が上昇するのか・しないのか注目です。

例えば、実施後にビットコインキャッシュが大暴落することがあれば、それ自体で仮想通貨市場のセンチメントは悪くなってしまうでしょう。

また、このハードフォークに伴い、各取引所では独自に対応しているので、取引している方は利用している業者の情報も確認しておいたほうがよさそうですね。

 

まとめ

まとめると、現時点でハードフォークがどうなるかは「わからない」といった状況です。

繰り返しにはなりますが、ハードフォーク後の価格推移は市場全体の材料にもなりえるので、そちらを注目しておいたほうがよいでしょう。

また、直後では暴落しても数日たてば価格が回復する、というようなパターンも考えられるので、今週いっぱいはビットコインキャッシュの動向に注目しておいたほうが良さそうです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【11/13チャート分析】相場はリップル1強に!コインチェック再開でネムも暴騰!ビットコインキャッシュは?

12日の仮想通貨市場は、ネムがコインチェックで取引の再開を受け、一時50%近く暴騰しました。

ビットコインは動きずらい相場が続いていますが、アルトコインを中心に動きが出始めています。

要点

・XRPが唯一200日移動平均線を超える
相場の中長期的なトレンドを計る上で重要とされる200日移動平均線ですが、現在はXRPだけが突破しており、その強さがわかります。

 現在の相場はリップルが強い推移

XRPUSD 日足

先週から堅調な推移をしているXRP。

12日も2%近く価格が上昇し、足元の相場では主要な通貨の中で一番強い動きをしています。

それを証明するかのように、チャート上の200日移動平均線(青い線)より上で推移しているのは、主要な通貨の中ではXRPしかありません。

このまま、0.50ドルをサポートにしつつ9月の高値を更新していけるか注目でしょう。

XRP同時の材料としては、韓国市場の出来高が増加していること、また本日になって「xCurrent4.0」の報道が出ており、XRPの普及が見込めることが期待されています。

また、米国での集団訴訟における裁判を連邦裁判所に移転することが発表されており、以前からあった有価証券問題も前向きな展開が伺えるという指摘もあります。

 

コインチェックの取引再開でネムが暴騰!ハードフォーク迫るビットコインキャッシュは?

昨日はコインチェックがネム、イーサリアム、リスクの取引を再開。

これに大きく反応したのがネムでした。

XEMUSD 5分足

上昇率は2時間足らずで、一時50%近く価格が上昇し、驚異的な暴騰となりました。

「コインチェック」とアルトコインの暴騰は2017年の仮想通貨熱を彷彿とさせる展開ですね。

コインチェックは今後もサービスを本格化する予定なので、年末に向けて相場が再び盛り上がるのに期待したいところです。

ビットコインキャッシュドル 日足

ビットコインキャッシュは15日にハードフォークが控えており、先週は期待感から価格が上昇しました。

しかし、実施が近づくにつれ、コミュニティーの対立に激しさが増しており、ひとつの懸念材料にもなりつつあるようです。

上記のチャートのように、6日に高値をつけてからは反落、200日移動平均線の突破は一旦失敗となりました。

ただ、明日からハードフォークの実施にかけて、価格が上下する可能性はまだあるので、その動向に注目でしょう。

 

まとめ

XRPにかんしては、主要なアルトコインの中で唯一200日移動平均線の突破に成功してるので、今後も上値を伸ばしていけるか注目でしょう。

ネムに関してもリップルと同じくどこまで上昇していけるか、特に9月の高値突破に注目です。

ビットコインキャッシュは15日のハードフォーク以降にどのように価格が推移するかが最大の注目ポイントになりそうです。

また、足元ではこのようにビットコインとアルトコインの相関性があまりみられないので、この動きがどこまで続いていくのかにも注目したいところですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

GMOコインでアルトコインのレバレッジFX取引でイーサリアム・リップルなど4種類を追加

2018年5月30日よりGMOコインでアルトコインのレバレッジ取引がスタートしました。

追加された銘柄は、イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュ・ライトコインの4種類です。

この記事では、GMOコインのレバレッジ取引の手数料などをまとめて紹介します。

アルトコインやレバレッジのメリットについても簡単に解説してあるので、初心者の方は特に参考になるでしょう!

 

国内では2社目の貴重なサービスを提供する取引所へ

レバレッジ取引ができる国内の業者はたくさんあります。

しかし、レバレッジ取引ができるほとんどは、ビットコインなのです。

実は、今まで、アルトコインのレバレッジ取引ができるのはDMM Bticoinだけでした。

つまり、GMOコインは国内で2社目のアルトコインでレバレッジ取引ができる業者ということです。

 

アルトコインとは

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の名称です。

たとえば、リップルやイーサリアムなど、ビットコイン以外の仮想通貨はまとめて「アルトコイン」と呼ばれています。

アルトコインはビットコインにない特徴をもっており、値上がりに期待ができるものがたくさんあります。

 

レバレッジ取引のメリット

レバレッジとは、自分の資金を証拠金として、実際の金額以上に取引することです。

たとえば、10万円でレバレッジ5倍であれば、50万円分の取引ができるのです。

レバレッジ取引のメリットは、現物購入よりもハイリターンの収益を得られるということです。

 

 

GMOコインでレバレッジ取引できるアルトコインの特徴

GMOコインでレバレッジ取引ができるアルトコインはイーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・リップルです。

どれも時価総額10以内にランクインしている仮想通貨で、世界中で取引されています。

 

イーサリアム

スマートコントラクトという技術で、ブロックチェーンを金融以外の分野に応用することが期待されています。

時価総額はトップ3に入り、ビットコインの次に有名な仮想通貨です。

 

リップル

国際送金をわずか4秒で完了させることができる優秀な仮想通貨です。

世界中の銀行や大手企業と提携をし、信頼度が高いのも特徴です。

 

ライトコイン

ビットコインをもとに、素早く送金できるように開発されたアルトコインです。

ビットコインを「金」に例えるなら、ライトコインは「銀」によくたとえられます。

 

ビットコインキャッシュ

ビットコインが分裂(ハードフォーク)してうまれたアルトコインです。

ライトコインと同じように、ビットコインと比べて送金スピードが早く手数料が安いです。

 

 

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインキャッシュが基軸通貨になる!?5月15日にハードフォークを実施!

 

ビットコインキャッシュが5月15日にハードフォークを実施します。

本日はハードフォークのまとめとファンの間でひそかにささやかれている「ビットコインキャッシュ基軸通貨説」についても紹介します。

 

5月15日ハードフォーク内容まとめ

今回のハードフォークの内容をまとめました。

①ハードフォーク日時は5月15日ごろ

②ブロック容量が32MBへ増加

③基礎的なスマートコントラクトの実装

日時は5月15日ごろですが、ブロックの生成状況によって異なるため、15日前後と覚えておきましょう。

発表では「新しい11ブロックのタイムスタンプ時の値が、1,526,400,000よりも大きくなった場合」とありますが、詳細な確認方法は不明です。

 

ブロック容量が32MBへ増加

今回のアップデート内容の目玉はブロック容量の増加です。現在の8MB から4倍の32MBへ増加されます

簡単に言うと、ブロック容量が増えればデータを多く格納できるため、処理能力を向上させることができます。

発表のコメントでは「PayPalと同じレベルの支払いを可能」にするとのことです。

 

基礎的なスマートコントラクトが実装!非中央集権性を高める?

さらに驚きなのは、今回のハードフォークで基礎的なスマートコントラクトを実装することです。しかし、こちらはイーサリアムのように、通貨の基盤となるようなシステムではありません。

基礎的なスマートコントラクトの実装はネットワークを維持するのと、通貨の独占を避けるためと発表しています。

記事参照元:https://www.ccn.com/new-protocol-bitcoin-cash-to-hard-fork-in-may/

 

ビットコインキャッシュが基軸通貨になる!?

ネットではひそかにビットコインキャッシュが基軸通貨になるという噂があります。

基軸通貨とは、取引のさいに価値の基準となる通貨のことです。法定通貨でいえば米ドルであり、仮想通貨の基軸通貨はビットコインになります。

基軸通貨は両替のさいに使われるので、時価総額が一番高いです。海外取引所のほとんどは〇○○/BTCという通貨ペアで取り扱われてますね。

もし、ビットコインキャッシュが基軸通貨になれば、〇○○/BCHという通貨ペアで取り扱われます。そして、実際に基軸通貨となれば、取引量が増大し、価格が上昇する可能性が非常に高いです

 

ビットコインキャッシュが基軸通貨となる理由

ネットである噂ではありますが、ちゃんとした根拠もあります。

①実用面を考えたらビットコインよりもビットコインキャッシュのほうが使いやすい

ビットコインとビットコインキャッシュを比べると、手数料の安さ・送金スピードの早さで、ビットコインキャッシュのほうがはるかに使いがってがいいです。

先月、マイクロソフトはビットコインキャッシュでの支払いをオプションとして追加しています

 

②ビットコインキャッシュのほうがサトシ・ナカモトの理念を明確に貫いている

ビットコインキャッシュはビットコインと比べると、サトシ・ナカモトの理念を反映させています。ビットコインは2017年8月のハードウォークの際に、実質過去のブロックを書き換えられるようになり批判があるようです。

「ビットコインの神様」の異名をもつロジャー・バー氏は理念の違いからビットコインキャッシュを支持しています

 

SBIバーチャルカレンシーの動向がカギを握る?

実はビットコインキャッシュを基軸通貨に採用する取引所は昨年末からいくつかあります。その中でも、今年サービスを開始するSBIバーチャルカレンシーの動向は非常に注目が集まっています

なぜなら、SBI北見社長もロジャー・バー氏同様ビットコインキャッシュ支持派の一人だからです。

すでに、マイニング事業ではビットコインキャッシュに力を入れるのも発表しています

もし、SBIがビットコインキャッシュを基軸通貨に採用したら、一大ニュースです。SBIは世界的影響もあるので、ビットコインキャッシュを基軸通貨にする動きが広まっていく可能性があるからです。

もし、そうなれば、ビットコインキャッシュの価格が暴騰するのは間違えないでしょう

 

GMOコインが4月18日よりFX取引の手数料を値下げ

GMOコインが4月18日より、FX取引の手数料を値下げします

 

 

また、GMOコインはスプレッド(買うときと売るときの価格の差)も狭い取引所なので、ビットコインキャッシュを低コスト取引できます。

また、注文はワンタップで可能。他社に比べ、初心者の方でも安心して利用できる取引所です

 

上の記事のように、ビットコインキャッシュは基軸通貨になり、価格が暴騰する可能性があります。

そして、価格が下落している今、少額からでも仕込み始めるチャンスです

 

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【英語翻訳】マイクロソフトがビットコインキャッシュでの支払いを0%のネットワークコストで受け付け

 

マイクロソフトがビットコインキャッシュでの支払いを追加したと13日発表しました。

コンピューター大手のビル・ゲイツ氏が選んだ言葉は「ビットコインキャッシュをサポートすることで設立した技術大手を止めるつもりはない」。

今週、マイクロソフトは静かに従来のビットコインと一緒にビットコインキャッシュの支払いを受け入れ、ユーザーにMicrosoft.comアカウントの残高を補充する別のオプションを提供することを始めた。 ビットコインでは支払いに1.2%のネットワークコストがかかりますが、ビットコインキャッシュではネットワークコスト無料で即座に確認できます。

 

マイクロソフトがビットコインキャッシュでの支払いを0%のネットワークコストで受け付け

マイクロソフトのビットコインの現金支払いサポートは、Microsoft Billing Servicesの支払いプロセッサBitPayと協力し、暗号化関連のトランザクションを処理することを前提に、多国籍企業の論理的な選択肢です。マイクロソフトは10万人以上の加盟店の中で、Newegg、Namecheap、Vultrと共に、ペイメントプロセッサーがパートナーの商人の口座に人気のある暗号侵害を含む直後に、ビットコインキャッシュでの支払いを始めました。

現在、ビットコインキャッシュの支払いは、米ドルまたはBTCに変換されますが、BitPayは今後数週間以内に直接BCHの支払いを受けるためのオプションを追加しようとしています。

2014年にMicrosoftが仮想通貨をサポートし始めて以来、ビットコインとの関係は激しさを増しています。2016年、Microsoft StoreのFAQには、BitcoinをMicrosoftのアカウントに償還することはできなくなりました。 「不正確な情報」を挙げています。今年の初めに、マイクロソフト社は、一時的ではあるが、マイクロソフト社は、暗号化の「不安定な状態」のために顧客がビットコインの資金をアカウントに追加することをやめました。

ビットコインの高い取引手数料とネットワーク遅延により、BitPayはビットコインキャッシュのような他のブロックチェーンで支払いを処理するようになりました。 BitPay CEOのStephen Pair氏は、CoinGeekとのインタビューで「小売業者の公正な支払いを確実にしながら、小売業者のブロックチェーン決済プロセスを簡素化することを目標としている」と語りました。

「われわれは顧客からのフィードバックを得て、BitPayプラットフォームをより洗練されたものにすることを続けている。ビットコインキャッシュブロックチェーンに同じサービスを提供することで、消費者や企業は重要な取引にビットコインキャッシュを使いやすくなると期待しています

 

まとめ~ビットコインキャッシュは基軸通貨となるのか?

もともとマイクロソフトは支払いサービスbitpayを通じて、ビットコインでの支払いを受けてけていました。今回は、それにビットコインキャッシュでの支払いも追加したというニュースです。このニュースの最大のポイントはビットコインキャッシュは手数料がかからないところです

2018年はビットコインキャッシュが基軸通貨になるという噂がネットでひそかにささやかれています。それは、このように、ビットコインの手数料の高さや、送金スピードが遅いのが原因です。実質、ビットコインキャッシュのほうが安く・早く送金することができるのです。

もし、このようなニュースが続けば本当にビットコインキャッシュが基軸通貨になる可能性も0ではありません。そしたら、ビットコインキャッシュの価格も暴騰することになります。

今年サービスを開始するSBIバーチャルカレンシーもビットコインキャッシュのマイニングに力を入れる方針を発表しています。2018年はビットコインキャッシュから目が離せない年になりそうです。

 

ビットコインキャッシュを購入するなら

ビットコインキャッシュを取引するなら、間違いなくGMOコインで買うべきです。

理由は、スプレッド(買いと売りの金額差)が小さいというところです。

coincheckなど通常の取引所でも買えますが、買うときで売るときで多いときには10%の差がついていて、買った瞬間から大きく損してしまう場合があります。
しかし、GMOコインだと、提示された価格で買えるため、スプレッドが狭くオトクに購入することができます。

 

ビットコインキャッシュが基軸通貨となる可能性は少なくありません。価格が暴騰する前にGMOコインで少額から購入しておきましょう。

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインキャッシュ(BCH)が約70%の値上げ!その背景には何があったのか?


2月6日からビットコインキャッシュ(BCH)が値上がりを始め、

約70%の値上げしました!

 

ビットコインキャッシュ(BCH)が大躍進!

2月6日に766ドルで取引されていたビットコインキャッシュ(BCH)が、

2月8日の夜から大幅な値上がりを見せ始め、現在は1350ドル前後で取引されています。

12月に比べると右肩下がりだったビットコインキャッシュ(BCH)とっては非常に嬉しいニュースとなりました。

 

そもそもビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違いとは?

ビットコインキャッシュ(BCH)についてあまりご存知でない方は

「ビットコインと何が違うの?」と思われるのではないでしょうか?

ビットコインとビットコインキャッシュ(BCH)はまったく別の仮想通貨であり、

一切互換性はない独立した仮想通貨です。

 

違いを一部だけ説明しておくと、

  ビットコインキャッシュ ビットコイン
開発者 不在 不在
開発 独立した開発チーム ビットコインコア
主な用途 決済 決済
開始年月 2017年8月 2009年1月
最大ブロックサイズ 8MB 1MB
ブロック作成時間 約10分 約10分
マイニング方法 PoW PoW
Segwit 無し 有り
価格推移(2017.8〜) 約3万→約14万 約30万→約98万

つまり、ビットコインキャッシュはビットコインの8倍で取引の処理をする事が可能であり、

開発チームも違っておりビットコインとはまったく別の仮想通貨である。という事です。

性能的にはビットコインよりもビットコインキャッシュ(BCH)の方が優れている事が分かると思います。

比較表の中にあるSegwitというのは簡単に説明すると、取引データの容量を小さくする方法です。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違いについては、

以前の記事で解説していますので、詳細が気になる方はご覧ください。

 

値上げを支えた複数の発表

 

今回の値上げを支えたと思われるのが、

短期間に発表された複数のニュースによる影響と思われます。

 

①ビットコインからビットコインキャッシュを抽出するやり方の説明が記載された文章の作成

ビットコインキャッシュ(BCH)は、コールドウォレット(オフライン管理:リスク低)で管理されているビットコインから取り出す事が難しいとされており、

どういった手順で取り出しを行うのかという手順を明記する必要がある。(現在はそういった手順が明記された文章がない)

それに加え、現在よりも優れたウォレット管理等の確率を行い、その方法を多くの人に伝える事により、

システム全体を改善していく狙いがあるようです。

また、ビットコインから取り出す方法などの手順が明記された文章の第一稿作成した人には

報酬として0.25ビットコインキャッシュ(BCH)が支払われるとの事。

この提案はすでに可決されており、ビットコインキャッシュの品質改善が約束されています。

https://bitco.in/forum/threads/buip084-passed-secure-bch-coin-splitting-instructions.8606/ を参照

②BUIP085(ビットコイン・アンリミテッド・インプルーブメント・プロポーザル)に関して

ビットコインキャッシュの処理速度が優秀であるが為に、

懸念されている二重支払い(ダブルスペンディング)発生に関しての提案が挙げられています。

 

ビットコインキャッシュでの支払いが二重払いになっていないか監視するシステムの開発が必要という提案が挙げられた。

二重支払いになっている場合、支払いの受け取り手も二重支払いのうち正しい方の一つしか受け取らず、

残りの一つが無駄になってしまうという現象が発生する可能性を示唆しており、

二重支払いが発生した場合、警告するシステムを開発する必要があるとしています。

https://bitco.in/forum/threads/buip085-double-spend-relaying.9306/ を参照

③P2P(ピアツーピア)で商品の売買を行うオープンバザール(OpenVazaar)との提携

P2Pで商品の購入や販売を行う事が出来るオープンバザール(OpenVazaar)でのビットコインキャッシュ決済が可能になったという発表がありました。

日本でもCMを流しているメルカリなどが近いかと思います。

④ビットコインキャッシュを広めているサイトで注目の記事が発表

ビットコインキャッシュを推進しているRoger Ver(ロジャー・バー)氏が運営するサイトで、

ビットコインキャッシュが本当のビットコインである12個の理由(英文サイト)」という内容の記事を公開した。

内容を要約すると、

如何にビットコインキャッシュがビットコインよりもが優れているのかを証明する12個の理由が挙げられています。

1.手数料がビットコインよりも安い

2.取引処理速度がビットコインよりも優れている

3.個人間での決済に使えるシステムがある

4.仮想通貨をやり取りするシステムの中で成長していける。

5.ビットコインでは手数料を上げなければ短時間で取引出来ないが、ビットコインキャッシュは即時取引可能

6.ビットコインキャッシュ(BCH)での決済を採用する企業や店舗が増えている

7.ビットコインは手数料が高く、発展途上国での需要が低い

8.非中央集権制(多くの人々で権利を分散し、一人の影響力に左右されない)を採用している

9.コインの分割や合算する際のコストがない

10.リスク面で十分な耐久性を持っている。

11.Segwitを実施していない為、セキュリティ面で優れている

12.スマートコントラクトの採用を予定している。

スマートコントラクトは契約の簡略化を意味し、自動販売機のように ①決められた金額を投入する ②購入したい商品のボタンを押す という二つの行動を行った時点で、自動的に売買が成立するという仕組みです。

まとめ:複数の要因がビットコインキャッシュの値上げを支えた

短期間のうちにビットコインキャッシュにとってポジティブなニュースが多く舞い込み、

その結果として大きな値上がりを見せたと思われます。

 

今後もビットキャッシュコインはその利便性などを考慮され、

採用する企業や店舗などが増えていく事が予想されます。

現在は値上がりした為1350ドル程度で取引されていますが、昨年12月には4000ドル近い値段で取引されていました。

もし少しでも興味が沸いたならばすぐにでも行動する事をオススメします!

 

オトクにビットコインキャッシュを買うならどの取引所?

オススメできる取引所はZaifDMM Bitcoinになります。

どの通貨でも上記の2取引所が今の安定の選択肢かと思います。

他の記事でも言及したことがありますが、

理由としては

Coincheckなどでは上記の画像のように、Coincheckの運営側で決められたレートでしか買うことができません。

実は、購入と売却でレートが違うのです。

上記は購入でしたが、売却のほうをみてみると

100XEMを5,563円で購入できるのに対し、5,184円で売却となります。

この差をスプレッドと言うのですが、379円の差となっています。

 

 

一方Zaifでは

※レートは当時のものです。

上記のように売買取引板とよばれるものがあり、他のユーザーとの取引になるので価格幅(スプレッド)が小さい金額で購入・売却することができます。

そのため、今までcoincheckで取引していた方や、今後購入しようと思っている方はZaifで購入するのが圧倒的にオススメです。

Coincheckでの不正送金事件の影響でZaifとDMM Bitcoinの需要が高まる可能性があり、申し込みが殺到した場合本人確認に時間がかかる可能性があるため、常に移動できるよう口座開設しておくのも良いかと思います。

 

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.