BCH(ビットコインキャッシュ)

No tags for this post.

ビットコインキャッシュ(BCH)とリップル(XRP)が急騰!背景には何が?

要点

・ビットコインキャッシュの価格が300ドルを超え、過去24時間で16%上昇しました。
・先週末、ビットコインキャッシュは、ハードフォークによって沈没したかのように価格も255ドルから240ドルに下がり、5%下落しました。
・ビットコインキャッシュの時価総額は現在約5,524億円です。

ビットコインキャッシュ高騰


※画像引用元:CoinMarketCap 


ビットコインキャッシュの価格が300ドルに達し、ハードフォーク後の先週末の落ち込みから26%も上昇しました。


仮想通貨時価総額ランキングサービスを手掛けるCoinMarketCapによると、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の価格は11月22日午前8時に300ドルを超え、過去24時間で16.39%も上昇した事が分かりました。
今回の値上りは、一時的に価格を押し下げた要因である先週末のハードフォークから、1週間で回復の頂点を示しました。

ビットコインの価格は、ブロックチェーンが2つに分割されたハードフォーク後、先週末、下落しました。
この際のビットコインキャッシュ価格は1BCH=255ドルから240ドルにまで15ドルも下がり、5%下落しました。

フォークは、ビットコインキャッシュを開発しているチームの1つの提案であった8%のマイニング税が要因となっており、この提案は内外からも不満が噴出していました。
この提案に不満を持った多数のビットコインキャッシュサポーターがこの提案を望まなかったため、ビットコインキャッシュは最終的にハードフォークという形に落ち着きました。

ビットコインキャッシュの回復




不確実性はビットコインキャッシュの価格を傷つけており、ハードフォーク発生の際、一部の仮想通貨取引所は、ネットワークの将来がバランスを崩したため、一時的に預金と引き出しを一時停止する措置を取った取引所もありました。

しかし、今日の価格は先週末の落ち込みから26%も上昇し、将来のバランスも取り戻し、ネットワークも、発生した損失から大きな回復を見せました。
ビットコインキャッシュの時価総額は現在約5,524億円で、仮想通貨時価総額ランキングで7位をキープ。
時価総額が約5,633億円のライトコインを下回っています。

リップルが爆上り




1XRP=44.02円で、24時間で19.54%、1週間で54.87%の値上りを見せています。XRPの時価総額は2兆円に届く勢いを見せ、爆騰に多くのユーザーが固唾をのんで見守っています。





全体として、世界の仮想通貨時価総額は3%増加し、5,295億ドル、55兆円にまで伸びています。

XRPの値上りは、今週の市場ラリーの一部で、過去24時間で、ビットコインの価格は1.19%上昇し、イーサリアムの価格は0.74%上昇しました。ビットコインの価格は109万円、イーサリアムの価格は55,600円前後にまで高騰しています。

今回の仮想通貨価格ラリーと一致を見せたのは、Covid-19ジャブとアメリカ時期大統領選挙によるバイデンの勝利の見通しでした。

XRPは、リアルタイムの決済や低コストで銀行間での送金に使用する決済機関が好む仮想通貨で、誕生時には大きく注目されたものの、ビットコインボラティリティと比較すると派手さにかけ、投機家にとっては利益が小さいという点から、今一歩というところでとどまり続け、今年に入ると、不振な状態が続いていると言われ続けていました。

サンフランシスコを拠点とする非営利企業であるリップルによって開発されたものの、規制の取り締まりにより、リップルがアメリカ国内で事業を行うことは困難になりつつあり、今年3月には20万件以上の詐欺被害も発覚しています。(※詳しくは特集記事「リップルで20万件以上が詐欺被害に!詐欺の見抜き方をリップル社が公式発表!」をご覧ください。)
</br.
長く続いたクリプトの冬を乗越え、DeFiバブルも落ち着いた今、ようやく仮想通貨市場が再び活気づき始めた気配を漂わせています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

5年以上動きのない1,000億円相当のビットコインアドレスが動いた!

要点

・5年以上動きを見せることが無かった1,000億円相当が保管されているアドレスが動いていたことが分かりました。
・このアドレスは昨年ごろよりハッキングフォーラムで活発に侵入を試みようとしていたことがメディアの報道によって分かっています。

休眠中BTCアドレス動く!




長期間動きが見られなかった“休眠アドレス”が先日、突如として移動したことで市場が高い関心を寄せています。

BitInfoChartsによると、市場で4番目に大きいビットコインウォレットでに眠っている69,369BTC(約1,000億円相当)が、かねてより注目されていたウォレットアドレス「1HQ3Go3ggs8pFnXuHVHRytPCq5fGG8Hbhx」から移動したことがわかりました。

このアドレスに保有されていたビットコイン(Bitcoin/BTC) 69,369BTCは、4番目に多くBTCを保有していたことでも関心が寄せられていたビットコインウォレットでした。



※画像引用元:CoinMarketCap 


同ウォレットに大量のビットコインが保管されていたのは2015年4月以降で、CoinMarketCapで価格を見てみると、1BTCあたり24万円前後で取引されており、単純計算でみると、165億円(24万円×69,369BTC=16,648,560,000円)と、ざっくり計算しただけでも巨額資産が5年以上動かされていないことが分かります。

さらに驚くのは、このビットコインがビットコインキャッシュハードフォークよりも以前から保有されている事で、アドレス所有者は同枚数のビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)69,369BCH、CoinMarketCapの現時点価格で単純計算してみると、17億6,600万円(25,466.14×69,369BCH=1,766,560,665.66円)もあわせて保有していることが分かります。
また、ビットコインキャッシュウォレットとして見ても、18番目に大量に保管されている休眠ウォレットだった事も分かっています。

以前より侵入を試みていた?




2020年9月、海外メディアのViceが69,369BCTCが眠っているアドレス(1HQ3Go3ggs8pFnXuHVHRytPCq5fGG8Hbhx)が発見され、ハッキングフォーラムRaidForumsで同アドレスに侵入しようと試みるため、アドレスがハッカーサークルの中で広がっていたことを報じています。

世界中の被害者からビットコインウォレットを盗むことはサイバー犯罪者の間で共通の目標です。ウォレットは強力なパスワードで保護される傾向があり、サイバー犯罪者がウォレットを取得できてパスワードを解読できない場合、個人である日和見ハッシュクラッカーに販売する可能性があり、大量のGPUパワーを備えています。このビットコインウォレットの場合、それをクラックしようとする人には運がなく、しばらくの間循環していたようです。

とオンラインチャットで語られていたことが報じられています。

実際にこれまで、さまざまなハッカーがあらゆるウォレットと取引しており、2019年6月29日、humerh3というニックネームの匿名人物が、仮想通貨に特化した人気フォーラムの1つであるBitcointalkでウォレットを販売しようとしています。
また、別のフォーラムメンバーは、2020年初めに6億9000万ドルのウォレットのすべての秘密鍵のリストがあることに気づきいており、このリストは現在すでになくなっているものの、別サイトで販売されていることが分かっています。

ただし、このwallet.datファイルが実際に失われたビットコインを保持しているという保証はなく、仮想通貨専門家によると、誰かがこのウォレットを偽造し、1HQ3Go3ggs8pFnXuHVHRytPCq5fGG8Hbhxアドレスを持っているが、対応する秘密鍵を持っていない可能性があると指摘しています。

ビットコインのwallet.datファイルを調べ、残高が多いように見せることは可能です。ウォレットファイルには、制御するアドレスの公開鍵と暗号化された秘密鍵のペアが含まれています。したがって、バイナリエディタでファイルを変更し、アドレスペアの1つの公開鍵を高値のBTCアドレスの公開鍵に変更できます。

と、パスワードを紛失したウォレットを有料で復号化するサービスを提供するDaveBitcoin氏は述べています。

実際にはこのウォレットにビットコインが保管されているかどうかを知る方法がないことを意味しています。
ウォレットは、偽造または改造された可能性がある事をViceは指摘しており、これらを解読することは不可能かもしれないと報じています。





その理由として、ウォレットは長くて一意のパスワードで保護されている可能性があり、wallet.datファイルが処理に非常に遅い2つのアルゴリズム(AES-256-CBCとSHA-512)を使用して暗号化されているためだと報じています。
それによって、ブルートフォース攻撃(力づくの総当たり攻撃)は非常に困難とのこと。

別のウォレットリカバリサービスを手掛けるTerahashの最高経営責任者であるジェレミ・ゴズニー(Jeremi Gosney)CEOは

大文字/小文字、数字、特殊文字、外国文字を使用した15文字以上のパスワードはブルートを使用して解読することは不可能です。私はそれがロングショットの地獄だと思う。それは寒さが割れ。それとも誰かが本当に、本当にラッキー取得するかなり弱いパスワードである必要があるだろう

と語っています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットバンク(bitbank.cc)が取引手数料無料キャンペーンを6月まで延長!セキュリティも万全な取引所

ビットバンク キャンペーン延長

国内仮想通貨取引所のビットバンク(bitbank.cc)が、当初2018年3月31日までを予定していた取引手数料無料キャンペーンの延長を発表しました。

私は普段からリップル(XRP)の取引に利用していますから、キャンペーンの延長は非常に嬉しい発表です。

また、ログイン時の2段階認証も追加になり、セキュリティも万全な状態になりましたよ。

今回はビットバンク(bitbank.cc)の発表をまとめていきますね。

取引手数料無料キャンペーン延長

取引手数料ゼロキャンペーン

仮想通貨取引所 bitbank.cc において開催されておりました、「仮想通貨交換業登録記念!全ペア手数料無料キャンペーン」について、ご好評につき2018年6月30日まで延長致します。

キャンペーンは、bitbank.ccで取扱う全通貨ペアが対象となります。

ビットバンク公式サイトより引用

ログイン時の2段階認証を追加


ログイン時の2段階認証設定が出来ない事がビットバンクの唯一の欠点でしたが、ついに設定が出来るようになりました。

設定出来る事を知らなかった方は、すぐに2段階認証を追加で設定をしておきましょう。

ウォレットの管理方法も公開済みで安心出来る

顧客資産保護を最優先とし、内部監視を含めたセキュリテイ強化に力を入れるとの事です。

ビットバンクは以前からセキュリテイの強化に努めていますので、私も安心して資産を預けていますよ。

また、同じ国内取引所のビットフライヤー(bitFlyer)もセキュリティは世界一と評価されるほどの対策をしています。

アルトコインの取り扱いも増やしており、最近はリスク(LISK)の上場をしました。

詳しくは「ビットフライヤー(bitFlyer)にLISK(リスク)が上場して高騰!購入するメリットと通貨の特徴は?」で紹介していますよ。

資産を取引所に置いておきたい方はどちらかの取引所に置いておくと良いでしょう。

アルトコインの購入におすすめな取引所

ビットバンクは5種類のアルトコインとビットコインの取引をする事が出来ます。

私は主にリップル(XRP)の取引に利用する事が多いですが、ICO参加の為にイーサリアム(ETH)を購入するのに利用する場合もありますよ。

各アルトコインごとに購入におすすめな取引所は変わってきますが、ビットバンクにある通貨であれば基本的にビットバンクで購入することが最もおすすめの手順になります。

キャンペーン延長について:まとめ

以前からずっと応援してきたビットバンクも、最近は取引量が増えてきて嬉しい限りです。

手数料を多く取る取引所が多い中で、長い間キャンペーンを行なっているビットバンクは信頼出来る取引所と言えますね。

1時間あたりのリップル(XRP)の取引量も、以前に世界1位になりましたので、今後ますます取引量が増えていく事と思います。

これを機に皆さんもビットバンクを利用してみて下さいね。

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。

The post ビットバンク(bitbank.cc)が取引手数料無料キャンペーンを6月まで延長!セキュリティも万全な取引所 appeared first on いますぐ始める仮想通貨投資.