bitcoin(ビットコイン)

No tags for this post.

堅調な相場を専門家はどうみる?3名の見解まとめ!

2日以降、好調な推移をみせる仮想通貨市場ですが、専門家はどのように見ているでしょうか。

直近に出た3名の専門家の見解をまとめました。

要点

・トレンド転換の指摘も
専門家の中には、2日の高騰で市場が中朝的にトレンド転換を果たしたとみるものもいます。

 堅調な価格推移を続ける市場の専門家見解まとめ

今回紹介するのは仮想通貨投資会社CEOブライアン・ケリー氏、フォロワー26万人を誇るトレーダー、ピーター・ブラント氏、ファンドストラッド社代表トム・リー氏です。

いずれの専門家も好調な仮想通貨市場に対しトレンド転換の可能性を指摘しています。

 

仮想通貨投資会社CEOブライアン・ケリー氏:「ターゲットは6000ドル」

【4/3】ビットコインは何円まで上昇する?アナリストの見解も考察!

2日に相場が高騰してから、すぐにCNBCへ出演したブライアン・ケリー氏。

同氏によると、最初のターゲットは6000ドルとのことで、2週間近く経過し、その予想はかなり的を得たものとなりました。

また、ケリー氏は高騰要因として機関投資家の関心の強さを指摘しています。

 

ファンドストラッド社代表トム・リー氏:相場は3000ドルで底入れの可能性

バイナンスが仮想通貨市場の底入れを指摘!トム・リー氏もBMIを用いた分析報告!

リー氏は、先日ツイッター上で最新の分析を発表しました。

それによると、独自で開発した「BMI指数」が2日の高騰相場で2016年最以降の最高値を記録したとのこと。

これは今後価格が上昇・下落、どちらの可能性もあり得る数値とのことですが、複合的な要因からリー氏はすでに相場がトレンド転換を果たしたと述べています。

この「トレンド転換」とは短期的なものでなく、長期的なものなので今後の相場動向に注目です。

 

フォロワー26万人を誇るピーター・ブラント氏:2年のうちにビットコインの価格が550万円

ビットコインが数年で550万円に!?40年以上の実績をもつベテランアナリストが分析!

2018年の価格下落を言い当てたピーター・ブラント氏は、ツイッター上で最新の分析を発表しました。

それによると、現在の相場は2015年の動きに似ており、すでに長期的なトレンド転換を果たした可能性があると指摘しています。

さらに驚くのは、前回と同じサイクルで価格が上昇するのであれば、次のビットコインの最高値は550万円になるとのこと。

ブラント氏もリー氏と同じく、長期的なトレンド転換を指摘しているので、今年後半から終盤にかけての相場動向は注目となるかもしれません。

 

まとめ

2日以降の相場でポイントとなるのが、中長期で重要な指標となる「200日移動平均線」です。

ビットコインは現在、200日移動平均線を超えており、チャート上では上昇トレンドの中にあるといえます。

さらに上記で紹介した専門家らも、他のデータから相場のトレンド転換を指摘しています。

これらの専門家の見解が必ずしも正しいとは言えませんが、2日の高騰以降ではこのような指摘が多くみられるので、今後も価格動向は注目となるかもしれません。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

南米の資金流入が米ドルを超える!価格上昇の要因とみる向きも!

仮想通貨データサイト「Cointrader Monitor」によると、ブラジルのビットコイン取引量が米ドルを一時的に超えたとのことです。

新興国とビットコインの関係については、引き続き重要な局面が続きそうです。

要点

・新興国と仮想通貨
新興国では政局不安により、仮想通貨が買われるという現象が昨年からみられます。既存の金融市場にとってはネガティブですが、仮想通貨市場にとってはポジティブな要素となるので、今後も注目でしょう。

 ブラジルでビットコイン取引量が急上昇

ブラジルは10万ビットコインを取引し、ラテンアメリカの記録を打つ

Cointrader Monitorが10日に報告したデータによると、南米ブラジルにおいて当量が10万BTCを超えたとのこと。

さらにレアルでの取引量は過去24時間で4.75億ドル(530億円相当)に上り、米ドルの取引量を一時的に超えたとのことです。

この背景には、当日同国のGDPが前月比で減少したことにより、経済的な懸念からビットコインの買い需要が一時的に高まったとみる向きもあるようです。

 

新興国と仮想通貨の関係は今年も重要な材料か

ブラジル以外でも、昨年からトルコ、ベネズエラ、メキシコといった新興国では政局不安から自国通貨の暴落が起きており、その際に仮想通貨の取引量が急増するという現象が起きています

今年も、不安定な状況が継続しているため、仮想通貨市場にとっては引き続き重要な要素となるかもしれません。

なぜトルコリラが暴落すると仮想通貨が下落するのか!?今、金融市場に何が起こっている?

また、直近では2日の高騰相場により、仮想通貨市場がトレンド転換を果たしたという向きもあります。

仮に今後も好調な価格推移が継続すれば、政局不安が続く新興国にとって自国通貨よりも仮想通貨の方が信頼度が高いといった向きが加速する可能性があります。

そのため、新興国からの資金流入は仮想通貨市場が低迷していた昨年よりも加速する可能性はおおいにあるでしょう。

あくまでこちらは考察にとどまりますが、今年も引き続き新興国と仮想通貨市場の関係が重要なのは間違いないので注目です。

政局不安が長引けば、新興国にとって、仮想通貨の立ち位置がより大きくなる可能性はじゅうぶんにあります。

 

まとめ

Cointrader Monitorが10日に報告したデータによると、当日のブラジルレアルでの取引量が10万BTCにのぼり、米ドルの資金流入を超えたとのこと。

仮想通貨市場は良好な状態が継続していますが、今後も継続すれば、新興国からの資金流入はさらに増す可能性が考えられます。

昨年からトルコ、ベネズエラ、ブラジル、メキシコといった政局や経済が不安な地域で一時的に仮想通貨取引が急増するといった現象が起こっているので、引き続き仮想通貨市場にとっては需要なテーマとなるでしょう。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場の底入れ「濃厚」!?トレンド転換示唆が相次ぐ!

先日、バイナンスが市場のトレンド転換を指摘しましたが、その他のデータでも報告が相次いでいます。

アナリストCryptoKea(@CryptoKea)はメイヤー指数をもとに分析を発表しました。

要点

・トレンド転換の指摘相次ぐ
2日の高騰相場以降、多くの専門家が異なるデーターでトレンド転換を指摘しています。いずれも短期的なものでなく、長期的なものを指摘しているため、重要な価格帯を注視しつつ、今後の相場動向も注目でしょう。

 メイヤー倍数が1年ぶりに1.0を超える

https://twitter.com/CryptoKea/status/1116985107095515136

メイヤー倍数が1.0 を越えることはこの弱気市場の底を示しているかもしれません, それは正確に2つの前の弱気市場の底を示したように.

Twitter上でCryptoKea氏は、メイヤー倍数と相場の関係を指摘。

同氏によると、過去メイヤー倍数が1.0を超えた際いずれも弱気相場の終焉だったとし、今回も2018年から続いた弱気相場が終わった可能性があると指摘しています。

メイヤー倍数・・・ビットコインの価格を200日移動平均線が推移する価格で割った指数。16日時点は1.1で推移

ちなみに過去2回は2015年と2012年、いずれも数年にわたる長期的な上昇トレンドの始まりでした。

同氏は、来年にビットコインが半減期を迎えることからも、数カ月横ばいが継続し本格的な上昇が始まると指摘しています。

なお、200日移動平均線と価格の関係については下記の記事で詳しくまとめてあります。

 

 

トレンド転換の指摘相次ぐ

CryptoKea氏だけでなく、2日の高騰相場以降、多くの専門家が長期的なトレンド転換を指摘しています。

先日は、バイナンスがビットコインとアルトコインの相関関係を表すデータを公開。

それによると、直近で相関関係が最高値を記録しており、過去のデータからはトレンド転換を示唆しているとのことです。

バイナンスが仮想通貨市場の底入れを指摘!トム・リー氏もBMIを用いた分析報告!

その他に、2018年の暴落を見事的中させたピーター・ブラント氏も、過去のサイクルからすでに現在の相場が長期的な上昇トレンドに突入した可能性を指摘しています。

いずれの専門家も、トレンド転換は短期的なものでなく、数年にわたる長期的なものと指摘しているので、200日移動平均線といった重要な指標を注視しつつ、今年後半の相場は注目となるかもしれませんね。

 

まとめ

仮想通貨アナリストCryptoKea氏はツイッター上で、メイヤー倍数と相場の関係を指摘しました。

それによると、現在のビットコイン価格は1.0を超えており、過去それは弱気相場の終焉を示唆していたとのことです。

必ずしも過去の動きを反復するとは限りませんが、現在の相場についてはあらゆる専門家が異なるデータでトレンド転換を指摘しているので、これから価格が上昇していくのに期待したいところです。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

200兆円の資金流入!フランス保険業界が仮想通貨投資を解禁!

フランスが新法案を可決したことにより、同国の保険会社が仮想通貨へ無制限に投資できることになったのが明らかになりました。

11日、FXStreetが報じました。

要点

・世界の規制動向
国内でも新法案が可決されましたが、世界中でも規制動向は進展をみせています。このようなニュースは仮想通貨市場にとってポジティブとなるので、今後も注目です。

 フランスの保険会社による仮想通貨への無制限投資開始

生命保険会社が暗号通貨への投資を提供することを可能にする新しいフランス法案

FXStreetの報道によると、フランスで可決された新法案にて、同国の保険会社が仮想通貨へ無制限に投資することが可能になるとのこと。

フランスの保険業界の規模は200兆円といわれており、その資金の一部でも市場に流入することを考えるとポジティブなニュースでしょう。

その方法について、保険会社は専門のファンドを通じて投資を行える他、仮想通貨を含んだ保険商品の提供も可能になるとのこと。

現在、EUではブレグジットなど、周辺諸国の政治状況が悪化していますが、その中で仮想通貨がどのような位置を獲得するかは今後も注目するポイントなるかもしれません。

 

引き続き世界の規制動向に注目

今回の報道は、フランスで新法案が可決されたことによって可能となりましたが、日本でも新しい規制案が可決される予定です。

国内動向加速!金融庁が楽天などを認可!ヤフーとマネーパートナーズも参戦へ!

そして、そのひとつの指標となるのが今年大阪で開催されるG20で、そこで世界共通の規制案が合意されるという報道もなされています。

世界共通の仮想通貨規制が6月に合意「確定」か!共同通信社報道で

これにより、今年は各国で仮想通貨規制が進むとの見方が専門家から指摘されています。

今回はフランスだけとなりましたが、6月以降は規制の進展が伺える報道が増える可能性も考えられるので今後も注目でしょう。

フランスにおいては、EUの周辺諸国にも影響を及ぼす可能性も考えられるので、そちらも注目です。

今のところ規制に関する報道は相場に大きな影響を与えていませんが、今後大きなニュースがあれば直接市場価格に影響を与えることもおおいに考えられます。

 

まとめ

FXStreetが11日に報じたところによると、フランスの新法案により、同国の保険会社が無制限に仮想通貨投資を行えるようになったとのことです。

フランスの保険業界は200兆円規模といわれており、その資金の一部が流入しただけでも市場に大きな影響を及ぼすことが考えられます。

また、今年6月には世界的なガイドラインが策定されることもあり、今年はこのような規制の進展に関する報道が出てくるかもしれません。

報道によっては市場の価格が動く可能性も考えられるので、規制関連のニュースには今後も注目です。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/15】今週の仮想通貨市場はどうなる!?ビットコインがこれから最高値へ!?

週末の仮想通貨市場は上昇しないまでも、堅調な展開が続きました。

今週の注目価格とポイントをまとめました。

要点

・ビットコインがこれから過去最高値へ!?
ビットメックスCEO、アーサー・ヘイズ氏はVenture Coinistのユーチューブに出演し、これからビットコインが最高値を超える理由を語りました。

今週もビットコインは5000ドルのサポートと上値トライの展開へ

ビットコイン円 1時間足 4月~

ビットコインは先日も伝えた通り11日に高値を記録して以降、調整の展開に。

現在は55万円(対ドルで節目5000ドル)をサポートにしており、今週も注目となるでしょう。

アルトコインも現在はビットコイン連動相場となっているので注目となります。

値動きについては下記の記事でまとめてあります。

【4/13】下落した価格の今後は?ビットコインは55万円をサポートにできるか!

 

ビットメックスCEO「ビットコインの最高値はこれから」

ビットメックスCEO、アーサー・ヘイズ氏は11日、Venture Coinistのユーチューブに出演。

そこで、ビットコインはこれから数年で5万ドル(550万円)に達するとの見解を示しました。

その根拠も衝撃的で、政府がこれから現金を廃止して、より庶民の決済を監視することになるとのこと。

そこで「金融プライバシー」をもった仮想通貨の価値が発見されるというおもしろい持論を展開しています。

その他に同氏は価格上昇の根拠として、デジタルに親しいミレニアル世代が資産形成の時期に入ることも挙げています。

ヘイズ氏の見解はややドメスティック(暴力的)かもしれませんが、国内で政府がキャッシュレス決済を推し進めていることを考えると、頭の片隅には入れておいても良いかもしれません。

また、今年の展望に関しても「世界の金融緩和の拡大」と「中国の経済政策」により、年末には110万円に到達するという予想を変えませんでした。

ヘイズ氏の見解は一見すると無謀にも思えますが、直近では11月の市場暴落、今年に入ってからのイーサリアム価格上昇を良い線で言い当てているので、一目は置いても良さそうです。

2019年にイーサリアム復活!?ビットメックスCEO「ETHは200ドルへ」!

金融緩和・・・とても簡単にいうと、政府が借金をしてお金をすること。それにより余ったお金がリスク資産(ヘイズ氏は仮想通貨もリスク資産と呼んでいる)に流れる。国の負債が大きくなるというデメリットがある。

 

まとめ

ビットコインは今週も引き続き、短期的なサポートである5000ドルが焦点に。

仮にここをサポートにできれば、再度上値トライの可能性も考えられ、センチメントが良い状況が続きそうです。

また、ビットメックスCEOはこれから数年かけて、ビットコインが過去最高値を超えるとの見解を示しました。

年末の価格予想に関しても、110万円に到達するとの見解を変えていないので、ここから価格が上昇していくことに期待したいところですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/13】下落した価格の今後は?ビットコインは55万円をサポートにできるか!

11日に高値をつけたビットコインはその後調整の展開に入りました。

下落した価格と急騰後の相場動向についてまとめました。

要点

・来週以降も5000ドルのサポートに注目か
ビットコインは現段階で5000ドルをサポートにして推移しています。来週以降もこの価格帯は注目されそうです。

ビットコインのサポートは5000ドルに

11日に高値をつけてから比較的大きい調整をおこなったビットコインですが、2日の高騰以降、5000ドルが短期的なサポートになっています。

5000ドルというのは、対円でおよそ55万円であり、来週以降も引き続き注目の価格帯となりそうです。

ビットコイン円 1時間足 4月2日~

仮に5000ドルがサポートされれば、節目の価格帯ということもありセンチメントとしては引き続き良好な状況が継続しそうです。

また、再度高値をトライするシナリオも考えられるでしょう。

5000ドルを下回った場合はチャート的にはもう一段深い調整もあるかもしれません。

対ドルチャートが下記になります。

ビットコインドル 1時間足 4月2日~

対ドルで示すと直近は5000ドルから5400ドルのレンジで推移。

5000ドルが破られた場合、4800ドルが最終的なサポートして注目されるかもしれません。

また、現在の相場においてはアルトコインの銘柄よりも、ビットコインが牽引している部分があるので、市場全体の動きとして注目です。

高騰要因やファンダメンタルズを含めた高騰後相場については下記記事でまとめてあります。

【4/10】長期トレンド転換なるか?急騰からこれまでのポイントまとめ!

 

センチメントは依然強気か・中国動向や新しい材料にも期待

価格は下落したものの、今週大きな下落要因は報道されませんでした。

なので11日の価格下落はあくまでポジションの自然な調整が行われたと考察して良いでしょう。

また、最近では市場の高騰要因として中国からの資金流入があったことが話題に。

2017年と同じく「中国」復活の兆し?OTC取引が活性化!

また、チャート形状も引き続き良いため、アナリストらも強気の見解を示しています。

ビットコインが数年で550万円に!?40年以上の実績をもつベテランアナリストが分析!

総じて、チャートや直近の、メディアのセンチメントは良いので、来週以降も新しい材料が浮上するか注目です。

55万円のサポートとともに、まだ上値トライの可能性は十分に残されているので、そちらも注目となるでしょう。

 

まとめ

ビットコインは11日に高値をつけて以降、調整の展開に。

現段階では、55万円がサポートされているので、引き続きこの価格帯を維持できるか注目でしょう。

55万円というのは、対ドルでいうと5000ドルという節目であり、投資家のセンチメントを考えると非常に重要なレベルでもあります。

また、来週以降、5000ドルがサポートできれば、強気の展開がまだまだ期待できるので、引き続き相場材料とともに注目となりそうです。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

2017年と同じく「中国」復活の兆し?OTC取引が活性化!

直近の高騰相場において、中国の取引が活性化していることが話題になっています。

中国はこれまで仮想通貨取引に深く関わってきた国なので注目でしょう。

要点

・中国復活の兆し
先月から中国の取引が活性化していることが話題になっています。18年相場ではあまり見られなかった現象なので、今後注目材料となるかもしれません。

 高騰相場において中国の取引が活性化

1/中国市場は、強力な購入を明らかにしています。OTC (店頭) 取引、中国でフィアットとビットコインを購入する際、1 USD = 6.7 CNY の公式レート上のかなりの ドルプレミアム (1 USDT = 7 CNY) を示しています。

中国の取引事情に詳しい「cnLeder」は8日、高騰相場においてビットコインと中国ウォンに価格乖離が発生したデータを発表しました。

乖離率はおよそ4%であり、簡単にいうとそれだけ中国国内のビットコイン購入が過熱していたということになります。

中国では現在、仮想通貨取引を禁止されていますが、国外の取引所を利用してウォン→ステーブルコイン→仮想通貨という取引を行っており、事実上取引自体を完全に禁止できていないという見方がほとんどです。

そのため、ウォンとステーブルコインに価格乖離が発生したという状況ができたと考えられます。

先月から中国の資金流入は話題になっており、18年の市場低迷時には見られなかった動きなので今後も注目となるかもしれません。

好調な価格推移の裏に「中国」!?ビットコイン取引高は昨年4月以来の水準に!

 

17年のバブル相場も牽引した「中国マネー」

中国は仮想通貨取引との関係が深い国で、17年のバブル相場を牽引したという向きもあります。

仮想通貨ビットコインに関する話は、一年ほど前には多くの意味で、「中国に関する話」になっていた。ビットコイン取引の90%以上が、取引手数料がかからない中国で行われていたためだ。

上記の記事でもあるように、中国はマイニング企業が多く存在しており、特にビットコインにおいては無視できない国でもあります。

仮に今後も価格の上昇が続き、再び仮想通貨市場が盛り上がってきた場合、中国政府が何らかの規制を敷いてくる可能性はおおいに考えられるでしょう。

過去1年間はあまり報道されていませんでしたが、今後は17年のように、再び「中国」の動きが材料視される相場もやってくるかもしれませんね。

 

まとめ

中国の取引事情に詳しいcnLederによると、先週からの高騰相場において、中国での取引が活性化しているとのことです。

仮想通貨取引と関係の深い中国で活性化しているということは、少なくともポジティブな要因ではあるでしょう。

また、今後中国は17年と同じように規制動向など、中長期的に重要な材料となる可能性もあります。

直近では明らかに変化が起きていることが確認できるので、今後の動向も注目となるでしょう。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

【4/10】長期トレンド転換なるか?急騰からこれまでのポイントまとめ!

急騰から1週間が経過しましたが、市場の値動きは落ち着きながらも堅調な動きとなっています。

急騰からこれまでの価格・ポイントをまとめました。

要点

・急騰相場のポイントまとめ
急騰からこれまでの相場のポイントをまとめました。今後相場を追う上で重要なポイントをまとめたので、参考にしてください。

 急騰相場からこれまでの推移まとめ

ビットコイン円 1時間足 4月2日~

まず、ビットコインは2日の急騰以降、サポートがおよそ54万円、レジスタンスは59万5000円のややレンジ相場気味で推移しています。

ただし、レジスタンス59万5000円に本日までに何度もトライしており「価格が下がったら買いが入る」強気なセンチメントが継続しています。

今後も引き続き54万円と59万円どちらにブレイクするかが注目となるでしょう。

現在、センチメントは強気に傾いているので、リスクはアップサイドの方が強いですが、上値のブレイクに失敗すれば54万円を試しにいく可能性もおおいに考えられます。

リップル、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュにおいても局所的な高騰はみせていますが、全体の方向はビットコインの値動きが握っている展開が続いているので、市場全体の動きとしても注目になります。

 

急騰要因は複数?「中国」復帰の噂も

結局のところ、高騰要因はこれまで複数報道されており、明確なものはないのが現状のようです。

ただ、直近では市場構造の変化として「中国マネーの流入」が指摘されています。

2017年と同じく「中国」復活の兆し?OTC取引が活性化!

中国といえば、17年に仮想通貨市場が盛り上がった際も関係が深いとされていたので、今後も市場の動向を追う上では注目となるかもしれません。

 

市場は「長期的な」トレンド転換を果たしたのか?

結局のところ、重要なのはこの価格上昇が「長期的な上昇トレンドの始まり」あるいは「時間が経って再び価格が下落するのか(下落トレンド継続)」です。

結論から言えば、チャート上では中長期的にトレンド転換したといえるでしょう。

なぜなら、ビットコインの価格が重要な指標である200日移動平均線を超えたからです。

【超重要!】ビットコイン暴騰で1年ぶり200日移動平均線突破!長期上昇トレンドの始まり!?

ファンドストラッド社トム・リー氏もこのことを指摘しており、ビットコインの適正価格は160万円と指摘。

ビットコインの適正価格は160万円!トム・リー氏が現在の相場を解説!

先日は40年以上の実績を持つトレーダー、ピーター・ブラント氏も長期的な上昇トレンドに突入した可能性を指摘しています。

ビットコインが数年で550万円に!?40年以上の実績をもつベテランアナリストが分析!

まだ確定した話ではありませんが、どのみち上記示したビットコインの60万円、対ドルで6000ドルを超えるかどうかが中長期的に重要な指標となるので、注目でしょう。

 

まとめ

まず、ビットコインは現在54万円から60万円のレンジで推移しているので、直近ではどちらの価格帯をブレイクするか注目です。

アルトコインの値動きに関しても、基本的にはビットコインに追従した動きとなっています。

中長期的には引き続き、200日移動平均線との絡みが注目に。

価格が下落した際は、その価格がサポートされるかが重要になるでしょう。

ここ1週間では、専門家も長期的な上昇トレンドに突入した可能性を指摘しているので、このまま価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインが数年で550万円に!?40年以上の実績をもつベテランアナリストが分析!

40年以上の実績をもち、株や為替トレーダーからも親しまれているピーター・ブラント氏が価格について予想しました。

同氏によると、ビットコインの価格は数年で550万円に達する可能性があるとのことです。

要点

・2018年の暴落も的中させたトレーダー
ブラント氏は2018年1月に「これから80%から90%価格が下落する」と予想。当時はだれも信じていませんでしたが、見事に予想は的中しました。

 ビットコインは数年で550万円に到達!?

ビットコインが新しい放物線の段階に入る場合、18年12月からの底値から (2015 ではアナログの下にある) 過去のサイクルを試そうとしていても、驚かないだろう。

ブラント氏は上記のようにツイートし、それは本日まで2500を超えるリツートをされており話題になっています。

同氏は、現在のビットコイン値動きが2015年からの上昇に似ているとし、同じサイクルを描くのであれば数年で550万円に到達すると分析しています。

ブラント氏の分析によると、ビットコインは最高値から底値までに10回の上下を繰り返し底値をつけてきたとのこと。

実際に、2018年1月の高値から12月の底値まで10回の上下を繰り返しており、2015年の値動きに似ているとのことです。

また、これらを踏まえた上で、すでに現在のビットコインの価格上昇は新たな強気サイクル(放物線)に突入している可能性があるとも指摘しています。

 

2018年の暴落も的中させたブラント氏

フォロワー26万人を誇るブラント氏の分析は、株・為替トレーダーから定評があり、なんと2018年のビットコインの暴落も見事に的中させています。

–パラボリックアドバンスの一般的な TA のルール違反は 80% 以上の 価値低下につながります。一般的なルールに従えば、BTC は4000ドル にたどるべきです<。注: このツイートは私を嫌いにするものではありません。

同氏は2018年1月の時点で、ビットコインが80%以上の価格を下落し、4000ドルを下回ると予想。

実際に、ビットコインは12月に3200ドル安値を記録しました。

そのことを踏まえれば、上記に挙げた今回の同氏の分析も注目となるかもしれません。

なお、サイクル論の分析が多くのアナリストが指摘していることでもあります。

2011年~2015年と2015年~2019年のチャートが酷似!?カナダ投資ファンドのレポート!

 

まとめ

フォロワー26万人をほこるピーター・ブラント氏はツイッター上で最新の分析を投稿。

それによると、ビットコインは今後数年で550万円に到達する可能性があるとのことです。

その理由としては、現在の同通貨の動きが2015年からの長期上昇トレンドと酷似しているとのことです。

ブラント氏の予想通り、このまま価格が上昇していくことに期待したいですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/8】今週の仮想通貨市場はどうなる?堅調な価格動向に注目!

先週、急騰した仮想通貨市場ですが、週末まで堅調な価格推移が継続しました。

今週の仮想通貨市場の注目材料・ポイントをまとめました。

要点

・新高値更新はあるか
今週、仮想通貨市場が新高値更新を記録する可能性はまだ残っているでしょう。堅調な価格推移がどこまで継続するか注目です。

 ビットコインは5300ドルのレジスタンスにトライ・急騰後の推移まとめ

本稿執筆時点で、ビットコインは5300ドルのレジスタンスにトライしている形となっています。

今週のどこかの時点で、このレジスタンスを突破すれば新高値更新ということになり注目となるでしょう。

ビットコインドル 1時間足 4月2日~

5300ドルというのは、2日の急騰後何度か跳ね返されており、一定の売りオーダーがおかれているポイントというのがわかります。

仮に、ここを突破できれば、節目である5500ドル、そして5800ドルから6000ドルまで上値を伸ばすことはおおいに考えられるでしょう。

対円だとわかりづらい部分もありますが、588000円から590000円が短期的なレジスタンスとなっています。

ビットコイン円 1時間足 4月2日~

 

アルトコインも堅調・市場全体の時価総額にも注目

8日の市場全体の時価総額は20兆円で推移、これはビットコインだけでなく、アルトコインも堅調なことを意味しています。

8日の市場全体の時価総額

直近1週間の高値は2日につけたおよそ20.5兆円となっており、本日時点で高値目前になっています。

今週以降も、市場全体の時価総額が更新される可能性が高いので、そちらも注目でしょう。

仮に更新されれば、全体の動きとしては非常にポジティブ要素となります。

また、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュといった主要なアルトコインに関しては基本的にビットコイン連動相場となっています。

なので、上記で示したビットコインの直近のレジスタンス突破がこれらのアルトコインの動向の鍵も握りそうです。

ただ、急騰後は局所的に急騰する場面がみられます。

直近ではビットコインキャッシュが急騰し、コインマーケットキャップの時価総額ランキング4位に浮上しています。

 

まとめ

ビットコインは今週以降、直近のレジスタンスである5300ドルの突破が注目に。

主要なアルトコインは基本的にビットコインと連動した動きとなっているので、アルトコイン動向としてもビットコインの値動きは注目となりそうです。

また、本日時点では、市場全体の時価総額も年初来高値更新間近となっており注目でしょう。

今週以降も価格が上昇する可能性はまだ残されているので、高値を更新することに期待したいところですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの適正価格は160万円!トム・リー氏が現在の相場を解説!

ファンドストラッド社代表、トム・リー氏は5日、CNBCの番組に出演しました。

同氏はそこで現在の相場について解説し、価格予想も発表しました。

要点

・ビットコインの適正価格は160万円!?
リー氏によれば、マイニング損益分岐点などから加味するとビットコインの適正価格が160万円になるとのこと。上昇要因についても解説しています。

ビットコインの適正価格は160万円

ビットコイン投資家の中に多くの「乾燥した粉」がある

リー氏は「Squawk Box」に出演し、ビットコインの適正価格が160万円(14000ドル)であると語りました。

その価格は、ファンドストラッド社が13年から集積しているアクティブ・アドレスとユーザー毎のアクティビティ(取引数)のデータから算出されたとのことです。

また、ビットコインのマイニング損益分岐点は現在5000ドルから6000ドルであると説明し、コモディティが強気相場にあるとき、損益分岐点の2倍の価格で取引されるのが適正であることを指摘しました。

リー氏の説明によれば、ビットコインは今後も価格が上昇していくということでしょう。

 

上昇要因についても説明

また、リー氏はビットコインの価格が上昇した理由について複数の要因が重なったと説明しています。

その中でも、大口投資家が19年に入り市場に戻ってきていると説明しました。

また、今年ビットコインが3000ドルを下回らなかったこともポジティブな要因だと指摘しており、そうした総合的な環境が今回の急騰につながったとリー氏はみているようです。

同氏が述べるように、上昇要因については大口投資家の取引やアルゴリズム取引の他、昨日はブルームバーグが小規模の投資家の復活についても指摘しています。

ビットコイン急騰要因は小規模投資家が原因だった?新情報が入荷!

いずれにせよ、明確な要因はわからないままですが、3月からアルトコインへの資金流入が確認されたことなど、次第に市場環境に明るい兆しがあったことは間違いありません。

また、今年6月のFATFやG20など、規制動向に進展がみえていたこともポジティブな要因であったでしょう。

国内に関しては、規制の進展により大手企業参入の機運も高まってきているので、この動きが今年どこまで継続するか、それに伴い仮想通貨市場がどのように動くか注目となります。

 

まとめ

ファンドストラッド社代表、トム・リー氏によれば、ビットコイン適正価格はマイニング損益分岐点などから160万円になるとのこと。

また、2日に仮想通貨市場が高騰した要因としては複数あるとしながらも、大口投資家が戻ってきていることを指摘しました。

同氏の説明によれば、ビットコインは今後も価格が上昇していくとのことなので、今後の値動きに関しても期待したいですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン急騰要因は小規模投資家が原因だった?新情報が入荷!

2日に起こった仮想通貨市場の急騰ですが、その後新しい分析が入ってきています。

ブルームバーグが報じたところによると、ビットコインアドレスが急増していたとのことです。

要点

・アクティブ・ウォレットの増加
休眠していたビットコインウォレットが最近になり、活動し始めたとのこと。ここからわかるのは、比較的小規模の投資家が買う準備をしているとのことです。

 急騰前にアクティブ・ウォレットが増加していた

スモールフライの投資家は、今週、デジタルコイン価格の急騰により、すでに動き始めていた

ブルームバーグが報じたフリップサイド・クリプトのデータによると、2日に仮想通貨市場が急騰する数種間前から休眠していたビットコインのウォレットが動き始めていたとのことです。

これまで、数カ月動きがないウオレットは全体の半分を占めていましたが、急騰の数週間前から急激に低下。

動きがないウォレットは1割まで低下したとのことです。

フリップサイド・クリプトのデイブ・バルターCEOによると、この動きは比較的小規模の投資家が動き始めている証拠と述べています。

これまで急騰要因には、大口投資家の存在が挙げられていましたが、今回のブルームバーグの報道は新たな説となりました。

ビットコインはなぜ暴騰した?大口取引の指摘も明確な要因は不明?

 

結局のところ急騰要因はわからず?

今のところ明確な報道なしに急騰した相場に関して、その理由を特定するのは難しいようです。

今回に関しては、上記の小規模の投資家と先日あった大口投資家両方が関与していたというケースも考えられるでしょう。

ただし重要なのは、フリップサイド・クリプトのデータが示すように市場構造のどこが変化したかでしょう。

バルター氏によれば、アクティブ・ウォレットの増加は市場センチメントが変化してきたことを示しており、昨年10月のクジラによる上昇よりも良い兆候であると説明しています。

今後も、あらゆる分析が出てくる可能性はありますが、このような良い変化みられれば、今回の上昇がより強いものとも言えるので、引き続き上昇要因については注目となるでしょう。

また、突発的な価格上昇でしたが、今のところ相場は上昇した価格を維持しているので、その動向と併せて注目です。

【4/4②】急騰した今後のシナリオは?ビットコインは引き続き重要局面に!

 

まとめ

ブルームバーグが3日に報じたところによると、フリップサイド・クリプトのデータから急騰の数週間前からアクティブウォレットの割合が急激に増加していたとのこと。

ここから、今回の上昇には比較的小規模の投資家が関与したことがわかるとのことです。

このようなデータは、今後相場の動向を追ううえでは重要になってくるので、引き続き価格動向と併せてチェックしておきたいところです。

また、現時点では上昇した価格が維持できているので、このまま相場が上昇していくのにも期待したいところですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/4②】急騰した今後のシナリオは?ビットコインは引き続き重要局面に!

2日に高騰した仮想通貨市場はですが、いったん落ち着きをみせはじめています。

今後の展開についてまとめました。

要点

・ビットコインは60万円突破が鬼門に
ビットコインは本日時点で、60万円の鬼門にトライしています。週末までそこを突破できるか注目となるかもしれません。

 ビットコインは60万円突破に苦戦!下値を模索する可能性も

昨日お伝えしましたが、ビットコインは重要な価格帯である60万円近辺を、本日までに何度かトライしています。

【4/3】ビットコインは何円まで上昇する?アナリストの見解も考察!

まだチャートからみれば、なんとも言えない状況ですが、週末までこの価格帯を突破できるか注目でしょう。

ビットコイン円 1時間足 2日~

今後の展開としては、短期的に54万円、51万円といった価格まで一度反落する可能性もおおいに考えられます。

もちろん、このまま60万円を節目を超えて上昇していく可能性もあるでしょう。

その場合、チャート上ではさらに強気の形状になります。

ビットコイン円 日足 2018年~

今回の上昇はあまりに短期間かつ値幅が大きかったので、今後は一旦調整に入る可能性もあります。

その場合は、200日移動平均線が位置する51万円をサポートにできるか注目でしょう。

仮に価格が下落した場合でも、200日移動平均線より上で推移できれば、中長期的には強気といえ、時間が経ってから再び価格が上昇する可能性があります。

現時点ではこのまま60万円を突破して強気の流れになるシナリオ、一度調整に入るシナリオ両方が考えられます。

 

アルトコインもビットコインの動向が重要に

アルトコインの上値メドに関しては、本日下記の記事でまとめてあります。

【4/4】価格は何円まで上昇する?リップル・イーサリアム・ライトコイン

ただし、2日からの相場はビットコインの高騰からスタートしているので、現時点でアルトコインの価格推移に関してもビットコインの値動き次第というところはあるでしょう。

例えば、ビットコインがこのまま60万円をこえていくのなら、アルトコイン全体もより強気のチャートになります。

反対に、ビットコインが調整に入るのであれば、アルトコインも一度調整する可能性が高いです。

このように、現在のビットコインの値動きは市場全体の動きになっているともいえるので、重要な価格帯に推移しているうちは注目となるかもしれません。

 

まとめ

ビットコインは本稿執筆時点で、60万円の鬼門突破に苦戦している状況に。

今後数日間はこの価格帯を突破できるかが注目となるでしょう。

仮に反落した場合は、200日移動平均線が位置する51円近辺がサポートされるか注目です。

今回の急騰は、短期間で値幅も大きかったので、一度調整する可能性が考えられますが、200日移動平均でサポートされれば中長期的には強気のチャートとなるので、引き続き重要局面にいるビットコインに注目です。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインはなぜ暴騰した?大口取引の指摘も明確な要因は不明?

2日に暴騰したビットコインですが、1日明けてからも明確な要因が明らかになっていません。

ロイター通信が複数の取引所で大口取引があったと伝えています。

要点

・明確な要因は未だ不明?
今回の暴騰に関しては「ビットコインETF承認」など、明確な要因が明らかになっていません。ロイターによれば、大口取引があったことだけは伝えられています。

 大口取引の確認も明確な要因は不明?

2日13時ごろから突如としてビットコインが暴騰し、一時20%を超える高値を記録しました。

ビットコイン円 1時間足 3月29日~

1日明けた本稿執筆時点でも続伸しており、現時点で価格の上昇は継続しています。

ビットコインの20%の暴騰、謎の注文があったとアナリストはいう

ロイターが伝えたところによると、仮想通貨企業BCBグループのオリバー・ボン・ラズバーグサディー氏が米国の複数の取引所で、およそ110億円の「謎の注文」があったと指摘しているようです。

一部ではこのような大口注文が連鎖的にアルゴリズムの注文を呼び起こしたとの見方もあるようです。

ただし、現時点で報道されているのはこのような情報だけで、例えば「ビットコインETFが承認された」、「Bakktがサービスを開始した」など明確な要因は明らかになっていません。

 

条件は整いつつあった仮想通貨市場

今回の暴騰について明確な要因は明らかになっていませんが、年が明けてからの仮想通貨市場に良好な条件(ファンダメンタルズ)が整いつつあったのは間違いないでしょう。

国内仮想通貨メディアでアナリストを務める松田康生氏は下記のように指摘しています。

3月15日の金商法・資金決済法改正案の国会提出に続き、25日には新規申請先でディーカレットが初めて交換業登録が認可になる等、日本の仮想業界に大きな動きがあった。また、マスコミの論調もブロックチェーン技術の育成と規制のバランスを取るべきといったトーンに若干変化した。すなわち、コインチェック事件以降、日本の仮想通貨業界が官民あわせて取り組んだ動きがようやく世間に認知され始めた事が挙げられる。仮想通貨によるSUICAへのチャージを計画しているといった報道も、こうした仮想通貨業界のイメージ回復を促し、遅れていた日本の投資家のマインド回復が今回の上昇を牽引したと見る。

参照:https://news.fxcoin.jp/detail.php?id=426

当ブログでも何度もお伝えしていますが、今年6月にFATFが世界的なガイドラインを施行するように、今年にはいって規制動向はかなり進展しています。

それに伴い、国内においては大手企業の参入が続々と報じられるなど、3月に入って明るい兆しが見え始めていたのは事実です。

これまで、多くのグッドニュースがあるのにも関わらず価格が低迷してきたことを考えれば、今回の暴騰はある意味で自然な流れでもあったとも考察できるかもしれません。

 

まとめ

2日に暴騰した仮想通貨市場ですが、1日明けてからも明確な要因は明らかになっておらず。

ロイター通信によれば、米国内の複数の取引所で大口注文が確認されたとのことです。

高騰要因に関しては今後も多くのメディアで報道されるはずなので、価格の動向とともに要チェックでしょう。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/3】ビットコインは何円まで上昇する?アナリストの見解も考察!

昨日高騰した仮想通貨市場ですが、ビットコインは本日まで高騰しています。

ビットコインの上値メドをまとめました。

要点

・高騰する仮想通貨市場
2日にビットコインが高騰。200日移動平均線を突破しており、再び盛り上がっています。

 ビットコインの次の上値メドはどこか?

ビットコインは本稿執筆時点で、55万円ていどで推移。

まず、直近としては2日に記録し高値した58万5000円がメドになります。

ビットコイン円 日足 2018年3月~

そして、次のメドが昨年レジスタンスとなった59万円~63万円のレベルでしょう。

この価格帯は多くの投資家が注目しているポイントであり、売り手が注文を置くポイントになるからです。

2018年11月まで63万円はサポートになりましたが、一度下抜けしており、今度はそこが鉄壁のレジスタンスになります。

また、仮にビットコインが59万円から63万円を突破してくると、かそうつうか市場が底を抜けした可能性が非常に高まり、より強気のチャートになるからです。

その意味で、当面はビットコインが60万円付近を明確に突破するかが重要になりそうです。

アルトコインに関しても、現在はビットコインに連動した動きとなっているので、市場全体の動きとしても「ビットコイン6000ドル」は注目となりそうです。

なお、価格が上昇した要因に関してはこちらの記事にまとめてあります。

ビットコインはなぜ暴騰した?大口取引の指摘も明確な要因は不明?

 

 

仮想通貨投資会社CEO「次のターゲットは6000ドル」

ビットコインブルは、仮想通貨が底入れしていると言います, 6000ドル に実行することができます,: 「センチメントがシフトしています」

昨日、CNBCに出演した仮想通貨投資会社CEOブライアン・ケリー氏も次のターゲットは6000ドル(60万円きんぺん)と指摘。

同氏は昨日の上昇で市場のセンチメントが変化したとコメントしているので、今後価格が上昇基調に入るか注目でしょう。

また、ケリー氏は上昇した要因として、大口の投資家がビットコインに関心を示していることを指摘。

ファンダメンタルズ、テクニカル、サイクルから過去のビットコインの動きに酷似していると自信をみせました。

 

まとめ

ビットコインは2日に一時20%を越える上昇を記録。

それにより、メディアでも多く報道され、仮想通貨が再び注目を集め始めています。

このことに関し、仮想通貨投資会社CEOは市場のセンチメントが変化したと指摘。

次のターゲットは6000ドルと述べ、強気の見解をみせました。

3月はアルトコイン先導の相場が続きましたが、現在はビットコインの価格が動き相場を牽引している部分もあるので、市場全体の動きとして同通貨の値動きは今後しばらく注目となりそうですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能

取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁にも登録されています。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録して仮想通貨投資を始めてみてはいかがでしょうか

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【超重要!】ビットコイン暴騰で1年ぶり200日移動平均線突破!長期上昇トレンドの始まり!?

2日、13時ごろからビットコインが一時20%を越える暴騰をしています。

本稿執筆時点で200日移動平均線を上抜けており、通常この動きはトレンド転換を意味します。※内容は追記する可能性があります。

要点

・200日移動平均線
200日移動平均線は中長期的なサイクルをはかる上で重要視されている指標です。2018年3月に下抜けて以降、弱気相場で上抜けすることができませんでした。今後の動きが注視されそうです。

 ビットコイン暴騰で200日移動平均線突破

ビットコインは2日、13時ごろから価格が暴騰。

一時20%を越える暴騰となっており、少なくとも直近1年間ではみられなかった上昇率でしょう。

長らく忘れていましたが、2017年12月の仮想通貨バブルを彷彿とさせる値動きです。

ビットコイン 1時間足 3月29日~

また、本日の上昇により、ビットコインの対円チャートは、中長期的のサイクルを計る200日移動平均線とゴールデンクロスを果たしています。

ビットコイン円 日足 2017年12月~

通常、200日移動平均線の上抜けは、上昇トレンドへの転換を示します(短期的なものではなく数カ月から数年のスパン)。

つまり、本日の暴騰でビットコインは長きに渡った弱気相場を脱した可能性も考えられます。

ただし、本日の動きはやや突発的なものであるので、上昇要因や今後の値動きを注視して判断したほうがよさそうです。

明日以降も当ブログで値動きについてはお伝えしていきます。

 

上昇要因は何か?

現時点で明確な上昇要因は指摘されていません。

このような予想外の暴騰時はもともとあったショートポジション(空売り)がロスカットされておきる上昇現象もあるので、値動きが落ち着いたら価格が下落する可能性はまだあるでしょう。

しかし、仮にこのまま200日移動平均線がサポートされれば、本格的に仮想通貨市場が上昇トレンドに突入する可能性が浮上してきます。

当ブログでも、昨年の時点から今年中旬から後半にかけてはチャンスが訪れると紹介しており、また多くの専門家が今年5月から8月の期間に注目していました。

ビットコインは5月に上昇トレンドへ!?半減期1年前から価格は上昇傾向=投資ファンドレポートで!

ビットコインは8月に長期上昇トレンドへ!その理由をトム・リー氏が説明!

FATF・G20・ETF!激熱の四半期(4月~6月)の注目ポイントと日程まとめ!

どにみち、一度このようにボラティリティー(変動率)が高まると、今後は上下に激しく動く荒い相場も想定できるので、取引をする方は注意が必要です。

上昇要因や相場動向に関しては、明日以降も重点的に当ブログでお伝えしていきます。

 

まとめ

ビットコインは2日の13時ごろから価格が暴騰、一時20%を越える直近1年間ではない価格上昇になりました。

また、それにより、昨年3月以来突破に苦戦していた200日移動平均線を上抜け。

チャート上では中長期的なトレンド転換を示唆しています。

ただし、今回の上昇に明確な要因がなく、突発的なことも考えれば注意が必要です。

短期的な注目ポイントとして、200日移動平均線が位置する51万円近辺がサポートされるかに注目でしょう。

 

【この流れに乗り遅れるな!】安心・安全のBITPointで仮想通貨投資を始めよう!

BITPoint(ビットポイント)では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの購入が可能。

ビットコインでは最大で4倍のレバレッジ取引も行えます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S Rating」という調査期間から「A」ランクの格付けをもらっています。

また、国内取引所の中で最安値クラスの手数料の安さも大きな魅力。

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 取引手数料 即時入金手数料 送受金手数料 口座管理費
5種類 0円 0円 0円 0円

上記の記事のように、直近のビットコインは暴騰しており、この後もその流れが続く可能性は非常に高いです。

まだ口座登録をしていない方は、この機会に登録してBITPointで仮想通貨投資を初めてみてはいかがでしょうか。

BITPoint公式サイトはこちらから

安心が一番!現物取引手数料が無料のBITPOINT!

BITPointは、取引所トラブルが目立つ仮想通貨市場の中で一番安心を大切にしている注目取引所となっています。

更に、現物取引手数料が無料や対応が丁寧なサポートセンターなど、ネットでの評判も良い取引所です。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所といえます。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

代表取締役の小田社長によると、2018年から2019年にかけてビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。
実際に順調に取引所のサービスも大きく広がっている最中です。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/1】今週の仮想通貨市場はどうなる?新年度突入で新しい材料に期待!

仮想通貨市場は新高値更新をみせる強さこそありませんが、下値も堅い堅調な推移が続いています。

今週の仮想通貨市場の注目価格やポイントをまとめました。

要点

・新年度突入で新しい材料にも期待
先日もまとめましたが、6月にFATFがガイドラインを策定することと、G20が開催されることでこの3ヵ月間は注目の期間となりそうです。

 ビットコインは46万円突破で強気チャートに?

ビットコイン円 日足 2018年12月~

ビットコインは先週、堅調な推移をみせ現在は年初来高値である46万円のたかねにトライしている状況です。

本稿執筆時点ですでに高値を目前にしているので、この数日間は要チェックとなるかもしれません。

この46万円というのは、年初来高値ということだけではなく、昨年11月の暴落以来につけた高値でもあるので、仮に突破できればチャート形状はかなり改善する可能性があります。

また、3月はビットコインのボラティリティーが低水準であったので、今月以降、動きが出てくるのかも注目となるでしょう。

 

新年度を迎え新たな材料に期待か

先日当ブログでまとめましたが、6月にFATFが世界基準のガイドラインを策定すること、同月にG20が開催されることから、直近では国内の仮想通貨動向に動きが出ています。

FATF・G20・ETF!激熱の四半期(4月~6月)の注目ポイントと日程まとめ!

なお、先日、SECは2つのETFの可否判断を延期することを発表しました。(こちらは別記事で掲載予定)

そのため、次の可否判断は5月下旬から6月にかけて行われる予定です。

先週は、楽天ウォレット、ヤフー傘下TAOTAO、ディーカレットの3社が新たに仮想通貨取引所を開設することを発表。

さらにマネーパートナーズも取引所開設を目的とした子会社を設立することを発表しました。

このような動きは今週だけではなく、この3ヵ月間から年末にかけて続々と出てくる可能性があるので、注目となるでしょう。

また、機関投資家関連のニュース・規制に関するニュースにも進展がある可能性があるので注目です。

直近では国内の仮想通貨動向が盛り上がっていますが、世界各国で新しい動きが出てくるのかも注視したいところですね。

 

まとめ

ビットコインは年初来高値である46万円が目前に迫っています。

この価格帯は昨年11月の暴落以降レジスタンスになっている高値でもあるので、今後は突破できるか注目となるでしょう。

本日から新年度に突入することや、6月G20gが開催されることで新たな動きが出てくる可能性もあるので、新材料にも期待。

そして、市場の価格も上昇していくのにも期待したいところです。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「ゴールドマンサックスも準備している」!マイク・ノボグラッツ氏が発言!

仮想通貨投資ファンドCEO、アンソニー・ポンプリアーノ氏は20日、同じく仮想通貨投資銀行をつとめるマイク・ノボグラッツ氏と対談を行いました。

そこでノボグラッツ氏は仮想通貨市場において前向きな見解を示しました。

要点

・ゴールドマンサックスも準備中?
元はゴールドマンサックスに勤めていたノボグラッツ氏ですが、インタビューで同銀行も仮想通貨業界に参入する準備をしていると発言しました。

 「ゴールドマンサックスも準備をしている」ノボグラッツ氏が発言!

https://twitter.com/APompliano/status/1108363593593077761

ノボグラッツ氏と対談!なにがあろうとあなたはこれを見逃すことはできません。

ノボグラッツ氏はポンプリアーノ氏のインタビューの中で、仮想通貨における様々なトピックについて言及しました。

ノボグラッツ氏によれば、ゴールドマンサックスも仮想通貨業界に参入する準備を進めており、主にセキュリティー・トークンについて情報を収集しているとのこと。

昨年前半はゴールドマンサックスが参戦する報道がありましたが、市場の低迷が長引くにつれその話題もメディアには上らなくなりました。

ゴールドマンサックスがBakkt開始でビットコイン先物取引に参入!?The Blockが考察!

しかし、同氏によると、水面下では準備が進められているようです。

ノボグラッツ氏はこの他にも様々なトピックについて言及しており、ユーロが崩壊することにより、ビットコインの価値が金の時価総額を超えるともコメントしてます。

 

直近の専門家たちの発言

ノボグラッツ氏以外にも専門家たちは直近で、前向きな見解を示しています。

注目の四半期をまえに専門家はどう見る?直近の3人の見解まとめ!

特に、4月から6月というのは新しい四半期が始まることや、中長期的なチャート形状も良好なようです。

また、昨日はモルガン・クリークデジタルがビットコイン半減期に関するレポートを発表。

ビットコインは5月に上昇トレンドへ!?半減期1年前から価格は上昇傾向=投資ファンドレポートで!

それによると、ビットコインは半減期1年前から価格が上昇する傾向にあり、今年の5月ごろから価格が上昇する可能性があるとのこと。

再び仮想通貨市場が盛り上がればノボグラッツ氏が指摘するように、ゴールドマン・サックスといった新規企業の参入機運も高まるので、新しい四半期を迎える市場の動向と規制動向は引き続き注目となるでしょう。

 

まとめ

ノボグラッツ氏は今回、仮想通貨投資ファンドポンプ氏のライブストリームに出演。

ノボグラッツ氏はその中で、仮想通貨に関する様々なトピックに言及しましたが、「ゴールドマン・サックスも準備を進めている」と発言しました。

同氏はゴールドマン・サックス出身の人物であり、その発言の信頼性は非常に高いでしょう。

ゴールドマン・サックスのような大手銀行の参入が報じられれば、市場は再び盛り上がる可能性は高いので、今後の動向は引き続き注目です。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインは5月に上昇トレンドへ!?半減期1年前から価格は上昇傾向=投資ファンドレポートで!

仮想通貨投資ファンド、パンテラ・キャピタルが27日、ビットコインに関するレポートを発表しました。

それによると、過去半減期の1年前に価格が上昇する傾向にあるとのことです。

要点

・ビットコイン半減期
半減期を迎えると、マイナーの報酬が半減します。ビットコインやライトコインなどは半減期を設けることにより、通貨の価値を下げないよう設計されています。

 ビットコインは過去半減期1年前に価格が上昇をはじめる

現在利用可能: 私たちの3月のブロックチェーンレター、ブロック報酬半減とベンチャーファンド III クロージング

パンテラ・キャピタルのレポートによれば、ビットコインはこれまで半減期の1年前に価格が上昇する傾向にあるとのことです。

なお、前回の半減期は2016年、前々回は2012年、そのおよそ1年前から価格が上昇し始めたといいます。

2016年の半減期→320日前に上昇トレンド開始
2012年の半減期→376日前に上昇トレンド開始

パンテラは、それを踏まえた上で、次の半減期は2020年5月に予定されることから、今年の5月からビットコインの価格が上昇し始める可能性があるとの見解を示しています。

 

 

半減期を迎えるライトコインの価格はすでに上昇

パンテラ・キャピタルのいうように、価格が上昇する可能性は低くはありません。

なぜなら「半減期」は市場の需給関係が直接変化するので、一番強いファンダメンタルズと言っても過言ではないからです。

需給(ビットコインの使用)が変わりなく、供給(マイナーへの報酬)が半分になるのであれば、市場原理の上では価格が上昇するのが一般的だからです。

実際に、今年8月に半減期を迎えるライトコインは年が明けて主要通貨で一番強い上昇率になっており、チャート形状は底をつけた形になりつつあります。

ライトコインはすでに底打ち?2015年の半減期と今年8月予定の半減期について考察!

もちろん「確実」ということではありませんが、今回パンテラ・キャピタルが発表したレポートは、これまでにない大きな材料ともなるので、5月ごろからの価格推移は要注目かもしれません。

また、ビットコインが上昇するということは、市場全体の価格が押し上げられる可能性もあるので、その意味でも注目です。

 

まとめ

パンテラ・キャピタルは今回、ビットコインと半減期に関する価格分析を発表。

それによると、これまでビットコインは半減期の1年前に価格が上昇する傾向にあるとのことです。

それを踏まえた上で、同社は今年5月(2020年5月の半減期1年前にあたる)から価格が上昇し始める可能性があるとの見解を示しました。

ビットコインの価格が上昇すれば、市場全体にポジティブな動きとなるので、実際に上昇するのに期待したいところですね。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

注目の四半期をまえに専門家はどう見る?直近の3人の見解まとめ!

4月から新しい四半期に突入しますが、6月にはFATFが世界基準のガイドラインを策定することもあり、前向きな兆しも見え始めています。

直近に出た3名の専門家の見解をまとめました。

要点

・注目の四半期目前に
6月はFATFが世界基準のガイドラインを策定すること、また大阪で開催されるG20で仮想通貨が議論されることもあり、動向が加速する可能性があります。

 直近に出た3名の専門家の見解まとめ

今回紹介するのは、仮想通貨投資ファンドCEOブライアン・ケリー氏、ファンドストラッド社代表トム・リー氏、取引所ビットメックスCEOアーサー・ヘイズ氏の見解です。

いずれの専門家も時期は異なりますが、前向きな見解を示しています。

 

「仮想通貨の冬は終わる」:仮想通貨投資ファンドCEOブライアン・ケリー氏

仮想通貨「冬の時代」が終わる?著名アナリストが挙げる3つの好条件!

ケリー氏は「仮想通貨冬の時代」が終わりに近づいているとして3つの条件を挙げました。

それが、ビットコインアドレスの増加、機関投資家の関心が戻りつつあること、Twitter CEOの動向です。

機関投資家の関心が戻っていることに関しては、サービスを開始したFidelityやBakktにより、機関投資家の投資意欲が再燃していると指摘しています。

引き続き機関投資家関連のニュースは重要な材料になるので、規制の整備とともに注目でしょう。

 

数カ月以内にビットコインは長期上昇トレンドへ?:ファンドストラッド社代表トム・リー氏

ビットコインは8月に長期上昇トレンドへ!その理由をトム・リー氏が説明!

リー氏はビットコインが数カ月以内に長期上昇トレンドへ突入すると指摘しています。

それが「200日移動平均線」というテクニカル面での示唆です。

ビットコインはこのまま4000ドルを維持できれば、数カ月以内に200日移動平均線とクロスしテクニカル面で強気チャートになると指摘しています。

リー氏の指摘するように「200日移動平均線」は中長期で重要な指標となるので注目です。

 

ビットコインは年末までに100万円を回復:取引所ビットメックスCEOアーサー・ヘイズ氏

ビットコインは年末までに100万円回復!ビットメックスCEOが予想!

ヘイズ氏は年末までにビットコインが100万円を回復すると指摘しています。

その要因となるのが米国の金利政策です。

FRBは今年利上げをやめることを発表しており、余った米ドル(フリーマネー)が仮想通貨市場に流入すると指摘。

株・為替の投資家にとって、FRBの金利は最も注目している材料なので、頭の片隅に入れておいて良いかもしれませんね。

 

まとめ

これらの専門家の見解をまとめると、4月から6月の四半期、また今年中旬から後半にかけての仮想通貨市場には期待できそうです。

テクニカル・ファンダメンタルズ面でも良い示唆が出ているため、今後は注目の期間となるでしょう。

また、ヘイズ氏の指摘するように、今年は既存の金融市場でも変化の年となっているので、米国の金利政策や米ドルの動向も注目となるかもしれません。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.