bitcoin(ビットコイン)

No tags for this post.

スイスSIXの仮想通貨ETPの出来高が増加!弱気相場でも機関投資家が押し目をしている!?

先月、スイス最大の証券取引所「SIX」に上場した仮想通貨ETPですが、直近の市場の急落で出来高が急上昇していることがわかりました。

専門家は機関投資家が押し目買いをしているのではないかと分析しています。

要点

・仮想通貨ETP
ETPはETFと同じ金融派生商品。スイスに上場されている「Amun Crypto Basket Index HODL」は、複数の仮想通貨の価格を統合した指数です。

スイスSIXに上場した仮想通貨ETPの出来高が増加

先月、世界で初めて証券取引所に仮想通貨ETPが上場されました。

ETPとは現在注目されている「ビットコインETF」と同じ金融派生商品のことです。

シックスに上場された「Amun Crypto Basket Index HODL」は、BTC、XRP、ETH、BCH、LTCの主要通貨5種類から価格が算出されており、それを買うだけで仮想通貨に手軽に投資できる便利な金融商品となっています。

世界初!スイス大手証券取引所SIXに仮想通貨ETP(上場投資商品)が上場!強気材料で相場は上昇できるか?

そして、直近の相場暴落に関わらず、その出来高は増加していることが判明。

つまり、価格が安くなったところを投資家たちが将来の価格上昇を見込み、押し目買いを行っているということです。

これまでのところ作成された株式の同様の量を持つ3.5 億 USD である日付に開始します。あなたは同様に逆相関のための下のチャートを見ることができます (価格の下落として、より高いボリューム, 価格が上昇するにつれて、より低いボリューム).これは、ETF のバイヤーが心の中でしっかりしたレベルを持っていることの証明です.

シンガポールのヘッジファンドCEOを務める、ズー氏は以上のように指摘。

相場が下落しているときに、ETPの出来高は増加していると説明し、機関投資家らが押し目買いをしているのではないかという見解を示しています。

 

Bakktやナスダックのビットコイン先物にも期待?

世界初となるスイスの仮想通貨ETPでは一定の下落相場でも取引のニーズがあることがわかり、ポジティブなニュースと言えるでしょう。

また、このような金融派生商品は、これまで仮想通貨に投資できなかった人の資金を呼び込むことができ、来年以降も注目されそうです。

現在市場の上昇材料として注目されているBakktとナスダックのビットコイン先物の動向次第では、再び市場のセンチメントが変わる可能性もあります。

特に、Bakktのリリースするビットコイン先物は、価格を担保するために現物のビットコインをICEが保管するため、市場の影響度も高いと指摘されています。

シックスの仮想通貨ETPは仮想通貨市場への影響度は低いですが、下落相場においての出来高から投資家から一定のニーズがあることが確認できたので、今後の動向にも注目でしょう。

 

まとめ

今回のような下落場面においては、「Amun Crypto Basket Index HODL」が買われる逆相関の関係が確認できましたが、今後もし相場が下落したときこの動きが継続して起こるか注目でしょう。

また、現在注目されているBakktの先物・ナスダック先物もサービス開始が迫っているので、その動向に注目です。

このような主要な金融派生商品の出来高が増加していけば、市場のセンチメントを変える材料にもなり得るので、年明けしばらくの間は注目したほうがよさそうです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場は「絶望」のステージでもう一段安へ!?コインデスクの分析が話題に!

コインデスクが「WALL ST. CHEAT SHEET」を使って行った分析を行い話題になっています。

それによると、仮想通貨市場はもう一段下の「絶望」のステージまで下落するとし、市場は底になるとのことです。

要点

・WALL ST. CHEAT SHEET(ウォールストリート・チャート・シート)
一般的には仮想通貨だけではなく、株や外国為替取引(法定通貨)に用いられるチャートです。投資家心理と値動きを如実に表しており、よく引用されるチャートでもあります。

仮想通貨市場はもう一段安の「絶望」のステージが待っている!?

ホープ、ユーフォリアやパニック?「ウォール街チャートシート」は、ビットコイン市場の現状について教えてくれます。

コインデスクは今回、「ウォールストリート・チャート・シート」を使ってビットコインの価格分析を行いました。

チャートは下記になります。

(引用元:https://www.coindesk.com/panic-mode-what-a-wall-street-chart-tells-us-about-bitcoins-price)

これは、ある資産の値動きと投資家心理を反映させたもので、複数のステージに分かれています。

①不信(disbelief)
②希望(hope)
③楽観(optimism)
④信用(belief)
⑤スリル(thrill)
⑥幸福(euphoria)高値
⑦怠惰(complacency)
⑧不安(anxiety)
⑨否認(denial)
⑩パニック(panic)
⑪絶望(capitulation)底
⑫怒り(anger)2番底
⑬憂鬱(depression)→①に戻る

例えば、初めは「大丈夫かな」と「不信感」で買ったものが徐々に価格が上昇するにつれ、「希望」「楽観」に変わってゆき、最高値で「幸福」を味わうといった具合です。

投資を行った人なら誰でも経験したことのある心理状態でしょう。

そして、まさに昨年12月の高値が「幸福」であり、現在はステージ10の「パニック」であるとコインデスクは分析。

まだ「絶望」のステージが残っており、ビットコインは節目である3000ドルを割り込み、市場全体がもう一段安になると分析しています。

これに関しては、時間軸などで見方も変わってくるので一概には言えませんが、上記の「ウォールストリート・チャート・シート」はビットコインの日足チャートに似ているのも確かです。

 

「市場に恐怖心が蔓延したときこそ投資のチャンス」

上記に挙げたのは決して仮想通貨だけでなく、株や為替、全ての投資に当てはまる話です。

世界最大の投資家ウォーレン・バフェットは、リーマンショックで市場が「絶望」状態にあるとき、米国株を買っていたことで有名です。

ダウ 月足

「相場は大衆心理の逆をいく」といったことは相場の格言として有名ですが、現在の仮想通貨以上においても同じことが言えるのかもしれません。

確かに金融危機が起き、世界は大不況に陥り、メディアでは「終わった」という論調が報道される中、10年先を見越して投資をおこなったバフェットの投資家としての目は優れたものがあったのでしょう。

このことを考えれば、現在の仮想通貨市場においても長期的な視点で考えることが必要とされているのかもしれませんね。

 

まとめ

今回、コインデスクが行った分析ですが、確実なものではないのでその点は注意したいところ。

しかし、現在は投資家のセンチメントも低下しているのは確かで、投資するにはチャンスかもしれない可能性はあります。

その点を踏まえつつ、長期的な視点をもって相場動向を注視していきたいところですね。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「ビットコインは3000ドル付近まで下落」!来年は機関投資家の本格参入の年!?モルガン・クリーク・デジタル・アセッツ

仮想通貨投資会社モルガン・クリーク・デジタル・アセットのアンソニー・ポンプリアーノ氏は、先月末、CNBCの番組に出演し予想を語りました。

以前の予想ですが、かなり的を得ているので紹介したいと思います。

要点

・来年は機関投資家の本格参入?
最近話題になっているのが、この市場の低迷は個人投資家によって引き起こされているという指摘です。ポンプリアーノ氏も似たような見解を示しています。

 ビットコインは3000ドルまで下落!市場の低迷は個人投資家によって引き起こされている?

CNBC最新Videoのビットコインは、前の高値の 85% で終了します。専門家: アンソニー・ポンプリアーノ、モーガン・クリーク・デジタル・アセットは、ビットコイン急落と彼は仮想通貨の弱気理由を議論するために「スクォークボックス」に参加。

CNBCの番組に出演したモルガン・クリーク・デジタル・アセットのポンプリアーノ氏は、まずビットコインが3000ドルまで下落すると指摘。

番組が放送されたのは先月末であり、ビットコインは今よりも高い価格で推移していました。

なので、この予想は現段階でかなり的を得ていると言って良いでしょう。

その理由として、3000ドルは昨年高値から85%下落した価格であり、重要な節目になるからとのこと。

しかし、裏を返せばポンプリアーノ氏の指摘は3000ドルが底になるとも解釈できます。

また、ここ数年間は、個人投資家が市場を牽引してきたと説明。

現在の市場の低迷も個人投資家によって引き起こされていると述べています。

このことは、ノボグラッツ氏なども指摘していることで、ポンプリアーノ氏は来年以降、機関投資家が本格参入する年になると述べています。

 

来年以降、仮想通貨市場は低迷から抜け出せるか?

足元では、弱気相場が継続していますが、長期的には前向きな見解を示す専門家は多数います。

そして、中には年明けにすぐ価格が上昇していくという専門家も多く。

Quoine栢森社長「ビットコインは過去最高値更新」来年は仮想通貨第2章開幕!?

仮想通貨市場は2019年3月までに反転へ!著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!

これらの専門家の指摘が正しいかはさておき、年明けには相場を左右する重要材料が多くあります。

なので、年明け1月から3月というのは、ひとつの節目になるでしょう。

仮にこれらの材料で市場が上昇しなければ、相場が上昇する別の材料が必要ということになります。

そのためにも、まずは直近のビットコイン3000ドルを注視しつつ相場動向を見極めたいところです。

 

まとめ

ポンプリアーノ氏の指摘が正しければ、ビットコインは3000ドルまで下落するとのことなので、今後の相場動向に注目です。

また、先日も当ブログでお伝えしましたが、直近ですでにビットコインの安値は3200ドルと良いところまで下がっているので、ここから価格が反発していくか注目となるでしょう。

低迷は続いているものの、ポジティブな材料も多くあるので、来年以降、価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【12/10】今週の仮想通貨市場はどうなる?下落が続く中引き続きビットコイン3000ドルに注目か!

先週、ビットコインが再び年初来安値を更新し、引き続き仮想通貨市場の下落が続いています。

今週の仮想通貨の注目材料・価格をまとめました。

要点

・今週も重要なサポートである3000ドルに注目か
昨年来のサポートであり、重要な節目となるビットコインの3000ドルは多くの専門家・投資家が注目しています。現時点でこの価格帯に近づいているため、サポートにして反発できるかが最大の焦点となりそうです。

 ビットコイン3000ドルの死守が最大の焦点に

ビットコイン円 日足 2017年8月~

週末は価格が反発したものの、ビットコインはまだ「底をつけた」とは言い難いチャート形状をしています。

そして、先週年初来安値を更新したことにより、多くの専門家・投資家が注目している3000ドル(チャート赤い点線)に近づいています。

3000ドルは2017年8月以来サポートされている重要な価格帯です。(チャート赤丸の箇所)

仮にここを割り込むと、チャート上ではサポートを失い、2400ドル・1500ドルまで下落する可能性も出てきます。

一時的に割り込むことはあるにせよ、十分に価格が反発するうちは、3000ドル以上を維持できるかが最大のポイントとなりそうです。

 

「長期的な発展」はコンセンサスになるも足元の相場は不明

以前から当ブログでお伝えしているように、専門家は相場はいずれ回復していくというのがコンセンサスになっています。

「次の10年でビットコインの価格は20倍」資産運用会社モルガン・クリークCEOの見解とは!?

しかし、足元でこの弱気相場がどこまで続くのかは意見が別れるところ。

早ければ、年明けすぐに価格が上昇するという専門家もいれば、2020年まで低迷が続くというものもいます。

2019年6月?2020年まで!?市場の低迷はいつまで続くのか!3名の専門家による見解

相場の反発・価格予想については難しいですが、ひとつの節目としては年明けに控える重要イベントです。

先日、ナスダックは公式にビットコイン先物をローンチすることを発表、またSEC(米証券取引委員会)はビットコインETF可否判断を延期したことからますます2019年1月から3月の重要性は高まっています。

①1月27日・Bakktのビットコイン先物リリース
②2月27日・VanEck版ETF可否判断の最終締め切り(現状のルール上延期不可)
③ナスダックのビットコイン先物ローンチ(1月から3月予定)
④運用規模800兆円Fidelityのサービス開始(1月から3月予定)

繰り返しにはなりますが、上記の材料で相場が大きく上昇する可能性は残されているので、引き続きその動向に注目でしょう。

 

まとめ

今週以降も、ビットコイン3000ドルのサポートに注目でしょう。

ここが決壊すれば、仮想通貨市場がさらに一段安になる可能性があり、反対に重要なサポートな上ここから価格が反発していく可能性もあります。

価格の低迷は続いていますが、考えようによっては投資のまたのチャンスとも言えます。

年明けの重要材料の動向を追いつつ、相場動向を注視したいところです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「仮想通貨の未来は今までにないほど明るい」!ロジャー・バー氏が発言!その根拠は?

「ビットコインジーザス」の異名を持ち、ビットコインキャッシュ支持者の筆頭でもあるロジャー・バー氏がブルームバーグのインタビューに応えました。

同氏は、ビットコインキャッシュだけではなく、仮想通貨全体に強気の姿勢を示し、その根拠を語りました。

要点

・弱気相場でも前向きな展望を
バー氏はハッキング被害に関しても仮想通貨がそれだけ価値があるからと言及。前向きな見解を示しています。

 仮想通貨の未来は今までにないほど明るい

仮想通貨の未来はこれまでにないほど明るい、Bitcoin.comのバー氏はいう

バー氏は足元で弱気な動きが続いている中でも仮想通貨業界全体に強気の見解を示しました。

その根拠として、仮想通貨の認知、採用、発展がこれまでにない規模で進んでいることを挙げました。

確かに、市場の材料にならない企業の採用を含めれば、日々仮想通貨に対するトピックは多くあります。

また、現在議論されているビットコインETFや、G20の声明でもあった仮想通貨規制も今年は実施こそされていないものの、議論は進展した年だったといえるでしょう。

バー氏は仮想通貨の進展がわかる具体例として、オハイオ州が企業の税金支払いに仮想通貨の使用を許可する構想があるのを挙げました。

また、今年相次いだハッキング被害に関しては、仮想通貨が価値があることの裏付けだと主張し、前向きに捉えているようです。

これらを踏まえた上で、仮想通貨の今後はその通貨の機能を高めることと述べています。

 

市場の低迷の中でも専門家は強気姿勢崩さず

12月に入っても仮想通貨市場は年初来安値での推移が継続、価格が反発する気配もみられません。

しかし、期間こそ違いますが、専門家は基本的に長期的(数年から10年のスパン)に前向きな展望を述べています。

ファンドストラッド社トム・リー氏は、長期的にみて価格が上昇することを考えれば、現在の価格低迷は仮想通貨を買うチャンスとコメント。

「仮想通貨を買うなら今」ファンドストラッド社代表トム・リー氏が発言!これから価格が上昇する理由とは?

ベンチャーキャピタル「クリプトオラクル」のルー・カーナー氏は、現在の仮想通貨市場は過去のアマゾンに似ているとコメント。

アマゾン株もドットコムバブルの際に暴落したことから、同じように仮想通貨市場も長期的な視線でみるべきだという見解を示しています。

Amazon株も90%下落していた!過去のアマゾンのチャートを分析!仮想通貨VCクリプトオラクルが指摘!

 

まとめ

今回のバー氏の発言は、かなり的を得ていると言ってよいでしょう。

確かに、日々仮想通貨の開発は進められており、企業の採用や規制に関しても前進しています。

そしてバー氏の指摘するように、現在の仮想通貨は実用段階に至っておらず「通貨の機能を高める」のは来年以降も根本的な課題になりそうです。

来年以降も、仮想通貨が発展すること、そして価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ナスダック(Nasdaq)へビットコイン先物上場が確定!2019年第一四半期の注目材料に!

ブルームバーグが関係者筋の発言として伝えていたナスダックのビットコイン先物上場ですが、先日、ナスダックが公式に上場へ向けて準備中であることを明かしました。

要点

・注目が集まる2019年第一四半期
これで2019年第一四半期は、BakktやFidelityといった大型イベントが目白押しになりました。年末から年明けにかけての相場動向は引き続き注目でしょう。

 ナスダックがビットコイン先物上場へ向けて準備を進めていることが判明

https://twitter.com/_mars75/status/1069621384026951682

仮想通貨の強気のサイン

今回、ナスダックのメディアチーム、ヴァイスプレジデントのジョセフ・クリスティナット氏がインタビューに応じ、先日リークされたブルームバーグの情報は本当だったと述べ、2019年3月までに上場を目指して準備段階であることを明かしました。

同氏によると、現在は米商品先物取引委員会(CFTC)と調整を進めている段階であり、承認を待っているとのことです。

また、Bakktは先物の価格の裏付けとして、ビットコインの現物を保管する方法をとりますが、ナスダックの先物がどのようなタイプになるのかは明かされていません。

仮に、ナスダック先物もBakktと同じような方法がとられるのであれば、市場の影響度も高くなると考えられます。

詳細については今後も情報が出てくる可能性が高いので、引き続きナスダック関連の情報は要チェックでしょう。

 

2019年第一四半期の重要性増す

これで、年明けは、2019年の仮想通貨市場を象徴するような大型イベントが出揃うことになります。

①Bakktのビットコイン先物ローンチ
②運用規模800兆円のFidelity
③ビットコインETF可否判断(延期された場合2月)
④ナスダックの先物ローンチ

これらは全て、当局に規制された取引を実現し市場の資金流入が期待できるイベントです。

先日もQuoine栢森社長が、2019年は仮想通貨にとって新たなスタートとなる年になると発言。

Quoine栢森社長「ビットコインは過去最高値更新」来年は仮想通貨第2章開幕!?

G20でも、世界的な仮想通貨規制策定が決定される中、これらの要因を背景にして新たな投資家が参入してくるかが焦点となりそうです。

G20「私たちは銀行ではない金融仲介業における継続的な発展を楽しみにしている」!いよいよ国際基準の規制を策定へ!

また、足元では年初来安値圏での推移が続いていますが、年明けから相場が上記に挙げた材料をどのように消化していくか注目でしょう

 

まとめ

ナスダックのビットコイン先物上場に関しては、引き続き詳細などその動向に注目です。

特に、先物がローンチされる日程、それと先物価格がビットコイン現物によって担保されるのかは注目のポイントになるでしょう。

そして、ナスダック先物含め、引き続きビットコインETF、Bakktの動向などは、2019年第一四半期にある材料としてまとめて注視したいところです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Quoine栢森社長「ビットコインは過去最高値更新」来年は仮想通貨第2章開幕!?

国内仮想通貨取引所Liquidを運営するQuoine栢森社長がブルームバーグのインタビューに応えました。

同氏は来年が再び仮想通貨市場が盛り上がるとコメント、ビットコインは過去最高値に達すると発言しています。

要点

・仮想通貨第2章開幕!?
栢森社長は、金融庁が来年以降、新たな取引所の認可や仮想通貨の上場も認めるとコメントし、業界が再び盛り上がると見込んでいるようです。

2019年は仮想通貨第2章開幕か!?

栢森社長はブルームバーグのインタビューに、全編英語で応えました。

①相場の底は近い
②来年は金融庁が新たな取引所や仮想通貨の上場を認可
③それに伴いビットコインは過去最高値を更新

栢森社長は、来年の仮想通貨市場について強気の見解を述べました。

まず、注目なのは直近のマイニング業者の廃業。

最近は価格の低迷に伴い、マイニング業者の廃業が話題になっていますが、これは相場が底になるとコメント。

一見ネガティブなニュースですが、栢森社長は経済が均衡になるグッドニュースとして捉えているようです。

また、来年は金融庁が新たな取引所の上場や、仮想通貨の上場も認可する年になると発言。

再び仮想通貨市場が盛り上がり、ビットコインは過去最高値を更新するとの見解を示しました。

来年はコインベースのサービス開始も予定されていますが、新たな仮想通貨が上場するのは楽しみですね。

国内の業界動向については、今年出た業務改善も完了しており、2019年は新たなスタートになる年だとコメントしています。

ビットコインが過去最高値を更新するかはさておき、国内の業界の第一線に立つ栢森社長の発言は説得力がありますね。

 

仮想通貨市場は2019年に新たなスタートを切れるか

今年は、振り返ってみれば仮想通貨の価格低迷、ハッキングなど、仮想通貨市場・業界にとって苦難の年だったのは間違いありません。

しかし、来年以降、再び市場が盛り上がっていくとみている専門家も多いです。

今年は年末だけではなく年明けも激熱期間か!?相場が上昇する重要材料を解説!

特に、年明け3カ月はBakkt、Fidelity、ナスダックのビットコイン先物上場、ビットコインETFと重要なイベントが多く控えています。

これらに共通して言えるのは、規制の明確化と新たな資金流入

上記に挙げた材料の動向がどうなるかはわかりませんが、2019年は栢森社長のいうように仮想通貨の第2章が始まる年にしたいものです。

 

まとめ

今年は仮想通貨規制がずっと議論されてきた年でしたが、それは「議論」の段階にとどまりまだ世界的に具体的な規制は実施されていないのが現状なので、来年以降も規制関連のニュースは注目です。

特に、ETFや先物、既存の金融機関の参入などは、市場の資金流入の呼び水にもなるので注目でしょう。

先日はG20で世界的な仮想通貨規制も発表されたばかりなので、このままの勢いで栢森社長のいうように、2019年が仮想通貨にとって新たなスタートとなる年になることを期待したいですね。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「次の10年でビットコインの価格は20倍」資産運用会社モルガン・クリークCEOの見解とは!?

資産運用会社モルガン・クリークのCEO、マーク・ユスコ氏はCNBCの番組に出演し今後の展望について語りました。

同氏は、ビットコインは次の10年で価格が20倍以上になると発言、その根拠に迫ります。

要点

・ネットワークとしての価値
ユスコ氏は、ビットコインは単なる通貨ではなくネットワークとしての価値があると語っています。これは専門家で意見が別れていますが、ユスコ氏はそのためビットコインの価格が上昇するとの見解を示しています。

 次の10年でビットコインの価格は20倍以上

トップヘッジファンドのベテランマーク・ユスコ氏、彼はビットコインについて間違っていたことを認めている, しかし、彼はまだそれを長期的な購入を推薦しています.

ユスコ氏は、短期的な価格予想は間違っていたと認めたものの、長期的な視野では買いを入れるのも悪くないとコメントしました。

また、リターンを得るのにそう長い時間はかからないともコメントしており、中期的に価格が上昇するのを見込んでいるようです。

さらに超長期的にはビットコインの価格が20倍以上になるとコメント。

その理由として、ビットコインは通貨としての価値ではなくネットワークとしての価値があることを挙げました。

これはビットコインを使う人々全員がブロックチェーンによってつながっているため、ビットコインが普及すればするほど、その価値は上がるという見解です。

これに関しては、確実な意見ではありませんが、ユスコ氏のような強気の専門家の中にはネットワークとしての価値を唱えるものもいます。

 

長期的に市場が発展していくと見込む専門家

ユスコ氏以外にも、今回の相場の下落において、長期的に市場が発展していくとコメントしている専門家は多くいます。

ファンドストラッド社トム・リー氏は、ユスコ氏同様に、現在の相場は長期的に考えれば仮想通貨を安く買うチャンスとコメント。

「仮想通貨を買うなら今」ファンドストラッド社代表トム・リー氏が発言!これから価格が上昇する理由とは?

また、世界的なテック企業「サスケハナ」のバート・スミス氏、ブロックチェーンキャピタル社のスペンサー・ボガード氏も長期的に市場が発展していくとした上で、短期的な価格の下落は気にすべきではないと楽観的な見解を示しています。

専門家の多くは市場が長期的に発展してゆくとの見解!価格上昇に足りないものは何か?

 

まとめ

このように、専門家の多くは長期的に市場が発展していくとの見解を示しています。

なので、少し時間はかかりますが、気長に待っていたほうが良いのかもしれませんね。

ただ、ユスコ氏もいうように、現在仮想通貨を購入しても、リターンを得るにはそんなに時間がかからないかもしれません。

年明けにはBakkt、Fidelity、ナスダックへのビットコイン先物上場、ビットコインETFと多くの価格上昇イベントが控えているので、年明けから再び市場が上昇していくのにも期待したいところです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【12/3】今週の仮想通貨市場はどうなる!?ビットコインは今後40万円から50万円のレンジが焦点か!

11月に暴落した仮想通貨市場ですが、先月末から落ち着きをみせ、12月に入ってからも安定した推移をしています。

今週の仮想通貨市場のポイントや注目価格をまとめました。

要点

・ビットコインは40万円から50万円のレンジが焦点か
ビットコインは先月末に安値をつけて以降、10万円という値幅の小さいレンジ内で推移しています。足元では、このレンジをどちらにブレイクするかが焦点となりそうです。

 ビットコインは再び値幅10万円のレンジ展開が続く

ビットコインは25日に安値をつけて以降、ざっくりですが安値40万円・高値50万円のレンジ展開が続いています。

ビットコイン円 日足

10万円のレンジといえば、ビットコインは9月から11月の2ヵ月間、価格が上下する展開が続いていました(チャート赤丸の箇所)。

なので、今後ももしかすると、数カ月のスパンで安値で揉み合うといった展開も考えられます。

今後の動きとして考えられるシナリオは下記です。

①直近高値50万円を突破・価格が上昇
②直近安値40万円を下抜け・仮想通貨市場が一段安
③数週間から数カ月のスパンで低価格帯でのレンジ相場が続く

現段階では、まだどのシナリオで動くかわからないため、とにかく直近の高値・安値に注目でしょう。

チャート形状からしても、底をつけてから日が浅いため、完全底打ちしたとは言い難いチャートになっています。

また、ビットコインのレンジブレイク次第では、ルトコイン含め仮想通貨市場が再び全面安になる展開も考えられます。

なので、アルトコインを取引きしている方も、上記に挙げたビットコインのレンジは注目しておいた方が良いでしょう。

 

専門家の見解は?

専門家の見解も分かれており、年末から来年にかけて価格が上昇していくという見方と、今後数カ月はレンジ相場が続くとの意見があります。

現在の相場を専門家はどう見ている?慎重派から強気派まで専門家5名の見解まとめ!

また、大方の下値予想は3000ドル(30万円)ですが、現段階でビットコインはその安値をつけていません(直近の安値は3800ドル)。

専門家の指摘が正しければ、今後30万円までは下がる可能性があるので十分に気をつけたいところです。

しかし、年末から年明けにかけては、重要なイベントが多くあるのも確か。

今年は年末だけではなく年明けも激熱期間か!?相場が上昇する重要材料を解説!

今週以降も引き続き、ビットコインETF,Bakkt、機関投資家参入関連のニュースは注目したいところです。

これからの相場動向に関しては、以前から注目されてきた強気材料に相場がどう反応するかにもかかってくるでしょう。

 

まとめ

まずは、足元のビットコインレンジである40万円から50万円をどちらに抜けるかに注目したいところです。

50万円を抜ければ、ひとまず底をつけたとも言えますし、40万円を下抜ければ市場が再び全面安になる可能性も考えられます。

年末から年始にかけて、ビットコインETF・Bakkt・Fidelityと、今年話題になった大型材料がいよいよ到来するので、それに関連するニュースも引き続き注目となるでしょう。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインETFは承認間近!?米SEC委員長「いくつかの問題は明確化してきている」!

SEC(米証券取引委員会)ジェイ・クリントン委員長が27日、CNBCの番組に出演しました。

同氏は「いくつかの問題が明確化してきている」と述べ、審査が順調に進んでいることを示唆しました。

要点

・ETF承認間近?
今回のクリントン氏の発言からは承認されるかはわかりませんが、審査に進展があったことは伺え、ポジティブに捉えることができるでしょう。

 SECクリントン委員長「いくつかの問題は明確化してきている」

月曜日に CNBC の SEC 会長ジェイクレイトン: キーポイント:

1) 2 番目の有価証券を分離することに熱心されているビットコインは、セキュリティではない-
多くの ICOsは証券であり、あなたは法律の遵守を必要とする

CNBCのインタビューに応じたクリントン委員長は、ICOへの見解を述べました。

その中で、同氏はビットコインは有価証券ではないものの、ほとんどのICOは有価証券に値すると発言、改めて規制が必要なスタンスを述べました。

このインタビューでは、ICOが主なポイントでしたが、現在審査を進めているETFに関しても「いくつかの問題が明確化してきている」と発言。

ETFの審査に一定の進展が伺えるコメントをしました。

また、今回の発言では、ETFが承認されるとは言い難いですが、問題が明確化すればそれを解決すればよいので、上場はそんなに遠くないとも考察することができます。

以前からSECは、市場の価格操作、ハッキングなどのセキュリティー、流動性などの問題を議論しており投資家保護を優先にして審査を進めていると報道されています。

12月末には上場最有力のVanEck版ETFの可否判断も迫っているので、再びETF動向には注目したいところです。

 

VanEck社のディレクターからも前向きな発言

今回は審査する側のSECの発言でしたが、今月には申請する側のVanEck社の発言も伝えられています。

ビットコインETF承認は確実!?申請企業のVanEck社が語る!「取引初日だけで1000億円規模になる」との発言も

VanEck社のデジタル資産部門ギャバックス氏によれば、ETFは上場は近いという強気の発言が。

また、可否判断は最終締め切り期限である2月までずれ込むともコメントしています。

ギャバックス氏の発言は強気に傾いているとしても、少なくとも両者の発言から審査や交渉は前向きに進んでいることがわかるので、引き続き相場の上昇要因となるETFの動向には注目でしょう。

 

まとめ

繰り返しにはなりますが、12月27日に上場最有力とされているVanEck社のETF可否判断締め切りが迫っています。

それに伴い、来月はメディアでもETFに関連する報道が多くなると予想されるので、その動向には注目でしょう。

そして、報道や関係者の発言によっては期待感が高まり相場が動く可能性も。

承認されるか否認されるかはわかりませんが、来年へむけて価格が上昇するのに期待したいところです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「仮想通貨を買うなら今」ファンドストラッド社代表トム・リー氏が発言!これから価格が上昇する理由とは?

仮想通貨に強気のトム・リー氏の発言が話題になっています。

同氏はこれから市場が上昇していくとして「仮想通貨を買うなら今」と現在はチャンス相場である見解を示しました。

要点

・年末ラリー再び?
先日のナスダックビットコイン先物上場の報道以降、市場は大幅反発。年明けの材料が意識され始め、センチメントは大幅に改善しています。

 「仮想通貨を買うなら今」!トム・リー氏が発言!

https://twitter.com/Republia_Group/status/1067363742499946496

仮想通貨調査会社ファンドストラッド社代表であるトム・リー氏は現在コインテレグラフ主催のカンファレンスでスピーチしました。

そこで同氏は、現在の弱気相場が仮想通貨(ビットコイン)を購入するチャンスだと述べました。

今回注目するのは、短期的な話ではなく向う数年にわたる長期的な話ということです。

今年も年末までにビットコインの価格が3倍に!?ファンドストラッド社トム・リー氏が予想!

リー氏は直近で強気の予想を述べていましたが、今回のカンファレンスで「仮想通貨を買うなら今」といったのは、長期的に市場が発展していくので価格が安くなっている現在はチャンスだという意味です。

その例として、現在のビットコインのウォレット数が5000万なのに対し、ビザやマスターカードは46億と多くのユーザーがいると説明。

つまり、キャッシュレスの決済においてビットコイン(仮想通貨)はまだまだ伸びしろがあるとリー氏は主張しています。

 

相場のセンチメントが変わりつつある?ナスダックの先物上場期待感で

今月から暴落していいた仮想通貨市場ですが、昨日、ビットコインは10%を超える上昇。

それにつれ、アルトコインも全面高となり相場が急激に反発、15兆円を割り込んでいた市場の時価総額はあっさりと回復しました。

そのきっかけになったと言われているのが、ナスダックのビットコイン先物上場

ナスダック(Nasdaq)にビットコイン先物上場の噂で相場上昇!年末ラリー再び!?

ナスダックだけが価格の上昇要因になったわけではありませんが、メディアや投資家のセンチメントを変えるのには十分すぎるニュースだったでしょう。

それにより、以前から注目されていたBakkt、Fidelity、ビットコインETFの重要イベントが再度意識される展開に。

これら全ての材料が2019年1月から3月にあることから専門家の中には重要時期と指摘するものもいます。

今年は年末だけではなく年明けも激熱期間か!?相場が上昇する重要材料を解説!

今回のリー氏が「チャンス」と述べているのは、あくまで長期的にみての話ですが、以前から同氏もBakktやFidelityの参入がきっかけで相場が上昇すると指摘している人物です。

また、具体的な価格は避けましたが、2019年も上記の材料がきっかけで、ビットコイン(仮想通貨市場)は急伸すると述べています。

 

まとめ

リー氏が指摘するように、数年のスパンで市場が成長していくことを考えれば、現在の弱気相場は安く買えるチャンスととらえることができます。

また、長期的な話ではなく、年明けの3ヵ月間は価格が上昇するビッグイベントが控えており、相場が上昇する可能性は大いにあるといえるでしょう。

現時点では相場が急上昇しているので、年末から年明けにかけて、そして長期的にも市場が発展し価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また上記の記事のように、長期的に考えれば、価格の安くなっている現在はチャンス相場と考えることもできます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ナスダック(Nasdaq)にビットコイン先物上場の噂で相場上昇!年末ラリー再び!?

昨日まで下落していた市場ですが、本日になってビットコインを筆頭にアルトコインも含め全面高の展開になっています。

その背景にあるのがナスダックへのビットコイン先物上場の噂です。

要点

・ナスダックにビットコイン先物上場
ブルームバーグは関係者筋の発言で、ナスダックがビットコイン先物を上場すると伝えています。

28日の仮想通貨市場は上昇!背景にナスダックビットコイン先物上場の噂?

28日の仮想通貨市場はビットコイン、アルトコイン含め全面高の展開に。

その要因となったのが、ブルームバーグの報道と言われています。

ナスダックは、ビットコイン先物をリストアップする計画を進めている、情報筋は言う

ブルームバーグによると、関係者の発言で、世界第2位の規模を誇る証券取引所ナスダックが、2019年第一四半期をめどにビットコイン先物を上場させることを計画しているとのこと。

仮にこれが本当のニュースであったなら、市場にとって長期的な強気材料になるのは間違いありません。

ただ、注意点としては、まだ「関係者筋の発言」で公式の発表ではないこと。

可能性は低いですが、フェイクニュースの可能性もあるので、引き続き動向に注目でしょう。

しかし、アデナ・フリードマンCEOも以前から仮想通貨市場に参入する発言を繰り返しており、水面下で何か動きがあるのは間違いないでしょう。

 

今年は年末ではなく2019年第一四半期が重要時期に?

ビットコイン先物といえば、2017年は12月にCME、CBOEに上場が決定され、前月の2017年11月から市場の価格は上昇しました。

今年も年末に価格が上昇するとの期待がありましたが、今年の場合は2019年第一四半期が専門家の中で重要視されているようです。

仮想通貨市場は2019年3月までに反転へ!著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!

上記に挙げたナスダックの他に、1月24日にはNYSE(ニューヨーク証券取引所)のBakkt、時期は未定ですが年明けにウォール街大手Fidelityの参入も控えています。

さらに、12月27日にはビットコインETF可否判断も控えており、延期された場合、最終締め切り日が今のところ2月になると言われています。

このように、2019年1月から3月は、長期的に市場を左右しかねない大型のイベントが盛りだくさんとなっています。

 

まとめ

ナスダックの報道に関しては、まだ確定したわけではありませんが、報道元がブルームバーグということもあり、かなり情報の信ぴょう性は高いでしょう。

以前から、ナスダック関連の報道はブルームバーグが積極的に行っているので、引き続きその動向に注目です。

また、これをきっかけに、市場は再び年明けからの強気材料を意識する可能性もあるので、直近のビットコイン3800ドルをサポートに、相場が12月から上昇していくのかにも注目したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointで仮想通貨の購入を始めよう!

 

BITPointは、国内で唯一顧客の資産が補償される信託保全を備えており安全に利用できる取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように、年明けから価格上昇の材料が控えており、価格が下落した今はチャンス相場となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインは今後半年間30万円から50万円を上下!?デジタルID企業シビックが指摘!

連日、様々な専門家の見解が報道されていますが、仮想通貨スタートアップ企業「シビック」CEOが新たに見解を示しました。

同氏は、今後3ヵ月から半年の間が市場にとって重要な時期になるとコメントしています。

要点

・慎重派の見解
今回の暴落に関しては、専門家の中でも意見が分かれており、しばらく低迷が続くという慎重派の意見もあります。

 仮想通貨市場は今後半年間が重要な期間

ビビン・リンガム氏(Civic CEO)は、ビットコインが実際に復活できるかどうかについて語っています。

リンガム氏は、CNBCのインタビューに応じ現在の市場の低迷と今後について展望を述べました。

同氏によると、ビットコインは今後3ヵ月間から半年のうちは30万円から50万円(3000ドルから5000ドル)で推移すると予測。

現在の低迷がしばらく続くとの見解を示しました。

また、30万円は割り込まないだろうとしながらも、今後半年間のうちに価格が回復しなければ、次の安値1500ドル(15万円)まで下落する可能性があると慎重な意見を述べました。

ただ、完全に弱気というわけでもなく、再び価格が上昇し始めれば、市場はまた上昇トレンドに復帰するとも述べています。

また、リンガム氏は「ビットコイン」と限定した言い方をしていますが、ニュアンス的には仮想通貨市場全体のことをさしているでしょう。

 

2019年の半年間は市場にとって勝負の年か

直近の専門家の意見をまとめると、2019年に入ってからの半年間は市場にとって勝負の時期になりそうです。

まず、今回の下落を正確に指摘していた仮想通貨投資家ウー氏は、2019年6月までに市場が底をつけると分析。

2019年6月?2020年まで!?市場の低迷はいつまで続くのか!3名の専門家による見解

また、米著名投資家ノボグラッツ氏は、2019年3月までに市場が反転するとの見解を示しています。

仮想通貨市場は2019年3月までに反転へ!著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!

ノボグラッツ氏は、年明けから開始されるBakktやFidelityといったサービスで、大口マネーが参入してくると指摘。

12月27日は、最も有力視されているVanEck社のビットコインETF可否判断も控えているので注目でしょう。

直近では、価格が下落しているので、上昇材料はあまりメディアで取り上げられませんが、決して価格の上昇要因がなくなったわけではないので年明けからの相場動向は特に注視したいところですね。

 

まとめ

リンガム氏の見解が正しければ、今後3ヵ月から半年間は仮想通貨市場にとって注目の時期となりそうです。

また、同氏が指摘している「ビットコイン3000ドル」も、多くの専門家・投資家が注目している価格帯なので、まずはそこをサポートできるか注目でしょう。

ノボグラッツ氏も指摘しているように、年が明けてからすぐに価格上昇のイベントが多く控えています。

しばらくの間は、相場が動く日が続いているので、トレーダーにとっては退屈しない期間となりそうですね。

 

BITPoint(ビットポイント)のレバレッジ取引なら下落相場でも収益を出すことが可能!

BITPointのレバレッジ取引ならば、下落相場でもショートにして収益を出すことが可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また上記の記事のように、今後しばらくの間は相場が上下する可能性があり、デイトレードなどのチャンス相場となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

来年のビットコイン価格は220万円!?弱気相場に関わらず仮想通貨決済企業Bitpayが大胆予想!

大手仮想通貨決済企業Bitpayの幹部、ソニー・シン氏は22日、ブルームバーグのインタビューに応じました。

同氏によると、19年末のビットコイン価格は15000ドルから20000ドルに達する見込みで、弱気相場に関わらず強気の見解を明らかにしました。

要点

・大口マネーの参入
来年はBakktやFidelityといった大口マネーの参入が期待されており、価格上昇の期待は依然強いようです。

 2019年のビットコイン価格は170万円から220万円まで上昇

https://twitter.com/CashTechNews/status/1065919598296526850

Bitpay COOソニーシン氏:ビットコインは19年に15000ドルから20000ドルに到達する可能性

BitpayのCOO、ソニー・シン氏はブルームバーグのインタビューに応じ、2019年のビットコイン価格が15000ドル(170万円)から20000ドル(220万円)に到達する可能性があるとコメントしました。

価格上昇の要因としては、以前から注目されているFidelityの参入やBakktによるものとのこと。

両サービスも年明けからサービスが開始されるので、その動向は引き続き注目でしょう。

また、その他にもコインベースのIPOを筆頭に業界が規格化されることも価格上昇要因になるとのことです。

これは、いわゆる「規制の明確化」と同じような意味と捉えて良いでしょう。

シン氏は、業界のルール作りが進んでいくことで、資金が流入や市場の盛り上がりにつながると予測しているようです。

 

大口マネー参入の期待は高く

連日、当ブログでお伝えして通り、今回の下落に関しては専門家の中でも見解が分かれています。

市場やメディアのセンチメントも含め、現在は弱気な意見も目立ちますが、シン氏のように来年から再び価格が上昇していくと見越している専門家も多数います。

先日は、米著名投資家ノボグラッツ氏も、2019年3月までに弱気相場が終わり相場が反転するとコメント。

仮想通貨市場は2019年3月までに反転へ!著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!

この他に強気の見解を示しているのは、ファンドストラッド社トム・リー氏が挙げられますが、いずれの専門家も市場が上昇する材料としてFidelityやBakktの参入、それに伴い機関投資家や大手金融機関が参入することを挙げています。

確かに理論上では、これらのサービスは直接価格の上昇につながるので、年明けの相場動向は注目となるでしょう。

 

まとめ

このように、弱気相場に関わらず、専門家による来年の価格上昇の期待は以前高いです。

まずは、指摘されているBakktやFidelityのサービス開始、また年末に可否判断期限であるビットコインETFの動向に注目でしょう。

足元では弱気の見解を示している専門家でも、長期的には再び価格が上昇していくと見込んでいるのがほとんど。

長期的に考えれば、現在は仮想通貨を安く買えるチャンスともとらえられるので、まずは再び価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointで仮想通貨の購入を始めよう!

 

BITPointは、国内で唯一顧客の資産が補償される信託保全を備えており安全に利用できる取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように、長期的に考えれば現在の相場は安く買えるチャンス相場とも考えることができます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場は2019年3月までに反転へ!著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!

大幅な下落に見舞われている仮想通貨市場ですが、米著名投資家マイクノボグラッツ氏は23日、フィナンシャルタイムズへ強気の見解を述べました。

同紙によると、市場は来年前半に反転するとの見解を示しています。

要点

・2019年3月までに反転
ノボグラッツ氏は、大口マネーが参入することにより、市場は2019年3月までに反転するとのこと。弱気相場にありながら、以前からの強気の見解を変えていません。

 2019年3月までに大口マネーが参入

仮想通貨界のゴールドマンサックス:マイク・ノボグラッツ氏は実際にギャラクシーデジタルを発見した悪名高い金融犯罪者を捨てて、今は「複雑です!」と言っています。空腹を押して仮想通貨のクラッシュについて聞く

ノボグラッツ氏は、現在のような弱気相場に関わらず、来年第一四半期(2019年3月)までに大口マネーが参入し市場が反転するとの見解を示しました。

ノボグラッツ氏は以前も同じような理由で価格の上昇を予想していますが、現在のような流れにあってもその予想を変えていないようです。

 

価格上昇の要因も変わらず、1月に開始されるBakktや年明けにサービスが開始されるFidelityを挙げています。

同氏の見解が正しいかまだわかりませんが、重要なサービスが開始される年明けの3ヵ月間は、注目の期間となるでしょう。

 

今回の相場下落にかんしては専門家から意見が多数

今回の下落にかんしては、専門家から様々な意見が出ていますが、ノボグラッツ氏も含めまとめると以下のようになります。

弱気派:市場の低迷がしばらく続くという見方

強気派:市場が再び上昇するという見方(短期から長期まで様々)

ビットコインの6000ドルと時価総額20兆円を下回ったインパクトは強く、専門家の中でも意見が別れていますが、ざっくり上記2つの立場に分かれています。

ノボグラッツ氏はもちろん強気の立場になり、ノボグラッツ氏以外にはファンドストラッド社トム・リー氏が挙げられます。

ただ、10年や20年のスパンでは、いずれの専門家も市場が上昇していくと見込んでいるので、足元の相場については動きが落ち着くまで冷静になって動向を注視したほうがよいでしょう。

 

まとめ

ノボグラッツ氏の見解が正しければ、来年の3月までに市場が反転するとのことなので、相場の動向を注視したいですね。

また、同氏が指摘しているBakt、Fidelityといったサービスは年明けから一斉に始まるので、その動向にも注目でしょう。

現在は弱気相場が継続していますが、長期的に考えれば安く買えるチャンスともとらえることができます。

まずは市場が落ち着くのを待って、価格が再び上昇していくのに期待したいですね。

 

BITPoint(ビットポイント)のレバレッジ取引なら下落相場でも収益を出すことが可能!

BITPointのレバレッジ取引ならば、下落相場でもショートにして収益を出すことが可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また上記の記事のように、長期的に考えれば安く買えるチャンスとも考えることができチャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【11/26】今週の仮想通貨市場はどうなる?下落止まらず!ビットコイン3000ドル死守に注目か!

週末のビットコインは、いよいよ節目であった4000ドルから5000ドルのレベルも下抜け。

仮想通貨市場の大暴落が続く中、今週の注目価格をまとめました。

要点

・3000ドルが今後の展開を左右する最後の砦!?
チャート的には3000ドルが次の重要なサポートに。専門家の中でも3000ドルを重要視しているものもいます。仮に3000ドルを割り込むと、市場がさらに急落する可能性があるので、今週も重要な週となりそうです。

 ビットコインはいよいよ4000ドル割れ!市場全体の時価総額は15兆円を下回る

ビットコインドル 日足

週末のビットコインはいよいよ重要なサポートがあった4000ドルから5000ドルの水準を下抜けました。

それにより、仮想通貨市場全体が暴落。

市場全体の時価総額は15兆円を下回り、アルトコインの価格も暴落しています。

専門家の中にも指摘しているのが多いですが、次の重要なサポートは3000ドルになります(チャート上赤い点線)。

ここは、昨年8月から10月に機能していた重要なサポートであり、仮にここを下抜けてしまったらブルームバーグのアナリストも指摘している1500ドルまでの下落も視野に入ってくるでしょう。

3000ドルのサポートが機能していた期間(上のチャート赤丸の箇所)を拡大したものが下記になります。

ビットコインドル 日足 2017年8月~10月

3000ドルは対円でいうと、およそ30万円から31万円のレベル。

今週は下落が続いた場合、この価格帯で下げ止まるかが最大の注目ポイントとなりそうです。

仮に3000ドルも割り込んでしまうと、メディアや投資家のセンチメントは一段と悪くなりそうです。

 

専門家は長期的な目線で市場を解釈

足元の価格下落により、センチメントの悪化は避けられませんが、専門家は長期的な目線で考えているようです。

専門家の多くは市場が長期的に発展してゆくとの見解!価格上昇に足りないものは何か?

Amazon株も90%下落していた!過去のアマゾンのチャートを分析!仮想通貨VCクリプトオラクルが指摘!

また、今回の下落要因はビットコインキャッシュの「ハッシュ戦争」米国株式・原油の暴落など様々指摘されていますが、現在の仮想通貨市場は一種のパニック売りに陥っていることは否めないでしょう。

今回はビットコイン6000ドルという市場にとっても重要なレベルを割り込んでしまったため、回復するのにもそれなりの時間がかかると考えられます。

2019年6月?2020年まで!?市場の低迷はいつまで続くのか!3名の専門家による見解

ただ、どの専門家でも、長期的に考えれば市場は再び上昇していくと考えているのがほとんどです。

まずは直近のビットコイン3000ドルを注視しつつ、市場がどこで下げ止まるのかを注視したいものです。

 

まとめ

今週は、ビットコインの3000ドルが死守されるかが最大の注目ポイントなりそうです。

また、ビットコインキャッシュのハッシュ戦争が下落の要因になっているとの指摘もあるので、そちらの動向もチェックしておいた方が良いでしょう。

ただ、足元では弱気相場が継続していますが、専門家の多くは長期的に考えて前向きな見解を示しています。

まずは、何円で下げ止まるか引き続き相場動向が注視される週となりそうです。

 

BITPoint(ビットポイント)のレバレッジ取引なら下落相場でも収益を出すことが可能!

BITPointのレバレッジ取引ならば、下落相場でもショートにして収益を出すことが可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また上記の記事のように、現在は暴落相場にありますが、価格が下落してもレバレッジ取引なら売りから入って収益を出すことも可能です。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

専門家の多くは市場が長期的に発展してゆくとの見解!価格上昇に足りないものは何か?

世界的なテック企業でトレーディングも行うサスケハナのデジタル資産部門トップ、バート・スミス氏が20日、CNBCの番組に出演しました。

スミス氏は「ビットコインは長期的なゲーム」とコメントしながらも、現在の仮想通貨市場の欠点を指摘しています。

要点

・仮想通貨の問題点
スミス氏は機関投資家が未だにビットコインを購入するのは難しいと指摘。仮想通貨市場のインフラが整っていないことが、価格上昇を妨げている要因だと指摘しています。

 「ビットコインは長期的なゲーム」

私はまだ長期的なビットコイン信者、仮想通貨王は言う

「仮想通貨王」の異名でも知られるサスケハナのデジタル資産部門トップ、バート・スミス氏は現在の相場についてコメントしました。

同氏は、現在の弱気相場について「ビットコインは長期的なゲーム」とコメントし、短期的な価格の下落を気にすることはないと指摘しました。

スミス氏はビットコインに限定していっていますが、このことは仮想通貨市場全体にも当てはまるテーマでしょう。

また直近では、ブロックチェーンキャピタル社のスペンサー・ボガード氏も同じような見解を示しており、短期的な価格の下落はあっても長期的な可能性が失われたわけではないとコメントしています。

このように、専門家の多くは現在の弱気相場を認めつつも、長期的には楽観的な見解を述べているものが多いです。

 

現在の仮想通貨の問題点は何か

今回のビットコイン年初来安値決壊は、これまで抱えてきたビットコインの矛盾点が爆発した結果とも言えるでしょう。

①マイナーが独占しているという問題(ビットコインキャッシュのハードフォーク問題)
②ビットフィネックスのテザー問題
③仮想通貨市場を取り巻く規制の不透明感

さらに、スミス氏は「機関投資家がビットコインを買うのは未だに難しい」とコメントし、規制が十分に整っていないことを指摘しています。

価格の下落要因は、諸説ありメディアでも議論されていますが、今回の下落や今年に入っての仮想通貨市場低迷はその問題全てが未だに解決していないことが原因となっているのは間違いないでしょう。

しかし、規制に関しては、来年FATFが世界基準のガイドラインを策定するほか、年明けからはBakktやFidelityなど、既存の金融機関が多く参入することも決定しています。

仮想通貨市場が未熟なのは間違いありませんが、スミス氏のいうように長期的にはポジティブだとすれば、時間はかかるかもしれませんが今後の展開に期待したいところですね。

 

まとめ

このように、専門家の多くは仮想通貨市場が長期的に発展していくとの見解を示しています。

なので、足元の相場は弱気な動きが継続していますが、来年以降再び相場が上昇していくのに期待したいですね。

そのためには、スミス氏が指摘する規制の問題などがあるのは確かでしょう。

引き続き規制動向と、それ合わせた既存の金融機関がらみの報道は注目となりそうです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、国内で唯一顧客の資産が補償される信託保全を備えており安全に利用できる取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

現在の相場は価格は低迷しているものの、激しく上下しておりトレーディングのチャンス相場となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【11/22チャート分析】ビットコインは48万円がサポートされた形に!XRP(リップル)も下値維持でレンジ相場へ!

週の頭から再び暴落した仮想通貨市場ですが、21日で一旦底値をつけた形になりました。

専門家の意見を踏まえつつこれまでの値動きを振り返ります。

要点

・ビットコインは48万円がサポート
短期的ではありますがビットコインは48万円がサポートされた形に。今後、このサポートを割り込まず価格が反発していけるかがポイントとなりそうです。

 ビットコインは48万円がサポート!リップルはレンジ相場の展開へ

ビットコイン円 5分足 20日~

今週の頭から下落していたビットコインですが、22日の時点で一旦は下げどまった格好となっています。

安値は赤丸の箇所で48万円、21日には一時46万円の安値をつけましたがすぐに買いが入り反発しています。

2度安値をつけにいったあとは、買い注文あるいはショート筋の買戻しが入っている現状です。

まだ短期的でわかりませんが、仮に48万円以上をこのままキープできれば、市場が再び上昇できる可能性が高まるので、今後数日間は48万円(46万円から48万円のレベル)に注目です。

ここを割り込んでしまうと、もう一段下のレンジに移行する可能性も出てきます。

XRPUSD 日足

上記はXRPの対ドルの日足チャートです。

XRPは他のアルトコインに比べ際立って強い動きをしています。

その証拠に、他のアルトコインが年初来安値を更新する中、XRPは9月来のサポートを維持しています。

また、時価総額もイーサリアムを抜き2位に浮上し、価格は下落しているものの一定の資金が流入していることが伺えます。

9月からは0.40をサポートにしているので、それより高い価格を維持できるか注目でしょう。

 

専門家の見解や今後の価格上昇材料

今回の暴落騒動は、以前と違い、ビットコイン6000ドルの重要なサポートが決壊したため、市場にとってはかなり大きなダメージとなっています。

市場全体の時価総額も今月23兆円あったものが、本日時点でおよそ17兆円近くまで減少しています。

ファンドストラッド社アナリスト、ロブ・スライマー氏は、数カ月はかからないまでも市場が回復するのは数週間はかかるとコメント。

今回の下落を見事に予想した仮想通貨投資家ウィリー・ウー氏は、2019年6月まで弱気相場が継続するとツイートしています

同じくファンドストラッド社アナリスト、トム・リー氏は残り1ヵ月間で価格が3倍になると強気の予想をしていますが、専門家の見解は強気と弱気が両方あるので、現状は冷静に相場の動向を追った方がよさそうです。

今年も年末までにビットコインの価格が3倍に!?ファンドストラッド社トム・リー氏が予想!

ただ、リー氏も指摘しているように、年始からはBakktといった以前から注目されていたイベントも多くあります。

今後はそれらのイベントに注視しつつ年末から年始にかけて価格が上昇するか注視したいところです。

 

まとめ

ビットコインは48万円から50万円のレベルで下げ止まっているので、今後しばらくの間はそのサポートで反発できるか注目となりそうです。

仮にサポートされれば、仮想通貨市場全体が再び浮上できる可能性も出てきます。

また、専門家の中には引き続き、年末から年始にかけて価格が上昇すると指摘するものもいるので、Bakktといった価格上昇材料にも注目でしょう。

 

BITPoint(ビットポイント)のレバレッジ取引なら下落相場でも収益を出すことが可能!

BITPointのレバレッジ取引ならば、下落相場でもショートにして収益を出すことが可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

現在の相場は価格が激しく動いてトレードで収益を出しやすい相場となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

今年も年末までにビットコインの価格が3倍に!?ファンドストラッド社トム・リー氏が予想!

弱気相場が継続していますが、ファンドストラッド社トム・リー氏は強気の予想を変えていません。

20日にCNBCのインタビューに応じ、年末の価格についてコメントしました。

要点

・2017年と同じ展開はくるか
昨年は11月から12月まで価格はおよそ3倍に上昇しました、現在は弱気の流れにありますが、リー氏はなお強気の予想を変えていません。

 ビットコインの価格は3倍に!トム・リー氏が予想

あなたは、ビットコインが PayPal と多くの取引として ex 移動知っていますか?Paypal のマーケットキャップは $ 92B です。ビットコインはまた、ランダムにあなたの資金を凍結し、何ヶ月も保持されません。

リー氏は、現在の市場がネガティブであることを認めつつも、年末にはビットコインの価格が15000ドル(170万円)になると予想しました。

リー氏はこれまで年末の価格を2万5000ドル(270万円)と予想していましたが、今回の暴落により予想価格を下方修正。

しかし、それでも現在の価格から3倍であり、強気の予想であるのは変わりありません。

価格上昇要因としては、Bakktの開始による機関投資家の参入を挙げています。

もうひとつ、規制が明確化していくことにより、機関投資家参入のハードルが下がるともコメントしています。

ただし、昨日の時点で、リー氏が上昇要因として挙げているBakktのサービス開始は1月に延期することが発表されています。

 

リー氏も指摘する年末から年始にかけての価格上昇材料

リー氏が予想しているのはビットコインの価格ですが、基本的にBakktや機関投資家の参入は、仮想通貨市場全体にとってポジティブなニュースです。

延期が発表されたBakktを含めると、専門家が指摘する価格上昇材料は以下のようになります。

①12月27日・ビットコインETF可否判断
②1月24日・Bakktのビットコイン先物取引開始
③年明け・Fidelityのサービス開始

価格に関しては、現在ビットコインが4400ドルで下げ止まっているので、リー氏が指摘するようにここから価格が上昇していくか注目でしょう。

 

まとめ

現在の相場は弱気の流れにありますが、リー氏にように前向きに捉えている専門家もいます。

リー氏以外には米の著名投資家マイクノボグラッツ氏も機関投資家の参入を理由に価格上昇を予想しています。

価格に関しては、ビットコインが5000ドルを死守し、かつ仮想通貨市場全体の時価総額が20兆円を回復するのが、今後の価格上昇において重要なポイントになりそうです。

長期的には、リー氏のようにポジティブに捉えている専門家は多いので、現在の相場は価格が安くなっているチャンスと捉えたいですね。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、国内で唯一顧客の資産が補償される信託保全を備えており安全に利用できる取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように現在は価格が下落しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの重要なサポートである4400ドル近づく!XRP(リップル)への資金移動が起こっている!?

19日から再び全面安となっている仮想通貨市場ですが、20日も反発する様子はみられません。

また、時価総額2位に浮上したXRPは主要な通貨の中で下落率が低く、一部の専門家からは資金移動が起こっていると指摘されています。

要点

・ウィリー・ウー氏の指摘
2ヵ月前から下落を予測していたウィリー・ウー氏は、ビットコインの最後のサポートを4400ドルと指摘しています。20日時点で、5000ドルが決壊しているので、ウー氏の指摘するポイントに注目でしょう。

 ビットコインは5000ドルを割り込む!次なるサポートはどこか

昨日紹介したフォロワーおよそ8万人を誇る海外の著名仮想通貨投資家ウィリー・ウー氏は今回の下落を2ヵ月前から予測していました。

同氏によると、4900ドルが下落が一度下げ止まるポイントであり、本当の最後のサポートは4400ドルと指摘しています。

ビットコインは50万円まで下落する?仮想通貨市場は一体どこまで下落するのか!?

本稿執筆時点で、ビットコインは4700ドル前後で推移。

ビットコインドル 5分足 19日~

ウー氏の指摘している「最後のサポート」に近づいています。

4400ドルというのは、中途半端な数字でわかりづらいですが、現在の円の価格(113円)をかけると497000円となります。

なので、49万円から50万円で下げ止まるかは、今後の注目ポイントとしてみておいて良いでしょう。

仮に、このサポートも決壊すると、次の重要な価格帯は3000ドルとなり、さらなる下落も考えられます。

ウー氏は、4400ドルに到達した後は、さらに下落するのか・そこから上昇するのかは「わからない」とツイートしています。

 

一部ではXRPへの資金移動説も

主要なアルトコインが暴落している中、XRPは先週から強い動きをみせています。

時価総額も先週と変わらず2位のままですが、イーサリアムとの時価総額の差は20日時点で5000億円となっており、その差は開いてきています。

XRP(リップル)が時価総額2位に浮上!仮想通貨市場は暴落も専門家は楽観的な見解?

一部では、ビットコインキャッシュのハードフォークで顕在になった「マイナーの問題」により、投資家がマイニングやマイナーの覇権争いがある通貨からXRPに資金を動かしているという指摘もあります。

これらのハッシュウォーは、誰もが ビットコインとビットコインキャッシュをダンプし、XRP にすべての彼らのお金を移動させる必要がある理由を強調!

先週から今週にかけての動きをみると、ヌナー氏の指摘するようにXRPへの資金移動は起こっていると考えても良いでしょう。

引き続き相場動向からは目が離せなさそうです。

 

まとめ

ビットコインに関しては、ウー氏の指摘する4400ドルのサポートが近づいているので、今後数日は注目となりそうです。

仮に、そのサポートも決壊してしまうと、チャート上では次の有力なサポートが3000ドルとなり、さらなる下落も考えられます。

今週はかなり激しく相場が動いているので、サポートを見極めつつ、その動向を注視したいところです。

 

BITPoint(ビットポイント)のレバレッジ取引なら下落相場でも収益を出すことが可能!

BITPointのレバレッジ取引ならば、下落相場でもショートにして収益を出すことが可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

現在は下落相場にあり買いで儲けることはできませんが、ショート(売り)にすれば反対にチャンスの相場となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.