00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

南米の資金流入が米ドルを超える!価格上昇の要因とみる向きも!

仮想通貨データサイト「Cointrader Monitor」によると、ブラジルのビットコイン取引量が米ドルを一時的に超えたとのことです。

新興国とビットコインの関係については、引き続き重要な局面が続きそうです。

要点

・新興国と仮想通貨
新興国では政局不安により、仮想通貨が買われるという現象が昨年からみられます。既存の金融市場にとってはネガティブですが、仮想通貨市場にとってはポジティブな要素となるので、今後も注目でしょう。

 ブラジルでビットコイン取引量が急上昇

ブラジルは10万ビットコインを取引し、ラテンアメリカの記録を打つ

Cointrader Monitorが10日に報告したデータによると、南米ブラジルにおいて当量が10万BTCを超えたとのこと。

さらにレアルでの取引量は過去24時間で4.75億ドル(530億円相当)に上り、米ドルの取引量を一時的に超えたとのことです。

この背景には、当日同国のGDPが前月比で減少したことにより、経済的な懸念からビットコインの買い需要が一時的に高まったとみる向きもあるようです。

 

新興国と仮想通貨の関係は今年も重要な材料か

ブラジル以外でも、昨年からトルコ、ベネズエラ、メキシコといった新興国では政局不安から自国通貨の暴落が起きており、その際に仮想通貨の取引量が急増するという現象が起きています

今年も、不安定な状況が継続しているため、仮想通貨市場にとっては引き続き重要な要素となるかもしれません。

なぜトルコリラが暴落すると仮想通貨が下落するのか!?今、金融市場に何が起こっている?

また、直近では2日の高騰相場により、仮想通貨市場がトレンド転換を果たしたという向きもあります。

仮に今後も好調な価格推移が継続すれば、政局不安が続く新興国にとって自国通貨よりも仮想通貨の方が信頼度が高いといった向きが加速する可能性があります。

そのため、新興国からの資金流入は仮想通貨市場が低迷していた昨年よりも加速する可能性はおおいにあるでしょう。

あくまでこちらは考察にとどまりますが、今年も引き続き新興国と仮想通貨市場の関係が重要なのは間違いないので注目です。

政局不安が長引けば、新興国にとって、仮想通貨の立ち位置がより大きくなる可能性はじゅうぶんにあります。

 

まとめ

Cointrader Monitorが10日に報告したデータによると、当日のブラジルレアルでの取引量が10万BTCにのぼり、米ドルの資金流入を超えたとのこと。

仮想通貨市場は良好な状態が継続していますが、今後も継続すれば、新興国からの資金流入はさらに増す可能性が考えられます。

昨年からトルコ、ベネズエラ、ブラジル、メキシコといった政局や経済が不安な地域で一時的に仮想通貨取引が急増するといった現象が起こっているので、引き続き仮想通貨市場にとっては需要なテーマとなるでしょう。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインキャッシュ騒動まとめ!SBIバーチャルカレンシーは取り扱い廃止へ!

16日、バイナンスがビットコインキャッシュSVの上場を廃止すると発表しました。

今回は、事の発端と、上場廃止に至ったまでの経緯と今後についてもまとめました。

要点

・ビットコインキャッシュSV
ビットコインキャッシュSVはビットコインキャッシュが昨年11月にハードフォークして誕生した通貨。グループを牽引する

バイナンスやシェイプシフトがビットコインキャッシュSV上場を廃止

バイナンスは昨日にビットコインキャッシュSVの上場廃止を発表。

まとめは下記になります。

①昨年11月ビットコインキャッシュがハードフォーク→「SV」と「ABC」に分岐
②事の発端は4月12日、SV派を率いるクレイグ・ライト氏が「ライトニング聖火リレー」を提唱者@hodlonautを訴訟すると発言
③これにバイナンスCEOザオ氏が激怒し上場廃止を示唆
④廃止運動は世界中に広まるも、批判の声も
⑤16日にはSBIバーチャルカレンシーがビットコインキャッシュ(ABC)の取り扱い廃止を発表

上場廃止はバイナンス以外に、シェイプシフトが発表した他、クラーケンでは現在廃止をめぐるアンケートを実施中です。

このように、廃止運動は世界中に広まるものの、ネットの一部では取引所主導の全体主義的な運動に批判の声も出ているようです。

おそらく、バイナンスが上場廃止したことによりこれ以上事態に進展があることは考えずらいですが、騒動が収まるまでは動向を注視したほうがよいでしょう。

話が少しややこしいですが、国内取引所で取引されている「ビットコインキャッシュ」は「ビットコインキャッシュABC」を指します。

 

市場への影響は限定的?SBIはビットコインキャッシュの取り扱い廃止へ

なお、本日時点での市場への影響は限定的といえます。

ここ数日間の下落は、この騒動が要因とする向きもありましたが、本日は価格が上昇しているからです。

ビットコイン円 1時間足 4月

また、騒動の続きとして国内取引所SBIバーチャルカレンシーがビットコインキャッシュの取り扱い廃止を発表。

これは、バイナンスが廃止した「ビットコインキャッシュSV」ではなく「ビットコインキャッシュABC」の方です。

SBI側はマーケットの縮小や、51%攻撃の懸念から取り扱いを廃止したと説明していますが、裏では今後もビットコインキャッシュSVの騒動が起こることを鑑みた上でしょう。

 

まとめ

バイナンスは16日、ビットコインキャッシュSVの上場廃止を発表。

これに関連するかは定かではありませんが、国内取引所SBIバーチャルカレンシーは昨日ビットコインキャッシュABCの廃止を発表しました。

現時点で市場への影響は限定的ですが、騒動がおさまるまではどうなるかわからないので、今後の動向もチェックしておいた方が良さそうです。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場の底入れ「濃厚」!?トレンド転換示唆が相次ぐ!

先日、バイナンスが市場のトレンド転換を指摘しましたが、その他のデータでも報告が相次いでいます。

アナリストCryptoKea(@CryptoKea)はメイヤー指数をもとに分析を発表しました。

要点

・トレンド転換の指摘相次ぐ
2日の高騰相場以降、多くの専門家が異なるデーターでトレンド転換を指摘しています。いずれも短期的なものでなく、長期的なものを指摘しているため、重要な価格帯を注視しつつ、今後の相場動向も注目でしょう。

 メイヤー倍数が1年ぶりに1.0を超える

https://twitter.com/CryptoKea/status/1116985107095515136

メイヤー倍数が1.0 を越えることはこの弱気市場の底を示しているかもしれません, それは正確に2つの前の弱気市場の底を示したように.

Twitter上でCryptoKea氏は、メイヤー倍数と相場の関係を指摘。

同氏によると、過去メイヤー倍数が1.0を超えた際いずれも弱気相場の終焉だったとし、今回も2018年から続いた弱気相場が終わった可能性があると指摘しています。

メイヤー倍数・・・ビットコインの価格を200日移動平均線が推移する価格で割った指数。16日時点は1.1で推移

ちなみに過去2回は2015年と2012年、いずれも数年にわたる長期的な上昇トレンドの始まりでした。

同氏は、来年にビットコインが半減期を迎えることからも、数カ月横ばいが継続し本格的な上昇が始まると指摘しています。

なお、200日移動平均線と価格の関係については下記の記事で詳しくまとめてあります。

 

 

トレンド転換の指摘相次ぐ

CryptoKea氏だけでなく、2日の高騰相場以降、多くの専門家が長期的なトレンド転換を指摘しています。

先日は、バイナンスがビットコインとアルトコインの相関関係を表すデータを公開。

それによると、直近で相関関係が最高値を記録しており、過去のデータからはトレンド転換を示唆しているとのことです。

バイナンスが仮想通貨市場の底入れを指摘!トム・リー氏もBMIを用いた分析報告!

その他に、2018年の暴落を見事的中させたピーター・ブラント氏も、過去のサイクルからすでに現在の相場が長期的な上昇トレンドに突入した可能性を指摘しています。

いずれの専門家も、トレンド転換は短期的なものでなく、数年にわたる長期的なものと指摘しているので、200日移動平均線といった重要な指標を注視しつつ、今年後半の相場は注目となるかもしれませんね。

 

まとめ

仮想通貨アナリストCryptoKea氏はツイッター上で、メイヤー倍数と相場の関係を指摘しました。

それによると、現在のビットコイン価格は1.0を超えており、過去それは弱気相場の終焉を示唆していたとのことです。

必ずしも過去の動きを反復するとは限りませんが、現在の相場についてはあらゆる専門家が異なるデータでトレンド転換を指摘しているので、これから価格が上昇していくのに期待したいところです。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

200兆円の資金流入!フランス保険業界が仮想通貨投資を解禁!

フランスが新法案を可決したことにより、同国の保険会社が仮想通貨へ無制限に投資できることになったのが明らかになりました。

11日、FXStreetが報じました。

要点

・世界の規制動向
国内でも新法案が可決されましたが、世界中でも規制動向は進展をみせています。このようなニュースは仮想通貨市場にとってポジティブとなるので、今後も注目です。

 フランスの保険会社による仮想通貨への無制限投資開始

生命保険会社が暗号通貨への投資を提供することを可能にする新しいフランス法案

FXStreetの報道によると、フランスで可決された新法案にて、同国の保険会社が仮想通貨へ無制限に投資することが可能になるとのこと。

フランスの保険業界の規模は200兆円といわれており、その資金の一部でも市場に流入することを考えるとポジティブなニュースでしょう。

その方法について、保険会社は専門のファンドを通じて投資を行える他、仮想通貨を含んだ保険商品の提供も可能になるとのこと。

現在、EUではブレグジットなど、周辺諸国の政治状況が悪化していますが、その中で仮想通貨がどのような位置を獲得するかは今後も注目するポイントなるかもしれません。

 

引き続き世界の規制動向に注目

今回の報道は、フランスで新法案が可決されたことによって可能となりましたが、日本でも新しい規制案が可決される予定です。

国内動向加速!金融庁が楽天などを認可!ヤフーとマネーパートナーズも参戦へ!

そして、そのひとつの指標となるのが今年大阪で開催されるG20で、そこで世界共通の規制案が合意されるという報道もなされています。

世界共通の仮想通貨規制が6月に合意「確定」か!共同通信社報道で

これにより、今年は各国で仮想通貨規制が進むとの見方が専門家から指摘されています。

今回はフランスだけとなりましたが、6月以降は規制の進展が伺える報道が増える可能性も考えられるので今後も注目でしょう。

フランスにおいては、EUの周辺諸国にも影響を及ぼす可能性も考えられるので、そちらも注目です。

今のところ規制に関する報道は相場に大きな影響を与えていませんが、今後大きなニュースがあれば直接市場価格に影響を与えることもおおいに考えられます。

 

まとめ

FXStreetが11日に報じたところによると、フランスの新法案により、同国の保険会社が無制限に仮想通貨投資を行えるようになったとのことです。

フランスの保険業界は200兆円規模といわれており、その資金の一部が流入しただけでも市場に大きな影響を及ぼすことが考えられます。

また、今年6月には世界的なガイドラインが策定されることもあり、今年はこのような規制の進展に関する報道が出てくるかもしれません。

報道によっては市場の価格が動く可能性も考えられるので、規制関連のニュースには今後も注目です。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/15】今週の仮想通貨市場はどうなる!?ビットコインがこれから最高値へ!?

週末の仮想通貨市場は上昇しないまでも、堅調な展開が続きました。

今週の注目価格とポイントをまとめました。

要点

・ビットコインがこれから過去最高値へ!?
ビットメックスCEO、アーサー・ヘイズ氏はVenture Coinistのユーチューブに出演し、これからビットコインが最高値を超える理由を語りました。

今週もビットコインは5000ドルのサポートと上値トライの展開へ

ビットコイン円 1時間足 4月~

ビットコインは先日も伝えた通り11日に高値を記録して以降、調整の展開に。

現在は55万円(対ドルで節目5000ドル)をサポートにしており、今週も注目となるでしょう。

アルトコインも現在はビットコイン連動相場となっているので注目となります。

値動きについては下記の記事でまとめてあります。

【4/13】下落した価格の今後は?ビットコインは55万円をサポートにできるか!

 

ビットメックスCEO「ビットコインの最高値はこれから」

ビットメックスCEO、アーサー・ヘイズ氏は11日、Venture Coinistのユーチューブに出演。

そこで、ビットコインはこれから数年で5万ドル(550万円)に達するとの見解を示しました。

その根拠も衝撃的で、政府がこれから現金を廃止して、より庶民の決済を監視することになるとのこと。

そこで「金融プライバシー」をもった仮想通貨の価値が発見されるというおもしろい持論を展開しています。

その他に同氏は価格上昇の根拠として、デジタルに親しいミレニアル世代が資産形成の時期に入ることも挙げています。

ヘイズ氏の見解はややドメスティック(暴力的)かもしれませんが、国内で政府がキャッシュレス決済を推し進めていることを考えると、頭の片隅には入れておいても良いかもしれません。

また、今年の展望に関しても「世界の金融緩和の拡大」と「中国の経済政策」により、年末には110万円に到達するという予想を変えませんでした。

ヘイズ氏の見解は一見すると無謀にも思えますが、直近では11月の市場暴落、今年に入ってからのイーサリアム価格上昇を良い線で言い当てているので、一目は置いても良さそうです。

2019年にイーサリアム復活!?ビットメックスCEO「ETHは200ドルへ」!

金融緩和・・・とても簡単にいうと、政府が借金をしてお金をすること。それにより余ったお金がリスク資産(ヘイズ氏は仮想通貨もリスク資産と呼んでいる)に流れる。国の負債が大きくなるというデメリットがある。

 

まとめ

ビットコインは今週も引き続き、短期的なサポートである5000ドルが焦点に。

仮にここをサポートにできれば、再度上値トライの可能性も考えられ、センチメントが良い状況が続きそうです。

また、ビットメックスCEOはこれから数年かけて、ビットコインが過去最高値を超えるとの見解を示しました。

年末の価格予想に関しても、110万円に到達するとの見解を変えていないので、ここから価格が上昇していくことに期待したいところですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/13】下落した価格の今後は?ビットコインは55万円をサポートにできるか!

11日に高値をつけたビットコインはその後調整の展開に入りました。

下落した価格と急騰後の相場動向についてまとめました。

要点

・来週以降も5000ドルのサポートに注目か
ビットコインは現段階で5000ドルをサポートにして推移しています。来週以降もこの価格帯は注目されそうです。

ビットコインのサポートは5000ドルに

11日に高値をつけてから比較的大きい調整をおこなったビットコインですが、2日の高騰以降、5000ドルが短期的なサポートになっています。

5000ドルというのは、対円でおよそ55万円であり、来週以降も引き続き注目の価格帯となりそうです。

ビットコイン円 1時間足 4月2日~

仮に5000ドルがサポートされれば、節目の価格帯ということもありセンチメントとしては引き続き良好な状況が継続しそうです。

また、再度高値をトライするシナリオも考えられるでしょう。

5000ドルを下回った場合はチャート的にはもう一段深い調整もあるかもしれません。

対ドルチャートが下記になります。

ビットコインドル 1時間足 4月2日~

対ドルで示すと直近は5000ドルから5400ドルのレンジで推移。

5000ドルが破られた場合、4800ドルが最終的なサポートして注目されるかもしれません。

また、現在の相場においてはアルトコインの銘柄よりも、ビットコインが牽引している部分があるので、市場全体の動きとして注目です。

高騰要因やファンダメンタルズを含めた高騰後相場については下記記事でまとめてあります。

【4/10】長期トレンド転換なるか?急騰からこれまでのポイントまとめ!

 

センチメントは依然強気か・中国動向や新しい材料にも期待

価格は下落したものの、今週大きな下落要因は報道されませんでした。

なので11日の価格下落はあくまでポジションの自然な調整が行われたと考察して良いでしょう。

また、最近では市場の高騰要因として中国からの資金流入があったことが話題に。

2017年と同じく「中国」復活の兆し?OTC取引が活性化!

また、チャート形状も引き続き良いため、アナリストらも強気の見解を示しています。

ビットコインが数年で550万円に!?40年以上の実績をもつベテランアナリストが分析!

総じて、チャートや直近の、メディアのセンチメントは良いので、来週以降も新しい材料が浮上するか注目です。

55万円のサポートとともに、まだ上値トライの可能性は十分に残されているので、そちらも注目となるでしょう。

 

まとめ

ビットコインは11日に高値をつけて以降、調整の展開に。

現段階では、55万円がサポートされているので、引き続きこの価格帯を維持できるか注目でしょう。

55万円というのは、対ドルでいうと5000ドルという節目であり、投資家のセンチメントを考えると非常に重要なレベルでもあります。

また、来週以降、5000ドルがサポートできれば、強気の展開がまだまだ期待できるので、引き続き相場材料とともに注目となりそうです。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの投資で注意すべき5つのポイント

ビットコインの投資が盛り上がっていますね。 ニュースなどを見て、投資経験がなくてもビットコインを買ってみようかと迷っている方は多いと思います。 ただ、今から始めても間に合うのか、盗難の心配はないのか、など初めてだと色々な ... No tags for this post.

ビットコイン価格は底打ち、次の目標は6,000ドル

昨日ビットコイン価格が急騰し、昨年11月以来初めて5,000ドルを超えた。

暗合通貨投資会社BKCMのCEOブライアン・ケリー氏は、CNBCの「Futures Now」に出演し、「ファンダメンタルズであれテクニカルであれ、定量分析であれ、私たちが持っているすべての兆候は少なくともボトムプロセスに入ったことを示唆しています。」と語った。

ビットコインの過去の取引サイクルは現在のパターンと非常に似ていると指摘し、「富裕層の個人、家族、オフィスでさえ、ビットコインに大きな関心を集め始めています。カストディソリューションを展開している大手証券会社がいくつかあり、表面下でかなりの買いが発生している。」と話した。

4102275


No tags for this post.