00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

2017年と同じく「中国」復活の兆し?OTC取引が活性化!

直近の高騰相場において、中国の取引が活性化していることが話題になっています。

中国はこれまで仮想通貨取引に深く関わってきた国なので注目でしょう。

要点

・中国復活の兆し
先月から中国の取引が活性化していることが話題になっています。18年相場ではあまり見られなかった現象なので、今後注目材料となるかもしれません。

 高騰相場において中国の取引が活性化

1/中国市場は、強力な購入を明らかにしています。OTC (店頭) 取引、中国でフィアットとビットコインを購入する際、1 USD = 6.7 CNY の公式レート上のかなりの ドルプレミアム (1 USDT = 7 CNY) を示しています。

中国の取引事情に詳しい「cnLeder」は8日、高騰相場においてビットコインと中国ウォンに価格乖離が発生したデータを発表しました。

乖離率はおよそ4%であり、簡単にいうとそれだけ中国国内のビットコイン購入が過熱していたということになります。

中国では現在、仮想通貨取引を禁止されていますが、国外の取引所を利用してウォン→ステーブルコイン→仮想通貨という取引を行っており、事実上取引自体を完全に禁止できていないという見方がほとんどです。

そのため、ウォンとステーブルコインに価格乖離が発生したという状況ができたと考えられます。

先月から中国の資金流入は話題になっており、18年の市場低迷時には見られなかった動きなので今後も注目となるかもしれません。

好調な価格推移の裏に「中国」!?ビットコイン取引高は昨年4月以来の水準に!

 

17年のバブル相場も牽引した「中国マネー」

中国は仮想通貨取引との関係が深い国で、17年のバブル相場を牽引したという向きもあります。

仮想通貨ビットコインに関する話は、一年ほど前には多くの意味で、「中国に関する話」になっていた。ビットコイン取引の90%以上が、取引手数料がかからない中国で行われていたためだ。

上記の記事でもあるように、中国はマイニング企業が多く存在しており、特にビットコインにおいては無視できない国でもあります。

仮に今後も価格の上昇が続き、再び仮想通貨市場が盛り上がってきた場合、中国政府が何らかの規制を敷いてくる可能性はおおいに考えられるでしょう。

過去1年間はあまり報道されていませんでしたが、今後は17年のように、再び「中国」の動きが材料視される相場もやってくるかもしれませんね。

 

まとめ

中国の取引事情に詳しいcnLederによると、先週からの高騰相場において、中国での取引が活性化しているとのことです。

仮想通貨取引と関係の深い中国で活性化しているということは、少なくともポジティブな要因ではあるでしょう。

また、今後中国は17年と同じように規制動向など、中長期的に重要な材料となる可能性もあります。

直近では明らかに変化が起きていることが確認できるので、今後の動向も注目となるでしょう。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

ビットコインって投機だよな

161: 2019/04/02(火) 23:18:23.62 ID:0NlAgHgq0
ビットコインが始まって10年経とうとするが 
実生活で何も活躍してないからな 
値段が上がっただの下がっただのしか言われんし 
伸び代が何もないんだろ

4102275

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1554192771/


続きを読む No tags for this post.

【4/10】長期トレンド転換なるか?急騰からこれまでのポイントまとめ!

急騰から1週間が経過しましたが、市場の値動きは落ち着きながらも堅調な動きとなっています。

急騰からこれまでの価格・ポイントをまとめました。

要点

・急騰相場のポイントまとめ
急騰からこれまでの相場のポイントをまとめました。今後相場を追う上で重要なポイントをまとめたので、参考にしてください。

 急騰相場からこれまでの推移まとめ

ビットコイン円 1時間足 4月2日~

まず、ビットコインは2日の急騰以降、サポートがおよそ54万円、レジスタンスは59万5000円のややレンジ相場気味で推移しています。

ただし、レジスタンス59万5000円に本日までに何度もトライしており「価格が下がったら買いが入る」強気なセンチメントが継続しています。

今後も引き続き54万円と59万円どちらにブレイクするかが注目となるでしょう。

現在、センチメントは強気に傾いているので、リスクはアップサイドの方が強いですが、上値のブレイクに失敗すれば54万円を試しにいく可能性もおおいに考えられます。

リップル、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュにおいても局所的な高騰はみせていますが、全体の方向はビットコインの値動きが握っている展開が続いているので、市場全体の動きとしても注目になります。

 

急騰要因は複数?「中国」復帰の噂も

結局のところ、高騰要因はこれまで複数報道されており、明確なものはないのが現状のようです。

ただ、直近では市場構造の変化として「中国マネーの流入」が指摘されています。

2017年と同じく「中国」復活の兆し?OTC取引が活性化!

中国といえば、17年に仮想通貨市場が盛り上がった際も関係が深いとされていたので、今後も市場の動向を追う上では注目となるかもしれません。

 

市場は「長期的な」トレンド転換を果たしたのか?

結局のところ、重要なのはこの価格上昇が「長期的な上昇トレンドの始まり」あるいは「時間が経って再び価格が下落するのか(下落トレンド継続)」です。

結論から言えば、チャート上では中長期的にトレンド転換したといえるでしょう。

なぜなら、ビットコインの価格が重要な指標である200日移動平均線を超えたからです。

【超重要!】ビットコイン暴騰で1年ぶり200日移動平均線突破!長期上昇トレンドの始まり!?

ファンドストラッド社トム・リー氏もこのことを指摘しており、ビットコインの適正価格は160万円と指摘。

ビットコインの適正価格は160万円!トム・リー氏が現在の相場を解説!

先日は40年以上の実績を持つトレーダー、ピーター・ブラント氏も長期的な上昇トレンドに突入した可能性を指摘しています。

ビットコインが数年で550万円に!?40年以上の実績をもつベテランアナリストが分析!

まだ確定した話ではありませんが、どのみち上記示したビットコインの60万円、対ドルで6000ドルを超えるかどうかが中長期的に重要な指標となるので、注目でしょう。

 

まとめ

まず、ビットコインは現在54万円から60万円のレンジで推移しているので、直近ではどちらの価格帯をブレイクするか注目です。

アルトコインの値動きに関しても、基本的にはビットコインに追従した動きとなっています。

中長期的には引き続き、200日移動平均線との絡みが注目に。

価格が下落した際は、その価格がサポートされるかが重要になるでしょう。

ここ1週間では、専門家も長期的な上昇トレンドに突入した可能性を指摘しているので、このまま価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインが数年で550万円に!?40年以上の実績をもつベテランアナリストが分析!

40年以上の実績をもち、株や為替トレーダーからも親しまれているピーター・ブラント氏が価格について予想しました。

同氏によると、ビットコインの価格は数年で550万円に達する可能性があるとのことです。

要点

・2018年の暴落も的中させたトレーダー
ブラント氏は2018年1月に「これから80%から90%価格が下落する」と予想。当時はだれも信じていませんでしたが、見事に予想は的中しました。

 ビットコインは数年で550万円に到達!?

ビットコインが新しい放物線の段階に入る場合、18年12月からの底値から (2015 ではアナログの下にある) 過去のサイクルを試そうとしていても、驚かないだろう。

ブラント氏は上記のようにツイートし、それは本日まで2500を超えるリツートをされており話題になっています。

同氏は、現在のビットコイン値動きが2015年からの上昇に似ているとし、同じサイクルを描くのであれば数年で550万円に到達すると分析しています。

ブラント氏の分析によると、ビットコインは最高値から底値までに10回の上下を繰り返し底値をつけてきたとのこと。

実際に、2018年1月の高値から12月の底値まで10回の上下を繰り返しており、2015年の値動きに似ているとのことです。

また、これらを踏まえた上で、すでに現在のビットコインの価格上昇は新たな強気サイクル(放物線)に突入している可能性があるとも指摘しています。

 

2018年の暴落も的中させたブラント氏

フォロワー26万人を誇るブラント氏の分析は、株・為替トレーダーから定評があり、なんと2018年のビットコインの暴落も見事に的中させています。

–パラボリックアドバンスの一般的な TA のルール違反は 80% 以上の 価値低下につながります。一般的なルールに従えば、BTC は4000ドル にたどるべきです<。注: このツイートは私を嫌いにするものではありません。

同氏は2018年1月の時点で、ビットコインが80%以上の価格を下落し、4000ドルを下回ると予想。

実際に、ビットコインは12月に3200ドル安値を記録しました。

そのことを踏まえれば、上記に挙げた今回の同氏の分析も注目となるかもしれません。

なお、サイクル論の分析が多くのアナリストが指摘していることでもあります。

2011年~2015年と2015年~2019年のチャートが酷似!?カナダ投資ファンドのレポート!

 

まとめ

フォロワー26万人をほこるピーター・ブラント氏はツイッター上で最新の分析を投稿。

それによると、ビットコインは今後数年で550万円に到達する可能性があるとのことです。

その理由としては、現在の同通貨の動きが2015年からの長期上昇トレンドと酷似しているとのことです。

ブラント氏の予想通り、このまま価格が上昇していくことに期待したいですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ロシアの富裕層、約9,500億円分のビットコインを購入!?

■ツイッターより

4102275

続きを読む

【4/8】今週の仮想通貨市場はどうなる?堅調な価格動向に注目!

先週、急騰した仮想通貨市場ですが、週末まで堅調な価格推移が継続しました。

今週の仮想通貨市場の注目材料・ポイントをまとめました。

要点

・新高値更新はあるか
今週、仮想通貨市場が新高値更新を記録する可能性はまだ残っているでしょう。堅調な価格推移がどこまで継続するか注目です。

 ビットコインは5300ドルのレジスタンスにトライ・急騰後の推移まとめ

本稿執筆時点で、ビットコインは5300ドルのレジスタンスにトライしている形となっています。

今週のどこかの時点で、このレジスタンスを突破すれば新高値更新ということになり注目となるでしょう。

ビットコインドル 1時間足 4月2日~

5300ドルというのは、2日の急騰後何度か跳ね返されており、一定の売りオーダーがおかれているポイントというのがわかります。

仮に、ここを突破できれば、節目である5500ドル、そして5800ドルから6000ドルまで上値を伸ばすことはおおいに考えられるでしょう。

対円だとわかりづらい部分もありますが、588000円から590000円が短期的なレジスタンスとなっています。

ビットコイン円 1時間足 4月2日~

 

アルトコインも堅調・市場全体の時価総額にも注目

8日の市場全体の時価総額は20兆円で推移、これはビットコインだけでなく、アルトコインも堅調なことを意味しています。

8日の市場全体の時価総額

直近1週間の高値は2日につけたおよそ20.5兆円となっており、本日時点で高値目前になっています。

今週以降も、市場全体の時価総額が更新される可能性が高いので、そちらも注目でしょう。

仮に更新されれば、全体の動きとしては非常にポジティブ要素となります。

また、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュといった主要なアルトコインに関しては基本的にビットコイン連動相場となっています。

なので、上記で示したビットコインの直近のレジスタンス突破がこれらのアルトコインの動向の鍵も握りそうです。

ただ、急騰後は局所的に急騰する場面がみられます。

直近ではビットコインキャッシュが急騰し、コインマーケットキャップの時価総額ランキング4位に浮上しています。

 

まとめ

ビットコインは今週以降、直近のレジスタンスである5300ドルの突破が注目に。

主要なアルトコインは基本的にビットコインと連動した動きとなっているので、アルトコイン動向としてもビットコインの値動きは注目となりそうです。

また、本日時点では、市場全体の時価総額も年初来高値更新間近となっており注目でしょう。

今週以降も価格が上昇する可能性はまだ残されているので、高値を更新することに期待したいところですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン急騰の影にヘッジファンドのアルゴリズムか!?

1: 2019/04/05(金) 07:04:17.07 ID:lJHq3dny9
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-04/PPF2M86TTDS001

ビットコイン急騰の影にヘッジファンドのアルゴリズムか
Olga Kharif
2019年4月4日 13:16 JST
→アルゴリズムによって取引する仮想通貨トレーダーが急増
→昨年9月以降に17のアルゴ(クオンツ)ファンドが取引を開始

仮想通貨ビットコインが2日、突然急騰した背景には、アルゴリズムを活用するヘッジファンドの動きがあったかもしれない。

  コンピューターによるアルゴリズム取引は株式などで値動きとボラティリティーを増幅させると指摘されているが、リテール中心と見なされていた市場でも人気が高まっている。

  クリプト・ファンド・リサーチによると、アルゴリズムによって取引する仮想通貨トレーダーの数は過去7カ月で急増し、昨年9月以降に17のアルゴ(クオンツ)ファンドが取引を開始したという。同社によると、これは同期間中に開始された仮想通貨ヘッジファンドの40%超に相当する。

  アジア時間2日にビットコインが1時間以内に20%余りも急伸した。これを引き起こしたのは、3つの取引所で計1億ドル(約110億円)の取引をするよう設定された自動取引ソフトウエアだったもようだと、ロンドンの仮想通貨会社BCBグループのオリバー・フォンランズバーグサディ最高経営責任者(CEO)が述べている。

4102275


引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554415457/


続きを読む No tags for this post.

DMM Bitcoinの入金方法を徹底解説【2019年最新版】

DMM Bictionってどんな仮想通貨取引所なの? DMM Bitcoinの入金方法はどうしたらいいの? DMM Bitcoinの入金方法はどんな種類があるの? といったことを思われている方も多いと思います。 今回の記 ... No tags for this post.