00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

ビットコイン週間概況-4/6~4/12

【執筆者】グレン・ランバート(Glenn Lambert)。ニュージーランド出身。2002年に来日し、英国を本拠とするADVFNの日本法人でマネージャーとして従事。FX,株式などの分析ツールのほか、著名レポートも配信している。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者及び当社は責任を負いません。

日本円 米ドル
価格(4/12終値) 818,849円 7,631.04米ドル
時価総額 138,986億円 1,295億米ドル
4/6~4/12の4本値
始値 高値 安値 終値
730,000円 858,500円 703,191円 818,849円

週毎の取引・最近4週の調査結果

日付範囲 取引数量(日本円換算) %変化
4/6 ~ 4/12 1,147,275,246,990
3/30 ~ 4/5 1,650,591,770,128 -43.9%
3/23 ~ 3/29 1,568,793,541,901 5.0%
3/16 ~ 3/22 1,686,561,894,199 -7.5%

週間概況と最近の話題

bitflyer-btcjpy-4月13日-2018-18-12-26

Bitcoinは直近24時間のうちの大半を73万〜73万6000円の狭いレンジで取引された。実際この1週間は、仮想通貨はますます狭いレンジでこう着状態だったことが見て取れた。

通常、価格が横ばいのときは、トレーダーやマーケットアナリストにとってあまり面白いことではないが、このような動きは、Bitcoinが新たな局面に移る前の値固めになり得るかもしれない。チャートを分析すると、かつてBitcoinの価格が100,000円から85万円に急上昇したような局面を、再び来週中に見ることも可能かもしれない。

 

相場の地合いを考えるとこの予想はいささか強気すぎるように見えるが、おおよそ2000万ドルもの資産を管理する、仮想通貨資産のマネージングディレクターのティモシー・エネキン氏によると、この予想は彼の信じるBitcoinの方向性に沿っている。なぜかと言うと、月曜日にエネキン氏は、仮想通貨の冬は過ぎ去ったと語ったからだ。まず、相場全体を押し下げる要因が減少したことを直接言及できる。この要因には、規制に関する懸念、流動性の欠如、Mt.Goxの破産管財人による売却、スタートアップ企業が給与と経費の支払いのため保持していた仮想通貨の売却といったものが含まれる。エネキン氏は、前述の要因のほとんどは既に仮想通貨相場の価格形成に織り込まれており、現在の持合い相場は将来の上げ相場を暗示するものと主張する。

 

さらに、歴史的に毎年この季節はビットコインに投資する側にあり、投資家はBitcoinが始まって以来、毎年第2四半期に常に利益を記録してきた。

このことは、Coinbaseのインデックスファンドのような新しい投資商品が市場に出てすぐにヒットすると共に、投資家のエクスポージャーむけて市場へ投資するための代替手段を与えるだろう。また各国においては、Bitcoinや他の仮想通貨の合法化がすすみ、仮想通貨への税制や規制に対して更に前向きな論調となるだろう。もしそうなれば、さらなる採択が進むのは想像に難くなく、私達が考えるよりも早く事態は進行するのかもしれない。

 

たとえ何があっても、4月後半、そして今四半期は興味深い時期に発展していくことだろう。

 

過去の価格との比較

日付 価格 価格差 変化率
2018/4/12(基準日) 818,849円
2018/4/11(1日前) 740,001円 78,848円 10.66%
2018/4/5(1週間前) 730,000円 88,849円 12.17%
2018/3/12(1ヶ月前) 1,000,001円 -181,152円 -18.12%
2018/1/12(3ヶ月前) 1,694,821円 -875,972円 -51.69%
2017/10/12(6ヶ月前) 580,196円 238,653 41.13%
2017/4/12(12ヶ月前) 135,358円 683,491円 504.95%

Prices provided by bitFlyer

No tags for this post.

ビットコインキャッシュが基軸通貨になる!?5月15日にハードフォークを実施!

 

ビットコインキャッシュが5月15日にハードフォークを実施します。

本日はハードフォークのまとめとファンの間でひそかにささやかれている「ビットコインキャッシュ基軸通貨説」についても紹介します。

 

5月15日ハードフォーク内容まとめ

今回のハードフォークの内容をまとめました。

①ハードフォーク日時は5月15日ごろ

②ブロック容量が32MBへ増加

③基礎的なスマートコントラクトの実装

日時は5月15日ごろですが、ブロックの生成状況によって異なるため、15日前後と覚えておきましょう。

発表では「新しい11ブロックのタイムスタンプ時の値が、1,526,400,000よりも大きくなった場合」とありますが、詳細な確認方法は不明です。

 

ブロック容量が32MBへ増加

今回のアップデート内容の目玉はブロック容量の増加です。現在の8MB から4倍の32MBへ増加されます

簡単に言うと、ブロック容量が増えればデータを多く格納できるため、処理能力を向上させることができます。

発表のコメントでは「PayPalと同じレベルの支払いを可能」にするとのことです。

 

基礎的なスマートコントラクトが実装!非中央集権性を高める?

さらに驚きなのは、今回のハードフォークで基礎的なスマートコントラクトを実装することです。しかし、こちらはイーサリアムのように、通貨の基盤となるようなシステムではありません。

基礎的なスマートコントラクトの実装はネットワークを維持するのと、通貨の独占を避けるためと発表しています。

記事参照元:https://www.ccn.com/new-protocol-bitcoin-cash-to-hard-fork-in-may/

 

ビットコインキャッシュが基軸通貨になる!?

ネットではひそかにビットコインキャッシュが基軸通貨になるという噂があります。

基軸通貨とは、取引のさいに価値の基準となる通貨のことです。法定通貨でいえば米ドルであり、仮想通貨の基軸通貨はビットコインになります。

基軸通貨は両替のさいに使われるので、時価総額が一番高いです。海外取引所のほとんどは〇○○/BTCという通貨ペアで取り扱われてますね。

もし、ビットコインキャッシュが基軸通貨になれば、〇○○/BCHという通貨ペアで取り扱われます。そして、実際に基軸通貨となれば、取引量が増大し、価格が上昇する可能性が非常に高いです

 

ビットコインキャッシュが基軸通貨となる理由

ネットである噂ではありますが、ちゃんとした根拠もあります。

①実用面を考えたらビットコインよりもビットコインキャッシュのほうが使いやすい

ビットコインとビットコインキャッシュを比べると、手数料の安さ・送金スピードの早さで、ビットコインキャッシュのほうがはるかに使いがってがいいです。

先月、マイクロソフトはビットコインキャッシュでの支払いをオプションとして追加しています

 

②ビットコインキャッシュのほうがサトシ・ナカモトの理念を明確に貫いている

ビットコインキャッシュはビットコインと比べると、サトシ・ナカモトの理念を反映させています。ビットコインは2017年8月のハードウォークの際に、実質過去のブロックを書き換えられるようになり批判があるようです。

「ビットコインの神様」の異名をもつロジャー・バー氏は理念の違いからビットコインキャッシュを支持しています

 

SBIバーチャルカレンシーの動向がカギを握る?

実はビットコインキャッシュを基軸通貨に採用する取引所は昨年末からいくつかあります。その中でも、今年サービスを開始するSBIバーチャルカレンシーの動向は非常に注目が集まっています

なぜなら、SBI北見社長もロジャー・バー氏同様ビットコインキャッシュ支持派の一人だからです。

すでに、マイニング事業ではビットコインキャッシュに力を入れるのも発表しています

もし、SBIがビットコインキャッシュを基軸通貨に採用したら、一大ニュースです。SBIは世界的影響もあるので、ビットコインキャッシュを基軸通貨にする動きが広まっていく可能性があるからです。

もし、そうなれば、ビットコインキャッシュの価格が暴騰するのは間違えないでしょう

 

GMOコインが4月18日よりFX取引の手数料を値下げ

GMOコインが4月18日より、FX取引の手数料を値下げします

 

 

また、GMOコインはスプレッド(買うときと売るときの価格の差)も狭い取引所なので、ビットコインキャッシュを低コスト取引できます。

また、注文はワンタップで可能。他社に比べ、初心者の方でも安心して利用できる取引所です

 

上の記事のように、ビットコインキャッシュは基軸通貨になり、価格が暴騰する可能性があります。

そして、価格が下落している今、少額からでも仕込み始めるチャンスです

 

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨Lisk(リスク)とは?特徴や将来性を徹底解説!

仮想通貨と言えば、ビットコインやリップル、イーサリアムが圧倒的な知名度を誇っていますが、上場していないものを含めると実はすでに1600種類はあると言われています。 そんな数ある仮想通貨の中で、今年急成長する可能性があるコ ... No tags for this post.

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円「盛り上がらない仮想通貨。好転の兆しは?」

【執筆者】 国府勇太(Yuta Kokubu)
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。
現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社は責任を負いません。

 

こんにちは。国府勇太です。

 

今週(4月9日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。 

では、さっそく先週までの日足チャートを見てみましょう。

 

btcjpy0409_01

 

先週を一言で表すと「底値で停滞!」です。4月2日(月)に728,083円でスタートしたビットコイン円。

 

動きのない一週間でした。

 

3日(火)にマ高値804,500円まであがるものの、4日(水)には反落。結局1週間を通して、底値近辺で張り付いた方向感のない動きでした。

 

こういった動きを「動意薄(どういうす)」といいます。動意薄となるのは、「関心が低いから」です。

主だったニュースもなく盛り上がりに欠けていることが要因です。

 

今週の見通し

 

重要なラインを引いてみましょう。みなさんが注目しているラインです。

どこかわかりますか?

 

btcjpy0409_02

 

70万円のラインです。先週もこの70万円のラインは死守しています。

 

以前、ヒゲで抜けたことはありますが、「終値としては」割れていません。

 

この「終値としては」という点がミソです。ヒゲで割れたのと、実体(始値と終値)で割れたのではテクニカル的に意味合いが異なります。

 

このラインが最重要ラインです。こういった重要ラインを終値で割ってしまうと下げの流れが決定的になります。

 

btcjpy0409_03

 

このラインを割ってしまうと、2017年11月12日以来の安値です。

ちなみに、2017年11月といえば、本格的な上昇相場の前のレートまで戻ってしまうこととなります。

(ちなみに2017年12月の仮想通貨ブーム時は1兆1714億円というお金が仮想通貨に流れてきています。直近2018年3月は581億円で激減しています。)

 

70万円の下には、支えるポイントがなく、下落がさらに進んでしまいます。

 

ということで、「この70万円の重要ラインを死守できるか?」が今週のテーマです。

 

しっかり死守できて、足固めができれば、一転上昇の見込みもあります。その場合、このライン近辺がいいレートでポジションを持てる格好のチャンスとなります。

このラインを損切りラインに、ロングポジションを持つのも戦略としてはありです。

 

最後に、仮想通貨の動きとしては不気味なほどおとなしいです。今後起こり得る急激な変動に十分注意してトレードをしましょう。

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。

また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。

投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No tags for this post.

伝説のトレーダー!ジョージ・ソロスが仮想通貨投資を計画!4月~6月はビットコインが上昇する?

ジョージ・ソロスが仮想通貨投資を計画

ブルームバーグは6日、米国の投資ファンド、ソロス・ファンド・マネジメントが仮想通貨投資への計画があると報じました。ファンドのマクロ経済投資の責任者であるアダム・フィッシャー氏がすでに仮想通貨投資への承認を得ていると関係者に伝えたとのことです。

このニュースはかなりポジティブでありビッグなニュースといえます。まずはこの報道の要点をまとめました。

①ジョージ・ソロスは投資界の伝説トレーダー

②承認はおりているが、具体的な仮想通貨の投資対象は明らかにされていない

③ヘッジファンドが仮想通貨界に参入するきっかけになるか!?

 

ジョージ・ソロスとは

仮想通貨取引から始めた方は聞いたことがないかもしれませんが、ジョージ・ソロスは投資界のカリスマトレーダーです。

有名なのはイングランド銀行のポンド買いに対して売り浴びせ、その結果、銀行を破綻させたのは伝説となっています(その後、イングランド銀行はつぶれましたが、イギリスの経済は政策の見直しにより数年後回復しています)。

ソロスが運営するヘッジファンドの約2兆7560億円という莫大な資産を保有しており、ソロスは世界の長者番付でもランクインされています。

 

 

ヘッジファンドが仮想通貨市場に参入するきっかけになるか?

先日、仮想通貨アプリを提供するアブラ(Abra)CEOが「今年は機関投資が仮想通貨市場に参入し大変な年になる」とコメントしました。CEOであるジョージ・ハーバード氏の主張は、仮想通貨市場に機関投資家が参入し、価格が上昇するというものです。

 

大物投資家がビットコインに対するスタンスを変えている?

TwitterCEOなど世界の著名な経営者はビットコインにポジティブな発言を繰り返しています。しかし、ソロスのような著名な投資家達は今までビットコインに対して否定的な意見を発言しています。

世界的な銀行モルガンスタンレーのジェイミー・ダイモン氏は昨年「ビットコインは詐欺」と発言して話題になりましたね。ソロスも過去にビットコインに対し「バブルだ」と繰り返し主張しています。

なので、今回のソロス・ファンドの報道は大きなサプライズでもありました。

アブラCEOがいうように、ソロス・ファンドの参入がきっかけで、他の巨大ファンド・機関投資家が次々に仮想通貨市場に参入する可能性が高まります。

 

今後の動向・4月から6月はビットコインが上昇する?

今後の動向として他のヘッジファンドが仮想通貨市場に参入するニュースが流れるかが最大の焦点になります。事実上、この報道がきっかけで、ハーバード氏の言葉を借りるなら「門は開かれた」状態になったので、期待は高いです。

 

4月から6月にビットコインは上昇する?

また、7日・8日にはビットコインが4月~6月に上昇するニュースも流れました。理由は以下の3点です。

①アメリカの確定申告の終了

②コインチェックの買収

③過去の季節性

①アメリカの確定申告が終わり、4月になると売り圧力がなくなることです。

②は年初から不安材料となっていたコインチェックの件が解決し、世界的にみても仮想通貨市場の信頼回復につながることです。

そして、③はアメリカの仮想通貨投資会社Fundstrat社が過去3月に価格が下落したのは6回あり、4月に価格が上昇したのは5回あるというデータを発表しています。

 

65万円~70万円が鉄壁の固さをほこるビットコイン

チャートを確認しても今年の最安値65万円近辺から70万円は鉄壁の固さとなっています。通常、為替・株の世界では価格がここまでサポートされ時間的な調整を終えると、価格が反発するのがセオリーとなっています。


出典:https://jp.tradingview.com/

記事参照元:https://news.bitcoin.com/george-soros-is-rumored-to-be-investing-in-cryptocurrency/

 

現段階で仮想通貨を取引するなら

コインチェックがない今、現段階で仮想通貨を取引するなら、間違いなくGMOコインで買うべきです。

理由は、スプレッド(買いと売りの金額差)が小さいというところです。

coincheckなど通常の取引所でも買えますが、買うときで売るときで多いときには10%の差がついていて、買った瞬間から大きく損してしまう場合があります。
しかし、GMOコインだと、提示された価格で買えるため、スプレッドが狭くオトクに購入することができます。

今年は、SBIも参入が決まっており、仮想通貨業界は衰えるどころか、2017年以上に盛り上がりをみせています。

ビットコインの価格が再度上がる前、安いうちに買えるのは今だけかもしれません。

 

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン週間概況-3/30~4/5

【執筆者】グレン・ランバート(Glenn Lambert)。ニュージーランド出身。2002年に来日し、英国を本拠とするADVFNの日本法人でマネージャーとして従事。FX,株式などの分析ツールのほか、著名レポートも配信している。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者及び当社は責任を負いません。

日本円 米ドル
価格(4/5終値) 730,000円 6,791.65米ドル
時価総額 123,804億円 1,152億米ドル
3/30~4/5の4本値
始値 高値 安値 終値
790,251円 816,430円 684,000円 730,000円

週毎の取引・最近4週の調査結果

日付範囲 取引数量(日本円換算) %変化
3/30 ~ 4/5 1,650,591,770,128
3/23 ~ 3/29 1,568,793,541,901 5.0%
3/16 ~ 3/22 1,686,561,894,199 -7.5%
3/9 ~ 3/15 1,996,643,443,202 -18.4%

週間概況と最近の話題

bitflyer

2018年の始まりはBitcoin投資家にとって挑戦的だった。1月1日、bitFlyerでのBitcoin価格は1,684,270円だったが、四半期末には744,035円まで落ち込み50%以上の下落となった。

 

市場は依然弱気であり、これは主に規制に関する話題によるものだが、長期の投資家にとって最も苛立つ点は、回復の兆しが見えないことだ。しかし、従来4月は仮想通貨の価格が上昇する月であるため、月初においては投資家は楽観的であった。

 

しかし、この楽観論は短命に終わり、チャートにはデッドクロスが出現した。デッドクロスとはわかりやすい移動平均(MA)のパターンで、今回の場合は50日間の移動平均が上から下へ200日間の移動平均をまたぐ時の交差のことである。これは下げ相場に転じるときの現れと考えられており、 “死の十字架”として知られている。

 

これは主な報道機関によって大きく伝えられ、一部投資家にパニックを引き起こした。週末にデッドクロスが現れるにつれて、Bitcoin価格は7週ぶりに684,000円を下回った。しかし、デッドクロス出現後すぐにもう一つの歴史的なパターンが生まれた。それはRelative Strength Index(RSI)であり、RSIが30を下回るたびに、相場では反発が見られる。なぜなら、この指標から仮想通貨は売られすぎと判断でき、買い手にとっては買いの良い機会であることを示している。

相場がこのような形になると大局観を見失いやすいものだ。相場はまだまだ不安定である。 昨年、年初からBitcoin価格は116,099円で始まり、10月中旬には初めて600,000円を突破し、12月には過去最高の2,323,200円を記録した。

 

このことは、昨年11月にBitcoinを買い入れたとしても、依然として利益を得る立場にあることを意味している。

利益を得る立場というのは機関投資家にとっても同様で、傍観しつつも相場観を取り戻そうと、この時間を仮想通貨市場研究のために使っている。これは例えば価格がもう少し安定するといった、相場の状況が適切になったときのためであり、彼らは投資のための準備をしていることだろう。

 

過去の価格との比較

日付 価格 価格差 変化率
2018/4/5(基準日) 730,000円
2018/4/4(1日前) 734,820円 -4,820円 -0.66%
2018/3/29(1週間前) 790,130円 -60,130円 -7.61%
2018/3/5(1ヶ月前) 1,217,959円 -487,959円 -40.06%
2018/1/5(3ヶ月前) 1,931,167円 -1,201,167円 -62.20%
2017/10/5(6ヶ月前) 482,341円 247,659 51.35%
2017/4/5(12ヶ月前) 127,700円 602,300円 471.65%

Prices provided by bitFlyer

No tags for this post.

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円「とうとう70万円割れ!」

【執筆者】 国府勇太(Yuta Kokubu)
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。
現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社は責任を負いません。

 

こんにちは。国府勇太です。

 

今週(4月2日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。 

では、さっそく先週までの日足チャートを見てみましょう。

btcjpy0402_01

 

先週を一言で表すと「下落!70万円割れ」です。

 

3月26日(月)に895,408円でスタートしたビットコイン円。先々週の下落トレンドがさらに加速した1週間でした。

 

特に、29日(木)に大きく下げ、80万円を割れると下げが加速。週末の4月1日(日)にはあっというまに70万円を割り、安値684,000円をつけました。

 

ニュースとしてはツッターが仮想通貨販売の広告掲載を禁止するとのニュースです。フェイスブック、グーグルと同じ方針を追随し、ビットコインにとってネガティブなニュースとなっています。

最近の仮想通貨には、ポジティブなニュースがなく、ネガティブなニュースばかりが報じられ、それが売りの圧力となっています。

 

今週に入り、反発し、再び70万円台にのせています。

 

今週の見通し

SMAをプロットしてみましょう。

SMAとは、Simple Moving Averageの略で、単純移動平均線のことです。あらゆるテクニカル分析の基本中の基本で、相場の方向性をさぐるものです。

 

パラメータ(設定値)は以下です。

短期線:21

長期線:70

 

ビットコインの場合、1週間が7日のため、パラメータも7の倍数としています。

btcjpy0402_02

 

2本のSMAが下向きなので、典型的な下落トレンドです。

 

とくに、21SMAにしっかり沿ったトレードをしていれば利益を出せている相場です。

こういったワーク(機能)するラインをみつけ、リスク管理をしながらトレードすることが投資の鉄則です。

 

「長期的には上昇し、200万円回帰というシナリオがありえる」としても、やはり1週間単位の短期では下への流れが強いです。

 

ですので、今週もスイングの場合はショートを推奨します。

 

ただ、反発しはじめたら注意です。

とくに、21SMAを超える動きをしたら要注意。その場合は、しっかり損切りをして、戦略を立て直しましょう。

 

逆に21SMAに近づいて、「そこから反落する動き」をしたらトレードの良いポイントです。

保有レート(ディーラーはコストと呼びます)が高い状態でのショートになるので、トレンドが続けばより利益が出やすくなります。

 

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。

また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。

投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No tags for this post.

ビットコイン週間概況-3/23~3/29

【執筆者】グレン・ランバート(Glenn Lambert)。ニュージーランド出身。2002年に来日し、英国を本拠とするADVFNの日本法人でマネージャーとして従事。FX,株式などの分析ツールのほか、著名レポートも配信している。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者及び当社は責任を負いません。

日本円 米ドル
価格(3/29終値) 790,130円 7,428.48米ドル
時価総額 133,897億円 1,259億米ドル
3/23~3/29の4本値
始値 高値 安値 終値
903,994円 945,600円 783,000円 790,130円

週毎の取引・最近4週の調査結果

日付範囲 取引数量(日本円換算) %変化
3/23 ~ 3/29 1,568,793,541,901
3/16 ~ 3/22 1,686,561,894,199 -7.5%
3/9 ~ 3/15 1,996,643,443,202 -18.4%
3/2 ~ 3/8 1,759,330,707,495 11.9%

週間概況と最近の話題

bitflyer-btcjpy-4月11日-2018-17-52-35

 

今週、仮想通貨市場は苦戦を強いられ、時価総額が3000億ドル付近の水準で停滞している。Bitcoinをはじめ、ほとんどの仮想通貨の価値が下落したことは驚くべきことではない。Bitcoinの価値が下がった主な理由は、Twitter社が仮想通貨に関する広告の禁止を火曜日から開始すると公表したからである。Twitter社はFacebookやGoogleと同様に、仮想通貨の広告を禁止する予定だ。

 

発表は月曜日に行われたが、このニュースに追従してBitcoin価格は前日比24時間中で8.5%下落した。前月比で見ると執筆時点では22.7%下落して、これは3月中の最大の下げ幅となる。

Twitter社による新しいポリシーは、今後30日間にすべて導入される予定だ。禁止対象には仮想通貨取引所とウォレットサービスが含まれるが、特定の株式市場に上場している企業は例外となる。日本においては、金融庁に登録されている仮想通貨交換業者は対象外となる。

 

Twitter社の発表によって市場は弱気に傾いたにも関わらず、今週はまだまだ興味深い展開がいくつかあった。火曜日、高級輸入車販売のロペライオは、bitFlyerを通じてBitcoinによる決済手段を提供すると発表した。

この提携では決済上限額が1億円に達し、これはBitcoinを決済手段として用いる他の組織と比較すると大きく違う。

 

今週の最も興味深いニュースは、シカゴオプション取引所(CBOE)社長兼COO クリス・コンキャノン氏 が、米国証券取引委員会(SEC)の投資管理部門責任者ダリア・ブラス氏 に宛てた書簡である。この書簡は、委員会はETFのような上場投資信託への参入を妨げるべきではないと述べることから始まる。

 

CBOEは、Bitcoin先物取引を開始した当初から、その取引量は他のコモディティとおよそ同じ水準で比較できるものであると信じており、取り扱いに関する議論は容易になることを理由にSECに連絡した。

CBOEは昨年12月10日にBitcoin先物市場を開始し、すぐ後にSECに対してBitcoin関連の6つのETFを申請した。これらはまだ検討中である。

 

SECは今年初めにBitcoin ETFはテーブルの外にあると言っていたが、CBOEからの手紙がSECの考え方を変えるのかどうかを見守るのことは興味深いだろう。

 

過去の価格との比較

日付 価格 価格差 変化率
2018/3/29(基準日) 790,130円
2018/3/28(1日前) 842,999円 -52,869円 -6.27%
2018/3/22(1週間前) 903,995円 -113,865円 -12.60%
2018/2/28(1ヶ月前) 1,129,000円 -338,870円 -30.02%
2017/12/29(3ヶ月前) 1,727,409円 -937,279円 -54.26%
2017/9/29(6ヶ月前) 463,830円 326,300 70.35%
2017/3/29(12ヶ月前) 117,030円 673,100円 575.15%

Prices provided by bitFlyer

No tags for this post.

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円「トレンドは下!新規売りをするタイミングに注意」

【執筆者】 国府勇太(Yuta Kokubu)
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。
現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社は責任を負いません。

 

こんにちは。国府勇太です。

今週(3月26日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。 

では、さっそく先週までの日足チャートを見てみましょう。

 

btcjpy0326_01

先週を一言で表すと「上値が重い小動き」です。

 

3月19日(月)に869,996円でスタートしたビットコイン円。

先週末の78万円の底をつけた動きから一転、先週前半はしっかり反発しました。21日(水)には高値983,989円をつけ、100万円目前まで上昇。

 

しかし、100万円手前からは下落。

ちなみに、こういった動きを「重い」と表現します。

 

週後半は下落が続き、894,936円と週スタートとほぼかわらない水準で週末クローズしました。

 

 

今週の見通し

SMAをプロットしてみましょう。

SMAとは、Simple Moving Averageの略で、単純移動平均線のことです。あらゆるテクニカル分析の基本中の基本で、相場の方向性をさぐるものです。

 

パラメータ(設定値)は以下です。

短期線:21

長期線:70

 

ビットコインの場合、1週間が7日のため、パラメータも7の倍数としています。

btcjpy0326_02

 

誰が見ても明らかですね。

2本とも下向きです。いわゆる典型的な下落トレンドです。

 

「Trend is your friend」という格言がありますが、こういった相場ではトレンドに沿ったトレードをするのが鉄則です。

ですので、スイングの場合はショート。

 

ただ、トリッキーな動きをすることも多いビットコイン円です。反発し、再び100万円を目指す動きとなることもあるので注意が必要です。

 

なので、トレードとしては短期線に近づく反発をして、「そこから下げる動きをしてから」のショートが有効です。

 

より慎重な方は長期線まで反発するのをじっと待ちましょう。

(ちょうど長期線が100万円ちょうど近辺を推移しています)

 

この場合も、実際にショートでエントリーするのは反発し「下げる動きをしてから」です。

反発している最中にあせってショートを振るとそのまま上に連れて行かれるおそれがあるので注意しましょう。

 

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。

また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。

投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No tags for this post.

ビットコイン週間概況-3/16~3/22

【執筆者】グレン・ランバート(Glenn Lambert)。ニュージーランド出身。2002年に来日し、英国を本拠とするADVFNの日本法人でマネージャーとして従事。FX,株式などの分析ツールのほか、著名レポートも配信している。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者及び当社は責任を負いません。

日本円 米ドル
価格(3/22終値) 903,995円 8,572.33米ドル
時価総額 153,079億円 1,452億米ドル
3/16~3/22の4本値
始値 高値 安値 終値
890,898円 983,989円 780,000円 903,995円

週毎の取引・最近4週の調査結果

日付範囲 取引数量(日本円換算) %変化
3/16 ~ 3/22 1,686,561,894,199
3/9 ~ 3/15 1,996,643,443,202 -18.4%
3/2 ~ 3/8 1,759,330,707,495 11.9%
2/23 ~ 3/1 1,573,877,693,496 10.5%

週間概況と最近の話題

bitflyer-btcjpy-3月23日-2018-21-6-56

 

仮想通貨市場は新年から挑戦的なスタートを切ったが、これが価格変動に反映されている。挑戦の多くは投資家の先行きへの不安が中心となっており、それは規制強化、大きな利益を得ている鯨として知られる大型投資家達、市場が歴史的な高値であった2017年末に市場に参入した後、市場心理の変化と同時に投資が大きく減っていくところを見ているだけの状況でパニックに陥った経験の浅い一般投資家によってもたらされたものである。

 

結果として、個人投資家はポジションを解消して損失を被り、潜在的な新規投資家は市場を離れることを選んだ。これは市場への関心の喪失、BitcoinについてのGoogle検索やtwitterでのつぶやきが急激に減少することへ繋がった。Googleトレンドは、Bitcoin価格がピークに達した12月からのオンライン検索が80%以上低下したと報告し、Blockchain.infoのデータはBitcoinのトランザクションが60%減ったことを示唆している。全体的な個人投資家の感情は、仮想通貨市場はもはや一攫千金を得られる投資ではないということに向いており、結果として仮想通貨への関心が大幅に低下している。

 

しかしながら、多くの個人投資家が市場から離れたり、傍観者の立場を選ぶ一方で、多くの機関投資家が市場への参入を始めている。そのような企業の1つにJane Steet Capitalがあり、グローバルエクィティで1日平均130億ドルの取引があると伝えられている。彼らは取引資産にBitcoinを含めていると公表し、更に多くの仮想通貨商品の登場に引き続き関与すると言った。

 

規制に対する雰囲気が醸成され始めたことは興味深い進展である。 米国では先週の水曜日に、仮想通貨を議論するために、ここ2ヶ月で3度目の上院公聴会が行われた。今回の議題はICOについてであり、全体的なトーンは中立的であり、これは前向きなものと見ることができる。小委員会の委員長は、「これはおそらく”こんにちは”であり、”さようなら”ではないと信じている」と討論者に伝えて公聴会を終えた。

 

しかし多くの目は、今週ブエノスアイレスで開催されたG20サミットにおける世界経済の指導者たちが行う仮想通貨政策に関する議論へ焦点を当てた。投資家の視点からすれば、イングランド銀行総裁であり、金融安定理事会(FSB)議長であるマーク・カーニー氏が書簡で「仮想通貨は世界経済のリスクではない」述べたことが伝わった後、bitcoin価格は10万円ほど上昇したことから、サミットは比較的穏やかなスタートに映った。

 

加えて加盟国は仮想通貨について、新しい規制が提案される前に、更なる調査の必要性と、より多くの情報が要求されることに同意した。情報の収集の期限は7月に設定された。寄せられた質問が必要とされる情報の種類に関するものに集中しており、規制されるべき事項について真っ向から質問を投げかけていないためか、全体的な感情は前向きであった。これが市場心理を変える引き金だと言うには時期尚早であるが、それでもこのニュースは好材料と受け取れる。

過去の価格との比較

日付 価格 価格差 変化率
2018/3/22(基準日) 903,995円
2018/3/21(1日前) 969,336円 -65,341円 -6.74%
2018/3/15(1週間前) 890,900円 13,095円 1.47%
2018/2/22(1ヶ月前) 1,059,189円 -155,194円 -14.65%
2017/12/22(3ヶ月前) 1,470,000円 -566,005円 -38.50%
2017/9/22(6ヶ月前) 403,953円 500,042 123.79%
2017/3/22(12ヶ月前) 116,325円 787,670円 677.13%

Prices provided by bitFlyer

No tags for this post.

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円「神経質な展開!2018年は仮想通貨の試練の年」

【執筆者】 国府勇太(Yuta Kokubu)
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。
現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社は責任を負いません。

 

こんにちは。国府勇太です。

今週(3月19日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。 

では、さっそく先週までの日足チャートを見てみましょう。

btcjpy0319_01

 

先週を一言で表すと「さらに下落!80万円割れ」です。

 

3月12日(月)に1,025,841円と100万円台スタートしたビットコイン円。

今週も神経質な動きが続きました。

 

13日(火)にはほとんど動きなし。

14日(水)には大きな陰線をつけ、90万円を割り88万円でクローズ。

その後も100万円を超えることはなく、週末まで安値で停滞。

そして、18日(日)にはさらにもう一段さげ、とうとう80万円割れの安値78万円をつけました。

 

その後、大きく反発し86.9万円で週末クローズしました。

 

仮想通貨に対しての各国の規制強化の動きといったニュースが、投資家の買いを踏みとどまらせてる状況です。

アルトコインも同じく軒並み下げており、仮想通貨全体が暗いムードです。

 

今週の見通し

 

ボリンジャーバンドをプロットしてみましょう。

 

ボリンジャーバンドとは、1980年頃に開発されたテクニカル分析のひとつで「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標のひとつです。

 

btcjpy0319_02

 

今回、注目するのがバンドの下のラインである-2σ(シグマ)です。

 

先週末の下落(18日の下ヒゲ)で、このバンドのラインにタッチしています。

 

一般にこのラインは「反発のポイント」です。現にこのポイントからしっかり上昇しています。

 

長期的に上昇と見る場合は、「買い」の良いポイントです。

ただ、真ん中のMAは下向きなので、もう一段下がるリスクもあります。

 

長期投資でロングを持ちたい場合は、ポジションを複数回に分けてエントリーしましょう。

 

次に、一目均衡表もみてみましょう。

 

btcjpy0319_03

 

現在、一目の雲の下に位置しており、この暗いマーケットが一目(ひとめ)で確認できます。

この暗い相場は、1月16日以降ずっと続いています。

 

今後、この雲を抜ければ再び上昇トレンドへ転ずる可能性は十分にあります。

 

特に、先行スパンの交わる「4月4日以降」に注目です。

2つの先行スパンが交わる日は、「雲のねじれ」といわれ、トレンドが変わりやすいと言われています。

 

ここ数ヶ月でビットコイン投資をはじめた方にとっては今の悲観マーケットは絶望的とすら思えますが、

以前からビットコイン投資をしている方にとっては、こういった「仮想通貨はもうだめだ」といった雰囲気のマーケットを過去に何度も経験しています。

 

最近の、ネガティブなニュースも「なにをいまさら」といったような内容ばかりです。

もともとビットコインその他が、非中央集権的な通貨を構築しようとする試みなので、中央集権の権化である中央銀行その他が否定的なコメントをするのは当然の結果と捉えています。

 

今後、「再びビットコインが盛り上がるのか?」、「それとも一時的な投機ブームで終わってしまうのか?」、仮想通貨は2018年にその真価が問われることになりそうです。

 

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。

また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。

投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No tags for this post.

【悲報】ビットコインのブロックチェーンで児童ポルノへのリンクが数百件見つかる。

1: 2018/03/21(水) 23:18:25.54 ID:9H+aoljO0 BE:416336462-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州にあるアーヘン工科大学の専門家グループが、ビットコインのブロックチェーンで児童ポルノへのリンクを数百件見つけた。
カリブ海に浮かぶキュラソー島で開かれた会議で発表された。
ブロックチェーンは、メモやファイルを保存できるブロックのつながり。
通常メモには取引に関する情報が記されている。
サイトGizmodoによると、専門家らは調査中にブロックチェーンで発見されたファイル1600個を調べた。内容の99%がテキストあるいは画像だった。
8個のファイルは性的な性質のもので、1枚の画像には未成年者とみられる人物が写っていた。また2個のファイルからは児童虐待に関連するコンテンツへのリンクが合計274件見つかった。
学者らは「我々の分析は特定のコンテンツ、特に違法ポルノを保存できるブロックチェーンは違法であると宣言できることを示している」と主張している。
児童ポルノの保存は112カ国で禁止されている。したがってブロックチェーンに基づいたあらゆるシステムの使用は違法とみなされる可能性がある。

https://jp.sputniknews.com/science/201803214694702/


no title

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1521641905/


続きを読む No tags for this post.

IT業界の大物ピーター・ディール氏「ビットコインはデジタル・ゴールドの価値がある」・G20まとめも

 

ベンチャーキャピタリストのピーター・ディール氏が20日、ビットコインは「デジタル・ゴールド」に相当するという見方を発表しました。

今年の1月、ウォール・ストリートジャーナルでピーター氏のファンドが約20億円分のビットコインを購入したことが報道されると、ビットコインの価格がその後24時間のうちに9%も上昇しました。ピーター氏は仮想通貨界の中でも影響力の高い人物の一人です。

 

ビットコインは金と同じ価値(役割)がある

ピーター氏がこの発言したのはニューヨークの経済クラブとのことです。主な発言としては、

・「私はビットコインを保有しており、もしかすると全ての通貨にいえることではありませんが、今の段階ではすべての仮想通貨に対して、概ね中立または懐疑的な見方をしています

・「インターネット上の『ゴールド』と同じ価値の仮想通貨が今後生まれ、みんなが取引することになる仮想通貨が、一番ふさわしいかもしれません

ピーター氏の主張は「中立・懐疑的」と述べているように、やや複雑なようです。ピーター氏の意見を要約すると以下のようになります。

①ビットコインは現時点では「ゴールド」と同じ価値がある

②決済の手段としてビットコインが使われるとは思っていない

③将来、ビットコイン以外の別の通貨が現在のビットコインの位置を握る可能性がある

この3点です。

 

ビットコインがデジタルゴールドになる理由

ピーター氏のデジタル・ゴールド発言の理由は時価総額のようです。ビットコインは仮想通貨全体の40~50%の時間総額を占めるのに対し、代表的アルトコイン・イーサリアムは全体の16%の時価総額しかありません。

このように「みんなが価値があると思っているから価値がある」という点で「ゴールド」と同じ立場にあるという意見です。

現実にある金もまったく生活に役立たないですが、みんなが価値があると思っているため、毎日市場でやり取りされ値段が決められています。ピーター氏のビットコインに対する主張もこれに近いものでしょう。

ただし、将来的に、例えばイーサリアムの時価総額がビットコインを抜く可能性はあるとも発言しています。また、決済の手段に使うには難しいとの見解も示しています。

ピーター氏のファンドが今年の1月に20億円投資しているのを考えると、今後しばらくはデジタル・ゴールドとしての価値を保ち続けるとピーター氏は考えているのでしょう。現実の金も決済には使われていませんが、希少性と時価総額の点で価値を保ち続けています。

その点では金とビットコインは確かに似ていますね。

参照元:https://ethereumworldnews.com/bitcoin-equal-to-digital-gold-of-this-era-peter-thiel/

 

ビットコインの今後・G20まとめ

さて、ピーター氏がゴールドと同じ価値があるとするビットコインですが、直近の動きとG20の動きをまとめてみます。まず18日に安値約78万円の迫る軟調な展開をみせていましたが、G20参加者の前向きな発言から反発、21日は続伸し、約98万円近辺での推移となっています。

BTCJPY 21日 5分足

(チャート参照元:Trading Veiw https://jp.tradingview.com/chart/6BCi3tjx/)

G20はもともと仮想通貨の大規模な規制あると投資家から不安視され、2018年に入ってから仮想通貨市場は全体的に下落が続いていました。しかし、結果は、金融活動作業部会(FATF)にマネーロンダリングに関する精査を行ってもらい、7月までに規制勧告案を準備することで合意されたようです。

これは裏を返すと、G20では何も決まらなかったということです。ブラジルは規制案には賛成しても自国の仮想通貨規制はしないといった反対意見もあります。また、「勧告案」もどこまで強制力があるものかも定かではありません。結局、G20では仮想通貨規制の難しさを再認識するものとなったようにも思えます。

ひとまず、1月からあった大きなイベントを通過したので、ビットコインの価格がどこまで上がるのかは注目したいですね。

 

ビットコインを購入するなら

ビットコインを購入するなら、間違いなくGMOコインで買うべきです。

理由は、スプレッド(買いと売りの金額差)が小さいというところです。

coincheckなど通常の取引所でも買えますが、買うときで売るときで多いときには10%の差がついていて、買った瞬間から大きく損してしまう場合があります。
しかし、GMOコインだと、提示された価格で買えるため、スプレッドが狭くオトクに購入することができます。

G20を通過した今、ビットコインの価格が上がる可能性はあります。

再び価格が吹き上がる前にGMOコインで安いうちに購入しておくのを強くおすすめします。

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.