00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki

世界の金融市場ニューヨーク連銀も仮想通貨に注目!?

世界の金融市場と言えば、ニューヨークですよね?
皆さんは、ニューヨーク連邦準備銀行をご存知でしょうか。
ニューヨーク連銀は、連邦準備制度の第2地区を管轄する、アメリカ合衆国の連邦準備銀行の一つです。
世界のニューヨーク金融市場でも、どうやら仮想通貨に前向きな姿勢のようです。
実際に調査致しました。

世界の金融市場ニューヨークの銀行も仮想通貨に前向き

ニューヨーク連邦準備銀行が9日、仮想通貨に関するQ&A記事を公式サイトに掲載した。同記事は所属する2名の経済学者に対し仮想通貨に関する質問を投げかけるという形を採っている。

引用元:THE COINTELEGRAPH ニューヨーク連銀が公式サイトに仮想通貨に関するQ&A記事掲載(2018年2月11日)より

世界の金融市場と言われるニューヨークですが、その中でもとても大事な役割を担っている銀行が、ニューヨーク連邦準備銀行と言われています。
ニューヨーク連邦準備銀行について知るためには、まずは連邦準備制度について知らなければなりません。

連邦準備制度とは、アメリカの中央銀行制度のことを言います。
アメリカの銀行というのは、首都ワシントンD.C.にある『連邦準備制度理事会』が全国の主要都市にある『連邦準備銀行』を統括する組織形態となっています。
その連邦準備制度の第2地区を管轄しているのが、ニューヨーク連邦準備銀行というわけです。

現在、連邦準備制度の中で、 ニューヨーク連銀は、世界の金融市場の中心地であるニューヨークに本部を置き、市場を通じて中央銀行としての金融政策を遂行 しています。
またニューヨーク連銀のトップは、連邦公開市場委員会の副議長を兼ねており、連邦準備銀行の中で最も重要な役割を担っていると言われています。

そんなニューヨーク連邦準備銀行が仮想通貨に関するQ&A記事を公式サイトに掲載したとのことです。
やはり、世界の金融市場であるニューヨーク連銀までも、仮想通貨には目を逸らさずにはいられない状態になっているということでしょう。
それは仮想通貨がもう世界で非常に大きな勢力になったいうことではないでしょうか。

世界のニューヨーク連銀の仮想通貨Q&A記事

ニューヨーク連銀の調査統計グループの経済専門家マイケル・リー氏とアントニー・マーティン氏は、仮想通貨と金融における信用(トラスト)の基本概念等に関する質問に順に答えた。

引用元:THE COINTELEGRAPH ニューヨーク連銀が公式サイトに仮想通貨に関するQ&A記事掲載(2018年2月11日)より

それでは、ニューヨーク連銀が公式サイトに掲載したQ&A記事というのは、どのような記事だったのでしょうか。
一部抜粋と翻訳致しました。

Q: Let’s start simply. What even is cryptocurrency?

Q:まずは簡単な質問から行きましょう。一体暗号通貨って何なのですか?

Answer

Martin: Cryptocurrencies are digital, or virtual, money. Bitcoin, which was created in 2009, is the first and probably the best known cryptocurrency, but many others have followed, such as Ethereum, Ripple, Bitcoin Cash, Litecoin, etc.

引用元: Federal Reserve Bank of New York Liberty Street Economics(2018年2月9日)より

日本語訳

Martin: 暗号通貨は、デジタル、つまりバーチャルなお金です。 2009年に作成されたBitcoinは、最初におそらく最もよく知られた暗号通貨ですが、他にもEthereum、Ripple、Bitcoin Cash、Litecoinなど、多くの人々が支持しています。

Q: Have cryptocurrencies made progress toward solving the problem of mistrust?

Q:不信問題を解決するために暗号通貨を進歩はありましたか?

Answer

Martin: One important element in any payment system is “validation,” determining which transactions can proceed through the system and which should be refused as invalid. For example, a validator could check if there are sufficient funds in the account of the person who wants to make a payment. If there is, the payment will go through. But if there isn’t, the payment will be refused. If you recall the last time you swiped your credit or debit card, the few seconds you had to wait was that validation. But if the merchant doesn’t trust the validator, and doubts she will ultimately be paid, she’s unlikely to accept your card.

With bitcoin there isn’t one designated validator. Instead, everybody in the bitcoin network could be picked, essentially at random, to validate recent transactions. The details are a bit technical and more details can be found in a recent St. Louis Fed paper on cryptocurrencies.

引用元: Federal Reserve Bank of New York Liberty Street Economics(2018年2月9日)より

日本語訳

Martin:支払いシステムの重要な要素の1つは、「有効確認」であり、どの取引がシステムを通って進むことができ、どの取引が無効であるべきかを決定することです。
例えば、バリデーターは、支払いを望む人の口座に十分な資金があるかどうかをチェックすることができる。ある場合は、支払いが通過します。
しかし、そうでなければ、支払いは拒否されます。
クレジットカードやデビットカードを最後に機械に通すとき、その数秒待たなければなりませんでした。
しかし、商人がバリデーターを信用しておらず、最終的にお金が支払われない疑いがある場合、商人はあなたのカードを受け入れることはまずありません。

ビットコインでは、1つの指定バリデーターはありません。 その代わりに、最近の取引を検証するために、ビットコインネットワークのすべての人物を本質的にランダムに選ぶことができます。 詳細は少し技術的であり、詳細は最近のセントルイス連邦の紙cryptocurrenciesの中で見つけることができます。

以上のような、クレジットカードや仮想通貨等を比較し、そもそもお金の価値に対する裏付けってないですよね?というような内容がQ&A形式でまとめられていました。
そこには、 お金それ自体の意味が見え隠れしており、非常に仮想通貨にも前向きな討論の記事 ではないでしょうか。

他にも、「暗号通貨は時に不法行為に関わっていませんか」等、仮想通貨の真相に迫るような内容が書かれており、記事の読者も思わず仮想通貨の価値について考えてしまうような内容が書かれていました。

ニューヨーク連銀が考える仮想通貨の未来

仮想通貨は「通貨の未来」になるのかという質問に対しマーティン氏は、仮想通貨が解決する問題は少なくとも「先進諸国」では解決される必要が無いかもしれないと述べ、疑問を呈した。

引用元:THE COINTELEGRAPH ニューヨーク連銀が公式サイトに仮想通貨に関するQ&A記事掲載(2018年2月11日)より

最後の質問部分では問題を二つほど挙げていました。
①仮想通貨のランダムにバリデータを取得するプロセスには時間がかかり、コストがかかり、膨大なエネルギーが消費される
②暗号通貨の価値が極端に変動するため、通貨としての有用性が低下

しかしこの部分に関しても、ニューヨーク連銀は前向きにとらえていました。
それは、仮想通貨を「弾力性のある」通貨として捉え、将来これらの 暗号通貨は現在の支払い方法と現実的に競合する可能性がある と話しています。

問題視するところは問題視していましたが、今後仮想通貨が現実に頭角を現し、競合してくることは間違いということでしょう。
銀行が目を付け始めたということで、仮想通貨は非常に価値ある物になってきています。
今後世界を揺るがすに違いない、仮想通貨に引き続き注目しましょう。

世界の中央銀行も認めるビットコインについてもっと詳しく知りたい方はこちら

日本の銀行も仮想通貨に注目!気になるニュース記事はこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

投稿 世界の金融市場ニューヨーク連銀も仮想通貨に注目!?COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

【SBI】今年の夏をめどに開業を目指す!取り扱い仮想通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル!

・SBIバーチャル・カレンシーズが今年の夏をめどに開業を目指す。 ・金融庁の動向や、仮想通貨に対する規制内容、各国の対応などを踏まえ、具体的な開業時期を決める。 ・ビットコイン、ビットコインキャッシュ ...

Copyright © 2018 仮想通貨インフォ All Rights Reserved.

オーストリア、金やデリバティブと同様にビットコイン規制を目指す

オーストリアの財務大臣Hartwig Löger氏は、オーストリアそしてEU両者にビットコインなどの暗号通貨を金やデリバティブと同様に規制するよう促しています。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。


オーストリア、ビットコイン規制を想定へ

「暗号通貨は金融市場の信用をひどく傷つけている段階にあり、さらには、未熟ではありながら未来の金融市場にとって非常に重要なセクターの信用をも危険に晒している」と財務大臣Hartwig Löger氏は発言し、ビットコインを規制しながら、新産業の成長を許容する事が課題になると主張しています。

さらに同氏は金融専門家・金融技術部門が、暗号通貨の危険性をオーストリアの中央銀行であるOesterreichische Nationalbankと金融市場局(FMA)に警告し、規制を求めていることを示唆しました。

「暗号通貨はマネーロンダリングやテロ資金調達との戦いにおいて重要性を増している。これは私たちが目指している変化の重要な側面だ。私たちはより多くの信頼とより多くのセキュリティを必要とする。」とLöger氏は続けました。

1万ユーロ以上の暗号通貨取引には必ずマネーロンダリング対策(AML)を行うなど、金やデリバティブの取引と同様にビットコインを扱うことを彼は提案しています。

オーストリア金融市場局は2018年2月23日、

「オーストリア金融市場局のHelmut Ettl氏とKlaus Kumpfmüller氏は、Hartwig Löger財務大臣によるビットコインなどの暗号通貨の規制と監督への動きを歓迎する。仮想通貨は本質的にインターネットの現象であり、制限なく提供されるため、国境を越えた規制と監督が重要である。」

と声明を発表し、Löger氏の声明を擁護しました。

専門家は、Löger氏が今週末、欧州連合の一員としてポルトガルのMario Centenoに自身の提案を持ち込むことを期待しています。

2018年2月26日に行われる欧州委員会では、欧州マネーロンダリング指令(European Money Lauding Directive)に関連して、暗号通貨が検討される予定です。

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

Bitcoin.com】Austria Wants to Regulate Bitcoin like Gold and Derivatives

投稿 オーストリア、金やデリバティブと同様にビットコイン規制を目指すCOINNEWS に最初に表示されました。

Bitcoinを無税にするやり方

 新しく作成された米国の税法が最近通過した後、暗号侵害投資家は、IRS報告の非課税免除申請がデジタル資産投資に適用されなくなったことを認識しました。法律はまた、多くの人々が過去12ヶ月間に処理したすべての取引に対して税金を支払わなければならないことを意味してい...No tags for this post.

筑波大学、日本初のビットコインによるクラウドファンディング受付開始

1: 名無し募集中。。。 2018/02/23(金) 09:06:43.25 0.net https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2018/02/21/readyfor-w1280.png 筑波大学の落合陽一准教授は2018年2月21日、国内最大級のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を通じて、ビットコインで寄付を受け付けることを発表した。 Readyforで

2017年、Jihan Wu氏率いるASIC製造会社Bitmain社、40億ドルに及ぶ利益をあげる

世界最大シェアを誇るビットコインマイニング事業を展開しているBitmainの資産は「莫大」と言い表せる程のものではないと長らく想定されてきました。

ほぼ寡占のASIC(特定の目的のために作られた集積回路)製造ビジネスのおかげでBitmainは効果的に利益を得ています。

2018年2月24日今週、BernsteinのアナリストはBitmainの事業に関する報告書を発表しました。

暗号通貨のマイニング、および他者が同様にマイニングする為の装置(ASIC)を販売する事で30-40億ドルものお金を同社は手に入れたと報告書は概算しています。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。


Bitmainには大金が

どの熱心な暗号通貨採掘家にどのブランドのASICを使用しているか尋ねても、皆同じ返答をする事でしょう。

Bitmainはマイニング界の主人公であるだけではありません。マイニングで生計を立てようとしている人々にとっては唯一無二なのです。

Bitmainのマイニング装置は、丈夫性・有効性・性能の一貫性などから高く評価されています。

Bernsteinの報告によると、2017年BitmainはNvidiaと同じだけ利益を得ました。

Nvidiaは広く名が知られている一方で、暗号通貨に携わる人以外ではごくわずかの人しかBitmainを知りません。

Nvidiaが2017年に30億ドルもの利益を得るまでには24年もの歳月がかかったとBernsteinが算出する一方で、Bitmainは同じ規模にたったの4年で到達しました。

Forbesの最近の「暗号通貨で裕福になった人々のリスト」にJihan Wu氏やMicree Zhan氏はどちらも登場していませんが、Bitmainの創設者が非常に裕福であることは間違いありません。

忍耐は報われる

Jihan Wu氏やMicree Zhan氏の企業は暗号通貨マイニング市場を支配していると批評家が憤慨している一方で、2013年ビットコインが未だ流行していない時代から彼らがビジネスを始め、現在まで至っている点は賞賛を得ています。

会社の利益の大半は2017年ビットコインの価格が急上昇した際に生まれました。

この期間のほとんどの間、Bitmainはビットコイン、後にはビットコインキャッシュの支払いのみを主張していました。

Bernsteinによると、BitmainのビットコインマイニングおよびASIC生産のシェアは約70%にも及ぶと言います。

Bitmainが非常に高い収益性を保てた理由の一つとして、製造費用が変わらない中、ビットコイン価格の高騰に伴いASICの販売価格を値上げする事ができたことが挙げられます。

その結果、2017年には一つのASICの値段が数百ドルから最高5000ドルまで上昇しました。

Bernsteinの報告書はさらに、

「Bitmainは、チップの一部を10nm、そして最先端の7nmに移行し、ASIC業界をリードしていく可能性が高い。これにより、同社は2018年にはTSMC(台湾集積回路製造)の7nmトップ5ユーザーの1つになり、Qualcomm、HiSilicon、AMDに匹敵する需要を実現する。」と語り、

彼らが2018年マイニング市場の支配をより強めると予想しています。

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

投稿 2017年、Jihan Wu氏率いるASIC製造会社Bitmain社、40億ドルに及ぶ利益をあげるCOINNEWS に最初に表示されました。

田舎者主婦しおり~ビットコインの手数料が高い~

しおり
しおり
いやー奥さんとショッピングなんて初めてですね~

何買ってもらおうかなっ

奥さん
奥さん
私はあなたには何も買わないわよ!ちゃっかり恐ろしい女だわ
奥さん
奥さん
でも私こんな大きなショッピングモールに来たのは初めてよ
奥さん
奥さん
私の中ではジャスコが一番ナウい場所よ
しおり
しおり
ジャスコ…ナウい…つっこみどころ満載ですね(笑)
しおり
しおり
ところで奥さん今日は何でまたショッピングに行きたかったんですか?
奥さん
奥さん
いやー私見つけちゃったのよ~何と…!何と!!
奥さん
奥さん
ビックカメラでビットコインが使えちゃうらしいのよー!キャー
しおり
しおり
いや、奥さん…そのサービスは去年の4月頃から始まってますが…
奥さん
奥さん
去年⁈もう1年経つじゃない!何で早く言わないのよ!初めて知った時早くしおりちゃんに自慢したくてニヤニヤしちゃったじゃない
しおり
しおり
これだからおばさんは困りますね~
奥さん
奥さん
あなた今全国のおばさんを敵に回したわね!おばさん連盟代表が黙ってないわよ!
しおり
しおり
おばさん連盟…ヒョウ柄率高めのすごい殺気を感じます…。すいませんでした

奥さん
奥さん
という事で、今日は題して「奥さん初めてのおつかい!ビットコインと使う」編の始まりよー

カチャッ

奥さん
奥さん
チャーチャララーチャーラララー♪お決まりのBGMも流れ出したわー盛り上がってきたわねー
しおり
しおり
カチャッて、ラジカセで自分で音楽流してる…リュックがやけに重そうだったのはこれだったのか…
奥さん
奥さん
え?なんか言った?そんな事よりついに着いたわよ!ビックカメラ!

奥さん
奥さん
本当に書いてあるわ…動悸がしてきたわ
しおり
しおり
そのままポックリいかないでくださいよ(笑)
奥さん
奥さん
冗談に聞こえないわ…怖い女ね…
奥さん
奥さん
一応ビットコイン5000円分持ってきたわ
しおり
しおり
えー30万までビットコイン支払い可能って書いてありますよー30万分私に何か買ってくだいよー
奥さん
奥さん
本当怖い女ね…そのうち高額の保険金でもかけて殺されそうだわ
奥さん
奥さん
よしっ!ちょっと不安だから試しに108円のハイチュウ買ってみるわ
奥さん
奥さん
これ、ビットコイン払いでお願いします
定員さん
定員さん
ビットコイン払いですね…

ピッ

定員さん
定員さん
621円です
奥さん
奥さん
は?
定員さん
定員さん
え?
奥さん
奥さん
あ、はい。
定員さん
定員さん
ありがとうございましたー
奥さん
奥さん
大変よーあの定員詐欺師よ!なんか怪しい顔してると思ってたのよ!
しおり
しおり
なんかあの定員さん、コインオタクの伊藤さんに似てた気が…。奥さん人を勝手に詐欺師にするのやめてくださいー
奥さん
奥さん
でも詐欺じゃなければ何でハイチュウが621円になるのよ
しおり
しおり
奥さん残念なお知らせですが、ビットコイン決済が基本的に0.0005ビットコインかかってしまうんです…。今のレートだと500円程度ですね
奥さん
奥さん
ちょっとーあなた知ってたの?どうりで後ろでクスクス笑ってたわけだわ!
しおり
しおり
でも30万円のものを買っても500円の手数料だと思うとそこまで高くはないかと…。
奥さん
奥さん
確かに…。
しおり
しおり
だから30万円の物買ってくださいって言ったじゃないですかー
奥さん
奥さん
冗談かと思ったじゃない
しおり
しおり
でも実際に今の現状でビットコインをクレジットカードの様に便利に使う事は厳しく、使用する人は少ないのが現実です
奥さん
奥さん
確かに…。ビックカメラの定員さんの自信の無さからも使う人が少ない事がよくわかったわ
しおり
しおり
ですが、使える店舗はどんどん増えており、最近では歯医者さんで使えるようにもなってきました。
奥さん
奥さん
本当に今の子供たちが大きくなる頃には現金は無くなってるかもしれないわね
しおり
しおり
財布を持たない時代が近い未来やってきそうですね
奥さん
奥さん
あ!財布と言えば私今日誕生日なの!財布買ってよしおりちゃん
しおり
しおり
え?それ本当ですか?どこかのキャバクラ譲のやり口みたく毎日誕生日なんてことありませんよね?
奥さん
奥さん
全く疑い深い女ね本当よ!
しおり
しおり
たとえ本当だとしても奥さんごときに財布は買いませんが、一応免許証で誕生日確認するんで見せてください
奥さん
奥さん
え?んーそういえば何だかお腹が減ったわね。ご飯食べましょう~
しおり
しおり
…。

 

ハードフォークに向けてバイナンス(Binance)取引所を開設したい方はこちらから

 

田舎者しおりシリーズはこちら

解説

≪≪ BTC投げ銭 ≫≫
応援お願いします!

アドレスはこちら
1Fd141jNns1PxzxsEErmUBEFuamRAHFYLh

 

公式Line@で最新情報をGET!

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

投稿 田舎者主婦しおり~ビットコインの手数料が高い~COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

DMM Bitcoinでのイーサリアム送受金方法と注意点

仮想通貨取引所DMM Bitcoinのイーサリアム入出金(送受金)方法と注意点を初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。 現在新規口座開設で1000円キャッシュバックキャンペーン中です!⇒DMM Bitcoin公式HPはこちら!(2018年3月31日まで) イーサリアム入出金方法 準備 送付方法(取引所アカウントから他取引所・ウォレットへ) 注意点 受金方法(他取引所・ウォレットから取引所アカウントへ入金) イーサリアム送金がお得な取引所 イーサリアム入出金方法 DMM Bitcoinでは取引所アカウントにイーサリアムを入金したり取引所アカウントからイーサリアムを出金したりする事ができま…No tags for this post.

【画像】久々にビットコインのチャート見たら3000万消えててワロタwww

641: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:51:50.99 ID:Fk54KjQa
おい久しぶりにチャート見たら3000万消えてるじゃねーかw
それでも+4500万~♪
お前達ビビり素人だったら100%狼狽してるな
フハハハハ

659: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:52:49.14 ID:OwaNVYpj
>>641
99万3000円 割ったら利確定しとけ笑

また60万になったら拾えばいいだろ?ぎゃははw
665: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:53:11.01 ID:EHrhj7sd
>>641
心配すんな
もう少ししたら全部なくなる
663: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:52:59.13 ID:xxzD1IeR
>>641
3000万消えてんじゃねーかww
下手くそかwww
701: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:55:25.95 ID:hVCOj0ov
>>641
お前が125で売り抜けてるか気になってた。65まで戻るまで待ってろな
684: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:54:29.26 ID:/pozPvI8
>>641
明日にはそれもなくなってるぞ

引用元

738: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:57:48.72 ID:Fk54KjQa
>>663
1BTCも買う金ないド素人の負け惜しみウケる~w
753: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:59:06.98 ID:Kd0nV1zI
>>738
ザフト利確した?
822: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 20:05:08.69 ID:Fk54KjQa
>>753
おーとっくに利確したぞ今んとこ先がないから売っとけ
647: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:52:04.63 ID:OwaNVYpj
反発がないのが本格的にやべぇ
669: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:53:21.38 ID:cT55YWZy
>>647
こんな所で反発しても流れで飲まれるだけ
656: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:52:46.10 ID:TkRdiRrV
この動きは、超絶ガラが早まったことを示しています
即刻売ってください
658: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:52:47.31 ID:Uf1EYQMk
動かない、、、、
668: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:53:21.35 ID:jEMET+/x
勇気ある人はここでロングもありに見える本気下げの気配ないしね
670: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:53:23.85 ID:FFGjcFKw
見せかけの底演出だな
679: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:54:12.28 ID:C7MHCiIP
なんで下がってんすか??
709: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:55:58.44 ID:npm41vh3
>>679
下がったとは言えレンジ内
仮想通貨で4万下げとか屁やろ
ここでも素直にロングでいいんだ(^_^)
781: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 20:01:25.88 ID:iUQpFKva
>>709
ロングというか前々日分まで飛んで上昇気配がなくなるから
手じまい売りが連発するよ
690: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/24(土) 19:54:49.44 ID:7Veajtwx
もしも前回ラインまで落ちたらまぁ一回は反発するんだろうね
んですぐさまガラる

なぜ今、仮想通貨なのか?お金の歴史を踏まえて解説して行きます。

仮想通貨は日本の大手のMUFGやゆうちょ銀行、みずほ銀行などが参入するほど注目を浴びています。また、それは民間の銀行だけではなく、円を発行する中央銀行までもが研究を進めているほどです。以下では、なぜ仮想通貨がこれほどまで注目されているのかお金の歴史を踏まえて考えて行きます。


物々交換

聞き馴染みのある物々交換は、貨幣がまだない時代に行われた始めての経済的取引だと言われています。この物々交換には2種類の交換方法があります。一つは、『自然貨幣』と呼ばれるものと『商品貨幣』と呼ばれるものです。以下では、この2つを詳しく解説していきます。

自然貨幣

貝殻や骨などは、当時とても希少なもので、誰もが受け取りやすいものでした。そして、そういった希少なものを使い食料などを交換していたと考えられています。しかし、こういった貝や骨は使う用途がなく、それ自体に『価値がない』のです。そこで次に現れたのが、商品貨幣となります。

商品貨幣

『加賀100万石』という言葉があるように、日本の歴史では『コメ』が1つの貨幣として利用されていました。コメは、自然貨幣と違いそのもの自体に用途があります。日本では、コメがそれに当たりますが、世界では牛といった家畜や布なども物々交換として用いられていました。こういった、商品貨幣流入できたのは農業や畜産業の生産性が発展し『余剰生産物』を生産することが出来るようになったからであると言えます。剰余生産物とは、生活に必要なもの以上に生産できたモノのことを言います。この、商品貨幣のデメリットは交換に手間がかかることです。毎回ものをお買う際にコメを使うと考えると、その不便さがイメージできるのではないでしょうか。この商品貨幣のデメリットを補ったのが金属貨幣と呼ばれるものです。

金属貨幣

秤量貨幣

金属貨幣は、主に金、銀、銅などがその例です。こういった金属は、それ自体に価値があります。また、コメや家畜よりも持ち運びの面で便利であり、腐ることがないので一度作れば長い間流通し続けることができるというメリットがあるため流通しました。この金属貨幣が、流通したときはその金属の重さでものを交換していました。これは、商品貨幣も、コメなどを重さで測っていたため、商品貨幣の一部を残していると言えると思います。このように、金属の重さを図って商品を交換していた方法を『秤量貨幣』とも言います。この秤量貨幣は、重さをはかるという手間がありました。そこで、次にできたのが鋳造貨幣です。

鋳造貨幣

鋳造貨幣は、金属を溶かし型に入れることできた金属のことを言います。ここから、生まれたのが、信用貨幣というものです。これまでは、金属の量、コメの量など量を重視して交換されていました。この信用貨幣は、誰かがその価値を担保する必要があります。そして、それを誰かが信用してその通貨を使います。日本では、和同開珎がこの信用貨幣のはじめだと言われています。他にも小判といったものもこれに当たります。1円玉も日本銀行がその価値を証明しているため1円という価値を持っているのです。ただこれも金属であるため一定の量になると持ち運びが面倒になってきます。ここで、使われたのが紙幣でした。

兌換紙幣

紙幣が使われる時代に、印刷屋製紙の技術が発達してきました。そうした、技術の発展により金属の代替物として紙幣という紙が使われるようになったのです。この紙幣の元々は、金属を商人に預けることで紙幣がもらえるというシステムでした。つまり、紙幣は金属と交換できる保証があるため貨幣として流通できたと言えます。これを『金本位制』とも言います。日本では、1882年に初めて発行されました。紙は、金属と違い持ち運びが便利であるメリットがあります。この金本位制が世界で使われるシステムとなることで、金の量が足りなくなりました。そこで、金と紙幣を交換する兌換紙幣というシステムはなくなりました。そこで、新しくできたのが不換紙幣です。

不換紙幣

不換紙幣は、金との交換を約束されていません。つまり、私たちは日本政府が1万円の価値を認めているだけであって、何が1万円と同等の価値なのかを認められていないです。これが現在の紙幣と言えます。

仮想通貨

これまで、貨幣というものの歴史をみてきました。交換されるものが変わってきたのは大きくわけて2つの点があります。

1つは、交換する手間です。商品貨幣が金属貨幣に交換された時がその一つの例です。
現在、キャッシュレス社会という言葉があります。これは、現金ではなくクレジットカードなどを利用してものを購入する方法です。これも、現金を利用して購入するの購入の手間があるためこういった考えが生まれてきたといえます。

2つ目は、技術です。兌換紙幣が生まれたのがその一つの例です。こういった技術が生まれることも貨幣が新たな形になる一つの例でした。現在は、インターネットという新たな技術があります。これを用いることで、現金を持つという手間を省く技術が生まれたのです。

しかし、このインターネットは安全性という面で信用が得れていません。それがこれまで、インターネットを使った貨幣が生まれてこなかった理由です。しかし、ビットコインといった仮想通貨には、ブロックチェーンと呼ばれる技術があります。このブロックチェーンがその信用度を保証するシステムとなる存在として現在注目されて多くの銀行が仮想通貨を研究しているのです

投稿 なぜ今、仮想通貨なのか?お金の歴史を踏まえて解説して行きます。COINNEWS に最初に表示されました。

週間クリプト「落合陽一氏×東晃慈氏」/ アルトコイントレード

くりぷと(@CryptoBloger)です。こんにちは。

 

週間クリプト

思い付きで、「週間クリプト」という企画を始める事にしました。1週間の暗号通貨界隈のコンテンツの中で、一番面白かったものを紹介させて頂きます!主観がバリバリ入っているので、異論は認めません(笑)

 

今週の「週間クリプト」はこれ


“現代の魔術師” 落合陽一氏と、”ビットコイナー”東晃慈氏の対談です。

もう見ました?

まだでしたら、是非見た方が良いです。アーカイブが残っているうちに。

 

落合さんが毎週放映している”WEEKLY BITCOIN”の拡大版に、我らがKJこと東氏が出演し、ICOの面白さや問題点、ビットコインのスケーリング問題、国立大学研究へのビットコインでの寄付の意義について、など、深く広く、多岐に紹介されてます。お二人とも頭が超絶良いので、会話ペースがめちゃ早いです。

 

興味深かったのは、国立大の研究開発に、ビットコインでの寄付(クラウドファンディディング)を受け付けた点。ビットコインで資産が増えた方々が、社会の発展のために、落合氏の研究に寄付を行える道筋を着けた、っていう点が面白いです。

 

寄付サイトはこちら。

サイトURL:https://readyfor.jp/projects/ochyaigogo2

 

寄付自体は税控除が受けられます。ただし、bitFlyerのシステムと組んでいるそうで、おそらく寄付した瞬間に利確扱いとなると思われます。そうなると、雑所得の枠内で、来年確定申告が必要です。

 

税金はめんどくさいですけど、落合氏の研究テーマはとても面白いですし、実績もあり、さらに未来を創る発明が多く社会的な意義もあるので、支援したくなります。

画像引用:https://readyfor.jp/projects/ochyaigogo2

テクノロジーで、身体にハンディがある人をサポートし、社会の多様性を促進するそうです(例えば、”四肢の欠損”が、”近眼”と同じくらいの”特徴”になる社会)。

 

近著も、引用が多く、内容に厚みがあって大変お勧めです。

 

お知らせ:下記の仮想通貨SF小説企画ですが、予定通り2月末で締め切らせて頂きます。検討中の方は、是非ご応募ください!

参考

緩募:仮想通貨のSF小説くりぷと戦記

 

アルトコイントレード

トレードの方ですが、前回手放したNEM/XEMを、一部買い戻しました。

参考

ビットコイン市況アルトコイントレードくりぷと戦記

 

0.00005BTCから少しずつ売り下がり、0.00004付近で買い戻し中です。XEMから転換したビットコインをレンディングに出していたため、その返却があり次第、さらにXEMを買い増しする予定です。

 

チャートを見ると、底に着いたと見せかけて、0.00004btcをまた下回りそうにも見えます。 昨年12月中旬には、Zaifで0.000013位まで落ちていたので、買い増し用の余力は残しておきます。

 

XRPも同じようなチャートになっています。

 

前回、書き忘れたのですが、ショートを入れていました。跳ね上がりを警戒して一旦決済しました。

 

しかしビットコインのトランザクションは低迷中。しばらくマーケットは暇になりそうですね。

出典:https://blockchain.info/ja/charts/n-transactions?timespan=1year