00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

来年へ向け価格が2倍に!?過去チャートの類似性とビットコイン半減期とは!?

ツイッター上で海外アナリストplanB氏(@100trillionUSD)の発言が話題になっています。

それによると、現在の相場は過去のチャートの同一性がみられ、来年へ向け価格が2倍になることを示唆しているとのことです。

要点

・ビットコイン半減期
ビットコイン半減期とは、マイニング報酬が減少する期間のこと。それにより、希少性が高まり、一般的にビットコイン半減期は価格が上昇しやすいと言われている。

 ビットコイン半減期と過去のチャートの類似性

ビットコインの月次RSI が上昇しています。歴史的に RSI は、そこに着くために14ヶ月、halvings (青赤) で70の周りに到達します…

planB氏は上記のようにツイート。

RSIの過去と現在の値動きから、14か月後(2020年5月ごろ)までには価格が2倍になることを示唆していると言います。

同氏の分析をもう少しわかりやすくすると下記になります。

2012年と2016年にRSIが底値から反転し70まで上昇した時は、いずれもビットコイン半減期へ向けた価格上昇でした。

そして、2020年5月に次のビットコイン半減期が予定しており、今回もそれに向けRSIが底値から上昇に転じているということです。

pLanB氏は結果的に、2020年5月までに価格が8,000ドルから10,000ドルに到達すると予想しています。

 

過去の規則性はアナリストの間で有名に

2020年のビットコイン半減期は市場の需給関係に直接変化を及ぼすため、言ってしまえば一番強いファンダメンタルズになります。

そのため、専門家の多くも今年の後半から2020年というのは価格が上昇する期間として注目しています。

今年の6月から長期上昇トレンドに突入?共通する3名の専門家たちの見解!

その最初の転換点が今年の6月で、過去のチャートの規則性から価格が上昇し始める時期といわれています。

先日もカナダの投資会社が同じレポートを発表しており、現在の値動きが過去の値動きと酷似していることから、現在は2021年200万円到達へ向けた上昇の流れにいると指摘しています。

2011年~2015年と2015年~2019年のチャートが酷似!?カナダ投資ファンドのレポート!

 

まとめ

海外アナリスト、PlanB氏の分析によると、2020年5月までにビットコインは現在の価格の2倍に到達する可能性があるとのこと。

また、PlanB氏以外にも多くのアナリスト過去のチャートと現在の相場の類似性を指摘しており、今年の相場動向には期待ができるかもしれません。

アナリストらが指摘するように、相場が上昇していくのに期待したいところですね。

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

先着1,000名様限定で、ビットコインをプレゼント!?お前ら急げwwwwww

■ツイッターより

no title

続きを読む No tags for this post.

ビットコインが分裂する理由とは?その必要性をやさしく解説

ビットコインは分裂を繰り返してきたけど、今までどのくらいの通貨が誕生したの? そもそも、ビットコインはなぜ分裂するの? なんて考えたことはありませんか? 仮想通貨の分裂(ハードフォーク)はときどき耳にしますが、その中でも ... No tags for this post.

【3/11】今週の仮想通貨市場はどうなる?急騰するアルトコインの動向にも注目か!

仮想通貨市場は一部のアルトコインを除いて、揉み合いの展開が継続しています。

今週の注目価格・ポイントをまとめました。

要点

・ビットコインはレンジブレイクに注目
揉み合いを続けているビットコインにおいては、今週も引き続きレンジブレイクが注目となるでしょう。

 ビットコインはレンジをブレイクすることができるか

ビットコイン ドル 1時間足 2月25日~

上記のチャートはビットコインドルの1時間足で2月25日からのチャートです。

先月に急落をして以降、ビットコインは下値3760ドル、上値は4000ドルの極めて狭いレンジで推移しています。

なので、今週以降も引き続きこのレンジをどちらにブレイクするか注目となるでしょう。

対円のチャートだと価格がずれるためわかりづらいですが、43万円~43.5万円が上値の上限となっています。

ただ、本稿執筆時点でビットコインは4000ドル付近に位置しており、際どい水準にいます。

このまま4000ドルを維持しサポートにできれば、急落前の高値4280ドルトライの可能性も高まるので注目でしょう。

 

業界に明るい兆し?直近の注目材料

材料としては、引き続きビットコインETFやBakkt、Fidelityや機関投資家関連の材料は注目となるでしょう。

先週に著名アナリスト、ブライアン・ケリー氏が指摘したように直近では明るいニュースがいくつか出始めています。

仮想通貨「冬の時代」が終わる?著名アナリストが挙げる3つの好条件!

当ブログで何度もお伝えしていますが、6月には世界的なガイドラインが策定されること、4月から6月は新たな四半期となっているため、上記以外に挙げた新しい材料が出てくるかも期待できるでしょう。

いよいよ!仮想通貨は「財産」!FATFが世界基準の規制を完成か!

また直近では、ライトコインやバイナンスコイン、サムスン「Galaxy10」でサポートされることが発表されたエンジンコインなど、アルトコインの急騰が目立っています。

バイナンスコインドル 日足 2019年

ビットコインのレンジブレイクにも注目ですが、直近の相場はアルトコインが主導しているといった向きもあるので、その動向も注目です。

仮にアルトコインが今週以降も上昇し続けるようであれば、ビットコインのレンジブレイクにも期待でき、市場のセンチメント改善にもつながる可能性があります。

 

まとめ

ビットコインは、先月25日の急落以降、下値3760ドルから上値4000ドルの極めて狭い推移に。

今週以降も引き続き、その価格帯をどちらにブレイクするかがひとつの注目ポイントとなりそうです。

直近では、ライトコインやバイナンスコイン、エンジンコインといったアルトコインが急騰しており、それらの通貨が市場を牽引しているといった向きも見られます。

今週以降もアルトコインの上昇が続けば、市場のセンチメント改善にもつながる可能性があるので、それらの動向も材料のひとつとして注目となるでしょう。

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨イーサリアム(ETH)を徹底検証【2019年最新版】

仮想通貨イーサリアム(ETH)ってどんな仮想通貨なの? 仮想通貨イーサリアム(ETH)はどこで購入すればお得なの? と感じている方も多いとおもいます。 今回の記事では、仮想通貨イーサリアム(ETH)の基本情報から価格・将 ... No tags for this post.

「ドーシー砲」発動!?ツイッターCEOが毎週100万円分のビットコイン購入か!

7日、ツイッターCEOのジャック・ドーシー氏が毎週100万円分のビットコインを購入する計画があることが明らかになりました。

中国の大手メディア金色財経などが報じています。

要点

・ドーシー氏が毎週ビットコイン購入?
ドーシー氏は直近に出たポッドキャスト内で毎週ビットコインを購入する計画があることを明らかにしました。ただし、報道はメディアによってマチマチの部分があるため、参考程度におさめておいた方が良いかもしれません。

 ドーシー氏がビットコインを毎週100万円分購入?

中国最大手の仮想通貨メディア「金色財経」によると、ドーシー氏は毎週1万ドル(およそ110万円分)のビットコインを毎週購入する計画があると明かしたとのこと。

今後の購入計画は定かではありませんが、直近で出演したポッドキャスト「Tales」では先週すでに110万円分のビットコインを購入し終えたことも明かしています。

ドーシー氏がCEOを務める決済企業「スクエア」が提供するアプリ「キャッシュ」では毎週1万ドルが購入上限となっているそうですが、ドーシー氏はその購入上限に達したと語っています。

 

専門家もドーシー氏の動向に注目

専門家もドーシー氏の動向に注目しており、中には「好材料」として指摘するものもいます。

FXCoin松田氏は下記のように指摘。

Twitter CEOが1万ドルを上限に毎週BTCを購入しているといった明るい話題も伝わる中、BTC相場は41万円台で下値を固める

参照:https://news.fxcoin.jp/detail.php?id=382

また、先日CNBCに出演したブライアン・ケリー氏もドーシー氏の動向が相場の好材料になると指摘しています。

仮想通貨「冬の時代」が終わる?著名アナリストが挙げる3つの好条件!

ドーシー氏は先月も自社のアプリ「キャッシュ」にライトニングネットワークを導入することを示唆しており、それは「時間の問題」とかなり前向きな見解を示しています。

ドーシー氏は認知度も高く、CEOながら一定のポピュラー性も兼ね備えた人物なので、今後の発言や「キャッシュ」アプリの動向は今後も注目となるかもしれませんね。

 

まとめ

中国の大手仮想通貨メディア「金色財経」によると、ツイッターCEOのジャック・ドーシー氏が毎週ビットコインを100万円ずつ購入していくとのこと。

FXCoin松田氏やCNBCに出演したブライアン・ケリー氏など、短長期で好材料と指摘する専門家は多くいます。

どちらにせよ、ドーシー氏の報道は投資家のセンチメント改善につながることは間違いないので、今後の動向も注目となるでしょう。

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨「冬の時代」が終わる?著名アナリストが挙げる3つの好条件!

仮想通貨投資会社CEO、ブライアン・ケリー氏は7日、CNBCの番組に出演しました。

同氏はそこで仮想通貨「冬の時代」が終る3つの好条件を指摘しました。

要点

・仮想通貨冬の時代
18年から続く市場の低迷はメディアでよく「冬の時代」と例えられます。ケリー氏はそれが終わり迎えるのはそう遠くないと指摘しています。

 ブライアン・ケリー氏が指摘する3つの好ファンダ

ツイッターの CEOジャックはビットコインをやっている。これはビットコインにとって何を意味するのか

ケリー氏はCNBCの番組内で、仮想通貨「冬の時代」が終わりを迎える3つの好条件を挙げました。

①ビットコインアドレスの増加
②機関投資家の関心が戻っていること
③Twitter CEOの発言

ケリー氏によると、直近でビットコインのアドレス数が2018年春ごろの水準まで増加しているとのこと。

これは、ビットコインのユーザーが増加しており、実用面での進展を示唆しているそうです。

2つ目は機関投資家の関心が再び戻ってきていること。

昨年11月の暴落以降、機関投資家の関心は規制の遅れなどから遠のいているとの指摘もありましたが、今年3月から始まるFidelityのサービスをきっかけに再び関心が戻ってきているとのことです。

そして3つめがツイッターCEO、ジャック・ドーシー氏の発言。

ドーシー氏は先日、自身がCEOを務める決済企業「スクエア」のアプリ「キャッシュ」にライトニングネットワーク決済を導入することについて言及しました。

これがビットコイン普及にとってはプラスに作用するとの見解を示しています。

 

明るい兆候も見え始めた仮想通貨市場

ケリー氏が指摘するように、年が明けてから市場の価格は低迷していますが、いくつか明るい兆しも見え始めています。

そのひとつが規制の進展で、今年の6月に世界的なガイドラインが策定されることから、今後市場が健全化や、キャッシュのような仮想通貨の実用化の進展が期待できます。

いよいよ!仮想通貨は「財産」!FATFが世界基準の規制を完成か!

また、テクニカル的にも今年の後半から2020年にかけては転換点が訪れるとの指摘も多く、ファンドメンタルズ・チャートとともに今年がひとつのターニングポイントになるか注目でしょう。

2011年~2015年と2015年~2019年のチャートが酷似!?カナダ投資ファンドのレポート!

 

まとめ

CNBCに出演したブライアン・ケリー氏は仮想通貨「冬の時代が終わる」3つの条件を指摘。

直近でビットコインのアドレス数が増加していることや、機関投資家の関心が戻りつつあることを挙げました。

最近では、規制面でも前向きな報道が多くあるので、これから相場が上昇するのに期待したいところですね。

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【朗報】Twitter社CEO「毎週、BTCに1万ドル投入する」

■ツイッターより

btc

続きを読む No tags for this post.

【3/7】相場の転換点はどこか?保ちあいを続けるビットコインを考察!

先週頭、急落した仮想通貨市場ですが、その後は保ちあい相場が継続しています。

先週からの値動きのまとめと現在の相場についてまとめました。

要点

・レンジブレイクが今後の焦点
現在は保ちあいが長く続いており、上下どちらに価格が動いてもおかしくない状況となっています。今後は転換点をどちらにブレイクするかが焦点となりそうです。

 急落後のビットコインの値動きまとめ

ビットコイン円 1時間足 2月25日~

上記は2月25日からのビットコイン円の1時間足チャートです。

ご覧の通り、ビットコインは先月25日に急落した後は、ボラティリティー(変動率)が低下しており、値幅2万円という狭いレンジを上下している展開です(チャート赤い点線)。

これまでサポートは41万円で、何度か買い支えられているポイントなので、価格が下落した際は注目でしょう。

レジスタンスは今のところ43万円付近に位置しています。

昨日は少しの間上抜けした場面もみられましたが、43万円以上に入ると一定の売りが出て再び価格が下落しています。

7日時点では際どい水準で推移しているので、今後は43万円を明確に上抜けできれば再び46万円の高値を目指しそうです。

 

しばらくレンジ相場が続く可能性も投資家心理は改善か

既報の通り、今後は価格が上昇するシナリオも考えられますが、しばらくの間は36万円~46万円の間を行き来するような長期的なレンジ相場の展開も考えられます。

【3/2】急落した後の価格はどうなる?考えられる2つのシナリオを考察!

現在は相場に一定の方向感がないので、決め打ちをするのは難しいでしょう。

しかし、直近では規制の進展や、機関投資家へ向けたサービスなどメディアのセンチメントは改善しているのが伺えます。

いよいよ!仮想通貨は「財産」!FATFが世界基準の規制を完成か!

仮に、今後数カ月の間に、昨年12月につけた最安値36万円を割り込まなければ、底固めの動きとなり、中~長期的な上昇トレンドに移行する可能性も考えられるのでもうしばらくの間は辛抱の時間帯となるかもしれません。

専門家らは、今年の後半から2020年初頭に上昇トレンドに転換するとの指摘がみられます。

 

まとめ

ビットコインは2月25日以降、41万円から43万円という狭いレンジで保ちあいの展開に。

短期的には今後上下どちらに価格がブレイクするか注目となるでしょう。

もう少し長い目では、36万円から46万円のレンジが焦点となりそうです。

直近では規制関連で前向きな進展がみられるので、中長期的にはこの価格帯で底固めできるかがひとつの注目ポイントとなりそうです。

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

特大ファンダが11日!LGO Marketsが機関投資家向け現物取引開始!

米に拠点を置く新たな仮想通貨取引所LGO Marketsは4日、機関投資家向けのビットコイン現物取引を開始することを発表しました。

このようなサービスは初の事例であり、相場に影響があるかも注目です。

要点

・特大ファンダ浮上
機関投資家向けの現物取引は、珍しく、今後相場にどのような影響がでるかが注目されます。

 LGO Marketsが機関投資家向けの現物取引サービスを開始

独占: 米国の機関投資家のためのレースは、3月11日に少ない集中スポット取引サービスを開始するために、新しい仮想通貨でヒートアップされています。

コインデスクの報道によると、米の新たな機関投資家向け取引所LGO Marketsは11日からビットコインの現物取引を開始するとのこと。

現在は10社が申し込みをしており、56社が取引を検討しているとのこと。

LGO Marketsの特異な点は、カストデイサービス(保管サービス)を提供していない点で、顧客(機関投資家)は秘密鍵を保有することで「自分で自分の資産を管理する」ことになるとのこと。

また、取引履歴は全てブロックチェーンされるいわば「DEX(分散型取引所)」の一面を持ち併せています。

今まで先物取引を機関投資家へ提供する取引所は多くありましたが、LGOのように現物取引を直接機関投資家へ提供する取引所はまだ多くありません。

機関投資家が現物をそのまま購入するということは、直接仮想通貨市場へ大口マネーが流入することになるので、今後の動向に注目でしょう。

現段階では市場への影響は限定的だと思われますが、念のため11日以降に相場が動くかも注目です。

 

19年は機関投資家向けのサービスが進むか

「機関投資家の参入」は昨年ごろから浮上した新しいテーマで、何億・何兆という資金が市場に流入することが期待されています。

しかし、規制の遅れなどから思ったより参入が遅れているとの指摘もあり、一部の専門家からは規制が完全に整わないと参入はできないといった論調もでています。

以前から機関投資家の参入を理由に、相場上昇を予想していたマイク・ノボグラッツ氏も「しばらくの間はない」とコメント。

ただ、ノボグラッツ氏は将来的に必ず参入するともコメントしているので、規制の進展とともにLGOのような報道が出てくるか今後も注目でしょう。

「3月から機関投資家が参入」!仮想通貨投資銀行CEOマイク・ノボグラッツ氏が見解示す!

 

まとめ

コインデスクの報道によると、米の新たな取引所LGO Marketsは11日から機関投資家向けの現物取引サービスを開始するとのこと。

LGOではブロックチェーンが導入されており、DEX(分散型取引所)の一面も持ち併せているとのことです。

現段階では顧客も少ないので市場影響は限定的だと思われますが、11日以降の相場動向も念のため注目になるでしょう。

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.