00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

年明け相場を専門家はどう見る?これまでに出た5名の専門家による見解まとめ!

年が明け相場は比較的堅調な推移から始まり、先週は大きく下落するなど相場が大きく動いています。

年明けから出た専門家の見解をまとめました。

要点

・ 名の専門家の見解
年明けは金融庁の報道や、イーサリアムのアップデートなど短い期間で重要なトピックも多く。 名の専門家の見解をまとめました。

 年明け相場の専門家の見解まとめ

これまでに出た見解によると、依然長期的には明るい展望が多くあります。

しかし、足元の相場に関しては、専門家の中でも意見が別れているようです。

 

FXCoinアナリスト松田康生氏:2019年は法整備の年

2019年の仮想通貨市場はどうなる!?FXcoin松田氏「ルール整備の年」!

国内仮想通貨メディアFXCoinでアナリストを務める松田康生氏。

同氏は、2019年は、金融庁が法整備をおこなう年だと見通しを発表しています。

年明けからはコインチェックの認可や、審査プロセスの公表、自主規制団体JVCEAの会員増加など、松田氏が指摘するように規制面での進展が加速しているので、今後も注目となりそうです。

金融庁は早くて今年の7月までに新たに7社を認可する予定だと発表しています。

 

米大手格付け機関Weiss Rating:2019年にビットコインは過去最高値更新

2019年ビットコインは過去最高値更新!米格付け機関Weiss Ratingが分析!

米大手格付け機関Weiss Ratingは、2019年の相場展望を発表。

それによると、ビットコインは今年過去最高値を更新するとのことです。

Weiss Raitingは、ビットコインの持つ「価値保存の手段」を高く評価しているので、今年も注目したいところです。

 

ウィンクルボス兄弟:ビットコインの時価総額は100倍に

ビットコインの時価総額が100倍に!?ウィンクルボス兄弟が展望を語る!

米ジェミニを運営するウィンクルボス兄弟はSNSサイト「reddit」でユーザーの質問に回答。

そこで、ビットコインの時価総額は将来的に100倍(現在の金の時価総額を超える)になってもおかしくはないと展望を述べました。

直近の相場のことではありませんが、年明け話題になった発言です。

 

シビックCEOヴィニー・リンガム氏:ビットコインは3000ドルトライの可能性も

ビットコインは3000ドルを下回る!?デジタルID企業シビックCEOが発言!

デジタルID企業シビックCEO、ヴィニー・リンガム氏は海外メディア「チェダー」で足元の相場について発言。

同氏は、短期的にビットコインが3000ドルを下回ってもおかしくはないとの見解を示しました。

また、3000ドルに到達した場合、さらに価格が下落しトレンドが継続する可能性についても言及。

年明け相場に関して慎重的な見解を述べました。

 

eToro社アナリストマイティ・グリーンスパン氏:ビットコインはレンジ相場

現在の相場は新しいレンジの範囲内!?eToro社アナリストが分析!

一番、最新の見解になるのが、仮想通貨プラットフォームeToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏の見解。

同氏は、現在のビットコイン相場がレンジ相場であると分析、下落トレンドではないと分析しています。

今後価格がどちらかに動くかまでは分析しませんでしたが、レンジをどちらにブレイクするかが焦点となります。

 

まとめ

まず、FXCoin松田氏が指摘するように、年明けから国内の仮想通貨規制の報道が目立っているので、2019年にどこまで規制が整うのかは市場を巡る根本的なテーマとなりそうです。

1年の展望としては、Weiss Rating、ウィンクルボス兄弟が強気の見解を示しています。

足元の相場に関しては、シビックCEOはやや弱気な見解、eToro社グリーンスパン氏もレンジ内での推移と慎重的な分析を行っています。

年明けから現在の相場は、グリーンスパン氏が指摘するように価格が上下するレンジ内での推移で、今後の動向が読みずらい部分もあるのかもしれませんね。

まずは、3000ドルから4000ドルのどちらに価格がブレイクするのかが重要になりそうなので、引き続き相場動向を注視したいところです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

現在の相場は新しいレンジの範囲内!?eToro社アナリストが分析!

チャート分析でお馴染みのeToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏が直近の相場を分析しました。

同氏は先週からの下落は単なるレンジ内での推移と分析しています。

要点

・ビットコインは単なるレンジでの推移?
先週、ビットコインは大幅に下落を果たしましたが、同氏は単なるレンジの推移で気にするべきではないと述べています。

 新たなるミニレンジが登場?

「11月半ばから議論されているように、現在の範囲は3000ドルから5000ドル(点線の青い線) です。今のように、ベーコンは3550ドルから約 4200ドル(黄色の線) に、その内の新しいミニレンジをオープンしました。

マイティ・グリーンスパン氏は現在の相場についての最新の分析を発表。

先週半ばに大きく下落したビットコインですが、11月中旬から続いている3000ドルから5000ドルのレンジの範囲内で推移しているに過ぎないとの見解を示しています。

また、より詳細には3550ドルから4200ドルの小さなレンジを形成していると分析。

必ずしもグリーンスパン氏の分析が正しいとは言えませんが、今後このレンジをどちらにブレイクしていくか注目となりそうです。

グリーンスパン氏の分析では、現在の相場は下落トレンドが継続しているわけではなく、あくまで「小さなレンジ内での推移」ということになり、上記の価格帯をどちらにブレイクしていくかが重要になってきます。

 

グリーンスパン氏の分析だと今後の展開は

より詳細にチャートを確認してみましょう。

ビットコインドル 4時間足 12月17日~

グリーンスパン氏が指摘しているのは、12月17日から本日までの価格の推移です。

上記のチャートの四角の枠がそのレンジですが、確かに下落はしたものの、まだ範囲内で収まっています。

通常、このような相場は「ボックスレンジ」と呼ばれ、先にも述べましたが、この四角い枠をどちらにブレイクしていくが次の値動きの一手として重要になってきます。

実は対円だと価格が少しずれてしまうのですが、1月15日時点ではまだレンジを保っているので、ここから価格が反発していけるかに注目です。

また、現在はレンジの重要な価格帯にさしかかっていることもあり、今後相場が大きく動く局面にいるということも意識しておきましょう。

 

まとめ

グリーンスパン氏の見解によると、現在の相場は3550ドルから4200ドルのレンジ相場に。

今後、この小さなレンジをどちらにブレイクしていくかがひとつのポイントになろそうです。

今週は、イーサリアムのアップデートも控えており、相場が大きく動く可能性があります。

その際は、上記に挙げた価格をどちらにブレイクするか注目したいところです。

 

下落相場でも大きく稼げるBITPoint(ビットポイント)でビットコイントレーディングを!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように、ビットコインは下落する可能性がまだありますが、ビットポイントであれば最大レバレッジ25倍で下落相場でも大きく稼ぐことができます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの種類多すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

1: 2019/01/14(月) 20:14:17.93 0
ビットコイン
ビットコインキャッシュ
ビットコインゴールド
ビットコインダイヤモンド
スーパービットコイン
ビットコインウラニウム
ビットコインプライベート
ビットコインシルバー
ビットコインキャッシュプラス
Segwit2x
ビットコインプラチナ

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1547464457/


続きを読む No tags for this post.

ビットコイン投資のやり方・始め方を徹底解説!!【2019年最新版】

ビットコインってどうやって買うの? ビットコイン投資のやり方ってどうればいいの? この記事に辿り着いた方の中には、ビットコインの今後がきになる方が多いと思います。 今回の記事では、ビットコインの基本情報から実際のビットコ ... No tags for this post.

ビットコインは3000ドルを下回る!?デジタルID企業シビックCEOが発言!

米注目のスタートアップであり、デジタルIDを手掛ける「シビック」CEOが短期的な相場の見解を示しました。

同氏によると、ビットコインは3000ドルを下回る可能性もあるとのことです。

要点

・ビットコイン3000ドルが再び焦点に
ビットコイン3000ドルは、2017年からのサポートであり、チャート上では非常に重要な節目です。シビックCEOはこの水準を割り込み、価格がさらに下落する可能性にも言及しています。

 ビットコインが3000ドルを下回る!?

暗号化市場は短期的には回復しません。自由市場における心理的要因の力を過小評価しないでください。生活は最も大切なものです。

シビックCEOヴィニー・リンガム氏は海外メディア「cheddar」で短期的な相場の見通しを発表。

直近でビットコインが3000ドルに到達する可能性が高いと述べました。

さらに、3000ドルの安値をつけた際、さらに相場は下落する可能性があるともコメント。

しばらくの間下落トレンドが継続するかしれないと述べました。

14日現在で、ビットコインは再び3000ドルの安値(対円で32万円~33万円付近)にトライしていようとしているので、リンガム氏の見通し通りになるか注目となりそうです。

同氏は、昨年11月の暴落の際、今後半年間は相場が300ドルから5000ドルのレンジになると慎重的な予想を発表していました。

今のところその予想は的を得ているものとなっているので、なお注目となるでしょう。

ビットコインは今後半年間30万円から50万円を上下!?デジタルID企業シビックが指摘!

 

ビットコイン3000ドルの重要性

ビットコイン3000ドルは、リンガム氏個人だけではなく、チャート上で中長期的に重要な節目であり多くの投資家が注目しているラインでもあります。

ビットコインドル 日足 2017年8月~

上記のチャート通り、3000ドルは2017年8月から1年6ヵ月以上続いている長期的なサポートになっています(チャート赤い線)。

仮にこのサポートを割った場合、チャート的には下落トレンドが継続と判断でき市場のセンチメントは悪化するのは間違いありません。

ただ反対に重要なサポートな以上、一定の買いが入り反発する価格でもあります。

先週半ばから、ビットコインは再び下落しており、まだ十分に回復できたとは言えないので、しばらくの間は3000ドルという節目の価格帯が意識される展開が続きそうです。

 

まとめ

先週半ばからビットコインを筆頭に、仮想通貨市場全体が再び軟調な展開となっています。

シビックCEOが指摘するように、しばらくの間は3000ドルをトライするのか、その価格で反発できるかが重要なポイントとなるでしょう。

アルトコインに関しても、ビットコイン3000ドルが決壊すれば全面安になる可能性が高いので、市場のバロメーターとして注目しておいた方がよさそうです。

 

下落相場でも大きく稼げるBITPoint(ビットポイント)でビットコイントレーディングを!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように、ビットコインは下落する可能性がまだありますが、ビットポイントであれば最大レバレッジ25倍で下落相場でも大きく稼ぐことができます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【1/14】今週の仮想通貨市場はどうなる?再下落を始めた価格動向が最大の焦点か!

年明け堅調だった相場は先週半ばから再び下落の展開となっています。

今週の注目価格・市場の材料をまとめました。

要点

・ビットコインは節目の価格帯を割り込む
14日入り、ビットコインはサポートの価格帯を割り込んでいます。再び昨年安値も視野に入ってきており、価格動向が注目されます。

 ビットコインは節目の価格を割り込む

ビットコイン円 4時間足

以前からお伝えしていましたが、ビットコインは昨年12月17日以降、39万円から40万円の価格帯をサポートにして推移していました。

しかし、14日の未明にそのサポートを割り込んできています。

そのため次の下値の目安は、37万円や2018年最安値である35万円です。

なので、今週はどこで価格が下げ止まるかといった相場動向が最大の注目ポイントになりそうです。

さらに、昨年の最安値(35万円近辺)は中長期的なチャートでも重要な価格帯と指摘されています。

対ドルでビットコインが3000ドルを割り込むようなことがあれば、市場がさらに暴落する可能性があるので、局面を迎えている相場動向に注目です。

アルトコインに関しても、ビットコインが下落基調にあるうちは売り圧力が強まりそうです。

 

イーサリアムのアップデートが今週の目玉

今週、最大のイベントはイーサリアムの時期アップデート「コンスタンティノープル」です。

ブロックの進行具合にもよりますが、予定では16日頃と言われています。

イーサリアムが16日のアップデートでASIC対策を実装、売り圧の減少に繋がるか

年明けからはイーサリアムの価格上昇が、市場全体のセンチメントを改善していた部分もあるので、ETHの値動きも注目になりそうです。

また、アップデートの前後では価格が乱高下する可能性もあるので、取引をしている方は注意が必要でしょう。

仮に、イーサリアムのアップデート後に再びETHの価格が上昇するようなことがあれば、先週から続いている下落の流れも止まる可能性も考えられます。

その他の注目材料としては、Bakktのビットコイン先物ローンチです。

本来であれば、24日にローンチされる予定でしたが、米国政府機関の閉鎖の影響などで延期されることがすでに発表されています。

また、正式なローンチ日程は公式から年明けにも発表されるとのことなので、今週は関連する報道が大注目となるでしょう。

 

まとめ

ビットコインに関しては、短期的に節目であった価格を割り込んできているので、37万円や35万円といった次のターゲットで下げ止まるか注目です。

仮に、昨年最安値35万円を割り込んだ場合、対ドルで3000ドルというのは中長期的に重要な価格に。

また、16日にはイーサリアムのアップデートが実施予定で、その前後で相場が動く可能性もおおいに考えられます。

今週は相場が大きく動く週となりそうなので、その動向を注視したいところです。

 

信託保全を完備したBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル投資で億り人を狙え!高騰要因とおすすめ取引所3選

億り人って本当にいるの? 今後、仮想通貨投資で億り人になるのは難しいのでは? リップルは将来性が高いといわれているけど、実際どうなんだろう… なんて考えたことはありませんか? 2017年末から2018年にかけては仮想通貨 ... No tags for this post.

ビットコイン相場バブルの記録・・・

29: 2019/01/13(日) 00:15:37.68 ID:G/Bvu3+a0
ビットコイン相場バブルの記録 

2017年5月頃 10万円を突破するまで3-5万 
2017年8月   40万突破 
2017年11月  100万突破 
2017年12月  200万突破 
2018年2月初 100万割れ 
2018年11月  70万割れから50万割れに急落 
2019年1月10-11日 44万から40万割れに急落 
2018年1月12日現在 39-40万 

2017年8月から2018年12月まで投資した人が、元本割れ 
高値づかみが多いから、上がった。 
儲かった人(「億り人」おくりびと・・死語?)も、実現しない利益のために税金払いまくった。 
(その効果もあって、急落) 

楽天が手を出すようなものでもない(楽天だから手を出した?)

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4



引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547303265/


続きを読む No tags for this post.

ビットコインの口座開設方法と、おすすめ取引所5社を紹介!

ビットコイン取引をするにはどの取引所がいい? ビットコインを購入したいけど、取引所の口座開設って初心者でも簡単にできるの? なんて思ったことはありませんか? ビットコインの購入、取引を行うには仮想通貨取引所での口座開設が ... No tags for this post.

ロシア政府がビットコイン1兆円分を購入!?2019年最初の特大材料が浮上!

海外の大手仮想通貨メディア「Ethereum World News」が報じたところによると、現在ロシア政府がビットコイン1兆円分を購入する計画をしているとのことです。

仮に実現すれば市場に大きな影響を与える可能性が高く特大材料となりそうです。

要点

・ロシア政府がビットコインを購入?影響の高さも
ロシア政府は米制裁を逃れるために、ビットコイン購入を検討しているとのこと。これが実現すれば、他の国も追従する可能性も浮上し、あらゆる影響が出そうです。

 ロシア政府がビットコイン1兆円相当を購入検討か

ロシアは来月ビットコイン で数十億ドルの価値を買うと、ロシアのエコノミストは語る

ロシア最大級の大学RANEPAで教授を務めるVladislav Ginko氏は9日、Ethereum World Newsにて、ロシア政府が2月にビットコイン1兆円を購入する構想があると明かしました。

理由は、現在米国がロシアに対して行っている経済制裁です。

とても簡単に述べると、ロシアがドルで保有している資産を、将来的なリスク分散として一部をビットコインに換金するためとのこと。

現在、ロシアでは米の経済制裁を理由に米ドルやアメリカへの投資が難しい状況が継続、その中どこの国の通貨でもなくかつ流動性のあるビットコインへ換金する動きが一部であるそうです。

Ethereum World Newsが報じた情報がどこまで正しいか定かではありませんが、1兆円というのは現在のビットコイン時価総額のおよそ14%に相当する金額です(1月時点でビットコインの時価総額はおよそ7兆円)。

なお、ロシア政府からの公式な発表はされていません。

 

ニュースが本当だった場合多大な影響も

このニュースは下記の点で大きな影響を及ぼすと考えられます。

①ロシアという大国が政府単位でビットコインを購入すること
②仮想通貨そのものにもポジティブなイメージ
③他の経済制裁を受けている国が追従する可能性も浮上

https://twitter.com/JBTheCryptoKing/status/1083261456118800386

彼らは 5-10% の総賭け金を所有しています… 他の多くの国にも同様の低リスクの購入を余儀なくさせます。 @BTC

逆に計り知れないを返します。マイナス面は、彼らは公共の税金を失います。

彼らは勝利を収めている。

ブロックチェーン支持者なので、私はこれが大好きです。

「クリプトキング」の異名を持つ専門家もこれを指摘。

昨年から世界情勢は悪化しており、アメリカは他国との対立を深めていますが、今後このような動きが継続すれば、本当にビットコインが世界共通通貨として台頭してくる可能性も浮上してきます。

また、国が仮想通貨を購入することで、新興国のような小さい国から徐々に仮想通貨の普及が広まっていく可能性も。

「米ドルの崩壊と仮想通貨の台頭」は一部の専門家から指摘されているテーマでもあるので、今後の動向に大注目でしょう。

衝撃!今年、金融市場が崩壊し仮想通貨が法定通貨になる!?ロバート・キヨサキ氏が警告

 

まとめ

今回のニュースは、2019年最初の特大材料に間違いありませんが、まだ確定したニュースではないので注意が必要です。

2月に米国はロシアに対し、新しい経済制裁を加えるということなので、来月に入ってからのロシア政府の動向に注目でしょう。

そして、仮に本当だった場合、2月に入って相場は大きく上昇する可能性があるので、来月の相場動向にも注目です。

 

ビットポイントで上昇するかもしれないビットコインの購入を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、上記の記事のようにビットコインは2月に大幅に上昇する可能性を秘めています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.