00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

ビットコインはこれからどうなる?将来性や価格のこれから

去年はビットコインはいまいちだったけど今年はどうなるかな? ビットコインは将来性が本当にあるの? 2017年に億り人を続々輩出し、一躍話題となったビットコイン。 しかし2018年はコインチェックの仮想通貨流出や仮想通貨市 ... No tags for this post.

リップル(XRP)の2020年予想!価格はいくらになる?

リップルって最近よく聞くけど上がるのかな? リップルの将来性ってあるのかな? リップル(XRP)は国際送金に特化して開発された仮想通貨で、近い将来は国際送金システムの主流になるのではないかと期待されています。 特にリップ ... No tags for this post.

2011年~2015年と2015年~2019年のチャートが酷似!?カナダ投資ファンドのレポート!

海外メディアMarketWatchは4日、カナダの投資ファンド「カナコード・ジェニュイティ・キャピタル・マーケッツ」のレポートを紹介しました。

それによると、過去のチャートと現在のチャートが酷似しているとおもしろい分析をしています。

要点

・チャートパターンの酷似
投資家や仮想通貨コミュニティーの間ではすでに有名ですが、過去のチャートパターンと現在のチャートパターンは似ており、今年中に底をつけるとの指摘もあります。

 2011年~2015年と2015年~2019年のチャートが酷似!?

このパターンは、ビットコインが1つのチャーで $20、000に途中である可能性があることを示唆しています

「カナコード・ジェニュイティ・キャピタル・マーケッツ」は今回過去のチャートパターンを分析。

そうすると、2011年~2015年のチャートと、2015年~2019年のチャートが酷似しており、過去の動きを繰り返すなら以下の可能性を示唆しているとのことです。

①19年中に底が訪れる
②2021年に200万円到達へ向けて相場が上昇する

実際にカナコード・キャピタルが分析したチャートが以下になります。

上記チャートの濃い青線が過去の値動き、そして薄い線が2015年から現在までの値動きになります。

画像をみればわかる通り、過去4年間のチャートは、濃い青い線をなぞるように推移しているのがわかりますね。

このような方法は一般的に「サイクル分析」と呼ばれ、株や為替の世界でも有効な分析になります。

「カナコード・ジェニュイティ・キャピタル・マーケッツ」は、このまま動きが一緒になるのであれば、2021年にビットコインは200万円に到達するとの見解を示しています。

 

過去同じ動きを繰り返すビットコインのチャート

ビットコインは過去暴騰→暴落を繰り返しており、チャートパターンが似ていることは投資家や仮想通貨コミュニティーの間ではすでに有名なことです。

昨日も、SNSで定評のある仮想通貨分析家の分析が話題になりました。

次の強気相場でビットコインが3700万円!?著名アナリストの分析が話題に!

その人物はもっと強気の予想を発表しており、次のサイクルでビットコインは前回の高値(17年末)から以前の高値の5.1倍~16.98倍、最大で3700万円になると分析しています。

 

まとめ

「カナコード・ジェニュイティ・キャピタル・マーケッツ」は、過去のチャートパターンを分析したレポートを発表しました。

それによると、2011年から2015年のチャートと2015年から現在のチャートパターンが酷似しているとのこと。

また、このまま同じ値動きを辿るなら、2021年にビットコインは200万円に到達するとのことです。

サイクル分析は金融の世界では有効な分析方法として知られているので、このまま価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

初の機関投資家向けビットコイン現物取引が開始wwwwww

■ツイッターより

ビットコイン

続きを読む No tags for this post.

次の強気相場でビットコインが3700万円!?著名アナリストの分析が話題に!

Twitterで定評のある@TraderScarface氏の分析が話題になっています。

同氏は、次の強気相場でビットコインが3700万円になってもおかしくはないと述べ、その理由を分析しています。

要点

・ビットコインは暴落する度「終わった」と言われる
同氏は、ビットコインが過去暴落する度に「終わった」と言われたと指摘、歴史をなぞるなら次の強気相場で3700万円になってもおかしくはないとの見解を示しています。 

ビットコインは過去4回の暴落から復帰

@TraderScarface氏の分析で面白いのは、ビットコインが2011年、2013年、2015年、2018年過去4回暴落した際、メディアで「終わった」と言われていたというものです。

同氏の一連のツイートは海外の仮想通貨メディアでも取り上げられているので、ここに紹介したいと思います。

2011年ビットコイン15ドルの時「ビットコインは終わった」byフォーブス

2013年ビットコイン110ドルの時「ビットコインはゲームオーバー」byビジネスインサイダー

2015年ビットコイン395ドルの時:「ビットコインは生き残らない」byジェレミーダイモン

2018年ビットコインが3400ドルの時:「ビットコインは0になるだろうか?」byフォーブス

 

歴史を繰り返すのであればビットコインが3700万円になることは可能

@TraderScarface氏は上記の分析を踏まえた上で、ビットコインが次の強気相場で約10万2000ドル(約1120万円)~33万6000ドル(約3700万円)になると強気予想をしています。

上記のツイートをみればわかる通り、ビットコインは暴落をするたびに「終わった」と言われていますが、その2年後には必ずその時の最高値を更新していることわかります。

具体的にいうと、2013年は2011年の高値を越え、2015年の時は2013年の高値を、2018年の時は2015年の高値を更新するといった具合です。

また、@TraderScarface氏が指摘するように、これまでの仮想通貨市場は2~3年のスパンで最高値更新と暴落を繰り返しているので、サイクル論者の中では今年の後半から2020年に次の強気相場がくるのではないかという指摘もあります。

 

まとめ

ツイッター上で定評のある@TraderScarface氏によると、ビットコインは次の強気相場でビットコインが次の強気相場で約10万2000ドル(約1120万円)~33万6000ドル(約3700万円)になってもおかしくはないとのこと。

その主な理由は、これまでビットコインは暴落と強気相場を繰り返してきたからとのことです。

サイクル論者の中では、今年の後半から2020年にかけて強気相場が訪れると指摘しているものもいるので、今後の相場に期待ですね。

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨は終わってる?そう言われる理由と今後の高騰を解説

仮想通貨は下落が続いているけど、本当にもう終わってるの? 仮想通貨に将来性がある理由を教えて欲しい! なんて思ったことはありませんか? 確かに、仮想通貨は2018年早々から全体的に下落が続いており、主力通貨となるビットコ ... No tags for this post.

FXとは?初心者に必要な基礎知識を図解でやさしく解説!

みなさん「FXとは何か?」と訊かれたらどう答えますか? それがいまだにピンと来ないんだよなぁ。 FX初心者が何をすべきかもわからん。 実は私も。 「FXは少額で大金を稼げる」って聞くけど、実際どこがFXの利益になるのか謎 ... No tags for this post.

スタバでビットコイン決済が可能に!?米小売り大手クルーガーも検討段階へ!

海外の仮想通貨メディア「The Block」が報じたところによると、スターバックスがビットコイン決済へ向けて準備を進めているとのことです。

公式の発表ではありませんが、海外のSNSなどでは話題のトピックとなっています。

要点

・スタバでビットコイン決済が可能に?
スタバはBakktと提携を結んでおり、将来的に仮想通貨に関わる小売り業に進出する期待はありました。仮にスタバでの決済が実現した場合、仮想通貨メインストリームに進出する上での大きな一歩になるのは間違いありません。

スタバのビットコイン決済は早くて2020年に実現

創世記醸造とは何か: スターバックス-Bakkt パートナーシップの内部

The Blockは今回、匿名筋の関係者の発言で報道。

それによると、早くて18ヵ月以内にスターバックスがビットコイン決済を導入するとのことです。

また、決済方法は仮想通貨と法定通貨を換金するカードや、独自のアプリが考えられるそうです。

これは過去の報道にもありましたが、スタバはビットコインで直接決済を行うのではなく、例えばビットコイン→米ドルを即座に換金して決済するようなシステムを導入することに関しては前向きな見解を示しています。

今回のThe Blockの報道はあくまでリーク情報ですが、それを踏まえれば可能性は決して低くはないでしょう。

 

急速に進展をみせる仮想通貨決済の動向

スタバだけではなく、先日は米小売り大手クルーガーが手数料の高さからVisaカードの支払いをとりやめ。

その代替え案として上がっているのが、ビットコインのライトニングネットワークを使った決済です。

これに関し、仮想通貨投資会社モルガン・クリーク・デジタルCEO、アンソニー・ポンプリアーノ氏支援を表明。

すでに両社は交渉のテーブルについたといいます。

https://twitter.com/APompliano/status/1101651904940134400

食料品店クルーガーはビザネットワーク料金のために250以上の店舗の受け入れを停止しています。

誰がリーダーシップチームの誰かを知っていますか?

モルガン・クリーク・デジタル・チームは、それらを満たすために飛ぶと、彼らは全国のライトニングネットワークとフックアップ取得します。

今回のスタバの報道含め、直近では仮想通貨決済に関わる動向が進展をみせているので、今後の動向に注目でしょう。

仮に大手企業の採用が進んでいけば、仮想通貨業界の一番の課題である「実用化」、ひいては仮想通貨がメインストリームに進出する上で大きな一歩となりそうです。

 

まとめ

The Blockが報じた匿名筋の発言によると、スタバは早くて18ヵ月以内にビットコイン決済システムを導入するとのこと。

また、先日は米小売り大手クルーガーがVisa決済をとりやめ、ビットコインのライトニングネットワークによる決済を検討し始めているとのことです。

今後、このような報道が続けば仮想通貨市場には多きなプラスになるので、「アンチクレジットカード」と「仮想通貨決済」の動向は今年の大きなテーマとしても注目となるかもしれません。

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの10年後はどうなる?価格を大予想

ビットコインって上がるって言うけど本当かな? ビットコインは10年後にはどうなってるんだろう? ビットコイン(Bitcoin/BTC)がサトシ・ナカモト氏の論文から開発が進められて最初に発行されたのは2009年のことです ... No tags for this post.

【3/4】今週の仮想通貨市場はどうなる?ビットコインは46万円のレジスタンスに注目か!

先週の頭、急落で始まった仮想通貨市場はレンジ相場に移行しつつあります。

今週の仮想通貨市場における注目価格・材料をまとめました。

要点

・ビットコインは46万円のレジスタンスに注目!
ビットコインは46万円のレジスタンス突破に苦戦しており、今週もその価格にトライするか注目です。

 ビットコインは46万円のレジスタンスに注目!

先週もお伝えしましたが、ビットコインは昨年12月15日に底値をつけてから46万円のレジスタンス突破に苦戦しています。

ビットコイン円 日足 2018年12月15日~

なので、今週以降も引き続き46万円を突破できるかに注目でしょう。

仮に今週、この価格帯を明確に上抜けることが出来れば、仮想通貨市場全体が一段上のレンジに移行する期待が高まります。

アルトコインに関しても、ビットコインが46万円を突破できれば価格が上昇する可能性が濃厚となるので注目です。

既報の通り、ビットコインが46万円を突破するのが長引けば、昨年8月から10月にみられたような狭い値幅のレンジ相場に移行することも考えられます。

【3/2】急落した後の価格はどうなる?考えられる2つのシナリオを考察!

 

四半期最後の月に突入し新たな材料にも注目か

材料としては滞っていたBakkt、ナスダックのビットコイン先物上場は引き続き注目の材料となりそうです。

今月は四半期(1月~3月)最後の月に入ったため、それらの材料に新たな動きが出る可能性はあります。

また、先週はFATFが6月をめどに世界的な仮想通貨規制を施行することが決定しました。

いよいよ!仮想通貨は「財産」!FATFが世界基準の規制を完成か!

次の四半期(4月~6月)は、FATFの規制以外に、上場最有力とされるビットコインETFの可否判断も控えています。

そのため、4月から6月の三カ月間は一部の専門家からも注目の期間として指摘されています。

昨年から引き続き仮想通貨市場は停滞が続いていますがこのように明るい兆しも見え始めているので、今週以降、これら以外でも何か新しい材料が出てくるのか注目でしょう。

 

まとめ

ビットコインは昨年12月15日に底値をつけてから46万円のレジスタンス突破に苦戦している状況となっています。

今週以降も引き続き、その価格帯にトライするのか、あるいはトライした場合は明確に上抜けることができるかが注目のポイントとなりそうです。

材料に関して、今週は四半期最後の月に突入したため、滞っていたBakktやナスダックのビットコイン先物の詳細について引き続き注目です。

また、先週のFATFの世界的共通の仮想通貨規制にもあるように、直近では規制面や国内における新たな企業の仮想通貨市場参入といった報道も相次いでいるので、何か新しい材料が出てくるかにも注目です

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨の購入方法はわずか3ステップ!実際の購入手順を紹介

仮想通貨取引をしたいけど、購入方法がいまいちよくわからない… 今から仮想通貨を購入するなら、どの銘柄を選ぶべき? なんてお考えではありませんか? 2017年の暴騰以来下落傾向が続いている仮想通貨ですが、今後また高騰する可 ... No tags for this post.

将来ビットコイン(BTC)の価格が億こえるような要人発言複数あるけど、それってちゃんとした未来予測なの?

1: 2019/02/28(木) 07:18:51.42 ID:UC8WGjwW
将来ビットコ価格が億こえるような要人発言複数あるけど、それってちゃんとした未来予測なの?それとも、、

おし~えて~おじいさ~ん~、おし~えて~♬

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1551305931/


続きを読む No tags for this post.