00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

仮想通貨はもう上がらないのか?2019年を大予想!

仮想通貨はバブルが弾けたの? 仮想通貨はもう上がらないの? 2017年から2018年にかけての年末年始は、さまざまな仮想通貨が史上最高値を更新したため、2018年から2019年の年末年始の動きに期待していた方も多いと思い ... No tags for this post.

リップル(XRP)が上がらない理由とは?上がる理由と合わせて徹底リサーチで検証してみた!【2019年最新版】

リップルが上がらないとしたら、どんな理由なのか気になりませんか? この記事では、リップルが上がらない場合の理由を、上がる場合の理由と合わせて徹底的に解説しています! でも、初心者だから専門用語ばっかの難しい記事は読めない ... No tags for this post.

【3/2】急落した後の価格はどうなる?考えられる2つのシナリオを考察!

今週頭に急落から始まった仮想通貨市場ですが、週を通して徐々に価格は回復しました。

今後考えられる2つのシナリオを考察します。

要点

・考えられる2つのシナリオ
いずれのシナリオも12月20日と2月24日につけた46万円の高値が非常に重要な意味をもってきます。

 ビットコインから考えられる短中期2つのシナリオ

ビットコインは昨年12月15日に安値をつけてから、46万円のレジスタンス突破に苦戦している状況です。

それを踏まえた上で、考えられるシナリオは下記2点になります。

①46万円をクリアに上抜け一段上のレンジに移行する

②36万円から46万円のレンジ相場へと移行する

ビットコイン円 日足 2018年12月15日~

まず、①のシナリオでは、12月15日以降の高値である46万円を数週間のうちに突破する必要があります。

突破が難しい場合、②のシナリオである36万円から46万円の値幅10万円レンジに移行する可能性が高まりそうです。

もちろん、今後15日安値である36万円を下抜け、さらなるダウンサイドに移行する可能性も考えられますが、現時点で36万円近辺は強い買いが入るポイントになっています。

よほど強い悪材料(急落)がない限り割り込む可能性は上記2つのシナリオよりは低いでしょう。

 

今後の相場動向は「イーサリアム」と「ボラティリティー」が鍵を握る?

2019年に入ってからの市場動向はイーサリアムが先行して動いている部分もあるので、同通貨の価格動向もひとつの注目ポイントになるでしょう。

イーサリアム円 2018年12月15日~

イーサリアムのチャート形状はほとんどビットコインと同じ形になっていますが、仮にイーサリアムが牽引して前回高値を超えてくるようであれば、仮想通貨市場全体が再び上昇していく可能性があるので注目です。

また、今後の相場動向として注目なのがボラティリティー(変動率)

1月はまったく動かない相場が続きましたが、2月に入り出来高を伴って価格が上昇、ボラティリティーも高まってきているので、この動きが継続するかが重要なポイントとなってきます。

基本的に、ほどよいボラティリティーはそれだけ取引が活性化しているということなので、市場が健全化しているということです。

取引高が少なくまったく動かない相場よりはポジティブな要因なので、引き続き注目でしょう。

 

まとめ

ビットコインに関しては、今後46万円を突破できるかどうかで、一段上のレンジに切りあがるか、あるいは36万円から46万円のレンジ相場に移行するかが決まります。

また、市場の動向としてイーサリアムの価格と高まってきたボラティリティー(変動率)はひとつの注目ポイントとなりそうです。

その他のアルトコインに関しても、現在は概ねビットコインに連動した値動きになっているので、仮想通貨市場全体の動きとして注目して良いでしょう。

 

仮想通貨は今がチャンス!安心・安全のBITPointで「ガチホ」投資を始めよう!

 

BITPoint(ビットポイント)では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの購入が可能。

ビットコインでは最大で4倍のレバレッジ取引も行えます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S Rating」という調査期間から「A」ランクの格付けをもらっています。

また、国内取引所の中で最安値クラスの手数料の安さも大きな魅力。

国内最安値水準を誇るBITPoint各種手数料

上記記事のように、今後しばらくの間仮想通貨市場はレンジになる可能性がありますが、これから上昇していく可能性もおおいに考えられます

まだ口座登録をしていない方は、この機会に登録してBITPointで仮想通貨投資を初めてみてはいかがでしょうか。

BITPoint公式サイトはこちらから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインはいつ上がる?上昇時期と2つのポイントを解説

ビットコインの価格は本当にもう上がらないの? ビットコインの高騰を予測する投資家も多いけど、いつ上がるのかを教えて欲しい! なんてお考えではありませんか? 確かに、ビットコインは2018年以降下落が続いており、なんとなく ... No tags for this post.

麻生大臣「ブロックチェーン技術は、将来大きく化ける可能性がある」!今春に金融庁は新法案提出へ!

27日に開かれた衆院予算委員会の答弁の中で、仮想通貨やブロックチェーンに関する質問がありました。

麻生大臣らがこれに答え、前向きな見解を示しました。

要点

・仮想通貨は国会で議論される技術に
前向きな見解はもちろんのこと、仮想通貨やブロックチェーン技術が国会の議題に上がること自体、数年前と比較したら非常に進歩のあることと言えるでしょう。

 麻生大臣「ブロックチェーン技術は、将来大きく化ける可能性がある」

27日に開かれた衆院予算委員会の中で、立憲民主党の中谷氏が仮想通貨やブロックチェーンに関し質問を行いました。

その中で、麻生大臣や内閣府田中副総裁、日銀雨宮副総裁らが答弁に応じました。

質疑応答の中で重要な部分をピックアップしたものは下記になります。

・国が仮想通貨を発行していることに関して

麻生大臣「海外で研究が進んでいることは承知」、「ブロックチェーン技術は将来大きく化ける可能性がある」

・仮想通貨が今後10年~20年のうちに発展していくことについて

麻生大臣「技術や可能性はあると感じているので、ただ禁止するというよりは注意深く育成していく方が望ましい」

・ブロックチェーンは今後どのように活用されていくのか

内閣府田中副大臣「インターネットの黎明期同様、試行錯誤を経て発展する可能性は十分にある。利用者保護とイノベーションの観点から、しっかりと支援していく」

総じて、政府は仮想通貨やブロックチェーンに対し一定の認知を示しつつも、基本的には「技術が十分に完成されていないので監視しながら見守っていく」といったようなスタンスを示しました。

完全に有用性を認めているわけではありませんが、禁止するような一切示していないので、少なくともポジティブなスタンスでいるといえるでしょう。

 

今年は引き続き規制動向が焦点に

今年の春、金融庁は新たな法案を国会に提出する予定であり、そこでは仮想通貨が金融商品に近いものとして位置づけられています。

これらの規制動向が変化すれば、既存の金融関係企業が参入したり、業界が健全化したりといった指摘もあるので、引き続きその動向は注目となるでしょう。

一部の専門家からは、今年は「法整備の1年になる」との指摘もあり、規制の整備は将来的に市場の資金流入のきっかけになると言われています。

2019年の仮想通貨市場はどうなる!?FXcoin松田氏「ルール整備の年」!

また、今年は6月をめどにFATFが世界的な仮想通貨規制のガイドラインも策定予定なので、国内だけではなく海外の規制動向も引き続き注目となるでしょう。

 

まとめ

27日に開かれた衆院予算委員会の中で、立憲民主党中谷氏が、仮想通貨やブロックチェーンに関する質問を行いました。

総じて政府側は仮想通貨やブロックチェーンに有用性があることを認めつつも、現段階では完成されていないため、動向を監視しているといったような方針を示しました。

今年の春には、金融庁が新たな法案を提出し、それによって業界動向も変化する可能性が大いにあるので、引き続きその動向は注目となるでしょう。

 

仮想通貨は今がチャンス!安心・安全のBITPointで「ガチホ」投資を始めよう!

 

BITPoint(ビットポイント)では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの購入が可能。

ビットコインでは最大で4倍のレバレッジ取引も行えます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S Rating」という調査期間から「A」ランクの格付けをもらっています。

また、国内取引所の中で最安値クラスの手数料の安さも大きな魅力。

国内最安値水準を誇るBITPoint各種手数料

上記記事のように、仮想通貨業界はこれから法整備が進められていく予定であり、価格上昇もおおいに期待できます。

まだ口座登録をしていない方は、この機会に登録してBITPointで仮想通貨投資を初めてみてはいかがでしょうか。

BITPoint公式サイトはこちらから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所登録はキャンペーン中がお得!!【2019年最新版】

お得に参加できるキャンペーン中の取引所はどこ? 安心・安全な仮想通貨取引所はどこ? といったことを思われている方も多いと思います。 今回の記事では、現在キャンペーンを開催している仮想通貨取引所を厳選してご紹介します。 仮 ... No tags for this post.

サムスン「Galaxy10」に仮想通貨ウォレットが搭載されることが判明!ビットコインETFを超える影響との指摘も

25日、サムスンの新型スマホ「Galaxy10」に仮想通貨ウォレットが搭載されることが判明しました。

アジア・クリプト・トゥデイが報じている他、バルセロナで開催された「モバイル・ワールド・コングレス2019」にて、サムスン幹部が明らかにしたとのことです。

要点

・BakktやETFを超える影響との指摘も
Twitterで定評のあるジョセフ・ヤン氏は、今回の件について「ETFやBakktを超える影響」と指摘しています。

 Galaxy10に仮想通貨ウォレットが搭載されることが判明

サムスンは S10 のブロックチェーンウォレットのために天神 (ENG) と提携する?

これまでに明らかになった情報によると、韓国大手携帯会社サムスンが発売予定の「Galaxy10」に、仮想通貨ウォレットが搭載されるとのこと。

対応通貨はビットコインとイーサリアムの他に、Enjin Coin(ENJ)とCosmo Coin(COSM)という2種類の通貨が対応するようです。

ウォレットはENJの発行元である「エンジン・ウォレット」があらかじめインストールされる模様。

ENJを発行する「エンジン」はブロックチェーン関連企業、COSMを発行する「COSMME」は、美容関連のdAppsを手掛ける企業です。

ENJとCOSMは直近1週間で価格が暴騰しており、ENJに関しては150%価格が上昇しています。

 

BakktやビットコインETFを超える影響との指摘も

このことに関し、Twitter上で定評のある仮想通貨アナリスト、ジョセフ・ヤン氏は「BakktやビットコインETF」を超える影響と指摘しています。

謙虚な意見: サムスンはギャラクシー S10 に暗号を統合する場合、私はそれが ETF と Bakkt の組み合わせよりも大きな影響を持っているかもしれないと思います。

部分的に誰もが本当にどのような露出 ETF/Bakkt は、人々の何百万人が毎日サムスンの携帯電話を使用してもたらすかを知っているので。

 

ヤン氏以外の専門家からは、「エンジン・ウォレット」は3000万人のユーザーが使う見込みになるとの指摘もあり、世界的にユーザーを抱えることも考えると、ポジティブなニュースには間違いないでしょう。

YoutubeにアップロードされているGalaxy10のプロモーション動画は、本日時点で860万回再生されています。

また、スマホに仮想通貨ウォレットが搭載されることは、仮想通貨がメインストリームに進出する上で大きな要因になるのは間違いありません。

今後は例えば、アップルなど、他社のスマホにウォレットが搭載されるかもひとつの注目ポイントとなりそうです。

 

まとめ

25日、複数のメディアによって「Galaxy10」に搭載される仮想通貨ウォレットの詳細が明らかに。

それによると、対応通貨はビットコインとイーサリアムの他、Enjin Coin(ENJ)とCosmo Coin(COSM)という2種類のトークンにも対応とのことです。

スマホにウォレットが搭載されることは、仮想通貨がメインストリームに進出する上での大きな一歩になるので、今後も動向は注目となりそうです。

 

仮想通貨は今がチャンス!安心・安全のBITPointで「ガチホ」投資を始めよう!

 

BITPoint(ビットポイント)では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの購入が可能。

ビットコインでは最大で4倍のレバレッジ取引も行えます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S Rating」という調査期間から「A」ランクの格付けをもらっています。

また、国内取引所の中で最安値クラスの手数料の安さも大きな魅力。

国内最安値水準を誇るBITPoint各種手数料

上記記事のように、現在は大口投資家の買い増しも確認され長期的に価格が上昇していく期待は大きく、価格の安くなっている現在は投資のチャンスとなっています。

まだ口座登録をしていない方は、この機会に登録してBITPointで仮想通貨投資を初めてみてはいかがでしょうか。

BITPoint公式サイトはこちらから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨の逆指値注文をするコツとおすすめの取引所

逆指値って何? 逆指値をうまく使いたい 仮想通貨を取引する際には、指値注文や成行注文の他に逆指値注文をうまく活用することで、状況に応じたトレードが実現します。 そこで今回は、逆指値注文の特徴や注意点、逆指値注文できるおす ... No tags for this post.

市場の底は近い!?「クジラ」がビットコインを買い増していることが判明!

Bitcoin.comが27日に報告した調査結果によると、「クジラ」と呼ばれる大口投資家がビットコインを買い増ししていることが判明しました。

その動向から考察すると、市場の底が近いと考察することもできそうです。

要点

・大口投資家「クジラ」の動向
金融市場では、数百億~兆単位で投資をおこなう大口投資家のことを「クジラ」と呼びます。大口投資家の動向は短期というより、長期的な指標として参考になる場合があります。

 直近2ヵ月でクジラがビットコインの買い増しを行っていることが判明

(参照:https://news.bitcoin.com/bitcoin-whales-have-accumulated-thousands-of-coins-in-the-last-2-months/)

Bitcoin.conは今回「bitinfocharts」というデータに基づいてウォレット動向を調査しました。

bitinfochartsで保有されるBTCは市場の16%のシェアを誇るので、占有率から、一定の価格動向の参考になるでしょう。

そして、12月18日から2月27日までに、10,000BTC(約40億円)を超えるウォレットで178,120BTC(約750億円相当)、9%の買い増しが確認されたとのこと。

なお、10,000BTCを超えるウォレットに取引所のウォレットは含まれません。

 

この調査結果が意味するものとは?直近2ヵ月の価格推移まとめ

では、この調査結果からわかることとは一体なんでしょうか?

ビットコイン円 日足 12月18日~2月27日

上記のチャートはBitcoin.comが調査した12月18日から2月27日までの日足チャートです。

確かに、価格が36万円に近づくと、一定の買いが入っているのがわかります。

もちろん、大口投資家がなぜ買うか理由はわかりませんが、現時点で「36万円が何かしらの買う理由がある」ということがわかります。

株式市場などでも基本的に大口投資家は数年を見越して投資を行っているので、もしかしたら36万円が市場の底になるという可能性は完全に否定できないでしょう。

また、今後の価格推移において、大口が買い増しを行っている36万円から現在の42万円のレンジはひとつの注目ポイントとなりそうです。

 

まとめ

Bitcoin.comの調査によると、直近2ヵ月間で大口投資家が買い増しを行っていることが判明。

その規模は10,000BTCを超えるウォレットでおよそ9%増額、日本円相当で750億円にのぼることがわかりました。

これら、大口投資家は、長期的な価格動向の参考になり、また価格が下落した際は、買い増しを行っていると思われる36万円のサポートに注目したいところです。

 

仮想通貨は今がチャンス!安心・安全のBITPointで「ガチホ」投資を始めよう!

 

BITPoint(ビットポイント)では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの購入が可能。

ビットコインでは最大で4倍のレバレッジ取引も行えます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S Rating」という調査期間から「A」ランクの格付けをもらっています。

また、国内取引所の中で最安値クラスの手数料の安さも大きな魅力。

国内最安値水準を誇るBITPoint各種手数料

上記記事のように、現在は大口投資家の買い増しも確認され長期的に価格が上昇していく期待は大きく、価格の安くなっている現在は投資のチャンスとなっています。

まだ口座登録をしていない方は、この機会に登録してBITPointで仮想通貨投資を初めてみてはいかがでしょうか。

BITPoint公式サイトはこちらから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨の大口投資家、直近2ヶ月で750億円相当のBTC買い増し

■ツイッターより

ビットコイン

続きを読む No tags for this post.

仮想通貨取引所の安全性ランキング2019年最新情報から徹底比較!

仮想通貨取引所で安全なところってあるのかなあ・・・? こんな気持ちを持っていませんか? 仮想通貨取引所を選ぶ上で、安全性は大事なポイントです。 この記事では、仮想通貨取引所の安全性を徹底比較して、ランキング形式でお届けし ... No tags for this post.