00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

瞬間100万円超えも。今週の仮想通貨市場はどうなる?暴騰続く相場動向に注目!

週末の仮想通貨市場は2017年を彷彿とさせる暴騰をみせ、全面高の展開となりました。

今週の仮想通貨市場の注目ポイントをまとめました。

要点

・暴騰する相場動向に注目
年初来高値を更新し続け、ボラティリティー(変動率)も高まっている相場動向は今週も引き続き注目でしょう。

 ビットコインが暴騰

先週、年初来高値を更新し続け堅調な推移を続けていたビットコインですが、12日の日曜日に一時10%を越える暴騰を記録。

対ドル価格で節目7000ドルを超えてきており、今週も価格が上昇し続けるかが注目となりそうです。

ビットコインドル 5分足 5月12日~

具体的な価格では、7500ドルを記録して反落、短期的なサポートは6800ドルとなっているので、どちらに価格が上抜けるか注目でしょう。

6800ドルを下抜ければ、さらに価格が下落するシナリオも考えられます。

しかし、現在の相場はボラティリティー(変動率)がかなり高まっているので、値動きが落ち着くのかもひとつの注目ポイントとなりそうです。

 

ビットコインドミナンスも引き続き注目

日曜日のビットコイン暴騰の際、先週から低迷を続けていたアルトコインも上昇しました。

イーサリアムなどは移動平均線などのゴールデンクロスが確認できたため、今週も価格上昇が続くか注目でしょう。

また、市場全体の時価総額も年初来高値を更新しており、その意味では現在の相場は全体的にポジティブであると言えます。

市場全体の時価総額が高値を更新し続けるのであれば、今年の価格上昇はおおいに期待できるので注目でしょう。

ただ、ビットコインドミナンス(ビットコインの占有率)は日曜日に59%を記録とこちらも高値を更新。

現在はビットコインへの資金流入がより顕著となっているので、引き続きドミナンスの推移にも注目したいところです。

 

バイナンス騒動は沈静化・新しい材料にも期待

市場の懸念材料であったバイナンス騒動ですが、火曜日に入出金が再開される予定で、今回は沈静化したとみていいでしょう。

ザオ氏は、発言していたロールバック(ビットコイン取引の無効化)もすでに否定しています。

バイナンスが44億円相当のハッキング被害!今後の対応などまとめ!

また、テザー問題で発生したビットフィネックスの価格乖離(ビットフィネックス・プレミアム)もすでに沈静化

【5/5】ビットコインが年初来高値更新!ビットフィネックスの価格乖離には警戒?

直近の懸念材料の少なさが、この価格上昇を表していると言えます。

最近では価格推移のみが注目され、やや現在のセンチメントは「過熱的」であるとも言えますが、6月にはG20が控えていることもあるので、その他BakktやETFといったファンダメンタルズが出てくるかも注目です。

現在の市場は強気であるともいえるので、好材料が出れば、さらに価格が上昇する可能性も考えられます。

 

まとめ

ビットコインは日曜日に一時10%を越える暴騰を記録、アルトコインも全面高の展開となっており、仮想通貨市場は良好な状態が続いています。

ただし、ボラティリティー(変動率)も同時に高まっているので、取引をしている方は注意が必要でしょう。

今週も引き続き高値を更新する可能性は十分にあるので、今後の価格動向も注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨ビットコイン爆上げ!再びバブル到来か?

1: 2019/05/12(日) 07:23:36.60 ID:c/D4Ob4q0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
ビットコインの価格が5月12日午前1時20分、2018年9月以来8カ月ぶりに7,000ドル(約77万円)を突破した。
その後、価格は7000ドル付近で推移している(午前1時半現在)。

ビットコイン価格は2018年11月以降急落、2018年12月16日に3,196ドルまで値下がりした。
その後、4月2日に1時間で18%の上昇を見せるなど、4月に入って相場が急上昇した。
勢いは5月に入っても衰えず、5月9日には節目の6,000ドルを突破。
強気基調を維持するだろうとする見方が広がり、そこからわずか3日足らずで約17%上昇した。

ビットコイン、一時7,000ドル突破。3日間で1000ドル上昇
https://www.coindeskjapan.com/9840/
no title

no title

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1557613416/


続きを読む No tags for this post.

与沢翼さん、7500万円相当のビットコインがバイナンスに幽閉されてしまう・・・

■ツイッターより

4102275

続きを読む No tags for this post.

2021年にビットコインが220万円到達!?リー氏に引き続きノボグラッツ氏も

仮想通貨投資ファンドCEO、マイク・ノボグラッツ氏は9日、CNNのインタビューに答えました。

同氏はそこでビットコインに対し強気の見解を述べました。

要点

・2021年にビットコインが過去最高値更新!?
ノボグラッツ氏はインタビューの中で、21年にビットコインが過去最高値へ到達すると述べました。デジタル・ゴールドの側面を支持しているようです。

 2021年にビットコインが220万円へ到達!?

ビットコインブルのミカエルノボグラッツは、暗号通貨が次の18ヶ月で3倍になり、ほぼ $20, 000 のすべての時間に戻ることを CNN ビジネスに語った

ノボグラッツ氏はCNNのインタビューに対し、ビットコインが次の18ヵ月間で価格が3倍になり、2021年には過去最高値(日本円でおよそ220万円)に到達すると述べました。

同氏はビットコインを支持する要因として、ビットコインが持つ「デジタル・ゴールド(価値保存の手段)」を挙げました。

また、直近でアルトコインが上昇しずらい相場が続いていますが、それにはユースケースが必要と指摘。

昨日のバイナンスハッキング事件後でも価格が上昇したのは、すでに相場が強気トレンドに入っているからと説明しています。

 

過去最高値更新の指摘相次ぐ

ノボグラッツ氏以外にも、直近ではファンドストラッド社のトム・リー氏がビットコイン過去最高値を予想しています。

2020年にビットコインが過去最高値更新!?トム・リー氏が指摘する3つの理由

リー氏はノボグラッツ氏と違い、2020年に過去最高値へ到達すると述べていますが、どちらとも「ビットコイン・ブル」として知られているので注目でしょう。

リー氏はその根拠として、①ブロックチェーン上での取引増加、200日移動平均線の突破、機関投資家の関心復帰を指摘。

また、ノボグラッツ氏と同じく、すでに現在の相場は中長期的な強気トレンドに突入したと述べています。

4月以降、チャート形状から専門家から中長期的なトレンド転換の指摘が相次いでいますが、5月に入り相場は実際に上昇しているので、引き続きこれら専門家の意見を参考にしつつ、相場動向を注視したいところです。

 

まとめ

ノボグラッツ氏は9日、CNNのインタビューに応じビットコインの相場についての見解を述べました。

それによると、同氏はビットコインが「価値保存の手段」の側面を有しているとして、今後3カ月間で価格が3倍になると述べました。

直近では、トム・リー氏が2020年にビットコインが過去最高値に到達すると指摘しており、引き続き専門家の見解には注目でしょう。

本日の上昇により、チャート形状では一層強気になっているので、これらの専門家の指摘通り価格が上昇していくことに期待したいところですね。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「ストレスで覚醒剤を」逮捕の経済産業省キャリア、仮想通貨で決済

1: 2019/05/09(木) 07:27:22.29 ID:50Q23Wh79
「ストレスで覚醒剤を」逮捕のキャリア、仮想通貨で決済
2019年5月9日06時00分
https://www.asahi.com/articles/ASM5853GZM58UTIL039.html?iref=comtop_8_04

 覚醒剤入りの荷物を受け取ったとして、経済産業省自動車課課長補佐の西田哲也容疑者(28)が麻薬特例法違反(規制薬物としての所持)容疑で警視庁に逮捕された事件。西田容疑者は「仕事のストレスから、医師に処方された向精神薬を服用していたが、より強い効果を求めて覚醒剤に手を出した」という趣旨の供述をしているという。

 捜査関係者によると、同省キャリア職員の西田容疑者は、当初は都内で売人から買っていたが、海外のサイトを通して個人で密輸するようになったという。密輸取引の決済には、匿名性が高いとされる仮想通貨のビットコインを利用していたという。
 逮捕容疑となった荷物は、米ロ…

残り:258文字/全文:526文字

4102275


引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557354442/


続きを読む No tags for this post.

【5/9】ビットコインは何円まで上がる?ついに6000ドル突破!!

本日、ビットコインが再び年初来高値を更新し、ついに中長期的な節目である6000ドルを突破しました。

今後の展開を専門家の意見を交えつつ考察します。

要点

・ビットコイン6000ドル
ビットコイン6000ドルは昨年から続く重要な価格帯でした。今後この価格帯を維持できれば、さらなる上昇が期待できそうです。

 ビットコインがついに6000ドル越え

ビットコインドル 日足 2018年10月~

ビットコインは本日、価格が上昇しており、ついに中長期的な節目である6000ドルを突破。

チャート形状的に一段と強気となっており、4月から指摘されていた中長期的なトレンド転換がいよいよ濃厚となってきました。

短期的なターゲットは、昨年10月来のレジスタンスとなっている6500ドルが考えられますが、仮に中長期的なトレンド転換を果たしている場合、年末までそれよりも高い価格が視野に入ってきているでしょう。

4月の高騰でビットコインは200日移動平均線を突破しましたが、その後50日移動平均線が上抜け、さらに75日移動平均線も200日移動平均線を上抜けてきており、典型的な強気トレンドのチャートになっています。

ただし、6000ドルを超えてからまだ時間が経っていないので、今週は価格が下落した際は6000ドルがサポートされるか注目となりそうです。

 

「バイナンス・ショック」は問題なしか・専門家の見解

昨日報道されたバイナンスのハッキング被害ですが、その後の動向としてロールバックの実施はとりやめたとのこと。

バイナンスが44億円相当のハッキング被害!今後の対応などまとめ!

すでにバイナンスはハッキングされたビットコインの補填も発表しているので、今回の騒動は無事にひと段落したと言えそうです。

また、昨日はこの報道で一時的に価格が急落しましたが、その後はすぐに価格が回復したことからも、現在の相場の下値の堅さを再確認する結果となりました。

先日もお伝えした通り、ファンドストラッド社アナリスト、ロブ・スライマー氏は、ビットコインが6000ドルを超えた場合、再びラリーが始まると指摘。

「仮想通貨を買うときがやってきた」!?ファンドストラッド社アナリストが指摘!

今後どこかで調整がはいる可能性はおおいに考えられますが、中長期的にトレンド転換を果たした可能性が濃厚となってきた今、少なくとも第二四半期6月までの相場動向は要注目となりそうです。

 

まとめ

ビットコインは本日、価格が上昇し、再び年初来高値を更新。

中長期的なレジスタンスであった6000ドルを突破してきており、今後の相場動向も要注目となるでしょう。

ファンドストラッド社アナリスト、ロブ・スライマー氏は、6000ドルを超えたらラリー後半戦が始まると指摘しているので、これから価格が上昇する期待はおおいにありそうです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.