00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

「通貨危機の中ビットコインに可能性」!ゴールドマンサックス出身の専門家がツイート!

ゴールドマン・サックス出身のロール・パル氏は8日、Twitter上で発言。

同氏は現在の金融市場の混乱の中、ビットコインに可能性を感じたと指摘しています。

要点

・金融市場の混乱でビットコインの認知が広まるか
米中貿易摩擦から人民元暴落の中、どこの国にも属さないビットコインに可能性を感じた投資家は少なからずいるでしょう。イレギュラーではありますが、金融市場の混乱が続けば、相対的にビットコインの認知が広まるかもしれません。

世界的通貨危機が危ぶまれる中ビットコインに可能性

通貨危機?長期チャートがすべて単一のイベントリスクを指し示し始めており、私は警戒しています。それらのチャートが重要なレベルにあるとき、私は焦点を合わせます。そして、それらが決壊したとき、それは行動の時です…本当に大きな何かが起こっています…

そしてビットコインは代替システムになる確率が上昇しています(私のシステムでは、新しいシステムの呼び出しオプションのように取引される)。価格の変動は非常に大きく(したがって、確率の増加が非常に速い)、ログチャートを使用する必要があります…

パル氏はツイッター上で上記のようにツイート。

現在世界中の通貨がチャート上で重要なレベルにさしかかっていることを説明し、通貨危機が迫っていると見解を示しました。

その上で、金とビットコインの価格が上昇しており、新たな市場になる可能性が高いことを示しました。

パル氏が述べるのは、人民元下落から始まった新興国の利下げによる通貨安。

本日もタイやベトナムといった新興国が経済の先行きを懸念し、利下げを実施し、通貨が軒並み下落しています。

 

ある意味でビットコインの認知広まるか

パル氏の指摘ももちろんのこと、このことで重要なのは「パル氏のような金融関係者がビットコインに注目し始めたこと」です。

今回の世界的な金融市場の混乱の中、どこの国・中央銀行にも属さないビットコインは価格が上昇しており、この一件でビットコインの有用性(価値保存の手段)に気づき始めた投資家は少なからずいるでしょう。

ビットコインはまだ決済に使われる段階には至っていないものの、今回の一件で、実用性を証明したといっても過言ではありません。

また、今後の世界的な情勢不安が継続すれば、ビットコインへの注目がさらに増す可能性があります。

 

まとめ

ゴールドマンサックス出身であり、金融の専門家であるロール・パル氏は8日、自身の見解をツイート。

そこで同氏は通貨危機への懸念を示しつつ、ビットコインに可能性があることを述べました。

米中貿易摩擦からの金融市場の混乱から、このようにビットコインが価値保存の手段として注目を浴び始めているので、引き続きビットコインと金融市場の関係は注目しておいた方がよいでしょう。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「米中貿易摩擦・人民元下落・利下げ」!ビットコインと関係する世界情勢を簡単まとめ!

先週から金融市場が混乱しており、ビットコインは資金逃避先になって価格が上昇していると指摘されています。

今後のビットコインの値動きを占う、金融市場の動向を簡単にまとめました。

要点

・焦点は貿易交渉や人民元の動向
米国と中国の貿易摩擦に関しては、今後の焦点が両国の貿易交渉に。現在は泥沼化の様相を呈していますが、交渉のめどが立てばひとまずこの混乱はおさまりそうです。

 ビットコインと関係の深い国際情勢まとめ!

先週からビットコインの価格が上昇していますが、その背景にあるのが「米中貿易摩擦」に始まる世界経済の不透明感だと言われています。

今回は現時点でビットコインの値動きに関係する重要な世界情勢をまとめました。(記事を書いたのは8日時点でのもので情勢はひごとに変化する可能性があります)

 

ポイント①米中貿易摩擦(米中為替戦争)

まず押さえておきたいのが「米中貿易摩擦」

これは米国と中国がお互いの貿易が不利だと主張し、双方で関税をかけあうなど事態が泥沼化しています。

そして、ここまで株式市場が混乱しているのは、貿易摩擦が「為替戦争」に発展しかけているからです。

今月5日、米政府は中国に対し25年ぶりに「為替操作国」に認定。

例えばドルと人民元があった場合、通貨が安い方が輸出にかんして儲かることができます。

そこで米国は中国を「為替を操作していて違反」と主張しているのです。

 

ポイント②人民元下落

そして、今回の金融市場の混乱を招いているのが「人民元下落」。

中国の通貨である人民元は7日朝、2008年ぶりに対ドル価格で下落しました。

一見このことは何もないように思えますが、世界最大の輸出入をおこなう中国の為替が大きく変動することは、世界経済にとって大きな影響を及ぼします。

特に、リーマンショックに端を発した世界経済後退からの回復は、中国が為替をささえてきたから実現したとも指摘されるほどです。

 

ポイント③利下げ

このような世界経済の不透明感が漂う中、先週米国はおよそ10年ぶりに利下げを実施。

簡単にいうと、利下げを行えば経済への負担がかからなくなるため、米国は利下げを実施したわけです。

そして、8日になりインド、タイ、ニュージーランドといった世界中の新興国も事態を懸念して利下げを実施。

これらの国が利下げするのも「世界各国の情勢が悪化する前に先に利下げをして手を打っておこう」という作戦。

今後多くの国が利下げをし始めたら、米国、中国だけではなく世界中で「通貨安戦争(=自国の通貨を下げることで経済の負担を軽くする)」に発展しかねないので、今後の動向に注目。

また、これらを背景に、どこの国にも属さず金融市場の影響を受けないといわれるビットコインは資産逃避で価格が上昇していると言われています。

 

まとめ

現在の世界情勢の注目ポイントとなるのが「米中貿易摩擦」、「人民元下落」、「利下げ」。

現在はいずれの要因もまだ終息には至っていないので、これらのワードをおさえつつメディアをチェックすれば、おおまかに世界で何が起こっているのか、投資家が何に注目しているのかがわかるでしょう。

そして、これらの要因がおさまらない限り、ビットコインは資産逃避先となり価格が上昇する可能性があるので、金融市場をあわせ今後の展開を注視したい場面ではあります。

 

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【8/7】ビットコイン再び上昇!130万円を超えられるか?

130万円をつけて反落していたビットコインですが、本日になり再び上昇しています。

直近の相場動向についてまとめました。

要点

・130万円を超えられるか?
6月以降、ビットコインは130万円以上の価格に滞在した時間が短く、今後ひとつの注目ポイントとなりそうです。

 ビットコインは130万円を超えられるか

130万円の高値をつけてから反落したビットコインですが、7日のニューヨーク時間に入って再び価格が上昇し始めています。

ビットコイン円 5分足 6日~

なので、まずは直近の高値である130万円を超えられるかが注目となりそうです。

また、仮に130万円を明確に超えてくると、相場の強さが再度確認できる形になりそう。

少し時間足を長くして日足でみると、130万円以上の価格で推移したのは短いことがわかります。

ビットコイン円 日足 6月~

上記チャートの赤い線が130万円のライン。

ビットコインはこれまで、130万円以上の価格に滞在したのは、3~4日だということがわかります。

そのため、130万円以上には多くの売りオーダーが置かれていたことがわかり、今回の上昇でそのオーダーをはねのけて上昇できるかがしばらくの注目ポイントとなるかもしれません。

 

引き続き金融市場の動向に注目

先日からお伝えしていますが、現在のビットコインは金融市場の連動性が高いと指摘しており、世界の株式市場や為替市場の動向を材料視しています。

米利下げでビットコインは200万円へ!トム・リー氏の指摘と理由をわかりやすく解説!

本日のニューヨークマーケットは今始まったばかり(7日22時30分)ですが、本日のダウの動向次第では、ビットコインが深夜に大きく動く可能性があるので、引き続き注目となるでしょう。

仮にダウが大きく下落することがあれば、明日の日経平均等も大きく下落することが予想され、金融市場の混乱はしばらく続きそうです。

現時点ではまだ米中貿易戦争に解決の糸口が見つからないため、ビットコイン相場にとってはポジティブな地合いが継続しているといってよいでしょう。

 

まとめ

6日明朝から上昇し、130万円の高値をつけたビットコインは7日に入り反落。

しかし、同日夜になって再び価格が上昇し始めており、重要なレジスタンスとなる130万円に接近しています。

130万円以上の価格は6月からなかなか滞在することが難しかった価格帯。

そのため、今回の上昇で130万円をサポートにすることができれば、再び年初来高値を更新する相場もやってくるかもしれません。

材料は引き続き米中貿易摩擦の動向、世界経済の不透明感となっているので、ひきつづきそれらの動向も注視したいところです。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインは新高値更新へ!ブルームバーグが強気報道!

ブルームバーグが7日に報道した記事によれば、独自のインジゲーターはビットコインの新高値更新を示唆しているとのこと。

金融市場の混乱がなくても高値を更新すると強気の見解を述べています。

要点

・金融市場の混乱は必要ない?
直近のビットコインの上昇要因と指摘されている金融市場の混乱ですが、ブルームバーグによれば、それがなくともビットコインは高値を更新すると強気の見解を述べています。

 ビットコインが新高値更新へ?

ゲージに続いてテクニカルアナリストは、ビットコインの今後の利益がさらに増える可能性を示唆しています

ブルームバーグによれば、同社が開発する独自インジゲーター「GTI VERA コンバージェンス・ダイバージェンス・インディケーター」がビットコインの新高値更新を示唆しているとのこと。

それにより、ビットコインは今後新高値更新=140万円の突破する可能性が高いとのことです。

また、現在の価格上昇要因と指摘される金融市場の混乱ですが、同社によれば「金融市場の混乱がなくとも」ビットコインは新高値を更新する可能性が高いとのこと。

以前もブルームバーグはビットコインに対し強気の見解を述べていましたが、そのスタンスは変わっていないようです。

 

 

金融市場の混乱は続くか

ブルームバーグが指摘する通り、ビットコインは先週の米利下げから価格が上昇。

その後、世界の株式市場の暴落、中国の人民元の暴落などを受けて130万円まで価格が上昇しました。

 

6日のダウは数日振りに安値圏から反発、7日の日経平均も反発しており、このところパニック状態だった金融市場はひとまず落ち着きを見せています。

それに伴い、7日のビットコインは130万円の高値をつけたのに反落。

本稿執筆時点では125万円近辺で推移しており、今後ブルームバーグが指摘する通り高値を更新するのか、あるいはこのまま100万円方向へ向かうのかが注目されます。

 

まとめ

ブルームバーグは7日、最新の分析を報道。

それによれば、独自インジゲーター「GTI VERA コンバージェンス・ダイバージェンス・インディケーター」がビットコインの新高値更新を示唆しているとし、ビットコインが新高値更新する可能性が高いとのことです。

また、現在の価格上昇要因と指摘される金融市場の混乱は同社によれば必要ないとのこと。

7日時点ではダウは数日振りに反発、このところ続いていた金融市場の混乱はひとまず落ち着きをみせた展開となっています。

もちろん、ブルームバーグが指摘する通りになるとは限りませんが、引き続き金融市場とビットコイン相場の関係性には注目でしょう。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【8/6】ビットコイン130万円到達!160万になるのも時間の問題?

6日のビットコインは前日に引き続き堅調な推移となっています。

直近の価格・チャート・相場動向についてまとめました。

要点

・引き続き金融市場の混乱に注目
現在のビットコインの上昇は金融市場の混乱による資産逃避が要因と指摘されています。本日の日経平均も大幅に下落するなど、引き続き金融市場の混乱に注目でしょう。

 ビットコインが130万円到達

6日のビットコインは前日に引き続き130万円に到達。

ビットコイン円 日足 6月~

130万円というのは、6月末からのレジスタンスになっていた価格でもあるので、ここからさらに上昇していけるか注目です。

仮に130万円台をキープできれば、いよいよ140万円といった年初来高値更新を目指すフェーズに入りそうです。

昨日お伝えした通り、米著名投資家マックス・カイザー氏は、今週中に160万円へ到達することを指摘。

「ビットコインは今週中に160万円」!著名投資家が衝撃発言!

同氏が指摘する通り、チャート形状は一目均衡表の雲を抜けかなり良くなっているので、実際に160万円に到達し年初来高値を更新するのも不可能ではないでしょう。

 

全ての鍵を握るのは金融市場の混乱か

6日の日経平均は一時600円安を記録するなど、金融市場の混乱は継続しています。

そして、現在のビットコインの上昇は、金融市場の混乱により、投資家が資金をビットコインへ避難させているという指摘がされています。

【サクっと読める】ビットコイン急騰の主役”資産避難”【サク読み】

なので、引き続き金融市場の混乱、世界の株式市場の動向は注目となるでしょう。

その中でも注目したいのが10年ぶりの安値を記録した人民元の動向とダウの下落。

このどちらかが収束しない限り、金融市場の混乱は続くと思われるので、あまり株式市場になじみがない方でも上記2点はチェックしておきたいところです。

仮に金融市場の混乱が収束しなければ、ビットコインにはポジティブな要因となり、さらなる価格上昇に期待できそうです。

 

まとめ

6日のビットコインは前日に引き続き上昇し、価格は130万円に到達。

いよいよ次の目安は140万円となっており、いよいよ年初来高値更新も狙える相場となってきました。

仮想通貨市場の動向と併せてチェックしたいのが、金融市場の混乱。

現在のビットコイン相場は金融市場の混乱が要因と指摘されているので、このまま混乱が続けばビットコインのさらなる価格上昇にも期待できるでしょう。

また、金融市場をチェックする上では、米国株式市場の動向と10年ぶりの安値を記録した人民元の動向がカギに。

株式市場に馴染みがない方でも上記2点をチェックしていれば問題ないので注目です。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【サクっと読める】ビットコイン急騰の主役”資産避難”【サク読み】

 

8月6日16時30分頃、

ビットコイン(BTC)価格は12.200ドル(約130万円)に到達。

その理由をサク読み!

 

米中貿易戦争

米国と中国の貿易戦争が激化しており、

ドル/人民元レートは08年3月以来初の7.03に到達しました。

世界の金融が不安定になる可能性を考慮して、

多くの人々が資産をビットコインに変換している事が、

現在のビットコイン(BTC)高騰の一因となっていると思われます。

 

ビットコイン急騰は「資産避難」が影響

世界的に経済が不安定になる傾向が見られると、

不安定な現金を”物”に変換するという事は一つの選択として挙がりますよね。

 

米中の貿易戦争が収まらない限り、

ビットコイン(BTC)の需要は高まる一方ではないでしょうか。

事実として、金(ゴールド)が人民元建ての取引ペアで多く取引されており、

世界がお金ではなく、”物”に資産を変換する作業に入っているのかもしれません。

 

2019年末にビットコイン(BTC)2万ドル説を提唱していたノボグラッツ氏も以下のようなツイートをしています。

大手仮想通貨ファンド「Galaxy Digital」のCEOを務めるマイケル・ノボグラッツ氏は、

現在の米中の情勢を根拠に、

「ビットコインへの資金逃避が起き、ビットコインの価格が本格的に上昇していくかもしれない」と8月5日にツイートしていました。

現に8月6日に急騰している事から、

ノボグラッツ氏の読みは正しかったと言わざるを得ません。

 

ビットコイン(BTC)急騰まとめ

以前のサク読みでも8月4日からビットコイン(BTC)価格上昇を唱えていたマカフィー氏や、

多くの著名人が8月から年末にかけてビットコイン(BTC)の高騰を予想しています。

 

今回は、一つ目の急騰トリガー「マクロ経済不安」ですが、

年末にかけて二つ目、三つ目のトリガーが重なるかもしれません。

 

法定通貨への信頼が低下している今、

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨需要は高まり続ける事が予想されます

ビットコイン(BTC)は世界の経済状況に呼応しやすい為、

仮想通貨市場のニュースだけではなく、

様々な経済に関する情報も仕入れておくといいかもしれません!

 

 

Twitterのようにフォローするだけで億トレーダーと同じ売買!?

Twitterのように「フォローして放置するだけのかんたんFX」のINSTANTRADEをご存知ですか?

フォローしたトレーダーの取引を自動でコピーしてくれる新時代のFX証券口座です。

当サイトでも既に紹介していますが、
ユーザーがする作業は「入金とフォロー」だけです。

手軽さ実用性の高さ皆様に高い評価をいただいてます!

注目すべき点として、

INSTANTRADEレバレッジはなんと最大で500倍!

1万円といった少額から始める事が可能で、
入金した額以上の損失額も出ません。
初心者でも安心してサクっと利用できるのが最大のメリットです。

 

知らなかった方はこの機会に口座開設してフォローするだけの楽々投資。

あなたも億トレーダーと同じ売買を体感してみませんか?

INSTANTRADEの口座開設はこちらから!

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「ビットコインは今週中に160万円」!著名投資家が衝撃発言!

ビットコイン初期投資家で知られるマックス・カイザー氏は5日、Twitter上で発言。

それによると、ビットコインは今週中に160万円(1万5000ドル)を越えるとのことです。

要点

・ビットコインが今週中に160万円へ!?
カイザー氏によると、ビットコインが今週中に160万円へ。本日あった中国の混乱を材料視しているようです。

 ビットコインが今週中に160万円をこえる?

私は感じていますビットコイン今週は$ 15,000を超えます。中央政府、中央銀行、中央集権化された法定通貨に対する信頼は、数十年ぶりの低水準にあります。

ビットコインを初期から投資していることで知られるカイザー氏はツイッター上で上記のように発言。

ビットコインが今週中にも160万円(1万5000ドル=108円計算でおよそ160万円)をこえると強気の見解を述べました。

同氏のいう1万5000ドルは今年の年初来高値であり、つまりビットコインは今週中に年初来高値を更新するということです。

ビットコインドル 日足 6月~

カイザー氏の指摘はいうことえ一見無謀ですが、日足チャートのビットコインはかなり強い形状にあり、今週の相場動向は要注目となりそうです。

 

不安定な金融市場の動向に注目

カイザー氏は上昇の理由として法定通貨の信頼が失われていると指摘しています。

本日は中国の人民元が対ドルで10年ぶりに7ドル台へ。

これは人民元がドルに対して下落したことを意味します。

また、日銀はこれを受けて緊急会合を実施。

このような為替市場の混乱がビットコインへの資金流入を引き起こしているという指摘も多いです。

本日もお伝えしましたが、先週から米利下げ、米中貿易戦争の悪化により、世界経済後退懸念が強まっています。

【8/5】今週の仮想通貨市場はどうなる?上昇の兆しみえてきた相場動向に注目!

今週はこの混乱が続けば、ビットコインはさらに価格が上昇する可能性があるので、引き続き既存の金融市場の動向に注目でしょう。

特に、人民元に関してはこれまで価格が下落した際は政府が介入し価格を上昇させてきたので、人民元の価格にも注目した方がよいかもしれません。

 

まとめ

ビットコインを初期から投資していたことで知られるカイザー氏は5日、Twitter上で発言。

そこで同氏はビットコインが今週中に1万5000ドルを超えると発言し、メディアでは話題となっています。

また、カイザー氏が指摘するのが為替市場の混乱。

先週から米利下げや米中貿易戦争の悪化、それに伴い世界経済後退懸念が強まっているので、引き続き仮想通貨市場の動向と併せて、既存の金融市場の動向にも注目したい場面です。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン鬼上げリーチ!! 120万円局面!

No tags for this post.

【8/5】今週の仮想通貨市場はどうなる?上昇の兆しみえてきた相場動向に注目!

仮想通貨市場は先週半ばから反発しており、チャート傾向も改善しつつあります。

今週の仮想通貨市場の注目ポイント・価格をまとめました。

要点

・既存の金融市場の動向も注目か
先週からの反発はアメリカの利下げが影響しているという見方も一部であり、今週も注目になりそうです。特に米国株式の動向には注目でしょう。

 ビットコインは引き続き120万円の突破に注目

先週もお伝えしましたが、ビットコインは米利下げをきっかけにして反発。

底値圏から回復してきており、本稿執筆時点ではすでに119万円近辺で推移しています。

ビットコイン円 日足

120万円は前回につけた高値と、一目均衡表の雲が位置する価格帯。

今週はまず120万円を突破できるか注目となるでしょう。

仮に120万円を突破すれば、チャート形状はかなり良くなり、さらなる上昇にも期待できそうです。

【8/3】ビットコイン何円まで上がる?120万円の攻防に注目!

アルトコイン含めた仮想通貨市場全体に関しては、本稿執筆時点でビットコインドミナンスが67%台まで上昇しており、再びビットコイン相場へ。

ビットコインが堅調であれば、アルトコインも底堅い展開が予想されますが、アルトコイン単独での上昇はその銘柄の強いニュースが必要かもしれません。

 

ニューヨーク株式市場にも注目

こちらも先週からお伝えしていますが、米利下げによりビットコインの「デジタル・ゴールド」としての側面が直近で注目を浴びています。

米利下げでビットコインは200万円へ!トム・リー氏の指摘と理由をわかりやすく解説!

なので今週は、暴落する米国株式、特にダウの推移もチェックした方が良いかもしれません。

ダウ

現在既存の金融市場は利下げに始まり、米中貿易摩擦、ブレグジットなどかなりの悪材料に苦しめられ、世界経済後退懸念が強まっています。

仮に今週も既存の金融市場が荒れる展開となるのであれば、ビットコインがさらに上昇する可能性もあるので注目でしょう。

なので重要ワードや現在ビットコインで何が起きているのか、下記の記事でチェックできます。

「利下げ」・「世界経済後退」最重要ファンダをわかりやすく解説!

 

まとめ

先週なかばから反発していたビットコインは、週明けも堅調な展開でスタート。

現在は120万円の攻防にさしかかっており、仮に今週この価格帯を突破すればさらに価格は上昇するかもしれません。

また、ビットコインに関しては、現在「デジタル・ゴールド」の側面が注目されており、既存の金融市場のとの関係を深めています。

そのため、先週から荒れた展開となっている世界の株式市場、特にアメリカのダウは注目しておいた方がよいかもしれません。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの欠陥は〇〇である

です。 ここ最近はビットコインの欠陥はなんだろう?と考えるようになったので、私の現在の考えをまとめておくことに・・・No tags for this post.

Twitter CEO「 ビットコイン を愛してる」決済企業Squareの BTC 売上高急上昇!

No tags for this post.

ビットコイン(BTC)は売り圧力も高まりつつあるが、上昇相場は継続中!

No tags for this post.

100万でビットコイン買ってよかったー

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:12:23.203 ID:9OnaCyYu0
いやーうまいわ

引用元:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1564837943/

続きを読む No tags for this post.

【8/3】ビットコイン何円まで上がる?120万円の攻防に注目!

株・為替が不安定な状況の中、ビットコインは米利下げをきっかけに上昇しました。

直近の上値メドを考察しました。

要点

・120万円の攻防
ビットコインの日足チャートでは、一目均衡表の雲が120万円に位置。ここは重要なレジスタンスになるため、来週いっぱい注目となりそうです。

 ビットコインは120万円の攻防に突入か!

先日もお伝えしましたが、現在ビットコインは日足チャートで雲の上限に近づいています。

ビットコイン円 日足 7月~

チャートはビットコインの日足チャートに雲を表示させたものです。

注目したいのが7月17日につけた高値120万円(赤丸の箇所)。

日足チャートでは雲の上限とその高値の価格帯が重なっているのがわかります(チャート横の赤線)。

この2点から、120万円というのは強いレジスタンスとなる可能性があり、今後注目の価格帯となりそうです。

また、3日時点ですでに115万円まで上昇しているため、ここから先は価格が上昇しずらい可能性もあります。

仮に、120万円を突破すれば、チャートがかなり改善されるため、再び年初来高値更新の可能性も出てきます。

 

しばらくの間はNYダウにも注目か

今回のビットコインの上昇が、FRB利下げ実施後に始まった以上、しばらくの間は既存の金融市場の動向が注目となるかもしれません。

NYダウ

仮にこのまま株や為替が不安定な状況が続けば、ビットコインにとっては好材料となり価格の上昇も見込めるかもしれません。

また、注目したいのはビットコインがこのように株や為替と関係を持ち始めたことです。

明らかにこのような報道のされ方は17年・18年にはみられませんでした。

つまり、ビットコインは認知や規制が徐々に整いつつあり、新たな資産として認められ始めているのかもしれない、ということです。

現状、それを断定するのにはまだ早いですが、専門家の多くも金融市場の不安定さとビットコインの価格上昇を指摘しているので、しばらくの間注目でしょう。

 

まとめ

前日に引き続き、3日のビットコインは続伸。

日足チャートの一目均衡表では、雲の上限と17日高値が重なっているので、ビットコインは今後120万円の攻防に突入するかもしれません。

仮に120万円をうわぬけた場合、チャートはかなり強気になり再び年初来高値を更新する可能性も。

先日からお伝えしている通り、今週はFRB利下げが仮想通貨メディアでもフォーカスされており、多くの専門家は金融市場の不安定さが価格上昇要因になっていると指摘しているので、来週以降も注目です。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.