00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

ビットコインで初めてピザを購入した人、現レートで約8億ドル(約880億円)をピザに消費wwwwww

■ツイッターより

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

続きを読む No tags for this post.

「半減期」と並ぶ重要ファンダか?ビットコイン(BTC)上昇に「世界経済」の関係

4月から上昇傾向にあるビットコインですが、多くの専門家が世界経済先行き懸念があると指摘しています。

これまでに出た「デジタル・ゴールド」としてのビットコイン説をまとめました。

要点

・デジタル・ゴールドとしてのビットコイン
仮に、世界経済の先行き懸念が今後台頭してくるようであれば、その時ビットコインの価格が上昇するか注目となるでしょう。

 米仮想通貨投資ファンドが米中貿易摩擦を指摘!

貿易戦争の落とし穴?

ベーコンを買う、と言う

世界的メディア「フォーチューン」のインタビューに、仮想通貨投資ファンド、グレースケール・インベストメンツ創業者、バリー・シルバート氏が出演。

そこで同氏は、現在のビットコイン上昇の背景に米中貿易摩擦があることを指摘しました。

その根拠として、ビットコイン上昇は米中の交渉が決裂した時期と一致していること、これまでブレグジットやギリシャショックの際もビットコインは上昇傾向にあったことを指摘。

これらを踏まえると、ビットコインは「デジタル・ゴールド」として安全資産の役割を果たしているとの見解を示しています。

シルバート氏の見解は、これまでファンドストラッド社トム・リー氏など多くの専門家が指摘しており、今年に入ってビットコインの「デジタル・ゴールド」としての側面が急速に注目され始めています。

「仮想通貨はなぜ上がっている?」背景に世界経済への不安か?

 

バンカメアナリストも世界経済先行き懸念を指摘

ビジネスインサイダー: ビットコインの最新の急増が、不況の恐怖がフィーバー・ピッチに達していることを間接的にシグナリングする方法

シルバート氏と同じく、米大手銀行バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのアナリスト、マイケル・ハーネット氏も同じような指摘をしています。

同氏によると、現在、景気後退懸念により各国の国債が買われているとのこと。

それにより、国債の利回りが低下しており、投資家のリターンが低下傾向にあるとのことです。

国債・・・国が発行する債券。「国」という大きな組織が発行しているため、通常は安全資産として運用される金融商品。

それにより、リターンを求めた投資家の資金がビットコインへ流入していると指摘。

それにはビットコインが国債と同じく「安全資産」として機能する認識があるとのことです。

 

まとめ

ビットコインは来年、半減期を迎えることにより、価格が上昇しているという重要な指摘もある中、多くの専門家は「世界経済先行き懸念・景気後退懸念」も重要なファンダとして指摘しています。

特に、現在激化している米中貿易摩擦や、新興国の政局不安などが台頭すれば、ビットコインは反対に価格が上昇する可能性があります。

現時点では何ともいえませんが、今後の動向を追う上では重要なファンダと成り得るので、注目しておきたいポイントのひとつとなるでしょう。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

FXの取引単位とは?どこよりも簡単に図解&各社の設定を比較

FXには取引単位(lot)があるって聞いたけど、どういうものなの? FXで取引する際の最少単位のことです。 取引単位は会社によって異なるので、手元の資金も踏まえてFX会社を選ばないといけません。 各社の取引単位がいくらか ... No tags for this post.

いよいよビットコイン半減期1年前に突入!これから価格が暴騰する!?

20日、Yahoo Finance!のインタビューに応えたトム・リー氏がビットコイン半減期について言及しました。

次回の半減期は5月23日の見込みとなっており、まもなく1年前のカウントダウンが始まります。

要点

・半減期
半減期とは、その通貨のマイナー報酬が半分になる時期のこと。通貨の価値を保つためにあらかじめ設計されてある。基本的に、半減期を迎える通貨の価格は上昇すると言われている。

 トム・リー氏が半減期の重要性を指摘

これは、最新のベーコンの価格サージ を引き起こしているものです

「ビットコイン強気派」として知られ、現在多くのメディアで積極的に発言しているトム・リー氏は20日、Yahoo Finance!のインタビューに応じました。

そこで同氏は、現在のビットコイン価格高騰の裏には米中貿易摩擦による世界経済への懸念があると説明。

それに加え、来年に控えるビットコイン半減期の重要性についても指摘しました。

ビットコインは来年5月にマイナーの報酬が12.5BTCから6.25BTCに半減する見込み(時期はずれる可能性もあり)であり、これを踏まえると、ビットコインの価格は高騰するとリー氏は指摘しています。

また、マイナーの損益分岐点から考えると、現在のビットコインの適正価格は1万4000ドルとの見解を示しています。

 

ビットコイン半減期に多くの専門家が注目

リー氏が指摘するように、ビットコイン半減期は市場の需給関係に直接影響を与えるため、最も重要視すべきファンダメンタルズといっても過言ではありません。

ビットコインは5月に上昇トレンドへ!?半減期1年前から価格は上昇傾向=投資ファンドレポートで!

上記の記事は、仮想通貨投資ファンド、パンテラ・キャピタルが3月に発表したレポートですが、実際に今月に入って価格が上昇しているため、今後の値動きも無視できないものとなったでしょう。

同社のレポートによると、これまでビットコイン(及び仮想通貨市場)は、半減期の1年まえから価格が上昇する傾向にあるとのことです。

2011年~2015年と2015年~2019年のチャートが酷似!?カナダ投資ファンドのレポート!

上記の記事も今年3月にカナダの投資ファンドが発表したレポートになりますが、先日同社は、4年に1度の半減期サイクルに沿って相場に強気トレンドが訪れていることを指摘。

それを踏まえると、ビットコインは21年3月に200万円へ到達するとの分析を発表しています。

 

まとめ

ファンドストラッド社代表、トム・リー氏は20日、ヤフーファイナンスのインタビューに応じました。

そこで同氏はあらためて半減期の重要性を指摘し、ここから価格が高騰する可能性について述べました。

半減期は市場の需給関係に直接影響を及ぼすファンダメンタルズであり、これまでも多くの専門家・投資ファンドが分析を発表しているので、ここから半減期を迎える相場動向は注目となるかもしれませんね

 

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

相場の長期的トレンド転換を示す3つのサインとは!?トム・リー氏が指摘!

トム・リー氏は20日、「仮想通貨冬の時代」が終わる13のサインを指摘しました。

今回は、その中でも話題となっており、重要と思われる3つのサインを抜粋して紹介します。

要点

・長期的なトレンド転換は濃厚か
4月の高騰相場以降、多くの専門家がトレンド転換を指摘しています。それを踏まえると、強気相場の可能性は濃厚のようです。

 現在の相場が強気相場であることを示す3つのサイン

不穏な後退の後に〜 $6、200、#Bitcoinバック>8000ドルはさらに正のトレンドはそのまま接着します。

我々は数週間前に述べたように, コンセンサス2019は、@coindesk暗号の冬が終わっているかどうかを証明することでした…

リー氏は20日、コンセンサス2019が終わったことにより、「仮想通貨冬の時代」が完全に終わったことを宣言しました。

同氏は合計で13のサインを挙げていますが、ここでは他の専門家も指摘している重要なサインを3つ紹介します。

 

①200日移動平均線の突破

【超重要!】ビットコイン暴騰で1年ぶり200日移動平均線突破!長期上昇トレンドの始まり!?

リー氏が指摘する中で最も重要なのが200日移動平均線の突破です。

これは、その他多くの専門家・投資家も指摘していることで、200日移動平均線は株・為替の世界でも中長期的なトレンドを計る際に用いられるテクニカルです。

ビットコインは4月の高騰で200日移動平均線を突破したことにより、まず中長期的なトレンド転換を果たしたといえるでしょう。

 

②200日移動平均線と50日移動平均線のゴールデンクロス

もうひとつリー氏が指摘するのは、200日移動平均と50日移動平均のゴールデンクロスです。

基本的に、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上抜ける(ゴールデンクロス)するのは、強気トレンド突入のサインとなります。

さらに重要なのは、前回ビットコインのチャートでゴールデンクロスが確認されたのは2015年であり、その際は2017年までのバブルまでの上昇トレンドの入り口になったこと。

これらを踏まえれば、今回もここから価格が上昇していくことに期待できます。

 

ウィリー・ウー氏の指摘

昨年の下落を的中させたウィリー・ウー氏「ビットコインは99%強気相場突入」

リー氏はその他に、昨年の弱気相場を的中させたウィリー・ウー氏がトレンド転換を指摘したことも挙げています。

ウー氏は、全ての時間軸において価格が200SMAを上回った(200時間、800時間、200日、200週、200月など)ことを指摘。

それを踏まえると、現在の相場は99%強気トレンドに転換したとの見解を示している。

 

まとめ

リー氏は20日、コンセンサス2019が終わったことで、「仮想通貨冬の時代」が完全に終わったことを指摘。

その主なものとして、200日移動平均線の突破、200日移動平均線と50日移動平均線のゴールデンクロス、ウィリー・ウー氏の指摘などを挙げています。

このように、現在の相場は多くの専門家がトレンド転換を指摘しているので、今後価格が上昇していくことに期待したいところです。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

クレイグ・ライト氏のビットコインのホワイトペーパーとコードが米著作権局に承認され、仮想通貨BSVが大高騰wwwwww

■ツイッターより

no title

続きを読む

VanEck版ビットコインETFの可否判断延期!相場への影響は限定的か!?

SECは21日、VanEck社が申請していたビットコインETFの可否判断を延期することを発表しました。

これにより、8月に可否判断は見送られることとなりました。

要点

・上場が最有力視されるビットコインETF
VanEck社が申請しているETFは上場最有力といわれ、承認されればCBOE(シカゴオプション取引所)に上場されるものとなっています。ビットコイン現物を担保にし、市場への影響も高いと言われています。

 VanEck版ETFが再延期・次回は8月へ

(参照元:https://www.sec.gov/rules/sro/cboebzx/2019/34-85896.pdf)

SECは21日、公式サイトにて、VanEck社が申請していたビットコインETFの可否判断を延期することを発表しました。

これで、次回の可否判断は90日後の8月19日になる見込みです。

18年中は話題になっていたビットコインETFですが、SECのスタンスや現在の規制状況を考えると、大方のコンセンサスはまだ承認されないというのがほとんど。

また、現在はビットコインETFの可否判断に関係なく相場が上昇しているので、以前よりも材料としての重要度は下がっているといえるでしょう。

しかしながら、承認されれば市場に大きな影響を与えることは間違いないので、時期が近付いたら引き続き動向には注目したいところです。

 

市場への影響は限定的

SEC動向に詳しいシルヴィンスキー弁護士も今回の発表は予定通りと発言。

VanEck SolidX #Bitcoin#ETF決定は2回目に延期された。私たちは、より良い規制、安全でより流動性の高いデジタル資産市場に向けて努力を続けています。ビットコインが大きすぎて無視できない。

この発表との関係は定かではありませんが、ビットコインは発表があった時間に価格が上昇し、引き続き高値圏でのもみ合いが継続しています。

ビットコインドル 1時間足 5月18日~

繰り返しにはなりますが、大方の専門家・投資家たちの間では「承認はまだ先」というのが大方のコンセンサスになっているので、長い目でみた方が良いかもしれません。

一部の専門家からは20年中には承認されるとの見方も出ています。

 

まとめ

SECは21日、上場最有力のVanEck版ETFの可否判断延期を発表。

それにより次回の可否判断締め切りは8月となりました。

ただし、専門家・投資家の多くは承認はまだ先になるとの見方が大半であり、現時点では相場の影響も限定的なので、引き続きETF動向に関しては時期が近付いたら注目するスタンスで大丈夫そうです。

 

 

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

FX ユーロの特徴は?おすすめのFX会社を徹底解説

みなさんはFXのユーロの特徴ってわかりますか? いまいちピンとはこないなぁ。 ドルと大して変わらないような気がするけど何か違いがあるの? 私も! 人気のある通貨なのは知ってるけど、予想がつかないわ。 え~?通貨が違うくら ... No tags for this post.

NHKがニュース番組でビットコインに言及

■ツイッターより

no title

続きを読む No tags for this post.

【5/21】今回の強気相場は「ホンモノ」ビットメックスCEOが発言!

ビットメックスCEO、アーサー・ヘイズ氏は20日、週末の反発についてコメントしました。

そこで同氏は現在の相場について「強気」と述べました。

要点

・今回の強気相場は「ホンモノ」!?

仮想通貨市場は17日に急落しましたが、週末に価格が急回復。ヘイズ氏は、これが強気のサインとみているようです。

今回の強気相場は「ホンモノ」!?

強気市場は本物です。7000ドル以下の瞬間的なディップがあり、数日後、私たちは8000ドルの上に戻り、9月と12月の契約はコンタンゴにあります。

ヘイズ氏は、Twitter上で現在の強気相場が「ホンモノ」とコメント。

その理由として、17日に瞬間的に急落した価格が7000ドルを下回った際多くの買いが入り、数日後に8000ドルに復帰したことを指摘しました。

ヘイズ氏の指摘するように、急落した価格に買いが入るのは、18年相場には見られなかった値動きで強気相場の指標にはなるでしょう。

多くの専門家が中長期的なトレンド転換を指摘する中、ヘイズ氏も強気の見解をもっているようです。

 

週初めの値動きは?

ビットコイン円 1時間足 5月16日~

ヘイズ氏の指摘するように、17日に急落した仮想通貨市場は18日まで揉み合いの展開に。

19日には急伸しており、現在まで価格は急落前のほぼ全戻しとなっています。

しかし、90万円は今のところ非常に強いレジスタンスとなっており、週初めの仮想通貨市場はその突破に苦戦している状況です。

短期的には、86万円をサポートにして推移しているので、数日間はここをサポートに価格が上昇していくか注目でしょう。

【5/20】今週の仮想通貨市場はどうなる?再び高値更新が期待できる相場動向に注目!

また、一部の専門家からはアルトコインの動向も引き続き注目されているようです。

https://twitter.com/TheCryptomist/status/1130102309202157568

4hr 時間枠でのフラグ付きフォーム
私はこれが今月末までに壊れることを期待しているので、およそ29月
サポート低77.2、抵抗高8080領域として。

もし btc が今月末までこのペナント内にとどまっている場合、私は期待しています…
ALT を走らせよう!

上記の記事でも言及していますが、先週からアルトコインの上昇も目立っているので、引き続き注目となるでしょう。

 

まとめ

ビットメックスCEO、アーサー・ヘイズ氏は20日、現在の相場についてコメント。

17日に急落した仮想通貨市場が、数日後に急騰したことから、今回の強気相場は「ホンモノ」との見解を述べました。

週初めの仮想通貨市場は90万円の突破に苦戦していますが、流れが良いのは変わらないので、引き続き今後の相場動向に注目です。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.