00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

アナリストPlanB「2020年半減期後、ビットコイン価格は55,000ドルを超える可能性」

ビットコイン市場アナリストであるPlanBは2020年に起こるビットコインの半減期後、価格は55,000ドルに達するという新たな価格予測モデルをシェアした。彼は、2009年12月から2018年3月までのビットコインの毎月のSF(在庫/流動)と価値を計算したとしている。

全く異なる市場である金と銀のSFがビットコインの値と一致している。2017年12月の強気相場のピーク時には、ビットコイン SFは22、ビットコイン市場価値は2300億ドルで、銀に非常に近という研究結果を述べた。

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4


No tags for this post.

リップルの株価上昇の鍵とは?高騰の要因と今後の価格を予想

リップルの株価は今後どうなる? 今持っているリップルは今のうちに手放した方がいいの? なんてお考えではありませんか? リップルの株価は2018年以降下落の道を辿っており、2019年3月現在でおよそ35円となっています。 ... No tags for this post.

ビットコインは5月に上昇トレンドへ!?半減期1年前から価格は上昇傾向=投資ファンドレポートで!

仮想通貨投資ファンド、パンテラ・キャピタルが27日、ビットコインに関するレポートを発表しました。

それによると、過去半減期の1年前に価格が上昇する傾向にあるとのことです。

要点

・ビットコイン半減期
半減期を迎えると、マイナーの報酬が半減します。ビットコインやライトコインなどは半減期を設けることにより、通貨の価値を下げないよう設計されています。

 ビットコインは過去半減期1年前に価格が上昇をはじめる

現在利用可能: 私たちの3月のブロックチェーンレター、ブロック報酬半減とベンチャーファンド III クロージング

パンテラ・キャピタルのレポートによれば、ビットコインはこれまで半減期の1年前に価格が上昇する傾向にあるとのことです。

なお、前回の半減期は2016年、前々回は2012年、そのおよそ1年前から価格が上昇し始めたといいます。

2016年の半減期→320日前に上昇トレンド開始
2012年の半減期→376日前に上昇トレンド開始

パンテラは、それを踏まえた上で、次の半減期は2020年5月に予定されることから、今年の5月からビットコインの価格が上昇し始める可能性があるとの見解を示しています。

 

 

半減期を迎えるライトコインの価格はすでに上昇

パンテラ・キャピタルのいうように、価格が上昇する可能性は低くはありません。

なぜなら「半減期」は市場の需給関係が直接変化するので、一番強いファンダメンタルズと言っても過言ではないからです。

需給(ビットコインの使用)が変わりなく、供給(マイナーへの報酬)が半分になるのであれば、市場原理の上では価格が上昇するのが一般的だからです。

実際に、今年8月に半減期を迎えるライトコインは年が明けて主要通貨で一番強い上昇率になっており、チャート形状は底をつけた形になりつつあります。

ライトコインはすでに底打ち?2015年の半減期と今年8月予定の半減期について考察!

もちろん「確実」ということではありませんが、今回パンテラ・キャピタルが発表したレポートは、これまでにない大きな材料ともなるので、5月ごろからの価格推移は要注目かもしれません。

また、ビットコインが上昇するということは、市場全体の価格が押し上げられる可能性もあるので、その意味でも注目です。

 

まとめ

パンテラ・キャピタルは今回、ビットコインと半減期に関する価格分析を発表。

それによると、これまでビットコインは半減期の1年前に価格が上昇する傾向にあるとのことです。

それを踏まえた上で、同社は今年5月(2020年5月の半減期1年前にあたる)から価格が上昇し始める可能性があるとの見解を示しました。

ビットコインの価格が上昇すれば、市場全体にポジティブな動きとなるので、実際に上昇するのに期待したいところですね。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

マウントゴックス保有財産は現金が約695億円、ビットコインが約14万1700BTC

1: 2019/03/26(火) 01:12:06.90 ID:HewPLzeB9
マウントゴックス保有財産は現金が約695億円、ビットコインが約14万1700BTC

民事再生手続き中の株式会社MTGOX(マウントゴックス)は2019年3月時点で、約695億5308万円の現金、
約14万1686BTCのBitcoin、約14万2846BCHのBitcoin Cashを保有する。民事再生手続き関連の支出は、
手続き開始日の2018年6月22日から2019年3月19日までにおいて、2億2261万1811円となる。
再生管財人である小林信明氏が3月20日、東京地方裁判所に提出した報告書で明らかにしたもの。

マウントゴックスの再生管財人の報告書によると、3月19日時点の預金残高は695億5308万7259円となる。
3月18日時点の仮想通貨残高は、市場価格換算で630億円相当となる。内訳としてはビットコインが
14万1686.35371099BTC(624億8368万1987円相当)、ビットコインキャッシュが14万2846.35166254BCH
(24億9981万1154円相当)となる。

https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1176191.html

仮想通貨 Watch 小鳥遊萌依 2019年3月25日 07:02

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553530326/


続きを読む No tags for this post.

注目の四半期をまえに専門家はどう見る?直近の3人の見解まとめ!

4月から新しい四半期に突入しますが、6月にはFATFが世界基準のガイドラインを策定することもあり、前向きな兆しも見え始めています。

直近に出た3名の専門家の見解をまとめました。

要点

・注目の四半期目前に
6月はFATFが世界基準のガイドラインを策定すること、また大阪で開催されるG20で仮想通貨が議論されることもあり、動向が加速する可能性があります。

 直近に出た3名の専門家の見解まとめ

今回紹介するのは、仮想通貨投資ファンドCEOブライアン・ケリー氏、ファンドストラッド社代表トム・リー氏、取引所ビットメックスCEOアーサー・ヘイズ氏の見解です。

いずれの専門家も時期は異なりますが、前向きな見解を示しています。

 

「仮想通貨の冬は終わる」:仮想通貨投資ファンドCEOブライアン・ケリー氏

仮想通貨「冬の時代」が終わる?著名アナリストが挙げる3つの好条件!

ケリー氏は「仮想通貨冬の時代」が終わりに近づいているとして3つの条件を挙げました。

それが、ビットコインアドレスの増加、機関投資家の関心が戻りつつあること、Twitter CEOの動向です。

機関投資家の関心が戻っていることに関しては、サービスを開始したFidelityやBakktにより、機関投資家の投資意欲が再燃していると指摘しています。

引き続き機関投資家関連のニュースは重要な材料になるので、規制の整備とともに注目でしょう。

 

数カ月以内にビットコインは長期上昇トレンドへ?:ファンドストラッド社代表トム・リー氏

ビットコインは8月に長期上昇トレンドへ!その理由をトム・リー氏が説明!

リー氏はビットコインが数カ月以内に長期上昇トレンドへ突入すると指摘しています。

それが「200日移動平均線」というテクニカル面での示唆です。

ビットコインはこのまま4000ドルを維持できれば、数カ月以内に200日移動平均線とクロスしテクニカル面で強気チャートになると指摘しています。

リー氏の指摘するように「200日移動平均線」は中長期で重要な指標となるので注目です。

 

ビットコインは年末までに100万円を回復:取引所ビットメックスCEOアーサー・ヘイズ氏

ビットコインは年末までに100万円回復!ビットメックスCEOが予想!

ヘイズ氏は年末までにビットコインが100万円を回復すると指摘しています。

その要因となるのが米国の金利政策です。

FRBは今年利上げをやめることを発表しており、余った米ドル(フリーマネー)が仮想通貨市場に流入すると指摘。

株・為替の投資家にとって、FRBの金利は最も注目している材料なので、頭の片隅に入れておいて良いかもしれませんね。

 

まとめ

これらの専門家の見解をまとめると、4月から6月の四半期、また今年中旬から後半にかけての仮想通貨市場には期待できそうです。

テクニカル・ファンダメンタルズ面でも良い示唆が出ているため、今後は注目の期間となるでしょう。

また、ヘイズ氏の指摘するように、今年は既存の金融市場でも変化の年となっているので、米国の金利政策や米ドルの動向も注目となるかもしれません。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所とは?販売所との違いなど徹底解説!!

仮想通貨取引所ってなに?販売所と違うの? 仮想通貨取引所のほうがお得に購入できるってホント? 仮想通貨を購入してみたいけど仮想通貨取引所と販売所があってわかりにくいと思っている人はいませんか? 今回は仮想通貨取引所は何な ... No tags for this post.

新時代到来!ディーカレットがSuica(スイカ)の仮想通貨チャージを検討!

ディーカレットは27日、都内で行われた事業説明会で、今後の展望について発表しました。

同社は将来的に仮想通貨でSuicaでチャージすることも検討していると発表、テレビ朝日も報じています。

要点

・いよいよ新時代が幕を開けるか?
今年6月から国際的金融組織FATFが世界基準の仮想通貨規制を実施することにより、今後仮想通貨の実用化と普及が高まると指摘されています。

 ディーカレットがSuicaの仮想通貨チャージを検討か

ディーカレットは本日、都内で事業説明会を実施。

その内容をテレビ朝日が報じており、代表取締役社長の時田一広氏は、今後仮想通貨でSuicaのチャージをすることも検討していると衝撃の発言をしました。

ただし、あくまでこれは展望のことで、具体的な計画はないとのこと。

すぐにサービスが始まるわけではなさそうです。

しかし、こうした報道がでること自体、仮想通貨が発展している証拠でもあるので今後実際にチャージができるようになることを期待したいですね。

 

今後注目となる「ディーカレット」とは

「ディーカレット」は今週に急浮上した企業ですが、2018年に設立、簡単にいうと仮想通貨決済といった事業をおこなうフィンテック企業です。

ただ、株主は国内大手商社、保険会社、銀行など誰もが知っている企業が名を連ねており、今後決済事業においてメインプレイヤーになることは間違いないでしょう。

また、公式サイトには今後仮想通貨取引サービスも開始予定とのことで、すでに事前登録なども始まっているようです。

最終的には「様々な価値・デジタル通貨をシンプルに交換できる価値交換サービス」を目標に掲げており、リップル社が掲げる「価値のインターネット」と似ている部分もあります。

なお、昨日には楽天ウォレットと併せて金融庁からも認可されました。

国内動向加速!金融庁が楽天などを認可!ヤフーとマネーパートナーズも参戦へ!

今後仮想通貨メディアで頻繁に取り上げることは間違いなので、名前だけでも覚えておくと良いかもしれませんね。

 

まとめ

ディーカレットは27日、都内で事業を説明会を発表、その内容はテレビ朝日でも報じられました。

その内容によると、現在はスイカに仮想通貨でチャージできるサービスも検討しているとのこと。

まだ具体的な計画ではないとも発表していますが、今後の動向には注目です。

また、ディーカレットは政府がキャッシュレス決済を推し進めるうえでもキープレイヤーになる可能性が高いので、事業全体の動向にも注目でしょう。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ライトコインってなに?特徴や将来性を徹底検証【2019年最新版】

ビットコインとライトコインの違いとは? ライトコインの特徴とは? ライトコインに将来性はあるの? といったことを考えていらっしゃる方も多いと思います。 今回の記事では、ライトコインの基本情報から将来性、おすすめの取引所ま ... No tags for this post.

ビットコインで大損した・・・

419: 2019/03/23(土) 20:11:52.91 ID:dVV+JZZV
くそくそ、ロング狩られたわ。しかも大底でこの前のと合わせて-15万だわ、死にたい

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1553272321/


続きを読む No tags for this post.