00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

ビットコイン暴落は買いのサイン?米大手ファンドCEOの発言が話題

9月24日の暴落以来、下げ止まりが見られないビットコイン。

しかし2日後、アメリカ大手ファンドであるモルガンクリーク・ キャピタル・マネジメントのCEO、マーク・ユスコ氏がCNBCの番組に出演し、ビットコインを「買いだね」とコメントし話題になっています。

今のビットコインは本当に買いに値するのか、ユスコ氏の発言やビットコインの近況、将来性などの観点から考察します。

要点

・米大手ファンドCEOが暴落中のビットコインを「買い」と発言
米モルガンクリーク・キャピタル・マネジメントCEOが暴落中のビットコインを「買い」と発言。信用に値するのかをビットコインの現況や将来性とともに分析します。

 

ビットコインは下落中の今こそ「買い」か

9月26日、アメリカ金融界の大手であるモルガンクリーク・キャピタル・マネジメントの代表を務めるマーク・ユスコ氏がCNBCの番組に出演しました。

暴落が決定的となった24日の最安値は85万1000円で、米ドル換算で8000ドルを下回っていました。これを受けユスコ氏はビットコインの価格下落に関する質問を受け、”Buy it.”(買いだね)と即答しました。

同氏は発言の根拠として日々の価格変動を気にする必要はなく利用基盤が2009年以来大きくなり続けているからとしています。

ユスコ氏は2019年7月にもビットコインは3万ドル(約320万円)に到達すると予測しています。

これまでビットコインが記録した最高値は237万8320円です。

世間に対するビットコインの理解度は高まっているので将来性は変わらず高いことを示唆しているのでしょう。

 

ビットコインは暴落を乗り越え、再び成長する

投資分野としての仮想通貨の性質や将来性を考えると、ユスコ氏の発言の通り、ビットコインは暴落後も利益を狙える可能性があります。根拠として3つをピックアップしました。

 

理由1: 安くなったことで買いやすくなったから

1つ目の根拠は単純に暴落後の方が、限られた予算でまとまった数量を買いやすいことです

現在ビットコインは下落トレンドに入っていますが、この終わり頃をテクニカル分析などで見極めて購入すると、次の上昇トレンドに乗って利益を狙えるでしょう。

また、暴落を待ち伏せていた大口投資家が安く買い叩くことで、再び価格上昇する可能性もあります。

暴落後に仮想通貨業界に参入した人にとっても、思いがけずビットコインを安く買える恩恵にあやかれるでしょう。

 

理由2: ビットコインの用途は今も拡大中だから

ビットコインは価格変動に関わらず現在も世界的に用途が拡大しています。たとえば日本ではbitFlyerが8月20日にTポイントでビットコインを買えるサービスを開始しています。

海外でも9月23日に開始したBakktによるビットコイン先物取引もまだまだ始まったばかりで様子見でしょう。

ネットショップや店舗で仮想通貨は決済できるだけでなく、オランダの「スポーツベットアイオー」のようにビットコインを使ったカジノサイトも展開されています。

このように現在もビットコインの用途は拡大中で利便性を増している最中です。

 

ビットコインの将来性が高いから

ビットコインは従来の国際送金よりもスピードが速く約10分で完了するとされます。仮想通貨による国際送金が世界中の金融機関で常識になれば、1日の送金回数も増えて経済発展に貢献するでしょう。

ビットコインの将来性を決めるポイントに、データ処理能力を意味するスケーラビリティ改善のカギとされるライトニングネットワークが挙げられます。

Decryptoの9月26日記事によると、ライトニングネットワークのノード数が1万を超えました。ネットワークの利用者数が増え続けていることを意味します。

ライトニングネットワークがビットコインに実装される期待感はますます高まっていることがうかがえ、このこともビットコインの高い将来性に一役買っている印象です。

 

まとめ

モルガンクリーク・ キャピタル・マネジメントのCEO、マーク・ユスコ氏は、ビットコインに関して暴落中でも買いという見方を示しました。

暴落後に安く買い高く売る戦略を実践すれば、ユスコ氏の言葉通りにビットコインで利益を狙える可能性はあります。

現在ビットコインは使用可能範囲を世界的にどんどん広めており、ライトニングネットワークなどの関係性から将来性も高いとされます。

目先の価格暴落や急騰に一喜一憂せず、ビットコインを持ち続けたまま今後の動向を見守ることも考えられます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【仮想通貨】ビットコインが一時8000ドル割れ、6月以来-5日続落で

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/27(金) 13:28:21.08 ID:CAP_USER
ビットコインは26日、5営業日続落し、一時6月以来の8000ドル割れとなった。仮想通貨を巡る懸念が山積している。

ブルームバーグの集計によると、ビットコインは一時9%安の7736ドルを付けた。イーサやXRPなど他の仮想通貨も売られる中で、ブルームバーグ・ギャラクシー・クリプト指数は一時8%余り下落し、5月以来の低水準となった。

ミラー・バリュー・パートナーズのポートフォリオマネジャー、ジョン・スパランザニ氏は「相場を押し上げる好材料はない」と指摘。夏季に1万4000ドル付近を回復できなかったと述べ、「市場は疲れ、売買高が枯渇した」と付け加えた。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-26/PYGI806KLVR401pakutaso001

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1569558501/

続きを読む No tags for this post.

【騒然】ビットコイン、追い討ちをかけるようにさらなる暴落…

No tags for this post.

ビットコイン:2019年9月27日(金)大暴落の原因なんて分からんぜよ!$8000の底値更新!

No tags for this post.

ビットコイン暴落の黒幕は「米株」だった!?アナリストが相関性を指摘!

25日の暴落要因は様々指摘されていますが、eToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏は米核との相関性を指摘しています。

同氏によると、米株下落とビットコインの下落は同時刻に起きたとのことです。

要点

・ビットコイン暴落要因は
25日以降、メディアや専門家の間で暴落要因が話題に。今後の動向を追う上でのヒントになりますが、今のところ明確なものはないようです。

 ビットコイン暴落の黒幕は「米株」だった!?

https://twitter.com/MatiGreenspan/status/1176774639458160640

米国の株式市場での急落(オレンジ色の線)は、ビットコインのブレイクアウト(青色)を進めました。私はそれが無相関の資産であることを知っていますが、これは本当に奇妙な偶然です。

eToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏は25日、上記のようにツイート。

25日に起きたビットコイン暴落にさきがけ、S&Pが下落しており、相関性があったことを指摘しました。

25日はトランプ大統領の発言により、ダウや米ドルも下落。

ビットコインは今年プラスのパフォーマンを記録している資産でもあるので、米株が下落した損失を補うために、投資家がポートフォリオにあるビットコインを売却したという説はおおいにあるでしょう。

基本的にビットコインと米株は相関性がないと指摘されていますが、2018年2月にも米株の暴落とともにビットコインが下落したことがありました。

 

暴落要因はいまだわからず

暴落要因は今後の値動きを追う上でのヒントになるので、把握しておきたいですが、暴落から2日経った現在も不明。

ビットコインはなぜ暴落した?キーワードは「ハッシュレート」?

これまでハッシュレートやBakktの失望売りが指摘されていますが、どれも明確な要因には至っていないでしょう。

また、ハッシュレートに関しては、その後急回復し、27日に過去最高値を記録しています。

このことを踏まえると、相関性があるのであれば、ビットコイン価格も回復しなければいけないので「ハッシュレート説」は今のところ否定となりそうです。

いずれにせよ、直近で米株が下落することがあれば、ビットコイン価格にどのように影響するかは注目したいところです。

 

まとめ

25日に暴落したビットコインですが、2日経った現在も明確な要因は明らかになっておらず。

eToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏は、下落要因に米核を指摘しています。

ただ、こちらも観測であって、正確かどうかはわからず。

いずれにせよ、仮想通貨市場と金融市場の関係は今後も重要になるので、米株動向も併せてどこで下げ止まるか注目したいところです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

新仮想通貨取引サービス「BITMAX」、iOSからも利用開始へ

SNSの大手LINE株式会社の子会社であるLVC株式会社は、9月26日に仮想通貨取引サービス「BITMAX」のiOS版を配信開始しました。SNSツールでおなじみのグループが仮想通貨業界に乗り出したことで、多くの新規参入者が見込まれます。

BITMAXサービス開始の詳細と、仮想通貨業界に対し期待される効果を解説します。

要点

・新仮想通貨取引サービス「BITMAX」開始
LINEの子会社が仮想通貨取引サービスの提供を開始。「BITMAX」と銘打たれた取引サービスの内容や期待される効果を解説します。

 

BITMAXの詳細

BITMAXはLVC株式会社が9月26日に提供開始した仮想通貨取引サービスです。LVC株式会社はコミュニケーションツールの大手であるLINE株式会社の子会社で、仮想通貨およびブロックチェーンビジネスを担っています。

BITMAXはスマートフォン専用の取引サービスという近年では珍しい形態です。Android版では9月17日にサービス開始しており、9月26日にiOS版が配信開始されたことから、あらゆるスマートフォンユーザーがアクセスできるようになりました。

LINEアプリにアクセスすると、メニューより「LINEウォレット」を選ぶことで、BITMAXにアクセスできます。

取扱仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインの5種類で、投資リスク軽減の戦略のひとつとされる分散投資も実践できます。

LINEグループでは、2018年7月16日に別サービスである「BITBOX」と呼ばれる仮想通貨取引所も配信開始しています。

日本語非対応ではあるものの、30種類の仮想通貨を交換できる取引所として運営されています。

LVC株式会社が金融庁より正式な仮想通貨交換業者と認定されていることから、BITMAXは信頼しやすい公式取引所としてスタートを切っています。

 

BITMAX開始が仮想通貨業界にもたらすメリット

BITMAXの運営開始で仮想通貨業界に2つのポジティブな効果がもたらされるでしょう。LINEユーザーの仮想通貨に対する認知度アップと、スマートフォン専用取引所としての利便性からくる仮想通貨市場の活性化です。

 

LINEユーザーが仮想通貨を利用しやすくなる

BITMAX開始により、LINEユーザーから仮想通貨参入者が増えることが期待されます

BITMAXはLINEアプリ内に作られた仮想通貨取引サービスです。同アプリにアクセスし、「LINEウォレット」のボタンを押せば、BITMAXに行けます。

LINEユーザーが友人などと会話するついでに、BITMAXで仮想通貨の取引ができます。

ほかにもLINEには既出のサービスが多くあります。カメラアプリの「LINE camera」、アバターサービスの「LINE PLAY」、ニュース配信の「LINE NEWS」、モバイル決済の「LINE Pay」など、20を超えるサービスが展開されています。

ここにBITMAXが加われば、ほかのサービスを楽しんだついでに仮想通貨を売買できます

LINEは国内だけでも月間8100万人以上が利用する大規模サービスです。仮想通貨サービスが加わることで、LINEを通して仮想通貨の理解度が高まっていくでしょう。

 

BITMAX登場で仮想通貨業界が活性化する

BITMAXのスマートフォン専用ならではの利便性で、仮想通貨業界の活性化が期待されます。

今回の新しい取引所ができたことで、ユーザーはスマートフォンさえあれば場所を選ばずBITMAXにアクセスできます。

パソコンは大きさや配線などの都合で、外に持っていけないことも多いでしょう。しかしスマートフォンなら仕事や旅行先でも手軽に仮想通貨を取引できます。

LINEでは「LINE Pay」をはじめ、お金を扱うサービスも含まれています。仮想通貨を売って得たお金を「LINE Pay」に活用するなど、BITMAXはほかのLINEサービスとのリンクも期待されます。

何よりもLINEというひとつの場所のなかで、ほかのサービスとともに仮想通貨を楽しめるのが大きいでしょう。

LINEユーザーが気軽に仮想通貨を利用できれば、仮想通貨取引に対する抵抗も小さくなり、業界活性化のきっかけになると考えられます。

 

まとめ

9月26日にiOS版がスタートしたことにより、スマートフォン専用の仮想通貨取引所であるBITMAXの活動が本格化しました。

スマートフォン専用ならではの利便性で、LINEユーザーを中心に多くの新しい仮想通貨投資者の参入が期待されます。

現在LINEを利用している人も、今回のニュースを機に仮想通貨に興味を持ってはいかがでしょうか。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【9/27】ビットコイン83万円まで下落!80万円の重要サポートを守れるか?

暴落から値動きが落ち着いていたビットコインですが、26日の夜になって価格が下落。

本稿執筆時点までで83万円まで下落しており、予断を許さない状況が続いています。

要点

・80万円の重要サポート
80万円は5月いっぱいサポートとして機能していた価格帯。そのため、いったんそこで下げ止まる可能性はあるでしょう。ただし、反対をいうと80万円まで価格は下落する可能性があります。

 ビットコイン83万円まで下落

暴落から今日で2日目となりますが、昨日は日中落ち着いた動きをみせ、短期的なサポートに支えられていました。

【9/26】ビットコイン何円まで下がる?短期で88万円を死守できるか

しかし、22時頃から価格が下落し始め、安値を更新しました。

ビットコイン円 26日16時~

本稿執筆時点までにおよそ83万円まで下落。

安値をつけたあとは反発という流れになっています。

昨日もお伝えした通り、88万円は第一サポートとして機能していましたが、今回そこを下抜けたことにより、下値リスクはさらに拡大したといえるでしょう。

ただ、ここから価格が急回復して日足でヒゲをつけるようであればまだ望みはあるので、上昇した際は88万円にのせられるかに注目です。

 

今後の展開は

そして、88万円を下抜けたことにより、いよいよ80万円という重要なサポートも意識されそうです。

ビットコイン円 日足 5月~

上記のチャートは5月からの日足チャート。

5月から6月は横横の調整相場が続いた時期でしたが、その際に80万円は重要なサポートとして機能していました。

そのため、今後価格が下落した場合は80万円でさげどまるか注目。

これは日足レベルでの重要なサポートなので、簡単にした抜けすることは考えずらいですが、反対にいうと80万円まで下落してもおかしくはないチャート形状をしています。

また、5月は74万円という安値もつけており、最悪、今後は5月の最安値を見にいく展開も十分に考えられます。

 

まとめ

暴落したビットコインは昨日落ち着きをみせていたものの、夜の時間に入り価格が急落。

27日朝の時点で、安値は83万円となっており、引き続き価格動向から目が離せない状況が続いています。

それにより、直近では5月の安値80万円まで下落しても良い状態が続いているので引き続き注目。

下落要因に関しても専門家から多くの指摘が出ているので、今後の動向をさぐる上で注目したいですね。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインはなぜ暴落した?キーワードは「ハッシュレート」?

本日暴落したビットコインですが、その前日、ビットコインのハッシュレートが40%という驚異的な暴落を果たしており、メディアで話題になっています。

メディアで指摘されている暴落とハッシュレートの関係についてまとめました。

要点

・ハッシュレートとは
ハッシュレートはビットコインのマイニング(計算)する難易度のこと。数値が多いほど難易度が高い。マイナーの参加規模とも相関性がある。

 暴落前夜にビットコインのハッシュレート暴落

本日、大幅に暴落したビットコイン。

1時間でおよそ15万円という今年一番の暴落となりました。

【速報】ビットコイン大暴落で86万円へ!何が起きたのか?

そして、その背景にあるのが「ハッシュレートの暴落」と指摘されています。

ビットコインハッシュレート 直近1カ月

ハッシュレートはビットコインのマイニング難易度を示すもの。

マイニング難易度はマイナーが多ければ多いほど上昇する仕組みなので、一時的にマイナーが撤退したと読み取ることができます。

ただ、ハッシュレート急落から1日経った今では、急落前の水準に回復しています。

なお、ハッシュレート急落の背景は、中国で規制が実施された、Bakktの失望でマイナーが売りに出したという指摘が一部でされています。

https://twitter.com/c4chaos/status/1176531338507108352

私の野生の推測:不機嫌な鉱夫とマイニングプールオペレーター@Bakktポンプしませんでした#Bitcoin $ 40Kまで🍿😎🍺

ただし、これらはあくまで「観測」であって実際の要因は不明。

本日になりハッシュレートが急回復していることから、中国の規制実施の説も考えずらいでしょう。

そもそも、ビットコイン暴落にハッシュレートが関係していたのかも不明です。

いずれにせよ、しばらくの間はハッシュレートと価格の関係を見守るしかなさそうです。

 

テクニカルやBakktも要因に

ハッシュレート以外では、既報の通りテクニカルとBakkt。

特に、直近のビットコインは「下降型の三角保ちあい」が形成されていたこともあり、急落の警戒感は一部で出ていました。

2018年の悪夢再び!?今投資家で話題のビットコイン「三角保ちあい」を考察!

三角保ちあいのサポートは多くの投資家がストップロスを置く価格帯でもあるので、そこを割り込み暴落したのは間違いないでしょう。

その他にはBakktの「失望売り」の指摘も。

ただ、こちらも多くの専門家は長期的にポジティブな見解を示しているので、今回の明確な暴落につながったかは定かではありません。

今回の暴落要因を総括すると、結局のところ「わからない」といったのが本音でしょう。

また、これら全ての要因が複合的に絡み合い招いたとも言えます。

いずれにせよ、要因に関しては今後の価格動向を追う際のヒントになるので、引き続き関連する報道に注目です。

 

まとめ

ビットコインは25日、1時間で値幅にして15万円という今年最大の暴落を記録。

その前日にハッシュレートが40%急落しており、一部専門家から急落要因として指摘されています。

明確な要因は明らかになっていませんが、暴落要因は今後の価格動向のヒントにもなるので、引き続き関連する報道に注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインだけでなくアルトコインも軒並み暴落していた!仮想通貨景気悪化か?

9月24日にビットコインが暴落し、100万円割れを記録してしまい、多くの仮想通貨ユーザーを動揺させています。

ビットコインだけでなく、アルトコインのなかで人気のイーサリアムとリップルも同じタイミングで暴落しています。

仮想通貨市場に何が起きているのでしょうか。

要点

・ビットコインにつられ、イーサリアムとリップルも暴落
ビットコインが9月24日に暴落した結果100万円割れを記録するなか、イーサリアムとリップルの景気悪化もわかっています。仮想通貨が軒並み不調に入った原因を考察します。

 

ビットコイン、イーサリアム、リップルの各チャート
9月24日の仮想通貨市場に何が起きたのか、ビットコイン、イーサリアム、リップルの各チャートから分析します。

 

ビットコイン

こちらがビットコインの最近の日足チャートです。

暴落前は主に100~130万円の間を推移していましたが、9月24日に暴落し、100万円を下回ってしまいました。翌日も復調は見られず、終値が90万3671円と90万円割れさえ近い様相です。

ビットコインといえば9月23日にBakktによるビットコイン先物取引開始が話題になっており、需要増加が見込まれるところでしたが、効果は見られずむしろ予想を大きく裏切る結果に至りました。

 

イーサリアム

こちらはイーサリアムにおける最近の日足チャートです。

ビットコインと同じ形で9月24日に暴落を迎えています。12日の始値1万9211円から上昇トレンドに入り、19日の終値は2万3831円まで記録したにも関わらず、24日終値は1万7947円と上昇トレンド前まで暴落する結果になりました。

翌日はわずかながら1万8257円まで回復しているのがせめてもの救いでしょうか。

 

リップル

最近のリップルの日足チャートです。

24日の下落幅は、28.807円から25.192円です。17日の28.220円から18日の33.814円と急上昇があり、その反動で下落が続いてはいましたが、今回の暴落により高騰前より低いところまで価格が引き戻されています。

こちらも25日は26.346円で締めており、回復の兆しは見られます。

 

その他の仮想通貨は?

ほかの仮想通貨でも9月24日はビットコインキャッシュが3万1433円→2万5980円、ライトコインが7154.6円→5910.7円と大幅に下落しています。

その他の仮想通貨もほとんどが軒並み大きな下落幅を記録する結果になりました。

 

アルトコインはビットコイン市場につられやすい?

以上のことから、アルトコインはビットコインの景気に影響されやすいことが考えられます。

今回のビットコイン暴落の前日にスタートしたBakkt先物取引はビットコインのみを対象にしたもので、アルトコインとはあまり関係がないように思われます。

しかし、2017年末にビットコインが200万超えを記録しながら、翌年1月から急落を始めたときも、イーサリアムやリップルなど、多くの仮想通貨が価格規模は違えど似た時期に似た値動きを見せています。

この事実からも、Bakkt先物取引開始翌日のビットコイン暴落にアルトコインの多くがつられてしまうのはむしろ普通と見るのが賢明でしょう。

また、取引所によってはアルトコインを日本円で買えず、ビットコインで支払わなければならないところもあります。

ビットコインの価格が暴落したことで、ビットコイン建てによるアルトコイン取引にも多くのユーザーが消極的になってしまうようです。

その結果、アルトコインも暴落してしまうという考え方もできます。

 

まとめ

9月24日にビットコインが暴落したことが話題になっていますが、アルトコインの多くも同じ日に軒並み暴落する結果が出ています。

以上のことからアルトコインの多くはビットコインの景気につられやすい性質があるようです。

ビットコインにはない独自の機能がアルトコインのアイデンティティですが、知名度がまだまだ足りない以上、仮想通貨市場全体を支配するビットコインの流れに逆らえない状況が続いています。

これからアルトコインの取引を考えている人も、ビットコイン市場を定期的にチェックすることが大切でしょう。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【評判の悪い意見】仮想通貨ビットコイン急落はS&P500がきっかけだった?

仮想通貨ビットコイン決済アプリ「フォールド」、アマゾンやスターバックスで最大20%還元

No tags for this post.

フランス30ブランドの2万5000店舗がビットコイン決済への対応を決定 ~2020年3月までに実現

No tags for this post.

【速報】ビットコイン大暴落で86万円へ!何が起きたのか?

ビットコインが25日午前3時ごろから暴落しています。

また、アルトコインも同じく仮想通貨市場全体が大幅な下落となっています。

※価格は執筆時点のものです。価格変動で違う場合があるので、ご了承ください。

要点

・ビットコイン暴落
原因は定かではありませんが、25日に入りビットコインが暴落。今後どうなるか注目となりそうです。

ビットコイン暴落で90万円台へ

25日未明から、ビットコインは突如暴落。

ビットコイン円 5分足 25日

これまでの安値は5時頃につけた86万円。

本稿執筆時点ではやや値を戻しており、93万円で推移しています。

 

原因は不明・今後の展開は

既報の通り、これまでビットコインは重要なサポートに支えられていましたが、今回の暴落でそれが決壊。

【9/24】Bakkt開始もビットコイン下落!下落トレンドは始まってしまうのか?

100万円というのはかなりのサポートだったので、そこを割り込んだことによりストップロスを巻き込んだのは間違いないでしょう。

なお、コインテレグフ・ジャパンは大口の売りと指摘していますが、例えば「ビットコインETFが延期された」といった明確な材料は今のところ確認できません。

直近でかなりチャート形状が悪化していたことを考えると、大口の仕掛け売りが入ったとも考察できそうです。

これらを踏まえれば、今回の暴落は材料先行というよりも、テクニカル面での心理的節目決壊が主な要因となりそう。

また、今後の展開ですが、上記でお伝えした通り、中長期的なサポートが決壊したことにより、しばらくの間は下落基調が続くかもしれません。

それに加え、現在はかなりボラティリティー(変動率)が高まっているため、しばらくの間は価格が乱高下する展開が予想されます。

まずは値動きがおさまってから次の値動きを考察するのもひとつの作戦でしょう。

 

まとめ

ビットコインは25日ごろから価格が暴落。

今のところ安値は86万円近辺となっており、一夜にして15万円ていど価格が下落したことになりました。

なお、下落要因に機関投資家の売りが挙げられていますが、その他の明確な材料は不明、心理的節目を割り込んだことが大きな要因になったでしょう。

今後については下落基調が続く可能性が濃厚となりましたが、まずボラティリティーがおさまるのを待って各レジサポを見極めたいものです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

キム・ドットコム、「ビットコイン基盤」のトークンを仮想通貨取引所ビットフィネックスで販売へ

No tags for this post.

マネックスがコインチェックの口座を持つ株主にビットコイン500円分配布を計画!

ビットコイン

9月24日、株式投資の大手であるマネックスグループが、仮想通貨取引所であるコインチェックの口座保有をはじめ一定条件を満たした株主に対し、ビットコイン500円分を配布する優待サービスを発表しました。

2020年4月上旬から実施するとのことです。マネックスグループとコインチェックの関係性を交えながら、株主優待の内容を解説します。

要点

・マネックスがビットコイン500円分配布の株主優待を計画
マネックスグループが日本円で500円相当のビットコインを配布する株主優待を発表。条件には傘下グループであるコインチェックの口座保有などが設けられる予定です。

 

マネックスグループのビットコインによる株主優待とは?

株式投資の大手であるマネックスグループは株主優待のサービス内容にビットコインを利用する決定を下しました。

仮想通貨と株式投資は同じ資産運用によく使われる分野です。マネックスグループも2つのジャンルのリンク性に注目し、株主優待に仮想通貨を関連づけることで、資産形成の多様化を狙っているようです。

マネックスグループから株主優待として配布されるビットコインは日本円にして500円分で、2020年4月からサービス開始予定とのことです。

ビットコインの価格は24時間365日秒ごとに変動するため、最終的な数量は神のみぞ知る状態ですが、いずれにしても配布されたビットコインは、値上がり後に売って利益にできます。

それ以外にも、店舗やネットショップでのちょっとした代金の決済に使ったり、ビットコインでほかの安い仮想通貨の購入も可能です。

今回の株主優待を受けられる条件は、9月30日時点で株主名簿に記載され、翌年3月末までにコインチェックに口座を開いていることです。

株主優待の申し込みはコインチェックで開かれる予定の特設ページからできるとされています。

マネックスグループではこれまで、100株以上の同グループの株式をマネックス証券に預けている株主に「マネックスポイント」を与える株主優待も知られていました。

今回ビットコインを使った株主優待を追加することで、株式投資者と仮想通貨投資者の交流も期待できるでしょう。

 

マネックスグループはコインチェックにとって恩人的存在である

マネックスグループの株主優待にコインチェックが関係するのは、同グループがコインチェックを救済した恩人的存在だからです。コインチェックは現在、マネックスグループの傘下として活動しています。

コインチェックは2012年8月に東京都渋谷区を拠点に設立された仮想通貨取引所です。初心者でも使いやすいレイアウトが人気でした。

加えてビットコイン、イーサリアム、リップルのようなメジャー系だけでなく、ネム、ファクトム、ジーキャッシュなど国内ではレアな仮想通貨まで取引できることで利用した人もいるでしょう。

しかし2018年1月にコインチェックはハッキングを受け、ネムが約580億円相当も流出する被害を受けました。ユーザーの信頼を一気に失ったコインチェックは一時営業停止に追い込まれます。

2018年4月にマネックスグループがコインチェックを買収する形で救済に乗り出しました。

マネックスグループとの提携でセキュリティ体制などを見直したコインチェックは、同年10月30日より段階的にサービスを再開していき、2019年1月11日に一度取り消された金融庁からの仮想通貨交換業者認定を再び受けました。

以上の背景からマネックスグループは株主優待サービスにコインチェックを結びつけ、株式と仮想通貨のリンクを強めようとしているようです。

 

まとめ

マネックスグループはコインチェックへの口座開設などを条件に、日本円で500円相当のビットコインを配布する株主優待サービスを2020年4月から開始予定です。

コインチェックが株主優待に協力する背景には、マネックスグループがコインチェックのハッキング被害による経営危機からの救済が関係しています。

コインチェックはマネックスグループの提携効果からか、ネム流出事件前よりもセキュリティ体制が強化され、現在では従来どおり初心者でも使いやすい取引所として人気を取り戻しています。

マネックスグループおよびコインチェックの今後の活躍が期待されます。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.