00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

仮想通貨取引所とは?販売所との違いなど徹底解説!!

仮想通貨取引所ってなに?販売所と違うの? 仮想通貨取引所のほうがお得に購入できるってホント? 仮想通貨を購入してみたいけど仮想通貨取引所と販売所があってわかりにくいと思っている人はいませんか? 今回は仮想通貨取引所は何な ... No tags for this post.

新時代到来!ディーカレットがSuica(スイカ)の仮想通貨チャージを検討!

ディーカレットは27日、都内で行われた事業説明会で、今後の展望について発表しました。

同社は将来的に仮想通貨でSuicaでチャージすることも検討していると発表、テレビ朝日も報じています。

要点

・いよいよ新時代が幕を開けるか?
今年6月から国際的金融組織FATFが世界基準の仮想通貨規制を実施することにより、今後仮想通貨の実用化と普及が高まると指摘されています。

 ディーカレットがSuicaの仮想通貨チャージを検討か

ディーカレットは本日、都内で事業説明会を実施。

その内容をテレビ朝日が報じており、代表取締役社長の時田一広氏は、今後仮想通貨でSuicaのチャージをすることも検討していると衝撃の発言をしました。

ただし、あくまでこれは展望のことで、具体的な計画はないとのこと。

すぐにサービスが始まるわけではなさそうです。

しかし、こうした報道がでること自体、仮想通貨が発展している証拠でもあるので今後実際にチャージができるようになることを期待したいですね。

 

今後注目となる「ディーカレット」とは

「ディーカレット」は今週に急浮上した企業ですが、2018年に設立、簡単にいうと仮想通貨決済といった事業をおこなうフィンテック企業です。

ただ、株主は国内大手商社、保険会社、銀行など誰もが知っている企業が名を連ねており、今後決済事業においてメインプレイヤーになることは間違いないでしょう。

また、公式サイトには今後仮想通貨取引サービスも開始予定とのことで、すでに事前登録なども始まっているようです。

最終的には「様々な価値・デジタル通貨をシンプルに交換できる価値交換サービス」を目標に掲げており、リップル社が掲げる「価値のインターネット」と似ている部分もあります。

なお、昨日には楽天ウォレットと併せて金融庁からも認可されました。

国内動向加速!金融庁が楽天などを認可!ヤフーとマネーパートナーズも参戦へ!

今後仮想通貨メディアで頻繁に取り上げることは間違いなので、名前だけでも覚えておくと良いかもしれませんね。

 

まとめ

ディーカレットは27日、都内で事業を説明会を発表、その内容はテレビ朝日でも報じられました。

その内容によると、現在はスイカに仮想通貨でチャージできるサービスも検討しているとのこと。

まだ具体的な計画ではないとも発表していますが、今後の動向には注目です。

また、ディーカレットは政府がキャッシュレス決済を推し進めるうえでもキープレイヤーになる可能性が高いので、事業全体の動向にも注目でしょう。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ライトコインってなに?特徴や将来性を徹底検証【2019年最新版】

ビットコインとライトコインの違いとは? ライトコインの特徴とは? ライトコインに将来性はあるの? といったことを考えていらっしゃる方も多いと思います。 今回の記事では、ライトコインの基本情報から将来性、おすすめの取引所ま ... No tags for this post.

ビットコインで大損した・・・

419: 2019/03/23(土) 20:11:52.91 ID:dVV+JZZV
くそくそ、ロング狩られたわ。しかも大底でこの前のと合わせて-15万だわ、死にたい

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1553272321/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨取引所を開設するならここ!タイプ別おすすめ取引所

仮想通貨取引所って結局どこを選べばいいの? 初心者なのできちんと口座開設ができるか心配… なんてお考えではありませんか? 2019年3月現在、仮想通貨交換業者として登録されている取引所は17社で、それぞれに特徴や魅力があ ... No tags for this post.

ビットコインは年末までに100万円回復!ビットメックスCEOが予想!

ビットメックスCEO、アーサー・ヘイズ氏は22日、同取引所のプレスリリースでビットコインの価格予想を行いました。

同氏は年末までに価格が回復すると見込んでいるようです。

要点

・米国金利政策
ヘイズ氏は価格上昇の要因として、米国の金利政策を挙げています。昨年から優れた予想をしている同氏の見解は注目でしょう。

 米国の金利政策によりビットコインは年末までに価格回復

ビットメックスブログ:1万ドルへの道

ビットメックスCEO、ヘイズ氏は22日にブログを更新。

そこで同氏は、ビットコインが年末までに100万円を回復すると予想しました。

その主な要因と指摘しているのが、米国の金利政策です。

同氏は、FRBが今年利上げを取り止めたことにより、それによって余った資金(フリーマネー)が仮想通貨市場に流入すると指摘しています。

これは簡単に説明すると、米国が利上げを中止することによりこれまで米ドルに流入していた資金が別の資産に流れるということです。

ヘイズ氏は仮想通貨市場以外に仮想通貨関連のIPO市場(新規株式公開)に流れ込むとも指摘しています。

ヘイズ氏以外にはファンドストラッド社のトム・リー氏なども、今年ドル安が起きることによりビットコインに資金流入が起こると指摘しています。

 

ヘイズ氏の優れた予想

アーサー・ヘイズ氏はもともとヘッジファンドのトレーダー出身ということもあり、直近では優れた予想をしています。

まず昨年11月には、ボラティリティーの低迷から市場の低迷は長引くと指摘。

強気派だった専門家たちが弱気派に転身!背景に取引高低下と規制の遅れか!?

その数週間後にビットコインキャッシュのハードフォーク問題により市場は暴落しました。

また、昨年12月にはイーサリアムが価格回復すると予想。

2019年にイーサリアム復活!?ビットメックスCEO「ETHは200ドルへ」!

実際に、イーサリアムはヘイズ氏が予想をしてから一か月後の年明け1月に、主要銘柄の中で最も上昇した通貨でした。

もちろん、ヘイズ氏の予想が必ず当たるわけではありませんが、直近ではこのように優れた予想を連発しているので、米国の金利政策とIPO株の価格もチェックしておいた方が良いかもしれませんね。

 

まとめ

ビットメックスCEOのアーサー・ヘイズ氏は22日、同社のブログでビットコインの価格予想を発表。

そこで同氏は、ビットコインの価格が年末までに100万円を回復すると予想しました。

そして、その主な要因としては、FRBの金利政策を指摘。

直近では優れた予想を連発しているヘイズ氏なので、予想通り価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「ビットコインは年末にかけて1万ドル回復」仮想通貨取引所ビットメックスCEOが予想

1: 2019/03/23(土) 19:17:15.59 ID:CAP_USER
仮想通貨取引所ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOは22日、年末にかけてビットコイン(BTC)は1万ドルを回復するだろうと予想した。

「フリーマネー」
ヘイズ氏は、基本的に2019年は、上昇も下落もストレートに起きるわけではなく、「退屈なものになる」としつつも、年末にかけて青信号が灯り始めると指摘。「全能な中央銀行が一旦マネーの印刷を止めたが、経済の詭弁家たちは「フリーマネー」という誘惑の声に抵抗できなかった」と続けた。

米国のFRB(連邦準備制度理事会)が今年の利上げを見送り、資産の縮小を9月に終了させる予定を明かすなど、これまでの金融引き締め路線を変えたことが、ビットコイン価格にポジティブとみているようだ。「イージー・マネー」は今年まず、リフトやウーバーなどIPO(新規株式公開)市場に流れみ「パーティーの時間が戻る」。そして、その次に仮想通貨が「その愛を感じるだろう」と述べた。

ヘイズ氏は、2017年の仮想通貨相場の「愚かな熱狂の頂点」は、FRBが金融引き締めに乗り出す前だったと見ている。

ちなみにヘイズ氏は、安いドルが成功へのカギとなるのはテック系のVCと指摘。「さもなければ、どうやって粗利益率がマイナスのビジネスに対して、「スケール」し利益を出すまで出資し続けようと説得できるというのだ?」(ヘイズ氏)。

ヘイズ氏は、現在「フリー・マネーのバカ騒ぎ」を行なっている一例として、テスラ株とソフトバンクのビジョン・ファンドをあげている。

新時代の宗教?
またヘイズ氏は、最近波に乗る仮想通貨トロンにも皮肉を述べた。トロンのジャスティン・サンCEOの「新時代の宗教」トロン(TRON)が「皇帝CZ(バイナンスのCEO)」と一緒になって我々に教えてくれるのは、まだ笑顔でクソコイン(shitcoins)を食べたがる人がいるということだ、と発言。

バイナンスは1月末、トロン基盤のビットトレント(BTT)をローンチパッドで販売。約710万ドル(約7億7000万円)分が15分ほどで売却完了しと発表した。

1万ドル回復へ
「フリーマネー」と「集団的な記憶喪失」が強い薬になると見るヘイズ氏。仮想通貨市場は、バブル崩壊に懲りず、フリーマネーを再び享受し、「新時代の宗教」を受け入れる度量をみせている。「だからこそ、再び仮想通貨が上昇する」と考えるのは、なんとも皮肉だ。ヘイズ氏は、次のように今年のビットコイン予想を展開した。

「2019年の下落は厳しいものになるだろうが、1万ドルまでなんとか這い上がるだろう。そこがかなり重要な心理的な障壁だ(中略)2万ドルは究極の回復水準となる。しかし、かつては1000ドルから1万ドルまで11カ月かかったが、1万ドルから2万ドル、そして2万ドルから1万ドルに戻るまでに1カ月もかからなかった」

ヘイズ氏が今年回復を予想する仮想通貨はビットコインだけではない。

昨年末、コインテレグラフ日本版のインタビューに答えたヘイズ氏は、「来年はイーサリアムの反発を狙え」と発言。ICO(イニシャル・コイン・オファリング)市場復活で仮想通貨ETHはすぐに200ドルに回復すると予想した。
https://jp.cointelegraph.com/news/bitmex-ceo-arthur-hayes-says-bitcoin-will-test-10-000-in-2019


no title

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1553336235/


続きを読む No tags for this post.

モバイル決済会社Square、暗号通貨技術者を募集し、給与はビットコインで支払う

ツイッターの共同設立者ジャック・ドーシー氏によって設立されたモバイル決済会社Squareは暗号通貨技術者を募集し、給与はビットコインで支払うとしている。

CEO ジャック・ドーシー氏によるツイートでは、フルタイムで3〜4人の暗号通貨エンジニアと1人の設計者を募集している。給与をビットコインで支払うことに関して暗号通貨エコシステムをより活発にすることでコミュニティに貢献するとしている。

ドーシー氏は以前から「ビットコインは重要な意味でドルを追い越し、10年以内にインターネットの単一の世界的通貨になる。」と発言するなど、今後ビットコインやブロックチェーンが世界中に拡大されていくとみており、ビットコインを支持している。

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4


No tags for this post.

仮想通貨取引所のセキュリティ対策や安全性をやさしく解説!

仮想通貨取引所ではどんなセキュリティ対策が行われているの? ハッキング事件が多発しているけど、本当に利用して大丈夫? なんてお考えではありませんか? 近年は仮想通貨取引所のハッキング事件が多発しており、セキュリティ面で不 ... No tags for this post.

ライトコインは上がる可能性が大!高騰要因と魅力を徹底解説

ライトコインの価格は今後上がるの? ライトコインの将来性について詳しく知りたい! とお考えではありませんか? ライトコインは世界で最初に誕生したアルトコインで、もともとビットコインのスケーラビリティ問題を解消するために開 ... No tags for this post.