00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

FXの豪ドル(AUD/JPY)の特徴は?おすすめのFX会社を徹底解説

豪ドルはFXの長期的運用に向いてるって聞くけど、なんで向いているんだ? 豪ドルはスワップポイント(金利)が高いので、高金利通貨として人気があります。 でもスワップポイントはFX会社によって違うでしょ? どのFX会社を使え ... No tags for this post.

ビットコイン大幅高でコインチェックの口座開設が急増 これには出川もニッコリ

1: 2019/05/20(月) 11:18:12.44 ID:GhwXvmzm0 BE:228348493-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
仮想通貨価格の大幅上昇を受け、仮想通貨取引所コインチェックへの口座開設の申請数が急増している。
ロイターの取材に対し、コインチェックの広報担当者が明らかにした。
2020年3月期の黒字化に向け、好調な滑り出しを切った形だ。
https://jp.reuters.com/

eca1711170500002-p1

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1558318692/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨ビットコインの価格が再び急上昇 一時1.5倍に急上昇

1: 2019/05/19(日) 18:23:59.47 ID:ejp0nevq0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
代表的な仮想通貨ビットコインの価格がこの3週間ほどで一時、1.5倍に急上昇するなど、再び変動が大きくなっていて、専門家らが値動きを注視しています。

大手交換会社によりますと、代表的な仮想通貨ビットコインの価格は、今月16日に1ビットコイン当たり一時90万円を超え、
先月下旬の1.5倍ほどに急上昇するなど、価格の変動が再び大きくなっています。

専門家らによりますと、米中貿易摩擦の激化を背景に世界的に株価が不安定になる中、
短期的な利益を求めて投機資金が入り込んでいることなどが影響しているとみられますが、明確な理由が見当たらないという声も聞かれます。

ビットコインの価格はおととし、200万円を超える水準まで上昇したあと急落し、
ことしに入ってからは30万円台から40万円台を中心に推移していました。

専門家は「世界有数の交換会社で今月、多額の仮想通貨の流出が確認されるなど、安全性や信頼性に関わる事件は依然続いており、価格の急上昇には警戒感もある。
荒い値動きが続く可能性があり当面、注視したい」としています。

ビットコインの価格 再び変動大きく 一時1.5倍に急上昇
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190519/k10011921581000.html
no title

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1558257839/


続きを読む No tags for this post.

ビットコインが急落した理由・・・

■ツイッターより

no title

続きを読む No tags for this post.

【5/18】急落は「買い時」!?激動の1週間と専門家の見解まとめ!リップルも

仮想通貨市場は今週、年初来高値を更新するも金曜日に急落。

今週の仮想通貨市場の動きと急落後の専門家の見解をまとめました。

要点

・専門家は楽観的な見解
17日に急落した仮想通貨市場ですが、専門家はむしろ「買い時」と強気の見解を示しています。来週以降、再び価格が上昇していくか注目でしょう。

 ビットコイン・イーサリアム・リップルの値動きまとめ

ビットコインドル 日足 2018年~

まず、ビットコインは週初めから上昇し、16日に8300ドルの高値をつけます。

この8300ドルというのは、2018年7月の高値となっており、いったんの高値をつけた後に現在は調整という展開に。

17日には価格が急落し、6400ドルの安値を記録しています。

リップルドル 1時間足 4月13日~

リップルは14日に一時30%超える価格上昇をし、待望の200日移動平均線を突破。

その後はビットコインと連動する動きとなり、現在は調整の展開となっています。

他の通貨と同じく、200日移動平均線より上で価格が推移できれば、今後の上昇も見込めるので注目でしょう。

サポートは0.35ドルから0.36ドル付近(200日移動平均線が位置する付近)、日本円では38円後半から39円が重要な価格帯となります。

 

専門家は「買い時」と指摘

急落した仮想通貨市場ですが、専門家はむしろ「買い時」と捉えており、楽観的な見解を示しています。

2200ドルの調整は、スイングトレードの買い時には適しているだろう。

40年以上の実績をほこるピーター・ブラント氏は、ビットコイン急落に対し「2200ドルの調整は買い時」と指摘。

スイングトレードとは、デイトレなど短期のトレードではなく、数日から数週間保有する中期のトレード方法です。

プルバックが今逆転し、我々が最近の高値を越え続けるならば、$20, 000 までの抵抗の主要なレベルは実質的にありません。

過去の実績は将来の業績を示すものではありません。これは取引のアドバイスではありません。Cryptoassets は非常に危険です。だから、慎重にトレード。

イートロ社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏は今回の高値となった8300ドルを超えた場合、2万ドル(220万円)まで実質的なレジスタンスはないと指摘。

これら専門家が指摘するように、チャート上では中長期的には強気であるといえるので、下値が支えられた後に再び価格が上昇していくか注目でしょう。

 

まとめ

ビットコインは今週、16日に年初来高値を更新しますが、その後は調整の展開となっています。

好調だったアルトコインもビットコインと連動する動きとなっており、今後どこで下げ止まるか注目でしょう。

しかし、専門家も指摘するように、チャート上では中長期で強気であるといえるので、今後価格が上昇していく可能性はおおいにあります。

下値が支えられた後は、再び価格が上昇する可能性があるので、今後の動向を追う上で頭に入れておきたいポイントです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【5/19】ビットコイン暴落の理由はクジラ売り?複数のメディアで指摘!

堅調な価格推移を続けていた仮想通貨市場ですが、本日に入って調整の色をみせています。

また、ビットコインは本日一時的に30%ほどの暴落をしています。

要点

・仮想通貨市場は調整入り?
堅調な推移を続けていた仮想通貨市場ですが、本日は調整の展開に。短期的には下値を探る展開が続くかもしれません。

 ビットコインが暴落・アルトコインも全面安の展開に

ビットコインは本日、一時30%を超える安値を記録。

ビットコインドル 5分足

一般的に、このような現象は「フラッシュクラッシュ」と呼ばれ、一瞬の価格暴落がロスカットの連鎖を呼び、価格が暴落する現象をいいます。

本稿執筆時点で、安値は6600ドル、そこから再び買いが入っている状態です。

6000ドルというのは中長期で重要なサポートとなってきた価格帯なので、再び価格が下落した際は注目したいところ。

日本円でいうと、74万円がいったんのサポートとなっているので注目です。

 

暴落の理由はビットスタンプが原因?

暴落の要因として複数のメディアで報じられているのが、海外取引所ビットスタンプでの仕掛け売りです。

https://twitter.com/DoveyWan/status/1129238624053211136

Bitstamp 上のこのバカは誰だ?

同取引所では、フラッシュクラッシュが起きる前に、合計で5000BTC(およそ40億円相当)の売りが確認されています。

この量の売りは通常では考えられない注文で、一部ではビットスタンプで注文を置き、別の取引所で空売り(ショート)を仕掛けるといった価格操作の指摘も出ているようです。

ただ、あくまでこれが考察の範囲内で、その他にもアルゴリズムの暴走や、注文ミスなどが指摘されています。

いずれにせよ、このような価格の急落は17年で高騰した際もみられたことなので、ボラティリティー(変動率)が収束するかも今後相場動向を追う上でひとつの注目ポイントとなるでしょう。

しかし、基本的に現在の相場は中長期で「強気」といえるので、値動きが落ち着いた後は再び価格が上昇していくかも注目です。

 

まとめ

ビットコインは17日、前日比で一時30%の価格下落を記録。

その要因として指摘されているのが、海外取引所ビットスタンプでのクジラ(大口)注文で、一部では価格操作の可能性も指摘されています。

ただ、このような価格暴落は、同じように高騰していた17年相場でもみられたことなので、今後ボラティリティー(変動率)が収束していくかもひとつの注目ポイントとしておさえておきたいところ。

中長期的にはまだまだ強気なので、下値がサポートされた後は、再び価格が上昇していくのかに注目したいところです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「アルトコインの季節」がやってきた!?これから価格が1000%上昇する?

16日の仮想通貨市場はビットコインが一旦のピークをつけた中、アルトコインの上昇が目立ちました。

ネムに関しては一時60%を越える上昇を記録しており、年初来高値を更新しています。

要点

・アルトコインへの資金流入続くか
5月に入りビットコインのみの価格上昇が目立っていましたが、今週に入りアルトコインの上昇が目立ちます。この動きが続くか注目でしょう。

 ビットコインは調整へ?アルトコインは堅調な推移続く

昨日は、ビットコインが一時90万円を越え年初来高値を更新しましたが、その後価格は反落しており上昇に一服感が出ています。

ビットコイン円 5分足 16日~

短期的には84万円がサポートになっており、ここから価格が上昇していくか注目でしょう。

もちろん、中長期的には強気のチャートで、下値は堅い展開が続いているので、時間の経過とともに再び高値を更新していくかも注目です。

そして、今週に入り話題になっているのが「アルトコインの価格上昇」です。

昨日はネムが一時60%という驚異の上昇率を記録しており、ネム以外でもイーサリアム、リップルといった通貨の価格は好調です。

ネムドル 5分足 16日~

また、アルトコインへの資金流入を如実に示しているのがビットコインドミナンス(占有率)です。

15日までは60%台で推移していたドミナンスは昨日、急落。

ビットコインドミナンス 今週

これに伴い市場全体の時価総額も年初来高値を更新しています。

市場全体の時価総額 今週

これらを踏まえると、現在の市場全体の状況はかなり良好であるといえるでしょう。

アルトコインへの資金流入がこのまま継続すれば、市場全体のさらなる時価総額増加と価格上昇が期待できるので、引き続きビットコインドミナンスも含めた価格動向に注目です。

 

アルトコイン1000%の上昇が始まる!?

先月当ブログで取り上げた人気がありましたが、ファンドストラッド社トム・リー氏は、今年いずれかの時点でアルトコインが単独で上昇する「アルトコインの季節」が到来すると指摘しています。

アルトコインが1000%上昇する?トム・リー氏がツイッターで解説!

2017年年末の仮想通貨バブル時にも、ビットコインが先行して上昇し、その後アルトコインの価格上昇が起きるという現象がみられましたが、同じ動きが今後起こるのかは注目でしょう。

一般的に、アルトコインはビットコインよりもボラティリティーが高いため、リー氏はこれまで平均して1000%価格が上昇してきたと指摘しています。

 

まとめ

16日のビットコインは一時年初来高値を更新するも、その後調整の展開に。

その中、アルトコインの価格上昇が目立ち、市場全体の上昇は非常に良いものとなっています。

この動きが続けば、市場全体にとってはポジティブで価格上昇も見込めるので、ビットコインドミナンスなどに注目しつつ動向を追いたいものです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.