00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

ビットコインの決済利用、18年にダークネット市場で倍増=調査

1: 2019/01/22(火) 04:02:36.53 ID:pGCrkqDQ9
https://jp.reuters.com/article/crypto-currencies-idJPKCN1PF0ZB

テクノロジー
2019年1月21日 / 12:05 / 8時間前更新
ビットコインの決済利用、18年にダークネット市場で倍増=調査
Reuters Staff

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインの価格は2018年、大幅下落したものの、非合法薬物や偽の身分証明書など違法商品が取引される「ダークネット市場」における決済利用が2倍に増加した。ブロックチェーン調査会社チェイナリシスの調べで分かった。

ダークネット市場におけるビットコインの取扱高は2018年を通じて増加。1日当たり平均200万ドル相当と、同年初めの約2倍となったという。

同社によると、ダークネット市場へのビットコインの流入は同年に6億ドル相当となり、前の年の7億ドル相当から減少した。同社のシニアエコノミスト、キム・グラウアー氏は、闇サイト「アルファベイ」や「ハンザ・マーケット」が17年半ばに閉鎖されたことが背景だと分析。「今年も(取扱高が)減少すると考えるのは、誤解を招く恐れがある」と述べた。

さらに同氏は、ビットコイン価格が大幅変動しても、同市場の利用者は意に介していないとも指摘した。

ビットコインは利用に際して身元を証明する必要がないため、ダークネット市場での決済利用が一般化している。

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548097356/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨FXにはナンピン買いが有効!?【2019年最新版】

仮想通貨FXってなんなの? 仮想通貨FXのナンピン買いってどういう意味なの? この記事に辿り着いた方の中には、仮想通貨FXに興味がある方が多いと思います。 今回の記事では、仮想通貨の取引形態の基本から有効な取引手法である ... No tags for this post.

米国政府機関閉鎖がビットコインETFやBakktに影響!専門家が解説!

現在もなお続いている米国政府機関一部閉鎖ですが、SEC(米証券取引委員会)動向に詳しいシルヴィンスキー弁護士が影響を解説しています。

同氏はBakktのビットコイン先物ローンチに影響が出ると解説しています。

要点

・米国政府機関閉鎖
メキシコの壁設立を巡って現在、与野党が対立。そのため米国の一部機関閉鎖が続いており、米国の行政が停止している状況が続いています。閉鎖が長引けば世界経済に影響が出るなど懸念されています。

 米国政府機関閉鎖はBakktに影響:シルヴィンスキー弁護士

SEC動向に詳しく、米国の証券法にも精通しているシルヴィンスキー弁護士は17日、ツイッター上で米国政府機関がビットコインETFやBakktに及ぼす影響について解説しました。

シャットダウンのため、SEC は昨日、保留中のすべての管理手続をさらに通知するまで凍結する命令を出しました。SEC のほぼすべてが現在保留中です。CFTC でも同じ話だ我々はすでに政府の弁護士とのいくつかの会議をキャンセルしなければならなかった。DC は静かです。

同氏の解説を簡単にまとめると、政府機関の影響を一番強く受けるのはBakktで、ビットコインETFに関しては日程等に変更はないとのことです。

Bakktのビットコイン先物ローンチは、CFTC(米証券取引委員会)が管轄していますが、CFTCの審査等は法律等で定められていないため、政府機関が復旧しない限り無期限に延期される可能性があるとのこと。

一方、ビットコインETFの可否判断は法律で定められているため、可否判断日程自体は変更できないとのことです。

ただ、ETFに関しては専門家の中でも意見が別れており、政府機関閉鎖が2月27日を過ぎた場合、自動承認されるとの意見も散見されます。

シルヴィンスキー弁護士は、これを踏まえ、SECは閉鎖期間中でも少数のスタッフで審査を進めており、いくつかのETFに関してはすでに審査結果を出しているのではないかと指摘しています。

ETFに関しては非常事態のゆえ、不明瞭感が漂っているようです。

 

米国政府機関閉鎖の動向

BakktやビットコインETFは市場の大きな材料とされ、それに大きな影響を及ぼす米国政府機関の動向はチェックしておいた方がよさそうです。

すでに歴代最長の閉鎖期間を更新しており、このまま閉鎖が長引けば、米国の経済だけではなく世界経済にも多大な影響を及ぼすと指摘する専門家もいます。

ただ本日になってつなぎ予算の採決へ一歩前進したようで、閉鎖解除へ向けても大きく前進したと報じられています。

とは言ったものの、閉鎖解除が確定したわけではなく、不明瞭感は継続しているのは確か。

BakktとビットコインETFに関しては、さらに混迷を極めているので、2月以降も大きなテーマとなりそうです。

 

まとめ

シルヴィンスキー弁護士によると、Bakktに関しては閉鎖が解除されるまで無期限に延期される可能性があり、ETFに関しては可否判断日程事態に変更はないとのこと。

それを踏まえた上で、SECはすでにETFの審査結果を下しているのではないかとシルヴィンスキー弁護士は指摘しています。

Bakkt、ビットコインETF、それに関連する米国政府機関閉鎖の動向については不明瞭感が漂っており、事態もどう進展していくかわからないので、しばらくの間は動向をチェックするしかなさそうです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

前澤社長氏に扮した偽アカウントがBTCを要求wwwww

■ツイッターより

am1535_zozosuit0

続きを読む No tags for this post.

弱気相場はしばらく続く?2018年相場を的中させた海外著名投資家ウィリー・ウー氏の予想!

少し前になりますが、ツイッターフォロワー数83,000人を誇る海外著名仮想通貨投資家ウィリー・ウー氏が2019年相場の予想をしています。

同氏はもうしばらくの間、弱気相場が継続するとみているようです。

要点

・弱気相場はしばらく続く?
先日、予想をおこなったGalaxy氏もそうですが、専門家の中には弱気相場がしばらく続くとみるものもいます。

 ウィリー・ウー氏:弱気相場はしばらく継続

その後、そのボリュームは沈静化しました。主な動きの周りの振動の高い側に NVT チャートを残して下方に移動します。ここでの重要なことは、私の解釈では、それはそのバンドの高い側にあるので、アップの動きが限られていることです、弱気相場はもうしばらくの間続くだろう。

ウー氏は「NVT」という独自で開発したインジゲーターをもとに最新の展望を発表。

それによると、足元の弱気相場はしばらくの間継続するとのことです。

この「NVT」とは、「Network Value to Transactions Ratio」の略で、ビットコインのネットワークとしての価値を算出することにより、現在の価格が高いか・低いかを判断することができます。

ビットコインは通貨としての側面もある一方、通貨がノードで接続されマイニングされるため、専門家の中にはこのように「ネットワークとしての価値」があると主張する者もいます。

ウー氏の見解が必ずしも正しいとは限りませんが、昨年見事な予想をした同氏の分析は頭に入れておきたいものです。

 

ターニングポイントは2019年中頃から後半?

ウー氏は2018年、多くの専門家が6000ドルを割り込むことはないと主張していた中、唯一6000ドルを割り込み価格が下落すると唱えていた優れた分析を披露しました。

ビットコインは50万円まで下落する?仮想通貨市場は一体どこまで下落するのか!?

加えてウー氏は、今年の中旬から後半まで弱気相場が継続するとの予想を昨年しています。

直近ではウー氏と同じくSNSで定評のある著名投資家Galaxy氏も2019年半ばまで弱気相場が継続し、その後長期的な強気相場が訪れるとの見解を示しています。

本格的な強気トレンドは6月から7月に!?海外著名アナリストが複数のインジゲーターで分析!

これらの専門家の分析をまとめると、ひとつのターニングポイントとして今年の6月からの半年間は重要な時期になる可能性があるので、頭の片隅にでも入れておきたいところです。

 

まとめ

ウー氏の最新の分析によると、足元の弱気増場はもうしばらくの間続くとのこと。

必ずしもウー氏の分析が正しいとは限りませんが、海外著名投資家Galaxy氏も同じような見解を示しているので、頭の片隅にはおいておきたいところです。

ただ、両氏とも、今年の中旬から後半からは再び長期的な上昇トレンドに突入すると分析しているので、再び相場が上昇していくのに期待したいところです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨「ビットコイン」の買い時はいつ?今買うべき理由とは

ビットコインの買い時がいつなのか知りたい! 暴落し続けるビットコインの今後の動向が気になる! ビットコインがどこまで暴落するのか、いつ高騰するのか、不安を隠せない方もいらっしゃると思います。 結論から言うと、2019年の ... No tags for this post.

【1/21】今週の仮想通貨市場はどうなる?2018年最安値も視野に入る相場動向に注目か!

仮想通貨市場は小動きの展開が続いていましたが、週末に下落しました。

今週の仮想通貨市場の注目価格・ポイントについてまとめました。

要点

・昨年最安値も視野に入るビットコイン
ビットコインは底値から十分反発したと言えず、週末の下落で昨年安値も視野に入ってきました。今週はあまり大きな材料はありませんが、価格動向には注意でしょう。

 ビットコインは週末に大きく下落

ビットコイン円 日足 2018年11月12日~

上記のチャートは暴落をした昨年11月中旬から現在までのビットコイン日足チャートです。

先週は横横の動きでしたが、日曜日に比較的大幅な下落。

それにより、再び昨年12月15日につけた35万5000円の安値も視野に入る展開となっています。

また、上記チャートの赤い点線は、eToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏が指摘する38万円から45万円のレンジです。

ビットコインは12月17日以降、値幅7万円の小さなレンジを上下しているだけとも捉えることができ、その下限に差し迫っているため今週下抜けるのかにも注目でしょう。

ただ、このまま下落するのかと言えば、まだわからない状態で現時点では小さなレンジを上下しているだけとしか言えません。

再び12月17日以来の38万円をサポートに上昇する可能性があるので、相場動向を注視したいところです。

 

米政府機関閉鎖の動向にも注目か

年明け一発目の材料として注目されていたイーサリアムのアップデートは、先週に延期が発表、結果的に2月末に実施されることになりました。

イーサリアムのアップデートが延期!実施は来週へ?

また、今週24日は本来であれば、Bakktのビットコイン先物ローンチが予定されていましたが、米国の政府機関閉鎖でさらに延期されると言われています。

なお、米国政府機関閉鎖は現在も続いており、歴代最長記録を更新。

上記に挙げたBakkt以外に、現在SEC(米証券取引委員会)が審査中であるビットコインETFにも不明瞭感が漂っているので、その動向に注目でしょう。

SEC動向に詳しい米シルヴィンスキー弁護士いわく、ETFに関しては法律で定められているため、閉鎖に関わらず可否判断に変更はないとのこと。

ただしBakktのローンチに関しては、法律は関係ないため、CFTC(米先物取引委員会)が復旧しない限り、無期限の延期もあり得ると見解を示しています。

どのみち、政府機関の閉鎖が長引けば、仮想通貨市場および金融市場にも良い影響はないので、今週以降もチェックしておいた方が良さそうです。

 

まとめ

ビットコインは日曜日に大幅に下落、それにより直近のサポートである38万円で反発できるか注目でしょう。

仮にそこを割り込むと、昨年最安値である35万5000円も視野に入ってくるので、相場動向を注視したいところです。

材料として今週特段大きなものはないですが、米国政府機関の閉鎖はBakktやビットコインETFにも関わってきます。

閉鎖期間が長引けば、仮想通貨市場にも徐々に影響が出る可能性があるので、その動向に今週は注目です。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

国内特大材料浮上!クリプトガレージが政府「サンドボックス制度」のもと実証実験開始!

株式会社クリプトガレージは21日、ビットコイントークンと円建てトークンの同時決済に関する実証実験を開始すると発表しました。

これにより、健全な取引や市場の健全化が実現し、国内における特大材料となりそうです。

今回は、少しややこしい仕組みなので簡単な解説も加えます。

要点

・株式会社クリプトガレージ
クリプトガレージは、デジタルガレージの子会社でブロックチェン金融サービスを手掛ける企業。先日、政府公認で3社目となる「サンドボックス制度」の対象となりました。

クリプトガレージが仮想通貨決済における実証実験を開始!

今回、クリプトガレージが実証実験を行うのは、ブロックチェーン開発企業のブロックストリームが提供するサイドチェーンの決済ネットワーク「Liquid Network」上での取引です。

まず、ビットコインとペッグしたトークン「L-BTC」と、円建てのトークン「JPY-Token」をLiquid Networkで発行、「アトミックスワップ」という技術を用いることにより、この2つのトークンがリアルタイムで同時決済可能になるとのこと。

複雑ですがとても簡単に言うと、ビットコイン取引がより安全に行えるようになり実用化できるようになるということです。

Liquid NetWork・・・ブロックストリーム社が昨年9月に立ち上げたビットコインのサイドチェーン。昨年時点で仮想通貨交換業者23社が参加、国内ではBitbank、BTCBOX、Zaifが参加している。

アトミックスワップ・・・異なる種類の暗号資産を信用の無い二者間で、第三者を介さずに、且つ、カウンターパーティリスク無く交換可能とする技術(クリプトガレージプレスリリースより引用:https://www.garage.co.jp/ja/pr/2019/01/20190121-1.html)

 

ビットコイン実用化が目前に!?実証実験の重要性


(参照:https://www.garage.co.jp/ja/pr/2019/01/20190121-1.html)

クリプトガレージはプレスリリースにて、仮想通貨交換業者等の事業者間の取引市場には下記の問題点があると指摘しています。

・一般大衆向けの仮想通貨市場が拡大する中、交換業者のカバーマーケットが確立しておらず、流動性・価格面等において不安定な状況が発生しやすい。

・共通の決済基盤ならびに共通の取引基盤がないため、仮に仮想通貨交換業者が他の業者から流動性を獲得する場合、①多大なる信用リスクを取引相手に対して取らざるを得ない(法定通貨と暗号資産を同時決済できない)、②参加者間で取引を秘匿しにくい、③当局が業者間大口取引を捕捉しづらい。

・一般投資家を対象とした仮想通貨交換所(仮想通貨交換業)では、取引の迅速性、利用者のITリテラシーの観点から、秘密鍵を交換業者が預かる形式をとる例も多いが、同様の形態をとると、セキュリティ上のリスクが高くなる。

参照元:https://www.garage.co.jp/ja/pr/2019/01/20190121-1.html

今回の実証実験が仮に成功すれば、以上の問題全てが解決し「仮想通貨市場の健全な発展に貢献すると期待されます」とのこと。

また、クリプトガレージは自社で開発するプロダクト「SETTLENET」も活用し、「資金洗浄に代表される不正取引の捕捉等、規制当局が取引内容を必要に応じて検証できる仕組みも提供」するとのことです。

言ってしまえば、現在の仮想通貨市場における問題点(流動性やセキュリティーなど)を全て解決する夢のようなシステムと言っても過言ではないでしょう。

実証期間は19年1月21日から20年1月20日までの1年間とのこと。

もちろん、実験後すぐに実用化ということは考えずらいでしょうが、2020年にオリンピックも控えているため、この1年間大注目となる特大材料になりそうです。

 

クリプトガレージは政府「サンドボックス制度」対象に

日経新聞によると、クリプトガレージは先日、政府公認の「サンドボックス制度」の対象に選ばれました。

この制度は簡単に述べると、新しい技術や事業促進のため、今ある規制を特例で対象外にする制度のこと。

これにより、クリプトガレージは一時的に規制を無視して実証実験が可能、それが上記に挙げたものになります。

また、サンドボックス制度はこれまでパナソニックとデジタルヘルスベンチャーのMICIN社が認定、クリプトガレージは3社目でフィンテック分野では初の事例となり注目を浴びています。

 

まとめ

クリプトガレージが今回、発表した実証実験はビットコインのサイドチェーン「Liquid Network」で、「L-BTC」と「JPY-Token」という2つのトークンをリアルタイムで同時決済する実験です。

簡単にいうと、ビットコインをより安全に取引する実験で、主に仮想通貨交換業者間での取引のための実験のようです。

ただ、クリプトガレージによるとこの実験により「仮想通貨市場の健全な発展に貢献すると期待され」るとのこと。

期間は20年1月までとのことなので、今年1年間大注目の特大材料となりそうです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【超絶悲報】DMMビットコインで強制解約・・・

■ツイッターより

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

続きを読む No tags for this post.

フィスコ仮想通貨取引所の評判とは?Zaifとの違いを徹底解説

zaifから事業譲渡を受けがフィスコってどんな取引所? フィスコとザイフって何が違うの? フィスコ仮想通貨取引所(以下フィスコ)は、2018年10月に仮想通貨取引所「ザイフ(以下Zaif)」を運営していたテックビューロか ... No tags for this post.