00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

2018年の悪夢再び!?今投資家で話題のビットコイン「三角保ちあい」を考察!

直近で、メディアや投資家の中で話題となっているビットコインのチャート形状があります。

今回はそれについて簡単に紹介します。

要点

・三角保ちあい
三角保ちあいは調整相場に出現するポピュラーなチャートフォーメンション。昨年もこの時期に出現しており、年末にはビットコインが暴落しました。

 ビットコインは典型的な「三角保ちあい」を形成

直近でメディアやSNS、投資家の中で共有されているものとして、「三角保ちあい」があります。

三角保ちあいはポピュラーなチャート形状のひとつで、基本的には調整相場でよく出現するチャート形状です。

ビットコイン円 6月~ 日足

上記の画像のように安値は水平線でサポートされ、レジスタンスは加工するトレンドラインにあります。

そこを結ぶと上記のような三角形になるため「三角保ちあい」と呼ばれています。

赤丸で示した箇所は6月からの高値を示していますが、通常、三角保ちあいは上値が切り下がっていることから、弱気相場のシグナルとしても有名です。

また、現在は三角の頂点にまで迫ってきていることから、相場がかなり煮詰まってきていることがわかります。

三角保ちあいは基本的に弱気相場のシグナルですが、もちろん、下降するトレンドラインをブレイクすれば、上昇トレンドの開始も期待できます。

 

18年の悪夢再び?

そして、話題になっているのが、このチャート形状が昨年と非常に酷似していることです。

ビットコイン円 日足 2018年

昨年は1年を通して巨大な三角保ちあいを形成、上値が切り下がっていく相場でした。

そして、サポートとなっていた60万円は専門家の中で割れることはないと指摘されていましたが、18年11月、ビットコインハードフォーク騒動で決壊。

今まで割れることのなかったサポートが決壊したことにより、ビットコインは年末までに30万円まで価格が下落しました。

このことがメディアや投資家の中で話題になっており、直近で警戒感が出ています。

ただ、昨年と違うのは、今年は上昇局面の中の調整であること。

18年のように年を通して下落しているわけではないので、あくまで短期~中期の調整と捉えておいた方がよさそうです。

 

まとめ

直近でメディアや投資家の中で広く共有されていることとして「三角保ちあい」があります。

これは、上値が切り下がっていく相場のことであり、現在が調整相場であることを示しています。

昨年は年を通して三角保ちあいが形成、11月にそれをブレイクし、年末の大暴落につながりました。

今年はファンダメンタルズ、チャートともに去年とまったく同じ状況とは言えませんが、念のため頭にはいれておきたいトピックではあるでしょう。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「ビットコインがナスダックなどの大手取引所で取引されるにはさらなる規制が必要」米SEC長官が指摘

No tags for this post.

【9/20】今度は急騰!ビットコイン激しい値動きで110万円台回復!

昨日、短時間で急落したビットコインですが、20日の日付が変わったあたりから今度は急騰しています。

短期的な相場動向をまとめました。

要点

・強気のサイン?
通常、安値で急激な買いが入るのは強気サインである場合もあります。今回はメディアでセンチメントが弱気に傾いていたこともあり、引き続き価格動向は注目となるかもしれません。

 ビットコイン今度は急騰で全戻しへ

昨日もお伝えした通り、ビットコインは19日12時ごろから価格が急落。

 

値幅にして5万円ほど急落しました。

しかし、20日の日付が変わってすぐに今度は急騰、急落する前の価格に全戻しする展開となっています。

ビットコイン円5分足 19日急落から

20日朝の時点では、かなり値動きが激しい展開となっているので、引き続き相場動向には警戒したいものです。

また、昨日の急落でチャート形状はかなり悪化していましたが、この反騰が続けば、それが「騙し」となり強気サインになる可能性もあります。

騙し・・・チャート上で一時的にある方向に動いた後、今度は逆行する現象のこと。「仕掛け売り(買い)」とも呼ばれ、投資家のポジションを切らせて、大口投資家が安い値段(高い値段)で買うといわれている。

ただ、反騰が続かなければ、再びレンジ相場になるシナリオも考えられるでしょう。

 

アルトコイン動向にも引き続き注目

なお、本稿執筆時点でのビットコインドミナンスは67%台で推移。

ビットコインが回復したことにより、再びアルトコインの価格が上昇するのかにも注目したい場面です。

特に、直近ではイーサリアムが強く、ここからさらに上昇すればレンジを一段引き上げる可能性がある重要な局面にさしかかっています。

イーサリアムドル 日足

直近ではこれまでのレジスタンスであった220ドルから230ドルを試す形に。

一端の利確ポイントとして売られる可能性もありますが、仮にここから価格が上昇すれば、チャート形状はかなり改善するので注目です。

 

まとめ

ビットコインは19日、値幅にして5万円ほどの急落をみせました。

しかし、日付が変わって20日にすぐ、今度は急騰し110万円台を回復、荒々しい値動きが続いています。

通常、このような動きは「騙し」と呼ばれ、安値圏からの急反発は強気シグナルともなるので注目。

また、アルトコインに関しては、直近でイーサリアムが強く重要局面に。

ビットコイン、アルトコインともにここから価格が動くチャートになってきているので、週末も相場動向は見逃せないかもしれません。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

世界最大の金採掘企業「仮想通貨は金の競争相手ではない」 若い世代のビットコイン好きには危機感 j

No tags for this post.

【9/19】ビットコイン急落で最重要局面へ!下落トレンドは始まるのか

直近で「動かない」ことが話題になっていたビットコインですが、19日に下落し、前日比でおよそ3%安となっています。

本日の相場動向をまとめました。

要点

・ビットコインついに動きだす?
直近で動かないことが話題になっていたビットコインですが、本日久しぶりに大幅に下落。今後数日間は値動きが注目となるでしょう。

ビットコイン急落

直近でかなりボラティリティー(変動率)が低下していたビットコイン。

6月以降の中長期的な目線でみても、レンジ相場となっており「動かない」ことがメディアの中で話題に。

 

そんな中、19日の12時頃、値幅にして5万円ほどの急落をみせました。

ビットコイン円 19日 5分足

なお、昨日話題になっていたアルトコインも連れ安となっており、仮想通貨市場は全面安の展開となっています。

また、明確な急落要因は明らかになっていません。

 

短期的な動向

現在のビットコインは中長期的にトレンドの開始点になるかもしれない、極めて重要な場面にいるといえます。

そこで注目したいのが、ウィリー・ウー氏の指摘していた128日移動平均

ビットコインはここから反発できるか?128日移動平均線の重要性を考察!

同氏は、強気トレンドの際、この128日移動平均線がサポートになることが多いと述べます。

実際に、チャートを確認すると、現在は128日移動平均線でサポートされています。

ビットコイン円 日足 8月~

そのため、仮に明日以降も下落するようであれば、128日移動平均線を下回ることになり、100万円割れシナリオも視野に入れておいた方がよいかもしれません。

ただ、下落トレンドが始まるのかというと、まだ本日時点ではなんとも言えません。

100万円から105万円というのは、直近3カ月で何度もサポートされてきた価格帯なので、今回もここでサポートされる可能性はまだ残されているでしょう。

引き続き取引しにくいチャート形状になっていますが、下落トレンドの開始はまず100万円を明確に割れ始めてから考えた方がよさそうです。

 

まとめ

直近でボラティリティーがかなり低下していたビットコインですが、19日短期間で急落。

本稿執筆時点では105万円付近を推移しており、著名アナリストアが指摘する128日移動平均線がサポートになっている形となっています。

まだ下落トレンドが開始したとは言いがたいですが、仮に明日以降も下落するようであれば、100万円われシナリオも視野に入ってくるので、しばらくはビットコイン動向が注目となりそうです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

注目のTelegramのトークンGramの販売がATAIXで開始!!

TelegramのトークンGramが、ATAIXで販売されるって本当!? ATAIXの登録方法や使い方についても教えてほしい! 2019年9月19日より、海外取引所のATAIXにてGramの販売が開始となります。 Gra ... No tags for this post.

今日は「ビットコイン・ピザ」の日🍕✨

No tags for this post.

「ビットコイン200万円に備えよ」!?19日未明のビッグイベント「FOMC」に大注目!

直近でアルトコインの高騰が目立つ中、ビットメックスCEO、アーサー・ヘイズ氏がツイッター上に最新の見解を投稿。

明日未明にはFOMCが開催されることもあり、米国の金利政策にも注目です。

要点

・米国の金利政策にも注目か
先日、欧州中央銀行が利下げを実施しましたが、19日未明にはFOMCが開催されます。利下げが予想されていますが、FRB議長の今後の展望が重要になります。

 ビットコイン200万円に備えよ!?

 FRBが再び宗教を取得したら、 ビットコインは200万円に到達します

ヘイズ氏は18日、上記のようにツイート。

FRBの「QE4」が始まることにより、ビットコインが200万円に到達するとのべました。

QEとは「量的緩和政策」のことで、簡単にいうと政府がお金をすったり、金利を下げたりすることで、経済を浮上させる政策のことを言います。

アベノミクスがまさに「量的緩和政策」のことであり、今年に入ってからの世界経済不透明感で、世界的に量的緩和政策が再開されています。

ヘイズ氏は今年3月、ビットコインがまだ30万円だった際にもこれを指摘しており、その予想は今のところかなり適切だったといえます。

そのため、今回の指摘も注目び値するものになるでしょう。

 

 

19日未明のFOMCに注目か

そこで注目したいのが、日本時間19日午前3時から開催されるFOMC(連邦公開市場委員会)です。

https://twitter.com/Min_FX/status/1174080760443105281

これは簡単にいうと、日本でいう金融庁が金利政策を決定する会合のこと。

金融市場関係者の中ではビッグイベントであり、本日は0.25ベーシスの利下げが予想されています。

金利自体はあらかじめ予想されているので気にすることはありませんが、注目すべきはFRB議長の発言。

仮に、今後量的緩和政策の再開や金利のさらなる引き下げが示唆されれば、株式市場が上昇する他、仮想通貨市場にも影響を及ぼす可能性はおおいにあります。

また、直近ではアルトコインが堅調な推移をみせているため、明日以降も価格上昇が続くか注目でしょう。

 

まとめ

ビットメックスCEO、アーサー・ヘイズ氏は18日、最新の見解をツイート。

それによると、FRBがQE4を開始することにより、ビットコインが200万円に到達するとの見解を示しました。

ヘイズ氏の指摘はさておき、直近ではアルトコイン市場が活気づいており、FOMC後の値動きにも注目したいところ。

中長期的には、量的緩和政策が開始するのか、またそれにより仮想通貨市場にどのような影響があるのか注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

LINE直営の仮想通貨取引所「BITMAX」がついにローンチ!「7pay」の屈辱はたせるか?

LINE社は17日、LINEアプリから仮想通貨を取引きできる「BITMAX」のローンチを発表しました。

17日時点でははアンドロイドアプリから先行リリース、iOSも近日中に公開予定とのことです。

要点

・仮想通貨の普及進むか
BITMAXはラインアプリから簡単に仮想通貨を取引きできるサービス。フェイスブックリブラ同様、仮想通貨普及が進むか注目です。

 LINE社がBITMAXをローンチ

LINE社が本日からアンドロイドで提供を始めた「BITMAX」は、LINEアプリから直接仮想通貨を取引きできるサービス。

LINEウォレットの「BITMAX」から簡単にアクセスでき、筆者が確認したところ、確かにサービスが開始されていました。

また、LINE payとの連携もおこない、本人確認作業の省略の他、スムーズな日本円の入出金も可能とのこと。

ウォレットは米大手カストディー企業「BITGo」のものを採用し、セキュリティーも世界最高峰のクラスを備えているとのことです。

 

7payの屈辱は果たせるか

BITMAXはフェイスブック「リブラ」同様、仮想通貨自体の認知拡大・普及が期待できそうです。

特に、若い世代が使うLINEにおいてこのようなサービスが開始されたことは、ユースケースの拡大において非常に大きな役割をもちます。

ただ、懸念されるのは、少しジャンルは違いますが7pay」の失敗。

7pay不正アクセス事件による「見えないお金」の信用度が変化?仮想通貨への影響は?

仮に今後、BITMAXで何らかの不正が起きれば、「やっぱり仮想通貨は危ない」というイメージを持たれてしまうことになり、期待の反面、国内の仮想通貨事情においては大きなダメージとなってしまいます。

ただ、LINEはすでに海外で仮想通貨取引所を運営しており、上記でも述べた通りセキュリティーにおいては万全の対策を引いている模様。

その意味でも、BITMAXには国内の「仮想通貨認知が拡大するか・マイナスイメージを持たれてしまうか」を担う、大きな役割がありそうです。

今後、国内の仮想通貨動向を追う上で、BITMAXの動向は注目していきたいですね。

 

まとめ

LINE社は17日、同アプリ上で簡単に仮想通貨を取引できる「BITMAX」を発表。

セキュリティーは米大手カストディー企業BITGoを採用するなど、今後の動向は注目となりそうです。

その上で、ユースケースはもちろんのこと、7payのような不正アクセスなどの事例はさけたいところ。

国内においては最もポピュラーなメッセンジャーアプリであるので、どこまで仮想通貨認知を拡大できるかがひとつの焦点となりそうです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【仮想通貨】キューバで仮想通貨ビットコインに脚光 金融システムにアクセスする唯一の手段に

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/16(月) 10:29:08.85 ID:CAP_USER
共産主義国家キューバで、仮想通貨ビットコインが流行し始めている。キューバでは米国による経済制裁のためクレジットカードなどが存在しないが、仮想通貨によってオンラインショッピングや投資、国際送金を行うことが可能になっている。

米大手メディアUSニューズが12日、キューバの仮想通貨事情をレポートした。

キューバは長年、米国による経済制裁によって国際決済システムから切り離されてしまっている。つまり、クレジットカードやデビットカードを市民が取得することがほぼ無理な状況ということだ。そのためオンラインでの何か買うこともできない。

仮想通貨が「新たな扉開く」
そこで脚光を浴びているのが、ビットコインだ。キューバでスマホが普及したことで、ビットコインを使ったオンラインショッピングが普及しているという。

USニューズは、現地の市民がキューバで入手できない携帯のスペア部品をオンラインで購入できるようになった事例を紹介している。部品を購入した市民は仮想通貨が「新たな扉を開く」と語った。

テレグラムでキューバ人の仮想通貨コミュニティ「キューバ・クリプト」を作ったアレックス・ソブリーノ氏は、およそ1000人のキューバ人が日常的に仮想通貨を使っていると推測している。

「仮想通貨を使って携帯電話の料金を払い、オンラインで買い物をしている。中にはホテルの部屋を予約する人もいる」

キューバの仮想通貨取引所
レポートの中では、キューバの仮想通貨取引所「Fusyona」が登場する。Fusyonaでは、仮想通貨を使った送金や9種類の仮想通貨への投資などができる。約1300人のユーザーがいるという。

Fusyona創業者のエイドリアン・レオン氏は、仮想通貨がキューバ人にとっての唯一の選択肢だと強調する。

「外国人にとって、仮想通貨は単なる別の選択肢でしかない。しかし、グローバルな金融コミュニティから排除されているキューバ人にとって、それは必要であり、解決策なのだ」

ただキューバにおいては、仮想通貨の法的位置づけはグレーだ。レポートの中では、ハバナ大学の研究者は「この問題に関する法律は存在しない」と指摘する。

キューバ政府自身も仮想通貨の活用を検討している。今年7月キューバ政府関係者は、米経済制裁を回避するため、仮想通貨を研究することを明らかにしている。
https://jp.cointelegraph.com/news/cubans-are-turning-to-bitcoin-to-access-global-economy-report

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568597348/c82180df9118fe2ab18a20c1c780761f_s

続きを読む No tags for this post.

【9/17】アルトコインのターンが来た!?モナコイン・イーサリアムなどが上昇基調に

週末、モナコインが暴騰したことが話題になりましたが、直近ではイーサリアムも強くアルトコインが堅調です。

仮想通貨市場全体の状況から直近のアルトコイン動向をまとめました。

要点

・ビットコインレンジの裏でアルトコインは上昇できるか
昨年も、ビットコインがレンジ相場入りすると、ドミナンスが低下し、アルトコインの資金流入が起こるという事例はみられました。今回は一時的なケースかもしれませんが、直近では注目となりそうです。

 直近ではアルトコインが堅調に

14日、モナコインが前日比90%近く暴騰したことが話題になりましたが、直近でアルトコイン全体が堅調な推移をみせています。

コインマーケットキャップ 17日

本日の推移をみても、時価総額10位のアルトコインの推移は堅調に。

特に、イーサリアムは直近で反発基調が目立ちます。

ただし、ビットコインドミナンスは69%と高水準であり、アルトコインの資金流入はドミナンスが低下することが必須条件になります

ビットコインドミナンス・・・仮想通貨市場全体の時価総額のうちビットコインが占める時価総額を表したパーセンテージ、ビットコインの市場占有率

 

アルトコインのターンはくるのか

今週の展望でもお伝えしましたが、ビットコインは直近でレンジ相場が継続。

【9/17】今週の仮想通貨市場はどうなる?「動かない」相場の今後は

ボラティリティー(変動率)も縮小してきており、「動かない」様相を呈しています。

昨年の今頃や、今年3月など、このようにビットコインが停滞するとアルトコインが上昇するのがみられたので、引き続きドミナンスの推移は注目となりそうです。

まだ数日間だけの動きで明確ではありませんが、仮に今後ドミナンスが低下し、アルトコインの価格が上昇基調に入れば、仮想通貨市場全体にとってはポジティブな要因となります。

基本的に、アルトコインはビットコインよりも「リスク資産」として考えられているため、それらが買われるということは投資家の買い意欲が高いことを示すからです。

もちろん、ビットコインが大幅な下落となってしまった場合は、アルトコインも連れ安となる可能性が高いので、ビットコインの価格も注視しつつ動向を追っていきたい場面です。

 

まとめ

14日、モナコインは前日比90%近い暴騰を記録。

直近ではイーサリアムも堅調な推移が続いており、アルトコインのターンが続くのか注目したいところ。

それを示す重要な指標となるのが、ビットコインドミナンスとなるので、ビットコイン価格、ドミナンス、アルトコインの価格といった市場全体の動きを踏まえながらも、相場動向を追っていきましょう。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨ビットコインを2000ドル安く買って2000ドル高く売る、米クラーケンでバグが発生していた

No tags for this post.

【驚愕】ビットコインのロードマップに書かれた2032年の価格がこちらwww【BTC】

No tags for this post.

「ビットコインは、米株価指数のATHと共に決定的な高騰を見せる」米CNBC番組 トム・リー予想

No tags for this post.

【朗報】アルトコインに循環物色。ビットコインにも押し目買い。

No tags for this post.

スポーツベットアイオーからラグビーワールドカップを応援しよう!

ラグビー ワールドカップ スポーツベットアイオー

9月20日から日本でラグビーワールドカップが開幕します!

仮想通貨業界ではビットコインで試合結果を予想して賭けられる「スポーツベットアイオー」が人気です。こちらでもラグビーワールドカップの試合をビットコインを賭けて予想できます。

スポーツベットアイオーでラグビーを応援しながらビットコインでの儲けを狙うのも醍醐味でしょう。

要点

・ラグビーワールドカップの試合結果をビットコインで賭けられる
スポーツベットアイオーでは、9月20日から日本で開催されるラグビーワールドカップの試合結果をビットコインで賭けられます。日本代表の応援だけでなく試合予想を当てて儲けられるのも醍醐味です。

 

2019ラグビーワールドカップとは

サッカーやバレーボールだけでなくラグビーにもワールドカップがあります。こちらは4年に1度開催されるラグビーの祭典です。

2015年のイングランド大会で日本代表がこれまで優勝2回を記録した南アフリカ代表に勝利したことで、日本でもラグビーが一躍人気になりました。

2019年は日本で開催され、9月20日に開幕し11月2日に決勝戦を迎えます。

20チームが4つのプールという予選グループに振り分けられます。各グループ内で優れた勝敗をあげた上位2チーム、合計8チームが決勝トーナメントに進出し、ラグビー最強国を決めます。

今回の日本代表はプールAに振り分けられ、アイルランド、スコットランド、ロシア、サモアと総当たり戦で上位2チームを争います。

開幕日である9月20日には日本代表がロシアと戦うとのことで、今から待ちきれない人も多いでしょう。 前回に引き続き、日本代表が躍進するのかに注目が集まります。

日本テレビ系列で多くの試合が生放送され、ライブスポーツチャンネル「DAZN」などでも視聴できます。

 

スポーツベットアイオーとは?

スポーツベットアイオーとはオランダ領キャラソーを拠点に展開するビットコインを対象にしたスポーツブックメーカーです。

2016年の設立以来、ビットコインを使った機関ならではのメリットやサービスで話題を呼んでいます。

ビットコインを賭け対象にすることで、本人確認書類なしでベットでき、仮想通貨だけに入出金が法定通貨よりも早く、手数料も抑えられるなどのメリットがあります。

ベットは少額でも可能で、スポーツ中継をアイオーからライブストリーミング視聴することも可能です。単純なスポーツ好きでも気軽に楽しめます。

ただしアイオーでは責任あるゲーミングを求めており、一定期間に依存症を疑われたプレイヤーを判別し、永続的にサービスをお断りするなどの措置を行っているそうです。

スポーツベットに限らずギャンブルへの参加は、損失しても生活に悪影響がない程度の予算にとどめるなど、計画的に行いましょう。

 

スポーツベットアイオーでラグビーワールドカップに参加できる!

スポーツベットアイオーでは野球やサッカーなど、様々なスポーツの試合結果にビットコインを賭けられます。

今回のラグビーワールドカップでも日本代表関係だけでなく、海外同士の試合にもベットできます。

ただ試合の勝利チームを予想するだけでなく、大会自体の優勝国、プール突破、MVPまで様々な観点から予想オッズが展開されていますので、最も自信のあるところにチャレンジしましょう。

スポーツベットアイオーでは会員登録するだけでラグビーワールドカップの全試合をライブ観戦できます。ビットコインのギャンブルに関心がなくても、純粋なラグビーファンなら楽しめるでしょう。

 

まとめ

ラグビーワールドカップは2019年に日本で開催されるため、今から待ちきれない人は多いでしょう。スポーツベットアイオーを利用すれば、本大会の試合結果をビットコインで賭けられます。

日本国内の仮想通貨取引所から入手したビットコインを早速スポーツベットアイオーでベットしてみましょう。

日本代表だけでなくほかの国同士の試合もベットやライブ観戦ができるので、ラグビーファンは要注目です。

 

Sportsbet.io公式サイト

 

 

参考記事

3分で始める!ビットコインブックメーカー(sportsbet.io)のはじめ方

スポーツベット以外にも同じ運営サービス会社でビットコインカジノというのもサービス提供されています。

こちらも非常に面白く注目されているので、是非見てみてください。

【人気記事】猫でもわかるビットコインカジノのはじめ方

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.