00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

これからはガチホで稼ぐ!長期投資のおすすめ銘柄ランキング

「ガチホ」ってよく聞くけど、一体何のこと? ガチホのメリット・デメリットが知りたい! これからガチホするならどの銘柄がいいんだろう? なんて思ったことはありませんか? ガチホとは購入した仮想通貨を長く持ち続けることで、仮 ... No tags for this post.

【1/18チャート分析】ビットコインは三角保ちあいを形成!数日間に大きく動く?

今週の仮想通貨市場はパっとしない値動きが続きました。

直近のビットコインチャートの分析とニュースをまとめました。

要点

・短期的には三角保ちあいを形成
三角保ちあいとは、値動きが徐々に小さくなっている相場のこと。エネルギーを溜めている状態で、一般的にはトレンドラインのブレイクをきっかけに上下どちらかに動くとされています。

 ビットコインは短期的に三角保ちあいを形成

ビットコインドル 1時間足 12月14日~

上記のチャートはビットコインドルの12月14日からの1時間足チャートです。

トレンドライン(緑の線)を上下に結ぶと、三角形のかたちになり、値動きが補足なっているのがわかります。

通常、このようなチャートパターンは「三角保ちあい」と呼ばれ、トレンドラインのブレイクをきっかけに価格が上下どちらかに動くと言われています。

注意点として、上記チャートは1時間足なので、あくまで短期的なものだということ。

週末までに価格がどちらかに動く可能性があるので、注目でしょう。

なお、対円チャートでは、すでに三角保ちあいをブレイクしているのですが、対ドルの方が流動性があるため、ドルベースでの動向を追った方が良いでしょう。

 

グリーンスパン氏が指摘する小さなレンジにも注目か

価格が上下どちらかに動いた場合、先日こちらのブログでお伝えしたeToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏の見解も頭に入れておきたいところです。

現在の相場は新しいレンジの範囲内!?eToro社アナリストが分析!

同氏は、12月17日以来、ビットコインは3550ドルから4200ドルの小さなレンジで推移していると指摘。

いわゆる「ボックスレンジ」と言われる相場ですが、来週以降もこのレンジをどちらにブレイクするかが注目されます。

ビットコイン円 4時間足 12月17日~

こちらも対円だと価格がずれてしまい汚いチャートになりますが、おおよそ38万円から45万円の値幅7万円のレンジだと考えてよいでしょう。

つまり、今後はこの37万円・45万円どちらに価格がブレイクするかが焦点となります。

また、このような相場では乱高下する可能性が高く、価格の推移も予想しずらいので、上記で紹介した三角保ちあい、そしてグリーンスパン氏が指摘するボックスレンジをブレイクするまでは上下どちらのシナリオも考えられそうです。

 

まとめ

短期的にビットコインは三角保ちあいを形成しており、本日から週末にかけて価格が上下どちらかに動く可能性が高まります。

また、動いた後は、グリーンスパン氏が指摘する昨年12月17日以降のボックスレンジも焦点に。

対円では、37万円・45万円どちらにブレイクするかがしばらくの注目価格となりそうです。

アルトコインに関しても、ビットコインが動意づけば同じ方向に価格が動く可能性が高いので、しばらくはビットコインのレンジが市場の焦点となりそうです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ロシア首相が仮想通貨を支持する発言!「ビットコイン購入計画」には触れず!

ロシアの国営通信社、タス通信は15日、ロシア首相メドヴェーゼフ首相の発言を伝えました。

同氏は仮想通貨を支持する発言をし、ビットコイン購入計画には触れませんでした。

要点

・ロシア政府のビットコイン購入計画の噂
先週、ロシアが1兆円分のビットコインを購入する計画があると報道。まだ憶測ではありますが、業界では期待が高まり注目を集めています。

 メドヴェーゼフ首相「仮想通貨の価格下落は仮想通貨がなくなることを意味しない」

(フォーラム公式サイト 参照:http://en.gaidarforum.ru/)

ロシアの国営通信社、タス通信は現在ロシアで開催されている経済フォーラムの様子を報道。

そこでメドヴェーゼフ首相の発言を伝えました。

メドヴェーゼフ首相はフォーラム内で、仮想通貨を支持する発言を行いました。

同氏は、現在の仮想通貨の価格下落が必ずしも仮想通貨がなくなることを意味しないと主張。

社会現象や経済の動きには、明るい面と暗い面両方があるため、何が起こっているか注意深く監視すべきとの見解を示した。

年が明けてからも価格が上昇しない仮想通貨市場ですが、メドヴェーゼフ首相の主張は冷静で正しい判断と言えるでしょう。

 

ロシア政府がビットコインを1兆円購入する噂は!?

先週、メディアやSNS上で話題になったのが「ロシア政府ビットコイン1兆円購入計画」です。

ロシア政府がビットコイン1兆円分を購入!?2019年最初の特大材料が浮上!

これは、ロシア政府が米国の経済制裁を逃れるために、保有するドル資産の一部をビットコインに換金するというもの。

仮に本当のニュースだった場合、市場に多大な影響を与えるので、期待と注目を集めています。

なお、メドヴェーゼフ首相は、この報道には触れていないようで、否定も肯定もせずに終わりました。

ただ、SNS上ではすでにこの報道がフェイクだったという指摘も散見され、現段階ではあくまで観測記事のひとつとして捉えておいた方が賢明かもしれません。

とは言ったものの、米国は2月にロシアへ対し、新たな経済制裁を発動する予定なので、念のためロシア政府がどのような動きを取るか注目しておいた方がよいでしょう。

また観測記事とはいえ、業界ではかなり話題になっているトピックなので、関連する報道はチェックしておいた方がよさそうです。

 

まとめ

ロシア、メドヴェーゼフ首相は現在同国で開催されているフォーラムで仮想通貨を支持する旨を発言。

仮想通貨の価格下落は、必ずしも仮想通貨そのものがなくなることを意味しないと主張しました。

現在噂されている「ビットコイン購入計画」については直接言及しませんでしたが、ロシア首相がこのような発言を行うのはポジティブな出来事なので、引き続きロシアと仮想通貨関連の報道は注視したいところですね。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインに背負わされた借金がヤバいwwwwwwwww

417: 2019/01/15(火) 02:06:43.31
ID:YGt2mRQt
ふぅ~wビットコインさんはいったいいくら俺に借金背負わせりゃ気が済むんだか…w 
リボ50万 
消費者金融10万 
親200万 
来月一括のクレカ40万 
いい加減儲けさせてくれなきゃ死んじゃうぜ😎

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1547475693/


続きを読む No tags for this post.

リップル取引におすすめなTwitterアカウント13選!

リップルの最新情報ってどこでチェックできるの? Twitterでもリップルの情報が発信されているけど、これって信用して大丈夫? なんて思ったことはありませんか? インターネットが普及している現代では、さまざまなところでリ ... No tags for this post.

本格的な強気トレンドは6月から7月に!?海外著名アナリストが複数のインジゲーターで分析!

フォロワーおよそ47,000人を誇る海外の著名投資家Galaxy氏の分析が話題になっています。

同氏によると、トレンド転換は近いとのことです。

要点

・複数のインジゲーターが示唆するトレンド転換
Galaxy氏は複数のインジゲーターから、トレンド転換が6月から7月に起こると分析しています。

トレンド転換は6月から7月!?Galaxy氏の分析

「未来は過去の研究にある」

我々は2015ベア市場を終了した420日のマークに近づいているし、歴史がそれを繰り返す場合,数ヶ月の横ばいが続くと、新しい強気のサイクルは2019の半ばか後半に始まる。

海外で定評のある投資家Galaxy氏は15日、以上のようにツイート。

複数のインジゲーターから、新たな強気トレンドが今年の6月から7月に始まるかもしれないと分析しました。

この「強気トレンド」とは、数週間や数カ月で終わる短期的なものではなく、2016年から2017年に見られたような長期的な強気トレンドのことです。

同氏は2015年の弱気相場の時も「420間」継続、その後数カ月横ばいが続いた後、2017年末までに長期的な強気トレンドに突入したと分析。

また、相場の「売られすぎ・買われすぎ」を示すRSIというインジゲーターも、2015年の動きに酷似していると述べています。

仮想通貨に限らず、相場には上昇と下落に一定のサイクルがあり、株・為替相場でも「サイクル分析」は一般的にある分析手法です。

それを踏まえれば、Galaxy氏の分析は頭の片隅に置いておいても損はないでしょう。

 

年明け相場を専門家はどうみるか?

年が明けてから本日まで、相場は上がったり下がったりのパっとしない値動きになっています。

直近ではイーサリアムのアップデートが再延期されましたが、来週にも実施されると開発者側は発表しています。

イーサリアムのアップデートが延期!実施は来週へ?

その他に、eToro社アナリストは3000ドルから4200ドルのレンジ相場に移行したと分析。

デジタルID企業シビックCEO、ヴィニー・リンガム氏は、3000ドルを下回る可能性についても言及しています。

年明け相場を専門家はどう見る?これまでに出た5名の専門家による見解まとめ!

専門家によって意見が別れる現在の相場ですが、今回紹介したGalaxy氏の分析では、今後しばらくレンジ相場になるとのことなので、材料とともに相場を見守るしか現在はないでしょう。

 

まとめ

Galaxy氏の見解では、2015年の弱気相場の際も、底をつけた後、横ばいの動きが半年間続いたと分析。

それと同じになるのであれば、今年の6月から7月はトレンド転換の好機になるとのことなので、相場動向に注目です。

足元の相場に関しては、延期されたイーサリアムのアップデートが実施された後に、市場のセンチメントが回復するかがひとつの注目ポイントとなりそうです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨FXの移動平均線とは?種類や使い方をわかりやすく解説

仮想通貨FXでよく聞く移動平均線って何なの? 移動平均線の使い方がよくわからない… なんて思ったことはありませんか? 仮想通貨FXにはさまざまなテクニカル指標がありますが、その中でも基本となるのが移動平均線です。 移動平 ... No tags for this post.

年明け相場を専門家はどう見る?これまでに出た5名の専門家による見解まとめ!

年が明け相場は比較的堅調な推移から始まり、先週は大きく下落するなど相場が大きく動いています。

年明けから出た専門家の見解をまとめました。

要点

・ 名の専門家の見解
年明けは金融庁の報道や、イーサリアムのアップデートなど短い期間で重要なトピックも多く。 名の専門家の見解をまとめました。

 年明け相場の専門家の見解まとめ

これまでに出た見解によると、依然長期的には明るい展望が多くあります。

しかし、足元の相場に関しては、専門家の中でも意見が別れているようです。

 

FXCoinアナリスト松田康生氏:2019年は法整備の年

2019年の仮想通貨市場はどうなる!?FXcoin松田氏「ルール整備の年」!

国内仮想通貨メディアFXCoinでアナリストを務める松田康生氏。

同氏は、2019年は、金融庁が法整備をおこなう年だと見通しを発表しています。

年明けからはコインチェックの認可や、審査プロセスの公表、自主規制団体JVCEAの会員増加など、松田氏が指摘するように規制面での進展が加速しているので、今後も注目となりそうです。

金融庁は早くて今年の7月までに新たに7社を認可する予定だと発表しています。

 

米大手格付け機関Weiss Rating:2019年にビットコインは過去最高値更新

2019年ビットコインは過去最高値更新!米格付け機関Weiss Ratingが分析!

米大手格付け機関Weiss Ratingは、2019年の相場展望を発表。

それによると、ビットコインは今年過去最高値を更新するとのことです。

Weiss Raitingは、ビットコインの持つ「価値保存の手段」を高く評価しているので、今年も注目したいところです。

 

ウィンクルボス兄弟:ビットコインの時価総額は100倍に

ビットコインの時価総額が100倍に!?ウィンクルボス兄弟が展望を語る!

米ジェミニを運営するウィンクルボス兄弟はSNSサイト「reddit」でユーザーの質問に回答。

そこで、ビットコインの時価総額は将来的に100倍(現在の金の時価総額を超える)になってもおかしくはないと展望を述べました。

直近の相場のことではありませんが、年明け話題になった発言です。

 

シビックCEOヴィニー・リンガム氏:ビットコインは3000ドルトライの可能性も

ビットコインは3000ドルを下回る!?デジタルID企業シビックCEOが発言!

デジタルID企業シビックCEO、ヴィニー・リンガム氏は海外メディア「チェダー」で足元の相場について発言。

同氏は、短期的にビットコインが3000ドルを下回ってもおかしくはないとの見解を示しました。

また、3000ドルに到達した場合、さらに価格が下落しトレンドが継続する可能性についても言及。

年明け相場に関して慎重的な見解を述べました。

 

eToro社アナリストマイティ・グリーンスパン氏:ビットコインはレンジ相場

現在の相場は新しいレンジの範囲内!?eToro社アナリストが分析!

一番、最新の見解になるのが、仮想通貨プラットフォームeToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏の見解。

同氏は、現在のビットコイン相場がレンジ相場であると分析、下落トレンドではないと分析しています。

今後価格がどちらかに動くかまでは分析しませんでしたが、レンジをどちらにブレイクするかが焦点となります。

 

まとめ

まず、FXCoin松田氏が指摘するように、年明けから国内の仮想通貨規制の報道が目立っているので、2019年にどこまで規制が整うのかは市場を巡る根本的なテーマとなりそうです。

1年の展望としては、Weiss Rating、ウィンクルボス兄弟が強気の見解を示しています。

足元の相場に関しては、シビックCEOはやや弱気な見解、eToro社グリーンスパン氏もレンジ内での推移と慎重的な分析を行っています。

年明けから現在の相場は、グリーンスパン氏が指摘するように価格が上下するレンジ内での推移で、今後の動向が読みずらい部分もあるのかもしれませんね。

まずは、3000ドルから4000ドルのどちらに価格がブレイクするのかが重要になりそうなので、引き続き相場動向を注視したいところです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

現在の相場は新しいレンジの範囲内!?eToro社アナリストが分析!

チャート分析でお馴染みのeToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏が直近の相場を分析しました。

同氏は先週からの下落は単なるレンジ内での推移と分析しています。

要点

・ビットコインは単なるレンジでの推移?
先週、ビットコインは大幅に下落を果たしましたが、同氏は単なるレンジの推移で気にするべきではないと述べています。

 新たなるミニレンジが登場?

「11月半ばから議論されているように、現在の範囲は3000ドルから5000ドル(点線の青い線) です。今のように、ベーコンは3550ドルから約 4200ドル(黄色の線) に、その内の新しいミニレンジをオープンしました。

マイティ・グリーンスパン氏は現在の相場についての最新の分析を発表。

先週半ばに大きく下落したビットコインですが、11月中旬から続いている3000ドルから5000ドルのレンジの範囲内で推移しているに過ぎないとの見解を示しています。

また、より詳細には3550ドルから4200ドルの小さなレンジを形成していると分析。

必ずしもグリーンスパン氏の分析が正しいとは言えませんが、今後このレンジをどちらにブレイクしていくか注目となりそうです。

グリーンスパン氏の分析では、現在の相場は下落トレンドが継続しているわけではなく、あくまで「小さなレンジ内での推移」ということになり、上記の価格帯をどちらにブレイクしていくかが重要になってきます。

 

グリーンスパン氏の分析だと今後の展開は

より詳細にチャートを確認してみましょう。

ビットコインドル 4時間足 12月17日~

グリーンスパン氏が指摘しているのは、12月17日から本日までの価格の推移です。

上記のチャートの四角の枠がそのレンジですが、確かに下落はしたものの、まだ範囲内で収まっています。

通常、このような相場は「ボックスレンジ」と呼ばれ、先にも述べましたが、この四角い枠をどちらにブレイクしていくが次の値動きの一手として重要になってきます。

実は対円だと価格が少しずれてしまうのですが、1月15日時点ではまだレンジを保っているので、ここから価格が反発していけるかに注目です。

また、現在はレンジの重要な価格帯にさしかかっていることもあり、今後相場が大きく動く局面にいるということも意識しておきましょう。

 

まとめ

グリーンスパン氏の見解によると、現在の相場は3550ドルから4200ドルのレンジ相場に。

今後、この小さなレンジをどちらにブレイクしていくかがひとつのポイントになろそうです。

今週は、イーサリアムのアップデートも控えており、相場が大きく動く可能性があります。

その際は、上記に挙げた価格をどちらにブレイクするか注目したいところです。

 

下落相場でも大きく稼げるBITPoint(ビットポイント)でビットコイントレーディングを!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように、ビットコインは下落する可能性がまだありますが、ビットポイントであれば最大レバレッジ25倍で下落相場でも大きく稼ぐことができます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの種類多すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

1: 2019/01/14(月) 20:14:17.93 0
ビットコイン
ビットコインキャッシュ
ビットコインゴールド
ビットコインダイヤモンド
スーパービットコイン
ビットコインウラニウム
ビットコインプライベート
ビットコインシルバー
ビットコインキャッシュプラス
Segwit2x
ビットコインプラチナ

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1547464457/


続きを読む No tags for this post.