00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

Bakktローンチが大幅に遅れる!?ウォールストリートジャーナル報道で!

ウォールストリートジャーナルが21日に報じたところによると、BakktのローンチについてCFTCが懸念を抱いているとのことです。

仮に本当だった場合、規制の不透明感が強まりそうです。

要点

・Bakktのビットコイン先物
Bakktの先物はビットコインの現物を担保とすることにより、専門家からも注目されています。当初は今年前半までにローンチされる予定とアナウンスされていました。

 Bakktローンチが大幅に遅れる!?

仮想通貨に関する政府の懸念は、独自のビットコイン先物契約を開始するためにニューヨーク証券取引所の所有者による計画を混乱しました

ウォールストリートジャーナルが関係者筋の発言で伝えたところによると、現在CFTCが審査しているBakktのビットコイン先物に不透明感が漂っているとのことです。

ポイントは下記になります。

①顧客のビットコイン資産管理について当初の計画がとん挫
②Bakkt先物はビットコインを担保にする可能性があり規制上の問題が発生する

これにより、Bakktのローンチが大幅に遅れる可能性があるとのこと。

今回の報道はあくまでウォールストリートジャーナルのリーク記事ですが、仮に本当であった場合、米国における仮想通貨規制の難しさがわかります。

 

改めて規制の不透明感ただよう?

Bakktとは別に、直近ではビットコインETFにも不透明感が漂っています。

ビットコインETFへネガティブなコメント!4月5日の審査はどうなる?

今年は世界的な仮想通貨規制や、国内においても取引の進展が見られますが、それらはまだほんの一部のようです。

米国においては、特に関連する金融商品の上場については不透明感があることを確認できる報道です。

繰り返しにはなりますが、Bakktについてはまだ公式の発表ではないので今後関連する報道には注目でしょう。

本来は今年の3月までにローンチされる予定であったので、何か新しい情報が出てくる可能性もあります。

 

まとめ

ウォールストリートジャーナルの報道によると、Bakktのローンチに関して、現在CFTCが仮想通貨の保管について懸念を示しているとのこと。

また、今のところ主な解決策は見つけられず、ローンチが大幅に遅れる可能性もあるとのことです。

今回はあくまで公式の発表ではありませんが、この報道が本当だった場合、あらためて米国規制動向に不透明感が漂うので、今後の動向も注目となるでしょう。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインFXで稼ぐための心得や用語をやさしく解説!

ビットコインFXで稼ぐにはどうしたらいい? ビットコインFXって初心者でも稼ぐことはできるの? なんて思ったことはありませんか? ビットコインFXと聞くと「リスクが大きい」「初心者には無理」とイメージする人が多いですよね ... No tags for this post.

ビットコインFXのやり方|魅力とリスクをやさしく解説!

ビットコインFXをやってみたいけど、やり方がいまい良く分からない… ビットコインFXの魅力やリスクにはどんなものがあるの? なんて思ったことってありませんか? ビットコインFXは現物取引に比べて稼ぎやすい反面、リスクも大 ... No tags for this post.

【3/22】下落した価格の次の一手は?ビットコインは「43万8000円」が焦点!

21日の夜に、仮想通貨市場は数日ぶりに下落しました。

ビットコインに関しては今後4000ドルが焦点となりそうです。

要点

・下落した仮想通貨市場
直近でセンチメントの改善が見れる中、仮想通貨市場は数日振りに下落しました。

 ビットコインは再び「43万8000円」が焦点となるか

ビットコイン円 1時間足 3月16日~

上記のチャートはビットコインの16日からのチャートです。

ビットコインは16日に長らくレジスタンスであった43万8000円を超えましたが、今週は高値圏で揉み合いを続けていました。

そして、昨日夜に数日ぶりに短時間で価格が下落。

この一週間は43万8000円をサポートにして推移していたため、短期的にこの価格帯を死守できるか注目となるでしょう。

仮に週末43万8000円を下抜けてしまえば、一週間前の価格帯に後戻りしてしまうため、短期的にセンチメントが悪化する可能性があります。

ただしこれらの話は短期的なもので、もう少し長いスパンで調整の動きなのかどうかといったところはまだ判断しかねるでしょう。

 

今週のニュースまとめと振り返り

今週は、ビットコインがレンジ相場で推移していたことからも、新しく出てくる材料はありませんでした。

ただ直近ではアルトコインの資金流入が確認でき、市場のセンチメント(心理)は改善傾向に。

【3/20】ビットコインは44.5万円目前!今週が仮想通貨市場にとって重要な週に?

それらは「仮想通貨恐怖指数」からも伺えることでした。

ビットコインに関しては、昨年12月から46万円近辺をレンジ上限として推移していたため、もうすでに価格の上昇はよいとこまで来ていたことがわかります。

仮に、46万円を越えて上昇していくと、チャート形状はかなり良くなり上昇トレンドへ転換する可能性も出てきます。

その意味では、3月初旬から起こった市場全体の上昇が一旦おさまった可能性もあります。

どのみち、上記で紹介した43万8000円のサポートが死守されれば、改めて下値の堅さを確認できることになるので、注目でしょう。

 

まとめ

今週、高値圏でレンジ相場となっていたビットコインは、21日に数日振りに小幅に下落。

現状は今週のサポートであった43万8000円を死守していますが、週末も引き続きその価格帯を守れるか注目でしょう。

現状はセンチメントの改善傾向がみられるものの、ビットコインに関してはすでに昨年12月からのレンジ上限である46万円近辺に到達しています。

その意味では、今後この価格帯を超えるかが焦点となってくるので注目です。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインETFへネガティブなコメント!4月5日の審査はどうなる?

現在、SECが審査を進めているビットコインETFですが、パブリックコメントにネガティブな意見が寄せられているようです。

SECが13日に公表した文書で明らかになりました。

要点

・4月5日に控える可否判断
上場最有力といわれているVanEck社のETFへ可否判断締め切りが4月5日に迫っています。ただし、市場は延期されるという見方が大半を占めているようです。

 パブリックコメントは否定的な意見多く

SECが公表したデータによると、応募していたパブリックコメントの中には否定的な意見が目立ったとのこと。

また、応募件数も昨年8月の1400件からわずか7件と激減していることがわかります。

ただし、このコメントがSECの審査にどこまで影響を及ぼすかは不明瞭で、今のところ市場への影響は出ていません。

また、多くの専門家や投資家は4月の可否判断は延期されるという意見が大半なので、その点でも今回の発表はさほど気にすることはないでしょう。

 

ETFの動向はどうなる?

上記のパブリックコメントは、上場最有力とされるVanEck社のETFです。

4月にETF上場!?最有力候補VanEck版ETFの審査が20日より開始!

すでに述べた通り、現在は再び延期されるという見方が大半を占めていますが、これから発表される審査結果次第では市場が動く可能性があるので注目となるでしょう。

可否判断の締め切りは4月5日となっていますが、これまでの経緯を踏まえると、今週から来週にも発表される可能性があるので注目です。

また、これまでの報道をみると、SECの役員側の発言も以前と比べて前向きになってきており、申請企業であるVanEck社の役員も強気の見解を示しています。

【急騰要因】ビットコインETF承認確定!?SEC長官の文章がリーク!

先日もSEC長官ジェイ・クリントン氏がCNBCに出演し、未だにビットコインには懸念が残るとコメントしたものの、(SECの要求を満たす)ETFが今後上場される可能性はあるとも発言しており、前向きな見解を示しました。

 

まとめ

SECが公式に発表した文書によれば、現在公募しているパブリックコメントに否定的な見解が多かったとのこと。

また、コメントの件数も昨年8月時点の1400から7件と激減していることがわかります。

上場最有力とされる4月5日の可否判断は、ひとまずは延期されるという見方が大半を占めていますが、審査結果が発表された際は相場が動く可能性も考えられるので、今後の動向は引き続き注目です。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

好調な価格推移の裏に「中国」!?ビットコイン取引高は昨年4月以来の水準に!

直近では底堅い推移が継続している仮想通貨市場ですが、中国の資金流入が要因のひとつとして指摘されています。

また、ビットコイン取引高は昨年4月以来の水準であり、それも堅調な市場を裏付けています。

要点

・中国からの資金流入
明確な理由は明らかになっていませんが、直近では中国からの資金流入が起こっていることが判明しています。17年のような上昇相場では中国や韓国といったアジア圏からの資金流入がありました。

 中国からの資金流入!?ビットコイン取引高も好調!

仮想通貨データサイト「Coinlib」によると、直近で中国からの資金が流入することが確認でき、メディアの中では話題になっています。

(参照:https://coinlib.io/coin/BTC/Bitcoin)

なお、なぜ中国からの資金流入が増えているのかは明らかになっていません。

中国ではICOが禁止されるなど、他国に比べ規制が強い国ですが、未だにローカルネットワークやP2Pのような取引方法で水面下で取引されているという指摘があります。

また、そういった方法が存在する限り、完全に仮想通貨の取引を禁止するのは不可能といった指摘も一部の専門家からは出ています。

17年の上昇相場においても「チャイナマネー」というのは大きな役割を担ったので、今後注目すべき材料のひとつになるかもしれませんね。

 

ビットコインの取引高も好調

中国の一部メディアでは、直近でビットコインの購入が増えているという報道がなされています。

それを裏付けるように、CryptoMetricsによるビットコインの取引量(Exchange Volume)は昨年4月の高水準に。

昨年4月といえば、ゴールデンウィークへめがけ短期的な上昇が起こった月でした。

それを踏まえると、「中国の資金流入」と「取引高の増加」はしばらくの間注視すべき動向かもしれませんね。

 

直近では市場のセンチメント改善が伺える

直近では上記以外のデータからも、市場のセンチメントが改善していることがわかるものが多々あります。

【3/20】ビットコインは44.5万円目前!今週が仮想通貨市場にとって重要な週に?

もちろん、それは先週あたりからある堅調な価格推移にも反映されているようです。

ただし、これらの動くが短期的なものなのか・長期的な動きにつながるのかというのはまだ見極めがつきません。

また、直近で市場全体が動く大きなファンダメンタルズ要因もないので、これらのデータを考慮しつつ市場の動向を見守るしかないでしょう。

 

まとめ

仮想通貨データサイト「Coinlib」によると、直近で中国からの資金が流入が起こっていることが明らかに。

また、CryptoMetricsのデータからもビットコインの取引量が増加していることがわかります。

これらの動きが短期・長期なのかはまだ明らかになっていませんが、市場の構造に変化がみられるので、価格が上昇するのに期待したいところですね。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨のやり方・はじめ方を徹底解説!!【2019年最新版】

仮想通貨ってなんなの? 仮想通貨投資のやり方はどうすればいいの? この記事に辿り着いた方の中には、仮想通貨投資のやり方・はじめ方がきになる方が多いと思います。 今回の記事では、仮想通貨の基本から仮想通貨のやり方・はじめ方 ... No tags for this post.

トランザクションってどんな意味?その概要や仕組みを徹底解説!

トランザクションって何? トランザクションの仕組みが知りたい 仮想通貨を一度でも取引したことがある人なら、「トランザクション」という言葉を聞いたことがあるでしょう。 トランザクションという言葉には、技術的な用語というイメ ... No tags for this post.

【3/20】ビットコインは44.5万円目前!今週が仮想通貨市場にとって重要な週に?

週が明けてからの仮想通貨市場は揉み合いの展開ながらも堅調な地合いが続いています。

短期的な相場についてまとめました。

要点

・今週は重要な週に?
直近では投資家のセンチメントも改善しており、週末までさらに上値を伸ばせるか注目となりそうです。

 20日のビットコインと市場全体の推移

ビットコイン円 1時間足 3月11日~

上記のチャートは、先週11日からのビットコイン円チャートです。

まず、週初めに長らくレジスタンスであった44万円をブレイク。

現在は44万5000円にトライ中であり、仮にここを明確に抜けてくるとさらに価格が上昇する可能性があります。

20日時点の市場全体の時価総額 2月22日~

直近ではアルトコインの資金流入が起こっており、市場全体の時価総額は3月初旬の水準から回復傾向。

仮に2月24日の高値を超えてくると、市場全体の時価総額は年初来高値更新となり価格の上昇がさらに期待できるかもしれません。

このように直近でかなり状況が良く、また価格上昇に過熱感も出ていないため、このまま上値を伸ばせるか週末まで注目でしょう。

 

市場のセンチメントは回復傾向に

既報の通り、実際の価格や時価総額の推移に加え、さらに検索ワードなどからも加味した「Crypto Fear & Greed Index」も回復傾向にあります。

仮想通貨市場は短期的に強気!?仮想通貨恐怖指数が底値から回復!

これらのデータを加味すると、メディアの報道も含め、現在の相場は「中立」か「やや強気」といった状況にあることがわかります。

ファンダメンタルズとしては、今年6月にFATFの世界的仮想通貨規制が施行される他、ライトニングネットワーク決済や銀行のブロックチェーン採用の報道が今年に入って増えてきていると考察できるでしょう。

また長らく続いた低迷により、ビットコインのチャート形状的にも今年の中旬から後半にかけて、状況が良くなるとトム・リー氏は指摘しています。

ビットコインは8月に長期上昇トレンドへ!その理由をトム・リー氏が説明!

現在はまだ完全に安心できる水準ではありませんが、直近ではこのように明るい兆しが見え始めているので、長期的な値動きも加味して今後の相場動向は注目となりそうです。

 

まとめ

20日時点のビットコインは直近のレジスタンスである44万5000円が目前に。

仮にここを明確に上抜けてくると、さらなる価格上昇が見込めるので、今週は重要な週となるかもしれません。

直近では市場・メディアのセンチメントも改善していることが伺えるので、このまま価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

【好評につき期間延期!】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引もできます。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ネムは今後どうなる?価格が上がらない理由と高騰の可能性

ネムは一向に価格が上がらないけど、今後はどうなっちゃうの? ネムにはどんな高騰要因があるんだろう… なんて思ったことはありませんか? ネムは2018年以降下落傾向にあり、いい加減手放してしまおうかと迷う人も少なくありませ ... No tags for this post.

「あなたのパスワードが侵害されました」とビットコインを要求する脅迫メールに注意

1: 2019/03/17(日) 16:24:24.81 ID:UyAbYRs49
「あなたのパスワードが侵害されました」と不自然な日本語でビットコインを要求する脅迫メールに注意

内閣サイバーセキュリティセンターは3月11日、仮想通貨Bitcoinを要求する脅迫メールが拡散中であることを警告し、
仮想通貨の支払い要求などには応じないよう注意喚起した。「あなたのパスワードが侵害されました」
「あなたが訪問したサイトの1つにパスワードを入力君た。」などと不自然な日本語の不審なメールを受信しても
要求には応じないように呼びかけている。

「あなたのパスワードが侵害されました」という不審なメールに対し、警視庁サイバーセキュリティ対策本部や
一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(JC3)などが何度も注意喚起していることから、相談件数や脅威が
衰えていないことがうかがえる。JC3のウェブサイトで「犯罪被害につながるメールの具体例」や注意点が
公開されているので、不安に思ったり、誰かに相談された際には、脅迫メールの文面例や注意点を確認していただきたい。

https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1173968.html

仮想通貨 Watch 小鳥遊萌依 2019年3月11日 14:40

no title

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552807464/


続きを読む No tags for this post.