00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

ビットコイン価格上昇でロンガー復活wwwwwwwwww

16: 2018/09/18(火) 21:46:55.65
強い、強すぎる、完全に滞空している 
この形になったら細かい無限カップハンドルで上がり続けるしかない 
もう二度と6200とかには下がらないだろ 
このまま右肩で去年の最高値を超えに行くぞ

bitcoin

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1537274679/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨市場は8000兆円へ!米著名投資家ティム・ドレイパー氏が語る仮想通貨の未来とは?

今まで数々の投資に成功しており、米の著名投資家であるティム・ドレイパー氏が現在、シンガポールで開かれているカンファレンスに出席しました。

同氏はそこで、仮想通貨市場の将来についてコメントしています。

要点

・今までにない変革
ティム・ドレイパー氏はビットコイン強気派として知られており、今回も仮想通貨市場の時価総額は8000兆ドルになるとコメントしました。

仮想通貨市場は8000兆ドルの規模に成長

ビットコインと仮想通貨市場は、80兆円クラスのビジネスになるとティム・ドレイパー氏は言う。

ドレイパー氏は、カンファレンス内で、仮想通貨市場は米国株式市場を超えるとコメント。

その理由として、仮想通貨は金融、ヘルスケア、保険、銀行と投資銀行、政府などの分野を狙うことができるからとのことです。

それらを踏まえた上で、15年後までに8000兆円の市場規模になるとの見解を示しました。

同氏は、少し長期的な展望を語っていますが、先週は「バブルは弾けた」発言からバイナンスCEOザオ氏の強気発言まで話題になりましたね。

ザオ氏やドレイパー氏の市場規模は、今の仮想通貨市場と比較すると10倍、100倍と巨大なものですが、多くの専門家が強気の展望を持っていることがわかります。

「時価総額は確実に2000兆円に成長する」バイナンスCEOがツイート!機関投資家の7割は仮想通貨が普及すると見込む

 

ビットコインは2020年までに2800万円になると驚愕な予想も

ドレイパー氏は、ビットコイン強気派としても知られており、2020年までに価格が2800万円になるという驚愕な予想も過去にしています。

今回のカンファレンスでは、上記の時価総額の展望も含め、従来の予想を維持しました。

あまりにかけ離れた額で信じがたいですが、同氏はこれまでSkype、Hotmail、Baiduなどの投資を成功させてきた経歴をもつ人物です。

ビットコインへの投資は2014年から行っており、320ドルだった当時、2017年には1万ドルを超えると適切な予想をしていたことは有名です。

また、仮想通貨およびブロックチェーンは鉄器時代の到来、ルネッサンス、産業革命といった技術的大革命を超えると発言しており、仮想通貨全体に対して超強気なスタンスをとっています。

 

まとめ

必ずしもドレイパー氏のいうような規模に成長すとは限りませんが、引き続き仮想通貨市場の期待は非常に高いことがわかる発言でしたね。

ザオ氏の発言も含めると、今後の仮想通貨市場は十分に期待できそうです。

ビットコインの価格にかんしては、2020年までに2800万円になるという予想をしていますが、直近では年末にかけて価格が上昇していけるのかに注目です。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨ビットコイン(BTC)6500ドル突破の上昇wwwwwww

1: 2018/09/15(土) 01:55:25.67 _USER9
https://jp.sputniknews.com/business/201809145338185/

ビットコイン 6500ドル突破で上昇
経済
2018年09月14日 16:25
(アップデート 2018年09月14日 16:32)

ビットコインは14日、上昇し、6500ドル台を突破した。アナリストらからは、このまま値上がり傾向は維持されることもありうるとの見方が示されている。

スプートニク日本

日本時間14時57分現在でコインマーケットキャップでは2.24%高の6560ドルに、最大の仮想塚取引量を誇るビナンスで2.9%高の6570ドルの値を付けている。

他の仮想通貨も一斉に値上がりしており、イーサリアムで16.34%高の220ドル32セント、リップルが4.24%高の28.3セント、ビットコインキャッシュも7.52%高で470ドル34セントにまで達した。

bitcoin

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536944125/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨市場に年末へ向けた昨年のラリー再来!?著名投資家ノボグラッツ氏が指摘!チャート解説

米の著名投資家であり、仮想通貨投資ファンドCEOも務めるマイク・ノボグラッツ氏のツイートが話題になっています。

チャート分析もあわせて解説します。

要点

・仮想通貨市場は年末へ向け大幅な上昇?
ノボグラッツ氏は独自のチャート分析により、仮想通貨市場が底入れしたとの見解を示しました。

BGCIによるチャート分析

これはBGCIのチャートです…私は昨日(13日)底入れしたと思います。昨年末の高値と、大規模なラリー/バブルにつながった加速のポイントに再びタッチしました…。仮想通貨市場は、ブレークアウトしようとしています。バブルの調整は終わりました

13日、仮想通貨市場は大幅な反発をしましたが、これを受けノボグラッツ氏は「仮想通貨市場が底入れをした」とツイートしました。

BGCIとは、ノボグラッツ氏がCEOを務めるギャラクシーデジタルとブルームバーグが提携してつくられた仮想通貨の指数です。

その指数が、昨年12月のラリーを開始したポイントに到達したため、再度仮想通貨市場は年末へ向けて上昇するのではないかという見解のようです。

当ブログでも紹介していましたが、仮想通貨市場は直近3年間、9月~12月に上昇しており、今年もその可能性はなくはないと言えるでしょう。

過去3年間、仮想通貨市場は9月~12月に暴騰!2018年も年末へ向け価格は暴騰するのか!?チャートで解説

 

6000ドルからの上昇がキーポイントに?

実際に、昨年のチャートをみてみると、2017年11月17日に安値5800ドルをつけてから、12月まで急上昇しているのがわかります。

ビットコインドル 日足

こちらも当ブログでも紹介していましたが、6000ドルというのは、ビットコインの非常に重要なサポートです。

今回の下落でも6000ドルはサポートされているため、ここを起点にラリーが再開できるかは注目ポイントでしょう。

 

年末へ向けての材料

また、チャートだけではなく、具体的な上昇材料も9月末から豊富に控えています。

今月末にはVanEck/SoildX版ETFの可否判断、11月にはBakktの先物上場、またこの1週間のうちに米国でカストデイサービスの提供、モルガンスタンレーのビットコインスワップ取引の開始など、重要な報道が多々ありました。

ETFの動向も併せて、法整備が整ってきているのは確かなので、今月から年末へ向けての相場は要注目となるでしょう。

歴史的判決か!米で2つの仮想通貨に証券法が適用され判決が下される!わかりやすく解説!

ビットコインETFの重要性を再確認!4人の専門家が指摘するETFの重要性とは?

 

まとめ

もちろん、必ずしもノボグラッツ氏の指摘が当たるとは限りません。

仮想通貨市場は13日に反発しましたが、今後の6000ドルをサポートにして上昇していけるのかには注目です。

そして、年後半からの市場の重要なイベント・米国を中心とした規制動向は引き続き重要なポイントとなるでしょう。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨ビットコイン急落に「クジラ」の影ー謎の大量保有者が売りか!?

1: 2018/09/14(金) 23:53:22.21 _USER9
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-14/PF12W16S972N01?srnd=cojp-v2

ビットコイン急落に「クジラ」の影ー謎の大量保有者が売りか

Justina Lee
2018年9月14日 14:19 JST
→「クジラ」は一時11万1114ビットコイン保有-ピーク価格で20億ドル
8月23-30日に合計5万500ビットコインが関与した50取引
→仮想通貨ビットコインが先週、2日間で最大15%も値下がりした後、インターネット上である説がささやかれるようになった。「クジラ」が動き出したというのだ。

  「クジラ」は大量保有者の代名詞として使われている。この保有者はビットコインが今のように有名でなかった2011年から電子ウォレットを持ち、そこには一時11万1114ビットコインが入っていたとされる。ピーク時の価格で約20億ドル(約2240億円)相当となる。このクジラが今年の値下がりを受けて売りに動き始めたといううわさが、2週間ほど前に浮上した。

  議論はレディット上で燃え上がり、チャートやビットコインを巡るこれまでのニュースが飛びかった。ビットコインの謎を巡るお決まりの展開だ。有名なウォレット、臆測が売りを増幅させる悪循環、インターネット上の素人探偵たちの的外れかもしれない捜査。電子帳簿であるブロックチェーンの公開性から、誰でも取引の痕跡をたどってみることができる。

  仮想通貨の追跡ツールを企業や法執行当局に提供するチェーンアナリシスによると、8月23-30日の間に合計5万500ビットコインが関与した50取引が問題のクジラ保有者のウォレットから行われた。ブルームバーグがまとめる価格の22日終値に基づくと、3億2000万ドルに相当する。チェーンアナリシスは、このビットコインが仮想通貨交換所に持ち込まれたかどうかは確認できないという。

原題:Mystery of the $2 Billion Bitcoin Whale That Fueled a Rout (1)(抜粋)


bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536936802/


続きを読む No tags for this post.

いまって絶対ビットコイン買うべきだよな???

1: 2018/09/09(日) 17:11:50.038
ID:H7uHYZKgr0909
1月ぐらいからずっと見てるけどこの流れなら来月ぐらいには90万代に戻ってるし

いままでビットコイン買わなかったことめっちゃ後悔してる...

bitcoin

引用元:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1536480710/


続きを読む No tags for this post.

ビットコイン(BTC)45000枚が5回に分けて謎の移動・・・

続きを読む No tags for this post.

仮想通貨市場は小幅反発!このままサポートを維持して上昇できるのか!? 9/13チャート分析

5日から大幅に下落していた仮想通貨市場ですが、本日になってようやく反発しています。

余談は許さない状況ですが、各通貨このままサポートを維持して上昇していけるかがポイントとなりそうです。

要点

・各通貨は重要なサポートを維持
ビットコインを中心に、各通貨はサポートを維持した格好に。このまま上昇していけるかが引き続き注目のポイントとなりそうです。

ビットコインは重要なサポートを維持して小幅に反発

ビットコイン円 日足 8月~

当ブログでもお伝えしていましたが、ビットコインは重要なサポートである6000ドルを維持。

13日の仮想通貨市場は、全体的に反発しています。

上のチャートは8月からのビットコイン円の日足です。

ちょうど1ヵ月前もこのサポートを維持してもみ合い74万円の突破に苦戦する展開が続きました。

まだ、時間が経過しないとわかりませんが、このままサポートが維持されれば、レンジの上値めどは74万円ということになります。

そして、再び74万円をブレイクすると、上昇のシナリオも十分に考えられるチャート形状です。

ビットコインに関しては、今年6000ドルが幾度もサポートされており、今回もサポートされれば投資家は下値の強さを再確認できるため、センチメントも回復する可能性があります。

 

アルトコインの動向

アルトコインに関しては、各通貨独自の要因で動いているというよりかは、直近ではビットコインの動きにつられて動いている印象です。

なので、ビットコインと同じく、主要なアルトコインもサポートを維持しており、仮想通貨市場はいったん下値をつけた可能性があります。

こちらも時間がたたないとわからない部分がありますが、ビットコインと同じく、アルトコインもサポートを維持して上昇していけるかが注目でしょう。

注目度の高いイーサリアム・XRPの下値、サポートに関しては下記の記事でまとめてあります。

XRPとイーサリアムは何円まで下がる?XRPは8月の安値をサポートすることができるか 9/11チャート分析

 

今週のニュースまとめ

直近では、仮想通貨の価格下落がピックアップされ、あまり市場が新しいニュースを材料視していないような印象です。

まず、今週初め、価格が下落する中でイーサリアム創始者ブテリン氏の「バブルは弾けた」発言が話題となっています。

仮想通貨バブルは弾けたのか!?イーサリアム創業者ブリテン氏が発言!長期的にはポジティブなコメント?

しかし、同じイーサリアム設立者であるルービン氏が反論、メディアを賑わせています。

イーサリアム共同創始者ルービン氏、ブテリン氏の「バブルは弾けた」に反論!「成長は続く」

また、昨日は米国で初めて証券法が適用され判決が下された裁判がありました。

ブテリン氏は「仮想通貨は次のステージに移行している」と発言していますが、この他にジェミニが発行した「GUSD」など、徐々に仮想通貨市場が変化をし始めている時期で不安定になっているのかもしれませんね。

月末には、注目度の高いVanEck/SoildX版ETF可否判断も控えており、年末から来年へ向けて、仮想通貨市場が成熟していけるのかに注目です。

ビットコインETFの重要性を再確認!4人の専門家が指摘するETFの重要性とは?

 

まとめ

まだ、完全に安心できる形ではありませんが、仮想通貨市場は5日から続いた下落がようやく一服した格好になっています。

ビットコインの重要なサポートラインはまだ維持されており、アルトコインも同じくサポートされています。

週末もこのまま価格がサポートされるのかは注目なので、重要なイベントが控える月後半の相場動向には注目したいところですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨の価格が上がる要因と、今後上がるであろう銘柄5種

2017年に仮想通貨法が策定されてからというもの、さまざまなニュースやメディアでも仮想通貨の話題が取り上げられるようになりました。 数ある仮想通貨の中でも特に高い人気を誇っているのがビットコイン(BTC)で、初心者にも最 ... No tags for this post.