00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

ゴールドマンサックスがBakkt開始でビットコイン先物取引に参入!?The Blockが考察!

仮想通貨メディア「The Block」によると、12月から始まるICEの仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」でゴールドマンサックスが先物取引に参入するかもしれないと述べました。

Bakktは市場の資金の呼び水になるとして注目を集めています。

要点

・Bakktの重要性
世界有数の大手証券取引所NYSE(ニューヨーク証券取引所)、その親会社ICEが立ち上げるのが仮想通貨プラットフォーム「Bakkt」です。マイクロソフト、スタバとの提携も発表されており多くの業界関係者から注目を浴びています。

 ゴールドマンサックスがBakktの先物取引を開始する可能性がある

ゴールドマン・サックスはカストデイサービスでBakkt に頼ることはないが、プラットフォーム上で取引する可能性はある

仮想通貨メディア「The Block」が報じたところによると、ゴールドマンサックスがBakktの先物取引を開始する可能性があるとのこと。

上記の記事は、先日報道された(The Abacus Journal)ゴールドマンサックスがBakktを使ってカストデイ(仮想通貨保管サービス)を展開するのは誤報だったというのが主な内容です。

The Blockは、情報筋の発言で、Bakktを使ってのカストデイサービスは誤りだが、先物を取引を開始する可能性はあると伝えています。

下記が記事の該当する部分の翻訳です。

Goldman Sachs could potentially trade futures on Bakkt. And conversations between the two firms on this matter will likely occur.

Goldman SachsはBakktの先物取引を将来的に行う可能性があると言われています。そして、この日の会議(The Abacus Journalが報じたもの)この問題について両社間の会話がなされた可能性が高い。

少しややこしいですが、簡単にいうとゴールドマンサックがBakktで先物取引を開始するかもしれない、ということです。

ニュアンス的には「可能性がある」ということと、あくまで情報筋の発言なのは注意しましょう。

 

Bakktは相場の上昇材料として大きな注目を浴びる

ゴールドマンサックスはさておき、12月から先物取引を開始するとされるBakktは業界から大きな注目を浴びていて、また相場の最大の上昇要因ともされています。

なぜなら、ICEが提供することで、完全に規制された先物取引、安全なカストデイ、また将来的にマイクソフト・スタバと提携した小売業も検討しているからです。

ファンドストラッド社のトム・リー氏を筆頭に、ビットコインETFよりもBakktのほうが相場の上昇要因になると指摘する専門家も多いです。

さらに、Bakktのビットコイン先物は、ビットコインの現物を実際にBakktが保有しなければならないため(VanEck/SoildX版ETFと同じ)、価格の影響度が高いのと、流動性の観点からも優れた金融商品であると指摘されています。

The Blockの関係者筋も、ゴールドマンサックスが参入してもおかしくはないほど、Bakktの存在は大きいと言いたいのでしょう。

Bakktに関しては、こちらのブログでも今後わかりやすく解説していきます。

 

まとめ

The Blockの報道に関しては、あくまで考察にとどまるので参考程度にしておきましょう。

しかし、Bakktのサービスはそれだけ優れており、実際にゴールドマンサックスが参入できるだけのポテンシャルを兼ね備えているのも事実。

当初11月と予定されていた先物取引ですが、現在は12月に先延ばしになったようなので、時期が近付いたらBakktがらみの報道も増えるかもしれませんね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨ADAとは?特徴・将来性・取扱取引所を徹底解説

カルダノプロジェクトのADA(エイダコイン)を知っていますか? ADAは日本国内の取引所では取り扱いをしていないため、あまり認知度が高くない仮想通貨ですが、投資家たちの間では注目度の高いコインとして知られています。 そこ ... No tags for this post.

仮想通貨市場は結局レンジの展開に!米中貿易摩擦が再び重しに!? 10/19チャート分析

11日の急落から回復していた仮想通貨市場ですが、18日は再び価格が下落しました。

しかし、9月からみたら依然レンジの展開が続いているといえます。

要点

・米中貿易摩擦が再燃!?
18日のダウは米中貿易摩擦の懸念で下落。最近は仮想通貨市場ともリンクしているとの指摘もあるので、引き続き注目でしょう。

仮想通貨市場は長いレンジの展開が続く

ビットコイン円 日足

仮想通貨市場は、9月5日の急落以降、1ヵ月以上68万円~76万円のレンジ相場が継続しています。

アルトコインに関しても、ビットコインよりボラティリティーは高いですが新高値・新安値を更新するようなトレンドの相場ではありません。

また、ビットコインの重要な価格帯は、直近で突破できない76万円(6800ドル)と指摘されています。

76万円を突破すれば、チャート上では上昇トレンド回帰の可能性が出てくるので、引き続き注目でしょう。

また、レンジ相場ではありますが、今年に入って鉄板のサポートである6000ドル(65万円近辺)にも注目したいところ。

アルトコインも含め、ビットコインがレンジの上下どちらかにブレイクしない限りは大きな動きは期待できなさそうです。

強気相場到来は2019年初頭か!?最重要指標である200日移動平均線と下降トライアングルとは?

 

米中貿易摩擦への懸念が再燃

18日の米国株式市場は再び大幅の下落、ダウは327ドル安で引けました。

ダウ 日足

下落の要因は、当ブログでもお伝えしている米中貿易摩擦への懸念と長期金利の上昇。

特に、18日のダウの下落は、米中貿易摩擦への懸念が再燃したとのことです。

米国株式市場に何が起こっている?仮想通貨にも影響する「長期金利」と「米中貿易摩擦」を解説!

また、米中貿易摩擦により、中国のマイニング企業が打撃を受けるという新しいテーマも浮上しています。

米国株式市場と仮想通貨市場の相関関係は専門家の中でも意見が別れています。

ただ、米国株式市場が大きく動けば(例えば暴落など)、仮想通貨市場も影響されて動く可能性は否定できないので、落ち着かないうちは注目しておいたほうがいいかもしれませんね。

また、もうひとつの急落要因とされていたビットフィネックス・テザー問題ですが、こちらはビットフィネックスが入金を開始しておりひと段落したようです。

ただ、こちらもテザー疑惑が完全に解決したわけではないので、引き続きその動向に注目でしょう。

 

まとめ

まとめると、既存の金融市場、仮想通貨市場ともに不安定な状態が続いているようです。

なので、引き続き上記にあげた材料。要因に関してはチェックしておきたいところですね。

仮想通貨市場にかんしてはレンジの展開が継続。

下値も十分にサポートされたわけではないので、不安定な状態が続くうちは6000ドルのサポートにも注目でしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインを買いたい!はじめての購入徹底ガイド

ビットコインを買ってみたいなあ・・・ でも初心者だしなんだか難しそう・・・ この記事ではビットコインをはじめて購入する方に向けて、その購入方法を絵も使ってどこよりもわかりやすく徹底的に解説いたします。 難しそうなイメージ ... No tags for this post.

「クジラ」がビットコイン6000ドルを押し目買いしている?調査機関のデータが示す驚きの事実!

今年に入って低迷を続けている仮想通貨市場ですが、ビットコインの「6000ドル」は不思議なくらいサポートされています。

10日、大手仮想通貨調査会社Chainalysisは「クジラ」が価格低迷の場面でビットコインを買っているというデータを発表しています。

要点

・クジラとは
もとは株式市場の用語で、億~兆の規模で投資をする人・機関のことを指します。例えば、ヘッジファンド、年金機構です。市場を海に例えてその中を泳ぐ「巨大な資本=クジラ」と呼ばれています。

クジラが市場を支えている?

今年の仮想通貨市場は低迷を続けていますが、ビットコインの6000ドル(65万円付近)は今年幾度もサポートされてきました。

ビットコイン円 日足

上記のチャートの通り、先週の急落を含めればざっくり6回もサポートされています。

ビットコインが6000ドルに近づくと、あるいは6000ドルを下回ったとき不思議な買いが入るのです。

そして、買いを入れている犯人の正体が「クジラ」と呼ばれる大口投資家かもしれません。

出典:https://blog.chainalysis.com/reports/bitcoin-whales-oct

大手仮想通貨調査会社Chainalysisが発表したデータによると、仮想通貨市場が落ち込んだ5月から7月の時期にクジラの投資額は増えていることが判明しました。

上記の表の黄色い線がクジラ、青い線が相場の動きです。

Chainalysisのデータが、市場参加者の全てをカバーしているわけではないですが、わかる範囲で上記のようなデータに表れているのも確かです。

 

別のデータでも機関投資家の買い増しが明らかになっている

以前、仮想通貨投資ファンド、グレイ・スケール社もChainalysis社と同じようなデータを公表しています。

それは、仮想通貨市場が低迷した1月から6月に機関投資家の投資額は増えているというデータです。

グレイ・スケール社のデータも全ての機関投資家をカバーしているわけではありませんが、一部でも確実なデータがあるのは確かです。

また、Chainalysisのデータも加味すると「クジラは価格が下落したときに買い増しをしている」と言えそうです。

反対に、あまりに堅い6000ドルは、クジラのような大口投資家の買っている以外に説明がつかないのも確か。

今後も必ず買いが入る保証はありませんが、今後も6000ドルは重要な価格帯として注目でしょう。

 

まとめ

直近の相場をいうと、ひとまずは先週の急落で底をつけたと言えますが、まだ十分に安心できる相場は反発していません。

なので、今後もビットコイン6000ドルのサポートに注目でしょう。

当ブログでも何回もお伝えしていますが、6000以上を維持できれば仮想通貨市場全体が再び強気トレンドに復帰する可能性もあるので、知らなかった方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

強気相場到来は2019年初頭か!?最重要指標である200日移動平均線と下降トライアングルとは?

昨日、コインデスクがポストしたチャート分析が非常に興味深いので紹介します。

それは、いくつかの重要な指標が2019年初頭に強気相場が到来することを示唆しているというものです。

要点

・200日移動平均線
株や為替などでも中長期的なトレンドを計るのに使われるのが200日移動平均線です。プロのトレーダーの間でも最もポピュラーな指標といって間違いないでしょう。

 強気相場到来は2019年初頭?

ビットコインは、しばしばその頭の上に技術的な分析を回すと、再びそれを行うかもしれない。

今回、コインデスクがおこなったチャート分析は200日移動平均線をつかったもの。

200日移動平均線は株や為替などでも使われ、数カ月~数年の中長期的なトレンドを知ることができます。

実際に、200日移動平均線を表示させたチャートが下記になります。

ビットコイン円 日足

200日移動平均線は単純に線より上で価格が推移しているか・下で推移しているかでトレンドをはかることができます。

2017年は200日移動平均線の上で価格が推移しており、上昇トレンドと判断することができます。

そして、本格的に弱気相場入りしたのは、2018年3月8日、ここで価格が200日移動平均線より下で推移します。

さらに今年は、チャートフォーメンションである下降トライアングルも形成。

下降トライアングルは、高値が徐々に切り下がる弱気相場の典型的なチャートフォーメンションです。

しかし、コインデスクは、過去にビットコインは同じような動きを繰り返しており、それが再現されるなら2019年頭にも上昇トレンドが再び始まるとの見解を示しています。

出典:https://www.coindesk.com/do-these-indicators-suggest-a-bitcoin-price-rally-early-in-2019/

上記のチャートをみればわかりますが、過去にビットコインは今年と同じく「下降トライアングルの形成+200日移動平均線の突破」を契機に上昇トレンドが始まっているのがわかります。

また、これらのチャート分析から、6800ドル(76万円)と7400ドル(82万円)の突破が上昇トレンド回帰には必要ということがわかります。

 

チャートだけではなくファンダメンタルズも揃う

昨日、発表されたFedelityのサービス開始は、Bakkt以来の大きな相場の強気材料といっても良いでしょう。

著名投資家ノボグラッツ氏も、これを機に2019年頭から機関投資家の参入が加速するとコメントしています。

ビットコインは2019年6月までに220万円を超える!マイクノボグラッツ氏がコメント!

またこの他に11月にはBakktのサービス開始、12月にはビットコインETF可否判断と相場を動かす大きな材料が控えています。

これらも加味すれば、チャート分析と同じく年末から2019年初頭の価格上昇には期待できそうですね。

 

まとめ

下降トライアングルは、弱気相場のパターンなので、ここからさらに価格が下落する可能性もあるのでその点は注意でしょう。

それを見極める上では、引き続きビットコイン6000ドルのサポートは重要な節目となります。

アルトコイン全般に関しても、ビットコインが上昇トレンドに復帰すれば仮想通貨市場全体が浮上する可能性があるので注目でしょう。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト


;

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨ビットコイン上昇の裏側「何が」おきているのか・・・

仮想通貨ビットコインが上昇しています。その裏側ではいったい何がおきているのでしょうか。疑惑のステーブルコインであるテザー(USDT)や仮想通貨取引所ビットフィネックス(Bitfinex)の動きがありました。またベネゼエラでも取引が増えている様子なのです。

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4


No tags for this post.

国内の仮想通貨取引所を様々な項目で徹底比較しました!

仮想通貨の取引所は日本国内だけでも10数社、海外取引所もいれると200以上もあります。 これだけ数が多いと、いざ仮想通貨を始めようと思っても 一体どの取引所で始めればいいの? と迷ってしまう方も多いことでしょう。 このペ ... No tags for this post.

運用規模800兆円のFidelityが仮想通貨業界参入!ジョンソンCEO「仮想通貨は新しい資産クラスになる」!

ウォール街の大手ファンド、Fidelityが15日、仮想通貨業界に参入することを発表しました。

CNBCやForbsなど複数のメディアで報じられています。

要点

・機関投資家の参入
今年は「機関投資家の参入」が大きなテーマでもありますが、規制の不明瞭感などにより遅れている印象です。Fidelityのような大手投資会社が参入することで、その期待が高まります。

Fidelityが仮想通貨業界に参入することを発表

顧客の資産を7兆2000億ドル以上保管するFidelityは、ヘッジファンドやその他のプロたちが仮想通貨に投資することを可能にする

ウォール街でも老舗大手の投資ファンドFidelityが仮想通貨業界に参入することを発表しました。

Fidelityは70年以上の運営実績をもち、これまでに2700万人の顧客800兆円の資産を運用してきた超大手の投資ファンドです。

ちなみに、Fidelityのような大手が正式に参入するのは、初の事例となります。

現在はブラックロックやゴールドマンサックスの参入が報じられていますが、まだサービスを開始したわけではなく、あくまで検討段階のものだからです。

Fidelityは2019年初頭をめどに取引プラットフォーム、カストデイ(仮想通貨保管)サービス、顧客のサポートといったサービスを展開していくとのこと。

特に注目されているのは、カストデイサービスです。

Fidelityのような信頼の高いファンドがカストデイサービスを開始することで、より多くの機関投資家や大口の顧客の資金流入が期待されています。

あた、FidelityのCEO,アビゲイル・ジョンソン氏は「仮想通貨は新しい資産クラスになる」とコメント。

このような大手のファンドがこのように発言しているのは非常に心強いですね。

 

2018年の大きなテーマである機関投資家の参入

今年は、春ごろから「機関投資家の参入」および「仮想通貨市場の金融化」といったテーマが浮上し、大きな期待がありました。

現在あるビットコインETFやBakkt設立もそのひとつです。

しかし、ビットコインETF可否判断でもわかるように、期待されていた反面、仮想通貨に関する規制は遅れていて不明瞭な部分があるのも確かでしょう。

ただ、今回のFidelityの仮想通貨業界参入は、今後他の大手ファンドが仮想通貨業界に参入する後押しになる可能性があります。

繰り返しにはなりますが、Fidelityのようなウォール街大手ファンドが実際に仮想通貨サービスを開始するのは初の事例だからです。

これらの理由から、今回のニュースは非常に重要な意味を持っており、2019年以降も仮想通貨市場の金融化が進むのかが注目でしょう。

仮想通貨の「金融化」と「実用化」!2019年以降の2大テーマをおさえておこう!

 

まとめ

直近ではテザー問題などで荒れている仮想通貨市場ですが、その中でもかなり大きなポジティブ材料と言えるでしょう。

Fidelityが2019年初頭にサービスを開始するのを考えれると、年末へ向けてゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、シティバンク、ブラックロックのような大手ファンドが参入する期待も高まります。

またこのようなニュースが続けば仮想通貨市場が再び上昇するのに期待できるので、今後の動向は注視したいところです。

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.