00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

【9/17】今週の仮想通貨市場はどうなる?「動かない」相場の今後は

夏から仮想通貨市場は上下を繰り返してきましたが、結局、中長期的な目でみればレンジの範囲内に。

今後は新たな材料を探しつつレンジの脱却が焦点となりそうです。

要点

・「動かない」相場の今後
8月以降、ビットコインはレンジでの推移が継続。今週だけでなく、このレンジを脱却することがしばらくの間焦点となりそうです。

 ビットコインは1か月の間レンジ推移に

今月に入り、急落・急騰する場面をみせてきたビットコインですが、このような相場においては短期的な目線より長期的な視野でみた方がよいかもしれません。

ビットコイン円 日足 8月~

 

ビットコインは8月に入ってから130万円まで上昇する場面がみられましたが、その後は現在まで下値100万円・上値118万円のボックスレンジに。

そのため、今週に限った話ではなく、少し中長期的な目線でこのレンジどちらかをブレイクするかがしばらくの間焦点となりそうです。

直近では値動きもかなり細くなってきているため、今週大きく動く可能性もあります。

シナリオとしては上昇・下落どちらも考えられる場面なので、ストレスのたまる相場は続くかもしれません。

 

次の一手は何が必要か

今年の4月から、ビットコインは米中貿易摩擦に始まる「世界経済の不透明感」、そしてリブラにみられる「認知の普及・期待」などを背景に上昇してきたと指摘されています。

もちろん、上昇材料については専門家の中で意見が別れるところではありますが、4月からの3カ月間で市場が材料を織り込んだとも解釈できます。

そして、次の一手にかけ、動くに動けないのが現在の相場を表していると言えるでしょう。

この秋からは、待望されていたBakktがサービスを開始するなど、新しい材料も出ましたが、現時点で市場にはあまり刺さらず。

Bakktはなんで重要?特大材料をあらためて復習しておこう!

そのため、中長期的な目線で何か新しい材料が出てくるのかにも少しフォーカスを当てたい場面です。

先週は欧州中央銀行が利下げを発表しましたが、世界の金融動向は引き続き不安定な状態が続いているので、そちらは引き続きチェックしたいものです。

 

まとめ

ビットコインおよび仮想通貨市場は、8月からみて長いレンジ相場に。

それを踏まえると、今週というよりかは少し長い視点で相場を見る必要があるかもしれません。

引き続きレンジにおいては100万円から118万円がキーターゲットとなるので、今週大きく動く場面があれば、注目したいところではあります。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「仮想通貨」が壊れた国際通貨システムを修復する方法 ── 「ビットコインを買おう」ではない提言

No tags for this post.

【仮想通貨 ビットコイン(BTC)】久しぶりに出来高の超少ない週末。急落に警戒?!

No tags for this post.

【速報】マイニング大手ビットメイン、ビットコイン用マイニング機器の最新モデルを発売

No tags for this post.

「ニュース」仮想通貨ビットコインと人民元、記録的な逆相関関係 やはり仮設通りの展開だったか

No tags for this post.

【仮想通貨】ビットコインのライトニングネットワーク、脆弱性発覚で至急アップデートが必要。被害報告も

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/12(木) 16:29:42.60 ID:CAP_USER
Bitcoinのスケーラビリティを改善し、マイクロペイメントを実現する技術ライトニングネットワーク(Lightning Network)に脆弱性が認められた。開発各社はソフトウェアの最新版で対策を実施したが、更新前のネットワークで実際に被害が出たことも報告されている。開発者らは最新版へのアップデートを呼びかけている。

現時点では、脆弱性の詳細や、具体的な被害状況は公開されていない。更新前のネットワークで脆弱性が悪用される危険を考慮し、詳細については9月27日に公開するとしている。今回の脆弱性は、ライトニングネットワークのみに生じており、Bitcoinには影響がないという。エンドユーザーは、ライトニングウォレットの資産をBitcoinのウォレットへ退避させることで被害を防ぐことができる。

ライトニングネットワークにはBOLT(Basis of Lightning Technology)という仕様があり、これに基づいてソフトウェアが開発されている。BOLTに準拠するライトニングノード運用ソフトウェアの複数のバージョンにわたって、脆弱性があることが確認されている。ライトニングネットワークの運用者は至急、以下の対策済みバージョンへ更新する必要がある。

Nayuta社が開発する「Ptarmigan」
バージョン0.2.4で対策済み。バージョン0.2.3以前の全バージョンに脆弱性あり
Lightning Labs社が開発する「Lnd」
バージョン0.7.1で対策済み。バージョン0.7以前の全バージョンに脆弱性あり
Blockstream社が開発する「c-lightning」
バージョン0.7.1で対策済み。バージョン0.7以前の全バージョンに脆弱性あり
ACINQ社が開発する「eclair」
バージョン0.3.1で対策済み。バージョン0.3以前の全バージョンに脆弱性あり

ライトニングネットワークの脆弱性は当初、8月30日に発見され、Blockstream社のラスティー・ラッセル(Rusty Russell)氏が報告した。報告時点で同社は対策版のソフトウェアを公開。同じくライトニングネットワークを開発するNayuta社、Lightning Labs社、ACINQ社も9月10日までに対策版を公開した。同日、Lightning Labs社のオラオルワ・オスントクン(Olaoluwa Osuntokun)氏が対応状況を取りまとめ、至急ソフトウェアの更新が必要だと、ライトニングネットワークの利用者へ呼びかけた。
https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1206912.html

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568273382/b894a3196ce2ab55a302ad18199085f7_s

続きを読む No tags for this post.

ビットコインハッシュレートが1億TH/s目前!バイナンスCEOも強気の見解示す!

直近でビットコインのハッシュレートが1億TH/s目前に迫っており、メディアで話題になっています。

バイナンスCEOザオ氏も、ハッシュレートが上昇していることにより、価格上昇も期待できるという旨のツイートを行いました。

要点

・ハッシュレート
ハッシュレートはビットコインのマイニング(採掘)速度を示した数値。基本的に、ハッシュレートの上昇はネットワークの安全性を示す指標になる。専門家の中で意見は分かれていますが、実際の価格の指標になると指摘されるのも多いです。

ビットコインハッシュレートが1億TH/s目前で過去最高値更新

直近でビットコインのハッシュレートが1億Th/s目前に迫っており、メディアの中で話題になっています。

ハッシュレートからは様々なことが読み取れますが、単純に採掘難易度が上昇することは、ビットコインネットワーク自体のセキュリティーが強化されていると読み取ることができます。

そして、もうひとつ注目したいのがビットコインの価格との関係性です。

sasaki氏の説明が一番わかりやすいですが、ハッシュレートが上昇するとマイナーの採掘コストも上がる→マイナー達が将来的な価格上昇を見込んでいると読み取ることができます。

高いお金をかけてまで採掘しても、ビットコインが値上がりしなければ、マイナー達は意味がないからです。

ただし、ビットコインのネットワークが強化されるのが基礎的な知識ですが、価格との関係やマイナーの関係については専門家で意見が別れるとこなので、注意が必要です。

 

ビットコインの価格上昇はあるのか

バイナンスCEOもハッシュレートの上昇に言及しており、Twitter上でコメントしました。

ハッシュレートの増加は、より多くの鉱夫がBTCに投資していることを意味し、強気です。あなたは次のことを知っていますか?ビットコインハッシュレートは「パラボリック」に見え、1か月で30%増加

ザオ氏はハッシュレートが上昇していることにより、価格にも強気だと述べています。

ただし、繰り返しにはなりますが、反対にハッシュレート増加で、マイナーのコストが上がり、それが売り圧力につながるとの指摘もあります。

昨年からは、ハッシュレートが過去最高値を更新し続けていますが、ビットコインの価格は相関性がなく低迷を続けていました。

このように、ハッシュレートに関しては専門家で様々な指摘がありますが、ネットワークが向上するという意味では基本的にはポジティブな材料になるので、今後も推移に注目していきたいところです。

 

まとめ

直近でビットコインのハッシュレートが1億TH/sに迫っており、過去最高値を更新、メディアの中では話題になっています。

バイナンスCEOはこのことに関し「強気」とコメント。

ハッシュレートの上昇でビットコイン価格が上昇していくことを示唆しました。

ハッシュレートと価格の関係については、専門家の中で意見が別れていますが、いずれにせよ、ポジティブ材料にはなるので今後の動向に注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【9/13】ビットコイン112万円まで上昇!レンジは脱却できるのか?

前日まで安値圏での動きが続いていたビットコインですが、本日は価格が上昇。

直近の相場動向についてまとめました。

要点

・レンジを脱出できるのか
ビットコインが日足レベルでみると、新高値・安値更新がなく、レンジ相場が継続していると言えます。直近の安値・高値更新がなければ、しばらくの間横横となる相場が続く可能性はあるでしょう。

 ビットコインも112万円まで上昇もレンジは続くか

全日まで安値圏での推移が続いていたビットコインですが、12日の午後から価格が上昇。

本日も続伸し一時112万円まで上昇しました。

ビットコイン円 日足 7月~

上記はビットコインの7月からの日足チャートです。

赤丸をつけたのは114万円から118万円の価格帯となっており、いずれも終値レベルではヒゲをつけているレジスタンスに。

本日も112万円まで上昇していますが、この価格帯を超えない限り、上昇トレンドに回帰したとはいえません。

今後のシナリオとしてはどうなるかわかりませんが、今後はじばらく上下を繰り返すレンジ相場になることも考えられます。

 

次なる一手は何か

9月相場としては、金融市場が落ち着きをみせ、いったんのビットコイン上昇材料がなくなる形に。

仮想通貨市場の独自材料としてBakktの開始が話題になりましたが、今のところ市場は織り込み済みか、あまり材料視していないようです。

このように、決定的な材料がないのも今のレンジ相場を表しているといえるでしょう。

また、これといった悪材料もなく、ここから大幅に価格が下落するシナリオも現段階では考えずらいところ。

昨日は、欧州中央銀行が利下げを実施しましたが、10月以降はブレグジットの是非も控えており、今後も金融市場に大きな動きが出る可能性があるので、その際にビットコインがどのように動くのか注目したいところです。

 

現状はレンジ相場になることを考慮しつつ相場動向を追っていきたい場面ではあります。

 

まとめ

しばらくレンジ相場が続いていたビットコインですが、本日は価格が上昇。

しかしながら、日足レベルではまだまだレンジの範囲内であり、本格的な上昇トレンドには118万円の突破が必要になります。

材料としては、これといった悪材料はないものの、強い上昇要因となる材料もなく。

昨日は欧州中央銀行が利下げを実施しましたが、引き続き金融市場の動向がビットコインに価格に影響を与える可能性があるので注目です。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨ビットコインのロゴ、プレミアリーグ所属チームのユニフォームに

【速報】欧州中央銀行が利下げ!ビットコイン上昇に影響?

12日、欧州中央銀行が3年半ぶりとなる利下げを発表。

相関性は定かではありませんが、12日のビットコインは欧州市場が開始する15時頃から小幅に反発しています。

要点

・利下げの影響
ビットメックスCEOが指摘するように、基本的に中央銀行の利下げは仮想通貨市場のポジティブ要因とみられています。今後の動向は引き続き注目でしょう。

 欧州中央銀行が利下げ

仮想通貨市場とは直接関係ありませんが、12日に欧州中央銀行が利下げを実施。

米国に引き続き、数年ぶりに利下げする形となりました。

これは「量的緩和政策」と呼ばれ、簡単にいうと、金利を引き下げて金周りを良くすることにより、経済を浮上させる狙いがあります。

また、これで米国、欧州、加えて新興国も利下げを実施したことにより、世界の通貨安競争が再び始まった可能性もあるでしょう。

 

仮想通貨市場にとってはプラスか

利下げと相関性があるかは定かではありませんが、12日のビットコインは15時ごろから上昇し、110万円台に再び乗せています。

15時は欧州市場がちょうど始まる時間でもあり、明日以降も価格が上昇していくか注目でしょう。

ビットメックスCEOはすでにこのことを今年3月の時点で予想しており、量的緩和が再び始まることにより、仮想通貨市場が再び上昇していくと指摘しています。

ビットコインは年末までに100万円回復!ビットメックスCEOが予想!

ヘイズ氏が指摘するように、基本的に量的緩和政策や利下げは、株式市場にとってポジティブ材料として知られています。

そして、同氏は余ったお金(フリーマネー)が仮想通貨市場にも流入すると指摘しています。

短期的に価格が変動するわけではありませんが、このように量的緩和政策は仮想通貨市場にも影響がでる可能性があるので、引き続き世界情勢・世界の金融政策の動向は注目しておいた方がよいかもしれません。

また、短期的に弱い動きが続いていたビットコインですが、このまま価格が反発すれば、再び上昇トレンド回帰の可能性も期待できるので、まずは110万円をサポートにして上昇できるかちゅうもくでしょう。

 

まとめ

12日、欧州中央銀行はおよそ3年はんぶりとなる利下げを実施。

ビットメックスCEOなどは、量的緩和政策が仮想通貨市場にとってポジティブ要因とみているので、引き続き世界の金融市場の動向は注目となるでしょう。

また、直近でよわよわしい動きをしていたビットコインは本日欧州市場が開始ごろに価格が反発。

直近では、110万円だいに再びのせてきているため、ここから価格が上昇していくのに注目でしょう。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【9/12】ビットコイン重要局面へ!90万円まで下落シナリオも浮上か?

先週、堅調なビットコイン市場でしたが、今週に入ると再び価格が下落し始めています。

チャート形状も芳しくなくなってきており、専門家の中でも一段安を指摘するものも出始めました。

要点

・ビットコイン引き続き重要局面へ
このまま下落するかは定かではありませんが、今後反発することができなければ、一段安のチャート形状に。その意味では、現在のビット金は重要局面にいると言えそうです。

 ビットコインは軟調な展開に

今週の展望でもお伝えしましたが、ビットコインは110万円が短期的なサポートになっていましたが、10日に明確に割り込み始めました。

【9/9】今週の仮想通貨市場はどうなる?ビットコインは110万円で反発できるか・Bakkt入金開始など

そのため、チャート形状は悪化してきており、12日時点では下値が意識される展開となっています。

ビットコイン円 1時間足 今週

12時点では、107万円が短期的なサポートに。

対ドル価格でいうと、1万ドルの節目はまだ割り込んでいないので、ここで買いが入り反発できるか注目したいところです。

 

90万円まで下落シナリオも浮上

https://twitter.com/Josh_Rager/status/1171512214487883778

$BTCビットコインの価格改定は、現在のサポートエリアと20MAを介して更新されますバイヤーが数日以内に足を踏み入れない場合、ビットコインは9000ドルという低い価格で以前のサポートを再テストします

仮想通貨アナリスト、レイジャー氏は11日、Twitterに最新の分析を発表。

それによると、ビットコインはこのまま反発しなければ、最大で90万円(8000ドル)の安値テストもあり得るとのこと。

レイジャー氏が指摘するように、短期的には110万円のサポートを割り込んできているため、チャート形状は下値を意識せざるをえません。

とはいったものの、90万円の前には6月以降でサポートとなっている100万円前後の重要なサポートがあるので、このまま価格が下落した場合、そこで反発できるか注目でしょう。

また、現在はボラティリティー(変動率)も小さくなってきているため、上下構わず再び値動きが大きく流動性が出てくるのかにも注目したい場面です。

 

まとめ

ビットコインは10日、短期的なサポートであった110万円を割り込み、再び下値が意識される展開となっています。

仮想通貨アナリスト、ジョシュ・レイジャー氏によれば、今後反発することがなければ、最大で90万円までの安値テストのシナリオもあり得るとのこと。

レイジャー氏が指摘するように、短期的に重要なサポートである110万円を割り込んだビットコインは、再び下値が意識される展開となっているので、今後数日間の動向は注目でしょう。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

SECはCboeにより再申請されたビットコインETFを2週間遅れで公式に発表。追い風なるか?