00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

滞納者に対して「ビットコイン(BTC)」を差し押さえ・・・

no title


■ツイッターより
続きを読む No tags for this post.

仮想通貨取引所の選び方!徹底比較とかんたん解説で脱・初心者

仮想通貨を取引したいけど、 仮想通貨取引所の選び方がわからない! こんな悩みを抱えていませんか? 仮想通貨の取引所は国内外にたくさんあるので、正しい仮想通貨取引所の選び方ってわかりにくいものですよね。 難しいからといって ... No tags for this post.

送金手数料や送金方法は?ビットコインの送金を徹底解説!

ビットコインは投資資産としてだけでなく、送金や決済の方法として用いられています。 そしてビットコインは送金手数料が銀行などで送金するときよりも非常に安いことがメリットだと考えられています。 しかしながら仮想通貨を利用する ... No tags for this post.

仮想通貨ビットコインは従来の通貨を10年以内に置き換える

ビットコインと他の暗号化通貨は、お金のための論理的な “次のステップ”であり、新しい調査によると、主流の支払い形態に近づいているという。Imperial College Londonと取引プラットフォームeToroの研究者は、暗号通貨がどれだけ従来の通貨に近づいたかを測定した。

彼らは、3つの主要な基準を、価値の記録、交換の媒体、会計単位として機能することができるものとして挙げている。

no title


No tags for this post.

イーサリアムの特徴や将来性は?入手方法を徹底解説

2018年に入り全体的に価格が暴落するなど苦境に立たされている仮想通貨市場。 価格が高騰した2017年に比べると、価格が下がり気味のため、今後価格は上がるのか、将来性はあるのかが気になる人も多いのではないでしょうか。 今 ... No tags for this post.

仮想通貨の6つのメリットと将来性|初心者が知るべき全知識

この記事では 「仮想通貨のメリットって何?」 「仮想通貨の価値はまだまだ上がるの?」 という、これから仮想通貨を始める初心者が持っている疑問について、詳しく解説していきます。 仮想通貨のメリットだけでなく、仮想通貨にはど ... No tags for this post.

ビットコインは75万円のレジスタンスを越えられるのか!?イーサリアム・リップルチャート分析

8日の仮想通貨市場はおおむね堅調であり、仮想通貨市場は6月29日からの上昇をまだ維持しています。

週末に報道されたポジティブなニュースと、今後の展開についてのチャート分析を紹介します。

要点

・仮想通貨市場は一段高の展開に?

ビットコインを始めとして、主要な仮想通貨はレジスタンスの突破に苦戦しているようです。

ここを抜けたら一段高の展開も考えられ、重要な局面に差し掛かっています。

ビットコインチャート分析

ビットコイン/ドル 日足

チャートはビットコインドルの日足です。

現状、6800ドル付近の突破に苦戦しており、6月10日からこの水準はレジスタンス(抵抗線)として機能していることがわかります。

ここ数日間、ビットコインはこのレジスタンスの突破にトライしていますが、なかなか上抜けできません。

なので、6800ドルを明確に上抜けるかが今後の注目ポイントとなりそうです。

日本円でいうと75万円を上抜けて76万円に乗せてくれば期待も高まります。

 

イーサリアムチャート分析

イーサリアム/ドル 日足

続いて、イーサリアム/ドルの日足チャートです。

ビットコインに比べ、ややわかりづらいチャート形状になっています。

基本は、ビットコインと同じく、6月10日からのレジスタンスの突破にトライしています。レスタンスは480ドルです。

しかし、ビットコインと違い、本日時点で480ドル付近(チャート赤い水平ライン)に推移しています。

なので、すでにレジスタンスを突破しているともいえ、非常にわかりづらい展開となっています。

節目は500ドルなので、そこを明確に上抜けできるかに注目でしょう。

日本円では、5万3000円を明確に上抜けできたら次の6万円の高値という展開になりそうです

 

リップルチャート分析

リップル/円 日足

チャート出典:「bitbank by TradingView
https://bitbank.cc/app/trade/xrp_jpy

リップル円はイーサリアムよりもわかりづらいチャート形状です。

6月23日から安値46円、高値は55円の10円幅のレンジになっており、目先は55円80銭近辺が重要なレジスタンスと考えられます。

ここ数日間は、動きのない展開が続いているので、まずはこのレジスタンスを突破できるかに注目でしょう。

もし突破できると、次の高値は65円近辺となります。

 

今後上昇に必要なことは?

現状、目立った上昇材料・下落材料がないのが先週からの仮想通貨市場です。

それが、仮想通貨市場の膠着状態にあらわれているようにも思えます。

しかし、根本的なテーマである「機関投資家の資金流入」、そして「仮想通貨規制」に関してのニュースは先週もいくつかありました。

週末には、韓国政府が、規制を緩和するニュースが出ています。

7月末には、G20で規制案が提出される予定なので、それに向け規制関連の動きが出るのか、今週も引き続き注目です

 

まとめ

銘柄によって多少違いはありますが、基本は重要なレジスタンスにトライしています。

なので、ここを越えれば一段高、反落すれば再度もみ合いが継続という重要な局面とも言えるでしょう。

ここ数日間は上述したレジスタンスを越えられるかに注目です。

 

DMM Bitcoinでこれから仮想通貨投資を始めよう!

 

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引ができる国内有数の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能。もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

また、DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティーも万全。コールドストレージによるオフライン保管、2段階認証、資産の分別管理、SSL暗号化通信といったあらゆる対策が施されています。

仮想通貨市場の上昇が始まる前に、DMM Bitcoinへの登録を強くおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【仮想通貨】ICOおすすめ情報・2018年スケジュール【総まとめ】

仮想通貨取引をしていると、こんな悩みが出てくるのではないでしょうか。 そんな人のために、2018年に実施されるICOプロジェクトを時系列順でご紹介します。 ICOの多くは先に参加した人ほどお得になるよう、ボーナスが設定さ ... No tags for this post.