00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki

意外と知られてない!イギリス国内の仮想通貨事情を徹底考察

多くの仮想通貨のメディア記事を見ているとアメリカや中国、韓国などの国の情報はよく目にすることができます。しかし、イギリスの記事を見る機会は少ないのではないでしょうか??今回は、そんなイギリスの仮想通貨事情に関して徹底解説していきます。

イギリス政府の考え

現在(2018年2月23日)イギリスでは、仮想通貨に対して規制は行われていませんが政府は、ビットコインに対して厳しい考えを示しています。これまで、イギリスはビットコインを含む仮想通貨に寛容な姿勢を示していました。しかし、2017年12月にビットコインが急落したことを受け英国大臣は、仮想通貨のビットコインがマネーロンダリングや税金逃れのために使われているため、厳しい取締を計画していることを伝えています。

また、イギリスは『自国』だけが仮想通貨の規制を行うのではなく『世界全体』での規制が必要であるという姿勢を示しておりEUでの規制を促すほか、日本も属すG7でフランス、ドイツと一緒に仮想通貨の規制を呼びかけています。

イギリスのテリーザ・メイ首相、1月下旬に世界経済フォーラムのダボス会議に出席し、ビットコインをはじめ仮想通貨についてこのような見解を示しています。

「ビットコインのような仮想通貨について我々は非常に真剣に考えるべきです。仮想通貨の使われ方、特に犯罪者が仮想通貨を悪用しているからです」
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20180205-00081296/

ロイヤルミントの発表

英国王立造幣局(ロイヤルミント)が、当局が金庫にもつ金と対応した独自の仮想通貨を作ることを発表しました。英国王立造幣局とは、英国で流通する全ての貨幣を製造している、いわば日本の日本銀行に当たる銀行です。このロイヤルミントが発行する通貨は、『ロイヤルミントゴールド(RMG)』と命名されました。

こちらがその発表です。

『Royal Mint(英国王立造幣局)は、1000年以上も前に設立された、国外展開を行っている世界有数の造幣局です。現在は、金融派生商品取引で有名なシカゴ先物取引所(CME)グループと協力し、最先端技術であるブロックチェーンの電子取引メカニズムと金地金の特質を組み合わせた金投資商品、RMG(ロイヤルミントゴールド。以下RMG)を開発しています。』

https://site1.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_gold&cat1=gold&cat2=guide&dir=guide&file=gold_guide_01_170830_01.html

イギリスの仮想通貨取引所

この取引所は、Henyepグループの一つのサービスとしてできた取引所です。このグループは、金融系サービスや不動産などを中心に行なっています。HYCMは、2017年6月から取引を開始しました。当初は、ビットコインの取引を行っていました。最近では、リップルやビットコインキャッシュの取引を開始するこが一部メディアで取り上げられました。リップルは、アジアを中心に取引量が多い通貨です。今後この通貨が欧州でも取引されて行くのかに注目する必要があります。現在は、上記にあげた3つの仮想通貨とイーサリアムとライトコインの取り扱いを行っています。

HYCMがビットコインキャッシュとリップルを扱ったことに関する記事はこちらを参照ください。

リップルとビットコインキャッシュがイギリスの取引所HYCMに上場 CFD取引が可能に

Crypto UK

これは、イギリスの7社の仮想通貨企業が、政策立案者らを巻き込みながら仮想通貨産業の『自主規制の枠組みの開発』を行う、独立した取引団体です。Crypto UKに参加するのはCoinbase、Etoro、Cex.io、Blockex、Commerceblock、Coinshares、そしてCryptocompareの7社です。これらの企業は、取引プラットーホーム、取引所、資金管理、商業団体、比較サイト、そして仲介業など多種多様な事業を展開している企業です。

このCrypto UKに関して詳しい情報は、こちらを参照ください。

イギリスの7企業が合同で新たな取引団体『Crypto UK』を組織

 

最後に

イギリスは、あまり仮想通貨のメディアで取り上げられることは少ないですが、イギリス政府はG7、EUなどに世界全体での仮想通貨の規制を呼びかけている点や中央銀行が始めたロイヤルミントゴールドは今後注目する必要があるでしょう。

投稿 意外と知られてない!イギリス国内の仮想通貨事情を徹底考察COINNEWS に最初に表示されました。

カリフォルニアでブロックチェーンを公式記録と認める法案提出

カリフォルニア州で、ブロックチェーン取引や電子署名、スマートコントラクトを公式な記録形態として認める改正法案を提案しました。

イアン・カルデロン議員が20日提出した第2658号法案は、電子記録の定義に関する規定の改正を求めるものです。


ブロックチェーンを公式記録に

カリフォルニア州の57区の議員、イアン・カルデロン氏が、ブロックチェーンの記録、そしてスマートコントラクトを、法の下で定義する提案を行いました。カルデロン氏はゲートウェイ地域出身の民主党員で、こうした種類の記録や定義がカリフォルニア州の裁判所システムに組み込まれるべきだと主張しています。

法案は、電子的な形態であるという理由で記録や署名を否定することはできないとし、ブロックチェーン技術により確定された記録は電子記録だと主張しています。

法案は、ブロックチェーン技術により確定された署名は電子的な署名の定義に含め、スマートコントラクトを契約の定義に含める提案をしています。 スマートコントラクトは、例えば、決められたブロックに到達した、などといった、予め決められた引き金をきっかけに、自動的に作動するプログラムのことです。

法案に関する今後の動き

カルデロン氏の提案は、ブロックチェーン技術によるデータの記録・保存も定義に含めようとしています。しかしアメリカ当局は、送金法への違反が見受けられた場合は、電子記録を提供する企業の認定を取り消す権限を持っています。

今回のカリフォルニア州の事例は、アリゾナ州、バーモント州、そしてフロリダ州の事例と似ています。これら3州でも、ブロックチェーン取引や電子署名、スマートコントラクトを定義に含める法改正が提案されています。

法案が議会や知事の承認を得られれば、2021年1月まで運用されることになります。

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

https://news.bitcoin.com/california-bill-aims-to-recognize-blockchain-records/

投稿 カリフォルニアでブロックチェーンを公式記録と認める法案提出COINNEWS に最初に表示されました。

Zaif、サーバーエラーによりビットコインが30分で110万円→64万円程度まで大暴落。

 

ユーザー数800万人を誇る取引所 Zaifでサーバーエラーが発生し、ビットコイン(BTC)がわずか30分程度110万円→64万円程度になってしまいました。

 

Zaif、サーバーエラーによりビットコイン(BTC)大暴落

2月22日21時50分頃、突如Zaifで502 Badgate wayエラーが発生し、多くの人の買い注文や売り注文が通らなくなった。

502エラー

「不正なゲートウェイ」。 通信途中のサーバーのエラーなので対策は不可能。 「502 Bad Gateway」はサーバー間のエラーであり、原因はネットワークの向こうのサーバー管理者にある。

ユーザー側から出来ることはないので、諦めるしかない。

の後、ユーザーが注文を出来ない状態にも関わらずロスカットの連鎖が発生し、ビットコイン(BTC)が30分で46万円の大暴落。

これによりZaifのビットコイン(BTC)は異常なチャートを形成しました。

現在は大暴落の反発であっという間に104万円台後半に戻っています。

今回の事態に対する公式からの声明はまだ発表されておらず、根本的な原因についてはまだ分かっていません。

 

SNS Twitterで大混乱

今回のサーバーエラーによる大暴落により、大手SNS Twitterでも数多くの人が混乱を露わにしました。

https://twitter.com/ari___sa72/status/966675983070781441

今回の大暴落に対してZaif側は一切声明を出しておらず、ユーザーの怒りを増幅させてしまっています。

 

補償について

Zaif側からの声明は一切ありませんが、Zaif Exchangeに問い合わせを行った人が、Zaif側からの返答とするものをTwitterにて公開しました。

Zaif側からの返答とするものによると、「ロスカットに伴う強制決済が連鎖した結果であり、こちら(Zaif)の異常動作ではありません。」との事。

しかし、約定遅延による損失に対する判例は既に存在しています。

 戸田久裁判長は「ロスカットまでに一定のタイムラグが生じることは契約上想定されているが、10秒を超えれば合理的範囲内とはいえない」と指摘。

タイムラグを抑えるシステムを整備する義務に違反したとして、証券会社側に債務不履行があったと結論付けた。

日本経済新聞より引用

今回のZaif側の502エラーは判例の「10秒以上のタイムラグは合理的範囲内とはいえない」という部分に抵触している可能性があり、

Zaif側が何かしら対応を行わなかった場合、大きな訴訟等を発生させる可能性も否定は出来ません。

今後の対応についてZaif側から発表がないか継続して見守っていきます。

 

今後、どこの取引所を使えばいいのか?

Coincheckに続きZaifも問題を発生させてしまいました。

今後、取引所を利用するならGMOコインDMM Bitcoinをおすすめします。

GMOコインをオススメする理由は、スプレッド(買いと売りの金額差)が小さいというところです。

coincheckなど通常の取引所でも買えますが、買うときで売るときで多いときには10%の差がついていて、買った瞬間から大きく損してしまう場合があります。
しかし、GMOコインだと、提示された価格で買えるため、スプレッドが狭くオトクに購入することができます。

 

 

一方、DMM Bitcoinの大きな特徴として、

国内で唯一、レバレッジ取引が可能な取引所である事です。

レバレッジ5倍となっており、証拠金が20万円あれば、100万円まで取引が可能です。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引が出来るのは国内ではDMM Bitcoinだけです。

今まで仮想通貨に手を出したくても出せなかった人にとって、レバレッジ取引が出来るという事は非常に嬉しいですよね。

 

また、レバレッジ手数料は除き各種手数料は 無料 となっている点もDMM Bitcoinが強い点です。

 

さらに、パソコン以外で取引をする場合、重要になってくるのがスマートフォンアプリの使いやすさです。

DMM Bitcoinはアプリに対して使いやすさ、見やすさをしっかりと追及しています。

そして、初心者から上級者の方まで取引において重要になってくるのがサポート体制です。

仮想通貨に詳しい人でも、何かしらの問題は発生する事があります。

問題が発生してもすぐに対応する事が出来る365日24時間サポート対応を実施。

電話だけでのサポートではなく、LINEから問い合わせても対応が可能です。

 

以上の理由から、今後はGMOコインDMM Bitcoinでの取引をおすすめします!

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

ビットコイン「私なら慎重に」 欧州中銀ドラギ総裁

1: ムヒタ ★ 2018/02/14(水) 09:37:44.36 ID:CAP_USER.net 【ベルリン=石川潤】欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は13日、もし自分が若い大学生だったらビットコインを買うかという質問に対し「正直に言えば、慎重に考えるだろう」と否定的な見方を示した。ECBが募集した若者からの質問にビデオで答えた。 ドラギ

【悲報】ビットフライヤー「乖離ひどいんで、なんとかします」 →結果www

111: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 07:54:16.26 ID:yiWG14zw
12月17日
「乖離ひどいんで、なんとかします」

290万→170万


12月24日
「仕様の発表は1月中にします」

240万→160万


1月16日
「仕様が決まりました。2月中に実装します」

190万→106万


2月22日
「SFD意味ねーじゃん。ちょっと仕様変更します、近日中に発表します」

137万→118万



3月某日
「仕様が決まりました。3月を目処に実装します」

???万→??万


3月30日
「3月に実装するといったが今年の3月と言った覚えはない」

??万→?万



115: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 07:55:51.90 ID:eWYuf83D
>>111
ワロタ



116: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 07:56:49.30 ID:QHohD8HS
>>111
取引所自身の取引ってなんか法規制されてるっけ?
こんなんビットフライヤーはノーリスクスーパーハイリターンやんけ



120: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 07:58:57.21 ID:IKPvJJnP
>>116
されてない
20%のときに売り玉集めて
発表して10%下回ったときに買い戻してるだろうな

客殺し半端ない



121: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 07:59:07.25 ID:OzDAIHjO
>>111
最強の仕手じゃん
メール送るタイミング知ってる奴もう何億も持ってそう



138: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:07:28.55 ID:O/NfX4VQ
>>121
むしろ社員はみんな全力sだろな



112: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 07:54:17.50 ID:uh5q+fBZ
今日はここから9万上がって土日で20万下げると妄想


114: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 07:55:49.97 ID:IKPvJJnP
今日下げて土曜爆上げじゃない?
毎度毎度土曜の上げは気持ち悪いくらい続くし



117: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 07:57:37.27 ID:rdQWpbvc
ガラは速すぎて昨日みたいな落ち方したらロンガーが強制ロスカットされて借金背負うのはわかった
ショートの方がまだ安全



119: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 07:58:56.05 ID:yiWG14zw
>>117
ショートで担ぎ上げられる恐怖しらんかー

まぁ、でも
確かに借金を背負う確率は低いw
50%でロスカだし

カチアゲでサーキットブレイクは
ほぼ起こらないね。
人生で一度しかみたことない。



123: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 07:59:54.15 ID:2ktb/+B/
>>117
本気の昇龍拳も凄まじいスピードやで
どっちも危険や



125: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:01:21.19 ID:rdQWpbvc
>>123
さすがにザイフの60万ガラみたいな上げはないっしょ



126: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:02:15.26 ID:IKPvJJnP
>>125
ザイフならあるけど
他ならガラでもあんなのはさすがに起きない



127: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:02:35.13 ID:eWYuf83D
>>125
あのバーコードは歴史に残るレベル



122: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 07:59:13.49 ID:XxuEkW9l
土曜日上げ、日曜日爆下げ


118: ◆zDEpoHbOW6 2018/02/23(金) 07:57:47.25 ID:wcpTX0wQ
いつものパターンなら今日耐えて明日から地獄行きですね


124: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:00:54.80 ID:eWYuf83D
もう、BFFxはフィネとか関係なく1.5%ゲーム何だな。値動きボックス感半端ない


130: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:04:55.89 ID:mC9ZDYpU
死に体


131: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:05:04.35 ID:oJ2xqtSn
先月、今月と暴落のタイミングがCME先物の限月と被るねー。相場が操作しやすいから買いから入って限月直前に叩き落として買い集める感じかね。


132: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:05:11.82 ID:0uP4MyNZ
昨日のザイフで儲けた奴おる?


197: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:21:53.24 ID:ktUMVQwH
>>132
80万で買って100万で売った
いうても0.2BTCだから4万しか儲けてないけどな



134: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:05:38.22 ID:OGkiZaIJ
要するにチャートに張り付けない人以外はポジ持つなってことだな


135: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:06:09.35 ID:RWgpceXb
>>134
無職しか勝てないんだ😢



140: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:08:11.40 ID:HaJfaFvM
上がるぞー


143: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:08:39.39 ID:yiWG14zw
アズマックスさん

113万~110万で買いって言ってたのに
今106万だもんなぁ



148: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:10:20.06 ID:eu1mwuRv
張り付いていくら途中で勝ってても最後は結局全モマイナスになって心が折れそうだ


150: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:10:40.94 ID:I2ynTfWl
SFD改訂は、ポジション取ったときだけの手数料だけにして、利確での手数料をなくせばええんでない?
そうすりゃ利確時の手数料差で損するなんてこともなくなるだろ



162: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:12:26.33 ID:tJc3pjcO
>>150
これ



283: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:44:24.24 ID:OzDAIHjO
>>150
そもそもなぜこうしなかったのか



153: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:11:23.58 ID:ZTdjSZMi
いつまでヨコってんねんww
さすがに草ww



154: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:11:31.77 ID:JtSLvWkP
そもそも乖離の何が悪いのか
さっさと糞システム廃止しろ



155: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:11:53.10 ID:Nz9Idwv2
お前らには「一喜一憂」「右往左往」って言葉がぴったりだな


161: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:12:24.40 ID:lo3E/+rc
今日一日ずっとこんな感じだぞ
うんちofうんちレンジ



164: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:13:42.10 ID:+HWkCwZB
SFDとかいらんねん好きなだけ乖離させたらええやん
現物も上がるしwinwinやろ



167: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:13:53.59 ID:IKPvJJnP
でも決済のときにとらないと
差分が出たときに誰が負担するのかって問題があるのか?



172: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:14:33.15 ID:tJc3pjcO
>>167
ない



168: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:13:57.50 ID:BN6LuhOn
一応トリプルボトムからの小さいダブルボトムで、
ただのボックスレンジ相場
判断難しい



175: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:15:12.53 ID:tJc3pjcO
現受け現渡し採用すればいいだけ
終わり



176: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:15:13.62 ID:SMu3hK6d
階段状に手数料増えるのあほすぎる


177: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:15:17.76 ID:2fWwncXU
ショートロングどっちもはいれん


179: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:15:43.78 ID:bloJhF3w
よこよこ


180: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:15:48.37 ID:VEjTBCN9
ビットコイン、終わり!w


182: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:16:13.63 ID:RW05eKg2
こいついつも崩壊してんな


185: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:17:38.62 ID:hQzLObdB
仕手マックスさんの次の予想は100万まで落ちたあと爆上がりだっけ?
それが当たるかどうかで風向きが変わるな



189: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:18:45.03 ID:tJc3pjcO
>>185
個人的には外して欲しいけど
俺もLにぎってるからなぁー



186: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:17:48.41 ID:H4cxh6Sx
昨日現物118に有り金全部突っ込んだから何も出来ないわ
いつ戻ってくるんだろ



174: 承認済み名無しさん 2018/02/23(金) 08:15:10.12 ID:RW05eKg2
【終】仮想通貨取引所まともなところがひとつもない


引用元: ・【BTC】ビットコイン情報交換スレッド792

もしあの時ビットコインを買っていたら

2017年当初ビットコイン価格は10万円であったが、末には230万円を記録した。1年間で実に20倍以上の値上がりを見せたのだ。長い年月で見れば、たった4,5年前までは2〜6万円で取引されていた。そして、恐らくその時代からビットコインを知ってはいたが、購入する決断をしなかっ...

香港の投資家がアメリカの先物市場に参入

香港の仮想通貨投資家が、アメリカの先物商品に関心を示しています。アメリカの先物市場は規制が行われているため、一切規制がない香港から投資家が離れています。

以下で、詳細をわかりやすく解説していきます。



香港でアメリカの先物の人気が拡大

Hong Kong Stockbrokers AssociationのGary Cheung氏は中国メディアに対し、地元の先物ブローカー業界で、アメリカ先物市場の需要が高まっていると話しました。

「アメリカの仮想通貨先物を好む香港の投資家は2種類に分けられます。一方は、ビットコイン取引を行っていて、リスクヘッジのために先物を活用するマイナーや投資家です。そして他方は、投機的な先物取引で利益を上げようとしている一般投資家です。」

TD AmeritradeのCEO、Gary Leung氏も、香港の顧客の間でのアメリカの仮想通貨先物人気を指摘します。

「2017年10月の価格上昇時に香港に事務所を開設してから、先物に関する数多くのお問い合わせをいただいております。」

規制の不在が地元離れ起こす

香港金融管理局はビットコインを商品とみなしており、仮想通貨取引所は規制を受けていません。そのため多くの投資家は、地元の取引所よりも規制されている海外の取引所を模索するのです。

China Securities International Finance HoldingsのBenny Mau氏はこの背景について次のような見方を示しました。

「ビットコインやその他仮想通貨は商品と同じように扱われるため、香港では基本的に規制されません。その代わり、仮想通貨プラットホームで問題が生じたりハッキングが起きたりしても、規制機関は何もしてくれず、投資家は損害を被る可能性があります。ですので、香港での仮想通貨の取引を断念している投資家も数多くいます。なので、規制が行われているアメリカの取引所を使うのです。先物価格は乱高下してしまいますが、取引先のリスクやプラットホームの問題については心配する必要がなくなります。だからこそ、アメリカの先物商品は香港の投資家に魅力的なのです。」

市場動向も影響か

Haitong InternationalのSVPであるJasper Lo Cho-yan氏は、投資家の地元離れの原因として、ここのところの市場動向を指摘しました。

「2017年末に先物が開始された時には、ビットコインは価格上昇の途中であり、皆が楽観的でした。しかし価格が下落した現在、投機を望んでいた人たちは利益をあげづらくなっています。また、各国政府もビットコイン・仮想通貨規制を強化しています。先物商品の行き先が怪しくなってきたとも言えるでしょう。」

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】Hong Kong Crypto Traders Turn to U.S. Futures Markets

投稿 香港の投資家がアメリカの先物市場に参入COINNEWS に最初に表示されました。

PayPal最高財務責任者の発言が追い風に!

大手グローバルペイメント企業PayPalの最高財務責任者であるJohn Rainey氏はWall Street Journalによるインタビューの中で、ビットコインは将来的に支払い手段としてポピュラーになる可能性が高いと発言した。PayPalは暗号通貨を受け入れるか?という質問に対して、「我々は2...

80歳のビットコイナー 仮想通貨の旅に出かける

シンガポールに住むロバートさんは、80歳のビットコイン投資家で、彼が最近行った旅行の内容が話題となっている。ロバートさんは、現金とクレジットカードを自宅に置いて旅行に出かけた。旅行先での費用はすべて仮想通貨で支払ったという。

ロバートさんは、飛行機の予約から滞在先のホテルの支払いまで仮想通貨を使っている。旅行先はオーストラリアのブリスベンで、滞在中の費用はすべて仮想通貨を使った。ブリスベンでの最初の買い物は、空港にて仮想通貨のダッシュを使ってコーヒーを購入したようだ。

旅行先のブリスベンはオーストラリアのシドニー、メルボルンに次ぐ第三の都市で、積極的に新たな技術を取り入れている新興都市だ。ブリスベン空港は今年から、国際空港としては初となる仮想通貨の支払い受付を開始している。

ブリスベン空港は、仮想通貨の決済システムを提供するTravelbybitとパートナーシップを組んでいる。Travelbybitの決済システムではビットコイン、イーサリアム、ダッシュなどの仮想通貨を扱っている。

Travelbybitは、ブリスベンの市街地にあるショッピング・ストアなどにも決済システムを提供している。ロバートさんは、ブリスベンでの滞在中の仮想通貨の支払いがスムーズに行えたことに驚いたようだ。

Travelbybitが提供するツアーに参加したロバートさんは、市内観光と共に仮想通貨のミートアップにも参加し、ビットコインなどについて語りあった。

ロバートさんは自身をビットコインのベテラン投資家でHodler(ホドラー)だと表現している。仮想通貨はインターネットさえあれば世界中どこでも使うことができる通貨であることから、技術がさらに進化すれば、ロバートさんのようにスマートフォンだけで様々な場所へ旅行できる時代が来るかもしれない。


Travelbybite Blog

ビットコインで送金した結果www

1: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:38:27.026 ID:1SwxnR/IM
0.25BTC送ったんだが
送金中に4万下がってたせいで1万目減りした

こんなもんが日常の決済で使われるようになるとか言ってる奴頭おかしくね?
2: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:39:02.213 ID:j2hu1mYj0
今更始めるのかよ
4: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:39:27.344 ID:nv+d7bpRM
は?0.25btcに変わりはねぇだろ
3: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:39:15.227 ID:G8cJEUZm0
まぁね
5: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:41:33.220 ID:F5z2D1AS0
入金なら損してるけど送金なら問題ないだろ
6: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:41:37.829 ID:QEwDe/dsa
今は過渡期だからせいぜい人柱になってくれ

引用元

7: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:47:02.006 ID:emkcxHhx0
ビットコインは送金速度遅いからね
8: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:48:09.991 ID:2dpojNV30
決済手段にならなかったら存在価値なくなるひゃん
9: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:48:59.620 ID:IVVh41iH0
こういう奴って4万上がってたら頭おかしくね?とは言わないんだろうな
10: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:49:57.590 ID:X3HP+DLo0
>>9
「送らずに持っておけばもっと少ない単位での送金で済んだ」から結局頭おかしいっていうぞ
11: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:51:32.261 ID:IVVh41iH0
>>10
なるほど
12: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:51:35.166 ID:jxGuPo/L0
建前は送金に便利(実際は遅いし手数料も高い)だけど
実際はネットカジノだからな
ただの博打用
13: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 09:52:01.934 ID:IVVh41iH0
でもこれだけ価値が上がってくると送金手数料も結構痛いよな
普通に銀行で送金したほうが安い
14: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 10:37:11.455 ID:ud9yYioZ0
送金って金額関係なく手数料0.001BTCだから1000円くらいかかる
時間も30分くらいかかるし、ボラ酷いし
どう考えても投機用商品です。本当にありがとうございました。
15: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 10:39:24.220 ID:cktvmliE0
仮想通貨は仮想通貨でしか買えない商品とかサービスが出てきてからが本番だと思うのよね
そうじゃないと>>1みたいにレートが~とか言い出す羽目になる
18: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 11:24:13.132 ID:jxGuPo/L0
国が作った1円≒1コインの通貨が流通するだろうな
19: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 11:28:19.975 ID:1rSD0WbiM
馬鹿が使えないと日常化はしないけどサポート一切ないもんな
クレジットカードでもトラブルを小売店にクレーム入れる困ったちゃん多いの
20: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 11:29:27.447 ID:bhsAD8cDd
今日もみんなでGOXGOX!
21: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 12:23:48.283 ID:Ogy2gple0
0.25btcは変わらないだろ
16: 以下、コイン速報からお送りします 2018/02/23(金) 10:42:23.362 ID:UUDEBN750
中央管理局が無いからユーザー対ユーザーで直送り出来るのがメリットだぞ

20以上の韓国取引所が自主規制への適合評価に参加見込み

韓国で20以上の取引所が、自主規制に基づく評価に参加すると明らかにしました。この中には国内最大手の4社、Upbit, Bithumb, Coinone、そしてKorbitが含まれています。これは韓国のブロックチェーン協会による自主規制の取り組みの一環です。

自主規制には『21の取引所』が参加する方針

韓国ブロックチェーン協会は先月66のメンバーで設立された業界団体で、自主規制に専念しています。Yonhapによれば、33の協会員のうち、国内大手4取引所を含む21の取引所が、自主規制に参加するそうです。

現地メディアによれば、今回の自主評価に参加することが確定しているのは、Glosfer、Nexcoin、Zeniex、Kairex、Kcx Exchange、Komid、Coinway、Coinzest、Plutus DS、Dexko、Gopax、Okcoin Korea、そしてHuobi Koreaだそうです。

今回の適合評価は、協会が自主的に定めた規則に、メンバーが従っているかどうかを見極めるものです。Asia Economyは協会の話として次のように伝えています。

「仮想通貨市場の形成に向けた各メンバーの協力に感謝致します。公正かつ厳格な自主評価の実施に努めて参ります。」

Zdnetは協会の副会長Kim Hwa-joon氏の話として次のように伝えています。

「所有資本、セキュリティー、上場手続きに関する規定、情報開示などに関する項目が含まれます。これらの検査に合格すれば、投資家の信頼を得られると考えています。」

韓国政府のデータによれば、2017年の仮想通貨取引所の売り上げは、その前年と比べて88倍に増えたそうです。

自主規制の限界

協会が最初に自主規制に触れたのは昨年12月、政府が仮想通貨の投機性抑制対策を打ち出した頃でした。この時協会は、インサイダー取引や市場操作に関する取引所の具体的な倫理規定も示していました。

しかし中小取引所は、協会に参加して自主規制を行うことに懸念を示しています。当初は、実名システムが導入された後協会に参加すれば、銀行の協力を得られると考えられていました。

しかし、実名システムの導入は、銀行が中小取引所向けの口座提供を躊躇する結果を招きました。銀行は大手4取引所以外には口座を提供していない状況です。

今週の頭、Gopax、Coinnest、Coinpiaなどの12の取引所は、協会に対し共同で申し入れを行いました。その内容は、取引所向けの口座提供をめぐる問題に関する会議の開催要請でした。

Fntimesによれば、この問題について副会長は次のように述べたそうです。

「協会の運営に関しては、議論が必要になるかもしれません。..問題解決に向けて取り組んでおります。」

この問題については、韓国金融監督院FSSのトップであるChoi Heung-sik氏とも調整が行われています。Choi氏は、実名システムを導入しているにも関わらず、仮想通貨取引所に口座提供をしていない銀行が3社あるとした上で、銀行に対し仮想通貨取引所と協力するよう働きかけていくと述べています。

 

*許可の下、翻訳記事は作成されています。
以下、参照元サイトです(英語原文)。

【Bitcoin.com】20+ South Korean Cryptocurrency Exchanges Voluntarily Undergo Evaluations

投稿 20以上の韓国取引所が自主規制への適合評価に参加見込みCOINNEWS に最初に表示されました。

No tags for this post.

ビットコインのマイニング(採掘)とは?マイニングの仕組みなど徹底解説

ビットコインについて調べていると、マイニング(採掘)という言葉を聞いたことがあるかと思います。このマイニングを行えば仮想通貨を手に入れることができます。以下では、マイニングの仕組み、現状そして、個人でできるマイニングについて徹底解説して行きます。


ビットコイン とブロックチェーン

ビットコインは、ネット上で利用できる『現実には実態のない通貨』です。インターネットを使える環境があれば、世界中でビットコインの支払いができるというメリットがあります。このビットコインの特徴は中央政府を持たないことです。日本の円は、日本という中央政府の信用がその『価値』を保証しています。しかし、中央政府を持たない仮想通貨は『ブロックチェーン』という技術を使うことでセキュリテイの堅牢性などで、その『価値』を保証しています。

ブロックチェーンは、取引したデータを、約10分を区切りに一つのブロックとして作ります。そのブロックを取引が行われる度に繋げていきます。そして、記録台帳に1本のチェーンができるのです。

従来の送金システムの場合だと、中央で管理している主体がいます。しかし、ビットコインはブロックチェーンを複数のサーバーに『分散』して全取引のデータを保存します。そうすることで、1つのサーバーが故障してもその他のサーバーにデータが存在するためデータの『複製』が可能となります。この高い技術力が、ビットコインの信頼性を高めているのです。

ブロックチェーンに関しては、こちらを参照ください。

【ブロックチェーンとは?】 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

 

ビットコインの入手法

ビットコインを手に入れる方法は2通りあります。1つ目は、コインチェックやbitFlyerなどの取引所・交換所を介して、円やドルなどの中央政府が発行している法定通貨とビットコインを『交換』する方法。2つ目は、『マイニング』という方法です。

ブロックチェーンの仕組みは、前述した通り複数のコンピューターに分散してビットコインの『全取引のデータ』を保存する技術です。この取引データを保存するのには、莫大な計算をする必要があり、その計算を行うことを『マイニング』と言います。この莫大な計算を行うことで中央政府が存在しないビットコインの信頼性を高めているのです。この計算は10分毎に行われおり、このマイニングを他のコンピューターより早く行えばその対価として『ビットコインを入手』できます。

マイニングとは、日本語で『採掘』という意味があります。これは、マイニングを行うことでビットコインを得る方法と、ゴールドラッシュ時の採掘して金を得る方法が似ているため『マイニング(採掘)』と呼ばれています。

現在(2018年2月3日 )、1回のマイニングを行うごとに『12.5BTC』を手に入れることができ、これは日本円に直すと1200万円にも上ります。つまり、10分ごとに1200万円のビットコインが生まれ続けています。

現在のマイニング

マイニングでビットコインを入手するためには、計算を解く『早さ』が重要です。ビットコインができた当初は『CPU』といった通常のパソコンに搭載されている処理装置でマイニングは行われていました。

しかし、スピードを求めるにあたり現在は『ASIC』という計算に特化した集積回路をマイニングのために導入しています。ですが、このASICはひどく発熱するため、冷却設備が必要になります。冷却設備は莫大な電気量を使い、電気代が非常に高くなります。また、普段利用するコンピューターよりもASICは値段が高いです。そのため、初期投資の面でも費用がかかってきます。

マイニングの問題点

投資の面、電気代などの維持費の面から見て、現在では多くの資本を持っている『マイニング業者』と呼ばれる専門企業がこのマイニングを行っています。このマイニング業者は、電気代の安い中国や平均気温の寒い北欧に集中していることが特徴です。そのため、個人ではマイニングを行うことが難しいです。

イギリスのPower Compareによると、ビットコインで使用されている電力は世界159カ国のそれぞれの電力の総量よりも多くなっているそうです。そのため、仮想通貨のマイニングに使われる電力量は地球温暖化などの面から問題になっています。

個人でマイニングする方法

ここでは、2つのマイニング方法を紹介します。

1つは、『マイニングプール』というものがあります。これは、何人かのユーザーを集め各自のコンピュータをインターネットに繋げてマイニングを行うというものです。

2つ目は、『クラウドマイニング』という方法もあります。クラウドマイニングは、マイニングを行っている企業に投資をし、その配当をもらうという方法です。どちらも、少額でマイニングを行うことができるのが特徴です。

最後に

マイニングとは、ビットコインの信頼性を高めるブロックチェーンに必要な計算のことです。そして、このマイニングを他のマイナーよりも早く計算を行うことで、その対価としてビットコインがもらえます。また、この計算がビットコインの安全性を保っているものでした。そして、このマイニングは個人でも行うことが可能です。今回紹介したクラウドマイニングという方法もあります。自身の資産と相談しながら、ぜひマイニングに挑戦してみてください。

投稿 ビットコインのマイニング(採掘)とは?マイニングの仕組みなど徹底解説COINNEWS に最初に表示されました。