00:ビットコイン



ビットコイン(英: bitcoin)は、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。 wiki No tags for this post.

ビットコインは75万円のレジスタンスを越えられるのか!?イーサリアム・リップルチャート分析

8日の仮想通貨市場はおおむね堅調であり、仮想通貨市場は6月29日からの上昇をまだ維持しています。

週末に報道されたポジティブなニュースと、今後の展開についてのチャート分析を紹介します。

要点

・仮想通貨市場は一段高の展開に?

ビットコインを始めとして、主要な仮想通貨はレジスタンスの突破に苦戦しているようです。

ここを抜けたら一段高の展開も考えられ、重要な局面に差し掛かっています。

ビットコインチャート分析

ビットコイン/ドル 日足

チャートはビットコインドルの日足です。

現状、6800ドル付近の突破に苦戦しており、6月10日からこの水準はレジスタンス(抵抗線)として機能していることがわかります。

ここ数日間、ビットコインはこのレジスタンスの突破にトライしていますが、なかなか上抜けできません。

なので、6800ドルを明確に上抜けるかが今後の注目ポイントとなりそうです。

日本円でいうと75万円を上抜けて76万円に乗せてくれば期待も高まります。

 

イーサリアムチャート分析

イーサリアム/ドル 日足

続いて、イーサリアム/ドルの日足チャートです。

ビットコインに比べ、ややわかりづらいチャート形状になっています。

基本は、ビットコインと同じく、6月10日からのレジスタンスの突破にトライしています。レスタンスは480ドルです。

しかし、ビットコインと違い、本日時点で480ドル付近(チャート赤い水平ライン)に推移しています。

なので、すでにレジスタンスを突破しているともいえ、非常にわかりづらい展開となっています。

節目は500ドルなので、そこを明確に上抜けできるかに注目でしょう。

日本円では、5万3000円を明確に上抜けできたら次の6万円の高値という展開になりそうです

 

リップルチャート分析

リップル/円 日足

チャート出典:「bitbank by TradingView
https://bitbank.cc/app/trade/xrp_jpy

リップル円はイーサリアムよりもわかりづらいチャート形状です。

6月23日から安値46円、高値は55円の10円幅のレンジになっており、目先は55円80銭近辺が重要なレジスタンスと考えられます。

ここ数日間は、動きのない展開が続いているので、まずはこのレジスタンスを突破できるかに注目でしょう。

もし突破できると、次の高値は65円近辺となります。

 

今後上昇に必要なことは?

現状、目立った上昇材料・下落材料がないのが先週からの仮想通貨市場です。

それが、仮想通貨市場の膠着状態にあらわれているようにも思えます。

しかし、根本的なテーマである「機関投資家の資金流入」、そして「仮想通貨規制」に関してのニュースは先週もいくつかありました。

週末には、韓国政府が、規制を緩和するニュースが出ています。

7月末には、G20で規制案が提出される予定なので、それに向け規制関連の動きが出るのか、今週も引き続き注目です

 

まとめ

銘柄によって多少違いはありますが、基本は重要なレジスタンスにトライしています。

なので、ここを越えれば一段高、反落すれば再度もみ合いが継続という重要な局面とも言えるでしょう。

ここ数日間は上述したレジスタンスを越えられるかに注目です。

 

DMM Bitcoinでこれから仮想通貨投資を始めよう!

 

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引ができる国内有数の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能。もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

また、DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティーも万全。コールドストレージによるオフライン保管、2段階認証、資産の分別管理、SSL暗号化通信といったあらゆる対策が施されています。

仮想通貨市場の上昇が始まる前に、DMM Bitcoinへの登録を強くおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【仮想通貨】ICOおすすめ情報・2018年スケジュール【総まとめ】

仮想通貨取引をしていると、こんな悩みが出てくるのではないでしょうか。 そんな人のために、2018年に実施されるICOプロジェクトを時系列順でご紹介します。 ICOの多くは先に参加した人ほどお得になるよう、ボーナスが設定さ ... No tags for this post.

【特集:仮想通貨の有識者に聞く】「仮想通貨の税金ってどうしたらいいんですか?」投資家サポート実績1位のGuardian沼澤さんに聞いてみた【多くの仮想通貨ホルダーが失敗するポイントは?】

Guardian(ガーディアン)とは Guardian(ガーディアン)とは、株式会社Aerial Partnersが運営する、全国の仮想通貨税務に精通した税理士を紹介するサービスです。 主に仮想通貨に関する税務申告者の「 ... No tags for this post.

ビットコインFXにボーナスと給料合わせて208万を突っ込んだ結果・・・その3

2000: 2018/07/05(木) 20:15:50.38
48: 2018/07/05(木) 20:48:23.96
ID:tjJ29M4Z
ただいま接客から戻りました。 
オレが居ない間に208万全力キャバ兄さん来てたみたいじゃないすか!!

eca1711170500002-p1


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1530789350/


続きを読む No tags for this post.

ビットコイン(BTC)建てって必要なのか・・・?

604: 2018/06/30(土) 21:21:54.98 ID:kAcKoI5d
BTCは送金に使わあないからいらないんでしょ。 
BTC建てをすべての取引所で排除すりゃ、BTC暴落しても影響受けなくなるし 

ETHで送って、買いたいコイン買うのが普通になってるから、BTC建て要らない

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1530242498/


続きを読む No tags for this post.

ファンドストラッド社トム・リー氏がビットコイン年内275万円の予想を継続!気持ちには若干の変化が?

5日のCNBCに出演したファンドストラッド社トム・リー氏がビットコインの年内275万円を再度予想しました。

しかし、マイニングの関係からみた適正価格は220万円とし、5月に予想していたスタンスに若干変化も見られました。

 

要点

・ファンドストラッド社とは

アメリカの投資アドバイザー会社です。

アメリカ国内初の仮想通貨投資アドバイザーとして知られています。

・トム・リー氏の予想

共同設立者トム・リー氏はビットコインの年末価格275万円を変えていません。

それは、マイニングに関係があるようです。

トム・リー氏はビットコイン年末価格275万円を継続

5日のCNBCに出演したトム・リー氏はビットコインの年末価格について発言しました。

しかし、5月に比べると、ビットコインが「275万円(2万5000ドル)にいくのを信じている」という言い方をしており、必ずしも到達するわけではないともとれる言い方をしています。

そもそも同氏は、5月にこの予想をしていましたが、そこからは若干、主張が弱まった印象です。

5月時点の予想は下記にまとめてあります。

 

マイニングからみた適正価格は220万円

しかし、同氏の予想は以前、強気です。

マイニングからみたビットコインの価格は年末までに220万円(2万2000ドル)と計算でき、それは過去のデータから考えて適正と主張しています。

少し強気の予想は弱まったとしても、現在のビットコインの価格を考えると、かなり強気の主張です。

 

トム・リー氏の根拠

リー氏は20以上のキャリアを持つ、ベテランの投資アドバイザーです。なので、発言は決して適当なものではありません。

彼によると、価格の上昇・下落要因は以下のようになるようです。

①ビットコインはマイニング原価の2.5倍で過去に取引されてきた
②ビットコインのマイニング難易度は今後上昇していくため、価格も自然と上がる
③仮想通貨規制の遅れにより、機関投資家の参入が遅れている

 

年末までにマイニングの難易度が上がり価格も上昇

ビットコインはマイニングの難易度があります。リー氏いわく、それが年末までに難しくなるそうです。

マイニングの難易度が上がるということは、それだけマイニングコストも必要になるということですね。

現在、マイニング原価は約80万円とされていますが、年末までに100万円近く上昇するとのこと。

それに伴い、ビットコインの価格も自然と上昇するそうです。

 

仮想通貨規制の遅れと機関投資家

また、最近の価格の下落は、仮想通貨規制が遅れていることにより、機関投資家が未だに参入できていないことが原因と主張しています。

このブログでも何度もお伝えしていますが、規制が整わないと機関投資家達は参入できません。

リー氏は、予想していたよりも、規制の速度が遅いようです。

確かに、現状、2018年に入ってから議論は活発になり、メディアでも多く報道されるようになったものの、規制に関しては2017年と何ひとつ変わっていません

日本では、4月に自主規制団体が、先日は金融取引法に移行するかもしれないという報道がありましたが、市場が変わるような枠組みの決定は、何もなされていないのが現状です。

 

まとめ

リー氏いわく、年末にかけてビットコインの価格は上昇するので期待したいですね。

仮想通貨規制と機関投資家の参入も引き続き重要なテーマとなってきます。

また、もし価格が上昇するなら今は最大の仕込み時なので、チャンスが来る前にしっかり準備しておきましょう!

 

これから仮想通貨を取引するなら

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引ができる国内唯一の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュの計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能。もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

また、DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティーも万全。マルチシグ、顧客の資産分割管理などあらゆる対策が施されています。

ネムが盛り上がってるいま、DMM Bitcoinに登録するのをおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

価格は下落しているがビットコイン市場は強気である

デジタル資産仲介会社であるOctagon StrategyヘッドトレーダーであるRyan Rabaglia氏はビットコイン価格は下落しているがビットコイン市場は強気であると考えていることをCNBCのインタビューで明らかにした。


ビットコイン価格がいくらから始まったのかを覚えておくべきである。価格は前年比で100%を上回っており、市場の拡大は進んでいる。

また、世界各国による規制の不確実性が、市場に圧力をかけているとしているが、これは将来的に価格を押し上げる要素に変わるとしている。

4102275


No tags for this post.