イーサリアムクラシック(ETC)

2018年イーサリアムクラシック(ETC)のチャートからみる今後の将来性!お得に買える取引所は?

仮想通貨EthereumClassic(イーサリアムクラシック)ETCの今後やチャートからみる将来性について記載しています。イーサリアムクラシックの高騰理由や2018年最新ニュース、半減期やお得に購入できる国内外の取引所についても記載しています。

イーサリアムクラシック(ETC)とは

イーサリアムクラシック

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)は、イーサリアムから分裂した通貨です。スマートコントラクトなどの大まかな性能はイーサリアムと同じです。

決済用の通貨よりもプラットフォームとしての役割に期待されている通貨で、THE DAO事件で誕生した仮想通貨なので、セキュリティや安全性を重視した通貨になります。

イーサリアムクラシック(ETC)の大きな特徴としては、仮想通貨の根本的な理念でもある非中央集権な思想を強く持った通貨です。

日本ではイーサリアムクラシックを略して「イークラ」と略称でも呼ぶこともあります。

ETCを購入できるおすすめ取引所一覧

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)の概要

名称 EthereumClassic(イーサリアムクラシック)
通貨単位 ETC
リリース日 2016年7月20日
発行上限 ※2億1000万ETC
取引承認システム PoW(Ethash/Casper)
公式サイト Ethereum Classic公式サイト

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)の通貨単位はETCで、発行上限はイーサと同じく現段階では決められていませんが、2億1000万ETCを上限予定としています。

イーサリアムクラシックは、THE DAO事件が起った2016年6月の翌月の7月にイーサリアムのハードフォークにより誕生しました。

イーサリアム(ETH)の詳細は下記の記事から確認できます。

仮想通貨時価総額第2位のイーサリアム(Ethereum)ETHについて記載しています。イーサリアムのチャートをもとにETHの今後や将来性(メトロポリス)についても分析しています。イーサリアムの相場や価格推移について、その他イーサリアムが購入できる取引所についても記載していますので是非参考にしてください。

THE DAO事件とは

THE DAO事件とは
THE DAO事件とはイーサリアムが「TEH DAO」というトークンを発行した時に、THE DAOのプログラムの惰弱性を突かれて、150億円分発行されたうちの約50億円分、約360万ETHが盗まれたハッキング事件のことです。

イーサリアム自体のバグではなかったものの、イーサリアムの価値を大きく落とすことになりました。

その結果イーサリアムはこの事件をなかったことにしようと、以前とは互換性がないブロックチェーンを新たに作る作業であるハードフォークを実施しました。

ハードフォークが実行されプログラムが大きく書き換えられ、THE DAOの不正送金は無効化されたものの、本来は管理者を持たない非中央集権のイーサリアムがソースコードを書き換えるのは、おかしいと反発がありました。

そして、以前の旧版イーサリアムのコードに一部の開発者に残り価値がついたものがイーサリアクラシック(ETC)です。

ケンケン
元々あったイーサリアムがイーサリアムクラシックになったんだね!
ミー
クラシックの意味は「古典」っていう意味なんだよ

イーサリアムクラシックとイーサリアムの違い

イーサリアムクラシックとイーサリアムは元々同じ通貨だったので、スマートコントラクトの搭載など基本的な性能はほぼ同じです。

イーサリアムと大きく異なるところは、イーサリアムクラシックは過去のTHE DAO事件を教訓に拡張性を犠牲にする代わりに、安全性とセキュリティを最も重視している点です。

改変できない部分があるため、新しく出たシステムやサービスに対応しにくいという問題がありますが、徐々に開発が進んでいるのでイーサリアムクラシックの価値も見直されるようになってきました。

全ての仮想通貨の基盤になっているビットコインは非中央集権の考えが強く、一部では中央集権な思想が嫌われる側面があります。

最も大切なのは管理者がいない非中央集権な考えと『コードが法(Code is Law)』という理念が強い通貨です。

  • イーサリアムは「communtiy is law」(コミュニティが法律)
  • イーサリアムクラシックは「Code is Law」(コードが法律)

スマートコントラクトとは


スマートコントラクトはイーサリアムにも搭載されている機能で、ブロックチェーン上に契約内容を上乗せできる機能です。

執行される条件と契約内容を事前に決めておくことで、その条件を満たした場合に自動的に契約が行われるシステムです。

簡単に説明すると、改ざんができないブロックチェーン上にメモ帳(契約内容)を乗せることが可能な仕組みのこと。

スマートコントラクトは「契約の自動化」とも呼ばれており、ICOでの資金調達などで活用されています。

様々な企業からもスマートコントラクトは注目されているので、今後大きな企業との連携や提携、イーサリアムクラシックを使ったサービスなども出てくる可能性があります。

イーサリアムクラシックのチャート

下記はイーサリアムクラシック(ETC/USDT)のBITTREXでのリアルタイムチャートです。時間軸は日足がデフォルトになっています。

イーサリアムクラシック(ETC)の時価総額ランキング

下記はイーサリアムクラシックのリアルタイムの時価総額ランキングと現在の価格です。

イーサリアム価格との相関関係

イーサリアムクラシックとイーサリアムの価格変動には相関関係が見られます。

元は同じ通貨だったため、イーサリアムに良いニュースが入り価格が上昇するイーサリアムクラシックも連動して価格上昇するという同じような動きが見られました。

イーサリアムクラシックチャート

しかし、2018年2月頃にイーサリアムクラシック価格が独自に上昇しています。これは3月にETCのハードフォークの(正確にはエアドロップ)で誕生するCallis(カリスト)の影響が大きいとされています。

今後もイーサリアムクラシック独自の開発や動きがあるので、イーサリアム(ETH)から独立して動く可能性は十分にあります。

ETCを購入できるおすすめ取引所一覧

2018年イーサリアムクラシック最新ニュース

ここではイーサリアムクラシックの最新ニュースを更新していきます。イーサリアムクラシックの新しいニュースや価格の大きな動きがあれば、随時更新していきます。

2018年度イーサリアムクラシックの動向予定

  • 2018年3月5日頃にハードフォーク(エアドロップ)でCallisto(カリスト)が配布
  • 2018年3月31日までにETCウォレットをリリース
  • 2018年4月30日までにETCモバイルウォレットをリリース
  • 2018年5月31日までにETHとオペコードの互換性を持つ
  • 2018年6月31日までにEmerald Project & Emerald SDKをリリース

直近で大きなニュースは、2018年3月5日頃にイーサリアムクラシックのハードフォーク(正確にはエアドロップ)でカリストが付与されるニュースです。

カリスト(CLO)はイーサリアムクラシックの保有率に対して、1:1の割合で付与が予定されています。1ETCにつき1CLOが貰えると言うことですね。

エアドロップとは
エアドロップとは、通貨の知名度の向上や流動性を高めるために運営側が無料で通貨を配布する仕組みのこと。

2017年イーサリアムクラシックのニュース

2017年12月12日(半減期)

2017年12月12日にイーサリアムクラシックではハードフォークが行われて、今まで上限枚数が無かったETCの最大発行枚数を2億1,000万~最大2億3,000万に設定しました。※ブロック報酬変動率によって上限が変動

またマイニング報酬も5,000,000ブロック毎に20%のカットされることにより、インフレ防止と希少性のUPをはかっています。

一般的なマイニングの半減期とは少し異なりますが、マイニングの半減期は市場に出る通貨の枚数が減少するため希少性が上がり価格が上昇する傾向があります。

2017年11月28日

イーサリアムクラシックの価格が11月28日に高騰しました。前日比が30%UPと大きく価格を上げています。

この高騰の要因は12月12日に行われるハードフォークによる「半減期」があるためとされています。

2017年11月7日

11月5日~6日にかけてイーサリアムクラシック(ETC)の価格が大幅に高騰しました。

この高騰の要因とされたのは、11月13日、14日の2日間にわたり香港で開催されるイーサリアムクラシックが主催するカンファレス「ETHEREUM CLASSIC SUMMIT」(イーサリアムクラシックサミット)にて重要な発表があるのではないかという期待感から高騰と予測されました。

イーサリアムクラシック(ETC)が購入できる取引所

イーサリアムクラシックを購入できる国内の取引所は下記になります。

ETCを購入できる国内取引所一覧

国内ではETCを購入しようとするとどこも販売所形式になるので、取引手数料が3%~と高くなる傾向があります。

お得にETCを買うなら海外取引所がおすすめ

取引手数料を安くするのであれば積極的に海外取引所を活用するのをおすすめします。

ETCを購入できる海外取引所一覧

海外取引所では特に、取引手数料が安くて多くの日本人も利用しているバイナンスがおすすめです。

私もアルトコインを購入する際はほとんど、バイナンスを利用しています!

日本語対応している海外取引所バイナンスのアカウント登録方法や使い方を解説しています。Binanceの取扱い通貨一覧・手数料一覧やバイナンスへの送金や入金・出金方法、アプリの使い方、通貨の買い方なども徹底解説しています。バイナンスに関する閉鎖や規制のBinance最新ニュースも記載しています。

イーサリアムクラシックのまとめ

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴

  • イーサリアムからハードフォークで誕生した
  • イーサリアムと特徴が似ている
  • スマートコントラクト機能を備えている
  • 非中央集権の考えを重視している

イーサリアムクラシックの今後はどうなる

イーサリアムクラシックはイーサリアムと、もとは同じ通貨ということもあり、価格帯もイーサリアムと相関関係にありました。

当初は開発者のほとんどがイーサリアムに移ってしまったため、イーサリアムクラシックはイーサリアムの下位互換の通貨として見られていました。

しかし、今では開発も順調に進んでいることから安全性やセキュリティを重視するイーサリアムクラシックを利用したプロジェクトやICOを計画している企業も存在します。

またEmeraldプロジェクトと呼ばれるイーサリアムクラシックの開発者によるプロジェクトも着実に進行し、今後のさらなる発展が期待されています!

国内で取扱いのある仮想通貨アルトコイン(オルトコイン)についてまとめています。アルトコインの種類や特徴を一覧表にしています。アルトコインを取扱っている取引所や販売所も買い方なども紹介しています。
日本では取り扱いがない人気のある海外銘柄の仮想通貨「アルトコイン」を紹介しています。アルトコインにもたくさんの種類が存在し、買い方や購入できる取引所/販売所は異なります。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)が来週スナップショットのフォークを行う

イーサリアムクラシックスナップショットフォーク

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)コミュニティは来週、「カリスト(Callisto/CLO)」と呼ばれるスナップショットのフォークからコインを受け取る予定だ。このクローンは5,500,000ブロックまでのETCのチェーンの正確なコピーで、ETCの所有者は1:1の割合でCLOコインを受け取ることができる。

初めての目立ったハードフォークが実施される

イーサリアムクラシック(ETC)の面白い点は、それ自体が注目を集めたイーサリアム(ETH)ブロックチェーンのフォークの1つであり、1,920,000ブロックでのハードフォーク後、イーサリアム(ETH)の所有者は1:1の割合でETCを受け取ったということだ。

このフォークは、同年$150万を失ったETHアプリケーションDAOの救済を拒絶したイーサリアムコミュニティのメンバーによって行われた。ETCこそが唯一のイーサリアムネットワークだと固く信じているメンバーもいる。

しかし「カリスト(Callisto/CLO)」は、ビットコインゴールド(BitcoinGold)やビットコインダイヤモンド(BitcoinDiamond)、そして過去に現れたその他のクローンのようなスナップショットであることから、イーサリアム(ETH)のハードフォークとはかなり異なるものだ。

カリストの開発者はスマートコントラクトのセキュリティについてCLOが優れていると考える

基本的にCLOコインは、既存のイーサリアム(ETH)チェーンと同一の履歴を共有しているが、5,500,000ブロック以降は独自のものとなる。

クローンは来週のどこか、または3月2日に行われることになっている。このスナップショットは、CLOの開発者がイーサリアム(ETH)のスマートコントラクトの設計に問題があると考えているという理由で行われる。

CLOのホワイトペーパーによると、イーサリアム(ETH)はDAOプラットフォームとよく似ておりスマートコントラクトに対するハッキングの影響を受けやすい。

CLOの開発者は「CLOおよびETC公式のスマートコントラクト監査部門」の立ち上げを計画しており、このスナップショットはイーサリアム(ETH)コミュニティの延長線上にあると考えられる。

CLOのホワイトペーパーは、「カリスト(Callisto/CLO)の主なゴールは、自分自身で維持、管理、および資金供給するブロックチェーンエコシステムのリファレンス実装、開発環境、研究、開発をすることだ。」と説明している。

カリスト(Callisto)は、このプロトコルのさらなる開発と改善のために安全で貢献しやすい環境を作成することを狙いとしている。このゴールの達成は、スマートコントラクトに組み込まれたシステムにかかっている。

Dexaranと呼ばれる開発者とコールドステーキング

このイーサリアム(ETH)のクローンの作成者に関する情報は、カリスト(Callisto)ネットワークプロジェクトについて、より詳細に解説したGithubのページ以外にはほとんど無い。

このプロジェクトに取り組む開発者はDexaranという名前で知られており、「DEX」というICOにも取り組んでいる。このプロジェクトの別の側面は、「コールド・ステーキング(Cold Staking)」という、通貨の所有者にリワードを与えるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)のような働きをする仕組みの導入だ。

カリスト(Callisto)のチームは、「イーサリアム(ETC)のコイン所有者にはインセンティブが何も無いということに留意しておくべきだ。つまり、コインの生成は完全にマイナーによってコントロールされ、ネットワークの成長に伴ってマイナーの影響力も増えていく。カリスト(Callisto)は、コイン所有者によるネットワークへの参加にリワードを与えるコールド・ステーキングプロトコルを導入する。」と説明している。

コールド・ステーキングはスマートコントラクトに基づいた処理で、CLOの所有者はステーキング時間として十分な長期間(デフォルトで1ヶ月)CLOコインの残高を保持していた場合、生成されたCLOの総額に対する利子を受け取ることが可能になる。

コールド・ステーキングのためのコインを保持している人は、コールド・ステーキングプロセスに参加するノードを実行している必要は無い。

イーサリアム(ETC)はあくまでPoWによる合意形成に依拠しているため、コインを保持する人は取引の認証を行わず、システム全体が完全にプルーフ・オブ・ワーク(PoW)のままであることが重要だ。

イーサリアム(ETC)のスナップショットはライトコインキャッシュ(LCC)ネットワークに続くもの

来る、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)のスナップショットはイーサリアム(ETC)価格をかなり上昇させており、ETCは数日前に$45に達した。

これは、最近2月19日に行われたライトコインキャッシュ(LCC)と呼ばれるライトコインのスナップショットに続く出来事だ。

ライトコインキャッシュ(LCC)のフォーク前には、ライトコイン(LTC)の価格も大幅に上昇したが、それ以降は下降している。ライトコインキャッシュ(LCC)は最小限のインフラストラクチャしか持っておらず、1LCCあたり$4~5という価格はライトコイン(LTC)のたった2%に過ぎない。

参考:CCN