Ethereum:ETH

No tags for this post.

「イーサリム2.0は間もなく登場」、ブロックチェーン企業コンセンシスのルービン氏

ブロックチェーンコミュニティの多くのメンバーは、複数のフェーズを経てリリースされる予定のイーサリアムブロックチェーンのアップグレードである「イーサリアム2.0」の登場を待ち望んでいる。フェーズ0は、イーサリアム2.0ロードマップの最初に予定されているものであり、今年にローンチされる予定だ。 No tags for this post.

イーサリアム(ETH)は短期的には下降トレンドラインを上抜け!

イーサリアム(ETH)は9月7日以降短期的には上値を切り下げる展開が続いていたものの、本日9月9日に上値の切り下げを否定する陽線を形成しています。今回の陽線の形成によりイーサリアム(ETH)はどのような値動きを見せるのでしょうか?イーサリアム(ETH)のチャートを分析していきます。 No tags for this post.

仮想通貨イーサリアムクラシック、チャールズ・ホスキンソン氏が分散型基金提案 | コミュニティでは反発も

bygoogle || []).push

イーサリアム(ETH)はテクニカルにて弱気相場目線が強い?

7月から上昇トレンドラインに沿って上値を伸ばしていたイーサリアム(ETH)は8月中旬に入るとそのままトレンドラインを下方へブレイク、本日8月22日まで短期下降チャートを形成しています。テクニカル指標でも複数弱気相場目線となるサインが確認されているイーサリアム(ETH)はこのまま下落することになるのでしょうか? No tags for this post.

分散型取引所ユニスワップのユーザー、ETHガスに約700万ドルを支出 | ガス代金でテザー抜く

イーサガスステーションの本記事執筆時点のデータによれば、過去30日間でユーザーがガスの支払いに最も多くのイーサリアム(ETH)を費やした場所は、分散型取引所ユニスワップである。ユニスワップの参加者は取引を送信するための燃料代として、全員合わせて17,700ETHを支払った。過去1ヶ月でガスに699万ドル相当を支出したことになる。 No tags for this post.

仮想通貨イーサリアムの最終テストネットが一時クラッシュ、その原因は

今月はじめ、無事稼働に成功した次世代イーサリアム「ETH2.0」の最終テストネット「Medalla」で14日、エラーが発生し、ネットワークがダウンする事態となった。原因は、主要クライアントPrysmの時刻同期に関するバグだったことが判明している。現在、問題は緩和されているものの、ネットワークでは、いくつかのフォークが起こっており、最新ブロックのピアを特定できないノードが多数報告されている。 No tags for this post.