02:リップル(Ripple)

No tags for this post.

ビットコインキャッシュ(BCH)とリップル(XRP)が急騰!背景には何が?

要点

・ビットコインキャッシュの価格が300ドルを超え、過去24時間で16%上昇しました。
・先週末、ビットコインキャッシュは、ハードフォークによって沈没したかのように価格も255ドルから240ドルに下がり、5%下落しました。
・ビットコインキャッシュの時価総額は現在約5,524億円です。

ビットコインキャッシュ高騰


※画像引用元:CoinMarketCap 


ビットコインキャッシュの価格が300ドルに達し、ハードフォーク後の先週末の落ち込みから26%も上昇しました。


仮想通貨時価総額ランキングサービスを手掛けるCoinMarketCapによると、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の価格は11月22日午前8時に300ドルを超え、過去24時間で16.39%も上昇した事が分かりました。
今回の値上りは、一時的に価格を押し下げた要因である先週末のハードフォークから、1週間で回復の頂点を示しました。

ビットコインの価格は、ブロックチェーンが2つに分割されたハードフォーク後、先週末、下落しました。
この際のビットコインキャッシュ価格は1BCH=255ドルから240ドルにまで15ドルも下がり、5%下落しました。

フォークは、ビットコインキャッシュを開発しているチームの1つの提案であった8%のマイニング税が要因となっており、この提案は内外からも不満が噴出していました。
この提案に不満を持った多数のビットコインキャッシュサポーターがこの提案を望まなかったため、ビットコインキャッシュは最終的にハードフォークという形に落ち着きました。

ビットコインキャッシュの回復




不確実性はビットコインキャッシュの価格を傷つけており、ハードフォーク発生の際、一部の仮想通貨取引所は、ネットワークの将来がバランスを崩したため、一時的に預金と引き出しを一時停止する措置を取った取引所もありました。

しかし、今日の価格は先週末の落ち込みから26%も上昇し、将来のバランスも取り戻し、ネットワークも、発生した損失から大きな回復を見せました。
ビットコインキャッシュの時価総額は現在約5,524億円で、仮想通貨時価総額ランキングで7位をキープ。
時価総額が約5,633億円のライトコインを下回っています。

リップルが爆上り




1XRP=44.02円で、24時間で19.54%、1週間で54.87%の値上りを見せています。XRPの時価総額は2兆円に届く勢いを見せ、爆騰に多くのユーザーが固唾をのんで見守っています。





全体として、世界の仮想通貨時価総額は3%増加し、5,295億ドル、55兆円にまで伸びています。

XRPの値上りは、今週の市場ラリーの一部で、過去24時間で、ビットコインの価格は1.19%上昇し、イーサリアムの価格は0.74%上昇しました。ビットコインの価格は109万円、イーサリアムの価格は55,600円前後にまで高騰しています。

今回の仮想通貨価格ラリーと一致を見せたのは、Covid-19ジャブとアメリカ時期大統領選挙によるバイデンの勝利の見通しでした。

XRPは、リアルタイムの決済や低コストで銀行間での送金に使用する決済機関が好む仮想通貨で、誕生時には大きく注目されたものの、ビットコインボラティリティと比較すると派手さにかけ、投機家にとっては利益が小さいという点から、今一歩というところでとどまり続け、今年に入ると、不振な状態が続いていると言われ続けていました。

サンフランシスコを拠点とする非営利企業であるリップルによって開発されたものの、規制の取り締まりにより、リップルがアメリカ国内で事業を行うことは困難になりつつあり、今年3月には20万件以上の詐欺被害も発覚しています。(※詳しくは特集記事「リップルで20万件以上が詐欺被害に!詐欺の見抜き方をリップル社が公式発表!」をご覧ください。)
</br.
長く続いたクリプトの冬を乗越え、DeFiバブルも落ち着いた今、ようやく仮想通貨市場が再び活気づき始めた気配を漂わせています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル(XRP)は明確なサポートラインを形成し、上昇の値動き!レンジ相場を抜けられるのか?

リップル(XRP)は10月上旬から下降トレンドを形成したものの、11月に入り、下落の値動きを止め、レンジ相場を形成していました。本日11月14日までに底値で二度の反発を見せたリップル(XRP)は明確なサポートラインを形成しています。今後レンジ相場の上値を超え、大きな上昇を見せるのでしょうか?チャートを分析していきます。

b0011b3a6ca604aeefb9f28ebebdd72a_s
No tags for this post.

XRPは1000円を超える?ホルダーは未だ強気姿勢

XRPのコミュニティを運営しているXRP_Croは、XRPに関するアンケートを行ったところ、参加者のうち82%がXRPの価格が将来的に1000円を超えると回答しました。

また、XRP保有者のうち短期ホルダーは5.7%、長期ホルダーは94.3%と非常に長期ホルダーが多いことが明らかになりました。

XRP保有者のほとんどは未だ強気な姿勢であることが伺える結果となり、今後の伸び代に期待をする声も挙がっています。

 

XRPコミュニティでアンケートを実施

Twitterのフォロワーを1.6万人抱えているXRP_Cro氏が、1000人以上の参加者を誇るコミュニティ内で、XRPに関する調査を行いました。

XRPは2018年以降、価格は右肩下がりで大打撃を受けているホルダーは多いものの、アンケート回答者のうち82%がXRPの価格は1000円を超えると予想しており、将来性は未だ高く評価しているようです。

この82%の回答者のうち、39%のユーザーは10ドル~50ドル(1000円~5000円相当)を超えるとXRPの売却を検討しているものの、残りの43%のユーザーは50ドルを超えてもホールドを続ける姿勢を見せています。

これだけ高く評価をされているのは、やはり送金サービスという廃れることのない事業の安定感や、順調に進んでいるプロジェクトが背景にあるのでしょう。

1万円を超えると予想するユーザーも

アンケートの回答者の中には、XRPの価格が1万円を超えると予想しているユーザーもいるようです。

XRPの価格が1万円を超えるとなると、時価総額は500兆円~1000兆円規模になることから、現実味がないと感じる方もいるかもしれません。

しかし、XRPホルダーの中には、XRPが法定通貨に代わる基軸通貨になることで、XRPの価格は1万円をも超えるという考えを持っている方も存在しています。

 

コミュニティ外では総悲観が高め

今回のアンケートは非常に良い結果でしたが、XRPのコミュニティ内で行われた調査であることを踏まえて結果を受け止める必要があります。

現時点でXRPのホルダーであり、更にコミュニティに入っているユーザーともなれば、間違いなくXRPに対する評価は高いでしょう。

そんなコミュニティ内の中で調査を行うと、アンケート結果も高評価になるのは当然です。

コミュニティ外からはまだまだ厳しい評価を貰っているのが現状であり、価格が低迷によって悲壮感を漂わせているホルダーも数多く存在しています。

その為、コミュニティ内のアンケートだけではなく、コミュニティ外の評価も踏まえてXRPの将来性を考慮する必要があるでしょう。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.