02:リップル(Ripple)

No tags for this post.

著名アナリスト「Credible Crypto」は、仮想通貨リップル(XRP)市場待望の「ブル相場開始」を予測する。

bygoogle || []).push
No tags for this post.

リップル(XRP)は下降トレンドライン突破出来ずに終わるのか?

9月15日より8月以降からの安値を更新する値動きを見せたリップル(XRP)は下落後強い反発を見せました。しかし反発は8月以降からの下降トレンドライン近辺で上昇を止め、本日9月19日までに再び値動きのベクトルを下方へ傾けています。リップル(XRP)はこのまま更なる上昇を見せないのでしょうか? No tags for this post.

DeFiの活況で急速に高まるステーブルコイン需要

DeFiの活況で高まるステーブルコインの需要 分散型金融(DeFi)は、最近の暗号通貨業界で話題になっています。Aave (LEND)が最近、10億ドルの時価総額に到達した最初のDeFiトークンになったように、業界の成長 ... No tags for this post.

Flare NetworksのXRP保有者へのSparkトークン付与、SBI VC Tradeも取り扱い検討へ

bygoogle || []).push
No tags for this post.

ワイの仮想通貨…XRP←こいつ

1: 風吹けば名無し 2020/09/02(水) 01:17:17.88 ID:O+VRkX5Ra
パフォーマンス悪すぎ

引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1598977037/

続きを読む No tags for this post.

オーストラリア企業がRipple(リップル)を商標法違反容疑で提訴

要点

・オーストラリアで金融サービスを手掛ける企業が、商標法違反だとしてRippleを訴えていることが分かりました。

オーストラリア企業がRippleを提訴


オーストラリアで金融サービスを提供する企業New Payments Platform Australia(NPPA)が、ブランド、名前、商標「PayID」を無断使用していると主張し、オーストラリアの商標法に違反したとしてRipple Labs Inc.(※以下、Rippleと表記)を訴えていることがわかりました。


NPPAは2018年2月にオーストラリアでPayIDブランドを立ち上げた企業で、同社はこのブランドに対して330万豪ドル(約2億5,000万円)を掛けて広告キャンペーンを実施していたことでも広く知られている企業です。

オーストラリア連邦ニューサウスウェールズレジストリに8月25日(金曜)に提出された公式裁判所命令によると、NPPAは、Rippleが「権利侵害の疑いのある行為を支援および禁ずることに関する関連の申し立て」および「関連する損害賠償または口座利益の宣言および差し止め」を申し立てています。

裁判所の申し立てにより、Rippleは40社にのぼるパートナーと、オーストラリアで同様のPayIDブランドのサービスを開始し、Open Payments Coalition(OPC)と呼ばれるシステムの一部を形成しています。今回の提訴についてNPPAは、サービスの開始により、オーストラリアの商標法(1995年発令)およびオーストラリア消費者法およびオーストラリア証券投資委員会法(2001年)に違反したとして訴えを提出しています。

NPPAのコメント




NPPAのジョン・コリンズ(John Collins)弁護士は、RippleのOPCの一部である40社のうち3社は、NPPAの提供するサービスとPayID商標に基づいてRippleが提供するPayIDサービスが、NPPAのPayIDサービスと提携していると想定していると思われる誤った認識があったというオーストラリア企業による証拠があるとし、その証拠を提示しています。

なお、NPPAはオーストラリアで金融機関にペイメントインフラを提供する企業であり、その商標である「Pay ID(PayとIDの間にスペース)」を2017年3月に取得しています。そのNPPAの顧客は、PayIDを金融機関とともにNPP支払いのアドレスまたは識別子として使用し、そのPayIDを特定の銀行口座にリンクできるとのこと。

https://platform.twitter.com/widgets.js


「Pay ID」では、同義語のアドレッシングサービスを使用すると、電話番号やメールアドレスなどの情報をアカウントにリンクさせ、支払いを受け取りたいエンティティにPayIDを提供しています。

IPオーストラリアによると、NPPA は 2017年10月に「PayID」(PayとIDの間にスペースなし)の商標を申請していましたが、2018年4月に申請失効によって商標は登録されていません。


NPPAの公式声明によると、今回の訴訟の目的は、「オーストラリアでNPPオーストラリアのPayIDサービス名とブランドを使用した仮想通貨ベースの決済サービスの開始によって惑わされることから保護すること」を目的としていると述べています。

NPPAはオーストラリアに送金ネットワークを構築しており、さまざまな銀行の顧客が、リアルタイムで支払いを受け取れるシステムを構築しています。
この送金ネットワークシステムには、ANZやシティバンク、HSBC、ING、オーストラリア準備銀行など13の銀行が相互に所有していることでも広く知られています。

NPPAは

同じ名前の市場で運用されている2つのサービスが混乱、詐欺および詐欺の機会を生み出し、NPPオーストラリアのPayIDサービスに適用される保護が以下で提供されるサービスにも適用されると想定する顧客を誤解させる恐れがあるという“本当の懸念”があります。

とNPPAはコメントを発信しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【仮想通貨】リップル社が報道機関向けの事業説明会を開催

No tags for this post.

リップル社パートナーのマネーグラムがスリランカの大手送金プラットフォームと提携

リップル社の主要なパートナーである国際送金大手マネーグラム(MoneyGram)は、スリランカの大手送金会社MMBL Money Transferとパートナーシップを締結した。地元メディアBizenglish.Adaderanaによると、この提携によりマネーグラムは数百万人の顧客へのアクセスを獲得している。 No tags for this post.