02:リップル(Ripple)

No tags for this post.

リップル社が当初よりも「21年早く」保有のXRPを放出!?

■ツイッターより

XRP

続きを読む No tags for this post.

【おさらい】リップル暴騰で200日移動平均線突破!ビットコインも上昇止まらず!

仮想通貨市場は引き続き堅調な推移が継続。

14日にはリップルが急騰しており、待望の200日移動平均線突破を果たしています。

要点

・仮想通貨市場は堅調な推移継続
本日はアルトコインも高騰しており、市場全体の時価総額も年初来高値を更新。仮想通貨市場の快進撃が止まりません。

仮想通貨市場の快進撃止まらず

本日の仮想通貨市場はビットコインも価格が上昇している他、イーサリアム、リップルといった主要アルトコインの価格も上昇。

総じて、仮想通貨市場は全面高の展開となっており、市場全体の時価総額も年初来高値を更新しています。

4月下旬から5月初旬にかけては、ビットコインのみ価格が上昇する「独歩高」相場が継続していましたが、今週に入りアルトコインの価格も上昇し始めているので、今後もこの動きが続くか注目となりそうです。

ビットコインドミナンスは相変わらず59.8%と高水準にありますが、仮想通貨市場全体の時価総額が上昇するのは、これまでにないポジティブなシグナルであります。

 

リップルのが高騰・200日移動平均線を突破

米国時間では、リップルが前日比20%近い暴騰を果たしており、待望の200日移動平均線を突破を果たしています。

要因としては、米最大手コインベースがニューヨーク市民もリップルを取引きできることを発表しており、ファンダメンタルズ要因も後押しした形でしょう。

リップルドル 日足 2018年9月~

200日移動平均線・・・株・為替の世界で用いられる中長期的な強さを計る指標。基本的に、200日移動平均線の突破は中長期的な強気トレンドの転換を示唆する。

XRPに関しては、14日に日200日移動平均線を突破してきているので、このまま価格が上昇していくか注目となるでしょう。

200日移動平均線は上記のチャート赤い線になりますが、リップルがこれまで200日移動平均線を突破したのは、直近で2018年10月スウェル開催時に上昇した時です。

一般的に、200日移動平均線突破は、中長期的な強さを計る指標となるので、今度は200日移動平均線をサポートにできるかが焦点となりそう。

また、これでビットコイン、イーサリアム、リップルといった主要な通貨が全て200日移動平均線を突破してきており、市場全体が強気トレンドへ徐々に突入している可能性も考えられます。

チャート的にはさらに価格上昇が見込めるので、以降の値動きも引き続き注目です。

 

まとめ

14日の仮想通貨は堅調な推移を継続。

ビットコインはもちろんのこと、本日はリップルといったアルトコインも全面高の展開であり、仮想通貨市場は年初来高値を更新しています。

チャート上では、各通貨は強気の傾向がみられるので、このまま価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「リップル50円以下になったら全力買いしてガチホしてれば人生変わるぞ」とか言ってた奴出てこい

30: 2019/05/14(火) 07:24:20.10 ID:yOIKPELe0
おいこら! 
ブームのときに「リップル50円以下になったら全力買いしてガチホしてれば人生変わるぞ」とか言ってた奴出てこいよ! 
全然戻ってこないじゃねーかよふざけんな

XRP

引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1557785760/


続きを読む No tags for this post.

リップル(XRP)の価格・・・

910: 2019/05/11(土) 13:47:48.34 ID:l4MPXrf1
BTC  XRP
40万 40円 1月
60万 40円 4月
60万 33円 5月
73万 33円 今

草草の草
建大底抜けも時間の問題やな

XRP

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1557302873/


続きを読む No tags for this post.

【朗報】リップル(XRP)がグーグルに広告掲載wwwwww

■ツイッターより

XRP

続きを読む No tags for this post.

リップル(XRP)持ってるのも限界かもしれない・・・

531: 2019/05/04(土) 10:26:07.88
ID:UD+sLWwz
ちょっとxrp持ってるの限界かも。上がらなさすぎる。 
ビットコイン上がってるし2017年の再現で草コインが来るとにらんで何か買いたいんだけど、良さげな草コインない??

XRP

引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1556832420/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨リップル(XRP)の所持をやめた結果wwwwwww

■ツイッターより

XRP

続きを読む No tags for this post.

【5/1】令和突入で仮想通貨価格上昇?ビットコイン・リップル・イーサリアム

テザー問題の急落以降、調整に入った仮想通貨市場でしたが、昨日夜に上昇をみせました。

ビットコイン・イーサリアム・リップルの価格についてまとめました。

要点

・短期的な価格上昇
ビットコインは急落後の短期的なレジスタンスを超えてきています。ゴールデンウィーク後半の値動きは注目となるかもしれません。

 ビットコイン・リップル・イーサリアムの価格動向まとめ

平成最後となる4月30日の夜ごろから、ビットコイン、アルトコインともに全面高の展開となりました。

ボラティリティー(変動率)が市場に再び戻れば、ゴールデンウィークの値動きは注目となるかもしれません。

ビットコイン、リップル、イーサリアム主要3通貨の値動きをまとめました。

 

ビットコイン

ビットコインドル 1時間足 4月18日~

まず、ビットコインは先週金曜日「テザー問題」が再燃し価格が急落(チャート赤丸の箇所)。

急落後は、ボラティリティーが低下し、およそ4日間揉み合いの展開を続けていました。

しかし、昨日の価格上昇で、短期的なレジスタンスであった5200ドル(対円だと58万円近辺)を超えてきています。

このまま5200ドル以上を維持できれば、再び5400ドルを試すシナリオもありえるので、ゴールデンウィーク後半の値動きに注目でしょう。

ビットコインはテザー問題により、ドルと円チャートに若干のズレが生じているので、その点は注意が必要です。

 

リップル

XRPドル 日足 2019年~

リップルは昨日、主要通貨の中でも大きな上昇を見せました。

先日のバイナンスのレポートでも話題になりましたが、リップルはビットコインやイーサリアムと違いトレンドレスな安定の価格推移を続けています。

現在は50日移動平均線を超えたところで推移しているので、まずは直近の価格を維持できるか注目となるでしょう。

リップル(XRP)が分散投資に最も適している!バイナンスがレポートで報告!

 

イーサリアム

イーサリアムドル 1時間足 4月23日

イーサリアムも昨日価格が上昇していますが、ビットコインと違い直近のレジスタンスを超えていません。

なので、157ドルを超えられるかがゴールデンウィーク後半の注目ポイントとなりそうです。

イーサリアムだけでなく、アルトコインは全般は4月に入り価格が上昇しずらい相場が続いています。

それを踏まえると、まずはビットコインが5400ドルを試す展開に入れば、短期的なレジスタンスを超えることができるかもしれません。

 

 

まとめ

平成最後となる4月30日夜、ビットコインはテザー問題で急落してからの短期的なレジスタンス5200ドルを突破してきています。

仮に今後も5200ドル以上をキープできれば、再び5400ドルの高値を試しにいく可能性があるので、ゴールデンウィーク後半は注目となるかもしれません。

リップル、イーサリアムに関しても、現在はビットコイン主導の相場が続いているので、その方向性が重要になるでしょう。

アルトコイン全体の動向としては、直近でビットコインドミナンスが上昇しているので、そちらも注目でしょう。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル(XRP)が分散投資に最も適している!バイナンスがレポートで報告!

バイナンスは26日、投資に関するレポートを発表しました。

それによると、分散型投資にはリップル(XRP)が最も適しているとのことです。

要点

・分散投資
分散投資は複数の銘柄(資産)ではなく、分散して投資する方法です。リスクを分散することができます。

 リップル(XRP)が分散投資に適している

「Cryptoassets を分類する: リターン主導のクラスター分析」に飛び込む新しいものを見てみましょう

バイナンスの最新のレポートによると、過去1年間の値動きから、リップルが分散投資に適しているとのことです。

その要因として、イーサリアムといった主要な仮想通貨に比べ、ビットコインとの相関関係が低いからとのこと。

そのため、例えばビットコインの価格が下落したときなど、リップルに分散投資しておけばリスク回避の意味になるということです。

また、レポートではリップルとステラの動きが似ているとのことです。

ステラはもともと、リップルからフォークして誕生した仮想通貨であり、その意味で似たジャンルに属しているとバイナンスは報告しています。

 

アルトコインとビットコインの連動性は薄れるのか

バイナンスは上記内容の他、市場全体の連動性が高まっているとも指摘しています。

その背景にはステーブルコインの取引が増加したことがあるとのことです。

バイナンスが指摘するように、3月はアルトコインの上昇が目立っていましたが、4月に入ってからはアルトコインの価格上昇がしにくい相場になっています。

その証拠に直近でビットコインドミナンス(市場全体の時価総額)は上昇傾向にあり、アルトコインに資金流入がしにくい相場が続いているようだ。

しかし、ファンドストラッド社トム・リー氏は、今年アルトコインが単独で上昇する季節が訪れると指摘。

アルトコインが1000%上昇する?トム・リー氏がツイッターで解説!

リー氏が指摘するには、過去の傾向から、ビットコインとアルトコインの相関性が薄れたとき「アルトコインの季節」が訪れるとのこと。

このことを踏まえれば、現在はアルトコインが上がりにくい相場になっていますが、今後相関関係が復活してくるか注目でしょう。

 

まとめ

バイナンスが26日に発表したレポートによると、分散投資にはリップルが適しているとのこと。

その理由は、リップルがビットコインやイーサリアムと違って相関性が低く、価格が安定しているとのことです。

直近ではアルトコインが上昇しにくい相場が続いていますが、ファンドストラッド社トム・リー氏は今年アルトコインが上昇しやすい相場が訪れると指摘。

直近では、バイナンスが指摘するように、アルトコインが上昇しにくい相場が継続していますが、ビットコインへの資金流入が起きた後は、アルトコインが上昇する時期が訪れるているので、価格が上昇していくのに期待したいところです。

 

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル(XRP)公式アカウントがFacebookネタをツイート

■ツイッターより

XRP

続きを読む No tags for this post.