リップル

No tags for this post.

Ripple買うならCoincheck!アルトコインの取り扱いが国内最多の取引所コインチェックでRippleを購入しよう!

[box class="red_box" title="2018年1月29日更新"] 2018年1月26日に発生した不正流出事件により、Coincheck社では現在一部を除き取引、入出金の停止、及び新規アカウント登録が停止されています。
また1月29日現在において再開予定日などのアナウンスはない状態です。

関連記事については下記をご参考ください。
コインチェックが緊急記者会見で不正出金被害を公表 [/box]

RippleはGoogleが投資したことで一躍有名になり、日本国内の地銀を含む世界中の金融機関が続々とRippleネットワークへの参加を表明し、そしてSBIホールディングスはRipple社と共同で新会社を設立しました。

大企業が出資を行ったり導入に向けて検証を行ったりと、その信頼性はますます高まり、同時に将来への期待が膨らんでいる仮想通貨「Ripple」。

2017年10月には世界の仮想通貨の時価総額ランキングTOP3にまで上り詰めましたが、日本の取引所では未だ取り扱いが少ない状況です。

そこで Ripple を購入するなら2014年創立の、国内の仮想通貨取引所としては老舗としての安定感と人気を誇る「Coincheck(コインチェック)」をおすすめします。

本記事ではコインチェックの特徴と、コインチェックでRippleを購入する方法を説明します。

<!-- [btn class="rich_yellow"]コインチェック 公式サイトはこちら [/btn] -->

コインチェックの特徴

アルトコインの取り扱い数が国内最多

<!--

Coincheck 公式サイトはこちら

-->

コインチェックは、アルトコインの取り扱い数が国内一豊富な取引所としても有名です。

国内の取引所は2017年4月1日施行の「仮想通貨法」により、厳しい条件をクリアした企業だけが金融庁から仮想通貨交換事業者として登録を許可されます。

つまり国内取引所コインチェックに上場しているアルトコインは将来性のある仮想通貨ということになります。

コインチェックでは2017年10月26日現在、下記の13種類の仮想通貨を取り扱っています。

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ether Classic
  • Ripple
  • NEM
  • Litecoin
  • DASH
  • Monero
  • Zcash
  • Lisk
  • Factom
  • Augur
ビットコインやイーサリアムといった主要なコインはもちろん、Rippleといったどんどん人気が上昇している通貨も取り扱っているのが魅力です。

<!--

Coincheck 公式サイトはこちら

-->

デザインが仮想通貨取引所中で一番かっこいい

コインチェックの魅力はUI(ユーザーインターフェース、画面)のデザインでもあります。

シンプルで洗練されたUIデザインは、見やすさはもちろん使いやすさも抜群です。

<!--

Coincheck 公式サイトはこちら

-->

貸し仮想通貨システムで利益を得られる

コインチェック独自のサービスで、ユーザーが保有している仮想通貨をコインチェックに貸すことができます。

長期保有で利益を出そうとしているなら、その間眠らせてある仮想通貨を貸しておけば最大で年利5%の利益を得ることができます。

コインチェックで扱っている仮想通貨ならどれでも貸すことができるので、Rippleを長期保有しようと思っている人もその間貸しておけば利益が増えて戻ってきます。

<!--

Coincheck 公式サイトはこちら

--> [box class="blue_box" title="仮想通貨の投資方法がわからないなら、とりあえず長期で保有してみよう!"]仮想通貨の取引には現物取引、FXなどがあります。

現物の短期トレードやFXだと相場の読みや経験、追証のリスクなどがありますが、長期保有は誰でもできる簡単な投資方法です。

やり方はとても簡単で、いつ爆発的に値が上がるかわからない有望な通貨を購入して保有しておくだけ。

仮想通貨は誕生したばかりでまだまだ値段が上がっている最中なので、ビットコインのようにこれだけでも利益になる可能性があります。

さらにコインチェックなら自分の持っている仮想通貨をコインチェックに貸しておくだけで年利をもらえます!

仮想通貨もいつか価値がなくなるかもしれないというリスクはもちろんありますが、のんびりと大きな利益を狙いたいという人には最適な投資だといえます。

慣れてきたら「ドルコスト平均法」もおすすめです。[/box] <!--

Coincheck 公式サイトはこちら

-->

コインチェックでRippleを買う方法

それではコインチェックでRippleを買う方法を説明します。

コインチェックのアカウントを持っている前提でお話します。
※ 取引所での新規アカウント開設はネットで簡単に完了しますが、パスワード入りの書留が届くまで長くて2〜3日程度かかるため、早めの登録をおすすめします。

コインチェックの「取引所」画面を開くと、仮想通貨が並んでいます。

ここでRippleを選んでください。

するとRippleの購入数を選択できるので、どのくらい買うかを入力しましょう。

現在は42XRPを1,000円以下で購入することができます。

購入数を入力したら購入するボタンを押せば完了です。

仮想通貨を簡単に購入できるのもコインチェックの魅力です。

<!--

おすすめ取引所 - Coincheck(コインチェック)

アルトコイン買うなら取り扱い豊富な Coincheck(コインチェック)

Coincheck 公式サイトはこちら

  • 国内取引所では最多の13種類の仮想通貨を取り扱い!
  • 0.001ビットコイン(約645円)から買えて取引手数料0円!
  • 貸仮想通貨で自分の保有している仮想通貨を貸すと最大で年率5%ゲット!
[btn class="rich_yellow"]Coincheck 公式サイトはこちら [/btn] --> [kanren postid="239,101"] [ex-ja-XRP]No tags for this post.

リップルが100円を突破!先週に比べ2倍も上昇

リップルがこの数日で急上昇しています。 1ヶ月以上も下がり続け上がる気配の見えなかった仮想通貨。 それがこの数日で大きく動きました。 それまでリップルは50円台をキープしていましたが、先週に入り徐々に上昇しました。 50円台から70円台へと昇り、今週に入ったところついに100円まで急上昇しました。 同じくビットコインも70万円台を漂っていましたが、80万円台になり今では100万円目前となっています。 ビットコインが基軸となっているので、リップルや他のアルトコインも上昇するのですね。 また予測ボットでは5月にリップルがさらに上昇すると予測しています。 ただ今年の始まりにあった暴落を目の当たりにしている人はこの暴騰に喜ばず暴落するのではないかと疑心暗鬼になっています。 今後また去年の冬のような誰もが儲かる相場になるのか、それとも全く別の相場になるのか全く予想がつきませんね。 [box class="blue_box" title="オススメ記事"] XRP(Rippe、リップル)を買うなら手数料が安くて「指値」注文できる「bitbank.cc」(ビットバンク)がおすすめ!
リップルを安く買うならビットバンク [/box] [box class="blue_box" title="すぐにわかるRipple基礎知識はこちら!"] Rippleって何?なんていまさら聞けない人のための2分でわかるRipple講座!
これさえ読めばXRPは大丈夫!&あなたもきっとRippleが欲しくなる!
Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本! [/box] [ex-ja-XRP]No tags for this post.

bitbank.cc(ビットバンク)がXRP取引量世界1位を記録!

2018年4月16日に、bitbankが1時間のXRP取引量で世界一を記録したと発表しました。

[aside type="boader"]bitbankの特徴について詳しく解説した記事はこちらです。 [kanren postid="244"][/aside]

[btn class="rich_yellow"]bitbankの公式サイトはこちら [/btn]

取引量が多いことによるユーザーのメリット

仮想通貨が安く手に入る

bitbankは、国内では珍しい板取引が可能です。
売り買いする人が多いことで板は厚く、流動性は高くなり、取引しやすくなります。
取引が多いことで最適な価格での指値注文がしやすくなり、安く買うことができるというわけです。

今なら手数料が無料!

bitbankは、昨年から提供していた手数料無料サービスを延期すると発表しました。
2018年6月30日00:00まで無料キャンペーンが継続します。

[kanren postid="2078"] [kanren postid="244"]

bitbankで取引をする

[ex-jp-bitbank_XRP] [aside type="boader"]Rippleとは?
今話題の時価総額ランキング上位の仮想通貨「Ripple」の基本を知ろう!
Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本! [/aside] No tags for this post.

Rippleを安く買うならbitbank.cc!今からリップルを買う人は指値で買えて手数料の安いビットバンクに登録しよう!

Rippleを扱っている日本国内の仮想通貨取引所は現在2社のみですが、「指値注文でRippleを買える」、「手数料を安く抑えてRippleを買う」なら断然 bitbank.cc(ビットバンク) です。

本記事ではビットバンクの魅力と共に、ビットバンクでRippleを買う方法を説明します。

bitbank.cc(ビットバンク)の魅力

手数料が安い

ビットバンクccの魅力はなんといっても手数料が安いことです。

さらに現在はキャンペーン中で売買手数料が全て無料となっています。

過去にはマイナス手数料という、取引を行えば行うほど手数料分がボーナスともらえるキャンペーンも実施されています。

このようにユーザーに直接的に還元されるような嬉しいキャンペーンが多いこともビットバンクの魅力です。

指値注文ができる

bitbankでは指値注文でRippleを買うことができます。

指値注文とは、自分が買いたい価格を指定して買い注文を出すことです。

ユーザー同士で買い、売りを指値で出せるので、現在の相場価格より安く買えることがほとんどで、取引所や販売所での仮想通貨販売よりもスプレッドが小さく、確実にお得に購入することができます。

現在日本の国内取引所でRippleを指値注文できるのはビットバンクのみなので、Rippleを安く購入したい人はビットバンクに登録することをおすすめします。

取り扱い通貨の種類が多い

ビットバンクは仮想通貨の取り扱いが国内トップクラスの取引所です。

2017年10月現在は下記の6通貨を取り扱っています。

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ripple
  • Litecoin
  • MonaCoin
主要な仮想通貨であるBitcoinやEthereumはもちろん、RippleやLitecoin、MonaCoinなど人気アルトコインの取り揃えも充実しています。

入金手数料が無料

日本円をはじめ仮想通貨の入金手数料は全て無料です。

なのですでにRippleをはじめ仮想通貨を持っている人も、新たにビットバンクにも口座開設をしてもデメリットがありません。

出金手数料が安い

出金手数料もとても安く設定されています。

Rippleだと0.15 XRP、日本円にして 3.44572 円(約 3円程度)で出金することができます。

こんなに安い出金手数料もbitbankの魅力です。

口座開設が簡単にできる

口座開設も非常に簡単にできます。

やり方は他の取引所と同じで、必要事項を入力し、本人確認書類を撮影してアップロードします。

その後書留(ハガキ)が届くので、記載されているパスワードを入力すれば本人認証も完了です。

bitbank.cc でRippleを購入する方法

bitbank.cc  にログインして画面上のメニューバーの「トレード」をクリックして、取引画面を表示しましょう。

左上に「 BTC/JPY 」と表示されていて、初期状態では「 Bitcoin と 日本円 の取り引き」になっています。

ここで 「 XRP / JPY 」 をクリックすると、日本円でRippleを購入することができます。

bitbank.ccはアルトコイン、Rippleも指値・成行注文できるので、欲しい金額で指定して購入することができます。

これが 「Rippleを安く買うならbitbank」という理由です。

2017年10月現在だと 45XRP を 1XRP 22円 で注文すると、990円と1,000円以下で注文することができます。

以上がbitbankでRippleを購入する方法です。

アカウントさえ作成できれば、簡単に買うことができます。

国内取引所でRippleを安く買うならビットバンク!

[ex-jp-bitbank.cc]
[aside type="boader"]Rippleとは?
今話題の時価総額ランキング上位の仮想通貨「Ripple」の基本を知ろう!
Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本! [/aside] [aside type="boader"]おすすめの国内&海外取引所はこちら!
国内&海外のおすすめ仮想通貨取引所  [/aside]
No tags for this post.

田舎者主婦しおり~仮想通貨は欲をかくとろくな事がない~

ブラジル インド シンガポール カナダ!リップル社は銀行に送金業者との提携が続々と増えている【リップル(XRP)】新たに4ヶ国、5つの金融機関と提携/新興国市場の開拓に自信 | 仮想通貨最新情報・ニュース-CoinOnl […]

投稿 田舎者主婦しおり~仮想通貨は欲をかくとろくな事がない~COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

No tags for this post.

Money Tap(マネータップ)とは <リップル技術利用の銀行口座送金アプリ>

Money Tap(マネータップ)と呼ばれるリップル社のブロックチェーン技術(分散台帳技術)を利用した銀行間送金アプリが2018年夏にローンチされる事が発表されました。リップル技術とは何か、Money Tapとはどのようなものかについて初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。 Money Tap(マネータップ)とは Money Tapはリップル社のブロックチェーン技術(分散台帳技術)を利用した銀行間送金アプリです。電話番号やQRコード読み取りだけで銀行振込を行う事ができ、365日24時間送金ができる事で銀行口座間の振込を容易にできる事になります。 (画像元:http://www.sbig…No tags for this post.

リップル価格は韓国のFOMOがまずは爆上がり!

 リップル価格は、韓国市場での販売量の急増に伴い、月曜日1.05ドルで過去最高を記録した。リップルプライス$ 1.05リップル価格は、2月25日の0.94ドルから​​3月4日の0.89ドルへと低下し、徐々に下降して前週を過ごしたため、動きはやや予期しなかった。しかし、日曜日の夕...No tags for this post.

SBI、リップルを活用した送金アプリ「Money Tap」を発表~まずは邦銀3行から

SBIホールディングスとSBI Ripple Asiaは7日、両社が事務局を務める内外為替一元化コンソーシアム(邦銀61行からなる企業連合)において、DLT(分散型台帳技術)を活用した送金スマホアプリ「Money Tap(マネータップ)」を発表しました。

このマネータップではリップル社のソリューションであるxCurrentを実装した「RCクラウド2.0」を活用し、まずは住信SBIネット銀行、りそな銀行、スルガ銀行の3行が対応、2018年夏以降のリリースを目指しており、随時、マネータップに対応する銀行の増加を図っていくとのことです。

マネータップは、送金の際に銀行口座番号が分からなくても、登録された「電話番号」や「QRコード」を使い、数タップで該当の銀行口座宛にリアルタイムかつ安全に摩擦のない送金をすることが可能です。

マネータップ
Money Tap(デモ画面)

利用シーンとしては、食事や飲み会などでの少額決済や割り勘、海外留学をしている子供への送金、ネットショップでの支払いなどを想定しています。この他にも給与受取用の口座から生活用の口座に送金するなど、自分の口座同士で送金する際の煩わしさも解消されます。

こういったP2P(ピア・ツー・ピア)での利用に加え、将来的には外為機能の追加や、B2P(ビジネス・ツー・ピア)といった法人向けソリューションとしての機能強化も計画しています。また、デジタルアセットとの組み合わせとして、ブリッジカレンシーにXRPを活用することも視野に入れています。

SBI Ripple Asiaの代表取締役社長である、沖田貴史氏は各国で進むキャッシュレス化を引き合いに出し、以下のように述べました。

「スウェーデンではキャッシュレス化に向けて銀行側が積極的に取り組みを行っており、Swishというペイメントサービスが普及しています。(普及率60%)アジアでも動きが活発になってきており、タイやシンガポールなどで増加傾向にあります。」

沖田貴史氏
SBI Ripple Asia 代表取締役社長
沖田貴史氏

また、内外為替一元化コンソーシアムの取り組みとして、“銀行だからできること”を追求していきたいとし、以下のように続けました。

「(日本国内においては)様々なフィンテック企業による無料の送金アプリがありますが、これは資金決済法に準拠していますので、一度プリペイドのバリューに置き換えて送金するやり方をとっています。これは実際に出金ができなかったり、出金の際に手数料がかかります。マネータップは銀行主導の決済ソリューションですので、銀行口座をそのまま使うことができ、非常に使いやすいUX(ユーザー体験)を提供できるのではないかと考えています。」

諸外国と比較しても、キャッシュレス化に遅れをとっている日本ですが、銀行主導の送金アプリ「マネータップ」が、キャッシュレス化の後押しとなることでしょう。仮想通貨と言えば投機的な側面が注目されていますが、その根幹技術であるブロックチェーン/DLTが生活に役立てられることも知っておくべきでしょう。マネータップは2018年夏以降、iOS/Android対応でリリース予定です。

No tags for this post.

【速報!】「Money Tap(マネータップ)」誕生! SBI銀行がスマホ向け送金アプリの提供を発表

SBIホールディングス株式会社とその子会社であるSBI Ripple Asia株式会社が、スマートフォン向け送金アプリ「マネータップ(Money Tap)」を提供するとことが正式に発表されました。 このサービスは邦銀61行が加盟している「内外為替一元化コンソーシアム」が
分散台帳技術(DLT)を活用した、新しいフィンテックサービスです。

参考 : 内外為替一元化コンソーシアムにおけるスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」提供に関するお知らせ

[kanren postid="2200"] [kanren postid="538"] [ex-ja-XRP]No tags for this post.

世界的な商業支払いソリューションのプロバイダーであるケンブリッジ・グローバル・ペイメント(Cambridge Global Payments)はリップルとコラボ!

 FLEETCOR Technologiesの子会社であり、世界的な商業支払いソリューションのプロバイダーであるケンブリッジ・グローバル・ペイメント(Cambridge Global Payments)は、xRapidを通じてクロスボーダー支払いフローでXRPを使用するパイロットプログラムを開始しています。ケ...No tags for this post.