リップル

No tags for this post.

Money Tapリリース!マネータップで24時間365日手数料無料で即送金可能に!

SBIホールディングス株式会社の子会社で電子決済等代行業を営むSBI Ripple Asia株式会社が、スマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」のサービスを開始しました。

9月26日にはSBI Ripple Asia株式会社が、財務局で電子決済代行業者としての登録を完了したことを発表していました。

[kanren postid="4329"]
[btn class="lightning big"]口座開設のお申込みはこちら [/btn]

24時間365日手数料無料で送金が可能!

24時間365日送金手数料無料で銀行間の即時送金が可能なスマホアプリ「マネータップ」がサービスを開始しました。
10月4日にSBIホールディングスが公式サイト上で発表しました。

このサービスは国内銀行の住信SBIネット銀行株式会社、スルガ銀行株式会社、株式会社りそな銀行の3行が参加しており、ripple(SBI Ripple Asia)が提供する分散型台帳技術「xCurrent」を利用しています。

サービス内容

マネータップの画期的な点は下記の3点です。 [aside type="boader"]

  1. 24時間365日即時反映で送金可能
  2. 他行宛の振込手数料無料
  3. 電話番号やQRコードで送金可能
[/aside] 他行宛というのは3つの参加銀行間のことで、その他の銀行へのサービスには現在残念ながら対応していません。
しかし参加銀行は今後増える予定だとし、サービスの拡大が期待されます!

  • マネータップの銀行間振込手数料
[table id=4480-001 /]

また、送金に際して口座番号情報以外にも電話番号やQRコードを使用できる点も注目されています。
より手軽な決済手段としてのツールに活用されることも考えられ、すでに店舗のウリの一つとして採用されているケースも見られます。

サービスの利用には該当口座が必要

マネータップの利用には、参加銀行であるSBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行いずれかに口座を開設している必要があります。
まだの人はぜひこの機会に口座開設しておきましょう。

特にSBI銀行は手数料や証券口座の併用での利便性など、投資との相性が非常に良い銀行なのでおすすめです!

[btn class="lightning big"]口座開設のお申込みはこちら [/btn]

iOSとAndroidで無料ダウンロード可能

Money TapはApp StoreならびにGoogle Playにて10月4日より順次ダウンロード可能となっています。
ダウンロードは無料で、口座情報を登録すればすぐに使用することができます。

SBIネット銀行に登録してマネータップを利用しよう!

[bank-SBI_NET_BANK] [kanren postid="4329,4377,538"] No tags for this post.

2018年SWELLの押さえておきたいポイントまとめ!

世界中から関係者が集まって開催されたRipple主催のカンファレンスSWELLについて、押さえておきたいポイントをまとめています。

SWELLとはripple主催のカンファレンス

SWELLとは、アメリカのサンフランシスコで開催されたripple主催のカンファレンスです。
世界中から様々なエキスパートたちを招き、国際送金やお金の未来について意見交換がなされ、その模様はYouTubeで配信されます。

2017年にはカナダのトロントで開催され、今回は2度目の開催となりました。
去年に引き続き重大発表への期待や豪華ゲストの登壇予定から、XRPの市場価格が急騰し、トレーダーにとっても注目のイベントとなりました。

市場に与えた影響によりXRPは3倍以上価格高騰

先述の通り、XRPの市場価格はカンファレンスの1週間ほど前から上昇し始め、一時は上昇前の20円台から70円台に乗るなど、実に3倍以上もの価格上昇を見せるほどの影響力があります。
ただしカンファレンス終了後の今後の値動きには注意する必要がありそうです。

開幕前日にはRippleNet委員会が発足

rippleサイトのブログによるとSWELL開催の前日、Ripple本社にて提携金融機関の代表者が集結し、国際送金サービスであるRippleNetについてのルールを議論したとしています。
議論の内容は明らかになっていませんが、これは今後のネットワーク全体の標準化を確実にするために重要とのことです。

参加したとされる金融機関は以下の通り。 [aside type="boader"]

  • MUFG銀行
  • SBI
  • Bank of America
  • Merrill Lynch
  • WestPac
  • Standard Chartered
  • Banco Santander
  • Siam Commercial Bank
  • American Express
[/aside] 上記の金融機関の代表者によって委員会が構成され、毎年共通のフレームワークにより全てのトランザクションが法的に明らかであることを確実にすると述べられています。
RippleNetは急速な成長を続ける新しいネットワークであり、委員会はその中でも革新性と効率性を維持するために活動するとされています。

1日目のまとめ

ビル・クリントン元大統領もブロックチェーン技術を後押し

開催前から注目されていたのは、何と言ってもアメリカ元大統領のビル・クリントン氏の登壇です。 重大ニュースについて発表するというよりは、ブロックチェーン技術に対する意見を述べて、業界を後押しするような内容だったようです。 技術に対する可能性を大きく感じていると共に、古い概念によって淘汰される危険性もあると述べました。
rippleのCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド ガーリングハウス)氏は、クリントン元大統領に対しツイッターで感謝を述べています。

世界的な仮想通貨規制作りには国際間の協力が不可欠

SWELL初日のセンターステージでは、ブロックチェーンテクノロジーと国際的な規制の将来についての意見が交わされました。
ビル・クリントン氏の後に登壇した元国際通貨基金(IMF)の事務局長であるSunil Sabharwal(スニル サハルワル)氏は、デジタル資産についての世界的規制への考えを述べました。

挑戦は世界的な協力を意味し、まず1つ目としてサイバー脅威への対策における協力には地政学的な問題がありますが、企業たちは協力する必要があります。
2つ目は、トレーニングの不足です。
現在多くの中央銀行は反マネーロンダリングに対するトレーニングが不足していると説明しました。

xRapidの商用利用開始

Brad Garlinghouse(ブラッド ガーリングハウス)氏により、すでに国際送金サービスである「xRapid」の商業利用が開始されていることが発表されました。
提携企業はMercuryFX、Cuallix、およびCatalystコーポレート連邦与信連合(Catalyst Corporate Federal Credit Union)で、Cuallixでは実際にXRPを使用してアメリカからメキシコに送金しています。

また、Brad氏はこれによりCuallixなどの企業が抱える問題をxRapidが解決していることを実証したと説明しました。

2日目のまとめ

リアルタイム国際送金を成し遂げたTransferGoのCEOが注目を集める

英国に拠点を置く国際送金サービスTransferGoのCEOであるDaumantas Dvilinskas氏が2日目のSWELLを席巻しました。
どのようにしてリアルタイムで国際送金サービスを提供できたかという説明に加え、上のツイートでも予告していた通り、新たに無料で利用できる国際決済サービスの提供を発表したのです。
下記に現在提供されているTransferGoの特徴をまとめます。 [aside type="boader"]

  • 一部の地域で90%の送金コスト削減を達成
  • 決済時間を30秒未満に短縮
[/aside] この利便性によりユーザーの高評価を集め、年間150万件の取引を完了させ、急成長しています。
Daumantas氏は現在抱える100万人のユーザー数を1億人に到達させることを目指し、そのためにRippleとの提携を決定しています。
すでにヨーロッパからインドへのxCurrentトランザクションを開始しており、rippleはこのサービスの構築と管理に役立ったと述べました。

Daumantas氏のもっとも衝撃的な発言はステージの最後でした。
ユーザーにとっての国際送金に伴う摩擦ポイントはコストもしくは価格です。 国境を越えた支払いを完全に無料にすることはできますか? 中期市場のゼロ報酬を提供するにはどうすればよいでしょうか? TransferGoがそれを可能にします。 DvilinskasとTransferGoは、世界中のお客様にTransferGoを無料で提供します。
このサービスの具体的な内容については不明ですが、無料で国際送金が行えることとなれば現在の送金システムが劇的に変わることが予想されます。

2日間のカンファレンスの総括

SWELLについて、押さえておきたい情報をまとめます。 [aside type="boader"]

  1. XRPの値動きに注目
  2. xRapidの商業利用が開始されXRPの流通量が上がる可能性
  3. 世界的な仮想通貨規制の策定なるか
  4. TransferGoから無料で送金できるサービスがリリース予定
[/aside] 以上、今後のリップル社の動きも合わせて、リップル(XRP)からしばらく目の離せない時期が続きそうです。

rippleユーチューブチャンネル [ex-ja-XRP] [kanren postid="4382,4341,4377,4329"]No tags for this post.

バイナンスの格付けレポートでXRPがBTCを上回り1位を獲得!

世界最大の取引所であるBinance(バイナンス)が行った仮想通貨の格付けランキングで、XRPが最高の5つ星をつけて1位評価されました。

世界最大の取引所がXRPを最高評価

約150種類以上のアルトコインを取扱い、全世界に約1000万人のユーザーを抱える仮想通貨取引所「Bainance」(バイナンス)が行った仮想通貨格付け調査において、XRPが最高評価を受けました。
ホームページ上では以下のような詳細を見ることができます。

リップルの主な利点は、トランザクションの速度とコストです。
リップルは4秒以内に国際支払いを決めることができ、手数料は取引あたり約0.00001XRP(10月2日時点で約0.0006円)です。
XRPは流動性および決済トークンであることを考慮すると、モーゲージ通貨およびコモディティなどの無関係な資産の取引にも使用できます。

The main benefits of Ripple are the speed and cost of transactions. Ripple is able to settle international payments in less than 4 seconds and the fees are approximately 0.00001 XRP per transaction. Given that XRP is a liquidity and settlement token, it can also be used for transactions of unrelated assets such as fiat currencies and commodities etc.
Rippleを開発しているRipple Labsには大手ベンチャーキャピタルがついていることや、経験豊富な開発者や創業者がいる背景も影響しているとされています。

また、懸念点としては多くのXRPがRipple Labsによって所有されていることや、集権的なコンセンサスアルゴリズム(RPCA)であることが挙げられていますが、POWよりも簡単に拡張できる点を利点としています。

[aside]補足
リップルが採用しているコンセンサスアルゴリズム「RPCA」は、リップル社が認定した「Validator(バリデーター/承認者)」だけしか承認作業を行うことを許されていません。
このためブロックチェーンの目的である非中央集権を目指すことから外れているという見方をされる場合があります。 [/aside]

カンファレンスSWELLにてxRapidの商用利用が発表

リップル社主催のカンファレンスが10月の1日2日、アメリカのサンフランシスコで開催されました。 その中で、国際送金システムである「xRapid」が、すでにメキシコの大手決済サービス企業Cuallix、MercuryFX、およびCatalyst Corporate Federal Credit Unionを含む複数と提携し、商用利用が始まっていることを発表しました。

同内容は、rippleのブログ上にもアップされています。
これによりさらなるXRPの実用化が進み、市場価格にも反映される可能性が高まっています。

参考:BINANCE [ex-ja-XRP] No tags for this post.

仮想通貨のロビー活動連合SAIVがアメリカで発足!報酬はXRPの支払いも

Business Standardの記事によると、Rippleをはじめとする複数の企業でワシントンD.Cでのロビー活動を目的とした団体SAIVが発足しました。

議会やSECへのロビイングにより適用規制決定を推進

SAIV(Securing America’s Internet of Value Coalition)はサンフランシスコに拠点をおく企業で構成され、Rippleを含む複数のスタートアップ企業が含まれています。
彼らは9月27日(木)、超党派の大手ロビー企業であるKlein/Johnson Groupと連携し、テクノロジーと金融(フィンテック)に特化した団体をスタートさせることを発表しました。

同社のロビー活動は、議会や証券取引委員会(SEC)などにおよび、ブロックチェーン技術や仮想通貨に対してどのような連邦規則の元で扱うべきかを決定することに取り組みます。
現時点での大きな懸念点としては、価格変動、詐欺的なICOや麻薬取引などへの犯罪利用だとしています。

この点についてKlein/Johnsonの共同創始者であるIzzy Klein(イジー・クライン)は、フィンテック企業の多くは急速に変化する仮想通貨市場において、規制するのではなく革新を促す政府による監督を求めているとしています。

報酬は毎月XRPで支払う

SAIVはKlein/Johnsonに対し、毎月25,000ドル(約280万円)と10,000 XRP(2018年10月1日時点で約67万円)を支払うとしています。
Klein(クレイン)氏は受け取ったXRPに関して、これが連邦規則に沿ったものであることが明らかとなった場合、これをアメリカドルに交換すると発言しています。

RippleのCOOであるLarsen氏は、この計画はKlein/Johnsonに良い面とリスクの両方を与えるが、業界に衝撃を与えてくれることを期待していると述べています。

XRPの最新チャート(2018年10月1日時点)は以下の通りです。
最近のポジティブなニュースに加え、ripple主催のカンファレンスSWELLの開催で新たな計画の発表に対する期待感が高まったことによる高騰が続いています。

[kanren postid="4059,4341,4377,4329"] [ex-ja-XRP] No tags for this post.

rippleがxVia・xCurrent・xRapidを「Convergence」として統合か

Rippleのウェブサイトから、3つのプロダクトについてのコンテンツが消えたことで、全てを統合した製品「Convergence」になるのではと話題になっています。
Convergenceという名前は、今年8月にすでにJim Chauncey-Kelly氏によって発表されていたものです。

[coin-explan-XRP]

xVia・xCurrent・xRapidの3つを「Convergence」として統合の可能性

法人向け国際送金サービスを開発するRippleNetが、構成コンテンツであるxVia・xCurrent・xRapidの3つを1つに統合するのではないかと言われています。
もともとはRippleNetを利用するためにこの3つのソリューションを別々に提供するとしていました。

統合の根拠として、rippleのサイトからxVia・xCurrent・xRapidいずれの記載も消え、RippleNetのみになっていることが挙げられます。 また、すでに削除されていますが、ripple社のディレクターであるJim Chauncey-Kelly氏がツイッター上で発言したことなども関わっているようです。

[aside]補足
xVia・xCurrent・xRapidについて
xVia:請求書情報などを添付する役割
xCurrent:決済内容の確認を含めた送金処理を行う
xRapid:XRPを使用して流動性を供給し、コストを抑える
[/aside]

統合されればXRPの流通量が増加

3つの製品にわかれていたRippleNetがパッケージとして提供されることとなれば、XRPを使用するxRapidの利用企業が増え、XRPの流通量が増加します。
現在これによるXRPの価値上昇を見込んで買いに走る投資家も多くなっています。

世界中のツイッターでも話題

[ex-ja-XRP] [kanren postid="4341,4329,4059,4013"]No tags for this post.

10月1日からripple主催のSWELL開催!米国元大統領ビル・クリントン氏も登場!

世界のエキスパートたちを繋げるripple主催のカンファレンスSWELLの開催がせまっています。

[kanren postid="239"]

国際カンファレンス「SWELL」とは

アメリカのサンフランシスコで開催される、ripple主催のカンファレンスです。
世界中から様々なエキスパートたちが招かれ、国際送金やお金の未来について意見交換がなされます。

2017年にカナダのトロントで開催された際は、事前のプロモーションや注目度によってXRPの価格が上昇しました。

参考:coinmarketcap

しかしカンファレンスの終了(10月18日)と共に急落していることが確認できます。
カンファレンスでは大物の登場や新サービスの発表などで注目・期待が集まったことによりXRPが買われますが、情報が出尽くしたところで売り傾向となるようです。
ちなみに2018年9月28日現在のXRPのチャートは下記の状況です。

9月18日から約20円程度だった価格が上昇をはじめ、一時は約70円台まで大幅な上昇を見せ、現在は約60円ほどで推移しています。

米国元大統領ビル・クリントン氏が登壇予定!

今年開催のSWELLには、なんとアメリカの元大統領ビル・クリントン氏が登場します。
政治のプロである氏の登壇でどのような議論が展開されるのかは、仮想通貨業界のみならず大きな注目を集めそうです。

そんな大物が登場するカンファレンスを見てみたいという人も多いことと思います。
2017年のSWELLでは、実際の会場の様子がライブ配信されていました。

今回そのような措置があるかどうか定かではありませんが、多くのリップラーにとって当日のYouTubeは要チェックとなりそうです。 ちなみにビル・クリントン氏の登場は10月1日の11時を予定しています。

先ほどもカンファレンスに伴うXRPの価格上昇について触れましたが、カンファレンス終了とともに下がることも考えられますので、取引を狙う方は購入はお早めに!
RippleのCOOは今月、100以上の企業との契約を締結したことを発表し、商業的に利用していく準備が整っていると発言しています。
今回のカンファレンスではその企業提携についての詳細や新たなニュースの発表が期待されます。

[kanren postid="4013"] [ex-ja-XRP]No tags for this post.

SBI Ripple Asia、財務局で電子決済業者の登録を完了!Money Tapローンチへの道筋がクリアに

東京に拠点を置くSBI Ripple Asia株式会社が、財務局で電子決済代行業者としての登録を完了したことを発表しました。

SBI リップルアジアが電子決済代行業者としてのライセンスを獲得

2018年9月26日、リップルのブロックチェーン技術を利用したフィンテックサービスを提供する「SBI Ripple Asia」は、関東財務局での電子決済代行業のライセンスを取得したと発表しました。

これにより今秋リリースを予定している銀行間送金アプリ「Money Tap」のハードルがクリアされたことになります。

6月に行われた金融庁の発表によると、銀行の公開APIを使って電子決済を扱う代理企業は、地方財務局に登録する必要があります。
Money Tapはこの規制が適用されるため、今回の登録で課題が解決されたかたちです。

Money Tapは住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の国内3銀行で提供を開始し、今後60以上の金融機関と連携拡大することを発表しています

SBIリップルアジアの最高経営責任者(CEO)の沖田 貴史(おきたたかし)氏は、秋のリリースではiOSとAndroidデバイスの両方でアプリケーションを利用できるとしています。

参考:coindesk [aside]補足
電子決済等代行業とは、オープンAPIなどを活用し「預金者の銀行口座残高や利用履歴等の情報を銀行から取得し、提供すること」や「預金者の銀行口座から他の銀行口座への振込等の指図を預金者の代わりに銀行に対して伝達すること」などのサービスを提供する事業者のことです。 [/aside] [explain-ripple] [ex-ja-XRP]No tags for this post.

仮想通貨の価格が上がる要因と、今後上がるであろう銘柄5種

2017年に仮想通貨法が策定されてからというもの、さまざまなニュースやメディアでも仮想通貨の話題が取り上げられるようになりました。 数ある仮想通貨の中でも特に高い人気を誇っているのがビットコイン(BTC)で、初心者にも最 ... No tags for this post.

RippleとR3社が和解!内容は非公表もXRPの盛り上がりに期待!

係争中だったR3とRippleが和解したと発表されました。

R3社が提訴を取り下げて和解

Business Wireによると、国際的送金技術を開発・提供しているRipple Labs Inc.,が9月10日、以下の様な声明を発表しました。

R3 HoldingCo LLC、R3 LLC、Ripple Labs Inc.およびXRP II、LLCは、両当事者間のすべての未解決訴訟の和解に達したことを発表します。
和解条件は非公開にとどまり、双方はこれらの争いを過去のものにできることを喜んでいます。

R3 HoldCo LLC, R3 LLC, Ripple Labs Inc. and XRP II, LLC announce that they have reached a settlement of all outstanding litigation between the parties. The terms of the agreement will remain confidential and both sides look forward to putting these disputes behind them.

係争の原因は出資に関する事前合意の履行

リップル社とR3社との間で2016年9月になされたとする合意の中で、R3社が0.0085ドルで50億XRP購入することができる権利をリップル社が一方的に破棄したことが原因とされています。
2018年9月11日現在のXRP価格は約0.25ドルですから、日本円にすると1千億円を優に超えるほどの価値となります。

リップル社はR3社がこの契約を履行するための条件に当てはまっていないとして、互いが互いを提訴するという状況になっていました。
先述の様に和解に至った条件(合意内容)は不明ですが、問題がクリアになったことはシンプルに喜ばしく、XRPの価値上昇に繋がるかが期待されます。

XRP買うならBITPoint!!

[ex-jp-BITPoint] [kanren postid="4013,538,3774,239"]No tags for this post.

Ripple社COOが100社以上の企業との契約締結を発表!

Ripple社の共同設立者兼COO(最高執行責任者)であるChris Larsen(クリス ラーセン)氏が、同社がすでに100以上の企業との契約を締結し、準備は整っていると述べました。

100以上の企業との契約締結とその意味

アメリカメディアのTHE DAILY HODLによると、この発言はChris Larsenが2018年9月5日から7日に渡って米カリフォルニアで行われた「クリプト・ファイナンス・カンファレンス」にて講演者を務めた際のものです。

この発言は、契約を結んだ企業たちがリップルの技術をテストするだけでなく、将来的にリップルによる製品を商業的に統合、利用していくことに同意したことを意味しています。

Ripple社CEOのBrad Garlinghouse(ブラッド ガーリングハウス)氏は以前より1週間に1社のペースで銀行との契約を進めていることを明らかにしていました。

私たちにとって、信じられないような2018年でした。
現在、1週間に1つの銀行と契約を結んでいます。
私たちはクエートで最大の国立銀行(National Bank of Kuwait)と契約したことを発表しました。

そしてもし[Ripple]が勢いを増し続け、ダイナミックにネットワーク効果がある場合は、参加者が多いほど、参加する価値は高くなります。
我々は今その勢いが構築されていくのを見ているところです。
It’s been an incredible 2018 for us. We’re now signing up one bank to a production contract per week. We announced that we signed the largest bank in Kuwait, the National Bank of Kuwait, so if [Ripple] continues to build momentum and the dynamic there is the network effect.

The more participants, the more value in joining. So we’re seeing that momentum build.

Rippleは現在、XRPの総供給量の60%を所有しており、その投資額の91%がエスクロー(預託)されています。

リップル買うならビットポイント

[ex-jp-BITPoint]No tags for this post.

リップル(XRP)取引におすすめな仮想通貨取引所ランキング

リップル(XRP)は数ある仮想通貨の中でも高い人気を誇っているコインです。 主流となっているビットコインとは違った性質を持っており、将来性が期待されるコインの一つです。 しかし、いざリップル(XRP)を購入すとなると、ど ... No tags for this post.