リップル

No tags for this post.

ウリィ銀行、海外送金実験が成功~SBI Ripple Asia率いる連合と

韓国のウリィ銀行がリップルのブロックチェーン技術/DLT(分散型台帳技術)を活用した海外送金実験が正常に終了したことが分かりました。ChosunBizによって伝えられています。

送金テストを担当したウリィ銀行の実務部署であるデジタル戦略部は、技術を実務に導入する肯定的な見解を示しており、実務導入業務は外国為替関連部門とIT関連部門で推進する予定であるとし、早ければ2018年内にリップルソリューションを活用した海外送金が商用化されると見られています。

ウリィ銀行のほか、日本の都市銀行2~3行と日本のネット銀行などが当該技術を実務に導入する案を積極的に検討しているとし、金融圏の関係者は、以下のように述べています。

「テストの結果が良かったので、日本の方でも商用化する銀行が多いと予想されます。」

「メガバンク2~3行とインターネット専業銀行など複数の銀行が実務導入を推進しています。」

リップルソリューションを活用して、韓国国内の銀行が日本の銀行に送金すると、リアルタイムでの送金が実行できます。例えば韓国のA銀行が日本にあるB銀行の顧客に1万円を送金する場合、B銀行は、その顧客がB銀行の顧客であることを確認するとすぐに送金が行われます。既存のSWIFTを使用する場合、送金銀行と受取銀行の間に仲介銀行があり、送金に平均2~3日程度がかかります。

しかしながら、リップルソリューションを活用した海外送金技術が導入されてもすぐに現在使用されているSWIFTNetを完全にRippleNetへ置き換えることはハードルが高く、全世界に広がっているSWIFTNetに比べてRippleNetが敷かれた地域は限定的であるため、様々な送金方式が並行になると考えられています。

金融圏の関係者は、これについて以下のような見解を述べています。

「海外送金手数料など、協議しなければならない問題が既存の海外送金よりもはるかに速く、手数料も安価な送金方法が生じるでしょう。」

「SWIFTとリップルソリューションのほか、マネーグラムや銀聯など、さまざまな送金方法が生じているので、今後、利用者自身に最も有利な海外送金方法を選択することができるでしょう。」

今回の送金実験はSBI Ripple Asiaが事務局を行う、内外為替一元化コンソーシアム(日本のメガバンク3行、ゆうちょ銀行含む61行からの企業連合)のうち37行とともに12月から取り組んできた日韓送金実験第2段階のフェーズにあたるものです。この実験には日本の銀行以外では、ウリィ銀行と新韓銀行、タイ国のサイアム商業銀行(Siam Commercial Bank)などが参加しています。

参考:ChosunBiz

No tags for this post.

スターバックスが2018年にリップル(XRP)を受け入れる3つの理由

リップル(XRP) - 昨年、Amazonはリップルを他の暗号化通信よりも先に採用すると主張しました。純粋な効用に関しては、他の通貨はXRPと同程度と同じ規模では実行されません。採用の拡大と金融業界の混乱を招く可能性があるため、Rippleがどのようにしてより普及した支払い...No tags for this post.

リップル(XRP):ビッグ・ブルが来る

 リップル(XRP) - ここで私はリップルに関する私の新しい記事をもう一度読み返しています。時間はお金ですので、チャートにまっすぐ進みましょう。市場でリップル(XRP)が起こっていることを今すぐに教えてくれるでしょう。トレーディングビュー・プラットフォームに関す...No tags for this post.

リップル(Ripple)の強気行動(XRP)

 リップル(XRP)は、XRP元帳が完全な能力に達することを実際に保証する新しい計画を発表しました。そのとおり。サンフランシスコに拠点を置くスタートアップリップルはその基盤技術をアップグレードする過程にあり、真っ先に有望な未来を創り出しています。もちろん、世界...No tags for this post.

新興市場アクセスを強化するRippleNet

 世界銀行によると、世界の送金支払いは、2018年に3.4%(およそ4,660億ドル)の成長が見込まれ、インドと中国は2017年に最も高い入金額を記録しています。この大規模な資本流入とともに、新興市場は世界人口の85%を占め、世界のGDPの約60%を占めています。新興市場に出入...No tags for this post.

リップル(XRP)が暗号市場を生き延びる最大のチャンスを持つ理由

 リップル(XRP) -これまでに、長期的にどの暗号化方式が最良の賭けになるのかについてのすべての理論を聞いたことがあります。Bitcoin愛好者は、Bitcoinを信じる理由として、小売り市場での支配的な市場ポジションと幅広い受け入れを指摘しています。スマートな契約とVita...No tags for this post.

なぜGoogle Payがリップルを必要とするのか(XRP)

 [写真:Google Payロゴ。出典:9to5google.com]Android Payは今週初めにGoogle Payにブランド変更されました。ロケット科学者は、検索エンジンの巨人が携帯電話の支払いに関して熱を感じていることを理解しておらず、消費者はそのような形の商取引を受け入れている。また、...No tags for this post.

2018年にリップル(XRP)を購入するのに適切な時間

 リップル(XRP) - 大盛り上がりと落ちる?cryptocurrency市場は、過去数週間で上昇と下降のシェアを見てきました。1ヶ月前に急上昇から大規模なクラッシュに至り、cryptocurrenciesが全面的に2,000億ドルを失った。この墜落は、韓国がアルトコイン取引を禁止する恐れがあ...No tags for this post.

リップル(XRP)の悩ましい部分!

 Ripple(XRP) - MoneyGramやWestern Unionのような大規模なパートナーシップ、斬新な利用事例、数多くの新しい為替斡旋業者がRippleの価格を上昇させることはほとんどないのはなぜですか?ウェスタンユニオンが、国境を越えて取引するためにBitcoinを採用するパイロット...No tags for this post.

リップル、2枚の新しいホワイトペーパーをリリース

Ripple(リップル)社は21日、ピアレビュー用に新たなホワイトペーパー2枚をリリースしました。

1枚目はリップル(XRP)のコンセンサスアルゴリズムを説明し、もう1枚は各ノードの接続多様性を改良する方法を説明しています。各ノードとはネットワーク上での取引を中継・確認するためのソフトウェアを指します。

リップルは仮想通貨としては需要のある通貨として認められつつも、ビットコインやイーサリアムの発展に比べれば遅れを取っていると言われています。金融機関などとの提携は多いですが、バージョンアップに関しては他のメジャーな仮想通貨に比べれば、若干乏しいと指摘する声もあります。

リップル社のCTO(最高技術責任者)である、ステファン・トーマス氏は、2枚のホワイトペーパーによって企業の学術調査機関と学術研究機関の関係がより強くなると考えており、スタートアップ企業の研究員がリップルの技術によって簡単に使用できることを望んでいるとしています。

リップルは海外の金融機関が主な提携先として利用する機会が多くなっているため、マーケット戦略について先頭を突き進んでいる状況ですが、学術に対しての使用を望んでいる事に言及するのは、金融機関だけのものでなく、今後のリップルの展開や可能性にも自信があると見られます。

学術分野においてはスマートコントラクト技術で先行しているイーサリアムに対抗する形となるでしょうか。トーマス氏はさらに今回の2つのホワイトペーパーにより、セキュリティが重要なテーマと見ています。

しかしながら、最高のセキュリティを実現させるために思いがけないことがあるとも言及しています。それは他の仮想通貨にも同じことが言えるでしょう。

例えば、量子コンピュータ対策を搭載している通貨である、NEOやIOTA、この他にも最近日本においてもNECが世界最高レベルのブロックチェーンを開発するなど、仮想通貨・ブロックチェーン技術は日進月歩です。これに追いつけなければ、通貨としての優位性を譲ってしまうことにもなるかもしれません。

今回のリップルのホワイトペーパーにより技術革新も期待される一方、どれほど市場に影響をきたすか、今後のリップルの動向に注目が寄せられています。

参考:Ripple

リップルがビットコインよりも非中央集権を目指すとはどういう事か XRPと仮想通貨の今後 Cobalt(コバルト)とは

国際送金プロトコル「リップルネットワーク」や仮想通貨「XRP」を開発するリップル社は2018年2月21日にXRPをより分散型へ近づける為の論文を発表しました。この事について初心者の方にも分かりやすく解説をしていきます。 リップルとXRP XRPを分散型(非中央集権型)へ XRPの合意形成システム Cobaltとは なぜ分散化か リップルとXRP リップルはアメリカのリップル社が開発する送金ネットワークプロジェクトです。国内・国際間の決済をより安価に、よりスピーディに行えるような開発が進められています。 そのリップルではネットワーク上で「XRP」という通貨が利用されておりビジネスでの利用だけでは…

リップル、5つのパートナーとパートナーを拡大

 多くの他のブロックチェーン企業は、毎週新しいパートナーを誇ることができます。リップルは、サンフランシスコを拠点とするグローバルなペイメントプロバイダーが、今週5人で100を超えるリストに追加した、それを愛することができます。ブラジルとインドの銀行に加えて、...No tags for this post.