XRP(リップル)

No tags for this post.

ビットコインキャッシュ(BCH)とリップル(XRP)が急騰!背景には何が?

要点

・ビットコインキャッシュの価格が300ドルを超え、過去24時間で16%上昇しました。
・先週末、ビットコインキャッシュは、ハードフォークによって沈没したかのように価格も255ドルから240ドルに下がり、5%下落しました。
・ビットコインキャッシュの時価総額は現在約5,524億円です。

ビットコインキャッシュ高騰


※画像引用元:CoinMarketCap 


ビットコインキャッシュの価格が300ドルに達し、ハードフォーク後の先週末の落ち込みから26%も上昇しました。


仮想通貨時価総額ランキングサービスを手掛けるCoinMarketCapによると、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の価格は11月22日午前8時に300ドルを超え、過去24時間で16.39%も上昇した事が分かりました。
今回の値上りは、一時的に価格を押し下げた要因である先週末のハードフォークから、1週間で回復の頂点を示しました。

ビットコインの価格は、ブロックチェーンが2つに分割されたハードフォーク後、先週末、下落しました。
この際のビットコインキャッシュ価格は1BCH=255ドルから240ドルにまで15ドルも下がり、5%下落しました。

フォークは、ビットコインキャッシュを開発しているチームの1つの提案であった8%のマイニング税が要因となっており、この提案は内外からも不満が噴出していました。
この提案に不満を持った多数のビットコインキャッシュサポーターがこの提案を望まなかったため、ビットコインキャッシュは最終的にハードフォークという形に落ち着きました。

ビットコインキャッシュの回復




不確実性はビットコインキャッシュの価格を傷つけており、ハードフォーク発生の際、一部の仮想通貨取引所は、ネットワークの将来がバランスを崩したため、一時的に預金と引き出しを一時停止する措置を取った取引所もありました。

しかし、今日の価格は先週末の落ち込みから26%も上昇し、将来のバランスも取り戻し、ネットワークも、発生した損失から大きな回復を見せました。
ビットコインキャッシュの時価総額は現在約5,524億円で、仮想通貨時価総額ランキングで7位をキープ。
時価総額が約5,633億円のライトコインを下回っています。

リップルが爆上り




1XRP=44.02円で、24時間で19.54%、1週間で54.87%の値上りを見せています。XRPの時価総額は2兆円に届く勢いを見せ、爆騰に多くのユーザーが固唾をのんで見守っています。





全体として、世界の仮想通貨時価総額は3%増加し、5,295億ドル、55兆円にまで伸びています。

XRPの値上りは、今週の市場ラリーの一部で、過去24時間で、ビットコインの価格は1.19%上昇し、イーサリアムの価格は0.74%上昇しました。ビットコインの価格は109万円、イーサリアムの価格は55,600円前後にまで高騰しています。

今回の仮想通貨価格ラリーと一致を見せたのは、Covid-19ジャブとアメリカ時期大統領選挙によるバイデンの勝利の見通しでした。

XRPは、リアルタイムの決済や低コストで銀行間での送金に使用する決済機関が好む仮想通貨で、誕生時には大きく注目されたものの、ビットコインボラティリティと比較すると派手さにかけ、投機家にとっては利益が小さいという点から、今一歩というところでとどまり続け、今年に入ると、不振な状態が続いていると言われ続けていました。

サンフランシスコを拠点とする非営利企業であるリップルによって開発されたものの、規制の取り締まりにより、リップルがアメリカ国内で事業を行うことは困難になりつつあり、今年3月には20万件以上の詐欺被害も発覚しています。(※詳しくは特集記事「リップルで20万件以上が詐欺被害に!詐欺の見抜き方をリップル社が公式発表!」をご覧ください。)
</br.
長く続いたクリプトの冬を乗越え、DeFiバブルも落ち着いた今、ようやく仮想通貨市場が再び活気づき始めた気配を漂わせています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

XRPは1000円を超える?ホルダーは未だ強気姿勢

XRPのコミュニティを運営しているXRP_Croは、XRPに関するアンケートを行ったところ、参加者のうち82%がXRPの価格が将来的に1000円を超えると回答しました。

また、XRP保有者のうち短期ホルダーは5.7%、長期ホルダーは94.3%と非常に長期ホルダーが多いことが明らかになりました。

XRP保有者のほとんどは未だ強気な姿勢であることが伺える結果となり、今後の伸び代に期待をする声も挙がっています。

 

XRPコミュニティでアンケートを実施

Twitterのフォロワーを1.6万人抱えているXRP_Cro氏が、1000人以上の参加者を誇るコミュニティ内で、XRPに関する調査を行いました。

XRPは2018年以降、価格は右肩下がりで大打撃を受けているホルダーは多いものの、アンケート回答者のうち82%がXRPの価格は1000円を超えると予想しており、将来性は未だ高く評価しているようです。

この82%の回答者のうち、39%のユーザーは10ドル~50ドル(1000円~5000円相当)を超えるとXRPの売却を検討しているものの、残りの43%のユーザーは50ドルを超えてもホールドを続ける姿勢を見せています。

これだけ高く評価をされているのは、やはり送金サービスという廃れることのない事業の安定感や、順調に進んでいるプロジェクトが背景にあるのでしょう。

1万円を超えると予想するユーザーも

アンケートの回答者の中には、XRPの価格が1万円を超えると予想しているユーザーもいるようです。

XRPの価格が1万円を超えるとなると、時価総額は500兆円~1000兆円規模になることから、現実味がないと感じる方もいるかもしれません。

しかし、XRPホルダーの中には、XRPが法定通貨に代わる基軸通貨になることで、XRPの価格は1万円をも超えるという考えを持っている方も存在しています。

 

コミュニティ外では総悲観が高め

今回のアンケートは非常に良い結果でしたが、XRPのコミュニティ内で行われた調査であることを踏まえて結果を受け止める必要があります。

現時点でXRPのホルダーであり、更にコミュニティに入っているユーザーともなれば、間違いなくXRPに対する評価は高いでしょう。

そんなコミュニティ内の中で調査を行うと、アンケート結果も高評価になるのは当然です。

コミュニティ外からはまだまだ厳しい評価を貰っているのが現状であり、価格が低迷によって悲壮感を漂わせているホルダーも数多く存在しています。

その為、コミュニティ内のアンケートだけではなく、コミュニティ外の評価も踏まえてXRPの将来性を考慮する必要があるでしょう。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル(Ripple)が2020年第2四半期レポートを公開!XRP高騰で注目を集める

要点

・リップル(Ripple)が2020年Cを公開しました。
・公開された「Q(Quarter)2 2020 XRP Markets Report(第2四半期の市場レポート)」によると、18.6倍に価格が高騰していることが分かりました。

XRP第二四半期レポート公開


画像引用 Ripple「Q2 2020 XRP Markets Report

ブリッジ通貨として世界であらゆる決済に用いられる事を目指したプロジェクトの元、誕生したリップル(Ripple)が、2020年第2四半期の市場レポートを8月3日に公開しました。

リップルでは四半期ごとにXRP市場レポートを公開しており、四半期ごとの取引所などへの販売であるプログラムセールや機関投資家などへの直接販売および更新、Xpring、RippleNetパートナーシップなどに関連するXRP関連を公開しました。

リップルではXRP保有者として、積極的なコミュニケーションと透明性があるとの信条の元で、市場において信頼を築き、オープンなコミュニケーションを育み、業界全体で水準を上げるよう求めることを目的として毎回発表しています。

リップルレポートの内容

Q2 2020 XRP Markets Report(2020年4月~6月)の売り上げ条項を見てみると、前年の2019年と比較して11倍の伸びを見せていますが、XRPの売上自体は第2四半期にて急増しています。

XRPトークンの売上高は、2020年第2四半期のXRPの総売上が、Q1(前の四半期)の175万ドルに対して3億2,550万ドル。18.6倍にまで急伸しています。
リップルでは2019年のQ3(第3四半期)よりおよそ1年の間、プログラムセールをストップしており、店頭販売(OTC)がプログラマティック(自動取引)の売り上げよりも優先しており、RippleNetのオンデマンド流動性(ODL)の顧客に対してXRP流動性を向上させる取り組みの一環で停止していると海外メディアでも報じられています。なお、RippleNetは、2019年の中頃から2020年までのODLトランザクション量が前年比11倍に増加しているとのこと。

クロスボーダー決済・送金ネットワークプロトコルを開発すアメリカのフィンテック企業で、RTXP(ripple Transaction protocol=リップル・トランザクション・プロトコル)と呼ばれるインターネット・プロトコルを開発していることで知られるリップル・ラボ(Ripple Labs)社は、XRP流通市場の買い手としても広く知られている。

Rippleが直面する問題とは

Ripple社は価格が驚く急上昇で評価が高まっているだけではありません。
朗報のもたらされている一方で、XRP売上に関する情報はあまりなく、Ripple社がこれまでと比べて早いペースでコインを投棄していることやで非難を集めている側面もあります。
同社は、XRPの流動性を改善させる方法として、自社株買いに関与しているとして、Ripple社のブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)CEO(最高経営責任者)へ批判が集まっています。

また、XRPを長期にわたってトークンの有用性を誇張・過大評価しており、2018年5月3日から集団訴訟の被告側として渦中に現在も存在しています。
集団訴訟の原告団は、XRPが証券に該当しているにも関わらず、SEC(アメリカ証券取引委員会)へ届け出(申請)をせず、違法に販売していたと主張しています。

訴状によると、2018年1月に、650XRPを購入した原告団の一人が、1月中旬にステーブルコインの一つであるテザー(tether/USDT)に交換して売却。
リップルラボによって利益を見込めるとの過剰宣伝によってXRP購入への誘導があったと主張し、Ripple社へ、総額約3億ドル以上ののぼる個人投資家への売却金の撤回、およびXRPの価値の信頼性構築を要求していました。

しかし、当初訴訟は長期化するとみられていなかった集団訴訟ですが、まだまだ終息の気配を見せておらず、2020年3月には、ガーリングハウスCEOがXRPの長期保管や売却に関与していた疑いも浮上しており、ガーリングハウスCEOは、XRPトークンの有用性を過大評価していることは誤りであると証明できないと主張しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

SBIの仮想通貨取引所SBI VCトレードが新規口座開設で50XRPプレゼント!

要点

・SBI VCトレードでキャンペーン開始
・新規で口座開設を完了すると50XRPプレゼント

 

SBI VCトレードがXRPプレゼントキャンペーン

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

キャンペーン期間
2020年6月1日(月)~2020年9月30日(水)

期間
2020年6月1日(月)~2020年9月30日(水)

キャンペーン対象者
期間内に新規で口座開設を完了した個人の新規ユーザーを対象
(※ただし、満20歳以上80歳未満の方に限る)

キャンペーン内容
仮想通貨XRPを50XRP(1,055円相当)をもれなくプレゼント
※2020年5月27日17:00時点の価格、1XRP=21.1円で換算

プレゼントの50XRPについては、口座開設した翌月中旬頃までに、VCトレードの口座に届けられるとのこと。

 

今回のキャンペーンについては一人1回限りとなっており、法人口座については対象外です。

なりすましおよび名義貸しなどの行為は禁止されており、これらに該当するとみなされた場合、不正な手段が使用されたとみなされた場合などについては、対象外および、プレゼントが無効となるとのこと。

口座開設申込から完了までに要する期間は、審査・郵送などを含めると10日程度を要する場合があるため、早目の手続きをとのこと。

なお、特典の内容および期間については、SBI VCトレードの都合により、予告なく変更または終了することがあるとしています。

 

SBI VCトレードとは?

 

SBI VCトレードは、世界最高水準のマッチングエンジンにより、瞬時にトレードが可能なほか、SBIグループのノウハウと、最新鋭のセキュリティ環境を完備するなど信頼性の高さをウリにしている仮想通貨取引所です。

 

関東財務局長 第00005号平成29年9月29日にて登録済みの仮想通貨取引所です。
(※金融庁「暗号資産交換業者登録一覧」より)

これまで、積極的な仮想通貨取引所としての活動はあまり実施されておらず、取扱い通貨についても、Bitcoin(ビットコイン/BTC)、Thereum(イーサリアム/ETH)、XRP(XRP:リップル/Ripple)の3銘柄のみで、取扱数も少ないのが現状です。

 

SBI VCトレードは1999年創業のSBIグループが運営母体で、2016年11月1日にSBI VCトレード株式会社が設立されています。

 

社名 SBI VCトレード株式会社/SBI VC Trade Co., Ltd.
資本金 19億9,000万円(資本準備金を含む)
株主 SBIグループ100%
役員 代表取締役CEO(最高経営責任者) 北尾 吉孝
代表取締役COO 尾崎 文紀
代表取締役CFO 齋藤 亮

 

取扱通貨ペア
・XRP/JPY
・BTC/JPY
・ETH/JPY

上記通貨ペアの現物取引のみとなっています。

 

同取引所では、世界統一で厳格な審査基準知られるEV SSL証明書採用によるフィッシング対策強化に加え、想定できるサイバー攻撃に対してあらゆる防御策を講じるため積極的に対策を講じています。
さらに、内部犯行への対策も徹底して実施するなど、セキュリティ強化に乗り出していることでも知られています。

 

数少ないと言える取扱い銘柄数の中に含まれるXRPを配布するプレゼントキャンペーンは、今後SBI VCトレードがXRPに一層力を入れて推していく事の表れとみて取れます。

 

今年5月に2020年5月1日に改正金融商品取引法が施行された事なども追い風となり、これまで消極的にも受け取れた取引所の運営を今後、積極的な展開を行っていくのではないかとみられています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップルがついに時価総額ランキング4位に転落|その原因は何なのか

全盛期は時価総額ランキング2位に君臨していたXRPですが、Tether(USDT)の拡大によって一時4位まで転落する事態に陥りました。

現在も時価総額はほぼ均衡しており、両者熾烈な争いが繰り広げられています。

半減期ごとに時価総額ランキングは大きく入れ替わると言われている為、XRPのアルトコイン1強時代は終わりが近づいてきているのかもしれません。

 

リップルが時価総額ランキング4位に転落

ステーブルコインであるTetherの拡大によって、一時はアルトコインの王者とまで言われていたXRPが、時価総額ランキング3位の座を引き渡すことになりました。

現在は再度3位の座を取り戻したものの、時価総額はほぼ均衡しており、またいつ抜かれてもおかしくない状況であります。

全盛期はイーサリアムを抜いて時価総額2位まで昇り詰めていたものの、現在は2倍以上時価総額を引き離されて雲の上の存在となっています。

何故これほどまでに、XRPだけが大きく価格を下げているのでしょうか。

関係者による投売りが止まらないXRP

XRPの価格がなかなか上がらない原因として、関係者による投売りが影響を与えているという指摘があります。

これはリップル共同創業者のジェド・マケーレブ氏による“ジェド売り”と呼ばれるもので、彼は自身の保有しているXRPを過去10億枚以上放出してきました。

更に、リップル社による大量売却や、同じくリップル共同創業者のクリス・ラーセン氏による売却が続いた影響で、リップルの価格は下がり続けているのだと考えられています。

また、ジェド氏は現在でも約50億近いXRPを保有しており、そのすべてを売却すると宣言していることと、市場に放たれていない500億XRPの潜在的な売りがあることから、今後もその売り圧が続くと懸念されています。

これらの売り圧問題を解消しない限り、投資家達はなかなか購入を踏み切れないことでしょう。

仮想通貨ブームが頼みの綱

XRPの一番の強みは、仮想通貨バブルの波に乗りやすいというところです。

過去のバブルを参考にすると、他のアルトコインと比べて非常に高い割合で価格を伸ばす傾向がある為、次にバブルが起こった場合に再びアルトコインの頂点に立てる可能性はあります。

ただ、本来の価値に見合わない上昇をしてしまうと大きな反動が待ち構えているので、注意も必要になってきます。

 

アルトコインの歴史は移り変わる

過去の歴史を振り返ると、主要アルトコインは大きく移り変わっていることが伺えます。

特に半減期がアルトコインの変化の節目だと考えられており、今回の半減期でもアルトコインの世界が大きく変わるのではないかと予想されているようです。

消えた主要アルトコイン

昔は有名だったけれども、今は全く耳にしなくなった仮想通貨も存在しています。

その一番の例はNamecoinです。

古参の仮想通貨ユーザーであれば、あぁそんな仮想通貨あったな…と思ったことでしょう。

Namecoinは分散型ピアツーピアを使用した仮想通貨で、2014年頃は常に時価総額ランキングTOP5に位置していました。

しかし、現在は時価総額ランキング200位以下にまで落ち込んでおり、その存在を知っている人の方が少なくなっています。

他にもPeercoinやNovacoinなど、今では全く話題にならない仮想通貨が上位に並んでいましたね。

このように、たった数年経過するだけで、主要だったアルトコインが消えてしまうケースもあるのです。

過去の歴史が必ず繰り返されるわけではありませんが、現在アルトコインを保有しているユーザーはこのような過去があったということを覚えていた方が良いでしょう。

 

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットバンク(bitbank.cc)が取引手数料無料キャンペーンを6月まで延長!セキュリティも万全な取引所

ビットバンク キャンペーン延長

国内仮想通貨取引所のビットバンク(bitbank.cc)が、当初2018年3月31日までを予定していた取引手数料無料キャンペーンの延長を発表しました。

私は普段からリップル(XRP)の取引に利用していますから、キャンペーンの延長は非常に嬉しい発表です。

また、ログイン時の2段階認証も追加になり、セキュリティも万全な状態になりましたよ。

今回はビットバンク(bitbank.cc)の発表をまとめていきますね。

取引手数料無料キャンペーン延長

取引手数料ゼロキャンペーン

仮想通貨取引所 bitbank.cc において開催されておりました、「仮想通貨交換業登録記念!全ペア手数料無料キャンペーン」について、ご好評につき2018年6月30日まで延長致します。

キャンペーンは、bitbank.ccで取扱う全通貨ペアが対象となります。

ビットバンク公式サイトより引用

ログイン時の2段階認証を追加


ログイン時の2段階認証設定が出来ない事がビットバンクの唯一の欠点でしたが、ついに設定が出来るようになりました。

設定出来る事を知らなかった方は、すぐに2段階認証を追加で設定をしておきましょう。

ウォレットの管理方法も公開済みで安心出来る

顧客資産保護を最優先とし、内部監視を含めたセキュリテイ強化に力を入れるとの事です。

ビットバンクは以前からセキュリテイの強化に努めていますので、私も安心して資産を預けていますよ。

また、同じ国内取引所のビットフライヤー(bitFlyer)もセキュリティは世界一と評価されるほどの対策をしています。

アルトコインの取り扱いも増やしており、最近はリスク(LISK)の上場をしました。

詳しくは「ビットフライヤー(bitFlyer)にLISK(リスク)が上場して高騰!購入するメリットと通貨の特徴は?」で紹介していますよ。

資産を取引所に置いておきたい方はどちらかの取引所に置いておくと良いでしょう。

アルトコインの購入におすすめな取引所

ビットバンクは5種類のアルトコインとビットコインの取引をする事が出来ます。

私は主にリップル(XRP)の取引に利用する事が多いですが、ICO参加の為にイーサリアム(ETH)を購入するのに利用する場合もありますよ。

各アルトコインごとに購入におすすめな取引所は変わってきますが、ビットバンクにある通貨であれば基本的にビットバンクで購入することが最もおすすめの手順になります。

キャンペーン延長について:まとめ

以前からずっと応援してきたビットバンクも、最近は取引量が増えてきて嬉しい限りです。

手数料を多く取る取引所が多い中で、長い間キャンペーンを行なっているビットバンクは信頼出来る取引所と言えますね。

1時間あたりのリップル(XRP)の取引量も、以前に世界1位になりましたので、今後ますます取引量が増えていく事と思います。

これを機に皆さんもビットバンクを利用してみて下さいね。

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。

The post ビットバンク(bitbank.cc)が取引手数料無料キャンペーンを6月まで延長!セキュリティも万全な取引所 appeared first on いますぐ始める仮想通貨投資.