XRP

No tags for this post.

bitFlyerCEOがXRPの販売方法に問題があると示唆

米証券取引委員会(SEC)が、リップル社を提訴したことによって、XRPの価格が大暴落を起こしているのをご存知の方も多いでしょう。

特に、XRPの販売方法に問題があることが疑問視されており、以前からSNS上でも議論が交わされています。

そんな中、日本の大手取引所bitFlyerCEOである加納裕三氏が、XRPの販売方法について暴露をした為、Twitter上で話題を呼んでいます。

 

リップル社からのインセンティブ提案拒否を暴露

bitFlyerのCEOを務める加納裕三氏が、リップル社からのインセンティブ提案を拒否したとTwitterで暴露し話題となっています。

これは、現在XRPが暴落を引き起こしている原因ともなっている米証券取引委員会とリップル社に関連する発言です。

XRPは、以前から販売方法について問題があると指摘が挙がっており、今回の加納氏のツイートにより、その実態がついに明らかになりました。

問題視されているXRPの販売方法

米証券取引委員会(SEC)は、リップル社が仮想通貨交換業者に1~3割ほど安くXRPを流していることを問題視しています。

本来であればリップル社は市場に販売できるXRPの量が限られているものの、インセンティブ・プログラムを経由することで実質的に上限を超えた販売をすることができます。

仮想通貨交換業者側も、1~3割ほど安く仕入れたXRPを販売することで、その差額分だけ利益を得ることが可能です。

また、発行コストも抑えられることから、リップル社にとって非常にメリットがある一方で、売り圧の増加を招きXRPの価格を下げる要因となってしまいます。

つまり、利益を得る為にはXRPの価格を下げても構わないというリップル社のスタンスが透けて見えることから、コンプライアンス的にどうなんだと疑問を抱かれているようです。

その実態が明らかに

先ほどの話はあくまで噂話であり、裏でそのようなことが行われている具体的な証拠はあまりありませんでした。

しかし、XRPを取り扱う一部の取引所が、異様な利益をあげていた事例があることから、XRPの販売方法について何かあることは間違いないと言われていました。

そんな中、加納氏が「リップル社からのインセンティブ提案拒否した」と発言したことから、遂にその実態が明らかになったようです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットスタンプ、XRPを有毒廃棄物と呼んだレポート掲載を謝罪

要点

・BitstampがツイッターでMessari社のレポートを投稿したことを本日、謝罪するツイートを発信しました。
・同レポートにはXRPをスネークオイルなどと非難するなど、挑発的な単語が登場していました。

Bitstamp(ビットスタンプ)社が謝罪




フランス・ルクセンブルクに拠点を構える仮想通貨取引所のBitstamp(ビットスタンプ)が昨日、仮想通貨分析を提供するMessari(メサーリ)社の134ページに渡るレポートを投稿したことを後悔しているとメディアが報じています。


 


Bitstampは、レポートを共有したことについて、12月10日付のツイートで、一部には、Bitstampの見解や価値観を反映していない言語やコンテンツが含まれており、お詫び申し上げます。
十分なレビューを完了しておらず、これは私たちに責任があり、もっとうまくやるべきでした。
仮想通貨研究レポートを後援する私たちの目標は、さまざまな視点と洞察を無料で一般に公開することですが、それらがどの部分に対しても無礼でない限りですと謝罪をツイートしています。

同取引所は、メサーリ社の創設者兼CEOであるライアン・セルキス(Ryan Selkis)氏からの「Crypto Theses for 2021 (2021年の仮想通貨)」レポートを投稿したことについて謝罪しました。

同レポートでは、XRPを“toxic waste(有毒廃棄物)”と呼び、セルキス氏はビットコイン(Bitcoin/BTC)フォーク、ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)、ライトコイン(Litecoin/LTC)を「s —の山」と呼んでいました。

Bitstamp(ビットスタンプ)側の対応




Bitstamp側は、12月8日のレポートの公開後に投稿した元ツイートを削除。
レポートの「言語とコンテンツ」の一部を会社の価値観と矛盾するものとして言及しており、同社は、いくつかの側面が「コミュニティの一部」に対して無礼であると信じていると付け加えた。

これに対し、メサーリ社のセルキスCEOはツイッターで、読者の関心を維持するためにユーモラスな口調を目指していると語っています。
メサーリ社のレポートの長さは134ページあり、セルキス氏はトークンを「スネークオイル(英語圏でインチキや当てにならないという意味)」と呼び、XRPの見解を倍加し、将来的に意見を変える可能性は低いと付け加えました。

XRPのコミュニティメンバーは、一般的にBitstampの声明を支持し、「迅速で思慮深い反応」と呼んでいました。
同取引所は、XRPに関するセルキス氏の見解、レポート全体に散りばめられた一見専門的でない言葉に対応していた可能性があります。

Bitstampは、アナリストからのより大胆な作品(※仮想通貨レポートを指す)を、毎年会社が発信するものよりも期待していたかもしれないとセルキス氏は述べており、メサーリ社のレポートが不意を突かれたと非難しないと断言しています。

昨年の「2020年の仮想通貨の論文」で、セルキス氏はXRPが嫌いだとはっきりと述べているが、トークンに有毒なラベルを付けてはいません。
また、セルキス氏は当時、XRPには途方もない驚くべき持続力があると高い評価を付けている事を明言しています。

Messari(メサーリ)社CEO に救いの手

 


今回のレポート内容について批判がメサーリ社のCEOに集まる中、同CEOを守るために、ビットコイン主義者であるBlockstream (ブロックストリーム)社の最高戦略責任者であるサムソン・モウ(Samson Mow)氏は、セルキス氏について、何も悪いことはしていないと主張しました。

しかし、セルキス氏をキャンセルするというBitstampの決定は、他のツイッターユーザーによって支持されています。


 

ビットスタンプに関するこれらの問題について、顧客の意見を認めてくれたことに感銘を受けました。メサーリ社のスポンサーとして、誰もが偏見を持っていることを彼らに思い出させることができれば幸いです。

 


とオンラインコンテンツサポートを手がけるCoil社のシェーン・スコフィールド(Shane Schofield)氏は述べています。

メサーリ社のCEOがXRPサポーターによる攻撃を受けたのはこれが初めてではなく、昨年1月24日には、同社がXRPの批判的分析を発表した後、脅迫的な電話を受けたとツイートを発信していましたが、すでにこのツイートは削除されています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

DeFiの活況で急速に高まるステーブルコイン需要

DeFiの活況で高まるステーブルコインの需要 分散型金融(DeFi)は、最近の暗号通貨業界で話題になっています。Aave (LEND)が最近、10億ドルの時価総額に到達した最初のDeFiトークンになったように、業界の成長 ... No tags for this post.

リップル(XRP)が復調、記録的上昇の予兆か。

XRPが復調、記録的上昇の予兆? ここ数日、ビットコインをはじめとした時価総額の高い仮想通貨の価格が高騰しています。その中でも、リップル(XRP)は時価総額トップ20のコインとして先週最大の上昇を記録しました。 2020 ... No tags for this post.

XRPは底打ち?暴騰に向けたサインが現れる

バブル期よりも90%以上下落したままのXRP XRPは2018年以来沈み続けており、多くのXRP投資家が大きな含み損を抱えています。 しかし、XRP価格が底打ちしたことを示すシグナルが示唆されており、損失の苦しみは解放さ ... No tags for this post.

リップルの株価上昇の鍵とは?高騰の要因と今後の価格を予想

リップルの株価は今後どうなる? 今持っているリップルは今のうちに手放した方がいいの? なんてお考えではありませんか? リップルの株価は2018年以降下落の道を辿っており、2019年3月現在でおよそ35円となっています。 ... No tags for this post.

リップル(XRP)が上がらない理由とは?上がる理由と合わせて徹底リサーチで検証してみた!【2019年最新版】

リップルが上がらないとしたら、どんな理由なのか気になりませんか? この記事では、リップルが上がらない場合の理由を、上がる場合の理由と合わせて徹底的に解説しています! でも、初心者だから専門用語ばっかの難しい記事は読めない ... No tags for this post.

最大5万円相当のリップル(XRP)もらえる!Liquidが全てのユーザーを対象にしたキャッシュHODLキャンペーン実施中

国内の人気仮想通貨取引所「Liquid(リキッド)」が、新規・既存どちらのユーザーも対象としたキャッシュHODLキャンペーンを開催中です!

最大5万円分のリップルもらえる!

[campaign-liquid_xrp-hodl_01]

1万以下の取引でキャンペーン対象!

プレゼント対象となる800QASHは日本円にすると9,280円です。(2019年1月15日現在)

つまり、Liquidで1万円以下の取引をするだけでXRPがもらえるということです!

今はQASHを持っていないという方でも、期間内にQASHを保有すればプレゼント対象になりますので、Liquidへの登録がまだの人も、Liquidには登録したけどQASHは持っていないという人も、このチャンスをお見逃しなく!

[ex-jp-QUOINEX] [kanren postid="4553"] [kanren postid="3098"] [kanren postid="3982"]No tags for this post.

リップル(XRP)の手数料が一番安い取引所は?徹底比較しました!

リップル(XRP)は、世界中の様々な金融機関で国際送金の実証実験が実施されるなど、将来性に大きな期待が膨らんでいます。 そのようなニュースを目にして、「リップルを今から購入しようかな?」とお考えの方も多いことでしょう。 ... No tags for this post.

仮想通貨のロビー活動連合SAIVがアメリカで発足!報酬はXRPの支払いも

Business Standardの記事によると、Rippleをはじめとする複数の企業でワシントンD.Cでのロビー活動を目的とした団体SAIVが発足しました。

議会やSECへのロビイングにより適用規制決定を推進

SAIV(Securing America’s Internet of Value Coalition)はサンフランシスコに拠点をおく企業で構成され、Rippleを含む複数のスタートアップ企業が含まれています。
彼らは9月27日(木)、超党派の大手ロビー企業であるKlein/Johnson Groupと連携し、テクノロジーと金融(フィンテック)に特化した団体をスタートさせることを発表しました。

同社のロビー活動は、議会や証券取引委員会(SEC)などにおよび、ブロックチェーン技術や仮想通貨に対してどのような連邦規則の元で扱うべきかを決定することに取り組みます。
現時点での大きな懸念点としては、価格変動、詐欺的なICOや麻薬取引などへの犯罪利用だとしています。

この点についてKlein/Johnsonの共同創始者であるIzzy Klein(イジー・クライン)は、フィンテック企業の多くは急速に変化する仮想通貨市場において、規制するのではなく革新を促す政府による監督を求めているとしています。

報酬は毎月XRPで支払う

SAIVはKlein/Johnsonに対し、毎月25,000ドル(約280万円)と10,000 XRP(2018年10月1日時点で約67万円)を支払うとしています。
Klein(クレイン)氏は受け取ったXRPに関して、これが連邦規則に沿ったものであることが明らかとなった場合、これをアメリカドルに交換すると発言しています。

RippleのCOOであるLarsen氏は、この計画はKlein/Johnsonに良い面とリスクの両方を与えるが、業界に衝撃を与えてくれることを期待していると述べています。

XRPの最新チャート(2018年10月1日時点)は以下の通りです。
最近のポジティブなニュースに加え、ripple主催のカンファレンスSWELLの開催で新たな計画の発表に対する期待感が高まったことによる高騰が続いています。

[kanren postid="4059,4341,4377,4329"] [ex-ja-XRP] No tags for this post.

rippleがxVia・xCurrent・xRapidを「Convergence」として統合か

Rippleのウェブサイトから、3つのプロダクトについてのコンテンツが消えたことで、全てを統合した製品「Convergence」になるのではと話題になっています。
Convergenceという名前は、今年8月にすでにJim Chauncey-Kelly氏によって発表されていたものです。

[coin-explan-XRP]

xVia・xCurrent・xRapidの3つを「Convergence」として統合の可能性

法人向け国際送金サービスを開発するRippleNetが、構成コンテンツであるxVia・xCurrent・xRapidの3つを1つに統合するのではないかと言われています。
もともとはRippleNetを利用するためにこの3つのソリューションを別々に提供するとしていました。

統合の根拠として、rippleのサイトからxVia・xCurrent・xRapidいずれの記載も消え、RippleNetのみになっていることが挙げられます。 また、すでに削除されていますが、ripple社のディレクターであるJim Chauncey-Kelly氏がツイッター上で発言したことなども関わっているようです。

[aside]補足
xVia・xCurrent・xRapidについて
xVia:請求書情報などを添付する役割
xCurrent:決済内容の確認を含めた送金処理を行う
xRapid:XRPを使用して流動性を供給し、コストを抑える
[/aside]

統合されればXRPの流通量が増加

3つの製品にわかれていたRippleNetがパッケージとして提供されることとなれば、XRPを使用するxRapidの利用企業が増え、XRPの流通量が増加します。
現在これによるXRPの価値上昇を見込んで買いに走る投資家も多くなっています。

世界中のツイッターでも話題

[ex-ja-XRP] [kanren postid="4341,4329,4059,4013"]No tags for this post.

10月1日からripple主催のSWELL開催!米国元大統領ビル・クリントン氏も登場!

世界のエキスパートたちを繋げるripple主催のカンファレンスSWELLの開催がせまっています。

[kanren postid="239"]

国際カンファレンス「SWELL」とは

アメリカのサンフランシスコで開催される、ripple主催のカンファレンスです。
世界中から様々なエキスパートたちが招かれ、国際送金やお金の未来について意見交換がなされます。

2017年にカナダのトロントで開催された際は、事前のプロモーションや注目度によってXRPの価格が上昇しました。

参考:coinmarketcap

しかしカンファレンスの終了(10月18日)と共に急落していることが確認できます。
カンファレンスでは大物の登場や新サービスの発表などで注目・期待が集まったことによりXRPが買われますが、情報が出尽くしたところで売り傾向となるようです。
ちなみに2018年9月28日現在のXRPのチャートは下記の状況です。

9月18日から約20円程度だった価格が上昇をはじめ、一時は約70円台まで大幅な上昇を見せ、現在は約60円ほどで推移しています。

米国元大統領ビル・クリントン氏が登壇予定!

今年開催のSWELLには、なんとアメリカの元大統領ビル・クリントン氏が登場します。
政治のプロである氏の登壇でどのような議論が展開されるのかは、仮想通貨業界のみならず大きな注目を集めそうです。

そんな大物が登場するカンファレンスを見てみたいという人も多いことと思います。
2017年のSWELLでは、実際の会場の様子がライブ配信されていました。

今回そのような措置があるかどうか定かではありませんが、多くのリップラーにとって当日のYouTubeは要チェックとなりそうです。 ちなみにビル・クリントン氏の登場は10月1日の11時を予定しています。

先ほどもカンファレンスに伴うXRPの価格上昇について触れましたが、カンファレンス終了とともに下がることも考えられますので、取引を狙う方は購入はお早めに!
RippleのCOOは今月、100以上の企業との契約を締結したことを発表し、商業的に利用していく準備が整っていると発言しています。
今回のカンファレンスではその企業提携についての詳細や新たなニュースの発表が期待されます。

[kanren postid="4013"] [ex-ja-XRP]No tags for this post.

RippleとR3社が和解!内容は非公表もXRPの盛り上がりに期待!

係争中だったR3とRippleが和解したと発表されました。

R3社が提訴を取り下げて和解

Business Wireによると、国際的送金技術を開発・提供しているRipple Labs Inc.,が9月10日、以下の様な声明を発表しました。

R3 HoldingCo LLC、R3 LLC、Ripple Labs Inc.およびXRP II、LLCは、両当事者間のすべての未解決訴訟の和解に達したことを発表します。
和解条件は非公開にとどまり、双方はこれらの争いを過去のものにできることを喜んでいます。

R3 HoldCo LLC, R3 LLC, Ripple Labs Inc. and XRP II, LLC announce that they have reached a settlement of all outstanding litigation between the parties. The terms of the agreement will remain confidential and both sides look forward to putting these disputes behind them.

係争の原因は出資に関する事前合意の履行

リップル社とR3社との間で2016年9月になされたとする合意の中で、R3社が0.0085ドルで50億XRP購入することができる権利をリップル社が一方的に破棄したことが原因とされています。
2018年9月11日現在のXRP価格は約0.25ドルですから、日本円にすると1千億円を優に超えるほどの価値となります。

リップル社はR3社がこの契約を履行するための条件に当てはまっていないとして、互いが互いを提訴するという状況になっていました。
先述の様に和解に至った条件(合意内容)は不明ですが、問題がクリアになったことはシンプルに喜ばしく、XRPの価値上昇に繋がるかが期待されます。

XRP買うならBITPoint!!

[ex-jp-BITPoint] [kanren postid="4013,538,3774,239"]No tags for this post.