03:ネム(NEM)

No tags for this post.

XEMは正念場💦

bygoogle || []).push
No tags for this post.

ネム(XEM)が再注目され始めてる?アルトコインの中でも特に高騰

2017年~2018年の仮想通貨バブルが起こった際に、XRPとネム(XEM)が日本人から注目されて大暴騰を起こしたのを覚えている人も多いかと思います。

しかし、コインチェックのXEM流出事件以降、XEMの価格はただひたすら右肩下がりを続けるばかりで、長期保有ホルダーのほぼ大半が大きな含み損を抱える悲惨な日々が続いていました。

ですが、コロナショック後のアルトコインバブルによって、再度XEMが注目されるようになってきているようです。

今回は、何故XEMが再注目され始めているのかを解説していきましょう。

 

一時は関心が失われた通貨ネム(XEM)

2017年末、空前のバブルによって、仮想通貨の価格が大きく上昇しました。

特にアルトコインの上昇率は凄まじく、XVGのように10000倍を達成する通貨も登場していましたね。

そんな中、日本ではビットコインを遥かに超える人気を誇ったアルトコインが2つ存在していました。

一つは、今でも馴染みの深いXRPです。

2017年の12月頃から急激に認知が広がり、仮想通貨をやるならまずXRPという風潮が広まっていました。

今でも買い増しし続けているユーザーもかなり多いでしょう。

そしてXRPと並んで人気が高かったもう一つの通貨がネム(XEM)です。

当時は日本国内で購入できるアルトコインが限られている中、XEMを取り扱っている日本の取引所が多かったということもあって、大半のアルトコインユーザーがXEMを保有しておりました。

しかし、2018年1月に発生したコインチェックのネム流出事件以降、ネムに対してネガティブなイメージが付いたことや、大規模アップデートであるカタパルトの度重なる先延ばしによって、次第に人々の関心は薄れていきました。

 

アルトコインが好調で再びXEMに注目が?

7月頃から、ビットコインを筆頭に仮想通貨全体が好調に推移し始めてきており、数年間隔で発生する仮想通貨バブルの波が来たのではないかと噂されています。

今回のバブルが本物である場合、ビットコインはATH(過去最高値)を更新し、とんでもない暴騰が始まると考えられている為、世間の関心も非常に高まっているでしょう。

アルトコインも全体的に価格を伸ばしており、XRPは長く続いた20円台をようやく脱出しています。

そんな中で、特に恩恵をあずかっているのがXEMであると言われているようです。

チャートを見ると、7月と比べて2倍近い価格上昇をみせており、ビットコイン建てでも30%以上上昇しています。

何故これほどまでに暴騰しているのか、その理由は新トークンのオプトインが関係していました。

XEMを保有していると新しい通貨が手に入る

XEMが再注目され始めた一番の要因は、XEMを保有していることで、そのXEMと同じ枚数だけ新しい通貨XYMが貰えるアップデートが実装されるということです。

これはオプトインと呼ばれており、XEMの保有者はXYMを受け取るか否かを選択することが可能です。

どのようにXYMを貰えるかの情報はまだ十分に出揃っている状態ではありませんが、恐らくXEMを取り扱っている大手日本取引所にXEMを置いておけば、自動的にXYMが付与されるだろうと言われております。

また、XYMを受け取るには、スナップショットが行われるタイミングでXEMを保有していなければいけません。

そのスナップショットのタイミングですが、12月3日~16日の予定であると発表がありました。

その為、XYMが欲しい方は、12月までにはXEMを保有し、XYMの配布対象である取引所に保管しておく必要があります。

XYMの新通貨が発行されることによって、XEM及びXYMの価格がどうなるかは定かではありませんが、過去にビットコイン保有者にビットコインキャッシュが配布された際は、ビットコインの価格を維持しながら、更にビットコインキャッシュに価値がつくという現象が起きたので、期待を込めて試しに保有しておくのもいいかもしれませんね。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ネム(NEM)ブロックチェーンベースのLBCOIN、リトアニア中銀のCBDC実験の一部として正式発行

bygoogle || []).push
No tags for this post.