05:草コイン

No tags for this post.

仮想通貨おすすめランキング!2018年最新版

「仮想通貨で投資を始めてみたいけど、どのコインが良いの?」 これから仮想通貨の取引を始める方がまず悩むのが銘柄を選ぶということです。 ビットコインの知名度が圧倒的に高く選ばれがちなのですが、アルトコインの方が将来性などか ... No tags for this post.

今度は仮想通貨バージ(Verge)が標的に・・・PoWチェーンへの攻撃が頻発・・・

verge

■ツイッターより 続きを読む No tags for this post.

中国による仮想通貨格付けでなぜか3位という高評価のLisk(リスク)wwwwwww

152: 2018/05/17(木) 15:25:23.53 ID:zB/5nJDx
COINPOSTの「中国政府:28種類の主要仮想通貨格付けを公表|1位ETH 
・13位BTC・16位XRP・最下位NEM」(18年5月17日)みたらLiskが何と 
3位だって、凄いじゃん(笑)EOSがないのは何で? 

1位、イーサリ、2位Steem(何だこれ?)、3位lisk、4位Neo、13位BTC、 
17位リップル、21位ライトコイン、25位BCH、28位ネム。 

Lisk1130円。ビットコイン92.4万円。BCH14.4万円。イーサリ7.86万円。 
リップル77.6円。ライト1.53万円。ネム36.3円。モナ414円 。ドル110.2円。


images


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1526297149/


続きを読む No tags for this post.

まにら新聞の仮想通貨ノアコインの記事wwwwwww

375: 2018/05/09(水) 11:06:50.91 ID:I+SePiwK
真相・仮想通貨ノアコイン─1 「間違いなく億万長者」 セミナーには有名歌手も 
http://www.manila-shimbun.com/column/opinions/news237566.html 

真相・仮想通貨ノアコイン─2 「情報弱者」を対象にネットで億単位を稼ぐ 
http://www.manila-shimbun.com/category/society/news237582.html 

真相・仮想通貨ノアコイン─3 虚偽宣伝の実態明らかに 比大使館が警告「政府公認ではない」 
http://www.manila-shimbun.com/category/society/news237603.html 

真相・仮想通貨ノアコイン─4 2018/5/10掲載予定


img_3919

472: 2018/05/10(木) 11:47:46.41 ID:29DV83kl
>>375 

真相・仮想通貨ノアコイン─4 矛盾だらけだった現場 運営者は謝罪、返金も「行き過ぎた表現」 
http://www.manila-shimbun.com/category/society/news237623.html 

怒涛の連載は、まだ続くw


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1525244109/


続きを読む No tags for this post.

【超朗報】仮想通貨ADAが韓国最大手のプラットフォーム、メタップスプラスにて取引開始することを発表wwwwww

590: 2018/05/09(水) 11:42:46.43 ID:rmtGJxwn
EMURGO(エマーゴ)は、Cardano(カルダノ)の仮想通貨ADA(エイダ)が株式会社メタップスの子会社である韓国最大手のモバイル決済プラットフォームのメタップスプラスと提携することを発表。これにより、仮想通貨ADAはメタップスプラスのモバイルマーケティングとモバイル決済プラットフォームにおいて取り扱いが開始されることとなる。仮想通貨ADAは、2018年第三四半期までに、33,000店以上のメタップスプラスのパートナーである店舗での決済や、店舗との提携プロモーションで使用されることを予定している。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000030305.html
 

ワロタw 
プラットフォームが本命で通貨としてはそこそこでいくのかと思ってたら 
通貨でも本気みたいだなwww


no title


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1525268929/


続きを読む No tags for this post.

Litecoinとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるライトコイン基礎知識!

Litecoin(ライトコイン)とは、Bitcoin2.0のアルトコインであり「ビットコインの弱点を補う」ことを目的に開発された仮想通貨です。

Litecoinの特徴

Charlie Lee(チャーリー・リー)氏がビットコインを改良して開発されたのがLitecoinです。

2011年に誕生と歴史が長く、ビットコインの次に誕生したアルトコインで、現存するアルトコインの中では一番古い仮想通貨がこのLitecoinです。

また「スケーラビリティ問題」を解決するためのSegwit(セグウィット)を早い段階で導入していることも有名です。

Litecoinの概要

[table id=1123-001 /]

Litecoinは「ビットコインが金ならライトコインは銀」であることを目指して開発されていて、ビットコインよりも採掘難易度が低く、取引スピードも早いことが特徴です。

Litecoinの価格推移

  • 2013年4月28日
    4.30 USD
    約 486.67 円
  • 2013年10月16日
    1.90 USD
    約 215.04 円
  • 2013年11月28日
    50.27 USD
    約 5689.56 円
  • 2014年4月15日
    12.72 USD
    約 1439.65 円
  • 2015年1月16日
    1.38 USD
    約 156.19 円
  • 2016年4月24日
    3.88 USD
    約 439.14 円
  • 2017年3月23日
    3.94 USD
    約 445.93 円
  • 2017年5月10日
    31.64 USD
    約 3581.02 円
  • 2017年7月4日
    53.60 USD
    約 6065.91 円
  • 2017年9月3日
    81.33 USD
    約 9204.12 円
  • 2017年10月28日
    55.49 USD
    約 6280.36 円
  • 2017年12月19日
    366.15 USD
    約 41440.86 円
  • 2017年12月28日
    252.45 USD
    約 28569.77 円
2013年から2015年までには価格の波がありましたが、その後は順当に価格が上昇を続けています。

時価総額ランキングでは常にトップ10位以内に位置し、国内をはじめ世界中の多くの取引所で取り扱われている人気の通貨です。

Litecoinの関連Twitter

Litecoinにはコア開発者とライトコイン財団のTwitterアカウントが存在しているので、ぜひチェックしてみましょう!

Litecoinユーザーの声

[external-explan-air_drop] [ex-ja-LTC]No tags for this post.

ライトコイン(LTC)創始者チャーリー・リー氏「最後はライトコインから手をひくことになるかもしれない」と発言

ライトコインの創始者であり、日ごろからTwitterアカウントでも発信しているチャーリー・リー氏は、27日のインタビューで仮想通貨の非中央集権問題についてコメントしました。

その中でリー氏は、非中央集権性を高めるために将来的にはライトコインから手を引くべきだとの見解を示しています。

 

仮想通貨をめぐる中央集権と非中央集権の問題

中央集権とは、権力やお金が国や組織に集中していることをいいます。非中央集権は、その逆でどこにも権力やお金が組織に集中していないことです。

ブロックチェーンを提唱したサトシ・ナカモトはその論文の中で、現在の金融モデルの中央集権性を批判しています。

簡単にいうとそもそも仮想通貨は「非中央集権でなければいけない」というところから始まっているのです。

 

仮想通貨がかかえる矛盾

しかし、現在、多くの仮想通貨は非中央集権を貫けず、矛盾した状況に陥っています

たとえば、ビットコインのマイニング報酬の多くは中国の企業が占めているといわれ、中央集権的な構造になっています。

 

なぜ創始者がライトコインから手を引くのか

リー氏がライトコインから手を引く理由は簡単です。

それは、ライトコインが中央集権にならないようにするためです。

リー氏がいることにより、みんなが発言に注目し、またライトコインのユーザーの中にはリー氏に同調する人も多いでしょう。

しかし、中央主権のままだと、何かのきっかけでリー氏がいなくなればライトコイン自体が止まってしまう可能性があります。

リー氏はインタビューの中で「仮想通貨が非中央集権を目指すのであればリーダー(リー氏のような存在)はいてはならない」とコメントし、「将来的にはライトコインから手をひくことになるかもしれない」とコメントしています。

 

価格の影響は?

短期的に価格が急騰するようなニュースではありませんが、長期的に考えればポジティブなニュースといえるでしょう。

なぜなら、ライトコインを支持する人・コミュニティーにとって非中央集権の理念は大事な要素だからです。

非中央集権性が高まりライトコインを使う人が増えれば価格上昇にもつながりますね

参照元:https://www.financemagnates.com/cryptocurrency/news/charlie-lee-democracy-better-less-efficient/

 

Shiftクレジットカードがライトコインと提携!VISA加盟店3,800万店舗で利用可能に

4月には仮想通貨デビットカードShiftでライトコインが対応するのが発表されました。

Shiftは日本円で2,189円で作成することができ、世界中のVISA加盟店3800万店舗で使える便利な仮想通貨デビットカードです。

ライトコインのユーザーにとっては嬉しいニュースですね。

 

テンエックス(TenX)社はライトコインを使ったデビットカードをリリース

また、仮想通貨デビットカードして有名なテンエックス社はライトコインを使ったデビットカードを発行するのを発表しました。

詳細は未定ですが、5月中に追加で発表があるとされています。

テンエックス社は独自の仮想通貨も発行し、ICOでは10分間で約72億円を調達した注目企業です。

仮想通貨デビットカードの中では一番有名といっても過言ではありません。

 

まとめ~実用化が進むライトコイン~

ライトコインはビットコインよりも送金スピード・決済が早いのが特徴です。

その通り、着々と企業の提携が進んでいます。

支払い・決済においては、リップルとは違う道で、実用化が進んでいる仮想通貨ですね。

また、もし将来リー氏のいう完全な非中央集権化が実現すれば、取引量はもっと増える可能性もあります。

今後もデビットカードの決済や価格上昇に期待できそうです

 

ライトコインを取引するなら

DMM Bitcoinはライトコインのレバレッジ取引ができる国内唯一の取引所です

なので、他社よりもライトコインでハイリターンの取引ができます。

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

また、アプリの使いやすさも定評があります。

DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティーも万全。マルチシグ、顧客の資産分割管理などあらゆる対策が施されています。

ライトコインはこれからも期待ができる仮想通貨です。4月は価格も上昇しています。

なので、再度価格が上がる前に、DMM Bitcoinに登録するのをおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

KuCoinの登録方法を解説!日本語対応でKCS・XRB・DRGNなどの超人気通貨を扱う海外取引所クーコインの始め方!

KuCoin Shares (KCS)やRaiBlocks (XRB)、Dragonchain (DRGN)やDent (DENT)などといった人気の通貨を数多く扱っていて、日本人ユーザーにもうれしい日本語対応していることでも有名な海外仮想通貨取引所「KuCoin」(クーコイン)。 本記事では「KuCoin」のアカウント登録方法をご紹介します。 [btn class="rich_yellow"]KuCoin 公式サイトはこちら [/btn]

日本語対応している海外仮想通貨取引所 KuCoin!

KuCoinは、2017年9月に香港でスタートした比較的新しい取引所ですが、 すでに人気の仮想通貨取引所の一つになっています。 中国語・英語はもちろん、日本語や韓国語ほか現在11の言語に対応しています。 また、独自トークンのKCSを発行しており KCSの価値はKuCoinのユーザー数増加に伴い下記のように急上昇しています。 今仮想通貨の人気が上がっていることで取引所の登録にも少し時間がかかったり、 登録がストップしてしまうこともあるかもしれません。 その前にまずは登録してみてはいかがでしょうか? [btn class="rich_yellow"]KuCoin公式サイトはこちら [/btn]

KuCoinの登録方法は非常に簡単!

ではKuCoinの登録はどのように行うのでしょうか? なんと、メールアドレスだけで登録が済むので非常に手軽です。 KuCoin公式サイトはこちら

KuCoinサイトからメールアドレスを登録!

KuCoinサイトトップページ画面右上部にある新規登録をクリックします! ちなみに、言語もサイト画面右上部の国旗のマークで変更可能です。 メールアドレスと任意のパスワードの入力欄に入力をします。 送信するとこのような画面がでます。こちらで入力は完了です。 KuCoin公式サイトはこちら

登録したメールアドレスに認証メールが届きます。

これでKuCoinの登録手続きはほぼ完了です。 暫くたつとKuCoinからアカウント認証のメールが届きます。 メールの通りにURLをクリックします。こちらで認証は完了です。 KuCoin公式サイトはこちら

Google2ステップ認証も忘れずに行いましょう

KuCoinではGoogle2ステップ認証を採用しています。 ハッキング防止のためにもこちらの設定も済ませておきましょう。 メールのアカウント認証が済むと、上記のような画面になっていると思います。 「グーグル―2ステップ」をクリックしてGoogle2ステップ認証画面に移り認証を行います。 Google2ステップ認証は、スマホなどでインストールしたGoogle2ステップ認証のアプリから、 KuCoinの認証画面にあるQRコードを読み込むと認証番号がスマホなどに出てきます。 スマホに出てきた認証番号をKuCoin側の入力画面に入力するとGoogle2ステップ認証も完了します。 完了すると次のような画面になります。 これで、KuCoinの登録はすべて完了です! [btn class="rich_yellow"]KuCoin 公式サイトはこちら [/btn]

まとめ

KuCoinは、取引規模が世界1位の「Binance」(バイナンス)と取り扱い通貨が違うことでよく話題になり、先日Binanceが新規登録を停止した時にも「第2のBinanceはKuCoin」と言われKuCoin人気が増加しました。 KuCoinの登録はメールアドレスのみで登録でき、Google2ステップ認証も簡単にできますので、ぜひ登録しておくことをおすすめします。 KuCoin公式サイトはこちら No tags for this post.

Dashとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるダッシュの基礎知識!

Dashとは、決済の速さと匿名性が特徴のアルトコインです。

ダッシュの特徴

Dash(ダッシュ、DASH)とは、2014年に生まれた匿名性・決済の即時性が特徴のアルトコインです。

2015年にリブランディングされるまでは、後述する匿名性確保のためのトランザクション形式である「Darksend」からDarkcoin(DRK)という名前でした。

また、決済の即時性もダッシュの大きな特徴です。
この即時性を実現するために、InstantSend(インスタントセンド)というシステムを採用。

ビットコインでは承認を行うのに10~30分程度の時間がかかると言われています。この即時性のなさはネックとも言えました。
ダッシュはInstantSendのシステムを採用することでこの時間を数秒にまで短縮。

海外を中心に仮想通貨で決済できる自動販売機なども登場しており、こうした決済にも即時性の高いダッシュは適していると言えます。

2016年初めにはビットコインなど仮想通貨専用のATMを提供し、世界トップクラスのマーケットシェアを誇るLamassu社と業務提携契約を行いました。
これにより、ダッシュは市場通貨並みに使いやすい通貨になりうる可能性を高めていると言えそうです。

ダッシュの概要

[table id=1627-01 /]

ダッシュの高い匿名性

ダッシュではDarksend(現在の名称はPrivateSend)と呼ばれるトランザクション形式を用いて高い匿名性を実現しています。

例えばビットコインはブロックチェーンを確認すれば、誰が誰に送ったのか1対1でわかるようになっています。

一方Darksendを採用しているダッシュではブロックチェーンを確認してもわかりません。

このようなDarksendの匿名性は、Coinjoinという方法で出来上がっています。
Coinjoinとは、同じ時期に送信しようとしている複数のユーザーの仮想通貨を、一度一定の場所に入れてから再度個別に特定のユーザーに送金していく方法のことを言います。

一度ある場所に送受信情報を入れ、その情報をミックスしてしまうことで匿名性を維持しているという訳です。
ただし、Coinjoinには使用するために二つの条件をクリアしなくてはなりません。

[aside type="boader"]

  1. 参加者が3人以上必要
  2. 送金限度額は1000DASHまで

[/aside]

この二つの条件をクリアできれば使用可能となり、匿名性が維持された取引が可能になります。

ダッシュの歴史(抜粋)

[table id=1627-02 /]

Twitterまとめ

ダッシュが買える国内取引所

ダッシュが買えるおすすめ海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)

[aside type="boader"]
  • 取り扱い通貨数が世界トップクラスの500種以上!
  • 取引手数料が安く、アルトコイントレーダー御用達の取引所!
  • 新規上場通貨の取り扱いが早いので有望通貨を早く保有しておける!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

Binance(バイナンス)

[aside type="boader"]
  • 取引ボリュームが世界第一位モンスター取引所だから流動性が高い!
  • LiskやVergeにETHLend、TRONやAppCoinsなど人気通貨の取り扱いも豊富!
  • Bitcoinからフォークしたコインが必ずもらえる取引所としても有名!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

C-CEX

[aside type="boader"]
  • 話題の国産仮想通貨「BitZeny」(ビットゼニー)の取り扱い有り!
  • ビットゼニーの取り引きが活発なので板が厚い!
  • 仮想通貨取り扱い数約200種類と豊富な取り揃えが魅力!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

Changelly(チェンジリー)

[aside type="boader"]
  • 珍しい「仮想通貨同士」を直接交換できるシステム!
  • 手数料は一律でしかも安い定額「0.5%」!
  • 海外取引所では非常に珍しい丁寧なサポート有り!
[/aside] [btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]No tags for this post.

仮想通貨Lisk(リスク)とは?特徴や将来性を徹底解説!

仮想通貨と言えば、ビットコインやリップル、イーサリアムが圧倒的な知名度を誇っていますが、上場していないものを含めると実はすでに1600種類はあると言われています。 そんな数ある仮想通貨の中で、今年急成長する可能性があるコ ... No tags for this post.