Litecoin(ライトコイン)

No tags for this post.

GMOコインでアルトコインのレバレッジFX取引でイーサリアム・リップルなど4種類を追加

2018年5月30日よりGMOコインでアルトコインのレバレッジ取引がスタートしました。

追加された銘柄は、イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュ・ライトコインの4種類です。

この記事では、GMOコインのレバレッジ取引の手数料などをまとめて紹介します。

アルトコインやレバレッジのメリットについても簡単に解説してあるので、初心者の方は特に参考になるでしょう!

 

国内では2社目の貴重なサービスを提供する取引所へ

レバレッジ取引ができる国内の業者はたくさんあります。

しかし、レバレッジ取引ができるほとんどは、ビットコインなのです。

実は、今まで、アルトコインのレバレッジ取引ができるのはDMM Bticoinだけでした。

つまり、GMOコインは国内で2社目のアルトコインでレバレッジ取引ができる業者ということです。

 

アルトコインとは

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の名称です。

たとえば、リップルやイーサリアムなど、ビットコイン以外の仮想通貨はまとめて「アルトコイン」と呼ばれています。

アルトコインはビットコインにない特徴をもっており、値上がりに期待ができるものがたくさんあります。

 

レバレッジ取引のメリット

レバレッジとは、自分の資金を証拠金として、実際の金額以上に取引することです。

たとえば、10万円でレバレッジ5倍であれば、50万円分の取引ができるのです。

レバレッジ取引のメリットは、現物購入よりもハイリターンの収益を得られるということです。

 

 

GMOコインでレバレッジ取引できるアルトコインの特徴

GMOコインでレバレッジ取引ができるアルトコインはイーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・リップルです。

どれも時価総額10以内にランクインしている仮想通貨で、世界中で取引されています。

 

イーサリアム

スマートコントラクトという技術で、ブロックチェーンを金融以外の分野に応用することが期待されています。

時価総額はトップ3に入り、ビットコインの次に有名な仮想通貨です。

 

リップル

国際送金をわずか4秒で完了させることができる優秀な仮想通貨です。

世界中の銀行や大手企業と提携をし、信頼度が高いのも特徴です。

 

ライトコイン

ビットコインをもとに、素早く送金できるように開発されたアルトコインです。

ビットコインを「金」に例えるなら、ライトコインは「銀」によくたとえられます。

 

ビットコインキャッシュ

ビットコインが分裂(ハードフォーク)してうまれたアルトコインです。

ライトコインと同じように、ビットコインと比べて送金スピードが早く手数料が安いです。

 

 

 

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ライトコイン(LTC)創始者チャーリー・リー氏「最後はライトコインから手をひくことになるかもしれない」と発言

ライトコインの創始者であり、日ごろからTwitterアカウントでも発信しているチャーリー・リー氏は、27日のインタビューで仮想通貨の非中央集権問題についてコメントしました。

その中でリー氏は、非中央集権性を高めるために将来的にはライトコインから手を引くべきだとの見解を示しています。

 

仮想通貨をめぐる中央集権と非中央集権の問題

中央集権とは、権力やお金が国や組織に集中していることをいいます。非中央集権は、その逆でどこにも権力やお金が組織に集中していないことです。

ブロックチェーンを提唱したサトシ・ナカモトはその論文の中で、現在の金融モデルの中央集権性を批判しています。

簡単にいうとそもそも仮想通貨は「非中央集権でなければいけない」というところから始まっているのです。

 

仮想通貨がかかえる矛盾

しかし、現在、多くの仮想通貨は非中央集権を貫けず、矛盾した状況に陥っています

たとえば、ビットコインのマイニング報酬の多くは中国の企業が占めているといわれ、中央集権的な構造になっています。

 

なぜ創始者がライトコインから手を引くのか

リー氏がライトコインから手を引く理由は簡単です。

それは、ライトコインが中央集権にならないようにするためです。

リー氏がいることにより、みんなが発言に注目し、またライトコインのユーザーの中にはリー氏に同調する人も多いでしょう。

しかし、中央主権のままだと、何かのきっかけでリー氏がいなくなればライトコイン自体が止まってしまう可能性があります。

リー氏はインタビューの中で「仮想通貨が非中央集権を目指すのであればリーダー(リー氏のような存在)はいてはならない」とコメントし、「将来的にはライトコインから手をひくことになるかもしれない」とコメントしています。

 

価格の影響は?

短期的に価格が急騰するようなニュースではありませんが、長期的に考えればポジティブなニュースといえるでしょう。

なぜなら、ライトコインを支持する人・コミュニティーにとって非中央集権の理念は大事な要素だからです。

非中央集権性が高まりライトコインを使う人が増えれば価格上昇にもつながりますね

参照元:https://www.financemagnates.com/cryptocurrency/news/charlie-lee-democracy-better-less-efficient/

 

Shiftクレジットカードがライトコインと提携!VISA加盟店3,800万店舗で利用可能に

4月には仮想通貨デビットカードShiftでライトコインが対応するのが発表されました。

Shiftは日本円で2,189円で作成することができ、世界中のVISA加盟店3800万店舗で使える便利な仮想通貨デビットカードです。

ライトコインのユーザーにとっては嬉しいニュースですね。

 

テンエックス(TenX)社はライトコインを使ったデビットカードをリリース

また、仮想通貨デビットカードして有名なテンエックス社はライトコインを使ったデビットカードを発行するのを発表しました。

詳細は未定ですが、5月中に追加で発表があるとされています。

テンエックス社は独自の仮想通貨も発行し、ICOでは10分間で約72億円を調達した注目企業です。

仮想通貨デビットカードの中では一番有名といっても過言ではありません。

 

まとめ~実用化が進むライトコイン~

ライトコインはビットコインよりも送金スピード・決済が早いのが特徴です。

その通り、着々と企業の提携が進んでいます。

支払い・決済においては、リップルとは違う道で、実用化が進んでいる仮想通貨ですね。

また、もし将来リー氏のいう完全な非中央集権化が実現すれば、取引量はもっと増える可能性もあります。

今後もデビットカードの決済や価格上昇に期待できそうです

 

ライトコインを取引するなら

DMM Bitcoinはライトコインのレバレッジ取引ができる国内唯一の取引所です

なので、他社よりもライトコインでハイリターンの取引ができます。

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

また、アプリの使いやすさも定評があります。

DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティーも万全。マルチシグ、顧客の資産分割管理などあらゆる対策が施されています。

ライトコインはこれからも期待ができる仮想通貨です。4月は価格も上昇しています。

なので、再度価格が上がる前に、DMM Bitcoinに登録するのをおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

インド注目の取引所Bitbnsにライトコインが上場!Bitbnsとは?チャート付き解説

 

インド注目の取引所Bitbnsにライトコインが上場されました。

Bitbnsでライトコインとモネロの取り扱いが開始されました。インドでは、モネロはBitbnsでしか買えません。

今回はBitbnsがどんな取引所もあわせて、直近のライトコインの動向をお伝えしたいと思います。

 

Bitbnsとは?取引所の特徴

Bitbnsはインドの取引所です。手数料は一律0.25%、BTC入金手数料が無料と手数料が安いのが最大の特徴です。

また、アルトコインの取り扱いにも力を入れているようです。今回のライトコインとモネロの上場も、そういった運営方針の表れと言えるでしょう。今後も他のアルトコインの上場に期待したいですね

 

業界では注目されている取引所!?その理由とは

Bitbnsは知名度はあまり低くありませんが、業界ではひそかに注目されています。なぜなら、取引所の運営チームがとても優秀だからです

設立チームはインド工科大学の卒業生で構成されていて、キャッシュレス経済をインドで実現するのを目指しています。2017年12月にはより多くの人にビットコインを使ってほしいと半額セールを世界で初めて実施したのも有名です。

他では「インドに適切な仮想通貨の取引所がなかった」というように、仮想通貨を取引する人にとって有益な運営を目指しています。手数料が安いのは、その理念が反映されている証拠ですね。

また、Bitbnsのホームページをみると、英語表記でも非常にみやすく、わかりやすいです。気になる方はぜひ、一度Bitbnsのホームページをみてみるのをおすすめします。

キャッシュレス化を目指している以上、決済サービスの発表に注目したいですね。今後の動向には要注目の取引所なので、知らなかったかたは名前だけでも覚えておくといいと思います。

 

ライトコインの直近の動きと今後は?

さて、ライトコインの直近の値動きを確認してみましょう。

ライトコイン 日足 2/1~3/3

(チャート出典:GMOコイン取引チャート)

上の画像は2月から本稿執筆時点(3/3)の日足チャートです。2月は中旬ごろまで上昇し、20日に高値26,000円をつけました。しかし、その後は反落。安値は19,000円付近となっております。

2月の下旬はビットコインを筆頭に仮想通貨全体が軟調だったので、ライトコインも大方その動きにつられて動いていた印象です。

しかし、本日で下降するトレンドラインのブレイク間近です。一般的にトレンドラインをブレイクしたら、価格がブレイクした方向に動くとされています。なので、今月のライトコインには期待が持てそうです。

また、これは噂ではありますが、的中率も高いとされる人工知能予想プログラムWebbotによると、3月はアルトコインが上昇すると言っているそうです。それを証明するように、ビットコインも100万円割れの安値から現在は回復し、仮想通貨全体のチャートは上昇が見込める強いフォーメンションとなっています

ライトコインは23,000円、25,000円が次の高値の目途です。そこも超えると、36,000円、2017年12月高値43,000円方向も視野に入ってきます。

 

ライトコインを取引するなら

今のうちにライトコインを買うなら、間違いなくGMOコインで買うべきです。

理由は、スプレッド(買いと売りの金額差)が小さいというところです。

coincheckなど通常の取引所でも買えますが、買うときで売るときで多いときには10%の差がついていて、買った瞬間から大きく損してしまう場合があります。
しかし、GMOコインだと、提示された価格で買えるため、スプレッドが狭くオトクに購入することができます。

3月はアルトコインの上昇が大きく見込めそうです。ライトコインが再び46,000円へ向かう前に、今のうちにGMOで購入しておきましょう。

GMOコイン公式サイトはこちら

 

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.