Binance

No tags for this post.

バイナンスの格付けレポートでXRPがBTCを上回り1位を獲得!

世界最大の取引所であるBinance(バイナンス)が行った仮想通貨の格付けランキングで、XRPが最高の5つ星をつけて1位評価されました。

世界最大の取引所がXRPを最高評価

約150種類以上のアルトコインを取扱い、全世界に約1000万人のユーザーを抱える仮想通貨取引所「Bainance」(バイナンス)が行った仮想通貨格付け調査において、XRPが最高評価を受けました。
ホームページ上では以下のような詳細を見ることができます。

リップルの主な利点は、トランザクションの速度とコストです。
リップルは4秒以内に国際支払いを決めることができ、手数料は取引あたり約0.00001XRP(10月2日時点で約0.0006円)です。
XRPは流動性および決済トークンであることを考慮すると、モーゲージ通貨およびコモディティなどの無関係な資産の取引にも使用できます。

The main benefits of Ripple are the speed and cost of transactions. Ripple is able to settle international payments in less than 4 seconds and the fees are approximately 0.00001 XRP per transaction. Given that XRP is a liquidity and settlement token, it can also be used for transactions of unrelated assets such as fiat currencies and commodities etc.
Rippleを開発しているRipple Labsには大手ベンチャーキャピタルがついていることや、経験豊富な開発者や創業者がいる背景も影響しているとされています。

また、懸念点としては多くのXRPがRipple Labsによって所有されていることや、集権的なコンセンサスアルゴリズム(RPCA)であることが挙げられていますが、POWよりも簡単に拡張できる点を利点としています。

[aside]補足
リップルが採用しているコンセンサスアルゴリズム「RPCA」は、リップル社が認定した「Validator(バリデーター/承認者)」だけしか承認作業を行うことを許されていません。
このためブロックチェーンの目的である非中央集権を目指すことから外れているという見方をされる場合があります。 [/aside]

カンファレンスSWELLにてxRapidの商用利用が発表

リップル社主催のカンファレンスが10月の1日2日、アメリカのサンフランシスコで開催されました。 その中で、国際送金システムである「xRapid」が、すでにメキシコの大手決済サービス企業Cuallix、MercuryFX、およびCatalyst Corporate Federal Credit Unionを含む複数と提携し、商用利用が始まっていることを発表しました。

同内容は、rippleのブログ上にもアップされています。
これによりさらなるXRPの実用化が進み、市場価格にも反映される可能性が高まっています。

参考:BINANCE [ex-ja-XRP] No tags for this post.

取引所の出来高をプッシュ通知にてお知らせ!価格変動を事前に察知できるcryptofolio社のCryptopush(クリプトプッシュ)をご紹介!

仮想通貨の取引で「ポートフォリオ」(資産管理)アプリや、実際に取引が出来るアプリやツールは数多くありますが、「出来高を監視して、変動があればプッシュ通知でお知らせ」してくれるアプリは非常に珍しいのではないでしょうか。

本記事では、仮想通貨界隈の超有名ポートフォリオアプリである「Cryptofolio」(クリプトフォリオ)をリリースしているcryptofolio社が新たにリリースした姉妹アプリ、「Cryptopush」(クリプトプッシュ)をご紹介します。

2018年7月25日にリリースされた直後とあって、まだこの「クリプトプッシュを知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで「海外の仮想通貨ニュース速報」ではいち早くご紹介させていただきます!

仮想通貨を保有、もしくは取引されている方は本記事をご覧いただき、ぜひクリプトプッシュをインストールしてみてください!

[btn class="lightning big"]Cruptopush(クリプトプッシュ)のインストールはこちらから[/btn]

Cryptopush(クリプトプッシュ)とは?

クリプトプッシュとは、人気のポートフォリオアプリ「Cryptofolio」(クリプトフォリオ)を提供しているcryptofolio社(クリプトフォリオ社)が新たにリリースした「仮想通貨取引支援」アプリです。

クリプトプッシュの主な特徴

[aside type="boader"]
  • 出来高が変動した通貨のプッシュ通知が来る
  • 通知を一覧で確認できる
  • 銘柄情報を即座にTwitterで検索できる
  • 出来高の急上昇ランキングが見れる(有料版のみ)
  • 仮想通貨に関係したニュースが見れる
[/aside]

2.開発経緯
仮想通貨トレードは株式市場等とは異なり、24時間取引が行われています。また他の金融商品には見られないような短時間における大きなボラティリティが時間を問わず発生しているため、最適なトレードタイミングでエントリーするためには常に相場を監視している必要があります。 そのため、トレードに充てられる時間が中々取れない方や、大量の仮想通貨からエントリーすべき通貨の選定が困難な方向けに、エントリータイミング探しの補助となるアプリケーション「Cryptopush(クリプトプッシュ)」をリリース致しました。

引用 : 価格変動を事前に察知できる仮想通貨トレード支援ツールCryptopush(クリプトプッシュ)リリースのお知らせ|株式会社クリプトフォリオのプレスリリース
上記はクリプトフォリオ社のプレスリリースから引用しましたが、クリプトプッシュの魅力は下記のポイントかと思います。 [aside type="boader"]
  • 中·上級者 : 常に相場を監視する必要がなくなる
  • 初心者 : エントリーするタイミングが分かる
[/aside] すでに多くの取引を経験している人であれば、トレードの為に相場を24時間監視し続ける必要がなくなりますし、「エントリーを入れるタイミングに迷っている」人にとっては、タイミング探しの補助アプリとして重宝するかと思います。

無料で使える!有料プランもあり!

クリプトプッシュは無料でインストール&利用ができます。

別途有料プランも用意されていて、有料プランではより自由度が高く、自分好みの設定にカスタマイズすることができます。

有料プランについては後ほど詳しくお話したいと思います。

Cruptopush(クリプトプッシュ)のインストールはこちらから

出来高が変動した通貨のプッシュ通知が来る

上の画像のように、出来高の変動情報をプッシュ通知ですぐに教えてくれます。

特に海外取引所を利用している人は、保有している通貨や注目している通貨の動きを察知できるので取引しやすくなるのではないでしょうか。

通知を一覧で確認できる

届いた通知は、アプリ内で一覧表示して確認することができます。

気になる通知も、後からちゃんと確認できるのが良いポイントだと思います。

銘柄情報を即座にTwitterで検索できる

通知一覧の気になる通知を押すと、その通知に関連したTweetを検索してくれる機能が付いています。

何が起こっているのか?をSNS検索する、国内&海外のすごい人がどんな考察をしているのか?などなど情報を検索するのがグッと楽になっています。

Cruptopush(クリプトプッシュ)のインストールはこちらから

出来高の急上昇ランキングが見れる(有料版のみ)

※ 有料機能の情報なので、上の画像では銘柄をぼかしてあります。

この出来高ランキングが見れる「ランキング」機能は有料だったのですが、弊メディア「海外の仮想通貨ニュース速報」では確認の為に購入してみました!(初回購入特典で、最初の一週間は無料でした。)
どんな通貨がどのくらい急上昇しているのかを、文字通りランキング形式で俯瞰して見れるのでものすごく便利な機能ですね…。

正直この機能だけでも有料プランに加入してもいいのではと思ってしまいます。

初回一週間は無料期間になっているので皆さまもぜひ有料プランを体感してみてください。

仮想通貨に関係したニュースが見れる

クリプトフォリオでもお馴染みのニュースが見れる画面も付いています。

おそらく配信されているニュースもクリプトフォリオとほぼ同じようなので、ニュースを見るのに複数アプリを行ったり来たりする手間が省けて助かります。

初回1週間の「無料期間」付き有料プランが魅力!

クリプトプッシュには、上で紹介した「ランキング」機能も見れる「有料プラン」が用意されています。 [aside type="boader"]

  • 注目銘柄ランキング
  • 通知する際のしきい値が変更可能
  • 選択できる取引所の数が無制限
  • プッシュ通知の時間指定(おやすみモード)
  • 広告の非表示
引用 : ‎「Cryptopush(クリプトプッシュ)仮想通貨取引支援」をApp Storeで[/aside]

有料プランの魅力 : 世界の取引所で起こっている出来事がわかる

と書くと少し大袈裟ですが、無料プランの取引所一つだけ選択状態だとそうでもなかったのですが、有料プランを購入して、試しに選択できる全ての取引所にチェックを入れて、出来高増加率を「100%」に設定したらプッシュ通知がとんでもなく届きました!

色々な取引所で、種々様々な通貨が時事刻々と価格変動していることを肌で感じることができます。(玄人はここからトレードに活かしていくのかと思います。)

さらに増加率の細かい設定変更や、おやすみモードに加えて、待望の「広告の非表示」が出来るのもポイントが高いと思います。

この有料プランが、一週間無料でお試しできるので、クリプトプッシュをインストールしたらぜひ体験してみてください!

[btn class="lightning big"]Cruptopush(クリプトプッシュ)のインストールはこちらから[/btn]

さいごに

クリプトフォリオさんの新しい姉妹アプリ「クリプトプッシュ」のリリース、改めておめでとうございます。

ここ最近の相場でいうとビットコインが急に価格を上げて約90万円台程まで回復してきて、先月先々月よりは少し活気も戻ってきたかなと感じます。

これからの仮想通貨取引の戦い方の一つとして、この「出来高の履歴を把握する」「急な出来高の増加をいち早く察知する」という手段を加えるのがいかがでしょうか。

ダウンロードは無料なので、興味のある方はぜひこのクリプトプッシュをインストールしてみましょう!

No tags for this post.

【速報】NEM(XEM)がBinanceに上場!価格が高騰中!!

仮想通貨のNEM(ネム、単位はXEM)が海外の大手取引所Binance(バイナンス)に上場したことを、公式がアナウンスしています。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

Coincheck(コインチェック社)の事件もまだ記憶に新しい仮想通貨のNEMが、取引高世界一位(2018年3月20日時点)の超大手取引所「Binance」へ上場しました。

事件以降価格の下げを見せていたNEMですが、ここに来て一気に価格が高騰しています。

Binance 公式サイトはこちら

仮想通貨のNEMは処理時間の短さやその利便性から決済などに多く使用されており、日本でも根強いファンの多い仮想通貨です。

ここからの価格の巻き返しに期待がかかっています。

[ex-ovse-Binance]
[ex-ja-XEM] [ex_list_ovse]No tags for this post.

NEMの補償は日本円で来週中の予定!?再開も間近か!?ミーの仮想通貨最新ニュース【3月8日】

3月8日仮想通貨最新ニュース

3/8の本日の仮想通貨ニュースはコインチェックが2度目の公式会見!仮想通貨交換業者7社を一斉に行政処分!バイナンスでAPIを利用したハッキングが発生!世界初!アビトラのためのプラットフォーム開発!?等々をピックアップしています。

3月8日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日も全体的に悪い雰囲気で下がっています。ただNEMだけは…

仮想通貨価格-前日比-3月8日

ケンケン
今日は取引所関係のニュースがたくさんあるね
ミー
本日3月8日のニュースはこちら!
3月8日仮想通貨News概要
  • コインチェックが2度目の公式会見!
  • 仮想通貨交換業者7社を一斉に行政処分
  • バイナンスでAPIを利用したハッキングが発生!
  • マウントゴックス英国企業がマネロン関与!?
  • 世界初!アビトラのためのプラットフォーム開発!?

コインチェックが2度目の公式会見!

本日夕方、コインチェックが、正式な記者会見を開きました。

要点だけ箇条書きで書くと以下。

  • NEMの補償は日本円で来週中の予定
  • NEMの補填合計額は460億円で顧客のユーザーアカウントに直接反映
  • XEMの補填レートは88.549円
  • ハッキングの原因は外部メールからのマルウェアによる感染
  • コインチェック社の複数のパソコンが感染していた
  • NEM以外の機会損失などの補償は利用規約に基づき責任を負わない
  • 17年12月の取引高は3.8兆円
  • コインチェックにある口座数は170万件
  • 業務資本提携に関しては選択肢の一つで顧客の保護に繋がるのなら検討
  • XEM保有量以上の数量を販売していた事実はない
  • サービスの再開は来週中に報告
  • 匿名通貨の取り扱い継続も検討中

私が個人的にに気になったのは、コインチェックの利益について、ほぼ販売所のスプレッドだと会見でおっしゃっていたことです。

過去3カ月のccの取引高は約7.3兆円で、内訳は取引所が8割、販売所が2割とのこと。ということは販売所だけの取引高は1.46兆円。

スプレッドは3%~8%ぐらいなので、間を取って5%と計算すると、概算ですが約730億円という営業利益が出てきます。

NEMの補填額は日本円で460億円なので、730億-460億で270億円もの利益が残る計算になります。あくまで概算ですけど…。

どれだけ経費を使っているかは分かりませんが、サービスの再開や経営の立て直しには十分すぎるほどの金額だと思うので、コインチェックには市場の活性化のためになんとか踏ん張ってほしいと思っています!

⇒ 仮想通貨NEMの不正送金に関するご報告と対応について【公式サイト】

仮想通貨交換業者7社を一斉に行政処分

昨日のニュースでもお伝えしていた金融庁からの行政処分の続報です。

本日、金融庁より仮想通貨交換業者7社を一斉に行政処分すると発表がありました。内容は下記。

業務停止命令

  • FSHO
  • ビットステーション
業務改善命令

  • テックビューロ
  • GMOコイン
  • バイクリメンツ
  • ミスターエクスチェンジ
  • コインチェック

業務停止命令を受けた2社に関しては、正直私も詳しく知らない仮想通貨交換業者です。

業務改善命令の中には、認知度の高いコインチェック、GMOコイン、zaifを運営するテックビューロがありますが、業務改善命令なので、改善すべき点はしっかりと改善してより良い取引所として運営してくださいませ。

私個人的にはあまりマイナスには捉えていません!

今後も利用者を保護できるような良いルール作りをガンガン作っていってほしいと思っています(`・ω・´)

⇒ GMOコイン株式会社に対する行政処分について【財務局】

⇒ 当社に対する関東財務局の業務改善命令について【GMOコイン公式】

⇒ コインチェック株式会社に対する行政処分について【財務局】

⇒ 当社に対する金融庁の業務改善命令について【コインチェック公式】

⇒ テックビューロ株式会社に対する行政処分【財務局】

 おすすめ関連コンテンツ

バイナンスでAPIを利用したハッキングが発生!

昨夜、海外取引所バイナンスでAPIを不正に操作した売買が行われたというニュースが入ってきました。

これを受けて、バイナンスの全ての通貨の出金が一時停止、一部ではバイナンスがハッキングされたと騒ぎになっていましたが、結論から先に書くと既に解決済みです!

バイナンスAPIハッキング事件の一覧の流れ

  1. バイナンス(API)がハッキングされてアルトコインが売られている
  2. APIのbotを不正利用してVIAが大量に買われて暴騰する
  3. 全ての仮想通貨の出金が一時停止になる
  4. バイナンスCEOから全ての資産は安全で不正な取引は取り消した公表
  5. 出金を含む全てのサービスが通常運転に戻る

まず、要点はバイナンスのサイトがハッキングにあったのではなく、ユーザーのAPIがハッキングされて不正取引がされたとのこと。

APIとは
APIは自動売買のbotや取引所との連携に使うインターフェイス(コード)のこと

APIがあれば、取引所に直接ログインしなくても異なるソフトウェア(アプリ等)で通貨の売買などが可能になる便利なものです。

しかし当然APIが第三者に漏れると、不正に利用される恐れがある重要なコードです。

今回はこのAPIがフィッシングサイトなどによって、盗まれて不正に利用されたのではないかといわれてます。バイナンス自体のハッキングではないということが分かりますね。

バイナンスのその後の対応

バイナンスで出金が停止になり、騒ぎになるとバイナンスのCEOのCZ氏から全てのの資産は安全です。一部のアカウントは、フィッシングサイトから侵害されている可能性があります。とツイートがありました。

またその後、バイナンスはすべての不規則な取引を取り消しました。すべての預金、取引および引出しが再開されます。とツイートがありました。

異常な動きに自動でリスク管理システムが起動され、出金停止になっていたようでした。

不正取引された通貨に関しては、全てバイナンスチャリティーに寄付するということです。おぉ~早期対応で解決してよかったです(*´∨`*)

マウントゴックス英国企業がマネロン関与!?

過去に起こったマウントゴックスのハッキングで盗まれたBTCをイギリスのペーパーカンパニーがマネーロンダリングしていた疑いが浮上しました。

その数量は約65万BTCにものぼるようです。以前のレートとは全く異なりますが、現在の日本円のレート110万円で換算すると約7,150億円にのぼります。

ペーパーカンパニーとは
ペーパーカンパニーとは登記上は存在するが、実体がない企業のこと。ダミー会社や幽霊会社と同じ意味

う~ん。ちょっとよく分かりませんが、次から次に悪い奴と思われる企業や人物が出てきますね。

また、ハッキングの弁済にあたり、4憶ドル(440億円)相当以上のビットコインを売却したとも報じられています。

マウントゴックスの破産管財人を務める小林信明弁護士は、ハッキングにより資金を失った顧客に弁済するため、17年9月以降、4億ドル相当以上のビットコインを売却したと伝えられている。

これって、少なからず市場に影響を与えてしまってるのでは…とも思います。

なかなか早期には解決できない問題だと思いますが、収まるところに収まってほしいものです。ハイ。

世界初!アビトラのためのプラットフォーム開発!?

異なるブロックチェーン間のトークンをリアルタイムで転送できるプラットフォームPantos(パントス)の開発が発表されました。

異なるブロックチェーン間のトークンをリアルタイムで転送??…はっ( ゚Д゚)!?これは…

勘がいい方は気づかれたかもしれませんが、アービトラージ(裁定取引)が単一のプラットフォームで可能になるということです。

アービトラージとは
仮想通貨でいうアービトラージとは取引所間で同じ通貨を使った価格差異の金額差を利益とする手法のこと

例:A取引所ではBTC価格が100万円、B取引所ではBTC価格が90万円だった場合、Bで買って、Aで売ると価格差の10万円が利益となる手法です。

実は仮想通貨界隈ではアービトラージ略してアビトラはよく行われているんですが、公けにしてしまうと価格差がなくなってしまうので嫌われます。暗黙の了解でひっそりと行っている方が多いようです。

今回はそのアビトラのプラットフォームを作ろうというなかなか壮大で面白いプロジェクトです。

Pantos(パントス)では、ICOを計画しており、上限で157億円を調達予定とのことです!

アビトラは確実に利益が上げられる反面、送金の遅延などで価格差がなくなるなどのリスクもあるので慎重に!!

下記の記事では、私が過去実際にアビトラで失敗した失敗談を記事にしていますので参考にしてください(=△=)

保有している仮想通貨一覧

本日はコインチェックの会見を受けNEMが大きく上げていますねo(`▽´)o

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-3月8日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 93.2 -1.8%
ビットコインキャッシュ BCC 12.3万 +1.4%
イーサリアム ETH 8.2万 -1.7%
アリス ALIS 39.5 -7.4%
ネム XEM 40.1 +17.9%
リスク LSK 1958 +7.6%
ネオ NEO 1.08万 -3.9%
モナコイン MONA 473 -2.7%
仮想通貨総資産平均合計 -0.3%

全体的にみると下がっていますが、NEM/XEMが急騰しています!

コインチェックの会見で、NEMの補填が来週になるという発表を受けてのことでしょうか。

一時は30円を切るのではないかというぐらいに落ちていましたが、今では30円後半ぐらいまで回復しています!

これは非常にうれしい良い傾向ですねっ(´∪`*)

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ3月8日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

バイナンスの保有通貨も今日もまただだ下がりです。。。

昨夜のバイナンス騒動は驚きましたが、公式からの対応が素早くほんとに神対応でした!!!

さすがのバイナンスです(*ゝωб*)b

おまけ

昨夜、こんな何気ないツイートをしました。

母から「NEMが32円になってる」と電話があったんです。ハイ。

母にNEMを182円で買わせた犯人は私です

・・・・・

このツイートにたくさんの反響をいただいて驚いています。同じような思いをしている同志がたくさんいる…( ;∀;)

やっぱり去年の12月に仮想通貨市場に参入して来られた方がホントに多い…ということを改めて感じさせられました。

それではまた明日☆

中国の仮装通貨取引所バイナンスBinance(バイナンス)でハッキング

昨夜、中国の仮装通貨取引所バイナンスBinance(バイナンス)でハッキングが確認された。


Binance(バイナンス)は、問題が発覚してすぐに同取引所の全通貨の出金を停止の対策を取ったことが確認されている。

 

一連の流れとしては、フィッシングサイトにより乗っ取られたアカウントからハッキングされ、自動売買BOT用のAPIを操作されてアルトコインを売られ、その後VIAという仮想通貨が買われ、ハッカーは価値の上がった仮想通貨VIAを売り、BTCに替えてすぐに送金されている。

 

今回の騒動を受けBinance(バイナンス)のCEOであるCZ氏はツイッターにて


CZ (not giving crypto away)
?
@cz_binance
All funds are safe. There were irregularities in trading activity, automatic alarms triggered. Some accounts may have been compromised by phishing from before. We are still investigating. All funds are safe.

3:34 - 2018年3月8日

すべての資金は安全です。取引活動には不正があり、自動警報が発生した。 一部のアカウントは、以前からフィッシング詐欺によって侵害されている可能性があります。 まだまだ調べています。 すべての資金は安全です。

とツイートしている。

 

同氏のツイッターではその後の対応もツイートされている。


CZ (not giving crypto away)
?
@cz_binance
Binance has reversed all irregular trades. All deposit, trading and withdrawal are resumed. will write a more detailed account of what happened shortly. Interestingly, the hackers lost coins during this attempt. We will donate this to Binance Charity.

7:57 - 2018年3月8日

Binance は、すべての不規則な取引を逆転しています。 すべての預金、取引、撤退が再開されます。 すぐに何が起こったかのより詳細なアカウントを記述します。興味深いことに、ハッカーは、この試みの間にコインを失った。 我々は Binance 慈善団体にこれを寄付します。

venturetimes.jp

 

No tags for this post.

Binance(バイナンス)でハッキング?APIキー設定の削除方法!

2018年3月7日から8日にかけて海外取引所Binance(バイナンス)でAPIを不正に操作した売買が行われました。バイナンス自体がハッキングにあったわけではないようですが、APIを設定している方は念のためにAPIの削除を強く推奨します。

BinanceでAPIを使ったハッキング?

バイナンスハッキングAPI
Binance(バイナンス)でAPIを使用したBotをハッキングして不正に売買が行われたようです。

私もアプリとの連携のためにバイナンスをAPIを使って連携していたので、慌ててAPIを削除しました。

ここでは、取り急ぎ、APIの削除方法を解説しています。バイナンスの公式発表があるまで、APIは削除しておいたほうがよさそうです。

APIの削除方法手順

なお、バイナンスでAPIを設定していない方は問題ありませんが、APIの設定は念のために確認はしておくことをおすすめします。

  1. 右上のメニューから「Account」を選択
  2. APIの枠の中にある「API Settings」ボタン
  3. 「Delete」からすべてAPIキーを削除
  4. APIキーを削除しますかという画面で「Yes」をクリック

バイナンスハッキングAPI

①バイナンスにログイン後、右上のメニューから「Account」を選択します。

バイナンスハッキングAPI

②APIの枠の中にある「API Settings」ボタンをクリックします。

バイナンスハッキングAPI

③APIを設定している場合は上記画像のような画面になるので、右上になる「Delete」からすべてAPIキーを削除します。

バイナンスハッキングAPI-03

APIを削除しますかという画面になるので、「Yes」をクリックします。

なお、APIを設定していない場合は、下記画像になるので削除は不要です。

バイナンスハッキングAPI-04

詳細はまだ不明

※BinanceのAPIハッキングの詳細はまだ不明です。

Binance公式から正式な発表があり次第、ページを更新します。

⇒ Binance(バイナンス)公式ページへ

日本語対応している海外取引所バイナンスのアカウント登録方法や使い方を解説しています。Binanceの手数料一覧やバイナンスへの送金や入金・出金方法、アプリの使い方、通貨の買い方なども徹底解説しています。バイナンスに関する閉鎖や規制のBinance最新ニュースも記載しています。
No tags for this post.

コインベースにリップル(XRP)が上場する噂が再浮上!?ミーの仮想通貨最新ニュース【3月5日】

3月5日仮想通貨最新ニュース

3/5はリップルが上昇しています。本日の仮想通貨ニュースはリップルがコインベース上場の噂!?アマゾンが独自の仮想通貨を発行!?バイナンス投票3位のZILが上場!コイン相場がアプリ内トークン発行!等々をピックアップしています。

3月5日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!今日は全体的にいい感じに価格が上昇しています。特にリップルが調子が良いですね!

仮想通貨価格-前日比-3月5日

ケンケン
リップルの上昇はコインベースのXRP上場の噂だね。でもまだ根拠がない噂だもんね…
ミー
本日3月5日のニュースはこちら!
3月5日仮想通貨News概要
  • リップルがコインベース上場
  • アマゾンが独自の仮想通貨を発行!?
  • バイナンス投票3位のZILが上場!!
  • コイン相場がアプリ内トークン発行!

リップルがコインベース上場!?

リップルXRPチャート

本日リップル(XRP)の価格が大きく上昇しています。上昇の一番の要因は、アメリカ大手取引所のコインベースでXRPが上場するのではないかというです。

コインベースは、仮想通貨取引所では唯一のユニコーン企業で、取り扱っている通貨はビットコインビットコインキャッシュライトコインイーサリアムの厳選された4通貨のみです。

先日ビットコインキャッシュ(BCH)がコインベースに上場したときは、BCHの価格が大幅に上昇しました。

コインベースが臨時スタッフを500人増員するのとRipple社のCEOとコインベース社のCOOとがCNBCの番組で講演するタイミングが同じだったことから、XRPの上場が噂になったようです。

でも実はコインベースのXRPの上場の噂は今回が初めてではありません。

以前にもXRPがコインベースに上場するのではという噂がありましたが、空振りに終わりました!

私は、今回もあまり期待せずに、XRPの上場を待っています(*´꒳`*)

仮想通貨Rippleリップル(XRP)について記載しています。リップルの特徴やリップルの将来性について、さらにXRPの価格が分かるリアルタイムチャートやリップルが買える取引所の紹介、リップルに関する最新情報も記載しています。

Amazonが独自の仮想通貨を発行!?

Amazonが仮想通貨やブロックチェーンを事業に取り入れる姿勢を示しているようです。

公式からの発表などではないようですが、ブロックチェーンプラットフォームを使用する契約を結んでいるんだとか…

世論調査の結果では、調査対象者約1000人のうち半数が、アマゾンが仮想通貨を発行すれば使用すると回答したようです。

アマゾンのようなショッピングサイトでの独自の仮想通貨との相性は抜群だと思います。

先日はスターバックスが独自のデジタル通貨や、ブロックチェーン技術を利用する可能性が高いというニュースをお伝えしました。

スターバックスに続きアマゾンでも!!でもこの前、米AmazonのCEOはブロックチェーン技術は使わないって言ってたばかりだったような…

実際に導入となるとかなりのビックニュースになりますね。続報に期待です(´∪`*)

バイナンス投票3位のZILが上場!!

海外大手取引所Binance(バイナンス)で次に上場する通貨の第6回投票は3位のZILが上場という結果になりました!

ちなみに、投票の結果は下記。

1位 Elastos (ELA) 150288票 63.28%
2位 WePower (WPR) 59348票 24.99%
3位 Zilliqa (ZIL) 18339票 7.72%

1位のELAがダントツだったんですが、上場とならなかったようですね。

1位と2位の通貨には不正投票があったとかなかったとか…

ん~…このバイナンスの投票は、取引所のBNBを使って投票するという仕組みなので、それに対して少し疑問が湧いてきます…

コイン相場がアプリ内トークン発行!

コイン相場が、2018年3月中旬頃にアプリ内トークンを発行するとのことです。

株式会社COINJINJAが運営する仮想通貨アプリ「コイン相場」は、2018年3月中旬をめどに、アプリ内でイーサリアムのERC20をベースとしたアプリ内のトークンを発行します。仮想通貨アプリ「コイン相場」は現在20万DLを超え、国内No.1の仮想通貨取引ツールアプリとなっています。発行するトークンは、アプリ内での活動に応じて加算されていく仕組みで、これまで中々実現されてこなかったトークンエコノミーを実現を目指します。

コイン相場アプリでは、仮想通貨の相場の確認や資産管理はもちろん、最新ニュースをチェックできたりと情報収集にも活用できます。

コイン相場アプリのポイントは下記。

  • 仮想通貨の相場(チャート)の確認
  • 仮想通貨関連の最新ニュースの確認
  • ICO情報の確認
  • 取引所との連携で資産の管理
  • 簡易的な税金試算

様々な便利な機能が備わっていますよ!私も恥ずかしながら本日ようやく、バイナンスとコイン相場を連携しましたが、便利すぎます!!

一度設定するとあとは自動なので楽ですよ~。

コイン相場のアプリの使い方や、ウィジェット設定方法など詳細は下記の記事でまとめていますのでぜひ参考にしてくださいね(*ノω・*)

仮想通貨管理アプリ「コイン相場」の使い方を解説しています。コイン相場アプリでは通貨のチャートや詳細情報の他にも最新のICO情報を日本語で見ることができます。アプリを取引所と連携することで、アプリから通貨の売買も可能です。

保有している仮想通貨一覧

今日はXRP(リップル)が上昇しているので、私の保有している通貨の全体的な前日比もプラス6%ほど上がっていますヾ(*・∀・)/

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-3月5日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 111 +16.2%
ビットコインキャッシュ BCC 13.5万 +2.1%
イーサリアム ETH 9.1万 +1.29%
アリス ALIS 47.1 -6.2%
ネム XEM 36.6 +0.7%
リスク LSK 2066 +0.2%
ネオ NEO 1.24万 -3.6%
モナコイン MONA 572 -0.6%
仮想通貨総資産平均合計 +6.2%

リップル(XRP)がコインベースで上場するかもという噂で、価格が上昇しているようですが、まだ根拠がなにもない噂です!

AmazonでもXRPが使われるんじゃ無いかという噂もありますが、こっちはあからさまなフェイクニュースですね。(知らんけど)

とにかく、『噂で買って事実で売る』を実行している方が多いのではないでしょうか。どちらにしても楽しみに待ちましょう♪

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ3月5日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

本日のバイナンスの保有通貨は現在の価格では大きく変動したものはないようです。

やはりハードフォークを控えているXMR(モネロ)の調子が良さそうですね!前日比も約10%プラスでいい感じに上げています♪

短期で考えると、モネロのハードフォーク予定の14日辺りに売却が一番無難ですね。

モネロの特徴や将来性については下記の記事で書いています(Ü)

仮想通貨Monero(モネロ/XMR)の詳細について記載しています。モネロのリアルタイムチャートに時価総額に現在の価格、XMRが買える取引所やウォレットも紹介しています。匿名性通貨Moneroの持つ可能性についてぜひ参考にしてください。

それではまた明日☆

バイナンスにNEM/XEM(ネム)が上場間近!?ミーの仮想通貨最新ニュース【2月19日】

2月19日仮想通貨最新ニュース

2/19は価格が全体的にやや上昇しています。本日の仮想通貨ニュースはBinanceにNEMが上場間近!?MUFGが新たな仮想通貨取引所を設立!?BITPointでリップルの取扱いがスタート!米ATMでBCHの取扱いがスタート!等々をピックアップしています。

2月19日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日は全体的にやや上昇しています。大きく上下している通貨は無し。

仮想通貨価格-前日比-2月19日

ケンケン
今日も良いニュースが多いイメージ!
ミー
最近はホントにポジティブニュースが多いね
ミー
本日2月19日のニュースはこちら!
2月19日仮想通貨News概要
  • バイナンスにNEMが上場間近!?
  • MUFGが新たな仮想通貨取引所を設立!?
  • BITPointでリップルの取扱いがスタート!
  • 米ATMでビットコインキャッシュの取扱いがスタート!
  • テックビューロ社の第3期決算公告が話題に!
  • ハードウェアウォレットのアドレスに注意!

バイナンスにNEMが上場間近!?

バイナンスCEOがNEMの上場についてインタビューで、「ネムはリストに載っている」などNEMの上場を期待させるような発言をしています。

現時点では上場は決定していませんが、CEOからそういった発言があったという事は近々、上場のニュースがあるかもしれませんね!(…ないかもしれません)

たくさんの通貨を扱うバイナンスでまだNEMの取扱いがないのは、不思議に感じるほどです。

NEMは最近はコインチェックの不正送金の件で、悪いイメージで有名になってしまいましたが、NEMは悪くなく、通貨自体がもつ可能性や将来性については非常に期待できる通貨だと考えています。

海外取引所の中でも人気の高いバイナンスで、NEMの上場が決まれば、XEMの流動性が大きくアップするのは間違いないです。

NEMの価格も…おそらく上がるのでは…と思います。(ポジトークですw)

先回りしてXEMを購入しておくのもあり…かもしれませんね(´∪`*)(※現時点では上場は決定していませんが…)

NEMは日本の取引所Zaif(ザイフ)で購入可能です。

MUFGが新たな仮想通貨取引所を設立!?

三菱UFJフィナンシャル・グループが仮想通貨取引所の設立を発表(予定or方針?)しました。

これは独自が開発している仮想通貨「MUFGコイン」の本格的な始動に向けての動きとみられています。

当初、MUFGコインは1MUFGを1円に固定してしまう方針でしたが、完全に円に固定してしまうと仮想通貨ではなく電子マネーの法律が適用されるのが問題だったとのことです。

なので、円に完全に固定するのではなく、MUFGグループが運営する取引所で1MUFG≒1円に調整して、市場に流通させるのが目的のようです。現在テザー社が発行するUSDTのような位置付けですね。

これが、成功すると暴落時にわざわざ円に利確するのではなく、仮想通貨のMUFGコインに逃すこともできるということも期待できます。続報が楽しみですね!

BITPointでリップルの取扱いがスタート!

BITPoint(ビットポイント)でリップル(XRP)の取扱いがスタートしました。

あまり話題に挙がらない取引所ビットポイントですが、顧客資産の分別管理やセキュリティに力を入れており、さらに取引手数料無料、送金手数料無料とビットポイントは初心者にとっても非常に優しい取引所になっています。

現在BITPointで取扱いのある通貨は、BTC、BCH、EHT、LTC、XRPのみですが、これからもアルトコインの取扱いが増えてくると人気が出てきそうですね!

私も初めての取引所は実は、ビットポイントでした(o´艸`)

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)の特徴や詳細を記載しています。BITPointでの口座開設方法からMT4の評判やビットポイントの手数料も一覧にしています。ビットコイン・イーサリアムを購入するのであれば手数料無料、送付手数料無料のビットポイント取引所が断然おすすめです。またアービトラージのことも記載しているので参考にしてください。

米ATMでビットコインキャッシュの取扱いがスタート!

アメリカのATM「Athena Bitcoin」(アセナビットコイン) でビットコインキャッシュ(BCH)の取扱いがスタートしました。※今まではBTCとLTCのみの販売

このATMではクレジットカードは不要で約90秒の作業でBCHを購入することができ、即座にウォレットに着金するようです。

現在は、アメリカの8つの州とメキシコにもAthena Bitcoinは設置されており、随時追加予定とのことです。

ビットコインキャッシュはビットコインから僅か約半年前に分裂して誕生した通貨ですが、日々改良が重ねられており、実際の決済にも使われるようになってきました。

2018年はビットコインキャッシュの飛躍の年になるかもしれませんね(Ü)

ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)の詳細を記載しています。ビットコインキャッシュと中国の関係やBCHの特徴とチャート・相場・レートから見る今後の将来性についても詳しくまとめています。ビットコインキャッシュを購入できる取引所も紹介しているのでBCHに興味を持った方はぜひ参考にしてください。

テックビューロ社の第3期決算公告が話題に!

本日、話題になっていたZaif取引所を運営するテックビューロ社の第3期決算書です。最終赤字が2億4972万円になっていると色々なところで騒がれていました。

一言で2億5千万の赤字と聞くと、「や、ヤバいんじゃない??」って思うかもしれませんが、単にそういったものではないと思います。

一応、私も簿記は持っていて法人の帳簿付けや決算書を作ったことがあるので、ちょっぴりだけ知識はあります。・・・とか言いながら現在の財務諸表や賃借対照表を見ないと分かりませんが、資本金を資本準備金へ振替っておそらくただの節税、、税金対策でしょう。。

しかもこの貸借対照表は約1年前のものなので、今とは大きく状況が異なっていると思います。ハイ。ホントのところは知らんけどね…

ハードウェアウォレットのアドレスに注意!

仮想通貨を購入してから取引所へ預けっぱなしは危険なので、専用のハードウェアウォレットに保管しましょうと今まで何度もお話してきました。

そのハードウェアウォレットへの保管についても、注意が必要です!

本日、DEGさんのパソコンがマルウェアに感染したということで、ご本人がツイートされていました。

こちらでは注意喚起として、ご紹介させていただいてます。

マルウェア感染に注意!

レジャーナノSには問題なく、コンピューター側に仕掛けられたマルウイルスによってパソコンの画面に別のアドレス(攻撃者・ハッカーのアドレス)に書き換えられています。コンピューターが感染しているのであって、レジャーナノSに感染しているわけではありません。

さらに少額の送金ではアドレスが書き換えられず、多額になるとアドレスが書き換わるというかなり悪質な手口です。

引用元:スポーツトレーナー業界で1番仮想通貨にハマっている人のブログ

感染の具体的な経路については不明のようですが、海外のサイト(ICO情報サイト)などにアクセスすると感染することが多いようです。

PCにはウィルス対策ソフトを入れるのは当たり前ですが、常に、スキャンをする習慣も必要なのかもしれません。

追記情報
DEGさんが、今回の件についてご自身で詳しく記事にまとめられているので、レジャーナノSを使用されている方は一度、確認しておいてほうがよいと思います!

DEGさんの記事は下記から確認できます。

ハードウェアウォレットを狙ったマルウェア感染に注意!

保有している仮想通貨一覧

NEMのバイナンス上場の噂のニュースでXEMが上昇するか?…と思ってましたが、そんなに簡単な事ではなかったようです。XEMは変化無し。バイナンスの上場が決定となれば、大きく価格は上がるとは思うのですが。。どうなるでしょうか(・ω・)ノ

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-2月19日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 121 +3.42%
ビットコインキャッシュ BCC 16.37万 +3.42%
イーサリアム ETH 10.19万 +1.39%
アリス ALIS 51.64 -1.06%
ネム XEM 52.01 -3.15%
リスク LSK 2979 +0.33%
ネオ NEO 1.44万 +5.12%
モナコイン MONA 680 +10.75%
仮想通貨総資産平均合計 +2.25%

今月と来月はメジャーな通貨に大きな動きがあるものが多いですね!

イーサリアムクラシック(ETC)やライトコイン(LTC)のハードフォークに、リスク(LSK)のリブランディング、モネロ(XMR)もハードフォークで新しい通貨が誕生するようです。

まぁハードフォークコインは取扱う取引所がなければ無意味ですが…(-ε-;)

匿名通貨のMonero(モネロ)の詳細ページを作成したので、ぜひ参考にしてください(*´꒳`*)

仮想通貨Monero(モネロ/XMR)の詳細について記載しています。モネロのリアルタイムチャートに時価総額に現在の価格、XMRが買える取引所やウォレットも紹介しています。匿名性通貨Moneroの持つ可能性についてぜひ参考にしてください。

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ2月19日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

Binance(バイナンス)のポートフォリオにMonero(モネロ/XMR)が加わりました。もちろん3月のハードフォーク狙いですが、フォークコインが欲しいわけではなく期待値狙いですo(`*ω*´)

そして、いよいよバイナンスのポートフォリオがごちゃってきましたね。。でも検証も兼ねた超少額投資なので、これはこれで良しとしましょう(´∀`)w

それではまた明日☆

コインチェック日本円の出金再開!ミーの仮想通貨最新ニュース【2月13日】

2月13日仮想通貨最新ニュース

2/13はビットコイン価格は下がり気味。本日の仮想通貨ニュースはコインチェック日本円の出金再開!リップル社アラブの送金サービス大手と提携!バイナンス登録者が700万人突破!ビットバンク手数料無料キャンペーン延長!等々をピックアップしています。

2月13日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミーです!昨日上がり過ぎた調整かな…??本日は多くの通貨が前日比マイナス5%~になっています。

仮想通貨価格-前日比-2月13日

ケンケン
またコインチェックに動きがあるみたいだね
ミー
今日から日本円の出金も開始したよ!業務改善命令に係る報告書も提出したようだね
ミー
本日2月13日のニュースはこちら!
2月13日仮想通貨News概要
  • コインチェック日本円の出金再開!
  • リップル社アラブの送金サービス大手と提携!
  • バイナンス登録者が700万人突破!
  • ビットバンク手数料無料キャンペーン延長!
  • Coinmarketcapが日本語対応

コインチェック日本円の出金再開!

先週コインチェック公式より、2/13(火)から日本円の出金を再開するとの発表がありました。

そして本日2/13になり、公式の発表通りに出金が再開され、無事にユーザーの元へ続々と振り込みが完了したようです。

twitter上でも出金/振込み完了報告が多くあげられていましたので一つの目途が立ったのかと少しだけ安心しました。

※なお出金は2/9(金)の出金申請分まで振り込みが完了しているようです

出金だけじゃなく入金するユーザーも!

多くの方が、コインチェックから出金していますが、中にはコインチェックを信じて逆に入金を開始するユーザーもおられます。

リップルでお馴染みの100億さんや、株式の世界でも有名な資産が200億円以上あるといわれているcisさんもコインチェックに入金されています。

有名な方々が公にコインチェックに入金されているところをみると勇気を貰えますね!

またコインチェックは本日、業務改善命令に係る報告書を提出したようです。

⇒ 業務改善命令に係る報告書提出のご報告【公式ページ】

コインチェック追記情報
コインチェックは本日2/13の午後8時から会見を開くようです。内容は、おそらく「業務改善命令に係る報告書提出の報告」だと思われますが、追って情報を更新します。

リップル社アラブの送金サービス大手と提携!

リップル社がアラブの送金サービス大手UAEエクスチェンジと提携を発表しました。

UAEエクスチェンジは、31か国の800の拠点を通して送金や為替両替サービスを提供する国際送金サービス大手で、特に中東やインドにおいて普及している。両替サービスでお馴染みのトラベレックスと同じ株主を持つことでも知られる。

大企業との提携を続々と発表しているリップルに今後も期待したいですね。

ただし、今回の提携は送金システムにXRPトークンを使うわけではないというところに注意です!

リップル社が発行している仮想通貨がXRPで、リップル社=XRPではないのでお間違いなく。しかしリップル社の株が上がれば相対的にみてXRPの価値が上がるのは必然です( ´ω`)(多分ね)

バイナンス登録者が700万人突破!

人気の海外取引所バイナンスの登録者数が700万人を突破したようです。

年末12/28に300万人、1/10には500万人を突破と驚異のスピードです( ゚Д゚)

一時は、アカウント作成が殺到して、新規口座開設を一時停止している時期もありました。

バイナンスはビットコインの取引高も世界トップクラスで、多くの日本人も使っている海外取引所です。

私も以前は海外取引所はBittrexを併用して使用していましたが、現在は取引手数料も安いバイナンス一択です。

バイナンスは世界一の取引所と言っても過言ではないですが、取引所を完全に信用するのは別問題です。コインチェック事件のように多くの通貨が集まる取引所は悪意のあるハッカーの的にもなります。

購入した通貨は専用のウォレットなどに移すなどの自己管理が大切です!

ビットバンク手数料無料キャンペーン延長!

国内の仮想通貨取引所bitbank.cc(ビットバンクCC)で行われている、全ペア手数料無料キャンペーン6月末まで延長になりました!

このキャンペーンは、ビットバンクが仮想通貨交換業登録記念としてBTCXRPLTCETHMONABCHの取引手数料がゼロというありがたい内容です。

当初は3月末までのキャンペーンでしたが、6月末まで延長になったのは嬉しいですね(人´ω`*)

XRPを日本円で購入でき、指値注文さらに取引手数料が無料というのは、世界でビットバンクだけです!

Coinmarketcapが日本語対応

Coinmarketcap-日本語化

仮想通貨の時価総額ランキングなどが見れる仮想通貨総合サイトの「Coinmarketcap」が日本語対応になりました。

⇒ Coinmarketcap

特に日本語化しなくても困るようなところはなかったですが、毎日のように確認するサイトなので、これからも改良して見やすくしていってほしいですね!

保有している仮想通貨一覧

本日は大きな変化は無しです。全体的に前日比-5%~-10%ほどになっているので、比率もほぼ変化無しです。

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-2月12日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 102 -9.32%
ビットコインキャッシュ BCC 13.23万 -5.36%
イーサリアム ETH 9.05万 -3.78%
アリス ALIS 37.07 -14.08%
ネム XEM 54.66 -7.75%
リスク LSK 2788 -7.5%
ネオ NEO 1.18万 -4.96%
モナコイン MONA 450 +2.86%
仮想通貨総資産平均合計 -7.16%

私の所有している通貨はモナコイン以外は前日比マイナスです(・ω・`)

メジャー通貨ではイーサリアムクラシック(ETC)が上昇しています。ETCではエアドロップが予定されているので、このエアドロップの材料が価格上昇につながったものと考えられますね。

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ2月12日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

バイナンス銘柄も軒並み反落していますね。

昨日大きく上がったICXが一番下がっています。上がったものは下がる。下がったものは上がる。。当たり前の原則ですね(‐∀‐;;

それではまた明日☆

【Binance】メンテナンス終了!原因はDDoS攻撃?

138: 仮想通貨の名無しさん 2018/02/09(金) 18:35:57.95 ID:Xdvb+xtF ・コインはちゃんとコールドウォレットに保管して管理 ・2時間ごとに進捗を報告 ・メンテナンスに時間かかったことを...No tags for this post.

【Binance】メンテ延長も軽微な問題な模様

2: 仮想通貨の名無しさん 2018/02/08(木) 17:38:48.46 ID:n3vfCxsV 一応、メンテ延長のお知らせは出てるけど、、、日本語は消えてる。   10: 仮想通貨の名無しさん 2018...No tags for this post.

バイナンス(Binance)がメンテナンスでGOXの噂!?ミーの仮想通貨最新ニュース【2月8日】

2/8は安定した相場になっています。本日の仮想通貨ニュースはBinanceメンテナンスでGOXの噂!?ビットフライヤーが仮想通貨損益計算サービス導入!アンドロイド端末でモネロをマイニング?等々をピックアップしています。

2月8日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミーです!本日は大きな値動きはなく安定相場。ほどんどの通貨が前日比10%以内の動きの中、BCHだけが20%もあげています。

ケンケン
今日はかなり安定した相場になっているね!
ミー
上記のメジャー通貨で大きく下がっている通貨は今のところはないね
ミー
本日2月8日のニュースはこちら!
2月8日仮想通貨News概要
  • BinanceメンテナンスでGOXの噂!?
  • ビットフライヤーが仮想通貨損益計算サービス導入!
  • ビットフライヤーで「SFD」導入!
  • 米コインベースでセグウィットが実装!
  • 米アリゾナ州で仮想通貨での納税が可能に!?
  • アンドロイド端末でモネロをマイニング!?
  • カナダでGoogleの仮想通貨関連の広告禁止!?

BinanceメンテナンスでGOXの噂!?

本日Binance(バイナンス)で12時間にも及ぶメンテナンスが行われています。またバイナンスからはメンテナンス延長のアナウンスがありました。※現在21時点ではまだメンテナンス中のようです。

メンテナンスが延長された理由は、一部データの同期ができておらず再同期するために、膨大なデータ量があり数時間かかるということでした。

ただのメンテナンスのようですが、先日のコインチェックの問題があっただけにメンテナンス中は「このままGOXするのではないか…」と不安の声もあがっていましたね。

先日のコインチェックの問題で、世界中の取引所やユーザーがナーバスになっているのは分かります。しかし不安感に煽られて通常では行わないような行動を取るのは良くないです。

楽観的になり過ぎるのも決して良くないですが、最低限自分でできる通貨の管理をして、常にフラットで冷静な投資判断ができるようにしておきましょう。

私もバイナンスは主要で使っている取引所です。今回のメンテナスの件で、バイナンスが破綻するとは万が一にも思ってはいませんが、取引所はいつ破綻してもおかしくないというのも事実です。

購入した仮想通貨はハードウォレットに移しておくなど、資産管理はご自身でしっかり行いましょう。

仮想通貨のハードウェアウォレットLedgerNanoS(レジャーナノS)の購入方法と注意点について記載しています。日本のECショップ、Amazonやメルカリでも正規品と記載されて販売されていますが、全て並行品でウィルスなどを入れられているリスクがあります。

ビットフライヤーが仮想通貨損益計算サービス導入!

国内取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が「tax@cryptact」の開発・運営を手掛ける株式会社クリプタクトと業務提携を行いました!

tax@cryptactは確定申告で必要になる、仮想通貨の損益の計算ができるサービスです。

2017年度の確定申告は2018年2月16日~3月15日です。ビットフライヤーを使って仮想通貨で大きく利益を出されている方は必ず確定申告が必要になるので、ありがたい対応ですね。

全ての国内取引所でも確定申告用のツールを導入してほしいです。。

ビットフライヤーで「SFD」導入!

ビットフライヤーで、日本時間の2/8(木)AM4時より「SFD」が導入されました。SFDはビットコインの現物とFXの価格乖離の縮小を目的としたシステムです。

当初は1月中に導入する予定だったSFDが延期になっていました。

この価格乖離には大きな不満の声があがっていたので、そういった声をくみ取った対応です。

「少しずつ使いやすい取引所になっていってる」とユーザーからは高評価を受けています(Ü)

米コインベースでもうすぐセグウィットが実装!

アメリカの大手取引所Coinbase(コインベース)で、もう間もなくsegwit(セグウィット)が実装されるようです。

segwit(セグウィット)とは
セグウィットとは取引のブロックサイズを最適化(一部を圧縮)することで、ブロックサイズはそのままで実質的なブロックサイズの上昇につながる技術です。

少し難しい話になりそうなので、超簡単に説明するとセグウィットが実装されるとビットコインの送金の時間が短縮されたり、手数料が下がりより快適にビットコインの送金ができるということです。

ビットコインは最近まで、需要が急激に高まったことによる送金詰まりや手数料の高騰が問題視され多くのユーザーや企業がビットコインから離れていきました。

このセグウィットの導入でそういった問題が解決され、離れていった投資家や企業が戻ってくれることを願います。

ビットコインの送金詰まりが激減

ここ数カ月ずっとビットコインの送金詰まりが多く、送金に時間がかかったり手数料が高いなどと問題視されていましたが、ここにきてビットコインの送金詰まりは約4,400件に!

4,400件って数字だけを見たらまだまだ多いようにも感じますが、以前の送金詰まりがピークの時は何十万件あり、送金したBTCが3日以上~届かないというケースが多くみられました。

今回の送金詰まりが解消されつつあるのは、先日のビットコイン大暴落で「BTCを送金するユーザーが急激に減ったから!?」という声もありますが、確かに一理あると思います。

ビットコインの開発では上記で挙げたようなセグウィットライトニングネットワークという新しい技術で送金詰まりなどの問題を解決しようと日々奮起しています!

私は応援することしかできませんが、ビットコイン本来の『送金が速くて手数料が安い』を取り戻してくれることを信じています(`・ω・´)

米アリゾナ州で仮想通貨での納税が可能に!?

アメリカのアリゾナ州でビットコインで税金を払うことを可能にする法案があげられたようです。

まだ法案があげられただけで何も決まっていませんが、アリゾナ州議員の中では、賛成と反対の意見があるようですね。

もし、アリゾナ州がこの法案を認めた場合は世界初の事例になります。

仮想通貨での納税が、可決するようなことがあればこれは仮想通貨界の大ニュースにもなると思います。世界の先駆けとなって仮想通貨での納税が認められると、仮想通貨の認知度や価値観も大きく変わると思います。

日本でも仮想通貨の納税や税金に対して不安の声や疑問の声が多いので、仮想通貨での納税は是非、是非、是非、可決してほしいと思うのでした。。

アンドロイドでモネロをマイニング!?

またもや、利用端末が知らないうちにマイニングに利用される「クリプトジャック」が起こりました。

今回のクリプトジャックは、スマートフォン、タブレット、テレビ等あらゆる種類のアンドロイド端末に影響があるようで、感染すると勝手にモネロ(XMR)のマイニングをさせられ、単一のウォレットに送られるようです。

感染の拡大のスピートが非常に早く、なんと中国や韓国を中心に既に7000台ものアンドロイド端末に感染したようです。。

なぜモネロ…?モネロといえば匿名性の仮想通貨ですね。よく、マネーロンダリングやダークマーケットの資金としても使われている通貨ともいわれています。

ふむ。やはり犯罪者たちは匿名通貨を好むのか…。でも誤解して欲しくないのは匿名通貨が悪いわけではなく、そういった匿名通貨を使って悪いことをする犯罪者たちが悪いということです。

しかし、匿名通貨は安全性が高くプライバシーが守られるとされる注目度の高い通貨でもありますね!

 クリプトジャックの関連コンテンツ

カナダでGoogleの仮想通貨関連の広告禁止!?

カナダの政府機関がGoogleに対して、ICOなど仮想通貨関連の広告禁止を呼びかけているということです。

こういった広告により、犯罪に巻き込まれる可能性があるのかなどGoogle社と話し合いを行っているようです。

前にも書きましたが、私はむしろ広告禁止には賛成です。正直ICOの精査は非常に難しいです。スキャム(詐欺)のICOでも非常に作り込まれていて、ちょっとした知識ではまったく検討が付かないからです。

本当に良いICOや未来が有望なものは、信頼ある有識者やメディアが自然と取り上げられて広まっていくと思ってます。またそれくらいのマーケティング力がないと、これからは生き残ってもいけないとも思います。

 仮想通貨広告禁止の関連記事

保有している仮想通貨一覧

他の通貨に遅れて本日はBCHが値を大きく戻していますね(´∀`*)BCHだけ取り残されている…と昨日は少し不安になりましたが、良かった良かった♪

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-2月8日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 80 -2.67%
ビットコインキャッシュ BCC 13.37万 +22.53%
イーサリアム ETH 9.07万 +4.96%
アリス ALIS 44.8 +6.02%
ネム XEM 58.9 -4.3%
リスク LSK 2418 +19.9%
ネオ NEO 1.2万 +2.6%
モナコイン MONA 396 -2.2%
仮想通貨総資産平均合計 2.8%

テザー問題が一旦落着したのか、相場に少しだけ活気が戻ってきたように思えます。

あとはコインチェック問題が落ち着くと、、もしかすると一気に上昇気流に乗るかもしれませんね!2月末の相場がどうなっているのか今から楽しみです(*´罒`*)

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

本日の私のBinance(バイナンス)ポートフォリオは、大きな変化はなくヨコヨコです。

バイナンスの中ではDGD、BLZ、TRIGあたりが調子が良く、20%前後前日比がプラスになっているようですね(Ü)

それではまた明日☆

bitFlyerのサイトがダウン中

[box class="red_box" title="2018年1月31日16:51追記"] 現在は復旧しており、ビットフライヤーのサイトへアクセスすることが可能となっています。 [/box]

新たに「LISK」(リスク)の上場を発表したbitFlyer(ビットフライヤー)ですが、現在サイトにアクセスできない状態となっています。

公式に原因は発表されていませんが、新たに上場した通貨「LISK」の購入を求めるユーザーからのアクセス増加による可能性もあり、LISKの人気の高さがうかがえます。

[box class="green_box" title="関連記事"] 【bitFlyerに新規上場!】Liskコインとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリスクの基礎知識! | 海外の仮想通貨ニュース速報 [/box]

リスクが買えるおすすめの海外取引所

LISKは海外取引所では定番で人気の暗号通貨!

LISKをいち早く保有しておきたい人は海外取引所も活用しよう!

Binance(バイナンス)

  • 取引ボリュームが世界第一位モンスター取引所だから流動性が高い!
  • LiskやVergeにETHLend、TRONやAppCoinsなど人気通貨の取り扱いも豊富!
  • Bitcoinからフォークしたコインが必ずもらえる取引所としても有名!
[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]No tags for this post.

Binance(バイナンス)本社が香港から日本に移転はデマ!?ミーの仮想通貨最新ニュース【1月30日】

1月30日仮想通貨最新ニュース-0

1/30のビットコイン価格は下落しています。本日の仮想通貨ニュースはBinance本社が香港から日本に移転はデマ!?SBIVが一部でXRPを販売開始!ドイツ銀行が仮想通貨投資を正規化するガバナンスの仕組み作りに!ビットバンクの資産保管体制公開!等々をピックアップしています。

1月30日の仮想通貨情報(ニュース)

どうもママコイナーのミーです!本日はビットコインが下落気味です。それにつられて他のアルトコインも全面安状態です。

仮想通貨価格-前日比-1月30日

ケンケン
今日はほとんどの通貨の価格が下がっているね
ミー
うん。なんか嫌な雰囲気だね。昨日のテザーの件が影響しているのかな…
ケンケン
おっ!SBIVに何か動きがあったんだね♪
ミー
本日1月30日のニュースはこちら!
1月30日仮想通貨News概要
  • Binance本社が香港から日本に移転はデマ!?
  • SBIVが一部でXRPを販売開始!
  • ドイツ銀行が仮想通貨投資を正規化するガバナンスの仕組み作りに
  • ビットバンクの資産保管体制
  • ユーチューブで無断マイニング!?
  • ハードウォレットの中には通貨はない!
  • BITDAYSで連載記事を開始!

Binance本社が香港から日本に移転はデマ!?

海外で注目度の高いBinance(バイナンス)の本社が日本に移転するという情報が流れました。

え!バイナンスが日本!?と一瞬びっくりするようなニュースでしたが、現時点ではまだ噂の段階でデマの可能性も高いようですね。

中国や香港では規制など反対的な動きが多い等の理由で日本に移転ということかな!?

日本では、改正資金決済法の兼ね合いで新規取引所や新しい通貨の上場のハードルは非常に高いです。また新規通貨の上場は金融庁管轄で厳しいので、どう考えてもあのバイナンス銘柄全ての上場は、現状では到底無理だと考えられます。

そこで、今ある海外のバイナンスとは別に新たな日本でのバイナンスを作り別銘柄を上場させるのでは?という意見も見られました。

とまぁ、現時点での情報はすべて憶測です。実際に何かしらの動きがある場合は公式からの発表があるはずですね。

SBIVが一部でXRPを販売開始!

SBIが手掛ける新たな取引所SBIバーチャルカレンシーがいよいよ動き出しました。

本日1月30日から一部顧客限定でXRPを試験的に販売するとのことです。コインチェックの件もあり、かなり慎重に動いているのかな。

とにかくDMM Bitcoinと同じく、たくさんの期待と注目が集まる取引所になることは間違いなしですミ(・∀・ )彡

またXRPを強く推しているので、XRPの価値や普及がさらに進むということも考えられます!本リリースはまだもう少し先になるので、しっかりとした管理体制のもと運営して欲しいですね。

ドイツ銀行が仮想通貨投資を正規化するガバナンスの仕組み作りに!

ドイツ銀行の最高投資責任者がインタビューで、5~10年以内に仮想通貨投資を正規化するガバナンスの仕組みができる可能性があると述べたようです。

投機的だと判断した投資家だけが仮想通貨へ投資をしている現状を警戒し、仮想通貨投資を正規化することによって、安全性と信頼をつくるとのことです。

こういった前向きな動きもある中、中央銀行であるドイツ銀行の理事が、「世界規模で仮想通貨規制を行うべきだ」とも述べていましたね。

また話は少し逸脱しますが、ドイツ銀行はこの前までは経営不振により破綻の恐れのある銀行とされていました。ドイツ銀行が破綻となれば世界経済に計り知れないほどの影響が出るのは間違いないので、仮想通貨とタッグを組んで双方にとって良い方向に進めてほしいと考えています!

 ドイツ銀行の関連記事

ビットバンクの資産保管体制

先日のコインチェックの事件を受けて、ビットバンクがコインの保管方法(仮想通貨ウォレットの運用体制)について発表しました。

管理体制を明確にして顧客を安心させるのは非常に好感がもてますね。

ビットバンクでは全ての通貨をネットワークから切り離したコールドウォレットを適切に使用し、さらに対応できるものであればマルチシグにも対応しているようです。

マルチシグとは
マルチシグとは簡単にイメージで例えるなら、鍵の数を増やすセキュリティ管理方法で、通常一つの鍵で出し入れができるものに、3重の鍵をかけて1つの鍵を盗まれただけでは、通貨の送金や出金ができないようにする手法です。

今回のコインチェックのNEM不正送金ではコインチェック側で、NEMをマルチシグに対応しておらず、ネットにつないだままのホットウォレットで管理していたことが問題視されています。

全ての取引所や販売所で、通貨の管理体制を今一度見直していくことがこれからもっとも重要視されますね。

ユーチューブで無断マイニング!?

先日のニュースでは、スマホでサイトを閲覧していたら、勝手にそのスマホがマイニングに使われる「クリプトジャック」をお伝えしました。

今度は動画サイトのYouTubeでの動画広告?を視聴するとその視聴しているCPUの電力を使って勝手にマイニングに使用されるというものです。

ユーザーから苦情を受けたGoogleは「2時間以内でその広告をブロックし駆逐した」と発表しているようです。

おいおい、そんな技術があるなら他力本願ではなく、マイニング効率を良くして自分でマイニングしたほうがよいのでは…と思うのでした。

 クリプトジャックの関連記事

ハードウォレットの中には通貨はない!

上記のツイートの反響が多かったようで、ハードウェアウォレットの中に通貨が保存されてると思われている方が非常に多かったです。

たしかに。。。私も初めはハードウェアウォレットの意味も分からず理解ができませんでした。

簡単に説明すると、ハードウェアウォレットそのものに仮想通貨を保存するのではなく、ハードウェアウォレットは秘密鍵の役目を果たしてくれるものです。

見た目がUSBのようなので、感覚的にはハードウェアウォレットの中に仮想通貨のデータが入っているイメージになってしまいますよね。

そして、とても重要なことですがハードウェアウォレットの初期設定では、リカバリーフレーズを書き留める必要があります。このリカバリーフレーズはウォレットが紛失したり、破損した時などに、復元する時に必ず必要になるものです。

ハードウェアウォレットの保管も大事ですが、それ以上にリカバリーフレーズを書いた紙を厳重に保管する必要があります。

ハードウェアウォレットは、ヤフオクやメルカリなどでのネット販売もされていますが、セキュリティの観点から公式から購入する事をおすすめします。新品正規品と書いていても中にウィルスが仕込まれている可能性があります。

正規品というのは、正規代理店が販売しているものだけが正規品です。正規代理店から購入してそのまま転売してもその時点で並行品になり正規品ではありません。

自身の大切な資金を守る為に、徹底的な管理を心がける事が大切ですね。

「BITDAYS」さんで記事連載を開始!

BITDAYS(ビットデイズ)さんで記事の連載を開始しました!

普段、このブログでは書かないような私自身の話などを書いているので、是非遊びに行ってくださいね(*´﹀`*)

今回のテーマは、『簡単な自己紹介と私の投資方法手法と情報収集方法』です!

自己紹介 はじめまして。ママコイナーのミーと申します。 「主婦が仮想通貨で生活する投資ブログ」というブログを運営していますが、タイトル通りなんとか仮想通貨投資で生活できる水準まで到達でしましたので、今回は私の簡単な自己紹介、投資スタイル、仮想通貨における情報収集方法をお伝えしたいと思います。 私は3人の子供と夫の5人家...

保有している仮想通貨一覧

本日は、いつも使っている管理アプリのクリプトフォリオがメンテナンス中ということで、円グラフはなしです。また数字に関しても、クリプトフォリオを参考にして入力していたので、昨日の数字をそのまま使っています。

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

※クリプトフォリオがメンテナンス中なので、本日のポートフォリオはなしです。

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

クリプトフォリオがメンテナンス中のため下記の数字は昨日1/29の数字です。
通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 141 +3.23%
ビットコインキャッシュ BCC 18.38万 -1.1%
イーサリアム ETH 12.95万 +1.45%
アリス ALIS 79.95 -10.3%
ネオ NEO 1.7万 +8.5%
リスク LSK 2479 -3.71%
ネム XEM 102.4 -7.07%
モナコイン MONA 649.5 -4.58%
仮想通貨総資産平均合計 +0.53%

どうやら本日はNEOの調子が非常に良かったようですねヾ(*・∀・)/…今は下がっていますが。。

他の通貨もビットコインに引きずられているので、全面安状態です。昨日のテザー者のUSDTの黒い噂の件が関係しているのか、何やら嫌な雰囲気ですね。。。

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

※クリプトフォリオがメンテナンス中なので、本日のポートフォリオはなしです。

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

本日のBinance(バイナンス)のポートフォリオは、クリプトフォリオがメンテナンス中なので、どうなっているのか不明です(・ω・`)

バイナンスにログインしてみると、BTC建てではGAS/BTCだけが価格を大きく上げていました!GASはNEOのマイニング報酬としての通貨で、NEOを使うためにも使われる通貨です。やはり、最近はずっと言ってますが中華系の通貨が強い…

うん。やっぱり強いですね!!

それではまた明日☆

世界No.1の取引所「Binance(バイナンス)」の登録方法や手数料の評判は?

2017年7月に開設され、登録者数をぐんぐんと伸ばしている中国の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)
1日の出来高が世界1位になり、今一番注目されている取引所です。
9月には日本語も対応され、取り扱っている通貨が77種類と日本の取引所と比べると圧倒的に多くなっています。
また、Binance(バイナンス)はビットコインのハードフォークでコインの付与が期待できる取引所としても注目を集めています。

ビットコインのハードフォーク全てに対応


BINANCE(バイナンス)公式ツイッターのリプライにて「全てのフォークに対応します」とコメントしています。

BINANCE(バイナンス)はこれまでも、直近(11月25日)のビットコインダイヤモンドの付与へ早期に対応したり、ICOによって新たに発生した通貨を取り扱いを開始するのが早い、という理由から世界的に利用者が急増していました。

海外の取引所でありながら日本語と日本円の表記にも対応しているため、日本人にとって利用しやすいのも特徴の一つです。

Binance(バイナンス)とは


Binance(バイナンス)は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所。
9月には日本語の対応も開始し、取扱通貨は77種類と日本の取引所を大幅に上回っています。
一日の取引高が世界1位を記録し、今最も注目を集めている仮想通貨取引所です。
※11月現在

Binance(バイナンス)の登録方法

Binance(バイナンス)は海外の取引所ですが、日本語に対応しており、無料で簡単に口座開設することができます。

こちらでは登録の手順をわかりやすく説明します。

登録画面は日本の取引所と基本同じになっています。

入力する箇所は、
・メールアドレス
・パスワード
・パスワードの確認(上記と同じ)
上記の入力が完了したら『Please slide to verify』を右にスライドし、文字認証をします。
文字認証が完了したら、利用規約に同意し、登録ボタンをクリック。


登録が完了すると↑のメールが届き、『Verify Email』をクリックするとアカウントが有効になるので、ログイン画面でメールアドレスとパスワードを入力してログインすることが出来ます。

ログインするとニ段階認証を設定する画面が出てくるので自分の資産を守るためにも登録しておきましょう。

ここまで完了すると24時間引き出し限度額が2BTCのLv.1アカウントクラスになります。
引き出し限度額を引き上げたい場合は本人確認書類の提出が必要となります。
運転免許証かパスポートが必要になり、自分と本人確認書類が一緒に写った画像をアップロードします。

ビットコインの入金方法

ビットコインの入金は、
『資産』→『預金の引き出し』をクリックすると↓の画面が出てきます。

BTCの『預金』をクリックすると『BTC預金アドレス』が表示されるので、取引所やウォレットから送金します。

送金を確認できれば完了です!

取引方法

取引は左上の『取引センター』をクリックします。

取引画面は『ベーシック』と『アドバンス』の2種類がありますが、注文の仕方は同じなので、自分が使いやすい方を使いましょう。

ベーシック

アドバンス

スマホアプリが使いやすい

Binance(バイナンス)はアプリにも対応しています。
アプリは見やすく、初心者でも扱いやすくなっています。

また、設定画面で指紋認証やパターン認証に対応しているため、セキュリティ面でも安心ができます。

Binance(バイナンス)の手数料

取引所を使う上で気になるのは手数料。
大きな取引をする際はできるだけ安い手数料で取引したいと思います。
Binance(バイナンス)の取引手数料は「0.1%」なので他の取引所と比べて格安設定になっています。
さらに、バイナンス独自の通貨『BNBトークン』払いにすると更に50%オフの0.05%になるので、他の取引所ではありえない安さになっています。
ビットコインを入金したら最初にBNBトークンの購入をオススメします!

他の海外取引所の手数料は↓になります。
・Poloniex 0.15%〜0.25%
・Bittrex 0.25%

ハードフォークでコインが貰える

今後、沢山のハードフォークが予定されているビットコイン。
Binance(バイナンス)は全てのフォークコインに対応予定です。
11月24日のBitcoin Diamond分裂時は預けていたビットコインの10%が付与されました。
12月12日にはSuperBitcoinが付与されました。

ビットコインを持っている人は預けているだけでコインが貰えてしまうので、Binance(バイナンス)の口座を開設しておいたほうがいいですね。

ネットでの反応

まとめ

手数料、使いやすさ、通貨の取扱数、日本語対応、フォークコインの付与とメリットばかりの取引所Binance(バイナンス)
金融庁に登録されている取引所QUOINEと戦略的パートナーシップを締結し、今後は日本での活動にも力を入れていきそうです。
海外の取引所を使ったことがない人や仮想通貨自体はじめての人でも使いやすいBinance(バイナンス)の登録をおすすめします!

バイナンスの次はここ!Kucoin (クーコイン)の登録方法や手数料の評判は?オススメな点を紹介!

2018.01.15

世界No.1の取引所「Binance(バイナンス)」の登録方法や手数料の評判は?仮想通貨比較ちゃんねるで公開された投稿です。