bitflyer(ビットフライヤー)

【画像で解説】bitFlyer(ビットフライヤー)アプリの登録・使い方

亮平
ビットフライヤーアプリの登録・使い方を解説してもらおう!
ペンタごん
スマホ準備OKです!
つぶまめさん
まかせてください!

どうも、つぶまめ(@tsubutsubumame2)です。

今回は、国内最大の仮想通貨取引所『bitFlyer(ビットフライヤー)』アプリの登録・使い方を解説しますね。

 

ビットフライヤーの公式アプリは、初心者も使いやすい親切設計になっています。

また、アプリをインストールしてから実際に使えるようになるまで1分あれば余裕です。

 

 画像入りで徹底的に解説 しているので、初心者の方でも安心してお使いいただけるかと思います。

さっそく、見ていきましょう!

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

1.bitFlyer(ビットフライヤー)アプリの登録・ログイン手順

つぶまめさん
まずはアプリをインストールしましょう!

ビットフライヤーのアプリは画像の通りです。

パッと見て一瞬でわかるデザインですね。

まだインストールしていない方は、こちらからどうぞ。

bitFlyer ウォレット
bitFlyer ウォレット
開発元:bitFlyer, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

そうすると画像左側のように、色々な仮想通貨の価格が出てきます。

まずは右下にあるログインを押しましょう。

 

ログインを押すと、メールアドレスとパスワードを入力する画面になります。

すでに口座をお持ちの方が多いと思いますので、登録したメールアドレスとパスワードを入力して、右上にあるログインボタンを押します。

すでに二段階認証を済ませている方は、ここで二段階認証を行う画面になります。

6桁の認証コードを入力して、右上の完了ボタンを押せば、無事にログインすることができます。

黒く伏せてある部分に、あなたの総資産と日次損益が表示されていればOKです。

総資産と日次損益とは?

総資産は保有している円と仮想通貨の合計額(円ベース)。

日時損益は、前日と今を比較した時の損益を表した数値です。

 

ここまで大体1分あれば余裕でできますね。

非常にお手軽なのが素人の私にもわかりやすくて、とてもいい感じです。

ログインできたら、試しに左上のメニューボタンを押してみましょう。

ちゃんとログインできていれば、黒く潰してある箇所に登録してあるあなたの名前が表示されているはずです。

これでアプリでのログインは完璧ですね!

亮平
ビットフライヤーアプリは使いやすいさに定評があるね
ペンタごん
サクサク進められるぞ

 

2.bitFlyer(ビットフライヤー)アプリのコイン購入手順

つぶまめさん
次はコインを買ってみましょう!

では次に、アプリからコインを購入してみましょう。

ビットフライヤーアプリでは、 『販売所』  『取引所(現状ビットコインのみ)』 2つの形式からコインを購入することができます。

 『取引所』 の方が安く買えるので、ビットコインを買う際には気をつけましょうね。

亮平
『販売所』しか使えないアプリは多いから、ビットフライヤーは素晴らしいね
ペンタごん
ビットコインは『取引所』だね、覚えておきます

>>関連記事:【販売所と取引所の違いは?】ビットコインで必須の知識!【仮想通貨】

 

①『販売所』での購入手順

まずは 『販売所』 ビットコインを購入してみますね。

画像の赤枠で囲われているビットコインの欄を押します。

他のコインを買いたい場合は、他のコインの欄を押せばOKです。

ビットコインの欄を押すと、このような画面に切り替わります。

一番上の数字は、現時点での1BTCを購入するときの価格と、売るときの価格です。

数量も入力して、最下部の「買う」を押せばコインを購入できます。

 

中間部の赤枠のいずれかの数字を押すと、数量に押した分の数字が入力されます。

これらのボタンを押したからと言って、勝手に購入することになったりはしないのでご安心ください。

 

②『取引所』での購入手順

続いて、 『取引所』 も見ておきましょう。

基本は先ほどの 『販売所』 と同じで、価格と数量の入力だけでOKです。

 

板を見ながら、自分が欲しい価格で指値注文しておきましょう。

たったのこれだけでコインを購入することができます。

ログインに引き続き、コインの購入も楽勝ですね!

 

3.bitFlyer(ビットフライヤー)アプリの入金方法

つぶまめさん
アプリからの入金も簡単ですよ!

続いて、ビットフライヤーアプリからの入金方法を見ていきましょう。

ホーム画面から、左上のメニューアイコンを押しましょう。

メニューが出てきたら、その中の入出金を押します。

メニュー内の入出金を押すと、あなたの総資産という画面になります。

ここでは、日本円や各種コインの入出金をすることができます。

試しに日本円の入金を選択してみましょう。

 

左画面のように、まずは日本円を押します。

すると、右画面のように入金・出金のボタンが現れますので、入金を押します。

入金を押すと、画像の左側のような画面になります。

ビットフライヤーアプリからの日本円の入金は、銀行振込かクイック振込から選択できます。

 

銀行振込の場合は、赤枠内を押して進んでいくと、画像の右側のような「お客様専用振込口座」の情報が表示されます。

コインチェックの入金のようなユーザIDを振込名義人に入力したりする必要はないので、そこまでの手間はかかりません。

ちなみに、先ほどの画面でクイック入金を選択するとこのような画面になります。

ただ手数料が高く取られてしまうので、基本的には銀行振込を選択した方がベターです。

今回は日本円入金を試してみましたが、日本円ではなくコインを選択すると送付用QRコードが表示されます。

他の取引所からビットフライヤーアプリへコインを入金する場合は、このQRコードを読み込むか、その下に表示されているアドレスを入力してくださいね。

亮平
アドレスを使う時は、コピペで絶対間違えないようにしよう!
ペンタごん
気をつけます!

 

4.bitFlyer(ビットフライヤー)アプリのチャートの見方

つぶまめさん
アプリのチャートも見ておきましょうね!

それでは、アプリを使って実際のチャートを見ていきましょう。

ホーム画面より、見たいコインを押します。

ここでは、ビットコインで説明しますね。

すると、このような画面になります。

先ほど、コインの購入方法をご説明した際にも出てきた画面ですね。

 

この画面は、左に2回、右に1回スクロールすることができます。

スクロールすることで表示される画面は下記の通りです。

  • 左に1回:折れ線チャート(ローソク足に変更可能)
  • 左に2回:ビットフライヤー内での全注文履歴
  • 右に1回:自分の注文履歴

それでは、まず左に1回スクロールしてみましょう。

左に1回スクロールさせると、折れ線チャートが表示されます。

ここでは、上部の赤枠内のように1時間・1日・1週間・1か月・1年の5パターンの表示方法があります。

それでは、さらに左にスクロールしてみましょう。

元の画面から左に2回スクロールすると、ビットフライヤー内での全取引履歴をみることができます。

また、元の画面から右にスクロールすることで、自分の注文履歴をすべてみることができます。

ちなみに、先ほどの折れ線チャートはローソク足表示に変更することもできます。

変更方法についてもご紹介しますね。

まずは、ホーム画面に戻り、左上のメニューアイコンを押します。

メニューアイコンを押したら、自身の名前が書かれている部分(画像参照)を押します。

マイアカウントという画面になったら、設定を押してください。

マイアカウントで設定という項目を押すと、画像の左側のようにいくつかの設定項目が出てきます。

この中で「UI設定」と書かれているものがあるのでそこを押します。

 

すると、画像の右側のようにローソク足と書かれた項目があるので、これを押せばローソク足に切り替わります。

初心者の方であれば、初期状態の折れ線チャートで良いと思いますが、慣れてきたらローソク足表示に変えることをおすすめします。

 

5.bitFlyer(ビットフライヤー)アプリの便利な機能

つぶまめさん
アプリには便利な機能もあります!

ビットフライヤーアプリには、さらに便利な機能がついています。

ここで、そのご紹介をしていきますね。

 

①Pay

『Pay』では、BTC(ビットコイン)の送金や請求が簡単にできます。

利用する際は、QRコード・メールアドレス・リンク送付の3パターンから使用できますが、送信間違いなどを防ぐという意味でもQRコードを使用した方が良さそうです。

友人間での決済などに使う際に、とても簡単にできるので便利ですよ。

 

②Lightning Web

続いて『Lightning Web』。

ここでは、現物・FX・先物取引といった上級者の方向けの機能が使えます。

ただしこれはアプリ内の機能では無く、ビットフライヤーのHPに繋がるようですね。

 

③お問い合わせフォーム

ビットフライヤーへのお問い合わせや、よくある質問を閲覧することができます。

気軽に問い合わせをすることができるので便利ですね。

ぜひ覚えておきましょう。

 

6.bitFlyer(ビットフライヤー)アプリで設定しておきたい項目

つぶまめさん
大事な二段階認証などを設定しておきましょう!

最後に、ビットフライヤーアプリでやっておきたい設定がいくつかあります。

ここでは、そのご説明もしておきますね。

 

①二段階認証の設定

二段階認証、皆さんはもちろん設定していますよね。

セキュリティ性を高める意味でも必須と言えますので、必ず二段階認証は設定しておきましょう。

 

②画面ロック(Touch ID)

ビットフライヤーアプリは、一度ログインするとログインの状態がそのまま維持されてしまいます。

万が一、iPhoneやスマートフォンを落としてしまった場合に悪用されてしまう可能性もありますので、画面ロックも設定しておいた方が良いでしょう。

 

③通知

初期状態ではビットコインのみが通知されるようになっています。

他にも保有しているコインがある場合には、コチラの設定も変更しておきましょう。

 

7.bitFlyer(ビットフライヤー)アプリの登録・使い方まとめ

つぶまめさん
ビットフライヤーアプリはとっても便利ですよ!

今回は、ビットフライヤーの公式アプリの使い方を解説アプリの登録・使い方してみました。

仮想通貨初心者の方でも、直感的に扱えるようなデザインで使いやすい印象です。

 

また、上級者の方でもシンプル、且つ売買が非常に簡単なので使いやすいアプリだと言えるのではないでしょうか。

まだ使ったことがないという方は、ぜひこの機会に使ってみてください!

寄稿者プロフィール

この記事を書いた人:つぶまめ(@tsubutsubumame2)さん

ブログSunSprout!~略して「さんすぷ」~

酒もタバコもギャンブルもやらないせいで植物系と呼ばれます。最近はランサーズでライター活動にハマってます。

亮平
つぶまめさん、ありがとうございました!
ペンタごん
ビットフライヤアプリ、便利だね!

いかがだったでしょう。

ビットフライヤーアプリは、使いやすさにも定評のある便利なアプリです。

この機会に、ぜひ試してみて下さい!

 

\インストールはこちらから!/

bitFlyer ウォレット
bitFlyer ウォレット
開発元:bitFlyer, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

▼仮想通貨のおすすめアプリ特集はこちらをどうぞ▼

あわせて読みたい

 

bitFlyerがセキュリティー・ファースト主義を発表!信託保全について知っておきましょう。

bitFlyerが「bitFlyer セキュリティー・ファースト」主義を発表

1月30日付けでbitFlyerセキュリティー・ファースト主義という声明を公式にアナウンスしました。

「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義、
及びセキュリティ・顧客資産保護に関する取り組みについて
当社は 2014 年の創業以来、セキュリティ・顧客資産保護を経営上の最優先課題として取り組んでまいりました。引き続き、セキュリティ・顧客資産保護を最優先し、全力で取り組む
ことを表明するとともに、ここに「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義を発表いたします。

また、当社及び当社グループの取り組みの一部を紹介させていただきます。
【「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義】
1.当社及び当社グループは、全社一丸となり最新セキュリティ技術を導入し、お客様にご安心いただけるセキュリティ管理体制を維持し続けます。
2.当社及び当社グループは、顧客資産保護のため必要なセキュリティ対策を策定し実施します。

以下略

https://bitflyer.com/pub/bitflyer-security-first-policy-and-our-measures-for-security-and-customer-asset-protection-ja.pdf

発表の内容をまとめると以下になります。

・セキュリティー面の強化

・保証制度の強化

今回はこの発表を簡単に説明しながら、「信託保全ってなに?」という疑問にも迫りたいと思います。

 

bitFlyerが発表した技術面でのセキュリティー

まず、上の発表ですが、技術面のセキュリティーに関して言われています。

要点をまとめると

  • コールドウォレットの強化
  • マルチシグ強化

どれもbitFlyerではすでに実装されていますが、今後これらを強化していく方針とのこと。特にcoincheckには②のマルチシグがなかったことで話題になりました。

 

あらためて信託保全とは何かを考えてみる

Coincheckはハッキングをうけて自己資金から保有者に返還することを発表しています。

【速報】COINCHECKの580億円(NEM/XEM)の補償が発表されました!詐欺についての注意事項も。

ではbitFlyerの保証制度はどうでしょうか?bitFlyerはもともと三井住友海上火災保険株式会社と信託保全を結んでいます。

信託保全とは要するに取引所が倒産するようなことがあっても「契約を結んでいる銀行が顧客に資金を返済する保険」のようなものです。

 

FXの世界では当たり前の話で、国内のFX業者のほぼすべてが大手のメガバンクと信託保全を締結しています。

bitFlyerも三井住友グループなので、安心はできますね。

ちなみに信託保全をむすんでいるおもな取引所はbitFlyer以外だとBitpointが有名です。

 

その他の取引所の対応はどうなっているのか?

bitFlyer以外の発表ではbitbankがメールでセキュリティーに関してプレスを発表しています。

平素はビットバンクをご利用いただきありがとうございます。

現在、ホットウォレット内の資産比率について、顧客資産がどの程度含まれているのかというお問合わせを多く頂いております。

弊社のホットウォレットには顧客資産は含まれず、自己資産のみの運用となっております。

本件に関しても、金融庁への報告を既に行っております。

当社は、お客様に安心してご利用いただくため、引き続き内部監視を含むセキュリティ強化に務めて参ります。

今後ともビットバンクをよろしくお願い致します。

 

Coincheckの返還の動向も気になりますが、そのほかの取引所のうごきもあわせてチェックしておきたいですね

今後も目が離せない取引所のセキュリティーや保証に関係するニュース

Coincheckの事件以降、仮想通貨保有者の関心は「安全に取引ができるのか?」というところにあると思います。

そんな中、大手のメガバンクなども動いています。

http://bitcoinkiso.com/safety/shintakuhozen.html

出典:やさしい仮想通貨入門

今後は「信託保全」や「保証」、「安全性」といったキーワードを軸にニュースをななめ読みするといいかもしれません。

安全性にかかわる大きいニュースがあれば、仮想通貨の値動きに影響する可能性もあります。取引所の動向、また銀行が仮想通貨に対してどのような動きがあるかは今後も注目しておいたほうがいでしょう。

 

信託保全がある仮想通貨取引所はどこの取引所?

現在、信託保全がある仮想通貨取引所は主に2社です。上でも、お伝えしましたが、bitFlyerbitpointになります。

Bitpointは日本で初めて信託保全をとりいれた取引所です。

ただ、安全性は高いかもしれませんが、弱点なのは取り扱い通貨ペアが少ないこと。ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ、ライトコインの4種類となっています。

ただし、2月にはリップルのトレードも可能になるようです。資金に余裕のあるかたは分散投資として利用するのもありですね。

 

出典:bitpointホームページより

BITPOINT公式サイト

 

信託保全のある取引所を選ぶならbitFlyerが圧倒的におすすめ

もともとcoincheckが取引高1位になるまではbitFlyerが首位を走っていました。今回の騒動でおそらくbitFlyerが返り咲くと筆者は予想しています。

上の発表通り、今後はセキュリティー面も強化していく方針とのことです。さらにはLitecoinが上場するニュースも流れ、今後の動向に目が離せません。

【速報】BitFlyerでLISKが上場!値動きはなんと○○%の上昇。

bitFlyerならセキュリティもしっかりしていて、レバレッジ取引も可能。

まさに取引所戦国時代の天下統一候補です。

口座開設は今後、殺到する可能性もあるので、気になっている方はお早めに登録を。

BitFlyer公式サイト

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

【速報】BitFlyerでLISKが上場!値動きはなんと○○%の上昇。

BitFllyer代表取締役加納氏のTwitterで

1月中に新規アルトコインを導入します。(何かはお楽しみ)

と発言されていたのですが、本日LISKが上場発表されました。

 

BitflyerにてLISK上場の詳細

【リスク(LISK)取扱い開始のお知らせ】アルトコイン販売所にて「リスク(LISK)」の取扱いを開始いたしました。

PC より bitFlyer にログイン後「アルトコイン販売所」から「リスク」のタブをクリックしてお取引いただけます。

発表としては上記となります。

LISKのCEOであるMAX氏も11月に「市場として日本にフォーカスしている」という話がありましたので、その時から話は進んでいたのかもしれません。

 

BitFlyerでLISKが上場して値動きはどうなった?

本日朝に2,400円だったLISKですが、3,500円ほどに暴騰しました。

値動きとしては約60%の上昇となります。

改めて仮想通貨における日本の影響度の高さが伺えました。

今後も日本取引所で上場する噂のある銘柄には注目が必須だといえます。

 

メインシステムのLiskCore1.0リリース間近?

LISKは日々セキュリティや送金スピードの改善のために様々な改修が行われています。

直近の目標としてはLiskCore1.0と呼ばれるバージョンのリリースですが、これがそろそろなのではないかと言われています。

LISK Core「1.0」の最初の1はメジャーアップデートを意味しますので、ようやくスタートラインから走り出すところになるようです。

二桁目の0はマイナーアップデートを表します。ちなみに、現在はVersion0.9.11となります。

 

一部の情報では2017年の末という話もありましたが、現実的には2018年2月中かと想定されます。

実際にGithubのプロジェクト開発進行状況をみてみると

赤枠が1.0の状況になりますが、ほとんどゲージが溜まっており98%くらいまでは来ているのではないでしょうか。

LiskCore1.0のリリースは好材料間違い無しなため、かなりの期待が持てるのではないでしょうか。

 

LISKを買うならどこの取引所?

今回Bitflyerで上場して取扱が始まったLISKですが、取扱のある取引所は以下のようになっています。

日本の取引所

 

海外の取引所

この中ならBitFlyerBINANCEで間違いないでしょう。

BitFlyerは昨日

「BitFlyerセキュリティ・ファースト宣言」

として下記の発表を行いました。

Bitflyerセキュリティ・ファースト宣言

当社は 2014 年の創業以来、セキュリティ・顧客資産保護を経営上の最優先課題として取り組んでまいりました。

引き続き、セキュリティ・顧客資産保護を最優先し、全力で取り組むことを表明するとともに、ここに「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義を発表いたします。

また、当社及び当社グループの取り組みの一部を紹介させていただきます。

続きはこちら

要約すると、コールドウォレットやマルチシグの導入の徹底、更にその他暗号化や社内コンプライアンスの強化と言ったところを強めていくという内容になります。

Coincheckの不正送金を以て発表したものと考えられますが、各取引所のセキュリティが高まるのはユーザーからしても非常に安心できるところになります。

そのため、LISKCore1.0の発表前に仕込んでおくなら一番の選択肢となります。

BINANCEは世界的大手取引所で草コインと呼ばれる様々な銘柄を取り扱っております。

興味がある方は下記の記事をご参考ください。

そろそろBINANCEで草コイン買ってみる?意外と簡単なBINANCEの登録~購入まで解説します。

上場やリリース関連のニュースは仮想通貨界隈では鉄板の好材料なので、チャンスは逃さないようにしましょう。

BitFlyerで仮想通貨取引するならこちら

BINANCEで仮想通貨取引するならこちら

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

【徹底比較】仮想通貨(ビットコイン)取引所のおすすめランキング!

ペンタごん
取引所はたくさんあるけどおすすめが知りたい…
亮平
ランキングで比較するね!

元銀行員ブロガーの亮平です。

今回は おすすめの仮想通貨取引所 を、ランキングで紹介しますね。

『仮想通貨取引所』とは、簡単に言えば仮想通貨の売り買いをするところです。

取引所に登録する事で、仮想通貨を買う事ができるようになると思って下さい。

 

仮想通貨の取引所はずいぶん増えてきて「どこを使うのが良いんだろう…」と悩む事も多いと思います。

この記事を参考に、おすすめの取引所をぜひ使ってみて下さい!

 

0.仮想通貨(ビットコイン)取引所のランキング基準について

亮平
上記の基準でランキングにするよ!
ペンタごん
おぉ分かりやすい!

ランキングは手数料の安さ、使いやすさ(アプリ含む)、銘柄の豊富さ星5段階で評価します。

僕が実際にすべて使っている上での感想を含めてお話しますので、ご参考にして下さい。

 

またその他の特徴として、取引所ごとの特徴(強み)もあわせてご紹介しますね。

それでは、さっそく1位から見ていきましょう。

 

1.Zaif(ザイフ)取引所

亮平
まずはやっぱりZaifだね

第1位はZaif

手数料の安さと積立機能が大きな強みですね。

詳しい紹介については、以下の記事をどうぞ。

>>関連記事:【総まとめ】Zaif(ザイフ)取引所のメリット・デメリット・評判!

 

①Zaif取引所のメリット

ビットフライヤー コインチェック・ビットバンク Zaif
Maker手数料  0.01~0.15%  0.00%  -0.05%
Taker手数料  0.01~0.15%  0.00%  -0.01%

まずはなんといっても、手数料の安さがあります。

主要な仮想通貨であるビットコインを日本円で買うならば取引手数料はなんと-0.05~-0.01%(!)

つまり、手数料がかかるどころか、逆にボーナスが貰えてしまうんですね。

またアルトコイン(ビットコイン以外の通貨)にも 『取引所』 があるのは大きな魅力です。

アルトコインの 『取引所』 があるのは、国内主要取引所ではZaifとビットバンクだけですからね。

>>関連記事:【販売所と取引所の違いは?】ビットコインで必須の知識!【仮想通貨】

そして最大の特徴としては、『Zaifコイン積立』にて自動のほったらかし積立ができる点です。

月1,000円から始められるのでたいへんおすすめですよ。

>>関連記事:『Zaifコイン積立』とは?元銀行員がメリット・デメリット・評判を解説!

 

②Zaif取引所のデメリット

個人的な一番のデメリットとしては、アプリが使いづらい事ですね…。

Zaifは、アプリが使いづらいと以前からよく言われています。

 

ただ普段は積立だけなら、アプリで頻繁に相場を見る事はないのでそこまで大きなデメリットでは無いですよ。

なので、総合的に見て一番良いのはZaif取引所だと思います。

 

2.ビットバンク(bitbank)取引所

亮平
ビットバンクは、手数料の安さが素晴らしいね

第2位はビットバンク

最近、僕もよく使っていますが、手数料の安さが大きな特徴ですね。

これからさらにユーザーが増えていくであろう、おすすめの取引所ですよ。

>>関連記事:リップル・ライトコインの購入ならbitbank(ビットバンク)!メリット・デメリット・評判は?

 

①ビットバンク取引所のメリット

ビットバンクは3月31日まで、取引手数料ゼロのキャンペーンをやっています。

なので、さらに安く買う事ができますね。

取引手数料
ビットフライヤー 割高。『取引所』はBTCのみ
コインチェック 割高。『取引所』はBTCのみ
Zaif 0~0.3%
ビットバンク 0%

国内の主要取引所と比較しても、手数料ゼロはかなり良いですね。

これは大きな強みといえるでしょう。

またビットバンクが好評な理由は、アルトコインで『取引所』がある事です。

アルトコインで『取引所』と聞くと、さきほど紹介したZaifが思い浮かびますね。

 

ただリップルとライトコインはZaifで取り扱いが無いので、リップル・ライトコインの 『取引所』 があるのはビットバンクだけなんです。

しかも、現在コインチェックでリップルの取引ができない事から、国内の主要取引所でリップルを購入できるのはビットバンクだけなのでさらにおすすめですよ。

 

②ビットバンク取引所のデメリット

ビットバンクのデメリットとして、まず取引ペアが限られている事があります。

イーサリアムやライトコインは、ビットコインとしか取引(売買)できません。

 

またビットコインやリップルは、日本円でしか取引できないのです。

このように、ビットバンクは取引ペアが限られているのがやや不便ですね…。

またビットバンクは、コインチェックなどの主要取引所に比べてユーザーが少ないので、売買が成立しにくいと言えます。

ただ、そこまで大きな額で無いなら、取引にさほど問題は無いでしょう。

最後に、ビットバンクはスマホアプリにまだ対応していません。

ネットからアクセスすれば問題なく使えますが、アプリユーザーにはやや不満かもしれませんね。

 

僕のようにPCからしか使わないなら問題は無いですよ。

総合してみると、手数料を安く取引するなら必須の取引所かなと思います。

 

3.ビットフライヤー(bitFlyer)取引所

亮平
次は国内最大手のビットフライヤーだよ

第3位は国内最大手のビットフライヤー

僕も初めての仮想通貨取引所はビットフライヤーでしたが、PCもスマホアプリも使いやすいので初心者にもピッタリですね。

またセキュリティにも力を入れている、安心の取引所ですよ。

>>関連記事:【超まとめ】bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット・デメリット・評判!

 

①ビットフライヤー取引所のメリット

ビットフライヤーの一番のメリットは、なんといっても国内最大の取引所である実績と安心感ですね。

大手金融系を始めとした有名企業も株主に並んでおり、取引所としての充実ぶりが伝わってきます。

また、ビットフライヤーはいち早く補償制度を実施しています。

コインチェックやZaifなど他の取引所は、まだ補償制度は未実施ですね。

  補償制度
 ビットフライヤー あり(ただし円出金のみ)
コインチェック  なし(制度試行自体は発表済)
Zaif  なし 

ユーザーにとって超大事補償制度にいち早く取り組んでくれている点は、大きく評価できると思います。

>>関連記事:【補償制度比較】ビットフライヤー・コインチェック・Zaif【仮想通貨取引所】

 

②ビットフライヤー取引所のデメリット

ビットコインしか取引所がなく、他の通貨を買う際は手数料が高くなりますね。

またビットフライヤーも積立機能はあるのですが、1日の最低購入金額が1,000円からなんですよね…。

これだと、毎日の積立にすると月30,000円程度かかってしまいます。

なので積立をするならZaifの方がおすすめでしょう。

 

総合的に見ると、使いやすさにも定評があり、Zaifと一緒にまず使って欲しい取引所かなと思います。

 

4.バイナンス(Binance)取引所

亮平
海外取引所はまずバイナンスを使ってほしいね

第4位は、海外取引所のバイナンス

海外取引所では、No.1の人気を誇っていますね。

国内取引所に慣れてきたら、ぜひ使って欲しい取引所です。

>>関連記事:【超まとめ】Binance(バイナンス)のメリット・デメリット・評判!【海外仮想通貨取引所】

 

①バイナンス取引所のメリット

ビットコイン アルトコイン
Zaif(国内) -0.05%~-0.01% 0%~0.3%
bittrex(海外) 0.25% 0.25%
Poloniex(海外) 0.15%~0.25% 0.15%~0.25%
バイナンス(海外) 0.1% 0.1%

Zaifやビットバンクと同じように、バイナンスの手数料も安い事で人気です。

バイナンスはなんと全銘柄0.1%と驚きの水準です

他の海外取引所より安いのも、大きな特徴ですね。

またバイナンスで取り扱っている銘柄(コイン)100種類以上とたいへん豊富です。

国内取引所で仮想通貨銘柄が豊富と言われているコインチェックでも10ちょっとなので、バイナンスははるかに多いですね。

 

②バイナンス取引所のデメリット

国内取引所だと、日本円を入金して仮想通貨を買うという流れになりますね。

バイナンスのような海外取引所だと、日本円の取り扱いが無いので、国内取引所からビットコインやイーサリアムをバイナンスに入金(送金)して使用する事になります。

 

出金の際も同様で、国内取引所を経由して日本円に換える必要がありますね。

慣れるまでは、正直ちょっと面倒です。

 

また、日本語対応もしなくなってしまったので、やや使いづらくなってしまいましたね。

以前までは日本語対応していたので、今後の改善に期待しましょう。

海外取引所を使うなら、まずはバイナンスから始めるのがおすすめですよ。

 

5.DMM Bitcoin(DMMビットコイン)取引所

亮平
DMM Bitcoinでレバレッジ取引にもチャレンジしてみよう

続いて、大手企業DMM.comがスタートさせたDMM Bitcoin

アルトコインのレバレッジ取引に唯一対応しているだけでなく、アプリの使いやすさにも定評がありますよ。

>>関連記事:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判・メリット・デメリットは?レバレッジ取引におすすめ!

 

①DMM Bitcoin取引所のメリット

DMM Bitcoinの一番の特徴は、アルトコインでのレバレッジ取引ができる点ですね。

レバレッジ取引自体はビットフライヤーGMOコインでもできるのですが、どちらもビットコインだけとなっています。

亮平
スマホアプリも使いやすいよ!

DMM Bitcoinのスマホアプリは、かなり使いやすいと思います。

チャートを見るのはもちろん、取引までもスマホ一つでできるのも便利ですね。

今なら登録すると、1,000円がもらえるキャンペーン中ですよ。

 

②DMM Bitcoin取引所のデメリット

DMM Bitcoinは 『取引所』 形式が無く、 『販売所』 形式を使うしかありません。

なので、取引による手数料がやや高いと言えるでしょう。

またDMM Bitcoinのレバレッジ取引は、スプレッド(売値と買値の差の事で、実質的な手数料)が広くて手数料が高いと言われています。

これはややネックですが、アルトコインが大幅に値動きする時を狙うなら、チャンスはあると思います。

仮想通貨取引に慣れてきたら、レバレッジ取引にも挑戦してみると良いですよ。

 

6.【登録停止中】コインチェック(coincheck)取引所

亮平
レバレッジ取引はスプレッドが広いから手数料が高いと言えるね

現在は登録停止してますが、コインチェックについても書いておきます。

使いやすさ、スマホの見やすさ、銘柄の豊富さなどで総じて評価の高い取引所だと思います。

アルトコインの手数料がやや高いのがネックですが、今後の取引再開に期待して待ちましょう。

>>関連記事:【超初心者向け】coincheck(コインチェック)のメリット・デメリット・評判!

 

7.使う取引所を増やしていくおすすめのステップ

ペンタごん
取引所はどんな順番で使っていけばいい?
亮平
このステップをおすすめするよ!

初心者の方は、まずZaifビットフライヤーで始めていきましょう。

リップルやライトコインなどが欲しくなった際には、次にビットバンクも使い始める。

 

そして国内取引所に慣れてきたら、バイナンスにチャレンジしてみましょう。

最後に、レバレッジ取引がしたければDMM Bitcoinを使う…というイメージですね。

ただどの取引所も本人確認に時間がかかるので、登録だけは早めに済ませておく事をおすすめします。

 

8.【徹底比較】仮想通貨(ビットコイン)取引所のおすすめランキングまとめ

ペンタごん
仮想通貨取引所のランキングがよくわかったよ!
亮平
おすすめの取引所をぜひ使ってみよう!

いかがだったでしょう。

今回ご紹介したのは、すべて僕が普段から使用している取引所です。

自信を持っておすすめできるので、ぜひ使ってみて下さい。

 

一つの取引所のみを使っていると、何らかのトラブルで使用できなくなった際に困ってしまいます。

そうならないためにも、いつでも複数の取引所を使えるようにしておきましょう!

今回紹介した取引所ランキング

第1位⇒Zaif:手数料の安さ、積立機能が魅力

第2位⇒ビットバンク:手数料の安さ、リップルの購入におすすめ

第3位⇒ビットフライヤー:最大手取引所。使いやすさと補償制度が特徴

第4位⇒バイナンス:海外取引所No.1で、取り扱い銘柄も豊富

第5位⇒DMM Bitcoin:アルトコインのレバレッジ取引に唯一対応

 

▼各取引所の登録手順へ進みましょう▼

あわせて読みたい

【ライトコインの買い方・購入方法】取引所はビットバンクがおすすめ!

ペンタごん
ライトコインってどこで買えるの?
亮平
おすすめの買い方を紹介するね!
 ライトコイン(Litecoin) を知っていますか?

ビットコインが金なら、ライトコインは銀といわれる注目のコインです。

(『ビットコイン投資やってみました!』P.101より

過去にビットコインが暴落した際にも、ライトコインが代わりに値上がりするなど人気を集めてきました。

ビットコインよりも機能性に優れ、期待されているコインなのです。

今回は、そんなライトコインの買い方と取引所を紹介しますね!

 

1.ライトコイン(LTC)とは?

ペンタごん
そもそもライトコインってなに?
亮平
分かりやすく説明するね!

 

①ライトコインは『銀』に例えられるコイン

亮平
ビットコインが『金』、ライトコインは『銀』と例えられているよ!

ライトコインは、元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏によって開発されたコインです。

送金速度が速いなど実用性の高さが特徴で、ビットコインの問題点を改善した通貨として注目されました。

通貨としての特徴はビットコインと似ている事から、ビットコインが『金(デジタルゴールド)』と例えられるのに対し、ライトコインは『銀』と例えられています。

(『ビットコイン投資やってみました!』P.101より

ライトコインは日本でも人気が高く、大手取引所のコインチェックやビットフライヤーにも上場しています。

そのためアルトコイン(ビットコイン以外の通貨)の中でも注目度が高いですね。

 

ライトコインの発行数量は8,400万枚と限度が決まっています。

ビットコインの発行数量は2,100万枚なので、ライトコインの方が流通するコイン量が多く、より安く安定して取引ができると言われています。

まさしく、『金』より安定感のある『銀』を目指しているというわけですね。

 

②ライトコインの特徴は送金速度の速さ

亮平
ライトコインの送金速度の速さで人気だよ!

ライトコインの大きな特徴は送金速度の速さです。

送金が速いといえばリップルが有名ですが、ライトコインも負けてはいません。

現在、仮想通貨での支払い手段としてはビットコインが普及していますが、送金速度の速さなどによりライトコインが代わる日も近いか…とまで言われています。

ライトコインの実用性が高まり、さまざまな決済に使えるようになるとさらに注目されていくでしょう。

 

③SegWit(セグウィット)を実装済み

(『ビットコイン投資やってみました!』P.93,94より

亮平
ライトコインは、『Segwit(セグウィット)』も実装済みだよ

ビットコインの『スケーラビリティ問題』は、あなたも聞いた事があると思います。

上記の絵がたいへん分かりやすく、簡単に言うとユーザーの増加につれ取引も増えて、送金に時間がかかるようになってしまったのですね。

 

その解決策として、取引データを圧縮するSegwitという方法が注目されるようになりました。

ライトコインは、このSegwitをいちはやく実装している点も、大きく評価されているのです。

 

2.ライトコインのチャートは?

ペンタごん
おぉ、すごい!
亮平
2017年の12月にも大きく値上がりしたね

ライトコインは、しばしば大きく値上がりを見せています。

支払い手段に採用されるというニュースや、開発者のチャーリー・リー氏がメディアで発言する事で高騰しているようですね。

ビットコインとの大きな違いとして、ライトコインは開発者がはっきりしているので、チャーリー・リー氏の動向を見るのがポイントになってきます。

ライトコインの普及に向けて積極的に活動されているので、ぜひチェックしてみましょう。

 

3.【ライトコインの買い方・購入方法】取引所はコインチェック・ビットフライヤーよりビットバンクがおすすめ!

ペンタごん
よし、僕もライトコインを買うぞ!
亮平
ビットバンクが安く買えておすすめだよ!

ライトコインは、国内の仮想通貨取引所だとコインチェックビットフライヤービットバンクで購入ができます。

ただコインチェック、ビットフライヤーだと手数料が高いので安く買えるビットバンクがおすすめですよ。

理由もあわせて説明していきますね。

 

①ビットバンクは、ライトコインなどアルトコインの『取引所』がある

亮平
ビットバンクには、ライトコインなどアルトコインの『取引所』があるよ!
ペンタごん
『販売所』、『取引所』のやつだね!

 

①-1 『販売所』、『取引所』とは?

亮平
まずは、『販売所』と『取引所』のおさらいをしておこう

仮想通貨取引所では、基本的に仮想通貨を買う方法は2つあります。

  • 販売所:コインチェックやビットフライヤーといった 販売元から、直接買う 

コインチェックやビットフライヤーといった販売元から、直接買うところが 『販売所』 です。

これはシンプルで、イメージしやすいですね。

  • 取引所『板』を利用し、 他のユーザーから買う 

もう一つが、 『取引所』 

株式の売買に使われる『板(いた)』の、仮想通貨バージョンです。

亮平
『板』は、パっと見難しそうだけど、実はとても簡単だよ

簡単に言えば、「この値段で売りたい(買いたい)」という注文が並んでいるのが『板』です。

左側の青枠の数字が大きければ、売りたい人がたくさんいて、右側の赤枠の数字が大きければ、買いたい人が多い、というわけですね。

 

①-2 仮想通貨を安く買うなら、『取引所』を使おう

亮平
『取引所』の方が、仮想通貨を安く買えるよ!

これがとても大事なのですが、仮想通貨を安く買うなら、『取引所』を使うのがベターです。

『販売所』はどうしても、販売元に手数料が多くとられてしまうんですね。

試しにライトコインを買う際の、 ビットフライヤーの『販売所』  ビットバンクの『取引所』 の価格の差を見てみましょう。

  •  ビットフライヤーの『販売所』 :1LTC=21,405円
  •  ビットバンクの『取引所』 :1LTC=20,990円
ペンタごん
ビットバンクの方が安いね!
亮平
ライトコインを買う時は、ビットバンクで『取引所』を使おう!

上記の通り、 ビットバンクの『取引所』 の方が安く買えます。

ただし、ビットバンクはビットコイン(BTC)でしか買えないので、日本円で買いたい場合はビットフライヤーが良いでしょう。

>>関連記事:【販売所と取引所の違いは?】ビットコインで必須の知識!【仮想通貨】

 

4.ライトコインの今後の予想は?

ペンタごん
ライトコインの今後の予想は?
亮平
実用化が一番のポイントになるだろうね

今回お話した通り、ライトコインは送金速度の速さなどで優れています。

なので、今後は支払いなどの決済により使われるようになり、実用化が進んで行く事が重要なポイントになる事でしょう。

 

機能としては優れているものの、まだ知名度がそこまで高くないため、さらに使われるようになれば値上がりの可能性は十分あると思います。

ライトコインの将来性に期待しましょう。

2月5日追記。

ライトコインで決済できる『LitePay』のプロダクトが、Litecoin財団から発売する予定が発表されました。

すでにライトコインは値上がりを見せており、大きな注目をあびています。

>>参考:LitePay端末の発売発表によりLTC(ライトコイン)価格が高騰中!(外部リンク)

 

5.ライトコインの買い方・おすすめの取引所と購入方法まとめ

ライトコインの買い方・おすすめの取引所と購入方法まとめ
  • ビットコインの『金』に対して、『銀』と例えられている
  • 送金速度の速さが特徴で、Segwitにも対応済!
  • 開発者であるチャーリー・リー氏の動向にも注目
  • おすすめの買い方は、ビットバンクの『取引所』!
  • 今後も、さらなる実用化によって期待できる!
ペンタごん
ライトコインがよくわかったよ!
亮平
さっそく手に入れてみよう!

いかがだったでしょう。

ビットコインに代わり、ライトコインが普及する日も来るか…と個人的に期待しています。

 

いくつか仮想通貨を所有するなかで、ポートフォリオにライトコインを組み込んでおくのもおすすめですね。

さっそく、あなたもライトコインを購入してみましょう!

 

\今ならキャンペーン中!/

 

▼ビットバンクの詳細は、こちらからどうぞ▼

あわせて読みたい