BITPoint

No tags for this post.

ビットポイントで「3,000円相当のビットコイン」貰えるクリスマスキャンペーンが期間限定で開催中!

国内の仮想通貨取引所「ビットポイント」で、新規登録者を対象としたプレゼントキャンペーンが開催中です。

ビットポイントで「ビットコインが貰える」クリスマスキャンペーンが開催中!

[campaign-bitpoint] [ex-jp-BITPoint] [kanren postid="743"] [kanren postid="3774"] [kanren postid="3632"] [kanren postid="3690"] [kanren postid="3098"]No tags for this post.

仮想通貨取引所を徹底比較!お得な5社をランキングで紹介

仮想通貨取引所を選びたいけど、どこを選べば良いかわからない… できるだけお得な仮想通貨取引所を選びたい… 仮想通貨初心者の場合、まず最初に迷うのが取引所選びではないでしょうか? 2018年11月現 ... No tags for this post.

仮想通貨取引所はいくつ作るのがオススメ!?【2018年最新版】

本格的に盛り上がりを見せている仮想通貨市場。 それに伴うハッキング事件なども増えており仮想通貨取引所自体の運営体制においても重要視されるようになりました。 ユーザーはひとつの取引所で運用するのではなく、複数取引所で運用す ... No tags for this post.

3,000円分のビットコインが貰える!ビットポイントの「オータムキャンペーン」開催中!

国内の仮想通貨取引所「BITPoint」(ビットポイント)で開催されているオータムキャンペーンの終了が迫ってきました!

ビットポイントで「ビットコインが貰える」オータムキャンペーンが開催中!

[campaign-bitpoint] [ex-jp-BITPoint] [kanren postid="743"] [kanren postid="3774"] [kanren postid="3632"] [kanren postid="3690"] [kanren postid="3098"] No tags for this post.

ビットポイントのスプレッドとは?その他手数料を徹底検証!

スプレッドってなんなんだろう? ビットポイント はスプレッドが高いというけど、本当なのかな? とお考えではありませんか? ビットポイント (BITPoint)は、最大25倍のレバレッジ取引ができるとして知られる国内取引所 ... No tags for this post.

どこが一番安い?仮想通貨取引所のスプレッドを徹底比較

FX(為替証拠金取引)の経験がある人には馴染みがある「スプレッド」は、仮想通貨を取引する人にとっても必ず知っておかなければならない重要な仕組みです。 取引所を選ぶ上においても、スプレッドは重要なポイントで、スプレッドをよ ... No tags for this post.

ビットポイントが破格のキャンペーン実施中!応募方法は?

BITPoint(ビットポイント)はサッカー日本代表の本田圭佑選手をイメージキャラクターに起用し、人気急上昇中の取引所です。 「取引手数料」と「入出金手数料」が無料で、コスト面でも優れているため注目度が高まっています。 ... No tags for this post.

RippleとR3社が和解!内容は非公表もXRPの盛り上がりに期待!

係争中だったR3とRippleが和解したと発表されました。

R3社が提訴を取り下げて和解

Business Wireによると、国際的送金技術を開発・提供しているRipple Labs Inc.,が9月10日、以下の様な声明を発表しました。

R3 HoldingCo LLC、R3 LLC、Ripple Labs Inc.およびXRP II、LLCは、両当事者間のすべての未解決訴訟の和解に達したことを発表します。
和解条件は非公開にとどまり、双方はこれらの争いを過去のものにできることを喜んでいます。

R3 HoldCo LLC, R3 LLC, Ripple Labs Inc. and XRP II, LLC announce that they have reached a settlement of all outstanding litigation between the parties. The terms of the agreement will remain confidential and both sides look forward to putting these disputes behind them.

係争の原因は出資に関する事前合意の履行

リップル社とR3社との間で2016年9月になされたとする合意の中で、R3社が0.0085ドルで50億XRP購入することができる権利をリップル社が一方的に破棄したことが原因とされています。
2018年9月11日現在のXRP価格は約0.25ドルですから、日本円にすると1千億円を優に超えるほどの価値となります。

リップル社はR3社がこの契約を履行するための条件に当てはまっていないとして、互いが互いを提訴するという状況になっていました。
先述の様に和解に至った条件(合意内容)は不明ですが、問題がクリアになったことはシンプルに喜ばしく、XRPの価値上昇に繋がるかが期待されます。

XRP買うならBITPoint!!

[ex-jp-BITPoint] [kanren postid="4013,538,3774,239"]No tags for this post.

Ripple社COOが100社以上の企業との契約締結を発表!

Ripple社の共同設立者兼COO(最高執行責任者)であるChris Larsen(クリス ラーセン)氏が、同社がすでに100以上の企業との契約を締結し、準備は整っていると述べました。

100以上の企業との契約締結とその意味

アメリカメディアのTHE DAILY HODLによると、この発言はChris Larsenが2018年9月5日から7日に渡って米カリフォルニアで行われた「クリプト・ファイナンス・カンファレンス」にて講演者を務めた際のものです。

この発言は、契約を結んだ企業たちがリップルの技術をテストするだけでなく、将来的にリップルによる製品を商業的に統合、利用していくことに同意したことを意味しています。

Ripple社CEOのBrad Garlinghouse(ブラッド ガーリングハウス)氏は以前より1週間に1社のペースで銀行との契約を進めていることを明らかにしていました。

私たちにとって、信じられないような2018年でした。
現在、1週間に1つの銀行と契約を結んでいます。
私たちはクエートで最大の国立銀行(National Bank of Kuwait)と契約したことを発表しました。

そしてもし[Ripple]が勢いを増し続け、ダイナミックにネットワーク効果がある場合は、参加者が多いほど、参加する価値は高くなります。
我々は今その勢いが構築されていくのを見ているところです。
It’s been an incredible 2018 for us. We’re now signing up one bank to a production contract per week. We announced that we signed the largest bank in Kuwait, the National Bank of Kuwait, so if [Ripple] continues to build momentum and the dynamic there is the network effect.

The more participants, the more value in joining. So we’re seeing that momentum build.

Rippleは現在、XRPの総供給量の60%を所有しており、その投資額の91%がエスクロー(預託)されています。

リップル買うならビットポイント

[ex-jp-BITPoint]No tags for this post.

グーグルが「BigQuery」でイーサリアムの分析を可能に!

Googleは自社で提供しているビッグデータ分析プラットフォーム「BigQuery」で、Ethereumの解析を可能にしたと発表しました。

分析プラットフォーム「BigQuery」で、Ethereumの解析が可能に

アメリカ時間の8月30日、Googleは自社のブログ上において、「BigQuery」内でEthereumのブロックチェーン解析に対応したことを発表しました。

GoogleはCloud上でEthereumのブロックチェーンを公開した理由について、以下のように述べています。

Ethereumブロックチェーンのピアツーピアソフトウェアは、トランザクションの状態の確認、ウォレットとトランザクションの関連付けの検索、ウォレットの残高の確認など、一般的に使用されるランダムアクセス機能のサブセット用のAPIを備えていますが、チェーン上に保存されたすべてのデータに簡単にアクセスできるようなAPIエンドポイントが存在していません。

さらに重要なことは、ブロックチェーンデータを集約して表示するためのAPIエンドポイントも存在しないことです。
While the Ethereum blockchain peer-to-peer software has an API for a subset of commonly used random-access functions (for example: checking transaction status, looking up wallet-transaction associations, and checking wallet balances, for example), API endpoints don’t exist for easy access to all of the data stored on-chain.

Perhaps more importantly, API endpoints also don’t exist for viewing the blockchain data in aggregate.

可視化されたブロックチェーンデータに、簡単にアクセスできるようにすることが目的としています。

BigQueryでできること

BigQueryとはビッグデータの分析ツールで、今回Ethereumブロックチェーンの分析が可能になったことにより、以下のようなことに役立つとしています。

[aside type="boader"]

  • イーサリアムアーキテクチャの改善における優先度の決定
[/aside] トランザクションやウォレット残高などの情報へ簡単にアクセスできるようになることで、ブロックチェーンの懸念点の発見や改善における意思決定に役立ちます

例として、1日におけるEther転送および平均取引コストを示す集計チャートが以下のように可視化されます。

データの更新は毎日なので、常に最新の情報を確認することができます。
またブログ上では、以下のような新機能の使用例も提示されています。
[aside type="boader"]

  • イーサリアムトランザクションがどのアドレスで多く行われているかわかる
[/aside] イーアリアムのブロックチェーンは主にデジタルトークンの取引に利用されています。
そこで、1番行われている(人気のある)スマートコントラクトを調べることができます。

ちなみに上記の最も人気のあるトランザクションカウントによるスマートコントラクトは、イーサリアムを使用したゲーム「CryptoKitties/クリプトキティ」(0x06012c8cf97bead5deae237070f9587f8e7a266d)です。

さらに、最低10個のCryptoKittiesを所有するアカウントでは、CryptoKittyの系図を以下の図のように視覚化することができます。
色は所有者を表し、サイズは各CryptoKittyのPageRank(生殖適合度)を表します。

この他にもスマートコントラクト機能の解析やトランザクションボリュームやネットワークの解析が可能です。

Ethereumのブロックチェーンデータは、分析ツールであるBigQueryで探査できるようになりました。
履歴データはすべてethereum_blockchainデータセットにあり、毎日更新されます。

また、GitHubのEthereum ETLプロジェクトには、Ethereumブロックチェーンからデータを抽出し、BigQueryにロードするためのすべてのソースコードが公開されています。

Ethereumを買うならBITPoint!

[ex-jp-BITPoint]No tags for this post.