Brave

No tags for this post.

コインチェックがベーシックアテンショントークンの取扱いを開始

要点

・コインチェックが7月21日から、ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)の取扱いを開始することが正式に発表されました。
・コインチェックでは現在いくつかのセクションに手新たな人材を募集しています。

コインチェックがBATの取扱いを開始




(画像引用先 Coincheck Press)


コインチェック株式会社(東京都渋谷区/蓮尾 聡代表取締役)が、自社仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)で、7月21日よりベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)の取扱い開始する事を正式に発表しました。

BATは21日12時頃より取扱い開始予定で、これにともない
・Coincheck(WEB)およびCoincheckアプリにおける送金・受取・購入・売却
・Coincheck貸仮想通貨(WEB)
・Coincheckつみたて(WEB)
でもBATの取引が開始されます。

なお、Coincheckでは取扱い開始直後について、取引の集中が予想されることから、価格が不安定になる恐れがあると注意喚起しているほか、システム、その他の事情により、取扱い開始時間が変更になる可能性もあるとコメントしています。
なお、取扱い開始予定時刻より早くBATが表示される可能性があるものの、検証などが終了するまでは取引自体はできないとしています。

BAT取引が可能になった時点でCoincheck公式ブログおよびSNSにて案内するとのこと。

今回のBAT上場により、取扱い銘柄が全13種類となり、国内仮想通貨取引所としては最多銘柄取扱いとなります。

ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)とは






ベーシックアテンショントークンは、2017年5月にBrave Software, Inc. によって公開されたトークンです。

イーサリアムブロックチェーン上に構築されたERC20トークンとして発行されており、コンセンサスアルゴリズムにPoW(Proof of Work)を採用し、上限発行枚数1,500,000,000 BAT、現在1,481,012,637 BATが市場で流通しています。時価総額41,467,522,161円、CoinMarketCap時価総額ランキングでは33位(2020年7月15日時点)にランクしています。

ブロックチェーンを基盤とするDappsの特性を生かした“透明性の高いデジタル広告取引の実現”を目指に開発された次世代ブラウザー「Brave」にて、パブリッシャー、広告主、ユーザーの三者が利用できる新しい種類のユーティリティトークンとして誕生しています。

コインチェックで働く!?






現在コインチェックでは、6月末頃より、いくつかの部門で人材の募集が行われています。

暗号資産のノード運用を支える、ホットウォレット開発担当の人材募集のほか、Coincheckの内部監査室で、Fintech業界の新しいGRCの確立を目指すべく、システム監査担当の募集人事部採用担当の人材募集も行われています。

仮想通貨業界でバリバリ働きたい!そんな方は是非、応募されてみてはいかがでしょうか。


取扱い銘柄が12銘柄と、国内仮想通貨取引所の中でも虎使い数が多く、270万ダウンロードで人気No.1の人気アプリが使いやすいと評判のコインチェックは、関東財務局長 第00014号 平成31年1月11日登録済みの仮想通貨取引所です。

初心者ユーザーが利用しやすいと評判のアプリや取引所サイトを使って、仮想通貨売買を簡単取引きできるほか、毎月一定額を自動で積み立て、安定した仮想通貨投資ができる「Coincheckつみたて」など、他の取引所にはないサービスを提供しているCoincheckで新規口座の開設をしてみてはいかがですか。


コインチェック(Coincheck)の公式サイトはこちら!


国内最多の13種類の仮想通貨が取引可能なcoincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインを始め、13種類の仮想通貨が取引できるcoincheck(コインチェック)は誰でも簡単・安心に購入することができる仮想通貨取引所です。
スマートフォンのアプリにも対応しており、誰でもひと目見てわかりやすい取引ができるのが特徴です。

また、最短10分で購入でき、入金手数料も無料で利用することができます。
そのため、初めてビットコインや仮想通貨を購入する人には一番オススメできる仮想通貨取引所です。



Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

次世代型ブラウザのBrave(ブレイブ)が招待リンクへ自動変換していた!

要点

・次世代型ブラウザのBraveが招待リンクへ自動変換していたことが発覚
・Brave がe-スポーツチーム「ラッシュゲーミング」と韓国アイドルBTSとの提携を発表

Braveが招待リンクへ自動変換していた

プライバシーを重視していることで知られる次世代型ブラウザのBraveが、URLを入力した際、ユーザーの知らないうちに、招待リンク(アフィリエイトコード)へ自動変換されていたことが、ユーザーからの指摘によって発覚しました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

(日本語訳)
あなたがBraveブラウザで「binance.us」と入力すると、バイナンスのあふぉりエイトプログラムである「binance.us/en?ref=35089877」へリダイレクト(自動変換)されてしまいます。

 

 

 

この指摘に対してBraveの創業者兼CEO(最高経営責任者)であるBrendan Eich(ブレンダン・アイヒ)氏がTwitterで

https://platform.twitter.com/widgets.js

(日本語訳)
私たちは間違いを犯し、修正しています。Binanceのアフィリエイトですが、アドレスバーの「http://binance.us」をそのままの自動変換されるべきではありません。新たなタブページでは、オプトイン取引ウィジェットを介してユーザーを紹介しますが、(今回のように)オートコンプリートによってコードが追加されることはありません。

 

と回答し、修正を実施する事をにおわせているものの、いつ修正が実施されるかについてはTwitter上では明言しませんでした。

 

CEO自らTwitter上で今回の件を明かす

 

今回、Braveが招待リンクへ自動変換していた件で、EichCEOは、Twitter上で解決策も提示しています。

主な解決策は2点。

ドメインのデフォルトのオートコンプリートは何も追加しない
・プライベートクライアント側(HTTPS Everywhereタイプの純粋な勝利を除く)でも、ユーザーを不適切なサーバーリダイレクトの影響を受けないように調整する
としています。

Braveの収益について同CEOは、Braveはユーザーに支払う広告により、ユーザーを最優先するビジネスを構築しようとしている。
収益は広告報酬以外に、ゲーム内のスキンアフィリエイト収益も求めるが、すべての主要なブラウザーと同様に、検索収益の取引も含まれ、これらをうまくやっていくことで、BraveユーザーはBraveが生きることを望んでいルト語っています。

 

Twitterの中で同CEOは終盤に、入力されたURLは何も追加せずに指定されたドメインに移動する必要があり、間違いであった事をお詫びするとともに、すばやく修正することを約束しています。

さらに、多くのユーザーが今回の件を“Braveがページ内のリンクを書き換える”と誤解しているようだとしています。
これについて、私たちはそのようなことをしたことはなく、ページはめ込みリンクの書き換えはないとコメントしています。

 

これについては、BraveTOPページに、アフィリエイトコードを追加するオートコンプリートのデフォルトを無効にする設定があり、現在の計画では、デフォルトをオフに切り替えたりできるようになるとしています。

 

Braveがアジアで大人気BTSと提携を発表

 

日本経済新聞社電子版の報じた内容によると、Braveを提供するブレイブソフトウエア(アメリカカリフォルニア州)は、e-スポーツチームのラッシュゲーミングや韓国男性アイドルグループBTS(防弾少年団)と連携し、限定ブラウザを提供する事を発表しました。

 

これは日本国内では初の取り組みで、e-スポーツにかんしてはユーザーがBraveで広告を閲覧するとポイントを得られ、支援につながる仕組みです。

 

なお、BTSに関しては現在のところ、Braveを通してのみBTS MUSIC JOURNEY前編の視聴ができるようになっています。
BTS MUSIC JOURNEYについては、後編が7月にも視聴できるとのことです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.