@仮想通貨ニュース

No tags for this post.

”さるぼぼコイン”もあり…地域通貨、デジタル化で復活 キャッシュレスに一役

1: 2019/01/12(土) 19:34:16.15 ID:2NdTknTj9
地域通貨、デジタル化で復活 キャッシュレスに一役


特定の地域で使われる「地域通貨」が息を吹き返している。
近年は廃れたものが多かったが、デジタル化で利便性が再評価されているためだ。
地元消費を促すだけでなく、キャッシュレス決済を普及させる効果も発揮している。

「飛騨の小京都」と呼ばれ、インバウンド(訪日外国人)の人気観光地と
しても知られる岐阜県高山市。会社員の佐伯綾香さん(23)は
雑貨店「JIN・JIN」での買い物で、スマートフォン(スマホ)にダウ…(以下略)


>>0�有料会員限定] この記事は会員限定です。
 電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日本経済新聞 電子版(2019/1/12 14:00)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39962580S9A110C1MM0000/


※電子地域通貨 さるぼぼコイン
no title

https://www.hidashin.co.jp/coin/

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547289256/


続きを読む No tags for this post.

仮想通貨「XRPクラシック」が取引を開始された模様wwwwwww

■ツイッターより

Dw7DGlgUYAAyMVT

続きを読む No tags for this post.

最大5万円相当のリップル(XRP)もらえる!Liquidが全てのユーザーを対象にしたキャッシュHODLキャンペーン実施中

国内の人気仮想通貨取引所「Liquid(リキッド)」が、新規・既存どちらのユーザーも対象としたキャッシュHODLキャンペーンを開催中です!

最大5万円分のリップルもらえる!

[campaign-liquid_xrp-hodl_01]

1万以下の取引でキャンペーン対象!

プレゼント対象となる800QASHは日本円にすると9,280円です。(2019年1月15日現在)

つまり、Liquidで1万円以下の取引をするだけでXRPがもらえるということです!

今はQASHを持っていないという方でも、期間内にQASHを保有すればプレゼント対象になりますので、Liquidへの登録がまだの人も、Liquidには登録したけどQASHは持っていないという人も、このチャンスをお見逃しなく!

[ex-jp-QUOINEX] [kanren postid="4553"] [kanren postid="3098"] [kanren postid="3982"]No tags for this post.

年明け相場を専門家はどう見る?これまでに出た5名の専門家による見解まとめ!

年が明け相場は比較的堅調な推移から始まり、先週は大きく下落するなど相場が大きく動いています。

年明けから出た専門家の見解をまとめました。

要点

・ 名の専門家の見解
年明けは金融庁の報道や、イーサリアムのアップデートなど短い期間で重要なトピックも多く。 名の専門家の見解をまとめました。

 年明け相場の専門家の見解まとめ

これまでに出た見解によると、依然長期的には明るい展望が多くあります。

しかし、足元の相場に関しては、専門家の中でも意見が別れているようです。

 

FXCoinアナリスト松田康生氏:2019年は法整備の年

2019年の仮想通貨市場はどうなる!?FXcoin松田氏「ルール整備の年」!

国内仮想通貨メディアFXCoinでアナリストを務める松田康生氏。

同氏は、2019年は、金融庁が法整備をおこなう年だと見通しを発表しています。

年明けからはコインチェックの認可や、審査プロセスの公表、自主規制団体JVCEAの会員増加など、松田氏が指摘するように規制面での進展が加速しているので、今後も注目となりそうです。

金融庁は早くて今年の7月までに新たに7社を認可する予定だと発表しています。

 

米大手格付け機関Weiss Rating:2019年にビットコインは過去最高値更新

2019年ビットコインは過去最高値更新!米格付け機関Weiss Ratingが分析!

米大手格付け機関Weiss Ratingは、2019年の相場展望を発表。

それによると、ビットコインは今年過去最高値を更新するとのことです。

Weiss Raitingは、ビットコインの持つ「価値保存の手段」を高く評価しているので、今年も注目したいところです。

 

ウィンクルボス兄弟:ビットコインの時価総額は100倍に

ビットコインの時価総額が100倍に!?ウィンクルボス兄弟が展望を語る!

米ジェミニを運営するウィンクルボス兄弟はSNSサイト「reddit」でユーザーの質問に回答。

そこで、ビットコインの時価総額は将来的に100倍(現在の金の時価総額を超える)になってもおかしくはないと展望を述べました。

直近の相場のことではありませんが、年明け話題になった発言です。

 

シビックCEOヴィニー・リンガム氏:ビットコインは3000ドルトライの可能性も

ビットコインは3000ドルを下回る!?デジタルID企業シビックCEOが発言!

デジタルID企業シビックCEO、ヴィニー・リンガム氏は海外メディア「チェダー」で足元の相場について発言。

同氏は、短期的にビットコインが3000ドルを下回ってもおかしくはないとの見解を示しました。

また、3000ドルに到達した場合、さらに価格が下落しトレンドが継続する可能性についても言及。

年明け相場に関して慎重的な見解を述べました。

 

eToro社アナリストマイティ・グリーンスパン氏:ビットコインはレンジ相場

現在の相場は新しいレンジの範囲内!?eToro社アナリストが分析!

一番、最新の見解になるのが、仮想通貨プラットフォームeToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏の見解。

同氏は、現在のビットコイン相場がレンジ相場であると分析、下落トレンドではないと分析しています。

今後価格がどちらかに動くかまでは分析しませんでしたが、レンジをどちらにブレイクするかが焦点となります。

 

まとめ

まず、FXCoin松田氏が指摘するように、年明けから国内の仮想通貨規制の報道が目立っているので、2019年にどこまで規制が整うのかは市場を巡る根本的なテーマとなりそうです。

1年の展望としては、Weiss Rating、ウィンクルボス兄弟が強気の見解を示しています。

足元の相場に関しては、シビックCEOはやや弱気な見解、eToro社グリーンスパン氏もレンジ内での推移と慎重的な分析を行っています。

年明けから現在の相場は、グリーンスパン氏が指摘するように価格が上下するレンジ内での推移で、今後の動向が読みずらい部分もあるのかもしれませんね。

まずは、3000ドルから4000ドルのどちらに価格がブレイクするのかが重要になりそうなので、引き続き相場動向を注視したいところです。

 

「仮想通貨を買うなら今」!2018年大注目のBITPoint(ビットポイント)で仮想通貨を始めよう!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

また、ファンドストラッド社トム・リー氏は、価格が安くなっている現在、長期的に考えれば仮想通貨に投資するチャンスと述べています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

資産が1億あったらやりたい生活書こう

1: 2019/01/13(日) 07:19:59.57
ID:bkpV6My30
日常:なんJ、youtube、ツイッター
ネットビジネス:ユーチューバー
外出:銭湯、動物園、風俗、ラーメン、牛丼、マック、雀荘

TSURU17623A017_TP_V

引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547331599/


続きを読む No tags for this post.

現在の相場は新しいレンジの範囲内!?eToro社アナリストが分析!

チャート分析でお馴染みのeToro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏が直近の相場を分析しました。

同氏は先週からの下落は単なるレンジ内での推移と分析しています。

要点

・ビットコインは単なるレンジでの推移?
先週、ビットコインは大幅に下落を果たしましたが、同氏は単なるレンジの推移で気にするべきではないと述べています。

 新たなるミニレンジが登場?

「11月半ばから議論されているように、現在の範囲は3000ドルから5000ドル(点線の青い線) です。今のように、ベーコンは3550ドルから約 4200ドル(黄色の線) に、その内の新しいミニレンジをオープンしました。

マイティ・グリーンスパン氏は現在の相場についての最新の分析を発表。

先週半ばに大きく下落したビットコインですが、11月中旬から続いている3000ドルから5000ドルのレンジの範囲内で推移しているに過ぎないとの見解を示しています。

また、より詳細には3550ドルから4200ドルの小さなレンジを形成していると分析。

必ずしもグリーンスパン氏の分析が正しいとは言えませんが、今後このレンジをどちらにブレイクしていくか注目となりそうです。

グリーンスパン氏の分析では、現在の相場は下落トレンドが継続しているわけではなく、あくまで「小さなレンジ内での推移」ということになり、上記の価格帯をどちらにブレイクしていくかが重要になってきます。

 

グリーンスパン氏の分析だと今後の展開は

より詳細にチャートを確認してみましょう。

ビットコインドル 4時間足 12月17日~

グリーンスパン氏が指摘しているのは、12月17日から本日までの価格の推移です。

上記のチャートの四角の枠がそのレンジですが、確かに下落はしたものの、まだ範囲内で収まっています。

通常、このような相場は「ボックスレンジ」と呼ばれ、先にも述べましたが、この四角い枠をどちらにブレイクしていくが次の値動きの一手として重要になってきます。

実は対円だと価格が少しずれてしまうのですが、1月15日時点ではまだレンジを保っているので、ここから価格が反発していけるかに注目です。

また、現在はレンジの重要な価格帯にさしかかっていることもあり、今後相場が大きく動く局面にいるということも意識しておきましょう。

 

まとめ

グリーンスパン氏の見解によると、現在の相場は3550ドルから4200ドルのレンジ相場に。

今後、この小さなレンジをどちらにブレイクしていくかがひとつのポイントになろそうです。

今週は、イーサリアムのアップデートも控えており、相場が大きく動く可能性があります。

その際は、上記に挙げた価格をどちらにブレイクするか注目したいところです。

 

下落相場でも大きく稼げるBITPoint(ビットポイント)でビットコイントレーディングを!

BITPointは今年もっとも注目度の高い取引所でありビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能です

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上記の記事のように、ビットコインは下落する可能性がまだありますが、ビットポイントであれば最大レバレッジ25倍で下落相場でも大きく稼ぐことができます。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

;

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの種類多すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

1: 2019/01/14(月) 20:14:17.93 0
ビットコイン
ビットコインキャッシュ
ビットコインゴールド
ビットコインダイヤモンド
スーパービットコイン
ビットコインウラニウム
ビットコインプライベート
ビットコインシルバー
ビットコインキャッシュプラス
Segwit2x
ビットコインプラチナ

bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1547464457/


続きを読む No tags for this post.

待ち望まれたコインチェックの交換業者登録完了に対するみんなの反応・・・

1: 2019/01/11(金) 18:24:23.97 ID:CAP_USER
金融庁は1月11日、仮想通貨交換業者として新たにコインチェックを登録したと発表した。

 コインチェックは、仮想通貨交換業における「みなし業者」として登録されていたが、2018年1月26日に仮想通貨NEMの不正送金事件が発生。以降、日本円の出金やビットコインを除いたすべてのアルトコインの売買を停止し、流出したNEMの日本円による補償を実施するなどの対応が続き、交換業登録は暗礁に乗り上げていた。

 その後、4月にはマネックスがコインチェックを36億円で買収。あわせて、元マネックスグループ取締役兼常務執行役の勝屋敏彦氏を新社長に迎え社内体制を一新。業務改善計画を策定・実行し、経営管理態勢及び内部管理態勢の改善を実施した。3~6月には仮想通貨の出金・売却を、11月には取り扱うすべての仮想通貨の売買を再開。仮想通貨交換業への登録に向けた準備を進めていた。
https://japan.cnet.com/article/35131192/

c5376882.png

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1547198663/


続きを読む No tags for this post.

石田総務相、ふるさと納税の返礼品にアマゾンギフト券に激怒!! 「良識ある行動と思えない」

1: 2019/01/11(金) 16:02:22.47 ID:vDlo3Ly39
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000563-san-bus_all

石田真敏総務相は11日、静岡県小山町などがふるさと納税の申請の締め切りとなる年末の駆け込み需要を狙って、
返礼割合が4割のアマゾンジャパンの買い物に利用できるギフト券で寄付を集めたことについて、
「法制度のすきまをとらまえた行動でおよそ良識あると思えない」と怒りをあらわにした。今年6月の規制強化を前に、
昨年末にはアマゾンのギフト券を用意する自治体が相次いでおり、総務省は違反自治体への対応も検討する。

これまでも高額な商品券や家電を用意してきた小山町は、平成30年の受入額が約249億円に達した。
小山町の町税収入は年約40億円。百数十億円規模の歳入総額の2倍程度の寄付を集めた形だ。
ただ、返礼品は高額なギフト券が大半で、寄付の半分以上が返礼品の調達費用や業者への手数料などの経費となるとみられる。

石田総務相は「社会的にも教育的にも影響が大きい。自ら商売でお金もうけをしたわけではなく、他自治体の住民の善意で
成り立っている制度の趣旨から逸脱する」と繰り返し、厳しく非難した。

総務省は今年6月1日以降、指定した自治体以外に寄付した場合は税優遇を受けられないようにする地方税法改正を目指している。
返礼品の返礼割合は3割までとし、地場産品に限定する。規制強化を見越して違反行為をした自治体に対しても、
指定対象から外すなどの対応を検討する。

plt1810030009-p1

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547190142/


続きを読む No tags for this post.