@仮想通貨ニュース

No tags for this post.

クレイグ・ライト「全てのBTCマイナーに告ぐ・・。もし君らがBCHに鞍替えしたら・・・」

■ツイッターより

no title

続きを読む No tags for this post.

悲観するのはまだ早い?2017年も11月に同じ理由で相場は暴落していた!過去のチャートを分析

15日の仮想通貨市場はビットコインのサポート決壊により全面安の展開に。

しかし、2017年11月もビットコインキャッシュのハードフォークを理由に暴落しており、動向は見守ったほうが良いかもしれません。

要点

・総悲観は買いのチャンス?
株や為替などでもメディアや市場のセンチメントが総悲観になった時に、そこが相場の底になると良く言われます。値動きが荒いうちは動向を注視したほうが良いかもしれません。

 2017年11月はビットコインキャッシュのハードフォークで相場が暴落した

最重要価格であったビットコイン6000ドルが決壊したことにより、仮想通貨市場は全面安の展開。

下落要因は、下記にまとめてありますが、そのひとつに明日に控えるビットコインキャッシュのハードフォークがあります。

【速報】ビットコイン暴落で年初来安値決壊!次の下値メドと下落要因を解説!

実は、2017年11月、ちょうど1年前も相場はビットコインキャッシュのハードフォークを理由に暴落しました。

ビットコイン円 日足 2017年11月~12月

2017年は11月14日にビットコインキャッシュのハードフォークが実施されましたが、その前日である13日までに相場は不安感から暴落。

しかし、それが底となり、年末の相場は上昇していきました。

もちろん、昨年と今年の相場の条件がまったく同じということではありませんが、ビットコインキャッシュのハードフォーク前日に価格が暴落しているのは同じなので、明日以降の価格推移は要注目でしょう。

 

今後の価格推移はどうなるのか

メディアでは悲観的なムードになっており、ビットコイン6000ドルの決壊でチャート形状は悪化しています。

著名投資家のウィリー・ウー氏は9月の時点で今回の価格下落を予想しており、今後の下値メドは4400ドルから5000ドル。

etoro社アナリスト、マイティ・グリーンスパン氏は5000ドル。

ビットメックスCEOは以前の予測ではありますが、3000ドルまで価格が下がると指摘しています。

直近では、昨年の安値5400ドル(日本円で60万円)がサポートされた形です。

下落要因も様々あり、専門家で下値の予想はまちまちですが、ここから先価格が下落する可能性があるのはおおいにあると言えるでしょう。

上記のことも踏まえ、とりあえずビットコインキャッシュのハードフォーク実施後の相場動向を注視したいところです。

 

まとめ

今回の暴落騒動に関しては、正直なところ「わからない」といった方が正しいでしょう。

専門家の中でも下落要因がバラバラであり、またその全てが今回の暴落につながったとも言えます。

ただ、昨年はビットコインキャッシュのハードフォーク後に年末へ向けて価格が暴騰したのも確か。

とにかく、今後数日間は価格が乱高下するのは間違いないので、取引する方は十分注意したいところです。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が下落しており、今後のチャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン暴落で年初来安値決壊!次の下値メドと下落要因を解説!

15日、未明にビットコインが暴落しついに年初来安値が決壊しました。

次の下値メドと下落要因をめとめました。

※内容は追記する可能性があります。

要点

・ついに年初来安値決壊
重要な価格帯といわれていた6000ドルのサポートが決壊。今後の相場動向には十分注意でしょう。

 ビットコイン6000ドルのサポートが決壊

ビットコインドル 日足

ビットコインは重要な価格帯と専門家から指摘のあった6000ドルがいよいよ決壊。

このサポートが決壊したことで、仮想通貨市場が全面安の展開となっています。

次の下値メドは、昨年11月の安値である60万円前後です。

ただ、すでに本稿執筆時点で60万円の安値を一度つけており、一旦は反発という展開になっています。

仮に60万円のサポートも抜けると、40万円から56万円付近のレンジに移行してしまう可能性も考えられます(対ドルでいったら4000ドルから5000ドルの節目のレベル)。

ビットメックスCEOなどは3000ドルまで下がるとも指摘しています。

繰り返しにはなりますが、一度安値をつけてしまったので、ここから価格が反発できるか注目でしょう。

 

価格暴落の要因

価格が暴落した要因はいくつか指摘されています。

①米国株式と連動した下落
②明日に控えるビットコインキャッシュハードフォークの不安感
③CBOEビットコイン先物期日日のための仕掛け売り

15日のNYダウは206ドル安で引けており、今週に入ってから米国の株式市場が再び不安定な状態になっています。

一部では、仮想通貨がリスク資産とみなされ売られた可能性があると指摘されています。

②は明日のビットコインキャッシュハードフォークが、コミュニティーの対立により不安材料になっているという指摘。

そして、③は15日午前5時45分が、CBOEビットコイン先物の期日日だったために、大口の投資家が仕掛け売りをしたというもの。

ビットコイン円 5分足 11/15 5時頃

実際にチャートを確認してみると、安値をつけたタイミングが5時30分と、先物決済日のタイミングと重なっているため、こちらの指摘も一理あるでしょう。

日経平均など既存の株式市場でも先物期日日は大口の注文が増え、価格が乱高下することはよくあることです。

 

まとめ

リップル、ビットコインキャッシュ、ネムといった主要なアルトコインに関しては、今月に入って価格が上昇していたので、9月の安値をメドに動向に注目したいところです。

上記で述べた通り、先物期日にあわせた仕掛け売りだった可能性も考えられるため、ビットコインの価格は一旦反発しています。

ただ、今後60万円を割ることがあれば、価格がもっと下落するリスクが高まるため、まずは60万円をサポートにできるか注目です。

明日にはビットコインキャッシュのハードフォークも控えており、今週はこのあとも価格が乱高下する可能性があるので、取引している方は十分に注意したいですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が下落しており、今後のチャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「ビットコイン」を巡る強盗殺人事件で少年に懲役20年を求刑

1: 2018/11/13(火) 17:19:07.82 ID:CAP_USER9
11/13(火) 17:09配信 メ~テレ(名古屋テレビ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00189607-nbnv-l23

仮想通貨「ビットコイン」を巡る強盗殺人事件の裁判で、少年に懲役20年を求刑です。
起訴状などによりますと19歳の少年は2017年6月、滋賀県で西田市也被告(22)と共謀して野田みゆきさん(当時53歳)を殺害し、スマートフォンを奪ったなどとされています。名古屋地裁で13日開かれた論告求刑公判で、検察側は「犯行の重要部分を担い報酬も得ている」として、懲役20年を求刑しました。弁護側は「西田被告との間に主従関係があり頼みを断れなかった」などとして、保護処分を求めました。判決は22日に言い渡されます


bitcoingoldIMGL0869_TP_V4

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542097147/


続きを読む No tags for this post.

借金が80万あって詰みそうなんやが・・・

1: 2018/11/12(月) 15:50:58.64
ID:L6ahiTsj0
去年車で事故連続で起こしてしもて、修理代で借金が膨れ上がったんやが債務整理とかしたら少しでも楽になるんかね…

dandakeyIMGL4803_TP_V4

引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1542005458/


続きを読む No tags for this post.

世界最大の仮想通貨取引所Binance、研究分析部門「バイナンス・リサーチ」を設置

世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が先日、高グレードなリサーチを行うために、研究分析部門「バイナンス・リサーチ」を設けたことを明らかにしました。同部門ではすでにいくつかのレポートが公開されています。また、フォーブスCEO会議に参加したバイナンスCEOのCZは「仮想通貨には世界中から一定のニーズがある」と語りました。

8c0c3027e3cfc3d644caab3847a505b0-25-660x330


No tags for this post.

ノアコインってもしかして嘘ばっかりじゃね?

654: 2018/11/11(日) 23:01:19.80 ID:nqyhjOKJ
百万が一年で一億 → 嘘。   
大使館から → 警告。   
PNB→ 嘘。   
PAL→ 嘘。   
6/12日→何も無し。   
ノアリゾート → 渡航中止勧告。   
ノアシティー → 海。   
ビート買収 → 失敗。   
ニッポンペイ → 白紙。   
CEZA → ライセンス無し   
最大手取引所上場最終段階→6月から言っています。   
公式テレグラム→疑問や価格の話ししたら即Ban。   
大口投資家が投げ売り→運営が億売りびととの噂。   

他人にガチホ買い増し推奨して、自分はコッソリ回転する鬼畜野郎(ФωФ)

15f7b7b37a1f787db49867b205c7c565


引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1541148866/


続きを読む No tags for this post.

リップル社CEOが「SWIFTを超える」と発言!今後のXRPの価格上昇材料にも言及!

リップル社CEOが13日、ブルームバーグのインタビューに答えました。

同氏はそこでネット上で噂されているSWIFTとの提携をきっぱり否定。

さらに、今後のXRP材料についてもコメントしました。

要点

・リップルはSWIFTを超える?
SWIFTとは、簡単にいうと現在の国際送金のインフラを構築している会社のこと。ネットではリップル社とSWIFTが将来的に提携するのではないかという噂がありました。

 ガーリングハウス氏がSWIFTとの噂を否定

リップル CEO が仮想通貨XRPの’ グローバルフレームワーク ‘ の必要性について説明します

ガーリングハウス氏はブルームバーグのインタビューでSWFTとの提携の噂を完全に否定。

「SWIFTより速くて新しい技術を求める金融機関の要望に応えている」と自信を述べました。

SWIFTとリップル社の提携は、ネットやSNSでこれまで噂や憶測が海外でもなされていたので、それを踏まえた発言だったでしょう。

また、リップル社の役員も最大の競合はSWIFTと過去に何度も発言しており、ガーリングハウス氏は今回のインタビューでも「進めているのはSWIFTを追い抜くこと」と述べました。

リップル社にとってSWIFTはこれからも最大のライバルであるのには変わりのないようです。

 

XRPの今後の課題とは

インタビューでは上記の発言以外にもうひとつ重要なトピックがありました。

それは、XRPの今後の価格材料です。

ガーリングハウス氏はXRPの今後の価格上昇材料に「重要なのは少額決済をどのように可能にするのか」と発言。

少額決済とは、例えば数円から数十円の規模の決済のことで、手数料が少ない仮想通貨決済はそれが可能であり「価値のインターネット」を目指すリップル社の重要なヴィジョンのひとつでもあります。

ガーリングハウス氏は直近でコイルが設立されたことを挙げ、今後のXRPの価格動向にも重要な役割を果たすと述べました。

リップル社は国際送金に関しては、順調に銀行との提携を進めていますが、その次の課題として実際にXRPを決済に利用する(さらに少額決済)というのが今回ガーリングハウス氏の発言からわかった課題です。

CEO自らが発言したことなので、コイルの動向や、少額決済に関するニュースはXRPを取引きする方はチェックしても良いかもしれませんね。

 

まとめ

足元の相場では、主要なアルトコインと比較して強い動きをしているXRP。

上記で述べたように、国際送金においては多くの銀行と提携を進めており、今後も十分に期待できるでしょう。

また、ガーリングハウス氏いわく、今後の価格上昇材料としては少額決済がポイントになるとのこと。

すぐに実現する話ではなさそうですが、XRPで少額決済が可能になれば本当に「SWIFTを追い抜いた」とも言えるので、コイルなどの動向は注目したいところです。

 

リップル(XRP)も購入できるビットポイントでXRP取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はXRPの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

Copyright © 2018 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.