ニュース

No tags for this post.

コインチェックが匿名性の高い4通貨(Monero,Zcash,Dash,Augur)の取り扱い終了へ

コインチェックの対象取扱通貨の一部廃止が発表されました。
平成30年6月18日を持って、下記の通貨の取り扱いを廃止するとの事です。

[aside type="boader"]
  • Monero
  • Zcash
  • Dash
  • Augur

参考:インターネット版官報 [/aside]

ユーザーの保有通貨に関しては、同日以降に日本円換金ののち登録口座に振り込まれるとのことです。

マネックスグループの松本大社長は、コインチェックの買収の発表当時より匿名性の高い対象通貨の取り扱い終了について言及しており、有言実行したかたちとなりました。

長らく「みなし業者」であったコインチェックの「みなし」である所以が、匿名通貨の取り扱いではないかとの推測がされていました。
今回それらの廃止により、登録済み仮想通貨交換業者に一歩近づく可能性が出てきました。

また松本社長は5月18日に公開されたブルームバーグ紙でのインタビューにおいて米国での仮想通貨事業への進出に意欲を見せており、コインチェックの今後の動向に注目する必要がありそうです。

参考:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-17/P8QVAB6JTSEW01

No tags for this post.

モナコインで攻撃発生 Block withholding attackによるReorgを検出

モナコイン(MONA)のチェーン上で悪意あるReorgがされたとして、正しい送金がなされないなどの被害が出ています。

各取引所の対応

リオーグ(Reorg)とは?

Reorg=Reorganization


[aside type="boader"]日本語訳としては「再編成」と言う意味です。
今回のモナコインの件では、PoWのコンセンサスアルゴリズムを根拠として、正しいとされていたチェーンのつながりがより大きなチェーンによりReorgがなされ、ユーザーが意図しない送金履歴が「正」とされてしまいました

[/aside]

国内での被害報告はなし

5月18日現在、日本国内の取引所では被害の報告は出ていないようです。
現状確認されている被害額は日本円にして1,000万円程度とのことですが、取引所へ向けたハッキングとは違いブロックチェーンへの攻撃という事実から、ユーザー間の衝撃は少なくありません。

ツイッターの反応

仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう!

[hw-ledgernanos]No tags for this post.

【Ledger Nano S】ビットフライヤーに不安な噂が···仮想通貨はハードウェアウォレットで管理しよう!【レジャーナノS】

山本一郎氏が「ビットフライヤー」についてTweetした内容から波紋が広がっています。

取引所の噂がユーザーに不安が広がる事態に···

現在でもまだ具体的な内容には触れられていませんが、ネットでは不安が広がりました。

これに対してビットフライヤーの加納社長も事実確認に動き出しています。

大切な仮想通貨資産は「ハードウェアウォレット」で守ろう!

大切な資産である「仮想通貨」の管理は、ハードウェアウォレットで自分でしっかりと管理する方法がおすすめです!

Ledger Nano S(レジャーナノS)

  • ハードウェアウォレットだから仮想通貨資産を強固なセキュリティでガード!
  • ビットコイン、イーサリアムをはじめリップルなどの人気通貨にも幅広く対応!
  • 使いやすく、持ち運びにも便利な大人気のハードウェアウォレット定番アイテム!

No tags for this post.

リップル(XRP)がスマートコントラクトプロトコル「Codius」を発表!今夏リリースの可能性も

リップル(XRP)の開発者たちが挑戦する、新しいスマートコントラクトプラットフォームがリリース予定です。

Codiusとは?
Codiusはオープンなホスティングプロトコルです。
1つのホスト上で実行する場合でも、何千にも実行する場合でも、プログラムのアップロードは非常に簡単です。
また、請求書が内蔵されています。
つまり、プログラムがアップロードされると、誰でもそれを実行するために支払うことができます。

What is Codius?
Codius is an open hosting protocol.
It makes it very easy to upload a program, whether you want it to run on one host or thousands.
It also has built-in billing. That means once a program is uploaded, anyone can pay to keep it running — the author, the users and even the program itself.

プロジェクト発足の2015年当時、市場の未成熟を理由として開発がストップしていた期待のプロジェクトが昨年末に復活
今夏にもリリースなるかという状況です。

Codiusは分散型仮想通貨決済のプロセスをより簡単にするとともに、大手金融機関が関わる最高の分散型ソリューションになるとしています。

また、リップル(XRP)だけでなくビットコインBTCやETHなどにも対応とのこと。

Codiusの公式サイトでは、β版が公開されています。

[kanren postid="239"] [ex-jp-GMOコイン]No tags for this post.

GMOコインが「貸仮想通貨」サービス でアルトコインも取扱開始!

2018年4月に貸仮想通貨サービス(レンディング)の開始を発表していたGMOコインが、
ビットコイン以外のアルトコインでも貸仮想通貨サービスを提供すると発表しました。

参考 :https://news.coin.z.com/2018/05/775/

【2018年5月度 募集要項】

– お申込期間
2018年5月9日〜2018年5月23日

– 対象通貨
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
募集詳細 :https://coin.z.com/corp_imgs/policy/kashikasotsuka-yakkan.pdf

[box class="blue_box" title="貸仮想通貨サービスとは"] 自身が保有している仮想通貨を貸し出すことで、数量に応じた賃借料を受け取ることができるサービス。[/box]

[kanren postid="2657"] [ex-jp-GMOコイン] No tags for this post.

ビットコイン価格が100万円を突破!!

ここ数日順調な伸びを見せていたビットコインの価格が、2018年4月24日(火)に暫くぶりの100万円台に到達しました。

長らく価格が低迷し一時は70万円台まで下げていたビットコインの価格回復とあり、SNSなどではユーザーらの期待の声が挙がっています。

またビットコイン価格の上昇と共に時価総額上位の仮想通貨らも軒並み価格の上昇を見せており、仮想通貨業界に少し遅い春が訪れた様子となっています。

ビットコインでFXするなら断然「bitbank Trade」(ビットバンクトレード)がおすすめ!

[ex-jp-bitbank_Trade]

ビットコイン買うなら人気&定番な安心安全の取引所を選ぼう!

[kanren postid="101"]No tags for this post.

リップルが100円を突破!先週に比べ2倍も上昇

リップルがこの数日で急上昇しています。 1ヶ月以上も下がり続け上がる気配の見えなかった仮想通貨。 それがこの数日で大きく動きました。 それまでリップルは50円台をキープしていましたが、先週に入り徐々に上昇しました。 50円台から70円台へと昇り、今週に入ったところついに100円まで急上昇しました。 同じくビットコインも70万円台を漂っていましたが、80万円台になり今では100万円目前となっています。 ビットコインが基軸となっているので、リップルや他のアルトコインも上昇するのですね。 また予測ボットでは5月にリップルがさらに上昇すると予測しています。 ただ今年の始まりにあった暴落を目の当たりにしている人はこの暴騰に喜ばず暴落するのではないかと疑心暗鬼になっています。 今後また去年の冬のような誰もが儲かる相場になるのか、それとも全く別の相場になるのか全く予想がつきませんね。 [box class="blue_box" title="オススメ記事"] XRP(Rippe、リップル)を買うなら手数料が安くて「指値」注文できる「bitbank.cc」(ビットバンク)がおすすめ!
リップルを安く買うならビットバンク [/box] [box class="blue_box" title="すぐにわかるRipple基礎知識はこちら!"] Rippleって何?なんていまさら聞けない人のための2分でわかるRipple講座!
これさえ読めばXRPは大丈夫!&あなたもきっとRippleが欲しくなる!
Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本! [/box] [ex-ja-XRP]No tags for this post.

bitbank.cc(ビットバンク)がXRP取引量世界1位を記録!

2018年4月16日に、bitbankが1時間のXRP取引量で世界一を記録したと発表しました。

[aside type="boader"]bitbankの特徴について詳しく解説した記事はこちらです。 [kanren postid="244"][/aside]

[btn class="rich_yellow"]bitbankの公式サイトはこちら [/btn]

取引量が多いことによるユーザーのメリット

仮想通貨が安く手に入る

bitbankは、国内では珍しい板取引が可能です。
売り買いする人が多いことで板は厚く、流動性は高くなり、取引しやすくなります。
取引が多いことで最適な価格での指値注文がしやすくなり、安く買うことができるというわけです。

今なら手数料が無料!

bitbankは、昨年から提供していた手数料無料サービスを延期すると発表しました。
2018年6月30日00:00まで無料キャンペーンが継続します。

[kanren postid="2078"] [kanren postid="244"]

bitbankで取引をする

[ex-jp-bitbank_XRP] [aside type="boader"]Rippleとは?
今話題の時価総額ランキング上位の仮想通貨「Ripple」の基本を知ろう!
Rippleとは?仮想通貨初心者のための2分でわかるリップルの基本! [/aside] No tags for this post.

bitbank.ccがスマホアプリのリリースを公式に発表!

bitbankがスマートフォンアプリをリリースしたことを発表しました。

・「ビットバンク iPhoneアプリ」の特徴
  • ビットコインやリップルを含む6種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナーコイン、ビットコインキャッシュ)をiPhoneアプリから取引可能
  • 100種以上のテクニカル分析で本格的な相場分析が可能
  • チャートも取引も24時間365日リアルタイムで更新
  • オフラインのコールドウォレット採用。マルチシグでハッキング対策も万全
  • 仮想通貨交換業登録済(第00004号)の事業者による運営
引用 : iPhoneアプリ提供開始のお知らせ

bitbank(ビットバンク)が以前から要望の高かったスマートフォンアプリをリリースしました。

先行してiOS版がリリースされ、続いてAndroid版のリリースも予定されています。

[kanren postid="2078"] [kanren postid="244"] [ex-jp-bitbank.cc] No tags for this post.

GMOコインが取引手数料の値下げ&貸仮想通貨サービスを発表!

GMOコインが手数料の変更についてアナウンスしています。

2018年4月18日(水)15時より、下記の通り取引ルールの変更をさせていただきます。

【仮想通貨FX】

■レバレッジ手数料
変更前:0.05% / 日
変更後:0.04% / 日

引用 : レバレッジ手数料変更のご案内 | GMOコイン株式会社

2018年4月18日(水)15時より、レバレッジ手数料(仮想通貨FX)の手数料が従来の0.05%から0.01%低い0.04%に変更になります。

現物取引では国内で高い人気を誇る仮想通貨「Ripple」(リップル、XRP)を扱うGMOコインが仮想通貨FXのレバレッジ取引手数料引き下げを行ったことで、同社への期待がさらに高まっています。

またGMOコインは同日に「貸仮想通貨」サービスの開始も発表しています。

2018年4月より、「貸仮想通貨」サービスの取扱を開始いたします。

貸仮想通貨サービスとは、お客様が保有されている仮想通貨を当社に貸し出すことで、貸し出した仮想通貨の数量に応じた貸借料をお受け取りいただけるサービスです。

【2018年4月度 募集要項】
– お申込期間
2018年4月11日〜2018年5月2日
※募集上限以上のお申込があった場合は抽選となります。詳しくは、貸仮想通貨サービス約款第4条をご覧ください。

引用 : 「貸仮想通貨」サービス開始のお知らせ | GMOコイン株式会社
Coincheckでお馴染みの「貸仮想通貨」サービスですが、一定数の通貨を貸しておくだけで利子を受け取ることができ、その為長期保有のユーザーらに人気の高いサービスとなっています。

仮想通貨取引所の立ち上げから仮想通貨マイニングへの参入、Couldブロックチェーンの提供や貸仮想通貨サービスの開始など、GMOの仮想通貨業界への展開が加速を続けています。

[kanren postid="860"] [kanren postid="1587"] [ex-jp-GMOコイン]No tags for this post.

【速報】NEM(XEM)がBinanceに上場!価格が高騰中!!

仮想通貨のNEM(ネム、単位はXEM)が海外の大手取引所Binance(バイナンス)に上場したことを、公式がアナウンスしています。

[btn class="rich_yellow"]公式サイトはこちら [/btn]

Coincheck(コインチェック社)の事件もまだ記憶に新しい仮想通貨のNEMが、取引高世界一位(2018年3月20日時点)の超大手取引所「Binance」へ上場しました。

事件以降価格の下げを見せていたNEMですが、ここに来て一気に価格が高騰しています。

Binance 公式サイトはこちら

仮想通貨のNEMは処理時間の短さやその利便性から決済などに多く使用されており、日本でも根強いファンの多い仮想通貨です。

ここからの価格の巻き返しに期待がかかっています。

[ex-ovse-Binance]
[ex-ja-XEM] [ex_list_ovse]No tags for this post.

Googleが仮想通貨の広告禁止を発表

グーグルが仮想通貨に関する広告を禁止にすると発表しました。 先日Facebookが広告を規制しましたが、今年6月にはグーグルも広告が制限されることで仮想通貨関連の広告やICOの広告は配信されなくなります。 3月19日に控えるG20サミット。 ここでも仮想通貨関連の規制について話し合われると予想されています。 確かにここ数ヶ月で色々と巻き起こっている仮想通貨業界。 詐欺なども発生し規制したほうがいいとの意見も見かけます。 しかし規制をしすぎると業界全体が縮小してしまう恐れもあります。 2017年は仮想通貨元年でしたが、2018年はどのような動きを見せるのか。 規制でバブルが弾けてしまうのか、それとも規制によって新たな動きを見せるのか。 仮想通貨業界の動向に注目が集まります。No tags for this post.

ビットコイン暴落の3つの理由!?ミーの仮想通貨最新ニュース【3月9日】

3月9日仮想通貨最新ニュース

3/9はビットコイン価格が大きく下落しています。本日の仮想通貨ニュースはビットコイン暴落の原因はマウントゴックスの売り圧力?米証券取引委員会(SEC)の規制のニュース?グーグルでは仮想通貨の広告が禁止に!等々をピックアップしています。

3月9日の仮想通貨情報(ニュース)

どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!おぉ…どこまで下がるんだこれは…

仮想通貨価格-前日比-3月9日

ケンケン
ビットコインが100万円をきって90万円台になってるね…
ミー
本日3月9日のニュースはこちら!
3月9日仮想通貨News概要
  • ビットコイン暴落の原因は!?
  • 米ブロックチェーンに完全依存の不動産売買が成立!
  • グーグルで仮想通貨の広告が禁止に!

ビットコイン暴落の原因は!?

ビットコインチャート

日本時間で3月9日に日付が変わったあたりから、ビットコインが暴落しています。現在(19時時点)は90万円台まで回復してきていますが、一時は90万円を切り80万円台になる局面もありました。

このBTC暴落の原因について、下記のことが原因ではないかと言われています。

  1. マウントゴックスの売り圧力?
  2. 米証券取引委員会(SEC)の規制のニュース?
  3. バイナンスハッキング騒動の影響もあり?
  4. 結局はFUDなのでは!?

①マウントゴックスの売り圧力?

昨日のニュースでも少し取り上げましたが、マウントゴックスの破産管財人がハッキングの弁済にあたり、4憶ドル(440億円)相当以上のビットコインを売却したと報じられています。

ここ数か月で何度かに分けて売却されたようで、売却されるタイミングで毎回暴落していることも判明しました。

この最近の暴落は、マウントゴックスの大量の売却により市場に売り圧がかかったのではないかなども言われています。

また、約16万BTC(約1600億円相当)が残っているとされ、その警戒心から本日の暴落につながったのではないかとも考えられています。

②米証券取引委員会(SEC)の規制のニュース?

3月8日にSEC(米国証券取引委員会)は仮想通貨や仮想通貨取引所に対して、注意喚起を含めた公式声明を発表しました。

発表では、現状の仮想通貨(トークン)は有価証券の定義に該当し、連邦証券法の規制対象になりSECに登録しなくてはいけないと述べました。

また取引所に関しても、SECの認可を受けなければ違法状態になるという発表をしています。

この発表を受けて、米国で大掛かりな仮想通貨規制が入るのではないかという不安が広がっています。

③バイナンスハッキング騒動の影響もあり?

こちらも昨日のニュースでもお伝えしましたが、日本時間の3月7日の夜にバイナンスでユーザーのAPIがハッキングされて不正取引がされる騒ぎがありました。

しかし、こちらはすでに解決済みです。

バイナンス自体のハッキングでもなく、APIがフィッシングサイトなどによって盗まれて、不正に利用されたとされています。

そしてバイナンス公式からも素早い対応があり、大事にはならずすぐに通常の取引が可能となっています。

大きな問題にはならなかったものの、市場には取引所が危ないのでは…という意見も一時的に広がったので警戒心から暴落につながったとも考えられます。

バイナンスに関しては、今回の件は神対応だったさすがバイナンス!と高評価だったんですがね…

④結局はFUDなのでは!?

市場に悪影響っぽいニュースがいくつか出てきていますが、「結局FUDなのではないか!?」とも思っています。

FUDとは
FUDとは『Fear(不安)Uncertainty(不確実)Doubt(疑念)』の頭文字を取ったもので、不安感をあおることで、相手を不利にさせて自分や自社の目的を達成するというアンチマーケティング手法のひとつです。

テレビ、新聞、SNSなどのメディアで悪いニュースを取り上げることによって、市場全体が警戒心や不安に駆られているように感じます。

また、裏では何か大きな力が動いているのでは…なんてことも考えてしまいますが。

毎日ニュースを取り上げてるので、すごく実感するんですが、価格が暴落するような大きな悪いニュースがある日は他にも悪いニュースが必ずと言っていいほど重なるんですよね。なぜか…。

自身でソース元をしっかりと確認したう上で、本当に市場に悪影響となるニュースなのか、ただ単に一部のパニックによる狼狽売りなのかを判断できるかが重要ですね(`・ω・´)

FUDについてはBITDAYSさんの寄稿記事で書いていますのでよかったらご覧ください。

どうも!ママコイナーのミーです!BITDAYS(ビットデイズ)さんへの寄稿記事の第2弾が公開されました!最近、仮想通貨でよく耳にする「FUD」について、意味や使い方や最近のFUDをまとめました。

米ブロックチェーンに完全依存の不動産売買が成立!

アメリカのバーモント州では、ブロックチェーンに完全に依存した不動産売買が成立したようです。

ブロックチェーンはご存知のように、データの改ざんがほぼできないので重要な契約などと相性が良いとされています。

ブロックチェーン技術を活用したニュースは毎日のように次から次へと出てきますね(´∪`*)

しかし、不動産登記といえばコインチェック銘柄でもあるファクトム(FCT)の土俵なので、せっかくならファクトムを使ってあげて欲しかった…という個人的な意見を盛り込みます。。

仮想通貨のファクトム(FCT)についての詳細を記載しています。Factomは今後どうなるかといった将来性や、気になるFCTの発行上限やファクトムの最新ニュースさらにファクトムの価格も過去のチャートを見ながら分析しています。

グーグルで仮想通貨の広告が禁止に!

まだ公式発表ではありませんが、GoogleはICOや仮想通貨に関する広告を全て禁止すると一部のメディアが伝えています。

先日はFacebookで、仮想通貨に関する広告が禁止になりました。広告は出す側がお金さえ払えば、割と簡単に広告を出すことができるので、スキャムのようなICOの広告もチラホラ見かけます。

私のブログ内にもGoogleの自動広告(アドセンス)は貼ったり貼らなかったりしていますが、意図せずに詐欺まがいの広告が自動で出てしまっていることもしばしばあると思います。。

私的には、Google側でしっかりと精査ができないのであれば、仮想通貨関連広告の全面禁止は市場の健全化にもつながるよい試みだと感じています!

それが市場にどのような影響を及ぼすかは不明ですが…(´・ω・ )

保有している仮想通貨一覧

すんごいマイナスです・・・(‐∀‐;;
昨日から調子のよかったNEMも本日は前日比マイナスになっていますね。

仮想通貨ポートフォリオ【メイン】

仮想通貨日記-ポートフォリオ-3月9日

※BCCはBCHと同じビットコインキャッシュです。また下記の表には日本円のJPYは含めていません。

仮想通貨前日比

通貨名 通貨単位 現在価格 前日比
リップル XRP 80.3 -13.7%
ビットコインキャッシュ BCC 10.0万 -16.3%
イーサリアム ETH 7.1万 -13.6%
アリス ALIS 34.3 -13.2%
ネム XEM 37.9 -2.8%
リスク LSK 1603 -17.8%
ネオ NEO 8668 -19.6%
モナコイン MONA 413 -12.6%
仮想通貨総資産平均合計 -14.3%

どうしたんだい( ;∀;)

時価総額トップ100位を確認したら、ほぼすべての通貨が全滅でした。Bitcoreとかいう93位の通貨以外は…

Bitcore…なんじゃそらw

ちょこっとだけ調べてみるとBitcoreは、オープンソースのJavaScriptライブラリーなんだって…。余計分からん!

Binance(バイナンス)ポートフォリオ【サブ】

バイナンスポートフォリオ3月9日

別途投資しているBinance(バイナンス)のポートフォリオです☆
こちらでは国内には上場していないアルトコインに投資しています。バイナンス銘柄は突然爆発することがあるので、宝くじ感覚で超少額を投資しています!
Binanceでお宝コイン探し~(*´罒`*)

バイナンスの保有通貨はどれも約20%ほど前日比マイナスになっております。

・・・・・・( ;∀;)

今日は言葉がでません。。

でもこんな暴落も笑い飛ばせる未来がくる…はずです!!!!

それではまた明日☆

米SEC 証券トークンを扱う取引所に登録を要求

米証券取引委員会(SEC)が仮想通貨の規制に関する公式声明を発表した。証券に該当する仮想通貨やトークンの取引サービスを提供する取引所は、SECへの登録が必要だという。登録が済んでいない取引所は、違法業者にあたる可能性がある。

取引所に対して登録が必要であるとの見解を示したSECだが、どのような仮想通貨やトークンが証券に該当するかなどの詳しい分類方法は明らかにされていない。

SECは以前、ビットコインは証券に該当しないとの見解を示しており、商品先物取引委員会(CFTC)は商品であるとしている。一方、イーサリアムのネットワーク上で発行されるThe DAO(decentralized autonomous organization)は、証券に該当するとされた。

証券とは一般に財産的価値の私権を示し売買が可能なものだ。The DAOのトークンは集めた資金の投資先を決定する際の投票権の機能を有していたため、SECは既存法に照らし合わせ証券と分類したものと考えられる。

ビットコインのような交換媒体としての機能が主な仮想通貨は、The DAOとは異なり証券としてみなされない可能性が高い。したがって、ビットコインに類似する仮想通貨のみを扱っている取引所は影響を受けないものと推測される。

一方、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)によって発行されたトークンは、購入者にプロジェクトに関連する財産的権利が付与されるとみなされ、証券に分類される可能性が高い。そのようなトークンを扱う取引所は、SECへの登録が必要となるだろう。


SEC Public Statement