ニュース

No tags for this post.

【USA】米大統領、再び利下げを要求 FOMC開催に合わせる

1: みつを ★ 2019/05/01(水) 05:11:46.46 ID:UoQJMhwe9
https://this.kiji.is/496050620055241825

米大統領、再び利下げを要求
FOMC開催に合わせる
2019/5/1 05:07
©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は4月30日、米連邦準備制度理事会(FRB)に再び利下げを要求した。ツイッターへの投稿で「1%ぐらい利下げし、いくらか量的金融緩和をしていれば、米国はロケットのように成長率が高まる潜在力を持っている」と主張した。

 FRBは30日から2日間の日程で金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)を開催しており、それに合わせて圧力をかけた形だ。今回の会合では、政策金利を年2.25~2.50%に据え置く公算が大きい。

 FRBは昨年、12月まで計4回利上げした。同時に金融危機後に買い入れた米国債など保有資産の縮小を進めた。

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556655106/

続きを読む No tags for this post.

ブルームバーグ「韓国で投資雇用が縮小する。安倍は政治的報復の経済制裁を撤回し、米の仲裁を受けろ」

1: ムーンサルトプレス(東京都) [US] 2019/07/23(火) 11:48:23.59 ID:3R74Ua7h0 BE:416336462-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
21日投開票の参院選で勝利した安倍晋三首相は多くを成し遂げる政治的影響力を得たわけだが、
まずやらねばならないのは、隣国の韓国に対して始めたばかげた貿易戦争をやめることだろう。

安倍政権は今月、半導体生産に不可欠な3つの材料の対韓輸出規制を強化した。
日本の当局者はハイテク関連の輸出品が北朝鮮などに不法に渡らないようにする措置だと主張するが、
元徴用工を巡り日本企業に損害賠償の支払いを命じた韓国大法院(最高裁)の判決への報復を意図したものであるのは明らかだ。
両国とも、自国の主張から逃れられない状況に陥っている。
日本側は1965年の日韓請求権協定で全ての問題は「完全かつ最終的に」解決されたとの立場だが、
韓国は安倍政権が呼び掛けた仲裁委員会の設置に応じず、両国企業の出資を柱とする提案を行った。

日韓という同盟国の間に緊張が生じた際に従来仲介役を果たしてきた米国の対応は鈍く、このままだと対立はさらに広がる公算が大きい。
今週にも日本は韓国を貿易上の優遇措置が適用される「ホワイト国」から除外する可能性があり、
そうなれば、輸出規制強化どころではない混乱が広がり、韓国で投資や雇用が縮小しかねない。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-22/PV17S06K50XS01
英語版原文
https://www.bloomberg.com/opinion/articles/2019-07-21/japan-s-hopeless-trade-war-with-south-korea

引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1563850103/

続きを読む No tags for this post.

【中国】「50超の外国企業が中国から撤退」北京は引き止めに奔走:アップル社や任天堂など

1: @くコ:彡 ★ 2019/07/21(日) 12:38:20.79 ID:qssRLXgN9
・50超の外国企業が中国から撤退 北京は引き止めに奔走

米中貿易戦争の影響で外国企業の中国撤退の動きが加速する中、北京市は引き止めに躍起になっている

米中貿易戦争は間もなく1年を迎え、この間にアップル社や任天堂など50を超えるグローバル企業が中国からの生産ライン撤退を発表している。

中国商務部の高峰報道官は11日、外国企業に大規模な撤退の動きはまだないと述べたが、報告によれば、外国企業だけでなく中国のパソコンなど電子機器メーカーも相次ぎ中国から拠点を移している。

シャープのパソコン子会社、ダイナブックの覚道清文社長は日本経済新聞に対して、「われわれは関税を避け、アメリカに製品を輸出する資格を維持し続けなくてはならない」と述べた。また「ダイナブックはノートパソコンのほぼ全量を上海に近い杭州で生産している。今のところ、アメリカによる第4弾の関税は緩やかな実施にとどまっているが、将来何が起こるか、またそれがいつなのかも分からない」と述べた。

アップル社も中国で生産する製品の15~30パーセントを占める携帯電話ついて、生産ラインを中国から撤退させる方針だ。同社がワイヤレスイヤホンAirPodsの試験生産をベトナム工場で開始する予定だという報道も出ている。こうした試験生産は将来の大規模生産の準備のために行われるのが通常だ。

また、アメリカのヒューレット・パッカード社(HP)とデル社も、ノートパソコンの生産量の30パーセントを東南アジアなどの地域に移動させることを検討している。家庭用ゲーム機大手の任天堂も生産ラインの一部を中国からベトナムに移動する予定だ。

https://img.epochtimes.jp/i/2019/01/31/c_ejoebc0lzhajcataqbsc.jpg

2019年7月20日 11:33 
https://www.epochtimes.jp/2019/07/45056.html

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563680300/

続きを読む No tags for this post.

【社会】シャープ、高齢者を刺激するために介護施設向けのゲームを提供へ 最低限の機器で5年25万円の使用料

1: ガーディス ★ 2019/07/22(月) 07:20:58.81 ID:58zruTkS9
 シャープは、介護施設向けに、高齢者が日常生活に関わる機能を訓練する際の業務を効率化できるサービスを8月1日に始める。認知機能を刺激する20種類のゲームを提供するほか、厚生労働省が定める、訓練に必要な一連の手順などを支援する。全国の「通所サービス」施設数のうち、約5%に当たる2800施設への導入を目指す。

 開始するのは「頭の健康管理サービス」。入所者の関心をチェックする「アセスメント」から「訓練結果の記録・管理・見える化」まで、生活機能訓練に要する業務を国内で初めて一貫支援できる。介護現場は人手不足が深刻化しており、高まる業務改善の需要を取り込む。

 最低限の機器と基本ライセンスを合わせた年間利用料は、5年リースで25万円程度(消費税抜き)を想定。これに人数に応じて生活機能訓練の業務を支援するサービスのライセンス料や、付随する機器の使用料が追加で必要となる。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16805532/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/9/e9387_1639_54757b52_86e82f10.png

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563747658/

続きを読む No tags for this post.

アベノミクス失敗!?仮想通貨には手を出すな

1: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2018/10/18(木) 08:59:45.15 ID:QF1uEoKw
異常な量的緩和により貨幣価値が破壊されている。やめときましょう。

引用元:http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/eco/1539820785/

続きを読む No tags for this post.

【NHKをぶっ壊す】#NHKから国民を守る党 #立花孝志 当選確実 ★8

1: ばーど ★ 2019/07/22(月) 08:50:48.92 ID:73j77oVK9
NHKから国民を守る党 1議席確保が確実に

NHKから国民を守る党は、比例代表で、1議席を確保することが確実となりました。NHKから国民を守る党は、今回の参議院選挙で、選挙区に37人、比例代表に4人の合わせて41人を擁立しこのうち比例代表で、1議席を確保することが確実となりました

2019年7月22日 4時15分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190722/k10012002641000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190722/K10012002641_1907220412_1907220415_01_02.jpg

NHK画像
https://i.imgur.com/YSLrbT1.jpg
https://i.imgur.com/Cybq6ND.jpg
https://i.imgur.com/58hAMiM.jpg
参考画像
http://2chan.tv/jlab-long/s/long190721223847.jpg

関連スレ
【NHK速報】NHKから国民を守る党、当選確実のNHK画面です
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563736397/
【参院選・N国】NHKから国民を守る党が議席獲得の見通し ★8
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563732606/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/f/5fe59_1585_ea43be48b0e39813a88d0a3c7aa8a269.jpg

★1が立った時間 2019/07/22(月) 03:30:53.70
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563748544/

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563753048/

続きを読む No tags for this post.

【経済】新聞「部数も広告収入も激減」の苦境…税金頼みの危うい実態

1: Felis silvestris catus ★ 2019/07/17(水) 17:53:41.17 ID:IRL4avWx9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00065899-gendaibiz-soci

部数も広告費も「激減」の末に

 「え!  1300万円の中面全面広告、たったの10分の1で受注したんですか……!?」

5年後、10年後に「生き残る会社/消えている会社」を実名公開!

 最近、ある全国紙の広告営業部門で交わされた、新聞の「紙面広告ダンピング」についての会話だ。

 日本新聞協会によると、2018年の新聞発行部数(10月時点まで)は3990万1576部と17年から約220万部も減少。14年連続の減少で4000万部を割り込んだ。1世帯当たりに換算すると0.7部しかとっていないことになる。

 読者層の高齢化も深刻で、新聞を主な情報源としてきた60代以上が購読者の大部分を占めるため、50代以下の現役世代となると、いまや購読していない世帯の方が多数派になるとみられる。

 前述した「広告ダンピング」の背景には、この発行部数・購読者数の減少がある。昨年度の新聞広告費は4784億円と、年間1兆円を超えていた2005年と比べて半分以下に。一方インターネット広告費は1兆7589億円に達し、もはやメディアの構造転換は決定的となった。

 かねて、新聞社側が販売店に本来必要な部数よりも多めに売りつける「押し紙」が問題視されてきたが、近年では少しでも発行部数を嵩増ししようと、ファミレスやホテルなどに無料か無料同然の価格で営業をかけるパターンも増えている。

 新聞の紙面広告で、スポンサーに要求できる価格の根拠は、いうまでもなく発行部数である。部数を水増しするための「涙ぐましい努力」に励んでいるにもかかわらず、それでもダンピングしないと、いまや新聞は広告クライアントが付かない状態なのだ。

 ある全国紙社員はこう嘆く。

 「読者の減少には勝てないということです。読者が減れば必然的に発行部数が減る。発行部数が減れば広告価値が下がって、必然的に発注主も減る。負のスパイラルですね。

 全国紙は今や、各社とも不動産収入やグループ会社のテレビ局の収益など、新聞事業以外の収入が経営を支えている状況です。もっとも、事業多角化については各種各様で、『発行部数最多』を誇る読売新聞は、残った紙の読者を囲い込む戦略をとっています。

 日本ABC協会の調べによると、18年11月時点で読売新聞が朝日と毎日の合計部数を抜きました。近年、読売は地方紙のシェアも奪いに行っており、業界内のガリバーとして君臨する気です。新入社員向けの挨拶でも、幹部が『ウチは紙でいく! 』と宣言していたそうですから、当面この方針を踏襲することでしょう。

 一方で朝日は、主な新聞購読者である40代以上をターゲットにした『Meeting Terrace』という『出会い提供ビジネス』を開始し、一部から批判を受けるなど若干迷走気味。毎日新聞は他の新聞と印刷受託契約を結ぶなど、背に腹は替えられないという切実さが窺えます」


選挙広告の原資は「税金」

 新聞と新聞広告を取り巻く現状が厳しいことはよくわかったが、選挙広告が新聞社にとっての「草刈り場」になってきたことは、一般にはあまり知られていない。

 国政選挙の各立候補者は、2段・幅9.6cmの広告を、選挙区内で発行されている任意の新聞に5回掲載できる。東京なら、朝日、読売、毎日、産経、東京の5紙に出すという形だ。比例代表選挙の名簿届け出政党の場合は、候補者が25人以上のならば44段までの広告を全額「公費」で掲載できる。


(略)

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563353621/

続きを読む No tags for this post.

ビットコインハッシュレートが過去最高を記録

ビットコインネットワークのコンピューティングパワーでマイニングの総計算量である「ビットコインハッシュレート」は過去最高を記録した。ハッシュレートが65.19 TH/sに達した。

昨年8月に過去最高を記録した際には、8月だけでビットコインハッシュレートは50%も上昇していた。ハッシュレートの上昇はマイナーの増加を意味している。

2018年は価格が2万ドルから5,000ドルへと大幅に下落していたにも関わらず新規マイナーが生まれていたということだ。

4102275


続きを読む No tags for this post.

7pay不正アクセス事件による「見えないお金」の信用度が変化?仮想通貨への影響は?

 

コンビニでのスマートフォンを利用したスマホ決済サービスが多くの人に利用され始め、

現金を使用しない生活が当たり前になってきた最中に、

大手コンビニチェーンのセブンイレブンが展開するセブン&アイ・ホールディングスが不正アクセスを受けました。

 

最大手のコンビニチェーンでの不正アクセス事件

 

日本国民のほぼ全員が知っている

と言っても過言ではない程の認知度を誇るセブンイレブン

そのセブンイレブンを展開しているセブン&アイ・ホールディングスが提供している「7pay」が不正アクセスにより、

被害者約900人、被害総額約5,500万円という大きな被害を出してしまいました。

この不正アクセスは、第三者が何らかの方法で7payを利用している人のアカウントを利用し、

クレジットカードやデビットカードで第三者が電子マネーのチャージを行い、

使用していたとの事です。

 

被害額に関しては、セブン&アイ・ホールディングスが全額保証すると会見で説明をしています。

 

「見えないお金」に対する不信感を増長?

仮想通貨に対して馴染みのない人にとって、

現金ではない身近な仮想通貨とも言える、

スマホでの支払い」が出来るという日常の利便さの裏側に、

不正アクセスという事件に巻き込まれる可能性が身近にあるという認識を持たせてしまったのは間違いありません。

 

今回の事件が及ぼす影響

今回の事件によって、見えないお金に対する不安感と同時に、

便利だったスマホ支払いが出来なくなったという不便さを感じる人が多くいると思います。

現金支払いに戻す人や、クレジットカードでの支払いをする人が増えるかもしれません。

しかし、多くの人は今まで当たり前に使えてた便利なサービスが使えなくなった場合、

代替となるサービスを探すと思います。

 

もし、私が同じ状況になった場合でも、

次に使える安全/安心/便利なサービスはないのか?と探し始めます。

 

新たなサービスへの流入増加

安全で安心かつ便利なサービスを探す。

その際に、大手企業の支払いアプリなどであっても、

不正アクセスによる被害が出てしまうという前例が、

今回のニュースにより生まれてしまいました。

 

そうなると必然的に安全性を重視するようになり、

自身で管理/運用が出来るという面も考慮して、

新たなサービスを探す人が多くなると思います。

 

結果的に、ビットコインなどの仮想通貨にたどり着く人が少なからず居るのではないでしょうか?

既に仮想通貨での決済が可能な店舗も増えてきており、

情報の流出や不正アクセスという面では、自身で管理する場合、

強固なセキュリティを誇るビットコイン。

 

今回の不正アクセス事件が、今まで仮想通貨やビットコインに対して興味がなかった人に対し、キャッシュレスという言葉が話題となり、

それに関連するビットコインを含めた「仮想通貨」という存在を認知してもらう為のきっかけになったかもしれません。

 

日本におけるキャッシュレス化

コンビニやちょっとした買い物では現金を使う人がまだ多くいますが、

金額の大きな買い物をする場合は現金以外での支払いが一般的になってきています。

 

加えて、世界と比べてキャッシュレス化が遅い日本政府は、

2020年のオリンピック開催へ向けて日本政府がキャッシュレス化の底上げを行う方針です。

今後、現金を使用しない支払い方法が一般的になった場合、7payなどのキャッシュレスだけではなく仮想通貨も並行し、世界のみならず、日本国内にも更に広がっていくと予想されます。

 

7pay不正アクセス事件による仮想通貨へのイメージまとめ

今回の事件は、電子マネーなどの見えない現金に対して良い印象を与える事件ではありませんでした。

しかし、今回の事件によって電子マネー以外の支払いサービスへの注目度が上がる可能性があります。

多くの被害を出してしまった7pay不正アクセス事件ですが、今後のキャッシュレスに関するセキュリティの重要性を見直す一つのきっかけとなったのかもしれません。

 

 

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【2019年5月16日のニュース】BCH、ハードフォーク後にバグ発見か…他

5月15日夜に予定通りハードフォークしたBCH(ビットコインキャッシュ)ですが、直後にバグを指摘されています。

それでは2019年5月16日(木)の仮想通貨ニュースをお送りします。

ビットコインキャッシュがハードフォーク、バグ発生も確認される

Bitcoin Cashハードフォークのアップグレードに問題がある可能性があるように、1ブロックあたりの送信数が少ないようです(最後の9ブロックでは0、コインベースの送信数を除く)。
私たちのmempoolは1622 txsを持っています

下のグラフはブロックあたりの送信数で、オレンジ色の線はハードフォークポイントです。

ビットコインキャッシュのハードフォークが予定通り行われました。

海外取引所BitMEXは、ハードフォーク後にバグがあったと指摘しています。

私たちの元の画像に小さなエラーがあります、2つのハッシュが正しくありませんでした

入出金停止を継続する取引所も

国内取引所でも入出金の延長をアナウンスする取引所が出ていますので、BCHを送金する場合は状況を事前に確認しておくことをおすすめします。

Binanceが再開、5万BNBばら撒き

先日ハッキングによるBTC盗難被害を受けたBinanceが再開し、コミュニティへの感謝として自社トークンBNBのばら撒きを発表しています。

To express our gratitude for the Binance community's unwavering support, we will be providing VIP level ups and holding a 50,000 BNB giveaway.


Binanceコミュニティの揺るぎないサポートに感謝の意を表すために、VIPレベルのアップを提供し、50,000のBNBプレゼントを開催します。

指定期間中に、1BTC以上の有効な取引を行ったユーザーが対象となっています。

Trade over 1 BTC to share a 50,000 BNB prize pool

Promotion Period: 2019/05/15 1:00 PM - 2019/05/18 0:00 AM (UTC)

All users with valid trading volume of 1 BTC or more (buy & sells) across any trading pairs on Binance during the promotion period will split a pool of 50,000 BNB.


1 BTCを超えて50,000 BNB賞金プールを共有する

プロモーション期間:2019/05/15 1:00 PM - 2019/05/18 0:00 AM(UTC)

プロモーション期間中にBinanceの取引ペア間で1 BTC以上の有効取引量(売買)を持つすべてのユーザーは、50,000 BNBのプールを分割します。

[aside type="boader"]

Binance(バイナンス)ハッキング事件の過去記事はこちら!

[kanren postid="5294"] [kanren postid="5305"] [kanren postid="5326"] [kanren postid="5347"][/aside]
[aside type="boader"]

参考·引用 :
Binance System Upgrade Complete: VIP User Promotion & 50,000 BNB Community Giveaway – Binance

[/aside]

プロボクサーのメイウェザー氏、不起訴に

This matter comes before the Court on Defendant Floyd Mayweather’s motion to dismiss (ECF No. 141), Defendant Khaled Khaled’s motion to dismiss (ECF No. 142), Defendant Steven Sykes’ motion to dismiss (ECF No. 140), and Defendant Steven Stanley’s motion to dismiss (ECF No. 157) the Plaintiffs’ First Amended Complaint.
After reviewing the parties’ written submissions, the record, and the applicable law, the Court grants the Defendants’ motions.


本件は、被告フロイド・メイウェザーの棄却申立て(ECF No.141)、被告Khaled Khaledの棄却申立て(ECF No.142)、被告スティーブン・サイクスの棄却申立(ECF No.140)、および被告スティーブンの前に出される。 スタンレーによる原告の第一修正訴状の棄却の申立て(ECF第157号)。
当事者の書面による提出物、記録、および適用法を検討した後、裁判所は被告の申し立てを認めました。

米SECがプロボクサーのFloyd Mayweather(フロイド メイウェザー)氏と音楽プロデューサーのDJ Khaled(キャレド)氏をICOの不正宣伝疑惑で起訴していた件で、裁判所が不起訴と判断しました。

宣伝費として両名に金銭を受け渡していた3名は詐欺ICO疑惑で5月に起訴されています。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
United States District Court for the Southern District of Florida - Omnibus Order on Defendants’ Motions to Dismiss SEC.gov | Two Celebrities Charged With Unlawfully Touting Coin Offerings

[/aside]

Liquid親会社、米国進出を発表

国内取引所Liquid by Quoine(リキッド バイ コイン)を運営するQuoineの親会社、リッキドグループが米国進出を発表しています。

金融庁の登録を受けた仮想通貨取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン、以下「Liquid」)」を運営するQUOINE株式会社を傘下に持つリキッドグループ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:栢森 加里矢、以下「リキッドグループ」)とVirtual Currency Partners(バーチャルカレンシーパートナーズ、以下「VCP」)は、米国市場進出のため、合弁会社 Liquid Financial USA Inc. (以下「Liquid USA」) を設立したことを発表しました。

今回の米国進出は、先般発表した10億米ドル(約1,110億円)以上の評価額を獲得し、日本で現時点で2社目となるテック系ユニコーン企業となったシリーズCラウンドにおける資金調達を背景に、Liquidの主要市場への参入の第一歩となるものです。

リキッドグループCEOの栢森加里矢氏(マイク栢森氏)は以下のように述べています。

「米国は仮想通貨業界にとって世界最大の市場のひとつであり、米国市場でのサービス提供については我々のコミュニティや取引先企業・機関投資家から広く関心を寄せられています。

今回の合弁会社設立とIQX社の買収は、我々の米国における事業展開を約束するものであり、プラットフォームの成長を加速するためにVCPと協力できることを楽しみにしています。

今回、2003年からGlobespan Capital Partnersで働いていた時代の私のメンターであり、Globespan Capital Partnersの共同創設者で元エグゼクティブマネージングディレクターであるBarry Schiffman氏と再び一緒に働けることを、個人的に大変光栄で嬉しく思っています。」

[text-right-st]Liquid by Quoine 公式サイト [text-right-ed] [aside type="boader"]

参考·引用 :
Liquid、米国市場進出を発表 - リキッドグループとバーチャルカレンシーパートナーズ、合弁会社を設立し米国市場進出へ -

[/aside] [set-news_under]No tags for this post.

ビットコインが90万円超え!主要アルトも急騰!

ビットコインが90万円の大台を突破しています!

さらにイーサリアムやリップル、ネムなど国内で取引可能な他の主要アルトコインも軒並み価格が急騰しています!

[aside type="boader"]

価格に関する昨日の記事はこちら!

[kanren postid="5387"][/aside]

ビットコインが90万円台へ

昨日まで88万円台に推移していたビットコイン価格が未明から上昇し、2019年5月16日(木)10:10現在で91万円台半ばに達しています!

主要な仮想通貨の価格が軒並み急騰!

また他の主要アルトコインも軒並み急騰しており、現在の価格は下記の通りです。

[aside type="boader"]
  • Ethereum(イーサリアム、ETH) - 約 2.89 万円
  • XRP(リップル、Ripple) - 約 50.038 円
  • XEM(ネム、NEM) - 約 8.987 円
  • Litecoin(ライトコイン、LTC) - 約 1.16 万円
  • Monacoin(モナコイン、MONA) - 約 124.664 円
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ、BCH) - 約 4.65 万円
  • Ethereum(イーサリアムクラシック、ETC) - 約 866.977 円
[/aside]

急騰はアビトラのチャンス!BTC以外の通貨もおすすめ!

先日の記事でもお話しましたが、価格が急騰or急落したタイミングでは、取引所間の価格に乖離(ひらき)が起こります。 タイミング良くその機会に出会えたら、ぜひアビトラでも利益を狙ってみましょう! ビットコインはブロック承認による送金時間のラグもありますが、日本国内で扱われているその他の通貨は軒並み「Bitcoin2.0」の「承認時間の短い」通貨が多いので、アルトコインでのアビトラも狙い目です! [aside type="boader"]

アビトラについて詳しくは先日公開したこちらの記事!

[kanren postid="5367"][/aside] [set-news_under]No tags for this post.

XRPが急騰!48円台半ばまでリップルの価格が上昇!

XRP(リップル)の価格が急騰しています!

XRP価格、48円台を突破

徐々に価格を上げ続けていたXRP(リップル)ですが、2019年5月15日未明から急激な価格上昇を始め、10:30頃の時点では48円台半ばまで達しています!

世界各国の金融機関や企業と次々に提携を進めていて、日本でも非常に人気のある仮想通貨「XRP」(Ripple、リップル)、これからの値動きにも要注目です!

XRP買うなら?おすすめの取引所!

[ex-jp-Coincheck]

こちらもおすすめ! - 「XRP有効化費用"全額"キャッシュバック」キャンペーン開催中!

[ex-jp-BITPoint] [campaign-bitpoint]No tags for this post.

【2019年5月15日のニュース】ビットコインキャッシュが本日夜にハードフォークを予定…他

本日はビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが控えています。
利用している取引所によっては取引や送受金が通常通り行えるところと、停止するところがありなど対応が異なりますので注意してください。

それでは2019年5月15日(水)の仮想通貨ニュースをお送りします。

ビットコインキャッシュが本日15日夜にハードフォークを予定

ビットコインABC 0.19.5がリリースされました!
5月15日のBitcoin Cashネットワークアップグレードはわずか1週間先です。
アップグレードがアクティブになる前に、あなたとあなたのビジネスが0.19.xにアップグレードされていることを確認してください。

Bitcoin Cash ABC(ビットコインキャッシュ、BCH)のハードフォークが、本日2019年5月15日夜に予定されています。

GitHubより引用した今回のハードフォークによる変更点は下記です。

Summary
When the median time past [1] of the most recent 11 blocks (MTP-11) is greater than or equal to UNIX timestamp 1557921600, Bitcoin Cash will execute an upgrade of the network consensus rules according to this specification. Starting from the next block these consensus rules changes will take effect:

Enable Schnorr signatures.
Allow Segwit recovery.
The following are not consensus changes, but are recommended changes for Bitcoin Cash implementations:

Automatic replay protection for future upgrade


概要 最新の11ブロック(MTP-11)の経過時間の中央値[1]がUNIXタイムスタンプ1557921600以上の場合、Bitcoin Cashはこの仕様に従ってネットワークコンセンサスルールのアップグレードを実行します。次のブロックから始めて、これらの合意ルールの変更が有効になります。

Schnorr署名を有効にします。
Segwitによる回復を許可します。
以下は合意された変更ではありませんが、Bitcoin Cashの実装に推奨される変更です。

将来のアップグレードのための自動リプレイ保護

今回のハードフォークの要点は、署名方式が従来のECDSA方式(ビットコインやイーサリアムでも採用されている方式)からSchnorr signatures(シュノア署名)方式へと変更されます。

他には、通常のアドレスからSegWitアドレスへ誤送信した通貨の回復も含まれています。

また将来的に推奨されるとして自動リプレイ保護も変更項目に含まれています。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
bitcoincash.org/2019-05-15-upgrade.md at master · bitcoincashorg/bitcoincash.org · GitHub Bitcoin ABC - Bitcoin ABC - Software for Bitcoin Cash nodes

[/aside]

ビットコインキャッシュハードフォークへの各取引所の対応まとめ

今回のハードフォークを受け、対応を発表している取引所のアナウンスをまとめました。

ビットコインキャッシュを保有している·トレードや送受金をしている方は注意してください。

coincheck(コインチェック)

bitbank(ビットバンク)

BITPoint(ビットポイント)

5月15日(水)16時からサービスの安定稼働が確認されるまでの間、ビットコインキャッシュに係る一部のサービスを停止させていただきます。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
2019年5月15日(予定)ビットコインキャッシュのハードフォークに向けた対応について(第二報) 重要なお知らせ【BITPoint】仮想通貨(ビットコイン)ならビットポイント 2019年5月15日(予定)ビットコインキャッシュのハードフォークに向けた対応について(第一報) 重要なお知らせ【BITPoint】仮想通貨(ビットコイン)ならビットポイント

[/aside]

GMOコイン

日本時間の2019年5月15日(水)21:00頃に、ビットコインキャッシュのハードフォークが予定されています。

当社では、上記のハードフォークの前後も、通常通りビットコインキャッシュのお取引、お預入、ご送付をご利用いただけます。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
5/15 ビットコインキャッシュのハードフォークについて | GMOコイン株式会社

[/aside]

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

2019年5月15日(水)にビットコインキャッシュ(BCH)のネットワークアップグレードが計画されております。

予定日時:2019年5月15日(水) 午後9時頃から (Unixtime 1557921600)

当社のレバレッジ取引において取扱うビットコインキャッシュ(BCH)はアップグレード予定日時の前後において、継続して取引を行っていただけます。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
ビットコインキャッシュ(BCH)のネットワークアップグレードについてのお知らせ – 【DMMビットコイン】仮想通貨を始めるならDMM Bitcoin

[/aside]

Liquid by Quoine(リキッド·バイ·コイン)

bitFlyer(ビットフライヤー)

SBI Virtual Currencies (SBIバーチャル・カレンシーズ)

Zaif(ザイフ)

2019年5月15日21時ころよりビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)のハードフォークが予定されています。これに伴い、Zaifではビットコインキャッシュの入出金を一時停止いたします。

ビットコインキャッシュのハードフォークに伴う対応について

・停止日時:2019年5月15日(水) 12時(正午)頃
・対応:BCHの入出金の停止

※BCH/JPY、 BCH/BTCのお取引は、通常通り稼働いたします。
※入出金の再開は、チェーンの安定稼動を確認した後に予定しております。再開の際には改めてご連絡いたします。
※停止予定時刻の変更が直前になって行われる可能性もございますので予めご了承ください。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
ビットコインキャッシュのハードフォークに伴う対応について | Zaif Exchange

[/aside]

FISCO(フィスコ仮想通貨取引所)

ビットコインキャッシュ・コミュニティによるビットコインキャッシュ・ブロックチェーン(以下BCH)のハードフォークが、2019年05月15日(水) PM 9時頃に予定されています。

〜中略〜

これに伴いFCCE では、BCHの入出金を停止いたします。

停止日時:2019年05月15日(水) PM 0時(正午)頃
対応:BCHの入出金の停止、新規アドレス取得停止
※BCH/JPY、 BCH/BTCのお取引は、取引所にて通常通り稼働いたします。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
BCHハードフォークに伴う入出金の一時利用停止について

[/aside]

bitFlyer、レバレッジ変更を5月28日(火)に実施すると発表

bitFlyer(ビットフライヤー)が先月26日にアナウンスし延長していたレバレッジ倍率の変更日を5月28日(火)とすることを発表しています。

[kanren postid="5270"]

同社公式サイトではサービス内容変更スケジュールが公開されています。

今回主に変更される点は下記の3点です。

1.新規発注のみ最大レバレッジ倍率を 15 倍から 4 倍に変更
2.追証発生の基準を証拠金維持率 80% から 100% に変更
3.追証発生時の追加証拠金預入までの日数を 3 銀行営業日から 2 銀行営業日に変更

レバレッジ倍率以外にも、証拠金維持率が80%から100%へ変更、追証が発生した場合の証拠金預け入れまでの日数が2営業日までとなっていますので、bitFlyerでFX取引をしているユーザーは注意が必要となっています。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
【重要】bitFlyer Lightning における証拠金取引のサービス内容変更のお知らせ - 株式会社 bitFlyer

[/aside]

Binanceがシステムアップグレードの為トレードを含み停止

海外取引所Binance(バイナンス)がシステムアップグレードを行う為、本日15日(水)正午から6時間〜8時間程度、取引や入出金を停止するとアナウンスしています。

先日ハッキング被害を受けたBinanceは出入金を停止中で、14日(火)の再開を目指すとアナウンスしていました。

[aside type="boader"]

前回のアナウンスについてはこちらの記事!

[kanren postid="5347"][/aside]

Binanceが公式ページにてアナウンスしている内容を一部抜粋したものを下記に記載します。

Binance will perform a scheduled system upgrade starting at 2019/05/15 03:00 AM (UTC). The upgrade will take approximately 6-8 hours.

Binance will suspend deposits, withdrawals, and trading during this period. Deposits that are not completed before the start of the upgrade will be processed after the upgrade is complete. Please allow some time for deposits to be reflected in your account following the system upgrade.


Binanceは2019/05/15 03:00 AM(UTC)からスケジュールされたシステムアップグレードを実行します。アップグレードには約6〜8時間かかります。

Binanceは、この間、預金、引き出し、および取引を一時停止します。アップグレードの開始前に完了していない入金は、アップグレードの完了後に処理されます。システムのアップグレード後、預金がお客様のアカウントに反映されるまでしばらくお待ちください。

今回のシステムアップグレードは、先の件にも関連したものと見られます。

Binance CEOのCZ氏も、ハッキング被害以後、再開へ向けて尽力している旨を度々Tweetしています。

最終ストレッチ、火曜日の午後11時、EST +数時間。 これまでのところ、忍耐、協力、そして支援に感謝します! 🙏🙏🙏

取引停止中は、通常どおり2時間ごとに更新します。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
System Upgrade Notice – Binance

[/aside]

米中貿易戦争の中ビットコインが本領発揮 - CNBC

Bitcoin is making its case an uncorrelated, safe-haven asset while mainstream markets tumble.


Bitcoinは、主流市場が低迷している間、その訴訟を無相関の安全な資産としています。

米中の貿易摩擦の影響でNYダウが下落し株安となり、主流のマーケットが崩壊する中でビットコインが本領発揮していると、Bitcoin emerges as a global hedge while stocks tumble in US-China trade war(米中貿易戦争の中、ビットコインが世界的なヘッジとして浮上)と題した記事の中でアメリカの大手ニュース専門放送局CNBCが報じています。

The world’s largest cryptpcurrency was up as much as 15 percent on Monday, hitting a high of $7,946.01, according to data from industry site CoinDesk. Meanwhile, U.S. equity markets were headed in the other direction. The Dow Jones Industrial Average fell as much as 696 points Monday and was on track for its biggest one-day loss since January.


業界サイトCoinDeskのデータによると、世界最大のcryptpcurrencyは月曜日に15%も上昇し、7,946.01ドルの最高値を記録した。一方、米国株式市場は他の方向に向かっていました。ダウ工業株平均は月曜日に696ポイントも下がり、1月以来の最大の1日の損失で順調に推移しました。

ダウ平均が696ポイント下がっている際に、反比例するようにビットコインが15%も上昇していると報じており、過去のキプロスなどを彷彿とさせる、資産を逃がす役割を担っている印象を受けます。

“While we do not see the direct flows of who is buying bitcoin, we can see that the bid for bitcoin in this latest run has coincided with a big down tick in the value of the Chinese Yuan versus the dollar.”


「誰がbitcoinを購入しているのか直接の流れは見えませんが、今回のrunにおけるbitcoinの入札が、中国人民元対ドルの値の大幅な下落と一致していることがわかります。」

今回の米中貿易摩擦(貿易戦争)は、米国が10日から2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品を対象に関税を25%に引き上げると表明しており、対する中国政府は13日、米国からの輸入品600億ドル(約6兆5000億円)相当に対し、来月1日から関税を課すと発表しています。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
Bitcoin emerges as a global hedge while stocks tumble in US-China trade war - CNBC
特集:米中貿易戦争 - AFP通信(L'Agence France-Presse、フランス通信社)
米中摩擦が激化、リスク回避で株安円高:識者はこうみる - ロイター

[/aside]

ビットコインETF、判断延長 - SEC

米証券取引委員会(SEC、SECURITIES AND EXCHANGE COMMISSION)はビットワイズ社が申請しているビットコインETF(上場投資信託)可否の判断を延期しました。(審査期限は5月16日)

SECでは今回の審査期限延期の発表とともにパブリックコメントを募集しています。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
May 14, 2019 Self-Regulatory Organizations; NYSE Arca, Inc.; Notice of Filing of Amendment No. 1 and Order Instituting Proceedings to Determine Whether to Approve or Disapprove a Proposed Rule Change, as Modified by Amendment No. 1, Relating to the Listing and Trading of Shares of the Bitwise Bitcoin ETF Trust - SECURITIES AND EXCHANGE COMMISSION

[/aside] [set-news_under]No tags for this post.

BTC価格が87万円まで上昇!アビトラのチャンス到来 – 取引所間の価格乖離を確認!

土日に84万円まで急騰したBTC価格がさらに上昇しています!

BTC価格が87万円超え

ビットコインの価格上昇が止まりません!

前回の急騰から間を置かずに、更に価格が上昇を続けています!

一時は90万円に届きそうな値上がりを見せ、2019年5月14日10:30現在では87万円からさらに上昇し88万円台に到達しています!

[aside type="boader"]

前回の価格に関するニュースはこちら!

[kanren postid="5342"][/aside]

価格急騰はアビトラのチャンス!?

仮想通貨の取引でよく聞く「アビトラ」とは、アービトラージの略です。

アービトラージとは、取引所間で生じる「価格差」を利用して利益を稼ぐ投資方法を指します。

単純な例で例えると、「取引所A」では1BTC = 86万円、「取引所B」では1BTC = 88万円になっている時に、取引所Aで1BTCを買って取引所Bへ送金し1BTCを売却すれば 2万円 の儲けになります。
※ 実際には送金手数料なども発生します。

本記事を執筆する際に国内取引所各社の価格をスクリーンショットしました。

2019年5月14日10:14頃の国内主要取引所の価格一覧です。

上の画像を見て貰うと一目瞭然ですが、同じ1BTCでも取引所によって価格が大きく開いています。

取引所ごとに価格を設定する仕組みが違う為、このような状態が発生することがありますが、通常だとここまで開くことはあまりありません。

ただ今回の急騰のような事態が発生すると、価格設定が追いつかずに取引所同士で価格が大きく乖離することがあります。

このようなチャンスの時にアビトラで儲けを出すことができます。

BTCが久しぶりに活気づいてきている今、現物·FXの他に、ぜひアビトラでも利益を狙ってみましょう!

↓↓アビトラ狙うならココしかない! - おすすめの「国内取引所」一覧!↓↓

今回のような急騰相場でも利益を出せるように、あらかじめ複数の取引所への登録を済ませておこう!

[ex_list_ja] [set-news_under]No tags for this post.

【2019年5月14日のニュース】Bakktがビットコイン先物取引のテスト予定を発表…他

ビットコインETFで有名なBakktが、とうとう開始に向けたテストを発表しました!

それでは2019年5月14日(火)の仮想通貨ニュースをお送りします。

Bakktが7月にテストを予定していると発表

世界最大の証券取引所であるNew York Stock Exchange(ニューヨーク証券取引所、NYSE)の親会社Intercontinental Exchange(インターコンチネンタル取引所、ICE)が手がける仮想通貨プラットフォームBakkt(バックト)が7月にビットコイン先物のテストを予定していることを正式にアナウンスしています。

User acceptance testing for bitcoin futures custody and trading planned for July

In conjunction with our exchange and clearing partners at ICE, we’ll be working with our customers over the next several weeks to prepare for user acceptance testing (UAT) for futures and custody, which we expect to start in July.
We’ll provide more details in upcoming posts, but we expect to use UAT to ensure that customers have time to onboard and can test the trading and custody model we’ve built to their satisfaction.


7月に予定されているbitcoin先物保管および取引のユーザー受け入れテスト

ICEの交換および決済パートナーと協力して、今後数週間にわたって顧客と協力して、先物および親権のユーザー受け入れテスト(UAT)の準備を進めます。これは7月に開始される予定です。
今後の記事で詳細を説明しますが、UATを使用して、顧客がサービスを受ける時間を確保し、私たちが構築したトレーディングおよびカストディモデルを自分の満足のいくようにテストできるようにします。

Bakktへの期待から度々ビットコイン価格にも影響を与えたとも見られていますが、今回のBTC価格急騰にも影響を与えている、いわゆる「Bakktへの期待上げ」ではないかとの見方もあります。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
Bitcoin Futures & Custody: Bakkt’s differentiated approach

[/aside]

米Conferenceで仮想通貨決済アプリを発表 - Flexa

米NY州に拠点を置くブロックチェーンのスタートアップ企業Flexa(フレクサ)が、アメリカで開催された大型のカンファレンスで仮想通貨決済アプリを発表し、すでに15のブランド(企業)と提携していることを併せて発表しています。

提携している企業にはAmazon子会社のスーパーマーケットチェーンWHOLE FOODSや、日本でもお馴染みのサーティワンアイスクリームを運営するbaskin robbins、革靴メーカーのREGALなども含まれています。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
The Flexa network is open for business – Flexa – Medium

[/aside]

CoinbaseがNY州でもXRP取引対応を発表

ニューヨーク在住のコインベースユーザーはXRP(XRP)を利用できます。
New Yorkersはログインしてhttp://Coinbase.comで、または当社のiOSおよびAndroidアプリを使用してXRPを購入、販売、変換、送信、受信、または保存することができます。

XRPが上場した日本時間2月28日時点ではイギリスと米ニューヨーク居住者はXRP取引が利用出来ない状態でした。

ユーザー数も多い米ニューヨークでもとうとうXRP取引が開始されたことになります。

[set-news_under] No tags for this post.

【2019年5月13日のニュース】週末のビットコイン高騰でBitMEXが過去最高取引高を更新…他

先週末の5月11日と12日は、ビットコイン価格が10万円以上も高騰する相場を迎えました。

それでは2019年5月13日(月)の仮想通貨ニュースをお送りします。

ビットコイン価格高騰、BitMEXは過去最高の取引高を記録

2019年5月11日から12日に価格が大きく上昇し84万円台に達したビットコインですが、海外取引所BitMEX(ビットメックス)ではその間に過去最高の取引高を記録したことを同取引所CEOがTweetしています。

ビットメックスが記録した取引高は100億3000万ドル、日本円でおよそ1兆1000億円に達します。

日本居住者は金融庁に登録済みの仮想通貨取引所しか利用できない為法律上BitMEXでの取引は出来ない状況ですが、同取引所は「レバレッジ100倍」が適用できるため非常に人気のある海外取引所です。

10日間で1年が決まる? - Thomas Lee(Fundstrat)

This week’s strong move on #crypto and especially #bitcoin is reminder $BTC historically generates its annual performance in 10 days.
Miss those 10 days and average return is -25%.

Reminder to #HODL


今週は#crypto、特に#bitcoinが力強い動きを見せており、$ BTCはこれまで10年間で年間パフォーマンスを上げています。
それらの10日間を欠場し、平均リターンは-25%です。

#HODLへのお知らせ

米Fundstrat(ファンドストラット)のトム・リー氏はTwitterにて、ビットコインは年間を通して10日という短期間で相場が高騰し、このような短期間での高騰によって高いパフォーマンスを維持してきたといいます。

また氏はこの10日間以外はHODL(いわゆるガチホ)しておくことをすすめるとしています。

「ショートスクイズ」多発か

もう一つの短い袋を絞ります。
このようにBitcoinを取引することで、17年の良い時期を思い出させることができました。
もっと楽しめませんでした。

海外の人気仮想通貨投資家DonAlt氏(ドン・オルト氏)はTwitter上で、今回のビットコイン高騰の背景に「ショートスクイズ」(相場の好転によってショート(売り)筋が損切りすること)があると指摘しています。

bitFlyerではサーキットブレーカー発動も

国内取引所bitFlyer(ビットフライヤー)では一時100万円を超えるなど市場価格と大きく乖離した価格となりました。

[aside type="boader"]

2019年5月11日、12日の価格については下記の記事!

[kanren postid="5342"][/aside]

この乖離を受けビットフライヤーのシステムではサーキットブレーカーが発動し、取引が出来ない(取引し辛い)状況が発生する事態となりました。
※ 2019年5月13(月)13:02現在は正常に戻っています。

サーキットブレーカー制度とは、誤発注等による価格急変防止の観点から、取引の一時中断を行う制度です。



発動条件 制限値幅の範囲外における価格での約定が見込まれる発注が行われた場合



中断時間 約 5 分間
再開方法 中断時間経過後、板寄せ方式により取引を再開

[aside type="boader"]

参考·引用 :
サーキットブレーカー制度 - ビットコイン取引所【bitFlyer Lightning】

[/aside]

avexがブロックチェーン活用の子会社を設立

音楽事業、アニメ事業、デジタル事業などで有名な国内の大手企業avex(エイベックス)が2019年5月9日に エイベックス・テクノロジーズ株式会社(ATS)を100%子会社として設立することを決議したと発表しています。

1.子会社設立の目的
当社グループは、「Entertainment×Tech×Global」をキーワードとして、テクノロジーを活かした新たなビジネスの可能性を追求しております。
そこで、テクノロジーの進化に伴う新たなIP(知的財産権)創造のあり方に呼応し、当社グループにおけるIPを軸としたデジタルトランスフォーメーションに寄与することを目的に、ATSを設立することといたしました。

2.子会社の概要(予定)
(1) 商 号 エイベックス・テクノロジーズ株式会社(英文表記:Avex Technologies Inc.)
(2) 本店所在 地 東京都港区南青山三丁目1番 30 号
(3) 代 表 者 代表取締役社長 岩永 朝陽
(4) 設立年月 日 2019 年5月14 日
(5) 主な事業内容 クラウド及びブロックチェーン技術を用いたIP(ゲーム、映像、音楽及びVR等)
並びにシステムの企画、開発、制作及び販売 等

発表の中の「主な事業内容」に「ブロックチェーン技術を用いた」との記述があり、同社は仮想通貨交換業関連以外でブロックチェーン技術分野への進出を表明した数少ない国内大手企業となります。

avex、テクノロジー分野を重要視か

また同社が5月10日に出したIR「市場環境の変化に応じた新たな注力領域について」によると、

「成長戦略2020」の目標値を取り下げ、新たな目標値を設定 2024年3月期 営業利益目標 200億円

との記載があり、同IR資料内の3つの主軸の一つにテクノロジーが据えられていることから、同社が今後本格的にブロックチェーン技術の分野へと進出してくる可能性が高いと見られます。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
ニュース|エイベックス株式会社 子会社設立に関するお知らせ - エイベックス 株式会社 市場環境の変化に応じた新たな注力領域について

[/aside]

火曜日に入出金再開か - Binance

先日巨額のビットコインがハッキングによって盗難されたBinance(バイナンス)が、停止中の入出金を今週火曜日にも再開するとアナウンスしています。

We aim to fully resume deposits and withdrawals on Tuesday.
The time will be communicated at a later stage, depending on how the testing goes.
This upgrade will require a trading halt. We will update you again tomorrow.


火曜日に入金と出金を完全に再開することを目指しています。
テストがどのように行われるかに応じて、時間は後の段階で伝達されます。
このアップグレードは取引停止を必要とするでしょう。明日また更新します。

CEOのCZ氏もコメント - 火曜日再開に向けて取り組んでいる

火曜日を目指して、それがまだアジアか太平洋の時間であるかどうかわからない。
それに取り組んでいます。

Binance CEOのCZが公式Twitterを引用する形で上記のコメントをTweetしています。

Tweetによると、アジア時間での火曜日か太平洋時間での火曜日になるかはわからないが、現在入出金の再開に向けて取り組んでいるとコメントしています。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
Binance Security Incident Update #3 | Binance Blog

[/aside] [set-news_under]

BTC価格が一時84万円まで上昇!現在は77万円台半ばに推移

先週末の金曜日は70万円手前を推移していたビットコイン価格ですが、土日にかけて急騰し一時は84万円をマークしました。

ビットコイン価格、一時84万円台をマーク

先週金曜日にあたる2019年5月10日17:15頃には69万円台半ばだったビットコイン価格ですが、その後どんどん上昇していき12日(日曜)の17:00頃には84万円台を記録、2019年5月13日10:57現在は77万円台に推移しています。

[aside type="boader"]

前回の価格についてはこちらの記事!

[kanren postid="5336"][/aside] [set-news_under]No tags for this post.

ビットコイン価格が急騰!69万円台へ!!

ビットコイン価格がさらに急騰し、一時は69.72万円にまで上昇しています!

ビットコイン価格70万円台目前に

本日午前中の上記記事からわずか数時間で、ビットコイン価格がさらに上昇し、2万円以上も価格を上げて2019年5月10日17:15現在69万円台半ばとなっています!

[aside type="boader"]

本日午前の価格に関する記事はこちら

[kanren postid="5319"] [/aside]

BTC価格に連動するように、その他の主要仮想通貨価格も軒並み上昇を見せており、仮想通貨市場は少し遅めの春をやっと迎えたといった印象です。

これからさらに70万円台や、100万円台といった熱いシーズンを迎えるかどうか、夏を間近に控える今、期待が高まります。

[aside type="boader"]

「新規登録」条件は本日2019年5月10日が締め切り!
仮想通貨するならコインチェックの超お得なおすすめキャンペーンを使い倒せ!

[set-news_under] [/aside]No tags for this post.

【2019年5月10日のニュース】Binanceの盗難BTCが移動、FacebookがPayPal出身者を多数採用…他

先日のBinanceハッキング事件の続報が届いています。

また独自仮想通貨が話題になっているFacebook関連では新しい情報が舞い込んでいます。

それでは2019年5月10日(金)の仮想通貨ニュースをお送りします。

バイナンス、盗難されたBTCの移動を確認 - The Block

先日Binanceで起きたハッキング事件により盗難されたビットコインが7つのアドレスへ送信されたことを海外サイトThe Block(ザ·ブロック)が報告しています。

The hacker who stole $41 million from Binance has consolidated the stolen bitcoin into just seven addresses.
Approximately 7,070 BTC was moved from Binance’s hot wallet in a single transaction on Tuesday consisting of 44 outputs  — 21 of which were Bech32 (Segwit) addresses and 99.97% of BTC was sent to the Segwit addresses.

The hacker has since consolidated BTC from 44 addresses to mere seven; six of which hold 1,060.6 BTC while one holds 707.1 BTC.
The addresses can be viewed here:


Binanceから4100万ドルを盗んだハッカーは、盗んだビットコインを7つのアドレスに統合しました。
火曜日の1回の取引でBinanceのホットウォレットから約7,070 BTC が移動しました。
そのうち 21出力はBech32(Segwit)アドレスで、99.97%のBTCはSegwitアドレスに送信されました。

それ以来、ハッカーはBTCを44のアドレスからわずか7つのアドレスに統合しました。
そのうちの6つは1,060.6 BTCを保持し、1つは707.1 BTCを保持します。
アドレスはここで見ることができます:

移動された7つのアドレスのうち、6つのアドレスには均等に1060.6 BTC、残り1つのアドレスには707.1BTCが入っていることが確認できます。

  1. bc1q2rdpyt8ed9pm56u9t0zjf94zrdu6gufa47pf62 (Bech32 address holding 1,060.6 BTC)
  2. bc1qx3628eh9tdnm0uzculu8k6r2ywfkc5zns2hp0k (Bech32 address holding 1,060.6 BTC)
  3. bc1qnf2ja3ffqzc3hskanjse6p8zag52fm6jgmmg9u (Bech32 address holding 1,060.6 BTC)
  4. bc1qw7g5uxxl750t0h2fh9xajwuxp4qt634yh3vg5q (Bech32 address holding 1,060.6 BTC)
  5. 16SMGihY94H8UjRcxwsLnDtxRt7cRLkvoC (P2PKH address holding 1,060.6 BTC)
  6. 1MNwMURYw1LkPnnpda2DQkkUsXXeKL9pmR (P2PKH address holding 1,060.6 BTC)
  7. bc1q3a5hd36jrqeseqa27nm40srkgxy8lk0v0tpjtp (Bech32 address holding 707.1 BTC)

※ 引用元のThe Blockでは上記のビットコインアドレスにblockchain explorersのBLOCKCHAIRへのURLが設置してありますので、本記事でも同じリンクを設置してあります。

ハッキングにより盗難された仮想通貨は、他の取引所に移動し換金されることが多いですが、バイナンスがすでに他取引所へ協力を呼びかけていることからその方法は難しいと思われます。

ブロックチェーンの特性上アドレスを追跡することが出来る為、ハッキング被害が発生すると追跡を開始する個人や企業も出てきますが、過去には盗難された仮想通貨がダークウェブにて販売されたこともあり、そのような場合には追跡は困難になります。

今後犯人が特定されることがあるのか、もしくは逃げ切るのか、今後の展開にも注目されます。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
Binance hacker consolidates the stolen bitcoin into just seven addresses - The Block

[/aside]

FacebookがPayPal出身者を多数採用、来四半期に独自通貨を発表か - Bloomberg

SNS大手のFacebbook(フェイスブック)がPayPal(ペイパル)出身者を多数採用したとBloomberg(ブルームバーグ)が報じています。

また同報道内でFacebookの独自仮想通貨発表(もしくは発行)が来四半期になるのではとの予想が立てられています。

The inner workings of Facebook Inc.’s blockchain team are still shrouded in secrecy, but it’s staffing up, according to people familiar with the group.
Those people said that its product, which Bloomberg earlier reported will be a type of cryptocurrency, could be announced as soon as next quarter.

Launched last May, Facebook’s blockchain unit now counts 50 employees.
A significant number of those employees—about one in five—used to work at a single company: PayPal Holdings Inc.
This quasi-reunion, driven by the group’s leader, former PayPal president David Marcus, is the latest signal of Facebook’s wider ambitions to integrate payments into its platform.


Facebook Inc.のブロックチェーンチームの内部の仕組みは依然として秘密に包まれているが、このグループに詳しい人々によると、スタッフが増えているという。
これらの人々は、ブルームバーグが以前に報告したその製品は一種の暗号通貨であると発表したが、来四半期にはすぐに発表される可能性があると述べた。

昨年5月に発売された、Facebookのブロックチェーン部門は現在50人の従業員を数えている。
かなりの数の従業員(約5人に1人)が単一の会社で働いていました。PayPalHoldings Inc.
グループのリーダーである元ペイパル社長のDavid Marcusに牽引されたこの準再会は、支払いを自社のプラットフォームに統合するというFacebookの幅広い野心の最新の合図です。

同紙は「Facebookが独自のPayPalマフィアを作っている」と形容しています。

Facebook’s Blockchain Team Is Assembling Its Own Mini-PayPal Mafia



The term “PayPal Mafia” was coined in the mid-2000s to describe the later feats of PayPal’s early team, whose members include now-tech luminaries like Elon Musk, Reid Hoffman and Peter Thiel.
Another, smaller PayPal mafia could be said to be forming in the Facebook blockchain group, which also includes Meron Colbeci, who worked with Marcus at PayPal in product management, as the group’s director of product, as well as Nate Gonzalez, who worked at PayPal on global peer-to-peer payments, and who Colbeci and Smedley helped recruit in October, one of the people said.


Facebookのブロックチェーンチームが独自のMini-PayPal Mafiaを組み立てている



「PayPal Mafia」という用語は、PayPalの初期のチームの後期の偉業を表すために2000年代半ばに作られました。
そのメンバーには、Elon Musk、Reid Hoffman、Peter Thielのような現在のハイテク著名人が含まれます。
もう1つの、より小規模なPayPalマフィアは、グループの製品ディレクターとしてMarcusのPayPalで製品管理を担当していたMeron Colbeciや、PayPalで勤務していたNate Gonzalezなど、Facebookのブロックチェーングループで形成されていると言えます。
世界的なピアツーピア支払い、そして10月にColbeciとSmedleyが採用を手伝った人物について、ある人は言った。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
Facebook’s Blockchain Team Is Assembling Its Own Mini-PayPal Mafia - Bloomberg

[/aside]

仮想通貨を差し押さえ、岐阜県警

駐車違反金を滞納していた男性の仮想通貨を岐阜県警が差し押さえ、換金·徴収したと複数メディアが報道しています。

REUTERS(ロイター)などの報道によると、男性が保有する仮想通貨約40万円相当を4月10日に差し押さえ、5月8日に徴収が行われました。

徴収額は、違反金1万5000円と延滞金9600円の計2万4600円としています。

男性は2014年8月に岐阜市内で駐車違反をした後、再三に渡る督促に応じなかったための措置とあり、男性の財産が他に確認出来なかった為としています。

2017年4月の改正資金決済法施行で、仮想通貨(暗号資産)は法律上財産として認められており、駐車違反に対し仮想通貨の差し押さえが行われたのは兵庫、埼玉に次いで3例目、中部地方では初となります。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
仮想通貨を差し押さえ、岐阜県警 - ロイター 駐車違反金滞納で仮想通貨を差し押さえ 「ほかに財産なく」岐阜県警 : 中京テレビNEWS 駐車違反金の滞納、仮想通貨差し押さえ 岐阜県警、中部初:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

[/aside]

世界の主要な仮想通貨取引企業が業界ブラックリスト作成へ - Bloomberg

アメリカ、シカゴで火曜日に行われた会議において、リップル社を含む世界の主要仮想通貨取引企業のグループが、疑わしい取引などに関与した企業などのブラックリストの作成案を提案したとBloomberg(ブルームバーグ)が報じています。

Firms including DRW Holdings Inc.’s Cumberland crypto unit, Mike Novogratz’s Galaxy Digital Holdings and Ripple discussed creating a blacklist of counterparties known to renege on trades or engage in nefarious activities, at a gathering Tuesday in Chicago.
An alternative suggestion was to establish an accreditation of firms in good standing as approved by a loose association of crypto businesses known as the Crypto OTC Roundtable Asia, or CORA.


シカゴでの火曜日の集会で、DRW Holdings Inc.のCumberland暗号ユニット、Mike NovogratzのGalaxy Digital Holdings、Rippleなどが、取引に悪影響を及ぼすまたは悪質な活動に携わっていることが知られている相手方のブラックリストの作成について話し合った。
代替案としては、Crypto OTC Roundtable Asia(CORA)として知られる暗号ビジネスの緩やかな関連付けによって承認されているように、企業を優良な状態で認定することが挙げられます。

[aside type="boader"]

参考·引用 :
Crypto Traders Ponder Blacklist to Keep Scammers, Thieves at Bay - Bloomberg Cointelegraph

[/aside] [set-news_under]No tags for this post.

ビットコイン価格が上昇し一時67万円台後半へ!

ビットコイン価格がさらに上昇し2019年5月10日10:48現在で67万円台となっています。

BTC価格、70万円台を目指し上昇を続ける

ゴールデンウィーク前から価格を上げ続けていたビットコイン価格の上昇が止まりません!

一時は67.72万円をマークしており、現時点の価格でもよもや70万円台まであともう少しといったところまで来ています。

ゴールデンウィーク前の5月23日時点の価格が約60万円だったので、この2週間足らずで7万円程の値上がりを見せたことになります。

[aside type="boader"]

前回の価格についてのニュースはこちら!

[kanren postid="5203"][/aside]

ネガティブなニュースに影響を受けていない印象

[aside type="boader"]

昨日のニュースはこちら!

[kanren postid="5305"][/aside]

ここ最近だと、黒い噂の絶えないBitfinex社が訴追された件や、Binanceが約45億円に上る7000BTCをハッキングにより失う事件などが起こっています。

2017年の仮想通貨バブルと言われていた時期だと、こういったニュースに強く影響を受けて価格を下げた印象のあるビットコインですが、2019年4月頃からはネガティブなニュースを物ともせずに価格を上げ続けている印象があります。

2017年に過去最高となる240万円台を記録したビットコイン、次はいつ、いくらまで価格を上げることが出来るのでしょうか。

そしてそれは2019年の今年になるのか。

今年もビットコイン価格からは目を離せなくなりそうです。

[set-news_under]No tags for this post.