ニュース

No tags for this post.

メキシコの大富豪がビットコインを購入|紙幣に価値が無くなると主張

 

Grupo Salinasの会長であるRicardo Salinas Pliego氏が、自身のポートフォリオの10%をビットコインにしたことが判明しました。

Ricardo Salinas Pliego氏は、メキシコで3番目に資産を持っている大富豪であることから、ビットコインの価格向上に影響を与えたのではないかと噂されています。

Pliego氏は、銀行が大量の紙幣を破棄する映像をTwitterで共有し、「紙のお金は何の価値もない、だからポートフォリオを多様化する必要がある」と述べています。

 

大富豪がビットコインをポートフォリオに組み込む

メキシコで3番目、世界で166番目に大富豪であるRicardo Salinas Pliego氏は、自身のツイッターで運用資産の10%をビットコインにしたと公表しました。

Pliego氏は、インフレによって紙幣の価値が無くなってきていると考えており、その対策としてポートフォリオを多様化することが必要だと述べています。

このような考えは、Pliego氏だけではなく他の富豪たちにも広まっていると考えられ、特にコロナ発生以降は今までの資産形成のあり方を改め直す傾向が顕著になってきています。

その為、今後もPliego氏のように資産の一部をビットコインに換えていく富豪は続々と登場するでしょう。

彼らは基本的に、特定の資産に全てを預けるということはあまりなく、大抵の場合は外貨や株、金や不動産など様々な資産に分散投資をしています。

これは、資産を増やすことよりも、減らさないことを意識している為です。

ですので、法定通貨や不動産が不安定になってきている今、ポートフォリオの一部を金融トレンドであるビットコインに換えるのは何ら不思議なことではないでしょう。

メキシコで仮想通貨流行か

Pliego氏が住んでいるメキシコでは、先月末に仮想通貨のデビットカードが登場しています。

元々メキシコは仮想通貨ユーザーが多いことで有名ですが、Pliego氏のツイートに触発されて仮想通貨に参入するメキシコ市民が更に増加するのではないかと囁かれています。

日本ではコインチェック事件以降、仮想通貨に対してネガティブな思考が広がっていますが、世界全体で見れば着実に仮想通貨が浸透しつつある為、まだまだ業界の伸び代はあるのではないでしょうか。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインが180万円突破!2021年末までに3000万超え予想の声も

ビットコインが2017年ぶりに180万円を突破しました!

[btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn]

ビットコインが180万円突破!

btcのチャート画像 参考:Coincheck

ビットコインの勢いが止まりません!

2021年の年末までに約3,300万円にまで上昇する可能性もあるとされています。

あのとき買っておけば…

と言うのはもう終わり!いますぐビットコインをゲットして、さらなる価格上昇を待ちましょう!!

Twitter上で盛り上がるみなさん

はじめての仮想通貨はCoincheck

[ex-jp-Coincheck] [kanren postid="5173"]

急騰情報をどこよりも早く受け取れるサービス

想像以上の急騰・利益確定の連続

今回のような仮想通貨市場の急騰情報をいち早く受け取れるサービスをご存知ですか?

クリプトマネージャーは業界No.1の急騰実績を誇る投資サポートサービスです。
次なる急騰情報をいち早くゲットしてください!

[aside type="boader"]
  • 業界NO.1の急騰実績
  • 的確な売買指示
  • 急騰通貨で大型利益!
[/aside] [btn class="lightning big"]公式サイトはこちら [/btn] [kanren postid="6142"] No tags for this post.

大口投資家は11月にビットコインを大量購入していた?衝撃のデータが明らかに

最近、企業や大口投資家によるビットコイン購入が話題になっているのをご存知のお方も多いかと思います。

彼らは、綿密な下調べのもとで投資をするので、企業や大口が参入することは、信頼性があることの裏付けにもなるでしょう。

そして、大口投資家がどの価格帯でビットコインを購入したかが分かれば、サポートラインや今後の価格予想がより明白になります。

そこで今回は、Whalemapが公開した大口投資家参入時期について紹介していきます。

 

機関投資家の参入時期が判明

大口投資家を監視しているWhalemapが、機関投資家がどの価格帯でビットコインを購入していたのか分析したデータを公開しました。

緑色の円は、10,000BTC以上保有している大口投資家がビットコインを購入した時期を示しています。

このデータを見ると、10月下旬から11月中旬にかけて、大口投資家の買いが集中していることが分かります。

Whalemapはこれを更に細分化し、14,914ドル、15,268ドル、15,355ドル、15,691ドル、16,278ドル、16,411ドルの価格帯が特に際立った動きをしていたことを伝えました。

高値の購入は信頼の裏付け

今のビットコインの価格は、一般投資家からするとかなりの高値に感じるかもしれません。

何故このような価格が高い時期に、大口投資家が大量にビットコインを購入するのだろうと疑問を抱く方もいるでしょう。

機関投資家や大口投資家は、一般人とは違って正確な情報や綿密な調査のもとで投資をします。

特にリスク管理については、何よりも重要視されています。

よく一般投資家がアルトコインや草コインで一攫千金を狙っているのを見かけますが、一般投資家が投資に失敗するのと、大口や機関投資家が投資に失敗するのとでは重さが異なるでしょう。

これまで企業やチームで培った資産を失うことだけは、何よりも避けたいと思うに違いありません。

つまり、彼らがビットコインを購入する時期というのは、ビットコインに絶対的な信頼性が生まれた時になるのです。

Paypalの参入や大企業の保有が後押しか

ではどのような時にビットコインへの信頼が生まれるのでしょうか。

ビットコインの技術やシステムは誰しもが認める素晴らしいものです。

しかし、このビットコインの特性を活かすには、人々がビットコインを受け入れなければいけません。

いくら素晴らしいシステムを有していても、そのシステムを誰も使わなければ、そこに価値は生まれないでしょう。

その為、ビットコインが信頼できるようになるには、ビットコインが世界に認められるきっかけが必要になってきます。

今回のケースで考えると、Paypalの参入やスクエアなどの大企業がビットコインを購入し始めたことが大きな要因と言われています。

特にPaypalの参入は、人々がビットコインを日常的に使うきっかけになる可能性がある為、大口や機関投資家は高く評価しているようです。

このような背景から、ビットコインへの信頼性や将来性が高まったと判断され、高値に思える価格帯でも大口の購入が押し寄せてきたのでしょう。

 

過熱感へ警戒を促す声も

この数ヶ月でビットコインが急成長した一方で、過熱感へ警戒を促す声も挙がっています。

ビットコインは、3月のコロナショック時と比べると4倍程度まで価格が膨れ上がっている状況です。

もしここで大きな調整が入ってしまうと、仮想通貨全体が大暴落する可能性があるでしょう。

特にコロナ改善による金融緩和の終了には注意をしなければいけません。

ファイザーのワクチン有効ニュースが出た際、一時的に暴落したように、コロナの状況によってはビットコインの向かい風になることもあるのです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

アメリカ人の友達「どうして日本人は、大事なオリンピックの会見をする時に日本語なんだい?」 ぼく「あわわ・・・」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/11/16(月) 17:52:16.218 ID:ktMfVcJF0
アメリカ人の友達「日本人のTOP(代表)は、英語も話せないのかい?」

ぼく「辛い・・・」

引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1605516736/

続きを読む No tags for this post.

【政府分科会】感染急拡大ならGoTo停止も コロナ「大流行に最大警戒」 [蚤の市★]

1: 蚤の市 ★ 2020/11/12(木) 21:24:50.28 ID:7M4RD0Kt9
 政府は12日、新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)の会合を東京都内で開き、全国的な感染拡大を踏まえ、大規模イベントの人数制限について来年2月末までをめどに継続することを決めた。尾身氏は記者会見で、感染状況が急速に悪化すれば、「Go To」キャンペーンの停止を政府に求める考えを明らかにした。

 各地の感染状況について、西村康稔経済再生担当相は会見で「大きな流行が来つつある」と述べ、「最大限の警戒」を呼び掛けた。現時点で緊急事態宣言を出す状況にはないとしながらも、感染増や病床不足が一層進めば、新型コロナ対策の特措法に基づく休業要請などが必要になると指摘。「それでもとどまらない場合、さらに強い措置ということになる」と警鐘を鳴らした。

 尾身氏も会見で、感染者が急増する状況を示す「ステージ3」に当たると判断すれば「『Go To』キャンペーンは当然停止だ」として、経済社会活動全般を制限するよう政府に求める意向を表明。「今が最後のチャンスだ」と感染対策の徹底を訴えた。
 この後、菅義偉首相は首相官邸で西村氏と田村憲久厚生労働相から感染状況に関する報告を受け、各都道府県知事と緊密に連携して爆発的な感染拡大を防ぐよう指示した。
 政府はプロスポーツなど大規模イベントの参加人数を段階的に緩和。今月末までの対策として上限を収容定員の50%に設定するなどしていたが、感染拡大の状況から来年2月末ごろまでの制限延長が必要と判断した。一方、飲食を伴う映画館での鑑賞などでは、会話時のマスク着用といった感染防止策の厳守を条件に満席を認めることとした。

 多くの人出が予想される正月の初詣は、三が日を避けた分散参拝を促し、参拝者に境内での食べ歩きを控え持ち帰りを勧めることで一致した。
 分科会では、クラスター(感染者集団)対策として在留外国人コミュニティーでの感染防止策を議論。専門家や関係省庁による対策チームを設置し、多言語での情報発信やSNSを活用した支援策を検討することを決めた。
 また、本格的な冬の到来を控え、寒冷地でも室内の換気や加湿が必要だと指摘。政府は今後、寒冷地でのさらに具体的な対策を検討する。

時事通信 2020年11月12日20時46分
https://www.jiji.com/sp/article?k=2020111200527&g=soc

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605183890/

続きを読む No tags for this post.

コロナワクチン完成はビットコインにとって悪材料!?価格上昇の抑制に繋がるか

昨今、コロナウイルスによるビットコインへの影響はプラスなのかマイナスなのか日々議論が絶えない状況が続いています。

そんな中、9日に発表されたファイザーのコロナワクチンが90%の効果を示したという報道を受けて、ビットコインの価格が一時下落しました。

今回は、何故コロナワクチンの吉報によって、ビットコインが下落したのかを解説していきます。

 

ビットコインの価格上昇の背景は価値の保存

日本時間9日夜ごろ、米製薬会社ファイザーが開発しているコロナワクチンで、90%を超える有効性が確認されたという報道を受け、株式市場は大暴騰を起こしました。

ダウ平均は一時30,000ドルを超え、日経CFDも25,000円を超える事態となり、ツイッターのトレンドにも挙がるほどの盛り上がりを見せたようです。

しかし、ビットコインは一瞬だけ株価に釣られて上昇をしたものの、その後は株価と反比例で価格が下落していく事態に陥りました。

コロナワクチンの有効性が認められた場合、経済の回復も期待ができるというのに、なぜビットコインの価格は落ちたのでしょうか。

その理由は、人々が価値の保存手段としてビットコインを購入していたことにありました。

コロナショック以降、ビットコインが順調に上昇していた背景には、今まで安定した投資手段だった株に不安感が漂い出したことや、絶対的な存在だった法定通貨に疑問が生じたことが大きな理由のひとつです。

コロナ第二波が来た際に再び株価が暴落することに対するリスクヘッジとしてビットコインを保有していた投資家も多いでしょう。

つまり、価値の保存手段としてビットコインは購入されていたのです。

株の優位性が再び高まる

ビットコインは価値の保存手段として評価されたと言いましたが、もしコロナワクチンが完成するとなると、再び株の優位性が高まってきます。

あくまでビットコインは資産の避難先だと考えていた投資家たちが、また株へ資金を戻していくことになるでしょう。

その為、初動は株価に釣られてビットコインも上昇したものの、次第に価格が下落していったと見られています。

他にも、金融緩和が止まるという思惑も、ビットコインにとってマイナス材料となったようです。

また、今回価格が下落したのはビットコインだけではありません。

ZOOMやNetflixを筆頭に、コロナ関連で価格を伸ばしていた銘柄も続々と暴落していきました。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

米ファイザーのコロナワクチンの治験結果の発表を受け、 株高からのNYダウが最高値を更新

bygoogle || []).push
No tags for this post.

ビットコイン懐疑派が続々とビットコインを認め出し始めたか

経済や金融の情報発信をしている大手メディアブルームバーグのジャーナリストであるTracy Alloway氏がビットコインを肯定するような発言をしました。

Tracy Alloway氏は、以前までビットコイン懐疑派として有名であった為、業界からは驚きの声が挙がっています。

半減期以降、価格の向上や大手企業の参入などにより、ビットコインに対する考え方は変わっていくのかもしれません。

 

ビットコインに対する考えが変化

ここ数ヶ月の間に、ビットコインに懐疑的だった人々が続々とビットコインに肯定的な考えを示すようになってきているようです。

ブルームバーグのジャーナリストであるTracy Alloway氏もその一人であり、彼は過去にビットコインに対して懐疑的な発言をしていました。

しかし、先日の投稿では、今はビットコインに強気で、これから価値が上がる金融資産だろうと述べています。

その理由として、中央銀行がお金を印刷し続けていることによって引き起こるインフレのヘッジであることや、資産運用会社が流れ込んできていることを挙げています。

他にも、ビットコインはより公正な社会、より包括的な金融システム、人々が自分の希望と夢を投影できるものと考えているようで、非常に完璧な金融資産であると認めました。

市場の考えも変化しつつある

ビットコインに対する考えが変わったのは著名人だけではありません。

一般投資家からの意見も変わりつつあるのです。

特に最近目立つのが、アルトコインしか保有していなかったユーザーが、ポートフォリオの一部にビットコインを組み込むようになったことです。

つい1~2年前までは、ビットコインの時価総額や1BTC辺りの価格に躊躇いを見せていたユーザーばかりでしたが、ビットコイン積み立てや少額の購入によって、少しずつ保有者が増え始めてきています。

SNSにも変化が見られ、アルトコイン中心だった話題から、ビットコインの将来性や可能性に対する発言が増えてきました。

このように、世間の認識が徐々に変わりつつあることも、ビットコインの価格が上昇している要因なのかもしれません。

 

トランプ氏に注目するユーザーも

ビットコイン懐疑派の中でも特に大物であるドナルドトランプ氏に注目をしているユーザーもいるようです。

トランプ氏は、過去に「ビットコインのファンではない」「アメリカドルの方が信頼できる」といった否定的な発言を数多く残しています。

しかし、大統領選挙の騒動によって、もしかしたらトランプ氏がビットコイン肯定派に寝返るのではないかと言われています。

その理由は、トランプ氏が選挙の集計方法に不正があったと疑っているからです。

現在の郵送投票では、結果の改ざんができる疑いがもたれています。

実際に、今回の選挙でも開票終盤に異様な偏りが発生するなど、不可解なことがいくつも起こりました。

世間でも、郵送や直接投票する方法はもう古いと考えている人が多く、今後はデジタルな投票方法に移行していくべきだという意見も挙がっています。

そこで注目を浴びているのが、ブロックチェーン技術です。

結果の改ざんなどができないブロックチェーンを活用すれば、不正も発生しませんし、結果に納得がいかないなんてことも起こりません。

その為、もしブロックチェーンが有効なのであれば、今回の選挙で非常に悔しい思いをしたトランプ氏がブロックチェーンに肩入れする可能性は十分あるでしょう。

そして、ブロックチェーンに肩入れするとなると、必然的にビットコインに対しても肯定的になっていきます。

トランプ氏は、世界で最も影響力を持つ人物と言っても過言ではありませんから、彼がビットコインに肯定的になれば、世界がビットコインを認めていく流れになるかもしれません。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【速報】日経平均株価、29年ぶりの高値 バイデン氏の勝利宣言受け 9日 [ばーど★]

1: ばーど ★ 2020/11/09(月) 09:24:57.21 ID:jAPdop0O9
株価29年ぶりの高値 米大統領選でバイデン氏の勝利宣言受け

週明け9日の東京株式市場、アメリカ大統領選挙で民主党のバイデン前副大統領が勝利を宣言したことで、投資家の間にひとまず安心感が広がり、日経平均株価は、先週6日の終値に続いて、取り引き時間中としても1991年11月以来、29年ぶりの高値となっています。

2020年11月9日 9時16分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201109/k10012701991000.html

引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604881497/

続きを読む No tags for this post.

witter社がトランプ潰しにいよいよなりふり構わなくなってきてて、見てて怖いんだが😰

bygoogle || []).push
No tags for this post.

アメリカ大統領選挙が討論も含めて熱心に報道されているのを見ると

bygoogle || []).push
No tags for this post.

今後10年でビットコインの普及率が90%に!?衝撃のデータが明らかに

ビットコインの普及率は2029年に90%に到達するだろう。

そんな強気な予想を暗号通貨ヘッジファンドであるOff The Chain Capitalが発表し、物議を醸しております。

今回は、Off The Chain Capitalの創業者ブライアン・エスティス氏がその根拠となる分析データを公開していたので、ご紹介させて頂きます。

 

今後10年でビットコインの普及率は90%に

暗号通貨ヘッジファンドのOff The Chain Capitalが、今後10年でビットコインの普及率が90%になるという予測をしました。

90%ともなると、一般家庭でも日常的に使われているレベルに相当しますので、あまり現実味が無いように感じるかもしれません。

確かに、ビットコインを使った決済は昔と比べると増えてきていますが、一般的に利用されるようになるかと問われると、Yesと断言できる人はほとんど居ないでしょう。

また、デジタルに疎い人間や、新しいテクノロジーに拒否反応を示す人間にビットコインを受け入れて貰えるとは考え難いです。

では、一体なぜOff The Chain Capitalの創業者ブライアン・エスティス氏は、このような大胆発言をしたのでしょうか。

実は、単なる適当な予想というわけではなく、ちゃんとした分析データをもとに算出した予測だったのです。

 

新しい技術が浸透する期間に一定の法則が


ブライアン・エスティス氏は、新しい技術はS字カーブの法則で浸透すると述べています。

S字カーブとはつまり、最初はゆったりとしているものの、一定のところまで到達した途端、急激に浸透速度が上昇することを意味します。

具体的に説明をすると、浸透率が0%から10%に到達するまでの期間と、10%から90%まで到達する期間は同じということです。

例えば、インターネットなどもS字カーブの法則に該当するでしょう。

インターネットも、最初はごく一部のマニアックな人間や、最先端の分野に興味を示す人のみが利用していましたが、その便利さが認知され始めてからというものの、一般人がこぞって利用するようになりました。

特にスマホが登場してからは、個人がいつでもどこでもインターネットを使えるところまで成長しており、子どもですら使いこなしている状況です。

当時の人々は、まさかこれほどまでにインターネットが普及するとは思いもしなかったでしょう。

このように、今はまだ世間に普及するとは思えないものでも、将来的に誰でも使えるものになる可能性は十分あるのです。

 

普及率を上げるには非中央集権の重要性を認知してもらう必要がある

ビットコインの普及率を90%まで伸ばすには、ビットコインの最大の特徴である匿名性や非中央集権を世間に理解してもらう必要があるでしょう。

特に、非中央集権のメリットを認知してもらうのはかなり難易度が高いと考えられます。

人々は、銀行のような中央集権に完全に慣れ切ってしまい、中央集権であることが当たり前であり最も信頼できるものと考えています。

非中央集権と聞くと、管理者が居ない?そんなもの信じられるか!と思う人々も少なからず存在するでしょうから、その根底を覆すのは非常に難しいかもしれません。

ですが、10%の人間が理解をしていれば、いずれはそのメリットが徐々に理解され始めていくことでしょう。

ビットコインは既にその10%の普及率をクリアしているとブライアン・エスティス氏は考えていますので、今後10年で急速に発展していくと可能性は十分あります。

また、最近では現金払いからキャッシュレス決済への移行もかなり進んできている為、案外ビットコインへの抵抗感というものは生まれないかもしれませんね。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.