仮想通貨ニュース

No tags for this post.

アルトコインが1000%上昇する?トム・リー氏がツイッターで解説!

直近でメディアで多くの分析を発表しているトム・リー氏ですが、21日に最新の分析を発表しました。

それによると、これからアルトコインの資金流入が起こる可能性があるとのことです。

要点

・アルトコインの季節
アルトコインへ資金流入が起こることを、専門家が「アルトコインの季節」と呼ぶことがあります。今年3月にはビットコインの相関性が薄れ、アルトコインが上昇する期間がありました。

 アルトコインの季節がやってくる?

1/2015 以来、alt-シーズンの開始のための「事前条件」の一つは、アルトコインとビットコインの相関関係の低下であり、

この相関の低下は、最近開始されました (チャートの下部とスケールが反転しています)

これは、alt-シーズンが進行中であることを提案するデータポイントです…

リー氏は21日、ツイッター上で相場に関する分析を発表。

それによると、アルトコインが上昇する期間(=アルトコインの季節)はビットコインの相関関係が薄れるときであり、直近で相関関係が薄れてきているとのこと。

そのことから、年内にもアルトコインが単独で上昇する相場が訪れる可能性があると指摘しています。

2/過去のアルトシーズンズ平均 1, 100% の利益 次の アルトシーズンは過去と同じくらい強くなりますか? おそらくわずか50ミリメートルのアクティブな財布 (vs 50億ビザ/マスターカードの行為) があることを考えると、我々はまだ採用曲線の早い段階で仮想通を考えています。だから、それは似ているはず

また、リー氏は過去に「アルトコインの季節」が訪れた際は、平均で1,100%の価格上昇になったと指摘。

次の上昇も似たような傾向になるのであれば、その可能性は十分にあると述べています。

17年の強気相場においては、リップルやイーサリアム、ネムやモナコインなどが400%から800%ほどの上昇をみせ、アルトコインがブームになったことがありました。

アルトコインの上昇率はビットコインよりも高いことで知られているので、今回もそのような上昇が起きることに期待したいですね。

 

「ビットコイン連動相場」は終わるのか

アルトコインの季節到来を知るひとつの指標がビットコインドミナンスです。

ビットコインドミナンス・・・市場全体の時価総額におけるビットコインの取引量の割合。18年の弱気相場からは50%以上の水準を誇っており、基本的に「ビットコイン連動相場」となっている。

依然、ビットコインドミナンスは50%以上を誇っており、仮想通貨市場の半分はビットコインの取引が占めている状況ですが、今後50%を切るようなことがあればアルトコインが上昇しやすい季節がくるかもしれません。

直近では3月にバイナンスコイン、ライトコインに顕著な上昇がみられたので、アルトコイン動向を追いたい方はチェックしたい指標であります。

アルトコインの季節到来!?eToro社マイティ・グリーンスパン氏が指摘!

 

まとめ

ファンドストラッド社代表、トム・リー氏によれば、直近の相場でビットコインとアルトコイン相関性が薄れつつあり、今後「アルトコインの季節」が到来する可能性があるとのこと。

これまで「アルトコインの季節」の上昇率は1,100%を記録しており、次の期間も同じくらい上昇する可能性があるとのことです。

その際に、ひとつの指標となるのがビットコインドミナンスなので、今後アルトコインが上昇していくことに期待したいですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/23】ビットコインは何円まで上がる?2日以降のレジスタンスを突破!

本日ビットコインが高騰し、2日以降のレジスタンスを突破しています。

次の上値メドをまとめました。

要点

・いよいよ最終ステージへ
ビットコインはいよいよ中長期的に重要な価格帯に接近しており、ここを超えてくると中長期的な上昇が始まる可能性が濃厚となってきます。

 ビットコインがいよいよ中長期で重要な価格帯へトライ

ビットコインは本稿執筆時点でおよそ3%上昇し、今月2日以降でレジスタンスであった5400ドルを突破。

対ドル価格で節目となる5500ドルも突破してきており、いよいよ5800ドルから6000ドルの価格帯にトライという形となっています。

ビットコインドル 日足 2018年5月~

なぜ、5800ドルから6000ドルが重要な価格帯になっているかというと、2018年はそこが鉄壁のサポートして機能していたからです。

しかし、11月の暴落によりサポートは決壊。

株や為替の世界でも、しばらくの間重要なサポートとして位置していた価格帯を一度割り込むと、今度は投資家が意識する重要なレジスタンスとなります。

また、チャート形状的に仮に6000ドルを明確に突破してくると、200日移動平均線を突破しているビットコインの中長期的なトレンド転換がいよいよ濃厚となってくるでしょう。

対円でいうと64万円から65万円が短期的な上値メドとなり、そこを超えてくるかが注目ポイントとなりそうです。

ビットコイン円 日足 2018年3月~

 

中長期的なトレンド転換の可能性濃厚に

2日の高騰以降、ビットコインは200日移動平均線を突破、チャート上では通常強気トレンドに転換したことを意味します。

そして、本日の上昇で2週間近いレジスタンスを突破したことから、さらにその可能性は高まったと言えるでしょう。

また、専門家からは複数のデータで市場がすでに底をつけ、中長期的な上昇トレンドに転換したとの指摘が相次いでいます。

昨日も、ファンドストラッド社代表、トム・リー氏がコインテレグラフのインタビューに答え、BMI指数の数値から市場がすでに強気トレンドに転換しているとの可能性を指摘しました。

「強気相場が始まる」!トム・リー氏がインタビューで発言!

今後相場は一時的に調整をはさむ可能性がありますが、中長期的には価格が上昇していく可能性が出ているので、上記に挙げた重要な価格を注視しつつ、今後も相場動向は要注目となるかもしれません。

 

まとめ

ビットコインは本日、大幅に上昇し、2日以降のレジスタンスであった5400ドル、節目5500ドルを突破してきています。

次の上値メドは中長期で重要な5800ドルから6000ドルのレジスタンスとなり、対円価格でいうと64万円から65万円となります。

多くの専門家が指摘するように、本日の上昇でビットコイン(仮想通貨市場)が中長期的なトレンド転換を果たした可能性は濃厚なので、今後も相場動向も要注目となりそうです。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「強気相場が始まる」!トム・リー氏がインタビューで発言!

コインテレグラフが22日、ファンドストラッド社代表トム・リー氏のインタビューを報道しました。

それによると、BMI指数が強気相場の始まりを示しているとのことです。

要点

・強気相場はすでに始まっているか
リー氏は自社で開発したBMI指数から、すでに市場の強気相場は始まっていると述べます。ただし、短期的な反落はあるとのことです。

 ファンドストラッド社代表トム・リー氏「強気相場はすでに始まっている」

トム・リー: ファンドトラートの感情指標は弱気市場でこれまで高くはありませんでした

コインテレグラフのインタビューに応じたトム・リー氏によると、BMIが67を記録したことからすでに相場は強気トレンドに転換したとのこと。

その理由として、2018年は一度も50を超えなかったことと弱気相場でこのような強い数値を記録したことはこれまで一度もなかった述べています。

BMI指数はファンドストラッド社が独自に開発した指数で、ボラティリティーや複数のデーターを加味して算出されています。

また、リー氏は最近になってビットコインウォレットと取引高がともに増加していることも強気相場の兆候だと述べています。

 

ただし短期的に価格は下落も

リー氏は先日もツイッター上でこのことを呟いており、その時はBMI指数が67を超えた述べました。

コインテレグラフのインタビューによると、67を超えたことは確かにトレンド転換の示唆を示すとのことですが、短期的には価格が下落する可能性が高いとのことです。

これまで、67を超えた際は6回中6回、最大で25%の価格の下落があったとのこと。

現在、ビットコインは5400ドルと良い値段をつけているので、一度価格が下落した後、今年中旬から本格的に価格が上昇していくというシナリオも考えられるかもしれません。

また、リー氏は200日移動平均線の突破にも言及しており、ビットコインのトレンド転換が予測していたよりも早かったと述べています。

価格が下落した際は、リー氏も指摘する200日移動平均線をサポートにできるか注目でしょう。

 

まとめ

トム・リー氏はコインテレグラフのインタビューの中で、BMIが67を超えたことから相場はすでに強気トレンドに転換したと指摘。

短期的には価格が下落する可能性もあるとのことなので、価格が下落した際は200日移動平均線といった重要なサポートに注目したいところ。

ただし、リー氏が述べるように、BMIからはすでに長期的な強気トレンドに転換しているとのことなので、今後押しをつくった際はそこから価格が上昇していくかに注目です。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/22】今週の仮想通貨市場はどうなる?ビットコインは引き続き上値トライへ!?

仮想市場は週末も横ばいの動きが継続しています。

今週の注目価格・ポイントをまとめました。

要点

・上値トライはあるか
週明けのビットコインは重要な価格帯に接近しており、今週も上値トライとブレイクが注目されるでしょう。

 ビットコインは節目60万円突破が今週も注目に

ビットコイン円 日足 4月~

週末のビットコインも堅調な推移を続け、20日には節目である60万円をトライしました。

以前からお伝えしている通り、60万円というのは対ドルで5400ドルとなり、2日の高騰相場以降重要な価格帯として位置しています。

現段階で価格推移で下落基調がないので、今週も60万円を突破できるかが注目となるでしょう。

仮に突破できれば市場全体が一段上でのレンジに推移する可能性があり、突破しない場合は横ばいの動くが今後も続くのかもしれません。

アルトコインに関しては、基本的にビットコインの方向に従って現在は推移しています。

 

22日の市場全体の時価総額

市場全体の時価総額は4日と11日に高値をつけた後は調整の展開となっています。

下値も堅くセンチメントとしては良好な状況が続いていますが、市場全体の時価総額が新高値を更新するにはビットコインのレンジブレイクが必要になるかもしれません。

 

南米取引は相場の新材料になるか・規制動向も注目

先週はBakktの進展がみられるニュースがありましたが、直近で相場を動かすような大きな材料はみられません。

そんな中、注目したいのが南米での取引です。

 

今年に入り、政局不安・経済懸念からブラジルやメキシコといった国々でビットコインの取引が増加していることが指摘されています。

仮にこのような状況が継続すれば、市場の下値を支える材料になるかもしれません。

また、今後仮想通貨市場が堅調な推移を続ければ、このような傾向はますます顕著になる可能性があるので、もうしばらくの間注目でしょう。

先週はフランスの保険業界が仮想通貨投資を解禁したことが話題になりました。

 

6月には大阪でG20が開催されることもあり、世界各国の規制動向に進展がみられる可能性があるので今後も注目です。

 

まとめ

ビットコインは2日の高騰相場以降、54万円から60万円のレンジ推移を引き続き継続。

現在もセンチメントは良好な状況が続いているので、今週以降も60万円を突破できるか注目となるでしょう。

仮に突破した場合、市場が一段高になる可能性はおおいに考えられます。

直近では市場の推移をあらわすかのように、特段めだった材料もみられませんが、最近顕著になってきている南米での取引増加が継続するかは今後もひとつの注目ポイントとしておさえておいて良いかもしれません。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/20】アルトコインの今後は?リップル・イーサリアム・ビットコインキャッシュ

ビットコインが横ばいの動きを続ける中、アルトコインの状況はどうでしょうか。

リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュの今週の値動きをまとめました。

要点

・横ばいながらも底堅い動き
市場全体としては新高値更新はみられないものの、底堅い推移が継続しています。来週以降も市場を牽引するビットコインの動きに注視しつつ注目でしょう。

 リップル・イーサリアム・ビットコインキャッシュの値動きまとめ

まず、全体の動きとしては引き続きビットコインのレンジに注目でしょう。

ビットコインは横ばいを継続していますが、下値は底堅く来週以降もレンジブレイクが注目されます。

アルトコインに関しても、基本的にはビットコインの値動きに従っているので、動向に注目です。

なお、ビットコインの値動きについては下記の記事でまとめてあります。

【4/13】下落した価格の今後は?ビットコインは55万円をサポートにできるか!

 

イーサリアム

イーサリアムドル 1時間足 4月~

イーサリアムは2日の高騰相場以降、ややヘッド&ショルダーのようなフォーメンションで推移。

これまでの高値は180ドルであり、そこを明確に超えてくるかが来週以降のポイントとなりそうです。

サポートは明確で150ドルミドルに位置しています。

今のところ、そこを割り込むセンチメントではありませんが、価格が下落した際は注目の価格帯となるでしょう。

 

リップル

リップルドル 日足 2018年9月

リップルは主要なアルトコインと違い、未だに中長期的な指標である200日移動平均線を突破していません。

本日時点で200日移動平均線は0.37ドルで推移、対円価格だとおよそ42円となります。

来週以降、仮にこの価格帯を突破すれば価格が急騰する可能性があるので、引き続き注目でしょう。

 

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュドル 1時間足 4月2日以降

直近で好調な推移を続けているのがビットコインキャッシュです。

ビットコインSVが上場廃止になったことにより、資金が流入しているといった指摘もあります。

コインマーケットキャップの時価総額ランキングもライトコインを追い越し4位に浮上しています。

ただ、チャートはややわかりずらい形状に。

短期的なサポートは280ドルから節目300ドル、上値は330ドルを超えていけるかが来週の焦点となりそうです。

 

まとめ

今週のアルトコインは、ビットコインと同じく新高値更新はみられないものの、下値も高い展開に。

来週以降も注目の価格帯を超えて価格が上昇していけるかが注目となるでしょう。

ただ、全体の動きとしては引き続きビットコインの値動きが鍵を握ってきます。

なので、現在揉み合いを続けるビットコインの値動きも注目となるでしょう。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

先物ローンチ目前!?Bakktが金融ライセンス取得を検討していることが明らかに!

ブルームバーグの報道によると、Bakktが金融ライセンスの取得を目指していることが明らかになりました。

市場は現在材料視していませんが、動向次第では市場に影響を与えるかもしれません。

要点

・Bakktの先物ローンチ
本来は今年1月にローンチされる予定であったBakktのビットコイン先物ですが、CTTC(米先物取引委員会)の審査でローンチが大幅に遅れています。

 Bakktが金融ライセンスの取得を検討か

アイスの Bakkt には問題がある。ニューヨークの仮想通貨ライセンスはそれらを修正するかもしれません。

ブルームバーグが報じたところによると、Bakktは現在ニューヨークの金融ライセンス取得を検討しているとのこと。

これはすでに指摘されていたことであり、今年3月にもウォールストリートジャーナルが、Bakktのローンチが大幅に遅れる可能性を指摘していました。

Bakktローンチが大幅に遅れる!?ウォールストリートジャーナル報道で!

ローンチが遅れている理由としては、Bakktがビットコイン現物を保管するからですが、簡単にいうと現物を保管すること自体に規制上の問題が生じているということです。

そのため、今回Bakktはライセンスを取得し、正式なカストディアン(仮想通貨保管サービス業者)として認めらることを目指すということです。

ブルームバーグの今回の報道はあくまで関係者筋の話ですが、仮に本当だった場合、ローンチへ向けて一歩前進ということになりそうです。

ただ、本来は今年1月に報道される予定ではありましたが、この報道を見る限り、正式なローンチはまだ先になると考えておいた方が良いかもしれません。

 

松田氏が指摘する報道の重要性

先日SBIから出資を受けた国内仮想通貨メディア「FXCoin」のシニアアナリスト松田康生氏は報道に対し下記のように言及しています。

Bakktの始動が遅れている一因はCFTCの承認が遅れているからだが、その理由は、取引自体はICE傘下のCFTC監視下の先物取引所で行われるが、現物との決済をBakktという一般企業、すなわち規制外で行うことに懸念を示していたもの。そこで、Bakkt(ないしグループ企業)がカストディー免許を申請するのは大きな一歩で、市場はこの材料をあまり織り込み切れておらず上値余地あるが、始動はまだ先でその余地も限定的か。

参照元:https://news.fxcoin.jp/detail.php?id=456

松田氏が述べるように、現在の市場への影響は限定的ですが、仮に今後Bakktがライセンスを取得したという報道があれば、いよいよローンチが間近ということになります。

その場合、市場の価格にも影響がある可能性があるので、引き続きBakktの動向は注目となるでしょう。

 

まとめ

ブルームバーグが報じたところによると、Bakktは現在、ニューヨークの金融ライセンス取得を目指しているとのこと。

その大きな理由は、「ビットコイン現物受け渡し型先物」という新しい金融商品に対し、規制上の問題が生じているからです。

今後の動向次第では市場に影響があることも考えられるので、今後もBakkt先物ローンチは注視すべき材料となるでしょう。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

SkypeでXRP決済が可能に!?前向きに検討していることが明らかに!

仮想通貨格付け機関Weiss Ratingsによると、現在スカイプがXRPを含む仮想通貨決済導入を検討しているとのことです。

実現すれば、XRPの普及や実用化の向上が期待されます。

要点

・仮想通貨の実用化
このような既存の有名サービスでの仮想通貨決済採用は、認知度を高める上で非常に重要な要素となります。まだ実現段階には至っていませんが、今年に入って議論は加速しているので引き続き注目です。

SkypeがXRP決済を導入検討か

すぐにSkypeへ統合されます。ユーザーにメッセージを送信するために彼らの XRP アプリのための3億ユーザーへのアクセスを拾います.XRP TipBot すでに使用することができます。

Weiss Ratingによると、仮想通貨XRPを利用した投げ銭システム「XRP TipBot」が近い将来Skypeで採用される可能性があるとのこと。

実現すれば、300億人近いユーザーがXRPを使うことが可能になり、同通貨の流動性や認知度の向上が期待されます。

事の発端は3月20日にSkype掲示板へ投稿された記事がきっかけとなっており、運営サイドがその投稿へ返事し導入を検討しているとのこと。

また、SkypeはXRPだけでなく、全体的な仮想通貨決済の導入を検討している最中とのことです。

 

XRP最新動向

XRP・リップル社動向としては、引き続きxRapidの採用がメインテーマとなっています。

ついにSWIFTからリップルへ!?MercuryFXがXRP(xRapid)を使った送金に成功!

先日も、リップル社幹部Asheesh Birla氏がxRapidの対象地域拡大を目指していることを公式インタビューで発言しました。

現在、xRapidが使用されているのは、メキシコ・フィリピンのみとかなり限定的となっていますが、対象地域が増えたらさらなるXRP重要の高まりが期待できそうです。

それに加えて、今回のSkypeの報道にあるような、XRP決済サービスも今後はひとつの焦点となるかもしれません。

これは、XRPに限ったことではありませんが、今年に入りディーカレットが仮想通貨でのスイカチャージを検討するなど、仮想通貨の実用化の議論は急展開をみせているので、今後も何かグッドニュースが入ってくることはおおいに考えられるでしょう。

 

まとめ

仮想通貨格付け期間Weiss Ratingによると、Skypeは現在、仮想通貨XRPを利用した投げ銭システム「XRP TipBot」でのXRP決済を検討しているとのこと。

仮に実現されれば、300億人近いユーザーがXRPを使うことが可能になり、同通貨の流動性や認知度の向上が期待されます。

XRP動向においては、今年はxRapidの進展が大きなテーマとなっていますが、それに加えこのような決済サービスの充実も、今後は重要になってくる可能性が高いので、それとともに価格が上昇していくのにも期待したいところですね。

 

【XRPも購入可能】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、XRPに関しては、今月の価格推移が好調で、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

堅調な相場を専門家はどうみる?3名の見解まとめ!

2日以降、好調な推移をみせる仮想通貨市場ですが、専門家はどのように見ているでしょうか。

直近に出た3名の専門家の見解をまとめました。

要点

・トレンド転換の指摘も
専門家の中には、2日の高騰で市場が中朝的にトレンド転換を果たしたとみるものもいます。

 堅調な価格推移を続ける市場の専門家見解まとめ

今回紹介するのは仮想通貨投資会社CEOブライアン・ケリー氏、フォロワー26万人を誇るトレーダー、ピーター・ブラント氏、ファンドストラッド社代表トム・リー氏です。

いずれの専門家も好調な仮想通貨市場に対しトレンド転換の可能性を指摘しています。

 

仮想通貨投資会社CEOブライアン・ケリー氏:「ターゲットは6000ドル」

【4/3】ビットコインは何円まで上昇する?アナリストの見解も考察!

2日に相場が高騰してから、すぐにCNBCへ出演したブライアン・ケリー氏。

同氏によると、最初のターゲットは6000ドルとのことで、2週間近く経過し、その予想はかなり的を得たものとなりました。

また、ケリー氏は高騰要因として機関投資家の関心の強さを指摘しています。

 

ファンドストラッド社代表トム・リー氏:相場は3000ドルで底入れの可能性

バイナンスが仮想通貨市場の底入れを指摘!トム・リー氏もBMIを用いた分析報告!

リー氏は、先日ツイッター上で最新の分析を発表しました。

それによると、独自で開発した「BMI指数」が2日の高騰相場で2016年最以降の最高値を記録したとのこと。

これは今後価格が上昇・下落、どちらの可能性もあり得る数値とのことですが、複合的な要因からリー氏はすでに相場がトレンド転換を果たしたと述べています。

この「トレンド転換」とは短期的なものでなく、長期的なものなので今後の相場動向に注目です。

 

フォロワー26万人を誇るピーター・ブラント氏:2年のうちにビットコインの価格が550万円

ビットコインが数年で550万円に!?40年以上の実績をもつベテランアナリストが分析!

2018年の価格下落を言い当てたピーター・ブラント氏は、ツイッター上で最新の分析を発表しました。

それによると、現在の相場は2015年の動きに似ており、すでに長期的なトレンド転換を果たした可能性があると指摘しています。

さらに驚くのは、前回と同じサイクルで価格が上昇するのであれば、次のビットコインの最高値は550万円になるとのこと。

ブラント氏もリー氏と同じく、長期的なトレンド転換を指摘しているので、今年後半から終盤にかけての相場動向は注目となるかもしれません。

 

まとめ

2日以降の相場でポイントとなるのが、中長期で重要な指標となる「200日移動平均線」です。

ビットコインは現在、200日移動平均線を超えており、チャート上では上昇トレンドの中にあるといえます。

さらに上記で紹介した専門家らも、他のデータから相場のトレンド転換を指摘しています。

これらの専門家の見解が必ずしも正しいとは言えませんが、2日の高騰以降ではこのような指摘が多くみられるので、今後も価格動向は注目となるかもしれません。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

南米の資金流入が米ドルを超える!価格上昇の要因とみる向きも!

仮想通貨データサイト「Cointrader Monitor」によると、ブラジルのビットコイン取引量が米ドルを一時的に超えたとのことです。

新興国とビットコインの関係については、引き続き重要な局面が続きそうです。

要点

・新興国と仮想通貨
新興国では政局不安により、仮想通貨が買われるという現象が昨年からみられます。既存の金融市場にとってはネガティブですが、仮想通貨市場にとってはポジティブな要素となるので、今後も注目でしょう。

 ブラジルでビットコイン取引量が急上昇

ブラジルは10万ビットコインを取引し、ラテンアメリカの記録を打つ

Cointrader Monitorが10日に報告したデータによると、南米ブラジルにおいて当量が10万BTCを超えたとのこと。

さらにレアルでの取引量は過去24時間で4.75億ドル(530億円相当)に上り、米ドルの取引量を一時的に超えたとのことです。

この背景には、当日同国のGDPが前月比で減少したことにより、経済的な懸念からビットコインの買い需要が一時的に高まったとみる向きもあるようです。

 

新興国と仮想通貨の関係は今年も重要な材料か

ブラジル以外でも、昨年からトルコ、ベネズエラ、メキシコといった新興国では政局不安から自国通貨の暴落が起きており、その際に仮想通貨の取引量が急増するという現象が起きています

今年も、不安定な状況が継続しているため、仮想通貨市場にとっては引き続き重要な要素となるかもしれません。

なぜトルコリラが暴落すると仮想通貨が下落するのか!?今、金融市場に何が起こっている?

また、直近では2日の高騰相場により、仮想通貨市場がトレンド転換を果たしたという向きもあります。

仮に今後も好調な価格推移が継続すれば、政局不安が続く新興国にとって自国通貨よりも仮想通貨の方が信頼度が高いといった向きが加速する可能性があります。

そのため、新興国からの資金流入は仮想通貨市場が低迷していた昨年よりも加速する可能性はおおいにあるでしょう。

あくまでこちらは考察にとどまりますが、今年も引き続き新興国と仮想通貨市場の関係が重要なのは間違いないので注目です。

政局不安が長引けば、新興国にとって、仮想通貨の立ち位置がより大きくなる可能性はじゅうぶんにあります。

 

まとめ

Cointrader Monitorが10日に報告したデータによると、当日のブラジルレアルでの取引量が10万BTCにのぼり、米ドルの資金流入を超えたとのこと。

仮想通貨市場は良好な状態が継続していますが、今後も継続すれば、新興国からの資金流入はさらに増す可能性が考えられます。

昨年からトルコ、ベネズエラ、ブラジル、メキシコといった政局や経済が不安な地域で一時的に仮想通貨取引が急増するといった現象が起こっているので、引き続き仮想通貨市場にとっては需要なテーマとなるでしょう。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインキャッシュ騒動まとめ!SBIバーチャルカレンシーは取り扱い廃止へ!

16日、バイナンスがビットコインキャッシュSVの上場を廃止すると発表しました。

今回は、事の発端と、上場廃止に至ったまでの経緯と今後についてもまとめました。

要点

・ビットコインキャッシュSV
ビットコインキャッシュSVはビットコインキャッシュが昨年11月にハードフォークして誕生した通貨。グループを牽引する

バイナンスやシェイプシフトがビットコインキャッシュSV上場を廃止

バイナンスは昨日にビットコインキャッシュSVの上場廃止を発表。

まとめは下記になります。

①昨年11月ビットコインキャッシュがハードフォーク→「SV」と「ABC」に分岐
②事の発端は4月12日、SV派を率いるクレイグ・ライト氏が「ライトニング聖火リレー」を提唱者@hodlonautを訴訟すると発言
③これにバイナンスCEOザオ氏が激怒し上場廃止を示唆
④廃止運動は世界中に広まるも、批判の声も
⑤16日にはSBIバーチャルカレンシーがビットコインキャッシュ(ABC)の取り扱い廃止を発表

上場廃止はバイナンス以外に、シェイプシフトが発表した他、クラーケンでは現在廃止をめぐるアンケートを実施中です。

このように、廃止運動は世界中に広まるものの、ネットの一部では取引所主導の全体主義的な運動に批判の声も出ているようです。

おそらく、バイナンスが上場廃止したことによりこれ以上事態に進展があることは考えずらいですが、騒動が収まるまでは動向を注視したほうがよいでしょう。

話が少しややこしいですが、国内取引所で取引されている「ビットコインキャッシュ」は「ビットコインキャッシュABC」を指します。

 

市場への影響は限定的?SBIはビットコインキャッシュの取り扱い廃止へ

なお、本日時点での市場への影響は限定的といえます。

ここ数日間の下落は、この騒動が要因とする向きもありましたが、本日は価格が上昇しているからです。

ビットコイン円 1時間足 4月

また、騒動の続きとして国内取引所SBIバーチャルカレンシーがビットコインキャッシュの取り扱い廃止を発表。

これは、バイナンスが廃止した「ビットコインキャッシュSV」ではなく「ビットコインキャッシュABC」の方です。

SBI側はマーケットの縮小や、51%攻撃の懸念から取り扱いを廃止したと説明していますが、裏では今後もビットコインキャッシュSVの騒動が起こることを鑑みた上でしょう。

 

まとめ

バイナンスは16日、ビットコインキャッシュSVの上場廃止を発表。

これに関連するかは定かではありませんが、国内取引所SBIバーチャルカレンシーは昨日ビットコインキャッシュABCの廃止を発表しました。

現時点で市場への影響は限定的ですが、騒動がおさまるまではどうなるかわからないので、今後の動向もチェックしておいた方が良さそうです。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨市場の底入れ「濃厚」!?トレンド転換示唆が相次ぐ!

先日、バイナンスが市場のトレンド転換を指摘しましたが、その他のデータでも報告が相次いでいます。

アナリストCryptoKea(@CryptoKea)はメイヤー指数をもとに分析を発表しました。

要点

・トレンド転換の指摘相次ぐ
2日の高騰相場以降、多くの専門家が異なるデーターでトレンド転換を指摘しています。いずれも短期的なものでなく、長期的なものを指摘しているため、重要な価格帯を注視しつつ、今後の相場動向も注目でしょう。

 メイヤー倍数が1年ぶりに1.0を超える

https://twitter.com/CryptoKea/status/1116985107095515136

メイヤー倍数が1.0 を越えることはこの弱気市場の底を示しているかもしれません, それは正確に2つの前の弱気市場の底を示したように.

Twitter上でCryptoKea氏は、メイヤー倍数と相場の関係を指摘。

同氏によると、過去メイヤー倍数が1.0を超えた際いずれも弱気相場の終焉だったとし、今回も2018年から続いた弱気相場が終わった可能性があると指摘しています。

メイヤー倍数・・・ビットコインの価格を200日移動平均線が推移する価格で割った指数。16日時点は1.1で推移

ちなみに過去2回は2015年と2012年、いずれも数年にわたる長期的な上昇トレンドの始まりでした。

同氏は、来年にビットコインが半減期を迎えることからも、数カ月横ばいが継続し本格的な上昇が始まると指摘しています。

なお、200日移動平均線と価格の関係については下記の記事で詳しくまとめてあります。

 

 

トレンド転換の指摘相次ぐ

CryptoKea氏だけでなく、2日の高騰相場以降、多くの専門家が長期的なトレンド転換を指摘しています。

先日は、バイナンスがビットコインとアルトコインの相関関係を表すデータを公開。

それによると、直近で相関関係が最高値を記録しており、過去のデータからはトレンド転換を示唆しているとのことです。

バイナンスが仮想通貨市場の底入れを指摘!トム・リー氏もBMIを用いた分析報告!

その他に、2018年の暴落を見事的中させたピーター・ブラント氏も、過去のサイクルからすでに現在の相場が長期的な上昇トレンドに突入した可能性を指摘しています。

いずれの専門家も、トレンド転換は短期的なものでなく、数年にわたる長期的なものと指摘しているので、200日移動平均線といった重要な指標を注視しつつ、今年後半の相場は注目となるかもしれませんね。

 

まとめ

仮想通貨アナリストCryptoKea氏はツイッター上で、メイヤー倍数と相場の関係を指摘しました。

それによると、現在のビットコイン価格は1.0を超えており、過去それは弱気相場の終焉を示唆していたとのことです。

必ずしも過去の動きを反復するとは限りませんが、現在の相場についてはあらゆる専門家が異なるデータでトレンド転換を指摘しているので、これから価格が上昇していくのに期待したいところです。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

200兆円の資金流入!フランス保険業界が仮想通貨投資を解禁!

フランスが新法案を可決したことにより、同国の保険会社が仮想通貨へ無制限に投資できることになったのが明らかになりました。

11日、FXStreetが報じました。

要点

・世界の規制動向
国内でも新法案が可決されましたが、世界中でも規制動向は進展をみせています。このようなニュースは仮想通貨市場にとってポジティブとなるので、今後も注目です。

 フランスの保険会社による仮想通貨への無制限投資開始

生命保険会社が暗号通貨への投資を提供することを可能にする新しいフランス法案

FXStreetの報道によると、フランスで可決された新法案にて、同国の保険会社が仮想通貨へ無制限に投資することが可能になるとのこと。

フランスの保険業界の規模は200兆円といわれており、その資金の一部でも市場に流入することを考えるとポジティブなニュースでしょう。

その方法について、保険会社は専門のファンドを通じて投資を行える他、仮想通貨を含んだ保険商品の提供も可能になるとのこと。

現在、EUではブレグジットなど、周辺諸国の政治状況が悪化していますが、その中で仮想通貨がどのような位置を獲得するかは今後も注目するポイントなるかもしれません。

 

引き続き世界の規制動向に注目

今回の報道は、フランスで新法案が可決されたことによって可能となりましたが、日本でも新しい規制案が可決される予定です。

国内動向加速!金融庁が楽天などを認可!ヤフーとマネーパートナーズも参戦へ!

そして、そのひとつの指標となるのが今年大阪で開催されるG20で、そこで世界共通の規制案が合意されるという報道もなされています。

世界共通の仮想通貨規制が6月に合意「確定」か!共同通信社報道で

これにより、今年は各国で仮想通貨規制が進むとの見方が専門家から指摘されています。

今回はフランスだけとなりましたが、6月以降は規制の進展が伺える報道が増える可能性も考えられるので今後も注目でしょう。

フランスにおいては、EUの周辺諸国にも影響を及ぼす可能性も考えられるので、そちらも注目です。

今のところ規制に関する報道は相場に大きな影響を与えていませんが、今後大きなニュースがあれば直接市場価格に影響を与えることもおおいに考えられます。

 

まとめ

FXStreetが11日に報じたところによると、フランスの新法案により、同国の保険会社が無制限に仮想通貨投資を行えるようになったとのことです。

フランスの保険業界は200兆円規模といわれており、その資金の一部が流入しただけでも市場に大きな影響を及ぼすことが考えられます。

また、今年6月には世界的なガイドラインが策定されることもあり、今年はこのような規制の進展に関する報道が出てくるかもしれません。

報道によっては市場の価格が動く可能性も考えられるので、規制関連のニュースには今後も注目です。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

バイナンスが仮想通貨市場の底入れを指摘!トム・リー氏もBMIを用いた分析報告!

取引所バイナンスは11日、仮想通貨市場に関するレポートを発表しました。

それによると、過去のデータから、現在の相場がすでに底入れをしている可能性があるとのことです。

要点

・仮想通貨市場の底入れは濃厚?
2日の高騰以降、多くの専門家が現在の相場においてのトレンド転換を指摘しています。今回のバイナンスのレポートもそれを裏付ける結果となったでしょう。

 バイナンスは市場が入れをした可能性を指摘!

バイナンスが11日に発表したレポートによると、現在の相場において、ビットコインとアルトコインの相関関係が直近90日間の過去最高値に達したとのことです。

(参照元:https://info.binance.com/en/research/marketresearch/cryptoasset-cycles.html)

上記チャートの黒い線が相関関係を示す値で、赤丸で示した箇所のように、現在はそれが強いことがわかります。

バイナンスによれば、過去のデータからこのような相関関係の強まりはトレンド転換を示すとのこと。

ビットコインとアルトコインがともに価格上昇するということは、単純に仮想通貨市場全体に資金が流入しており、それがトレンド転換のタイミングということなのでしょう。

 

多くの専門家がトレンド転換の可能性を指摘

バイナンス以外にも、2日の高騰以降、多くの専門家が市場のトレンド転換の可能性を指摘しています。

先日はトム・リー氏が、自社で開発する独自の指数「BMI」が2016年以降で最高値を記録したことをツイートしました。

ビットコインのBMIは4/2 に89に達した。2016年6月以来最高を記録。これは良い・悪い両方の可能性があります。

良い–> 2011 以来、BMI > 67 は強気市場でしか見られませんでした。強気相場開始の根拠.

悪い– > BMI > 67 ピーク後、利益確定が始まり、ビットコインの価格が25%下落。

リー氏は、この数値は、通常良い・悪い2つのシナリオが考えられると前置きした上で、すでに3000ドルで底入れをした可能性があると言及しています。

また、先週は2018年の暴落を的中させたベテラン・アナリスト、ピーター・ブラント氏がすでに長期上昇トレンドに突入している可能性を指摘しました。

ビットコインが数年で550万円に!?40年以上の実績をもつベテランアナリストが分析!

このように、多くの異なるデータから強気のサインが伺えるので、今後の相場動向も注目となりそうです。

 

まとめ

バイナンスが11日に発表したレポートによると、直近90日間でビットコインとアルトコインの相関関係が過去最高値に達したとのこと。

これは過去のデータから、トレンド転換を意味しているとのことです。

また、ファンドストラッド社代表トム・リー氏もBMI指数から、現在の相場がトレンド転換をしている可能性を指摘しています。

2日の高騰相場以降では、多くの専門家がトレンド転換したことを指摘しているので、価格がこのまま上昇していくことに期待したいところですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/15】今週の仮想通貨市場はどうなる!?ビットコインがこれから最高値へ!?

週末の仮想通貨市場は上昇しないまでも、堅調な展開が続きました。

今週の注目価格とポイントをまとめました。

要点

・ビットコインがこれから過去最高値へ!?
ビットメックスCEO、アーサー・ヘイズ氏はVenture Coinistのユーチューブに出演し、これからビットコインが最高値を超える理由を語りました。

今週もビットコインは5000ドルのサポートと上値トライの展開へ

ビットコイン円 1時間足 4月~

ビットコインは先日も伝えた通り11日に高値を記録して以降、調整の展開に。

現在は55万円(対ドルで節目5000ドル)をサポートにしており、今週も注目となるでしょう。

アルトコインも現在はビットコイン連動相場となっているので注目となります。

値動きについては下記の記事でまとめてあります。

【4/13】下落した価格の今後は?ビットコインは55万円をサポートにできるか!

 

ビットメックスCEO「ビットコインの最高値はこれから」

ビットメックスCEO、アーサー・ヘイズ氏は11日、Venture Coinistのユーチューブに出演。

そこで、ビットコインはこれから数年で5万ドル(550万円)に達するとの見解を示しました。

その根拠も衝撃的で、政府がこれから現金を廃止して、より庶民の決済を監視することになるとのこと。

そこで「金融プライバシー」をもった仮想通貨の価値が発見されるというおもしろい持論を展開しています。

その他に同氏は価格上昇の根拠として、デジタルに親しいミレニアル世代が資産形成の時期に入ることも挙げています。

ヘイズ氏の見解はややドメスティック(暴力的)かもしれませんが、国内で政府がキャッシュレス決済を推し進めていることを考えると、頭の片隅には入れておいても良いかもしれません。

また、今年の展望に関しても「世界の金融緩和の拡大」と「中国の経済政策」により、年末には110万円に到達するという予想を変えませんでした。

ヘイズ氏の見解は一見すると無謀にも思えますが、直近では11月の市場暴落、今年に入ってからのイーサリアム価格上昇を良い線で言い当てているので、一目は置いても良さそうです。

2019年にイーサリアム復活!?ビットメックスCEO「ETHは200ドルへ」!

金融緩和・・・とても簡単にいうと、政府が借金をしてお金をすること。それにより余ったお金がリスク資産(ヘイズ氏は仮想通貨もリスク資産と呼んでいる)に流れる。国の負債が大きくなるというデメリットがある。

 

まとめ

ビットコインは今週も引き続き、短期的なサポートである5000ドルが焦点に。

仮にここをサポートにできれば、再度上値トライの可能性も考えられ、センチメントが良い状況が続きそうです。

また、ビットメックスCEOはこれから数年かけて、ビットコインが過去最高値を超えるとの見解を示しました。

年末の価格予想に関しても、110万円に到達するとの見解を変えていないので、ここから価格が上昇していくことに期待したいところですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/13】下落した価格の今後は?ビットコインは55万円をサポートにできるか!

11日に高値をつけたビットコインはその後調整の展開に入りました。

下落した価格と急騰後の相場動向についてまとめました。

要点

・来週以降も5000ドルのサポートに注目か
ビットコインは現段階で5000ドルをサポートにして推移しています。来週以降もこの価格帯は注目されそうです。

ビットコインのサポートは5000ドルに

11日に高値をつけてから比較的大きい調整をおこなったビットコインですが、2日の高騰以降、5000ドルが短期的なサポートになっています。

5000ドルというのは、対円でおよそ55万円であり、来週以降も引き続き注目の価格帯となりそうです。

ビットコイン円 1時間足 4月2日~

仮に5000ドルがサポートされれば、節目の価格帯ということもありセンチメントとしては引き続き良好な状況が継続しそうです。

また、再度高値をトライするシナリオも考えられるでしょう。

5000ドルを下回った場合はチャート的にはもう一段深い調整もあるかもしれません。

対ドルチャートが下記になります。

ビットコインドル 1時間足 4月2日~

対ドルで示すと直近は5000ドルから5400ドルのレンジで推移。

5000ドルが破られた場合、4800ドルが最終的なサポートして注目されるかもしれません。

また、現在の相場においてはアルトコインの銘柄よりも、ビットコインが牽引している部分があるので、市場全体の動きとして注目です。

高騰要因やファンダメンタルズを含めた高騰後相場については下記記事でまとめてあります。

【4/10】長期トレンド転換なるか?急騰からこれまでのポイントまとめ!

 

センチメントは依然強気か・中国動向や新しい材料にも期待

価格は下落したものの、今週大きな下落要因は報道されませんでした。

なので11日の価格下落はあくまでポジションの自然な調整が行われたと考察して良いでしょう。

また、最近では市場の高騰要因として中国からの資金流入があったことが話題に。

2017年と同じく「中国」復活の兆し?OTC取引が活性化!

また、チャート形状も引き続き良いため、アナリストらも強気の見解を示しています。

ビットコインが数年で550万円に!?40年以上の実績をもつベテランアナリストが分析!

総じて、チャートや直近の、メディアのセンチメントは良いので、来週以降も新しい材料が浮上するか注目です。

55万円のサポートとともに、まだ上値トライの可能性は十分に残されているので、そちらも注目となるでしょう。

 

まとめ

ビットコインは11日に高値をつけて以降、調整の展開に。

現段階では、55万円がサポートされているので、引き続きこの価格帯を維持できるか注目でしょう。

55万円というのは、対ドルでいうと5000ドルという節目であり、投資家のセンチメントを考えると非常に重要なレベルでもあります。

また、来週以降、5000ドルがサポートできれば、強気の展開がまだまだ期待できるので、引き続き相場材料とともに注目となりそうです。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

2017年と同じく「中国」復活の兆し?OTC取引が活性化!

直近の高騰相場において、中国の取引が活性化していることが話題になっています。

中国はこれまで仮想通貨取引に深く関わってきた国なので注目でしょう。

要点

・中国復活の兆し
先月から中国の取引が活性化していることが話題になっています。18年相場ではあまり見られなかった現象なので、今後注目材料となるかもしれません。

 高騰相場において中国の取引が活性化

1/中国市場は、強力な購入を明らかにしています。OTC (店頭) 取引、中国でフィアットとビットコインを購入する際、1 USD = 6.7 CNY の公式レート上のかなりの ドルプレミアム (1 USDT = 7 CNY) を示しています。

中国の取引事情に詳しい「cnLeder」は8日、高騰相場においてビットコインと中国ウォンに価格乖離が発生したデータを発表しました。

乖離率はおよそ4%であり、簡単にいうとそれだけ中国国内のビットコイン購入が過熱していたということになります。

中国では現在、仮想通貨取引を禁止されていますが、国外の取引所を利用してウォン→ステーブルコイン→仮想通貨という取引を行っており、事実上取引自体を完全に禁止できていないという見方がほとんどです。

そのため、ウォンとステーブルコインに価格乖離が発生したという状況ができたと考えられます。

先月から中国の資金流入は話題になっており、18年の市場低迷時には見られなかった動きなので今後も注目となるかもしれません。

好調な価格推移の裏に「中国」!?ビットコイン取引高は昨年4月以来の水準に!

 

17年のバブル相場も牽引した「中国マネー」

中国は仮想通貨取引との関係が深い国で、17年のバブル相場を牽引したという向きもあります。

仮想通貨ビットコインに関する話は、一年ほど前には多くの意味で、「中国に関する話」になっていた。ビットコイン取引の90%以上が、取引手数料がかからない中国で行われていたためだ。

上記の記事でもあるように、中国はマイニング企業が多く存在しており、特にビットコインにおいては無視できない国でもあります。

仮に今後も価格の上昇が続き、再び仮想通貨市場が盛り上がってきた場合、中国政府が何らかの規制を敷いてくる可能性はおおいに考えられるでしょう。

過去1年間はあまり報道されていませんでしたが、今後は17年のように、再び「中国」の動きが材料視される相場もやってくるかもしれませんね。

 

まとめ

中国の取引事情に詳しいcnLederによると、先週からの高騰相場において、中国での取引が活性化しているとのことです。

仮想通貨取引と関係の深い中国で活性化しているということは、少なくともポジティブな要因ではあるでしょう。

また、今後中国は17年と同じように規制動向など、中長期的に重要な材料となる可能性もあります。

直近では明らかに変化が起きていることが確認できるので、今後の動向も注目となるでしょう。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

【4/10】長期トレンド転換なるか?急騰からこれまでのポイントまとめ!

急騰から1週間が経過しましたが、市場の値動きは落ち着きながらも堅調な動きとなっています。

急騰からこれまでの価格・ポイントをまとめました。

要点

・急騰相場のポイントまとめ
急騰からこれまでの相場のポイントをまとめました。今後相場を追う上で重要なポイントをまとめたので、参考にしてください。

 急騰相場からこれまでの推移まとめ

ビットコイン円 1時間足 4月2日~

まず、ビットコインは2日の急騰以降、サポートがおよそ54万円、レジスタンスは59万5000円のややレンジ相場気味で推移しています。

ただし、レジスタンス59万5000円に本日までに何度もトライしており「価格が下がったら買いが入る」強気なセンチメントが継続しています。

今後も引き続き54万円と59万円どちらにブレイクするかが注目となるでしょう。

現在、センチメントは強気に傾いているので、リスクはアップサイドの方が強いですが、上値のブレイクに失敗すれば54万円を試しにいく可能性もおおいに考えられます。

リップル、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュにおいても局所的な高騰はみせていますが、全体の方向はビットコインの値動きが握っている展開が続いているので、市場全体の動きとしても注目になります。

 

急騰要因は複数?「中国」復帰の噂も

結局のところ、高騰要因はこれまで複数報道されており、明確なものはないのが現状のようです。

ただ、直近では市場構造の変化として「中国マネーの流入」が指摘されています。

2017年と同じく「中国」復活の兆し?OTC取引が活性化!

中国といえば、17年に仮想通貨市場が盛り上がった際も関係が深いとされていたので、今後も市場の動向を追う上では注目となるかもしれません。

 

市場は「長期的な」トレンド転換を果たしたのか?

結局のところ、重要なのはこの価格上昇が「長期的な上昇トレンドの始まり」あるいは「時間が経って再び価格が下落するのか(下落トレンド継続)」です。

結論から言えば、チャート上では中長期的にトレンド転換したといえるでしょう。

なぜなら、ビットコインの価格が重要な指標である200日移動平均線を超えたからです。

【超重要!】ビットコイン暴騰で1年ぶり200日移動平均線突破!長期上昇トレンドの始まり!?

ファンドストラッド社トム・リー氏もこのことを指摘しており、ビットコインの適正価格は160万円と指摘。

ビットコインの適正価格は160万円!トム・リー氏が現在の相場を解説!

先日は40年以上の実績を持つトレーダー、ピーター・ブラント氏も長期的な上昇トレンドに突入した可能性を指摘しています。

ビットコインが数年で550万円に!?40年以上の実績をもつベテランアナリストが分析!

まだ確定した話ではありませんが、どのみち上記示したビットコインの60万円、対ドルで6000ドルを超えるかどうかが中長期的に重要な指標となるので、注目でしょう。

 

まとめ

まず、ビットコインは現在54万円から60万円のレンジで推移しているので、直近ではどちらの価格帯をブレイクするか注目です。

アルトコインの値動きに関しても、基本的にはビットコインに追従した動きとなっています。

中長期的には引き続き、200日移動平均線との絡みが注目に。

価格が下落した際は、その価格がサポートされるかが重要になるでしょう。

ここ1週間では、専門家も長期的な上昇トレンドに突入した可能性を指摘しているので、このまま価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインが数年で550万円に!?40年以上の実績をもつベテランアナリストが分析!

40年以上の実績をもち、株や為替トレーダーからも親しまれているピーター・ブラント氏が価格について予想しました。

同氏によると、ビットコインの価格は数年で550万円に達する可能性があるとのことです。

要点

・2018年の暴落も的中させたトレーダー
ブラント氏は2018年1月に「これから80%から90%価格が下落する」と予想。当時はだれも信じていませんでしたが、見事に予想は的中しました。

 ビットコインは数年で550万円に到達!?

ビットコインが新しい放物線の段階に入る場合、18年12月からの底値から (2015 ではアナログの下にある) 過去のサイクルを試そうとしていても、驚かないだろう。

ブラント氏は上記のようにツイートし、それは本日まで2500を超えるリツートをされており話題になっています。

同氏は、現在のビットコイン値動きが2015年からの上昇に似ているとし、同じサイクルを描くのであれば数年で550万円に到達すると分析しています。

ブラント氏の分析によると、ビットコインは最高値から底値までに10回の上下を繰り返し底値をつけてきたとのこと。

実際に、2018年1月の高値から12月の底値まで10回の上下を繰り返しており、2015年の値動きに似ているとのことです。

また、これらを踏まえた上で、すでに現在のビットコインの価格上昇は新たな強気サイクル(放物線)に突入している可能性があるとも指摘しています。

 

2018年の暴落も的中させたブラント氏

フォロワー26万人を誇るブラント氏の分析は、株・為替トレーダーから定評があり、なんと2018年のビットコインの暴落も見事に的中させています。

–パラボリックアドバンスの一般的な TA のルール違反は 80% 以上の 価値低下につながります。一般的なルールに従えば、BTC は4000ドル にたどるべきです<。注: このツイートは私を嫌いにするものではありません。

同氏は2018年1月の時点で、ビットコインが80%以上の価格を下落し、4000ドルを下回ると予想。

実際に、ビットコインは12月に3200ドル安値を記録しました。

そのことを踏まえれば、上記に挙げた今回の同氏の分析も注目となるかもしれません。

なお、サイクル論の分析が多くのアナリストが指摘していることでもあります。

2011年~2015年と2015年~2019年のチャートが酷似!?カナダ投資ファンドのレポート!

 

まとめ

フォロワー26万人をほこるピーター・ブラント氏はツイッター上で最新の分析を投稿。

それによると、ビットコインは今後数年で550万円に到達する可能性があるとのことです。

その理由としては、現在の同通貨の動きが2015年からの長期上昇トレンドと酷似しているとのことです。

ブラント氏の予想通り、このまま価格が上昇していくことに期待したいですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

世界共通の仮想通貨規制が6月に合意「確定」か!共同通信社報道で

以前から予定ではあったFATFの国際仮想通貨規制ですが、日本で開催されるG20で合意される見込みとのことです。

4日に共同通信社が伝えました。

要点

・FATFの国際的仮想通貨規制
FATF(金融作業部会)は6月より、世界共通の仮想通貨規制を施行していく予定です。これにより、仮想通貨市場が健全化され、より発展していくことが期待されています。

 いよいよ始まる仮想通貨の「世界共通」規制

共同通信社が伝えたところによると、今年6月8日から9日にかけて行われるG20財務相・中央銀行総裁会議において、世界的な仮想通貨規制が合意されるとのことです。

日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)が6月に福岡市で開く財務相・中央銀行総裁会議で、仮想通貨(暗号資産)によるマネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金供与を阻止するための新規制に合意する見通しになったことが4日、分かった。取引時の本人確認の厳格化などで足並みをそろえ、資産の流れを透明にすることが軸となる。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000129-kyodonews-bus_all

これまで、すでにFATFが世界的仮想通貨規制を施行していくことは明らかになっていましたが、G20で合意されるという報道は今回が初となります。

ただ、これはあくまで「合意」なので、あとは具体的に「いつから」規制されていくのかが焦点となるでしょう。

また、これは昨年から議論されていた議題でもありますが、今年は20年から施行される仮想通貨課税など、より具体的な規制案に踏み込めるか注目です。

 

世界的仮想通貨規制は市場にとってポジティブ

このような仮想通貨規制は市場にとっては間違いなくポジティブな要因です。

先日、業界参入を決めたマネーパートナーズも以下のように言及しています。

国際的な仮想通貨の規制に関する基準についても、G20での議論を受けてFATF(金融活動作業部会)が策定に動いており、仮想通貨交換業を取り巻く法令面での不透明さは急速に払拭されつつあります。

(参照元:http://tyn-imarket.com/pdf/2019/3/25/140120190325494619.pdf)

このように、規制が整備することで大手企業の参入も今後期待できるので、6月前後はまたグッドニュースが入ってくるのかもしれませんね。

 

まとめ

共同通信社が報じたところによると、G20において、国際的な仮想通貨規制案が合意されるとのこと。

以前から予定ではありましたが、このように合意が至る報道があったのは今回が初となります。

実際に合意されれば、大手企業の参入が今後も進む可能性があるので、このまま相場が上昇していくのに期待したいところですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【4/8】今週の仮想通貨市場はどうなる?堅調な価格動向に注目!

先週、急騰した仮想通貨市場ですが、週末まで堅調な価格推移が継続しました。

今週の仮想通貨市場の注目材料・ポイントをまとめました。

要点

・新高値更新はあるか
今週、仮想通貨市場が新高値更新を記録する可能性はまだ残っているでしょう。堅調な価格推移がどこまで継続するか注目です。

 ビットコインは5300ドルのレジスタンスにトライ・急騰後の推移まとめ

本稿執筆時点で、ビットコインは5300ドルのレジスタンスにトライしている形となっています。

今週のどこかの時点で、このレジスタンスを突破すれば新高値更新ということになり注目となるでしょう。

ビットコインドル 1時間足 4月2日~

5300ドルというのは、2日の急騰後何度か跳ね返されており、一定の売りオーダーがおかれているポイントというのがわかります。

仮に、ここを突破できれば、節目である5500ドル、そして5800ドルから6000ドルまで上値を伸ばすことはおおいに考えられるでしょう。

対円だとわかりづらい部分もありますが、588000円から590000円が短期的なレジスタンスとなっています。

ビットコイン円 1時間足 4月2日~

 

アルトコインも堅調・市場全体の時価総額にも注目

8日の市場全体の時価総額は20兆円で推移、これはビットコインだけでなく、アルトコインも堅調なことを意味しています。

8日の市場全体の時価総額

直近1週間の高値は2日につけたおよそ20.5兆円となっており、本日時点で高値目前になっています。

今週以降も、市場全体の時価総額が更新される可能性が高いので、そちらも注目でしょう。

仮に更新されれば、全体の動きとしては非常にポジティブ要素となります。

また、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュといった主要なアルトコインに関しては基本的にビットコイン連動相場となっています。

なので、上記で示したビットコインの直近のレジスタンス突破がこれらのアルトコインの動向の鍵も握りそうです。

ただ、急騰後は局所的に急騰する場面がみられます。

直近ではビットコインキャッシュが急騰し、コインマーケットキャップの時価総額ランキング4位に浮上しています。

 

まとめ

ビットコインは今週以降、直近のレジスタンスである5300ドルの突破が注目に。

主要なアルトコインは基本的にビットコインと連動した動きとなっているので、アルトコイン動向としてもビットコインの値動きは注目となりそうです。

また、本日時点では、市場全体の時価総額も年初来高値更新間近となっており注目でしょう。

今週以降も価格が上昇する可能性はまだ残されているので、高値を更新することに期待したいところですね。

 

【この流れに乗り遅れるな】BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨取引を始めよう!

ビットポイントでは少額から仮想通貨取引が可能、取引手数料は国内最安値水準をほこっており、これから仮想通貨取引を始める方に最もおすすめの取引所となっています。

取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュの5種類

ビットコインでは最大4倍のレバレッジ取引も可能です。

さらにビットポイントの最大の特徴はセキュリティーで、あらゆる対策を施し安心して仮想通貨を預けられる取引所として有名です。

もちろん、仮想通貨交換業者として金融庁に登録された正式な取引所です。

上記の記事のように、月に入ってから仮想通貨の価格が暴騰しており、専門家の多くは長きに渡った仮想通貨市場の低迷が終わったと指摘しています。

まだビットポイント口座をお持ちでない方はこの機会に登録することをおすすめします。

ビットポイントの口座開設はコチラから

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.