仮想通貨ニュース

No tags for this post.

カナダ財務省がビットコインを保有しないのは何故なのか? / イーサリアムの価格が一時14万円を突破!1年で上昇率は600%を超える値上がりに

カナダ財務省がビットコインを保有しないのは何故なのか?

要点

・カナダ財務省がビットコインの保有について否定的な考えを示した

・ビットコインはボラティリティーが高いため、保有しないとのこと

米ブルームバーグと提携しているカナダのBNN Bloomberg社が
同国の銀行などに仮想通貨に対するスタンスやコメントを求めました。

これに対し、カナダ財務省の関係者がビットコインの保有について
否定的な考えを示していました。

その理由として、ビットコインはボラティリティーが
高いことを主な要因として挙げました。

ビットコインの未だ高いボラティリティーが
同国政府の採用するALMの枠組みにそぐわないという
見解となっているようです。

 

イーサリアムの価格が14万円を突破!1年で上昇率は600%を超える値上がりに

要点

・イーサリアムの価格が14万円と突破した

・値上がりは1年で上昇率600%を超える

仮想通貨のイーサリアムの価格が2021年1月19日の時点で
史上最高価格である1420ドル(約14万7000円)を記録しました。

ちょうど1年前の2020年は1万8000円という価格でした。
そこからの上昇率は600%を超える値上がりとなりました。

イーサリアムはシカゴにある世界最大の先物取引所に
イーサリアムが上場する予定で、非常に大きな注目を集めている
仮想通貨となります。

『DeFi市場の取引高が上昇』
『イーサリアム先物の上場予定が2月より』であることが
イーサリアム価格の上昇要因として挙げられています。

DeFi市場の取引が増えるとイーサリアムの価格にも
影響する可能性があり、
今後もDeFi市場の成長が期待されています。

上場についても、今後取引の選択として資金の
流入が期待されている状況となっています。

また、イーサリアムは今後数年渡って、
『イーサリアム 2.0』アップデートが予想されており、
今後手数料や取引速度の改善など期待できる
改善要素が多いため、中長期的に目が離せない
銘柄となっているようです。

イーサリアムの価格について、
長期的にまだ常用する可能性があると見ている投資家が
多くいる状況となっています。

 

■ネットの反応

多くの投資家はイーサリアムの価格上昇に釘付けで、

今後の動きに期待しているという声が多くありました

 

今回の記事のまとめ

■『カナダ財務省がビットコインを保有しないのは何故なのか?』について

・カナダ財務省がビットコインの保有について、否定的な考えを示した

・その理由として、ビットコインはボラティリティーが高いことを主な要因として挙げた

 

■『イーサリアムの価格が14万円を突破!1年で上昇率は600%を超える値上がりに』について

・イーサリアムの価格が一時1年で600%を超える値上がりとなった

・シカゴにある世界最大の先物取引所にイーサリアムが上場、
DeFi市場の取引高が上昇が価格上昇の要因としている

 

イーサリアムはビットコインのボラティリティと比べて、

そこまで大きくは無いのですが、それでも他の仮想通貨より

ボラティリティが高いようです

ですが、ビットコインの価格よりは低めとなっているので、

投資しやすいという声もありました

イーサリアムに投資している投資家の意見を集めながら、

今後の動きに注目し、投資するべきかどうか判断すると良いでしょう

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

第二のリップル!?IOSTを保有する日本人が激増中

個人投資家を中心に、IOSTという仮想通貨を保有し始める傾向が高まってきていると話題になっています。

IOSTはコインチェックで取り扱われている銘柄で、1枚辺り約2円程度で買える通貨ということもあり、SNSで爆発的に知名度が広まってきています。

今やXRP以上に話題性の高いIOSTですが、一体なぜこれほどまでに人気を集めているのかを分析していきましょう。

 

IOSTブームが到来

日本人に人気な通貨と言えば、ほとんどの方はXRPを候補に挙げることでしょう。

しかし、2021年はIOSTという仮想通貨がXRP以上の話題性を集めています。

IOSTはXRP系インフルエンサーを中心に認知が広がった、個人投資家から非常に人気が高い仮想通貨です。

スケーラビリティ問題解消や非中央集権が特徴的であり、DeFiとの関連性があることも注目されています。

 

10日間で価格が4倍に

IOSTは今年に入ってから急激に話題を集めた仮想通貨です。

1月上旬頃は0.6円程度を推移していましたが、インフルエンサーたちが認知を広げた結果、10日足らずで約4倍の2.7円まで価格を伸ばしました。

その後は一旦調整が入ったものの、現在も2円前後を推移しています。

この2017年のバブルを回想するかのような値動きが、Twitterでも毎日のように話題に挙げられています。

価格暴騰の背景

IOSTはなぜこれ程までに個人投資家から人気を集めることが出来たのでしょうか。

その理由のひとつとして、コインチェックのCMが始まったことが挙げられます。

IOSTはコインチェックで扱われている銘柄であり、CMによって新規投資家が参入してきた場合、影響を受けることが容易く想像できます。

コインチェックは2017年のCMで、爆発的に仮想通貨投資家を増やした実績がある為、その期待も織り込まれているのでしょう。

また、単価の安さも人気を集めた理由として挙げられています。

先ほども述べた通りIOSTは現在2円前後を推移しており、現在コインチェックの銘柄の中でもダントツで安い通貨です。

個人投資家は仮想通貨の性能や技術よりも、視覚的に割安なものを好む傾向があります。

特に仮想通貨初心者ほどその傾向が顕著でしょう。

前回のアルトコインバブルを経験した人達は、そのことを理解しています。

その為、コインチェック銘柄で価格の安いIOSTは伸びしろがあると判断しているのでしょう。

 

一部からは警戒をする声も

一部の投資家は、このIOSTの暴騰を警戒しているようです。

IOSTは、SNSの過熱感や初心者を引き寄せやすい性質であることから、大口から仕掛けられる可能性が非常に高いと考えられています。

また、短期間に何倍もの暴騰をした通貨は、その反動で暴落することも多いです。

その為、Twitterでは買い煽りに注意するよう呼びかける動きも見られています。

もちろん、しっかりとしたプロジェクトであった場合、このまま価格を伸ばしていくこともありますが、あくまでアルトコインという不安定な投資商品であることを理解しておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

今回は今人気急上昇中のIOSTについて取り上げさせて頂きました。

IOSTは1月上旬以降、SNSを中心に爆速的に話題が広がり、価格も約0.6円から約2円にまで高騰しました。

これは、コインチェックがCMを開始したことによる影響だと考えられており、コインチェック銘柄の中でも特に価格の安いIOSTに注目が集まったようです。

ただ、かなり過熱感があることから、バブル崩壊の警戒をする必要もあると考えられています。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン先物市場でレバレッジが大幅に低下! トレーダーが恐怖を感じる事態に / コインチェックが2020年利用動向を公開!

ビットコイン先物市場でレバレッジが大幅に低下! トレーダーが恐怖を感じる事態に

要点

・ビットコイン先物市場で使用されるレバレッジが、過去数日間で大幅に低下していた

・トレーダーはリスクを低くしようとしている可能性がある

ビットコイン先物市場で使用されているレバレッジが、
過去数日間で大幅に低下していることが判明しました。

ビットコインの先物市場では、ビットコインを取引するために自身の資本の
何倍ものレバレッジをかけることが出来るシステムとなっています。

上昇トレンドとなっている間、トレーダーはより大きな価格上昇が
予想できるとして、レバレッジをかけてポジションを大きくする傾向がありました。

しかし、今のように市場が不安定であれば
トレーダーは恐怖を感じるような状況に陥っているようです。

レバレッジが低下している時は、トレーダーが
ビットコインを取引するために借りている資本が
減少していることを意味しています。

これにより、トレーダーが精算のリスクをより低くしている
可能性があります。

 

■ネットの反応

多くの投資家はビットコインのチャートが不安定な状況であるため、

今レバレッジをかけるのはリスク高いと見ているようです

 

コインチェックが2020年利用動向を公開!

要点

・コインチェックが2020年利用動向を公開

・2020年最も値上がり率が高かったのはネムだった

国内大手仮想通貨取引所サービスを展開している
コインチェック社が2020年のサービスの利用動向を公開しました。

コインチェックで取り扱っている仮想通貨は14通貨あり、
2020年最も値上がり率が高かったのは『ネム』でした。
2019年末から1年間で約5.8倍という大幅な値上がりを見せました。

その次に値上がり率が高かったのは『イーサリアム』と『ビットコイン』で、
2020年末の価格はそれぞれ2019年末の5.3倍、3.8倍を記録しました。

ネムの価格が大幅に上昇していることについて、コインチェックは
2021年2月に控えている処理速度の向上やsecurity強化が見込まれる
大型アップデート『シンボル』のローンチに対する期待が要因の一つ
になっているのではないかと分析しました。

コインチェック公式サイトより

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコイン先物市場でレバレッジが大幅に低下! トレーダーが恐怖を感じる事態に』について

・ビットコイン先物市場で使用されるレバレッジが、過去数日間で大幅に低下

・今の市場は不安定な状態になっているため、
トレーダーはレバレッジを下げてリスクをより低くしようとしている可能性がある

 

■『コインチェックが2020年利用動向を公開!』について

・コインチェック社が2020年のサービスの利用動向を公開

・値上がり率が高かったのは『ネム』『イーサリアム』『ビットコイン』だった

 

ビットコインのチャートは以前から不安定な状況が続いています

今後どうなるのか、多くの投資家は予測できないようです

しかし、何かしらの要因で変動するのは事実なので、

今後もチャートに注目しながら、何かしらの変動があれば、

何が要因で変動したのか調べると良いでしょう

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Cardanoの創設メンバー、Twitter分散化プロジェクトの開放を希望

要点

・カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン氏は、ツイッターの最高経営責任者(CEO)、ジャック・ドーシー氏にツイートし、ソーシャルメディアプロジェクトに取り組んでいることを明かしました。
・ホスキンソン氏は、TwitterのBlueSky分散化イニシアチブを完全にオープンソースにしたいと考えています。

Twitter分散化プロジェクト開放を希望




仮想通貨カルダノ(Cardano)の創設メンバーであるチャールス・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、ソーシャルメディアプロジェクトに取り組んでおり、Twitterの分散化プロジェクトをコミュニティに開放したいと述べています。

巨大SNSのTwitterとモバイル決済企業SquareのCEOを務めるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏は、多くの仮想通貨ユーザーが既知に様に、ビットコイン熱烈な支持者であり、分散型テクノロジーの可能性に対する同氏の信念は、Twitterが集中型サービスからの潜在的な将来の移行に備えている大きな理由となっています。

ドーシー氏は今週、暴力を扇動したとしてプラットフォームが最近ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領のアカウントを禁止した理由を説明する際、その信念が再確認される形となりました。


 


同氏は、SNSの潜在的な分散型未来を考案するため、BlueSkyイニシアチブにオープンソースの開発者とエンジニアを雇うというソーシャルメディア会社の計画に言及しました。
ホスキンソン氏は、ドーシー氏に返信し、BlueSky開発をコミュニティに開放するように勧めました。


 
(※Charles Hoskinson氏ツイート日本語訳:「私たちはジャックに取り組んでいます。これを社内で構築するべきではありません。それをオープンソースプロジェクトにして、私たちの業界全体が貢献できるようにしてください。」)


Blue Skyイニシアチブは特にオープンソース開発者を探しています。
ドーシー氏はホスキンソン氏らが“ソーシャルメディアのオープン分散型標準”に取り組むことを確認したものの、オープン開発がどの程度のものであり、より広いコミュニティがどの程度関与していく予定なのかなどは現在不明です。

ホスキンソン氏の要求の裏にはカルダノブロックチェーンの存在が




ホスキンソン氏がSNSスペースで何に取り組んでいるのかは不明ではあるものの、カルダノブロックチェーンに関連している可能性が高いとみられています。





ドーシー氏のツイートは、現実世界の暴力の可能性に基づいてトランプのアカウントを禁止するために行動する必要があると認めており、以下のように述べています。

これはTwitterにとって正しい決断だったと思う。私たちは異常で受け入れがたい状況に直面し、すべての行動を公安に集中することを余儀なくされました。オフラインの危害は明らかに現実的であり、何よりも私たちの政策と執行を推進するものです。

 


ただし、最終的に物議を醸したトランプ氏のアカウント使用停止は、長期的な目線で見ると、“オープンインターネット”の高貴な目的と理想を破壊すると結論付けています。
ドーシー氏は、インターネットの今後のビジョンの一つとしてビットコインを引用し、スレッドの中で次の様に述べました。

ビットコインに私が情熱を注いでいる理由は、主に、個人やエンティティによって制御または影響を受けない基本的なインターネットテクノロジーにあります。これはインターネットが望んでいることであり、時間の経過とともに、さらに多くのインターネットが実現するでしょう。

 

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインチェックが再びCM放映を開始!新規投資家増加なるか

仮想通貨取引所コインチェックが、仮想通貨のテレビCMを放映すると発表しました。

このテレビCMは1月14日から放映を開始しているようです。

コインチェックは2017年下旬にもテレビCMを放映しており、日本の仮想通貨ユーザーを激増させたことで有名です。

その為、今回のCMによって新たなユーザー層が増加するのではないかと期待されています。

 

コインチェックがテレビCMを開始

日本の大手仮想通貨取引所コインチェックが、テレビ放映を開始しました。

コインチェックと言えば、2017年下旬に出川哲朗さんを起用したCMを放映し、新規顧客を大量に獲得した事例があります。

放映後は、XEMやXRPなどの日本人が好む仮想通貨が10倍以上価格を伸ばしており、その影響は絶大でした。

そのバブルぶりが強烈だったこともあり、前回のCM時期に参入してきた層は出川組と呼ばれるほどです。

このように、バブルが到来した過去があることから、SNSでは今回のCM放映でもかなりの新規流入が期待できるのではないかと言われています。

仮想通貨という言葉は広まりつつあるものの、その中身を知るきっかけはまだまだ少ない為、このCMを機に仮想通貨に興味を抱く人は多いでしょう。

CMのテーマはロケット

今回のCMでは、ロケットが噴射するシーンをバックにしながら、コインチェックの告知が始まる構成となっています。

これは、アルトコインを保有しているユーザーの中で流行っているロケットマークをコンセプトにしているのではないかと話題になっています。

SNSでは、仮想通貨の価格が上昇する様子を、ロケットが飛ぶことに比喩することが多いです。

また、何も知らない人が見ても、視覚的にこれから上昇していくイメージが掴みやすいことから、シンプル且つ訴求性のあるCMだと好評のようです。

新規参入を警戒する声も

前回のCMによるバブルは、みなさんもご存知のようにコインチェック事件によって大きく崩壊してしまいました。

特にアルトコインは悲惨なほど価格が下落してしまい、価値が10分の1以下にまで落ちてしまう通貨も珍しくありませんでした。

これは、金融リテラシーの低い層が大量に押し寄せてきたことが要因と考えられています。

当時は、デタラメな通貨でさえ熱狂的に買っていく人が多く、右肩上がりの相場とは裏腹に、市場のバランスは酷い状態に陥っていました。

コインチェック事件はあくまで引き金であり、本来の価値以上にまで価格が膨れ上がっていたことが問題だったのです。

その為、今回のCMで新規ユーザーが参入してきたとしても、一時的に上昇することはあっても、最終的には価格が荒れてしまうのではないかと懸念されています。

前回と違う不穏な空気

前回のCM放映時と今回では、SNSの空気感が異なっている為、前回と同じ結果にはならない可能性が高いです。

その大きな要因として、仮想通貨界隈がコインチェックのCMから流れてくる新規ユーザーを養分としか見ていない傾向があります。

特に2017年のバブル崩壊を受けた人々は、次のバブル時に売り抜ける立ち回りを考えている人が多いです。

前回の経験から、新規が増加することによって最終的に暴落が引き起こると読んでいるのでしょう。

このことから、もし新規が参入してきたとしても、売り圧が買い圧を上回ってしまい、価格が上がらない可能性も考えられます。

 

まとめ

仮想通貨取引所のコインチェックが、1月14日から仮想通貨のテレビCM放映を始めました。

前回2017年のテレビCM放映時は、絶大な影響によって仮想通貨バブルの引き金となった為、今回のテレビCMも注目視されています。

ただ、大量の新規参入による価格の崩壊を懸念する声も多く、注意喚起の声も挙がっているようです。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

今回のビットコイン暴落は機関投資家にとってチャンスだった!? / モネロなど仮想通貨の規制が強化される

今回のビットコイン暴落は機関投資家にとってチャンスだった!?

要点

・ボラティリティが大きい中、機関投資家とクジラは買いを続けている様子が伺えた

・それぞれの企業がそういった見解を示した

ここ最近、ビットコインの価格が上昇、下落を繰り返しています。

一時は約4万2000ドルの最高値から急反落し、
3万ドル帯まで暴落しました。

14日には3万8000ドルまで大幅反発しました。

ボラティリティが大きくなっている状況になっているにも
関わらず、機関投資家は買いを続けていたようです。

仮想通貨投資企業のCambrian Asset Managementの
Martin Green CEOは

「個人投資家はパニックで狼狽売りしていたが、
機関投資家は買い集めていた」

と、述べました。

NY州の仮想通貨投資企業NYDIGも

「価格調整は、買いを入れる機会と見なした。
弊社クライアントの大半が買っていた」

と、言及しました。

この状況に対し、個人投資家は悲観傾向にあったようです。

米最大手取引所コインベースの「買い・売り」比率で見ると、
買いサイドはわずか38%に留まっていたことが判明しました。

コインベースの代表によれば、11日の暴落は個人投資家が先行して
売りに動き、のちにコインベースの流動性に頼る
リテールプラットフォームにおける大口の売りが続いたと説明しました。

これに対し、機関投資家の温度感は引き続き高く、
今週中に40,000ドルに戻っても驚かないと述べました。

 

モネロなど仮想通貨の規制強化される

要点

・モネロやダッシュなどの仮想通貨の将来性が不安視されている

・FinCENが仮想通貨の規制通達を行った

モネロやダッシュ、ジーキャッシュなど、
匿名性の高い仮想通貨の将来性が不安視されているようです。

その理由として、規制当局がマネーロンダリング規制措置を
強化するため、売買リストから削除するよう取引所に
圧力をかけているからです。

人気ある仮想通貨は多くの国で合法となっていますが、
マネーロンダリングやランサムウエア攻撃などが
問題視されるようになってから、これら仮想通貨が
生き残れるかどうか確かではなくなったようです。

実際、金融犯罪取締ネットワークであるFinCENが
仮想通貨の規制通達を行いました。

FinCENは仮想通貨取引所などに対して、
ウォレットから3,000ドル以上を送金する人の
データを集めるよう求めています。

また、米国のビットレックスは
2020年12月30日、1月15日からXMRとZEC、DASHの
通貨ペアの登録を削除すると発表しました。

この決定は、FinCENによる新しい規制通達に
対応したものと言われています。

 

■ネットの反応

規制報道が出て以降、多くの投資家は該当する仮想通貨は

手放したほうがいいと思っているようでした

 

今回の記事のまとめ

■『今回のビットコイン暴落は機関投資家にとってチャンスだった!?』について

・ボラティリティが大きくなっている状況でも、機関投資家はビットコインの買いを続けていた

・暴落が発生した時、個人投資家が先行して売りに動いていた

 

■『モネロなど仮想通貨の規制が強化される』について

・モネロやダッシュ、ジーキャッシュなどの仮想通貨の将来性が不安視されている

・金融犯罪取締ネットワークが仮想通貨の規制通達を行っていた

 

ビットコインの価格は高価であるため、

個人投資家はなかなか手を出しにくい状況が続いているようです

今後は機関投資家の行動次第でチャートが変動しやすくなるだろう

という声も上がっていました

今後も個人投資家の意見を参考にしながら、

今後のチャートの動きに注目すると良いでしょう

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ジャック・ドーシーCEO、トランプ大統領Twitter禁止もBTC称賛

要点

・Twitterのジャック・ドーシー(Jack Dorsey)CEOは、ドナルド・トランプの弾劾訴追は必要悪だと述べました。
・Twitterの内外での身体的安全に対する脅威を感じた一連の流れの中でドーシー氏は、Twitterの停止措置を最善だったと述べています。

ジャック・ドーシーCEO




実業家であり、Twitterの創設者兼CEO(最高経営責任者)であるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏は、先週のドナルド・トランプの弾劾訴追は必要悪であり、同社は依然として地方分権化を支持していると述べました。

TwitterのドーシーCEOは先週、Twitterプラットフォームから、ドナルド・トランプ(Donald Trump)現大統領のTwitter使用禁止措置へ踏みきり、分散制御を可能にするビットコインの能力を称賛するため、実際に一時使用停止を実行しました。

ドーシー氏は、「私は禁止しなければならないことを祝ったり、誇りを感じたりしません」とのべたうえで次のようにTwitterで語っています。




Twitterの内外での身体的安全に対する脅威に基づいて、最善の決定を下しました。これはTwitterにとって正しい決断だったと思います。私たちは異常で受け入れがたい状況に直面し、すべての行動を公安に集中することを余儀なくされました。しかし、アカウントを禁止しなければならないことは、現実的かつ重大な影響を及ぼします。例外はありますが、禁止は最終的に健全な会話を促進するための私たちの失敗であると私は感じています。


SNS時代の今後に言及したドーシー氏




ドーシーCEOは、トランプ大統領のTwitter使用禁止についてさまざまな感情を表明しており、危険な前例を作ったと批判する人もいましたが、Twitterは「モデレート業務の透明性の向上」に向けて取り組むと今後についても言及しています。

しかし同氏は、これだけでは、無料でオープンなグローバルインターネットを侵食することはできないと語っています。では、人気のある強力ソーシャルメディアアプリは何をするのでしょうか?。これについてもドーシー氏は自身の信念と思いをツイートで表明しています。

私がビットコインに情熱を注ぐ理由は、主に個人やエンティティによって制御または影響を受けない基本的なインターネットテクノロジーにあります。これがインターネットが望んでいることであり、時間の経過とともに、さらに多くのインターネットが実現するでしょう。ソーシャルメディアのオープンな分散型標準に関するイニシアチブに資金を提供することで自分たちの役割を果たそうとしており、私たちの目標は、構築に時間はかかるものの、インターネットの公開会話層の標準のクライアントになることです。


Twitterが、政治的会話に及ぼす影響と矛盾しているように聞こえる場合、ドーシー氏は、「ソーシャルメディアのオープンな分散型標準」の作成を目指す同社のBlueSkyイニシアチブを通じて違いを調整するよう取り組んでいること示唆しています。ただし、これれが可能であるかどうか、また、望ましいかどうかは、現時点でツイートされていません。

メルケル首相、トランプ大統領のSNS永久停止は問題と発言




アメリカ下院議員は1月13日、2度目となる弾劾訴追決議案を可決させています。
今月20日に退任予定の アメリカ大統領としては異例の市場初の2度目の弾劾訴追となります。

大手メディアのAPF通信の報道によると、ドイツのメルケル首相は12日、大手SNSがトランプ大統領のアカウントを永久停止させたことについて報じています。
シュテフェン・ザイベルト(Steffen Seibert)首相報道官は次の様に述べています。

言論の自由は、根本的に重要な基本的人権だ。そしてこの基本的人権が制限され得るのは、法律を通じて、また立法者が定めた枠組みの中でであり、ソーシャルメディア各社の経営陣の決定によってではない。この観点から、(メルケル)首相は米大統領のアカウントが永久停止されたことは問題だと考えている

果たして、これらの措置が今後の仮想通貨市場にどの程度影響を及ぼすのか、まだしばらく市場関係者およびユーザーらは静観するしかなさそうです。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

XRPへの関心は薄れていない?GMOで取引高が1位に

日本の大手仮想通貨取引所GMOコインが、12月の取引高ランキングを発表しました。

このランキングによると、XRPは販売所取引高1位・取引所取引高2位を獲得しています。

このことから、世間のXRPに対する関心はまだまだ薄れていないことが伺えるでしょう。

 

BTCを超えるXRPの取引高

仮想通貨取引所GMOコインは、XRPが販売所における取引高1位であることを公開しました。

販売所は取引所とは異なり、ユーザーと企業間で通貨のやり取りがされるので、BOT(自動売買)による取引高のかさ増しがありません。

その為、かなり信頼性の高いデータであると言えるでしょう。

また、取引所でもビットコインに続き2位の取引高を維持していることから、ユーザーの関心はまだまだ失われていないことが伺えます。

買い支え層が厚い

XRPの取引高が多かった理由として、SEC提訴問題が起きたことが大きな要因だと考えられています。

実際に、一時的に売り圧が大幅に増えた影響でXRPの価格は50%以上下落しました。

多くの投資家が、ニュースに悲観してXRPを手放していきました。

それでもコロナ禍の水準を割ることはなく、現在30円前後を推移しています。

これはつまり、2020年上旬~中旬頃よりも買い支える層が非常に増えていることを意味しているでしょう。

SEC提訴問題により次々と投資家が逃げていったかのように見えましたが、取引高が激増した分だけXRPは購入され続けていますので、逆にプラスに捉えることもできます。

 

まとめ

今回は、XRPがGMOコインの販売所取引高で1位になったニュースを取り上げました。

取引高が多いということは、売る投資家も多い一方で買う投資家も多いことを意味します。

仮想通貨は関心が無くなったものが淘汰されている世界です。

しかし、取引高的に見ればXRPはビットコインと同じレベルの関心を集めています。

これだけ投資家の関心が高いのであれば、まだまだ復活の余地はあると言えるでしょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

暴落の中で大口投資家は増加傾向|ふり落としが始まったか


仮想通貨のデータを分析しているグラスノードは、この1週間で大口の投資家が増加していることを明かしました。

暴落が続いている中で大口投資家が増加していることから、今回の暴落は個人を振り落とす為の調整ではないかと囁かれています。

心理的に売りたくなる状況だからこそ、大口投資家は買い場であると見込んでいるのかもしれません。

大口投資家が大幅増加

仮想通貨のデータを提供しているグラスノードが、1000BTC以上を保有している大口アドレスが増加していることを公開しました。

グラスノードによると、1月4日時点では約2000アドレスだったものの、この1週間ほどで2140アドレスまで増加したとのことです。

およそ7%にあたる140アドレスが、この短期間に増えたことは異例であり、世界中の大口投資家が急いでビットコインを購入し始めている表れであると考えられているようです。

過去の相場から見る買い場

ビットコインの歴史を辿ると、大きく価格を上昇させる場合、必ず30~40%程度の調整が入っていることが分かります。

この調整が入ることで、ビットコインは更にATH(過去最高値到達)を伸ばし続けてきました。

その為、今回の大幅な下落も恒例の調整だと判断している投資家が多いようです。

もし、本当のATH前の調整だとすると、過去のチャート的にATH後は1000万円を目指す可能性が高いでしょう。

更なる下落にも注意

一部の投資家からは、大口が増加したことで価格が上がるわけではないという指摘も挙がっています。

大口投資家の総数は増えていても、売り圧の方が大きければ価格は下落してしまいます。

また、元から居た大口投資家が複数のアドレスにビットコインを分散させたことでアドレス数が増えている可能性も考えられます。

特に、価格が乱高下している時は複数の取引所に預ける投資家は多いでしょうから、アドレス数だけで判断するのではなく、市場の出来高や傾向を見極めることが重要になってくるでしょう。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

急落したビットコインが急回復!? しかし、トレーダーは不安視している模様 / ビットコインの取引量が急増か?

急落したビットコインが急回復!? しかし、トレーダーは不安視している模様

要点

・ビットコインの価格が急落後、急回復していた

・一部の仮想通貨取引所でトラブルが発生していた

12日、ビットコインは急落した後、大きな回復を見せました。

しかし、この回復を疑う人がいるようです。

今回の反発によって上昇が始まるかというと、
そうではないかもしれません。

著名仮想通貨アナリストのflibflib氏は、
取引所の停止や米資産運用会社グッゲンハイムの幹部が
売却することを促すようなコメントしたことがきっかけで
このような市場操作が引き起こされたと主張しました。

今回の回復は市場操作の失敗によって
起きたものであると指摘しました。

実際、グッゲンハイムのCIOでスコット・ミナード氏は
投資家に

「売却する時だ」

と、助言していました。

グッゲンハイムはグレイスケールを通じて
ビットコインを購入しようとしており、
当局から許可が降りるのを待っている状態です。

そのために価格を下げようと意図的に行っているのではないか
批判の声が出ているようでした。

一部の仮想通貨取引所も批判が集まっている

大手仮想通貨取引所のコインベースとクラーケンにも
批判が集まっているようです。

ビットコインが下落している最中に、プラットフォーム上で
問題が発生し、トレーダーによる注文が行えない状態が
発生していたことが判明しました。

これについて、仮想通貨アナリストのウィリー・ウー氏は

「過去2年間に起きた暴落は、レバレッジをかけすぎた市場で
トレーダーの清算によって引き起こされたものだった。
しかし今回の暴落は仮想通貨取引所から始まり、
1ヶ所の取引所による機能停止が大きく増幅させた。
利益のために停止しなかったようだ」

と、今回のトラブルによって、市場全体に影響が出て、
価格の下落を加速させたと指摘しました。

しかし、ビットコイン研究者であるビジェイ・ボヤパティ氏は
コインベースの取引量は過去24時間で10万1200BTCを
超えていたとして、別の視点から評価していました。

今回の取引量が大きかったことは、多くの資本が
ビットコインに流れ込むことの証だろうと述べました。

 

■ネットの反応

急回復しても、再度下落しそうという声が多くありました

ビットコインの価格も高額であり、ボラティリティが大きいこともあり、

多くの投資家はなかなか手を出せない様子でした。

 

ビットコインの取引量が急増か?

要点

・ビットコインの取引量が急増していた

・このペースが続くと、過去最高の取引量を更新するかもしれない

仮想通貨調査企業のメサーリによる調査で、
ビットコインの取引量が急増していることが判明した。

ビットコインの取引高が24時間で223億ドルに上り、
このペースが続けば、7日間平均で過去最高の600億ドルという数値を
2倍以上更新する可能性が出てきました。

また、仮想通貨データ提供企業スキューによると
調整期間中にサービスが一時停止したにも関わらず、
仮想通貨取引所コインベースの取引高は24時間で、
35億ドルとなったようです。

また、11日に95億ドルの取引高を記録しており、
これは仮想通貨取引所として過去最高記録となりました。

この取引量が急増したのは、
ビットコインが3万1000ドルから3万5000ドルに急反発したことが
要因で、この取引活動の多くがこのレンジで行われたと考えられるようです。

 

今回の記事のまとめ

■『急落したビットコインが急回復!? しかし、トレーダーは不安視している模様』について

・ビットコインが急落した後、急回復した

・資産運用会社グッゲンハイムが価格操作したのではないかと疑われている

・また、ビットコインの価格が下落中に仮想通貨取引所で取引ができないトラブルが起きていた

 

■『ビットコインの取引量が急増か?』について

・調査でビットコインの取引量が急増していた事が判明した

・このペースが続くと、7日間平均で過去最高の600億ドルを超えるかもしれない

 

先月から急騰、下落を繰り返しています

ボラティリティが大きい状況になっており、

多くの投資家はビットコインに手を出せない様子が伺えました

上昇の可能性もあるけど、下落の可能性もあるといった声が

今も出ているため、今後はどういった事がきっかけで

チャートが変動するのか注目するべきかもしれません

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン価格が急落!? 利益を確定する動きが広がる自体に / 急落したビットコインは、しばらく調整期間が続く!?

ビットコイン価格が急落!? 利益を確定する動きが広がる自体に

要点

・ビットコインの価格が大きく急落している

・長期的な調整局面に入る可能性がある

11日、仮想通貨市場でビットコインの価格が急落しました。

アルト市場も連れ安し、全面安の様相となりました。

ビットコインは一時、約420万円の大台に到達しましたが、
テクニカル的な節目を維持できず、反落しました。

一時360万円台まで下落し、前日比13%となっています。

これにより、急ピッチな価格高騰で含み益が膨らんだ投資家を
中心に、利益を確定する動きが広まっているようです。

また、ビットコインの価格上昇時に要因とされていた
米国債利回りの上昇やそれに伴うドルの上昇も、
下落要因として意識されているようです。

 

専門家の見解は?

著名経済アナリストのトム・リー氏は、
今回のビットコイン価格急落について、見解を語りました。

2021年のボラティリティが高く、極めて警戒感が高い状況と解説した上、
投資家は市場が一度暴落してから大幅反発し、
過去最高値を更新するシナリオに備えることを推奨するコメントを出しました。

トム・リー氏は、

「ビットコインはハイパーボラティリティの資産で、
我々投資顧問企業Fundstrat Global Advisorsの今年の展望としては、
株やビットコインなどのリスク資産は、1月末〜4月の間でピークを迎え、
S&P500指数が4,000ドルに達する。
仮にS&P500が10%ほど下落すれば、
ビットコインはおそらく40%〜50%の下落幅になり得る。」

と、述べました。

ビットコインの大幅調整の可能性について、
このような調整幅は仮想通貨では珍しいものではないと指摘しました。

その上で、

「2020年にも、コロナショックなど同じような時期があった」

と、指摘しました。

暴落はするが、市場回復によってビットコインが
今年で300%以上の上昇率に達成することは
見込めると見込んでいるようです。

 

■ネットの反応

今回の急落は「やっぱりな」と思っている方が多くいました

また、ビットコインの価格が高くなっていることもあり、

手を出す人が少なかったせいか、損失を出した方は

そんなにいない様子でした

 

急落したビットコインは、しばらく調整期間が続く!?

要点

・ビットコインの価格急落はマイナーがビットコインを大量に売却していることが原因と指摘される

・一部のトレーダーは短期的に大きな調整があると予想

仮想通貨データ分析を手掛けるクリプト・クオントによると、
今回の急落は、マイナーがビットコインを
大量に売却していると指摘しました。

マイナーの売り圧力が高まっている事が背景にあり、
こうした大量売却は今後、長期的な調整局面に
入る可能性が出ているようです。

また、一部のトレーダーは短期的に大きな調整が
あると予想しているようです。

仮想通貨トレーダーのエドワード・モーラ氏は
3万6000ドル前後まで下落すると見ているようです。

また、ビットコインチャートを提供するウェブサイト
Look into Bitcoin創設者のフィリップ・スウィフト氏は

「私はビットコインが30%も暴落するとは考えていない。
私が予想していた価格上昇率は近く、緩やかになるだろう」

と、ビットコインが大幅に下落する可能性は低いが、
上昇率も低いと主張しました。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコイン価格が急落!? 利益を確定する動きが広がる自体に』について

・ビットコインの価格が一時360万円台まで急落した

・専門家は一度暴落してから大幅反発すると予想

 

■『急落したビットコインは、しばらく調整期間が続く!?』について

・マイナーがビットコインを大量に売却していることが急落の要因と指摘

・一部のトレーダーは短期的に大きな調整が入ると予想

 

ビットコインの急落は他の仮想通貨も巻き込む形になり、

全体的に下落している傾向になっているようです

今回の下落は、多くの方が想定していましたが、

今後どうなるかはわからない様子でした

Twitterなどで活躍している専門家の意見を参考にしながら

今後の動きに注目しておくと良いでしょう

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

もし、ビットコインを大量に購入した企業が倒産したら相場はどうなるのか? / 過去1年の間で数千人がマルウェアによる被害を受けていたことが判明

もし、ビットコインを大量に購入した企業が倒産したら相場はどうなるのか?

要点

・ビットコインを大量に購入した企業が倒産したらどうなるのか?

・仮想通貨企業Komodoの事業開発ディレクターがこれについて言及

ビットコインの価格は、ボラティリティが激しいと言われています。

2020年3月に新型コロナによる感染拡大で
急落がありましたが、そこから回復して
今では、過去最高値を更新しました。

だからといって、このようなイベントが
今後もありえるから安全というわけではありません。

仮想通貨企業Komodoの事業開発ディレクターが今後について、言及

仮想通貨企業Komodoの事業開発ディレクターである
ジェイソン・ブラウン氏は、今後ビットコインが2020年3月の
新型コロナによる急落と同様のイベントを引き起こす
可能性があると予想しているようです。

ブラウン氏は、

「現在の機関投資家による採用に伴う上昇トレンドを考えると、
そのようなシナリオは、ありそうもないと考えている

一方、COVIDが突然のクラッシュと短期間の弱気相場を引き起こし、
その後2020年夏に始まった強気相場が続くとは予測できなかった」

と、述べました。

また、ブラウン氏は企業自体が倒産した場合について
危惧している様子でした。

ビットコインの価格が最近4万1000ドルを突破したことを考えると、
今ビットコインを購入することは、高値で買うことになります。

そのビットコインを購入している企業に対し、ブラウン氏は

「平均価格よりも高い価格でそれを行っている。

これは仮想通貨価格が下落もしくは停滞した場合に、
金融機関が財政難に陥った場合、
市場平均を下回った価格で売却するシナリオもあり得るということだ。

理論的過ぎて、あり得なさそうではあるが、
これは逆方向に雪崩効果を引き起こして、
私たちを弱気相場に引き戻す恐れがあるということだ。

以前は、クジラがどのようなに市場を動かすについて議論していたが、
今では時価総額上位の仮想通貨の総供給は
さらに集中化されている。

将来的には、1つの主要な組織が非常に大きな売却をした場合、
2018年に始まった弱気相場よりもさらに大きな影響を与える可能性がある」

と、述べました。

実際、2018年弱気相場では、ビットコインの価格が
1万7000ドルから4000ドル以下まで下落した例があります。

 

■ネットの反応

ビットコインを多く購入している企業が倒産した場合、

ビットコインの価格が急落する恐れがあることは

多くの投資家も重々理解している様子でした

 

過去1年の間で数千人がマルウェアによる被害を受けていたことが判明

要点

・セキュリティ企業Intezer Labsがマルウェアによる被害を報告

・過去1年の間で数千人が被害を受けていた

セキュリティ企業Intezer Labsは、
仮想通貨価格の上昇により、ハッカーたちの活動が
活発化していることを警告しています。

同社が指摘するマルウェアは、過去1年の間に広まっていました。
しかし、このマルウェアが発見されたのは2020年12月でした。

『ElectroRAT』と呼ばれている新しいリモートアクセス型の
トロイの木馬は何千ものWindowsやmacOS、Linuxユーザーの
仮想通貨ウォレットをターゲットにしているようです。

研究者によると、『ElectroRAT』は

「キーロガー、スクリーンショットの撮影、
ディスクからのファイルのアップロード、ファイルのダウンロード、
被害者のコンソールでのコマンドの実行など、様々な機能がある」

といった機能があると説明しました。

このマルウェアは仮想通貨関連の偽アプリに仕込んでおり、
その偽アプリをダウンロードした投資家がマルウェア被害に遭い、
仮想通貨ウォレットが空になったそうです。

被害者は数千人に上るようです。

 

今回の記事のまとめ

■『もし、ビットコインを大量に購入した企業が倒産したら相場はどうなるのか?』について

・仮想通貨企業Komodoの事業開発ディレクターが今後、
ビットコインの価格が急落する可能性があると予想している。

・ビットコインを多く購入した企業が大きな売却をした場合、
2018年に始まった弱気相場よりも更に大きな影響を与える可能性があると指摘

 

■『過去1年の間で数千人がマルウェアによる被害を受けていたことが判明』について

・セキュリティ企業Intezer Labsが仮想通貨価格の上昇により、
ハッカーたちの活動が活発化していることを警告している

・2020年12月に発見されたマルウェアによる被害は数千人以上となる

 

過去最高値を更新していくビットコインですが、

上昇していく反面、急落した時のリスクがかなり大きく

購入するのを躊躇する方が多くいるようです

今後もチャートの動きに注目しておくことをオススメします

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの価格が400万円を突破! / ビットペイのCCOがビットコインの価格が下落する可能性を示唆

ビットコインの価格が400万円を突破!

要点

・ビットコインの価格が400万ドルを突破した

・1週間で100万円上昇したことになる

ビットコインの価格は1月3日に350万円となり、高値更新しました。

その後、4日には大幅に反落する流れとなりました。

しかし、それから3日足らずで再び節目となるポイントを突破し、
ビットコインの価格が400万円を突破しました。

ここ1ヶ月の動きを見ると、価格は倍以上になっている事が判明しました。

この上昇について、過熱感を指摘する声も挙がっているようです。

また、ビットコイン以外の仮想通貨も強い動きを見せており、
リップルも同日に40%以上上昇するなど動きがありました。

 

■ネットの反応

ビットコインの価格がここまで上がると

まだまだ上がるだろうなという声もありました

 

ビットペイのCCOがビットコインの価格が下落する可能性を示唆

要点

・ここ数ヶ月で様々な企業がビットコインに投資するようになった

・ビットペイのCCOがこの状況について言及

ビットコインはここ数ヶ月、メインストリームの企業から
資金が流入するようになってきました。

これらの企業がビットコインへの投資を
何年か続けると予測する人が出ている中、
ビットペイの最高商務責任者はそれほど確信を
持っていない様子でした。

ビットペイの最高商務責任者は
Bloombergのインタビューに応じ、

「多くの機関投資家が約2万ドルで購入したことから、
ビットコインがどこから下落するのか判断することができる

購入したすべての買い手は、
『3年から5年にかけてビットコインを保有するつもりだ』と言っている。
そいつは素晴らしいことだが、
ビットコインが来月に4万5000ドルに達すれば、
『買った時の2倍以上になったぞ。3年間も持っている必要はない。さあ売ろう』
と言い出すだろう」

と、述べました。

価格が上昇し続ければ、
これらの企業が当初の計画よりも早く保有分を
売却する可能性もあると考えているようでした。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコインの価格が400万円を突破!』について

・ビットコインの価格が400万円を突破し、1週間で100万円上昇した

・他の仮想通貨も上昇する動きを見せている

 

■『ビットペイのCCOがビットコインの価格が下落する可能性を示唆か』について

・ここ数ヶ月、様々な企業がビットコインを投資している

・ビットペイのCCOは価格が上昇し続ければ、ビットコインに投資している企業が
早めに保有分を売却し、価格が下落する可能性があると指摘した

 

ビットコインの価格上昇は、まだ続いている様子ですが

いつ下落するのか、どれほど暴落するのか

不安になっている投資家も多く見かけました

今回の上昇はこれからも続くというわけではないため、

Twitterなどで活躍している投資家の意見を参考にしながら

今後の動きに注目したほうが良いでしょう

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨の時価総額が100兆円を超える|お正月に認知が広まったか

ビットコインの躍進や、アルトコインバブルの再来によって遂に仮想通貨市場の時価総額が100兆円を突破しました。

FaceBookの時価総額が約80兆円、Googleの時価総額が約120兆円であることから、世界屈指の企業と並ぶレベルにまで上り詰めたと言っても過言ではないでしょう。

とは言え、最終的には株式市場やゴールド市場と競合することを考えると、まだまだ伸びしろがあると指摘する声も挙がっています。

 

年末年始の爆上げで時価総額が100兆超える

ビットコインが37000ドルを突破したことにより、仮想通貨市場は大きく成長を遂げました。

また、イーサリアム(ETH)を筆頭に、ライトコイン(LTC)やポルカドット(DOT)など様々なアルトコインが暴騰したこともあり、遂に仮想通貨市場の時価総額が100兆円を突破したようです。

日本で最も規模が大きいトヨタが時価総額約22兆円であることやFacebookの時価総額が約80兆円であることを考えると、100兆円がどれほどスケールが大きいのか理解できるかと思います。

これほど仮想通貨が成長できたのは、技術者の活躍や機関投資家の増加、コロナによる法定通貨の失墜など様々な影響が大きいでしょう。

目指すはゴールド市場

ひとつの節目を迎えた仮想通貨ですが、その伸びしろはまだまだ計り知れません。

仮想通貨全体は最終的に、トヨタやFacebookといった1企業ではなく、株式市場やゴールド市場などの大きな分類を目指すことになるでしょう。

特にゴールド市場はビットコインと性質が非常によく似ていることから、ゴールドの時価総額を基準に、ビットコインがどこまで成長するのか語られることが多いです。

その為、ゴールドの時価総額およそ1200兆円まで到達すると考えるユーザーも少なくありません。

 

お正月の影響が大きいか

短期間でこれだけ価格が暴騰した理由として、お正月に仮想通貨の話が広まったのではないかと噂されています。

特にビットコインを保有していたユーザーは、お正月時点でかなりの利益が出ていたと考えられますので、親戚や家族との団欒時に話題に挙げた可能性が高いでしょう。

実際にお正月以降、急激にビットコインの検索数が上昇していることから、お正月を境にビットコインへ興味を抱いた人々はかなり多いようです。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Sparkトークンの取引がスタート|初動は一時XRPの価格を超える

XRP保有者におよそ1:1の割合で配布される予定のSparkトークンが、6日午後16時よりbitrueで事前取引出来るようになりました。

Sparkトークンそのものの配布は2021年後半頃を予定していますが、この事前取引によっておおよそのSparkトークンの価格を確認することができます。

現時点では、まだ取引が始まったばかりということもあり価格の変動が激しいものの、一時はXRPの価格を超えることもありました。

 

Sparkトークンの事前取引が始まる

6日16時頃、取引ペアにXRP基軸を採用したことで話題になったbitrueが、Sparkトークン(FLR)の事前取引を開始しました。

事前取引とは、まだ実体のないものをあると仮定した上で行われる取引です。

Sparkトークンの配布は2021年後半を予定していますが、この事前取引によって配布前からトレードをすることが出来ます。

なお、bitrueの事前取引によって獲得したトークンは、将来的にSparkトークンと交換することが可能です。

価格の変動が続く

Sparkトークン(FLR)の事前取引は、インドの仮想通貨取引所Giottusでも既に実施されており、そこでは1FLR=15インドルピー(約21円)とおおよそXRPと同じ価格で取引されていました。

その為、bitrueで取引が開始された場合も、同じ価格で落ち着くものだと思われておりました。

しかし、取引開始早々から1FLR=1.5XRP(約35円)に到達したかと思いきや、その後すぐに1FLR=0.3XRP(約7円)まで下落するなど激しい価格変動を見せております。

Sparkトークン自体まだ配布されていないことや、取り扱いをしている取引所の少なさ、そして出来高の少なさなど様々な問題があることから、当面の間は不安定な価格変動が続くと考えられるでしょう。

なお、bitrueの取引を行うには本人確認手続き(KYC)が必要であり、米国とシンガポールのユーザーは利用が出来ません。

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインが約7000ドルも下落!?短時間で市場全体が激しく急落する事態に / リップルは提訴された後、どうなったのか?

ビットコインの価格が約7000ドルも下落!?

要点

・ビットコインの価格が一時、約7000ドルの下落があった

・短時間で市場全体が激しく急落する事態となった

ビットコイン市場は、「空売り」や「買い」のどちらかに偏った時に
ショートもしくはロングスクイーズが発生する確率が高まる傾向があります。

この影響で、ビットコインの価格が
一時的にですが、約7000ドルも下落しました。

1月3日のデリバティブ市場は買いに傾いていたため、
ビットコインの価格下落が発生後、連鎖が発生し、
短時間で市場全体が激しく急落する事態となりました。

この様子を見たトレーダーのScott Melker氏は

「4時間足に買われすぎのベア・ダイバー、
明確なヘッドアンドショルダーが示された。
すでに過去のターゲット価格を大きく超えた。
近いうちにRSIが売られ過ぎへ向かうことになるだろう」

と、Twitter上で述べました。

5日現在、ビットコインは3万2000ドル前後を推移しており、
資金調達率はBinanceで0.0883%と比較的高い水準となっています。

 

■ネットの反応

ビットコインの価格が一時、大幅に下落したことがきっかけで

大損したという声が続々と出ていました

 

リップルは提訴された後、どうなったのか

要点

・Upholdがリップルの取引を続行

・リップルを擁護する人や投資家も行動を起こしている

昨年12月22日に米証券取引委員会がリップル社を提訴しました。

これにより、コインベースやバイナンスUSなどが
取引の停止を決定した取引所の表明を行いました。

この影響は取引所だけではなく、マーケットメイカーにも
リップスの取引サービスを停止した企業があり、
日本の販売所サービスにも一部影響が出ました。

そんな中、仮想通貨取引サービスを提供するUpholdが、
リップルが有価証券であるという米証券取引委員会の主張が
正式に認められるまでは、リップルの取引は停止しない
リップルの取り扱いについて説明しました。

リップルを取り扱うことが難しいほど、
取引高が減少しない限りは現状のサービスを継続するとしているようです。

その上で、

「米証券取引委員会の重要な役割は投資家保護だ。
その役割を維持しながら、リップルの価値をゼロにして
個人投資家に多大な損失をもたらす判決が
どのように下されるかを今予想するのは難しい。
我々は分別のある判決を望んでいる」

と、述べました。

 

訴訟後の動きはどうなったのか?

リップル社が去年の12月30日に訴訟に関する声明を発表しました。

「現時点では米証券取引委員会側の主張のみが拡散されている」

と指摘し、2〜3週間以内に正式な反論を提出する予定だと主張しました。

リップルを擁護する人や投資家も行動を起こしており、
年明けにはリップルを通貨と認めるよう米政府に
陳情書が提出されたことも判明しています。

米証券取引委員会とリップル社は2月15日までに、
必要書類を提出することを要求されました。

2月22日、裁判の前段階となる審理前会議が行われる予定です。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコインの価格が約7000ドルも下落!?』について

・ビットコインの価格が一時的に約7000ドルも下落した

・連鎖が発生し、市場全体が激しく急落する事態となった

 

■『リップルは提訴された後、どうなったのか』について

・リップル社が訴えられた後でも、一部の企業がリップルの取引を続行すると表明

・2月22日、裁判の前段階となる審理前会議が行われる予定としている

 

ビットコインの大幅な下落に関しては、多くの方が

予想できなかった出来事だったようです

今後もこのような動きがあるだろうと予測している投資家もいました

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

2021年、ビットコインの価格が300万円を超える!? / 価格下落しているリップルは、今後上昇する可能性がある?

ビットコインの価格は300万円を超える動きを見せている

要点

・ビットコインは2021年でも過去最高値を更新している

・今後も更に上値更新する可能性があるとして、期待を持てる相場となっている

ビットコインの価格は2021年に入り、
既に過去最高値を更新しています。

ついに大台となる300万円台を超える値動きを見せています。

過去の暴騰は2017年の11月から始まり、
12月には一度強い反落をし、その後は反発を見せましたが、
徐々に上値を切り下げる展開となっていました。

上記の状況に対し、今回の上昇は未だに陰線が確認されておらず、
12月28日から形成された現在のローソク足が既に上ヒゲを伴う
ローソク足の高値を超えており、上昇の勢いが続いています。

ビットコインは今後も更に上値を更新する可能性があるとして、
期待を持てる相場となっています。

多くの買い注文量が溜まっている相場となっているため、
含み益を多く持った回注文を手放すタイミングを考慮する場面になっています。

長期的な相場としては、強気な相場目線が
継続している形になっているため、仮に強い反落が起きた場合も
押し目買いの動きを狙える相場となっています。

 

リップル価格の下落はまだ続く可能性がある

要点

・リップルの価格が最安値を更新するほどの動きを見せた

・2021年1月上旬もこの下落チャートが続く可能性がある

リップルの価格は12月29日に最安値を更新するほどの
値動きを見せました。

チャートでは鍋底が形成され、
底値を示すサインが出現しようとしています。

今後、2019年12月23日の安値を超えることが
出来るのかが1つの注目ポイントとなります。

リップルの価格は、ローソク足の形や出来高の反応から
今後は上昇への値動きへ転じやすい相場に移行しています。

しかし、2021年1月上旬もこの下落チャートが続く可能性があり、
注意が必要としている場面となっています。

■ネットの反応

リップルの価格が最安値を更新した後、

これはチャンスではないかと思う投資家もいました

ビットコインはもちろん、リップルも細かい動きに

注目すべきの状況となっているでしょう

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコインの価格は300万円を超える動きを見せている』について

・ビットコインは2021年でも最高値を更新している

・今後も更に上値を更新する可能性があるとして、期待を持てる相場となった

 

■『リップル価格の下落はまだ続く可能性がある』について

・リップルの価格が12月29日、最安値を更新した

・下落は2021年1月上旬まで続く可能性がある

 

どちらも注目すべきの相場となっており、

目が話せない状況になっているようです

個人投資家達の間でも、様々な予想が出ています

それぞれの意見を参考にしながら、今後のチャートに

注目しておくと良いでしょう

Copyright © 2021 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

カナダで上場企業によるビットコイン投資が相次ぐ! / リップルの下落が止まらない! 記録的な暴落に…

カナダで上場企業がビットコインに投資する動きが相次ぐ

要点

・カナダで上場企業が資金の一部をビットコインに投資する動きが相次いている

・今回の動きは資本の多様化における新たな取り組みとしている。

カナダで上場企業が資金の一部をビットコインに
投資する動きが相次いでいるようです。

拡張現実の技術を使った企業向けのサービスを開発する『NexTech AR』は
29日、200万ドル相当のビットコインを購入すると発表しました。

今回の購入について、NexTechの最高経営責任者(CEO)である
エバン・ゲッペルバーグ氏は

「ビットコインへの投資は、資本の多様化における新たな取り組み。

長期的に企業価値を最大化させる目的だ」

と、述べました。

来年以降も状況に応じて更に購入する可能性があるとのことです。

また、23日にはカナダのフィンテック企業『モゴ』が
約116万ドル相当のビットコインを購入すると発表していました。

 

■ネットの反応

カナダで上場企業がビットコインに投資している影響なのか、

ビットコインの価格が更に上昇しているようで、

多くの個人投資家がビットコインのチャートに

注目している状態になっていました

 

 リップルの価格が更に下落

要点

・29日、リップルが30%以上下落した

・記録的な暴落となってしまった

29日、リップルが30%以上下落したことが判明しました。

これは、米証券取引委員会が米リップル社を提訴し、
米大手仮想通貨取引所コインベースがXRPの取扱いを
一時停止したことが下落の要因としています。

リップルは2週間で60%以上も下落しており、
記録的な暴落となりました。

仮想通貨トレーダーであるScott Melker氏は
今回の暴落を見て、

「XRPの価格チャート上に売られすぎであることを示す
ダイバージェンス(乖離)指標が出ているという声があるが、
間違った見方だ。
真空地帯にあり、トレードしてはいけない。
イエス・キリストが降臨して死んだヒップホップスターと
(リップル社CEOである)ブラッド・ガーリングハウスのために
コンサートを開いても(XRPは)買わない」

と、コメントしました。

米証券取引委員会は次の動きに出ている可能性が浮上

コインベースがリップル取引の一時停止をスクープした
Adam Cochran氏によると、

「米証券取引委員会はさらなる目標を定めている可能性がある」

と、話しました。

また、彼は続けて

「XRPが証券とみなされる場合は、
SECはバイナンスやフォビ等、
米に正式な拠点を置くすべての仮想通貨取引所に
法令遵守を求める可能性がある」

と指摘しました。

 

今回の記事のまとめ

■『カナダで上場企業がビットコインに投資する動きが相次ぐ』について

・カナダで上場企業がビットコインに投資する動きが相次いだ

・NexTechのCEOは資本の多様化、企業価値を最大化させる目的であることを発表した

 

■『リップルの価格が更に下落』について

・リップルが記録的な暴落をしている

・米証券取引委員会はさらなる目標を定めている可能性が浮上した

 

ビットコインの価格はまだ上昇を続けており、

300万ドルを突破しそうな勢いを見せているようです

多くの投資家も上昇するチャートに釘付けの様子で、

近いうちに300万ドル突破するのではないかと話題になっています

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの価格が2万8000ドルを超え、時価総額は5123億ドルに! / リップルの価格が下落方向へ再び動く

ビットコインの価格が2万8000ドルを超える

要点

・ビットコインの価格が一時的にだが、2万8000ドルを超えた

・時価総額は5123億ドルに膨れた

16日に初めて2万ドルを超え、
25日には2万5000ドルを記録しました。

26日は更に値を上げ、2万6000ドルに達し、
27日に2万8000ドルを記録し、年初からは
275%という驚異的な上昇幅を記録しました。

これによる時価総額は5123億ドルに膨れ、
中国のアリババとテンセントに匹敵するほどの
時価総額となりました。

 

ビットコインが史上最高値を更新した大きな要因とは?

北米の機関投資家による仮想通貨市場への参入
ビットコインの最高値を更新した大きな要因として挙げられています。

また、市場からは3万ドルを超えるのは
時間の問題だという見方が出ています。

中長期的にはさらに上昇を続けていくと
強気な予測をしている声も出ているようです。

 

■ネットの反応

多くの投資家がまだ上がると見込んでいましたが、

ここまで急に上がるとは思わず、見逃していた方が

多くいるようでした。

 

 リップルの下落が続いている

要点

・12月に入ってから、リップルの下落が続いている

・一度は強い反発を見せたが、その後再度下落している

リップルは12月に入り、下落が続いている状態となっています。

一度は強い反発を見せていましたが、過去のサポートラインが
レジスタンスラインとなり、再び下落方向へ動いているようです。

27日までに23日の安値接触まで残りわずかとなっています。

未だに反発の値動きは確認されておらず、
出来高の反応も鈍い状況になっています。

現在のチャートを見る限り、このまま続くと
23日の下値を更新する可能性が高まっているようです。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコインの価格が2万8000ドルを超える』について

・16日に初めて2万ドルを超えたが、27日に2万8000ドルを記録した

・時価総額は5123億ドルとなり、大手企業に匹敵する程の額になった

・北米の機関投資家による仮想通貨市場への参入が最高値を更新した大きな要因としている

 

■『リップルの下落が続いている』について

・12月に入ってから、リップルの下落が続いている

・一度だけ強い反発があったが、それ以降は下落している

・このまま続ければ、23日の下値を更新する可能性が出た

 

ビットコイン価格の上昇は一瞬でしたが、その後急落しているようです

しかし、今後もこのような上昇はありえるという声が出ています

今後も個人投資家の意見を参考にしながら、

ビットコインの価格チャートをより注目しておくと良いでしょう。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨取引所『バイナンス』がビットコインによるSegWitサポートを開始! / ロシアの仮想通貨取引所がハッキングされ、運用停止に

仮想通貨取引所『バイナンス』がSegWitサポートを開始

要点

・世界最大である仮想通貨取引所がSegWitサポートを開始した

・SegWitは問題点もあった

世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスが、
ビットコイン預金のためにSegregated Witness(SegWit)を
組み込んだことを公式声明で発表しました。

このサポートを利用したユーザーは

「『BTC(SegWit)ネットワーク』を選択することで、
SegWit(bech32)アドレスに資金を送金できる。」

と、説明しました。

続けて、

「SegWitは料金の削減に役立つはずだ。
ただし、互換性のない資産を誤ったアドレスに送金した場合、
資金は回収できず、損失が発生してしまう」

と、問題点も指摘しました。

 

SegWitとは?

SegWitは2017年に実装されたもので、
ネットワークの拡張とバグの修正に約立つように設計された
ビットコインプロトコルのアップグレードです。

このサポートはトランザクションデータから署名を
分離する方法として知られており、
これにより、より多くのトランザクションを1つのブロックに
格納できるため、トランザクションの容量が増加することが出来ます。

 

 ロシアの仮想通貨取引所がハッキングされ、運用停止に

要点

・ロシアの仮想通貨取引所がハッキングされた

・取引ページで1BTCが32万ドルになり、運用停止する事態となった

ロシアにある仮想通貨取引所『Livecoin』で、
クリスマスイブの日にハッカーの攻撃を受け、
突然運用を停止したことが判明しました。

Livecoinは今回の攻撃に受け、
ユーザーに預金や取引、APIなどの
サービス利用を停止するよう呼びかけました。

Livecoinのメインページでは、

「時間内にサービスを停止することができなかった。
私たちのニュースチャンネルも危険さられた。
現時点では、フロントエンドを部分的に管理しているので、
この発表を行うことができる」

と、説明が記載されていました。

現在、Livecoinはサーバーへのコントロールを復活させるため、
懸命に取り組んでいる様子です。

数日以内にセキュリティアップデートを行うことを約束すると述べています。

ハッカーは取引所の価格を異常な数字に変更した

ハッカーはLivecoinのインフラを乗っ取り、
取引所の価格を異常な数字に変更したようです。

仮想通貨教育ウェブサイト『Yellow Block』の
共同創設者であるCryptorangutangは、
ビットコインが12月24日にLivecoinで
1ビットコインあたり32万ドルを超えたと指摘しました。

続けて、彼は

「何が起ころうとも、これでドルを稼ごうとすることはお勧めしない。
あなたの資金が帰ってこなくなるだろう」

と、述べました。

また、今回のハッキング騒動について海外掲示板では、

「古典的な出口詐欺の手口ではないか」

と、疑う声も出ているようです。

 

■ネットの反応

仮想通貨はこういったリスクがあります

こういった問題はどうにかして

解決出来ないだろうかという声が多くありました

 

今回の記事のまとめ

■『仮想通貨取引所『バイナンス』がSegWitサポートを開始』について

・世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスがSegWitサポートを開始した

・しかし、このサポートに関してユーザーから問題があると指摘した

 

■『 ロシアの仮想通貨取引所がハッキングされ、運用停止に』について

・クリスマスイブにロシアの仮想通貨取引所『Livecoin』でハッキングされた

・ハッキングにより、様々なコントロールを失われた

・数日以内にサーバーへのコントロールを取り戻そうとしている

 

SegWitは手数料が安くなるなどメリットがあり、

多くの投資家が期待されているサポートシステムです

ただし、扱い方を間違えると損失を出す可能性があるため、

慎重に取引を行うことを心掛けましょう

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.