仮想通貨ニュース

No tags for this post.

今がビットコイン投資の好機とノボグラッツ氏、ウィンクルボス氏語る

要点

・元ゴールドマンサックスパートナーのマイケル・ノボグラッツ(Michael Novogratz)氏が、Financial Timesの広告でビットコイン投資を呼びかけました。
・ほぼ同時期、仮想通貨取引所Geminiの共同設立者であるキャメロン・ウィンクルボス(Cameron Winklevoss)氏も、イラン国民に対し、石油株ではなく、仮想通貨に投資を!と呼びかけています。

ノボグラッツ氏がビットコイン投資を呼びかけ

8月13日(木曜)に、イギリスに拠点を構える国際ビジネス新聞のFinancial Timesに掲載されたGalaxy Digitalのフルページ広告に、「今がビットコインに投資する時だ」と読者に呼びかけました。

Galaxy Digitalとは、ビットコインブルと元ゴールドマンサックスパートナーのマイケル・ノボグラッツ(Michael Novogratz)氏が設立し、率いる仮想通貨に特化したマーチャントバンク(※手形引受および証券の発行・引受、預金受入、貸付、投資顧問、リース、企業の合併・買収の仲介などを行う銀行)です。
同社の本拠地はニューヨークですが、サンフランシスコやロンドン、東京、香港、ケイマン諸島(登録関連事務所のみ)、アメリカ・ニュージャージーにも事務所を構えています。

仮想通貨市場関係者がツイート

ノボグラッツ氏の広告を見た仮想通貨投資会社のグレイスケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)社の現最高経営責任者であり、デジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group)の創設者兼最高経営責任者でもあるバリー・シルバート(Barry Silbert)氏は、この広告についてツイートしています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

(日本語訳
今日のギャラクシーデジタルからのFTのビットコインの大きな広告。大好きです)

画像の下部に注目してみると、広告にはGalaxy Digitalの仮想通貨ファンド部門であるGalaxy Fund管理のURLもしっかりと表示されています。

Galaxy Digitalは、「Galaxy Bitcoin Funds」(「低管理手数料、ビットコインエクスポージャーに対する機関用グレードの車両」)と「Galaxy Crypto Index Fund」(「Bloomberg Galaxyのパフォーマンスを追跡するために設計」)を提供しています。

そして、注目したい点がもう一つ。
数日前にシルバート氏が率いるグレースケールインベストメンツはデジタル通貨について独自のテレビコマーシャルを発表しています。

キャメロン・ウィンクルボス氏も投資を呼びかけ

マイケル・ノボグラッツ氏のパターンとは少し違っていますが、仮想通貨取引所Geminiのキャメロン・ウィンクルボス(Cameron Winklevoss)氏も、ビットコイン投資を呼び掛けています。

イランの発散・ルーハニ(Hassan Rouhani)大統領が国民に、新たな石油スキームの株式への投資を求めたのに対して、キャメロン・ウィンクルボス氏が、代わりにビットコイン投資をするよう勧めたことが海外メディアで報じられています。

8月12日付のブルームバーグ紙の報道で、イランのハッサン・ルーハニ大統領がテレビ会議で、国民はドルや金ではなく石油株に資金を投入(投資)すべきだと勧告しました。
政府が進行中のアメリカの制裁とコロナウイルスのパンデミックの影響の中で経済を強化する方法を模索しており、イランは初めて国民が資本市場に石油に投資できるようにする計画を立てているという。

https://platform.twitter.com/widgets.js

(日本語訳
石油は価値のある信頼できる店ではありません。)

ビットコイン億万長者としても世界中で知られているキャメロン・ウィンクルボス氏は、その日のうちにツイッターから、イラン国民に代替案を推奨しました。

キャメロン・ウィンクルボス氏は、価格が一年中急上昇し、下落すると回復が遅い石油株に投資するのではなく、ビットコインに目を向けるよう呼びかけています。

ビットコイン相場は強気一直線


(動画引用 Tone Vays「Trading Bitcoin – $BTC Breakout, $GOLD All Time High in Memory of Tyler Jenks」)

人気クリプトアナリストのトーン・ベイズ(Tone Vays)氏は、ビットコイン価格の見通しについて「非常に強気」であり、勢いを維持できれば、史上最高の可能性もあると語っています。

動画の中でベイズ氏は

この傾向が続く限り、ビットコインは非常に強気になり、10,000ドルに引き戻される。その後、金と同じように、これまでにない最高記録をすばやく達成できます。私はまだビットコインに強気です。

と語っています。

動画の中で同氏は、価格が14,000ドル近くに急上昇した2019年半ばよりも、ビットコインの方が強気な方向に進んでいると語っています。
ベイズ氏は、ビットコインがトレンドラインを超えて完全なろうそくを維持し、週単位で10,000ドルを上回れば、ビットコインの上昇傾向に自信を持つには「十分」であると述べています。

長い仮想通貨の冬の時代が終わり、ようやく再び熱い夏が舞い戻って来るのか、活気づいた市場に、今後も目が離せなくなりそうです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

マイクロストラテジー(MicroStrategy)がビットコインに2億5,000万ドルを投資

要点

・マイクロストラテジー(MicroStrategy)社はビットコインに2億5,000万ドルを投資しました。
・ビットコインへ巨額の投資を決断した背景には、時代が金よりビットコインに勝ちを見いだしていることが要因となっています。

ソフトウエア企業がビットコインへ巨額投資

資産総額数十億ドル規模を誇るビジネスインテリジェンスソフトウエア企業のマイクロストラテージ(MicroStrategy)社が、ビットコインに2,500億ドルの巨額投資をしていることが分かりました。

8月11日、同社は21,454BTC、手数料と費用を含む総額2億5,000万ドル(約276億円)を購入したと発表しました。
仮想通貨は、修正されたダッチオークションオファーでクラスA普通株式の最大2億5000万ドル相当の現金入札を開始することも含み、2方向の資本配分戦略の一環として購入されたとのこと。

ビットコインに投資を決めた背景

マイクロストラテージ社は発表の中で、ビットコインへの投資を決めた背景に、経済およびビジネス環境に影響を与える要因の影響を受けたとしており、企業の財務プログラムに長期的なリスクをもたらしていると考えています。

ビットコインへ投資を決めた背景には、COVID-19パンデミックによって引き起こされた経済および公衆衛生の大危機で、世界中で採用された量的緩和を含む前例のない政府の金融刺激策と、世界的な政治および経済的な不確実性が含まれているとのこと。

時代は金よりもビットコイン!

同社のマイケル・J・セイラー(Michael J. Saylor)CEO(最高経営責任者)は、この動きについて、株主の長期的な価値を最大化することを目指していると述べ

今回の投資は、世界で最も広く採用されている仮想通貨であるビットコインが、信頼できる価値のある市場であり、現金を保有するよりも長期的に上昇する可能性がある魅力的な投資資産であるという信念を反映しています。

とコメントをしています。

セイラーCEOは、ビットコインについて、グローバルな金融システムへの重要な追加として浮上しており、現金よりも優れた正当な投資資産として認識していると付け加えているほか、ビットコインが現在、国庫準備戦略の主要な資産の逃避先になっていると述べています。

資本をビットコインに割り当てる戦略は、何カ月もの間議論されており、海外メディアも報じているように、先週マイクロストラテージは、ビットコイン、ゴールド(金)、シルバーへ2億5000万ドルの投資を検討していることを明らかにしていました。
同社はビットコインの特性を見極めて投資を選択した事を明らかにしており、仮想通貨はインフレに対して合理的なヘッジを提供するだけでなく、他の投資よりも高いリターンを得る可能性もあると考えたと発表で述べています。

さらに、

ビットコインのグローバルな受容、ブランド認知、生態系の活力、ネットワークの優位性、アーキテクチャの回復力、技術的有用性、およびコミュニティの精神は、長期的な価値の貯蔵を求める人々にとっての資産クラスとしての優位性の説得力のある証拠であることがわかります。

とセイラ―CEOは述べています。

発表により、マイクロストラテージ社はビットコインをデジタルゴールドと見なし、その価格は将来的に上昇すると予想しており、ビットコインへの投資は、現金を保有する場合と比較してより良いリターンを獲得し、資本の価値を維持する機会であることを示しています。

同社のポン・リー(Phong Le) 社長兼CFOは

長期的な営業利益とフリーキャッシュフローを生み出すという同社の新たな目標は、新資本配分戦略を採用することにもつながります。2億5000万ドル相当のビットコインは、現金を保有した場合と比較して、より良いリターンを獲得でき、長期にわたって資本の価値を維持する機会が提供されます。

と最後に締めくくっています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

仮想通貨詐欺師、偽ウォレットを介してインド裕福層投資家を標的か

要点

・インドの仮想通貨詐欺師が富裕層をターゲットにしていることがわかり、被害者のうちの1人はビットコインウォレット詐欺で370万ドルを失った事が分かりました。
・ソーシャルメディアアプリを通じ、仮想通貨詐欺師が人々を誘導し、詐欺ウォレットアプリを使用するように誘導し、2019年から同様の詐欺によって45億ドルの損失が発生していることが分かりました。

仮想通貨詐欺師のターゲット

インドの仮想通貨詐欺師が、最新のビットコインスキャンダルの偽のゲットリッチスキームに参加するよう、比較的資産を多く保有しているいわゆる裕福層の投資家を誘惑することで、詐欺案件を成功させています。

インド国内にて、2019年3月に仮想通貨全面禁止が解除された後、同国は仮想取引の急増と詐欺の増加が次々と発覚しているとインドTVのニュースで報じられました。

詐欺師集団らは、裕福な個人投資家をターゲットにしており、その一部は偽プラットフォーム利用した後、50,000ドル(約530万円)以上失ったと報じられています。
別の個人投資家はビットコインのウォレット詐欺による被害によって、28クロー(370万ドル、約4億円)の被害を受けています。

偽ウォレット詐欺の手口

詐欺師集団は、ソーシャルメディアグループでメッセージのやり取りを実施しており、アプリを通じてビットコインを売買するように誘っていることが分かっています。
裕福層の個人投資家を標的にしており、注意しておきたいのが、これらの詐欺アプリは他のアプリには見られないほどの良いレートまたはトレードの機会を持つっていると報じられています。
しかし、個人投資家がこれらの偽ウォレットにビットコインを送金したり購入するなどのアクションを見せると、詐欺師集団は姿をくらまし、被害者との通信を一方的に断つことが被害調査で判明しています。

Avalance Global Solutionsの創設者であるマナン・シャー(Manan Shah)氏は、この取引が通常、SGP(Swift Global Pay)やIGP(Insta Global Pay)、International Global Payなどの支払いソリューションを通じて行われると語っています。
これらのサービスのいくつかは、Q&Aページにて低い評価のレビューが書き込まれている事も判明しています。

詐欺師のスキルが向上!?

インドの仮想通貨取引所CoinCDXの創設者であるスミット・グプタ(Sumit Gupta)氏は、仮想通貨の人気が高まっているなか、複雑な手口を使って投資家の仮想通貨を奪い取る計画を立てており、少なくとも基本的なオンラインセキュリティに関連する最低限の知識を持ち合わせており、仮想通貨取引きやその処理するスキルを持っているとみられています。

グプタ氏は、投資家に自分のデューデリジェンス(Due Diligence=投資対象となる企業や投資先の価値やリスクなどを調査・注意義務および努力すること)を行い、デバイスを最新の状態に保ったうえで、スマートフォンを使って詐欺を働いています。

仮想通貨市場では、ビットコインの価格上昇による急騰を経験しており、仮想通貨詐欺師は世界中で増加していることが分かっています。
仮想通貨は最近9,000ドルのベンチマークからようやく脱出し、最近では1BTC= 12,000ドル援護で推移しています。

分析会社のCipherTraceのデータによると、仮想通貨の盗難が2018年に17億ドルにまで一気に急増し、クリプトの冬と呼ばれた時期を経て、今年2020年1月から5月までの間に14億ドル近く詐欺被害が急増したことを明らかにしています。
記録では仮想通貨誕生以来、2番目に大きい仮想通貨詐欺被害を2019年に受けており、その被害額はすくなくとも45億ドルを超える損失をもたらしていることが判明しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Facebook新プロジェクトF2、WhatsApp Payや仮想通貨ウォレットNoviを一本化目指す

要点

・Facebook社の新プロジェクトである「F2(Facebook Financial)」は、同社に関連するすべての支払いソリューションを一本化させるとみられます。
・元Upworkのステファン・カスリエル(Stephane Kasriel)CEO(最高経営責任者)が、同社支払い担当副社長に任命されました。
・Libraの共同創設者であるデヴィット・マーカス(David Marcus)氏は、引き続き同社のNovi仮想通貨部門を主導するとみられます。

Facebook社が新支払いソリューションを結成




世界最大規模のソーシャルネットワーキング巨人と称されているFacebook社が、支払いのための新たなグループ(※Libraを含む)を形成し、PayPalやUpworkといった決済事業の老舗を巻き込み、一本化させる目標を掲げています。

Facebookには、Venmoに似たモバイル決済サービスとして、「Facebook Pay」、「WhatsApp Pay」アプリ内決済、そして今後展開される計画の仮想通貨ウォレットLibraにあります。
多くの異なる支払い部門のように見えますが、Facebookは異なるこれらの決済事業すべてを1つのグループにまとめ、進行中の開発の監視を支援する新たなリーダーシップとして新プロジェクトを導入すると同氏公式Twitter上にて、発表しています。

https://platform.twitter.com/widgets.js


Novi Financialの責任者であり、Libraの共同創設者であるデヴィット・マーカス(David Marcus)氏は、本日グループの結成を発表し、FacebookがFacebook Payを監督するようにとステファン・カスリエル(Stephane Kasriel)氏を任命し、カスリエル氏もこれを承諾したことにも言及しています。
カスリエル氏のLinkedInプロフィールを見てみると、Facebookの支払い担当副社長に就任したことが分かりました。

経済及び金融関連大手通信社のブルームバーグ(Bloomberg)によると、新グループはFacebook Financial、通称「F2」と呼ばれているとのこと。
Facebook Payは同社のすべてのアプリに含まれる予定で、Instagramの統合は「今後数週間」でアメリカで完了する予定である事が公式サイト上で発表されており、Facebook社は、今後イニシアチブの専任リーダーを求めています。


カスリエル氏は、2015~2019年のフリーランスウエブサイトUpworkのCEOを務めた経歴を持ち、2004年から2010年までの約6年間には、PayPalに入社し、製品開発の責任者を務め、コンシューマ製品のシニアディレクターを務めた人物として知られています。
PayPalがZongを買収した際に、2011~2012年の約2年間、カスリエル氏は一時的PayPalへ復帰していたと言われています。


マーカス氏は、フェイスブック・ファイナンシャルのフォーメーションの中で、引き続きNoviを直接監督していく予定とのこと。
カリブラ(Calibra)と名付けられていた仮想通貨ウォレットは、各国におけるさまざまな規制上の課題に直面し、Noviが機能する方法を大幅に変更したことが発表されましたが、今年5月にカリブラからNoviへとプロジェクト名称も変更され、心機一転、事業展開を実施していくことが発表されました。

その結果、Libraプロジェクトのシフトは、通貨で裏付けするのではなく、Liba Coinを裏付けるために個別の法定に裏打ちされたステーブルコインを作成することとなり、これらを含めてLibraが最終的に野心的な元の分散型アプローチに対応できるかどうかについては現在、疑問を投げかけています。


一方、Libra協会では、世界の規制当局とのさらなるハードルを乗り越えようとしていることを示す最近の重要な任命を数多く行っており、今後の各国の規制や方針次第では、LibraとNoviも別々に稼働していく可能性も残されています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

グレイスケールがETH投信申請|全米でテレビCMも放映で一気に活性化か

アメリカの大手仮想通貨投資ファンドであるグレイスケールが、イーサリアムの投資信託の申請をおこなったことが明らかになりました。

グレイスケールは既にビットコインの投資信託を開始しており、非常に運用が順調なことから、イーサリアムでも十分なリターンが見込めると考えているのでしょう。

また、グレイスケールは今週から全米でテレビCMを放映するとのことなので、海外ユーザーの獲得が一気に広がる可能性があるようです。

 

グレイスケールがイーサリアムの投資信託を開始

仮想通貨大手ファンドのグレイスケール社が、イーサリアムの投資信託を始めようとしていると発表しました。

この申請が承認された場合、グレイスケール・ビットコイン信託に続く2番目の仮想通貨投資信託となります。

既に運用が始まっているビットコインの投資信託では、ビットコインの価格が右肩上がりということもあってか、現状では順調に運用が進んでいるようです。

その為、イーサリアムの投資信託も、それなりの結果が出るのではないかと投資家から注目が集まっています。

この話の影響かは分かりませんが、主要アルトコインの中でもイーサリアムは特に上昇率が高く、この一か月で60%程価格を上げています。

また、今回の信託投資が順調に推移すれば、今後リップルやビットコインキャッシュのような更なるアルトコインの投資信託が始まる可能性もあるでしょう。

投資信託によって新たなユーザー層が

恐らく、現時点で仮想通貨を利用しているユーザーにとっては、仮想通貨の投資信託はそこまで興味のあるものには思えないかもしれません。

自分で運用できるのに、わざわざ手数料を支払って他人に運用してもらう必要もないでしょう。

しかし、そんな方にとっても投資信託は意味のあるものになり得る可能性があります。

と言いますのも、投資信託が始まるということは、米証券取引委員会から承認を得られたということを意味します。

つまり、仮想通貨に対してそれなりの信頼性があると判断されたと言っても過言ではありません。

グレイスケール社の投資信託を利用するユーザー層のほとんどは裕福層であり、一度に数億単位のお金を出すこともあります。

ですが、彼らはリスクに対して敏感であり、信憑性の低いものに大金を出すことはありません。

その為、米証券取引委員会から認められたという肩書は、彼らが投資するきっかけにもなり得るのです。

 

全米でビットコイン投資信託のテレビCMが放映される可能性

グレイスケール社は、今週からグレイスケール・ビットコイン信託(GBTC)のテレビCMを放映すると言われています。

出川哲郎さんが出演したコインチェックのCMのように、テレビCMの効果は絶大的であり、海外のユーザーが一気に参入してくることが期待できるかもしれません。

実際に、グレイスケール社は2019年の5月頃に1度テレビCMの放映をおこなっていますが、このテレビCM放映後一か月で、ビットコインの価格が80万円台後半から140万円台まで価格を上昇させています。

今はコロナの影響によって法定通貨の価値に疑問を持つ者が増えてきていたり、仮想通貨全体が好調に推移していることから、かなりタイミングは良いと推測されており、どれだけ影響があるのか注目したいところですね。

特に若者はデジタル通貨に興味を示すケースが非常に高く、20~30代が価値の保存手段としてビットコインを選ぶかもしれません。

もし、日本と同じようにテレビCMの影響でユーザーが爆発的に増加した場合、ビットコインの価格は高確率で最高値を更新できるでしょう。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

若手投資家はビットコイン投資を好み年配投資家は金を好む傾向が強い

要点

・JPモルガン・チェース社が先日、パンデミック下における投資家の傾向などに関する報告書を発表しました。
・発表された報告書には、若い投資家がビットコインを選ぶ一方で、古い投資家は依然として金を選んでいることを示唆する一方で、古いバイヤーからの仮想通貨への関心の高まりも指摘しています。

比較的年齢の高い投資家は従来通り金への投資に固執しているものの、比較的年齢の若い投資家はビットコインへの投資へ明るい未来を見ていると、アメリカに拠点を構える銀行持ち株会社で商業銀行のJPモルガン・チェース(JPMorgan Chase&Co.)社の報告書が発表された内容を大手通信社のブルームバーグ紙が報じました。

古いものと新しいもの、物理的なものとデジタルの違い…。
これらは、金とビットコインのどちらへ投資をするか、その理由についての議論で確立された違いであるとモルガン社は報告書の中で述べています。

JPモルガン社の報告書によると、投資家は全体的に、パンデミック時の代替資産とそれに続く経済の不確実性に注目していると指摘。
比較的年齢の高い投資家は金の安全性と、古典的な価値の貯蔵、そしてインフレリスクなどを認識しています。

比較的年齢層の若い投資家はビットコインに対しての価値および思考は年齢層の高い投資家が金や株式に対しての考えや投資とほぼ同じ行動をとっています。
報告書には伝統的な投資商品の中で、若い投資家が技術株を選ぶ一方で、年配投資家は株式を売ることを選ぶと述べています。

その一方で、年配投資家がビットコインや他の仮想通貨が実行可能な投資であると認識し始めているという最近の兆候にも言及しています。
たとえば、モバイルアプリモードは最近、ベビーブーマーとGen Xユーザーからの毎月のビットコイン購入の大幅な増加を報告しています。
それでも年配の投資家は、長い間市場で安定性の源となってきた金などの定評ある資産の価値が高まっていることは明白で、ビットコインは、比較的変動しやすく、まだ新しい馴染みの薄いものとして見られています。

金とビットコインの値動き

確かなことは、最近の金の値動きとビットコインの値動きを見てみると、これまでは相関関係にないと言われており、長らく市場関係者もそのような見方が大半でしたが、ここ最近の仮想通貨全体の値動きと、金の最近の値動きは両方が値上りしています。
金の価格は2020年7月末、2011年に設定されたこれまでの最高値を超え、史上最高値に達しました。
その後、価格は上昇を続け、2020年8月4日(火曜)、金がニューヨークで初めて、1トロイオンスあたり2,000ドルを超える価格を記録しました。

ビットコインは、2017年に設定された過去最高の$ 19,665に近いわけではなく、当時の価格にはまだまだ遠いものの、アメリカ西部で急増するCOVID-19の脅威の高まりの中で、3月の「ブラックトゥデイ」株式市場の暴落で見られた約3,900ドルの低価格から、3倍にマデ株価も値上りを見せています。

8月6日16時の時点のビットコイン価格は、CoinMarketCapの調べによると、1BTC=1,231,730円、11674.08ドルで推移しており、過去30日間を見ても、約30%の値上りを見せています。
されに、時価総額上位ランキングに登場している仮想通貨のほぼすべてで、ここ数週間で劇的な値動きが見られており、特に値上がりが濱著なイーサリアムでは約400ドルで、30日間の74%の上昇を見せています。

仮想通貨冬の時代と長らく言われ続け、窮地を脱したと言われてもまだまだ以前の様な価格上昇につながらなかった仮想通貨市場。
はたして今後、どこまで価格が上昇していくのか、新たな価値として仮想通貨が登場してまだ日が浅いことから、過去データなどもなく、値動きの予想も難しいことから、しばらく静観するしかなさそうです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ETH、DeFiトークンが史上最高を記録!DeFi dappsは全トランザクションの92%

要点

・イーサリアムアプリケーションのトランザクション量が7月に120億ドルを超え、DappRadarによると、DeFi dappsは全トランザクションの92%を占めた事を発表しました。
・DeFiトークンは時価総額で90億ドルに達し、史上最高を記録しました。

イーサリアムDeFiトークンが史上最高を記録


(画像引用 DappRadar)

イーサリアムのDefi時価総額が90億ドルを更新し、史上最高を記録しました。

DappRadarが、3日に発表した報告書によると、イーサリアムアプリケーションのトランザクション量が7月に120億ドルを超えました。
2020年は引き続きイーサリアムDeFiエコシステムに専念するとレポートのDeFiメトリックサイトに記載されています。


(画像引用 DappRadar)

DappRadarは、イーサリアムの取引量が7月に史上最高を記録したことを発見し、DeFi dappsがすべてのトランザクションの92%を占めていることがわかりました。
このカテゴリー最大の貢献者の各トランザクション量は、2020年7月のCompound48%、Aave14%、Curve14%でした。


(画像引用 DappRadar)

過去数カ月間のイーサリアムは相反する結果に直面し、イーサリアムガスの高値によってアクティブウォレット数が大幅に減少しました。
これは特に、イーサリアムのDeFiカテゴリが爆発的に拡大している一方で、ゲームのカテゴリー内では顕著にみられる傾向でした。

イーサリアム系トークンの価格も大幅な値上がりに直面し、7月末には340ドルを超え、このような価格の急上昇はいつまで続くか予想すべきかまだ明確ではないものの、Ethereum 2.0リリースのイベントでは、さらに高い価格の上昇が見られる可能性があると予想されています。

イーサリアムとDeFi

DeFi、または分散型ファイナンスとは、合成株や分散型安定コイン、分散型取引所、貸付プロトコルなどの非保管金融アプリケーションを指しており、DappRadarは、メトリックサイトCoinGeckoによると時価総額が90億ドルに近づいているDeFiの上昇がマイニングに起因していると考えていると報じています。

一部のDeFi貸し出しプロトコルは、プラットフォームに関心を寄せる人々の忠誠を促すために、ユーザーがネットワークの将来に投票できるようにするガバナンストークンの発行を開始。
これらのトークンは貴重なもとなり、ユーザーに固執する理由を与える結果となっています。
COMPが発行された6月下旬にコンパウンドが開始され、その後に他のバランサーのBAL、Yearn FinanceのYFI、mStabeのMTA、Uma ProjectのUMAなどのプロトコルが登場しました。

トークンの価値は急上昇し、COMPは6月17日にローンチした時点で64.50ドルで取引を開始し、CoinMarketCapによると、ローンチ時の1日の取引量は155,475ドルで、6月21日までにCOMPは327ドルにまで上昇し、7月6日の取引高は3億400万ドルに達しています。

他のコインはずっと後にブームになり、ほとんどのDeFiプロトコルを収容するイーサリアムのネイティブトークンであるETHは、直近の2年間で最も高い411ドルに達しました。
DappRadarは、DEXや分散型取引所でのボリュームに成長の一部をもたらしており、これらは比較的マイナーで、分散型取引所は総取引量の4%しか占めていませんとDappRadarは述べています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル(Ripple)が2020年第2四半期レポートを公開!XRP高騰で注目を集める

要点

・リップル(Ripple)が2020年Cを公開しました。
・公開された「Q(Quarter)2 2020 XRP Markets Report(第2四半期の市場レポート)」によると、18.6倍に価格が高騰していることが分かりました。

XRP第二四半期レポート公開


画像引用 Ripple「Q2 2020 XRP Markets Report

ブリッジ通貨として世界であらゆる決済に用いられる事を目指したプロジェクトの元、誕生したリップル(Ripple)が、2020年第2四半期の市場レポートを8月3日に公開しました。

リップルでは四半期ごとにXRP市場レポートを公開しており、四半期ごとの取引所などへの販売であるプログラムセールや機関投資家などへの直接販売および更新、Xpring、RippleNetパートナーシップなどに関連するXRP関連を公開しました。

リップルではXRP保有者として、積極的なコミュニケーションと透明性があるとの信条の元で、市場において信頼を築き、オープンなコミュニケーションを育み、業界全体で水準を上げるよう求めることを目的として毎回発表しています。

リップルレポートの内容

Q2 2020 XRP Markets Report(2020年4月~6月)の売り上げ条項を見てみると、前年の2019年と比較して11倍の伸びを見せていますが、XRPの売上自体は第2四半期にて急増しています。

XRPトークンの売上高は、2020年第2四半期のXRPの総売上が、Q1(前の四半期)の175万ドルに対して3億2,550万ドル。18.6倍にまで急伸しています。
リップルでは2019年のQ3(第3四半期)よりおよそ1年の間、プログラムセールをストップしており、店頭販売(OTC)がプログラマティック(自動取引)の売り上げよりも優先しており、RippleNetのオンデマンド流動性(ODL)の顧客に対してXRP流動性を向上させる取り組みの一環で停止していると海外メディアでも報じられています。なお、RippleNetは、2019年の中頃から2020年までのODLトランザクション量が前年比11倍に増加しているとのこと。

クロスボーダー決済・送金ネットワークプロトコルを開発すアメリカのフィンテック企業で、RTXP(ripple Transaction protocol=リップル・トランザクション・プロトコル)と呼ばれるインターネット・プロトコルを開発していることで知られるリップル・ラボ(Ripple Labs)社は、XRP流通市場の買い手としても広く知られている。

Rippleが直面する問題とは

Ripple社は価格が驚く急上昇で評価が高まっているだけではありません。
朗報のもたらされている一方で、XRP売上に関する情報はあまりなく、Ripple社がこれまでと比べて早いペースでコインを投棄していることやで非難を集めている側面もあります。
同社は、XRPの流動性を改善させる方法として、自社株買いに関与しているとして、Ripple社のブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)CEO(最高経営責任者)へ批判が集まっています。

また、XRPを長期にわたってトークンの有用性を誇張・過大評価しており、2018年5月3日から集団訴訟の被告側として渦中に現在も存在しています。
集団訴訟の原告団は、XRPが証券に該当しているにも関わらず、SEC(アメリカ証券取引委員会)へ届け出(申請)をせず、違法に販売していたと主張しています。

訴状によると、2018年1月に、650XRPを購入した原告団の一人が、1月中旬にステーブルコインの一つであるテザー(tether/USDT)に交換して売却。
リップルラボによって利益を見込めるとの過剰宣伝によってXRP購入への誘導があったと主張し、Ripple社へ、総額約3億ドル以上ののぼる個人投資家への売却金の撤回、およびXRPの価値の信頼性構築を要求していました。

しかし、当初訴訟は長期化するとみられていなかった集団訴訟ですが、まだまだ終息の気配を見せておらず、2020年3月には、ガーリングハウスCEOがXRPの長期保管や売却に関与していた疑いも浮上しており、ガーリングハウスCEOは、XRPトークンの有用性を過大評価していることは誤りであると証明できないと主張しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)で3,693ブロックの再編成!51%攻撃か?

要点

・イーサリアムクラシックブロックチェーンが、51%攻撃を受けた可能性が浮上しました。
・51%攻撃は、正当なブロックチェーンのマイナーの処理能力を数で圧倒することにより、他の方法では不変のブロックチェーンへの変更を可能にします。
・51%攻撃は、数で圧倒させたマイナーによって、悪意あるアクションを実行する可能性がありますが、今回の再編成について調査官は、タイミングの悪いグリッチであった可能性があると考えています。

イーサリアムクラシックで51%攻撃か




イーサリアムクラシック((Ethereum Classic/ETC)で、3,693ブロックのブロックチェーン再編成の可能性が発覚しました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

日本語訳:本日、ETCチェーンは、ブロック10904146で3693ブロックのチェーン再編成を経験しました。これにより、すべてのノードが同期を停止しました。51%の攻撃が原因である可能性が高く、すべての取引所で預金と引き出しをただちに中止し、最近のすべてのトランザクションを調査することをお勧めします。



マイニング企業のBitflyが最初に再編成を特定しましたが、これは後にBinanceとイーサリアムクラシックの開発元であるETC Coreによって確認されたと海外メディアで大きく報じられています。
ETC Labsのテリー・カルバー(Terry Culver) CEOによると、この再編は悪意のあるものではなく、マイナーがマイニングをしているしばらくの間、インターネットへのアクセスを失ったとカルバー氏は述べています。

51%攻撃の可能性は薄い




今回問題となった51%攻撃とは、悪意を持ったマイナーによってブロックチェーンを危険にさらす可能性があり、攻撃者に無料でお金を貸す「二重支出」トランザクションを実行する唯一既知の方法です。

この騒動により、仮想通貨取引所のポロニエックス(Poloniex)は取引を一時停止する処置を実施したものの、Binanceなどの他の取引所は一時停止はしなかったことが分かっています。
なお、問題発覚後のイーサリアムクラシックのコイン価格は安定しており、取引量も目立つ様な減少はみられておらず、51%攻撃だったのか否かについては意見が二分している状況です。

イーサリアムクラシックは、2016年にハードフォーク時にイーサリアム(Ethereum/ETH)から分岐したことで誕生したブロックチェーンで、イーサリアムクラシックは引き続き独立したプロジェクトとして稼働しています。

問題発生時の状況について




Ethereum Classic Cooperativeで開発者関係を率いるヤズ・コーリー(Yaz Khoury)氏の分析によると、攻撃の可能性は8月1日早朝に何者かがイーサリアムクラシックブロックチェーンで、追加の3,693ブロックをマイニングした時に発生しています。

ブロックが追加されたのは、イーサリアムクラシックネットワーク最大のプロバイダーである2Minersがメンテナンスのためにオフラインであった際に発生しており、2Minersがオンラインに戻った際、2Mineersと競合他社マイナーは、空のブロックを含むチェーンを拾い、それを実際のメインETCブロックチェーンとして受け入れています。

つまり、2Minersがオフライン状態になっている間、他のイーサリアムクラシックマイナーによって作成されたブロックが、検証されていないにもかかわらず実際のETCブロックチェーンとして受け入れられたとみられています。

インターネットアクセスが復元された際、既存のブロックチェーンを維持するためのハッシュパワーを提供する2Minersのような強力なマイナーが存在しないため、通常どおりミステリーブロックを追加して受け入れることができた模様。

イーサリアムクラシックは、イーサリアムブロックチェーンが誕生してから1年目に手動でロールバックした際、イーサリアムコミュニティ内で意見が分かれたことでイーサリアムから分裂し、イーサリアムクラシックとして存在しています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Twitterハッキング事件首謀者ついに逮捕!犯人は10代の若者2人だった!

要点

・連邦法執行官は、最近発生し、世界を震撼させたTwitterハッキング事件の首謀者として、フロリダ州タンパの17歳の青年を逮捕しました。
・30件の重罪の容疑で起訴されている首謀者ら2人が単独で行動したかどうかは不明で、現在も調査中です。

Twitterハッキング犯がついに逮捕された!

アメリカ連邦法執行官の合同タスクフォースが、早朝からTwitterハッキング事件の犯人を襲撃。その結果、フロリダ州タンパの若者を捕らえたことが海外の複数のメディアが報じています。

フロリダ州ナポリ出身の1人とイギリス南海岸の海辺のリゾート地、ボグナーレジス出身の1人、計2人の10代の若者が逮捕された今回のTwitterハッキング事件。
捜査官は、盗まれたビットコインが顧客のアカウントに移動したことを示したBinanceと、Coindeskから入手したKYC (Know Your Customer=顧客確認)情報が、容疑者逮捕に導いたと述べています。

FBI(アメリカ連邦捜査局)と、IRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)に加え、シークレットサービスと協力するフロリダ州法執行当局は当初、Twitterハッキング事件の首謀者として17歳の男子を逮捕したと発表しました。
バラク・オバマ(Barack Obama)前大統領や、元副大統領のジョー・バイデン(Joe Biden)現大統領候補、ビジネス界の大物であるイーロン・マスク(Elon Musk)テスラ社CEOなど、Twitter公認アカウントをハイジャックしたTwitterハッキング事件に関与したとされる罪で逮捕しました。

Twitterアカウントが乗っ取られた際、ハッカーはこれらのアカウントからツイートを発信し、多額の見返りとしてビットコインの小額を要求する嘘の景品を世界中へと拡散させました。
被害総額は合計すると、およそ120,000ドル(約1,300万円)相当のビットコインを犯人の若者は入れていたとのこと。

17歳の犯人は、組織的詐欺、複数の通信詐欺、複数の個人情報の不正使用および無許可のコンピューターアクセスを含む、30件の重罪で起訴されるのではないかとメディアは報じています。
ヒルズボロ郡の州検事アンドリュー・ウォーレン(Andrew Warren)氏は記者発表で、現時点では17歳の犯人が一人で犯罪を働いたかどうかについてコメントすることはできないと述べており、後に他の10代男子2人についても、その後拘束したことを公表しました。

弁護士は、逮捕された17歳男子について「普通の17歳ではない」と主張し、大人として裁判にかけられるだろうとコメント。
当局は、17歳男子が盗んだとされる12万ドル相当に値するビットコインの損害についても調査しています。

事件は、17歳男子が自分でハッキングしたアカウントのダイレクトメッセージにアクセスし、情報をダウンロードした可能性があると述べており、調べによると、7つのTwitter公認アカウント以外のチェックマークアカウントの個人情報がダウンロードされていたという。

Twitter社は、ハッカーがソーシャルエンジニアリングされたフィッシング攻撃の後、犯人が管理ツールにアクセスしていたことを明らかにしています。
管理ツールは内部職員しか触れることができないため、17歳男子がTwitterの従業員に電話をかけ、他の会社の従業員になりすまして被害者を操作し、ログイン認証情報などの情報を漏らすことに成功したとみられています。

ウォーレン州検事によると、主犯の17歳の男子容疑者は現在、タンパ刑務所に収監されており、早ければ2日には初法廷に出てくる可能性があると語っています。

世界中を震撼させたTwitter乗っ取り事件。犯人は国際的に影響力のあるTwitter公認アカウントに集中してハッキングしていましたが、その犯人がまだ若干17歳の男子だったということは、さらに驚きを持って世界中で報じられています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

アメリカCNBC経済番組でビットコインを持ち上げる声が

2006年から続くアメリカのCNBC経済番組「FastMoney」で、有識者からビットコインを持ち上げる声が挙がっています。

番組では、ビットコインが2021年に5万ドルまで達するといった発言が飛び交っており、非常に好意的に見られているようです。

数年前までは怪しい投機商品として認識されていたビットコインですが、様々な番組で取り扱われることによって、本格的に投資商品として認識される日は近いかもしれません。

 

CNBC経済番組でビットコインが持ち上げられる

アメリカのCNBC経済番組ファストマネーで、ビットコインの価値が上がっていくと捉えられる発言がありました。

ファストマネーは、主にナスダックの個別銘柄などの見解を有識者が語り合う番組ですが、最近ではビットコインの話題も取り扱うようになったようです。

先日の放送では、有識者のBrian Kelly氏がビットコインの希少性がいかに優れているかを解説し、ゴールドよりもビットコインを選択するべきだと語りました。

特に半減期によって供給が減少したことで、ストック対フローがゴールドに勝っている点を重視しているようです。

また、価格についても「ビットコインは2021年に5万ドルまで到達するだろう」と発言しており、かなり強気な目線でビットコインの将来を見据えています。

番組内では、ゴールドを支持する者もいましたが、古くからある経済番組でゴールドと対等な位置で議論を交わされる領域までたどり着いたことは、ビットコインが成長している何よりもの証とも言えるかもしれません。

ここしばらくの間、株安の傾向が見られている一方で、ゴールドとビットコインの価格は留まることなく上昇しており、法定通貨の価値が下がることを危惧して資産の保存を考え出す投資家が増えてきていることから、Brian Kelly氏の発言はそこまで非現実な話ではないと言えるでしょう。

 

人々の認知が増えてきていることも価格上昇の要因か

ファストマネー番組内では、ビットコインの持つ希少性や、半減期後のサイクルによって価格が上昇しているという見方をしていましたが、一般投資家や機関投資家からビットコインの認知が増えてきていることも価格が上がっている要因のひとつだと言われています。

今までは、ビットコインの名前は知っているものの、その特性や仕組みについて詳しく知ろうとする者はあまり居ませんでした。

特にコインチェック流出事件後の暴落直後は、仮想通貨は危ない物として認識されてしまい、しばらくの間は新規参入よりも退場者の方が圧倒的で、仮想通貨人口は減るばかりでしたね。

しかし、最近はファストマネーのような経済番組で好意的に取り上げられたり、テレビ東京のモーニングサテライトでビットコインの先物価格がテロップで流れたりと、世間に馴染みつつあります。

また、大手投資ファンドが続々とビットコイン投資信託をリリースし始めたことによって、今まで株やゴールドにしか興味を示さなかった投資家たちから徐々に注目をされるようになってきています。

コロナの影響で認識も変わる

ビットコインが身近なものになりつつあることで、ビットコインへの警戒心が薄れてきていることに加えて、コロナショック後のお金のばら撒きによって、法定通貨の価値が落ちても資産を減らさずに済む方法を模索する人が増えてきたこともビットコインにとって好材料でしょう。

コロナショック後は、株が暴落したことによって反動を狙うかのように株の人気が急上昇しましたが、日経平均やダウ平均が回復してきた現在は、インフレーションを想定した投資が主流になりつつあります。

ビットコインはその性質上、インフレーションに非常に強く出来ており、人々からのビットコイン=資産の保存に有用なのではという認識が生まれつつあります。

世の中の環境が大きく変わることで、人の認識というのはあっという間に変わるものですから、これからはデジタル通貨を安全資産のひとつとして選択される時代が来るかもしれません。

 

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインの価格が11,000ドル超え!市場関係者らも続々と強気の予想!

要点

・ビットコインが1年以上ぶりに11,000ドルを突破しました。
・アナリストはトレーダーがアルトコインとデファイから得た利益をビットコインに戻していると示唆しています。

ビットコイン高騰

ビットコインが7月27日(月曜)に11,000ドルを超えて急上昇し、2020年の1日の終値が最高値となりました。

7月第4週目の1週間、ビットコインが10,000ドルを超え、すべての抵抗を24時間以内に突破し、ビットコインが過去12カ月でブレークできなかった主要抵抗レベルである10,500ドルをようやく突破しました。

11,000ドルが引き続き維持された場合、次の目標ラインは2018年3月以降この価格を突破していない、11,723ドルであり、それを上回る強気の動きを見せた場合のシナリオとして、代段階目標として13,100ドルを専門家は目指しているようです。

アルトコインからの離脱!?

ここ最近は仮想通貨からアルトコインへと資産を移す傾向が強くみられていたものの、今回のビットコインの値上りによって、アナリストはアルトコインからのトレーダーの利益がビットコインの購入に使用されていると見ています。

トップ10位までの主要アルトコイン、特にビットコインと比較されることが多いものは、マイナーゲインを結集しており、トレーダーがUSDTのようなフィアットまたはフィアットペグのステーブルコインに変換しなかった場合、ビットコインとメジャーにのみ賭けていることを示唆しています。

Messari Cryptoの暗号およびデータ研究者であるエリック・ターナー(Eric Turner)氏はメディアのインタビューに、トレーダーはDeFi(分散型金融)からの利益を主にビットコインとイーサリアムに投入していると語っており、このような動きは仮想通貨市場全体を駆り立てます。

アメリカの通貨監督庁により、銀行が仮想通貨保管を許可されたというニュースもまた、高騰の追い風になった可能性があります。
仮想通貨の保管は現在Coinbaseなどの企業が支配しているため、この変更は既存金融機難および仮想通貨市場に大きな意味を持つとみられます。

著名人らの強気な予想も続々と登場


<画像引用 Coin360仮想通貨ヒートマップ(1Week)

仮想通貨アナリストのBTC_JackSparrow氏はツイッターで

年末までに17,000ドルに到するだろうとみており、テクニカル分析のエリオット波動理論に基づき、現在は2019年から続くABC波の中で上昇の流れにあり、この上昇地点が16,900ドル付近にある事が理由と解説しています。

エリオット波動はテクニカル理論の一つで、市場平均の推移を表そうとするため、個別銘柄には必ずしも当てはまらす、計量経済学的、数理統計学的根拠は特にない経験則に基づいているものです。
また、ABC波とは、強気相場において、調整波動を表すものとして利用されているものです。

投資家であり、ギャラクシーデジタルの創設者兼CEOのマイク・ノボグラッツ(Mike Novogratz)氏が7月28日(火曜)、ビットコインは今後3か月で14,000ドルになり、年末までに容易に20,000ドルに達する可能性があるとの予想を発表しました。
ノボクラッツ氏は、政府の「流動性ポンプ」がオンのままである限り、金も上昇し続けるだろうと予測しています。
同氏は予想の理由を、FRB(連邦制度準備理事会)が金利を引き上げるようには見えないため、流動性の話は消えないとみられ、我々は大きな刺激を受けるだろうとコメントしています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

大手投資ファンドがビットコインを宣伝し始めた!?

大手仮想通貨投資ファンドのグレースケールが、本格的に大口顧客や一般投資家相手に仮想通貨のメリットを解説する活動を始めました。

グレースケールが取り扱っているGrayscale Bitcoin Trust(ビットコイン投資信託)は、ミレニアル世代(26~40歳)には人気があるものの、ジェネレーションX世代(41~55歳)やベビーブーマー世代(56歳~76歳)からはあまり人気がありません。

そこで、中高年以上の顧客獲得に向けて、まずは大口顧客にビットコインへの理解を深めてもらうところから準備を始めようとしているようです。

 

大手ファンドのグレースケールがビットコインの普及活動を始める

仮想通貨の大手投資ファンドであるグレースケール社は、大口顧客に向けてウェビナーの開催をしました。

このウェビナーでは、ビットコインに投資するメリットや、グレースケール社のGBTCの仕組みについて解説をしたようです。

ビットコイン投資信託に興味を持ってもらうことを最終目標としており、大手投資ファンドが本格的に顧客獲得の活動を始めたことが伺えました。

グレースケール社の狙い

グレースケール社の現在の主な顧客は機関投資家や大口投資家ですが、今後は一般投資家にビットコイン投資信託を購入してもらいたいと思っているようです。

しかし、一般投資家の中でビットコイン投資信託を購入しているのは、主にミレニアル世代の若者です。

グレースケール社の集計したデータによると、ミレニアル世代はAmazon・Apple・テスラ・Facebookの株の次に、ビットコイン投資信託を投資の選択肢として考えているようですが、40代以降の世代はGAFAMのようなトップ企業の株を選択肢として考えており、ビットコイン投資信託はあまり興味を持たれていません。

そこで、今後は中高年のビットコインに対する理解を深める活動も視野に入れているようです。

ビットコインは過去にないテクノロジーであるため、どうしても高齢者からの理解が得にくい性質を持っていますが、そのテクノロジー自体は確かなものであるので、しっかりと理解をしてもらうことが出来れば、彼らもきっと投資先としてビットコインを選択してくれるかもしれません。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

注目のDeFiフラッシュローンが短期間で1億3,000万ドル以上に急増!

要点

・Aaveは毎日1億ドル以上のフラッシュローンを定期的に発行しており、DeFiフラッシュローンは、7月初めの1日あたり約1,100万ドルから急増しています。
・フラッシュローンは、裁定取引やその他の高度な金融戦略に使用できますが、注目を集めるDefiハッキングにも使用されています。

DeFiフラッシュローン利用が急増

DeFiフラッシュローンが1億3,000万ドル以上に急増していることが分かりました。
AFiのフラッシュローンは、過去数週間で大幅に増加しており、Defiトレーダーが数百万の一時的なフリーマネーを利用しているとみられています。

7月27日(月曜)、DeFiフラッシュローンをサポートするAaveを介して1億3800万ドル(約145億円)を超えるフラッシュローンが発行されました。
新しい金融商品にとって史上最高額で、フラッシュローンを使用すると、ユーザーは、担保なしで大きな額のローンも借りることができ、資金を使ったチェーンアクティビティが有益であり、すべてのアクティビティを1つのブロックで完了することができます。

これは、DeFiプロトコルがロックされた資本を使用するためのもう1つの方法であり、金融イノベーションとそれに伴うすべてのリスクと報酬を開発しています。

DeFiフラッシュローンとは


(画像引用 Aave)

今年2020年はDeFi元年と呼ばれることからも分かるように、世界の金融市場でDeFiフラッシュローンが注目されています。

通常の金融機関のローンとは、お金を借りて、利息を付けて返す事を言いますが、フラッシュローンとは担保なしで対象資産となる仮想通貨やトークンなどを借り、その債務処理と返済をイーサリアム上一つのトランザクション内で解消することができるDeFiプロトコルの機能のことを言います。
このとき利子は発生せず、手数料が発生する場合があります。
トランザクション内で借りたお金の操作や返済を一挙に行えるという点が特徴で、アービトラージ(Arbitrage)、ローンの借り換え(Refinance loan)、担保スワップ(Swap collaterals)のような処理・アプリケーションへの応用が考えられています。

Aaveのフラッシュローンとは

Aaveのフラッシュローンは2020年1月にローンチされ、ここ数週間で急速に普及しており、ローンの総額は7月1日以降、1,000%以上の増加を見せています。

資産が1つの価格で購入され、すぐに高い価格で別の購入者に販売されるアービトラージのような長期的な金融アクションが実現でき、送信されたトランザクションが利益につながらないか、ローン金額を返済できない場合は、トランザクションのストリング全体が取り消されます。
利益をもたらすAaveフラッシュローンには、利益から0.09%の手数料がかかり、Aaveプロトコルをサポートし、ローンを可能にする流動性プロバイダーにリターンを提供するために使用されるとのこと。

フラッシュローンの大多数は、USDペッグのステーブルコイン建てで、MakerDAOの発行するトークンDAIとサークル(Circle)のUSDCは、7月27日に発行されたすべてのフラッシュローンの95%近くを占めています。
Aaveフラッシュローンについても、7月1日に発行された最大の融資額が約250,000ドルで、7月27日に発行された最大のローンは、1か月未満で35倍の伸びを示し、900万ドルに相当しました。

2018年にDeFiの先駆けであるオープンソースの銀行であるマーブルによって最初に導入されたフラッシュローンはその後、注目を集める2組のDeFiハックにおいて不可欠な要素となっています。
これらのエクスプロイトでは、フラッシュローンを使用してオペレートされたオラクルの価格設定を活用するために必要な資本を提供し、数十万ドル相当のトークンを大幅な割引価格で購入できました。

フラッシュローンはDeFiランドスケープの斬新でユニークな部分であり、イーサリアムブロックチェーンのユニークなデザイン機能によってのみ可能になります。
人気は高まっていますが、準備ができていない取引相手にかなりの損失をもたらす可能性があるため、フラッシュローンが長期的に仮想通貨市場で善悪の力になるかどうかはまだ未知数だと言われています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Twitterでビットコインが世界のトレンドに|世間の関心高まる


日本時間の7月28日午前、世界中のTwitterでビットコインがトレンド入りを果たしたようです。

恐らく、数か月ぶりのビットコインの価格高騰がトレンド入りした要因だと考えられています。

日本では約9000ツイート、海外では数万ツイートが瞬間的に呟かれた為、我々が想像している以上にビットコインの普及率や世間の関心は高まっているのかもしれません。

 

Twitterでビットコインがトレンド入り

連日のビットコインの価格高騰によって、Twitterで#ビットコイン(#Bitcoin)がトレンド入りを果たしました。

日本では約9000ツイートで20位前後を推移しており、そのほとんどは「ビットコインがすごいことになっている」といった関心や、ビットコインの価値を評価する良いつぶやきばかりです。

ビットコインに懐疑的な声ももちろん含まれていますが、2018年のコインチェック事件が起きた頃と比べるとかなり少なくなってきており、世間のビットコインに対する印象は変わりつつあるのかもしれません。

また、海外でも同様にBitcoinがトレンド入りを果たしています。

アメリカでは、約6万ツイートが瞬間的に呟かれており、世界各地で価格高騰の話題が出ているようです。

 

トレンド入りは好材料か

世界各地でビットコインがトレンド入りしたことは、かなり好材料であるとみられています。

と言いますのも、今は世界規模で金融緩和が進んでおり、現金の価値が減少するという認知が一般人にすら広まってきています。

しかし、これまで投資に関与してこなかった人々は、現金で持っておくことにリスクがあると感じていても、なかなか動き出すことができません。

ただ、そろそろ投資に挑戦してみるべきだと思い始めてきている方は増えたことでしょう。

その為、このタイミングでビットコインを改めて認知してもらうことで、仮想通貨に関心を持ってもらえる可能性が非常に高まるのです。

仮想通貨はリスクがあるというイメージもあることから、すぐに新規参入が見込めるわけではありませんが、今回のトレンド入りを機にビットコインを調べる人が増えてきてくれれば、長期目線ではユーザー増加が期待できるはずです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

ゲーム配信プラットフォームTwitchがBitPay採用でビットコイン決済開始

要点

・ゲームに特化下ライブストリーミング阪神プラットフォームTwitchがBitPayを採用し、仮想通貨決済を開始させます。
・仮想通貨決済をするユーザーには10%の割引が適用されます。

TwitchがBitPayを採用

Amazon.com が提供する、ゲーム配信に特化したライブストリーミング配信プラットフォームのツイッチ(Twitch)が、ビットコイン決済をサポートするため、アトランタに本社を構えるビットコイン決済プロバイダーのBitPayのデジタル通貨処理ネットワークを使用しています。

ゲーマー向けの主要なライブストリーミングプラットフォームTwitchが、仮想通貨で支払うプレットフォームユーザーには、10%の割引を適用すると発表しました。


(画像引用 Twitch)

Twitchは、ゲーマーから最重要視されているライブストリーミングプラットフォームで、Amazon.com Incの子会社として2011年に導入されました。
その電子サービスにより、ゲーマーはライブゲームをストリーミングできますが、これとは別に、電子スポーツ大会のストリーミング、音楽コミュニケーション、クリエイティブテキスト、最近追加されたリアルライフストリーミングなどが利用できます。
1,500万人を超える定期的視聴者、27,000件にのぼるパートナーチャンネルや毎月ライブゲーム放送する200万人以上のユーザーがTwitchを盛り上げています。

Twitchは暗号通貨の操作にBitPayを使用します


(画像引用 BitPay)

Twitchプラットフォームは2014年に一度仮想通貨決済を導入しましたが、2019年の第1四半期に仮想通貨決済システムを停止しています。

今回、ビットコイン決済を再開させるにあたってTwitchでは、BitPayのデジタル通貨処理ネットワークを採用しています。

このシステムは

ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCaash/BCH)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
ジェミニドル(Gemini Dollar/GUSD)
USDコイン(USD Coin/USDC)
パクソススタンダードトークン(Paxos Standard Token/PAX)
バイナンスUSD (BinanceUSD/BUSD)

以上の8銘柄の利用が可能になります。

Twitchで仮想通貨を使った支払いは簡単で、ユーザーは「チェックアウト時にBitPayで支払う」を選択するだけです。
システムはコマンドを認識し、同時に10%の割引が適用されます。
仮想通貨を使用したTwitchのサブスクリプション(商品ごとの購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払う方式)は簡単で、割引があるほかに、他の支払い方法を使用するユーザーにも同様サービスを提供するとのこと。
チャンネル登録者では、バッジを取得して、お気に入りのすべての配信映像送信者をフォローできます。

BitPayの最高マーケティング責任者ビル・ジーク(Bill Zielke)氏は

Twitchは、このトレンドに飛びついた最初の主要な商人ですが、仮想通貨での支払いを受け入れる唯一のオンラインゲームサイトではありません。
Take-TwoやMicrosoft Corporationなどの他のゲーム会社は、購読者からコインで支払いを受け取る仕組みを導入しています。

とコメントしています。

ゲームと仮想通貨は必要不可欠な関係

Twitchが支払いオプションとして採用を決めたBitPayは、Twitchの仮想通貨決済をサポートする大手企業です。
両社の決済サービスがうまくいくことで、他の仮想通貨決済を検討している企業も、すぐにトレンドに反応するとみられています。
BitPay社は、仮想通貨決済とゲームは、とても重要で欠かすことのできない関係にあると考えています。

取引に仮想通貨を使用すると、ゲームプラットフォームのユーザー数が増加し、メンテナンスのコストが削減されるだけではなく、あらゆる形態のチャージバックが停止し、ユーザーにより速いサービスが提供され、無限の機会が提供されるとコメントを発しています。

今回の2社の結びつきは、わずかな時間で、世界中どこに居てもつながりが持てる仮想通貨×インターネットだからこそ誕生した、まさしく「今」のサービス形態です。
今後、この形態がどのコンテンツにまで波及していくのかが期待されています。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

イーサリアム先物契約の総額が史上初!10億ドルを超え関心高まる

要点

・プロのトレーダーが参入でイーサリアム先物が総額10億ドルを超えました。
・3月の仮想通貨の暴落の影響を受け、先物金利は4億ドルを下回っています。

イーサリアム先物取引の総額が10億ドル超え!

オープンイーサリアム先物契約の総額は、史上初めて10億ドルを超え、仮想通貨への関心がより広く浸透し、注目度が高まっているこを予感させています。

市場分析会社Skewによると、イーサリアム先物の未決済金利、つまり未決済の契約総額が10億ドルを超えていることが分かりました。


(画像引用 Skew)

先物取引(Futures contract)とは、いわゆるデリバティブ(派生)商品の一つで、あらかじめ決められている期日(=満期日)に、この場合はETHですが、価格や数値が変動する各種有価証券・商品・指数等について、未来の売買について、ある価格での取引を約束(保証)する取引を言い、定期取引や清算取引とも呼ばれています。

先物契約は、将来について事前定義された時点で、価格が実行時の契約価格と異なることを期待しているため、義務を履行するときに即座に利益を得ることができます。
契約発行者は、販売する契約に対してプレミアムと呼ばれる手数料を獲得します。
その際、手数料は義務を果たすために資産を購入または売却することによる損失よりも大きくなると予想されます。

イーサリアム先物の建玉(※、取引所で売買約定した物、信用取引や先物取引、オプション取引、FXなどにおいて、取引約定後に反対売買されないまま残っている未決済分を指します。)は、6月20日以降、現在までに8億ドル未満から11億ドル近くに約30%も増加しています。
建玉は、発行者と購入者が先物契約で危機に瀕している、有効期限がまだ先の未処理の金額を測定するため、重要なメトリックで、対照的に先物ボリュームは、特定の期間に取引されている既存の先物契約(他デリバティブと同様、交換可能)の価値を測定します。

仮想通貨取引所のOKExは現在、最大の建玉を2億9000万ドル以上に維持し、HuobiとBitMEXの2取引所は合計で2億ドル以上も追加しています。

Huobiは最近、第3四半期にイーサリアムオプション取引を開始する計画を発表しています。
ETH先物は2020年の初めに上昇していますが、コロナウイルスの影響を受け、その後のアメリカ株式市場の暴落によって仮想通貨が下落する前に、合計で9億ドル近くになっています。3月中旬までに、ETH先物の建玉は4億ドル未満に落ちて以降、ETH先物のオープンインタレスト(Open Interest=未決済の建玉)は、最近の価格上昇に拍車がかかっており、容赦ない上昇を続けています。

ETH先物は上向きですが、現在の仮想通貨金融契約のキングに君臨するビットコインを引き継ぐまでには、まだ少し長い道のりを歩まなければなりません。
BTC先物建玉は7月21日に40億ドルを超えましたが、最近の価格急騰が始まって以来、イーサリアム先物金利の半分の割合で増加しています。

イーサリアムが新しい市場サイクルをリードしているので、ETH先物への関心が注目すべき資産としてBTCに追いつくまでに長くはかからないと見る専門家もいます。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインに日曜日、何が起こったのか!?10,000ドル超えの値上り

要点

・ビットコインが6月1日以来初めて10,000ドルを超えました。
・日曜日にビットコインは大きく反発した結果、アルトコインが一歩後退しています。

ビットコイン上昇の背景に何が!?

bt

なかなか1万ドルを超えないジレンマの中、ついに、7月26日(日曜)に、ビットコイン(Biitcoin/BTC)が値上がりしました。
この動きは、売りが尽きてトレーダーがアルトコインからの利益をベンチマークの仮想通貨へと再び戻ってきたことを示唆しています。

5日間連続での価格上昇と、約カ月間の9,000ドル前後での横ばい取引の後、26日の仮想通貨取引所Binanceでビットコインは10,111ドルにまで上昇。
最初の動きは、7月21日に始まり、強気の価格上昇傾向が近づいていることを予感させています。
ビットコインがようやく10,000ドルの心理的抵抗ラインを突破した26日(日曜)に、値上がりにつながる重要な動きが起こりました。

イーサリアム(Ethereum/ETH)と他の主要アルトコインで続いた5日間の値上りの後、ビットコインの価格上昇が始まりました。
イーサリアムは7日間で229ドルから311ドルへと回復。
これは、2020年8月4日に予定されている分散ファイナンス(DeFi)スペースの発展と、イーサリアム2.0の最終テストネットの影響を受けた結果、得値上りしたものと市場関係者は見ています。

前日から前兆が


いくつかのアルトコインはまた、ビットコインの値上りが始まる前日25日(土曜)に価格の反発をみせました。
その一つであるカルダノ(Cardano/ADA)を見てみると、0.12ドルから0.14ドルへと急上昇し、18%の増加となっています。
ライトコイン(Litecoin/LTC)のケースでは、44ドルから49(12%増)に、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)では234から254ドル(7%増)に値上りしています。

しかし、注目しておきたいのは、アルトコインはビットコインが動いた瞬間に値動きが静まり、期待されている分散型金融スペースのトークンでも、価格上昇の動きを止めています。
イーサリアムも319ドルから298ドルに下落しましたが、他の主要アルトコインはより小さな利益しか値動きを見せることがありませんでした。
主要アルトコインの外は別の話で、たとえば、チェインリンク(Chainlink/LINK)は、104%の価値上昇を記録した後、20日で4.4ドルから8.8ドルへと値下がりを続けました。

市場行動は、投資家がアルトコインの値上りの後、利益をビットコインに移動していることを示唆しています。
日曜日の主要なアルトコインのマイナーな利益は、投資家が主要な仮想通貨にのみ賭けをヘッジしていることを示唆しています。

トレーダーはビットコインが近い将来、ビットコイン価格がこれまで以上に値上りすることを期待しています。
アナリストPlanBのストックトゥフロー(Stock-to-Flow/ストック対フロー)モデルは、12月までに最大30,000ドルの値上げを予想しています。
6月のブルームバーグが発表した報告書によると、今年の再訪が20,000ドルになると予測されています。
1975年にトレーディングキャリアを始めた先物アナリストのピーター・ブラント(Peter Brandt)氏は、彼の感情は世界初の仮想通貨の大きな動きに向かっているとツイート。

https://platform.twitter.com/widgets.js

(日本語訳)
私の考え(予想)では、ビットコインは大規模な対称三角形でATHを指し、次に5万ドルを指します

仮想通貨価格の上昇とネットワークアクティビティは、イーサリアムのDeFiトレンドに結びついているとみられます。

DeFiユーザーがローンやトークンスワップで使用できる資金を増やすことを目指した結果、イーサリアムは新しいユーザーを引き付け、トランザクション量は現在のイーサリアムアーキテクチャの限界に近づいています。
ステータスに近づくことによって、ビットコインは多くの場合、仮想通貨全体の前触れとして機能します。

ネットワーク上での活動の増加は前向きな兆候ですが、従来の銀行業務に代わるより安価な代替手段として自らを請求している業界の現在のレベルの手数料は、潜在的なユーザーを追い払う可能性があり、技術進歩の必要性はより必要にせまられているといえます。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

著名人Twitter乗っ取りによる被害者の多くが日本人|一体何が原因なのか

今月16日頃、世界規模のTwitter乗っ取り事件によって、多くのユーザーがハッカーのビットコインアドレスにビットコインを送ってしまう事件が起こりましたが、この事件で一番被害に遭ったのは日本人であると言われているようです。

これは、ブロックチェーンの不正取引の履歴を追跡しているフィリップ・グラッドウェル氏が提唱していることで、日本の取引所から犯人のビットコインアドレスに送金された金額が一番多いことが理由であると述べています。

日本人は仮想通貨人口が多い故に、このような被害にも遭いやすいのかもしれません。

 

Twitter仮想通貨詐欺の一番の被害者は日本人

ブロックチェーンの不正取引に詳しいフィリップ・グラッドウェル氏は、今回起こった大規模なTwitter乗っ取りによる仮想通貨詐欺で、最も被害を食らったのは日本人であると述べました。

これは、日本の仮想通貨取引所とみられるアドレスから、ハッカーのビットコインアドレスに送金された金額が最も多いことが理由だそうです。

今回乗っ取り被害に遭った著名人は、オバマ大統領やビルゲイツ、イーロンマスクといった海外の人物ばかりなので、日本人の被害が多いということに驚きの声が挙がっているようです。

日本人の信用しやすい性格が仇となったか

ハッキングが起こったのは日本時間の早朝である為、日本人をターゲットにしたわけではないようですが、それでも多くの被害に遭ってしまった理由として、日本人特有の信用しやすい性格が原因となっているのかもしれません。

特に、日本人はフォロワー数が多くて影響力がありそうな人物の発言を信用してしまう傾向が高く、今回のハッキングとの相性は最悪だったようです。

最近では、お金ばら撒き系の詐欺も流行っていますが、この詐欺も詐欺師のフォロワー数が少ないと全く引っ掛からないのに対して、詐欺師のフォロワー数が多いと、何の疑いもなく応募をする人が多数集まることから、いかにフォロワー数を信用しているかが伺えます。

 

海外の被害が少ないのは取引所のおかげか

日本人が騙されやすいというのもありますが、海外では取引所が尽力したおかげで被害が少なかった可能性も高いようです。

海外の大手仮想通貨取引所CoinBaseは、犯人のビットコインアドレスへの送金を早急に禁止したおかげで、約1100人以上の顧客の資産を守ったと発表しています。

もし、この送金停止措置が遅れていた場合、日本人が受けた被害よりも遥かに多い、30BTC以上の被害が発生していたと推測されており、いかに取引所の対応が重要だったかが明らかになりました。

 

不明瞭な犯人の動機

今回の乗っ取り詐欺事件で疑問視されているのは、何故犯人がTwitterを乗っ取ったのかです。

一見、ビットコインを要求していることから、金銭目的の犯行だと思われているようですが、金融に詳しい人たちはお金以外の目的があるとみているようです。

その理由として、金銭目的なのであれば、もっと効率的で安全な方法があったことが挙げられます。

例えばですが、Amazonのジェフベゾス氏やテスラのイーロンマスク氏のアカウントを乗っ取った場合、ビットコインを要求するよりも、会社に悪影響な発言をおこない、その会社の株のショートポジションを抱えた方が圧倒的に効率が良いでしょう。

安全性についても、この方法ならばビットコインで要求するより遥かに足が付くリスクが少ないはずです。

凄腕のハッカーがここまで考えが及ばなかったとは思えません。

その為、超有名人のTwitterをハッキングするリスクを抱えてまで、あえてビットコインで要求する理由があったのではないかと推測されています。

一部では、ビットコインを世界に認知させるための手段ではないかとも言われていますが、真実は定かではありません。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

Apple共同創設者がビットコイン詐欺でGoogleとYouTubeを訴える

要点

・Apple(アップル)行動創設者が、ビットコイン「ギブアウェイ」詐欺を止められなかったとしてYouTubeを訴えました。
・裁判所に提出された書類には、YouTubeが詐欺の宣伝を積極的に利用して利益を得ていると主張しています。

Apple共同創設者がYouTubeを訴えた

ソフトウエアの開発・販売を手掛ける世界的企業Apple(アップル)の共同創設者であるスティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)氏が、現在も進行中の仮想通貨詐欺を管理できなかったとしてYouTubeを訴えたことが海外メディアによって報じられました。
同氏は、世界中の被害者に“数千万ドル”の費用がかかったと主張しています。

メディアの報じた内容によると、Apple共同創設者であるウォズニアック氏と他の17人が、ビットコインのチェックに失敗したとしてYouTubeとGoogleを訴えています
提出された訴状には詐欺で数千万ドルの仮想通貨が失われたと主張されており、そのすべてがYouTubeによって阻止できた可能性があると訴えています。

個人は、ビデオ共有プラットフォームで数カ月間実行されているプレゼント詐欺の損害を求めており、彼らの代表はカリフォルニアに拠点を置くアメリカの法律事務所であるコチェット・ピトレ&マッカーシー(Cotchett, Pitre & McCarthy)弁護士事務所になっています。

ウォズニアック氏は、ビットコインの景品のために、彼の画像がイーロン・マスク(Elon Musk)氏やビル・ゲイツ(Bill Gates)氏のような他の技術系起業家とともにYouTubeで使用されていると述べています。視聴者がリターンを倍増したい場合、ビットコインや他の仮想通貨を送信するように誘っていました。

申立人は、YouTubeとGoogleの両方に対してこの計画に数回フラグを立てたが、返答は得られなかったと述べ、代わりに詐欺師に的を絞った広告を故意に提供しながら、名誉毀損を知りながら積極的に宣伝して利益を得たのが2社だと主張しています。
YouTubeがこれを合理的に阻止するために迅速に行動したなら、私たちは今ここにいません。Googleのように、YouTubeはアルゴリズムに依存しているようで、これらの犯罪行為のケースでカスタムソフトウエアを迅速に使用する必要はないとウォズニアック氏は語っています。

なぜTwitterができてYouTubeができないのか

ウォズニアック氏の訴えを代表する弁護士の1人であるジョー・コチェット(Joe Cotchett)弁護士は先週、ビットコイン詐欺に関連するアカウントを閉鎖するという迅速な対応でTwitterを称賛しています。
同弁護士はツイッターの迅速な対応に、1日でビットコイン詐欺をシャットダウンしたと称賛。
同時に同弁護士YouTubeがツイッターと同じような対応をしなかった事に対し、まったく対照的に、YouTubeは意図的に、ビットコイン詐欺を何カ月も続けることを許可・宣伝してターゲット広告を販売することによって利益を得ていたと非難しました。

同じく、同法律事務所のであるブライアン・ダニッツ(Brian Danitz)氏は、YouTubeのビットコインギブアウェイ詐欺の範囲は広範であり、現在も続いています。この苦情を提起した詐欺の被害者は、アメリカ、イギリス、カナダ、日本、マレーシア、中国、そしてヨーロッパ全体から来ており、詐欺は広大であり、あらゆる地域のユーザーに影響を与えると述べています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

Whale Alertsの今月のレポートで、詐欺師は2020年の最初の6カ月で2400万ドルを稼ぎ、1つのYouTube広告で1日で130,000ドルを稼いだと結論付けています。

クジラ警報はまた多くの詐欺が進行中であることを示しており、この1時間で、1.9ビットコイン、17,589ドル(約190万円)がだまし取られていることが報告されており、終息の気配を見せない詐欺に、被害者が増えないことを祈るばかりです。

Copyright © 2020 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.