仮想通貨ニュース

No tags for this post.

FOMO発動により「2、3日で200万円」!?トム・リー氏が衝撃発言!

「1万ドル越えたらFOMOが起きる」で話題になっているファンドストラッド社代表、トム・リー氏ですが、Twitter上で新たに発言しました。

同氏によると、あと2,3日FOMOが起きたらビットコインは200万円に到達するとのことです。

要点

・FOMO(fear of missing out)とは
FOMOは日本語で「取り残される恐れ」という意味です。価格が急上昇し、投資家の買いが殺到する相場を意味します。

FOMOがあと2,3日起きればビットコインは200万円へ!?

リー氏は先日「ビットコインが1万ドル(およそ110万円)を超えればFOMOが起き、数カ月以内に400万円に到達する」と衝撃的な発言をし、話題になっています。

FOMO発動!ビットコインが100万円(1万ドル)を突破すれば5カ月以内に400万円へムーン!?

本日になり、リー氏はさらに「あとFOMOが2,3日続けば、ビットコインは過去最高値(およそ200万円)に到達すると衝撃的なツイートをしています。

新しい2019年の高値で一歩下がって、それらの古い高値はあと2,3個のFOMOで到達するように見えませんか?

暗号の冬は終わった…

もちろん、必ずしもリー氏の指摘するようにFOMOが発動するかわかりませんが、週末からはボラティリティー(変動率)も高まり堅調な推移を続けているので、引き続き価格動向は注目となるでしょう。

 

200日移動平均線の突破と110万円の壁

リー氏は以前から200日移動平均線の突破を重視しており、今回も再度200日移動平均線の突破から値動きが変わったと述べています。

ビットコインドル 日足

リー氏が指摘するように、200日移動平均線を突破するのは基本的に中長期的な強気トレンドを示唆しており、投資家の間ではトレンドを計る際の基本として知られているテクニカルです。

その200日移動平均線を突破した(チャート赤丸部分)ことは大きな意味があったでしょう。

また、本日もお伝えしていますが、中長期的には「110万円」というのが非常に重要なレジスタンスとして位置しています。

【6/17】今週の仮想通貨市場はどうなる?ビットコイン「110万円」の攻防が最注目か!

FOMOが起きるかはわかりませんが、ビットコインが1万ドルを突破すればチャート上のレジスタンスは120万円まであまりないので、今後の値動きは注目となりそうです。

 

まとめ

リー氏は本日、FOMOがあと2,3日すればビットコインが過去最高値に到達すると発言。

先日、1万ドルを超えたらFOMOが起きると発言し話題になりましたが、今回はさらに強気の見解を述べました。

もちろん、実際にそのような値動きになるかわかりませんが、市場の堅調な値動きが続いているので、引き続き価格動向は注目となりそうです。

 

 

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【6/17】今週の仮想通貨市場はどうなる?ビットコイン「110万円」の攻防が最注目か!

週末、ビットコインは年初来高値を更新し、堅調な推移が続いています。

今週の仮想通貨市場の注目価格・ポイントをまとめました。

要点

・110万円(1万ドル)の攻防が最大の注目か
1万ドル(110万円)を目前にしているビットコインは今週、その攻防が最大の注目となりそうです。アルトコインも好調なので、市場全体の推移にも注目でしょう。

 ビットコイン「110万円」が最大の注目ポイントに

週末、ビットコインは年初来高値を更新し、市場全体の時価総額の推移も好調です。

詳しくは下記の記事で昨日まとめてあるので、参考にしてください。

【速報】ビットコイン1年ぶりに100万円復帰!FOMO発動の1万ドル突破なるか!

また、ビットコインは現在、1万ドル=110万円という大きな節目を目前にしています。

なので、今週は110万円近辺での攻防が最大の注目ポイントとなりそうです。

対円では節目である100万円回復しましたが、対ドル価格ではまだ大台に乗せていないので、その点は注意が必要でしょう。

今後の値動きに関しても昨日、下記の記事でまとめてあります。

【6/17】ビットコインは何円まで上がる?「110万円」の最終決戦へ!

コインマーケットキャップ 市場全体の時価総額

ただ、全体的に好調な推移は続いているものの、市場全体の時価総額は5月末の高値を更新できていません。

現在は年初来高値付近まで接近しているので、年初来高値を更新できるか注目でしょう。

ビットコインや一部のアルトコインは年初来高値更新が続いていますが、仮想通貨市場全体の時価総額が増えていかない限り、完全に強気になることはできないのでその点は注意が必要です。

 

世界経済動向や実用化の観点は引き続き注目か

また、このようにビットコインだけが年初来高値更新を続ける背景として、世界経済後退懸念により「デジタル・ゴールド」の側面が再評価されているという向きが少なくありません。

デジタル・ゴールド・・・ビットコインが金と同じく「ネット上の金」として安全資産としての役割をもつこと。

4月から急上昇してきた背景には、今年に入っている「世界経済後退懸念」による「ビットコイン買い」が指摘されているので、既存の金融市場の動向も注目となるでしょう。

先日も、仮想通貨資産運用会社モルガン・クリークキャピタル共同設立者ポンプ氏が、金融政策やビットコイン半減期により、今後1年半以内に「嵐のような」上昇相場が訪れると指摘しています。

今後「18カ月以内に暴騰」!資産運用会社共同設立者ポンプ氏が発言!

 

まとめ

週末、ビットコインは年初来高値を更新し、対ドル価格でいよいよ1万ドルという大きな節目に。

今週は重要な価格帯に接近するビットコイン「110万円」の攻防が最大の注目ポイントとなりそうです。

今週は激しい値動き展開も予想されるので、相場を見る上ではおもしろい1週間となるかもしれませんね。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【6/17】ビットコインは何円まで上がる?「110万円」の最終決戦へ!

本日、仮想通貨市場は上昇し、ビットコインはおよそ1年ぶりに100万円台を回復しました。

専門家の見解を含めた今後の動きを考察しました。

要点

・ビットコインは110万円の最終決戦へ!
ビットコインは対ドル価格でいよいよ110万円の節目に差し掛かっており、今後の注目ポイントとなりそうです。

 ビットコインが100万円台を回復

ビットコインは本日、100万円台を回復。

本日の価格動向に関しては詳しく下記の記事でまとめてありますので、チェックしてみてください。

【速報】ビットコイン1年ぶりに100万円復帰!FOMO発動の1万ドル突破なるか!

著名アナリスト、ルーク・マーティン氏は14日時点で強気の見解を示しており、今回はその予想を的中させた形です。

チャートは、$BTCおそらく週末に行く私のウォッチリストの中で最もエキサイティングなチャートです。

価格が8400を再利用できる場合、私は、より高いトレンドが再開する準備ができていると確信しています。

その確認の後、私は9800を目指しています。

マーティン氏が指摘するように、ビットコインは対ドル価格で1万ドルの節目をむかえており、今後9800ドルから1万ドルは一度反落する価格として注目となるでしょう。

1万ドルというのは、日本円でいうと110万円になります。

 

ビットコインは中長期的節目となる110万円の最終決戦へ

1万ドル(110万円)は大きな心理的節目となっている他、チャート上でも重要なレジスタンスとして機能しています。

ビットコインドル 日足 2018年5月

昨年5月もビットコインは1万ドルに到達しましたが、その際、突破は失敗し、その後12月まで価格は下落し続けました。

また、もう少し広い視点でみた場合、仮にビットコインが1万ドルを突破すれば、2018年1月から3月ごろに推移していた120万円まで実質的なレジスタンスはありません。(赤丸で示した部分)

ビットコインドル 2018年~

そのことを考えれば、1万ドルというのは多くの投資家が注目するポイントでもありますので、簡単に突破するのは難しいかもしれません。

また、現在は100万円(9000ドル)を維持できていますが、まだ時間の経過が浅いので、まずはこの価格帯をサポートできるかも重要なポイントとなるでしょう。

どちらにせよ、しばらくの間は相場が激しく動く可能性があるので、上昇した場合は110万円のレジスタンスに注目となりそうです。

 

まとめ

ビットコインは本日上昇し、100万円の大台に。

対ドル価格では、まだ9000ドルという中途半端な価格帯にいるので、1万ドルの攻防戦が今後注目となるでしょう。

一部の専門家からは、110万円の価格を突破したらFOMOが起こるとの指摘もあるので、今後の価格動向に注目したいところですね。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【速報】ビットコイン1年ぶりに100万円復帰!FOMO発動の1万ドル突破なるか!

さきほど、ビットコインが100万円を突破し、昨年5月以来の高値を更新しました。

対ドル価格では1万ドルを目前にしており、今後の相場動向も注目となりそうです。

要点

・ビットコイン1年ぶりの100万円台復帰へ
ビットコインは昨年5月以来100万円復帰へ。市場全体の時価総額も堅調で引き続き価格動向が注目となりそうです。

 ビットコイン100万円回復

ビットコインは昨日から堅調な推移をみせ、ついにさきほど1年ぶりに100万円台を回復しました。

ビットコイン円 5分足 15日~

ただし、まだ瞬間的なものではありますので、この後時間が経過した際に100万円台を維持できるか注目でしょう。

仮に100万円をサポートにできれば、来週以降も高値更新が期待できそうです。

コインマーケットキャップ 市場全体の時価総額

また、本日はビットコインだけでなく、主要なアルトコインの価格も上昇し、仮想通貨市場は全面高の展開に。

市場全体の時価総額も31兆円を回復しており、来週以降も 相場動向は注目となりそうです。

 

100万円を越えたらFOMOは発動するのか

直近で話題になっている報道として、ファンドストラッド社トム・リー氏の「FOMO発言」があります。

FOMO発動!ビットコインが100万円(1万ドル)を突破すれば5カ月以内に400万円へムーン!?

FOMO(fear of missing out)とは・・・FOMOは日本語で「取り残される恐れ」という意味です。価格が急上昇し、投資家の買いが殺到する相場を意味します。

対円チャートではわかりずらいですが、対ドル価格でみると、現在は非常に重要な節目の価格帯に接近していることがわります。

ビットコインドル 日足 2018年5月~

1万ドルというのは、5月にこえられなかった壁であり、日本円では100万円に到達したものの、対ドル価格ではまだ9000ドルでケタが変わったわけではありません。

そのため、来週以降はこの最重要価格である1万ドルの攻防が投資家の再注目ポイントとなるでしょう。

また、リー氏の指摘するように、必ずしも1万ドルをこえればさらに価格が上昇するかは定かではありませんが、チャート的にも1万ドルを超えれば、中長期的に大きな節目をむかえることとなります。

 

まとめ

本日、ビットコインは大幅な上昇をみせ、およそ1年ぶりの100万円台を回復。

ビットコインだけでなく、アルトコインも堅調な推移をみせ、市場全体の時価総額も堅調な推移をみせています。

対円価格では100万円を回復しましたが、対ドル価格は1万ドルという大きな節目を目前にしているので、ここ数日間は1万ドルを目前にした価格の攻防に注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

今後「18カ月以内に暴騰」!資産運用会社共同設立者ポンプ氏が発言!

資産運用会社モルガン・クリークデジタルの共同設立者であり、「ポンプ」の名称で知られるポンプリアーノ氏がメディアのインタビューに答えました。

同氏によると、次の18カ月で相場はさらに上昇するとのことです。

要点

・次の18カ月で価格が暴騰!?
ポンプ氏によると、ビットコインは次の18カ月で価格が上昇するとのこと。要因となる半減期や世界の金融政策に注目したいところです。

 ビットコインは今後18カ月以内に価格が暴騰!?

https://twitter.com/Jessicaw_tv/status/1138450702458675200

ビットコインは経済不安定の時代に王として君臨するのか?

ポンプ氏は12日、海外メディア「Bloxlive」のインタビューに出演。

そこで同氏は、ビットコインに今後18カ月以内に「嵐が訪れる」として、さらに価格が上昇していくのを指摘していました。

その根拠として同氏が挙げているのは、当ブログでも取り上げている「半減期」です。

2020年までにそのような重要なイベントが重なることから、ビットコインに対しては強気の見解を示しています。

 

金利引き下げや量的緩和政策にも注目か

同氏の発言で注目したいもうひとつの根拠は、中央銀行の金利引き下げや量的緩和政策です。

金融政策の「緩和」・・・簡単に説明すると、金利を引き下げることで経済への負担を軽くすることです。ここ数年、世界の中央銀行は「引き締め」の方向で進んでいましたが、世界経済後退懸念から再び緩和政策がとられることが議論されています。

ポンプ氏によると、これらも半減期に並び重要な出来事で、これらが立て続けに起こることから、ビットコインの価格は「嵐」のように上昇するとのことです。

世界経済後退懸念と仮想通貨市場の関係性については、今年急速に注目されており、まだ知らなかった方はぜひチェックしておいた方が良いでしょう。

「仮想通貨はなぜ上がっている?」背景に世界経済への不安か?

さらに、バンクオブアメリカのアナリスト、マイケルハーネット氏は、低金利によって投資先を失ったマネーが仮想通貨市場に流入していると指摘しています。

「半減期」と並ぶ重要ファンダか?ビットコイン(BTC)上昇に「世界経済」の関係

既存の金融市場の政策などは少し難しいですが、このように多くの専門家は仮想通貨市場の価格上昇要因にして指摘しているので、これらの要因を注視しつつ市場動向を追いたいものです。

 

まとめ

資産運用会社モルガン・クリークデジタルの共同設立者であり、「ポンプ」の名称で知られるポンプリアーノ氏は12日、海外メディア「Bloxlive」のインタビューに出演。

そこで同氏は、ビットコインが次の18カ月で「嵐が訪れる」としてさらに価格が上昇していく可能性を指摘しました。

同氏によれば、それらの要因となるのが半減期や世界の金融政策と指摘しているので、これらを注視しつつ価格が上昇していくのに期待したいところです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【6/14】ビットコイン8000ドル復帰!8400ドルを超えれば再び年高値更新相場へ?

今週、長らく揉み合いを続けていた仮想通貨市場ですが、昨日ビットコインは8000ドルを復帰しました。

直近の相場動向をまとめました。

要点

・8400ドルの重要性
8400ドルは5月中旬に突破を苦戦した価格帯であり、このまま8000ドルを維持できれば注目の価格帯となりそうです。

 ビットコインが8000ドル復帰!焦点は再び90万円へ

ビットコインは今週、揉み合いを続けていましたが、昨日久しぶりに8000ドルを回復しました。

ビットコインドル 1時間足 5月~

このまま8000ドルを維持することができれば、再び8400ドルへの攻防となりそうです。

また、仮に8400ドルを突破することができれば、年初来高値更新相場が戻ってくる可能性もあります。

8400ドルは対円で90万円近辺になりますが、中長期的にみれば重要な価格帯となっており、先月から専門家が注目するサポート・レジスタンスとして機能しています。

ビットコイン「90万円」を死守できるか!?多くの専門家が重要性を指摘!

コインマーケットキャップ 市場全体の時価総額

また、ビットコインだけでなく、市場全体の時価総額でみても、昨日の上昇で直近1週間のレンジを突破。

特に、ライトコインは半減期が近づいていることもあり、単独で年初来高値を更新しています。

2018年相場を的中させたブラント氏「ライトコインに強気」!モナコイン最新分析も

ビットコイン、アルトコインともに好調な推移で、このまま堅調な推移が継続するか注目でしょう。

 

今後のシナリオはどうなる?

ただ、ビットコインに関しては、現在チャート形状的にどちらの上昇・揉み合いどちらのシナリオも考えられ難しい状況が続いています。

下落して直近の安値を更新するのは、可能性は低いでしょうが、もう一段下のレンジへ移行するシナリオもまだ残されているでしょう。

上昇する場合は、上記で説明した8400ドルのレジスタンスから、年初来高値となっている9000ドルの突破に注目。

また、この価格帯までの上昇ならまだ十分に可能性は残されていそうです。

専門家が注目しているのは、少し中長期的な話にはなりますが、7500ドルという直近の安値から1万ドルのレンジ。

【6/11】仮想通貨市場の年初来更新はあるか?直近に出た専門家の見解まとめ!

現在は調整の動きに入っているので、今後しばらくはこの価格帯で上下する相場が続くといった見方が優勢でしょう。

ただ、再び突然の垂直上げで再び高騰が続く相場が訪れる可能性も0ではありません。

現在はボラティリティー(変動率)がおさまってきているので、次に大きく動いた際(ボラティリティーが回復した際)、どちらに動くか注目となりそうです。

 

まとめ

今週、揉み合いを続けていた仮想通貨市場は昨日久しぶりに直近の高値を更新。

ビットコインに関しては、8400ドルという重要な価格帯へトライする形となっているので、数日間相場動向は注目となるかもしれません。

年初来高値更新はないものの、全体として良好な状態が続いているといえるので、このまま価格が上昇していくのに期待したいところです。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【6/11】仮想通貨市場の年初来更新はあるか?直近に出た専門家の見解まとめ!

4月から5月と違い、6月の仮想通貨市場は年初来高値更新がなく、調整の動きが続いています。

直近に出た専門家の見解をまとめました。

要点

・専門家も苦戦?
中長期的には引き続き見通しが良いですが、短期的な相場に関しては専門家の中でも意見が別れています。「1万ドル」という重要な節目にさしかかっているのもあるようです。

 直近の相場に関する専門家の見解まとめ

ビットコインドル 4時間足 4月13日~

4月からノンストップで上昇してきた仮想通貨市場ですが、5月末に9000ドルの高値をつけてからは上昇に一服感が出ています。

現在のチャート形状から言えば、上下どちらのシナリオも考えられ、専門家の見解が分かれるのも納得できます。

 

今後は揉み合いになる予想も

ビットコインは今後74万円から84万円のレンジ相場に?2012年の類似性を指摘!

ノンストップだった相場が足踏みしているのでは「1万ドル」という重要な価格帯をもくぜんにしていることのが関係していそうです。

ビットコイン投資会社のアダマント・キャピタルは、現在の相場が12年に似ているとして、数カ月の間揉み合いが継続すると予想しています。

しかし、同社は調整が終わったあとは再び価格が年初来高値を更新していくと予想しています。

 

今後の値動きは「1万ドル」が鍵か

FOMO発動!ビットコインが100万円を突破すれば5カ月以内に400万円へムーン!?

ファンドストラッド社代表、トム・リー氏は、ビットコインが100万円(1万ドル)をこえれば、FOMOが発動し数カ月以内に400万円へムーンするとバイナンスのポッドキャストで語りました。

リー氏の指摘するように、現在は多くの投資家が注目する価格帯を目前にしているので、上がりずらくなっているという心理的な側面もあるでしょう。

仮に1万ドルをこえれば、さらに上昇する可能性があるので、今後近づいた際は注目の価格帯となります。

 

揉み合い続くも中長期的には依然強気

「ビットコインを買うなら今」!仮想通貨投資会社がレポートを報告!

アダマント・キャピタルが指摘するように、今後数カ月は揉み合いが続く可能性は十分にありますが、これらの専門家ももっと先のスパンでいえば強気です。

先日、仮想通貨投資会社グレイスケールは、半減期を目前にした現在のビットコインは「買い時」と指摘。

同社が指摘するように、ビットコインは来年に半減期を控えており、これから価格が上昇していくことが指摘されているので、まだまだ相場動向は注目となりそうです。

 

まとめ

4月からノンストップで上昇してきた仮想通貨市場ですが、6月に入ってからは揉み合いの展開が続いており、上昇に一服感が出ています。

アダマントキャピタルは向こう数カ月揉み合いが続くとレポートで報告しているので、レンジ相場になるシナリオは頭の片隅に入れておいた方が良さそうです。

ただし、いずれの専門家も調整が終われば再び価格が上昇していくと見る向きがほとんどなので、現時点では重要な価格帯を注視しつつ相場動向を見守るしかなさそうです。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

「ビットコインを買うなら今」!仮想通貨投資会社がレポートを報告!

仮想通貨投資会社グレイスケールがビットコインに関するレポートを発表しました。

同社によると、過去2回の半減期の動きから、現在はビットコインに投資するのに適しているとのことです。

要点

・ビットコイン半減期とは
半減期とは、ビットコインにおよそ4年に一度訪れるマイナー報酬が半減する時期のこと。市場への供給量が半減するため、一般的に半減期を前後は価格が上昇しやすいと言われている。

 ビットコインを買うなら今

参照元:https://grayscale.co/the-next-bitcoin-halving/

グレイスケール社のレポートによれば、2012年、2016年の半減期前後の相場から、現在はビットコインに投資するのに最も適している時期とのことです。

ビットコインは2020年5月に半減期をむかえる予定であり、すでに1年前のカウントダウンが始まっています。

同社によると、現在の相場は特に前回の15年から16年相場の上昇に似ていると指摘。

仮に今回も過去2回の動きを再現するのであれば、ビットコインは2020年5月へ向けて上昇を開始するということになります。

 

多くの投資会社が半減期に注目

以前から当ブログでも取り上げていますが、多くの専門家・投資会社がビットコイン半減期には注目しています。

ビットコインは5月に上昇トレンドへ!?半減期1年前から価格は上昇傾向=投資ファンドレポートで!

上記記事は今年3月時点で当ブログで紹介した投資会社のレポートです。

米投資会社パンテラ・キャピタルによると、、2012年半減期には376日前から、2016年には320日前から価格の上昇が始まったとのこと。

来年20年にビットコインは半減期をむかえるわけですが、実際におよそ1年前である今年4月から価格が上昇し始めているのは無視できない値動きでしょう。

先日は、ファンドストラッド社トム・リー氏がビットコインが100万円を越えれば、FOMOが起こり400万円へすぐに到達すると発言。

FOMO発動!ビットコインが100万円を突破すれば5カ月以内に400万円へムーン!?

今回の半減期も実際に価格が上昇するとは確実にいえませんが、理論上は価格が上昇しやすい時期に差し掛かっており、また実際に4月から価格が上昇して始めています。

リー氏が指摘するように、100万円というのは重要な節目でもあるので、今後価格動向を追う際は、半減期のことを頭に入れておきたいものです。

 

まとめ

仮想通貨投資会社グレイ・スケールは、ビットコイン関するレポートを発表。

それによると、現在の値動きは前回の半減期であった15年から16年相場に似ているとして、今後も価格が上昇する可能性があるとのことです。

必ずしも次の半減期で価格が上昇するかは定かではありませんが、半減期には価格が上昇しやすいと言われているので、引き続き価格動向には注目です。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

FOMO発動!ビットコインが100万円を突破すれば5カ月以内に400万円へムーン!?

ファンドストラッド社代表トム・リー氏は6日、バイナンスのインタビューに答えました。

同氏によると、ビットコインが100万円を越えると、FOMOが発動すると述べています。

要点

・FOMO(fear of missing out)とは
FOMOは日本語で「取り残される恐れ」という意味です。価格が急上昇し、投資家の買いが殺到する相場を意味します。

ビットコインが100万円を越えれば400万円へ

リー氏はバイナンスのポッドキャストにて、ビットコインが今後およそ100万円(1万ドル)を越えれば、FOMOが発動し5カ月以内に400万円(4万ドル)へ到達すると指摘。

FOMOが起きる理由としては、仮にビットコインが100万円を越えれば、史上最高値への到達(200万円)も視野に入り、機関投資家の買いが殺到するとのこです。

また、200万円は100万円の2倍であり、リー氏は金融資産の中で価格が2倍になる資産は少ないと指摘。

機関投資家らがこの優位性に気づけば、市場に参入すると述べています。

FOMOとは「買い遅れる恐怖」のことで、いわゆる17年相場のような、連日価格が暴騰し、投資家の買いが殺到する相場をイメージすればよいでしょう。

先日は、資産運用会社Ikigai Asset ManagementのCEO、トラビス・クリング氏がすでにマクロファンドといった巨大資本の一部が参入していると述べています。

 

 

400万円への上昇はあるのか

400万円は現在の価格からかけ離れており、イメージしづらい方も多いかもしれませんが、18年相場を的中させたピーター・ブラント氏は数年で550万円に到達すると述べています。

 

また、直近ではビットコインが年末に220万円に到達するとのレポートも。

 

これら専門家の見解を踏まえると、リー氏が指摘するように、確かにビットコインが100万円を越えれば、史上最高値も投資家から意識されるのかもしれません。

しかし、反対にいえば、それだけビットコイン1万ドルは心理的にも重要な節目になります。

直近ではしばらくの間1万ドルをまえに調整が続くとの専門家の指摘もあるので、重要な価格帯を注視しつつ相場動向を追いたいものです。

 

まとめ

ファンドストラッド社代表、トム・リー氏は6日、バイナンスのポッドキャストに出演。

そこで同氏は、ビットコインが仮に100万円を越えれば、5カ月以内に400万円に到達すると強気の見解を示しています。

もちろん、この通りになるかは定かではありませんが、年末まで価格が上昇するとの指摘も多いので、このまま価格が上昇していくのに期待したいところです。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【6/10】今週の仮想通貨市場はどうなる?ビットコインのレンジに注目か!

週末の仮想通貨市場はG20が開催される中、小動きの展開に。

今週の注目価格・ポイントをまとめました。

要点

・ビットコインのレンジに注目か

専門家からは調整入りの指摘がある中、ビットコインに関しては直近で推移しているレンジブレイクに注目でしょう。

 今週はビットコインのレンジブレイクが最大の注目か

4月から5月にかけノンストップで上昇してきたビットコイン、および仮想通貨市場は今月3日に急落。

現在は100万円目前の高値を記録し、結果的に調整の流れになっています。

ビットコイン円 1時間足 6月3日~

現在は80万円から81万円をサポートにして、直近高値は88万円となっているので、今週はこのレンジをどちらにブレイクするか注目となりそうです。

もちろん、現在の値動きから言えば、しばらくの間狭いレンジを行ったり来たりするシナリオも十分にありえるでしょう。

トレードをする方にとっては退屈な相場かもしれませんね。

コインマーケットキャップ 市場全体の時価総額

市場全体の時価総額に関しても、直近1週間で横ばいの動きが続いています。

先週は、リップルやライトコインが一時高騰する場面がみられましたが、全体の動きとしては基本的にビットコイン連動相場が継続。

なので、全体の動きを見る上でもビットコインのレンジブレイクは重要となりそうです。

 

今後の値動きはどうなる?

3日の急落を受け、一部の専門家からは市場が本格的に調整入りしたとの指摘も出始めています。

ビットコインは今後74万円から84万円のレンジ相場に?2012年の類似性を指摘!

ビットコイン投資会社のアダマント・キャピタルは現在の相場が2012年相場に似ていることを指摘し、今後数カ月の間はレンジ相場になる可能性があることを指摘。

【5/31】仮想通貨市場急落!75万円から90万円のレンジ相場に?

似たような指摘として、仮想通貨投資会社CEO、マイク・ノボグラッツ氏も当面の高値を1万ドルとして、今後はレンジ相場になると指摘しています。

ただ、日足レベルの中長期的なチャートは依然強気であり、これらの専門家も調整が終わった後は、再び価格が上昇していくとみているのがほとんどです。

ビットコインが年末に250万円!?著名アナリストから新たな価格予想!

現時点では、このまま価格が上昇してゆく、もう一つ下のレンジまで下落する、しばらく揉み合いの展開、全てのシナリオも考えられるので、ひとまずは直近のレジサポに注目するしかないでしょう。

 

まとめ

3日に急落した仮想通貨市場ですが、直近では揉み合いの展開に。

一部の専門家からは、本格的に調整入りした指摘も出始めていますが、現時点では上昇・下落・保ちあい全てのシナリオが考えられるので、今週は直近のレンジに注目するしかなさそうです。

ただ今週以降、何かポジティブなニュースがあれば価格が上昇する可能性は十分にあるので、フェイスブックや決済関連の報道に注目でしょう。

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

2018年相場を的中させたブラント氏「ライトコインに強気」!モナコイン最新分析も

40年以上の実績をほこり、18年相場を的中させたことでも知られるピーター・ブラント氏は6日、最新の分析を発表。

今回はモナコインの最新分析とあわせて紹介します。

要点

・ライトコインの上昇とまらず?
今年半減期をむかえ、注目を浴びているライトコインですが、ブラント氏も強気の見解を示しています。

 ライトコインに強気シグナル?逆三尊をブレイク

興味のある暗号チャート。
1.$LTCBTC重要な買いシグナルを完了しました。
XRP の新しい回復高値は5688と. 6260 の目標で建設的であろう.

ブラント氏は、Twitterでライトコインに関する最新の分析を発表。

同氏によると、ライトコインに買いシグナルが出現したとのことです。

ただ、ブラント氏が指摘しているのは、対BTCチャートでの話なので注意が必要です。

ライトコインビットコイン 日足

ブラント氏が指摘しているのは「逆三尊(ヘッド&ショルダー)」と呼ばれる株・為替でも用いられるもっともポピュラーなチャートパターンです。

ライトコインは今月8月に半減期をむかえ、今年価格が上昇する銘柄として注目されているので、引き続き価格動向に注目でしょう。

ライトコインが今年リップルとイーサリアムを追い抜き2位に!?大手経済誌フォーブスが予想!

 

モナコイン最新チャート&分析

先日、コインチェックへ上場を果たしたモナコインの最新チャートが下記になります。

モナコイン円 日足

参照元:https://cc.minkabu.jp/pair/MONA_JPY

コインチェック上場で一時前日比50%近い上場を果たしたモナコインですが、高騰後は価格が急落。

短期的には節目200円から220円をサポートにして推移しているので、価格動向を追いたい方は注目すべき価格帯でしょう。

コインチェックにモナコイン上場で価格上昇!チャート分析も

加えて、今週はライトコイン、リップルが単独で上昇する場面がみられましたが、基本的にはビットコイン連動相場となっているので、ビットコインの重要レンジもおさえておきたいところ。

【6/5】ビットコイン急落はただのポジション調整?価格は何円まで下がる?

ビットコインに関しては、短期的に80万円をサポートにしているので、今後の動向に注目です。

 

まとめ

40年以上の実績をもち、18年相場を的中させたピーター・ブラント氏は6日、Twitterに最新の分析を発表。

それによると、ライトコインの対ドルチャートに強気のシグナルが出現したとのことなので、今後の動向に注目です。

また、モナコインに関しては、短期的に200円から220円がサポートに。

市場全体の動きとしても、現時点で安値圏から反発しているので、このまま価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインが年末に250万円!?著名アナリストから新たな価格予想!

年末価格予想に関しては、多くの専門家が発表していますが、著名アナリストであるオリバー・アイザック氏が最新の予想を発表しました。

5日、海外メディア「インディペンデント」が報じています。

要点

・今年の大きな注目ポイント
アイザック氏も、すでに主要なメディア・専門家で指摘されている「米中貿易戦争」と「大手企業」に注目しているようです。これらの動向は引き続き注目となるでしょう。

 ビットコインが年末に250万円に!?(2万5000ドル)

インディペンデント: ベーコンの価格アナリストは、暗号通貨は最近のクラッシュにもかかわらず6ヶ月で最高記録に達すると予測します

アイザック氏によれば、直近では急落した仮想通貨市場ですが、ビットコインは年末に250万円(2万5000ドル)に到達すると指摘。

その大きな要因となるのが、米中貿易摩擦。

同氏は、価格上昇理由として、ビットコインが地政学リスクのヘッジ(デジタルゴールド)を挙げています。

その他に、マイクロソフト、アマゾン、スターバックスといった世界的企業が仮想通貨決済にオープンになっていることも指摘。

仮想通貨のユースケースが拡大していることも、価格上昇の要因として挙げています。

 

今年の市場を追う上で注目したい大きなポイント

アイザック氏が指摘するように「米中貿易摩擦」に注目している専門家は多く、4月以降の価格上昇に大きく関与したとみる専門家も少なくありません。

「仮想通貨はなぜ上がっている?」背景に世界経済への不安か?

また、スターバックスや米小売り大手クルーガーなども試験的に仮想通貨決済を導入していたり、検討していたりする報道が4月に入り出始めてきました。

スタバでビットコイン決済が可能に!?米小売り大手クルーガーも検討段階へ!

仮想通貨決済の動向に関しては、アイザック氏が述べるように状況は昨年より着実に進歩しているので、引き続き注目したいところです。

また、その分野でいえば、フェイスブックの独自仮想通貨「グローバルコイン」の動向にも注目したいところ。

【重要】フェイスブックが2020年に独自仮想通貨「グローバルコイン」を発行か!

先日、ホワイトペーパーの発表が今月中にも行われるとの報道もあったので、引き続き注目です。

アイザックが指摘するように、これらの動向次第では、ビットコインが年末に2万5000ドルに到達する可能性も十分にあり得るので、このポイントをふまえつつ相場を追っていきたいものです。

 

まとめ

著名アナリストであるオリバー・アイザック氏は5日、インディペンデントに最新の見解を発表。

それによると、急落した価格は年末までに2万5000ドルに到達するという強気の見解を示しました。

同氏はその根拠として、世界経済後退懸念やユースケースの拡大を挙げているので、これらのポイントに注目しつつ、このまま価格が上昇していくのに期待したいところですね。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

リップル(XRP)が単独で上昇!メディアで主に指摘されている3つの理由まとめ!

引き続き軟調な展開が続いている仮想通貨市場ですが、本日、リップルが単独でやや強い上昇をみせる場面がありました。

メディアで指摘されている要因をまとめました。

要点

・XRPの販売量を減少?
リップル社は以前指摘されていた出来高水増し疑惑の対応策として第2四半期のXRP販売量を削減すると発表しています。

 XRPが上昇!販売量削減が原因?

7日の仮想通貨市場は全体的に堅調な動きとなっていますが、本稿執筆時点でリップルの価格上昇率が高いのがわかります。

この主な要因として指摘されているのが、リップル社のXRP販売量削減発表です。

バーを上げる: XRP のボリュームと販売に関するレポート

これは、以前に指摘されていたリップル社の出来高水増し疑惑の対応策とのこと。

水増しが行われていたのか現時点でも定かではありませんが、憶測が広がっているので、透明性を高めるために、四半期ごとに売却していたXRPの量を半分にする可能性があるとのこと。

これは単純に、ビットコイン半減期と同じ原理で、市場に出回る数が半分になれば、その価格の希少性も高まるということです。

本日の価格上昇は、この発表による期待感から買い需要が高まったとの指摘が一部でされています。

 

サイアム商業銀行も注目か

また、米メディアでは以前から報じられていたタイ最古のサイアム銀行がXRPを使った送金をまもなく始めると報じています。

【5/24】タイ最古の銀行がリップル(XRP)の利用を示唆!チャート分析も

すでにツイートが消されているようですが、サイアム銀行の公式アカウントが「まもなく送金を開始する」と一時呟いていたそうです。

詳細は明らかになっていませんが、XRPを使った送金というのは通常、xRapidを用いた送金となり、仮にそれが実現するのであればXRPのユースケース拡大にもつながりそうです。

この他に、マネーグラムという巨大送金企業買収の噂も報道されており、本日の上昇は、このように複数の観測記事が流れたのも無関係ではなさそうです。

現段階ではリップル社が公式発表した販売量の削減しか明確な上昇はないですが、サイアム銀行とマネーグラムの動向に関しては引き続き追っていった方がよさそうです。

 

まとめ

仮想通貨市場全体が軟調な展開を続けている中、本日はリップルが単独で上昇。

その要因と指摘されているのが「リップル社の販売量削減」、「サイアム銀行」、「マネーグラム買収」です。

リップル社の公式発表以外では明確な情報は出ていませんが、今後さらに報道され価格が上下する可能性があるので、動向を追いつつ価格が上昇することに期待したいところです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ヘッジファンド・マネージャーが語る「クジラ」の存在!「マクロファンドはすでに参入している?」

今週、急落してから専門家の中でも慎重的な見解が増えましたが、中には強気の専門家もいます。

資産運用会社Ikigai Asset ManagementのCEO、トラビス・クリング氏は30日、CRPTO BRIFINGのインタビューに応じました。

要点

・クジラがすでに参入している?
クリング氏は、すでにクジラが市場へ参入しているとの見解を示し、ビットコインが1万ドルを超えれば、すぐに2万ドルに到達すると予想しています。

 強気相場は少数のクジラによって引き起こされている

ビットコインのチャートに何か怪しいと思われる?のトレーダーが「この市場をより高く歩いている」と言っている。仮想通貨市場の上昇はクジラによって描かれました。待って、クジラは歩くことができますか?

ファンド動向に詳しい資産運用会社Ikigai Asset ManagementのCEO、トラビス・クリング氏は、4月から起こった仮想通貨市場の強気相場は、少数の大口投資家=「クジラ」によって引き起こされているとの見解を示しました。

その大きな要因となっているのが米国の金利政策。

本来は金融引き締めに向かっていた米国の金融政策ですが「世界経済後退懸念」により、ハト派(金融緩和して景気を浮上させる)スタンスへ急転換し始めています。

クリング氏によれば、クジラは仮想通貨投資ファンドだけではなく、グローバルに資産を運用している「マクロファンド」も長期ホールドの目的でビットコインを購入しているとのこと。

先日、仮想通貨市場は急落しましたが、その要因のひとつに大口の売り注文があったことも指摘されており、確かに市場に一定の大口投資家が存在するのは間違いないでしょう。

その上で、同氏は、ビットコインが1万ドルをこえればすぐに2万ドル(200万円)、300万円に到達するとの見解を示しました。

 

強気か慎重か、今後の動向はどうなる?

とは言ったものの、仮想通貨市場は今週になり急落しており、専門家の中には慎重的な見解を示すものも増え始めています。

【6/5】ビットコイン急落はただのポジション調整?価格は何円まで下がる?

仮想通貨投資ファンドCEO、マイク・ノボグラッツ氏などらは、今後7000ドルから1万ドルのレンジ相場になると予想しており1万ドル」を目先のターゲットとみる向きも少なくはありません。

現状ではどちらのシナリオも考えられるので、まずは市場のボラティリティー(変動率)が収束するのを待つのもひとつの手かもしれません。

 

まとめ

資産運用会社Ikigai Asset ManagementのCEO、トラビス・クリング氏は30日、CRPTO BRIFINGのインタビューに出演。

そこで同氏は、すでに市場にクジラが参入しているとして、1万ドルを超えていけば、びっとこいんはすぐに2万ドル、3万ドルに到達するとの見解を示しました。

急落以降は、慎重的な見解を示す専門家も増えましたが、ひとまずは節目となる価格帯がサポートされるか引き続き注目でしょう。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインは今後74万円から84万円のレンジ相場に?2012年の類似性を指摘!

米、ビットコイン投資会社アダマント・キャピタルは6日、急落後の相場についてのレポートを発表しました。

それによると、ビットコインは今後しばらくの間レンジ相場になる可能性があるとのことです。

要点

・2012年との類似点?
アダマント・キャピタルによれば「ビットコインの相対未実現損益(Relative Unrealized Profits & Losses)」の動きが2012年に類似しているとのこと。それを踏まえると今後レンジ相場になる可能性があるとのことです。

ビットコインは向こう数カ月レンジ相場に移行?

アダマント・キャピタルによる上昇に関するレポート

アダマント・キャピタルが発表したレポートによれば、ビットコインは今後5カ月の間74万円から84万円のレンジ相場になる可能性があるとのこと。

その理由が、同社が独自に開発した「ビットコインの相対未実現損益(Relative Unrealized Profits & Losses)」です。

これは、投資家の損益をグラフ化した指標で、投資家心理をはかることができることができるとのこと。

アダマント・キャピタルによれば、このグラフの動きが2012年と似ていることから、その相場を再現することになれば、今後数カ月はレンジ相場に移行するとのこと。

ただし、同社は放物線を描く上昇が継続するのであれば、今月中に1万ドルを突破し7月にさらに上昇するというシナリオも否定はしていません。

 

上昇相場に一服感?今後の動きはどうなるのか

昨日もお伝えしましたが、仮想通貨市場は4月からおよそ2ヵ月間ノンストップで上昇。

対ドルで1万ドル、日本円でも大きな節目となる100万円を目前としていたことから、投資家心理に一服感が出ていたのは確かでしょう。

【6/5】ビットコイン急落はただのポジション調整?価格は何円まで下がる?

しかし、今回の急落は明確な要因がないため、今後短期的な価格調整が終わったあとは、アダマント・キャピタルが指摘するように、再び価格が上昇していく可能性はあります。

仮想通貨投資ファンドCEO、マイク・ノボグラッツ氏も今後7000ドルから1万ドルのレンジ相場に移行すると述べており、急落後の相場は専門家からも様々な見解が出ているようです。

 

まとめ

米、ビットコイン投資会社アダマント・キャピタルは6日、急落後の相場についてのレポートを発表。

それによると、ビットコインは今後数か月間、レンジ相場に移行する可能性があるとのことです。

アダマント・キャピタルは、同時に放物線を描く上昇が継続し、すぐに価格が上昇するシナリオも否定していませんが、現状はなんともいえないところ。

ひとまずは、短期的な重要な価格帯の攻防を注視しつつ、相場動向を追っていきたいものです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【6/5】ビットコイン急落はただのポジション調整?価格は何円まで下がる?

週末に堅調だった仮想通貨市場は昨日一時10%の大幅な価格下落となりました。

専門家の見解を踏まえた価格動向をまとめました。

要点

・重要な価格帯であった8200ドル割り込む
以前からお伝えしていた短期的なサポートである90万円を下回ったため、今後は第2サポートとなるレベルがサポートされるか注目でしょう。

 急落理由はとくになし?次のサポートは

昨日急落した仮想通貨市場ですが、現在は短期的に83万円をサポートにして推移しておりここから価格が反発できるか注目でしょう。

ビットコイン円 1時間足 5月13日~

この83万円から90万円という価格帯は、5月中旬に揉み合っていたレンジでもあり、今後83万円をキープできれば、揉み合った後に再び価格が上昇していく可能性があります。

82万円から83万円というのは、対ドル価格で7400ドルから7500ドルになりますが、ここも重要な価格帯となるので仮に下抜けてしまった場合は、さらに一段下のレンジに移行するシナリオもありそうです。

 

急落の理由は特になし?

一部では、クジラの売りが急落につながったと指摘されていますが、今回は明確なニュース(例えばハッキング事件など)があったわけではありません。

先週、当ブログでもお伝えしていましたが、「90万円」というのはチャート上で重要な価格であり、そこを下抜けたため売りが加速したのも要因のひとつとして考えられるでしょう。

ビットコイン「90万円」を死守できるか!?多くの専門家が重要性を指摘!

 

専門家の見解は?

今回の急落に関しては、クジラ売りがあったと指摘されているように、対円では100万円、対ドルでは1万ドルと中長期的に節目の価格を目前にしていたビットコインにポジション調整が行われたと考察することもできそうです。

仮想通貨投資ファンドCEO、マイク・ノボグラッツ氏も今後7000ドルから1万ドルのレンジ相場に移行すると述べているように、4月からノンストップで上昇してきた仮想通貨市場が調整入りした可能性もあります。

【5/31】仮想通貨市場急落!75万円から90万円のレンジ相場に?

また、以前から急落することは指摘されており、5月27日には米ウェイス・レーティングは、相場が40%程度急落する可能性を指摘していました。

ビットコインは最高の「買い時」!?米格付け会社がレポートを報告!

これらのことを踏まえると、今回の急落は突発的なものでなく、チャート上で節目を迎えていたことや、心理的な価格帯を前に一定の売りが出たと考えることもできます。

現段階ではなんとも言いづらいですが、ますは短期的に重要な価格帯をサポートにできるか注目です。

 

まとめ

週末から明けにかけ、堅調に推移していた仮想通貨市場は5日に急落。

短期的には82万円から83万円(対ドルで7400ドルから7500ドル)が重要な価格帯となっているため、今後ここをサポートにできるか注目でしょう。

急落理由は定かではありませんが、4月からノンストップで上昇してきたことを考えれば、ある意味で自然なポジション調整ともいえます。

今後、ボラティリティーがおさまった後に、再び価格が上昇していくことに期待したいところです。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコインが1億円に!?有名VCが大胆予想を維持!その理由は?

 

米VCとして知られ、「ヘッジファンドの錬金術」の著者でもあるジェームス・アルタッカー氏は31日、The Streetのインタビューに答えました。

同氏はそこで「1億円」の大胆予想を維持する見解を示しました。

要点

・紙幣の時価総額
アルタッカー氏によれば、現在の紙幣の時価総額はおよそ2京円であり、ビットコインの伸びしろはまだまだあるとのことです。

 ビットコインはいずれ1億円に!?

ビットコイン1億円は問題ありません、ジェームズ・アルタッカー・ TheStreet ⁦

アルタッカー氏はインタビューに対し、17年から主張していた「ビットコイン1億円」予想を維持しているとの見解を示しました。

ただし、以前は20年に到達すると予想していましたが、今回は時期は明言せず将来的に不可能ではないと少し予想を緩めたかたちです。

同氏の根拠となっているのが、紙幣の時価総額

アルタッカー氏によると、現在の紙幣の時価総額はおよそ2京円であり仮想通貨市場は20兆円。

このことを踏まえると、仮想通貨市場が現在の紙幣のシェアを獲得するのであれば、10万%上昇する可能性があるとのことです。

実際に1億円になるのは定かではなく、またアルタッカー氏は時期も明言していませんが、その根拠となる「紙幣の時価総額」に関しては確かに一理あるので、今後頭に入れておきたい事項でもあります。

 

200万円や300万円、4000万円の価格予想も

1億円は現実味がないものの、21年までに200万円から300万円という予想は専門家からも多くされています。

それでも現在の価格からはかけ離れていますが、ビットコインに関しては「半減期」という強力なファンダメンタルズもあるのでチェックしておいた方が良いでしょう。

200万円から300万円まで!これまでに出た専門家の価格予想まとめ!

また、アルタッカー氏のように「とんでも予想」をしている専門家も多く、今月にはモルガン・クリークキャピタルCEO、マーク・ユスコ氏が将来的に4000万円になるとの予想を述べています。

ビットコインは将来的に4000万円へ!投資会社CEOが予測!

この他には、米著名投資家ティム・ドレイパー氏の「22年2500万円説」も有名です。

これらの予想は現実味がありませんが、ビットコインはこれまで100ドルから考えられない上昇をしてきたので、一応頭の片隅には入れておいて良いのかもしれませんね。

 

まとめ

米VCとして知られ、「ヘッジファンドの錬金術」の著者でもあるジェームス・アルタッカー氏は31日、The Streetのインタビューに出演。

同氏はそこで、ビットコインが将来的に1億円になると驚愕的な予想を発表しました。

これまでに多くの専門家が「とんでも予想」を発表しているので、実際にこのまま価格が上昇していくことに期待したいですね。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

【6/4】今週の仮想通貨市場はどうなる?ビットコインは再び年初来高値更新に期待か!?

金曜日に大幅に価格が下落した仮想通貨市場ですが、週末になり回復しています。

今週の注目価格・ポイントをまとめました。

要点

・再び年初来高値更新に期待?
ビットコインは週末に価格が回復しており、引き続き年初来高値更新があるか注目となりそうです。

 ビットコインは再び年初来高値に期待?

先週金曜日、久しぶりに価格が急落した仮想通貨市場ですが、週末にあっさり価格が回復しており、あらためて下値の堅さを確認するかたちとなりました。

ビットコイン円 1時間足 27日~

現在はざっくりサポートが90万円・レジスタンスが97万円となっているので、このレンジをどちらにブレイクするか注目でしょう。

仮に97万円を明確に超えていくことができれば、いよいよ100万円という年初来高値更新も十分に期待できる相場となりそうです。

コインマーケットキャップ・市場全体の時価総額

また、ビットコインだけでなく、アルトコインの価格も好調な推移が続いており、市場全体の時価総額もこの週末で回復しています。

このことから、市場全体の地合いは引き続き良いといえるので、ビットコイン価格・市場全体の時価総額ともに年初来高値更新に期待できそうです。

 

直近の専門家の見解まとめ

先週の価格の急落に対し、仮想通貨投資ファンドCEO、マイク・ノボグラッツ氏は今後7000ドルから1万ドルのレンジ相場になると指摘。

【5/31】仮想通貨市場急落!75万円から90万円のレンジ相場に?

また、チャート分析に詳しい専門家は、急落した際8200ドル・90万円が短期的に重要な価格と指摘。

ビットコイン「90万円」を死守できるか!?多くの専門家が重要性を指摘!

そのため、仮に今週急落する場面があれば、引き続き90万円をサポートにできるか注目となるでしょう。

ただ、日足レベルの中長期的なチャートでいえば、強気相場であることは変わりありません。

年末へ向けては200万円から300万円といった強気の価格予想も多く出ているので、引き続き価格動向には注目です。

200万円から300万円まで!これまでに出た専門家の価格予想まとめ!

 

まとめ

先週金曜日、急落した仮想通貨市場ですが、週末に価格は回復。

そのため、今週も年初来高値更新があるか相場動向は注目となるでしょう。

定評のある専門家からは90万円が短期的に重要な価格と指摘されており、直近のレジスタンスは97万円に。

今週はそのどちらの価格をブレイクするのか、あるいはレンジ相場になるのかといったところもポイントのひとつです。

ただ、中長期的なチャートでは強気であることは変わりないので、調整が終わったあとは再び価格が上昇していくことに期待したいですね。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

コインチェックにモナコイン上場で価格上昇!チャート分析も

31日、国内取引所コインチェックがモナコインを上場することを発表しました。

これに対し、モナコインの価格は上昇、今回はチャート分析も併せて紹介します。

要点

・モナコインとは
数少ない日本で開発された仮想通貨。匿名掲示板「2チャンネル」が発祥といわれている。投げ銭などで使われており、ライトコインを参考にして作られたと言われている。

 コインチェックにモナコイン上場!

31日、コインチェックはモナコインを上場することを発表しました。

■MONAの取扱いについての詳細
通貨名:Monacoin(モナコイン)
通貨コード:MONA
取扱開始時期:2019年6月上旬予定
対象サービス:
・Coincheck(WEB/アプリ)における送金・受取・購入・売却
・Coincheck貸仮想通貨(WEB)

参照:https://corporate.coincheck.com/2019/05/31/68.html

発表によれば、上場は今月上旬とわりとすぐに行われるとのこと。

国内でも人気の高いモナコインがコインチェックに上場されることにより、SNSでは話題になっているようです。

モナコイン 日足 2018年 5月~

参照:https://cc.minkabu.jp/pair/MONA_JPY

なんと、31日の発表を受けモナコインは110円から一時400円の高値を記録し、価格は4倍に。

現在は300円がレジスタンスとなっており、その価格帯はちょうど1年前の2018年6月から7月にレジスタンスなっていた価格でもあります。

そのため、今後の動向を追いたい方は、まず重要な節目である300円を突破できるかをひとつの注目ポイントとして覚えておくと良いかもしれません。

 

直近の相場動向まとめ

モナコインもそうですが、直近の相場動向としては、先日お伝えした通りビットコインの90万円が焦点に。

【5/31】ビットコイン「90万円」を死守できるか!?多くの専門家が重要性を指摘!

ビットコインが仮に90万円を死守でき、再び高値を更新していけるようであれば、モナコインの300円突破も兆しがみえてきそうです。

直近は基本的にビットコイン連動相場となっていますが、今週は一部でアルトコインの価格推移が堅調な場面もみられたので、モナコインの動向併せて注目したいところ。

【5/30】再びアルトコインの季節到来?リップル・ビットコインキャッシュSV

モナコインがやネムが暴騰するのは、17年のバブル相場を彷彿とさせますが、現在はビットコイン、アルトコインともに堅調で市場全体の動きとしても好調なので、引き続きアルトコイン全体の動向併せてモナコインの価格動向を追って良いかもしれません。

 

まとめ

31日、国内大手取引所コインチェックはモナコインを6月上旬に上場することを発表。

これを受けてモナコインは110円近辺から一時400円の高値まで高騰しました。

現在は300円が重要なレジスタンスとなっており、市場全体の動向と併せて価格が上昇していくことに期待したいところです。

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.

ビットコイン「90万円」を死守できるか!?多くの専門家が重要性を指摘!

本日大幅に下落した仮想通貨市場ですが、多くの専門家が90万円の重要性を指摘しています。

専門家の分析を紹介しつつ、チャート分析をおこないます。

要点

・ビットコイン90万円の重要性
あくまで短期的な動向ですが、ビットコインは90万円が重要な価格帯となるようです。

 ビットコインは90万円が重要な価格帯に

本日大幅に下落した仮想通貨市場ですが、これまでの動きは下記の記事にまとめてあります。

そして、短期的な動向としては90万円(チャート赤い線)が焦点となりそうです。

ビットコイン円 1時間足 5月13日~

対円チャートだと少しわかりずらいですが、90万円は対ドル価格で8200ドルとなり、これまでレジスタンスとして機能していた節目の価格帯となります。

ビットコインドル 30分足 5月20日~

上記のチャートのように8200ドルで区切りをつけると、8200ドル以下・以上できれいなボックスレンジのような値動きをしているのがわかります。

このようなチャート形状を考えると、8200ドルが重要な価格帯であり、また8200ドルを下回れば一段下のボックスレンジへ移行する可能性もおおいにあるでしょう。

 

専門家も8200ドル(日本円で90万円)に注目

上記で紹介した通り、8200ドルはチャート上で重要な価格帯となっており、そのため多くの専門家も注目しているポイントとなります。

先日の記事でもお伝えしましたが、Twitterで定評のあるアナリスト、Josh Rager氏もおよそ8200ドルを重要なサポートして指摘。

https://twitter.com/Josh_Rager/status/1134424400391016451

$BTC

スモールレンジ & ノーポジション現在、私は様々なサポート/抵抗を見て別の時間枠を通して私の方法を作るのが好き

それが壊れて、特に $8114 の下に $8193 を閉じた場合、良いことではありません

LTF 上の $8330 以上は、以前のサポートの再テストのために押し上げます

Cgonis Trading氏は今回の急落が押し目になるとして、絶好の買い機会だと指摘しています。

もし終値が紫色の線の下で閉まるのなら…これらの FIB リトレースメント領域を考えると、水平のサポートゾーンと一致するように起こる.. #bitcoin.ボラティリティはチャンスをもたらします…

Cgonis Trading氏の指摘するように、日足レベルでの中長期的なチャートは依然強気であり、短期的なサポートである8200ドル・90万円近辺がサポートされるのであれば、あっさり価格が回復する可能性はおおいに考えられるでしょう。

 

まとめ

仮想通貨市場は本日、数日振りに大幅に下落。

ビットコインに関しては、8200ドル・90万円近辺がチャート上で重要な価格帯であり、多くの専門家も指摘しているポイントです。

仮に90万円のサポートに成功できれば、再び価格が上昇する可能性はあるので、今後数日間は重要な価格帯となりそうです。

 

 

Copyright © 2019 ビットコイン谷 All Rights Reserved.

No tags for this post.